JP3673503B2 - Contact connectionless broadcast capable activation of the wireless communication device to the wireless communication module and park modes based in Park Mode - Google Patents

Contact connectionless broadcast capable activation of the wireless communication device to the wireless communication module and park modes based in Park Mode Download PDF

Info

Publication number
JP3673503B2
JP3673503B2 JP2002061018A JP2002061018A JP3673503B2 JP 3673503 B2 JP3673503 B2 JP 3673503B2 JP 2002061018 A JP2002061018 A JP 2002061018A JP 2002061018 A JP2002061018 A JP 2002061018A JP 3673503 B2 JP3673503 B2 JP 3673503B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
window
wireless communication
access window
activation
information
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2002061018A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003273882A (en
Inventor
斌 甄
用 錫 金
Original Assignee
三星電子株式会社Samsung Electronics Co.,Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三星電子株式会社Samsung Electronics Co.,Ltd. filed Critical 三星電子株式会社Samsung Electronics Co.,Ltd.
Priority to JP2002061018A priority Critical patent/JP3673503B2/en
Publication of JP2003273882A publication Critical patent/JP2003273882A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3673503B2 publication Critical patent/JP3673503B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、パークモードにおける無線通信装置の活性化が可能なコネクションレス型ブロードキャストを基盤とした無線通信モジュール及びパークモードにおける無線通信装置の活性化方法に係り、更に詳しくは、パークモード状態のブルートゥース装置が任意のピコネットから他のピコネットに移動する場合に通信可能で、かつ活性モードへの転換が可能な無線通信モジュール及びパークモードから活性モードへの転換方法に関する。 The present invention relates to a method of activating a wireless communication apparatus in a wireless communication module and park mode activation was based connectionless broadcast capable of wireless communication devices in the park mode, more particularly, the park mode Bluetooth devices can communicate when moving to another piconet from any piconet, and relates to the conversion process from which can be converted to the active-mode wireless communication module and park mode to the active mode.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
ブルートゥース私設ネットワーク(Personal Area Network;以下、「PAN」という。)プロファイルを支援するブルートゥース端末(PAN User;以下、「PANU」という。)は、必要に応じて、またはマスタ装置により活性モード(active mode;アクティブモード)からパークモード(park mode)に状態を変ることができる。 Bluetooth private network (Personal Area Network;. Hereinafter, "PAN" hereinafter) Bluetooth terminal to support profile (PAN User;. Hereinafter, "PANU" hereinafter) may optionally or active mode (active mode by the master device ; can vary the state from the active mode) to the park mode (park mode).
【0003】 [0003]
従来のパークモードにおけるブルートゥース端末を活性化させるための活性化チャネル(wakeup channel)は、ビーコンスロット(beacon slot)と、接続ウィンドウ(access window)とから構成されている。 Activation channel for activating the Bluetooth terminal in a conventional park mode (wakeup channel) includes a beacon slot (beacon The slot), and is configured from a connecting window (access window). ブルートゥースの標準案によれば、パークモードのブルートゥース端末は、ポーリング接続技術(polling access technique)を通して、活性モードに転換させることが可能である。 According to the Bluetooth standard draft, Bluetooth terminal in the park mode, through polling connection technology (polling access technique), it is possible to convert to the active mode. すなわち、パークモードのブルートゥース端末は、接続ウィンドウが開いた状態で、モードの転換要請を受けた場合のみ、マスタにモード転換要請をすることができ、パークモードのブルートゥース端末は、マスタから受信されたポーリングメッセージにより活性モードに転換される。 That is, the Bluetooth terminal of the park mode, with the connection window is opened, only when receiving the request to change modes, it is possible to make the mode switching request to the master Bluetooth terminal in the park mode is received from the master It is converted into the active mode by polling message.
【0004】 [0004]
しかしながら、パークモードにおけるブルートゥース端末が、一つのピコネットから他のピコネットに移動する場合、このブルートゥース端末の活性化に問題が生じる場合がある。 However, Bluetooth terminal in the park mode is, to move from one piconet to another piconet, it may issue the activation of the Bluetooth terminal is generated. すなわち、既存のマスタと同期してパークモードに進行したブルートゥース端末は、常にこの既存のマスタのクロックに合わせて活性モードへの転換を図るものであるが、このようにパークモードに進行したブルートゥース端末は、既に新たなマスタのクロックに合わせて動作している新たなピコネットに進んでいるため、容易には活性モードに進むことができない。 That is, the Bluetooth terminal it proceeded to the park mode in synchronization with the existing master is always Bluetooth terminal but is intended to improve the conversion to the active mode according to the existing master clock, which proceeded in this way in the park mode since has progressed to a new piconet is already operating in accordance with the new master clock, it is not easily proceed to the active mode. そこで、パークモードにおけるブルートゥース端末が、既存のマスタとは関係なくパークモードから活性モードに進行することができるように、新たなマスタと直接連結を設定する方法が要求されている。 Therefore, the Bluetooth terminal in the park mode, the existing master to be able to proceed to the active mode from the park mode regardless, a method of setting a new master directly connected is required.
【0005】 [0005]
一方、ブルートゥース端末が一つのピコネットから他のピコネットに移動すると、データの転送が可能な状態となるには、新たなピコネットの構成要素となるための連結設定の過程を経ることが必要となる。 On the other hand, when moving to another piconet Bluetooth terminal from one piconet, the data transfer is ready, it is necessary to go through the process of connection setup to the components of the new piconet. ブルートゥースPANのワーキンググループや、位置情報のワーキンググループ(Local Positioning Working Group)は、マスタとスレーブが決定される前に、比較的多くの情報が交換されてブロードキャストされることの必要性について述べている。 And working groups of Bluetooth PAN, a working group of the position information (Local Positioning Working Group), before the master and the slave are determined, describes the need for a relatively large amount of information is broadcasted is replaced .
【0006】 [0006]
ブルートゥース私設ネットワークプロファイルを支援するブルートゥース端末は、ブルートゥースネットワーク接続装置(Network Access Point;NAP)から位置情報を収集することが必要である。 Bluetooth terminal to support Bluetooth private network profile, a Bluetooth network connection device; it is necessary to collect location information from (Network Access Point NAP). また、ブルートゥース端末が移動するにつれ、それぞれのNAPが担うブルートゥース端末の個数は頻繁に変るため、NAPはOSI階層2(data link layer)と階層3(network layer)の情報を周期的にブロードキャストする必要がある。 Moreover, as the Bluetooth terminal moves, since the number of Bluetooth terminals carrying the respective NAP is vary often, NAP is OSI layer 2 (data link layer) and hierarchical 3 (network layer) information periodically to broadcast the there is.
【0007】 [0007]
当該分野で公知となっているブルートゥースの標準案1.1によれば、ブルートゥース装置は、データを転送する前に、連結設定に比較的多くの時間が費やされるコネクション型システムであり、その情報のブロードキャスティングは、端末間に連結が設定された以後になされ得る。 According to the Bluetooth standard draft 1.1 which is known in the art, Bluetooth device, before forwarding the data, a connection-oriented system relatively much time is spent in connection setup, the information broadcasting may be made in the subsequent the connection is set between the terminals. また、そのブルートゥース端末は、一つのピコネットから他のピコネッに移動する場合発生するハンドオーバーのため、比較的多くの無線資源を使用することとなる。 Also, the Bluetooth terminal for handover that occurs when moving from one piconet to another Pikone', and the use of relatively large number of radio resources. 例えば、自発的なハンドオーバーにおける幾つかのNAPは、ただ一つのブルートゥース端末に対するハンドオーバーのために、ページングの手続を実行することが必要である。 For example, some NAP in spontaneous handover, only for handover for one Bluetooth terminal, it is necessary to perform the procedure of paging. しかし、ページングの過程で、NAPは、既に連結され、サービスを受けていたブルートゥース端末について、比較的長い時間、サービスを中断しなくてはならないという問題がある。 However, the paging process, NAP is already connected, the Bluetooth terminal has received service, relatively long time, without interrupting the service there is a problem that should not.
【0008】 [0008]
このようなサービスの中断は、実時間でサービスを支援することができなくなるという問題を招き易い。 Such a service interruption is likely lead to a problem that it becomes impossible to support the service in real time. しかし、ほとんどのブルートゥース端末は、アイドルモード(idle mode)の状態にあるので、ブルートゥース端末が移動する毎に、ハンドオーバーを実行することは無線資源の浪費につながる。 However, most of the Bluetooth terminal, because in a state of idle mode (idle mode), each time the Bluetooth terminal moves, performing handover leads to waste of radio resources. すなわち、NAPの側では、アイドル状態のブルートゥース端末の位置が、概略的に認識されていれば充分であると言える。 That is, in the side of the NAP, it can be said that the position of the Bluetooth terminal in idle, it is sufficient if it is recognized schematically.
【0009】 [0009]
しかしながら、ブルートゥースシステムにおいて、マスタとスレーブとから構成されたピコネットが決定された状況下においてのみ、情報のブロードキャスティングが可能なので、連結設定の手続を実行する前に、ブロードキャストを支援するための方法が必要である。 However, in the Bluetooth system, only in a situation where configured piconet is determined by the master and slave, so capable broadcasting information, before performing the procedure of connection setup, the method for supporting a broadcast is necessary.
【0010】 [0010]
このため、フィリップス(Phillips)社は、インクワイアリの過程(inquiry process)で、前記位置情報をブロードキャストするために、IDパケットを拡張させる方法を提案した。 Therefore, Philips (Phillips) Inc., in the course of the inquiry (inquiry process), to broadcast the location information, proposed a method for expanding an ID packet. しかし、このIDパケットを拡張させる方法は、ブロードキャスト情報が複数のパケットに分けられて伝達される際に問題が生じる。 However, a method for expanding the ID packet, a problem arises when the broadcast information is transmitted is divided into a plurality of packets.
【0011】 [0011]
すなわち、このように拡張されたIDパケット(Extended IDentifierパケット:EIDパケット)に含まれる位置情報は、300バイト程度であり、また、IP階層ハンドオーバープロトコルにより、接続点(Access Point)は周期的に通知メッセージ(advertisementmessage)をブロードキャストする必要があるが、このようなブロードキャストメッセージを、いかにして効率的に配置させるかという問題が生じる。 That thus extended ID packet: position information included in the (Extended IDentifier packet EID packet) is about 300 bytes, and by the IP layer handover protocol, the connection point (Access Point) periodically it is necessary to broadcast the notification message (advertisementmessage), but such a broadcast message, how to question of whether to efficiently arranged occur.
【0012】 [0012]
一方、IDパケット拡張方法は、各スロットのパケットが16個のホッピング周波数毎に反復される必要があるため、非常に長い時間を要するという問題点がある。 On the other hand, ID packets enhancement method, since the packet of each slot needs to be repeated every 16 hopping frequencies, there is a problem that it takes a very long time. また、このIDパケット拡張方法は、EIDパケットを受信することにより、NAPと同期すると同時に情報を受けることが必要なので、同期した後で情報を受ける場合と比べて、一つのIDパケットのみを誤って受けた場合でも、このIDパケットに含まれる情報を失うこととなり、その結果として、ブロードキャスト情報全体の再構成を行うことが不可能となる。 Further, the ID packet extension method, by receiving the EID packet, so that need to receive information simultaneously when synchronization with NAP, as compared with the case of receiving the information after synchronizing, by mistake only one ID packet even if the received, will lose the information contained in this ID packet, as a result, it becomes impossible to perform the reconstruction of the entire broadcast information.
【0013】 [0013]
このような問題点を克服するためにウィドコム(Widcomm)社は、EIDパケットに、NAPのブルートゥース端末アドレス(Bluetooth Device Address;BD_ADDR)と、クロック情報を追加した方策を提案した。 Widokomu (Widcomm) Co. In order to overcome such a problem, the EID packet, NAP Bluetooth terminal address; suggested that (Bluetooth Device Address BD_ADDR), measures added clock information. ウィドコム社が提案した方策によれば、IDパケットを受信したブルートゥース端末は、IDパケットに含まれているBD_ADDRとクロック情報を用いて、該当するNAPと同期することができるようになる。 According to the measure of Widokomu Corporation has proposed, Bluetooth terminal receiving the ID packet, using the BD_ADDR and clock information included in the ID packet, it is possible to synchronize with the corresponding NAP. このような過程は、一層早いハンドオーバーを支援することができる。 Such a process, it is possible to support a more fast handover. しかし、このような方法を用いても、ブルートゥース端末は、連結設定のために受信したパケットに対する応答を実行する必要があるので、データの転送が可能な状態に至るまで、なお長い時間を要するという問題点がある。 However, even with such a method, Bluetooth terminal, it is necessary to perform a response to the packet received for connection setup, up to the ready transfer of data, it noted that it takes a long time there is a problem.
【0014】 [0014]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明は前述した問題点を解決するために創案されたもので、本発明の目的は、パークモードにおける装置を活性化することが可能なコネクションレス型ブロードキャストを基盤とした、無線通信モジュール、及びパークモードにおける無線通信装置の活性化方法を提供することにある。 The present invention has been developed to solve the above problems, an object of the present invention was based connectionless broadcast capable of activating a device in a park mode, the wireless communication module, and It is to provide a method of activating a wireless communication device in the park mode.
【0015】 [0015]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
前記課題を達成するための本発明に係る無線通信モジュールは、ランダムアクセスウィンドウのサイズ及び反復回数を含むウィンドウ変数を設定する変数設定部と、ランダムアクセスウィンドウを支援するか否かについてのウィンドウ支援情報を生成する情報生成部、及びポーリングアクセスウィンドウ及び前記ウィンドウ変数に基づき生成された前記ランダムアクセスウィンドウを活性化及び非活性化するウィンドウ管理部とを備えることを特徴とする。 Wireless communication module according to the present invention for achieving the above object, a window support information about the variable setting unit that sets a window variables including the size and number of iterations of the random access window, whether to support the random access window information generating unit that generates, and characterized in that it comprises a window managing unit for activating and deactivating the random access window generated based on the polling access window and the window variables.
【0016】 [0016]
望ましくは、前記ウィンドウ支援情報は、ビーコンスロットを通して転送され、前記ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ランダムアクセスウィンドウは、前記ウィンドウ支援情報が転送される前記ビーコンスロットの終了後に活性化される。 Preferably, the window support information is transferred through the beacon slots, the polling access window and the random access window, the window support information is activated after completion of the beacon slots to be transferred.
また、前記活性化情報は、リンク管理プロトコルにより具現されることが望ましい。 Further, the activation information is preferably embodied by a link management protocol.
更に、前記ポーリングアクセスウィンドウ、及び前記ランダムアクセスウィンドウは、同時に活性化されることが望ましい。 Furthermore, the polling access window, and the random access window is preferably activated at the same time.
【0017】 [0017]
一方、前記ポーリングアクセスウィンドウと前記ランダムアクセスウィンドウは、前記の時間間隔によって順次に活性化され得る。 Meanwhile, the polling access window and the random access window may be sequentially activated by said time interval. この際、前記ウィンドウ変数は所定の時間間隔を更に含むことが望ましい。 At this time, the window variable desirably further comprises a predetermined time interval.
前記ランダムアクセスウィンドウは複数のスロットで構成され、前記スロットは同期コネクション型リンクを支援する。 The random access window is composed of a plurality of slots, said slots to support synchronous connection-oriented links.
【0018】 [0018]
望ましくは、前記ウィンドウ支援情報に応答して外部の通信装置から転送された接続要請メッセージを受信する際に、前記外部の通信装置に、活性化メッセージを転送する活性化部を更に備える。 Preferably, when receiving a connection request message transferred from an external communication device in response to the window support information, the outside of the communication device further comprises an activation unit for transferring the activation message. この際、前記接続要請メッセージは、前記外部の通信装置のブルートゥース端末アドレスを含む。 At this time, the connection request message includes a Bluetooth terminal address of the external communication device. また、前記接続要請メッセージは0から前記ランダムアクセスウィンドウのサイズ×2の区間で選択された個数ほどのタイムスロットが経過された後受信される。 Further, the connection request message is received after 0 from the random access window as the number selected in the interval of size × 2 of the time slots is elapsed.
【0019】 [0019]
