JP3639857B2 - 自己校正トモシンセティック放射線写真イメージングシステム、方法及び装置 - Google Patents

自己校正トモシンセティック放射線写真イメージングシステム、方法及び装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3639857B2
JP3639857B2 JP51942393A JP51942393A JP3639857B2 JP 3639857 B2 JP3639857 B2 JP 3639857B2 JP 51942393 A JP51942393 A JP 51942393A JP 51942393 A JP51942393 A JP 51942393A JP 3639857 B2 JP3639857 B2 JP 3639857B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reference
image
selected
subject
radiographic
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP51942393A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07506277A (ja
Inventor
ウェバー,リチャード,エル.
Original Assignee
ウェイク フォーレスト ユニバーシティ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US07/875,249 priority Critical patent/US5359637A/en
Application filed by ウェイク フォーレスト ユニバーシティ filed Critical ウェイク フォーレスト ユニバーシティ
Priority to PCT/US1993/003873 priority patent/WO1993022893A1/en
Publication of JPH07506277A publication Critical patent/JPH07506277A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3639857B2 publication Critical patent/JP3639857B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B6/00Apparatus for radiation diagnosis, e.g. combined with radiation therapy equipment
    • A61B6/02Devices for diagnosis sequentially in different planes; Stereoscopic radiation diagnosis
    • A61B6/025Tomosynthesis
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B6/00Apparatus for radiation diagnosis, e.g. combined with radiation therapy equipment
    • A61B6/14Applications or adaptations for dentistry
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B6/00Apparatus for radiation diagnosis, e.g. combined with radiation therapy equipment
    • A61B6/42Apparatus for radiation diagnosis, e.g. combined with radiation therapy equipment with arrangements for detecting radiation specially adapted for radiation diagnosis
    • A61B6/4291Apparatus for radiation diagnosis, e.g. combined with radiation therapy equipment with arrangements for detecting radiation specially adapted for radiation diagnosis the detector being combined with a grid or grating

Description

【0001】
本発明は、ザ ナショナル インスティテュート オブ スタンダーズ アンド テクノロジー(the National Institute of Standards and Technology)によって認められた、契定No.70NANB0H1070に基づく政府支援を得て完成されたものである。政府は、本発明について一定の権利を有している。
【0002】
【発明の属する技術分野】
本発明は、自己校正トモシンセティック放射線写真イメージングシステム(self−calibrating tomosynthetic,radiographic−imaging system),方法及び装置に関するもので、より詳述すれば、自己校正トモシンセティックX線システム及び方法の一部として用いられ、放射線源と、関連の対象物に取付けられた放射線写真イメージャー(radiographic imager)との間のランダムな相対位置ジオメトリーズ(random relative positional geometries)を、トモシンセシス(tomosynthesis)ための放射線写真イメージを記録するのに用いるようになっている校正放射線写真イメージング装置に関するものである。
【0003】
【発明の背景】
放射線写真システムから得ることのできる診察成果(diagnostic performance)は、時間のみならず三空間次元中においても表われる、ダイナミックプロセス(dynamic process)に対する均一なアクセス(uniform access)を妨げる標本制約(sampling constraints)によって必然的に制限される。従来、診察上関連のある対象物を固定することを介して時間的制約(temporal limitations)を操作することによって診察成果の改善が図られている。
【0004】
時間的制約を無視した場合には、作られたX線投影(X−ray projections)の範囲及び数が増大することを介して診察成果を向上させることができる。診察成果を最適化するための初期の基本的原理は、診察のために適切であると判断される映写角(proejction angles)から複数の透過放射線写真をとることを単に含むものであった。解剖上の制約によって明瞭な単一投影ジオメトリーズを入取するのが妨げられた時に、ライナー,サーキュラー及びハイパーサイクロイダル断層撮影法(linear,circular,and hypercycloidal tomography)を用いる補足の試みが開発された。
【0005】
従来の断層撮影法を改善したごく最近のものとしては、トモシンセシスがある。従来の断層撮影法より優れたトモシンセシスによって得られる主な利点は、トモシンセシスが、X線露出の単一のスキャニング シーケンス(a single scanning sequence of X−ray exposure)から如何なる数の断層写真スライス(tomographic slices)をも再構成させることができるという事実にある。
【0006】
然しながら、従来のトモシンセティックシステム(tomosynthetic system)を実施することに伴なう欠点の一つは、全てのトモシンセティック投影(tomosynthetic projection)を取得するのに、放射線に哂されたティッシュ(tissues)又は対象物をほとんど又は全く動かさずに行なわなければならないことである。関連の対象物を固定することによってのみ、従来のトモシンセティック再構成システム(tomosynthetic reconstruction system)に必要な既知の幾何学的関係を作ることが現在可能である。
【0007】
最近のコンピュータで処理する断層撮影法の出現は、断層写真のぼけ(blur)を除去するように、二次元又は三次元サンプリングを介してのみ見ることのできるティッシュ又は対象物の詳細を入取するのを容易にすることによって、従来の断層撮影法及びトモシンセシスの診察成果を非常に向上させた。然しながら、コンピュータで処理する断層撮影法といえども、特に、高い空間解像力(high spatial resolution)を必要とする労力又は長時間に亘ってティッシュ又は対象物の変化をトラック(track)する必要性があるという重大な欠点がある。
【0008】
残念ながら、コンピュータで処理する断層撮影法は、費用がかかるし、面倒である。コンピュータで処理する従来の断層撮影法には、軸ティッシュ(axial tissues)の検査について極めて制約を受けるという別の欠点がある。コンピュータで処理する断層撮影法は、四肢又は胸部ティッシュに関する用途に合わせて簡単に改善することはできない。更に、コンピュータで処理する断層撮影法は、コンピュータで処理する断層撮影法が本来備えている低空間解像力によって制約を受けない使用に限定される。
【0009】
コンピュータで処理する断層撮影法は、同時に、多くの患者をこわがらせ、比較的長時間患者をほぼ完全に不動の状態にすることを要求する。患者を長時間に亘って不動の状態にさせることを要求すると、長期の時間の変化に耐えられる程度を制限することとなる。患者をある検査から他の検査へ全く同じ様に移し変えることはほとんど不可能である。その結果、患者の位置の変化が診察上関連のあるティッシュの変化と混同されがちである。
【0010】
産業の分野における従来のトモシンセシス及びコンピュータで処理する断層撮影法の利用においても同様の問題に遭遇する。従来のトモシンセシス及びコンピュータで処理する断層撮影法は制約される。両技術とも、放射線写真に関連する被写体が、イメージ再構成を実施するのに必要な、複数の投影ジオメトリーの全てに対する一定の幾何学的関係を有することを要求する。曝露の最中又は曝露と曝露との間のいずれかにX線源に相対する被写体の不測の移動によってとりなされる投影ジオメトリーの何らかの変化が、正確な再構成を妨げる。
【0011】
従来のトモシンセシス又はコンピュータで処理する断層投影法における多くの制約を解消した自己校正トモシンセシスのシステム,方法及び装置が本発明によって提供される。興味深いことには、トモシンセティック再構成のために要求される、複数回の連続した曝露中において、照射された被写体を不動化させる必要性が除去された。
【0012】
【発明の概要】
本発明に依れば、校正放射線写真イメージャー装置が関連の被写体に取付けられ、それによって、関連の被写体及び放射線写真イメージャーに相対するX線源のランダムな又は任意の位置から曝露された後に、個々の投影の基礎となる必要な投影ジオメトリーを決定することを可能にする。
【0013】
本発明に依れば、選択された被写体の多くの投影放射線写真イメージから、その選択された被写体を通して選択されたスライス位置(slice position)において被写体のイメージを合成する方法及び装置が得られる。選択された被写体の放射線写真イメージを記録するために少なくとも一つの放射線写真記録手段が備え付けられている。少なくとも一つの基準リファレンス(fiducial reference)が記録手段に相対して一定の位置に保持されていて、それゆえこの基準リファレンスは記録手段から一定の所定距離を隔てて維持されている。
【0014】
位置決め手段が、放射線写真に関する、選択された被写体を記録手段及び基準リファレンスに相対して一定の位置に維持するよう機能している。この目的のため、記録手段及び基準リファレンスを関連の選択された被写体に相対して一定位置に固定又は取付けるための何らかのホルダーを利用することができる。
【0015】
選択された被写体に放射線を照射して被写体及び基準リファレンスの投影放射線写真イメージを記録手段上に記録させることを可能にする少なくとも一つの放射線源が備え付けられている。特別な利用の如何によっては、この放射線源は、例えば、ポータブルな又は固定されたX線源のいずれのものであってもよい。
【0016】
選択された被写体の放射線写真イメージを異なった方位で得るようにするため、放射線源と、被写体,基準リファレンス及び記録手段との間の相対的位置を変更する。次に、被写体及び基準リファレンスの投影放射線写真イメージが、放射線源と、被写体,基準リファレンス及び記録手段との間の異なった任意の又はランダムな相対的位置において、記録手段上に記録される。記録手段上に記録された被写体と基準リファレンスの放射線写真イメージの選択された投影から、被写体全体を通して選択されたスライス位置で、選択された被写体のイメージを合成するためのイメージシンセサイザー(image synthesizer)が設けられている。
【0017】
選択されたスライス位置でイメージを合成するために、記録手段の平面における基準リファレンスの投影イメージの位置を各選択された投影について決定する。次に、記録手段上に記録された基準リファレンスの選択された一連のイメージ位置について、記録手段の平面におけるリファレンス位置が選択される。例えば、このリファレンス位置は、基準リファレンスの選択された一連のイメージ位置の重心(center of gravity)として選択することができる。各選択された投影に関して、選択されたリファレンス位置からの基準リファレンスの各投影イメージの距離と軌道(path)が次に決定される。
【0018】
次に、各選択された投影に関して、各選択された投影のための基準リファレンスの投影イメージの位置が、基準リファレンスを介して、所定のスライス位置についての選択されたリファレンス位置と一致するよう、選択されたスライス位置における基準リファレンスの投影イメージの各位置が決定される。従って、選択された投影に関する基準リファレンスの投影イメージが、合成されたイメージのための選択された相対的スライス位置の如何によって、選択されたリファレンス位置に向って均一に集中し又はリファレンス位置からずれるようになる。
【0019】
各選択された投影に関しては、記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージが、各選択された投影のために、選択されたスライス位置におけるそれの各位置に移動するよう、記録手段上に記録された被写体及び基準リファレンスの投影イメージが選択されたスライス位置に次にシフトされる。選択されたスライス位置にシフトされた後に、トモシンセティックスライス(tomosyntheticslice)を作り出すために被写体及び基準リファレンスの投影イメージが空間的に平均化される。この空間的に平均化されたイメージはtask−dependent mannerで任意にフィルターにかけてもよい。
【0020】
本発明に依れば、放射線源によって照射された、選択された被写体の放射線写真イメージを記録するための自己校正装置が得られる。この装置は、選択された被写体の投影放射線写真イメージを記録するための放射線写真記録媒体を有している。選択された被写体の投影イメージと共に放射線不透過性基準リファレンスの投影イメージが記録媒体上に記録されることを可能にするためにその放射線不透過性基準リファレンスが記録媒体と放射線源との間に位置するよう設けられている。この装置を校正するために、基準リファレンスを記録媒体に相対して一体の位置に保持するためのホルダーが設けられている。こうして、このホルダーが放射線不透過性基準リファレンスを記録媒体から一定の所定距離隔てて維持するよう機能する。
【0021】
別の構成においては、この装置は、支持体と、この支持体上に支持されて、選択された被写体の投影放射線写真イメージを記録するための、例えば、CCD素子の如き第一の放射線半透過性放射線写真記録媒体とを含んでいる。第二の放射線写真記録媒体、例えば、第二のCCD素子が、第一の放射線写真記録媒体に相対して一定の位置で支持体に対して支持されている。第二の放射線写真記録媒体は、放射線写真イメージが第二の記録媒体上に記録されることを可能にするために、第一の放射線写真記録媒体に相対して選択された方位をもって支持されている。
【0022】
特定の配列構造においては、第二の放射線写真記録媒体が第一の放射線写真媒体に相対して配置されており、それ故、放射線源からの放射線は第一の放射線写真記録媒体を透過して、選択された被写体の第二の投影放射線写真イメージを記録するために第二の放射線写真記録媒体に衝突する。投影ジオメトリーに役立てるために、第一の放射線写真記録媒体と第二の放射線写真記録媒体とを互いに平行に方向付けてもよい。
【0023】
例えば、均一なグリッド(grid)の如き放射線不透過性基準リファレンスが、第二の記録媒体に相対して一定の位置で支持体に対して支持されており、それ故、この基準リファレンスの投影放射線写真イメージが第二の記録媒体上に記録される。特定の配列構造においては、放射線不透過性基準リファレンスの投影イメージが選択された被写体の第二の投影放射線写真イメージと共に第二の放射線写真記録媒体上に記録されることを可能にするために、基準リファレンスは、第一の放射線写真記録媒体と第二の放射線写真記録媒体とのほぼ間で、一定の位置に支持されている。
【0024】
放射線不透過性基準リファレンスは、基準リファレンス上に選択されたサイズと選択された位置とを表示するインディケータ(indicator)を含んでおり、それ故、第二の記録媒体上に記録された基準リファレンスの投影イメージが、基準リファレンス上のインディケータの選択されたサイズと比較して異なったサイズと、基準リファレンス上のインディケータの選択された位置と比較して異なった位置への変位とを表わすことができる。
【0025】
このインディケータは、基準リファレンスのところに選択された周波数パターン(frequency pattern)を表わす周波数インディケータを含むものであってもよく、それ故、第二の記録媒体上に記録された基準リファレンスの投影イメージが、基準リファレンスにおける選択された周波数パターンに対するphase Shiftのみならず、基準リファレンスにおける選択された周波数パターンに相対して異なった周波数パターンをも表示することができる。
【0026】
【発明の実施の形態】
本発明の好ましい具体例についての後述する詳細な説明のみならず、上述の発明の概要も、添付図面と関連付けて読むことによって、より明瞭に理解されるであろう。
【0027】
図1を参照すると、自己校正トモシンセティック放射線写真イメージングシステムが図示されており、このイメージングシステムにおいては、任意に配置された、X線点源(point source of x−rays)の如き放射線点源15によって放射線が照射された歯の形態の選択された被写体12の放射線写真イメージを記録するための校正検出装置10(calibrated detection device)が採用されている。この検出装置10は、選択された被写体12の投影放射線写真イメージを記録するための放射線写真記録媒体18を有している。
【0028】
この放射線写真記録媒体18は、放射線半透過性電荷結合素子(CCD)の如き放射線感受固体イメージ検出器(radiation−sensitive,solid−state imege detector)の形態のものであってもよい。そのCCDは、スウェーデン,サンズヴァルのリガム・メディカル・システム エイ.ビー.(Regam Medical System A.B.)によって販売されている口内X線システム(intra−oral x−ray system)中で用いられる、英国のイングリッシュ・エレクトロン・バルブ(English Electron valve)によって現在製造されているタイプのものであってもよい。
【0029】
選択された被写体12の投影イメージと共に放射線不透過性基準リファレンス体20の投影イメージがイメージディテクター18上に記録されることを可能にするために、放射線源15とイメージディテクター18との間には、小さな金属ビーズ(bead)状の単一の放射線写真基準リファレンス体(radiographic fiducial reference object)20が都合よく配置されている。基準リファレンス体20は、イメージディテクター18上に記録された基準リファレンス体の投影イメージのサイズ及び位置と比較するためにリファレンスサイズ及び位置を表示するのに役立つものである。
【0030】
検出装置10は、基準リファレンスがイメージディテクターのイメージ記録面25から一定の所定間隔をへだてて常に維持されるようにするために放射線不透過性基準リファレンス体をイメージディテクター18との関係で一定の位置に保持するための剛直な放射線半透過性(radiolucent)ホルダー22を有している。図1で示す如く、そのホルダーは、イメージディテクター18と放射線不透過性基準リファレンス体20とを選択された被写体12との関係で一定の位置の保持するために、被写体12に対して検出装置10を固定的に装着させるための被写体取付け部24を有している。ホルダーの被写体取付け部24は、放射線写真がとられる歯の間に確りと挟持されている。
【0031】
ホルダー22の被写体取付け部24は、選択された被写体即ち歯12との関係で一定の位置に検出装置10を取付けさせることができるので、被写体は放射線不透過性基準リファレンス体20とイメージディテクター18との中間に位置している。これに代わる配列構造においては、基準リファレンス体20とイメージディテクター18の能動記録表面(active recording surface)との間に既知の一定距離が保たれる限り、ホルダー22は、関連の被写体12とイメージディテクターとの間に基準リファレンス体20を位置決めするよう機能することができる。
【0032】
図1で示す如く、基準リファレンス体20は、この基準リファレンス体の投影がX線源15の異なった位置でイメージディテクターの能動記録表面上に記録されるようにするために、イメージディテクター18の正面に都合よく配置されている。例えば、X線源がX線源位置#1のところに位置している場合には、基準リファレンス20の投影はイメージディテクターの能動面(active surface)25上の位置26のところに記録される。
【0033】
同様に、X線源15がX線源位置#2のところに位置している場合には、基準リファレンス20の投影はイメージディテクター28の能動面25上の位置28のところに記録される。X線源15が任意位置にあっても、診断に重要な投影は放射線不透過性基準リファレンスの投影を同様に含む。従って、トモシンセティック レジストレーション(tomosynthetic registration)に必要な相対的変位寸法(relative displacement measurements)を、トモシンセティック再構成(tomosynthetic reconstruction)に必要な不同の放射線写真投影を含む同一のイメージから読み取ることができる。
【0034】
図2を参照すると、図1で示す検出装置10と異なった構成を有する、校正された検出装置30を採用した自己校正トモシンセティックX線システムが示されている。検出装置30は、遠く離れて任意に配置された、X線の如き放射線点源34によって放射線が照射される歯の如き選択された被写体32の放射線写真イメージを記録するよう機能する。
【0035】
検出装置30は、図8及び図9に最も明瞭に示されているように、関連の被写体38が固定又は取付けられる少なくとも一つの放射線半透過性表面35を有するサポートケース(support casing)34を含んでいる。選択された被写体の第一の投影放射線写真イメージを記録するための第一の放射線半透過性放射線写真記録媒体40が、サポートケースとの関係で一定の位置に支持されている。第二の放射線写真記録媒体42が、第一の放射線写真記録媒体40との関係で一定の位置にサポートケース34に対して支持され、且つ放射線源34からの放射線が第一の放射線写真記録媒体40を透過して、選択された被写体の第二の投影放射線写真イメージを記録するための第二の放射線写真記録媒体上に衝突するのを可能にするために、第一の放射線写真記録媒体との関係で或る選択された方位角度をもって支持されている。
【0036】
図1,図8及び図9で示す如く、放射線不透過性基準リファレンス44は、この放射線不透過性基準リファレンス44の投影イメージが第二の放射線写真記録媒体上に記録されることを可能にするために、第一及び第二の放射線写真記録媒体40,42の間の一定の位置でサポートケースに対して支持されている。
【0037】
第一及び第二の放射線写真記録媒体40,42は、放射線半透過性電荷結合素子(CCD)の如きソリッドステイト放射線感受イメージ検出器(solid−state,radiation−sensitive imege detectors)の形態のものが好ましい。各イメージ検出器40,42は、放射線写真イメージを記録するための検出面として役立つ、ほぼ平らな放射線感受能動面46を有している。図2で示す如く、イメージ検出器40,42は、これらイメージ検出器40,42の能動面46が互いにほぼ平行となるように配置されている。イメージ検出器40,42の能動面46を平行に配列することによって投影ジオメトリーを単純化することができる。
【0038】
放射線不透過性基準リファレンス44は、イメージ検出器40の下側に取付けられた放射線不透過性グリッド(grid)50を有している。放射線不透過性グリッド50は、第一及び第二のイメージ検出器40,42の能動面との関係で一定の位置に保持されるよう第一のイメージ検出器の下側に固定されている。また、放射線不透過性グリッド50は、第一及び第二のイメージ検出器40,42の能動面46に対してほぼ平行に配置されていて、第二のイメージ検出器42の能動面46から一定の予め定められた距離HZを隔てて配置されている。放射線不透過性グリッド50は、基準リファレンスにおいて、選択された周波数パターン(frequency pattern)を表示するための周波数インディケーター(frequency indicator)として機能する。
【0039】
このグリッド50は、何らかの望ましい放射線不透過性パターンを含んでいる。例えば、このグリッド50は、第2図示の如く、一つの選択された、スペーシングの周波数パターンのところに、均一且つ周期的に直交するようパターン化された放射線不透過性ライニング(lining)を含んでいる。然しながら、このグリッドは、異なったスペーシング周波数を有する周波数パターンを構成するために不均一な間隔で直交するようパターン化された放射線不透過性ライニングを有するものであってもよい。
【0040】
最も一般的なケースにおいては、このグリッドは、終末白色雑音(term white noise)が顕著である空間周波数分布パターン(spatial frequency distribution pattern)を有する、即ち全ての空間周波数が等しい変調(modulation)で表示される空間周波数分布パターンを有する非同期二次元パターンによって特徴付けられるものであってもよい。
【0041】
グリッドパターンの最も好ましい構造は、個々の応用の如何に依って左右される。基準リファレンス44は、第一のイメージ検出器40の下側の選択された位置に取付けられた金属ビーズの如き放射線基準リファレンス体52を有するものであってもよい。ビーズ52は、基準リファレンスにおいて、基準リファレンスの選定されたサイズ及び位置を表示するための変位インディケーター(displacement indicator)として機能する。
【0042】
図2で示す如く、ソース34からの放射線は診断に重要な選択された被写体32を先ず透過して、次に第一のイメージ検出器40の能動面46上に被写体の放射線写真イメージ60を投影させるために第一のイメージ検出器40を透過する。放射線は第一の放射線半透過性イメージ検出器40を透過して基準リファレンスグリッド50形態の基準リファレンス44及び第一のイメージ検出器40の下側に取付けられた基準リファレンス体52に衝突する。基準リファレンス44は第一のイメージ検出器40の能動面46を超えたところに配置されているので、第一のイメージ検出器40によって作られるイメージに関する基準リファレンスの影響は無視してよい。
【0043】
グリッド50は、金属ワイヤーの如く高い放射線不透過性の材料により作られている。従って、グリッドが第一のイメージ検出器40を透過しているX線に哂された時に、グリッド50は第二のイメージ検出器42の能動面46上に均一でハイコントラストな周期的に直交するようパターン化された放射線写真投影65を作る。第二のイメージ検出器の能動面上に投影されたグリッドのイメージは、第二のイメージ検出器によって記録される。この記録されたイメージの周波数パターンを拡大し、グリッド自体の周波数パターンとの関係で変位(displace)させることができる。
【0044】
同様に、第一のイメージ検出器40の下側に取付けられた基準リファレンスビーズ52も第二のイメージ検出器42の能動面46上に拡大され変位された投影イメージ66を作り出す。選択された被写体32の拡大され変位されたイメージは、第二のイメージ検出器42によって記録される。第二のイメージ検出器42の主な目的の一つが基準リファレンスグリッド50及び(又は)基準リファレンスビーズ52の変位及び倍率を検知することにあるので、第二のイメージ検出器42は第一のイメージ検出器40よりは随意に小さくてもよい。
【0045】
第二のイメージ検出器42の能動面46から一定の予め定められた距離を隔てて配置された基準リファレンス44と共に第二のイメージ検出器42を用いることによって、各記録投影を得るためにX線源34に相対して暴露された後に、その位置を示す十分なデーターを検出装置30が作り出すことができる。X線源34に対する検出装置30の相対的位置決めは、第一のイメージ検出器の非能動下側部に確りと取付けられた放射線不透過性グリッドによって第二のイメージ検出器44の能動面上に作られるイメージを周波数ドメイン分析(frequency domain analysis)するか或いは放射線不透過性グリッドの選択された部分又は第一のイメージ検出器40の下側に取付けられた基準リファレンスビーズ52によって第二のイメージ検出器の能動面上に作られるイメージを空間ドメイン分析(spatial domain analysis)することによって決めることができる。
【0046】
第二のイメージ検出器42は、第一のイメージ検出器40よりはソース34から遠くに位置しているので、グリッド50の投影イメージ65は、グリッド50自体によって表される実際の周波数パターンと比較して異なった周波数パターンを表示する。第二のイメージ検出器42によって記録される振動(oscillations)の空間周波数は、グリッド50自体の振動の周波数よりは必然的に低い。空間周波数のこの変化は、関連する倍率(magnification)を表示するのに用いることができる。
【0047】
倍率は、グリッド50が第二のイメージ検出器42の像面46から隔たっている所定の距離Hzと、グリッド50がソース34から隔たっている、Z軸に沿った未知の距離Szとから決定することができる。
【0048】
倍率公式は、次の通りである。
M=(Sz+Hz)/Sz
ただし、M=倍率、Hz=基準リファレンスグリッドが第二のイメージ検出器の能動面から隔たっている予め定められた一定の距離、Sz=放射線源と基準リファレンスとの間のZ軸に沿った未知の離間距離を示す。
【0049】
この倍率公式から、距離Szを次のように導き出すことができる。
Sz=Hz/(M−1)
【0050】
イメージのトモシンセティック再構成に必要な、イメージデータ−から放射線源の相対的位置を捜し出すために残されている事柄は、イメージ検出器40,42の能動面46に平行な選択された平面においてイメージデーターの投影位置を決定することである。実際のグリッド自体の位置との関係で基準リファレンスグリッド50の記録されたイメージ65が変位している量は、実際のグリッドパターンに対するグリッドパターンの記録イメージによって示される位相のずれ(phase shift)から確かめることができる。
【0051】
実際のグリッドパターンとグリッドパターンの投影イメージとの間の位相差は、もとのグリッドパターンの二次元ディスクリートフーリエ変換(2−dimensional Discrete Fourier Transformation)と、グリッドパターンの拡大されていないオフアクシス投影イメージ(demagnified off−axis projection image)とを介して決定することができる。周波数ドメインからの位相差の逆変換によって、各シフト距離だけ変位されている、空間ドメイン(spatial domain)における振幅ピーク(amplitude peaks)の位置を表示する。位相のずれを決定することによって、空間的にリンクされた被写体32と検出装置30とに対するX線源34の照準(localization)を可能にする。
【0052】
空間ドメインにおいては、基準リファレンスの実際のサイズに対する基準リファレンスの投影サイズの変化は、倍率として表わされる。例えば、ビーズ52の実際のサイズに対する基準リファレンスビーズ52の投影イメージ66のサイズの変化は、倍率を表示するサイズ変位インディケーター(size displacement indicator)として役立つ。同様に、実際のグリッドサイズに対する基準グリッドの投影イメージ65のサイズの変化は、倍率を表示する。
【0053】
X線源のアングレーション(angulation)を決定するために、基準リファレンスビーズの投影イメージ66の位置をビード52の実際の位置自体と比較することができる。同様に、アングレーションを決定するために、グリッドの投影イメージ65の位置をグリッド50の実際の位置自体と比較することができる。基準リファレンスのイメージの位置を基準リファレンスの実際の位置と比較することは、図2に最もよく示されているようなX軸方向における変位ΔXとY軸方向における変位ΔYを表示する位置変位の指針となる。
【0054】
周波数ドメインアプローチ(frequency−domain approach)は、関連する測定に寄与するデータ−が、第二のイメージ検出器42の能動面46の大きな部分を横切って分布している点で利点がある。第二のイメージ検出器の能動面を横切って寄与データ−が分布していることによって如何なるサイトスペシフィック人工物(site−specific artifacts)の影響をも平均化させ、それによって、無関係なX線パターンが第二のイメージ検出器42の能動面上に記録される場合イメージ(composite image)に寄与してしまうという影響をほとんど生じさせるおそれのない測定プロセスを実行することができる。
【0055】
例えば、基準リファレンスの記録イメージと無関係なX線パターンが、放射線が照射された被写体自体及び第一のイメージ検出器40に固有の構造的要素によって生み出されるコントリビューション(contributions)によって生じる。一方では、空間ドメインアプローチ(spatial−domain approach)は、数理的及び概念的に簡単であるという利点をもっている。加えて、必要とされる全てのイメージ翻訳データーが、単一のリファレンスポイント、即ち、基準リファレンスビーズ52の投影から作られるので、空間ドメインアプローチは第二のイメージ検出器42に余り大きな能動面46を要求することはない。
【0056】
一対の平行なイメージ検出器40,42を有する検出装置30を用いた場合には、第一のイメージ検出器40の能動面上の投影が第二のイメージ検出器42上に作られるイメージと高度に相互関連性を必然的にもつという利点がある。一対のイメージ検出器40,42を用いると、選択された被写体は実際上二度レントゲン写真を撮られる。基準リファレンスと第一のイメージ検出器40の特性とによって付与されるイメージデーターの如き既知の人工物を適切に処理し制御することによって、第二のイメージ検出器42から得られる選択された被写体のイメージデーターを第一のイメージ検出器40から得られるデーターを改善するのに用いることができる。
【0057】
トモシンセティック再構成をイメージデーターから行うことのできるそのイメージデーターを得るためには、放射線暴露中に、選択された被写体を基準リファレンス44及びイメージ検出器40,42との関係で一定の位置に維持することが重要である。そのような不動性が検出装置30と放射線が照射されている関連の構成物との間で維持される限り、なんらかの位置で連続的に何らかの角度から作られる投影からトモシンセティックスライスを作り出すことができる。
【0058】
動いている被写体については、各暴露に要求される時間が単位時間毎にその被写体の動きと比較して短い限り、イメージ検出装置30を移動している被写体に取付けることによって分析することができる。連続的な暴露の間に構造物が動いているので、高エネルギーX線の非常に短いバースト(burst)を発生させることのできる固定された電界放出X線マシーンを、ソースに対して夫々異なった角度をもった一連の放射線写真投影を作るのに用いることができる。
【0059】
選択された被写体がそれに取付けられた検出装置30と共にX線ソースに相対して移動することにより、トモシンセシスに必要な角度相違を生み出す。検出装置を被写体に固定することによって検出装置が被写体に相対して一定の位置に保持され、投影毎に必要な暴露時間との関係で被写体が比較的ゆっくりと動いている限り、放射線が照射されている被写体の動きの本質に関して束縛がないので、このシステムは、そのようなものとして、重病のパーキンソン患者及び不随意運動をする傾向にあるその他の患者に用いることができる。
【0060】
このシステムは、鼓動する心臓のように周期的運動をする組織物(structure)を連続的に分析する場合にも同様に用いることができる。この特性を応用するために、短いX線バーストを心臓周期の特定部分にリンクされたトリガー回路によって同期させる。そのような同期によって、実際上、暴露中に検出装置に対する、放射線が照射された被写体の相対的固定位置が維持される。
【0061】
検出装置30は、選択された被写体38の非破壊試験をするための工業的応用においても用いることができる。例えば、この検出装置30は、様々な臨界構造物(critical structure)における疲れ亀裂やその他のきずを検出するのに用いることができる。図8及び図9に示されているように、選択された被写体38は、その被写体が検出装置30との関係で一定の位置に維持されるようにするために、検出装置30の上に置かれている。
【0062】
この検出装置30は、密閉され校正された放射線半透過性ケーシング34内に支持された平行な積層イメージディテクター40,42を有している。基準リファレンス44は、イメージディテクター40と42との間でケーシング34に対して支持されている。この検出装置30は、検出装置30からリモートコントロールデーター転送を可能にするために、任意のラジオの如き伝送器(transmitter)72,赤外線伝送器又はその他のタイプの伝送器を含むものであってもよい。
【0063】
図8で示す如く、関連の選択された被写体38と検出装置30とを放射線源75に相対して移動させるよう機能する可動コンベアベルト74上に、検出装置30と共に被写体38が一体となって置かれている。放射線源75は、検出装置30と一体となって被写体38がコンベアに沿って移動した時に、独立に且つ並列して放射線を照射することのできる複数の放射線点源を含んでいる。
【0064】
同様に、図9に示されているように、選択された被写体38と検出装置30とを一体に放射線源75に相対して回転させるよう機能する回転ターンテーブル78上に、検出装置30と共に被写体38が一体となって置かれている。放射線源75は、独立して且つ並列して放射線を照射することのできる複数の放射線点源を有する形態のものであってもよい。異なった放射線点により放射線を照射すると、検出器30と一体となった被写体38に相対するX線源の付加的な相対運動を生み出すこととなる。
【0065】
選択された被写体38と検出器30とが放射線源75に相対して動いた時に、被写体38の投影放射線写真イメージが第一のイメージ検出器40上に記載され、一方被写体38と基準リファレンスの双方の放射線写真イメージが第二のイメージ検出器42上に記録される。これらのイメージは、放射線源75と、被写体38,基準リファレンス44及びイメージ検出器40,42との間に異なった任意の相対的位置において記録される。検出装置30によって記録される被写体と基準リファレンスの一連の投影放射線写真イメージによって、被写体を介して、選択されたスライス位置において被写体のイメージをトモシンセティック再構成することが可能となる。
【0066】
図3で示す如く、同じ画面内において単一の基準リファレンス点のイメージ投影の軌跡(locus)を得るために、トモシンセティックスキャンシーケンス(tomosynthetic scan sequence)中に、被写体位置の変化を補なうのに正積図法ジオメトリー(equivalent profection geometry)を利用することができる。被写体の焦点距離が比較的長くても、イメージ倍率に関する被写体の小さな変位ΔZの影響を比較的小さい。
【0067】
図3を参照すると、基準リファレンス体80は、関連の選択された被写体82とCCDの如きイメージ検出器の能動面である画面84との関係で一定の位置に維持されている。実際のソース位置#1にある放射線源85は、画面84上の位置#1のところに基準リファレンス80の投影イメージを作り出す。画面84が何ら動かされることなくこの放射線源85が実際のソース位置#2の方向へ動かされた場合には、この放射線源85は、画面84上の位置(2)のところに基準リファレンス80の投影イメージを作り出す。然しながら、画面84がその画面の移動位置84'に動かされた場合には、基準リファレンス80がその基準リファレンスの移動位置80'に正確に移動し、被写体82はその被写体の移動位置82'に正確に移動する。
【0068】
この移動した物体の配列が実際のソース位置#2のところにある放射線源85からの放射線に哂された時に、同時位置#2のところにある放射線源85のための元の画面84上の位置#2と幾何学上対応する、移動した画面84'上の位置のところに、移動した基準リファレンス80'の投影イメージが記録される。従って、被写体82及び基準リファレンス80と共に画面84が移動することによって、正積図法ジオメトリーを得るためのX線源の同等な位置決めに基づくトモシンセティック再構成のために、画面上に許容できるイメージを作り出す。
【0069】
被写体を通しての選択されたスライスのトモシンセティック再構成は、検出装置30によって記録された基準リファレンス及び被写体のイメージの選択された任意の投影から行うことができる。図4で示す如く、トモシンセティック再構成プロセスは、参照符号90で示したステップで始められる。トモシンセティック再構成の各ステップは、コンピューター実行処理の一部として行なわれるのが好ましい。
【0070】
ステップ92においては、記録媒体の能動面に対応する平面における基準リファレンスポイントの投影イメージの相対位置が選択された投影のために決定される。単一の基準リファレンスの投影イメージのX−Y座標が記録される。更に、その平面における基準リファレンスの投影イメージの倍率が同様に決定され記録される。被写体の焦点距離が比較的長くても、倍率の影響は小さい。検出装置30が被写体と係合又は非常に近接するという応用においては、X線源と基準リファレンスグリッドとの間の距離が、基準リファレンスグリッドと第二のイメージ検出器42の検出平面との間の距離と比較して、比較的大きくなった時に、倍率の影響は無視してもよいようになり、現実に無視してもよい。
【0071】
X−Y座標と選択された投影の倍率とがステップ92で記録された後に、何らかの追加の投影があるか否かをステップ94におけるプロセスが質問する。追加の投影がインプットのために選択された場合には、そのプロセスが、各選択された投影のためのX−Y座標と倍率を記録するためにステップ92を繰り返えす。最後に選択された投影がステップ94に達した時、そのプロセスは、記録媒体の検出平面上の基準リファレンス体の選択された全ての投影から投影ポイントの軌跡のために、選択されたリファレンス位置を決定する目的のためにステップ96へと進む。例えば、ステップ96におけるプロセスが、単一の基準リファレンス体の記録された全ての投影ポイントの重心(center of gravity)の座標を決定する。
【0072】
図5を参照すると、1のラベルが付けられている小さな正方形が、イメージ検出器の検出平面における単一の基準リファレンスの投影ポイントの最初の軌跡に対応する。円形のターゲットを含んでいる正方形が、1のラベルの付けられている小さな正方形の分布の重心のところに位置している。円形ターゲットを含んでいる正方形は、1のラベルが付けられた小さな正方形が均一に集中するポイントを意味し、それだけで、小さな正方形は分布の中央のターゲット位置に向かって均一に崩壊する(collapse)する。
【0073】
ステップ98においては、重心からの基準レイファレンスの各最初の投影ポイントの距離及び進路が決定される。重心からの各最初の投影ポイントの距離及び進路は、ターゲットを含んでいる正方形から1のラベルが付けられている小さな正方形へと進む、単一の基準リファレンスの投影ポイントの最初の軌跡を示している図5で示す破線によって表示される。
【0074】
ステップ100においては、その合成されたイメージ(synthesized image)の相対的スライス位置がインプットされる。被写体を介しての選択されたスライス位置が、
検出平面からの基準リファレンスの距離に対する、検出平面からの所望のスライスの距離を表わす相対的スライス位置としてインプットされる。
【0075】
ステップ102においては、所望の相対的スライス位置と基準リファレンス体の決定された倍率とに基づいて、各選択された投影の相対的投影変位が決定される。相対的投影変位が、投影イメージを相対的スライス位置における適切な位置にシフトさせるために、被写体の有限な焦点距離に基づいて投影のスカラー修正ファクター(scalar correction factor)を提供する。ソースから基準リファレンスグリッドまでの距離が、基準リファレンスグリッドから検出面までの距離と比較して、比較的大きい場合には、相対的投影変位の影響は取るに足りないものなので、無視してよい。
【0076】
相対的投影変位の原理は、次の変数(variables)が書かれている図6に示されている。図中、Z=放射線源と下側のCCDの検出平面との間の垂直距離、H=基準グリッドの平面と下側のCCDの検出平面との間の垂直距離、Y=所望のスライスの平面と下側のCCDの検出平面との間の垂直距離、A=放射線源の水平位置と実際の基準リファレンスポイントの水平位置との間で検出平面に沿った水平距離、
B=検出平面における基準リファレンスポイントのイメージの実際の位置と実際の基準リファレンスポイントとの間で検出平面に沿った水平変位、X=実際の基準リファレンスポイントが所望のスライス平面に垂直に置き換えられた時の基準リファレンスポイントの検出平面において予期されるイメージ位置と実際の基準リファレンスポイントの水平位置との間で検出平面に沿った水平変位を示す。
【0077】
上記の記述から、F=相対的スライス位置(relative slice position)とした場合に、Fは次の通り定めることができる。
F=Y/H
M=基準リファレンスの倍率とした場合に、
M=Z/(Z−H)である。
f(F)=相対的投影変位(relative projection displacement)とした場合に、
f(F)=X/Bである。
次の幾何学的関係:
Y/X=Z/(X+A)と、
H/B=Z/(A+B)から、
相対的投影変位f(F)は、FとMの関数として次のように導びかれる。
f(F)=F/[M(1−F)+F]
従って、ステップ102で述べたように、相対的投影変位f(F)は、相対的スライス位置Fと倍率Mとから決定することができる。
【0078】
次に、ステップ104においては、所望のスライスの倍率をスライス倍率のための修正ファクター(correction factor)によって標準化する。この倍率修正ファクターは、選択されたスライス位置における基準リファレンスの投影の相対的倍率のスカラー調整ファクターを意味する。再び、相対的倍率を計算することが、被写体の有限焦点距離(finite focal−object distance)のために有益となる。放射線源から基準リファレンスグリッド50までの距離が、基準リファレンスグリッドから第二のイメージ検出器42の検出平面までの距離との関係で、比較的大きくなった場合には、相対的倍率は取るに足りないものとなり、無視してもよい。
【0079】
特定のスライスの選択された投影の倍率を修正するための原理は、図7に示されている。図7に示されている変数Z,H及びYは、図6中に示されている変数と同じである。変数Q、D及びEに関しては、次のように定義される。符号Q=放射線源の水平位置と、所望のスライスの平面における基準リファレンスの予想されるイメージ位置の水平位置との間での検出器平面に沿った水平距離、D=放射線源の水平位置と、実際の基準リファレンスポイントの水平位置との間での検出器平面に沿った水平距離、E=放射線源の水平位置と、検出器平面における基準リファレンスポイントのイメージの実際の位置との間での検出器平面に沿った水平距離を示す。
【0080】
上述の定義から、F=相対的スライス位置である場合に、Fは次の様に定義することができる。
F=Y/H
M=基準リファレンスの倍率でもある場合に、Mは次の様に定義することができる。
M=E/D
C=スライス倍率のための修正ファクターである場合に、Cは次の様に定義することができる。
C=Q/D
次の幾何学的関係:
H/(E−D)=Y/(E−Q)から、
倍率修正ファクターCは、次の様にFとMの関数として導き出すことができる。
C=M−F(M−1)
こうして、倍率修正ファクターCを、所望のスライスの倍率をステップ104において標準化させることを可能にするために、相対的スライス位置Fと倍率Mとから決定することができる。
【0081】
次に、ステップ106において、基準リファレンスポイントの各影響の選択されたスライス位置への変位において位置する単一の画素(pixel)の座標が決定される。図5を再度参照すると、円形のターゲットを含んでいる正方形が、重心、即ち、1のラベルが付けられた小さな正方形の均一な集中点を表示し、これら小さな正方形は、順に、検出器平面における単一の基準リファレンスポイントの初期の軌跡を表示する。均一集中の中間位置は、選択された相対的スライス位置のために基準リファレンスポイントのイメージの想像上の位置(ideal position)を表示する。
【0082】
例えば、5の選択された相対的スライス位置については、5のラベルが付けられた小さな正方形が、基準リファレンスポイントの各イメージの想像上のポジショニングを表示する。黒い境界線で輪郭を取られた正方形は、1のラベルが付けられた小さな正方形によって示される初期の位置を集中ターゲット位置と接続している破線に沿って.5のラベルが付けられた小さな正方形によって表示される各想像上の位置のインテガー アプロキシメーション(integer approximations)と対応する。そのようなものとして、黒い境界線で輪郭が取られた正方形は、基準リファレンスポイントの初期の軌跡が、夫々選択されたスライス位置.5のためにシフトする各画素を表示する。残りの正方形は、接続線が横切っている他の残りの位置に対するインテガー アプロキシメーションを表示している。
【0083】
基準リファレンスポイントの各投影が選択された相対的スライス位置のためにシフトする各画素がステップ106において決定された後に、基準リファレンスポイントの全ての関連する投影が選択されたスライス位置における各画素方向へ移動するよう、各構成物の投影イメージ(constituent projection image)がステップ108においてシフトされる。こうして、図5に示されているように、全ての構成物イメージが夫々シフトされ、それ故、基準リファレンスポイントの投影が、5の選択された相対的スライス位置のために、黒い境界線で輪郭が取られた正方形に向かって移動する。1の選択された相対的スライス位置に関しては、基準リファレンスの全ての投影がターゲット位置において一致する。1より大きな相対的スライス位置に関しては、基準リファレンスポイントの全ての投影が、初期の軌跡に相対してターゲット位置と反対側で均一に分岐(diverge)する。
【0084】
次に、ステップ110において、シフトされた構成物イメージの全てが、空間的に平均化される。ステップ112においては、結果として生じたイメージ(resulting image)が作業従属するように(in a task−dependent manner)任意にフィルターにかけられる(filter)。次に、合成されたイメージがステップ114において表示される。
【0085】
ステップ116において述べたように、追加のイメージスライスが必要な場合には、ステップ100から114を通して、繰り返す。然しながら、ステップ116において追加のスライスが必要でない場合には、そのプロセスをステップ118において中止する。
【0086】
上記の記載から、関連の被写体との関係でX線源の一定の幾何学的ポジショニングを必要としない自己校正トモシンセティックX線システムが得られることが、理解できる。本発明によれば、医療及び工業上の利用にいろいろと応用することの可能な多目的システムが得られる。従って、本発明は茲に記載し図示した特定の具体例に限定されるものではなく、後述の特許請求の範囲内において修正及び変更される全てのものを含む。
【図面の簡単な説明】
【図1】図1は、本発明に係る校正放射線写真記録装置を採用した自己校正トモシンセティックX線システムの概要図である。
【図2】図2は、本発明の別の好しい具体例に依る校正放射線写真記録装置を採用した自己校正トモシンセティックX線システムの概要図である。
【図3】図3は、トモシンセティックスキャンシーケンス中におけるX線源に対する被写体位置の変化を補正するための基準として正積図法ジオメトリー(equivalent projection geometry)を用いた場合を示す説明図である。
【図4】図4は、選択された被写体と基準リファレンスの記録された多くの放射線写真イメージから、選択されたスライス位置における被写体の合成イメージ(synthesized image)を作り出すための、本発明に依る方法及びシステムのフローチャートである。
【図5】図5は、選択されたスライス位置におけるイメージのトモシンセティック再構成のために選択されたリファレンスポイントに対する単一の基準リファレンスポイントの投影の最初の軌跡(locus)の位置トラッキングを示す図式的説明図である。
【図6】図6は、有限の被写体焦点距離(finite focal−object distance)における相対的投影変位(relative projection displacement)を表示する説明図である。
【図7】図7は、有限の被写体焦点距離についての選択されたスライス位置における相対的な倍率(relative magnification)を示す説明図である。
【図8】図8は、一連の放射線点源に相対して、放射線写真記録装置上に支えられた関連の被写体をコンベアベルトが移動させるようになっている、図2に概略的に示されたタイプの校正放射線写真記録装置を採用した自己校正トモシンセティックX線システムの概要図である。
【図9】図9は、一連の放射線点源に相対して、放射線写真記録装置上に支えられた関連の被写体を回転ターンテーブルが移動させるようになっている、図2に概略的に示されたタイプの校正放射線写真記録装置を用いた自己校正トモシンセティックX線システムの概要図である。

Claims (97)

  1. 放射線源によって放射線照射された、選択された被写体の放射線写真イメージを記録するための装置であって、
    (a)支持体と、
    (b)前記支持体上に支持されて、選択された被写体の放射線写真イメージを記録するための第一の放射線写真記録媒体と、
    (c)前記第一の放射線写真記録媒体との関係で一定の位置で且つ前記第一の放射線写真記録媒体との関係で選択された方位を持って前記支持体に支持されて、投影放射線写真イメージを記録するための第二の放射線写真記録媒体と、
    (d)放射線不透過性基準リファレンスとを有し、前記放射線不透過性基準リファレンスの投影放射線イメージが前記第二の放射線写真記録媒体上に記録されるようにするために、前記基準リファレンスが、前記第一および第二の放射線写真記録媒体との関係で一定の位置で前記支持体に対して支持されており、前記基準リファレンスにおいて選択された周波数パターンを表示するための周波数表示体を含んでいる装置。
  2. 前記第一の放射線写真記録媒体が、放射線半透過性のものであり、前記放射線源からの放射線が前記第一の放射線写真記録媒体を透過して前記第二の放射線写真記録媒体に衝突することを可能にするべく、前記第一の放射線写真記録媒体が、前記第二の放射線写真記録媒体との関係で位置決めされている、請求項1に記載の装置。
  3. 前記第一の放射線写真記録媒体が、前記第二の放射線写真記録媒体とほぼ平行に位置決めされている、請求項2に記載の装置。
  4. 前記放射線不透過性基準リファレンスが、第一の放射線写真記録媒体と第二の放射線写真記録媒体との間に位置決めされている、請求項3に記載の装置。
  5. 前記第一の放射線写真記録媒体が、放射線半透過性のものであって、前記放射線源からの放射線が前記第一の放射線写真記録媒体を透過して前記第二の放射線写真記録媒体に衝突することを可能にするべく、前記第一の放射線写真記録媒体が、前記第二の放射線写真記録媒体との関係で位置決めされており、前記第一の放射線写真記録媒体が選択された被写体の第一の投影イメージを記録することができると共に前記第二の放射線写真記録媒体が前記放射線不透過性基準リファレンス投影イメージと前記選択された被写体の第二の投影イメージとを記録することができるようにするために、前記放射線不透過性基準リファレンスが、前記第一の放射線写真記録媒体と前記第二の放射線写真記録媒体との間に位置決めされている、請求項1に記載の装置。
  6. 前記第一及び第二の放射線写真記録媒体の各々が、CCD素子を含んでいる、請求項5に記載の装置。
  7. 前記放射線不透過性基準リファレンスが、放射線不透過性グリッドを含んでいる、請求項5に記載の装置。
  8. 前記第一,第二の記録媒体及び放射線不透過性グリッドが互いにほぼ平行に向けられている、請求項7に記載の装置。
  9. 前記第一及び第二の放射線写真記録媒体の各々が、CCD素子を含んでいる、請求項8に記載の装置。
  10. 前記周波数表示体が、前記基準リファレンスのところに選択された周波数パターンを表示し、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが、前記基準リファレンスにおいて現れる周波数パターンと比較して異なった周波数パターンを表示することができる、請求項1に記載の装置。
  11. 前記周波数表示体が、放射線不透過性グリッドを含んでいる請求項10に記載の装置。
  12. 前記周波数表示体が、前記基準リファレンスのところに選択された周波数パターンを表示し、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが、前記基準リファレンスにおける選択された周波数パターンの関係で位相のずれを有する周波数パターンを表示することができる、請求項1に記載の装置。
  13. 前記周波数表示体が、放射線不透過性グリッドを含んでいる請求項12に記載の装置。
  14. 前記放射線不透過性基準リファレンスが、前記基準リファレンスの選択された位置を表示するための変位表示体を含み、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが、前記基準リファレンスの変位表示体の選択された位置との関係で異なった位置への変位を表すことができる、請求項1に記載の装置。
  15. 前記放射性不透過性基準リファレンスが、前記基準リファレンスの選択されたサイズを表示する変位表示体を有し、それ故、前記基準リファレンス投影イメージが、基準リファレンスの変位表示体の選択されたサイズと比較して異なったサイズを示すことができる、請求項1に記載の装置。
  16. 放射線源によって放射線が照射された選択された被写体の放射線写真イメージを記録するための装置であって、
    (a)支持体と、
    (b)前記支持体に対して支持されて、前記選択された被写体の第一の投影放射線写真イメージを記録するための第一の放射線半透過性放射線写真記録媒体と、
    (c)前記支持体に対して支持されて、前記選択された被写体の第二の投影放射線写真イメージを記録するための第二の放射線写真記録媒体であって、前記放射線源からの放射線が前記第一の放射線写真記録媒体を透過して前記第二の放射線写真記録媒体に衝突することを可能にするべく、前記第一の放射線写真記録媒体との関係で一定の位置で且つ前記第一の放射線写真記録媒体との関係で選択された方位を持って前記支持体に対して支持されている前記第二の放射線写真記録媒体と、
    (d)放射線不透過性基準リファレンスとを有し、前記放射線不透過性基準リファレンスの投影放射線写真イメージが前記第二の放射線写真記録媒体上に記録されるようにするために、前記基準リファレンスが、前記第一及び第二の放射線写真記録媒体との間の一定の位置で前記支持体に対して支持され且つ前記基準リファレンスの選択されたサイズ及び位置とを表示する表示体を有し、それ故、前記第二の放射線写真記録媒体上に記録される基準リファレンス投影イメージが、前記基準リファレンスの表示体の選択されたサイズと異なったサイズと、前記基準リファレンスの表示体の選択された位置と異なった位置への変位を示すことができる装置。
  17. 前記表示体が、前記基準リファレンスに選択された周波数パターンを表示する周波数表示体を含み、それ故、前記第二の記録媒体上に記録される前記基準リファレンスの投影イメージが、前記基準リファレンスのところで、選択された周波数パターンと比較して相違した周波数パターンと、前記選択された周波数パターンと比較して相違した位相のずれとを示すことができる、請求項16に記載の装置。
  18. 前記周波数表示体が、放射線不透過性グリッドを含んでいる請求項17に記載の装置。
  19. 前記第一,第二の記録媒体及び放射線不透過性グリッドが互いにほぼ平行に位置決めされている、請求項18に記載の装置。
  20. 前記第一及び第二の放射線写真記録媒体の各々が、CCD素子を含んでいる、請求項16に記載の装置。
  21. 放射線源によって放射線照射された、選択された被写体の放射線写真イメージを記録するための装置であって、
    (a)前記選択された被写体の投影放射線写真イメージを記録するための放射線写真記録媒体と、
    (b)前記選択された被写体の投影放射線写真イメージと共に放射線不透過性基準リファレンスの投影イメージが前記記録媒体上に記録されることを可能にするべく、前記記録媒体と前記放射線源との間に位置している単独の放射線不透過性基準リファレンスと、
    (c)前記放射性不透過基準リファレンスを前記記録媒体との関係で一定の位置に保持するホルダーとを有する装置。
  22. 前記記録媒体が、CCD素子を含んでいる、請求項21に記載の装置。
  23. 前記ホルダーが、放射線半透過性のものである、請求項22に記載の装置。
  24. 前記選択された被写体上に搭載された前記装置が、前記被写体との関係で前記記録媒体及び前記放射線不透過性基準リファレンスを一定の位置に保持することを可能にする被写体搭載部を有している、請求項21に記載の装置。
  25. 前記被写体搭載部が、放射線半透過性のものである、請求項24に記載の装置。
  26. 前記被写体搭載部が前記装置を前記選択された被写体上に搭載するのを可能にし、それ故、前記被写体が前記放射線不透過性基準リファレンスと前記記録媒体との間に位置決めされている、請求項24に記載の装置。
  27. 人体を除く選択された被写体の複数の投影放射線写真イメージから、前記被写体を介して、選択されたスライス位置で前記被写体のイメージを合成する方法であって、
    (a)前記被写体の放射線写真イメージを記録するための少なくとも一つの放射線写真記録手段を用意し、
    (b)前記記録手段との関係で一定の位置に少なくとも一つの基準リファレンスを用意し、
    (c)前記記録手段と前記基準リファレンスの双方との関係で前記被写体を一定の方位に保持し、
    (d)前記被写体と前記基準リファレンスとの投影放射線写真イメージが前記記録手段上に記録されることを可能にするために前記被写体に放射線を照射する少なくとも一つの放射線源を用意し、
    (e)前記放射線源と、前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段との間の相対位置を変更し、
    (f)前記放射線源と、前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段との間の異なった幾何学的配置で、前記被写体及び前記基準リファレンスの投影放射線写真イメージを前記記録手段上に記録し、
    (g)前記記録手段上に記録された被写体及び基準リファレンスの選択された投影放射線写真イメージから、前記被写体を介して、選択されたスライス位置で前記被写体のイメージを合成する方法。
  28. 前記放射線源と、前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段との間の相対位置を変更する前記工程が、前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段を前記放射線源に相対して移動させることを含んでいる、請求項27に記載の方法。
  29. 前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段を前記放射線源に相対して移動させる前記工程が、
    (a)放射線源を一定に位置の保持する工程と、
    (b)前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段を前記放射線源に相対して移動させるためのコンベア上に前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段を配置する工程とを含んでいる、請求項28に記載の方法。
  30. 前記コンベアが、コンベアベルトを含んでいる、請求項29に記載の方法。
  31. 前記コンベアが、回転ターンテーブルを含んでいる、請求項29に記載の方法。
  32. 前記放射線源と、前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段との間の相対位置を変更する前記工程が、前記放射線源を前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段に相対して移動させることを含んでいる、請求項27に記載の方法。
  33. 前記放射線源と、前記被写体,前記基準リファレンス及び前記記録手段との間の相対位置を変更する前記工程が、前記相対位置を任意の方法で変更させることを含んでいる、請求項27に記載の方法。
  34. 前記放射線写真記録手段が、
    (a)前記被写体の投影放射線写真イメージを記録するための第一の放射線写真記録媒体と、
    (b)前記第一の放射線写真記録媒体との関係で一定の位置に且つ前記第一の記録媒体に対して選択された方位を持って維持されて、投影放射線写真イメージを記録する第二の放射線写真記録媒体とを有し、前記放射線写真記録手段との関係で一定の位置に保持された前記少なくとも一つの基準リファレンスを用意する前記工程が、前記基準リファレンスの投影イメージが前記第二の放射線写真記録媒体上に記録されることを可能にするべく、前記基準リファレンスを前記第一および第二の放射線写真記録媒体との関係で前記一定の位置に提供する工程を含んでいる、請求項27に記載の方法。
  35. 前記第一の放射線写真記録媒体が、放射線半透過性のものであり且つ前記放射線源からの放射線が前記第一の放射線写真記録媒体を透過して前記第二の放射線写真記録媒体に衝突することを可能にするべく前記第二の放射線写真記録媒体との関係で位置決めされている、請求項34に記載の方法。
  36. 前記第一の放射線写真記録媒体が、前記第二の放射線写真記録媒体とほぼ平行に位置決めされている、請求項35に記載の方法。
  37. 前記放射線不透過性基準リファレンスが、前記第一の放射線写真記録媒体と前記第二の放射線写真記録媒体との間に位置決めされている、請求項35に記載の方法。
  38. 前記第一の放射線写真記録媒体が、放射線半透過性のものであって、前記放射線源からの放射線が前記第一の放射線写真記録媒体を透過して前記第二の放射線写真記録媒体に衝突することを可能にするべく、前記第一の放射線写真記録媒体が、前記第二の放射線写真記録媒体との関係で位置決めされており、前記第一の放射線写真記録媒体が選択された被写体の第一の投影イメージを記録することができると共に、前記第二の放射線写真記録媒体が前記放射線不透過性基準リファレンスの投影イメージと前記選択された被写体の第二の投影イメージとを記録することができるようにするために、前記基準リファレンスが、前記第一の放射線写真記録媒体と前記第二の放射線写真記録媒体との間に位置決めされている、請求項34に記載の方法。
  39. 前記第一及び第二の放射線写真記録媒体の各々が、CCD素子を含んでいる、請求項38に記載の方法。
  40. 前記基準リファレンスが、放射線不透過性グリッドを含んでいる、請求項38に記載の方法。
  41. 前記第一及び第二の記録媒体と前記放射線不透過性基準リファレンスが互いにほぼ平行に向けられている、請求項40に記載の方法。
  42. 前記基準リファレンスが選択された周波数パターンを表す周波数表示体を有し、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが基準リファレンスにおける周波数パターンと比較して異なった周波数パターンを表すことができる、請求項34に記載の方法。
  43. 前記周波数表示体が、放射線不透過性グリッドを含んでいる請求項42に記載の方法。
  44. 前記基準リファレンスが、前記基準リファレンスのところに選択された周波数パターンを表示する周波数表示体を含み、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが、前記基準リファレンスにおける選択された周波数パターンとの関係で位相のずれを有する周波数パターンを表示することができる、請求項34に記載の方法。
  45. 前記周波数表示体が、放射線不透過性グリッドを含んでいる請求項44に記載の方法。
  46. 前記基準リファレンスが、前記基準リファレンスの選択された位置を表示するための変位表示体を含み、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが、前記基準リファレンスの変位表示体の選択された位置との関係で異なった位置への変位を表示することができる、請求項34に記載の方法。
  47. 前記基準リファレンスが、前記基準リファレンスの選択されたサイズを表示する変位表示体を有し、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが、基準リファレンスの変位表示体の選択されたサイズと比較して異なったサイズを示すことができる、請求項34に記載の方法。
  48. 前記放射線写真記録手段が、CCD素子を含んでいる、請求項27に記載の方法。
  49. 被写体を介して、選択されたスライス位置で被写体のイメージを合成する前記工程が、
    (a)選択されたスライスにおいてイメージを合成するために、前記記録手段上に記録された被写体と基準リファレンスのイメージの各投影を選択する工程と、
    (b)各選択された投影のため、前記記録手段における平面において基準リファレンスの投影イメージの位置を決定する工程と、
    (c)前記記録手段の平面においてリファレンス位置を選択する工程と、
    (d)各選択された投影のために、選択されたリファレンス位置からの基準リファレンスの各投影の距離と軌跡とを決定する工程と、
    (e)各選択された投影のため基準リファレンスの投影イメージが、基準リファレンスを介して予め決定されたスライス位置のための選択されたレファレンス位置に対応するよう、各選択された投影のためにスライス位置における基準リファレンス投影イメージの各位置を決定する工程と、
    (f)各選択された投影のために前記記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージが選択されたスライス位置における各位置に移動するよう、各選択された投影のために、前記記録手段上に記録された被写体と基準リファレンスの投影イメージをシフトさせる工程とを含んでいる、請求項27に記載の方法。
  50. 選択されたスライス位置にシフトされた被写体と基準リファレンスの投影イメージを空間平均化させる工程を含んでいる、請求項49に記載の方法。
  51. 空間平均化されたイメージをフィルタリングする工程を含んでいる、請求項50に記載の方法。
  52. 記録装置の平面におけるレファレンス位置が、選択された投影のために記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージの重心として選択されている、請求項49に記載の方法。
  53. 各選択された投影のために記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージ倍率を決定する工程を含んでいる、請求項49に記載の方法。
  54. 倍率が、記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージのサイズを基準リファレンスの実際のサイズとの関係で比較することにより決定される、請求項53に記載の方法。
  55. 前記基準リファレンスが、選択された周波数パターンを表示する周波数表示体を有し、それ故、記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージが、基準リファレンスに現れているその周波数パターンと比較して相違した周波数パターンを表示することができ、倍率が、前記記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージによって表される周波数パターンを基準レファレンスにおいて表されている周波数パターンと比較することによって決定される、請求項53に記載の方法。
  56. 前記周波数表示体が、放射線不透過性グリッドを含んでいる請求項55に記載の方法。
  57. 記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージの決定された倍率に基づいて、選択されたスライス位置で、基準リファレンスの投影イメージの相対的倍率を各選択された投影のために決定する工程を含んでいる、請求項53に記載の方法。
  58. 決定された相対的倍率に基づいて、選択されたスライス位置において被写体の投影イメージの倍率を、各選択された投影のために調整する工程を含んでいる、請求項57に記載の方法。
  59. 記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージの決定された倍率に基づいて、選択されたスライス位置において基準リファレンスの投影イメージの相対的変位を、各選択された投影のために決定する工程を含んでいる、請求項53に記載の方法。
  60. 決定された相対的変位に基づいて、選択されたスライス位置において被写体の投影イメージの変位を、各選択された投影のために調整する工程を含んでいる、請求項59に記載の方法。
  61. 選択された被写体の複数の投影放射線写真イメージから、被写体を介しての選択されたスライス位置において被写体のイメージを合成するシステムであって、
    (a)選択された被写体の放射線写真イメージを記録するための少なくとも一つの放射線写真記録手段と、
    (b)前記記録手段との関係で一定の位置に保持されている少なくとも一つの基準リファレンスと、
    (c)被写体との関係で前記記録手段と前記基準リファレンスを互いに関して一定の方位に保持する位置決め手段と、
    (d)被写体に放射線を照射して被写体の投影イメージと基準リファレンスの投影イメージを前記記録手段上に記録させるための少なくとも一つの放射線源と、
    (e)被写体と基準リファレンスの投影放射線写真イメージが、放射線源と、被写体,基準リファレンス及び記録手段との間の異なった幾何学的配置で記録手段上に記録されるようにするために、放射線源と、被写体,基準リファレンス及び記録手段と相対的位置を変更する位置変更手段と、
    (f)記録手段上に記録された被写体と基準リファレンスの投影放射線写真イメージの選択された投影から、被写体を介しての選択されたスライス位置で被写体のイメージを合成するためのイメージシンセサイザーとを有しているシステム。
  62. 前記位置変更手段が、被写体,基準リファレンス及び記録手段を放射線源に相対して移動させるようになっている、請求項61に記載のシステム。
  63. 前記位置変更手段が、コンベアベルトを含んでいる、請求項62に記載のシステム。
  64. 前記位置変更手段が、回転ターンテーブルを含んでいる、請求項62に記載のシステム。
  65. 前記位置変更手段が、任意に相対的位置を変更するようになっている、請求項61に記載のシステム。
  66. 前記放射線写真記録手段が、
    (a)選択された被写体の投影放射線写真イメージを記録するための第一の放射線写真記録媒体と、
    (b)前記第一の放射線写真記録媒体との関係で一定の位置に且つ前記第一の放射線写真記録媒体との関係で選択された方位を持って保持された第二の放射線写真記録媒体とを有し、前記基準リファレンスの投影イメージが前記第二の放射線写真記録媒体上に記録されるようにするべく、前記基準リファレンスが前記第一及び第二の放射線写真記録媒体との関係で一定の位置に維持されている、請求項61に記載のシステム。
  67. 前記第一の放射線写真記録媒体が、放射線半透過性のものであり且つ前記放射線源からの放射線が前記第一の放射線写真記録媒体を透過して前記第二の放射線写真記録媒体に衝突することを可能にするべく前記第二の放射線写真記録媒体との関係で位置決めされ、前記第一の放射線写真記録媒体が被写体の第一の投影イメージを記録し前記第二の放射線写真記録媒体が前記基準リファレンスの投影イメージと前記被写体の第二の投影イメージとを記録することができるようにするために、前記放射線不透過性基準リファレンスが、前記第一の放射線写真記録媒体と前記第二の放射線写真記録媒体との間に位置決めされている、請求項66に記載のシステム。
  68. 前記第一及び第二の放射線写真記録媒体の各々が、CCD素子を含んでいる、請求項67に記載のシステム。
  69. 前記放射線不透過性基準リファレンスが、放射線不透過性グリッドを含み、前記第一及び第二の記録媒体と前記放射線不透過性グリッドが互いにほぼ平行に向けられている、請求項67に記載のシステム。
  70. 前記放射線不透過性基準リファレンスが選択された周波数パターンを表わす周波数表示体を有し、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが基準リファレンスにおける周波数パターンと比較して異なった週は巣パターンを表すことができる、請求項66に記載のシステム。
  71. 前記放射性不透過性基準リファレンスが、前記基準リファレンスのところに選択された周波数パターンを表示する周波数表示体を含み、それ故に、前記基準リファレンスの投影イメージが、前記基準リファレンスにおける選択された周波数パターンとの関係で位相のずれを有する周波数パターンを表示することができる、請求項66に記載のシステム。
  72. 前記放射線不透過性基準リファレンスが、前記基準リファレンスの選択された位置を表示するための変位表示体を含み、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが、前記基準リファレンスの変位表示体の選択された位置との関係で異なった位置への変位を表示することができる、請求項66に記載のシステム。
  73. 前記放射性不透過性基準リファレンスが、前記基準リファレンスの選択されたサイズを表示する変位表示体を有し、それ故、前記基準リファレンスの投影イメージが、基準リファレンスの変位表示体の選択されたサイズと比較して異なったサイズを示すことができる、請求項66に記載のシステム。
  74. 前記イメージシンセサイザーが、
    (a)記録媒体上に記録された被写体と基準リファレンスの投影イメージの各選択された投影のために記録手段における平面で基準リファレンスの投影イメージの位置を決定するための手段と、
    (b)記録手段の平面においてリファレンス位置を選択するための手段と、
    (c)選択されたリファレンス位置からの基準リファレンスの各投影イメージの距離と進路とを各選択された投影のために決定するための手段と、
    (d)各選択された投影のための基準リファレンスの投影イメージの位置が、基準リファレンスを介して予め定められたスライス位置のための選択されたレファレンス位置と対応するよう、選択されたスライス位置における基準リファレンスの投影イメージの各位置を各選択された投影のために決定するための手段と、
    (e)各選択された投影のために記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージが、選択されたスライス位置におけるその各位置へ移動するよう、前記記録手段上に記録された被写体と基準リファレンスの投影イメージを各選択された投影のために、選択されたスライス位置へシフトするための手段とを有する、請求項61に記載のシステム。
  75. 選択されたスライス位置へシフトされた被写体と基準リファレンスの投影イメージを空間平均化させるための手段を含んでいる、請求項74に記載のシステム。
  76. 記録手段の平面におけるレファレンス位置が、選択された投影のために記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージの重心として選択されている、請求項74に記載のシステム。
  77. 各選択された投影のために記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージ倍率を決定するための手段を含んでいる、請求項49に記載のシステム。
  78. 倍率が、記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージのサイズを基準リファレンスの実際のサイズとの関係で比較することにより決定される、請求項77に記載のシステム。
  79. 前記基準リファレンスが、選択された周波数パターンを表示する周波数表示体を有し、それ故、記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージが、基準リファレンスに現れているその周波数パターンと比較して相違した周波数パターンを表示することができ、倍率が、前記記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージによって表される周波数パターンを基準レファレンスにおいて表されている周波数パターンと比較することによって決定される、請求項77に記載のシステム。
  80. 前記周波数表示体が、放射線不透過性グリッドを含んでいる請求項79に記載のシステム。
  81. 記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージの決定された倍率に基づいて、選択されたスライス位置で、基準リファレンスの投影イメージの相対的倍率を各選択された投影のために決定する手段を含んでいる、請求項77に記載のシステム。
  82. 決定された相対的倍率に基づいて、選択されたスライス位置において被写体の投影イメージの倍率を、調整するための手段を含んでいる、請求項81に記載のシステム。
  83. 記録手段上に記録された基準リファレンスの投影イメージの決定された倍率に基づいて、選択されたスライス位置において基準リファレンスの投影イメージの相対的変位を、各選択された投影のために決定する手段を含んでいる、請求項77に記載のシステム。
  84. 決定された相対的変位に基づいて、選択されたスライス位置において被写体の投影イメージの変位を、各選択された投影のために調整する手段を含んでいる、請求項83に記載のシステム。
  85. 選択された被写体の複数の投影イメージをトモシンセシスするための装置であって、
    (a)選択された被写体との関係で一定の位置に配置可能で、複数の投影イメージを検出するためのイメージディテクタと、
    (b)被写体との関係で一定の位置に配置可能で、前記イメージディテクタ上に複数の投影リファレンスイメージを作り出し、前記イメージディテクタ上に検出されたレファレンスと被写体の複合イメージを作り出すための基準レファレンスと、
    (c)前記イメージディテクタ上で検出された前記複合イメージのリファレンスイメージの位置とサイズに関係するパラメーターを比較してイメージ翻訳データーを作り、前記複合イメージと前記イメージ翻訳データーとからトモシンセテックスライスを再構成するためのイメージシンセサイザーとを有する装置。
  86. 前記基準リファレンスが、金属製ビーズを含んでいる、請求項85に記載の装置。
  87. 前記イメージディテクタが、CCD素子を含んでいる、請求項85に記載の装置。
  88. 前記イメージディテクタが、前記複数の投影被写体イメージ記録する第一のイメージ検出媒体と、前記第一のイメージ検出媒体との関係で一定の位置で且つ選択された方位アングルを持って支持されて前記複合イメージを記録するための第二のイメージ検出媒体とを有する、請求項85に記載の装置。
  89. 前記基準リファレンスが、前記第一のイメージ検出媒体と前記第二のイメージ検出媒体との間に位置決めされている請求項88に記載の装置。
  90. 前記基準リファレンスが、前記投影複合イメージ内にレファレンス周波数パターンを提供するレファレンス周波数パターン表示体を有し、それ故、前記第二のイメージ検出媒体によって受け取られた投影複合イメージと異なった周波数パターンと、前記レファレンス周波数パターンに対する位相のずれとを表示する、請求項89に記載の装置。
  91. 前記イメージディテクタ上で検出された前記複合イメージのリファレンスイメージの位置及びサイズに関連するパラメーターが前記異なった周波数パターンと、前記リファレンス周波数パターンに対する前記位相のずれとを含んでいる、請求項90に記載の装置。
  92. 前記リファレンス周波数パターン表示体が、グリッドを含んでいる、請求項90に記載の装置。
  93. 選択された被写体を介しての選択されたスライス位置に置いて被写体の断層写真イメージを合成するためのシステムであって、
    (a)被写体との関係で一定の位置に維持された基準リファレンスと、
    (b)被写体のイメージと基準リファレンスのリファレンスイメージを投影させるためのイメージプロジェクタと、
    (c)被写体との関係で一定の位置に配置され、イメージプロジェクタによって作られる前記被写体イメージと前記リファレンスイメージを検出するためのイメージディテクタと、
    (d)前記イメージディテクタ上で検出されたリファレンスイメージの位置とサイズに関係するパラメーターを比較してイメージ翻訳データーを作り、前記被写体イメージと前記イメージ翻訳データーとから断層写真イメージを再構成するためのイメージシンセサイザーとを有するシステム。
  94. 前記イメージディテクタ上で検出された前記複合イメージのリファレンスイメージの位置及びサイズに関連するパラメーターが異なった周波数パターンと、前記リファレンス周波数パターンに対する前記位相のずれとを含んでいる、請求項93に記載のシステム。
  95. 前記イメージプロテクタが、放射線源を含んでいる、請求項93に記載のシステム。
  96. 人体を除く選択された被写体の投影イメージトモシンセシスするための方法であって、
    (a)被写体との関係で基準リファレンスを一定の位置に位置決めし、
    (b)選択された被写体の被写体イメージと基準リファレンスのイメージとを投影し、
    (c)イメージデータを作り出すために被写体との関係で一定の位置にイメージディテクタを位置決め配置し、
    (d)前記被写体の投影イメージと前記基準リファレンスイメージ前記イメージディテクタ上で検出し、
    (e)前記イメージディテクタ上で検出された前記リファレンスイメージの位置とサイズに関するパラメーターと前記基準リファレンスのパラメーターを比較してイメージ翻訳データーを作り、
    (f)前記イメージデータと前記イメージ翻訳データーとから前記被写体の断層撮影スライスを再構成するための方法。
  97. 選択された被写体の複数の投影イメージトモシンセシスするための装置であって、
    (a)被写体との関係で一定の位置に位置決め配置され て、複数の投影被写体イメージを検出するためのイメージディテクタと、
    (b)被写体との関係で一定の位置に位置決め配置され、前記イメージディテクタに複数の投影リファレンスイメージを作る基準リファレンスと、
    (c)前記イメージディテクタ上で検出される前記複数 の投影リファレンスイメージの位置とサイズに関するパラメーターと前記基準リファレンスのパラメーターを比較してイメージ翻訳データーを作ると共に、前記被写体イメージと前記イメージ翻訳データーとから断層撮影スライスを再構成するためのイメージシンセサイザーとを有するところの装置。
JP51942393A 1992-04-28 1993-04-23 自己校正トモシンセティック放射線写真イメージングシステム、方法及び装置 Expired - Fee Related JP3639857B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US07/875,249 US5359637A (en) 1992-04-28 1992-04-28 Self-calibrated tomosynthetic, radiographic-imaging system, method, and device
PCT/US1993/003873 WO1993022893A1 (en) 1992-04-28 1993-04-23 Self-calibrated tomosynthetic, radiographic-imaging system, method, and device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07506277A JPH07506277A (ja) 1995-07-13
JP3639857B2 true JP3639857B2 (ja) 2005-04-20

Family

ID=25365456

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP51942393A Expired - Fee Related JP3639857B2 (ja) 1992-04-28 1993-04-23 自己校正トモシンセティック放射線写真イメージングシステム、方法及び装置

Country Status (8)

Country Link
US (2) US5359637A (ja)
EP (1) EP0638224B1 (ja)
JP (1) JP3639857B2 (ja)
AT (1) AT207285T (ja)
AU (1) AU697905B2 (ja)
CA (1) CA2134213C (ja)
DE (2) DE69330948T2 (ja)
WO (1) WO1993022893A1 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7110807B2 (en) 1998-03-05 2006-09-19 Wake Forest University Health Sciences Method and system for creating three-dimensional images using tomosynthetic computed tomography
WO2010122923A1 (ja) * 2009-04-21 2010-10-28 株式会社ニックス 口腔内x線撮影補助装具および口腔内x線撮影システム

Families Citing this family (80)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5359637A (en) * 1992-04-28 1994-10-25 Wake Forest University Self-calibrated tomosynthetic, radiographic-imaging system, method, and device
DE4414689C2 (de) * 1994-04-26 1996-08-29 Siemens Ag Röntgendiagnostikeinrichtung
EP0741994A1 (de) * 1995-05-11 1996-11-13 TRUPPE, Michael, Dr. Verfahren zur Darstellung des Kiefers
DE19619915A1 (de) * 1996-05-17 1997-11-20 Siemens Ag Verfahren zur Erstellung von Tomosyntheseaufnahmen
DE19619913C2 (de) * 1996-05-17 2001-03-15 Sirona Dental Systems Gmbh Röntgendiagnostikgerät für Tomosynthese
DE19619925C2 (de) * 1996-05-17 1999-09-09 Sirona Dental Systems Gmbh Röntgendiagnostikgerät für Tomosynthese
DE19619924A1 (de) * 1996-05-17 1997-11-20 Siemens Ag Verfahren zur Erstellung von Tomosyntheseaufnahmen
JP4458553B2 (ja) * 1996-07-23 2010-04-28 ザ ジェネラル ホスピタル コーポレイション 胸部撮像のための断層合成装置
SE9700117D0 (sv) * 1997-01-17 1997-01-17 Siemens Elema Ab Ett förfarande för modifiering av minst en beräkningsalgoritm vid ett biopsisystem samt ett biopsisystem
DE19716519A1 (de) * 1997-04-03 1999-06-17 Rainer Herzog Röntgenaufnahmesystem mit automatischer Entzerrung durch Referenzkörper
US5994713A (en) * 1997-06-25 1999-11-30 Quantum Imaging Corp. Filmless photon imaging apparatus
FI118588B (fi) * 1998-01-23 2008-01-15 Palodex Group Oy Menetelmä pään ja kaulan alueen röntgenkuvaamiseksi
FR2780183B1 (fr) * 1998-06-19 2000-07-28 Commissariat Energie Atomique Procede d'amelioration du rapport signal/bruit de l'image d'un objet en mouvement
DE19827788C2 (de) * 1998-06-23 2003-08-28 Dieter Dirksen Vorrichtung und Verfahren zur dreidimensionalen Erfassung charakteristischer Messpunkte des Zahnbogens
US6081577A (en) * 1998-07-24 2000-06-27 Wake Forest University Method and system for creating task-dependent three-dimensional images
FI105448B (fi) * 1999-03-18 2000-08-31 Instrumentarium Oy Menetelmä ja laitteisto pään ja kaulan alueen röntgenkuvaamiseksi
WO2000056679A1 (en) * 1999-03-19 2000-09-28 Stonecraft, Llc Polymer-cement composites and methods of making same
DE19912854A1 (de) * 1999-03-22 2000-10-05 Sirona Dental Systems Gmbh Verfahren zur Korrektur des Vergrößerungsfaktors bei digitalen Röntgenaufnahmen
EP1204369A1 (en) 1999-08-16 2002-05-15 Super Dimension Ltd. Method and system for displaying cross-sectional images of a body
US7236622B2 (en) * 1999-08-25 2007-06-26 Eastman Kodak Company Method for forming a depth image
WO2001027877A1 (de) * 1999-10-14 2001-04-19 Centrum für Dentale Innovationen GmbH Schichtbildverfahren und gerät
US6671349B1 (en) 2000-11-13 2003-12-30 Olganix Corporation Tomosynthesis system and registration method
US6483890B1 (en) * 2000-12-01 2002-11-19 Koninklijke Philips Electronics, N.V. Digital x-ray imaging apparatus with a multiple position irradiation source and improved spatial resolution
US6748046B2 (en) * 2000-12-06 2004-06-08 Teradyne, Inc. Off-center tomosynthesis
US6643536B2 (en) * 2000-12-29 2003-11-04 Ge Medical Systems Global Technology Company, Llc System and method for synchronization of the acquisition of images with the cardiac cycle for dual energy imaging
FR2822273B1 (fr) 2001-03-13 2003-07-11 Ge Med Sys Global Tech Co Llc Procede d'etalonnage pour la reconstruction de modelisations tri-dimensionnelles a partir d'images obtenues par tomographie
FR2823057B1 (fr) * 2001-03-28 2003-07-04 Ge Med Sys Global Tech Co Llc Procede de determination de facteur de grandissement d'une image radiographique notamment vasculaire
AU2002332758A1 (en) * 2001-08-31 2003-03-18 Analogic Corporation Image positioning method and system for tomosynthesis in a digital x-ray radiography system
US6978040B2 (en) * 2001-12-19 2005-12-20 Canon Kabushiki Kaisha Optical recovery of radiographic geometry
JP4648629B2 (ja) * 2002-03-14 2011-03-09 ネットケイアイエスアール インコーポレイテッド コンピュータ連動断層撮影データの解析およびディスプレイシステムおよび方法
US20030228044A1 (en) * 2002-06-05 2003-12-11 Canon Kabushiki Kaisha Radiographic marker location
US8768026B2 (en) 2003-11-26 2014-07-01 Hologic, Inc. X-ray imaging with x-ray markers that provide adjunct information but preserve image quality
US7616801B2 (en) 2002-11-27 2009-11-10 Hologic, Inc. Image handling and display in x-ray mammography and tomosynthesis
US7577282B2 (en) 2002-11-27 2009-08-18 Hologic, Inc. Image handling and display in X-ray mammography and tomosynthesis
US8565372B2 (en) 2003-11-26 2013-10-22 Hologic, Inc System and method for low dose tomosynthesis
US8571289B2 (en) 2002-11-27 2013-10-29 Hologic, Inc. System and method for generating a 2D image from a tomosynthesis data set
US7123684B2 (en) 2002-11-27 2006-10-17 Hologic, Inc. Full field mammography with tissue exposure control, tomosynthesis, and dynamic field of view processing
US6893156B2 (en) * 2003-01-17 2005-05-17 Steris Inc. Pad assembly adapted for receiving an x-ray cassette and method of using the same
US7104689B2 (en) * 2003-01-22 2006-09-12 Instrumentarium Corporation Positioning device and method in X-ray imaging systems
US7433507B2 (en) * 2003-07-03 2008-10-07 Ge Medical Systems Global Technology Co. Imaging chain for digital tomosynthesis on a flat panel detector
US6885724B2 (en) * 2003-08-22 2005-04-26 Ge Medical Systems Global Technology Company, Llc Radiographic tomosynthesis image acquisition utilizing asymmetric geometry
BE1015916A3 (nl) * 2004-02-25 2005-11-08 Clerck Rene De Werkwijze en markeerelement voor het bepalen van de positie van een dentaal implantaat.
US7311440B2 (en) * 2004-03-31 2007-12-25 Cyber Medical Imaging, Inc. Anatomically conforming intraoral dental radiographic sensor
US7662082B2 (en) 2004-11-05 2010-02-16 Theragenics Corporation Expandable brachytherapy device
EP1815388B1 (en) * 2004-11-15 2013-03-06 Hologic, Inc. Matching geometry generation and display of mammograms and tomosynthesis images
EP1816965B1 (en) 2004-11-26 2016-06-29 Hologic, Inc. Integrated multi-mode mammography/tomosynthesis x-ray system
FI20055168A0 (fi) * 2005-04-13 2005-04-13 Gen Electric Tomografiamenetelmä
GB2427339A (en) * 2005-06-15 2006-12-20 Stereo Scan Systems Ltd X-ray stereoscopic screening apparatus
US7298816B2 (en) * 2005-08-02 2007-11-20 The General Hospital Corporation Tomography system
US7245694B2 (en) 2005-08-15 2007-07-17 Hologic, Inc. X-ray mammography/tomosynthesis of patient's breast
EP1937149A1 (en) * 2005-10-19 2008-07-02 The General Hospital Corporation Imaging system and related techniques
US8079946B2 (en) 2005-11-18 2011-12-20 Senorx, Inc. Asymmetrical irradiation of a body cavity
DE102006024413A1 (de) * 2006-05-24 2007-11-29 Siemens Ag Verfahren und Einrichtung zum Erzeugen eines tomosynthetischen 3D-Röntgenbildes
US7777943B2 (en) * 2007-03-01 2010-08-17 American Museum Of Natural History Astrometry and photometry with coronagraphs
US7630533B2 (en) 2007-09-20 2009-12-08 Hologic, Inc. Breast tomosynthesis with display of highlighted suspected calcifications
WO2009147671A1 (en) 2008-06-03 2009-12-10 Superdimension Ltd. Feature-based registration method
US8218847B2 (en) 2008-06-06 2012-07-10 Superdimension, Ltd. Hybrid registration method
US7991106B2 (en) 2008-08-29 2011-08-02 Hologic, Inc. Multi-mode tomosynthesis/mammography gain calibration and image correction using gain map information from selected projection angles
CN102196772A (zh) 2008-09-04 2011-09-21 霍罗吉克公司 集成多模式乳房x射线照相术/体层合成x射线系统和方法
US9579524B2 (en) 2009-02-11 2017-02-28 Hologic, Inc. Flexible multi-lumen brachytherapy device
US9248311B2 (en) 2009-02-11 2016-02-02 Hologic, Inc. System and method for modifying a flexibility of a brachythereapy catheter
US8170320B2 (en) * 2009-03-03 2012-05-01 Hologic, Inc. Mammography/tomosynthesis systems and methods automatically deriving breast characteristics from breast x-ray images and automatically adjusting image processing parameters accordingly
DE102009017905A1 (de) * 2009-04-17 2010-11-04 Johannes Gutenberg-Universität Mainz Haltevorrichtung, Aufbisselement und System für die intraorale Radiographie
US10207126B2 (en) 2009-05-11 2019-02-19 Cytyc Corporation Lumen visualization and identification system for multi-lumen balloon catheter
US9082036B2 (en) 2009-11-25 2015-07-14 Dental Imaging Technologies Corporation Method for accurate sub-pixel localization of markers on X-ray images
US9082177B2 (en) 2009-11-25 2015-07-14 Dental Imaging Technologies Corporation Method for tracking X-ray markers in serial CT projection images
US9082182B2 (en) 2009-11-25 2015-07-14 Dental Imaging Technologies Corporation Extracting patient motion vectors from marker positions in x-ray images
US9826942B2 (en) 2009-11-25 2017-11-28 Dental Imaging Technologies Corporation Correcting and reconstructing x-ray images using patient motion vectors extracted from marker positions in x-ray images
CA2788406C (en) 2010-02-01 2018-05-22 Superdimension, Ltd. Region-growing algorithm
US9352172B2 (en) 2010-09-30 2016-05-31 Hologic, Inc. Using a guide member to facilitate brachytherapy device swap
CA2813591A1 (en) 2010-10-05 2012-04-12 Hologic, Inc. Upright x-ray breast imaging with a ct mode, multiple tomosynthesis modes, and a mammography mode
US20120115107A1 (en) * 2010-11-04 2012-05-10 Adams Bruce W System and method for automated manufacturing of dental orthotics
US10342992B2 (en) 2011-01-06 2019-07-09 Hologic, Inc. Orienting a brachytherapy applicator
JP5623974B2 (ja) * 2011-04-28 2014-11-12 富士フイルム株式会社 画像生成装置、放射線画像撮影システム、画像生成プログラム、及び画像生成方法
EP2587450B1 (en) * 2011-10-27 2016-08-31 Nordson Corporation Method and apparatus for generating a three-dimensional model of a region of interest using an imaging system
JP6240097B2 (ja) 2012-02-13 2017-11-29 ホロジック インコーポレイティッド 合成画像データを使用してトモシンセシススタックをナビゲートする方法
US9241682B2 (en) * 2013-03-12 2016-01-26 Depuy Synthes Products, Inc Apparatus and method for calibrating an x-ray image of a knee of a patient
US9872663B2 (en) * 2015-02-04 2018-01-23 Dentsply Sirona Inc. Methods, systems, apparatuses, and computer programs for removing marker artifact contribution from a tomosynthesis dataset
US10143532B2 (en) 2015-02-11 2018-12-04 Cmt Medical Technologies Ltd. Tomographic scan
US10163262B2 (en) 2015-06-19 2018-12-25 Covidien Lp Systems and methods for navigating through airways in a virtual bronchoscopy view

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE2810608A1 (de) * 1978-03-11 1979-09-20 Philips Patentverwaltung Verfahren zur stoerungsarmen schichtdarstellung raeumlicher objekte mittels unterschiedlicher perspektivbilder
CA1288176C (en) * 1987-10-29 1991-08-27 David C. Hatcher Method and apparatus for improving the alignment of radiographic images
US5070454A (en) * 1988-03-24 1991-12-03 Olganix Corporation Reference marker orientation system for a radiographic film-based computerized tomography system
US5051904A (en) * 1988-03-24 1991-09-24 Olganix Corporation Computerized dynamic tomography system
JPH0477508B2 (ja) * 1988-10-13 1992-12-08 Tokyo Shibaura Electric Co
EP0502069A1 (en) * 1989-11-24 1992-09-09 Technomed International A method and apparatus for determining the position of a target relative to known co-ordinates
US5359637A (en) * 1992-04-28 1994-10-25 Wake Forest University Self-calibrated tomosynthetic, radiographic-imaging system, method, and device

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7110807B2 (en) 1998-03-05 2006-09-19 Wake Forest University Health Sciences Method and system for creating three-dimensional images using tomosynthetic computed tomography
WO2010122923A1 (ja) * 2009-04-21 2010-10-28 株式会社ニックス 口腔内x線撮影補助装具および口腔内x線撮影システム

Also Published As

Publication number Publication date
DE69330948D1 (de) 2001-11-22
US5668844A (en) 1997-09-16
AU4115893A (en) 1993-11-29
CA2134213A1 (en) 1993-11-11
CA2134213C (en) 2004-10-26
AT207285T (de) 2001-11-15
WO1993022893A1 (en) 1993-11-11
EP0638224A1 (en) 1995-02-15
EP0638224B1 (en) 2001-10-17
AU697905B2 (en) 1998-10-22
EP0638224A4 (en) 1996-04-03
JPH07506277A (ja) 1995-07-13
DE69330948T2 (de) 2002-06-06
US5359637A (en) 1994-10-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5128864A (en) Method for computing tomographic scans
US5432834A (en) Whole-body dual-energy bone densitometry using a narrow angle fan beam to cover the entire body in successive scans
JP4486807B2 (ja) 全視野ディジタル式トモシンセシスの方法及び装置
US5598454A (en) X-ray diagnostics installation
US20010038681A1 (en) Method and system for low-dose three-dimensional imaging of a scene
US20050226375A1 (en) Enhanced X-ray imaging system and method
JP4345966B2 (ja) X線源・画像間の可変距離を利用した3d再構成システム及び方法
JP5493852B2 (ja) 放射線画像撮影装置
JP4190194B2 (ja) 断層撮影法によって得た像から3次元モデルを再構成するための較正方法
CN100448499C (zh) 带有平板成像器的锥面束计算机x线断层扫描
US5872828A (en) Tomosynthesis system for breast imaging
US7344307B2 (en) System and method for integration of a calibration target into a C-arm
JP2004532985A (ja) 透過放射線の源及び被検体に注入される放射性薬剤の源を含む診断撮像
JP5461438B2 (ja) 位相コントラストイメージング用のx線検出器
US6643351B2 (en) Radiographic apparatus
EP0333256B1 (en) X-ray examination apparatus having three axes of rotation
US7356112B2 (en) Computed tomography scanning
EP1627601B1 (en) Metal artifact reduction in 3D X-ray image reconstruction using artifact spatial information
US4791934A (en) Computer tomography assisted stereotactic surgery system and method
US20070098141A1 (en) Method and arrangement relating to X-ray imaging
US6236708B1 (en) 2D and 3D tomographic X-ray imaging using flat panel detectors
JP4054402B2 (ja) X線断層撮影装置
JP2005296647A (ja) 静止トモグラフィー式マンモグラフィーシステム
JP2007021217A (ja) 運動する生物体範囲の画像を発生させるための方法およびx線診断装置
US6960020B2 (en) Image positioning method and system for tomosynthesis in a digital X-ray radiography system

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040917

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20041215

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080128

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090128

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 5

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100128

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110128

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120128

Year of fee payment: 7

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees