JP3688464B2 - Terminal device, a server device, a communication device and a control method - Google Patents

Terminal device, a server device, a communication device and a control method Download PDF

Info

Publication number
JP3688464B2
JP3688464B2 JP12113998A JP12113998A JP3688464B2 JP 3688464 B2 JP3688464 B2 JP 3688464B2 JP 12113998 A JP12113998 A JP 12113998A JP 12113998 A JP12113998 A JP 12113998A JP 3688464 B2 JP3688464 B2 JP 3688464B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
device
network
command
service
terminal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP12113998A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH11187061A (en
Inventor
健 斉藤
幹生 橋本
由彰 高畠
Original Assignee
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP11568597 priority Critical
Priority to JP9-115685 priority
Priority to JP27915997 priority
Priority to JP9-279159 priority
Application filed by 株式会社東芝 filed Critical 株式会社東芝
Priority to JP12113998A priority patent/JP3688464B2/en
Publication of JPH11187061A publication Critical patent/JPH11187061A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3688464B2 publication Critical patent/JP3688464B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、ホームネットワーク環境におけるディレクトリサービス、機器の遠隔操作、あるいは周辺装置を制御する機能を備えたコンピュータ等の通信装置、特に汎用バスに接続された多種の装置を制御する可能性があるコンピュータ等の通信装置、及び該通信装置により行われる通信制御方法、サービス登録方法、サービス提供方法及び装置制御プログラム登録方法に関する。 The present invention is a computer that can be controlled directory service in a home network environment, the remote operation of the device, or the communication device such as a computer having a function of controlling peripheral devices, in particular various devices connected to the general purpose bus communication device etc., and a communication control method performed by the communication device, the method service registration, to the service providing method and a control program registration method.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
(1)近年、マルチメディア技術の発展に象徴されるように、電子機器のデジタル化が急速に進行している。 (1) In recent years, as symbolized by the evolution of multimedia technology, digitalization of electronic devices has progressed rapidly. この傾向は、まずオフィス環境で始まっている。 This trend, which started first in the office environment. ハードウエアの面では、パソコンの導入、OA機器のデジタル化、それらのネットワーク化という形で進行している。 In terms of hardware, the introduction of the personal computer, digitalization of OA equipment, is in progress in the form of their networking. ソフトウエアの面では、ホストによる基幹業務(これはライトサイジングされてパソコン等に移行されつつある)や、ワープロ、表計算などのソフトウエア、あるいはWWW等のインターネットアプリケーション等が導入されている。 The software of the surface, the core business by the host (which is a write-sizing is being migrated to a personal computer or the like) or a word processor, software, such as spreadsheet or Internet applications such as the WWW or the like, have been introduced. そして、デジタル化の適用分野は益々広まり、その発展はとどまるところを知らない。 Then, the field of application of digitization is spread more and more, its development knows no bounds.
【0003】 [0003]
上記の傾向は、家庭内で使用される機器やその関連分野等においても見られる。 The above tendency is also seen in equipment and related fields such as for use in the home. すなわち、AV機器のデジタル化(すなわちDVD、デジタルVTR、デジタルビデオカメラ等)、放送のデジタル化、OCN等のインターネットアクセス等の導入など、デジタル化は着実に進行している。 That is, digitalization of AV devices (i.e. DVD, digital VTR, digital video cameras, etc.), digitalization of broadcasting, such as the introduction of Internet access, etc. OCN such digitization is proceeding steadily.
【0004】 [0004]
オフィス環境を始めとして推し進められてきた上記のような技術革新の波は、今後、ネットワーク化の方向へと向かっていくことが考えられる。 The wave of the office environment, including promoted are getting the above-described innovation as is the future, it is conceivable that go towards the direction of networking. すなわち、情報・通信・放送といった種々の分野の技術がデジタル化によって束ねられ、ネットワーク化によって相互乗り入れを始めていくと言われている。 That is, techniques of various fields are bundled by digitizing such information, communication and broadcasting, is said to gradually started mutual entry by networking.
【0005】 [0005]
これを実現するための基盤となるネットワーク技術としては、種々の候補が考えられる。 The network technology as a foundation for realizing this are conceivable various candidates. 例えば、イーサネットは、オフィス環境にて圧倒的な実績を持っており、家庭でのパソコンネットワークにおいても、その最有力候補であると言える。 For example, Ethernet, has a overwhelming performance in the office environment, even in the personal computer network at home, it can be said that his is the most likely candidate. また、ATMも有力な候補である。 In addition, ATM is also a leading candidate. これは、インフラの構築側(電話会社やCATV等)が、高速、リアルタイム、広帯域といったATMの特徴に注目し、この技術を使ってインフラを構築していこうというのが一般的な動きだからである。 This is, construction side of the infrastructure (telephone companies, CATV, etc.), high-speed, real-time, paying attention to the ATM features such as broadband, is because it is a general movement is that let's build the infrastructure to use this technology .
【0006】 [0006]
これらの候補に加えて、最近、IEEE1394なるネットワーク技術(バス技術)が注目を集めている。 In addition to these candidates, recently, IEEE1394 made network technology (bus technology) has been attracting attention. これは、高速、リアルタイム(QOS保証)、プラグアンドプレイ等の数々の注目すべき特徴を持っており、特にAV機器産業界においてデジタルAV機器同士の接続方式の最有力候補として大変な注目を集めている。 This is, high-speed, real-time (QOS guarantee), has a number of notable features such as plug-and-play, attracted a lot of attention as the most promising candidate for the connection system between digital AV equipment, particularly in AV equipment industry ing. また、パソコンなどのコンピュータ産業界においても、この技術への注目が集まりはじめている。 In addition, even in the computer industry, such as a personal computer, attention has begun a collection to this technology.
【0007】 [0007]
さて、情報・通信・放送等のネットワーク化による相互乗り入れは、まず家庭向けのデジタル機器の普及に伴い、ユーザに所望されるネットワーク技術によりそれらデジタル機器を相互接続することで実現されていくであろう。 Now, mutual entry by the network of information, communication and broadcasting, first with the spread of digital devices for home, der that their digital devices by network technology will be realized by interconnecting desired for the user wax. そのようにして徐々に家庭内デジタルネットワークのプロトタイプが生み出されていくと考えられる。 Such gradually domestic digital network prototypes in is considered to gradually produced.
【0008】 [0008]
そして、その次の段階として、これらのデジタルネットワーク同士を相互に接続したいというニーズが顕在化してくると考えられる。 Then, as a next step, we need for connecting these digital networks together mutually are considered to come actualized. 例えば、ユーザ宅の1階の応接間の1394ネットワークに接続されたAV機器と、2階の部屋の1394ネットワークに接続されたAV機器とを、相互接続して、例えばダビング等、協調動作をさせようというようなニーズである。 For example, the AV devices connected to the 1394 network of the first floor of the parlor of the user's home, the second floor of the AV devices connected to the 1394 network of the room, and interconnected, for example dubbing, etc., attempts to cooperative operation is the need, such as that. あるいは、ユーザA宅の1394ネットワークに接続された機器aと、ユーザB宅の1394ネットワークに接続された機器bとを協調動作させるような場合である。 Alternatively, a case where the user A and the device a connected to the 1394 network of home, such as to cooperate with a device b which is connected to the 1394 network of user B's home.
【0009】 [0009]
しかしながら、家庭内あるいは家庭間デジタルネットワーク同士の相互接続を実現するためには、以下のような問題がある。 However, in order to realize the interconnection between the domestic or home between digital network, there are the following problems.
【0010】 [0010]
(i)家庭内あるいは家庭間でネットワークを介した機器の制御を行おうという場合に、「ネットワーク上のどの位置に何の機器があるか」あるいは「ネットワーク上でどのようなサービスが提供されているか」とった情報を知るための機構が存在しない。 (I) between the domestic or household if that attempts to control the device through the network, "or at any position on the network has no equipment" or "with what services on the network are provided mechanism does not exist to get to know the dolphin "took information. この機構がないと、ユーザは、特定の機器/サービスの存在をネットワーク上で認識することができず、対象機器の操作もしくは制御を行いあるいはサービスの提供を受けることができない。 If this mechanism is not, the user can not be provided with not be able to recognize the presence of a particular device / service on the network, do or control of the target device or service.
【0011】 [0011]
(ii)デジタルネットワーク同士の相互接続においては異なるプロトコルに従う部分が混在するものと想定されるが、異なるプロトコルを越えて操作コマンド等を伝える機構が存在しない。 (Ii) although part according to different protocols in the interconnection between the digital network is assumed to be mixed, there is no mechanism for transmitting different operations beyond the protocol command or the like.
【0012】 [0012]
例えばIEEE1394を用いた場合に1394対応機器の他にインターネット対応機器等が混在することが可能であり、必ずしもその使用プロトコルは一致しない。 For example it is possible to Internet-enabled device, etc. are mixed in the other 1394 devices when using the IEEE1394, it does not match necessarily the protocol used. そのような混在状況において遠隔操作を行なおうとした場合、すなわち異なる種別のネットワークを介して対象機器を制御しようとする場合、異なる種別のネットワークではIEEE1394プロトコルを稼動することができないため、操作コマンドの送付が不可能である。 When trying to remote control in such a mixed situation, i.e. when trying to control a target device via a network of different types, it is not possible to operate the IEEE1394 protocol in different types of networks, the operation command sending is not possible.
【0013】 [0013]
また、ゲートウエイを設けて遠隔操作等を実現する方法も考えられるが、この様な場合におけるゲートウエイの設計指針等は存在しない。 Further, it is considered a method of implementing the remote control or the like provided with a gateway, design guidelines gateway etc. in such cases does not exist.
【0014】 [0014]
(2)ところで、近年の急速なパーソナルコンピュータの普及とアプリケーションの多様化に伴い、その周辺機器は、例えばハードディスクのようなストレージ装置やスキャナ、カメラのような入力装置などに多様化しその種類は増え続けている。 (2) By the way, with the diversification of the spread and application of recent rapid personal computers, peripheral devices, for example storage device or a scanner, an input device diversified its type, etc., such as a camera, such as a hard disk has increased continuing.
【0015】 [0015]
過去においてはアプリケーションソフトウェアと周辺機器ハードウェアの両方の汎用性がなく、周辺機器は特定のアプリケーションからのみ使用でき、他から利用できない不便さがあった。 No versatility of both the application software and peripherals hardware in the past, the peripheral device can be used only from a specific application, there is inconvenience not available from other. この障害は現在では主として次の3つの技術によりかなりの部分解消されている。 This disorder is eliminated substantial portion mainly by the following three techniques are now. その技術とはハードウェアの制御の違いを吸収するドライバと呼ばれるソフトウェアと、必要に応じてドライバを読み込みオペレーティングシステム(以下、OSと呼ぶ)に組み込むことのできるローダブルドライバの技術、そして接続された周辺機器をコンピュータ自身が検出して適切なドライバを組み込むプラグアンドプレイの技術である。 And software called the technology to absorb the difference of the control hardware and driver, loads the driver when necessary operating system (hereinafter, referred to as OS) loadable drivers of techniques which can be incorporated into, and is connected a peripheral device is detected by the computer itself is a technology of plug-and-play to incorporate the appropriate driver.
【0016】 [0016]
これにより周辺機器とアプリケーションプログラムとがともに汎用性が高まり、利用者の利便性が向上するとともに、汎用性にともなう量産効果によって価格も低下する正のフィードバックを生む結果となった。 Thus it increased both versatility and peripherals and the application programs, thereby improving the convenience of the user, resulting produce a positive feedback also reduced prices by mass production with versatility. もちろんパーソナルコンピュータにおいてはハードウェア自体、ISA、PCIなどのバス規格、IDEやSCSIといったストレージ装置の接続規格によって標準化されて来たこともこれを助けている。 Of course the hardware itself in personal computers, ISA, have helped also that came standardized by bus standards, IDE or connection standard SCSI such storage device, such as PCI.
【0017】 [0017]
最近ではUSB(Universal serial Bus)やIEEE1394といった接続作業と配線の取り回しが容易な周辺装置の接続規格が採用されつつある。 Recently, there being connected standards adopted USB (Universal serial Bus) or IEEE1394 such connection work and wiring maneuverability easy peripherals. これらは数対のより対線の接続なので簡易なネットワークとしても利用が可能である。 It is possible also be used as a simple network since connection wire pair number pair. IEEE1394は過去のコンピュータのシステムバスに匹敵する高速な転送能力を備え、画像伝送が可能なことからTV、ビデオなどの家電機器の接続規格としても有力である。 IEEE1394 is provided with a high-speed transfer capability comparable to the system bus of the past computers, TV since the image transmission is possible, it is also promising as a connection standard of home appliances, such as video. また、IEEE1394規格では制御は全てIEC1212(ANSI/IEEE Std 1212 Controland Status Register(CSR) Architecture for Microcomputer Buses[ISO/IEC13213])で規格化された64ビット形式のアドレス空間にマッピングされたレジスタに対する読み書きによって行われる。 Also, by writing to a mapped register in the address space of the standardized 64-bit format all control the IEEE1394 standard IEC1212 (ANSI / IEEE Std 1212 Controland Status Register (CSR) Architecture for Microcomputer Buses [ISO / IEC13213]) It takes place. このため、ストレージデバイスで多く使われているSCSI規格と同様に制御するホストプロセッサのアーキテクチャに依存しないインターフェースを周辺機器が持つことができる。 Therefore, the independent interface of the host processor architecture to control similarly to the SCSI standard that is used often in the storage device may have peripherals.
【0018】 [0018]
一方、上記した汎用化が利点となる前提条件は多種の周辺機器に対応したドライバがOSとともに提供されることである。 On the other hand, assumptions above-described generalized becomes advantage is that drivers for the various peripheral devices are provided with OS. これにはOSのベンダと周辺機器のベンダがともに大きな労力を割かねばならない。 This is a vendor of vendors and peripheral devices of the OS must both devote a big effort. 実際、Microsoft社のオペレーティングシステム、Windows95では40枚に及ぶフロッピーディスクに多種のドライバが収納されている。 In fact, Microsoft's operating system, a variety of drivers to a floppy disk of up to 40 sheets in Windows95 is housed. もちろんこの全てがドライバではないものの、全体に占める割合は少なくない。 Of course although this all is not the driver, percentage of total is not small. ドライバソフトのソフトウェアはOSに依存するため、ソフトベンダはOSごとにドライバを用意しなければならない。 Because the driver software of the software depends on the OS, software vendors must provide a driver for each OS. デバイスドライバは一般にOSのメモリ管理と密接に関連して動作しているためである。 The device driver is because generally closely related to the memory management OS running. OS自体がホストプロセッサのアーキテクチャに依存する部分の大きいことはいうまでもない。 Greater course portion OS itself is dependent on the host processor architecture.
【0019】 [0019]
デバイスドライバの汎用性を高める試みとして、SCSIやIEEE1394、USBで実現されているように、周辺機器との通信や制御に汎用のプロトコルを使う方法がある。 In an attempt to increase the versatility of the device driver, as is realized by a SCSI or IEEE1394, USB, there is a method to use a generic protocol to communicate with and control the peripheral devices. OSがSCSIやIEEE1394のパケットを送信するドライバを提供し、そのドライバを利用して機器固有のデバイスドライバがそれぞれの周辺機器を制御する方式である。 OS will provide a driver for transmitting a packet of SCSI or IEEE1394, it is a method of device-specific device drivers by using the driver to control the respective peripheral devices. この方式をとれば同一のOSではSCSIやIEEE1394などの装置接続インタフェースが異ってもSCSI HDやプリンタなどの装置固有の制御を行う部分のドライバは共通に使うことができる。 Portion of the driver device connection interface such as the same in the OS SCSI or IEEE1394 Taking this method to perform the device-specific control such as SCSI HD and printers say can be used in common.
【0020】 [0020]
このような汎用の接続装置アーキテクチャにもいくつかの方法がある。 To such universal connection device architecture in several ways. SCSIでは通信に加えて制御コマンドのプロトコルも規定されている。 Protocol control commands in addition to communication in SCSI is also defined. IEEE1394では通信方法は規定されているが、制御のコマンドまでは規定せず、さまざまな制御プロトコルを持つ機器の余地を残している。 While the IEEE1394 communication method is specified, to the control of the command does not define, leaving room for devices with different control protocols.
【0021】 [0021]
また、IEEE1394には汎用入出力バスとしての側面の他にネットワークとして利用できる側面があり、IEEE1394バス上へのインターネットプロトコルのマッピングも提案されている(DAVIC IP over IEEE1394.1995 Specifications,1996)。 Moreover, the IEEE1394 has a side that can be used as a network to another aspect of the general-purpose input-output bus is also proposed mapping Internet Protocol onto the IEEE1394 bus (DAVIC IP over IEEE1394.1995 Specifications, 1996). しかしながら通信ネットワークの面と入出力バスとしての面を統合したインタフェースは未だ実現されていない。 However interface that integrates surface as input and output buses to the plane of the communication network has not yet been realized.
【0022】 [0022]
さて、OSがそれぞれの機器に対応するドライバを読み込むことでさまざまな周辺機器が利用可能になっている。 Well, OS are a variety of peripheral devices by reading the driver that corresponds to each of the devices have become available. しかし、デバイスドライバ自体はOSに依存しており、汎用性を持たないために種々のOS毎にそれぞれ対応のドライバの開発が必要であった。 However, the device driver itself is dependent on the OS, the development of the corresponding driver was required for each different OS because they do not have the versatility. このため周辺機器ベンダによるデバイスドライバの開発が特定の良く普及したOSに限られてしまう問題があった。 For this reason the development of device drivers with peripheral device vendor there is a problem that is limited to a specific well popular OS. この結果として、デバイスドライバの開発がある特定のOSに集中し、他のOSで使えないデバイスが増加している。 As a result, concentrated on a specific OS with the development of device drivers, the device is increased can not be used in other of the OS. これはOSの用途に合わせた多様化を妨げることになり、利用者の利便性を損うものである。 This would interfere with diversification according to the application of the OS, those impairing user convenience.
【0023】 [0023]
もう一つの問題は周辺装置が多様化することによって、利用しない装置のドライバや、上位プロトコルに対応するAPIにOSの資源が占有されてしまうことである。 Another problem by the peripheral device diversified, the driver or not utilization apparatus, resources of the OS API corresponding to the upper protocol is that become occupied.
【0024】 [0024]
また、IEEE1394では周辺機器制御バスのみならず、ネットワーク的な利用形態も考えられる。 Further, not only the peripheral control bus in IEEE1394, network utilization forms are also contemplated. ネットワーク的に利用される場合、制御する側のPCが予め接続される装置をすべて把握することは困難であり、接続されている装置に応じて利用法を決定できることと、同一のIEEE1394バスに複数のPCが接続されているとき、どちらのPCが制御権を持つかを決定することが要求される。 When the network utilized, it is difficult to grasp all the device side of the PC is connected in advance to control, and can be determined usage according to connected devices plurality to the same IEEE1394 bus when the PC is connected, either PC is required to determine with the control right. しかし、これを解決しているシステムは従来は存在しなかった。 However, the system did not exist prior to have solved this.
【0025】 [0025]
また、電話網や広域ネットワークを通じて遠隔にあるIEEE1394装置を制御できるシステムも従来は存在しなかった。 The system that can control the IEEE1394 device at the remote through a telephone network or a wide area network did not exist before.
【0026】 [0026]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
従来、家庭内あるいは家庭間デジタルネットワーク同士を相互接続し、ネットワークを介した機器の制御を行おうとしても、 Conventionally, a home or a home between digital networks together interconnected, even attempts to control the device through the network,
(1)ネットワーク上に存在する各機器の位置あるいはネットワーク上で提供されているサービスに関する情報を知るための技術がなく、ユーザは、特定の機器/サービスの存在をネットワーク上で認識することができず、対象機器の操作もしくは制御を行いあるいはサービスの提供を受けることができなかった。 (1) no techniques to know the information about the services that are provided on the position or the network of the devices existing on the network, the user is able to recognize the presence of a particular device / service on the network not, could not be provided with a carried or service operations or control of the target device. また、デジタルネットワーク同士の相互接続において異なるプロトコルに従う部分が混在する場合、異なるプロトコルを越えて操作コマンド等を伝える技術がなく、ユーザは、異なるプロトコルを越えた対象機器の操作もしくは制御を行いあるいはサービスの提供を受けることができなかった。 Further, if the part in accordance with the different protocols at the interconnection between the digital network coexist, without any technical convey such operations across different protocols command, the user performs an operation or control of the target device exceeds a different protocol or service It was not able to receive the provision of.
【0027】 [0027]
(2)さらに、近い将来、家庭内にも種々のインターネット処理機能を持った、いわゆる情報家電が入り込んでくると考えられているが、現在のインターネットは深刻なアドレス不足に悩んでいる。 (2) In addition, the near future, also in the home with a variety of Internet processing functions, but it is believed to come enters the so-called information appliances, the current Internet is suffering a serious shortage address. 家庭内に入り込んでくる家電機器は、非常に多くの数になるものと考えられ、これら全てに新たにIPアドレスを考えるのは非現実的である。 Appliances come enters in the home is believed to be a very large number, all new to think about the IP address to these is unrealistic. そこで、以下のような2つの方法が提案されている。 Accordingly, two methods described below have been proposed.
【0028】 [0028]
・家庭内はプライベートIPアドレスを用いる。 - home uses a private IP address.
【0029】 [0029]
・家庭内は、IPv6(IPバージョン6)アドレスを用いる。 - in the home, using the IPv6 (IP version 6) address.
【0030】 [0030]
しかしながら、実際のインターネット(公衆網)はIPv4(IPバージョン4)で運用されているのが現実であり、上記のような方法を取った場合、インターネット上から家庭内の機器へアクセスする方法が無い。 However, the actual Internet (PSTN) is a reality is being operated in IPv4 (IP version 4), when taking the method as described above, there is no way to access from the Internet to a device in the home . この問題に対する対処方法としては、NAT(ネットワークアドレス変換)やIPマスカレードが知られているが、これらを用いたとしても、インターネット(公衆網)上のユーザは、家庭内の種々の機器のアドレスを、実際にそれらの操作を行おうとする以前に認識する必要があるが、これを実現するメカニズムは無い。 The workaround to this problem, but NAT (Network Address Translation) and IP masquerade is known, even with these, users on the Internet (PSTN) is the address of the various devices in the home , it is necessary to recognize the fact prior to attempting these operations, the mechanism to achieve this is not.
【0031】 [0031]
(3)また、従来、デバイスドライバはOSに依存しており汎用性を持たないために、種々のOS毎にそれぞれ対応のドライバの開発が必要である問題点があった。 (3) Conventionally, device drivers because they do not have the versatility depends on OS, there is a problem it is necessary to develop corresponding driver for each variety of the OS. また、周辺装置が多様化することによって、予めデバイスドライバを豊富に内蔵しておくことが良く行われるが、利用しない装置のデバイスドライバや、上位プロトコルに対応するAPIにOSの資源が無駄に占有されてしまう問題点があった。 Further, by the peripheral device is diversified, advance it to be a built-in device drivers rich is performed well, or device driver does not use device, resources of the OS in vain to the API corresponding to the upper protocol occupancy there is a problem that would be.
【0032】 [0032]
本発明は、上記事情を考慮してなされたもので、上記第1の問題点を解決するために、特定のネットワークに依存せず、統一的なサービス提供環境を実現することが可能な通信装置、サービス登録方法およびサービス提供方法を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of these circumstances, the in order to solve the first problem, specific network independent, unified service delivery environment that can realize communication device , and to provide a service registration process and a service providing method.
【0033】 [0033]
また、上記第2の問題点を解決するために、本発明は、アドレス体系の異なるネットワーク(例えば、IPv4とIPv6、プライベートアドレスとIPv4、プライベートアドレスとIPv6等)を相互接続した場合でも、各ネットワークにおいて提供されているサービスを他のネットワークからでもアクセス可能にする通信装置を提供することを目的とする。 Further, the in order to solve the second problem, the present invention is different networks (e.g., IPv4 and IPv6, private address and IPv4, private address and IPv6, etc.) of the address system even when the interconnected, each network and to provide a service that is provided communications apparatus that enables access from any other network at.
【0034】 [0034]
また、上記第3の問題点を解決するために、本発明は、OSやハードウェアに依存せず、必要の生じた時点で装置制御プログラムを登録することの可能な通信装置および装置制御プログラム登録方法を提供することを目的とする。 Further, in order to solve the aforementioned third problem, the present invention is not dependent on the OS and hardware, capable of registering a device control program at the time the generated necessary communication apparatus and apparatus control program registration an object of the present invention to provide a method.
【0035】 [0035]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
(1) 本発明は 、単一アドレス空間にマップされたレジスタの操作を行う通信手段と、自装置に関する構成情報を記憶する構成情報記憶手段(コンフィグレーションメモリ)とを備えた通信装置(例えば、パーソナル・コンピュータ等)であって、前記構成情報記憶手段には、自装置(当該通信装置)上で稼動するサービスに関する情報を動的に記述することを特徴とする。 (1) The present invention relates to a communication device (e.g., having a communication means for performing operation of mapped registers in a single address space, and a configuration information storage means for storing configuration information regarding its own device (configuration memory), a personal computer, etc.), the said configuration information storage means, characterized by dynamically contains information about a service that runs on its own device (the communication device).
【0036】 [0036]
本発明によれば、通信装置を介して通信される他ノードは、この構成情報記憶手段をアクセスすることによって、その時点でその通信装置がサービスしているアプリケーションをタイムリに認識することができ、網構成のディレクトリサービスや、移動ノードのサービス検出が可能となり、網の運用の柔軟性が向上する。 According to the present invention, other nodes are communicated over a communication system, by accessing the configuration information storage unit, it is possible to recognize the application at the time the communication device serving the timely, directory services and network configuration, it is possible to service the detection of the mobile node, to improve the operational flexibility of the network. 特に、動的に稼動サービスが変化する場合や、サービスがソフトウエアにより実現される場合には、ソフトウエアのインストールや、バージョンアップ等に伴い、そのサービスの稼動の動的変化はより激しいものとなるため、サービス構成情報を動的に変化させることの有効性は極めて大きなものとなる。 In particular, and may change dynamically operating service, if the service is implemented by software, installation and software, along with the version upgrade, dynamic changes in operation of the service as more vigorous It becomes therefore, effectiveness of dynamically changing the service configuration information is extremely large.
【0037】 [0037]
(2)本発明は、単一アドレス空間にマップされたレジスタの操作を行う通信手段と、自装置に関する構成情報を記憶する構成情報記憶手段(コンフィグレーションメモリ)とを備えた通信装置(例えば、パーソナル・コンピュータ等)であって、前記構成情報記憶手段には、自装置(当該通信装置)上で稼動するサービスに関する情報と、自装置の属性に関する情報(例えば、ベンダID、ノードケーパビリティー等)とを併せて記述することを特徴とする。 (2) The present invention relates to a communication device (e.g., having a communication means for performing operation of mapped registers in a single address space, the configuration information storage means for storing configuration information about the own device and (configuration memory), a personal computer, etc.), wherein the configuration information storage unit, and information about the services running on the host device (the communication device), information about the attributes of the device itself (e.g., vendor ID, node cAPABILITY etc. ) and wherein the writing together.
【0038】 [0038]
本発明によれば、通信装置を介して通信される他ノードに対して、サービスをベースとした構成情報と、装置をベースとした構成情報の両方を通知することができ、該他ノードがその通信装置が接続されるネットワークのディレクトリ情報を構成する際に、サービス別の構成情報とするか、装置別の構成情報とするかの選択をより簡略化するのに有効である。 According to the present invention, to other nodes that are communicating via the communication device, the configuration information based services, it is possible to notify both the configuration information based device, said other node that when configuring the directory information of a network communication device is connected, or the service-specific configuration information, it is effective to further simplify the selection of the device-specific configuration information. これは、サービス別の操作・検索になれているユーザと、装置別の操作・検索になれているユーザの両方が存在するため、その両方に対応するために、特に有益である。 This is because the users who are accustomed to the service-specific operations and search, both of the user accustomed to device-specific operation and search exists, to accommodate both, is particularly beneficial.
【0039】 [0039]
(3)本発明は、単一アドレス空間にマップされたレジスタの操作を行う第1の通信手段と、自装置に関する構成情報を記憶する構成情報記憶手段(コンフィグレーションメモリ)とを備えた通信装置(例えば、パーソナル・コンピュータ等)であって、前記構成情報記憶手段には、自装置(当該通信装置)に前記第1の通信手段とは異なる第2の通信手段を介して接続されたネットワークに関する構成情報(例えば、端末の情報、サービスの情報)の少なくとも一部を記述することを特徴とする。 (3) The present invention relates to a communication device including a first communication means for performing an operation of mapped registers in a single address space, and a configuration information storage means for storing configuration information regarding its own device (the configuration memory) (e.g., a personal computer, etc.) a, the said configuration information storage means, about the network that is connected via a different second communication means and said to the own device (the communication device) first communication means configuration information (e.g., information of the terminal, information service), characterized in that to write at least a part of.
【0040】 [0040]
本発明によれば、第1の通信手段に接続された当該通信装置以外のノードは、当該通信装置に第2の通信手段に接続されたネットワーク構成情報を、この構成情報記憶手段を通して認識することが可能となり、この結果、相互接続されたネットワーク全体の構成情報を、第1の通信手段を介した構成情報記憶手段を通して認識することが可能となり、よって、網管理、網サービス登録などの仕組み、手間の簡略化を図ることが可能となる。 According to the present invention, nodes other than the communication device connected to the first communication means, to the network configuration information which is connected to the second communication unit to the communication device, to recognize through the configuration information storage unit becomes possible, as a result, the configuration information of the entire network interconnected, it is possible to recognize through the configuration information storage unit through the first communication means, thus, network management, a mechanism such as network service registration, it is possible to simplify the effort.
【0041】 [0041]
(4)本発明は 、接続されたネットワーク内に存在するディレクトリエージェントにサービスを登録する通信装置(例えば、パーソナル・コンピュータ等)であって、接続された前記ネットワークのデータリンクに依存するプロトコルで通信する、電子的装置(例えば、周辺機器、AV機器、家電機器等)のサービスを、該電子的装置に代わって前記ディレクトリエージェントに登録する手段を備えたことを特徴とする。 (4) The present invention relates to a communication with the connected communication device to register a service in the directory agent in the network (e.g., a personal computer, etc.) a protocol that depends on the data link of the connected the network to electronically device (e.g., peripheral device, AV equipment, household electrical appliances, etc.) services, characterized by comprising a means for registering the directory agent on behalf of the electronic devices.
【0042】 [0042]
本発明によれば、ディレクトリエージェントは、それが稼動するプロトコル(例えばIP等のネットワークレイヤプロトコル等)のディレクトリサービスに対して、データリンクレイヤプロトコル(例えばIEEE1394レイヤ等)で提供されるサービス(例えばIEEE1394のAV/Cプロトコル等)を登録することが可能となり、この結果、ディレクトリエージェントもしくはディレクトリサービスは、ネットワーク上で展開されているサービスを、その提供レイヤの区別なく、検索されることが可能となり、ネットワーク利用者の利便性の向上と、柔軟性の向上を同時に図ることが可能となる。 According to the present invention, the directory agent service it to the directory service protocol that runs (e.g. network layer protocols IP, etc., etc.), are provided at the data link layer protocol (e.g. IEEE1394 layer, etc.) (e.g., IEEE1394 the AV / C protocol, etc.) it is possible to register, as a result, the directory agent or directory service, the service being deployed on a network, without distinction of providing layer, it is possible to be retrieved, and improvement of the convenience of the network users, it becomes possible to achieve at the same time increased flexibility.
【0043】 [0043]
(5)本発明は 、接続されたネットワーク内のユーザエージェントからの問い合わせに応じてサービスに関する情報を通知する通信装置(例えば、パーソナル・コンピュータ等)であって、接続された前記ネットワークのデータリンクに依存するプロトコルで通信する、電子的装置(例えば、周辺機器、AV機器、家電機器等)のサービスを、該電子的装置に代わって前記ユーザエージェントに通知する手段を備えたことを特徴とする。 (5) The present invention relates to a communication device for notifying information about the service in response to an inquiry from the user agent in an attached network (e.g., a personal computer, etc.) A, the data link of the connected the network communicating dependent protocol, electronic devices (e.g., peripheral device, AV equipment, household electrical appliances, etc.) services, characterized by comprising means for notifying the user agent on behalf of the electronic devices.
【0044】 [0044]
本発明によれば、ユーザエージェントは、それが稼動するプロトコル(例えばIP等のネットワークレイヤプロトコル等)のサービスロケーションサービスに対して、データリンクレイヤプロトコル(例えばIEEE1394レイヤ等)で提供されるサービスに関する情報を得ることが可能となり、この結果、ユーザエージェントもしくはサービスロケーションサービスは、ネットワーク上で展開されているサービスを、その提供レイヤの区別なく検索することが可能となり、ネットワーク利用者の利便性の向上と柔軟性の向上を同時に図ることができる。 According to the present invention, a user agent, information to the service location service protocol (e.g., IP, etc. Network layer protocol, etc.) which it operates, for services provided by the data link layer protocol (e.g. IEEE1394 layer, etc.) it is possible to obtain, as a result, a user agent or service location service, a service that is deployed on the network, it is possible to search without distinguishing the provided layer, and improve the convenience of the network users it is possible to achieve greater flexibility at the same time.
【0045】 [0045]
(6)本発明は、上記(4)または(5)に記載の通信装置において、ディレクトリエージェントへの登録またはユーザエージェントへの通知の際に、登録または通知する前記サービスへのアクセスのためのポートとして、自装置(例えば、パーソナル・コンピュータ等)の論理多重識別子を登録または通知することを特徴とする。 (6) In a communication apparatus according to (4) or (5), when the notification to the registration or the user agent to the directory agent, port for access to the service to be registered or notifications as a self-device (e.g., personal computer, etc.) and registers or notifies the logical multiplexing identifier.
【0046】 [0046]
このようにすれば、前記通信装置は、その論理多重識別子へのアクセスがあった場合には、前記電子的装置のサービスへのアクセスであることを認識することが可能となり、そのサービスを実際に実現するための適切な処理を施すことが可能となる。 Thus, the communication apparatus, in which case there access to the logical multiplexing identifier, it becomes possible to recognize that the access to services of the electronic device, actually the service it becomes possible to perform appropriate processing for realizing.
【0047】 [0047]
一方、ディレクトリエージェントは、前記電子的装置のサービスへのアクセスポイントとして、この論理多重識別子を応答することが可能となり、もってサービスの提供レイヤを問わない統一的なディレクトリサービスを提供することが可能となる。 Meanwhile, the directory agent, as an access point to the service of the electronic device, it is possible to respond to this logical multiplexing identifier, it can be provided with no limitation to provide layers of services unified directory services and Become.
【0048】 [0048]
また、ユーザエージェントは、前記電子的装置のサービスへのアクセスポイントとして、この論理多重識別子を通知された場合、レイヤを問わず、そのサービスがこの論理多重識別子を通じて提供されるものと認識することとなり、ネットワーク全体で、レイヤを問わない、統一的なサービス提供体制を提供することが可能となる。 Also, user agent, as an access point to the service of the electronic device, if this is notified the logical multiplexing identifier, regardless of the layer, it is that the service is aware shall be provided through the logic multiplexing identifier , in the entire network, regardless of the layer, it is possible to provide a unified service delivery system.
【0049】 [0049]
(7)本発明は、上記(6)に記載の通信装置において、前記論理多重識別子で指定されたポートにコマンドが到達した場合に、このコマンドを、それに対応する前記データリンクに依存するプロトコルのコマンドに変換して、前記電子的装置(例えば、周辺機器、AV機器、家電機器等)に送信することを特徴とする。 (7) In a communication apparatus according to (6), when a command to the port specified in the logical multiplexing identifier has arrived, this command protocol that depends on the data link corresponding thereto is converted to the command, the electronic device (e.g., peripheral device, AV equipment, household electrical appliances, etc.) and transmits the.
【0050】 [0050]
このようにすれば、前記通信装置は、その論理多重識別子へのアクセスがあった場合には、前記電子的装置のサービスへのアクセスであることを認識し、実際にそのサービスを提供している実体に、その提供データリンクのプロトコルに合致したコマンド変換をした上で、そのコマンド送出を行うこと、すなわちサービス要求を行うことが可能となり、もって、全体の「サービス要求→サービス実現」の手順の実現を図ることが可能となる。 Thus, the communication apparatus, in which case there access to the logical multiplexing identifier recognizes that the an access to services of an electronic device, and actually provide the service the entity, after the command conversion that matches the protocol of the data provided link, to perform the command sending, i.e. it is possible to perform a service request, has been, the entire procedure of the "service request → service implementation" it is possible to achieve the realization.
【0051】 [0051]
また、ユーザエージェントは、前記電子的装置のサービスへのアクセスは、あくまで、そのコマンドを記述したレイヤで行われるものと認識していることとなるため、処理の単純化、すなわち該レイヤでのサービスアクセスの環境さえ整えておけば、該ネットワーク上の種々のサービスへのアクセスが可能となることを意味し、該ネットワークのサービス提供環境の単純化、効率化、統一化の各々に寄与することが可能となる。 Further, the user agent, the access to the service of electronic devices, hackers can become because it recognizes that takes place in the layer that describes the command, simplification of the processing, i.e. the service in the layer if it even trimmed access environment, which means that access to the various services on the network is possible, simplification of service delivery environment of the network, efficiency, which contributes to each of the unified It can become.
【0052】 [0052]
(8)本発明は、上記(6)に記載の通信装置において、前記論理多重識別子のポートに到達したコマンドを、該コマンドに対応する前記データリンクに依存するプロトコルのコマンドにマッピングするための対応テーブルを有することを特徴とする。 (8) In a communication apparatus according to (6), the command has reached the port of the logic multi identifier, corresponding to map to a command protocol which depends on the data link corresponding to the command It characterized by having a table.
【0053】 [0053]
このようにすれば、前記通信装置は、その論理多重識別子へのアクセスがあった場合のコマンド変換を、あらかじめ決められた手順で行うことが可能となり、これによって、前記電子的装置のサービスへのアクセスであることを認識し、実際にそのサービスを提供している実体に、その提供データリンクのプロトコルに合致したコマンド変換をした上で、そのコマンド送出を行うこと、すなわちサービス要求を行うことが可能となり、もって、全体の「サービス要求→サービス実現」の手順の実現を図ることが可能となる。 Thus, the communication device, the command conversion when there is access to the logical multiplexing identifier, it is possible to perform in predetermined steps, whereby, in the service of the electronic device It recognizes that the access is actually the entity that provides the service, after the command conversion that matches the protocol of the data provided link, to perform the command sending, that is, to perform a service request possible and will, have been, it is possible to achieve the realization of the procedure of "service request → service implementation" of the total.
【0054】 [0054]
また、ユーザエージェントは、前記電子的装置のサービスへのアクセスは、あくまで、そのコマンドを記述したレイヤで行われるものと認識していることとなるため、処理の単純化、すなわち該レイヤでのサービスアクセスの環境さえ整えておけば、該ネットワーク上の種々のサービスへのアクセスが可能となることを意味し、該ネットワークのサービス提供環境の単純化、効率化、統一化の各々に寄与することが可能となる。 Further, the user agent, the access to the service of electronic devices, hackers can become because it recognizes that takes place in the layer that describes the command, simplification of the processing, i.e. the service in the layer if it even trimmed access environment, which means that access to the various services on the network is possible, simplification of service delivery environment of the network, efficiency, which contributes to each of the unified It can become.
【0055】 [0055]
(9)本発明は 、第1の通信手段に従えば通信できず、第2の通信手段に従えば通信可能な電子的装置と、第1の通信手段および第2の通信手段のいずれに従っても通信可能な電子的装置とが接続される可能性のあるネットワークに接続された通信装置におけるサービス登録方法であって、前記第1の通信手段を通じて前記電子的装置夫々から提供されるサービスに関する情報の登録を受け付け、前記第2の通信手段により存在が認識された電子的装置で、かつ、前記第1の通信手段を通じての前記通知がなかったものについて、登録すべき該電子的装置夫々により提供されるサービスに関する情報を前記第2の通信手段を用いて取得し、通知された前記サービスに関する情報および取得された前記サービスに関する情報をもとに、前記ネッ (9) The present invention is not able to communicate according to the first communication means, and electronic device capable of communicating according to the second communication means, also according to any of the first communication means and second communication means a service registration process in the connected communication device to potentially capable of communicating electronic device is connected a network, the information about services provided by the electronic device respectively through said first communication means accepting the registration, in the electronic device there is recognized by the second communication means, and said about what notification was not through the first communication means is provided by the electronic manner apparatus each to be registered s that information about the service obtained using the second communication means, based on the information about the notified information and the acquired service related to the service, the network ワーク上のサービスディレクトリ情報を構成することを特徴とする。 And characterized in that it constitutes a service directory information on the work.
【0056】 [0056]
(10)本発明は 、第1のプロトコルに従えば通信できず、第2のプロトコルに従えば通信可能な少なくとも1つの電子的装置が接続された通信装置におけるサービス提供方法であって、前記電子的装置により提供されるサービスへのアクセスのためのポートとして前記第1のプロトコルに従う自装置の論理多重識別子を割り当て、前記論理多重識別子で指定されたポートにコマンドが到達した場合に、このコマンドを、前記第2のプロトコルに従うコマンドに変換して、前記電子的装置に送信することを特徴とする。 (10) The present invention is not able to communicate according to a first protocol, the second according to the protocol can communicate at least one electronic device is a service providing method in a connected communication device, the electronic allocation logic multiplexing identifier of the device according to the first protocol as a port for access to services provided by the device, when a command to the port specified in the logical multiplexing identifier has arrived, the command the converted into commands according to the second protocol, and transmits to the electronic device.
【0057】 [0057]
(11)本発明は 、単一アドレス空間にマップされたレジスタの操作を行う通信手段と、前記通信手段によって認識された電子的装置(例えば、周辺機器、AV機器、家電機器等)の属性情報(例えば、uniqe ID、unit ID、capability等)を入手する入手手段と、前記通信手段に対して前記単一アドレス空間上のレジスタの操作を行う指示を発行することによって前記電子的装置を制御する装置制御プログラム(デバイスドライバソフト)の登録(OSへの組み込み)を、入手された前記電子的装置の属性情報に基づいて動作中に行う登録手段とを備えたことを特徴とする。 (11) The present invention, attribute information of a communication unit that performs operation of mapped registers in a single address space, the electronic apparatus recognized by the communication means (e.g., peripherals, AV equipment, household electrical appliances, etc.) (e.g., uniqe ID, unit ID, capability, etc.) and access means to obtain, for controlling the electronic device by issuing an instruction for operating the register on said single address space to said communication means registering device control program (device driver software) to (incorporation into OS), characterized by comprising registration means performed during operation on the basis of the attribute information of the electronic devices that are available.
【0058】 [0058]
本発明によれば、前記装置制御プログラムがいわゆるデバイスドライバの役割を果たすことになるが、本発明によれば、単一アドレス空間にマップされたレジスタの操作を行う通信手段によって入手された電子的装置の属性情報に基づいて、前記単一アドレス空間上のレジスタの操作を行う指示を発行することによって前記電子的装置を制御する装置制御プログラムを登録するので、動作中に必要に応じて、ドライブする対象の属性にあわせた装置制御プログラムをOSに組み込むことができる。 According to the present invention, wherein at device control program is the role of the so-called device driver, according to the present invention, an electronic, which is obtained by a communication means for performing an operation of mapped registers in a single address space based on the attribute information of the device, so registering the device control program for controlling the electronic device by issuing an instruction for operating the register on said single address space, as needed during operation, the drive the device control program matching the attributes of the object to be can be incorporated in the OS.
【0059】 [0059]
また、装置制御プログラムがネットワークローダブルな形(例えばJAVA言語で記述された形)で提供されれば、OSの種別やハードウエアの種別を問わずに、装置制御プログラムの登録を行うことが可能となる。 Further, if it is provided by the device control program network loadable form (for example in the form described in JAVA language), regardless of the type classification and the hardware OS, it can be registered in the device control program to become.
【0060】 [0060]
(12)本発明は、上記(11)に記載の通信装置において、前記登録手段は、前記入手手段により入手された前記電子的装置の属性情報に基づいて入手すべき装置制御プログラムの識別名を求める手段と、求められた前記識別名に基づいて、該当する装置制御プログラムを入手する手段とを有することを特徴とする。 (12) The present invention is a communication apparatus according to (11), said registering means, the identifier of the control program should obtain, based on the attribute information of the electronic device that is obtained by said acquiring means means for determining, based on the identification name obtained, characterized by having a means to obtain the relevant control program.
【0061】 [0061]
このようにすれば、前記電子的装置の属性に適合した装置制御プログラムを、必要に応じて入手し、デバイスドライバとして使用することができる。 Thus, the device control program adapted to the attributes of the electronic device, to obtain if necessary, can be used as a device driver.
【0062】 [0062]
(13)本発明は、上記(11)または(12)に記載の通信装置において、前記電子的装置の属性情報は、前記電子的装置内の予め定められた構成情報記憶領域(例えば、コンフィグレーションROM、あるいはコンフィグレーション・メモリ)に記述されたものであり、前記入手手段は、前記構成情報記憶領域に記述された内容を読み取ることで前記属性情報を入手することを特徴とする。 (13) The present invention is, above (11) or in the communication apparatus according to (12), the attribute information of the electronic device, the predetermined configuration information storage area in said electronic device (e.g., configuration ROM or has been described in the configuration memory), the acquisition means is characterized by obtaining the attribute information by reading the written in the configuration information storage area contents.
【0063】 [0063]
このように前記電子的装置の属性情報を当該電子的装置内の構成情報記憶領域を読み取ることで入手するようにすれば、構成情報記憶領域には通常そのデバイスの属性情報が記述されていることが期待され、適当な装置制御プログラムを入手するのための手がかりとなる適切な情報が得られることが期待される。 If the attribute information of thus said electronic device so as to obtain by reading configuration information storage area of ​​the inner electronic device, usually the attribute information of the device is described in the configuration information storage area There is expected, appropriate information as a clue for obtaining a suitable control program that can be obtained is expected.
【0064】 [0064]
(14)本発明は、上記(11)乃至(13)のいずれか1項に記載の通信装置において、前記単一アドレス空間は、IEEE1394バスの形で提供されることを特徴とする。 (14) The present invention is a communication apparatus according to any one of the above (11) to (13), said single address space, characterized in that it is provided in the form of the IEEE1394 bus.
【0065】 [0065]
IEEE1394バスは単一メモリ空間を実現するバスとして解釈することが可能であることから、上記機構をそのまま採用することが可能であり、本来困難であったネットワークのデバイスドライバのネットワークを介した動的ローディングが可能になり、ユーザの利便性を飛躍的に高めることができる。 Since IEEE1394 bus can be interpreted as a bus for implementing a single memory space, it is possible to adopt as the above mechanism, the dynamic over the network of the original which was difficult network device driver loading allows, it is possible to improve the convenience of the user dramatically.
【0066】 [0066]
(15)本発明は、上記(12)乃至(14)のいずれか1項に記載の通信装置において、前記装置制御プログラムの識別名として、外部ネットワークの特定の資源を指示可能な識別名を用いることを特徴とする。 (15) The present invention is a communication apparatus according to any one of the above (12) to (14), as the identification name of the device control program, using a steerable DN certain resources external network it is characterized in.
【0067】 [0067]
このように、前記電子的装置の装置制御プログラムをネットワークローダブルとすれば、必要に応じて外部ネットワークから入手することが可能になり、前記通信装置は、あらかじめ想定される全ての装置制御プログラムを持たなければいけないという制約条件から開放され、ディスクやOSの容量の節約、ソフトウエアのバージョンアップ等、様々な利点を享受することが可能となる。 Thus, if the device control program of the electronic device with the network loadable, it is possible to obtain from the external network as needed, the communication apparatus, all of the device control program to be assumed in advance is released from the constraint that do not have to have, saving disk space and OS, software version-up, etc., it is possible to receive a variety of benefits.
【0068】 [0068]
好ましくは装置制御プログラムはJAVA言語等で記述されたものである。 Preferably device control program are those described in JAVA language or the like.
【0069】 [0069]
(16)本発明は、単一アドレス空間にマップされたレジスタの操作を行う手段により所定の電子的装置と通信可能な他の通信装置(第2の通信装置)との間での通信が、論理ネットワークを利用した通信手段によって可能である通信装置(第1の通信装置)であって、前記通信手段を通じて前記他の通信装置(第2の通信装置)に対して前記電子的装置(例えば、パーソナル・コンピュータ、周辺機器、AV機器、家電機器等)の属性情報(例えば、uniqe ID、unit ID、capability等)の取得を要求する手段と、前記電子的装置を制御する装置制御プログラム(デバイスドライバソフト)の登録(OSへの組み込み)を、前記要求により前記他の通信装置から入手した前記電子的装置の属性情報に基づいて動作中 (16) The present invention, communication with other communication devices capable of communicating with a predetermined electronic device by means of operating the mapped registers in a single address space (second communication device), a communication apparatus is possible by communication means using a logical network (the first communication device), the electronic device wherein to the other communication apparatus (second communication device) via the communication means (e.g., personal computers, peripherals, AV equipment, the attribute information of the home appliance, etc.) (e.g., uniqe ID, unit ID, and means for requesting acquisition of the capability, etc.), device control program for controlling the electronic device (device driver registration software) (the incorporation) to OS, during operation on the basis of the attribute information of the electronic device obtained from the other communication apparatus by the request 行う手段と、前記他の通信装置(第2の通信装置)との間で前記通信手段を通じて前記単一アドレス空間上のレジスタの操作を行う指示に関する情報を送受信する手段とを備えたことを特徴とする。 Wherein means for performing, further comprising a means for transmitting and receiving information about the instruction for operating the register on said single address space through the communication means between the other communication apparatus (second communication apparatus) to.
【0070】 [0070]
本発明によれば、制御主体である通信装置(第1の通信装置)は、論理ネットワークを通じて接続された他の通信装置(第2の通信装置)を仲介として前記電子的装置を利用するための機能を持つことができ、単一アドレス空間上のレジスタの操作を行う制御プログラムを変更することなく単一アドレス空間上にマップされたレジスタの操作を行う手段に限らず論理ネットワークを通じて遠隔の電子的装置を制御することが可能になる。 According to the present invention is a control entity communication device (first communication device), for utilizing the electronic device other communication apparatus connected through a logic network (second communication device) as an intermediary function can have a remote electronic through logical network is not limited to the means for performing an operation of mapped registers on a single address space without changing the control program for operating the register on a single address space it is possible to control the device.
【0071】 [0071]
好ましくは、前記要求により前記他の通信装置から入手した前記電子的装置の属性情報に基づいて動作中に行う手段は、入手された前記電子的装置の属性情報に基づいて入手すべき装置制御プログラムの識別名を求める手段と、求められた前記識別名に基づいて、該当する装置制御プログラムを入手する手段とを有するようにしても良い。 Preferably, means for performing in operation on the basis of the attribute information of the electronic device obtained from the other communication apparatus by the request, the apparatus control program should obtain, based on the attribute information of the electronic device that is obtained means for determining the identifier of, based on the identification name obtained, it may be a means to obtain the relevant control program.
【0072】 [0072]
また、好ましくは、前記電子的装置の属性情報は、前記電子的装置内の予め定められた構成情報記憶領域に記述されたものであり、前記属性情報は前記他の通信装置(第2の通信装置)により前記構成情報記憶領域に記述された内容を読み取られることで入手されたものであっても良い。 Also, preferably, the attribute information of the electronic device has been described in advance in the configuration information storage area defined in said electronic device, the attribute information is the other communication apparatus (second communication device) by may be those obtained by read the written content to the configuration information storage area.
【0073】 [0073]
また、好ましくは、前記単一アドレス空間は、IEEE1394バスの形で提供されても良い。 Further, preferably, it said single address space may be provided in the form of the IEEE1394 bus.
【0074】 [0074]
また、好ましくは、前記装置制御プログラムの識別名として、外部ネットワークの特定の資源を指示可能な識別名を用いても良い。 Also, preferably, the distinguished name of the device control program, may be used steerable DN certain resources of the external network.
【0075】 [0075]
(17)本発明は、通信装置の動作中に装置制御プログラムを登録する装置制御プログラム登録方法であって、単一アドレス空間にマップされたレジスタの操作を行う所定の通信手段によって認識された電子的装置の属性情報を入手し、前記通信手段に対して前記単一アドレス空間上のレジスタの操作を行う指示を発行することによって前記電子的装置を制御する装置制御プログラムの登録を、入手された前記電子的装置の属性情報に基づいて動作中に行うことを特徴とする。 (17) The present invention is an apparatus control program registration method for registering a device control program in the communication device operation, electrons recognized by a predetermined communication means for performing an operation of mapped registers in a single address space obtain the attribute information of specific apparatus, the registration of the device control program for controlling the electronic device by issuing an instruction for operating the register on said single address space to the communication unit, were obtained and performing during operation on the basis of the attribute information of the electronic device.
【0076】 [0076]
なお、以上の各装置に係る発明は方法に係る発明としても成立する。 Incidentally, the invention according to the apparatus described above also an invention relating to a method.
【0077】 [0077]
また、上記の発明は、相当する手順、機能あるいは手段をコンピュータに実行させるためのプログラムを記録した機械読取り可能な媒体としても成立する。 Further, the invention does procedure corresponding, also established as a machine-readable medium recording a program for executing the function or means to the computer.
【0078】 [0078]
(18)本発明の通信装置は、第1のネットワークに接続して該第1のネットワークに依存するプロトコルで通信するサービス提供装置を第2のネットワークを介して制御するための通信装置において、前記サービス提供装置を制御するための前記第1のネットワークの通信プロトコルに依存する第1のコマンドに対応する前記第2のネットワークの通信プロトコルに依存する第2のコマンドに関する情報を少なくとも前記第2のネットワークを介して提供する提供手段と、この提供手段で提供された第2のコマンドを含むメッセージを前記第2のネットワークを介して受信する受信手段と、この受信手段で受信されたメッセージに含まれる第2のコマンドを前記第1のコマンドに変換し、該第1のコマンドで前記サービス提供装置を制御す (18) a communication device of the present invention is a communication device for controlling a service providing apparatus for communicating a protocol that depends on the first of the first network connected to the network via a second network, the It said first of said second of at least the second network information regarding a second command which depends on the network communication protocol corresponding to the first command that depends on a network communication protocol to control the service providing device and providing means for providing through a receiving means for receiving a message comprising a second commands provided via the second network in the providing means, first included in the message received by the receiving means the second command is converted to the first command, to control the service providing apparatus in said first command 制御手段と、を具備したことにより、特定のネットワークに依存せず、統一的なサービス提供環境を実現することが可能となる。 By equipped with control means, and does not depend on a particular network, it is possible to achieve a unified service delivery environments.
【0079】 [0079]
(19)本発明の通信装置は、第1のネットワークに接続して該第1のネットワークに依存するプロトコルで通信するサービス提供装置を第2のネットワークを介して制御するための通信装置において、前記サービス提供装置の提供するサービスに関する情報を収集する収集手段と、この収集手段で収集されたサービスに関する情報に対応する前記サービス提供装置を制御するための前記第1のネットワークの通信プロトコルに依存する第1のコマンドに対応する前記第2のネットワークの通信プロトコルに依存する第2のコマンドに関する情報を少なくとも前記第2のネットワークを介して提供する提供手段と、この提供手段で提供された第2のコマンドを含むメッセージを前記第2のネットワークを介して受信する受信手段と、この受信 (19) The communication apparatus of the present invention is a communication device for controlling a service providing apparatus for communicating a protocol that depends on the first of the first network connected to the network via a second network, the collecting means for collecting information about the service provided by the service providing apparatus, the communications protocol dependent of the first network for controlling the service providing device corresponding to the information about the services that are collected by this collecting means and providing means for providing through the at least the second network information regarding a second command which depends on the communication protocol of the second network corresponding to one command, a second command is provided in the providing means receiving means for receiving through the second network a message containing this Receive 段で受信されたメッセージに含まれる第2のコマンドを前記第1のコマンドに変換し、該第1のコマンドで前記サービス提供装置を制御する制御手段と、を具備したことにより、特定のネットワークに依存せず、統一的なサービス提供環境を実現することが可能となる。 Converting the second command included in the received message in step to said first command, and control means for controlling said service providing apparatus by the first command, by provided with the, in particular network independent, it is possible to realize a uniform service delivery environments.
【0080】 [0080]
(22)本発明の通信装置は、第1のネットワークに接続して該第1のネットワークに依存するプロトコルで通信するサービス提供装置を第2のネットワークを介して制御するための通信装置において、前記サービス提供装置を制御するための前記第1のネットワークの通信プロトコルに依存する第1のコマンドを発行するためのホームページを前記第2のネットワークを介して提供する提供手段と、この提供手段で提供された前記ホームページに基づくメッセージを前記第2のネットワークを介して受信する受信手段と、この受信手段で受信されたメッセージに基づき発行された前記第1のコマンドで前記サービス提供装置を制御する制御手段と、を具備したことにより、ホームページを受信し操作を行うユーザは、第1のネットワークに (22) The communication apparatus of the present invention is a communication device for controlling a service providing apparatus for communicating a protocol that depends on the first of the first network connected to the network via a second network, the and providing means for providing a website for issuing a first command which depends on the communication protocol of the first network to control the service providing apparatus via the second network, it is provided in this supply means receiving means for receiving through the second network a message based on the home page, and control means for controlling said service providing apparatus in the first command issued on the basis of the received message by the receiving means by provided with the user to perform receiving a home operation, the first network 続されたサービス提供装置のプロトコルが何であるかを問わず、具体的にはIEEE1394に接続されるAV機器のように、リンクレイヤ技術に依存するプロトコルしか解釈しない機器についても、遠隔制御を行うことが可能となる。 Regardless of whether the protocol of the connection service providing device is what, as AV equipment specifically connected to the IEEE1394, for even devices only protocol that depends on the link layer technology does not interpret, to perform a remote control it is possible.
【0081】 [0081]
(23)本発明の通信装置は、第1のネットワークに接続して該第1のネットワークに依存するプロトコルで通信するサービス提供装置を第2のネットワークを介して制御するための通信装置において、前記サービス提供装置の提供するサービスに関する情報を収集する収集手段と、この収集手段で収集されたサービスに関する情報に対応する前記サービス提供装置を制御するための前記第1のネットワークの通信プロトコルに依存する第1のコマンドを発行するためのホームページを前記第2のネットワークを介して提供する提供手段と、この提供手段で提供された前記ホームページに基づくメッセージを前記第2のネットワークを介して受信する受信手段と、この受信手段で受信されたメッセージに基づき発行された前記第1のコマンド (23) The communication apparatus of the present invention is a communication device for controlling a service providing apparatus for communicating a protocol that depends on the first of the first network connected to the network via a second network, the collecting means for collecting information about the service provided by the service providing apparatus, the communications protocol dependent of the first network for controlling the service providing device corresponding to the information about the services that are collected by this collecting means and providing means for providing a website for issuing a command through the second network, receiving means for receiving a message based on the home page provided by the providing means via said second network the first command issued on the basis of the received message by the receiving means 前記サービス提供装置を制御する制御手段と、を具備したことにより、ホームページを受信し操作を行うユーザは、第1のネットワークに接続されたサービス提供装置のプロトコルが何であるかを問わず、具体的にはIEEE1394に接続されるAV機器のように、リンクレイヤ技術に依存するプロトコルしか解釈しない機器についても、遠隔制御を行うことが可能となる。 By equipped and control means for controlling said service providing apparatus, the user performing the receiving the home page operation, whether the protocol of the connected service providing device to the first network is what, specifically as AV devices connected to the IEEE1394 is to, for the equipment only protocol that depends on the link layer technology does not interpret, it is possible to perform the remote control.
【0082】 [0082]
(24)本発明の通信装置は、第1のネットワークに接続して該第1のネットワークに依存するプロトコルで通信するサービス提供装置を第2のネットワークを介して制御するための通信装置において、前記サービス提供装置の提供するサービスに関する情報を収集する収集手段と、この収集手段で収集されたサービスに関する情報に基づき前記サービス提供装置を制御するための前記第1のネットワークの通信プロトコルに依存する第1のコマンドを発行するためのホームページを作成する作成手段と、この作成手段で作成されたホームページを前記第2のネットワークを介して提供する提供手段と、この提供手段で提供された前記ホームページに基づくメッセージを前記第2のネットワークを介して受信する受信手段と、この受信手段で (24) The communication apparatus of the present invention is a communication device for controlling a service providing apparatus for communicating a protocol that depends on the first of the first network connected to the network via a second network, the collecting means for collecting information about the service provided by the service providing apparatus, the communications protocol dependent of the first network for controlling the service providing apparatus based on the information about the services that are collected by this collecting means 1 and creation means for creating a home page for issuing commands, and providing means for providing a home page created by the creation means via said second network, the message based on the website provided by the providing means receiving means for receiving via the second network, by the receiving means 信されたメッセージに基づき発行された前記第1のコマンドで前記サービス提供装置を制御する制御手段と、を具備したことにより、ホームページを受信し操作を行うユーザは、第1のネットワークに接続されたサービス提供装置のプロトコルが何であるかを問わず、具体的にはIEEE1394に接続されるAV機器のように、リンクレイヤ技術に依存するプロトコルしか解釈しない機器についても、遠隔制御を行うことが可能となる。 And control means for controlling said service providing apparatus in issued the first command based on the signal messages, by provided with the user to perform receiving a home operation, which is connected to the first network regardless of whether the protocol of the service providing device is what, specifically as AV equipment connected to the IEEE1394, for even devices only protocol that depends on the link layer technology does not interpret, it is possible to perform remote control Become.
【0083】 [0083]
(25)なお、本発明の通信装置は、前記サービス提供装置の提供するサービス毎に予め定められた前記第1のコマンドに対応する該サービス提供装置を制御するための前記第2のネットワークの通信プロトコルに依存する第2のコマンドを登録したテーブルを具備し、前記収集手段で収集されたサービスに関する情報に対応する第2のコマンドに関する情報を該テーブルから取得して前記ホームページを作成することにより、ホームページには、第2のコマンド情報(遠隔制御コマンド)により実現できるサービス提供装置の遠隔制御の一覧を表示することが可能になり、もって運用可能な遠隔制御方法を列挙したホームページを作成することが可能になる。 (25) The communication apparatus of the present invention, the communication of the service providing device and the second network for controlling the service providing device corresponding to a predetermined first command for each service provided by the by comprising a table having registered the second command which depends on the protocol, the information about the second command corresponding to the information about the collected service by said collecting means obtains from the table to create the homepage, the home page can be used to display a list of the remote control of the service providing device which can be realized by the second command information (remote control command) will be possible, to create a home page that lists the operations that can be remote control method with possible to become.
【0084】 [0084]
(26)また、本発明の通信装置は 、前記メッセージは、前記サービス提供装置を制御するための前記第2のネットワークの通信プロトコルに依存する第2のコマンドを含み、前記制御手段は、前記第1のコマンドと前記第2のコマンドとの対応テーブルを参照して前記受信手段で受信されたメッセージに含まれる第2のコマンドを前記第1のコマンドに変換することにより、特定の第2のコマンド情報(遠隔制御コマンド)を前記受信手段を介して受信した場合に、それがどのような動作を第1のネットワークの所望の装置(この場合第1のネットワークに接続されたサービス提供装置)に行えばいいのかを、上記対応テーブルを参照すればわかるようになる。 (26) In the communication apparatus, said message includes a second command which depends on the communication protocol of the second network to control the service providing apparatus, wherein, said first by converting the second command included in the received message by the receiving unit by referring to the correspondence table of the commands and the second command to the first command, the specific second command information when the (remote control command) received via the receiving means, the line to the desired device it is what operation the first network (in this case the service providing apparatus connected to the first network) or Ebaii of, so seen by reference to the correspondence table.
【0085】 [0085]
(27)また、本発明の通信装置は、前記メッセージは、前記サービス提供装置を制御するための前記第2のネットワークの通信プロトコルに依存する第2のコマンドと、前記第2のネットワークの通信プロトコルに依存するアドレスと、前記第1のネットワークに依存する前記サービス提供装置を特定するための多重識別子とを含み、前記制御手段は、前記第1のコマンドと前記第2のコマンドとの対応テーブルを参照して前記受信手段で受信されたメッセージに含まれる第2のコマンドを前記第1のコマンドに変換し、該第1のコマンドで前記多重識別子にて識別されるサービス提供装置を制御することにより、ホームページを受信したノードは、第2のコマンド情報(遠隔制御コマンド)として、ハイパーリンク参照された対象に働き (27) In the communication apparatus, said message includes a second command which depends on the communication protocol of the second network to control the service providing apparatus, the communication protocol of the second network an address which depends on, and a multiplexing identifier for identifying the service providing apparatus that depend on the first network, the control means, a correspondence table between said first command and said second command Referring to convert the second command included in the message received by the receiving means to the first command, by controlling the service providing apparatus identified by the multiplexing identifier by the first command , node receiving the home page, the second command information (remote control commands), acts on the object referenced hyperlinks けることによって、制御対象である前記第1のネットワークに接続されたサービス提供装置を指定し、その所望の動作を指定することが可能となり、もって所望の前記第1のネットワークに接続されたサービス提供装置の遠隔操作を行うことが可能になる。 By kicking it, it specifies the service providing device connected to said first network to be controlled, it is possible to specify the desired operation, with the service provided, which is connected to the desired the first network it becomes possible to perform remote operation of the device.
【0086】 [0086]
(28)また、本発明の通信装置は、前記ホームページは、前記サービス提供装置を制御するための前記第2のネットワークの通信プロトコルに依存する第2のコマンドを含むメッセージを生成するためのプログラムを含み、前記制御手段は、前記第1のコマンドと前記第2のコマンドとの対応テーブルを参照して前記受信手段で受信されたメッセージに含まれる第2のコマンドを前記第1のコマンドに変換し、該第1のコマンドでサービス提供装置を制御することにより、ホームページを受信したノードは、それに対応付けられたプログラム(JAVAプログラム)を起動させ、制御対象である前記第1のネットワークに接続されたサービス提供装置を指定し、その所望の動作を指定するコマンドを発行させることが可能となり、もって所 (28) Further, the communication device of the present invention, the home page, a program for generating a message including a second command that depends on the communication protocol of the second network to control the service providing device wherein said control means converts the second command included in the received message by the first command and the second referring to the receiving means a correspondence table of a command to said first command by controlling the service providing apparatus in the first command, the node receiving the home page activates the program associated with it (JAVA program), which is connected to the first network to be controlled specifies the service providing device, it becomes possible to issue a command that specifies the desired operation, with and Tokoro の前記第1のネットワークに接続されたサービス提供装置の遠隔操作を行うことが可能になる。 It becomes possible to perform the remote operation of the first connection service providing apparatus to a network.
【0087】 [0087]
(29)また、本発明の通信装置は、前記制御手段は、前記受信手段で受信されたメッセージにて前記第1のコマンドを発行するためのプログラム(例えば、CGIスクリプト)を起動することにより、ホームページを受信したノードは、それに対応付けられたプログラム(CGIスクリプト)を起動させ、制御対象である前記第1のネットワークに接続されたサービス提供装置を指定し、その所望の動作を指定するコマンドを発行せせることが可能となり、もって所望の前記第1のネットワークに接続されたサービス提供装置の遠隔操作を行うことが可能になる。 (29) In the communication apparatus, the control means, a program for issuing the first command in the message received by the receiving unit (e.g., CGI scripts) by activating, the node receiving the home page activates the program associated with it (CGI scripts), specify the connection service providing device to the first network to be controlled, the command specifying the desired operating it is possible to not issue, it has been made possible to perform remote control of the connected service providing apparatus to a desired first network.
【0088】 [0088]
(30)また、本発明の通信装置は、前記メッセージには、情報を送信する際の通信プロトコルを指定する情報が含まれていることにより、前記ホームページを受信した相手ノードからの要求を受けて情報を送信する際に、その送出方法を特定することが出来るようになり、もって送信相手に確実に情報を送り届けることが出来るようになる。 (30) In the communication apparatus, said message by that contains the information that specifies the communication protocol when sending information, receiving a request from the opposite node that has received the home page in transmitting information, the transmitting method will be able to identify, reliably becomes possible to deliver information to the transmission destination has. これは、送信すべき相手が、ネットワークレイヤパケットの受信能力の無い場合に特に有効である。 This partner to be transmitted, is particularly effective when there is no receiving capability of the network layer packet. また、送信情報を受信するノードが第2のコマンド情報(遠隔制御コマンド)と同一のネットワークレイヤプロトコルをサポートしていない場合や、送信情報のネットワークレイヤプロトコルへのカプセル化に多大なコストがかかる場合などにおいて、ネットワークレイヤプロトコル以外での情報送信を前記ホームページを受信した装置は促すことが可能になる。 Furthermore, and if the node receiving the transmission information does not support the same network layer protocol and the second command information (remote control commands) can take a significant cost to the encapsulation of the network layer protocol of the transmitted information in such an apparatus the transmission of information other than the network layer protocol receives the home page it is possible to prompt.
【0089】 [0089]
さらに、前記メッセージに、情報を送信する際の通信プロトコルを指定する情報の他に、情報を送信する際の該通信プロトコルに依存するヘッダ情報が含まれていてもよい。 Furthermore, the message, in addition to the information specifying the communication protocol when transmitting information, may include header information which depends on the communication protocol for transmitting information.
【0090】 [0090]
(35)本発明の通信装置(第5の実施形態)は、第1のネットワークと第2のネットワークに接続される通信装置であって、前記第1のネットワーク上の任意の装置の第1の論理多重識別子で提供されるサービスに第2の論理多重識別子を割り当て、前記第1の論理多重識別子とそのサービスを提供する前記第1のネットワーク上の装置の第1のアドレスと、前記第2のネットワークからアクセス可能な第2のアドレスと前記第2の論理多重識別子との対応関係を記憶する記憶手段と、前記第1の論理多重識別子の各サービスを前記第2のネットワークから前記第2のアドレスと前記第2の論理多重識別子とでアクセスできるサービスとして提示する提示手段と、前記記憶手段に記憶された対応関係に基づき、前記第1および第2のネット (35) The communication apparatus of the present invention (fifth embodiment) is a communication device connected to a first network and a second network, the first of any device on the first network assign a second logic multiplexing identifier to the service provided by the logical multiplexing identifier, the first logical multiplexing identifier and the first address of the device on the first network providing the service, the second storage means for storing a correspondence relationship between the second address accessible second logical multiplexing identifier from the network, the second address each service from the second network of the first logic multiplexing identifier It said a presenting means for presenting a second service that can be accessed by the logical multiplexing identifier, based on the stored correspondence relationship in the storage means, the first and second net ーク間で前記提示手段で提示された前記第1のネットワーク上のサービスを提供するためのパケット転送を行うことにより、第1のネットワークが、第2のネットワークと異なるアドレス体系、例えば第2のネットワークがIPv4のアドレス体系で運用されている場合に、第1のネットワークがIPv6のアドレス体系で運用される場合や、第1のネットワークがプライベートIPアドレスの体系で運用されている場合などにおいて、第2のネットワークのユーザに対して、第1のネットワークで提供されているサービスへのアクセスを実現することができる。 By performing packet transfer for providing the service on the presented by the presenting means first network between over click, first network, a second network address different schemes, for example, the second If the network is operating in an IPv4 address system, and if the first network is operated in the IPv6 address system, in a case where the first network is operated in a systematic private IP address, the the user of the second network, it is possible to realize access to a service provided by the first network.
【0091】 [0091]
即ち、第2のネットワークのユーザに対しては、前記提示手段としての例えばホームページを用いて、前記第1のネットワークで提供されているサービスが本通信装置が提供しているものとして、第2のネットワークに対して提示する。 That is, for the user of the second network, by using, for example, home page as the presenting means, the first service being provided by the network as being provided by the communication apparatus, the second presented to the network. 前記第2のネットワークのユーザからのこのサービスへのアクセスがあった場合は、前記記憶手段に記憶された対応関係(アドレス・ポート番号変換テーブル)を用いて、前記第2のネットワークのユーザと本通信装置間のパケットを、本通信装置と前記第1のネットワークで提供されているサービス間のパケットに変換することで、前記第2のネットワークのユーザ、及び前記第1のネットワークで提供されているサービスからは透過的なパケットのやり取りを行っていると認識されることになる。 Wherein when there is access to this service from the user of the second network, by using the stored correspondence relationship (address and port number conversion table) in the storage means, the user and the said second network packets between a communication device, to convert the packets between services provided by the communication apparatus and the first network, are provided in said second network user, and wherein the first network It will be recognized as performing the exchange of transparent packet from the service.
【0092】 [0092]
(36)前記第1のネットワーク上の前記第1の論理多重識別子と各サービスを提供する装置の第1のアドレスを収集する収集手段をさらに具備したことにより、前記第1のネットワークのサービスについての収集情報をもとに、前記提示手段としての例えばホームページの自動更新を行うことが可能となる。 (36) By equipped first collecting means for collecting the first address of the device that provides the first logical multiplexing identifier and the service on the network further, for the service of the first network the collected information to the original, it is possible to perform automatic updates, for example, the home page as the presentation means.
【0093】 [0093]
(37)前記第2のネットワークから入力されるパケットのうち前記第1のネットワークへ転送可能なパケットの識別子を記憶する第2の記憶手段と、前記第2のネットワークから入力されるパケットのうち、前記記憶手段に記憶された識別子を有するパケットのみ前記第1のネットワークへ出力する出力手段と、を具備したことにより、予めユーザ認証を行うなどして、公衆網等の外部ネットワークから前記第1のネットワークへの不正パケットの侵入を防ぐことができる。 (37) a second storage means for storing the identifier of the packet that can be transferred to the first network of the packets from the second network, of the packets from the second network, by equipped and output means for outputting to said first network only packets with the stored identifier to the storage means, in advance in such performs user authentication, from the external network such as a public network the first it is possible to prevent the intrusion of unauthorized packets to the network.
【0094】 [0094]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、図面を参照しながら発明の実施の形態を説明する。 Hereinafter, an embodiment of the invention with reference to the drawings.
【0095】 [0095]
(第1の実施形態) (First Embodiment)
図1に本実施形態に係るシステムの構成例を示す。 It shows a configuration example of a system according to this embodiment in FIG.
【0096】 [0096]
本実施例では図1に示すように公衆網2を介して2つの家庭内ネットワークが相互接続されているものとする。 In this embodiment it is assumed that via the public network 2 has two home networks which are interconnected as shown in Figure 1. 公衆網2は、電話網でもよいし、ISDN等の広い帯域の回線、あるいは専用線のようなものであってもよいし、インターネットであってもよい。 The public network 2 may be a telephone network, and may be as wide bandwidth of the line, or a dedicated line of ISDN or the like, or the Internet. ただし、好ましくは、サービスの利用・提供に必要な通信帯域を満足する網を利用する。 However, preferably, it utilizes a network that satisfies the communication bandwidth required for use and provide services.
【0097】 [0097]
第1の家庭内ネットワークは、第1のIEEE1394バス1から構成されている。 The first home network, and a first IEEE1394 bus 1. また、このIEEE1394バス1には第1のAV接続装置4、パーソナル・コンピュータ(以下、PC)6、デジタルTV7が接続されているものとする。 Further, in this IEEE1394 bus 1 first AV connection device 4, a personal computer (hereinafter, PC) 6, it is assumed that the digital TV7 is connected.
【0098】 [0098]
第2の家庭内ネットワークは、第2のIEEE1394バス3と、ホームオートメーション網12から構成されている。 Second home network, a second IEEE1394 bus 3, and a home automation network 12. 本実施形態では、このホームオートメーション網12には、エシェロン社のLON(ローカルオペレーティングネットワーク)を用いるものとする。 In the present embodiment, this home automation network 12, and those using Echelon LON (local operating network). エシェロン社のLONについては、例えばエシェロン社のホームページ(http://www.echelon.com)等から得られるの情報に詳しく記述されている。 The Echelon's LON, is described in detail in example Echelon website (http://www.echelon.com) information obtained from such.
【0099】 [0099]
第2の家庭内ネットワークのIEEE1394バス3には、第2のAV接続装置5、DVDプレーヤ8、デジタルVTR9、PC10、プリンタ11が接続されているものとする。 The IEEE1394 bus 3 of the second home network, the second AV connection device 5, DVD player 8, the digital VTR 9, PC 10, the printer 11 is assumed to be connected. また、PC10はホームオートメーション網12にも接続されている。 In addition, PC10 is also connected to the home automation network 12. ホームオートメーション網12は、PC10のほかに、エアコン13と、電子レンジ14にも接続されている。 Home automation network 12, in addition to the PC10, and air conditioning 13, is also connected to the microwave oven 14.
【0100】 [0100]
これらのネットワークに接続されている端末群のうち、第1のAV接続装置4、PC6、第2のAV接続装置5、PC10、プリンタ11は、それぞれIPアドレス(ここではプライベートIPアドレスとする)を持っており、いわゆるIP端末である。 Of the terminal group connected to these networks, the first AV connection device 4, PC 6, the second AV connection device 5, PC 10, printer 11, respectively IP address (here, the private IP address) and it has a so-called IP terminal. 第1のAV接続装置4のIPアドレスは192.168.2.254、PC6のIPアドレスは192.168.2.1、第2のAV接続装置5のIPアドレスは192.168.1.254、PC10のIPアドレスは192.168.1.1、プリンタ11のIPアドレスは192.168.1.2であるものとする。 IP address of the first AV connection device 4 is 192.168.2.254, the IP address of the PC 6 192.168.2.1, the IP address of the second AV connection device 5 192.168.1.254 , the IP address of the PC 10 192.168.1.1, IP address of the printer 11 is assumed to be 192.168.1.2. このように、本実施形態における端末のIPアドレスにはプライベートIPアドレス(公衆網2がインターネットではなくISDN等である場合)またはグローバルIPアドレス(公衆網2がインターネットである場合)を使用しており、各々の端末間のルーチングのためのルーチング機構の設定(IPルーチングテーブルの設定など)は適切に行われているものとする。 Thus, the IP address of the terminal in the present embodiment is using a private IP address (if the public network 2 is ISDN, etc. rather than the Internet) or a global IP address (if the public network 2 is the Internet) , setting the routing mechanism for routing between each terminal (IP routing table settings, etc.) is assumed to be properly performed. なお、現在グローバルIPアドレスは32ビットであるが、近い将来に128ビットになる見込みであり、各端末にグローバルIPアドレスを割り当て可能な環境は現実のものとなりつつある。 Incidentally, the current global IP address is a 32-bit, is expected to be 128 bits in the near future, possible environmental assigned a global IP address to each terminal is becoming a reality.
【0101】 [0101]
一方、デジタルTV7、DVDプレーヤ8、デジタルVTR9は、いわゆる1394端末であり、1394プロトコル群(IEEE1394−1995,IEC1883,IEEE1394AV/C,SBPなど)のみを解釈する端末である。 On the other hand, digital TV7, DVD player 8, the digital VTR9 is a so-called 1394 terminal, a terminal that interprets only the 1394 protocol suite (IEEE1394-1995, IEC1883, IEEE1394AV / C, SBP, etc.).
【0102】 [0102]
また、エアコン13、電子レンジ14は、いわゆるLON端末であり、LONで定められたプロトコル群のみを解釈する端末である。 Furthermore, air conditioning 13, the microwave oven 14 is a so-called LON terminal is a terminal that interprets only with a protocol group defined by LON.
【0103】 [0103]
第1のAV接続装置4および第2のAV接続装置5は、それぞれ、2つ以上のネットワーク(本実施形態の場合IEEE1394バスと公衆網)の間を相互接続する機能を基本的に有する。 First AV connection device 4 and the second AV connection device 5, respectively, has a function to interconnect between two or more networks (in this embodiment the IEEE1394 bus and the public network) basically. 図2に、本AV接続装置4,5の内部構成を示す。 Figure 2 shows the internal structure of the AV connection device 4,5.
【0104】 [0104]
図2に示されるように本実施例のAV接続装置は、1394インタフェース21、データリンクスイッチ22、公衆網インタフェース23、IP処理機能24、FANP処理機能25、1394/IPサービスロケーション処理機能26、サービスロケーション代理機能27、1394AVコマンド処理機能28、1394/IPコマンド変換機能29を有する。 AV connection device of this embodiment, as shown in FIG. 2, 1394 interface 21, the data link switch 22, the public network interface 23, IP processing function 24, FANP processing function 25,1394 / IP service location processing function 26, the service It has a location proxy function 27,1394AV command processing function 28,1394 / IP command conversion function 29. これらの各機能は、それぞれ、ハードウエアにより実現してもよいし、ソフトウエアにより実現してもよい。 Each of these functions, respectively, may be implemented by hardware, it may be implemented by software.
【0105】 [0105]
1394インタフェース21は、1394バスとのインタフェースとなる機能である。 1394 interface 21 is a function to interface with the 1394 bus.
【0106】 [0106]
データリンクスイッチ22は、ネットワーク間をまたがるデータ転送を行うためのスイッチであり、より詳しくは、データリンクレイヤ識別子/情報のみの参照(例えば同期チャネル識別子や、ATM−VCI、伝送波長などの参照)によって、明示的にそのデータの転送先が予め判るように、例えばFANPなどのプロトコルによって設定をしておき、1394バスから入力されたデータを公衆網に転送しおよび公衆網から入力されたデータを1394バスに転送するためのスイッチである。 Datalink switch 22 is a switch for performing data transfer across the inter-network, and more particularly, the reference data link layer identifier / information only (e.g., synchronization channel identifier, ATM-VCI, references, such as the transmission wavelength) by explicitly as seen transfer destination of the data in advance, for example leave the set by protocol such as FANP, the data input data input from the 1394 bus from forwards to a public network and PSTN it is a switch for transferring to the 1394 bus.
【0107】 [0107]
公衆網インタフェース23は、公衆網とのインタフェースとなる機能である。 PSTN interface 23 is an interface to become functions of the public network. 例えば、公衆網のデータリンクレイヤがATMであれば、物理的にはATMのインタフェースを、論理的にはATMシグナリングの機能などを持つことになる。 For example, if the data link layer of the public network ATM, the physically ATM interfaces, will have like functions of the ATM signaling logically.
【0108】 [0108]
IP処理機能24は、TCP/UDP/IPなど、一連のインターネットプロトコル(TCP/IPプロトコルスーツ)の諸機能である。 IP processing function 24, such as TCP / UDP / IP, is the various functions of a series of Internet Protocol (TCP / IP protocol suite).
【0109】 [0109]
FANP処理機能25は、データの伝送経路のデータリンクレイヤでの帯域や仮想伝送路識別子の確保、整合を行う機能である。 FANP processing function 25, securing band or virtual transmission path identifier in the data link layer of the data transmission path is a function of performing matching. なお、FANP処理機能の詳細は例えば文献「『レジデンシャル環境におけるネットワーク相互接続方式』、電子情報通信学会、情報ネットワーク研究会研究報告IN97−19、pp.73−78、1997年」(あるいは特願平8−264496、特願平8−272672、特願平9−52125)等にて説明されている。 The details of FANP processing function, for example, the literature "network interconnection scheme in the" Residential Environment ", Institute of Electronics, Information and Communication Engineers, Information Network Study Group research report IN97-19, pp.73-78, 1997 years" (or Japanese Patent Application No. 8-264496, Japanese Patent Application No. 8-272672, has been described in Japanese Patent Application No. 9-52125), and the like.
【0110】 [0110]
FANP処理機能25は、映像データ等のようにある程度広い帯域を保証する必要のあるサービスを扱う場合には設けることが望ましいものであり、帯域保証を必要としない場合には省いても構わない。 FANP processing function 25 is one, it is preferably provided when dealing with services that need to guarantee the bandwidth somewhat wider as such as video data, it may be omitted if not required bandwidth guarantee. なお、FANP処理機能の代わりにRSVPプロトコル(Resource ReSerVation Protocol;インターネットドラフトのdraft−ietf−rsvp−spec−08.txt)に従った処理機能等を用いることも可能である。 Incidentally, RSVP protocol instead of FANP processing functions; it is also possible to use a according to (Resource ReSerVation Protocol Internet draft-ietf-rsvp-spec-08.txt draft) processing function.
【0111】 [0111]
また、提供するサービスに応じてFANP処理機能25等の使用を制御するようにしてもよい。 It is also possible to control the use of FANP processing function 25, etc. Depending on the service provided. 例えば、IPアドレスとポート番号の組毎にFANP処理機能25等を使用するか否かを決定するようにしてもよい。 For example, it may be determined whether to use the IP address and set every FANP processing function of port 25 or the like. あるいは、ユーザからの明示的な要求により使用することを決定するようにしてもよい。 Alternatively, it may be decided to use an explicit request from the user.
【0112】 [0112]
1394/IPサービスロケーション処理機能26は、1394バスに接続された端末あるいはサービスを検索しあるいはその登録を受け、1394バス上にどのような端末/サービスが存在しているのかを認識し、要求された場合など必要に応じてその情報を外部に通知する機能を持つ。 1394 / IP service location processing function 26 receives the retrieved or register that a connected terminal or service the 1394 bus, and recognizes what kind of terminal / service on the 1394 bus are present, the requested If necessary, such as if has a function of notifying the information to the outside. 1394/IPサービスロケーション処理機能26は、少なくともサービスロケーションプロトコル(インターネットドラフトのdraft−ietf−svrloc−protocol−16.txt)の処理機能を持つ。 1394 / IP service location processing function 26 has a processing function of at least the service location protocol (Internet Draft draft-ietf-svrloc-protocol-16.txt).
【0113】 [0113]
サービスロケーション代理機能27は、公衆網側に対して、IPベースのサービスロケーションの形でサービスロケーションプロトコルを稼動する。 Service location proxy function 27, to the public network side, running the service location protocol in the form of IP-based service location. また、1394バスに接続されたサービスあるいは端末、すなわちIPベースではなく、一連の1394プロトコルしか認識、処理できないIEEE1394専用プロトコル端末/サービス(第1の家庭内ネットワークではデジタルTV7、第2の家庭内ネットワークではDVDプレーヤ8とデジタルVTR9)についても、本AV接続装置がそれらサービスあるいは端末の代理サーバとなって、それら端末/サービスを広告する機能を持つとともに、これら広告されたサービスを公衆網側(一般的にはIP側)から受け取った場合に、それらをIEEE1394のコマンドあるいはサービスにマッピングすべく1394・IPコマンド変換機能29に通知する機能を持つ。 The service or terminal connected to the 1394 bus, i.e. not the IP-based, only recognition sequence of 1394 protocol, IEEE1394 dedicated protocol can not handle the terminal / service (in the first home network digital TV7, second home network in regard to the DVD player 8 and digital VTR 9), the AV connection device is turned their services or terminal proxy server, along with having the ability to advertise their terminal / service, these advertised services public network side (generally specifically in the case of receiving from the IP side), it has a function to notify 1394 · IP command conversion function 29 in order to map them to the IEEE1394 command or service.
【0114】 [0114]
1394AVコマンド処理機能28は、IEEE1394の端末制御プロトコル(たとえば1394AV/Cプロトコルや、SBPなど)の処理機能である。 1394AV command processing function 28 is the processing functions of the IEEE1394 terminal control protocol (for example, 1394AV / C protocol, SBP, etc.).
【0115】 [0115]
1394/IPコマンド変換機能29は、IPを使って送られてきたあるいは送る制御コマンド(例えばRTSP(Real Time Stream Protocol)など;なお、RTSPについては、例えばインターネットドラフトdraft−ietf−mmusic−rtsp−02.psにて詳しく説明されている)と、1394バス上を送られるIEEE1394の端末制御コマンド(例えば1394AV/CプロトコルやSBPのコマンド)を相互に変換して、相手側に通知する機能を持つ。 1394 / IP command conversion function 29, such as sending or sent using IP control commands (e.g., RTSP (Real Time Stream Protocol); Note that RTSP, for example the Internet Draft draft-ietf-mmusic-rtsp-02 and details are described) in .ps, converts the IEEE1394 terminal control commands sent over the 1394 bus (e.g., commands 1394 AV / C protocol or SBP) mutually, has a function of notifying to the other party.
【0116】 [0116]
次に、第2の家庭内ネットワークにおいて、第2のAV接続装置5が、第2の家庭内ネットワークに関する情報を取得する手順、すなわち第2の家庭内ネットワーク上に存在する端末およびサービスを認識する手順について説明する。 Then, recognizing in the second home network, the second is AV connection device 5, the procedure for acquiring information on the second home network, i.e. the terminal and service present on the second home network procedure will be described.
【0117】 [0117]
図3にIEEE1394特有の機構を用いた端末/サービス収集手順のシーケンスの一例を示す。 Figure 3 shows an example of a sequence of terminal / service collection procedure using the IEEE1394 specific mechanism. 1394バスに接続される端末には、それぞれ、その端末についての所定の情報が書き込まれたコンフィグレーションROMが格納されている。 A terminal connected to the 1394 bus are respectively the configuration ROM in which predetermined information is written for that terminal stored. 図3では、第2のAV接続装置5は、1394バス3につながる各装置8〜11のコンフィグレーションROMの読み込み(リード)を行い、各装置8〜11の情報収集を行う。 In Figure 3, the second AV connection device 5 performs configuration loading ROM of each device 8-11 that leads to the 1394 bus 3 (lead), collect information of each device 8-11. この情報収集は、1394バス3につながる端末すべてに対して行ってもよい。 This information collection may be performed for all terminals connected to the 1394 bus 3.
【0118】 [0118]
以下では、コンフィグレーションROMに記述する情報についていくつかの例を示す。 In the following, some examples for describing information in the configuration ROM. ここでは、PC10のコンフィグレーションROMを例にとって説明する。 Here, a description will be given of the configuration ROM of PC10 as an example. なお、本実施例では、IEEE1394の仕様書にならい「ROM」という語句を用いているが、実際には「レジスタ」あるいは「メモリ空間の一部」と認識されればよく、ROMでない場合(RAM等の場合)も含むものとする。 In the present embodiment, when it is used phrase copying "ROM" to the IEEE1394 specification, actually only to be recognized as "register" or "part of the memory space", not ROM (RAM If etc.) it is also included.
【0119】 [0119]
図4に、コンフィグレーションROMに記述する情報の第1の例を示す。 Figure 4 shows a first example of the information describing the configuration ROM. この例では、コンフィグレーションROMには、その端末についての基本的情報であるノード情報(例えばベンダID、ノードケーパビリティなど)(図4中31)の他に、ユニット情報として、そのPC10が行うサービスを記述するものである。 Service In this example, the configuration ROM, the basic information in which node information of the terminal (e.g. the vendor ID, and node capability) in addition to (4 of 31), as unit information, to which the PC10 is carried out it is intended to describe the. すなわち、このPC10は、WWWサーバ、デジタルアルバムサーバ機能を有しており、これらがコンフィグレーションROMの内容に反映されている(図4中32、33)。 That is, the PC10 is, WWW server has a digital album server function, they are reflected in the contents of the configuration ROM (in FIG 32, 33). このようにコンフィグレーションROMに記述しておくことによって、1394バスにつながる他の端末に対して、自身がどのような端末であるのかを説明するだけではなく、自身がどのようなサービスを行っているかを知らしめることが可能となる。 By keeping thus described the configuration ROM, go to the other terminal connected to the 1394 bus, not only explain how a whatever terminal itself, what service itself dolphin it becomes possible to notify the. この機能は、特にPCのように、一つの端末に複数の機能が実現されているような場合にきわめて有益である。 This feature is particularly as PC, a very beneficial when the one terminal, such as a plurality of functions are realized. 具体的にコンフィグレーションROMに記述される情報としては、サービス種別、そのサービスの属性(そのサービスを受けるために使用する種々のパラメータ等で、例えば最大データ転送速度、装置仕様、設定パラメータ等)などである。 The information that is specifically described in the configuration ROM, service type, (in various parameters used to receive the service, for example, the maximum data transfer rate, device specifications, setting parameters, etc.) the service attributes, such as it is.
【0120】 [0120]
ところで、PC10は、ホームオートメーション網12にも接続されており、これらのホームオートメーションのサーバともなっている。 By the way, PC10 is also connected to the home automation network 12, it has also become of these home automation server. つまり、ホームオートメーション網12につながる各種機器(ここではエアコン13と電子レンジ14)の制御はこのPC10が行う構成となっている。 That is, the control of various devices connected to the home automation network 12 (air conditioner 13 and a microwave 14 in this case) has a structure in which the PC10 is carried out. 言い換えると、このPC10にアクセスすることにより、第2の1394バス3につながる端末は、ホームオートメーション12網につながる各種機器の制御を行うことができることを意味する。 In other words, by accessing the PC 10, the terminal connected to the second 1394 bus 3 means that can control the various devices connected to the home automation 12 network. このことを、第2の1394バス3上の端末に知らしめるために、ホームオートメーション網12についての情報(サービス情報)もPC10のコンフィグレーションROMに格納している。 This, in order to notify the terminal on the second 1394 bus 3, information (service information) for the home automation network 12 is also stored in the configuration ROM of the PC 10.
【0121】 [0121]
まず、ホームオートメーションサービスを行っていることを示す情報がコンフィグレーションROMに格納されている(図4中34)。 First, information indicating that performing home automation service is stored in the configuration ROM (Fig. 4 of 34). 1394バス上では、これを一つのユニットであると認識させてもよい。 On the 1394 bus, which may be recognized as one of the units. 次に、このユニット依存ディレクトリとして、エアコンサービス、電子レンジサービスが提供されていることを示す情報がそれぞれコンフィグレーションROMに記述されている(図4中35、36)。 Then, as this unit depends directory, information indicating that the air conditioning service, microwaves services are provided is described in the configuration ROM respectively (Fig. 4 in 35, 36). このようにすることにより、1394バスにつながる他の端末は、1394バスではない別のネットワークに接続されたサービスについても、どのようなサービスがどのように行われているのかを知ることができるようになり、サービスの認識やその操作性の大幅な向上が見込まれる。 By doing so, the other terminal connected to the 1394 bus, so that it is possible to know about is also connected to the service to another network not the 1394 bus, what services are how done to become, a significant improvement of the recognition and the operation of the service is expected.
【0122】 [0122]
次に、図5に、コンフィグレーションROMに記述する情報の第2の例を示す。 Next, FIG. 5 shows a second example of the information describing the configuration ROM. 第1の例では、コンフィグレーションROMには、その端末についてのユニット情報として、その端末が行うサービスについての記述が行われていたのに対して、第2の例では、サービスについての記述(図5中45〜50)の他に、端末別の情報も記述してある(図5中42〜44)。 In a first example, the configuration ROM, as unit information about the terminal, whereas the description of the service to which the terminal performs been performed, in the second embodiment, description of services (Fig. in addition to the 5 45-50), another information terminal also are described (FIG. 5 42-44). これらは、それぞれユニット情報として格納されており、それぞれユニット依存ディレクトリとして格納されていてもよい。 These are respectively stored as unit information may be respectively stored as a unit-dependent directory. また、端末別の情報とサービス別の情報であることを区別するために、それらの区別(どちらのユニットか)を示す領域(それぞれ図5中42、45)が存在してもよい。 Further, in order to distinguish that the specific information and service-specific information terminal region showing their distinction (either units) (FIG. 5, respectively in 42 and 45) may be present.
【0123】 [0123]
ここでは、端末別情報として、PC10にホームオートメーション網12を介して接続されている端末(エアコン13と電子レンジ14)についての情報がそれぞれ格納されている(図5中43、44)。 Here, as terminal-specific information, information about the terminals that are connected via a home automation network 12 to the PC 10 (air conditioner 13 and microwave 14) are stored respectively (Fig. 5 43, 44). これらを参照することによって、他の1394ノードは、1394バスにつながるノードばかりでなく、その1394バスにつながるノードに接続された他のノード(本実施例ではエアコン13と電子レンジ14)についての情報も、1394レベルで得ることが可能となり、家庭内ネットワークの統合的な管理や制御にきわめて有効である。 By referring to these, other 1394 nodes, not only the nodes connected to the 1394 bus, information about other nodes connected to the node connected to the 1394 bus (air conditioner 13 and a microwave 14 in this embodiment) also, it is possible to obtain 1394 levels, is extremely effective in integrated management and control of the home network.
【0124】 [0124]
また、第1の例と同様に、このPC10は、WWWサーバ、デジタルアルバムサーバ機能等を有する場合、これらがコンフィグレーションROMに反映される(図5中45〜50)。 Also, as in the first example, the PC10, when a WWW server, a digital album server function or the like, they are reflected in the configuration ROM (Fig. 5 45-50). その記述の具体的ルールは、基本的に第1の例と同様である。 Specific rules for the description is the same as the first embodiment basically.
【0125】 [0125]
次に、図6に、コンフィグレーションROMに記述する情報の第3の例を示す。 Next, FIG. 6 shows a third example of the information describing the configuration ROM. この例は、PC10自身についての情報のみを格納する場合である。 This example is a case of storing only the information about the PC10 itself. この場合は、第1の例や第2の例と異なり、サービスをベースとした記述ではなく、ノードとしての情報すなわち自身についての装置としての情報のみを記載することになるので、ユニット情報としては、自身がPCあるいはPCボード(例えば1394PCIボード)である旨が記載される。 In this case, unlike the first embodiment and the second embodiment, rather than the description which is based on service, it means that the described information only as a device for information or its as nodes, as a unit information itself is described that a PC or PC board (e.g. 1394PCI board).
【0126】 [0126]
さて、前述のようにして第2のAV接続装置5にて収集された第2の家庭内ネットワーク上の端末/サービス情報を、例えば当該第2のAV接続装置5のコンソール上に表示することにより、ユーザにその操作を促すことができる。 Now, by displaying the terminal / service information on the second home network collected by the second AV connection device 5 in the manner described above, for example, on the console of the second AV connection device 5 , it is possible to prompt the operation to the user. その際の表示方法として、サービス別の表示を行うことも可能であるし、端末ベースの表示を行うことも可能である。 As the display method at that time, to it is also possible to perform the display-specific services, it is also possible to perform the display of the terminal base.
【0127】 [0127]
図7にサービス別の表示を行う場合の画面例を示す。 A screen example in the case of performing the service-specific display in FIG. 図7のように、第2の家庭ネットワーク上に展開されているサービス別に1つづつアイコン(i1〜i7)が用意され、ユーザは所定のユーザインタフェースにより使用したいサービスを指示することで(例えばマウス装置を用いてクリックしあるいはドラッグアンドドロップすることで)、そのサービスにアクセスすることが可能となる。 As shown in FIG. 7, one by one icon (I1~i7) are provided by service being deployed on a second home network, the user by instructing the service to be used by a predetermined user interface (e.g., a mouse by clicking or dragging and dropping using the device), it is possible to access the service.
【0128】 [0128]
ここで、図7のサービス別のアイコンの画面表示は、ネットワークの種別を問わず、第2のIEEE1394バス3に接続されたサービスも、ホームオートメーション網12に接続されたサービスも区別なく同様に表示されている。 Here, the screen display of the service-specific icon in Figure 7, regardless of the type of network connection service to a second IEEE1394 bus 3 is also similarly displayed without distinction services connected to the home automation network 12 It is. これは、一般にユーザにとってはそのサービスがどの物理ネットワークにつながっているかどうかは関心が無いため、上記のように区別なく表示するのが好ましいと考えられるからである。 This, whether for the general user it is connected to which physical network the service because there is no interest, since it is considered preferable to display without distinction as described above. これによってユーザに物理ネットワークを意識させた場合に生じるであろう混乱を防止することができる。 This can prevent confusion that would occur if the were conscious physical network to the user.
【0129】 [0129]
なお、画面には必ずしもコンフィグレーションROMに書き込んである情報そのものを表示させる必要は無く、対応する別の情報を表示するようにしてもよい。 Incidentally, not always necessary to display the information itself that is written in the configuration ROM on the screen, it may be displayed other information corresponding. 例えば、コンフィグレーションROMに書き込まれている情報は、一般的に専門家向けのコードであることが多いと考えられ、一般ユーザにはなじみの薄い用語であることが多いと考えられる。 For example, information written in the configuration ROM is generally considered to be often a code of professional, the general users considered are often unfamiliar terminology. 具体例を挙げると、コンフィグレーションROMに「デジタルVCR」を意味するコードが書かれていたとしても、日本人にはこの用語はなじみが薄い。 Specific examples, as code indicating the "digital VCR" is written in the configuration ROM, the Japanese term is unfamiliar. そこでこのような場合、「デジタルVCR」の代わりに、一般ユーザによりなじみ深い「ビデオ」あるいは「ビデオデッキ」等と表示するようにしても良い。 Therefore such a case, instead of the "digital VCR", familiar with the general user deep "video" or may be displayed as "VCR", and the like.
【0130】 [0130]
次に、図8に端末別の表示を行う場合の画面例を示す。 Next, a screen example of a case of displaying a specific terminal in FIG. サービス別の場合と同様に、第2の家庭ネットワーク上に展開されている端末別に1つづつアイコン(i11〜i15)が用意され、ユーザは所定のユーザインタフェースにより使用したいサービスを指示することで(例えばマウス装置を用いてクリックしあるいはドラッグアンドドロップすることで)、そのサービスにアクセスすることが可能となる。 As with another service, one by one icon (I11~i15) is prepared by terminal that is deployed on the second home network, the user by instructing the service to be used by a predetermined user interface ( for example by clicking or dragging and dropping using the mouse device), it is possible to access the service. この場合も、画面表示ではネットワークの種別を問わず、第2のIEEE1394バス3に接続されたサービスも、ホームオートメーション網12に接続されたサービスも区別なく表示されている。 Again, the screen display regardless of the type of network connection service to a second IEEE1394 bus 3, nor are displayed without distinguishing services connected to the home automation network 12.
【0131】 [0131]
以上、1394バスのコンフィグレーションROMの読み込みによって、端末あるいはサービスを認識する方法であった。 Above, the reading of the 1394 bus configuration ROM, and a method for recognizing a terminal or service.
【0132】 [0132]
次に、サービスロケーションプロトコルを利用したサービスの登録について説明する。 Next, a description will be given of registration of the service using the service location protocol.
【0133】 [0133]
インターネットの標準化機関であるIETFでは、サービスロケーションプロトコルを用いたサービスの登録、検索方式を検討している。 The IETF is a standardization organization of the Internet, service of registration using the service location protocol, we are considering the search method. これらでは、IP端末を対象に、サービスをあらかじめいくつかに分類し、 In these, the target IP terminal, classified into some of the services in advance,
(1)それらのサービス別にディレクトリエージェント(本実施形態においてはディレクトリサーバともいう)に、そのサービスを行うサーバの位置情報を登録する。 (1) to the directory agent by those services (also referred to as a directory server in the present embodiment), and registers the location information of the server for the service. ユーザは、このディレクトリエージェントに問い合わせをすることで、サービスの位置を知ることができるようになる。 The user can make an inquiry to the directory agent, it is possible to know the position of the service.
【0134】 [0134]
(2)サービス別にIPマルチキャストアドレスを用意する。 (2) to service another to prepare the IP multicast address. あるサービスを要求しているユーザは、そのIPマルチキャストアドレスに対して、「そのサービスはどこだ?」という意味のメッセージを飛ばす。 The user requesting a certain service, for that IP multicast address, skip the message of the meaning of "the service Where are you?". そのサービスを提供しているサーバは、これに呼応することで、ユーザはそのサービスを提供しているサーバの位置を知ることができるようになる。 Server that provides the service, by response thereto, the user will be able to know the position of the server that provides the service.
【0135】 [0135]
という2つの方法でサービス登録、検索ができるようになっている。 Service registered in two ways, which is to be able to search.
【0136】 [0136]
本実施形態では、第2のAV接続装置5が、上記(1)のサービスロケーションプロトコルのディレクトリエージェントとなっている。 In this embodiment, the second is AV connection device 5, and has a directory agent Service Location Protocol (1).
【0137】 [0137]
第2の家庭内ネットワーク上のIP端末(図1ではPC10とプリンタ11)は、その提供しているサービスをディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5に登録する。 IP terminal on the second home network (Fig. 1, PC10 and the printer 11) registers the service that the providing to the second AV connection device 5 is a directory agent. まず、IP端末は、ネットワーク上のどこにディレクトリエージェントが存在しているかどうかを調査し、サービス情報を登録するための手順を踏む。 First, IP terminal, to investigate whether anywhere in the directory agent on the network are present, step on the procedure for registering service information. これについて、PC10がサービスを登録する場合を例にして、図9を参照しながら説明する。 For this, PC 10 is an example a case of registering a service, it will be described with reference to FIG.
【0138】 [0138]
PC10は、サービスリクエストメッセージを第2のIEEE1394バス3に対して、送出する。 PC10 is a service request message to the second IEEE1394 bus 3, and sends. サービスリクエストメッセージは「このサービスを提供しているサーバは返事をしてください」という意味のメッセージであり、本例の場合より具体的には「ディレクトリサービスを提供してるサーバは返事をしてください」という意味のメッセージを送出する。 Service request message is a message of meaning "Please reply server that provides this service", to more specifically the case of this example has to offer is "directory service server, please reply It sends a message of meaning ".
【0139】 [0139]
サービスリクエストメッセージには対象とするサービス種別を特定するために「predicate」領域が設けられており、この領域に「ディレクトリサービス」と記述し、さらに宛先をディレクトリエージェント(DA)ディスカバリマルチキャストアドレス(IPアドレス)としてこのメッセージを送出する。 The service request message is "predicate" region is provided in order to identify the service type of interest, described as "Directory Services" in this area, further the destination directory agent (DA) discovery multicast address (IP address ) as sends the message.
【0140】 [0140]
本実施形態においては、第2の家庭内ネットワークにおいて、IPパケットが到達するネットワークを第2のIEEE1394バス3のみとするため、PC10から送出されたサービスリクエストメッセージは、ディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5とプリンタ11に到達する。 In the present embodiment, in the second home network, to a network in which IP packets reach only the second IEEE1394 bus 3, the service request message sent from the PC10, the second AV is a directory agent reaching the connecting device 5 and the printer 11.
【0141】 [0141]
サービスリクエストメッセージを受け取ったディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5は、自身がディレクトリエージェントであることを通知するために、「ディレクトリエージェント(DA)アドバタイズメント」をPC10に送り返す。 A directory agent that received the service request message a second AV connection device 5, in order to notify that itself is a directory agent, sends back a "directory agent (DA) advertisements" to the PC 10. なお、プリンタ11は、自身がディレクトリエージェントではないことから、サービスリクエストメッセージを無視する(通常はリンクレイヤが受け取らない)。 The printer 11 is, itself since it is not a directory agent, ignore the service request message (usually link layer does not receive).
【0142】 [0142]
次に、PC10は、ディレクトリエージェント(DA)アドバタイズメントを受け取ることで、ディレクトリエージェントが第2のAV接続装置5に存在することを認識する。 Then, PC 10, by receiving a directory agent (DA) advertisements, recognizes that the directory agent is present in the second AV connection device 5.
【0143】 [0143]
次に、PC10は、自身が提供しているサービスのディレクトリエージェントへの登録を行う。 Then, PC10 performs registration to the directory agent of the service itself has to offer. 本実施形態では、PC10は、自身がWWWサービス(具体的にhttpサーバ)とデジタルアルバムサービスを提供するとともに、さらにホームオートメーション網12につながるエアコン13と電子レンジ14のサービスについても代理サーバとして外部からのサービス要求を受けられるようになっている。 In this embodiment, PC 10 is itself a WWW service (specifically http server) while providing digital album service, further from the outside as the proxy server also services of the air conditioner 13 and microwave 14 leading to the home automation network 12 It is adapted to receive a service request.
【0144】 [0144]
サービス登録にあたってPC10は、PC10自身が提供しているWWWサービスとデジタルアルバムサービスのそれぞれについて、その位置情報や属性情報等を登録するとともに、ホームオートメーション網(LON)12上のサービスそれぞれについても、エアコン13と電子レンジ14に代わってその位置情報や属性情報等の登録を行う。 PC10 In service registration, for each of the WWW service and the digital album service provided by PC10 itself, and registers its location information and attribute information, and the like, for each service of home automation network (LON) on the 12 also, air conditioning to register such that location information and attribute information on behalf of 13 and a microwave 14.
【0145】 [0145]
図10の(a)、(b)にそれぞれWWWサービス、デジタルアルバムサービスの登録情報の内容の一例を示す。 (A) of FIG. 10 shows an example of the content of the WWW service, the registration information of the digital album service, respectively (b). WWWサービス、デジタルアルバムサービスの位置情報としてPC10のIPアドレスと各サービス毎に定められたポート番号を含むURLが用いられている。 WWW services, URL containing the IP address and port number that is determined for each service PC10 is used as the position information of the digital album service.
【0146】 [0146]
また、図10の(c)、(d)にそれぞれPC10が代理するエアコンサービス、電子レンジサービスの登録情報の内容の一例を示す。 Further, in FIG. 10 (c), the showing an example of the contents of the air conditioning service, registration information of the microwave oven service proxy is PC10, respectively (d). この場合、各代理サービス用にPC10のポート番号を割当てる。 In this case, assign a port number of the PC10 for each proxy service. 図10の例ではLON上のエアコンサービスには15000を、LON上の電子レンジサービスには15001を割当てている。 15000 In the air conditioning service on LON the example of FIG. 10, the microwave oven service on LON are assigned to 15001. これによって、外部の端末は、PC10上にエアコンサービスと電子レンジサービスが存在すると解釈すとともに、しかも、それらサービスはIPレベルでのサービスであると解釈する。 Thus, the external terminals, with be construed that there is air conditioning service and microwave services on PC 10, moreover, it is interpreted as they service is a service of the IP level.
【0147】 [0147]
外部の端末が、ホームオートメーション網12のエアコンサービスにアクセスしたいときはPC10のポート番号15000にアクセスし、電子レンジサービスにアクセスしたいときはPC10のポート番号15001にアクセスする。 External terminal, access to the port number 15000 of PC10 is when you want to access the air-conditioned service of home automation network 12, when you want to access the microwave oven service to access the PC10 of the port number 15001. 一方、PC10は、ポート番号15000にアクセスされた場合にはエアコン向けのサービス要求であると解釈し、またポート番号15001にアクセスされた場合には電子レンジ向けのサービス要求であると解釈し、渡されたIPの制御コマンドをLONの制御コマンドに翻訳し、これをホームオートメーション網12上の実際の機器(エアコン13または電子レンジ14)に向けて送出する。 Meanwhile, PC 10, when they are accessed in the port number 15000 is interpreted as a service request for air conditioning, also interpreted as if it is to access the port number 15001 is a service request for a microwave oven, pass has been the IP control commands translated into control commands LON, which sends toward the actual devices on the home automation network 12 (air conditioner 13 or microwave oven 14). この操作についてはエアコンサービスへのアクセスを例にとって後述する。 This operation will be described later access to the air-conditioned service as an example.
【0148】 [0148]
このように図9のサービス登録によって、第2のAV接続装置5に、WWWサービス、デジタルアルバムサービス、LON上のエアコンサービス、LON上の電子レンジサービスが登録されることになる。 This way service registration in Figure 9, the second AV connection device 5, WWW services, digital album service, air conditioning service on LON, microwave service on LON will be registered. サービス登録が成功すると、ディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5はサービスアクノリッジ(ACK)をPC10に向けて返送する。 When the service registration is successful, the second AV connection device 5 is a directory agent returns toward the service acknowledge (ACK) to the PC 10.
【0149】 [0149]
なお、同様にしてプリンタ11から第2のAV接続装置5に対してプリンタサービスの登録が行われる。 Incidentally, similarly to the registration of the printer service to the second AV connection device 5 from the printer 11 is performed.
【0150】 [0150]
以上のように、サービスロケーションプロトコルの登録の手続きにより、WWW、デジタルアルバム、エアコン、電子レンジ、プリンタの各サービスがディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5に登録されることになる。 As described above, the procedure for registration of the service location protocol, WWW, digital album, air conditioners, microwave ovens, each service of the printer is to be registered in the second AV connection device 5 is a directory agent.
【0151】 [0151]
さて、この登録手順により得られる情報と、先説明したIEEE1394上のコンフィグレーションROMの読み込みにより得られる情報と合わせて、第2の家庭内ネットワーク上のサービス情報を構成することが可能である。 Now, the information obtained by this registration procedure, together with the information obtained by reading the configuration ROM on the IEEE1394 which is previously described, it is possible to configure the service information on the second home network.
【0152】 [0152]
その構成方法はさまざまな種類が考えられるが、本実施形態では、その一例として、(i)サービスロケーションプロトコルにて登録されたサービスについては、これを優先的に表示し、(ii)ここに現れないサービス、具体的には、サービスロケーションプロトコルでは認識されないノードであって、かつ、IEEE1394上のコンフィグレーションROMの読み込みでは認識されたノードについては、コンフィグレーションROMの情報に基づいてサービス情報を構成し、(i)と(ii)の両者の情報を併せて、一つの「第2の家庭内ネットワーク上のサービスディレクトリ情報」としてユーザおよび外部に紹介するという方法である。 Its construction method is different types are considered, in the present embodiment, as an example, for services that are registered by (i) Service Location Protocol, which displays preferentially appear here (ii) no service, specifically, a node does not recognize the service location protocol, and the recognized nodes in reading the configuration ROM of the IEEE1394 is to configure service information based on the information of the configuration ROM is a method that introduces together (i) and both the information (ii), as one of "service directory information on the second home network" to the user and outside.
【0153】 [0153]
より具体的には、サービスロケーションプロトコルの登録の手続きにより認識された、WWWサービス、デジタルアルバムサービス、エアコンサービス、電子レンジサービス、プリンタサービスと、IEEE1394上のコンフィグレーションROMの読み込みにより認識されたDVDプレーヤサービスと、ビデオサービスを合わせて、全サービスが認識される。 More specifically, it recognized by the procedure of registration of the service location protocol, WWW services, digital album service, air conditioning service, microwave service, and printer services, recognized DVD player by reading the configuration ROM on IEEE1394 and services, in accordance with the video service, all service is recognized. そして、例えば図7のように第2のAV接続装置5のコンソール上に、第2の家庭ネットワーク上に展開されているサービス別に1つづつアイコン(i21〜i27)が表示される。 Then, for example, on the second AV connection device 5 consoles as shown in Figure 7, one by one icon for each service that is deployed on the second home network (i21~i27) is displayed. また、前述と同様にユーザは所定のユーザインタフェースにより使用したいサービスを指示することで(例えばマウス装置を用いてクリックしあるいはドラッグアンドドロップすることで)、そのサービスにアクセスすることが可能となる。 The user in the same manner as described above by instructing the service to be used by a predetermined user interface (e.g., by clicking or dragging and dropping using the mouse device), it is possible to access the service.
【0154】 [0154]
ところで、サービスの提供を受けるユーザ端末であるユーザエージェントは、自身が接続されているIEEE1394バス上のサービスに関する情報をディレクトリエージェントに問い合わせて入手することもできるが、その代わりに前述したディレクトリエージェントへのサービスに関する情報の登録手順と同様の手順により、自身が各装置からの通知を受けることとで、サービスに関する情報を入手することもできる。 Meanwhile, user agent is a user terminal receiving the service, which may be obtained by querying information about the service on the IEEE1394 bus to which it is connected to the directory agent, to the directory agent described above instead the same procedure as the registration procedure of the information about the service, itself between be notified from the device, it is also possible to obtain information about the service.
【0155】 [0155]
次に、第1の家庭内ネットワークのユーザ(つまり1394バス1に接続された端末のユーザ)が、公衆網2を介して、第2の家庭内ネットワーク内の端末(つまり1394バス3またはホームオートメーション網12に接続された端末)を遠隔操作して所望の動作をさせる場合について説明する。 Next, a first home network user (i.e. a terminal that is connected to the 1394 bus 1 user), via the public network 2, the second terminal in the home network (i.e. 1394 bus 3 or home automation was connected to the network 12 terminal) by remote control will be described for the desired operation.
【0156】 [0156]
図1に示されるように、第1の家庭内ネットワークと、第2の家庭内ネットワークとは、公衆網2で相互接続されている。 As shown in FIG. 1, a first home network, and the second home network, they are interconnected by a public network 2. 前述したように公衆網2は、電話網でもよいし、広い帯域の回線、あるいは専用線のようなものであってもよいし、インターネットであってもよい。 The public network 2 as described above may be a telephone network, a wide bandwidth of the line, or may be one such as a dedicated line, the Internet. また、IPアドレスにはプライベートIPアドレス(公衆網2がインターネットではなくISDN等である場合)またはグローバルIPアドレス(公衆網2がインターネットである場合)を使用するものとする。 Also, the IP address is intended to use the private IP address (if the public network 2 is ISDN, etc. rather than the Internet) or a global IP address (if the public network 2 is the Internet).
【0157】 [0157]
ここで、第1のAV接続装置4は、第1の家庭内ネットワークのディレクトリエージェントであり、先に第2のAV接続装置5について説明したものと同様の手順によりネットワーク内のサービスを認識しているものとする。 Here, the first AV connection device 4 is a directory agent of the first home network, recognizes a service in a network by a procedure similar to that described for the second AV connection device 5 above and those who are. より具体的には、端末としてはPC6とデジタルTV7が認識され、サービスとしてはPC6により提供されるなんらかのサービスとデジタルTVサービスが認識される。 More specifically, as the terminal is recognized PC6 and digital TV7, some services and digital TV services offered is recognized by PC6 as a service.
【0158】 [0158]
さて、最初のフェイズとして、第1の家庭内ネットワークのユーザに対して、第2の家庭内ネットワーク内のサービスを提示するために、第1のAV接続装置4は、第2の家庭内ネットワークのサービス情報(ディレクトリ情報)を収集することを試みる。 Now, as the first phase, the user of the first home network, in order to present the service in the second home network, the first AV connection device 4, the second home network try to collect service information (directory information). その際、第1の家庭内ネットワークと第2の家庭内ネットワークとは、インターネットプロトコルにて通信を行うものとする。 At that time, the first home network and a second home network, and performs communication with the Internet Protocol. なお、本実施形態の手法は別のプロトコル、例えばIPXやNetBEUI等を用いた場合も同様に適用可能である。 Incidentally, the method of this embodiment is also applicable to the case of using another protocol, such as IPX or NetBEUI like.
【0159】 [0159]
図12に、サービス情報の収集のために第1のAV接続装置4と第2のAV接続装置5との間で行われる情報交換の手順の一例を示す。 12 shows an example of a procedure of carried out information exchange between the first AV connection device 4 and the second AV connection device 5 for the collection of the service information.
【0160】 [0160]
まず、第1のAV接続装置4は、第2の家庭内ネットワーク内のディレクトリエージェントを検索するため、第2の家庭内ネットワークに向けて、「predicate」をディレクトリエージェントとしたサービスリクエストを送出する。 First, the first AV connection device 4, in order to search the directory agent in the second home network, towards the second home network, and sends a service request with a "predicate" and the directory agent. これを実現するためには、例えば、ホップ数を複数にして(スコープが他の家庭内ネットワークも含むようにして)IPマルチキャストを送付する方法や、第2の家庭内ネットワークに対してソースルーチングあるいはルーチングヘッダを付けた上で、上記IPマルチキャストアドレスに送付する方法などが考えられる。 To achieve this, for example, a method in which the number of hops to a plurality (scope to such also include other home network) sends an IP multicast, source routing or routing header to the second home network after having put, a method of sending to the IP multicast address can be considered.
【0161】 [0161]
ここで、相手側の家のIPアドレス、特にIPサブネットアドレス(すなわちネットワークのアドレス)を知る方法としては、例えば、相手側の家に対して、ルーチングプロトコルによってルーチング情報を交換して、相手側のアドレスを知る方法などが考えられる。 Here, the other party home IP address, as a method especially know the IP subnet address (i.e. the address of the network), for example, to the counterpart side of the house, to exchange routing information by routing protocols, the other side and a method to know the address can be considered.
【0162】 [0162]
さて、このサービスリクエストを受信した第2の家庭内ネットワークのディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5は、自身がディレクトリエージェントである旨を伝えるためにディレクトリエージェントアドバタイズメントを第1のAV接続装置4に伝える。 Now, a directory agent in the second home network that has received the service request the second AV connection device 5, itself first AV connection device directory agent advertisements to tell that a directory agent 4 to tell.
【0163】 [0163]
次に、第1のAV接続装置4は、第2の家庭内ネットワークでどのようなサービスが提供されているかを知るために、サービスタイプリクエストを第2のAV接続装置5に送付する。 Next, the first AV connection device 4, what services in the second home network in order to know whether it is provided, and sends the service type request to the second AV connection device 5.
【0164】 [0164]
第2のAV接続装置5は、サービスタイプリプライとして、WWW(URLで表記されたサービス名はhttp)、デジタルアルバム(同album)、プリンタ(同lpr)の他に、LONに接続されたエアコン(同aircon_lon)、LONに接続された電子レンジ(同microwave_lon)、1394端末であるDVDプレーヤ(同DVD1394)、1394端末であるデジタルVTR(同DVTR1394)が通知される。 The second AV connection device 5, as the service type reply, WWW (service name denoted by the URL http), digital album (the album), in addition to the printer (the lpr), which is connected to the LON air conditioner ( the Aircon_lon), microwave oven connected to the LON (same Microwave_lon), DVD player (the DVD1394 a 1394 terminal), a digital VTR (same DVTR1394 a 1394 terminal) is notified. 例えば図12に示すように、「Service:http://」、「Service:album://」、「Service:lpr://」、「Service:aircon_lon://」、「Service:microwave_lon://」、「Service:DVD1394://」、「Service:DVTR1394://」が通知される。 For example, as shown in FIG. 12, "Service: http: //", "Service: album: //", "Service: lpr: //", "Service: aircon_lon: //", "Service: microwave_lon: / / "," Service: DVD1394: // "," Service: DVTR1394: // "is notified.
【0165】 [0165]
LONに接続された機器については、PC10から通知されたサービス情報(サービスのロケーションを表すURL情報)を、そのまま第1のAV接続装置4に通知している。 For devices connected to the LON, the service information notified from the PC 10 (URL information representative of the location of the service), and informs it to the first AV connection device 4. すなわち、IPのサービスロケーションプロトコルで登録されたサービスについては、そのまま第1のAV接続装置4に通知している。 That is, the service registered in the IP service location protocol is notified directly to the first AV connection device 4.
【0166】 [0166]
第2の家庭内ネットワークのディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5が1394端末/サービスとしてしか認識できなかったサービスについては、ディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5自身がそのサービスの代理サーバとしてサービスを提供することを試みるために、「1394上のDVD」、「1394上のDVTR」という意味で、「service:DVD1394」、「service:DVTR1394」という新しいサービスカテゴリを用いてIP上で第1のAV接続装置4に紹介している。 For services second AV connection device 5 is a directory agent in the second home network can not be recognized only as 1394 terminals / services, on behalf of the second AV connection device 5 itself the service is a directory agent in order to try to provide a service as a server, in the sense of "DVD on the 1394", "DVTR on the 1394", "service: DVD1394", "service: DVTR1394" that by using the new service category on IP We are introduced to the first AV connection device 4.
【0167】 [0167]
次に、これら情報を受け取った第1のAV接続装置4は、受け取ったそれぞれのサービスについての詳細情報を収集するための手順に入る。 Next, the first AV connection device 4 which has received these information enters the procedure for collecting detailed information about each of the services received.
【0168】 [0168]
その収集方法の一例を以下に示す。 It shows an example of the collection method below. すなわち、上記サービスタイプリプライで受信した全サービスについて、あるいはそのうち第1のAV接続装置4側にとって興味のあるサービスについて、そのロケーションと属性情報を得るために、それぞれサービスリクエストおよび属性リクエストをディレクトリエージェントである第2のAV接続装置5に送付する。 That is, for all the services received by the service type reply, or for them interesting service for the first AV connection device 4 side, in order to obtain the location and attribute information, a service request and attribute requests a directory agent, respectively sent to a second AV connection device 5. サービスリクエストに対しては、サービスリプライ(具体的には、そのサービスのロケーション情報であるURL;例えば、URL : Service:DVD1394://192.168.1.254:20000)が返答され、属性リクエストに対しては、属性リプライ(そのサービスの属性情報;例えば、1394上のDVDの属性情報)が返答される。 For service requests, (specifically, URL is the location information of the service; for example, URL: Service: DVD1394: //192.168.1.254: 20000) service reply is sent back, the attribute request for the attribute reply (attribute information of the service; for example, DVD attribute information on the 1394) is sent back. なお、詳細についてはサービスロケーションプロトコルのドキュメント(例えばインターネットドラフトのdraft−ietf−svrloc−protocol−16.txtなど)に記述されている。 Incidentally, it described in the Service Location Protocol documentation for more information (such as draft-ietf-svrloc-protocol-16.txt Internet Draft).
【0169】 [0169]
図12にはDVD1394サービスについての上記手続きについて記述してあるが、その外の全てのサービスについても同様にして情報を収集すると、第1のAV接続装置4は、第2の家庭内ネットワークのサービス情報を図13のように収集できる。 The Figure 12 are described for the above procedures for DVD1394 service, when collecting information in the same manner for all the services of the outer, first AV connection device 4, the second home network services the information can be collected as in Figure 13.
【0170】 [0170]
ここで、DVD1394、DVTR1394のそれぞれのサービスについては、先にも述べたように、第2のAV接続装置5がこれらのサービスの代理サーバとして、外部からのサービス要求を受けられるようになっている。 Here, each service DVD1394, DVTR1394, as mentioned earlier, a second AV connection device 5 is a proxy server of these services and is adapted to support a service request from outside . すなわち、具体的なサービスの具現である、IPのプロトコルである遠隔コマンドプロトコル等を、1394ノードに代わって第2のAV接続装置5が受け、これを1394ノードと1394プロトコルに変換してやり取りする(なお、その詳細については後述する)。 That is embodied in concrete service, the remote command protocol such as an IP protocol, the second AV connection device 5 instead of the 1394 node receiving, exchanging and converts it to a 1394 node and 1394 protocol (It should be noted that details thereof will be described later). このようにすることにより、本来1394プロトコルでしかやり取りのできないサービス(ここではDVDサービスとDVTRサービス)について、ネットワークを問わないプロトコルであるIPのサービス紹介プロトコルを通して紹介することができるため、ネットワークを問わず、任意のIPノードから、上記1394ノードへのコマンドの送付、制御が可能となる(可制御となる)。 In this way, the services can not interact only in the original 1394 protocol (DVD Services and DVTR service in this case), it is possible to introduce through IP services introduces protocol is a protocol agnostic network, regardless of the network not from any IP node, sending commands to the 1394 node (the controllable) control becomes possible.
【0171】 [0171]
各種リプライで収集された情報のうち第2のAV接続装置5が代理で受付るサービス(DVDサービスとDVTRサービス)については、そのサービス窓口となるポート番号、すなわち各代理サービス用のポート番号を割当てるようにする。 The second reception Ru services AV connection device 5 on behalf of the information collected by the various reply (DVD service and DVTR service) allocates a port number, or port number for each proxy service comprising its dealer so as to. このポート番号は、あらかじめ標準化機関などによって割当てがなされたものであってもよいし、ノード同士のネゴシエーションにより決められたものであってもよい。 The port number may be one or may be one assignment has been made, which is determined by the negotiation between nodes, such as by pre-standardization organization. 本実施形態の場合は、1394上のDVDサービスについては20000、1394上のDVTRサービスについては20001とする。 For this embodiment, the DVD service on 1394 and 20001 for DVTR services on 20000,1394. これによって、外部の端末(例えば第1の家庭内ネットワーク上の端末)は、第2の家庭内ネットワーク上に上記サービスが存在すると解釈するとともに、しかも、それはIPレベルでのサービスであると解釈する。 Thus, an external terminal (e.g., terminal on the first home network) is configured to interpret and the service is present on the second home network, moreover, it is interpreted as it is a service of the IP level .
【0172】 [0172]
さて、第1の家庭内ネットワーク上の端末、例えば第1のAV接続装置4は、例えば図14のように、そのコンソール上に、自身が認識しているサービスの一覧表示という形で、第1の家庭内ネットワークについての情報に加えて、第2の家庭内ネットワーク(例えば○○さん宅の家庭内ネットワーク)上のサービスの情報についても、前記サービスロケーションで取得した情報に基づいて表示する。 Now, the terminal on the first home network, for example, the first AV connection device 4, for example as shown in FIG. 14, on the console, in the form of list of services which it knows, first in addition to information about the home network, for the information of the service on the second home network (e.g. ○○'s home network's home), and displays on the basis of the information obtained by the service location. この表示の仕方は図11のものと同一の方針によるものであってもよい。 The display manner may be by the same policy and that of FIG. 11.
【0173】 [0173]
次に、外部の端末が第2の家庭内LANの各種サービスにアクセスしたいときは、図13のURLで紹介されているアドレスとポート番号にそれぞれアクセスする。 Then, the external terminals when you want to access the services of the second home LAN, each access to the address and port number that are introduced by the URL of FIG.
【0174】 [0174]
例えば、ユーザが第1のAV接続装置4を操作して、第2の家庭内LAN上の1394端末であるDVDプレーヤ8から映像を公衆網2を介して持ってきて、これをデジタルTV107に映し出す場合を考える。 For example, the user operates the first AV connection device 4, brought over the PSTN 2 video from the DVD player 8 is a 1394 terminal on the second home LAN, displaying an into digital TV107 consider the case.
【0175】 [0175]
ユーザの実際の操作は例えば次のようになる。 The actual operation of the user, for example, as follows. ユーザはまず図14のDVDプレーヤのアイコンをクリックする。 The user first click on the DVD player of the icon of FIG. 14. すると例えば図15のようなDVDプレーヤ操作のための操作ボタン群が画面に表示される。 Then for example, an operation button group for DVD player operations, such as in FIG. 15 is displayed on the screen. 次にユーザは所望の操作ボタンをクリックするなどしてDVDプレーヤ8の遠隔操作を行う。 Next, the user performs a remote operation of the DVD player 8 by, for example, click on the desired operation button. また、受信端末がデジタルTVであることをクリック等、なんらかの入力方法で指定する。 Further, clicking or the like that the receiving terminal is a digital TV, specified by some input methods.
【0176】 [0176]
図16に、このときに実際のネットワーク上を流れるコマンド群、プロトコル群についてのシーケンスの一例を示す。 16, commands flowing real on the network at this time, an example of a sequence of the protocol group.
【0177】 [0177]
まず、第1のAV接続装置4は、デジタルTV7に映像を流し込んで、これを表示させるための設定を行うべく、以下のようなシーケンスの動作を行う。 First, the first AV connection device 4, by pouring image into digital TV7, in order to perform the setting for displaying this, the operation of the following sequence. すなわち、IEC1883プロトコルにしたがって、第1のIEEE1394バス上の同期チャネルを確保する。 That is, according to IEC1883 protocol, to ensure the synchronization channel on the first IEEE1394 bus. このとき、取得した同期チャネルの同期チャネル番号は#yであるとする。 In this case, the synchronization channel number of the acquired synchronization channel is assumed to be #y.
【0178】 [0178]
次に、第1のAV接続装置4は、デジタルTV7の電源をオンにし、同期チャネル#yからの映像を画面に映し出すための、あらかじめ1394TA等の標準化団体で定められた制御コマンド(例えば1394AV/Cプロトコル)を使って、コマンドを送付する。 Next, the first AV connection device 4, turn on the digital TV7, for displaying an image from the synchronization channel #y the screen, control commands stipulated by standards bodies in advance 1394TA like (for example 1394 AV / using the C protocol), and sends the command. コマンドが受け付けられたなら、ACKを第1のAV制御装置4に返すようにしてもよい。 If the command has been accepted, it may be returned an ACK to the first AV control unit 4. これにより、第1のAV接続装置4からデジタルTV7までの回線が確保されたことになる。 As a result, the line from the first AV connection device 4 to the digital TV7 is ensured.
【0179】 [0179]
これと相前後してまたは並行的に、第1のAV接続装置4は、第2のAV制御装置5に対して、DVDプレーヤ8に対するコマンドを発行する。 At the phase with or in parallel back and forth, the first AV connection device 4 to the second AV control unit 5 issues a command to the DVD player 8. ここで、第1のAV接続装置4は、DVDプレーヤ8はIPサービスであると解釈している。 Here, the first AV connection device 4 is interpreted as a DVD player 8 is an IP service. コマンドは、第2のAV接続装置5(IPアドレス=192.168.1.254)の代理サーバのポート、すなわち20000に対して発行される。 Command, the port of the proxy server of the second AV connection device 5 (IP address = 192.168.1.254), that is, issued to 20000.
【0180】 [0180]
ここで、遠隔操作のためのコマンドとしては、例えばRTSP(RealTime Streaming Protocol)を利用する。 Here, the command for remote control, for example, utilizes a RTSP (RealTime Streaming Protocol). RTSPは、遠隔のリアルタイム信号の制御を行うためのプロトコルであり、インターネットの標準化機関であるIETFで議論が行われている。 RTSP is a protocol for controlling the remote real-time signal, discussed in the IETF has been performed a standardization organization of the Internet. 詳細については例えばインターネットドラフトdraft−ietf−mmmusic−rtsp−02. For more information, for example, the Internet draft draft-ietf-mmmusic-rtsp-02. psに開示されている。 It is disclosed in ps.
【0181】 [0181]
第1のAV接続装置4は、DVDプレーヤ8を再生させるために必要なコマンド(例えばSETUPコマンドや、PLAYコマンド)をRTSP上で発行する。 First AV connection device 4 issues a command (e.g. SETUP command or, PLAY command) required to reproduce the DVD player 8 on RTSP.
【0182】 [0182]
RTSPのSETUPコマンドを受信した第2のAV接続装置5は、今後DVDプレーヤ8に対する制御が開始されると解釈し、DVDプレーヤ8が接続されている第2のIEEE1394バス3上に映像伝送のための帯域、すなわち同期チャネルの確保を行う。 Second AV connection device 5 which receives the RTSP the SETUP command, interprets the control over future DVD player 8 is started, for video transmission over the second IEEE1394 bus 3 to the DVD player 8 is connected band, i.e., to ensure synchronization channel performs the. これは、IEC1883により行われる。 This is done by IEC1883. ここで、確保された同期チャネル番号を#yとする。 Here, a synchronization channel number reserved and #y. 帯域は、経験的な値(例えばMPEGなら6Mbps等)を用いることとしてもよいし、メッセージ中に要求値を含めてもよい。 Band may be as the use of empirical values ​​(e.g. MPEG if 6Mbps etc.), it may be included required value in the message.
【0183】 [0183]
また、RTSPのPLAYコマンドを受信した第2のAV接続装置5は、これを1394コマンド、すなわち1394AV/Cプロトコル等、1394端末間のプロトコルとして規定された、対応するコマンド(例えばDVD−PLAYというコマンドが規定するものとする)により、コマンドをDVDプレーヤ8に発行する。 The second AV connection device 5 which receives the RTSP of PLAY command which 1394 command, i.e. 1394 AV / C protocol or the like, was defined as the protocol between 1394 terminals, the command that the corresponding commands (for example, DVD-PLAY by There shall be defined), and issues a command to the DVD player 8.
【0184】 [0184]
このようなコマンドの変換は、1394/IPコマンド変換機能29にて行われる。 Conversion of such a command is carried out at 1394 / IP command conversion function 29. その処理の流れを図17を参照しながら説明する。 The flow of the processing will be described with reference to FIG. 17. IP上のコマンドはサービスロケーション代理機能27により受信される。 Command on the IP is received by the service location proxy function 27. 受信されたコマンドは1394/IPコマンド変換機能29によりコマンド変換される。 The received command is the command converted by the 1394 / IP command conversion function 29. 具体的には、DVD用のコマンド対応テーブル61、DVTR用のコマンド対応テーブル62といったように、IP上のコマンド(あるいは操作)と1394上のコマンド(あるいは操作)との関係を記述したテーブルをサービス別に設け、これらサービス別テーブルをもとにIPで送付されてきたコマンドを1394のコマンドに変換し、これを1394AVコマンド処理機能28に渡し送出を指示する。 Specifically, as such command correspondence table 62 for the command correspondence table 61, DVTR for DVD, the command on the IP (or operation) and a table describing the relationship between command (or operations) on the 1394 International separately provided, and converts the command which is sent by IP on the basis of these services by tables 1394 command instructing the transmission passes it to 1394AV command processing function 28. そして、指示を受けた1394AVコマンド処理機能28により実際のコマンドの送出が行われる。 The delivery of the actual command by 1394AV command processing function 28 receives the instruction is executed.
【0185】 [0185]
なお、上記とは逆の方向にコマンドが流れる場合、すなわち1394コマンドが入力されこれをIPコマンドに変換して出力する場合も、手順は同じ様になる。 Incidentally, the above case flows command in the opposite direction, that is, input 1394 commands also for converting it into IP command, the procedure is the same as. すなわち、1394コマンドは1394AVコマンド処理機能28により受信され、これが1394/IPコマンド変換機能29においてサービス別テーブルをもとにIPコマンドに変換され、これがサービスロケーション代理機能27により送出される。 That is, 1394 commands are received by the 1394AV command processing function 28, which is converted to IP command based on the service-specific tables in 1394 / IP command conversion function 29, which is sent by the service location proxy function 27.
【0186】 [0186]
さて、このようにしてコマンドがDVDプレーヤ8に到達すると、実際の映像データの送信が第2の1394バス3の同期チャネル#xを通して行われる。 Now, the command in this way reaches a DVD player 8, the transmission of the actual video data is carried out through the isochronous channel #x the second 1394 bus 3. これは、ACK信号が返った後(なお、ACK信号は公衆網(ISDNあるいはインターネット等)上ではRTSPのOKに変換されてもよい)、実際のデータ転送が開始される。 This is after returning an ACK signal (Incidentally, ACK signal public network (which may be converted to the RTSP OK is on ISDN or the Internet)), the actual data transfer is started.
【0187】 [0187]
第2のAV接続装置5は、データリンクスイッチ22を介して、映像データを公衆網2に送出する。 The second AV connection device 5, via a data link switch 22, and sends the image data to the public network 2. その際、MPEG多重の形でこれを送付してもよい。 At that time, it may send it in the form of MPEG multiplexing.
【0188】 [0188]
送出された映像データは公衆網2を介して第1のAV接続装置4に送付される。 Video data sent is sent to the first AV connection device 4 via the public network 2. 第1のAV接続装置4は、受信した映像データをデータリンクスイッチ22を介して、第1の1394バス1の同期チャネル#yに送付し、最終的に映像データはデジタルTV7にて再生される。 First AV connection device 4, the received video data via a data link switch 22, and sent to the first 1394 bus 1 synchronization channel #y, finally the video data is reproduced by a digital TV7 . この結果、第1の家庭内LANのユーザはデジタルTV7にて、第2の家庭内LAN上のDVDプレーヤ8からの映像を見ることができるようになる。 As a result, the user of the first home LAN is in digital TV7, it will be able to see the video from the second home DVD player 8 on the LAN.
【0189】 [0189]
なお、前述したように、映像データの伝送経路のデータリンクレイヤでの帯域や仮想伝送路識別子の確保、整合を、FANP処理機能25あるいはその他のRSVP処理機能等により実現するのが好ましい。 As described above, secure the bandwidth and the virtual transmission path identifier in the data link layer of the transmission path of the video data, a matching, preferably implemented by FANP processing function 25 or other RSVP processing function. FANP等を用いることにより、ネットワーク種別を問わない、通信資源の確保が可能となる。 Etc. By using the FANP, regardless of network type, it is possible to secure the communication resource. そのようにした場合のシーケンスの一例を図18に示す。 An example of a sequence in the case of doing so is shown in Figure 18. 図18では、実際の映像データの送付に先立ち、FANPにより、映像データの経路となるデータリンクの通信資源の確保と、識別子の整合、接続装置の設定等が行われている。 In Figure 18, prior to the sending of actual video data, the FANP, the securing of communication resources of the data link comprising the path of the video data, the matching of identifiers, settings and the like of the connection device have been made.
【0190】 [0190]
次に、公衆網2を介した遠隔操作の他の例として、例えば第1の家庭内LANのユーザが、第1のAV接続装置4を操作して、第2の家庭内LAN上のエアコン13(LON端末である)を操作することを考える。 Next, as another example of a remote operation via the public network 2, for example, the user of the first home LAN, by operating the first AV connection device 4, air conditioning in the second home LAN 13 Considering that the target of the operation is a (LON is a terminal).
【0191】 [0191]
ユーザの実際の操作は例えば次のようになる。 The actual operation of the user, for example, as follows. ユーザはまず図14のエアコンのアイコンをクリックする。 The user first click on the air conditioning of the icon of FIG. 14. すると例えばエアコン操作のための操作ボタン群が画面に表示される。 Then, for example, an operation button group for the air conditioning operation is displayed on the screen. 次にユーザは所望の操作ボタンをクリックするなどしてエアコン13の遠隔操作を行う。 Next, the user performs a remote operation of the air conditioner 13, for example, by clicking the desired operation button.
【0192】 [0192]
図19に、このときに実際のネットワーク上を流れるコマンド群、プロトコル群についてシーケンスの一例を示す。 19, commands flowing real on the network at this time, the protocol suite showing an example of a sequence.
【0193】 [0193]
まず、第1のAV接続装置4は、サービスロケーションで示されている、代理サーバのPC10に対して、エアコン13に対するコマンドを発行する。 First, the first AV connection device 4 is shown in a service location for PC10 proxy server issues a command to the air conditioner 13. ここで、第1のAV接続装置4は、エアコン13はPC10が提供しているIPサービスであると解釈している。 Here, the first AV connection device 4, air conditioning 13 is interpreted as an IP service provided PC10 is. コマンドは、代理サーバであるPC10のポート、すなわち15000に対して発行される。 Command, PC 10 port is the proxy server, that is issued to 15000.
【0194】 [0194]
ここで、遠隔操作のためのコマンドとしては、CCCP(Cam CoderControl Protocol)を利用することができる。 Here, the command for remote control, can be utilized CCCP (Cam CoderControl Protocol). CCCPは、遠隔のカムコーダの制御をインターネットを介して行うためのプロトコルであるが、同様の考え方で様々な電気機器の制御が可能であり、特にエアコン向けのコマンド群がCCCPに存在するものとする。 CCCP is a protocol for controlling the remote camcorder via the Internet, it is possible to control the various electrical appliances in the same idea, in particular commands for air conditioning is assumed to be present in the CCCP . なお、CCCPの詳細は例えばインターネットドラフトdraft−ohta−ccc−video−00. In addition, the Internet draft details of the CCCP, for example, draft-ohta-ccc-video-00. txtに開示されている。 It is disclosed in txt.
【0195】 [0195]
第1のAV接続装置4は、エアコン13の電源をオンにするのに必要なコマンド(POEWR_ONコマンド)をCCCP上で発行する。 First AV connection device 4 issues a command (POEWR_ON command) required to turn on the air conditioner 13 on CCCP.
【0196】 [0196]
CCCPのPOWER_ONコマンドを受信したPC10は、これをLONコマンド、LONノード間のプロトコルとして規定された、対応するコマンド(例えばLON_POWER_ONというコマンドが規定するものとする)により、コマンドをエアコン13に発行する。 PC10 which has received the POWER_ON command CCCP does this LON command, defined as the protocol between LON nodes, the corresponding command (for example, it is assumed that the command is provision that LON_POWER_ON), ​​issues a command to the air conditioner 13.
【0197】 [0197]
このようなコマンドの変換は、PC10内にて行われる。 Conversion of such a command is carried out in the PC 10. その処理の流れを図20を参照しながら説明する。 The flow of the processing will be described with reference to FIG. 20. IP上のコマンドは、サービス代理受信機能71が受信する。 Command on the IP is received by the service agency receiving function 71. 受信されたコマンドはCCCP/LONコマンド変換機能72によりコマンド変換される。 The received command is the command converted by CCCP / LON command conversion function 72. 具体的には、CCCP/LONコマンド変換機能72にLON用のコマンド対応テーブル、すなわちIP上のコマンド(あるいは操作)とLON上のコマンド(あるいは操作)との関係を記述したテーブルを設け、このテーブルをもとにCCCPで送付されてきたコマンドからLONを介してエアコン13に対して送付すべきコマンドに変換し、これをLONコマンド発行機能73に渡し送出を指示する。 Specifically, command correspondence table for LON, namely a table describing the relationship between command (or operation) and a command on the LON (or operations) on IP provided CCCP / LON command conversion function 72, the table the through LON from the command that has been sent by CCCP based converts the command to be sent with respect to air-conditioned 13, it instructs the delivery passes it to the LON command issuing function 73. そして、指示を受けたONコマンド発行機能73により実際のコマンドの送出が行われる。 The delivery of the actual command by ON command issuing function 73 which receives the instruction is executed.
【0198】 [0198]
上記とは逆の方向にコマンドが流れる場合、すなわちLONコマンドが入力されこれをCCCPコマンドに変換して出力する場合も、手順は同じ様になる。 If the command flow in the opposite direction to the above, i.e., if the LON command is input and output and converts it to a CCCP command, the procedure is the same as.
【0199】 [0199]
なお、ACK信号が返る場合は(なお、ACK信号は公衆網(ISDNあるいはインターネット等)上ではCCCPのOKに変換されてもよい;図19中ではOKとして示してある) 、これも第1のAV接続装置4に通知される。 Incidentally, if the ACK signal is returned (Note that ACK signal may be converted to OK the CCCP is on the public network (ISDN or the Internet, etc.); in Figure 19 is shown as OK), which is also the first It is notified to the AV connection device 4.
【0200】 [0200]
なお、本実施形態で説明したメカニズムは、家庭内ネットワークに限らず、一般の企業ネットワーク、特にいわゆる「モバイル環境」を実現するためのネットワーク技術に適用することが可能であることは、言うまでもない。 Incidentally, the mechanism described in this embodiment is not limited to the home network, the general corporate network, it can be applied to particular so-called "mobile environment" network technology for realizing, of course.
【0201】 [0201]
また、本実施形態では、ネットワークレイヤのプロトコルとしてIP、データリンクレイヤのプロトコルとしてIEEE1394とLONを用いて説明したが、ネットワークレイヤのプロトコルとして、DAVICで標準化を進めているDSM−CCや、IPX等、データリンクレイヤのプロトコルとして、イーサネットやATM等の技術を用いることも可能である。 Further, in the present embodiment, IP as the network layer protocol, has been described using the IEEE1394 and LON as data link layer protocol, as the network layer protocol, and DSM-CC that promote standardized DAVIC, IPX, etc. as a data link layer protocol, it is also possible to use an Ethernet or ATM such techniques.
【0202】 [0202]
ところで、上記した実施形態では、AV接続装置にサービスロケーションサービスの機能およびコマンド変換の機能を設け、AV接続装置がサービスを提供したが、これらの機能は、本実施形態のAV接続装置すなわちネットワークの相互接続を行っているノードが行う必要はなく、例えば図1におけるPC6あるいはPC10に設け、それらがサービスを提供するようにしても良い。 Incidentally, in the above embodiment, provided the functions of function and command conversion service location service to the AV connection device, although AV connection device has provided service, these features of this embodiment AV connection device or a network need not nodes that perform mutual connection performed, for example, provided in PC6 or PC10 in FIG 1, they may be providing services.
【0203】 [0203]
この場合、図2のAV接続装置がサービスを実現していた場合と同様に、ネットワークI/F(図2の1394I/F21に相当)、IP処理機能24、1394/IPサービスロケーション処理機能26、サービスロケーション代理機能27、1394AVコマンド処理機能28、1394/IPコマンド変換機能29を、PC6あるいはPC10あるいはその他のノードに実装し、さらにネットワークの通信資源を確保させる制御や、ネットワーク間で用いる識別子を整合させる制御等のネットワーク制御が必要な場合は、FANP処理機能25あるいはRSVPによる制御処理機能等を実装すれば良い。 In this case, as in the case where AV connection device of FIG. 2 has achieved a service (corresponding to 1394 I / F21 in FIG. 2) the network I / F, IP processing function 24,1394 / IP service location processing function 26, the service location proxy function 27,1394AV command processing function 28,1394 / IP command conversion function 29, implemented in PC6 or PC10 or other nodes, control and to further secure the communication resource of the network, matching an identifier used between the networks If required network control of the control or the like for, may be implemented control processing function, etc. by the FANP processing function 25 or RSVP.
【0204】 [0204]
また、サービスロケーションサービスの機能とコマンド変換の機能とを、互いに異なるに実装することも可能である。 Also, the functions of the command conversion service location services, it is also possible to implement different from each other.
【0205】 [0205]
なお、以上の説明では、公衆網2がインターネットではなくISDN等である場合に端末のIPアドレスにはプライベートIPアドレスを用い、あるいは公衆網2がインターネットである場合に端末のIPアドレスにはグローバルIPアドレスを用いるものとしたが、例えばNAT(Network Address Translation)等のアドレス変換を用いて、公衆網2がインターネットである場合に少なくともネットワークの相互接続を行うノード(図1ではAV接続装置端末)にグローバルIPアドレスを用い、その他のノードにはプライベートIPアドレスを用いることができるようにしてもよい。 In the above description, a global IP is the IP address of the terminal when the IP address of the terminal when the public network 2 is ISDN, etc. rather than the Internet using a private IP address, or the public network 2 is the Internet it is assumed to use an address, for example, using the address translation, such as NAT (network address Translation), at least node that performs interconnection network (AV connection device terminals in FIG. 1) when the public network 2 is the Internet using the global IP address, the other nodes may be able to use private IP addresses. この場合、例えば、外部のネットワークからは、ネットワークの相互接続を行うノードのグローバルIPアドレスと、宛先となるノードのプライベートIPアドレス(またはプライベートIPアドレスとポート番号の組)を指し示すためのポート番号との組を宛先として、IPパケットを転送し、ネットワークの相互接続を行うノードにて、テーブルを参照するなどして、当該グローバルIPアドレスとポート番号の組を、宛先となるノードのプライベートIPアドレス(またはプライベートIPアドレスとポート番号の組)に変換するようにしてよい。 In this case, for example, from the external network, and a global IP address of the node that performs network interconnection, the port number for indicating the node as the destination private IP address (or set of private IP address and port number) the set as a destination, and forwards the IP packet at the node performing network interconnection, such as by referring to the table, the global IP address and a set of port numbers, the a destination node private IP address ( or so as to convert a set) of the private IP address and port number.
【0206】 [0206]
(第2の実施形態) (Second Embodiment)
本実施形態ではIEEE1394インタフェースを持つPCが同一の1394バスに接続された1394装置を認識して利用する場合について説明する。 In the present embodiment described the case of using recognizes the 1394 device PC with IEEE1394 interface is connected to the same 1394 bus.
【0207】 [0207]
一般に、1394バスには種々の装置が接続される可能性があり、PCは予め接続されるすべての装置に関する情報やそれを制御するためのドライバソフトウェアを持っているわけではない。 In general, there is a possibility that the 1394 bus is connected various devices, PC is not have a driver software to control the information and it about all devices that are pre-connected.
【0208】 [0208]
そこで、本実施形態では、1394バスに接続された装置の情報の収集を行う。 Therefore, in this embodiment, for collecting information of the devices connected to the 1394 bus. その手順の概略は次の通りである。 Outline of the procedure is as follows.
【0209】 [0209]
i)まず、1394unitの認識を行う。 i) First, the recognition of 1394unit. 具体的には1394ノードのunique IDとunit番号を取得する。 Specifically acquires unique ID and unit number of 1394 nodes.
【0210】 [0210]
ii)次に、各unitのカテゴリ判別を行う。 ii) Next, the category determination of each Unit. そして、登録済みの論理デバイスに対応するカテゴリか否か判断する。 Then, it is determined whether the category corresponding to the registered logical device.
【0211】 [0211]
iii )次に、登録済みデバイスについて、占有状態の取得を行う(なお、この場合には、標準ドライバを利用する)。 iii) Next, the registered device, to acquire the occupancy status (In this case, utilizes a standard driver).
【0212】 [0212]
iv)そして、登録済みでない1394unitの占有状態の判定を行う。 iv) Then, it is determined occupancy of 1394unit not a registered.
【0213】 [0213]
また、本実施形態では、非同期的に発生してデバイスドライバの構成の変更を行う事象として次のものを扱う。 Further, in the present embodiment deals with the following: as an event to change the asynchronously occurring device driver configuration.
【0214】 [0214]
i)アプリケーションによる装置の利用要求 i) use request of the device according to the application
ii)IEEE1394インタフェースのバスリセット(1394装置の追加、削除) ii) IEEE1394 interface of the bus reset (additional 1394 devices, delete)
iii )装置の占有状態の変更以下、本実施形態について詳しく説明する。 iii) Changing the occupancy state of the device is explained in detail below the present embodiment.
【0215】 [0215]
まず、ハードウェア構成について説明する。 First, a description will be given of the hardware configuration.
【0216】 [0216]
図21に本実施形態に係るPCの構成例を示す。 It shows a configuration example of a PC according to the embodiment in FIG. 21. 81はPCを、82はプロセッサを、83はプロセッサのローカルバスに接続されたメインメモリを、84はシステムバスを、85は2次記憶装置を、86,87はIEEE1394インタフェースを、88はハードディスクをそれぞれ表す。 81 a PC, 82 is a processor, 83 a main memory connected to the local bus of the processor, 84 a system bus, a 85 secondary storage device, 86 and 87 the IEEE1394 interface, 88 a hard disk representing, respectively.
【0217】 [0217]
2次記憶装置85とIEEE1394インタフェース86とIEEE1394インタフェース87は、それぞれシステムバス84に接続されている。 Secondary storage device 85 and IEEE1394 interface 86 and IEEE1394 interface 87 is connected to the system bus 84, respectively. 2次記憶装置85は、例えばフラッシュEEPROMによって構成される。 Secondary storage device 85 is composed of, for example, a flash EEPROM.
【0218】 [0218]
ハードディスク88は、PC81の筐体内部にあるIEEE1394インタフェース87によって接続されている。 Hard disk 88 are connected by the IEEE1394 interface 87 in the interior housing of the PC 81.
【0219】 [0219]
IEEE1394インタフェース86は、PC81の筐体外に置かれているプリンタ90、FAX91、マッサージ装置(リクライニングシート型マッサージ装置とする;以下、単に、マッサージ装置と呼ぶ)92、トースタ93にそれぞれ接続している。 IEEE1394 interface 86, a printer 90 which is located outside the casing of the PC 81, FAX91, massage device (a reclining seat type massaging apparatus; hereinafter simply referred to as a massage device) 92, they are connected respectively to the toaster 93. なお、説明上、FAX91はFAX機能およびスキャナ機能に対応するユニットとプリンタ機能に対応するユニットを持ち、マッサージ装置92は背中、首等の上半身部分へのマッサージ機構に対応するユニットと足等の下半身部分へのマッサージ機構に対応するユニットを持つものとする。 Incidentally, explanation on, FAX91 has a unit corresponding to the unit and the printer function corresponding to the FAX function and the scanner function, the massage device 92 back, lower body such units and the foot corresponding to the massaging mechanism to the upper body portions such as the neck It shall have a unit corresponding to the massaging mechanism to portion.
【0220】 [0220]
次に、オペレーティングシステム(以下、OS)のソフトウェア構造について説明する。 Next, the operating system (hereinafter, OS) for the software structure will be described.
【0221】 [0221]
図22に本実施形態のPC81におけるソフトウェア構造の一例を示す。 Figure 22 shows an example of a software structure in the PC81 of the present embodiment.
【0222】 [0222]
図22のOS内部において、101はOSの論理デバイス管理機能、102は2次記憶装置管理機能、103は1394インタフェース管理機能をそれぞれ表す。 In OS internal Figure 22, 101 is a logical device management capabilities OS, 102 denotes a secondary storage device management function 103 of the 1394 interface management function, respectively.
【0223】 [0223]
2次記憶装置102,ハードディスク103はOSが直接管理する。 Secondary storage device 102, a hard disk 103 OS managed directly. 一方、プリンタ90、FAX91、マッサージ装置92、トースタ93の各ハードウェアについては1394管理機能を通じてデバイスの認識や登録が行われる(この手順については後述する)。 The printer 90, FAX91, massage device 92, recognition and registration of the device (will be described later this procedure) carried out through 1394 management functions for each hardware toaster 93.
【0224】 [0224]
111,112は、2次記憶装置管理機能102の配下にあり、2次記憶装置85とハードディスク88をそれぞれ制御するデバイスドライバである。 111 and 112, located under the secondary storage device management function 102 is a device driver for controlling the secondary storage device 85 and the hard disk 88, respectively. 113,114はそれぞれ1394インタフェース管理機能103の配下にあり、IEEE1394インタフェース86,87をそれぞれ制御するデバイスドライバである。 113 and 114 are under the 1394 interface management function 103, respectively, it is a device driver that controls the IEEE1394 interface 86 and 87 respectively.
【0225】 [0225]
図22のOS API(Application Programing Interface)とJAVA APIの間において、121は1394管理オブジェクトを表す。 Between OS API (Application Programing Interface) and JAVA API of FIG. 22, 121 represents a 1394 managed objects.
【0226】 [0226]
図22のJAVA SPI(System Programing Interface)とJAVA APIの間において、122は論理デバイス管理オブジェクトを表し、131,132,133,134はそれぞれモデム、プリンタ、スキャナ,不明に対応する論理デバイスクラスオブジェクトを表し、131−1〜2,132−1,133−1,134−1〜3はそれぞれ131,132,133,134の論理デバイスクラスオブジェクトによって管理される論理デバイスオブジェクトを表す(不明のクラスの詳細については後述する)。 Between JAVA SPI (System Programing Interface) and JAVA API of FIG. 22, 122 represents the logical device management objects, respectively modems 131, 132, 133, printer, scanner, unknown to the corresponding logical device class object represents, 131-1~2,132-1,133-1,134-1~3 each represents a logical device objects managed by the logical device class object 131, 132, 133 and 134 (unknown class details It will be described later).
【0227】 [0227]
図22のOS APIとJAVA SPIの間において、151はプリンタ90のunit1(図22中104)に、152はFAX91のunit1(図22中105)に、153はFAX91のunit2(図22中106)に、154はマッサージ装置92のunit1(図22中107)に、155はマッサージ装置92のunit2(図22中108)に、156はトースタ93のunit1(図22中109)にそれぞれ対応する物理デバイスオブジェクトを表す。 In between the OS API and JAVA SPI in FIG. 22, the 151 unit1 printer 90 (in FIG. 22 104), 152 unit1 the FAX91 in (in FIG. 22 105), 153 unit2 of FAX91 (in FIG. 22 106) in, 154 in unit1 massaging device 92 (FIG. 22 of 107), 155 are unit2 massaging device 92 (FIG. 22 in 108), the physical device corresponding respectively to the unit1 (in FIG. 22 109) of the toaster 93 156 representing the object. また、161,162,163,164,165,166はそれぞれ151〜156の物理デバイスオブジェクトに対応するドライバオブジェクトを表す。 Further, 161,162,163,164,165,166 represents driver object corresponding to the 151 to 156 of the physical device object, respectively.
【0228】 [0228]
図22中において、矢印は各々のオブジェクトの参照関係を表す。 In FIG. 22, arrows represent reference relation of each object. 参照関係を持つことにより、参照先のオブジェクトのメソッドを起動して状態変数を読み出すことができる。 By having a reference relationship, it is possible to read the state variable to start the method of the referenced object. 例えば、物理デバイスオブジェクト151〜156は、1394管理オブジェクト121に始まる参照関係を持つことによって、1349管理オブジェクトの配下にある物理デバイスオブジェクトとして登録されていることを表している。 For example, the physical device object 151 to 156 represents that by having a reference relationship beginning in 1394 managed object 121 is registered as a physical device object in under the 1349 managed object. 151はプリンタクラスの論理デバイスオブジェクト131−2に登録されており、ドライバオブジェクト161は物理デバイスオブジェクト151に登録されており、他のものも同様である。 151 is registered in the logical device object 131-2 of the printer class driver object 161 is registered to the physical device object 151, is also similar others.
【0229】 [0229]
次に、OSの初期化について説明する。 Next, a description will be given of the initialization of the OS.
【0230】 [0230]
PC81は、電源投入後、2次記憶装置85に格納されたプログラムを読み込みOSを起動する。 PC81 after power-on, it activates the OS reads the programs stored in the secondary storage device 85. OSの一般仕様については特に問わないが、OS上ではコンパイルされたJavaコードが実行できるものとする。 Although no particular limitation is the general feature for OS, it is assumed that compiled Java code on the OS can be executed. なお、Javaについては種々の文献があるが例えばJava Language Specification http://java. Incidentally, there are various documents for Java but for example Java Language Specification http: // java. sun. sun. comにて詳しく説明されている。 It is described in more detail in the com.
【0231】 [0231]
本実施形態では、IEEE1394インタフェース87に接続されるハードディスク88はOSで直接管理する1394装置として予め決められている。 In the present embodiment, a hard disk 88 which is connected to the IEEE1394 interface 87 are predetermined as 1394 device that manages direct the OS. IEEE1394機器はレジスタへの値の書き込みや読み出しにによって操作するものであり、PC81はハードディスク87の予め定められたレジスタにPC81自身のIEEE1394インタフェースのunique IDを書き込むことにより、ハードディスク88をIEEE1394インタフェース87を持つPC81が排他的に使用することを示す。 IEEE1394 device is intended to operate by the writing and reading of the values ​​of the register, PC 81 by writing the IEEE1394 interface unique ID of PC 81 itself in a predetermined register of the hard disk 87, a hard disk 88 IEEE1394 interface 87 PC81 with indicating that the exclusive use.
【0232】 [0232]
PC81のOSはJavaプログラムからIEEE1394インタフェースのトランザクション要求の発行および応答ができるAPI(Application Programing Interface)を持つ。 OS of PC81 has an API that can issue and response of the IEEE1394 interface of the transaction request from the Java program (Application Programing Interface). PC81の初期化によるOSの起動後、上記APIを通じて各々の1394インタフェースに接続されているIEEE1394機器を管理するJavaコードが実行される。 After starting the OS by initializing the PC 81, Java code that manages the IEEE1394 devices connected to the 1394 interface of each through the API is executed. これを1394管理オブジェクトと呼ぶ。 This is referred to as the 1394 management object. また、OSは、オブジェクトクラスの名前から対応するコードの識別子を得てオブジェクトを生成する動的オブジェクトローディング機構を備えているものとする。 Further, OS is assumed to have a dynamic object loading mechanism for generating object to obtain the identifier of the code corresponding the name of the object class.
【0233】 [0233]
以下では、Javaコードの格納、伝送形態をxxコード、あるクラス全体に関わるオブジェクトをxxクラスオブジェクト、あるクラスの実体化されたオブジェクトをxxオブジェクトと呼ぶ。 Hereinafter, the storage of Java code, xx encoding transmission form, object xx class object related to the entire one class, the object that is instantiated in a class called the xx object. 例えば、ある型の論理装置全てを管理するオブジェクトを論理デバイスクラスオブジェクト、各々の物理装置に対応する装置のJava APIを提供するオブジェクトを論理デバイスオブジェクトと呼ぶ。 For example, it referred to the logical device class object an object for managing all certain type logical device, an object that provides Java API of the device corresponding to each of the physical devices and logical device object. また、オブジェクトのコードにはある識別子が付与されていて、それを他のオブジェクトと識別することができるものとする。 Further, it is granted the identifier in the code of the object, which shall be able to identify it with other objects. 識別名はオブジェクトコードに埋め込まれていても良いし、それを格納するファイル名あるいはそれが格納されているISO1212形式のアドレスで表現されても良い。 The distinguished name may be embedded in the object code, it may be expressed by the file name or ISO1212 format address in which it is stored to store it. 一方、オブジェクトには少なくとも当該PCで一意に他のオブジェクトと識別できる識別子が付与されているものとする。 On the other hand, it is assumed that the identifier that can identify uniquely other objects at least in the PC is applied to an object. 例えばオブジェクトが格納される仮想記憶空間のアドレスである。 For example the address of the virtual storage space which the object is stored. IEEE1394バスで使用する際には識別子はIEEE1394バス上で一意に識別されることが望ましい。 When using an IEEE1394 bus identifier is desired to be uniquely identified on the IEEE1394 bus.
【0234】 [0234]
次に、物理装置の認識について説明する。 Next, a description will be given recognition of the physical device.
【0235】 [0235]
OSによる1394インタフェースの初期化が完了すると、1394管理オブジェクト121と論理デバイス管理オブジェクト122が生成される。 When the 1394 interface initialization is complete by OS, 1394 managed object 121 and the logical device management object 122 is generated. 1394管理オブジェクト121と論理デバイス管理オブジェクト122は互いの参照を保持し、相互に情報を交換しながらデバイスの認識と登録を行う。 1394 managed object 121 and the logical device management object 122 holds a mutual reference, to recognize and register the device while exchanging information with each other.
【0236】 [0236]
1394管理オブジェクト121はIEEE1394インタフェース86,87に接続されている装置の情報を収集して各1394ノードを認識する。 1394 managed object 121 recognizes the 1394 node collects information of a device connected to the IEEE1394 interface 86 and 87. ただし、1394管理オブジェクト121の初期化時に予めOSが排他的に利用するものと定義されたハードディスク87は認識から除外される。 However, a hard disk 87 which is defined as previously OS is exclusively used for the initialization of the 1394 management object 121 is excluded from the recognition. 1394管理オブジェクト121は前述の1394制御APIを通じてPC81の各1394インタフェースの持つTOPOLOGY_MAPレジスタまたはSPEED_MAPレジスタにあるnode ID毎に各ノードにconfigROM領域の読み出し要求を発行して当該ノードのuniqe IDとunitが複数存在すればそれぞれのunit IDおよびcapabilityを得る。 1394 management object 121 uniqe ID and unit of the node by issuing a read request configROM area on each node for each node ID in TOPOLOGY_MAP register or SPEED_MAP register possessed by the 1394 interface PC81 through the aforementioned 1394 control API is more if there obtain respective Unit ID and capability data. これらレジスタの形式はIEC 1212(ANSI/IEEE Std 1212 Control and Status Register(CSR) Architecture for Microcomputer Buses[ISO/IEC13213])で定められており、詳細についてはここでは省略する。 The format of these registers are defined by IEC 1212 (ANSI / IEEE Std 1212 Control and Status Register (CSR) Architecture for Microcomputer Buses [ISO / IEC13213]), for details omitted here.
【0237】 [0237]
最終的に1394管理オブジェクト121はunique IDとunit IDとcapabilityの組のリストを得てこれらデバイスの登録を行う。 Finally 1394 management object 121 to register these devices to obtain a list set of unique ID and Unit ID and capability data. 1394管理オブジェクト121はプリンタ90、FAX91,マッサージ装置92、トースタ93から上記レジスタの値を読み出してそれぞれのunitに対応する1394物理装置オブジェクト151〜156を生成する。 1394 management object 121 generates a printer 90, FAX91, massage device 92, 1394 physical unit object 151 to 156 corresponding to each of the unit reads the value of the register from the toaster 93. FAX92、マッサージ装置93は2つのunitを持っており、それぞれ対応する物理デバイスオブジェクト152,153,154,155を生成する。 FAX92, massage device 93 has two Unit, generates the corresponding physical device object 152,153,154,155. オブジェクトの生成が完了すると1394管理オブジェクト121は論理デバイス管理オブジェクト122に物理デバイス登録の完了を通知する。 The generation of the object is complete 1394 management object 121 notifies the completion of the physical device registered in the logical device management object 122.
【0238】 [0238]
認識の対象から外される装置は、予めOSによって占有されている装置の他に、装置自身のレジスタが占有を表していて、そこに占有を示す値が書き込まれている場合には認識の対象とはしないこととしても良い。 Device is excluded from the object of recognition, in addition to the apparatus which is occupied by the pre-OS, the apparatus itself registers represent the occupancy, target recognition if there value indicating occupied is written and it is also possible that are not.
【0239】 [0239]
ここで、登録について説明する前に、デバイスを制御するプログラム(ここではオブジェクトと呼ぶ)の構造と動作について説明する。 Here, before describing the registration, the structure and operation of a program for controlling the device (referred to herein as objects) will be described.
【0240】 [0240]
各々の装置の機能に対応し、アプリケーションに入出力APIを提供するのが131−1,132−1,…の論理デバイスオブジェクトである。 It corresponds to the function of each device, to provide input and output API to applications 131-1,132-1, a ... logical device object. それぞれの論理デバイスオブジェクトは、ファイル、プリンタといった種別毎に設けられる論理デバイスクラスオブジェクトによって管理される。 Each logical device object file, is managed by the logical device class objects provided for each type such as a printer. 各々の論理デバイスオブジェクトはただ一つの論理デバイスクラスオブジェクトに帰属するが、一つの論理デバイスクラスオブジェクトは配下に複数の論理デバイスオブジェクトを持っても良い。 Logical device object for each just belong to one logical device class objects, one logical device class object may have a plurality of logical device objects under. 例えば、プリンタの論理デバイスオブジェクト131−1は、ただ一つの論理デバイスクラスオブジェクト131に帰属するが、プリンタの論理デバイスクラスオブジェクト131の配下には、131−1,131−2の2つの論理デバイスオブジェクトがある。 For example, the logical device object 131-1 printers, although only attributable to one logical device class object 131, the subordinate logical device class object 131 of the printer, two logical device object 131-1 and 131-2 there is.
【0241】 [0241]
物理デバイスオブジェクトは、1394ユニットと1対1対応に存在する。 Physical device object is present in 1394 units and one-to-one correspondence. 1つの物理デバイスオブジェクトが複数の論理デバイスオブジェクトから参照されることもある。 Sometimes a physical device object is referenced from a plurality of logical device objects. 例えば、物理デバイスオブジェクト152は、プリンタ91のunit1に対応しているとともに、プリンタの論理デバイスオブジェクト131−1とFAXの論理デバイスオブジェクト133−1の2つの論理デバイスオブジェクトから参照されている。 For example, the physical device object 152, together correspond to unit1 printer 91, it is referenced by two logical device object of the logical device object 131-1 and FAX logical device object 133-1 of the printer.
【0242】 [0242]
本実施形態では、PC81は、プリンタ、スキャナ、FAX、不明の各デバイスクラスに対応する論理デバイスクラスオブジェクト131〜134を持っているものとする。 In this embodiment, PC 81 is a printer, a scanner, FAX, and those that have a logical device class objects 131-134 for each device class unknown. 各々の論理デバイスクラスオブジェクトは、その配下に論理デバイスオブジェクト131−1…n,132−1…n,133−1…n,134−1…nを持っている。 Logical device class objects, each of which logical device object 131-1 ... n under its, 132-1 ... n, 133-1 ... n, have 134-1 ... n. PC81で実行されるJavaアプリケーションはこれら論理デバイスオブジェクトを通じて物理装置の実装の差異に関らず同一のクラスに属する物理装置は同一の方法で利用することができる。 Java applications that run PC81 physical devices belonging to regardless same class implementation differences of the physical device via these logical device object can be utilized in the same manner. これはそれぞれの論理デバイスクラスオブジェクト毎にJava SPIが共通化されているからである。 This is because Java SPI is common for each logical device class object.
【0243】 [0243]
例えば、プリンタ装置のアクセスを行う際のIEEE1394レジスタのアドレスと手順は、ANSI X3T10 Serial Bus Protocol(SBP)として定められている。 For example, IEEE1394 register address and procedures for accessing the printer device is defined as ANSI X3T10 Serial Bus Protocol (SBP). IEEE1394インタフェースがどのような実装であっても上記SBPに則ったIEEE1394形式のメッセージをデバイスドライバが生成すればプリンタの制御を行うことができる。 It is possible to perform the printer control when generating what implement a was also conforming to the SBP IEEE1394 format message the device driver is IEEE1394 interface. さらに、デバイスドライバがハードウェアやOSに依存しないJavaで記述されていれば、IEEE1394インタフェースのドライバへのシステムプログラムインタフェースが同一である限り、どのようなOSにおいても同一のプリンタデバイスドライバが使用可能である。 Further, if it is written in Java that the device driver does not depend on the hardware and OS, so long as the system program interface to the IEEE1394 interface of the driver are the same, the same printer device driver usable in any kind of OS is there.
【0244】 [0244]
アプリケーションは、論理デバイス管理オブジェクト122にデバイスクラス一覧を要求することによって、論理デバイスクラスオブジェクト131〜134の一覧を得ることができる。 Application by requesting device class list in the logical device management object 122, it is possible to obtain a list of the logical device class objects 131-134. 論理デバイスクラスオブジェクトからは、それぞれのプリンタ、スキャナといった同じタイプに属する論理デバイスオブジェクトの一覧を得ることができる。 From the logical device class object, it is possible to obtain each printer, a list of logical device object belonging to the same type, such as a scanner. 論理デバイス管理オブジェクト122は、論理デバイスクラスオブジェクトの登録/削除などの管理も行う。 Logical device management object 122 also performs management such as registration / deletion of the logical device class object.
【0245】 [0245]
次に、論理デバイス管理オブジェクト122による論理デバイスクラスオブジェクトの初期化について説明する。 It will now be described the initialization of a logical device class objects by logical device management object 122. 図23に論理デバイス管理オブジェクト初期化手順の一例を示す。 Figure 23 shows an example of logical device management object initialization procedure.
【0246】 [0246]
論理デバイス管理オブジェクト122は、予め定められたデバイスクラス、プリンタ、スキャナ、FAXに対応する論理デバイスクラスオブジェクト131,132,133を生成し、図2中にて矢印で示されるこれらオブジェクト間の参照を作る(ステップS11〜S14)。 Logical device management object 122, a predetermined device class, a printer, a scanner, and generates a logical device class object 131, 132, 133 corresponding to the FAX, the references between these objects represented by the arrow C. in 2 make (step S11~S14).
【0247】 [0247]
これら131,132,133の各論理デバイスクラスオブジェクトは、生成に続いて初期化を行う(その間、論理デバイス管理オブジェクト122は初期化完了を待つ;ステップS15)。 Each logical device class object thereof 131, 132 and 133 performs initialization Following generation (during which the logical device management object 122 waits for completion initialization; step S15). 初期化が完了すると論理デバイス管理オブジェクト122へ初期化が完了したことを通知する。 When initialization is complete to inform that initialization is complete to the logical device management object 122.
【0248】 [0248]
完了通知を受けた論理デバイス管理オブジェクト122は、最後に131〜133の各論理デバイスクラスオブジェクトによって認識されなかった物理デバイスを管理する不明の論理デバイスクラスオブジェクト134を生成し、初期化する(ステップS16,S17)。 Logical device management object 122 receives the completion notification is finally generated unknown logical device class object 134 for managing the physical devices that are not recognized by the logic device class objects 131-133 are initialized (step S16 , S17). 論理デバイス管理オブジェクト122は、不明のクラスの初期化の完了通知を受けとると、初期化完了状態となる(ステップS18)。 Logical device management object 122 has received a notification of completion of initialization of the unknown class, the initialization completion state (step S18).
【0249】 [0249]
次に、論理デバイスクラスオブジェクトの初期化について論理デバイスクラスオブジェクト131を例に取りつつ説明する。 It will be described below as an example of the logical device class object 131 for initialization of the logical device class object. 図24に論理デバイスクラスオブジェクト初期化手順の一例を示す。 It shows an example of logical device class object initialization procedure in Figure 24.
【0250】 [0250]
論理デバイス管理オブジェクト122は、論理デバイスクラスオブジェクトの生成時に1394管理オブジェクト121への参照を渡す。 Logical device management object 122 passes a reference to the 1394 management object 121 when generating the logical device class object. 論理デバイスクラスオブジェクト131は、1394管理オブジェクト121に物理デバイスオブジェクトへの参照を要求する(ステップS21)。 Logical device class object 131 requests a reference to the physical device object 1394 managed object 121 (step S21).
【0251】 [0251]
1394管理オブジェクト121は、物理デバイスオブジェクトの参照が要求されると、自オブジェクトが保持している参照に従って物理デバイスオブジェクト151から順番に参照を返却する。 1394 management object 121, the reference physical device object is requested, returns a reference to the order from the physical device object 151 according to the reference that the own object holds.
【0252】 [0252]
論理デバイスクラスオブジェクト131は、物理デバイスオブジェクト151への参照を入手すると、オブジェクト151の属性値取得メソッドを起動してunique ID、unit ID、capabilityを取得する(ステップS22)。 Logical device class object 131, when obtaining the reference to the physical device object 151, unique ID to start the attribute value acquisition method of the object 151, Unit ID, acquires the capability data (step S22). 論理デバイスクラスオブジェクト131は、これらの値が自デバイスクラスに合致するかを判定するテーブルを予め持っており、取得した物理デバイスオブジェクト151が自クラスに合致するかを判定することができる。 Logical device class object 131, these values ​​are with in advance a table determines matches the own device class may be a physical device object 151 acquired to determine matches the own class.
【0253】 [0253]
物理デバイス151のunique ID、unit IDはプリンタを示す値であったので、論理デバイスクラスオブジェクト131は、物理デバイスオブジェクト151に対応する論理デバイスオブジェクト131−1を生成し、初期化を開始させる。 unique ID of the physical device 151, the Unit ID is a value that indicates the printer, the logical device class object 131 generates a logical device object 131-1 corresponding to the physical device object 151 to start the initialization. このときも論理デバイスクラスオブジェクトと論理デバイスオブジェクトは相互に参照関係を持ち、論理デバイスオブジェクト131−1は論理デバイスクラスオブジェクト131の配下として登録される(ステップS23〜S24)。 Logical device class object and the logical device object also at this time has a reference relationship with each other, the logical device object 131-1 is registered as subordinate logical device class object 131 (step S23~S24).
【0254】 [0254]
この判定はuniqe ID、unit IDに限らず他の属性値の組合せによって行っても良い。 This determination may be performed by a combination of other attributes is not limited to the uniqe ID, unit ID. また、論理デバイスクラスオブジェクトがテーブルを持つことなくunique IDやunit IDをキーとしてPC81の外にある検索サーバに問い合わせても良い。 It is also possible to query the search server that is outside of the PC81 as a key unique ID and unit ID without logic device class object has a table.
【0255】 [0255]
以下、引き続いて論理デバイスクラスオブジェクト131は、1394管理オブジェクト121に物理デバイスへの参照を要求し、152,153,…について同様の作業を最後の物理デバイス156まで行う。 Hereinafter, the logical device class object 131 subsequently requests a reference to the physical device 1394 managed objects 121, 152, 153, ... is repeated until the end of the physical device 156 similar work on. FAX152のunit2はプリンタのcapabilityを持っているのでこれも論理デバイスオブジェクト131−2としてプリンタクラスオブジェクトに登録される(ステップS21〜S24)。 Since unit2 of FAX152 have capability of the printer which is also registered in the printer class object as a logical device object 131-2 (step S21 to S24).
【0256】 [0256]
全ての物理デバイスオブジェクトについて作業が終了すると、登録した論理デバイスオブジェクト131−1,132−2からの初期化完了通知を待つ(ステップS25)。 When work on all physical device object ends, wait for the initialization completion notification from the logical device object 131-1,132-2 registered (step S25). 論理デバイスオブジェクト131−1,132−2からの初期化完了通知を受けとると、プリンタクラスの論理デバイスクラスオブジェクト131は、論理デバイス管理オブジェクト122に初期化の完了を通知する(ステップS26)。 When receiving the initialization completion notification from the logical device object 131-1,132-2, logical device class object 131 of the printer class, informs the completion of the initialization logic device management object 122 (step S26).
【0257】 [0257]
次に、論理デバイスオブジェクトの初期化について論理デバイスオブジェクト131−1を例に取りつつ説明する。 It will be described below as an example of the logical device object 131-1 for initializing the logical device object. 図25に論理デバイスオブジェクト初期化手順の一例を示す。 Figure 25 shows an example of a logical device object initialization procedure.
【0258】 [0258]
論理デバイスオブジェクト131−1は、自身の属性値を初期化した後、物理デバイス151に初期化要求を発行して151からの完了通知を待つ(ステップS31,S32)。 Logical device object 131-1, after initializing its own attribute values, and waits for the completion report from the 151 by issuing an initialization request to the physical device 151 (step S31, S32). 完了通知を受信するとプリンタクラスの論理デバイスクラスオブジェクト131に完了通知を発行する(ステップS33)。 Upon receiving the completion notification issues a completion notification to the logical device class object 131 of the printer class (step S33). 初期化要求を受信した物理デバイスオブジェクト151は、物理装置90に対応するデバイス制御コードを決定し、それを読み込んでデバイス制御オブジェクト161を生成し、物理デバイスオブジェクトに登録する。 Physical device object 151 that receives the initialization request, determines the device control code corresponding to the physical device 90, reads it generates device control object 161, and registers the physical device object.
【0259】 [0259]
次に、物理デバイスオブジェクトの初期化について物理デバイスオブジェクト151を例に取りつつ説明する。 Next, the physical device object 151 for initialization of the physical device object will be described with as an example. 図26に物理デバイスオブジェクト初期化手順の一例を示す。 Figure 26 shows an example of physical device object initialization procedure.
【0260】 [0260]
なお、物理デバイスオブジェクトの生成は1394管理オブジェクト121によって論理デバイスオブジェクトの生成以前に行われており、ここでの初期化は生成とは異り、また1394管理オブジェクト121が物理デバイスオブジェクト151を生成した時点ではプリンタ制御固有のコードは読み込まれていない。 The generation of the physical device object is done previously generated logical device objects by 1394 managed objects 121, roasted and 1394 managed object 121 generates a physical device object 151 to herein as the initialization of the generation printer control-specific code is not loaded at the time.
【0261】 [0261]
ロードするデバイス制御コードは例えば次のようにして決定される。 Device control code that loads are determined as follows, for example. 1394管理オブジェクト121は属性値unique ID、unit ID、capabilityと論理デバイスクラスオブジェクトからデバイス制御コードのクラス名を求めるテーブルを持っており、物理デバイスオブジェクト151は1394管理オブジェクト121に自身の持つ属性値unique ID、unitID、capabilityを含む問い合わせ要求を発行し、その返り値としてクラス名を得る(ステップS41)。 1394 management object 121 attributes unique ID, Unit ID, has a table for determining the class name of the device control code from the capability and logical device class object, attribute value unique physical device object 151 is held by itself in 1394 managed objects 121 ID, UNITID, issues an inquiry request including the capability data, to obtain a class name as its return value (step S41). デバイス制御コードの識別子は前述のように当該PCのファイルを示すパス名でよい。 The identifier of the device control code may be a path name indicating the PC file as described above. もちろん、PC81の外部に属性値に基づく問い合わせを発行して取得しても構わない。 Of course, it may be acquired by issuing a query based on the attribute value to the outside of the PC81.
【0262】 [0262]
上記の方法で得たクラス名から動的オブジェクトローディング機能により、デバイス制御コードがロードされてデバイス制御オブジェクト161が生成され、物理デバイスオブジェクト151に登録される。 The dynamic object loading function from the resulting class name in the manner described above, the device control object 161 device control code is loaded is generated and registered in the physical device object 151. 物理デバイスオブジェクト151は、デバイス制御オブジェクト161の属性値の初期化を行った後、ハードウェアの初期化要求を発行する(ステップS42〜S44)。 Physical device object 151, after initializing the attribute value of the device control object 161, and issues an initialization request hardware (step S42 to S44).
【0263】 [0263]
クラス名に対応するコードがローカルに存在すればそれを読み込む。 Code corresponding to the class name is read if it exists in the local. クラス名がリモートのネットワーク上の資源を示していれば、ネットワーク上から取得する。 Class name if indicates the resources on the remote network, obtained from the network. クラス名が明示的にネットワーク上の資源を指していない場合でも、コードがローカルに存在しない場合はネットワーク上の検索サーバなどを利用してネットワーク上の位置を取得し、コードを読み込む。 Even if the class name is not pointing to resources on explicit network, if the code does not exist locally obtains the position on the network by using such search server on the network, reads the code.
【0264】 [0264]
次に、デバイス制御オブジェクト161はハードウェアの初期化のためのレジスタ書き込みを行うパケットを準備し、1394トランザクションのシステムコールを呼び、物理装置90を初期化する。 Next, the device control object 161 prepares a packet that has a register write for initializing the hardware, called the system calls the 1394 transaction, initializes the physical device 90. 初期化が完了すると物理デバイスオブジェクト151は論理デバイスオブジェクト131−1に完了通知を発行する(ステップS45)。 When initialization is complete physical device object 151 issues a completion notification to the logical device object 131-1 (step S45).
【0265】 [0265]
ところで、物理デバイスオブジェクトには物理デバイスオブジェクト152のように2つ以上の論理デバイスオブジェクト(131−1,133−1)に登録されているもの。 Incidentally, what is the physical device object registered in more than one logical device object as a physical device object 152 (131-1,133-1). このような物理デバイスオブジェクトは2回以上の初期化要求を受けることになる。 Such physical device object will be subjected to initialization request more than once. 2度目の初期化では、属性値から決定したデバイス制御オブジェクトが1度目に獲得したデバイス制御オブジェクトと同一であるかどうかを比較し(ステップS44)、同一であれば同一のものを使用し、違っていれば新たにデバイス制御オブジェクトを読み込み、生成する。 The second time initialization, the device control object determined from the attribute value is compared whether the same device control object acquired for the first time (step S44), use the same as long as it is the same, different newly reads the device control object if, to produce. 物理デバイスオブジェクト152ではプリンタクラス、FAXクラスに同一のデバイス制御オブジェクト162を使用するが、これはデバイス制御オブジェクトがプリンタとFAXの両方のJava SPIをサポートするものだからである。 Physical device in object 152 printer class, but use the same device control object 162 to the FAX class, this is because that the device control object supports Java SPI of both the printer and FAX. もし最初にロードしたデバイス制御オブジェクトがプリンタクラスのJava SPIのみをサポートしてFAXクラスをサポートしていなければ、新たに両方をサポートするデバイス制御オブジェクトを検索して入手するか、FAXクラスのサポートをやめる。 If not, if support the first device control object that was loaded into the supports only Java SPI of the printer class FAX class, or to obtain by searching the device control object to support both new, the support of FAX class quit. もし両立ができなければ最初にロードされたクラスが優先されることとする。 Originally loaded class and be preferentially unless if it is compatible.
【0266】 [0266]
さて、一般に論理デバイス種別が増えたときに、利用する可能性のある全ての論理デバイスクラスオブジェクトを予め用意しておくことはメモリなどの資源の利用の点で非効率的である。 Now, when the general logical device type is increased to, that to be prepared for all of the logical device class objects that can be utilized in advance is inefficient in terms of use of resources such as memory. また、一つの物理装置が多数の論理デバイスクラスオブジェクトから利用される可能性があり、かつ下位デバイス制御プログラム(本実施形態のデバイス制御オブジェクト)が上位論理デバイスクラスオブジェクトに依存して変更される場合には物理デバイスに合わせて上位論理デバイスを決定する手順は繁雑になる。 Also, if one physical device may be available from a number of logical devices class object, and the lower device control program (device control object of the present embodiment) is changed depending on the upper logical device class object procedure for determining the upper logical device becomes complicated in accordance with the physical device to. 特に、IEEE 1394バスのように家庭に導入され、家庭内のネットワークとしても利用されるバスでは接続される機器を予め限定することは難しい。 In particular, be introduced into the home as IEEE 1394 bus, it is difficult to the bus also is used as a home network in advance limit the equipment connected.
【0267】 [0267]
むしろ利用者の利用形態によって規定される上位論理デバイスを利用者が決定して、接続された装置をその方法によって利用することが上記ネットワークにおいては適切である。 Rather the upper logical device defined by usage of the authorized users is determined, it is appropriate in the network using the connected device by the method. このため本実施形態では、不明のデバイスクラスを設けることによって使用法が未知の装置をとりあえず認識し、詳しくは後述するように装置に合わせた上位論理デバイスを新たに付け加える方法を取っている。 Therefore, in this embodiment, taking a method of usage time being aware of the unknown device, details newly adds the upper logical device to match the device as will be described later by providing the missing device class.
【0268】 [0268]
1394管理オブジェクト121が複数の論理デバイスと属性値に対応するクラス名の表を持っており、物理デバイスオブジェクトが2度目の初期化を行う際には2つの論理デバイスクラスオブジェクトの名前と属性値を指定して1394管理オブジェクト121に問い合わせを行っても良い。 1394 managed object 121 has a table of a class name corresponding to a plurality of logical devices and attribute values, names and attribute values ​​of two logical device class objects in the physical device object performs second time initialization of specified in it may be carried out an inquiry to the 1394 management object 121.
【0269】 [0269]
次に、不明の論理デバイスクラスオブジェクト134の初期化について説明する。 Next, a description will initialize unknown logical device class object 134.
【0270】 [0270]
不明の論理デバイスクラスオブジェクト134は、131〜133までの論理デバイスクラスオブジェクト134と同様、生成時に1394管理オブジェクト121への参照を受け取る。 Unknown logical device class object 134, similar to the logical device class object 134 to 131 to 133 receives a reference to the 1394 management object 121 at the time of generation. そして、論理デバイスクラスオブジェクト131〜133の初期化と同様に151,…,156の各物理デバイスオブジェクトへの参照を得る。 Then, initialization as well as 151 of the logical device class objects 131-133, ..., to obtain a reference to each physical device object 156.
【0271】 [0271]
不明の論理デバイスクラスオブジェクト134は、最初に物理デバイスオブジェクト151への参照を得る。 Unknown logical device class object 134, obtaining a reference to the first physical device object 151. 不明の論理デバイスクラスオブジェクト134は物理デバイスオブジェクト151へ論理デバイスオブジェクトへの参照を持っているかどうかの問い合わせを行い、持っていれば物理デバイスオブジェクト151の認識を中止して、次の物理デバイスオブジェクト152への参照を入手する。 Unknown logical device class object 134 performs an inquiry as to whether or not the to the physical device object 151 has a reference to the logic device object, to stop the recognition of the physical device object 151 if you have, the next physical device object 152 to obtain a reference to. 物理デバイスオブジェクト151,152,153はいずれも他の論理デバイスオブジェクトに登録されているので不明のデバイスとしての登録は行わない。 Registration as an unknown device because any physical device object 151, 152 and 153 are registered in the other logical device object is not performed.
【0272】 [0272]
一方、物理デバイスオブジェクト154は、論理デバイスオブジェクトからの参照を持っていない。 On the other hand, the physical device object 154 does not have a reference from the logical device object. ここで不明の論理デバイスクラスオブジェクト134は、物理デバイスオブジェクト154に対応する論理デバイスオブジェクト134−1を生成して自身に登録する。 Here Unknown logical device class object 134 is registered in itself generates a logical device object 134-1 corresponding to the physical device object 154. 論理デバイスオブジェクト134−1は、物理デバイスオブジェクト154を自身に登録する。 Logical device object 134-1 registers the physical device object 154 to itself. 不明の論理デバイスオブジェクト134−1は、物理デバイスオブジェクト154へ初期化を要求しない。 Unknown logical device object 134-1 does not require initialization to the physical device object 154. したがって、この時点では物理デバイスオブジェクト154にはデバイス制御オブジェクトは登録されない。 Thus, the device control object to the physical device object 154 at this time is not registered.
【0273】 [0273]
以下、物理デバイスオブジェクト155,156についても同様の初期化を行い、不明の論理デバイスオブジェクト134−2,134−3が生成されて、完了の通知を発行し、不明のデバイスクラスの初期化が完了する。 Hereinafter, the same initialization or the physical device object 155, 156, is produced an unknown logic device object 134-2,134-3, issues a notice of completion, the initialization of the unknown device class to complete to.
【0274】 [0274]
論理デバイス管理オブジェクト122は、予め定められた論理デバイスクラスオブジェクトの生成初期化と、それに続く不明の論理デバイスクラスオブジェクトの生成初期化が完了すると終了する。 Logical device management object 122 finishes the generation initialization of the logical device class objects predetermined to subsequent generation initialization unknown logical device class object is complete. 初期化が終ると論理デバイス管理オブジェクト122はアプリケーションからのデバイスクラス一覧要求に答えることができる。 When initialization is complete logical device management object 122 can answer device class list request from the application. 初期化が完了する前はアプリケーションからの問い合わせに対して、利用不能の答を返す。 Prior to initialization is complete in response to an inquiry from the application, and returns the answer to the question of non-use.
【0275】 [0275]
次に、アプリケーションからのデバイスの利用について説明する。 Next, a description on the use of the device from the application. ここでは、アプリケーションからプリンタ90を利用する場合を例にとって説明する。 Here, a case to use the printer 90 from the application as an example.
【0276】 [0276]
なお、物理デバイスと論理デバイスとの間のインタフェースをJava SPI、論理デバイスとアプリケーションとの間をJava APIと呼ぶ。 Note that interface Java SPI between physical devices and logical devices, between the logical device and the application is called a Java API. これらはOSとJavaとの間のAPIとは異るものである。 These are are the API between the OS and Java.
【0277】 [0277]
アプリケーションプログラムは、OSへの問い合わせなどの所定の方法によりプリンタ90に対応する論理デバイスオブジェクト131−1への参照を知っているものとする。 Application program is assumed to know the reference of the logical device object 131-1 corresponding to the printer 90 by a predetermined method, such as query to OS.
【0278】 [0278]
例えば、アプリケーションは、論理デバイス管理オブジェクト122への参照を予め知っていて、論理デバイス管理オブジェクト122を通じてプリンタクラスへの参照を獲得し、プリンタクラスからプリンタ131−1への参照を入手する。 For example, the application may have previously know a reference to the logical device management object 122 acquires a reference to the printer class through the logical device management object 122, obtaining a reference from the printer class to the printer 131-1. または、装置構成に関するネーミングサービスが提供されていても良い。 Or, naming services for device configuration may be provided.
【0279】 [0279]
アプリケーションプログラムは、postscriptファイルへの参照を引数として、論理デバイスオブジェクト131−1に印刷要求を発行する。 Application program, a reference to a postscript file as an argument, and issues a print request to the logical device object 131-1.
【0280】 [0280]
論理デバイスオブジェクト131−1は、ファイルのヘッダ情報からそれがpostscriptファイルであることを知り、postscriptファイルをビットマップイメージに展開する。 Logical device object 131-1, it from the header information of the file to know that it is a postscript file, to expand the postscript file into a bitmap image. そして、論理デバイスオブジェクト131−1は、ビットマップイメージとビットマップ以外の紙サイズ指定などの情報を含むオブジェクトへの参照を引数として、物理デバイスオブジェクト151に印刷要求を発行する。 Then, the logical device object 131-1, a reference to the object that contains information such as paper size specification other than the bitmap image and the bitmap as arguments, and issues a print request to the physical device object 151. なお、論理デバイスオブジェクト131−1にて待ち行列処理を行うことが望ましい。 Incidentally, it is desirable to perform the queue processing in the logical device object 131-1.
【0281】 [0281]
物理デバイスオブジェクト151は、デバイス制御オブジェクト161を通じて印刷イメージに対応するビットマップ情報をプリンタ90に転送する。 Physical device object 151 transfers the bitmap information corresponding to the print image through the device control object 161 to the printer 90. すなわち、プリンタ90の予め定められたCSRレジスタAにlockトランザクションによってPC81が利用するフラグを書き込む。 That is, writes a flag PC81 is used for predetermined CSR registers A printer 90 by lock transaction. lockに成功してプリンタの使用権を獲得すると、次はデータを転送するためのIEEE1394バス上のIsochrounsチャネルの設定と、紙サイズ、トレイ情報などのプリンタの設定を行うトランザクションを発行する。 If successful the lock to acquire the right to use the printer, the next step is to issue a transaction to perform setting of Isochrouns channel on the IEEE1394 bus for transferring data, sheet size, printer settings, such as tray information. チャネルを獲得したらビットマップ情報を転送し、転送が完了すると転送完了のトランザクションを発行してプリンタへの印刷指示を完了する。 Transfer the bitmap information After acquiring channel, completing a print instruction to the printer by issuing a transaction completion transfer and the transfer is complete. プリンタでの印刷状況はあるCSRレジスタに表示されるので、物理デバイスオブジェクトがそれをポーリングすることによって印刷の完了を知る。 Since the print status of the printer is displayed in a certain CSR registers, knows the completion of the printing by the physical device object polls it.
【0282】 [0282]
次に、不明のタイプとして登録されている装置の利用についてマッサージ装置12を例にとって説明する。 Next, the massaging apparatus 12 as an example for the use of a device that is registered as an unknown type.
【0283】 [0283]
図27は論理デバイスクラスオブジェクトを追加したときのソフトウェア構造、図28はアプリケーションによる新規デバイスクラス追加要求手順の一例、図29は論理デバイス管理オブジェクト122による新規デバイスクラス追加手順の一例をそれぞれ示す。 Figure 27 illustrates the software structure when additional logical drives class object, an example of the new device class addition request procedure 28 by the application, 29 an example of a new device class additional steps by the logical device management object 122, respectively.
【0284】 [0284]
アプリケーションは、論理デバイス管理オブジェクト122に論理デバイスクラスの一覧取得要求を発行する(ステップS51)。 Application issues a list acquisition request of the logical device classes in the logical device management object 122 (step S51). 不明の論理デバイスクラスオブジェクト134への参照を取得すると、不明のデバイスクラス134に論理デバイスの一覧取得を要求する(ステップS52,S53)。 When you get a reference to an unknown logic device class object 134, requesting the list acquisition of the logical device to the missing device class 134 (step S52, S53).
【0285】 [0285]
アプリケーションは、一覧からマッサージ装置92に対応する論理デバイスオブジェクト134−1への参照を選択して利用可能な論理デバイス情報を要求する(ステップS54)。 Application requests a logical device information available to select a reference to the logical device object 134-1 corresponding to the massage device 92 from the list (step S54).
【0286】 [0286]
論理デバイスオブジェクト134−1は、物理デバイスオブジェクト154からその属性値を取得し、論理デバイス管理オブジェクト122に物理デバイスオブジェクト154が利用可能な論理デバイスクラスの検索要求を発行する。 Logical device object 134-1 acquires the attribute values ​​from the physical device object 154, the physical device object 154 in the logical device management object 122 issues a search request for the logical device classes available. 既述のように論理デバイス管理オブジェクト122は属性値から論理デバイスクラス名とを対応させるテーブルを持っている。 Logical device management object as described above 122 has a table which holds correspondence between logical device class name from the attribute value. このテーブルから論理デバイスクラス名またはそのリストが論理デバイス134−1に返却され、論理デバイス134−1は要求に対して論理デバイスクラス名を獲得し、論理デバイス情報としてアプリケーションに通知する。 Logical device class name or a list from the table is returned to the logical device 134-1, the logical device 134-1 acquires the logical device class name for the request, and notifies the application as a logical device information. もちろん、ここでもデバイスクラス名の検索をネットワーク上のサーバに問い合わせることによって行っても構わない。 Of course, it may be performed by querying the search of the device class name to a server on the network here. ドライバオブジェクトの格納場所には少なくともマッサージ装置のデフォルトのドライバのオブジェクトコードと利用法の自然言語による説明が格納されていることが望ましい。 It is desirable that described in natural language and object code for the default driver for at least massaging device usage is stored in the storage location of the driver object.
【0287】 [0287]
アプリケーションは、使用する論理デバイスクラス名「マッサージ装置」を選択して論理デバイスクラス登録要求を論理デバイス管理オブジェクト122に発行する(ステップS55,S56,S57)。 Application, select logic device class name to be used to "massaging device" issues a logical device class registration request to the logical device management object 122 (step S55, S56, S57).
【0288】 [0288]
論理デバイス管理オブジェクト122は,指定されたクラス名に対応する新しい論理デバイスクラスオブジェクト135を生成し(ステップS61)、不明の論理デバイスクラスオブジェクト134および不明のクラスとリンクされているFAXの論理デバイスクラスオブジェクト133との間に挿入する(ステップS62)。 Logical device management object 122 generates a new logical device class object 135 corresponding to the specified class name (step S61), the logical device class FAX linked unknown logic device class objects 134 and unknown classes inserted between the object 133 (step S62). そして、今まで不明のデバイスクラスに登録されていた論理デバイスオブジェクト134−1,134−2を削除して(ステップS63)、論理デバイスクラスオブジェクト135に初期化要求を発行する(ステップS64)。 Then, delete the logical device objects 134-1 and 134-2 which have been registered in the missing device class far (Step S63), and issues an initialization request to the logical device class object 135 (step S64). この状態を図27に示す。 This state is shown in FIG. 27. 以後のステップS65とステップS66の手順と新規論理デバイスクラスオブジェクト125の初期化手順は既に説明したものと同様である。 Initialization procedure steps and new logical device class object 125 in subsequent steps S65 and step S66 are already similar to those described. なお、図27中、135−1は新たに生成された論理デバイスオブジェクトである。 In FIG. 27, 135-1 is a logic device object newly generated.
【0289】 [0289]
ここでは,不明のデバイスに対応する論理デバイスを検索する例について説明したが、既存の物理デバイスの組合せから、対応する新しい論理デバイスを検索しても良い。 Here, an example has been described for searching for a logical device corresponding to the unknown device, from a combination of an existing physical device may retrieve the corresponding new logical device. 例えば、プリンタとスキャナとモデムの機能を持つ各物理デバイスの組合せによって利用可能な新しい論理デバイスFAXを検索するような場合である。 For example, when the combination of the physical devices with the printer and scanner and modem functions such as searching for new logical device FAX available.
【0290】 [0290]
上記の機能を備えることにより、普段使用しないデバイスを制御するための不要なプログラムはシステムの初期化時には読み込まず、必要になった時点で読み込むことにより、PCのメモリなどの資源を節約してコストを低下させることができる。 By providing the above functions, usually unwanted program for controlling a device not in use is not loaded during system initialization by reading when needed, to save resources such as memory of PC costs it is possible to reduce the.
【0291】 [0291]
次に、1394デバイスの構成変更イベントについて説明する。 Next, the configuration change event 1394 device.
【0292】 [0292]
PCが利用できる1394装置の接続状況は変化し得る。 PC connection status 1394 devices available can vary. しかも、IEEE1394バスでは動作中にコネクタの挿抜によって構成を変更することができる。 Moreover, it is possible to change the configuration by insertion of the connector during operation the IEEE1394 bus. この変更結果は、デバイスオブジェクトの追加や削除として論理デバイスに反映されなければならない。 This change results, must be reflected to the logical device as adding or removing device object. また、ある装置によるデバイスの占有が終了すれば、そのデバイスは他の装置で利用可能になる。 Also, if occupation of a device according to one device is finished, the device is made available in other devices. 以下では、このような構成の変化を認識する手順について説明する。 The following describes such a change in the configuration for recognizing step.
【0293】 [0293]
バスリセットが発生すると、OSの1394インタフェースから1394管理オブジェクト121にバスリセットが通知される。 When the bus reset occurs, the bus reset 1394 managed objects 121 from the 1394 interface OS is notified. 1394管理オブジェクト121は、再度、TOPOLOGY_MAPおよびSPEED_MAPから1394物理装置の一覧を取得し、それらのunique IDを取得して既知のデバイスとの対応をとる。 1394 management object 121, again, to get a list of 1394 physical unit from TOPOLOGY_MAP and SPEED_MAP, taking correspondence between known devices to obtain their unique ID.
【0294】 [0294]
まず、バスリセット後に、1394管理オブジェクト121は、全ての物理デバイスオブジェクトのexist属性値を「不明」とする。 First, after the bus reset, 1394 management object 121, a exist attribute values ​​of all of the physical device object to "unknown".
【0295】 [0295]
装置から取得したunique IDが既存の物理デバイスオブジェクトの保持するunique IDに一致する場合、その装置は既に登録済みでありexistを「存在」とする。 If unique ID obtained from the device matches the unique ID to retain the existing physical device object, the device is already registered exist and "present".
【0296】 [0296]
装置から取得したunique IDが既存の物理デバイスオブジェクトの保持するunique IDと一致しない場合、その装置は新しく追加された装置であり、物理デバイスオブジェクトを生成初期化し、existを「存在」とする。 If unique ID obtained from the device does not match the unique ID to hold the existing physical device object, the device is a newly added device to generate initialize a physical device object, and "present" a The exist.
【0297】 [0297]
この操作を全てのNODE IDについて行った後、existが不明になっている物理デバイスオブジェクトは対応する装置が取り去られたものとして、それを削除する。 After performed the operation to all the NODE ID, the physical device object exist is in unknown as the corresponding device has been removed, to remove it. 物理デバイスオブジェクトを削除すると、対応する論理デバイスオブジェクトにそれが通知され、論理デバイスオブジェクトは終了処理を行い、対応するデバイスクラスに通知した後、自身を消去する。 Removing the physical device object, it is notified to the corresponding logical device object, the logical device object performs a termination process, after notifying the corresponding device classes, it erases itself.
【0298】 [0298]
追加、削除による参照の修正作業が完了すると、1394管理オブジェクト121は、論理デバイス管理オブジェクト122に構成の変更を通知する。 Additional, when complete rework of reference by deleting, 1394 management object 121 notifies the change of configuration to the logical device management object 122. もし構成に全く変化がなければ、通知は行わない。 Without at all is a change in the configuration if, notification is not performed.
【0299】 [0299]
通知を受信した論理デバイス管理オブジェクト122は、各デバイスクラスに構成変更要求を発行する。 Logical device management object 122 that has received the notification issues a configuration change request to each device class.
【0300】 [0300]
構成変更要求を受信したプリンタクラス131は、初期化と同様に、論理デバイスオブジェクト122に物理デバイスの参照を要求する。 Printer class 131 which has received the configuration change request, like initialization, requests the reference to the physical device to a logical device object 122. 初期化と異るのは、初期化では全ての物理デバイスオブジェクトが対象だったのに対し、構成変更では新しく追加された物理デバイスオブジェクトだけが対象になることである。 The initialization and yl are the initialization whereas all of the physical device object was subject, it is that only the newly added physical device object in the configuration change becomes the target. 各論理デバイスクラスは、新しく追加された物理デバイスの属性を読み出し、自クラスに一致するかを判定して一致すれば、対応する論理デバイスオブジェクトを生成、登録する。 Each logical device class reads the attributes of the newly added physical devices, if they match by determining whether it matches to the own class, generates a corresponding logical device object, and registers.
【0301】 [0301]
全てのクラスの構成変更が完了すると、不明のクラスの初期化が行われ、追加されたデバイスでどの論理デバイスとして登録されなかった物理デバイスオブジェクトは不明のクラスに登録される。 When configuration changes all classes completed, initialization of unknown class is performed, the physical device object that has not been registered as any logical device added device is registered in the unknown class.
【0302】 [0302]
次に、占有状態の変更について説明する。 Next, a description will be given of change of occupancy.
【0303】 [0303]
初期化においてレジスタの読みとりによって他ノードによる占有状態にあると判断されて認識から除外された装置に対して、1394管理オブジェクト121は周期的なポーリングを行ってデバイス占有状態の変更を検出する。 The register read in the initialization respect to the apparatus excluded from the recognition is determined that the occupied state by the other nodes, 1394 management object 121 detects a change in the device occupied state by performing periodic polling. 非占有状態になったデバイスは、バスリセットで記述したデバイス構成の変化と同様の手順で登録する。 Devices that have been unoccupied registers the same procedure as a change in device configuration described in bus reset. もし当該PCが前記装置を排他的に占有するのであれば、それを装置の占有状態を示すレジスタにそれを示す値を書き込む。 If any such PC that exclusively occupy the device writes a value indicating it it in register indicating the occupied state of the device.
【0304】 [0304]
次に、ローカルの論理デバイスオブジェクトが古い場合について説明する。 Next, a description will be given if the local logic device object old.
【0305】 [0305]
このような場合、論理デバイスクラスオブジェクトはバージョン番号の属性を持っている。 In this case, the logical device class object has the attributes of version numbers. アプリケーションは、論理デバイス管理オブジェクト122に論理デバイスクラスオブジェクトの更新要求を発行することができる。 The application can issue an update request of the logical device class objects in the logical device management object 122. 論理デバイス管理オブジェクト122は、更新が要求された論理デバイスクラスオブジェクトのバージョン番号を取得する一方、予め指定された論理デバイスクラスオブジェクトのアーカイブサーバに最新のバージョン番号を要求する。 Logical device management object 122, whereas to obtain the version number of the logical device class object update is requested, to request the latest version number in the archive server previously designated logical device class object. もしローカルの論理デバイスクラスオブジェクトのバージョン番号が最新のものに一致すれば、もしローカルの論理デバイスクラスオブジェクトのバージョン番号が若ければ、アーカイブサーバから最新のデバイスクラスを読み込み、オブジェクトを生成する。 If they match those local logical device class object version number of the most recent, if younger version number of the local logical devices class object, reads the latest device class from the archive server, it generates the object. この時点ではこの論理デバイスクラスオブジェクトは動作しない。 The logical device class object does not operate at this time.
【0306】 [0306]
オブジェクトの生成に成功すると、既存の論理デバイスに終了通知を発行し、動作を終了させる。 Upon successful creation of an object, issue a termination notice to an existing logical device, to terminate the operation. プリンタならば、新たな印刷ジョブの受付を中止し、実行中の印刷ジョブの終了を待つ。 If a printer, to stop the acceptance of a new print job, wait for the end of the print job in execution. 実行中のジョブと終了処理が完了すると、論理デバイス管理オブジェクト122に完了を通知する。 When the job ends the current operation is completed, it notifies the completion of the logical device management object 122. 論理デバイス管理オブジェクト122は、古い論理デバイスの持つ参照関係を変更し、新しい論理デバイスオブジェクトが参照関係を引き継いだ後、論理デバイスの開始通知を論理デバイスクラスオブジェクトに送る。 Logical device management object 122, and change the reference relationship with the old logic device, after which took over the reference new logical device object relationship, send notification of the beginning of a logic device to the logic device class object. 通知を受信した論理デバイスクラスオブジェクトは動作を開始する。 Logical device class object that received the notification starts the operation.
【0307】 [0307]
(第3の実施形態) (Third Embodiment)
本実施形態では、ネットワークに接続されたPC(第2の実施形態の機能を持つもの)がIEEE1394以外のネットワークを経由して接続された遠隔のIEEE1394装置を制御する場合について説明する。 In the present embodiment, PC connected to the network (those with the function of the second embodiment) will be described of controlling the remote IEEE1394 device connected via a network other than IEEE1394.
【0308】 [0308]
図30に、本実施形態に係るシステムの構成例を示す。 Figure 30 shows a configuration example of a system according to this embodiment. 401、411、434はそれぞれ第1の家庭451内にあるPC、ネットワーク接続装置、トースタを表す。 401,411,434 a PC within the first home 451, respectively, the network connection device represents a toaster. 402、412、431、432、433はそれぞれ第2の家庭452内にあるPC、ネットワーク接続装置、プリンタ、FAX、マッサージ装置を表す。 402,412,431,432,433 a PC in each the second home 452, the network connection device represents a printer, FAX, a massage device. なお、図30中のネットワーク接続装置以外の各構成要素は図1中の対応するものと同様のものである。 Incidentally, each component other than the network connection device in FIG 30 is similar to the corresponding ones in FIG.
【0309】 [0309]
家庭451内のLANと家庭452内のLANとの間はISDN通信回線413で結ばれているものとする。 Between the LAN in LAN and home 452 in the home 451 is assumed to be connected by ISDN communication line 413. 通信回線413はネットワーク接続装置411,412で終端されている。 Communication line 413 is terminated with a network connection device 411, 412.
【0310】 [0310]
家庭451内のLANにおいて、接続装置411,PC401,トースタ434の間は1394バス421によって接続されている。 In a home LAN 451, connection unit 411, PC 401, between the toaster 434 are connected by the 1394 bus 421.
【0311】 [0311]
家庭452内のLANにおいて、接続装置412,PC402,プリンタ431、スキャナ432、マッサージ装置433の間は、1394バス422によって接続されている。 In a home LAN 452, connection unit 412, PC 402, while the printer 431, scanner 432, massage device 433 are connected by the 1394 bus 422.
【0312】 [0312]
ネットワークはインターネットプロトコルを使うインターネットであり、PC401,402と接続装置411,412のみが予めIPアドレスを持っているものとする。 Network is the Internet using the Internet Protocol, it is assumed that only the connecting device 411, 412 and PC401,402 have previously IP address. IPアドレスは固定的に割り当てられたものでも、DHCP,PPPなどのプロトコルによって割り当てられたもののどちらでも良い。 IP addresses are also those allocated fixedly, DHCP, may be either those assigned by the protocol such as PPP.
【0313】 [0313]
ここで、家庭451にあるPC401が家庭452の機器との接続を試みる。 Here, PC401 in the home 451 attempts to connect with the device of the home 452. PC401はインターネットプロトコルによってネットワーク接続装置411に家庭452を示す文字列、例えばその氏名である「高畠由彰」を含む接続要求を送る。 PC401 sends the network connection device 411 through the Internet Protocol string representing the home 452, for example, a connection request including the "Takahata YukariAkira" is its name. そして、ネットワーク接続装置411は例えば「高畠由彰」に対応する家庭452の電話番号を検索するデータベースを持っており、家庭452の接続装置412への接続を行う。 The network connection device 411 has a database to find the telephone number of the home 452 corresponds to, for example, "Takahata YukariAkira", make a connection to the connecting device 412 of the home 452.
【0314】 [0314]
接続装置412は、接続の前には接続元の認証を行う。 Connection device 412 authenticates the connection source before connecting. 認証ステップで許可されなければ接続は行わないものとする。 Connection to be allowed in the authentication step is not carried out. 認証は例えば発信電話番号表示を用い、予め第2の家庭452にて登録した電話番号以外の接続を認めないとすることができる。 Authentication may be, for example, using a calling telephone number, it does not allow the connection of other than pre telephone number registered in the second home 452. 接続が完了すれば、家庭451,452の間でインターネットプロトコルによる通信を行うことができる。 If the connection is completed, it can communicate via the Internet Protocol between the home 451 and 452.
【0315】 [0315]
ただし、セキュリティ保護の観点から接続が完了しても接続装置がその家庭の方針によってパケットの通過の可/不可を判断するいわゆるファイアウォールとして動作することが望ましい。 However, it is desirable to be completed the connection in terms of security to operate as a so-called firewall connection device determines enable / disable the passage of the packet by the home policy. ここでは家庭451と家庭452の間は予め全てのパケットが通過し、全ての操作が行えるよう、設定されているものとする。 Here between home 451 and home 452 may advance all packets passing them to enable all operations, it assumed to be set.
【0316】 [0316]
なお、この接続は電話による接続ではなくIP接続であっても構わない。 In addition, this connection may be an IP connection instead of a connection by telephone.
【0317】 [0317]
さて、家庭451にあるPC401はサービス管理サーバのアドレスを接続装置411のデータベースから取得する。 Now, PC 401 obtains the address of the service management server from the database of the connection device 411 in the home 451. アドレスは予め接続装置411に登録されているものとする。 Address is assumed to be registered in advance in connection device 411. 次に、PC401はサービス管理サーバに利用可能なサービスの問い合わせを行う。 Then, PC401 performs the available services of the inquiry to the service management server. ここではネットワーク接続装置412がサービス管理サーバを兼ねているものとする。 Here, it is assumed that the network connection device 412 also serves as a service management server.
【0318】 [0318]
サービス管理サーバは、問い合わせに応答して当該ネットワーク中のサービスおよびそのサーバの情報を返す。 Service management server returns a service and information of the servers in the network in response to a query. ここでは次のサービスが登録されている。 Here in the next service has been registered.
【0319】 [0319]
printer:pc2 printer: pc2
Java ORB:pc2 Java ORB: pc2
左の列はサービスの種別、ここではサービスに割り当てられた多重化識別子(例えばポート番号)を表し、右の列はサービスの所在、ここではPC402のIPアドレスを表す。 The left column type of service, wherein represents a multiplexing identifier assigned to the service (e.g., port number), and the right column of the service location, where represents the IP address of the PC 402. このようなサービス情報提供手段はインターネットにおいてはサービスロケーションプロトコルとして知られている(例えば文献「インターネットドラフトdraft−ietf−svrloc−protocol−16.txt」)。 Such service information providing unit is known as a Service Location Protocol in Internet (e.g. the document "Internet Draft draft-ietf-svrloc-protocol-16.txt").
【0320】 [0320]
これらはサービスを提供するホスト、ここではPC402が起動時に予め定められたネットワーク接続装置412に登録する。 These host providing service, wherein the PC402 is registered in the network connection apparatus 412 to a predetermined startup.
【0321】 [0321]
printerはインターネット標準で定められた印刷サービスを表し、515のUDP/TCP番号が割り当てられている。 printer represents a print service defined in Internet standards, 515 UDP / TCP number is assigned. ここで使用するプロトコルは予めインターネット標準によって規定されている。 Protocol used here is defined in advance by the Internet standard.
【0322】 [0322]
Java ORBは、Javaオブジェクトを外部から利用できるサービスを表している。 Java ORB represents a service that can use the Java objects from the outside. このようなサービスは現在まだ標準としては規定されていないが、ここではJava ORBを表すポート番号について予め合意があるものとする。 Such services are currently not been defined yet as a standard, it is assumed that there is previously agreed port number that represents the Java ORB.
【0323】 [0323]
次に、リモートの1394装置を利用する2種類の方法、 Next, two methods utilizing remote 1394 device,
方法1)インターネットで標準化されたネットワークサービスを介して利用する方法方法2)1394プロキシオブジェクトを通じて利用する方法について説明する。 Method 1) Method 2 utilizes via standardized network services on the Internet) how to use through 1394 proxy object will be described.
【0324】 [0324]
方法1では、PC402にIEEE1394インタフェースによって接続されたプリンタ431をインターネットプロトコルとして標準化されたprinterサービスによって利用する。 In Method 1, using the standardized printer service printer 431 connected to PC402 by IEEE1394 interface as an Internet Protocol. PC401は、printerプロトコルのクライアントを持ち、プリンタ431を表す論理名称を指定してインターネット形式で標準化された形式の印刷要求をPC402に送り、プリンタを利用する。 PC401 has a client printer protocol, specify the logical name representing the printer 431 sends a print request standardized format Internet format PC402 and utilize printer. この方法では、ネットワークを伝送するメッセージには装置依存の要素は含まれない。 In this way, the message that carries the network are not included elements of the device-dependent. PC401のアプリケーションは、プリンタサービスとプリンタ431に対応する装置の名前を指定して要求するだけで、装置の特性は意識しない。 PC401 application can simply request with the name of the corresponding device to the printer service and the printer 431, the characteristics of the device are not aware.
【0325】 [0325]
方法2は、概略的には、ネットワークを伝送するメッセージに、IEEE1394形式のパケットがIPパケットにカプセル化された形式を使うものである。 Method 2 is schematically a message that carries the network is to use a format that IEEE1394 format of the packet is encapsulated in IP packets. PC401はあたかもプリンタ431がローカルの1394バスに接続されているかのように利用することができる。 PC401 is as if the printer 431 can be utilized as if they are connected to the local 1394 bus.
【0326】 [0326]
以下、上記の方法2についてさらに詳しく説明する。 Hereinafter will be described in more detail above method 2.
【0327】 [0327]
図31にクライアント側の接続前におけるネットワーク経由サービスのソフトウェア構造を示し、図32にクライアント側の接続後におけるネットワーク経由サービスのソフトウェア構造を示し、図33にプロキシ側の接続前におけるネットワーク経由サービスのソフトウェア構造を示し、図34にプロキシ側の接続後におけるネットワーク経由サービスのソフトウェア構造を示す。 Figure 31 shows the software structure of the network through the service before the client side of the connection, describes the software structure of the network through the service after the client side of the connection in FIG. 32, the network through the service before the connection of the proxy-side in FIG. 33 Software It shows the structure, illustrating a software structure of the network through the service after the proxy-side connection Figure 34. なお、図31〜図34中のIP機能以外の各構成要素は、図2中の対応するものと同様の機能を有するものである。 Incidentally, the components other than the IP function in FIGS. 31 to 34 are those having the same functions as those corresponding in Fig. IP機能504は、TCP/UDP/IPなど、一連のインターネットプロトコル(TCP/IPプロトコルシート)の諸機能である。 IP function 504, such as TCP / UDP / IP, which is the functions of a set of Internet Protocol (TCP / IP protocol sheet).
【0328】 [0328]
図31は1394スタブオブジェクト生成前のクライアントPC401のソフトウェア構成であり、501は論理デバイス管理機能、502は2次記憶管理機能、511,512は502の配下にあるそれぞれのハードディスクの管理機能、503は1394インタフェース管理機能、513,514はそれぞれの1394インタフェース管理機能、504はIP機能、434はトースタ、509はトースタ機能を示すunit1,521は1394管理オブジェクト、522は論理デバイス管理オブジェクト、531,532,533,534はプリンタ、スキャナ、マッサージ装置、不明の各論理デバイスクラスオブジェクトに対応する。 Figure 31 is a software configuration of the 1394 stub object generation before the client PC 401, 501 is a logical device management function 502 is a secondary storage management, 511 and 512 respectively of the hard disk management functions in the 502 under the, 503 1394 interface management function, 513, 514 each of the 1394 interface management function, 504 IP function 434 toaster, Unit1,521 1394 managed object showing the toaster function 509, 522 is the logical device management objects, 531 and 532, 533 is a printer, a scanner, a massage device, corresponding to the unknown each logical device class object. 534−1は不明のクラスの論理デバイスオブジェクトである。 534-1 is a logical device object of unknown class. 551はトースタ434に対応する物理デバイスオブジェクトを表す。 551 represents a physical device object corresponding to the toaster 434. 561は物理デバイスオブジェクト551に対応するドライバオブジェクト(制御プログラム)を表す。 561 represents a driver object corresponding to a physical device object 551 (control program).
【0329】 [0329]
図32は1394スタブオブジェクト生成後のクライアントPC401のソフトウェア構成であり、図31の構成に1394スタブオブジェクト571、論理デバイスオブジェクト533−1,533−2、物理デバイスオブジェクト551、ドライバオブジェクト562,563が付加されている。 Figure 32 is a software configuration of the client PC401 after 1394 stub object generation, construction in 1394 stub object 571 in Figure 31, the logical device object 533-1,533-2, physical device object 551, the driver objects 562 and 563 added It is.
【0330】 [0330]
図33は1394プロキシオブジェクト生成前のプロキシ側PC402のソフトウェア構成であり、601は論理デバイス管理機能、602は2次記憶管理機能、611,612は602の配下にあるそれぞれのハードディスクの管理機能、603は1394インタフェース管理機能、613,614はそれぞれの1394インタフェース管理機能、431はプリンタ、432はFAX、433はマッサージ装置をそれぞれ表す。 Figure 33 is a software configuration of the 1394 proxy objects generated before the proxy side PC 402, 601 is the logical device management function 602 secondary storage management, 611 and 612 management function of each of the hard disk in under the 602, 603 the 1394 interface management function, 613 and 614 respectively of 1394 interface management function, 431 printer, 432 FAX, 433 represent respectively the massaging device. 621は1394管理オブジェクト、622は論理デバイス管理オブジェクト、631,632,633,634はプリンタ、スキャナ、FAX、不明の各デバイスクラスに対応する論理デバイスクラスオブジェクト、651,652,653,654,655はそれぞれプリンタのunit1(図中604)、FAXのunit1(図中605),unit2(図中606)、マッサージ装置のunit1(図中607),unit2(図中608)に対応する物理デバイスオブジェクト、631−1,631−2,632−1,633−1,634−1,634−2はそれぞれ論理デバイスクラスの配下にある論理デバイスである。 621 1394 managed object 622 logical device management objects, 631,632,633,634 printer, a scanner, FAX, logical device class object for each device class unknown, is 651,652,653,654,655 printer respectively unit1 (figure 604), the FAX unit1 (figure 605), unit2 (figure 606), unit1 massage device (figure 607), unit2 corresponding physical device object (during drawing 608), 631 -1,631-2,632-1,633-1,634-1,634-2 is a logic device that is subordinate to the logical device class, respectively. 661,662,663はそれぞれ物理デバイスオブジェクト651,652,653に対応するドライバオブジェクトを表す。 661,662,663 represents a driver object corresponding to the respective physical device object 651.
【0331】 [0331]
図34は1394プロキシオブジェクト生成後のプロキシ側PC402のソフトウェア構成であり、図33の構成に1394プロキシオブジェクト681、論理デバイスクラスオブジェクト635、論理デバイスオブジェクト635−1,635−2が付加され、論理デバイスオブジェクト634−1,634−2が削除されている。 Figure 34 is a software configuration of the proxy side PC402 after 1394 proxy object generation, construction in 1394 proxy object 681 in Figure 33, the logical device class object 635, is added logical device object 635-1,635-2, logical device object 634-1,634-2 has been deleted.
【0332】 [0332]
PC401は、サービス情報に基づいてリモートのPC402のIPアドレスを指定して1394スタブオブジェクト571を生成する。 PC401 specifies the IP address of the remote PC402 generates a 1394 stub object 571 based on the service information. 1394スタブオブジェクトは、リモートのPC402のJava ORBポートに1394プロキシオブジェクトに割り当てられたクラス名を指定して、その生成を要求する。 1394 stub object is to specify the class name assigned to 1394 proxy object Java ORB port remote PC 402, and requests the product.
【0333】 [0333]
あるホストから別のホストのJava ORBを利用するときには、受信側のセキュリティマネージャがその接続を許すか否かを判断する。 When utilizing Java ORB another host from a host, the security manager of the receiving side determines whether permitting the connection. これは送信側のオブジェクトによるORBの利用要求によって自動的に行われるものとする。 This shall be done automatically by the ORB usage request by objects of the sender.
【0334】 [0334]
ここでは、PC401からのORB利用要求がPC402によって受け付けられたものとし、PC402では要求通り1394プロキシオブジェクト681が生成され、その参照がPC402の1394スタブオブジェクトに返却される。 Here, it is assumed that ORB use request from the PC401 has been received by the PC 402, as requested 1394 proxy object 681 in PC 402 is generated, the reference is returned to the 1394 stub object of PC 402. 1394スタブオブジェクト571は、以後の要求を1394プロキシオブジェクト681を通じて行う。 1394 stub object 571 makes a subsequent request through 1394 proxy object 681. なお、PC402が要求前に予め1394プロキシオブジェクト571を生成しておき、当該オブジェクトから起動できるメソッドのみが利用できるORBを1394サービスとしてあるポートに割り当てても構わない。 Incidentally, in advance to generate a pre-1394 proxy object 571 before PC402 request, it may be assigned the ORB that only methods that can be launched from the object is available to ports in the 1394 service. これは、1394に限定したサービスを提供したい場合に有効である。 This is useful when you want to provide a service that is limited to 1394.
【0335】 [0335]
1394プロキシオブジェクト681は、参照を受けとると、不明クラスの論理デバイスに対応する物理デバイスへの参照を獲得し、1394スタブオブジェクト571に通知する。 1394 proxy object 681 has received a reference, won a reference to a physical device corresponding to the logical device of unknown class, and notifies the 1394 stub object 571.
【0336】 [0336]
1394スタブオブジェクト571は、上記参照を獲得すると、1394管理オブジェクト522に1394管理オブジェクト自身を登録し、1394デバイスを再構成する要求を発行する。 1394 stub object 571 and get the references, register 1394 managed object itself 1394 managed object 522, it issues a request to reconfigure the 1394 device.
【0337】 [0337]
1394管理オブジェクト522は、この要求によって1394プロキシオブジェクト681によって再構成を開始し、物理デバイスオブジェクトへの参照を要求する。 1394 managed object 522, this request to start the reconstruction by 1394 proxy object 681, to request a reference to a physical device object. 1394スタブオブジェクトは571、1394プロキシオブジェクト681から獲得した物理オブジェクトへの参照654,655を順番に1394管理オブジェクト521に渡す。 1394 stub object passes in turn a reference to 654 and 655 to the physical object acquired from 571,1394 proxy object 681 to the 1394 management object 521. ここから属性値を取りだし、1394管理オブジェクト521は第2の実施形態で説明した初期化の場合と同様の手順で物理デバイスオブジェクト552,553を作成する。 Remove the attribute values ​​from which the 1394 managed object 521 creates a physical device object 552 and 553 in the same procedure as the case of the initialization described in the second embodiment. ただし、ここで作成した物理デバイスオブジェクト(以下、スタブデバイスオブジェクトとよぶ)は、リモートにある物理デバイスオブジェクトへの参照を保持しており、ローカルの物理デバイスオブジェクトでは1394インタフェースへのトランザクション要求として処理される入出力が、スタブデバイスオブジェクトでは1394スタブオブジェクト571との間の入出力として処理される点が異る(なお、その詳細は後述する)。 However, where the physical device object created in step (hereinafter, referred to as a stub device object) holds a reference to the physical device object in a remote, is treated as a transaction request to the 1394 interface in local physical device object that input and output, a point to be processed is present as input and output between 1394 stub object 571 in the stub device object (Note that the details thereof will be described later).
【0338】 [0338]
次に、論理デバイス管理オブジェクト522による論理デバイスクラスオブジェクト533の初期化、それに続く論理デバイスオブジェクトの初期化が行われる。 Next, the initialization of the logical device class object 533 by the logical device management object 522, the initialization of the logical device object subsequent is executed. スタブオブジェクト552,553は物理デバイスオブジェクト654,655に対応しマッサージ装置クラスに合致する。 Stub object 552 and 553 correspond to the physical device object 654 and 655 matches the massaging device class. リモートのPC402ではマッサージ装置クラスは利用されていないため、これらの装置は不明の装置として認識されているが、ローカルのPC401ではマッサージ装置クラスが登録されているので、論理デバイスオブジェクト533−1,533−2として登録される。 Since the massage device class in PC402 remote is not used, but these devices are recognized as an unknown device, the massaging device class in the local PC401 is registered, the logical device object 533-1,533 It is registered as -2.
【0339】 [0339]
論理デバイスオブジェクト533−1からスタブオブジェクト552に初期化要求が行われると、リモートの1394プロキシオブジェクト681に対応する物理デバイスオブジェクト654の使用要求を発行する。 When the initialization request is made from the logical device object 533-1 to stub object 552 issues a use request for the physical device object 654 that corresponds to the remote 1394 proxy object 681.
【0340】 [0340]
リモートの1394プロキシオブジェクト681は、プロキシクラスの論理デバイスクラスオブジェクト635を生成し、登録する。 1394 proxy object 681 of the remote generates a logical device class object 635 of a proxy class is registered. 物理デバイスオブジェクト654に対応する論理デバイスオブジェクト634−1を消去し、プロキシクラスのデバイスをつくってプロキシ論理デバイスオブジェクト635−1として登録する。 Clear the logical device object 634-1 corresponding to the physical device object 654 is registered as a proxy logic device object 635-1 created a device proxy class.
【0341】 [0341]
プロキシ論理デバイスオブジェクト635−1が生成されると、スタブオブジェクト533−1との間とにポート番号を割り当てて論理コネクションを生成する。 If the proxy logic device object 635-1 is generated, for generating a logical connection by assigning a port number and between the stub object 533-1. ここで使うポートはJava ORBとは別のポートを用いて1394パケットの伝送を行うためのものである。 Port used here is intended for transporting the 1394 packet using a different port than the Java ORB.
【0342】 [0342]
制御プログラムが読み込まれて動作するのはローカルのPC401のスタブオブジェクト552の側であり、リモートのPC401の物理デバイスオブジェクトはポートから入力したパケットを1394インタフェースに出力し、1394インタフェースから入力したパケットをポートに転送するだけであり、装置の状態制御はスタブオブジェクト552の制御プログラム562が行う。 Control program to operate read is the side of the stub object 552 in the local PC 401, PC 401 of the physical device object of remote outputs a packet input from the port to the 1394 interface, port packet input from the 1394 interface It is only transferred to control the status of the device is performed by the control program 562 of the stub object 552. ただし、バスリセットなどのイベントは伝達する。 However, events such as a bus reset to transmit.
【0343】 [0343]
論理デバイスオブジェクト533−2からスタブオブジェクト553に初期化要求が行われた場合についても同様である。 The same applies if the initialization request is made from the logical device object 533-2 to stub object 553.
【0344】 [0344]
以上の手順により、リモートの物理デバイスをローカルの論理デバイスから利用できるできる環境が整う。 By the above procedure, the environment that can be utilized remote physical devices from the local logical devices are complete.
【0345】 [0345]
次に、動作について説明する。 Next, a description will be given of the operation. ここでは、スタブの物理デバイスオブジェクト552を例に取って説明する。 Here, a description will be taking the physical device object 552 of the stub example.
【0346】 [0346]
物理デバイスオブジェクト552が論理デバイスドライバ531−1から処理要求を受けとり、それに対応する1394形式のパケットを生成する。 Physical device object 552 receives a processing request from the logic device driver 531-1 generates a 1394 packet format corresponding thereto. 1394形式のパケットはIPパケットにカプセル化されて前記確保した論理コネクションに出力される。 1394 packet format is output to a logical connection described above reserved encapsulated in IP packets.
【0347】 [0347]
ここで、物理デバイスオブジェクト552からの出力は、IEEE1394インタフェース503に直接出力されるのではなく、論理コネクションからIP機能504を通して処理される。 Here, the output from the physical device object 552, rather than being directly output to the IEEE1394 interface 503, processed through IP function 504 from the logical connection.
【0348】 [0348]
ここでは、IP機能504の先はIEEE1394インタフェースによって処理されているが、これはイーサネットやATMであっても構わない。 Although previous IP function 504 are processed by the IEEE1394 interface, this may be Ethernet or ATM. つまり、IEEE1394インタフェースを持っていないPCでもIEEE1394装置があたかもローカルに接続されているかのように制御を行うことができる。 That is, it is possible to perform control as if IEEE1394 even PC that does not have the IEEE1394 interface apparatus is as if connected locally.
【0349】 [0349]
さて、IPパケットにカプセル化されたパケットはプロキシ論理デバイスオブジェク635−1に届き、1394形式のパケットが取り出され、物理デバイスオブジェクト654に渡される。 Now, encapsulated packet to the IP packet arrives at the proxy logic device object 635-1, 1394 packet format is extracted, passed to the physical device object 654. 物理デバイスオブジェク654はこれをそのまま1394インタフェースに出力し、装置433のレジスタに作用する。 Physical device object 654 outputs it as it is to the 1394 interface, acting on the register of the device 433.
【0350】 [0350]
IEEE1394のアイソクロナスチャネルの入出力は前述の方法では中継できない。 Input and output of IEEE1394 isochronous channel can not relay in the manner described above. IEEE1394においてはIEC 1883で定められた方式でレジスタを操作することによってアイソクロナスチャネルが設定される。 Isochronous channel is set by operating the registers in the manner defined in IEC 1883 in IEEE1394.
【0351】 [0351]
スタブオブジェクト552から自装置宛に発行されたIEC1883の設定要求は、1394スタブオブジェクト571転送され、1394スタブオブジェクト571はアイソクロナスチャネルに対応するインターネット上のコネクションを設定する。 Setting request IEC1883 from stub object 552 is issued to the device itself, it is transferred 1394 stub object 571, 1394 stub object 571 sets a connection on the Internet corresponding to the isochronous channel.
【0352】 [0352]
IEEE1394のアイソクロナスチャネルでは確保する帯域を指定することができる。 It is possible to specify the band to secure the IEEE1394 isochronous channel. 上記設定要求にはその情報が含まれているので、インターネット上で帯域を確保する手段例えばRSVPなどの手段によってコネクションの帯域を指定することが望ましい。 Since the above-mentioned setting request contains the information, it is desirable to specify the bandwidth of the connection by means such as means for example RSVP for keeping bandwidth on the Internet.
【0353】 [0353]
なお、本実施形態では、家庭451内のLANと家庭452内のLANとの間はISDN通信回線413で結ばれているものとしたが、第1の実施形態と同様に、家庭451内のLANと家庭452内のLANとの間の接続をインターネットとし、この場合に端末のIPアドレスにはグローバルIPアドレスを用いるようにしてもよいし、例えばNAT(Network Address Translation)等のアドレス変換を用いて、公衆網2がインターネットである場合に少なくともネットワークの相互接続を行うノード(図1ではAV接続装置端末)にグローバルIPアドレスを用い、その他のノードにはプライベートIPアドレスを用いることができるようにしてもよい。 In the present embodiment, although between the LAN in LAN and home 452 in the home 451 was assumed to be connected by ISDN communication line 413, as in the first embodiment, LAN within a home 451 and the connection between the LAN in the home 452 and Internet, may be used a global IP address to the IP address of the terminal in this case, for example, using the address translation, such as NAT (Network address Translation) , using a global IP address at least the node that performs interconnection network (AV connection device terminals in FIG. 1) when the public network 2 is the Internet, the other nodes as may be used a private IP address it may be.
【0354】 [0354]
なお、以上の各機能は、ソフトウェアとしても実現可能である。 Incidentally, each of the above functions can be implemented as software. また、上記した各手順あるいは手段をコンピュータに実行させるためのプログラムを記録した機械読取り可能な媒体として実施することもできる。 It can also be implemented as recorded machine-readable medium storing a program for executing each step or means described above to the computer.
【0355】 [0355]
本発明は、上述した実施の形態に限定されるものではなく、その技術的範囲において種々変形して実施することができる。 The present invention is not intended to be limited to the embodiments described above, it can be modified variously in the scope thereof.
【0356】 [0356]
(第4の実施形態) (Fourth Embodiment)
第1の実施形態では、図12に示したように、第1のAV接続装置4に対して第2の家庭ネットワーク内の収容されたサービス提供装置(例えば、DVDプレーヤ8、デジタルVTR9、PC10に具備されたWWWサーバやデジタルアルバムサーバ機能等、プリンタ11)の提供するサービスに関する情報(以下、簡単にサービス情報と呼ぶ)を通知するのに、サービスロケーションプロトコルを用いる場合を示した。 In the first embodiment, as shown in FIG. 12, the first AV connection device 4 service providing apparatus stowed in the second home network (e.g., DVD player 8, the digital VTR 9, PC 10 WWW server and digital album server functions are provided such as information about the services provided by the printer 11) (hereinafter, to easily notify the service information referred to as a), it shows a case of using the service Location protocol.
【0357】 [0357]
第4の実施形態では、WWW(World Wide Web)サーバと、ホームページを用いて、これを行う場合について説明する。 In the fourth embodiment, by using the WWW (World Wide Web) server, a homepage, a case of performing this.
【0358】 [0358]
第4の実施形態におけるシステム構成例は図1と同様である。 System configuration example of the fourth embodiment is the same as that of FIG. ここでも、第1の実施形態と同様に、第1の家庭内ネットワークの第1のAV接続装置4から、第2の家庭内ネットワーク内の各種サービス提供装置(DVDプレーヤ8、デジタルVTR9、PC10に具備されたWWWサーバ、デジタルアルバムサーバ機能等、プリンタ11)の遠隔制御を行うことを考える。 Again, as in the first embodiment, the first AV connection device 4 of the first home network, the second services providing devices in the home network (DVD player 8, the digital VTR 9, PC 10 comprising been WWW server, digital album server function or the like is considered to carry out remote control of the printer 11).
【0359】 [0359]
図35は、第4の実施形態における、第2のAV接続装置5の内部構成例を示したもので、1394I/F1401、データリンクスイッチ1402、公衆網I/F1403、IP処理機能1404、FANP処理機能1405、1394AVコマンド処理機能1408の各部の動作は、図2の同一機能部と同様で、異なる点について説明する。 Figure 35 in the fourth embodiment, shows the internal configuration of the second AV connection device 5, 1394I / F1401, datalink switch 1402, a public network I / F1403, IP processing function 1404, FANP processing each part of the operation of the function 1405,1394AV command processing function 1408, similar to the same functional unit of FIG. 2, a different point will be described. すなわち、図2のサービスロケーション処理機能27、1394/IPコマンド変換機能29が、図35では、それぞれホームページ処理機能1407、HTTP/RTSP処理機能1409に置き換えられている。 That is, the service location processing functions 27,1394 / IP command conversion function 29 of Figure 2 is replaced by In Figure 35, each home processing function 1407, HTTP / RTSP processing function 1409.
【0360】 [0360]
1394/IPサービスロケーション処理機能1406は、第1の実施形態と同様に、IEEE1394バスに接続されているサービス提供装置の提供するサービスを検索し、あるいはその登録を受け、1394バス上にどのようなサービス提供装置が存在し、どのようなサービスを提供するのかを認識し、要求された場合など必要に応じて、サービス情報を外部に通知する機能を持つ。 1394 / IP service location processing function 1406, like the first embodiment, searches the service provided by the service providing apparatus connected to the IEEE1394 bus, or receives the registration, such as how on the 1394 bus service providing device is present, recognize or to provide what services, if needed, such as when requested, with the function of notifying the service information to the outside. また、このようにして得られた各サービス提供装置毎のサービス情報を後述するホームページ処理機能1407に通知し、第2の家庭内ネットワークの状況を表示するホームページの作成を促す。 Also, it notifies the home page processing function 1407 to be described later service information of each service providing apparatus each time thus obtained, encourage the creation of homepage to view the status of the second home network.
【0361】 [0361]
ホームページ処理機能1407は、WWWサーバ機能を持つ。 Homepage processing function 1407, with the WWW server function. 1394/IPサービスロケーション処理機能1406から、第2の家庭内ネットワークのサービス情報を受け取り、それをホームページとしてまとめる。 From 1394 / IP service location processing function 1406, receives the service information of the second home network, summarized it as the home page. 例えば、各サービス提供装置を表すアイコン、文字列をホームページ上に配置する。 For example, an icon representing each service providing device, to place a character string on the home page. そして、各サービス提供装置を遠隔制御するためのコマンドを、それぞれに対応するホームページ上の各々のサービス提供装置を表すアイコン、文字列にリンクさせる。 Then, a command for remote control of each service providing device, an icon representing each of the service providing device on the home page corresponding to each, is linked to the character string. このようにして作成されたホームページに例えば公衆網2を介してアクセスがあった場合には、必要に応じて要求されたホームページを送信したり、公衆網2を介して受信した遠隔制御のためのコマンドをHTTP/RTSP処理機能1409に転送するようになっている。 In the case where there is thus accessed through the website created a public network 2 for example, and transmits the home page requested if necessary, for the remote control which is received via the public network 2 the command is adapted to transfer to HTTP / RTSP processing function 1409. 詳細は後述する。 Details of which will be described later.
【0362】 [0362]
ここで、サービス提供装置を遠隔制御するためのコマンドとは、HTTPあるいはRTSP(WWWサーバ中のリアルタイムメディアを遠隔操作するためのプロトコル)等に適したものである。 Here, the command for remotely controlling a service providing apparatus, which is suitable for such HTTP or RTSP (a protocol for real-time media in the WWW server to remotely control). HTTPに適した遠隔制御のためのコマンドをHTTPコマンド、RTSPに適した遠隔制御のためのコマンドをRTSPコマンドと呼ぶ。 HTTP command commands for remote control which is suitable for HTTP, and commands for remote control suitable for the RTSP called an RTSP command.
【0363】 [0363]
HTTP/RTSP処理機能1409は、内部にHTTPデーモンあるいはRTSPデーモンを有しており、ホームページ処理機能1407から転送されてきたHTTPコマンドあるいはRTSPコマンドに対する処理を行う機能と共に、そのコマンドの宛先が、第2のAV接続装置5が代理となって公開しているサービスに割当てられているものである場合には、それを必要に応じてIEEE1394コマンドに変換し、1394AVコマンド処理機能1408を介して、1394バス3上の機器の制御を行う機能(代理処理)も有する。 HTTP / RTSP processing function 1409 has an internal HTTP Daemon or RTSP daemon, with function of performing processing for HTTP command or RTSP command transferred from the home page processing function 1407, the destination of the command, the second If AV connection device 5 of those assigned to the service that publishes become proxy converts the IEEE1394 commands needed it, via the 1394AV command processing function 1408, 1394 bus function for controlling the device on the 3 (proxy process) also has.
【0364】 [0364]
次に、第2の家庭内ネットワークにおいて、第2のAV接続装置5が第2の家庭内ネットワークに接続された各サービス提供装置のサービス情報を取得する手順について説明する。 Then, in the second home network, the second AV connection device 5 will be described how to obtain the service information of each service providing device connected to the second home network. これは、第1の実施形態と同様である。 This is similar to the first embodiment. 即ち、図3に示したように、第2のAV接続装置5は、接続された機器(DVDプレーヤ8、デジタルVTR9、PC10、プリンタ11)のコンフィグレーションメモリを読み取ることと、図9に示したように、サービスロケーションプロトコルを用いることとで、第2の家庭内ネットワークに接続されたサービス提供装置のサービス情報を取得する。 That is, as shown in FIG. 3, the second AV connection device 5 includes reading the configuration memory of the connected device (DVD player 8, the digital VTR 9, PC 10, the printer 11), shown in FIG. 9 as described above, in the using the service Location protocol, acquires service information of the connected service providing device to the second home network.
【0365】 [0365]
なお、コンフィグレーションメモリに含まれる情報は、図4、図5、図6の様なものがあってもよい。 The information contained in the configuration memory, 4, 5, there may be something like Fig. また、図10に示した形式でサービス情報が登録されていてもよい。 The service information in the form shown in FIG. 10 may be registered.
【0366】 [0366]
さて、この時点で、第2のAV接続装置5は、コンフィグレーションメモリの読み込みを通じて、1394ノードとしてDVDプレーヤ8、デジタルVTR9、PC10、プリンタ11を認識する。 Now, at this point, the second AV connection device 5, through reading the configuration memory, DVD player 8 as the 1394 node, the digital VTR 9, PC 10, recognizes the printer 11. また、サービスロケーションプロトコルを通じて、さらに、WWWサービス、デジタルアルバムサービス、エアコンサービス、電子レンジサービスのそれぞれを認識する。 Further, through the service location protocol further recognizes WWW services, digital album service, air conditioning service, each microwave service. ここで、第2のAV接続装置5は、エアコンサービスと電子レンジサービスはPC10にて提供されるサービスであると認識する。 Here, the second AV connection device 5 recognizes that the air service and microwaves service is a service provided by PC 10.
【0367】 [0367]
さて、第2のAV接続装置5は、この収集したサービス情報に基づき、「その家には何があるか(どんなサービス提供装置、どんなサービスが存在するか)」を紹介するホームページを作成する。 Now, the second AV connection device 5, on the basis of the collected service information, "the one in the house there is anything (any service providing device, what service is present)" to create a website to introduce.
【0368】 [0368]
作成されるホームページは、例えば、図36に示すように、ユーザに認識させたいサービス提供装置毎に、それらを表すアイコンや文字列などを列挙するものである。 Home page that is created, for example, as shown in FIG. 36, for each service providing apparatus desired to be recognized by the user, is to enumerate such as icons or character strings to represent them. このホームページは、例えばその家のWWWサーバがデフォルトで紹介する最初のホームページの中の、例えば「わが家の電気機器」といった文字列なり、アイコンなりからのハイパーリンクで到達できるように、これを構築してもよい。 This home page, for example, in the first of the home page WWW server of the house is presented in default, for example, a character string such as "electrical equipment of our house", so that it can be reached by hyperlinks from now icon, to build it it may be. ちなみに、この「わが家の電気機器」のホームページに移る際は、許可を得ていない他人に侵入されないように、何らかの認証手続きを経るのが望ましい。 By the way, when moving to the home page of this "home of the electrical equipment", so that it is not invaded by others you do not have permission, it is to go through some kind of authentication procedure desirable.
【0369】 [0369]
図36に示したようなホームページ中のアイコン、文字列をクリックすると、それに対応するサービス提供装置あるいはサービス毎のホームページが現れるようにする。 Icons in homepage as shown in FIG. 36, clicking on the string, so as to service providing apparatus or for each service website appears correspondingly. 例えば、図36のDVDプレーヤのアイコンをクリックすると、それにリンクされた図39に示すような「DVDプレーヤのホームページ」が表示されるようにしてもよい。 For example, clicking on the DVD player icon of FIG. 36, may be the as shown in Figure 39, which is linked to it "home DVD player" are displayed.
【0370】 [0370]
このような構成の例えば図36に示すようなホームページを作成するために、ホームページ処理機能1407は、例えば図37のフローチャートに示すような手順を踏む。 To create a home page, as shown in FIG. 36 for example having such a configuration, the home page processing function 1407, go through the procedure shown in the flowchart of FIG. 37, for example.
【0371】 [0371]
まず、1394/IPサービスロケーション処理機能1406に登録されているサービス情報を、例えばサービス提供装置毎に1つずつ読み出し、各サービス提供装置毎のホームページ(例えば、図39に示すような「DVDプレーヤのホームページ」)を作成する(ステップS101〜ステップS102)。 First, the service information registered in 1394 / IP service location processing function 1406, for example read, one for each service providing device, each service providing device for each website (e.g., as shown in Figure 39 "of the DVD player Home Page ") to create a (step S101~ step S102).
【0372】 [0372]
図38に示すフローチャートは、ステップS102のサービス提供装置毎のホームページ作成処理手順を示したものである。 Flowchart shown in FIG. 38 shows the homepage creation processing procedure for each service providing apparatus at step S102.
【0373】 [0373]
1394/IPサービスロケーション処理機能1406に具備されている各サービス提供装置毎のRTSPコマンド対応テーブル1410(図50参照)を参照して各サービス提供装置の予め定められたコマンド群(ホームページを通して、ユーザに公開するサービス提供装置の制御のためのコマンド群)を取得し(ステップS111)、各コマンド毎にそれに対応するアイコンあるいは文字列を作成する(ステップS112)。 1394 / IP service location processing functions of each service providing apparatus each being provided in 1406 RTSP command correspondence table 1410 with reference to (see FIG. 50) a predetermined command group for each service providing apparatus (at the web site, the user It acquires commands) for the control of the service providing apparatus that exposes (step S111), and create an icon or character string corresponding to each command (step S112). 例えば、サービス提供装置がDVDプレーヤの場合、図50のRTSPコマンド対応テーブルから「再生」を指示するための「PLAY」というRTSPコマンドを取得し、そのコマンドに対応するアイコン(図39のアイコンi206)を作成する。 For example, if the service providing device is a DVD player, acquires the RTSP command "PLAY" for instructing "play" from the RTSP command correspondence table of FIG. 50, corresponding to the command icon (i206 in Fig. 39) to create a.
【0374】 [0374]
RTSPコマンド対応テーブル1410は、各サービス提供装置毎にRTSPコマンドが記述してある。 RTSP command correspondence table 1410 are written is RTSP commands for each service providing apparatus. 例えば、DVDプレーヤ8の場合、コマンド群としては、電源オン、電源オフ、再生、巻き戻し、前の曲、早送り、次の曲、停止、一時停止の各RTSPコマンドが挙げられる。 For example, if the DVD player 8, as the command group, power on, power off, playback, rewind, previous track, fast forward, next track, stop, and each RTSP command pause. また、図50に示すように、第2のAV接続装置5にて代理処理を行っているDVDプレーヤ8、デジタルVTR9の場合は、各RTSPコマンドに対応する1394コマンドをともに記憶されている。 Further, as shown in FIG. 50, DVD player 8 is performed proxy process in the second AV connection device 5, the case of the digital VTR 9, are both stored 1394 command corresponding to each RTSP command.
【0375】 [0375]
なお、RTSPコマンド対応テーブル1410は、後述する図42の1394/IPコマンド変換機能1423に具備されるテーブルと同一のものであってもよい。 Incidentally, RTSP command correspondence table 1410 may be identical to the table provided in the 1394 / IP command conversion function 1423 in FIG. 42 to be described later.
【0376】 [0376]
さて、ステップS112で作成されたアイコンあるいは文字列に、そのサービス提供装置のRTSPコマンドを対応付ける(ステップS113)。 Now, the icon or character string created in step S112, maps the RTSP command of the service providing device (step S113). 例えば、図39の「再生」のアイコンi206には、「PLAY」というRTSPコマンドを対応させる。 For example, the icon i206 for "play" in FIG. 39, to correspond the RTSP command "PLAY". 例えば、アイコンあるいは文字列と、それに対応するRTSPコマンドとをテーブルに登録しておいてもよい。 For example, an icon or a string, may be registered and RTSP command table corresponding thereto.
【0377】 [0377]
なお、第2のAV接続装置5にて代理処理を行っているDVDプレーヤ8、デジタルVTR9の場合は、第2のAV接続装置5のアドレスとDVDプレーヤ8、デジタルVTR9それぞれのIEEE1394ノードに割り当てたポート番号をRTSPコマンドに含める。 Incidentally, the DVD player 8 is performed proxy process in the second AV connection device 5, the case of the digital VTR 9, the second AV connection device 5 for the address and the DVD player 8, the digital VTR 9 allocated to each IEEE1394 node include the port number in the RTSP command.
【0378】 [0378]
以上をそのサービス提供装置の提供する全てのコマンドに対し行い、作成されたアイコンあるいは文字列を適当に配置して、例えば図39に示すようなサービス提供装置のホームページを作成する(ステップS114〜ステップS115)。 All performed to command, by appropriately arranging the created icon or character string, to create a homepage of the service providing apparatus shown in FIG. 39 for example (step S114~ step of providing the service providing apparatus over S115).
【0379】 [0379]
次に、図37の説明に戻り、図38のフローチャートに従って作成された各サービス提供装置毎のホームページへのハイパーリンクを持った、そのサービス提供装置のアイコンあるいは文字列を作成あるいは取得する(ステップS103)。 Next, returning to FIG. 37, with hyperlinks to the service providing device for each of the websites designed in accordance with the flowchart of FIG. 38, creates or acquires an icon or character string of the service providing device (step S103 ). すなわち、サービス提供装置毎のアイコン等は、そのサービス提供装置のコンフィグレーションメモリから取り出してもよいし、サービスロケーションプロトコルにより、このアイコンの位置を一意に指定できるURLが提供され、そこに取りに行く形で入手してもよい。 That is, icons for each service providing apparatus may be removed from the configuration memory of the service providing apparatus, the service location protocol, URL of the location of the icon can be designated uniquely is provided, it is going to get there it may be obtained in the form.
【0380】 [0380]
ステップS103で得たアイコンを、「わが家の電気機器」のホームページに貼り付ける。 The icon that was obtained in step S103, pasted to the home page of the "home of the electrical equipment". 以上の手順を第2の家庭内ネットワークに収容されれている全てのサービス提供装置について行い、図36のようなホームページが作成できる(ステップS104)。 Performed for all of the service providing apparatus which is housed the above procedure to the second home network, it can be created homepage as shown in FIG. 36 (step S104).
【0381】 [0381]
さて、図36に示したホームページ上のサービス提供装置を表すアイコンあるいは文字列のうち、DVDプレーヤを表すアイコンi101をクリックすると、このアイコンに対応付けられたサービス提供装置のホームページ、すなわち、図39に示したようなDVDプレーヤのホームページが現れる。 Now, among the icons or character strings representing the service providing device on the home page shown in Figure 36, clicking the icon i101 representing a DVD player, a service providing device associated with this icon homepage, i.e., in FIG. 39 Home of the DVD player, such as shown appears.
【0382】 [0382]
図39に示したようなサービス提供装置のホームページ、すなわち、この場合、DVDプレーヤのホームページは、DVDプレーヤの操作盤として用いて、ユーザはDVDプレーヤ8を遠隔制御することができる。 Home service providing apparatus shown in FIG. 39, i.e., in this case, the DVD player home, using a control panel of the DVD player, the user can remotely control the DVD player 8. 例えば、「電源ON」ボタンをクリックすると、DVDプレーヤ8の電源がオンになる、といった具合である。 For example, if you click on the "Power ON" button, the power of the DVD player 8 is turned on, and so on.
【0383】 [0383]
次に、例えば、第1の家庭内ネットワークのPC6から第1のAV接続装置4、公衆網2を介して、第2の家庭内ネットワーク内の各種サービス提供装置(DVDプレーヤ8、デジタルVTR9、PC10に具備されたWWWサーバ、デジタルアルバムサーバ機能等、プリンタ11)を遠隔制御する場合の処理動作を図40に示すシーケンス図を参照して説明する。 Then, for example, a first home PC6 from first AV connection device 4 via the network, the public network 2, the second services providing devices in the home network (DVD player 8, the digital VTR 9, PC 10 comprising been WWW server, digital album server function or the like, the processing operation in the case of remotely controlling the printer 11) with reference to the sequence diagram shown in FIG. 40 will be described.
【0384】 [0384]
第1の家庭内ネットワークに収容されているPC6にて所定のWWWブラウザを用いることにより、図36に示したようなホームページが提示されたとする。 By using a predetermined WWW browser at PC6 contained in the first home network, and home page as shown in FIG. 36 is presented. ユーザが、例えばDVDプレーヤi101のアイコンをクリックすると、それに対応つけされたDVDプレーヤのホームページを要求するHTTPメッセージがPC6から出力される。 User, for example, by clicking on the icon of the DVD player i101, HTTP message requesting the home page of the corresponding attached to a DVD player that is output from the PC 6.
【0385】 [0385]
このメッセージを受けて、第1のAV接続装置4では第2のAV接続装置5に対して、DVDのホームページの送出要求を行う(ステップS4501)。 In response to this message, to the first AV connection device second AV connection device 5 in 4, it transmits a transmission request for DVD homepage (step S4501). 例えば、「GET/appliances/dvd.html HTTP/1.1」というメッセージが第1のAV接続装置4から第2のAV接続装置5に送信される。 For example, the message "GET / appliances / dvd.html HTTP / 1.1" is transmitted from the first AV connection device 4 to the second AV connection device 5.
【0386】 [0386]
これを受けて、第2のAV接続装置5は、例えば図39で示したようなDVDプレーヤのホームページのテキスト(図41参照)を第1のAV接続装置4に対して送付する(ステップS4502)。 In response, the second AV connection device 5 sends the example home page of the DVD player as shown in FIG. 39 the text (see FIG. 41) to the first AV connection device 4 (step S4502) .
【0387】 [0387]
図41に示すように、例えば「再生」のアイコンi206に付与されるハイパーリンクは、再生を指示するためのRTSPの「PLAY」コマンドであり、その接続先となるノード(本実施形態の場合、第2のAV接続装置5のIPアドレス、即ち「192.168.1.254」)と、そのポート番号(本実施形態の場合「2000」)とが付加されている。 As shown in FIG. 41, for example, hyperlinks applied to the icon i206 for "play" is "PLAY" command RTSP for instructing the reproduction, if the destination to become a node (in this embodiment, second AV connection device 5 of the IP address, that is, "192.168.1.254"), and the port number (in this embodiment "2000") is added. このようにすることにより、「再生」のアイコンi206をクリックすれば、ユーザは、RTSPの「PLAY」コマンドを送信先のアドレスを気にすることなく所望のノードの所望のポートに送出することができるようになる。 In this way, by clicking the icon i206 for "play", the user may be delivered to the desired port of the desired node without caring about the address of the destination to "PLAY" command RTSP become able to. もって、RTSPを使った遠隔制御をハイパーリンクの関連付けを通して行うことができるようになる。 Have been, it is possible to perform remote control using RTSP through association hyperlinks.
【0388】 [0388]
さて、第1のAV接続装置のユーザは、DVDのホームページを受け取ると、DVDプレーヤの遠隔操作を開始できる。 Now, the user of the first AV connection device receives the DVD home page, can start remote control of the DVD player. 例えば、図39のホームページの「電源ON」のアイコンi201をクリックしたとする(ステップS4503)。 For example, it is assumed that by clicking on the icon i201 of the "Power ON" of the home page of FIG. 39 (step S4503). 「電源ON」のアイコンi201には、例えば、RTSPの「SETUP」コマンドがハイパーリンクにより対応づけられている。 The icon i201 of the "Power ON", for example, "SETUP" command of RTSP is associated with a hyperlink. よって、「SETUP rtsp://192.168.1.254:2000 RTSP/1.0 1 Transport: rtp/udp;port=5500」といコマンドデータが第1のAV接続装置4から第2の接続装置5に送信される(ステップS4504)。 Thus, "SETUP rtsp: //192.168.1.254: 2000 RTSP / 1.0 1 Transport: rtp / udp; port = 5500" gutter command data from the first AV connection device 4 second connecting device sent to 5 (step S4504). このコマンドデータによって、第1のAV制御装置4は、RTP/UDPの各プロトコルを使用してデータを送信し、受信側のポート番号は「5500」を用いることを要求している。 This command data, the first AV control unit 4 transmits the data using the protocol of RTP / UDP, the port number of the receiving side has requested the use of "5500".
【0389】 [0389]
これを受け取った第2のAV接続装置5の動作を以下に説明する。 A second operation of the AV connection device 5 which received this will be described below. 第2のAV接続装置のHTTP/RTSP処理機能1409の内部構成例を図42に示す。 An internal configuration example of a second HTTP / RTSP processing function of the AV connection device 1409 shown in FIG. 42. 上記RTSPの「SETUP」コマンドデータは、HTTP/RTSP主処理機能1421に到達する。 The "SETUP" command data of RTSP is, to reach the HTTP / RTSP main processing function 1421. ここでは、まず、「SETUP」コマンドデータ中、ポート番号「2000」は、1394ノードであるDVDプレーヤ8に割り当てられているポート番号である事を認識し、RTSP代理機能1422に制御が渡される。 Here, first, in the "SETUP" command data, the port number "2000" is to recognize that it is a port number that is assigned to the DVD player 8 is a 1394 node, control is passed to the RTSP proxy function 1422.
【0390】 [0390]
RTSP代理機能1422は、1394/IPコマンド変換機能1423内のテーブルを参照して、対応する1394AV/Cコマンド(本実施形態の場合、電源オンを意味するAV/Cコマンド)を見つけ、該当する1394ノード(本実施形態の場合、DVDプレーヤ8)に対して、1394AVコマンド処理機能1408を通して、上記AV/Cコマンドを発行する(ステップS4505)。 RTSP proxy function 1422 refers to the table in 1394 / IP command conversion function 1423, the corresponding 1394 AV / C command (in this embodiment, AV / C command, which means the power-on) to find a corresponding 1394 node (in the present embodiment, DVD player 8) with respect to, through 1394AV command processing function 1408, and issues the AV / C command (step S4505).
【0391】 [0391]
これに成功すると、第2のAV接続装置5は、第1のAV接続装置4に対して、制御完了を意味するRTSPの「OK」コマンドデータ(例えば、「RTSP/1.0 200 1 OK Session: 1234」)を送出する(ステップS4506)。 If this succeeds, the second AV connection device 5, to the first AV connection device 4, "OK" command data RTSP meaning control completion (e.g., "RTSP / 1.0 200 1 OK Session : 1234 ") and sends the (step S4506). その際に、RTSPコマンドには、このセッションを通して一意の番号として、セッション番号(本実施形態の場合、「1234」)を付加している。 In this case, the RTSP command, as a unique ID through the session, session number (in this embodiment, "1234") are added to. 第1のAV接続装置4のブラウザは、このセッション番号を保持し、以下同一の装置に対してRTSPコマンドを発行する場合、セッション番号「1234」をコマンドに付加する。 Browser first AV connection device 4 holds the session number, when issuing an RTSP command to the same device will be added to the session number "1234" in the command.
【0392】 [0392]
次に、ユーザは、図39のホームページの「再生」のアイコンi206をクリックしたとする(ステップS4507)。 Next, the user, and click on the icon i206 for "play" of the home page of FIG. 39 (step S4507). 「再生」のアイコンi206には、例えば、RTSPの「PLAY」コマンドがハイパーリンクにより対応づけられている。 The icon i206 for "play" is, for example, "PLAY" command of RTSP is associated with a hyperlink. よって、このハイパーリンクによって対応づけられた第2のAV接続装置5(IPアドレス「192.168.1.254」、ポート番号「2000」、セッション番号「1234」)に対して、「PLAY rtsp://192.168.1.254:2000 RTSP/1.0 2 Session: 1234」というコマンドデータが第1のAV接続装置4から送信される(ステップS4508)。 Thus, for the second AV connection device 5 associated with the hyperlink (IP address "192.168.1.254", the port number "2000", the session ID "1234"), "PLAY rtsp: //192.168.1.254:2000 RTSP / 1.0 2 Session: command data of 1234 "is transmitted from the first AV connection device 4 (step S4508).
【0393】 [0393]
これを受信した第2のAV接続装置5は、DVDプレーヤ8の再生を促すべく、 Second AV connection device 5 which has received this, to encourage regeneration of the DVD player 8,
IEC1883による同期チャネルの確保(ステップS4509)、1394AV/CプロトコルのDVDプレーヤ8に対する「PLAY」コマンドの実行(ステップS4510)を行い、映像データの上記確保した同期チャネルに対する送出を促す。 IEC1883 by synchronization channel securing (step S4509), it performs the execution of the "PLAY" command to the DVD player 8 1394 AV / C Protocol (step S4510), urging the delivery for the securing and synchronization channels of the video data. そして、DVDプレーヤ8から映像データの送信準備が完了した旨の「ACK」信号を受け取ったとき、第2のAV接続装置5は、RTSPの「OK」コマンドデータ(「RTSP/1.0 200 2 OK Session:1234」)を第1のAV接続装置4に送信する(ステップS4511〜ステップS4512)。 When the preparation for transmitting video data from the DVD player 8 receives the "ACK" signal indicative of the completion of the second AV connection device 5 is "OK" command data RTSP ( "RTSP / 1.0 200 2 OK Session: 1234 ") for the transmission to the first AV connection device 4 (step S4511~ step S4512).
【0394】 [0394]
その後、第2のAV接続装置5は、この同期チャネルを通して送られてきた映像データをIPカプセル化し、IPパケットとして第1のAV接続装置4に対して送出する(ステップS4513〜4515)。 Thereafter, the second AV connection device 5, the synchronous video data sent over a channel to IP encapsulation, and sends to the first AV connection device 4 as an IP packet (step S4513~4515).
【0395】 [0395]
第1のAV接続装置4は、IPパケットとして上記映像データを受信し、映像の表示など必要な処理を行う。 First AV connection device 4 receives the video data as IP packets, performs processing required, such as displaying an image. 映像の送出先をデジタルTV7とする場合は、第1の実施形態と同様に、第1の家庭内ネットワークであるIEEE1394上における必要な同期チャネルの確保や、第1のAV接続装置4がデジタルTV7に対して、該同期チャネルからのデータ受信及びそのデータの画面への表示を指示した後、上記映像データを受信IPパケットから取り出し、IEEE1394向けのフォーマットに変換した後、第1の家庭内ネットワークに送出すればよい。 If the delivery destination of the video and digital TV7, as in the first embodiment, secured or necessary synchronization channel in IEEE1394 on a first home network, the first AV connection device 4 is a digital TV7 respect, after instructing the display to the data receiving and display of the data from the synchronous channel, takes out the image data from the received IP packet, converts the format for the IEEE1394, the first home network It should be sent.
【0396】 [0396]
なお、ユーザが、図39のホームページの「電源ON」のアイコンi201をクリックする前に「再生」のアイコンi206をクリックした場合でも、そのユーザはDVDプレーヤ8の操作の意志があると判断して、「再生」のアイコンi206のクリックに呼応して、「SETUP」コマンドと、「PLAY」コマンドの両方を送出するようになっていても良い。 In addition, the user, even if you click on the icon i206 for "play" before clicking the icon i201 of the "Power ON" of the home page of FIG. 39, the user, it is determined that there is an intention of the operation of the DVD player 8 , in response to the click of the icon i206 for "play", and "SETUP" command, it may be adapted to deliver both the "PLAY" command.
【0397】 [0397]
また、DVDプレーヤのホームページを開く時点で、RTSPコマンドとして、 In addition, at the time of opening the home page of the DVD player, as RTSP command,
DVDプレーヤの「SETUP」コマンドを送出するようになっていても良い。 It may be adapted to deliver a "SETUP" command of the DVD player.
【0398】 [0398]
以上説明したように、第2の家庭内ネットワークに収容される遠隔制御可能な全てのサービス提供装置から収集されたサービス情報に基づき第2のAV接続装置5は、RTSPコマンド対応テーブル1410を参照して各サービス提供装置のRTSPコマンドとリンクされたアイコンを掲載するホームページを作成し、このホームページにアクセスした第1のAV接続装置4側で所望のアイコンがクリックされたとき、そのアイコンにハイパーリンクによって対応付けられた(HTTP/RTSP処理機能1409の1394/IPコマンド変換機能1423のテーブルに登録されている)RTSPコマンドが、1394AV/Cコマンドに変換されて所望のサービス提供装置に対し所望の制御を実行することにより、第2の物理ネットワー As described above, the second AV connection device 5 based on the service information collected remotely controllable all the service providing apparatus which is contained in the second home network, with reference to the RTSP command correspondence table 1410 create a homepage Share RTSP command link icon for each service providing apparatus Te, when a desired icon is clicked in the first AV connection device 4 side which accesses this homepage, hyperlinks to the icon the associated (registered in 1394 / IP command conversion function 1423 tables HTTP / RTSP processing function 1409) RTSP command, the desired control over the desired service providing apparatus is converted into 1394 AV / C command by executing the second physical network (例えばIEEE1394バス3)に接続されたサービス提供装置(例えばDVDプレーヤ8)がデータリンクレイヤに依存するプロトコルしか解釈できない場合でも(本発明のAV接続装置を用いれば)遠隔制御が可能となる。 (E.g. IEEE1394 bus 3) connected to the service providing apparatus (for example, a DVD player 8) (the use of the AV connection device of the present invention) even if the can only interpret protocols that rely on the data link layer enables the remote control.
【0399】 [0399]
さて、以上は第2のAV接続装置5が映像データをIPパケットにカプセル化して送出する場合について説明した。 Now, above it has been described a case where the second AV connection device 5 is sent to encapsulate the video data to an IP packet. これに対して、第2のAV接続装置5が、IPカプセル化を行わず、非IPデータのまま第1のAV接続装置4に対して映像データを送出する方法も考えられる。 In contrast, the second is AV connection device 5, without IP encapsulation method is also conceivable for sending video data to the first AV connection device 4 remains non-IP data. この場合について図43に示すシーケンスを参照して説明する。 This case is explained with reference to the sequence shown in Figure 43 for.
【0400】 [0400]
ステップS4801〜ステップS4802の第1のAV接続装置4のユーザは、DVDプレーヤのホームページを受け取り、DVDプレーヤの遠隔操作を始めるまでは、図40の説明と同様である。 The first user of the AV connection device 4 in step S4801~ step S4802 receives the homepage of the DVD player, until start remote control of the DVD player, are as described for Figure 40.
【0401】 [0401]
例えば、図39のホームページの「電源ON」のアイコンi201をクリックしたとする(ステップS4803)。 For example, it is assumed that by clicking on the icon i201 of the "Power ON" of the home page of FIG. 39 (step S4803). 「電源ON」のアイコンi201には、例えば、RTSPの「SETUP」コマンドがハイパーリンクにより対応づけられている。 The icon i201 of the "Power ON", for example, "SETUP" command of RTSP is associated with a hyperlink. よって、「SETUP rtsp://192.168.1.254:2000 RTSP/1.0 1 Transport: iec1883/nonip;port=FANP」というRTSPの「SETUP」コマンドデータが第1のAV接続装置4から第2の接続装置5に送信される(ステップS4804)。 Thus; the "SETUP rtsp: //192.168.1.254:: 2000 RTSP / 1.0 1 Transport iec1883 / nonip port = FANP" "SETUP" command data RTSP is referred to as a first AV connection device 4 It is transmitted to the second connecting device 5 (step S4804). このコマンドデータにより、第1のAV制御装置4は、データをIEC1883でカプセル化し、IPパケットではない形で送信することを要求している(すなわち、RTSPの[SETUP」コマンドには非IPパケット化を指示するための「iec1883/nonip」という情報を含んでいる)。 This command data, the first AV control unit 4 encapsulates data in IEC 1883, requesting to transmit in the form not an IP packet (i.e., non-IP packetizing the [SETUP "command RTSP contains information that "iec1883 / nonip" for commanding a). また、送信されるデータのリンクレイヤ情報と、属性情報を知るために、第2のAV接続装置5に対して、FANPを用いて、上記情報を第1のAV接続装置4に通知することを要求している。 Further, link layer information of the data to be transmitted, in order to know the attribute information for the second AV connection device 5, using the FANP, to notify the information to the first AV connection device 4 It is requesting.
【0402】 [0402]
RTSPの「SETUP」コマンドデータは、第2のAV接続装置5のHTTP/RTSP処理機能1409で受け取られ、HTTP/RTSP主処理機能1421に到達する。 "SETUP" command data RTSP is received in the second HTTP / RTSP processing function 1409 of the AV connection device 5, and reaches the HTTP / RTSP main processing function 1421.
【0403】 [0403]
HTTP/RTSP主処理機能1421では、ポート番号「2000」は、1394ノードであるDVDプレーヤ8に割り当てられている番号である事を認識し、RTSP代理機能1422に制御が渡される。 In HTTP / RTSP main processing function 1421, the port number "2000" is to recognize that it is a number that is assigned to the DVD player 8 is a 1394 node, control is passed to the RTSP proxy function 1422.
【0404】 [0404]
RTSP代理機能1422は、1394/IPコマンド変換機能1423内のテーブルを参照して、対応する1394AV/Cコマンド(本実施形態の場合、電源オンを意味するAV/Cコマンド)を見つけ、該当する1394ノード(本実施形態の場合、DVDプレーヤ8)に対して、1394AVコマンド処理機能1408を通して、上記AV/Cコマンドを発行する(ステップS4805)。 RTSP proxy function 1422 refers to the table in 1394 / IP command conversion function 1423, the corresponding 1394 AV / C command (in this embodiment, AV / C command, which means the power-on) to find a corresponding 1394 node (in the present embodiment, DVD player 8) with respect to, through 1394AV command processing function 1408, and issues the AV / C command (step S4805).
【0405】 [0405]
これに成功すると、第2のAV接続装置5は、第1のAV接続装置4に対して、制御完了を意味するRTSPの「OK」コマンドデータ(例えば、「RTSP/1.0 200 1 OK Session: 1234」)を送出する(ステップS4806)。 If this succeeds, the second AV connection device 5, to the first AV connection device 4, "OK" command data RTSP meaning control completion (e.g., "RTSP / 1.0 200 1 OK Session : 1234 ") and sends the (step S4806). その際に、RTSPコマンドには、このセッションを通して一意の番号として、セッション番号(本実施形態の場合、「1234」)を付加している。 In this case, the RTSP command, as a unique ID through the session, session number (in this embodiment, "1234") are added to. 第1のAV接続装置4のブラウザは、このセッション番号を保持し、以下同一の装置に対してRTSPコマンドを発行する場合、セッション番号「1234」をコマンドに付加する。 Browser first AV connection device 4 holds the session number, when issuing an RTSP command to the same device will be added to the session number "1234" in the command. ブラウザが保持するセッション番号は、ユーザによる明示的なセッションの終了、例えばセッション終了に対応するハイパーリンクの参照、または対向側の第2のAV接続装置5によるセッションの終了、もしくはページのリロードによっても更新される。 Session number browser holds the ends of explicit session by the user, for example, see a hyperlink corresponding to the session ends or the second AV connection device 5 terminates the session by the opposite side, or by reloading the page It is updated.
【0406】 [0406]
次に、ユーザは、図39のホームページの「再生」のアイコンi206をクリックしたとする(ステップS4807)。 Next, the user, and click on the icon i206 for "play" of the home page of FIG. 39 (step S4807). 「再生」のアイコンi206には、例えば、RTSPの「PLAY」コマンドがハイパーリンクにより対応づけられている。 The icon i206 for "play" is, for example, "PLAY" command of RTSP is associated with a hyperlink. よって、このハイパーリンクによって対応づけられた第2のAV接続装置5(IPアドレス「192.168.1.254」、ポート番号「2000」、セッション番号「1234」)に対して、「PLAY rtsp://192.168.1.254:2000 RTSP/1.0 2 Session: 1234」というコマンドデータが第1のAV接続装置4から送信される(ステップS4808)。 Thus, for the second AV connection device 5 associated with the hyperlink (IP address "192.168.1.254", the port number "2000", the session ID "1234"), "PLAY rtsp: //192.168.1.254:2000 RTSP / 1.0 2 Session: command data of 1234 "is transmitted from the first AV connection device 4 (step S4808).
【0407】 [0407]
これを受信した第2のAV接続装置5は、DVDプレーヤ8の再生を促すべく、 Second AV connection device 5 which has received this, to encourage regeneration of the DVD player 8,
IEC1883による同期チャネルの確保(#X)、1394AV/CプロトコルのDVDプレーヤに対する「PLAY」コマンドの実行を行い、映像データの上記確保した同期チャネルに対する送出を促す(ステップS4809〜S4811)。 IEC1883 by synchronization channel securing (#X), performs the execution of the "PLAY" command for the DVD player of the 1394 AV / C protocol, prompting the delivery for the securing and synchronization channels of the video data (step S4809~S4811). そして、DVDプレーヤ8から映像データの送信準備が完了した旨の「ACK」信号を受け取ったとき、第2のAV接続装置5は、RTSPの「OK」コマンドデータ(「RTSP/1.0 200 2 OK Session: 1234」)を第1のAV接続装置4に送信する(ステップS4811〜ステップS4812)。 When the preparation for transmitting video data from the DVD player 8 receives the "ACK" signal indicative of the completion of the second AV connection device 5 is "OK" command data RTSP ( "RTSP / 1.0 200 2 OK Session: 1234 ") for the transmission to the first AV connection device 4 (step S4811~ step S4812).
【0408】 [0408]
その後、第2のAV接続装置5は、この同期チャネル(#X)を通して送られてきた映像データを、IPカプセル化は行わず、そのまま公衆網のカプセル化をして、第1のAV接続装置4に対して送出する。 Thereafter, the second AV connection device 5, the image data transmitted through the isochronous channel (#X), IP encapsulation is not carried out, as it is the encapsulation of the public network, the first AV connection device It sends against 4. 例えば、公衆網がATM網であれば、第2のAV接続装置5に伝送されてきたIEC1883パケットをそのままATM網にマッピングして送出してもよいし、IEC1883パケットを一度外し、映像データそのものをATM網にマッピングして送出してもよい。 For example, if the public network is an ATM network, to the IEC1883 packet transmitted to the second AV connection device 5 may be directly transmitted by mapping the ATM network, disconnect once IEC1883 packet, the video data itself it may be sent by mapping the ATM network. いずれにしろ、第2のAV接続装置5が送出するリンクレイヤのヘッダ情報を第1のAV接続装置4に対して通知するため、FANPメッセージ「FANP message (ch: #y、 Session:1234)」を送出する(ステップS4813)。 In any case, to notify the header information of the link layer where the second AV connection device 5 is transmitted to the first AV connection device 4, FANP message "FANP message (ch: #y, Session: 1234)" delivering (step S4813).
【0409】 [0409]
FANPメッセージの使い方は、基本的に第1の実施形態と同様であるが、ステップS4812において通知されたセッション番号に対応するFANPであることを明確にするために、このFANPメッセージにはステップS4812にて通知された値と同一の値のセッション番号(本実施形態の場合「1234」)が含まれても良い。 Using the FANP message is similar to the first embodiment basically, in order to clarify that the FANP corresponding to the session number notified at step S4812, in this FANP message to step S4812 value notified by the same value Te session number (in this embodiment "1234") may be included. この様にすることにより、受信側ノードすなわち第1のAV接続装置4は、FANPメッセージが前記RTSPの「PLAY」コマンドに対応するものであることを認識する事ができる。 By this way, the receiving node or first AV connection device 4 is able to recognize that in which FANP message corresponds to "PLAY" command of the RTSP.
【0410】 [0410]
さて、第2のAV接続装置5では、DVDプレーヤ8から同期チャンネル(#X)で送られてきた映像データをIPカプセル化せずに公衆網2に出力すると、それを受信した第1のAV接続装置4では、映像の表示など必要な処理を行う(ステップS4814〜S4816)。 Now, in the second AV connection device 5, and outputs the video data transmitted by the sync channel from the DVD player 8 (#X) to the public network 2 without IP encapsulation, the first AV that has received the in the connection device 4 performs processing required, such as displaying an image (step S4814~S4816). その際、ステップS4815にあるように、例えば、MPEGover1394からMPEGoverATM等、伝送されるネットワークに依存するデータ伝送方法が規定されている場合は、必要なフォーマット変換を行っても良い。 At this time, as in step S4815, for example, such MPEGoverATM from MPEG-over-1394, if the data transmission methods that rely on the network to be transmitted is defined, may be carried out format conversion required. また、映像の送出先をデジタルTV7とする場合も前述の場合と同様である。 Also, when the transmission destination of the image and the digital TV7 is the same as that described above.
【0411】 [0411]
以上の第4の実施形態では、ホームページ中のアイコンあるいは文字列にサービス提供装置を遠隔制御するためのRTSPコマンドをハイパーリンクにて対応させる場合について説明してきたが、ハイパーリンクにて対応させる代わりに各RTSPコマンドに対応するホームページ中のアイコンあるいは文字列のそれぞれに、対応するRTSPコマンドデータを作成するためのプログラム(例えばJAVA(登録商標)プログラム)を張り付け、そのアイコンあるいは文字列がクリックされた場合は、該プログラムを第1のAV接続装置4(例えば、第1のAV接続装置4上のJAVA仮想マシン)にて起動して、図40や図43で説明したようなRTSPコマンドが送出されるようになっていてもよい。 In the above fourth embodiment has been described the case to associate the RTSP commands for remotely controlling a service providing apparatus to the icon or character string in homepage at hyperlinks, instead of the corresponding at hyperlink each icon or character string in the home page corresponding to each RTSP command, affixed a program for creating a corresponding RTSP command data (e.g. JAVA (registered trademark) program), if the icon or character string is clicked is the program first AV connection device 4 (e.g., the first AV connection device 4 on the JAVA virtual machine) to start with, the RTSP command as explained in FIGS. 40 and 43 is sent it may be made as to.
【0412】 [0412]
この場合の処理動作は、図40、図43と同様であり、異なるのは、例えば図40のステップS4504、図43のステップS4802で第2のAV接続装置5から送信されるサービス提供装置のホームページのテキスト記述である。 Processing operation in this case is 40, is similar to FIG. 43, differs from, for example, step S4504 of FIG. 40, the service providing apparatus is transmitted from the second AV connection device 5 in step S4802 of FIG. 43 homepage it is a text description.
【0413】 [0413]
サービス提供装置のホームページのテキストの一例を図44に示す。 An example of a home page of the text of the service providing apparatus shown in FIG. 44. 図44には、DVDプレーヤのホームページのテキストで、例えば、図39の「再生」のアイコンi206にRTSPコマンドを生成するプログラムが付加されている。 Figure 44 is a text of home DVD player, for example, a program for generating an RTSP command to the icon i206 for "play" in FIG. 39 is added.
【0414】 [0414]
やはり、この場合も、「再生」のアイコンi206をクリックすれば、RTSPの「PLAY」コマンドを生成するプログラムを起動することにより、そのコマンドを所望のノードの所望のポートに送出することができるようになり、もってRTSPを使ったサービス提供装置を遠隔制御することができる。 Again, also in this case, by clicking the icon i206 for "play", by starting a program that generates a "PLAY" command RTSP, to be able to deliver the command to the desired port of the desired node It becomes, it is possible to remotely control the service providing apparatus using the RTSP with.
【0415】 [0415]
次に、図39のホームページの「詳細設定」のアイコン(ボタン)i210について説明する。 Then, the icon (button) in the "Advanced Settings" in the home page of Figure 39 i210 will be described. このボタンは、RTSPコマンドにて予め定められた遠隔制御よりも細かな操作を対象のサービス提供装置(例えば、DVDプレーヤ8)に対して行いたい場合に用いるものである。 This button is intended to be used when you want to do to the service providing apparatus target fine operation than remote control predetermined by RTSP commands (e.g., DVD player 8). 即ち、IEEE1394のAV/Cプロトコルにて規定されるDVDプレーヤ8の制御コマンドは、RTSPで規定されるコマンドよりも多岐にわたる可能性がある。 That is, the control command of the DVD player 8 defined by the IEEE1394 AV / C protocol, there is a possibility diverse than commands defined by RTSP. このように、RTSPコマンドにて、1394AV/Cのすべてのコマンドに対応できない場合の対策として、これを行うホームページを別途設け、図39の「詳細設定」のボタンを押すと、それに対応付けられた、例えば「GET /appliances/dvd_detail.html HTTP/1.1」というコマンドが送出されて、図47に示すようなDVDプレーヤの詳細設定のためのホームページが送付される。 In this way, in the RTSP command, as a countermeasure to do if you can not support all of the commands of 1394AV / C, which is separately provided a home page to do, and press the button of "Advanced" in FIG. 39, associated with it , for example, command "GET /appliances/dvd_detail.html HTTP / 1.1" is transmitted, homepage for Advanced DVD player as shown in FIG. 47 is sent.
【0416】 [0416]
図45は、サービス提供装置の詳細設定のためのホームページの作成処理手順を示したものである。 Figure 45 shows the home page creation processing procedure for Advanced service providing apparatus. すなわち、前述の各サービス提供装置毎のコマンドテーブル1410にて対応がなされていない、そのサービス提供装置のリンクレイヤ方式(本実施形態の場合、IEEE1394のAV/Cプロトコル)に依存したコマンド(ネイティブコマンド)を登録したネイティブコマンド対応テーブルを別途1394/IPサービスロケーション処理機能1406に具備している。 That is, has not been associated with the command table 1410 for each service providing apparatus described above, (in this embodiment, IEEE1394 of AV / C Protocol) link layer scheme of the service providing device command that depends on (native command ) separately native command correspondence table that have registered are provided in the 1394 / IP service location processing function 1406. 各サービス提供装置毎にネイティブコマンドテーブルを参照してネイティブコマンドを取得し(ステップS121)、各コマンド毎にそれに対応するアイコンあるいは文字列を作成する(ステップS122)。 Gets the native command with reference to the native command table for each service providing device (step S121), it creates an icon or character string corresponding to each command (step S122). 生成されたアイコンあるいは文字列にはCGI(Common Gateway Interface)スクリプトを対応付ける(ステップS123)。 The generated icons or character strings associating CGI (Common Gateway Interface) script (step S123). 以上をそのサービス提供装置のネイティブコマンドの全てに対し行い、作成されたアイコンあるいは文字列を適当に配置して、例えば図47に示すようなサービス提供装置の詳細設定のためのホームページを作成する(ステップS124〜ステップS125)。 Above was carried out for all the native commands of the service providing apparatus, by appropriately arranging the created icon or character string, to create a homepage for example Advanced service providing apparatus shown in FIG. 47 ( step S124~ step S125).
【0417】 [0417]
なお、ネイティブコマンド対応テーブルは、図42に示したHTTP/RTSP処理機能に具備されているCGI処理機能1424内のテーブルと同様のものであっても良い。 Incidentally, native command correspondence table may be the same as the table of CGI processing functions in 1424 which is provided in the HTTP / RTSP processing function shown in FIG. 42.
【0418】 [0418]
図47のDVDプレーヤの詳細設定のためのホームページに配置されたボタン(アイコンあるいは文字列)の一部は、第2のAV接続装置5内のCGI(Common Gateway Interface)処理機能により処理されるCGIスクリプトに対応付けされている。 Some of the home page arranged buttons for DVD player Advanced 47 (icon or character string) is, CGI processed by CGI (Common Gateway Interface) processing function of the second AV connection device 5 It is associated with the script. そして、おのおののCGIスクリプトが、対応するIEEE1394のAV/Cコマンドを、第2の家庭内ネットワークのIEEE1394バスに対して送出するようなスクリプトとなっており、もって、上記アイコンあるいは文字列をクリックすればAV/Cプロトコルで定められた粒度の制御が行えるようになる。 Then, the each CGI script, a corresponding of IEEE1394 AV / C command, and a script that transmitted to the IEEE1394 bus in the second home network, with, by clicking the icon or character string if it will allow control of the particle size defined by AV / C protocol.
【0419】 [0419]
このようにして、詳細設定のためのホームページを作成し、そのホームページ内のアイコンあるいは文字列がクリックされると、それい対応付けられた第2のAV接続装置5内のCGIスクリプトを起動するための要求メッセージがHTTPにて送信され、それを受けて第2のAV接続装置5では、該CGIスクリプトを起動し、対応するAV/Cコマンドが発行される。 Thus, to create a home page for detailed setting and icons or character strings in the home page is clicked, to start the CGI script of the second AV connection device 5 associated had it message request is sent by HTTP, the second AV connection device 5 receives it and starts the CGI script, the corresponding AV / C command is issued.
【0420】 [0420]
図46は、第2のAV接続装置5から送信される例えばDVDプレーヤの詳細設定のためのホームページのテキスト記述の一例を示したもので、図47の「スロー再生」の文字列にCGIスクリプトを対応つけている場合を示している。 Figure 46 shows an example of a home page of the text description for Advanced e.g. DVD player is sent from the second AV connection device 5, the CGI script character string "slow reproduction" in FIG. 47 shows a case in which in association.
【0421】 [0421]
図47のDVDプレーヤの詳細設定のためのホームページで「通常再生」を選択すると、前述の図40のステップS4508同様にRTSPコマンドが発行されるが、「言語選択」や「スロー再生」などのRTSPでサポートされていないコマンドについては、第2のAV接続装置5のHTTP/RSTP処理機能に具備されたCGI処理機能1424において、該当するCGIスクリプトを起動し、対応するAV/Cコマンドを1394AVコマンド処理機能1408を通して発行する。 Selecting "normal reproduction" Home for Advanced DVD player in FIG. 47, but steps S4508 Similarly RTSP command of FIG. 40 described above is issued, RTSP such as "language selection" and "slow reproduction" in the unsupported command, the CGI processing function 1424 provided in the HTTP / RSTP processing function of the second AV connection device 5 activates the appropriate CGI scripts corresponding 1394AV command processing an AV / C command to issued through the function 1408.
【0422】 [0422]
例えば、図47に示すホームページで「スロー再生」を選択した場合、これに対応するCGIスクリプトを起動するためのメッセージ「GET http://192.168.1.254/dvd/slowplay.cgi HTTP/1.1」を第2のAV接続装置5に向けて送出する。 For example, if you select the "slow play" on the homepage shown in FIG. 47, the message for starting the CGI script that corresponds to this "GET http://192.168.1.254/dvd/slowplay.cgi HTTP / 1.1 "sent toward the second AV connection device 5. これを受信した第2のAV接続装置5では、「スロー再生」のコマンドはRTSPでサポートされていないので、HTTP/RSTP処理機能に具備されたCGI処理機能1424において、該当するCGIスクリプトを起動し、対応するAV/Cコマンドを1394AVコマンド処理機能1408を通して発行する。 In the second AV connection device 5 which has received this, since the command of "slow reproduction" is not supported by RTSP, the CGI processing function 1424 provided in the HTTP / RSTP processing function, activates the appropriate CGI scripts , it issues a corresponding AV / C command through 1394AV command processing function 1408.
【0423】 [0423]
サービス提供装置の詳細設定のためのホームページには、RTSPコマンドに対応するアイコンあるいは文字列と、CGIスクリプトに対応するアイコンあるいは文字列とが混在していてもよいし、また、そのホームページがCGIスクリプトに対応するアイコンあるいは文字列とでのみ構成されていてももちろん良い。 The home page for the detailed settings of the service providing device, and the icon or character string corresponding to the RTSP command, to an icon or character string corresponding to the CGI script may be mixed, also, the home page is a CGI script Of course it may be constituted only by the corresponding icon or string. 例えば、図47の「再生」ボタンや「電源ON」、「電源OFF」のボタンなど、RTSPコマンド対応テーブルにあるコマンドについては、ハイパーリンクなり、JAVAプログラム等により実現されていてもよく、「選択言語」、「字幕」といった、その他の詳細コマンドについてはCGIにて実現されていてもよい。 For example, a button of "play" button and "Power ON", "POWER OFF" in FIG. 47, the commands in the RTSP command correspondence table becomes hyperlink may be realized by JAVA programs, "selection language ", such as" subtitles ", may be realized by CGI for other details command.
【0424】 [0424]
また、図47の詳細設定のためのホームページに配置されている全てのボタンは、ネイティブコマンド対応テーブルに登録されていて、CGIスクリプトに対応つけられていてもよい。 In addition, all of the buttons that are located on the home page for the detailed setting of FIG. 47, have been registered in the native command correspondence table, it may be attached corresponding to the CGI script.
【0425】 [0425]
以上、第4の実施形態では、IEEE1394バス上のAV/Cコマンドに従うAV機器の遠隔制御について述べてきたが、同様の制御はその他の任意のリンクレイヤに依存するプロトコル群を有する機器についても同様に行うことができる。 Similarly above, in the fourth embodiment has been described for the remote control of the AV equipment according to the AV / C command on the IEEE1394 bus, a similar control is also device having a protocol suite that is dependent on any other link layer it can be carried out in. その一例として、ホームオートメーション網の一種であるLONを適用する場合について説明する。 As an example, a description will be given of a case of applying the LON is a kind of home automation network.
【0426】 [0426]
図48、図49は、それぞれLONを接続するAV接続装置の内部構成例、HTTP/RTSP処理機能の構成例を示したものである。 Figure 48, Figure 49 is an internal configuration example of the AV connection device for connecting a LON respectively, it shows a configuration example of a HTTP / RTSP processing function.
【0427】 [0427]
IEEE1394のAV/Cコマンドの代わりに、LONで定められたコマンド群、例えばLONTalk等のコマンド群を送出できるようになっている点が、 Instead of the IEEE1394 AV / C command, a command group defined by LON, for example, the point that is to be sent the commands such as LonTalk,
差分点であり、その他の各構成部は、前述同様である。 A differential point, other each component of the same above.
【0428】 [0428]
なお、以上第4の実施形態で説明した各機能は、ソフトウェアとしても実現可能である。 The above respective functions described in the fourth embodiment can also be implemented as software. また、上記した各手順あるいは手段をコンピュータに実行させるためのプログラムを記録した機械読取り可能な媒体として実施することもできる。 It can also be implemented as recorded machine-readable medium storing a program for executing each step or means described above to the computer.
【0429】 [0429]
本発明は、上述した実施の形態に限定されるものではなく、その技術的範囲において種々変形して実施することができる。 The present invention is not intended to be limited to the embodiments described above, it can be modified variously in the scope thereof.
【0430】 [0430]
(第5の実施形態) (Fifth Embodiment)
図51は、本発明の第5の実施形態に係る通信システムの構成例を示したもので、第1のネットワーク(例えばIEEE1394バスで構成されるホームネットワーク)2010および第2のネットワーク(例えば公衆網2101上のインターネット)が、AV接続装置2201を介して相互接続されている。 Figure 51 shows a configuration example of a communication system according to a fifth embodiment of the present invention, the first network (e.g. home network of IEEE1394 bus) 2010 and a second network (e.g., PSTN Internet on 2101) are interconnected via the AV connection device 2201. 以下、第1のネットワーク2010をホームネットワーク2010、第2のネットワーク2101をインターネット2101と呼ぶ。 Below, the first network 2010 home network 2010, the second of network 2101 is referred to as the Internet 2101. また、ホームネットワーク2010に接続されている各端末装置はインターネット処理機能をもつ情報家電であるとする。 Further, each terminal device connected to the home network 2010 is assumed to be information appliance with the Internet processing function.
【0431】 [0431]
AV接続装置2201は、ホームネットワーク2010とインターネット2101とを接続するゲートウエイの役割を持ち、後述するように、ホームネットワークやインターネットの終端機能、ルータ機能、プロトコル変換機能、代理サーバ機能などを持つ。 AV connection device 2201 has a role of a gateway for connecting the home network 2010 and the Internet 2101, as described below, has the home network or the Internet for termination function, a router function, the protocol conversion function, and proxy server function.
【0432】 [0432]
ホームネットワーク2010を構成するIEEE1394バスには、パーソナルコンピュータ(PC)2001、プリンタ2002、DVDプレーヤ2003が接続されている。 The IEEE1394 bus to a home network 2010, personal computer (PC) 2001, a printer 2002, DVD player 2003 is connected. インターネット2101には、IP通信を行うことのできるIP端末2102が接続されている。 The Internet 2101, IP terminal 2102 capable of performing IP communication is connected. もちろん、上記以外の端末装置がホームネットワーク2010、インターネット2101に接続されていてもよい。 Of course, the terminal device other than the above may be connected home network 2010, the Internet 2101.
【0433】 [0433]
図51において、全ての端末装置はインターネット端末、即ちIPアドレスを持ち、IP通信を行うことができる端末装置である。 In Figure 51, all terminals are Internet terminals, i.e. has an IP address, a terminal device capable of performing IP communication. ただし、ホームネットワーク2010を構成するIEEE1394バスは、プライベートIPアドレス空間のアドレスで運用されており、インターネット2102はグローバルIPアドレス(例えばIPv4)空間で運用されている。 However, IEEE1394 bus to a home network 2010, has been operating in the address of the private IP address space, the Internet 2102 has been operating in the global IP address (for example IPv4) space. IP端末2101のIPアドレスは「G.2」であるとする。 IP address of the IP terminal 2101 is assumed to be "G.2". 一方、ホームネットワーク2010上の各装置のアドレスとしては、プライベートサブネットアドレス「P.0」を持ち、PC2001が「P.1」、プリンタ2002が「P.2」、DVDプレーヤ2003が「P.3」であるとする。 On the other hand, as the address of each device on the home network 2010, has a private subnet address "P.0", PC2001 is "P.1", "P.2" printer 2002, DVD player 2003 "P.3 It assumed to be ".
【0434】 [0434]
AV接続装置2201は、アドレス体系の異なるこれら2つのネットワークに接続されているので、2つの異なるアドレス体系のアドレスを有する。 AV connection device 2201, because it is connected to different two networks address system, an address of two different address systems. すなわち、ホームネットワーク2010側のIPアドレスが「P.254」で、インターネット2101側のIPアドレスが「G.1」であるとする。 In other words, IP address of the home network 2010 side is "P.254", IP address of the Internet 2101 side is "G.1".
【0435】 [0435]
図52は、AV接続装置2201の構成例を示したものである。 Figure 52 is a diagram showing a configuration example of an AV connection device 2201. AV接続装置2201は、ホームネットワーク2010を構成するIEEE1394バスと接続するためのインタフェースを司る1394インタフェース(I/F)2202、インターネット2101と接続するためのインタフェースを司るインターネットインタフェース(I/F)2205、インターネットパケットのルーチング処理や、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスとの間のアドレス変換等を行うIP処理部2202、ホームネットワーク2010内のサービスを検出、収集し、これらサービスをインターネット2101側に対してホームページ処理部2204を通じて提示(広告)するサービスロケーション代理処理部2203、ホームネットワーク2010上の装置、サービスについて、インターネット21 AV connection device 2201, the home 1394 interface which controls an interface for connecting to the IEEE1394 bus network 2010 constitutes (I / F) 2202, Internet interface (I / F) 2205 that controls the interface for connecting to the Internet 2101, routing processing of internet packets, IP processing section 2202 performs address conversion and the like between the global IP address and private IP address, detecting the service in the home network 2010, to collect, website these services to the Internet 2101 side service location proxy processing unit 2203 is presented through the processing section 2204 (advertising), devices on the home network 2010, for services, the Internet 21 1側からの遠隔制御を行うことができるようなホームページを生成し、これを要求に応じて配送するホームページ処理部2204から構成される。 Generating a home page that can perform remote control from the 1 side, and a homepage processing unit 2204 to deliver in accordance with this request.
【0436】 [0436]
IP処理部2202は、アドレス変換処理を行うNAT処理部2206を具備する。 IP processing unit 2202 is provided with a NAT processing unit 2206 for performing the address conversion process. NATとはネットワークアドレス変換(トランスレーション)の略であり、一般にグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスとの間の変換処理、あるいはIPv4アドレスとIPv6アドレスとの変換処理等を行う。 The NAT stands for Network Address Translation (translation), and generally to the conversion process between the global IP address and private IP address, or the conversion processing of the IPv4 and IPv6 addresses. 詳細は、RFC1631を参照されたい。 For more information, see RFC1631.
【0437】 [0437]
NAT処理部2206は、IPマスカレードと呼ぶポート単位のアドレス変換機能もある。 NAT processing section 2206 is also the address translation function of the port units called IP masquerade. 即ち、ホームネットワーク2010側にいくつもの端末装置があったとしても、インターネット2101側に必要なグローバルIPアドレスが1つ(本実施形態の場合「G.1」)あれば十分とする技術であり、具体的には、ホームネットワーク2101に接続されている各々の端末装置、各々のサービス(例えばRFC1340で規定されているポート番号にて識別されるサービス)の論理多重識別子(RFC1340で規定されているポート番号にて識別されるサービスの論理多重識別子はポート番号である)に対して、同一のグローバルIPアドレス「G.1」と、各サービス毎に別々の他の論理多重識別子(例えばRFC1340で規定されているポート番号)を割当て、これらの対応関係を図55に示すようなテーブル(アドレス That is, even if a number of terminal devices in a home network 2010 side, the global IP address requires one Internet 2101 side (in this embodiment "G.1") is sufficient to techniques if, port Specifically, as specified in the home of each network 2101 are connected terminal devices, the logical multiplexing identifier of each service (e.g., service identified by the port number specified in RFC 1340) (RFC 1340 the logical multiplexing identifier of the service that is identified by the number is the port number), the same global IP address "G.1" is defined in a separate other logical multiplexing identifier for each service (e.g., RFC1340 assigned port number), the table as shown in FIG. 55 these correspondence relationships (address ポート番号変換テーブル2207)として記憶する。 Is stored as the port number conversion table 2207). そして、インターネット2101およびホームネットワーク2010のいずれか一方から他方へ転送されるパケットの宛先アドレスは、このテーブル2207を用いて、互いのアドレス空間のアドレス及びポート番号に変換されて転送されることにより、インターネット2101上の端末装置とホームネットワーク2010上の装置とが互いに通信可能となる。 Then, the destination address of the packet to be transferred from one of the Internet 2101 and home network 2010 to the other, using the table 2207, by being transferred is converted into the address and port number of each other's address space, a device on the terminal device and the home network 2010 over the Internet 2101 can communicate with one another.
【0438】 [0438]
IP処理部2202は、さらに、パケットフィルタ2208を具備する。 IP processing unit 2202 further comprises a packet filter 2208. パケットフィルタ2208は、いわゆるファイアウオールとしての機能を有する。 Packet filter 2208 has a function as a so-called firewall. 即ち、AV接続装置2201を通過すべきでないパケット(あるいは通過してもよいパケット)を判別し、通過すべきでないパケットについてはこれをIP処理部2202以外の他の部位に渡さないようにして(例えば廃棄する)、外部からホームネットワーク2010へのアクセスを制限する。 That is, to determine the packet that should not pass through the AV connection device 2201 (or good packets be passed), so as not to pass it to another site other than the IP processing unit 2202 for should not pass packets ( for example, discarded), to limit the access from the outside to the home network 2010. これにより、悪意のユーザによるホームネットワーク2010上のサービスへのアクセスを未然に防止するようになっている。 As a result, so as to prevent access to the service on the home network 2010 by a malicious user. この判断処理のために、パケットフィルタ2208は、例えば、AV接続装置2201を通過してホームネットワーク2010へ送出可能なパケットのソースアドレスを登録したテーブル(パケットフィルタテーブル2209)を持ち、インターネット2101から入力されるパケットのソースアドレスが、このテーブルに登録されている時にその通過を許可する。 For this determination process, the packet filter 2208, for example, has a table in which to register the source address of the possible outgoing packets through the AV connection device 2201 to the home network 2010 (packet filter table 2209), input from the Internet 2101 the source address of the packet to be found to allow the passage when registered in this table. なお、パケットフィルタテーブル2209にはAV接続装置2201を通過させないソースアドレスが登録されていてもよい。 Note that the source address does not pass AV connection device 2201 to the packet filter table 2209 may be registered. この場合、インターネット2101から入力されるパケットのソースアドレスが、このテーブルに登録されていなければ、そのパケットの通過を許可する。 In this case, the source address of the packets input from the Internet 2101, if it is not registered in the table, to permit the passage of the packet.
【0439】 [0439]
次に、図53に示すシーケンスを参照して、インターネット2101上のIP端末2102から、ホームネットワーク2010にアクセスし、例えばDVDプレーヤ2003の遠隔操作を行う場合を例にとり、AV接続装置2201の処理動作について説明する。 Next, with reference to the sequence shown in FIG. 53, from the IP terminal 2102 over the Internet 2101, to access the home network 2010, for example, taking as an example the case of performing remote control of the DVD player 2003, the processing of the AV connection device 2201 It will be described.
【0440】 [0440]
まず、AV接続装置2201のサービスロケーション代理処理部2203は、ホームネットワーク2010上のサービスロケーション情報を収集する(ステップS5001〜ステップS5003)。 First, the service location proxy processor 2203 of the AV connection device 2201 collects service location information on the home network 2010 (step S5001~ step S5003). サービスロケーション情報とは、ホームネットワーク2010上にどのようなサービスあるいは端末装置が存在しているかを示す情報である。 Service Location information is information indicating whether the home network 2010 what services or terminals on exist. サービスロケーション情報の収集を行う方法としては、いくつかの方法が考えられる。 As a method for collecting service location information, several methods can be considered. 例えば、サービスロケーションプロトコルを用いる方法、LDAP(ライトウエイトディレクトリアクセスプロトコル)を用いる方法、DHCP(ダイナミックホストコンフィグレーションプロトコル)を用いる方法、SNMP(シンプル網管理プロトコル)のMIB(マネージメントインフォメーションベース)を用いる方法など、種々の方法が考えられるが、これらのいずれの方法を用いても良い。 For example, a method using the method, a method using the LDAP (Lightweight Directory Access Protocol), a method using a DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol), the SNMP (Simple Network Management Protocol) of MIB (Management Information Base) using Service Location Protocol etc., various methods can be considered, it may be used any of these methods.
【0441】 [0441]
ここでは、例えば、図12に示したようなサービスロケーションプロトコルを用いて、ホームネットワーク2010上のサービスロケーション情報を収集するものとする。 Here, for example, by using the Service Location Protocol as shown in FIG. 12, it is assumed that collects service location information on the home network 2010. なお、サービスロケーションプロトコルの詳細はRFC2165を参照されたい。 It should be noted that the details of the service location protocol see RFC2165. 実際のサービスロケーション情報の収集は、図53のように、AV接続装置2201がホームネットワーク2010のディレクトリエージェントとなっており、各サービスエージェント(即ちPC2001、プリンタ2002、DVDプレーヤ2003)からAV接続装置2201へ、それぞれのサービスの登録を行うものであってもよい。 Collection of actual service location information, as shown in FIG. 53, AV connection device 2201 has become a directory agent of the home network 2010, AV connection device from each service agent (ie PC2001, printer 2002, DVD player 2003) 2201 to, may perform the registration of each of the services.
【0442】 [0442]
なお、このような方法以外にも、AV接続装置2201がサポート可能なサービスについて、それぞれのサービスにあらかじめ割当てられたIPマルチキャストアドレスに対して、AV接続装置2201がサービス要求を送出し、この要求に対し、当該サービスを提供する端末装置自身が答えるようにしてもよい。 Incidentally, in addition to this method, AV connection device 2201 for supportable services for pre-assigned IP multicast address to each service, AV connection device 2201 sends a service request, to the request against, may be answered by the terminal device itself that provides the service. また、AV接続装置2210がホームネットワーク2010上に別個存在するディレクトリエージェントに、ホームネットワーク2010上のサービスの詳細を問い合わせるようにしてもよい。 Further, the directory agent to AV connection device 2210 is present separately on the home network 2010, may inquire the details of the service on the home network 2010.
【0443】 [0443]
ここで収集されたホームネットワーク2010上で提供されているサービスに関する情報(より具体的には、ホームネットワーク2010上の端末装置のアドレスと当該装置により提供されるサービスのポート番号(RFC1340で規定))を基に、図54のフローチャートに示すような処理動作を行う。 Information about the service provided on the home network 2010 collected here (more specifically, defined by port number (RFC 1340 services provided by the address and the device of the terminal device on the home network 2010)) based on, it performs the processing operation shown in the flowchart of FIG. 54.
【0444】 [0444]
AV接続装置2201は、ホームネットワーク2010の所有者(例えばAさんとする)宅にどのようなサービスや端末装置が存在するのかを説明するホームページをホームページ処理部2204にて作成する(ステップS5101〜ステップS5102)。 AV connection device 2201, the owner of the home network 2010 (eg, A's) home what services or the terminal device to create a home page to explain how to present the website processing unit 2204 (step S5101~ step S5102).
【0445】 [0445]
このホームページは、例えば、図59に示すようなもので、インターネット2101上の任意の端末装置から、Aさん宅のURL(Uniform Resource Locator)、すなわち、例えば「http://G.1」にアクセスすると表示されるホームページである。 This home, for example, those as shown in FIG. 59, from any terminal device on the Internet 2101, the A's house URL (Uniform Resource Locator), i.e., for example, "http: //G.1" Access Then a home page that is displayed. このホームページから、例えば、CGI(Common Gate Way)プログラムにより、Aさん宅に存在している各サービスや端末装置を操作することができるようなユーザインタフェースである。 From this home page, for example, by CGI (Common Gate Way) program, a user interface such that it can operate the respective services and terminal devices that are present in A's house. 実際には、このホームページから、ホームネットワーク2010上の各端末装置に対してリンクが張られており、そのオブジェクトをクリックすると、次には各端末装置のホームページに接続され、各端末装置が提供する、その端末装置の操作スイッチ等を遠隔操作することが可能となるホームページが表示される仕組みになっている。 In fact, from the home page, and the link is stretched to each terminal device on the home network 2010, when you click on the object, the following is connected to the home page of each of the terminal devices, each terminal device provides has become an operation switch or the like of the terminal device mechanism homepage becomes possible to remotely operate is displayed.
【0446】 [0446]
次に、サービスロケーション代理処理部2203は、先に収集されたサービス、あるいは端末装置のそれぞれについて、独自の論理多重識別子、すなわち、例えば、RFC1340で規定されているポート番号(ウエルノウンポート番号ではなく、動的に設定可能なポート番号)を割り当てていく(ステップS5104)。 Next, service location proxy processor 2203, previously collected service or for each of the terminal devices, unique logical multiplexing identifier, i.e., for example, not the port number (well Roh down port number specified in RFC1340 , will assign a dynamic configurable port number) (step S5104). 以下、ホームネットワーク2010上でもともと定めれれているポート番号を第1のポート番号と呼び、ホームネットワーク2010上のサービスに対しサービスロケーション代理処理部2203で独自に割り当てられるポート番号を、ホームネットワーク2010上でもともと定めれれているポート番号とは区別するために第2のポート番号と呼ぶ。 Below, the home network 2010 the port number that is originally determined on referred to as a first port number, the port number that is uniquely assigned to the service on the home network 2010 in the service location proxy processing unit 2203, a home network 2010 above in is referred to as a second port number to distinguish the port number that is determined originally.
【0447】 [0447]
例えば、第2のポート番号「2000」はDVDプレーヤ2003に、第2のポート番号「2002」はプリンタ2002、第2のポート番号「2004」はPC2001と言うように割当てていく。 For example, the second port number "2000" in the DVD player 2003, the second of the port number "2002" is a printer 2002, the second of the port number "2004" is going to allocation as saying that PC2001. この第2のポート番号は、AV接続装置2201のグローバルIPアドレスと組になり、運用される。 The second port number is made to the global IP address and a set of AV connection device 2201 is operated. 即ち、インターネット2101側より、例えば第2のポート番号「2000」がアクセスされた場合、AV接続装置2201は、これはDVDプレーヤ2003に対するアクセスであると解釈していくこととなる。 That is, from the Internet 2101 side, for example, if the second port number "2000" is accessed, AV connection device 2201, which becomes that they would construed as access to the DVD player 2003. なお、論理多重識別子は、RFC1340で規定されているポート番号に限らず、ホームネットワーク2010上で提供される各サービスをインターネット上で識別できる識別子であれば何でもよい。 Note that the logical multiplexing identifier is not limited to the port number specified in RFC 1340, it may be any identifier that can be identified on the Internet each service provided on the home network 2010.
【0448】 [0448]
AV接続装置2201のグローバルユニークIPアドレスと、ホームネットワーク2010上で提供される各サービスに割り当てられた第2のポート番号と、ホームネットワーク2010上の当該サービスに対する論理多重識別子としての第1のポート番号と、当該サービスを提供する装置のプライベートIPアドレスとの対応関係は、アドレス・ポート番号対応テーブル2207に登録される(ステップS5105)。 A globally unique IP address of the AV connection device 2201, and a second port number assigned to each service provided on the home network 2010, a first port number as a logical multiplexing identifier for the service on the home network 2010 When the corresponding relationship between the private IP address of the device that provides the service is registered in the address and port number correspondence table 2207 (step S5105).
【0449】 [0449]
アドレス・ポート番号対応テーブル2207の具体例を図55に示す。 Specific examples of the address and port number correspondence table 2207 shown in FIG. 55. アドレス・ポート番号対応テーブル2207には、ホームネットワーク2010上で提供される各サービス毎に、インターネット2101側のIPアドレス(グローバルユニークIPアドレス)と第2のポート番号、ホームネットワーク2010側のIPアドレス(プライベートIPアドレス)と第1のポート番号の対が登録されている。 The address and port number correspondence table 2207, for each service provided on the home network 2010, the Internet 2101 side of the IP address (globally unique IP address) and the second port number, the home network 2010 side of the IP address ( private IP address) and the first pair of port number is registered. このテーブル2207に、ホームネットワーク2010上で提供される全てのサービスについての対応関係が順次登録されていく。 In this table 2207, the corresponding relationship is sequentially registered for all of the services that are provided on the home network 2010.
【0450】 [0450]
例えば、DVDプレーヤ2003の場合、ホームネットワーク2010内でのDVDプレーヤのサービス(IPアドレス(プライベートIPアドレス)=P.3、第1のポート番号=80でDVDプレーヤにより提供されるhttpサービスであると、サービスロケーションプロトコルにより解釈される)には、インターネット2101側に対しては、AV接続装置2201のグローバルIPアドレス「G.1」で第2のポート番号「2000」が割当てられている。 For example, if the DVD player 2003, the DVD player of Service (IP address in the home network 2010 (the private IP address) = P.3, the first port number = 80 are http services provided by the DVD player and it is interpreted by the service location protocol) for Internet 2101 side, is assigned the second port number "2000" in the global IP address "G.1" AV connection device 2201.
【0451】 [0451]
このようなアドレス・ポート番号変換テーブル2207の作成が、Aさん宅のサービスの各々について行われる。 Such a creation of the address and port number conversion table 2207 is carried out for each of the services of A's house. この各々について、Aさん宅のホームページへの記述が行われる。 For this each, the description of the A's home of the home page is performed.
【0452】 [0452]
Aさん宅の全てのサービスについて、テーブル2207への登録が終わった時点で、アドレス・ポート番号変換テーブル2207の作成、及びAさん宅のホームページの作成が終了する(ステップS5106)。 For all of the services of A's house, the table at the time when the registration has been completed to 2207, the creation of address and port number conversion table 2207, and the creation of A's home of the home page is completed (step S5106).
【0453】 [0453]
さて、作成されたアドレス・ポート番号変換テーブル2207は、AV接続装置2201内をIPパケットが通過する際、IPアドレスとポート番号の変換処理を行う際に用いられる。 Now, the address port number conversion table 2207 that is created, when the AV connection device 2201 is an IP packet passes is used when performing the conversion process of the IP address and port number. 図58を参照して、アドレス・ポート番号変換テーブル2207を用いた、IPアドレスとポート番号の変換処理について具体的に説明する。 Referring to FIG. 58, using the address and port number conversion table 2207 will be specifically described conversion process of the IP address and port number. 例えばインターネット2101側から宛先IPアドレスが「G.1」、宛先ポート番号が「2000」であるようなIPパケットは、テーブル2207を参照することにより、宛先IPアドレスが「P.3」、宛先ポート番号が「80」であるようなIPパケットに変換されて、ホームネットワーク2010側に送出される。 For example the destination IP address from the Internet 2101 side "G.1", the IP packet as a destination port number is "2000", by referring to the table 2207, the destination IP address is "P.3", the destination port number is converted into an IP packet, such as "80", it is sent to the home network 2010 side. 逆に、ホームネットワーク110側から送信元IPアドレスが「P.3」、送信元ポート番号が「80」であるようなIPパケットは、送信元IPアドレスが「G.1」、送信元ポート番号が「2000」であるようなIPパケットに変換されて、インターネット2101に送出される。 Conversely, the source IP address is "P.3 'from the home network 110 side, IP packets, such as source port number is" 80 ", the source IP address is" G.1 ", the source port number There is converted into IP packets, such as a "2000" is sent to the Internet 2101.
【0454】 [0454]
さて、この様なアドレス・ポート番号変換テーブル2207、及びAさん宅のホームページの作成を終了したAV接続装置2201は、このホームページをAさん宅のホームページとしてインターネット2101上に公開する(図59参照)。 Well, AV connection device 2201 that ended the creation of such an address and port number conversion table 2207, and the A's home website, to publish this website on the Internet 2101 as the home page of A's house (see Figure 59) .
【0455】 [0455]
次に、インターネット2101上のIP端末2102のユーザが、Aさん宅のDVDプレーヤ2003の遠隔操作を行う場合について説明する。 Next, the user of the IP terminal 2102 on the Internet 2101, will be described to perform the remote operation of the DVD player 2003 of A's house.
【0456】 [0456]
インターネット2101側からIPパケットを受信した場合のAV接続装置2210の処理動作を図56に、ホームネットワーク2010側からIPパケットを受信した場合のAV接続装置2201の処理動作を図57に示す。 Figure 56 the processing operation of the AV connection device 2210 in the case of receiving an IP packet from the Internet 2101 side, illustrating the processing operation of the AV connection device 2201 in the case of receiving an IP packet from the home network 2010 side in FIG. 57. 以下、図53と図56〜図57に示すフローチャートを参照して説明する。 It will be described below with reference to the flowchart shown in FIG. 53 and FIG. 56 to FIG 57.
【0457】 [0457]
まず、IP端末2102はAV接続装置2201に対して、Aさん宅のホームページの送付を要求するため、認証手続きを行う(図53のステップS5004)。 First, the IP terminal 2102 AV connection device 2201, to request the sending of the A's house homepage, performs the authentication procedure (step S5004 in FIG. 53). 例えばIP端末2102のユーザに対して、パスワード入力等を要求し、これにより認証されたユーザについてのみ、そのIP端末2102のIPアドレスを前述のパケットフィルタテーブル2209に登録する。 For example the user of the IP terminal 2102, and requests a password input or the like, thereby only the authenticated user, registers the IP address of the IP terminal 2102 in the aforementioned packet filter table 2209.
【0458】 [0458]
パケットフィルタテーブル2209は、単にIPアドレスが羅列してあるのみのテーブルで、このテーブルに登録されているIPアドレスのみがホームネットワーク2010、およびホームネットワーク2010上で提供されるサービスへのアクセスが可能となる。 Packet filter table 2209 is simply only the table IP addresses are then enumerated, can access the services only IP address registered in the table is provided on the home network 2010, and the home network 2010 Become.
【0459】 [0459]
次に、IP端末2102は、AV接続装置104に対して、Aさん宅のホームページの送付を要求する(ステップS5005)。 Next, IP terminal 2102, the AV connection device 104 to request the sending of the A's house homepage (step S5005). パケットフィルタ2208で当該ホームページの送付要求のパケットのソースアドレスがパケットフィルタテーブル2209に登録されているか否かをチェックし(ステップS5006)、当該ソースアドレスがパケットフィルタテーブル2209に登録されている場合に限り、当該パケットはホームページ処理部2204に渡され、当該要求に応じて、ホームページ処理部2204は、IP端末2102に対して、Aさん宅のホームページの送付を行う(ステップS5007)。 In packet filter 2208 checks whether the source address of the sending request packets of the home page is registered in the packet filter table 2209 (step S5006), only if the source address is registered in the packet filter table 2209 , the packet is passed to homepage processing unit 2204, in response to the request, website processing unit 2204, the IP terminal 2102 performs the sending of a's house homepage (step S5007).
【0460】 [0460]
ここで送付されるホームページには、図59に示したように、ホームネットワーク2010上のDVDプレーヤ2003、プリンタ2002、PC2001のそれぞれのホームページへのリンクが付いている。 The home page is sent here, as shown in FIG. 59, is accompanied by a link to the home network 2010 on the DVD player 2003, a printer 2002, PC2001 of each of the home page. 例えば、図59のホームページ上の「DVDプレーヤ」という文字あるいは絵にはDVDプレーヤ2003へリンクされている。 For example, it is linked to the DVD player 2003 to the letter or picture of "DVD player" on the home page of FIG. 59. 実際のリンク先のアドレスはAV接続装置2201のグローバルIPアドレス「G.1」の第2のポート番号「2000」となっており、形式上は、AV接続装置2201がホームネットワーク2010上の装置へアクセスするための代理サーバとなっている。 The actual link destination address has become a global IP address of the second port number "2000" in "G.1" of the AV connection device 2201, on the format, AV connection device 2201 to the device on the home network 2010 It has become a proxy server to access. これは、もちろん、IP端末2102からは認識されていない。 This is, of course, has not been recognized from the IP terminal 2102. しかしながら、代理サーバ処理とは違い、実際にAV接続装置2201が行う処理は、後述のようにIPマスカレード処理、即ちIPアドレスとポート番号の変換処理である。 However, the proxy server process differences, the processing actually AV connection device 2201 is performed is, IP masquerade processing as described below, that is, conversion of the IP address and port number.
【0461】 [0461]
さて、IP端末2102のユーザは、DVDプレーヤ2003の遠隔操作をするべく、DVDプレーヤのホームページの送出要求を送出する。 Now, a user of the IP terminal 2102, in order to the remote operation of the DVD player 2003, sends a transmission request of the home page of the DVD player. 例えば、図59に示したホームページ上の「DVDプレーヤ」という文字あるいは絵をクリックすることにより、DVDプレーヤのホームページの送出要求のIPパケットが送出される。 For example, by clicking on the text or picture as "DVD player" on the home page shown in Figure 59, IP packet delivery request homepage of the DVD player is sent. このパケットの宛先は、宛先IPアドレスが「G.1」、宛先ポート番号が「2000」である(ステップS5008)。 The destination of this packet, the destination IP address is "G.1", a destination port number is "2000" (step S5008).
【0462】 [0462]
このIPパケットをAV接続装置2201が受信したときの処理動作、すなわち、図53のステップS5009〜ステップS5010までのパケットフィルタリング及びアドレス・ポート番号変換処理について図56に示すフローチャートを参照して説明する。 Processing operation when the IP packet AV connection device 2201 receives, i.e., will be described with reference to a flowchart shown in FIG. 56 for packet filtering and address port number conversion processing from step S5009~ step S5010 in FIG. 53.
【0463】 [0463]
AV接続装置2201は、受信したIPパケットの宛先アドレスを参照して自分宛てであることを確認すると(ステップS5201)、まず、パケットフィルタテーブル2209を参照してパケットフィルタリング処理を行う(ステップS5202)。 AV connection device 2201 confirms that by referring to the destination address of the received IP packet is addressed to itself (step S5201), first, a packet filtering process by referring to the packet filter table 2209 (step S5202). 当該パケットのソースアドレスがパケットフィルタテーブル2209に登録されていれば、次に、当該パケットの宛先IPアドレスと宛先ポート番号との組がアドレス・ポート番号変換テーブル2207に登録されているか否かをチェックする(ステップS5203)。 If the source address of the packet is registered in the packet filter table 2209, then checks whether the set of the destination IP address and destination port number of the packet is registered in the address port number conversion table 2207 (step S5203). 登録されていれば、アドレス・ポート番号変換テーブル2207に従って、当該宛先IPアドレス及び宛先ポート番号を、対応するホームネットワーク側のIPアドレス(プライベートIPアドレス)及び第1のポート番号に差し替え(ステップS5204)、ホームネットワーク2010へ当該IPパケットを送出する(ステップS5205)。 If it is registered, according to the addressing port number conversion table 2207, replacing the destination IP address and destination port number, the corresponding home network side of the IP address (private IP address) and the first port number (step S5204) , to the home network 2010 and sends the IP packet (step S5205). この様にして、グローバルIPアドレスおよび第2のポート番号から、プライベートアドレスおよび第1のポート番号へのアドレス変換が行われる。 In this way, from the global IP address and the second port number, the address conversion to the private address and the first port number is performed.
【0464】 [0464]
なお、アドレス・ポート番号変換テーブル2207に登録されておらず、かつAV接続装置2201自身宛てのパケットでない場合は、そのパケットは廃棄する(ステップS5206)。 Incidentally, not registered in the address and port number conversion table 2207, and if not a packet of the AV connection device 2201 itself addressed, the packet is discarded (step S5206).
【0465】 [0465]
図53の説明に戻り、アドレス・ポート番号変換処理(IPマスカレード処理)が施されて、ホームネットワーク2010側へ送出されたIPパケットは、DVDプレーヤ2003に到達し(ステップS5011)、DVDプレーヤ2003はIP端末2102のグローバルIPアドレスを宛先アドレスとしてDVDプレーヤ2003のホームページを送付する。 Referring back to FIG. 53, the address port number conversion processing (IP masquerade processing) is performed, the IP packet transmitted to the home network 2010 side, and reaches the DVD player 2003 (step S 5011), the DVD player 2003 to send the home page of the DVD player 2003 the global IP address of the IP terminal 2102 as the destination address. その際のIPパケットの送信元IPアドレスはプライベートIPアドレス「P.3」、送信元ポート番号は第1のポート番号「80」である(ステップS5012)。 The source IP address of the IP packet when the private IP address "P.3", the source port number is "80" first port number (step S5012).
【0466】 [0466]
DVDプレーヤ2003のホームページを含むIPパケットをホームネットワーク2010側から受信したときのAV接続装置2201の処理動作、すなわち、図53のステップS5013のアドレス・ポート番号変換処理動作について図57に示すフローチャートを参照して説明する。 Processing operation of the AV connection device 2201 when receiving an IP packet including a home DVD player 2003 from the home network 2010 side, i.e., reference to the flowchart shown in FIG. 57 for address and port number conversion processing operation in steps S5013 in FIG. 53 and it will be described.
【0467】 [0467]
AV接続装置2201は、受信したIPパケットの送信元アドレスとポート番号との組がアドレス・ポート番号変換テーブル2207に登録されているか否かをチェックする(ステップS5301〜ステップS5302)。 AV connection device 2201 checks whether a set of the source address and port number of the received IP packet is registered in the address port number conversion table 2207 (step S5301~ step S5302). 登録されていれば、アドレス・ポート番号変換テーブル2207に従って、当該宛先IPアドレス及び宛先ポート番号を、対応するインターネット側のIPアドレス(グローバルユニークIPアドレス)及び第2のポート番号に差し替えてから(ステップS5303)、当該IPパケットをインターネット2101へ送出する(ステップS5304)。 If it is registered, according to the addressing port number conversion table 2207, (step the destination IP address and destination port number, IP address (globally unique IP address) of the corresponding Internet side and from replacement to the second port number S5303), and sends the IP packet to the Internet 2101 (step S5304). なお、ステップS5303において、アドレス・ポート番号変換テーブル2207に登録されていなかったときは、通常のIPマスカレード処理を行う(ステップS5305)。 Note that, in step S5303, when that was not registered in the address port number conversion table 2207, performs a normal IP masquerade processing (step S5305). すなわち、ソースアドレスとポート番号との組を新たにアドレス・ポート番号変換テーブルに登録し、以降のIPマスカレード通信に備える。 That is, newly registered in the address and port number conversion table includes the IP masquerade subsequent communications a set of the source address and port number.
【0468】 [0468]
図53の説明に戻り、アドレス・ポート番号変換処理(IPマスカレード処理)が施されて、インターネット2101側へ送出されたIPパケットは、IP端末2102に到達し(ステップS5014)、IP端末2102にDVDプレーヤ2003のホームページが表示され、この画面を使って、IP端末2102のユーザはDVDプレーヤ2003の遠隔操作を行うことになる。 Referring back to FIG. 53, the address port number conversion processing (IP masquerade processing) is performed, IP packets sent to the Internet 2101 side, reaches the IP terminal 2102 (step S5014), DVD to IP terminal 2102 player 2003 of the home page is displayed, using this screen, the user of the IP terminal 2102 will be performing a remote operation of the DVD player 2003.
【0469】 [0469]
この遠隔操作は、たとえば、DVDプレーヤ2003の再生動作の開始等をIP端末2105とDVDプレーヤ2003との間でCGIプログラムによる要求とその処理結果をIPパケットでやり取りして行われるが、その際、当然ながら図53のステップS5010、ステップS5013の様なIPマスカレード処理が行われる。 The remote control, for example, is performed by exchanging requests and the processing result by the CGI program between the starting or the like of the playback operation of the DVD player 2003 and the IP terminal 2105 and the DVD player 2003 in IP packets, in which, naturally step S5010 in FIG. 53, IP masquerade processing such as step S5013 is performed.
【0470】 [0470]
この間、IP端末2102は、自分がプライベートアドレス空間のノード(具体的にはプライベートIPアドレスを持ったDVDプレーヤ2003)と通信をしているという認識はない。 During this time, IP terminal 2102, it does not recognize that is the communication with the node of the private address space (DVD player 2003 specifically with a private IP address). このように、サービスの紹介とアドレス変換処理(IPマスカレード処理)とを一体として扱うことにより、グローバルユニークIPアドレス空間からプライベートIPアドレス空間中で提供されるサービスへのアクセスを可能としている。 Thus, by handling introduction and address translation services and (IP masquerade processing) integrally, thereby enabling access from globally unique IP address space to a service provided in a private IP address space.
【0471】 [0471]
なお、本実施形態においては、第2のネットワークとしてグローバルIPアドレス空間を持つインターネット2101、第1のネットワークとしてプライベートIPアドレス空間を持つホームネットワーク2010との間におけるAV接続装置2201によるアドレス・ポート番号変換処理を説明してきたが、当然ながら、第1および第2のネットワークは、以下のような組み合わせのいずれも可能である。 In the present embodiment, the global IP address Internet 2101 with space address port number conversion by AV connection device 2201 between the home network 2010 with private IP address space as the first network as a second network Having described the process, of course, first and second network may be any of the following combinations.
【0472】 [0472]
(1)グローバルIPアドレスと、プライベートIPアドレスとの組み合わせ(2)IPv4アドレスと、IPv6アドレスとの組み合わせ(3)IPv6アドレスと、リンクローカルIPv6アドレスとの組み合わせ例えば、第2のネットワークとしてIPv4アドレスにて運用されるインターネット、第1のネットワークとしてIPv6アドレスにて運用されるインターネットとしても、本発明は適用が可能である。 (1) and the global IP address, and the combination (2) IPv4 address to the private IP address, and the combination (3) IPv6 address of the IPv6 address, the combination of a link local IPv6 address for example, the IPv4 address as the second network Internet is operated Te, even the Internet, which is operated by the IPv6 address as the first network, the present invention can be applied.
【0473】 [0473]
また、第2のネットワークをIPv6アドレスにて運用されるインターネット、第1のネットワークとしてリンクローカルIPv6アドレスにて運用されるインターネットとしても、本発明は、そのまま適用が可能である。 Moreover, the Internet is operated a second network in IPv6 address, as the Internet is operated in the link-local IPv6 address as the first network, the present invention can be directly applied.
【0474】 [0474]
また、上記実施形態においては、インターネット2102に対する、ホームネットワーク2010上のサービスの広告の方法として、AV接続装置2201上のホームページを使う方法について説明してきたが、このサービス広告の方法としては、上記方法以外に、LDAP(ライトウエイトディレクトリアクセスプロトコル)を用いる方法、DHCP(ダイナミックホストコンフィグレーションプロトコル)のコンフィグレーションオプションを用いる方法、SNMP(シンプル網管理プロトコル)のMIB(マネージメントインフォベース)のリモートアクセスを用いる方法など、種々の方法が考えられる。 In the embodiment described above, to the Internet 2102, as a way for service on the home network 2010 ad has been described how to use the home page on the AV connection device 2201, as a method for the service advertisement, the method besides, using the method, the remote access DHCP method using configuration options (dynamic host configuration protocol), MIB of SNMP (simple network management protocol) (management Information base) using LDAP (lightweight directory access protocol) a method, various methods are conceivable. このサービス広告の方法として、これらのいずれの方法を用いてももちろん良い。 As a method for this service advertising, of course good using any of these methods.
【0475】 [0475]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によれば、特定のネットワークに依存せず、統一的なサービス提供環境を実現することが可能となる。 According to the present invention, it is possible to realize not dependent on a specific network, unified service delivery environments.
【0476】 [0476]
また、本発明によれば、OSやハードウェアに依存せず、必要の生じた時点で装置制御プログラムを登録することが可能となる。 Further, according to the present invention, without depending on OS and hardware, it is possible to register the apparatus control program at the time generated the need.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の第1の実施形態に係るネットワーク・システムの一構成例を示す図【図2】同実施形態に係るAV接続装置の内部構成例を示す図【図3】端末/サービス収集のシーケンスの一例を示す図【図4】コンフィグレーションROMに記述される内容の一例を示す図【図5】コンフィグレーションROMに記述される内容の他の例を示す図【図6】コンフィグレーションROMに記述される内容のさらに他の例を示す図【図7】サービス別の表示を行う場合の画面例を示す図【図8】端末別の表示を行う場合の画面例を示す図【図9】ディレクトリエージェントにサービス情報を登録する手順の一例を示す図【図10】ディレクトリエージェントに登録する情報の一例を示す図【図11】サービス別の表示を行う場合の画面例を示 Figure 3 shows showing an internal configuration example of an AV connection device according to FIG. 2 shows the same embodiment showing a configuration example of a network system according to a first embodiment of the invention; FIG terminal / service Figure 6 is a configuration showing another example of the contents described in FIGS. 5A and 5B configuration ROM showing an example of contents described in FIG. 4 shows the configuration ROM of an example of a collection of sequences Figure [diagram showing an example of a screen of a case of displaying Figure 8 of another terminal of a screen example in the case of performing the further FIGS. 7 services another display showing another example of the contents described in the ROM 9] shows a screen example in the case of performing the FIG. 11 service-specific display showing an example of information registered in the directory agent in Figure [10] directory agent showing an example of a procedure for registering service information 図【図12】ディレクトリエージェントからサービス情報を入手する手順の一例を示す図【図13】ディレクトリエージェントから入手された情報の一例を示す図【図14】サービス別の表示を行う場合の画面例を示す図【図15】DVDプレーヤ操作のための画面例を示す図【図16】第2の家庭内LAN上から第1の家庭内LAN上のサービスを利用する場合におけるネットワーク上を流れるコマンド群、プロトコル群についてのシーケンスの一例を示す図【図17】コマンド変換について説明するための図【図18】第2の家庭内LAN上から第1の家庭内LAN上のサービスを利用する場合におけるネットワーク上を流れるコマンド群、プロトコル群についてのシーケンスの他の例を示す図【図19】第2の家庭内LAN上から第 Figure 12 shows a screen example in the case of performing the FIG. 14 is a service-specific display showing an example of the information obtained from FIGS. 13 directory agent showing an example of a procedure for obtaining the service information from the directory agent Figure [15] DVD player showing a screen example for operating FIG 16 shows commands that flows on the network in the case where from the second home LAN using a service on the first home LAN shown, on the network in the case of use of Figure 18 shows a second home from the LAN on the first home LAN service for describing FIG. 17 is a command conversion of an example of a sequence of the protocol group the flow commands, the Figures [19] on the second home LAN showing another example of a sequence of protocol suite の家庭内LANに接続された装置を制御する場合におけるネットワーク上を流れるコマンド群、プロトコル群についてのシーケンスの他の例を示す図【図20】コマンド変換について説明するための図【図21】本発明の第2の実施形態に係るPCの一構成例を示す図【図22】同実施形態に係るデバイスドライバのソフトウェア構成の一例を示す図【図23】論理デバイス管理オブジェクト初期化手順を示すフローチャート【図24】論理デバイスクラスオブジェクト初期化手順を示すフローチャート【図25】論理デバイスオブジェクト初期化手順を示すフローチャート【図26】物理デバイスオブジェクト初期化手順を示すフローチャート【図27】不明のタイプを利用した場合におけるソフトウェア構造を説明するための図【図28 Figure [21] The present for commands flowing over the network, Figure [20] shows another example of a sequence of the protocol group command conversion will be described in the case of controlling the device connected to the home LAN of flow chart illustrating a second diagram showing an example of the configuration of a PC according to the embodiment FIG. FIG. 23 illustrates an example of a software configuration of the device driver according to Figure 22 the embodiment the logical device management object initialization procedure of the invention [Figure 24] using the flowchart FIG. 27 unknown type showing a flowchart Figure 26 physical device object initialization procedure shown a flow chart 25 shows the logical device object initialization procedure shown a logical device class object initialization procedure diagram for explaining the software structure in the case Figure 28 】アプリケーションによる新規デバイスクラス追加要求手順を示すフローチャート【図29】論理デバイス管理オブジェクトによる新規デバイスクラス追加手順を示すフローチャート【図30】本発明の第3の実施形態に係る家庭内LAN間を接続したネットワーク・システムの構成例を示す図【図31】クライアント側の接続前におけるネットワーク経由サービスのソフトウェア構造を示す図【図32】クライアント側の接続後におけるネットワーク経由サービスのソフトウェア構造を示す図【図33】プロキシ側の接続前におけるネットワーク経由サービスのソフトウェア構造を示す図【図34】プロキシ側の接続後におけるネットワーク経由サービスのソフトウェア構造を示す図【図35】本発明の第4の実施形態に係るAV接続装置 Was connected between home LAN according to a third embodiment of a flow chart 30 shows the present invention showing the new device class additional steps of the flow chart Figure 29 logical device management object representing the new device class addition request procedure according to the application diagram showing the software structure of the network through the service in Figure [32] after the client side of a connection showing a software structure of the network through the service before the connection of FIG. FIG. 31 is a client-side showing a configuration example of a network system Figure 33 ] AV according to a fourth embodiment of FIG. 35 shows the present invention showing the software structure of the network through the service in Figure [34] after the proxy of the connection showing the software structure of the network through the service before the proxy of the connection connecting device 構成例を示した図【図36】第2の家庭内ネットワークに収容される全ての遠隔制御可能なサービス提供装置を提示したホームページの具体例を示した図【図37】図36に示したようなホームページの作成手順を説明するためのフローチャート【図38】サービス提供装置のホームページの作成手順を説明するためのフローチャート【図39】サービス提供装置(DVDプレーヤ)のホームページの具体例を示した図【図40】第2の家庭内ネットワークに収容されるサービス提供装置を遠隔制御する場合の処理動作を説明するためのシーケンス図(ホームページのアイコンとRTSPコマンドが対応付けられ、さらに、送信データをIPカプセル化する場合)。 Diagram showing a configuration example FIG. 36 FIG. 37 shows an illustrative example of a home page presented all remotely controllable service providing apparatus which is contained in the second home network as shown in FIG. 36 Figure shows a specific example of a home page, such homepage flowchart for the creation procedure will be described FIG. 38 serving flowchart Figure 39 the service providing apparatus for explaining the homepage creation procedures device (DVD player) ## Figure 40 is a sequence diagram for illustrating a process operation in the case where the service providing apparatus which is contained in the second home network to remotely control (home icon and RTSP command is associated, furthermore, the transmission data IP capsule If you want to reduction).
【図41】送信されるホームページのテキストの一具体例を示した図。 Figure 41 is a diagram showing one specific example of the text of homepage is transmitted.
【図42】AV接続装置のHTTP/RTSP処理機能の構成例を示した図【図43】第2の家庭内ネットワークに収容されるサービス提供装置を遠隔制御する場合の処理動作を説明するためのシーケンス図(ホームページのアイコンとRTSPコマンドが対応付けられ、さらに、送信データをIPカプセル化しない場合)。 [Figure 42] shows an example of the configuration of HTTP / RTSP processing function of the AV connection device Figure 43 shows for explaining the processing operation when the remote control service providing apparatus which is contained in the second home network sequence diagram (corresponding homepage icon and RTSP command, further if no IP encapsulation transmission data).
【図44】サービス提供装置(DVDプレーヤ)のホームページのテキストの他の例を示した図(図39の「再生」のアイコンにRTSPコマンドを生成するプログラムが付加されている場合) [Figure 44] service providing apparatus (if the program to generate a RTSP command icon of "play" in FIG. 39 is added) shows another example of a home page of the text (DVD player)
【図45】サービス提供装置の詳細設定のためのホームページの作成処理手順を示したフローチャート【図46】サービス提供装置(DVDプレーヤ)の詳細設定のためのホームページのテキスト記述の一例を示した図(図47の「スロー再生」の文字列にCGIスクリプトを対応つけている場合) Home diagram showing an example of a text description of for home flowchart FIG. 46 shows the creation procedure of the service providing apparatus Advanced (DVD player) for details of settings Figure 45 the service providing apparatus ( If you are in association with CGI script to a string of "slow play" in FIG. 47)
【図47】サービス提供装置(DVDプレーヤ)の詳細設定のためのホームページの具体例を示した図【図48】LONを接続するAV接続装置の内部構成例を示した図【図49】図48のHTTP/RTSP処理機能の構成例を示した図【図50】RTSPコマンド対応テーブルの一具体例を示した図【図51】本発明の第5の実施形態に係る通信システムの構成例を示した図。 [47] Figure 49 shows of the internal configuration of the service providing device AV connection device for connecting to FIGS. FIG. 48 LON showing a specific example of a home page for detailed setting (DVD player) 48 shows an exemplary configuration of a communication system according to the fifth embodiment of the HTTP / Figure Figure 50 shows a configuration example of RTSP processing functions RTSP command Figure showing one specific example of the correspondence table [51] the present invention the Figure.
【図52】図51のAV接続装置の構成例を示した図。 Figure 52 is a diagram showing a configuration example of an AV connection device of FIG. 51.
【図53】インターネット上のIP端末からホームネットワークにアクセスして、DVDプレーヤの遠隔操作を行う場合の図51に示した通信システム全体のシーケンス図。 [Figure 53] accessed from the IP terminal on the Internet to the home network, a sequence diagram of the entire communication system shown in FIG. 51 in the case of performing the remote operation of the DVD player.
【図54】ホームネットワーク上で提供されているサービスに関する情報(ホームネットワーク上の端末装置のアドレスと当該装置により提供されるサービスのポート番号)を基にした、AV接続装置の処理動作を説明するためのフローチャート。 [Figure 54] was based on information about the service provided (the port number of the service provided by the address and the device of the terminal device on the home network) on the home network, the processing operation of the AV connection device flowchart for.
【図55】アドレス・ポート番号対応テーブルの具体例を示した図。 FIG. 55 shows a specific example of the address and port number correspondence table.
【図56】インターネット側からIPパケットを受信した場合のAV接続装置の処理動作を説明するためのフローチャート。 Figure 56 is a flowchart for the processing operation will be described of the AV connection device when receiving an IP packet from the Internet.
【図57】ホームネットワーク側からIPパケットを受信した場合のAV接続装置の処理動作を説明するためのフローチャート。 [Figure 57] Home flowchart for the processing operation will be described from the network side AV connection device when receiving an IP packet.
【図58】アドレス・ポート番号変換テーブルを用いた、IPアドレスとポート番号の変換処理を具体的に説明するための図。 [Figure 58] using the address and port number conversion table, diagram for specifically explaining the transformation process of the IP address and port number.
【図59】AV接続装置にて作成される宅内ホームページの一例を示した図。 FIG. 59 shows an example of a home homepage created by AV connection device.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1、3…IEEE1394バス2…公衆網4、5…AV接続装置6、10…PC 1, 3 ... IEEE1394 bus 2 ... PSTN 4, 5 ... AV connection device 6, 10 ... PC
7…デジタルTV 7 ... digital TV
8…DVDプレーヤ9…デジタルVTR 8 ... DVD player 9 ... digital VTR
11…プリンタ12…ホームオートメーション網13…エアコン14…電子レンジ21…1394インタフェース22…データリンクスイッチ23…公衆網インタフェース24…IP処理機能25…FANP処理機能26…1394/IPサービスロケーション処理機能27…サービスロケーション代理機能28…1394AVコマンド処理機能29…1394/IPコマンド変換機能61、62…コマンド対応テーブル71…サービス代理受信機能72…CCCP/LONコマンド変換機能73…LONコマンド発行機能81、401、402…PC 11 ... printer 12 ... home automation network 13 ... Air Conditioning 14 ... microwave 21 ... 1394 interface 22 ... datalink switch 23 ... PSTN interface 24 ... IP processing function 25 ... FANP processing function 26 ... 1394 / IP service location processing function 27 ... service location proxy function 28 ... 1394 AV command processing function 29 ... 1394 / IP command conversion function 61, 62 ... command correspondence table 71 ... service proxy receiving function 72 ... CCCP / LON command conversion function 73 ... LON command issuing function 81,401,402 ... PC
82…プロセッサ83…メインメモリ84…システムバス85…2次記憶装置86、87…IEEE1394インタフェース88…ハードディスク90、431…プリンタ91、432…FAX 82 ... Processor 83 ... main memory 84 ... system bus 85 ... secondary storage device 86 and 87 ... IEEE1394 interface 88 ... hard 90,431 ... printer 91,432 ... FAX
92、433…マッサージ装置93、434…トースタ101、501、601…論理デバイス管理機能102、502、602…2次記憶管装置理機能103、503、603…1394インタフェース管理機能104、604…プリンタのunit1 92,433 ... massaging device 93,434 ... toaster 101,501,601 ... logical device management functions 102,502,602 ... secondary storage tube device management functions 103,503,603 ... 1394 interface management functions 104,604 ... Printer unit1
105、605…FAXのunit1 105,605 ... of FAX unit1
106、606…FAXのunit2 106,606 ... of FAX unit2
107、607…マッサージ装置のunit1 107,607 ... unit1 of the massaging device
108、608…マッサージ装置のunit2 108,608 ... unit2 of the massaging device
109、508…トースタのunit1 109,508 ... of toaster unit1
111、112、511、512、611、612…ハードディスク管理機能113、114、513、514、613、614…IEEE1394インタフェースのデバイスドライバ121、521、621…1394管理オブジェクト122、522、622…論理デバイス管理オブジェクト131〜135、531〜534、631〜635…論理デバイスクラスオブジェクト131−1、131−2、132−1、133−1、134−1〜134−3、135−1、533−1、533−2、534−1、631−1、631−2、632−1、633−1、634−1、634−2、635−1、635−2…論理デバイスオブジェクト151〜156、551〜153、651〜155…物理デバイスオブジェクト161〜1 111,112,511,512,611,612 ... hard disk management functions 113,114,513,514,613,614 ... IEEE1394 interface of the device driver 121,521,621 ... 1394 management objects 122,522,622 ... the logical device management object 131~135,531~534,631~635 ... logic device class object 131-1,131-2,132-1,133-1,134-1~134-3,135-1,533-1,533 -2,534-1,631-1,631-2,632-1,633-1,634-1,634-2,635-1,635-2 ... logical device object 151~156,551~153, 651-155 ... physical device object 161-1 6、561〜563、661〜665…ドライバオブジェクト411、412…ネットワーク接続装置413…ISDN通信回線421、422…1394バス504…IP機能571…1394スタブオブジェクト681…1394プロキシオブジェクト1401…1394I/F 6,561~563,661~665 ... driver object 411, 412 ... network connection devices 413 ... ISDN communication line 421, 422 ... 1394 bus 504 ... IP functions 571 ... 1394 stub object 681 ... 1394 proxy object 1401 ... 1394 I / F
1402…データリンクスイッチ1403…公衆網I/F 1402 ... data link switch 1403 ... public network I / F
1404…IP処理機能1405…FANP処理機能1406…1394/IPサービスロケーション処理機能1407…ホームページ処理機能1408…1394AVコマンド処理機能1409…HTTP/RTSP処理機能1410…RTSP対応テーブル2001…パーソナルコンピュータ2002…プリンタ2003…DVDプレーヤ2010…第1のネットワーク(ホームネットワーク) 1404 ... IP processing function 1405 ... FANP processing function 1406 ... 1394 / IP service location processing function 1407 ... Main processing function 1408 ... 1394AV command processing function 1409 ... HTTP / RTSP processing function 1410 ... RTSP correspondence table 2001 ... personal computer 2002 ... printer 2003 ... DVD player 2010 ... the first network (home network)
2101…第2のネットワーク(インターネット) 2101 ... the second of the network (the Internet)
2102…IP端末装置2201…AV接続装置 2102 ... IP terminal 2201 ... AV connection device

Claims (27)

  1. 複数の端末装置とサーバ装置とを接続してなるシステムにおける前記複数の端末装置のうちの1つであって、 Be one of the plurality of terminal devices in a system formed by connecting a plurality of terminal devices and a server device,
    当該端末装置には、所定のネットワークを介して複数の機器が接続し、 To the terminal device is connected a plurality of devices via a predetermined network,
    当該端末装置は、 The terminal device,
    少なくとも当該端末装置から提供される第1のサービスに関する情報と、前記複数の機器のそれぞれから提供される第2のサービスに関する情報を記憶する記憶手段と、 And information about the first service provided from at least the terminal device, a storage means for storing information relating to the second service provided by each of said plurality of devices,
    少なくとも、前記サーバ装置に、前記第1のサービスと前記第2のサービスを当該端末装置から提供されるサービスとして認識させるために、前記記憶手段に記憶された情報を前記サーバ装置に登録するために送信する手段と、 At least, to the server device, the said first service second service to be recognized as a service provided by the terminal apparatus, in order to register the information stored in the storage unit to the server device and means for transmitting,
    を具備し、 Equipped with,
    前記記憶手段に記憶される情報は、前記第1のサービスおよび前記第2のサービスが変更される度に更新されることを特徴とする端末装置。 Information stored in the storage unit, a terminal device, wherein the first service and the second service is updated each time it is changed.
  2. 前記記憶手段には、さらに前記サーバ装置に前記端末装置の属性を認識させるための当該端末装置自身の属性情報を記憶し、この属性情報も前記サーバ装置に登録するために送信することを特徴とする請求項記載の端末装置。 The said storage means, and characterized by further said storing attribute information of the terminal device itself to recognize the attributes of the terminal apparatus to the server apparatus, the attribute information is also sent to register with the server device terminal device according to claim 1.
  3. 複数の端末装置とサーバ装置とを第1のネットワークを介して接続してなるシステムにおける前記サーバ装置であって、 And a plurality of terminal devices and a server device said server apparatus in a system formed by connecting via the first network,
    前記複数の端末装置のそれぞれから、各端末装置から提供されるサービスに関する情報を収集する収集手段と、 From each of said plurality of terminal devices, collecting means for collecting information about the services provided by each terminal device,
    当該サーバ装置と第2のネットワークを介して通信可能に接続されているユーザ端末からの要求に応じて、前記収集手段で収集された情報を基に、当該ユーザ端末から前記複数の端末装置を制御可能なように、少なくとも、前記複数の端末装置のそれぞれから提供されるサービスに関する情報を当該ユーザ端末へ送信する第1の送信手段と、 In response to a request from the user terminal that is communicably connected via the server device and the second network, based on information collected by the collecting means, controls said plurality of terminal devices from the user terminal as possible, at least, a first transmission means for transmitting information about the services provided by each of the plurality of terminal devices to the user terminal,
    前記ユーザ端末から、少なくとも前記複数の端末装置のうちのいずれか1つを制御対象として制御するための第1のコマンドを受信する受信手段と、 From the user terminal, receiving means for receiving a first command for controlling any one of at least the plurality of terminal devices as the control object,
    前記第1のコマンドに従って、前記制御対象を制御するための第2のコマンドを当該制御対象の端末装置へ送信する第2の送信手段と、 In accordance with the first command, a second transmission means for transmitting a second command for controlling the controlled object to the control target terminal,
    を具備したことを特徴とするサーバ装置。 Server apparatus being characterized in that comprises a.
  4. 前記第1の送信手段は、少なくとも前記複数のサービスのそれぞれに対応する論理多重識別子を送信し、 It said first transmission means transmits the logical multiplexing identifier corresponding to each of at least the plurality of services,
    前記受信手段は、前記第1のコマンドを含む、 前記制御対象の前記論理多重識別子に対応するサービス宛てのパケットを受信し、 It said receiving means includes a first command, receives a packet corresponding addressed service to the logical multiplexing identifier of the control object,
    前記第2の送信手段は、前記受信手段で受信した前記パケットの宛先として記述された前記論理多重識別子に対応するサービスを提供する前記制御対象に対し、前記第2のコマンドを送信することを特徴とする請求項記載のサーバ装置。 Said second transmission means, to said controlled object to provide a service corresponding to the logical multiplexing identifier written as the destination of the packet received by the receiving means, characterized by transmitting the second command server device according to claim 3,.
  5. 前記サーバ装置と前記ユーザ端末との間の通信プロトコルとしての第1の通信プロトコルに依存する前記第1のコマンドを、前記サーバ装置と前記複数の端末装置との間の前記第1の通信プロトコルとは異なる第2の通信プロトコルに依存する前記第2のコマンドに変換する変換手段をさらに具備し、 The first command which depends on the first communication protocol as the communication protocol between the user terminal and the server apparatus, said first communication protocol between the plurality of terminal apparatus and the server device further comprising a conversion means for converting the second command which depends on the different second communication protocol,
    前記受信手段は、前記ユーザ端末から、 前記第1の通信プロトコルに依存する前記第1のコマンドを受信し、 Said receiving means from said user terminal, receiving the first command that depends on the first communication protocol,
    前記第2の送信手段は、前記変換手段で得られた前記第2のコマンドを前記制御対象の端末装置へ送信することを特徴とする請求項記載のサーバ装置。 It said second transmission means, the server apparatus according to claim 3, wherein transmitting the second command obtained by the conversion unit to the control target terminal.
  6. 前記第1のコマンドと前記第2のコマンドとの対応関係を表したテーブルを記憶する記憶手段をさらに具備し、 Further comprising a storage means for storing a table representing the correspondence relationship between the second command and the first command,
    前記変換手段は、前記テーブルを参照して、前記第1のコマンドを前記第2のコマンドに変換することを特徴とする請求項記載のサーバ装置。 And the converting means, by referring to the table, the server apparatus according to claim 5, wherein the converting the first command to the second command.
  7. 第1のネットワーク上の複数の端末装置を当該第1のネットワークとは別の第2のネットワークに接続されたユーザ端末から制御するための制御方法であって、 A plurality of terminal devices on the first network to a control method for controlling a user terminal connected to another second network with the first network,
    前記第1のネットワークと前記ユーザ端末とのそれぞれに接続するサーバ装置を設け、このサーバ装置において、 The server device connected to each of said user terminal and the first network is provided, in the server apparatus,
    前記複数の端末装置のそれぞれから、各端末装置から提供されるサービスに関する情報を収集する収集し、 From each of said plurality of terminal devices, to collect to gather information about the services provided by each terminal device,
    当該ユーザ端末からの要求に応じて、前記収集された情報を基に、当該ユーザ端末から前記複数の端末装置を制御可能なように、少なくとも、前記複数の端末装置のそれぞれから提供されるサービスに関する情報を当該ユーザ端末へ送信し、 In response to a request from the user terminal, based on the collected information, as from the user terminal capable of controlling the plurality of terminal devices, at least, about the services provided by each of the plurality of terminal devices transmit information to the user terminal,
    前記ユーザ端末から、少なくとも前記複数の端末装置のうちのいずれか1つを制御対象として制御するための第1のコマンドを受信すると、前記第1のコマンドに従って、前記制御対象を制御するための第2のコマンドを前記制御対象の端末装置へ送信することを特徴とする制御方法。 From the user terminal, upon receiving a first command for controlling any one of at least the plurality of terminal devices as the control object, in accordance with the first command, the first for controlling the controlled object control method characterized by sending a second command to the control target terminal.
  8. 前記サーバ装置は、 Said server apparatus,
    前記サーバ装置と前記ユーザ端末との間の通信プロトコルとしての第1の通信プロトコルに依存する前記第1のコマンドを受信すると、前記第1のコマンドを前記サーバ装置と前記複数の端末装置との間の前記第1の通信プロトコルとは異なる第2の通信プロトコルに依存する前記第2のコマンドに変換し、前記第2のコマンドを前記制御対象の端末装置へ送信することを特徴とする請求項記載の制御方法。 Upon receiving the first command that depends on a first communication protocol as the communication protocol between the user terminal and the server device, while the first command with the server apparatus and the plurality of terminal devices claims wherein converting said second command that depends on a second communication protocol different from the first communication protocol, and transmits the second command to the control target terminal apparatus 7 the control method according.
  9. 複数の機器と端末装置とを接続してなるシステムにおける前記端末装置であって、 A said terminal apparatus in a system formed by connecting a plurality of devices and the terminal device,
    前記複数の機器のそれぞれが記憶する少なくとも当該機器の識別子を含む属性情報を収集する手段と、 And means for collecting the attribute information including the identifier of at least the device for storing each of said plurality of devices,
    前記収集された属性情報を基に、当該属性情報に対応する前記機器を制御するための制御プログラムの識別情報を求めて、この識別情報を基に前記制御プログラムをロードする手段と、 Based on the collected attribute information, and means for seeking identification of a control program for controlling the device corresponding to the attribute information, loads the control program based on the identification information,
    を具備したことを特徴とする端末装置。 Terminal device being characterized in that comprises a.
  10. 前記複数の機器のそれぞれは、当該機器の前記属性情報を記憶する記憶手段を有し、前記端末装置は、前記機器の前記記憶手段から前記属性情報を読みとることで、前記複数の機器のそれぞれの前記属性情報を収集することを特徴とする請求項に記載の端末装置。 Wherein each of the plurality of devices includes a storage means for storing the attribute information of the device, the terminal device, from the storage means of the device the attribute information by reading the, each of said plurality of devices terminal device according to claim 9, characterized in that collecting the attribute information.
  11. 前記複数の機器と前記端末装置は、IEEE1394バスで接続されていることを特徴とする請求項記載の端末装置。 Wherein the plurality of devices and the terminal device, the terminal device according to claim 9, characterized in that it is connected by the IEEE1394 bus.
  12. 前記識別情報により、前記制御プログラムが外部ネットワーク上に存在すると判断したときは、当該外部ネットワークを介して当該制御プログラムをロードすることを特徴とする請求項記載の端末装置。 Wherein the identification information, when the control program is determined to exist on the external network, the terminal device according to claim 9, wherein the loading the control program via the external network.
  13. 複数の端末装置とサーバ装置とを接続してなるシステムにおける前記サーバ装置であって、 Wherein in a system formed by connecting a plurality of terminal devices and a server device to a server device,
    当該サーバ装置と通信可能に接続されているユーザ端末からの要求に応じて、前記複数の端末装置のそれぞれから提供されるサービスに関する情報を提供するとともに、前記複数の端末装置のそれぞれを制御可能に構成されたホームページを提供する手段と、 In response to a request from the user terminal that is communicably connected to the server device, as well as providing information about the services provided by each of the plurality of terminal devices, controllably each of the plurality of terminal devices It means for providing a configured home page,
    前記ユーザ端末において、前記ホームページに基づき所望のサービスが選択され、当該ユーザ端末から送信された、当該選択されたサービスを提供する前記複数の端末装置のうちのいずれか1つを制御対象として制御するための第1のコマンドを含むパケットを受信する受信手段と、 At the user terminal, the desired service based on the home page is selected, transmitted from the user terminal, to control any one of said plurality of terminal devices for providing the selected service as a control object receiving means for receiving a packet including a first command for,
    この受信手段で受信されたパケットに含まれる前記第1のコマンドに従って、前記制御対象を制御するための第2のコマンドを当該制御対象の端末装置へ送信する送信手段と、 Transmitting means for transmitting a second command for controlling the controlled object to said first command included in the received packet Accordingly, at the receiving unit to the control target terminal,
    を具備したことを特徴とするサーバ装置。 Server apparatus being characterized in that comprises a.
  14. 前記複数の端末装置のそれぞれから、各端末装置から提供されるサービスに関する情報を収集する収集手段と、 From each of said plurality of terminal devices, collecting means for collecting information about the services provided by each terminal device,
    この収集手段で収集された情報を基に前記ホームページを作成する作成手段と、 Creation means for creating the website based on the information collected by this collecting means;
    をさらに具備したことを特徴とする請求項13記載のサーバ装置。 Server device according to claim 13, wherein, further provided with the.
  15. 前記サーバ装置は、 Said server apparatus,
    前記サーバ装置と前記ユーザ端末との間の通信プロトコルとしての第1の通信プロトコルに依存する前記第1のコマンドを、前記サーバ装置と前記複数の端末装置との間の前記第1の通信プロトコルとは異なる第2の通信プロトコルに依存する前記第2のコマンドに変換する変換手段をさらに具備し、 The first command which depends on the first communication protocol as the communication protocol between the user terminal and the server apparatus, said first communication protocol between the plurality of terminal apparatus and the server device further comprising a conversion means for converting the second command which depends on the different second communication protocol,
    前記受信手段は、前記ユーザ端末から、前記第1の通信プロトコルに依存する第1のコマンドを含むパケットを受信し、 Said receiving means from said user terminal, receiving a packet including a first command depending on the first communication protocol,
    前記送信手段は、前記変換手段で得られた前記第2のコマンドを前記制御対象の端末装置へ送信することを特徴とする請求項13記載のサーバ装置。 The transmission unit, the server apparatus according to claim 13, wherein transmitting the second command obtained by the conversion unit to the control target terminal.
  16. 前記複数の端末装置のそれぞれから、各端末装置から提供されるサービスに関する情報を収集する収集手段と、 From each of said plurality of terminal devices, collecting means for collecting information about the services provided by each terminal device,
    前記第1のコマンドと前記第2のコマンドとの対応関係が予め登録されたテーブルを記憶する記憶手段と、 Storage means for storing a table in which correspondence relationship between the second command and the first command is registered in advance,
    をさらに具備し、 Further comprising a,
    このテーブルを基に前記ホームページを作成することを特徴とする請求項15記載のサーバ装置。 Server device according to claim 15, wherein the creating the website this table based.
  17. 前記送信手段は、前記受信手段で受信した前記パケットの宛先として記述された前記論理多重識別子に対応するサービスを提供する前記制御対象に対し、前記第2のコマンドを送信することを特徴とする請求項13記載のサーバ装置。 Wherein said transmitting means to said controlled object to provide a service corresponding to the logical multiplexing identifier written as the destination of the packet received by the receiving means, characterized by transmitting the second command server device according to item 13, wherein.
  18. 前記ホームページには、少なくとも前記第1のコマンドを含むパケットを生成するための第1のプログラムを含み、 Wherein the home includes a first program for generating a packet including at least the first command,
    前記受信手段は、前記ユーザ端末から送信されてきた前記パケットを受信することにより、前記第1のコマンドを受信することを特徴とする請求項15記載のサーバ装置。 It said receiving means, by receiving the packet transmitted from the user terminal, the server apparatus according to claim 15, wherein the receiving the first command.
  19. 前記受信手段は、前記ユーザ端末から送信されてきた前記パケットを受信して、このパケットにて前記第2のコマンドに変換するための第2のプログラムを起動し、 The receiving means receives the packet transmitted from the user terminal, and activates the second program for converting the second command in the packet,
    前記変換手段は、この第2のプログラムに従って前記第1のコマンドを前記第2のコマンドに変換することを特徴とする請求項15記載のサーバ装置。 And the converting means, the server apparatus according to claim 15, wherein converting the first command in accordance with the second program to the second command.
  20. 前記受信手段は、前記第1のコマンドと前記ユーザ端末へ情報を送信する際の通信プロトコルを指定する情報を含むパケットを受信することを特徴とする請求項15記載の通信装置。 The reception means, communication apparatus according to claim 15, wherein receiving a packet including information for specifying a communication protocol when transmitting information to the first command and the user terminal.
  21. 前記複数の端末装置と前記サーバ装置とは、IEEE1394ネットワークにて互いに接続されていることを特徴とする請求項13記載のサーバ装置。 Wherein the plurality of terminal devices and said server apparatus, the server apparatus according to claim 13, characterized in that connected to each other by IEEE1394 network.
  22. 前記複数の端末装置と前記サーバ装置とは、LON(Local Operating Network)にて互いに接続されていることを特徴とする請求項13記載のサーバ装置。 Wherein the plurality of the terminal device and the server device, LON (Local Operating Network) that are connected to each other by the server apparatus according to claim 13, wherein.
  23. 第1のネットワーク上の複数の端末装置を当該第1のネットワークとは別の第2のネットワークに接続されたユーザ端末から制御するための制御方法であって、 A plurality of terminal devices on the first network to a control method for controlling a user terminal connected to another second network with the first network,
    前記第1のネットワークと前記第2のネットワークとに接続するサーバ装置を設け、前記サーバ装置と前記ユーザ端末との間の通信プロトコルとしての第1の通信プロトコルと、前記サーバ装置と前記複数の端末装置との間の通信プロトコルとしての第2の通信プロトコルとは互いに異なるとき、 Said first network and provided with a server device connected to said second network, the first communication protocol as the communication protocol between the user terminal and the server apparatus, the plurality of terminals and the server device when the different second communication protocol as the communication protocol between the device,
    前記サーバ装置において、 In the server apparatus,
    前記ユーザ端末から送信された、前記複数の端末装置のうちの1つを制御対象として制御するための前記第1の通信プロトコルに依存する第1のコマンドを受信すると、これを前記第2の通信プロトコルに依存する第2のコマンドに変換し、当該第2のコマンドを前記制御対象に送信することにより、当該制御対象を制御することを特徴とする制御方法。 Wherein transmitted from the user terminal, upon receiving the first command that depends on the first communication protocol for controlling one of said plurality of terminals as the control object, the second communication this into a second command which depends on the protocol by sending the second command to said control object, a control method characterized by controlling the controlled object.
  24. 第1のネットワーク上の複数の端末装置を当該第1のネットワークとは別の第2のネットワークに接続されたユーザ端末から制御するための制御方法であって、 A plurality of terminal devices on the first network to a control method for controlling a user terminal connected to another second network with the first network,
    前記第1のネットワークと前記第2のネットワークとに接続するサーバ装置を設け、このサーバ装置において、 The server device connected to said first network and said second network is provided, in the server apparatus,
    前記複数の端末装置のそれぞれから、各端末装置から提供されるサービスに関する情報を収集して、前記複数の端末装置のそれぞれから提供されるサービスに関する情報を提供するとともに、前記複数の端末装置のそれぞれを制御可能に構成されたホームページを作成し、 Wherein the each of the plurality of terminal devices, to collect information about the services provided by each terminal device, as well as providing information about the services provided by each of the plurality of terminal devices, each of the plurality of terminal devices create a control configured to be capable of the homepage,
    前記ユーザ端末からの要求に応じて、当該ユーザ端末にホームページを提供し、 In response to a request from the user terminal, and provides the home page to the user terminal,
    前記ユーザ端末において、前記ホームページに基づき所望のサービスが選択されて、当該ユーザ端末から送信された、当該選択されたサービスを提供する前記複数の端末装置のうちのいずれか1つを制御対象として制御するための第1のコマンドを含むパケットを受信すると、当該パケットに含まれる前記第1のコマンドに従って、前記制御対象を制御するための第2のコマンドを当該制御対象の端末装置送信することを特徴とする制御方法。 At the user terminal, the desired service is selected on the basis of the home page, the transmitted from the user terminal, the control as a control target one of the plurality of terminal devices for providing the selected service Upon receiving a packet including a first command for, in accordance with the first command included in the packet, sending a second command for controlling the controlled object to the control target terminal the method according to claim.
  25. 第1のネットワークと第2のネットワークとに接続される通信装置であって、 A communication device connected to a first network and a second network,
    前記第1のネットワーク上の複数の第1の端末装置のそれぞれから提供される複数のサービスのそれぞれを識別するための当該第1のネットワークに依存する複数の第1の論理多重識別子に、前記第2のネットワークに依存する第2の論理多重識別子を割り当て、 Said first plurality of first logical multiplexing identifier that is dependent on the first network for identifying each of a plurality of services provided by the plurality of first terminals on a network, wherein the assign a second logic multiplexing identifiers depends on the second network,
    前記複数のサービスのそれぞれについて、当該サービスを提供する前記第1の端末装置の前記第1のネットワークに依存する第1のアドレスと当該サービスの前記第1の論理多重識別子と、当該サービスを提供する前記第1の端末装置の前記第2のネットワークに依存する前記第2の論理多重識別子との対応関係を記憶する記憶手段と、 For each of the plurality of services, said first logic multiplexing identifier of the first address and the services that depend on the first network of the first terminal device for providing the service, provides the service storage means for storing a correspondence relationship between the second logical multiplexing identifier that is dependent on the second network of the first terminal device,
    前記第2のネットワーク上の第2の端末装置に対し、前記複数のサービスを提示する提示手段と、 For the second terminal device on the second network, and presentation means for presenting said plurality of services,
    前記第2の端末装置において、前記提示手段で提示された複数のサービスの中から選択されて、当該第2の端末装置から送信された前記第2の論理多重識別子で特定される第1のサービス宛てのパケットを受信する受信手段と、 In the second terminal device, it is selected from among a plurality of services presented by the presentation unit, the first service specified by the second logical multiplexing identifier transmitted from the second terminal device receiving means for receiving a packet destined,
    前記記憶手段に記憶された対応関係に基づき、前記受信手段で受信したパケットの宛先を、前記第1のサービスに対応する前記第1のアドレスおよび前記第1の論理多重識別子に書き換える書換手段と、 And rewriting means for rewriting based on the stored correspondence relationship in the storage means, the destination of the packet received by the reception unit, to said first address and said first logical multiplexing identifier corresponding to the first service,
    この書換手段で宛先の書き換えられたパケットを前記第1のネットワークに出力する出力手段と、 And output means for outputting a packet rewritten with the destination in the rewriting means to the first network,
    を具備したことを特徴とする通信装置。 Communication apparatus characterized by comprising a.
  26. 前記複数の第1の端末装置のそれぞれから、前記複数のサービスのそれぞれに対応する前記第1の論理多重識別子と、当該サービスを提供する前記第1の端末装置の前記第1のアドレスを収集する収集手段をさらに具備したことを特徴とする請求項25記載の通信装置。 From each of the plurality of first terminals, for collecting said first logic multiplexing identifier corresponding to each of the plurality of services, the first address of the first terminal device for providing the service communication apparatus according to claim 25, wherein the collection means further comprises.
  27. 前記第2のネットワークから入力するパケットのうち前記第1のネットワークへ転送可能なパケットの識別子を記憶する第2の記憶手段をさらに具備し、 Further comprising a second storage means for storing the identifier of the packet that can be transferred to the first network among packets received from the second network,
    前記第2のネットワークから入力されるパケットのうち、前記第2の記憶手段に記憶された識別子を有するパケットのみ前記第1のネットワークへ出力することを特徴とする請求項25記載の通信装置。 Wherein among the packets input from the second network, the communication apparatus according to claim 25, wherein the output only the packet having the identifier stored in the second storage unit to the first network.
JP12113998A 1997-05-06 1998-04-30 Terminal device, a server device, a communication device and a control method Expired - Lifetime JP3688464B2 (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11568597 1997-05-06
JP9-115685 1997-05-06
JP27915997 1997-10-13
JP9-279159 1997-10-13
JP12113998A JP3688464B2 (en) 1997-05-06 1998-04-30 Terminal device, a server device, a communication device and a control method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP12113998A JP3688464B2 (en) 1997-05-06 1998-04-30 Terminal device, a server device, a communication device and a control method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11187061A JPH11187061A (en) 1999-07-09
JP3688464B2 true JP3688464B2 (en) 2005-08-31

Family

ID=27313010

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP12113998A Expired - Lifetime JP3688464B2 (en) 1997-05-06 1998-04-30 Terminal device, a server device, a communication device and a control method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3688464B2 (en)

Families Citing this family (60)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3136140B2 (en) 1999-06-03 2001-02-19 松下電送システム株式会社 Internet-connected soho gateway device
KR100644561B1 (en) 1999-07-26 2006-11-13 삼성전자주식회사 Connection managing method of digital interface
US8032833B1 (en) 1999-07-27 2011-10-04 Samsung Electronics Co., Ltd. Home network device information architecture
US7610559B1 (en) 1999-07-27 2009-10-27 Samsung Electronics Co., Ltd. Device customized home network top-level information architecture
JP3318289B2 (en) 1999-08-10 2002-08-26 松下電送システム株式会社 The home network gateway device
US6877036B1 (en) * 1999-09-24 2005-04-05 Akamba Corporation System and method for managing connections between a client and a server
FI110975B (en) * 1999-12-22 2003-04-30 Nokia Corp Cheating Prevention of telecommunication systems
JP4846890B2 (en) * 2000-01-20 2011-12-28 ソニー株式会社 Terminal control device
JP3975045B2 (en) 2000-01-24 2007-09-12 パナソニック コミュニケーションズ株式会社 Network control device and a remote display device
JP2001211195A (en) * 2000-01-25 2001-08-03 Fujitsu Ltd Data communication system
JP4788016B2 (en) * 2000-05-08 2011-10-05 有限会社ネットモーションズ System for displaying images taken by camera on server, server and recording medium recording server control program
US7337217B2 (en) * 2000-07-21 2008-02-26 Samsung Electronics Co., Ltd. Architecture for home network on world wide web
KR100667742B1 (en) 2000-08-23 2007-01-11 삼성전자주식회사 Method and apparatus for controlling at least one controlled device in a controlling device
US7159022B2 (en) * 2001-01-26 2007-01-02 American Power Conversion Corporation Method and system for a set of network appliances which can be connected to provide enhanced collaboration, scalability, and reliability
KR100750735B1 (en) 2001-02-03 2007-08-22 삼성전자주식회사 Apparatus and method for controlling device in home network and system employing the same
JP3676783B2 (en) * 2001-03-29 2005-07-27 三菱電機株式会社 System between the connection adapter and terminal equipment
JP4571332B2 (en) * 2001-04-17 2010-10-27 富士通株式会社 Electronic devices integrated device and a computer terminal and home information system
JP4607369B2 (en) * 2001-04-20 2011-01-05 テンパール工業株式会社 A method for accessing a server connected to a LAN from the outside via the Internet
JP3661936B2 (en) * 2001-05-24 2005-06-22 ソニー株式会社 An information processing apparatus and method, recording medium, and program
JP2003087293A (en) * 2001-09-11 2003-03-20 Hitachi Ltd Network device, network controller and method for controlling network device
JP4929551B2 (en) * 2001-09-11 2012-05-09 ソニー株式会社 Information providing system, information processing apparatus and method, and program
JP3864743B2 (en) 2001-10-04 2007-01-10 株式会社日立製作所 Firewall apparatus, communication method information devices and information equipment
EP1337080A3 (en) 2002-02-15 2005-06-08 Hitachi, Ltd. Method of controlling the network devices
KR100442256B1 (en) 2002-02-28 2004-07-30 엘지전자 주식회사 Method and apparatus for compatible a standard of home network system
KR100461593B1 (en) 2002-03-08 2004-12-14 삼성전자주식회사 Apparatus and system providing remote control and management service via communication network, and method thereof
KR100474483B1 (en) 2002-03-12 2005-03-09 삼성전자주식회사 Aparatus for providing device information via network and method thereof
CN1260642C (en) * 2002-11-18 2006-06-21 深圳市朗科科技有限公司 Method for transmitting command and data to portable storage device
AU2003284503A1 (en) 2002-11-29 2004-06-23 Freebit Co., Ltd. Server for routing connection to client device
WO2004105333A1 (en) 2003-05-22 2004-12-02 Fujitsu Limited Safe virtual private network
JP2005031725A (en) * 2003-07-07 2005-02-03 Matsushita Electric Ind Co Ltd Server and repeater
US7633948B2 (en) 2003-07-07 2009-12-15 Panasonic Corporation Relay device and server, and port forward setting method
WO2005032203A1 (en) * 2003-09-26 2005-04-07 Kabushiki Kaisha Toshiba Home electric appliances remote control system, service provision server, home server, home electric appliances, home electric appliances remote control support method of service provision server, and home electric appliances service provision support method of service provision server
JP2005198145A (en) * 2004-01-09 2005-07-21 Matsushita Electric Ind Co Ltd Server, access destination data base server and network system
GB2430849B (en) 2004-01-09 2009-03-25 Matsushita Electric Ind Co Ltd IP Device Management Server and Network System
JP4154364B2 (en) 2004-04-22 2008-09-24 キヤノン株式会社 Notification method
JP2006039685A (en) * 2004-07-22 2006-02-09 Advanced Institute Of Information Technology Inc Information management system
JP4355639B2 (en) 2004-09-15 2009-11-04 キヤノン株式会社 Image processing apparatus and control method thereof
JP2006311407A (en) * 2005-05-02 2006-11-09 Mitsubishi Electric Corp Data communication system for system protection relay device
JP2009500714A (en) * 2005-07-04 2009-01-08 エスケーテレコム株式会社Sk Telecom Co.,Ltd. Home network system, a control method, a method of residential gateway setting, and event protocol processing method
JP4514798B2 (en) * 2005-09-29 2010-07-28 パイオニア株式会社 Relay apparatus and a relay method and a relay processing program
KR100694155B1 (en) * 2005-10-12 2007-03-06 삼성전자주식회사 Method and apparatus for providing service of home network device for service client outside the home network through web service
JP2007316863A (en) * 2006-05-24 2007-12-06 Matsushita Electric Works Ltd Facility monitoring system and apparatus
JP4817997B2 (en) * 2006-07-05 2011-11-16 株式会社東芝 Gateway device, communication method, and communication program
EP2116006B1 (en) * 2007-03-05 2018-06-27 Telefonaktiebolaget LM Ericsson (publ) Method for remotely controlling multimedia communication across local networks.
JP2008234118A (en) * 2007-03-19 2008-10-02 Seiko Epson Corp User interface providing device, user interface generating method, and program
JP5058023B2 (en) * 2007-04-20 2012-10-24 株式会社リコー Image processing apparatus, image processing system, and image processing method
JP2009043000A (en) * 2007-08-08 2009-02-26 Sharp Corp Content reception terminal apparatus, method and program for receiving content in content reception terminal apparatus, content reproduction terminal apparatus, method and program for reproducing content in content reception terminal apparatus, and content reception/reproduction terminal system
JP4858523B2 (en) * 2008-10-06 2012-01-18 パナソニック電工株式会社 Remote control monitoring system and information communication method used therefor
JP4858524B2 (en) * 2008-10-06 2012-01-18 パナソニック電工株式会社 Remote control monitoring system
JP4947118B2 (en) * 2009-10-07 2012-06-06 パナソニック株式会社 Relay device and relay method
JP4944940B2 (en) * 2009-12-18 2012-06-06 日本電信電話株式会社 Media information sharing system and media information sharing method
JP5370702B2 (en) 2009-12-18 2013-12-18 株式会社村田製作所 Thin film formation method
JP5385991B2 (en) * 2009-12-18 2014-01-08 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Machines Corporation System, program, and method for forming configuration information of components of systems including components which obtained configuration information
GB2489852A (en) * 2009-12-18 2012-10-10 Ibm Method, program, and system for forming configuration information of configuring element of system containing configuring element wherein acquisition
JP5459133B2 (en) * 2010-07-30 2014-04-02 株式会社富士通ゼネラル Protocol converter
US9014075B2 (en) * 2011-10-13 2015-04-21 Alcatel Lucent Wide area mirroring router
WO2015063902A1 (en) * 2013-10-30 2015-05-07 株式会社アイ・エル・シー Inter-apparatus control method, inter-apparatus control program, and inter-apparatus control system
JP2016181845A (en) * 2015-03-25 2016-10-13 東日本電信電話株式会社 Communication device
JP6141916B2 (en) * 2015-07-23 2017-06-07 スミス アンド ネフュー インコーポレイテッド Method and system for reliable interoperability between medical devices
WO2019116777A1 (en) * 2017-12-14 2019-06-20 ソニー株式会社 Information processing device, information processing method, and information processing system

Also Published As

Publication number Publication date
JPH11187061A (en) 1999-07-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7366188B2 (en) Gateway for supporting communications between network devices of different private networks
EP1695226B1 (en) Routing of resource information in a network
EP0940959B1 (en) Establishing connections between remote devices with a hypertext transfer protocol
EP1692623B1 (en) Server architecture for network resource information routing
US8369326B2 (en) Multi-services application gateway
US8108898B2 (en) Content and application download based on a home network system configuration profile
EP1545064B1 (en) Apparatus for in a coordinated way managing media content
US7647385B2 (en) Techniques for limiting network access
CA2567303C (en) Server for routing connection to client device
US6948076B2 (en) Communication system using home gateway and access server for preventing attacks to home network
US6910068B2 (en) XML-based template language for devices and services
CN102077546B (en) Remote access between UPnP devices
KR100457543B1 (en) Architecture for home network on world wide web
US7130895B2 (en) XML-based language description for controlled devices
US8458359B2 (en) System for the internet connections, and server for routing connection to a client machine
EP1049291A2 (en) Remote monitoring and control
US7295543B2 (en) Network interconnection apparatus, network interconnection method, name resolution apparatus and computer program
US7389516B2 (en) System and method for facilitating interaction between a computer and a network scanner
US20050138137A1 (en) Using parameterized URLs for retrieving resource content items
US7831696B2 (en) Apparatus for providing device information via network and a method thereof
JP3136140B2 (en) Internet-connected soho gateway device
US7647388B2 (en) Control information transmission method, intermediary server, and controlled device
EP1809005A2 (en) Remote access to local network
CN100511189C (en) Notification method
US20020035624A1 (en) Gateway and a method for operating the same

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050204

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050215

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050418

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050531

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050608

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090617

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090617

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100617

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100617

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110617

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120617

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120617

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130617

Year of fee payment: 8

EXPY Cancellation because of completion of term