望ましくは、前記外部の通信装置に転送するパケットが存在する場合、前記活性化部は、前記外部の通信装置のブルートゥース端末アドレスを含む前記活性化メッセージを転送する。 Preferably, when the packet to be transferred to the external communication device is present, the activation unit transfers the activation message including the Bluetooth terminal address of the external communication device. この際、前記活性化メッセージはビーコンスロットを通して転送される。 At this time, the activation message is forwarded through the beaconslot.
【0020】 [0020]
望ましくは、ブルートゥース端末アドレス及びクロック情報を含む同期情報をブロードキャストする同期情報転送部、及び前記同期情報の転送した後に、チャネル接続コード、パケットヘッダ、及びペイロードを含むブロードキャストデータパケットを転送するパケット転送部を更に備え、前記ウィンドウ管理部は前記同期情報、及び前記ブロードキャストデータパケットを転送した後に、前記ポーリングアクセスウィンドウ、及び前記ランダムアクセスウィンドウを活性化する。 Preferably, the synchronization information transfer unit for broadcasting synchronization information including the Bluetooth terminal address and clock information, and after the transfer of the synchronization information, channel connection code, the packet transfer unit for transferring the packet header, and a broadcast data packet containing the payload further wherein the window management unit the synchronization information, and after transferring the broadcast data packet, and activates the polling access window, and the random access window. この際、前記同期情報、及び前記ブロードキャストデータパケットはそれぞれ、ビーコンウィンドウ、ブロードキャストウィンドウを通して転送される。 At this time, each of the synchronization information, and the broadcast data packet is transferred beacon window, through broadcast window.
【0021】 [0021]
前記他の技術的課題を達成するための本発明に係るパークモードにおける無線通信装置の活性化方法は、ランダムアクセスウィンドウを支援するか否かについてのウィンドウ支援情報を転送する段階と、ポーリングアクセスウィンドウ及び所定のウィンドウ変数に基づき生成された前記ランダムアクセスウィンドウを活性化する段階と、前記ランダムアクセスウィンドウを通して外部の通信装置から接続要請を受信する段階、及び前記外部の通信装置に活性化メッセージを転送する段階とを有する。 Activation method of a wireless communication device in park mode according to the present invention for achieving the other technical problem, and transmitting the window support information about whether to support the random access window, the polling access window and transfer comprising the steps of activating the random access window generated based on the predetermined window variables, the random access stage receiving a connection request from an external communication device through a window, and the activation message to the external communication device and a stage to.
【0022】 [0022]
望ましくは、前記ウィンドウ支援情報はビーコンスロットを通して転送される。 Preferably, the window support information is transmitted through a beacon slot. また、前記ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ランダムアクセスウィンドウは前記ウィンドウ支援情報が転送される前記ビーコンスロットの終了後に活性化される。 Moreover, the polling access window and the random access window the window support information is activated after completion of the beacon slots to be transferred.
【0023】 [0023]
一方、前記活性化情報はリンク管理プロトコルにより具現される。 Meanwhile, the activation information is implemented by the link management protocol.
望ましくは、前記ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ランダムアクセスウィンドウは同時に活性化される。 Preferably, the polling access window and the random access window is activated at the same time. これとは違って、前記ポーリングアクセスウィンドウと前記ランダムアクセスウィンドウは前記時間間隔により順次に活性化でき、この際前記ウィンドウ変数は所定の時間間隔を更に含む。 Unlike this, the polling access window and the random access window sequentially be activated by the time interval, this time the window variables further includes a predetermined time interval.
【0024】 [0024]
前記ポーリングアクセスウィンドウは複数のスロットで構成され、前記スロットは同期コネクション型リンクを支援することが望ましい。 The polling access window is composed of a plurality of slots, said slots it is desirable to support synchronous connection-oriented links.
また、前記接続要請メッセージは、前記外部の通信装置のブルートゥース端末アドレスを含み、前記接続要請メッセージは0から前記ランダムアクセスウィンドウのサイズ×2の区間で選択した個数ほどのタイムスロットが経過された後受信されることが望ましい。 Further, the connection request message includes a Bluetooth terminal address of the external communication device, after the connection request message to the number as of the time slots from 0 selected in the random access window size × 2 section of is elapsed It received it is desirable.
【0025】 [0025]
前記外部の通信装置に転送するパケットが存する場合、前記外部の通信装置のブルートゥース端末アドレスを含む前記活性化メッセージを、ビーコンスロットを通して転送する段階を更に含むことが望ましい。 If a packet to be transferred to the external communication apparatus exists, the activation message including the Bluetooth terminal address of the external communication device, further desirably includes a step of transferring through beacon slot.
また、前記ウィンドウ支援情報転送段階の前と、前記外部の通信装置を同期化する段階とを更に含む。 Moreover, further comprising a front of the window support information transfer phase, and a step of synchronizing the external communication device.
望ましくは、前記同期化段階は、ブルートゥース端末アドレス及びクロック情報を含む同期情報をブロードキャストする段階と、及び前記同期情報を転送した後に、チャネル接続コード、パケットヘッダ、及びペイロードを含むブロードキャストデータパケットを転送する段階とを有する。 Preferably, the synchronization step, transfer the steps of broadcasting the synchronization information including the Bluetooth terminal address and clock information, and after transferring the synchronization information, channel connection code, packet header, and a broadcast data packet containing the payload and a stage to. この際、前記同期情報及び前記ブロードキャストデータパケットはそれぞれ、ビーコンウィンドウ及びブロードキャストウィンドウを通して転送される。 At this time, each of the synchronization information and the broadcast data packet is transferred through the beacon window and broadcast window.
【0026】 [0026]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、添付した図面に基づき本発明の望ましい実施の形態について詳細に説明する。 It will be described in detail preferred embodiments of the present invention by referring to the figures. 以下に示される各図面において、同一の参照番号は同一の構成要素を示す。 In the drawings shown below, the same reference numbers indicate the same components.
【0027】 [0027]
図1は、本発明に係るパークモードにおける装置の活性化が可能なコネクションレス型ブロードキャストを基盤としたブルートゥースモジュールの一実施形態の構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing a configuration of an embodiment of a Bluetooth module with built on activation connectionless broadcast capable devices in park mode according to the present invention. 図1に示すように、本発明に係るブルートゥースモジュール100は、変数設定部110、情報生成部120、ウィンドウ管理部130、活性化部140、同期情報転送部150、パケット転送部160、及び制御部170とを含んで構成されている。 As shown in FIG. 1, the Bluetooth module 100 according to the present invention, the variable setting unit 110, the information generating unit 120, the window management unit 130, the activation unit 140, the synchronization information transfer unit 150, packet transfer unit 160, and a control unit It is configured to include a 170.
【0028】 [0028]
変数設定部110は、ランダムアクセスウィンドウのサイズ、及び反復回数を含むウィンドウ変数を設定するものである。 Variable setting unit 110 is configured to set the window variables include random access window size, and number of iterations. このような変数は、コネクションレス型ブロードキャストチャネル(connectionless broadcast channel)を通して、活性化チャネル(wakeup channel)に対する情報をブロードキャストする際に決定される。 Such variables through connectionless broadcast channel (connectionless broadcast channel), is determined at the time of broadcast information to activated channel (wakeup channel).
【0029】 [0029]
図2は、コネクションレス型の活性化チャネルの構造を模式的に示図である。 2, the structure of the activation channel connectionless is schematically 示図. 図2に示すSaccess及びRaccessはそれぞれ、ランダムアクセスウィンドウ(random access window)のサイズ、反復回数を意味するものである。 Each Saccess and Raccess 2 is intended to mean the size of the random access window (random access window), the number of iterations. ランダムアクセスウィンドウは、ポーリングアクセスウィンドウ(polling access window)とは異なる再転送メカニズムを使用するため、ポーリングアクセスウィンドウと共存することができる。 Random access window, making use of the different retransmission mechanism and polling access window (polling access window), it is possible to coexist with polling access window.
【0030】 [0030]
また、ランダムアクセスウィンドウとポーリングアクセスウィンドウは、互いに開始点が異なる場合があり、互いに開始点が異なる場合には、ランダムアクセスウィンドウオフセットに対するパラメータ値を設定することが必要となる。 Further, the random access window and polling access windows may start point are different from each other, if the starting point is different, it is necessary to set a parameter value to the random access window offset. ランダムアクセスウィンドウ区間のスレーブ対マスタスロットは、一般のポーリングアクセスウィンドウ区間と同様に、2個の312.5μsの区間に分けられて構成される。 Random access window section of the slave-to-master slots, like the general polling access window section configured divided into two 312.5μs section.
【0031】 [0031]
情報生成部120は、ランダムアクセスウィンドウを支援するか否かについてのウィンドウ支援情報を生成するものである。 Information generating unit 120 is for generating a window support information about whether to support the random access window. このウィンドウ支援情報は、ビーコンスロットを通して転送される。 This window support information is transferred through the beaconslot. ビーコンスロットには、既存の機能の他、ランダムアクセスウィンドウを支援するか否かに関する通報、及びBD_ADDRを使用するパークモードにおけるブルートゥース端末の活性化機能が付与されている。 The beacon slot, other existing functionality, notification regarding whether to support the random access window, and activation functions of the Bluetooth terminal in park mode using BD_ADDR is granted.
【0032】 [0032]
このような機能は、新たなリンク管理プロトコル(Link Management Protocol:LMP)のメッセージによって具現される。 Such functions, new link management protocol: is embodied by a message (Link Management Protocol LMP). そして、ランダムアクセスウィンドウを支援するというLMPメッセージがない場合には、パークモードにおけるコネクションレス型ブルートゥース端末は、ランダムアクセス区間を使用することができない。 And, if there is no LMP message that support the random access window, connectionless Bluetooth terminal in the Park mode, can not use the random access period. ビーコンスロットにおいて、該当するLMPメッセージを受け取ったブルートゥース端末は活性モードに進む。 In beaconslot, Bluetooth terminal, which has received the appropriate LMP message proceeds to the active mode.
【0033】 [0033]
一方、バックボーン(backbone)からパークモードのコネクションレス型ブルートゥース端末に転送されるトラフィックがNAPに到達すると、NAPはビーコンスロット内で当該ブルートゥース端末のBD_ADDRを含む活性化LMPメッセージを送信する。 On the other hand, when the traffic forwarded from the backbone (backbone) in connectionless Bluetooth terminal in the park mode reaches the NAP, NAP sends an activation LMP message including BD_ADDR of the Bluetooth terminal in the beaconslot. この際、パークモードにおけるコネクションレス型ブルートゥース端末は、新たなNAPにより割当てられたアクセス要請アドレス(Access Request Address;AR#ADDR)を認識していないため、新たなNAPは、当該ブルートゥース端末のBD_ADDRを用いて活性化メッセージ(unpark message)を生成する。 At this time, connectionless Bluetooth terminal in the park mode, the access request address assigned by the new NAP; because it does not recognize the (Access Request Address AR # ADDR), the new NAP is a BD_ADDR of the Bluetooth terminal generating an activation message (unpark message) using.
【0034】 [0034]
ウィンドウ管理部130は、ポーリングアクセスウィンドウ、及びウィンドウ変数に基づいて生成されたランダムアクセスウィンドウを活性化、または非活性化する。 Window managing unit 130, the polling access window, and activate the random access window that is generated based on the window variable or deactivated. そしてビーコンスロットでNAPがランダムアクセスを支援するというLMPを転送すると、パークモードのコネクションレス型ブルートゥース端末は、ランダムアクセス区間を用いて、自発的にNAPに活性化要請を送信することができる。 When the NAP at the beacon slot to transfer LMP that support random access, connectionless Bluetooth terminal in the park mode may be transmitted using the random access period, the activation request to spontaneously NAP.
【0035】 [0035]
このブルートゥース端末は、0から2×Saccessのうち、任意の一つの数字(RAND)を発生させる。 The Bluetooth terminal, among the 0 the 2 × Saccess, to generate any one of numbers (RAND). その後、ランダムアクセスウィンドウの開始からRAND個数程度のハーフタイムスロット(half time slot)が到達するまで待機する。 After that, wait from the start of the random access window to the RAND number about of half-time slot (half time slot) is reached. 次いで、ブルートゥース端末は、上方スロットにBD_ADDRのみを含むEIDパケットを転送する。 Then, the Bluetooth terminal transfers the EID packet containing only BD_ADDR upward slot.
【0036】 [0036]
活性化部140は、ウィンドウ支援情報に応答して、前記ブルートゥース端末から転送された接続要請メッセージを受信する際に、ブルートゥース端末に活性化メッセージを転送するものである。 Activation unit 140 in response to the window support information, when receiving a connection request message transferred from the bluetooth terminal is for transferring an activation message to the Bluetooth terminal. EIDパケットを転送したブルートゥース端末は、NAPから転送される活性化LMPメッセージが到達するまで待機する。 Bluetooth terminal which transferred the EID packet waits until activated LMP message transferred from the NAP is reached. もし、この活性化LMPメッセージが到達したならば、当該ブルートゥース端末は活性モードに進む。 If this activation LMP message arrives, the Bluetooth terminal proceeds to the active mode. 一方、ランダムアクセスウィンドウが終了するまでに、前記活性化LMPメッセージが到着しない場合には、当該ブルートゥース端末は次に開始されるランダムアクセスウィンドウで、再度、活性化の要請手続を実行する。 On the other hand, to the random access window ends, when the activation LMP message does not arrive, the Bluetooth terminal in the random access window that started then again executes the request procedure activation.
【0037】 [0037]
また、ランダムアクセスウィンドウ内に存するスロットは、SCOリンクを支援することができる。 In addition, the slot that exists in the random access window, it is possible to support the SCO link. そして、ポーリングアクセスウィンドウの体系と同様に、前記ブルートゥース端末は、下方スロットにおいて、ブロードキャストパケットを受信した場合のみに追従する上方スロットを通してアクセス要請パケットを転送することができる。 Then, like the system polling access window, the Bluetooth terminal in the lower slot can transfer an access request packet through the upper slots to follow only when receiving a broadcast packet.
【0038】 [0038]
更に、SCOパケットは、ブロードキャストパケットでないため、前記ブルートゥース端末は、SCOパケットを受信すると、追従する上方スロットにおける活性化の要請を中止する。 Furthermore, the SCO packet, because it is not a broadcast packet, the Bluetooth terminal receives the SCO packet, stops the request for activation in upward slots to follow. 一方、NAPは、次の下方スロットがSCOパケットに予約されていれば活性化メッセージを送信しない。 Meanwhile, NAP, the next lower slot does not send the activation message if it is reserved for SCO packets.
【0039】 [0039]
同期情報転送部150は、前記ブルートゥース端末のアドレス、及びクロック情報を含む同期に関する情報をブロードキャストする。 Synchronization information transfer unit 150 broadcasts the information about the synchronization including the Bluetooth terminal address, and clock information. この同期に関する情報は、ビーコンウィンドウを通して転送されるようになっている。 Information regarding the synchronization is adapted to be transferred through the beacon window. そして、パケット転送部160は、この同期に関する情報が転送された後に、チャネル接続コード、パケットヘッダ、及びペイロードを含むブロードキャストデータパケットを転送する。 The packet transfer unit 160, after the information about the synchronization is transferred to the transfer channel connecting cord, a packet header, and a broadcast data packet containing the payload. このブロードキャストデータパケットは、ブロードキャストウィンドウを通して転送されるようになっている。 The broadcast data packet is adapted to be transferred through broadcast window.
【0040】 [0040]
前記ビーコンウィンドウと前記ブロードキャストウィンドウは、コネクションレス型ブロードキャストチャネルを構成している。 The broadcast window as the beacon window constitutes a connectionless broadcast channel. 前記ビーコンウィンドウは、既存のブルートゥース標準文書において規定されている通り、送受信端末間のチャネル同期化のために使われ、ブロードキャストウィンドウは、ブロードキャスト情報を伝達するために使用されるものである。 The beacon window, as is defined in the existing Bluetooth standard document, is used for channel synchronization between transmitting and receiving terminals, the broadcast window is intended to be used to convey broadcast information. このブロードキャスト情報を受信するためには、このブルートゥース端末がインクワイアリスキャンの状態にあればよい。 To receive this broadcast information, the Bluetooth terminal may be in a state of Inquiry Scan.
【0041】 [0041]
制御部170は、各構成要素の動作を制御するものである。 Control unit 170 controls the operation of each component. この制御部170は、ここではブルートゥースモジュール100に備えられているが、この制御部170を、ブルートゥースモジュール100を駆動するホスト(図示せず)に具備することも可能である。 The control unit 170 here is provided in the Bluetooth module 100, the control unit 170 may also be provided to the host (not shown) which drives the Bluetooth module 100.
【0042】 [0042]
図3は、ブロードキャストチャネルの階層的構造と、時間情報とを示す図である。 Figure 3 is a diagram showing the hierarchical structure of the broadcast channel, and time information. このビーコンウィンドウにおいては、前記インクワイアリと同様の手続が行われ、ブロードキャストウィンドウの間で伝達されるブロードキャスト情報は、一つのピコネット内で、ブロードキャストされるときと同一の手続を通して伝達される。 In this beacon window, the inquiry similar procedure is performed, the broadcast information transmitted between the broadcast window, one within the piconet is transmitted through the same procedure as when it is broadcast. ビーコンウィンドウとブロードキャストウィンドウの間にあるブルートゥース端末は、受信したいずれのパケットに対しても応答する必要がないため、連結設定手続を必要としない。 Bluetooth terminal located between the beacon window and the broadcast window, there is no need to respond with respect to any received packet does not require a connection setup procedure. このことから、本発明で提案するブロードキャストチャネルは、コネクションレス型の特性を有する。 Therefore, the broadcast channel, proposed by the present invention has characteristics of connectionless.
【0043】 [0043]
ビーコンウィンドウ内で行われる同期化の過程は、フィリップス社から、次のような方法が提案されている、すなわち、この方法は、拡張されたIDパケットを用いて行われるものであり、この拡張されたIDパケットを、NAPのIDパケットと区別するために、新たに定義したインクワイアリアクセスコード(Dedicated Inquiry Access Code;DIAC)を使用するようになっている。 Process synchronization performed within the beacon window, from Philips, the following method has been proposed, namely, the method, which is performed using an extended ID packet, is the extension the ID packet, to distinguish the ID packet NAP, newly defined inquiry access code; adapted to use a (Dedicated Inquiry access code DIAC). この拡張されたIDに含まれる情報を以下の表1に示す。 Shows the information contained in the expanded ID in Table 1 below.
【0044】 [0044]
【表1】 [Table 1]
【0045】 [0045]
表1に示すように、前記のフィリップス社から提案された方法では、サービス類型、クロック、BD_ADDR、及びCRCが必須の構成要素となっている。 As shown in Table 1, in the proposed method from the Philips, service type, clock, BD_ADDR, and CRC is an essential component. しかし、この方法では、ビーコンウィンドウの次にブロードキャストウィンドウが連続される場合、オフセットスロットを省略することができ、他のパラメータは必要に応じて選択して使用するようになっている。 However, in this method, if the broadcast window is continuous with the next beacon window, it is possible to omit the offset slots, other parameters are adapted for use be selected as necessary.
【0046】 [0046]
また、前記のフィリップス社の方法では、ブロードキャストウィンドウの内部から伝達されるブロードキャスト情報は、使用されるアプリケーションによって変化する場合がある。 Further, in the above Philips methods, broadcast information transmitted from the interior of the broadcast window may vary depending on the application being used. すなわち、ブロードキャスティング情報を通して位置情報が伝達される場合があり、OSI階層2、及び階層3で使用する通知情報が伝達される場合がある。 In other words, there are cases where the position information is transmitted through the broadcasting information, there is a case where the notification information to be used is transmitted by the OSI layer 2, and tier 3. またこのように伝達されるブロードキャスト情報がない場合には、ブロードキャストウィンドウを省略することも可能である。 Also if there is no broadcast information transmitted in this manner, it is possible to omit the broadcast window.
【0047】 [0047]
図4は、本発明に係るコネクションレス型ブロードキャストを基盤としたブルートゥースシステムで、パークモードにおけるブルートゥース端末の活性化方法に対する一実施形態を実行する過程のフローを示す図である。 Figure 4 is a Bluetooth system in which the connectionless broadcast according to the present invention based, is a diagram showing a flow of the process of executing the embodiment on the activation method of the Bluetooth terminal in the park mode. 図4に示すように、一時的に休止しているブルートゥース端末が、新たなNAP識別子を受信すると、自分が新たなNAP領域に移動したと判定し、同期化の過程を実行する(S400)。 As shown in FIG. 4, the Bluetooth terminal are temporarily pause has received a new NAP identifier, it determines that he has moved to a new NAP domain and performs the process of synchronization (S400). ブロードキャストウィンドウの間NAPはコネクションレス型パークモードに対する設定値、通知メッセージ、NAP識別子、活性化チャネルに対する設定値などと関わる情報をブロードキャストする。 Set value during the broadcast window NAP is for connectionless park mode, the notification message, NAP identifier, broadcast information related to as setpoint for activation channel.
【0048】 [0048]
活性化チャネルの初期に、前記ブルートゥース端末は、自身の周波数ホッピングパターンを、NAPの周波数ホッピングパターンに同期させてLMPメッセージが到達するまで待機する。 Early activation channel, the Bluetooth terminal, its frequency hopping pattern, in synchronism with the frequency hopping pattern of the NAP waits until LMP message arrives. 移動したブルートゥース端末に転送されるトラフィックがない場合(S410)には、NAPは、移動したブルートゥース端末に対し、ランダムアクセスを支援することを知らせるLMPメッセージを転送する(S420)。 If there is no traffic to be transferred to the moved Bluetooth terminal (S410), the NAP, compared moved Bluetooth terminal, transfers the LMP message that the supporting random access (S420).
【0049】 [0049]
NAPは、ビーコンスロットの終了後、ポーリングアクセスウィンドウ、及びランダムアクセスウィンドウを活性化する(S430)。 NAP after completion of beacon slots, the polling access window, and activate the random access window (S430). 前記LMPメッセージを受け取ったブルートゥース端末は、位置情報を更新または転送するトラフィックがある場合に、EIDパケットを用いてランダムアクセスウィンドウを通して、NAPに接続の要請を転送する(S440)。 Bluetooth terminal having received the LMP message, if there is traffic to update or transfer position information transferred through the random access window, a request for connection to the NAP using the EID packet (S440).
【0050】 [0050]
この際、ブルートゥース端末は、任意の時間(例えば、RAND×half slot)待機した後、EIDパケットを転送する。 In this case, the Bluetooth terminal, any time (e.g., RAND × half slot) after waiting, forwarding the EID packet. 更に、ブルートゥース端末からEIDを受信したNAPは、活性化メッセージを送信する(S450)。 Furthermore, NAP received the EID from the Bluetooth terminal transmits an activation message (S450). そして、活性化メッセージを受け取ったブルートゥース端末は、活性モードに進んで新たなNAPの活性化された構成要素となる(S460)。 Then, the Bluetooth terminal having received the activation message, the activated components of the new NAP proceed to the active mode (S460).
【0051】 [0051]
NAPがブルートゥース端末の呼出しを行う場合(S410)、NAPはビーコンスロットから当該ブルートゥース端末に向けて活性化メッセージを転送する(S470)。 NAP may make calls Bluetooth terminal (S410), NAP forwards the activation message to the beacon slot to the Bluetooth terminal (S470). この活性化メッセージを受け取ったブルートゥース端末は、活性モードに進む(S460)。 Bluetooth terminal having received the activation message, the process proceeds to the active mode (S460).
【0052】 [0052]
前記ブルートゥース端末が活性モードに進んだ後、このブルートゥース端末がNAPから最初に受信するパケットは、ポールメッセージであり、ブルートゥース端末はこのようなポールメッセージに必ず応答する必要がある(S480)。 After the Bluetooth terminal has proceeded to the active mode, the packet receiving this Bluetooth terminal initially from NAP, a poll message, Bluetooth terminal needs to always respond to such poll message (S480). ポールに対する応答がNAPに到達すると、NAPはブルートゥース端末とBNEP連結を設定してデータを転送できるようになる(S490)。 If the response to the pole to reach the NAP, NAP will be able to transfer data by setting the Bluetooth terminal and BNEP connection (S490).
【0053】 [0053]
図5は、移動したブルートゥース端末が、新たなNAPと同期される過程のフローを示す図である。 Figure 5 is moved Bluetooth terminal is a diagram showing a flow of a process of being synchronized with new NAP.
初期連結設定過程を通してブルートゥース端末はNAPのスレーブに連結される。 Bluetooth terminal through initial connection setup process is connected to the slave NAP. その後発生するトラフィックがなければ当該ブルートゥース端末はパークモードの状態になる。 Without then generated traffic the Bluetooth terminal is in a state of park mode. NAPはビーコンウィンドウの間EIDパケットをブロードキャストし、インクワイアリスキャンの下位状態(inquiry scan sub−state)にあるブルートゥース端末は、NAPから転送されたEIDパケットを受信する。 NAP broadcasts between EID packet beacon window, the Bluetooth terminal in the lower state of Inquiry Scan (inquiry scan sub-state) receives the EID packet transferred from NAP.
【0054】 [0054]
NAPは、ビーコンウィンドウにおいてインクワイアリ下位状態のように動作してインクワイアリの手続と同様にEIDパケットトレイン(train)A、Bを使用する。 NAP uses inquiry operation to inquiry procedures as lower state as well as EID packet trains (train) A, the B in the beacon window. インクワイアリスキャンモードにおけるブルートゥース端末は一つのホッピング周波数を聞いていてからEIDパケットが受信されればビーコンウィンドウが始まったと判断する(S500)。 Bluetooth terminal in inquiry scan mode determines that if after listening to one of the hopping frequencies is received EID packet beacon window began (S500). EIDパケットを受信したブルートゥース端末は受信されたEIDパケットに含まれているBD_ADDRとクロック情報を用いてNAPに同期を合わせる(S510)。 Bluetooth terminal receiving the EID packet acquires synchronization to the NAP using the BD_ADDR and clock information included in the received EID packet (S510).
【0055】 [0055]
また、このブルートゥース端末は、ブロードキャストウィンドウの開始点とサイズ情報を用いて、ブロードキャストウィンドウの開始点及びそのサイズを把握し、ブロードキャストウィンドウの開始まで待機する(S520)。 Also, the Bluetooth terminal using the starting point and the size information of the broadcast window, to grasp the starting point and the size thereof broadcast window, to wait until the start of the broadcast window (S520). もし、EIDではなく、一般のIDパケットが受信されると、前記ブルートゥース端末は、一般のインクワイアリの手続であると認識し、この認識に基づいた応答を実行する。 If the EID without Generally ID packet is received, the Bluetooth terminal recognizes that a procedure of a general inquiry, performing a response based on this recognition.
【0056】 [0056]
なお、ビーコンウィンドウにおいて、EIDパケットによりNAPとブルートゥース端末との間で同期が行われた場合には、これらのNAPとブルートゥース端末の二つの装置は、一つのピコネット内におけるマスタ及びスレーブとして動作するようになっている(S530)。 Incidentally, in the beacon window, if the synchronization between the NAP and the Bluetooth terminal is made by EID packet, two devices of these NAP and Bluetooth terminal to operate as a master and a slave in one piconet It has become (S530). このように、同期が一致した前記二つの装置は、周波数ホッピングパターンも一致するので、ブロードキャスト情報を送信するために、ACLデータパケットを使用することも可能となる。 Thus, the two devices synchronizing match, since also frequency hopping pattern matches, to transmit broadcast information, it is possible to use the ACL data packets.
【0057】 [0057]
この場合、一つのパケットが複数の回数、送信される場合もあり、ブルートゥース端末は、分割されたACLデータパケットを受信して再構成される。 In this case, sometimes a packet a plurality of times, is transmitted, the Bluetooth terminal is reconfigured to receive the divided ACL data packets. 更に、前記ブルートゥース端末は、自身が把握することができないブロードキャスト情報を廃棄することも可能である。 Furthermore, the Bluetooth terminal, it is also possible to discard the broadcast information itself can not be grasped. そして、前記ブルートゥース端末は、ブロードキャストウィンドウを通してNAPから転送されるL2CAP ACLデータパケットを受信する(S540)。 Then, the Bluetooth terminal receives L2CAP ACL data packets transferred from the NAP through a broadcast window (S540). このようにして受信されたL2CAP ACLデータパケットに基づいて、前記ブルートゥース端末は、NAPの情報を把握することができる。 On the basis of the L2CAP ACL data packets received by the Bluetooth terminal can grasp the information of the NAP.
【0058】 [0058]
ブロードキャストチャネルに寄与するNAPとブルートゥース端末はそれぞれ、ブロードキャストウィンドウが終了すると元の状態に戻る。 Each contributes NAP and Bluetooth terminal in a broadcast channel, returns to the original state when the broadcast window ends. このようなブロードキャストチャネルは、SCO逆方向スロットを用いてインクワイアリスロットとブロードキャストデータスロットを処理するように構成すれば、SCOサービスをも支援することが可能となる。 Such broadcast channel, if configured to process the inquiry slot and broadcast data slot using SCO backward slot, it becomes possible to support the SCO services.
【0059】 [0059]
また、このようなブルートゥース端末は、別途、連結を設定する手続を実行する必要がないため、ブルートゥース端末がスニフモード(sniff mode)、ホールドモード(hold mode)、パークモード(park mode)、及び活性モード(active mode)のうちのいずれの状態であっても、ブロードキャストチャネルを支援するDIACを受信すれば、該当するNAPと同期してブロードキャスト情報を受信することができる。 Moreover, such a Bluetooth terminal, separately, because there is no need to perform the procedure for setting the connection, the Bluetooth terminal Sniff mode (sniff mode), hold mode (hold mode), the park mode (park mode), and the active mode in either state of the (active mode), when receiving the DIAC to support broadcast channel can receive the broadcast information synchronously with the corresponding NAP. このような特性を用いて一つのブルートゥース端末は、複数個のNAPから情報を受信することができ、このように受信された情報を用いて迅速にハンドオーバー手続が行うことができる。 One Bluetooth terminal using such characteristics, it is possible to receive information from a plurality of NAP, it can be performed to quickly handover procedure using the information thus received.
【0060】 [0060]
前述のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法を実行する過程をまとめると、以下の表2の通りである。 To summarize the process of executing the activation process of the wireless communication apparatus in the foregoing Park mode, it is shown in Table 2 below.
【0061】 [0061]
【表2】 [Table 2]
【0062】 [0062]
表2に示すように、1段階においてブロードキャストチャネルを通してNAPとブルートゥース端末との間の同期化が実行される。 As shown in Table 2, the synchronization between the NAP and the Bluetooth terminal through a broadcast channel is performed in one step. NAPと同期したブルートゥース端末は、NAPにより主導される2−1段階、またはブルートゥース端末により主導される2−2段階を経て活性化される。 NAP synchronized with Bluetooth terminal is activated via a 2-2 step that is led by 2-1 steps or Bluetooth terminal, it is led by the NAP. そして、このように活性化されたブルートゥース端末は、3段階を経て、新たなNAPが管理するネットワークの構成要素として寄与してデータを送受信できるようになる。 Then, the Bluetooth terminal that is activated as is, through 3 steps, composed contributes as a component of the network a new NAP manages to send and receive data.
【0063】 [0063]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明に係る、パークモードにおける装置の活性化が可能なコネクションレス型ブロードキャストを基盤とした無線通信モジュール、及びパークモードにおける無線通信装置の活性化方法によれば、ブルートゥース端末とNAPとの連結設定に要する時間を短縮することができ、一つ以上のブルートゥース端末を同時に活性化させることができる。 According to the present invention, the wireless communication module connectionless broadcast capable activation device was based in the park mode, and according to the activation method of a wireless communication device in the park mode, connection setup with the Bluetooth terminal and NAP it is possible to shorten the time required for, it is possible to simultaneously activate one or more Bluetooth terminal.
【0064】 [0064]
また、本発明によれば、任意のピコネットに存在していたパークモードのブルートゥース端末が、他のピコネットに進む場合に、当該ブルートゥース端末に転送されるトラフィックが存在しない限り、呼出過程が実行されないため、全体的にトラフィックを減少させることが可能となる。 Further, according to the present invention, a Bluetooth terminal in the park mode that existed at any piconet, when proceeding to other piconet, as long as the traffic forwarded to the Bluetooth terminal does not exist, because the call process is not performed , it is possible to totally reduce the traffic.
【0065】 [0065]
そして、本発明によれば、パークモードのブルートゥース端末は、ACLデータパケットが転送された場合にのみ、ランダムアクセスウィンドウを通して、要請メッセージを転送するので、時間及びトラフィックを低減化する効果が得られるようになる。 Then, according to the present invention, a Bluetooth terminal in park mode, only if the ACL data packet is forwarded, through the random access window, since the transfer request message, so that the effect of reducing the time and traffic obtained become.
【0066】 [0066]
以上、本発明で望ましい一実施形態を用いて本発明を詳細に説明したが、本発明の属する技術分野で通常の知識を持つ者であれば、前述の実施形態を基に、本発明の技術的範囲から逸脱しない範囲内で、種々の変形が可能であることが理解される。 While the present invention with reference to an exemplary embodiment of the present invention have been described in detail, if a person having ordinary skill in the art to which the invention pertains, based on the aforementioned embodiments, the present technique within a range not departing from the scope, it is understood that various modifications may be made. したがって、本発明に含まれる技術的範囲は、以上のように説明された実施形態のみに限定されるものではなく、本発明の特許請求の範囲、ひいてはこの特許請求の範囲と均等なものによって定められるべきである。 Accordingly, the scope encompassed by the invention defined is above described has been no way limited to the embodiments, the claims of the present invention, by their equivalents and therefore these claims It should be used.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明に係るパークモードにおける装置の活性化が可能なコネクションレス型ブロードキャストを基盤としたブルートゥースモジュールの一実施例の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing the structure of an embodiment of a Bluetooth module to the connectionless broadcast capable activation of the device in park mode according to the present invention is based.
【図2】コネクションレス型活性化チャネルの構造を示した図である。 2 is a diagram showing the structure of a connectionless-activated channels.
【図3】ブロードキャストチャネルの階層的構造と時間情報を示した図である。 3 is a diagram showing a hierarchical structure and time information of the broadcast channel.
【図4】本発明に係るコネクションレス型ブロードキャストを基盤としたブルートゥースシステムにおいてパークモードにおけるブルートゥース端末の活性化方法に対する一実施形態を実行する過程のフローを示す図である。 In Figure 4 the Bluetooth system connectionless broadcast according to the present invention is based is a diagram showing a flow of a process of executing the embodiment on the activation method of the Bluetooth terminal in the park mode.
【図5】移動したブルートゥース端末が、新たなNAPと同期される過程のフローを示す図である。 [5] moved Bluetooth terminal is a diagram showing a flow of a process of being synchronized with new NAP.

Claims (25)

  1. ランダムアクセスウィンドウのサイズ、及び反復回数を含むウィンドウ変数を設定する変数設定部と、 A variable setting unit that sets a window variable containing a random access window size, and number of iterations,
    ランダムアクセスウィンドウを支援するか否かについてのウィンドウ支援情報を生成する情報生成部と、 An information generation unit for generating a window support information about whether to support the random access window,
    ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ウィンドウ変数に基づき生成された前記ランダムアクセスウィンドウを活性化及び非活性化するウィンドウ管理部と、 And window management unit for activating and deactivating the random access window generated based on the polling access window and the window variable,
    を備えることを特徴とする無線通信モジュール。 Wireless communication module, characterized in that it comprises a.
  2. 前記ウィンドウ支援情報は、ビーコンスロットを通して転送されることを特徴とする請求項1に記載の無線通信モジュール。 The window support information, the wireless communication module according to claim 1, characterized in that transferred through a beaconslot.
  3. 前記ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ランダムアクセスウィンドウは、前記ウィンドウ支援情報が転送される前記ビーコンスロットの終了後に活性化されることを特徴とする請求項2に記載の無線通信モジュール。 The polling access window and the random access window, the wireless communication module of claim 2, wherein the window support information, characterized in that it is activated after completion of the beacon slots to be transferred.
  4. 前記活性化情報は、リンク管理プロトコルにより具現されることを特徴とする請求項1に記載の無線通信モジュール。 Wireless communication module of claim 1 wherein the activation information, characterized in that it is embodied by the link management protocol.
  5. 前記ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ランダムアクセスウィンドウは、同時に活性化されることを特徴とする請求項1に記載の無線通信モジュール。 Wireless communication module of claim 1 wherein the polling access window and the random access window, characterized in that the simultaneously activated.
  6. 前記ウィンドウ変数は、所定の時間間隔を更に含み、前記ポーリングアクセスウィンドウと前記ランダムアクセスウィンドウは前記時間間隔により順次に活性化されることを特徴とする請求項1に記載の無線通信モジュール。 The window variables further includes a wireless communication module of claim 1 wherein the polling access window and the random access window, characterized in that are sequentially activated by the time interval for a predetermined time interval.
  7. 前記ウィンドウ支援情報に応答して、外部の通信装置から転送された接続要請メッセージを受信した際に、前記外部の通信装置に活性化メッセージを転送する活性化部を、更に備えることを特徴とする請求項1に記載の無線通信モジュール。 In response to the window support information, when receiving a connection request message transmitted from an external communication device, the activation unit for transferring an activation message to the external communication device, and further comprising wireless communication module according to claim 1.
  8. 前記接続要請メッセージは、前記外部の通信装置のブルートゥース端末アドレスを備えることを特徴とする請求項に記載の無線通信モジュール。 Wherein the connection request message, the wireless communication module according to claim 7, characterized in that it comprises a Bluetooth terminal address of the external communication device.
  9. 前記接続要請メッセージは、0から前記ランダムアクセスウィンドウのサイズ×2の区間で選択された個数ほどのタイムスロットが経過された後受信されることを特徴とする請求項に記載の無線通信モジュール。 Wherein the connection request message, the wireless communication module according to claim 7, characterized in that as the number selected by the random access window size × 2 interval from 0 time slots are received after being passed.
  10. 前記外部の通信装置に転送するパケットが存在する場合、前記活性化部は前記外部の通信装置のブルートゥース端末アドレスを備える前記活性化メッセージを転送することを特徴とする請求項に記載の無線通信モジュール。 If a packet to be transferred to the external communication device is present, the activation unit is a wireless communications according to claim 7, wherein the transfer of said activation message comprising the Bluetooth terminal address of the external communication device module.
  11. 前記活性化メッセージは、ビーコンスロットを通して転送されることを特徴とする請求項10に記載の無線通信モジュール。 Wireless communication module of claim 10 wherein the activation message, characterized in that transferred through a beaconslot.
  12. ブルートゥース端末アドレス及びクロック情報を備える同期情報をブロードキャストする同期情報転送部と、 And synchronization information transfer unit for broadcasting synchronization information comprising a Bluetooth terminal address and clock information,
    前記同期情報を転送した後に、チャネル接続コード、パケットヘッダ、及びペイロードを備えるブロードキャストデータパケットを転送するパケット転送部と、を更に含み、 After transferring said synchronization information further includes channel connection cord, a packet header, and a packet forwarding unit for transferring the broadcast data packets having a payload, and
    前記ウィンドウ管理部は前記同期情報及び前記ブロードキャストデータパケットを転送した後に、前記ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ランダムアクセスウィンドウを活性化することを特徴とする請求項1に記載の無線通信モジュール。 Wireless communication module of claim 1 wherein the window management unit, characterized in that after transferring the synchronization information and the broadcast data packet, activating the polling access window and the random access window.
  13. 前記同期情報及び前記ブロードキャストデータパケットは、それぞれビーコンウィンドウ及びブロードキャストウィンドウを通して転送されることを特徴とする請求項12に記載の無線通信モジュール。 Wireless communication module according to claim 12, characterized in that transferred the synchronization information and the broadcast data packets through their respective beacon window and broadcast window.
  14. ランダムアクセスウィンドウを支援するか否かについてのウィンドウ支援情報を転送する段階と、 And transmitting the window support information about whether or not to support the random access window,
    ポーリングアクセスウィンドウ及び所定のウィンドウ変数に基づき生成された前記ランダムアクセスウィンドウを活性化する段階と、 A step of activating the random access window generated based on the polling access window and predetermined window variables,
    前記ランダムアクセスウィンドウを通して外部の通信装置から接続要請を受信する段階と、 Receiving a connection request from an external communication apparatus through the random access window,
    前記外部の通信装置に活性化メッセージを転送する段階と、を備えることを特徴とするパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 Activation method of a wireless communication device in park mode, characterized in that it comprises the steps of transferring an activation message to the external communication device.
  15. 前記ウィンドウ支援情報は、ビーコンスロットを通して転送されることを特徴とする請求項14に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 The window support information, the activation method of a wireless communication device in park mode according to claim 14, characterized in that it is transferred through a beaconslot.
  16. 前記ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ランダムアクセスウィンドウは、前記ウィンドウ支援情報が転送される前記ビーコンスロットの終了後に活性化されることを特徴とする請求項14に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 The polling access window and the random access window, how activation of the wireless communication device in a park mode of claim 14, wherein the window support information, characterized in that it is activated after completion of the beacon slots to be transferred .
  17. 前記活性化情報は、リンク管理プロトコルにより具現されることを特徴とする請求項14に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 The activation information, the activation method of a wireless communication device in park mode according to claim 14, characterized in that it is embodied by the link management protocol.
  18. 前記ポーリングアクセスウィンドウ及び前記ランダムアクセスウィンドウは、同時に活性化されることを特徴とする請求項14に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 The polling access window and the random access window, a method of activating a wireless communication device in park mode according to claim 14, characterized in that it is activated at the same time.
  19. 前記ウィンドウ変数は、所定の時間間隔を更に含み、前記ポーリングアクセスウィンドウと前記ランダムアクセスウィンドウは、前記時間間隔により順次に活性化されることを特徴とする請求項14に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 The window variables further comprises a predetermined time interval, the random access window and the polling access window, the radio communication in the park mode according to claim 14, characterized in that are sequentially activated by said time interval method of activating apparatus.
  20. 前記接続要請メッセージは、前記外部の通信装置のブルートゥース端末アドレスを含むことを特徴とする請求項14に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 Wherein the connection request message, the activation method of a wireless communication device in park mode according to claim 14, characterized in that it comprises a Bluetooth terminal address of the external communication device.
  21. 前記接続要請メッセージは、0から前記ランダムアクセスウィンドウのサイズ×2の区間で選択された個数ほどのタイムスロットが経過された後受信されることを特徴とする請求項20に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 Wherein the connection request message, the radio in the park mode according to claim 20, characterized in that as the number selected by the random access window size × 2 interval from 0 time slots is received after the lapse of activation method for a communication apparatus.
  22. 前記外部の通信装置に転送するパケットが存する場合に、前記外部の通信装置のブルートゥース端末アドレスを含む前記活性化メッセージを、ビーコンスロットを通して転送する段階を、更に備えることを特徴とする請求項14に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 When the packet to be transferred to the external communication apparatus exists, the activation message including the Bluetooth terminal address of the external communication apparatus, a step of transferring through beacon slot in claim 14, further comprising activation method of a wireless communication device in park mode according.
  23. 前記ウィンドウ支援情報転送段階の前に、前記外部の通信装置を同期化する段階を、更に備えることを特徴とする請求項14に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 Wherein the previous window support information transfer phase, the activation method of a wireless communication device in park mode according to claim 14, the step of synchronizing the external communication device, and further comprising.
  24. 前記同期化段階は、 Wherein the synchronization step,
    ブルートゥース端末アドレス及びクロック情報を含む同期情報をブロードキャストする段階と、 A method for broadcasting synchronization information including the Bluetooth terminal address and clock information,
    前記同期情報を転送した後に、チャネル接続コード、パケットヘッダ、及びペイロードを含むブロードキャストデータパケットを転送する段階と、 After transferring said synchronization information, and transmitting the channel connection code, packet header, and a broadcast data packet including the payload,
    を備えることを特徴とする請求項23に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 Activation method of a wireless communication device in park mode according to claim 23, characterized in that it comprises a.
  25. 前記同期情報及び前記ブロードキャストデータパケットは、それぞれビーコンウィンドウ及びブロードキャストウィンドウを通して転送されることを特徴とする請求項24に記載のパークモードにおける無線通信装置の活性化方法。 The synchronization information and the broadcast data packet, the activation method of a wireless communication device in park mode according to claim 24, characterized in that each transferred through the beacon window and broadcast window.
JP2002061018A 2002-03-06 2002-03-06 Contact connectionless broadcast capable activation of the wireless communication device to the wireless communication module and park modes based in Park Mode Expired - Fee Related JP3673503B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002061018A JP3673503B2 (en) 2002-03-06 2002-03-06 Contact connectionless broadcast capable activation of the wireless communication device to the wireless communication module and park modes based in Park Mode

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002061018A JP3673503B2 (en) 2002-03-06 2002-03-06 Contact connectionless broadcast capable activation of the wireless communication device to the wireless communication module and park modes based in Park Mode

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003273882A JP2003273882A (en) 2003-09-26
JP3673503B2 true JP3673503B2 (en) 2005-07-20

Family

ID=29195635

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002061018A Expired - Fee Related JP3673503B2 (en) 2002-03-06 2002-03-06 Contact connectionless broadcast capable activation of the wireless communication device to the wireless communication module and park modes based in Park Mode

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3673503B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101448301B (en) 2004-08-31 2012-11-07 松下电器产业株式会社 Wireless communication method and wireless communication apparatus
KR101000582B1 (en) 2004-08-31 2010-12-10 파나소닉 주식회사 Wireless communication method and wireless communication apparatus
US20090207790A1 (en) * 2005-10-27 2009-08-20 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for settingtuneawaystatus in an open state in wireless communication system
KR101009804B1 (en) 2005-11-04 2011-01-19 삼성전자주식회사 Power-saving method for mobile terminal in wireless local area network
EP3195682A1 (en) * 2014-08-26 2017-07-26 Nokia Solutions and Networks Oy Broadcast based network access
JP6265192B2 (en) * 2015-09-25 2018-01-24 コニカミノルタ株式会社 Communication device, a communication system and an application program

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003273882A (en) 2003-09-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2047614B1 (en) Wireless support for portable media player devices
US6839331B2 (en) Method to dynamically change all MIB parameters of a wireless data network
JP5575842B2 (en) Method and apparatus for establishing communication between devices having different capabilities
US7602754B2 (en) Short-range RF access point design enabling services to master and slave mobile devices
US6842460B1 (en) Ad hoc network discovery menu
JP4040975B2 (en) By session initiation protocol, method and apparatus for enabling multimedia call
JP3673149B2 (en) High-speed roaming method of a wireless lan
KR0150354B1 (en) Method and apparatus for direct communication in a tdma radio communication system
US8619623B2 (en) Ad-hoc simple configuration
US6292508B1 (en) Method and apparatus for managing power in a frequency hopping medium access control protocol
US8160001B2 (en) Multi-function wireless terminal
US7920879B2 (en) Method and apparatus for dormant mode support with paging
JP2010503286A (en) Simultaneous operation in multiple wireless local area networks
CN1918859B (en) Beaconing protocol for ad-hoc networks
CN100561960C (en) A uniform power save method for 802.11e stations
US6754250B2 (en) Networking in uncoordinated frequency hopping piconets
FI109865B (en) A method for reducing the power consumption of the wireless communication device
US20050128988A1 (en) Enhanced passive scanning
US7688772B2 (en) Control of a short-range wireless terminal
US20080181154A1 (en) Apparatus for and method of low power wireless local area network independent basic service set mode operation
US20050169292A1 (en) Method for beacon rebroadcast in centrally controlled wireless systems
EP1933507A1 (en) Low-power multi-hop networks
JP4002837B2 (en) Method and apparatus for facilitating handoff in a wireless local area network
JP4314342B2 (en) Wireless communication system
JP4980433B2 (en) Peer Power Save mode in tunnel direct link setup wireless network

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040913

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040929

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20041227

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041228

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20050105

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050406

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050422

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090428

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090428

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100428

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110428

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120428

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130428

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140428

Year of fee payment: 9

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees