JP3628728B2 - 長尺物供給装置 - Google Patents

長尺物供給装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3628728B2
JP3628728B2 JP22430994A JP22430994A JP3628728B2 JP 3628728 B2 JP3628728 B2 JP 3628728B2 JP 22430994 A JP22430994 A JP 22430994A JP 22430994 A JP22430994 A JP 22430994A JP 3628728 B2 JP3628728 B2 JP 3628728B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
conveyor
transport
feed
case
long
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP22430994A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0858962A (ja
Inventor
徹 石井
孝道 下村
Original Assignee
エスアイ精工株式会社
ヤンマー農機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by エスアイ精工株式会社, ヤンマー農機株式会社 filed Critical エスアイ精工株式会社
Priority to JP22430994A priority Critical patent/JP3628728B2/ja
Publication of JPH0858962A publication Critical patent/JPH0858962A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3628728B2 publication Critical patent/JP3628728B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【産業上の利用分野】
この発明は、例えば、胡瓜、人参、長芋、長茄子等の長尺物を同一方向に整列して供給する作業に用いられる長尺物供給装置に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、上述例のような長尺形状を有する多数本の各胡瓜を同一方向に整列して供給する場合、例えば、図5に示すように、多数本の各胡瓜K…が投入された運搬用コンテナCを上下反転して分離用コンベア42の搬送ベルト43上に載置し、同運搬用コンテナCを上下反転した状態のまま上方に持上げて、分離用コンベア42の搬送ベルト43上に多数本の各胡瓜K…を一旦移載する。分離用コンベア42を構成する各搬送ベルト43,44,45の送り速度を低速、中速、高速の順に回転して、同各搬送ベルト43,44,45に各胡瓜K…を乗り移らせるときに加速搬送し、多数本の各胡瓜K…を送り方向に転動させながら前後方向に離間するので、例えば、バケットコンベア等の選別用コンベア(図示省略)に対して多数本の各胡瓜K…を1本ずつ整列供給することができる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】
しかし、上述のように運搬用コンテナCを上下反転した状態のまま上方に持上げたとき、運搬用コンテナC内に投入された多数本の各胡瓜K…が一挙に放出されてしまい、上段側に積み重ねられた各胡瓜K…が前後方向に転げ落ち、胡瓜Kの姿勢が斜向き又は縦向きに変位するため、搬送途中に於いて、作業者の手で胡瓜Kの姿勢を同一方向に揃えなければならず、作業に手間が掛かるという問題点も有している。また、多数本の各胡瓜K…を送り方向に転動させながら離間するので、各胡瓜K…の外周面が相対向する方向に回転接触し、胡瓜Kの表皮部分に突出した突起が剥離したり、胡瓜Kの表皮部分に打ち傷や擦り傷等が付いたりするため、胡瓜Kの色相及び外観が悪くなり、商品価値が損なわれてしまうという問題点も有している。
【0004】
この発明は上記問題に鑑み、第1搬送コンベアの送り側終端部よりも後方側に運搬用ケースを徐々に突出して、同運搬用ケースの開放側から落下供給される各長尺物を第2搬送コンベア上に順次移載することにより、多数本の各長尺物を同一方向に整列した状態のまま供給することができ、且つ、長尺物の商品価値が損なわれるのを防止できる長尺物供給装置の提供を目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】
請求項1記載の発明は、上面開放形の運搬用ケースを下向きに開放した姿勢に上下反転し、該運搬用ケースに投入された多数本の各長尺物を搬送用コンベア上に移載して、該搬送用コンベア上に移載された多数本の各長尺物を送り方向に対して横向き姿勢に整列して搬送する長尺物供給装置であって、上記搬送用コンベアを送り方向に対して第1搬送コンベアと第2搬送コンベアとに前後分割し、上記第1搬送コンベアと第2搬送コンベアとを適宜間隔に近接して上下段違いに配設し、該第1搬送コンベアの送り速度よりも第2搬送コンベアの送り速度を速く設定すると共に、上記第1搬送コンベアと第2搬送コンベアとの間に、上記第1搬送コンベアの送り速度と同期して運搬用ケースを上下反転した状態のまま送り方向に移動するケース移動手段を設け、上記ケース移動手段により第1搬送コンベアの送り側終端部よりも後方側に運搬用ケースを徐々に突出して、同運搬用ケースの開放側から落下供給される各長尺物を第2搬送コンベア上に順次移載する長尺物供給装置であることを特徴とする。
【0006】
請求項2記載の発明は、上記請求項1記載の構成と併せて、上記第1搬送コンベアの送り側始端部に、上記運搬用ケースを下向きに開放した姿勢に上下反転して第1搬送コンベア上に載置するケース反転手段を設けた長尺物供給装置であることを特徴とする。
【0007】
【作用】
請求項1記載の長尺物供給装置は、搬送用コンベアを構成する第1搬送コンベアの送り速度よりも第2搬送コンベアを速く回転して、上面開放形の運搬用ケースを下向きに開放した姿勢に上下反転して第1搬送コンベア上に載置すると共に、ケース移動手段を駆動して、第1搬送コンベアの送り速度と同期して、同第1搬送コンベア上に載置された運搬用ケースを上下反転した状態のまま送り方向に移動することで、同運搬用ケースの開放側から多数本の各長尺物が順次落下される。第1搬送コンベアの送り側終端部よりも後方側に運搬用ケースを徐々に突出して、同運搬用ケースの開放側から落下供給される各長尺物を第2搬送コンベア上に順次移載することで、第2搬送コンベアに対して多数本の各長尺物を横向き姿勢に整列した状態のまま順次移載することができる。且つ、運搬用ケースの開放側から落下供給される各長尺物を第2搬送コンベアにより前後方向に分離しながら搬送するので、例えば、バケットコンベア等の選別用コンベア(図示省略)に対して多数本の各長尺物を定量供給することができる。
【0008】
請求項2記載の長尺物供給装置は、上記請求項1記載の作用と併せて、ケース反転手段を駆動して、上面開放形の運搬用ケースを下向きに開放した姿勢に上下反転して第1搬送コンベア上に載置することで、同運搬用ケースの反転作業が機械的に行える。
【0009】
【発明の効果】
この発明によれば、第1搬送コンベアの送り側終端部よりも後方側に運搬用ケースを徐々に突出して、運搬用ケースの開放側から落下供給される各長尺物を第2搬送コンベア上に順次移載するので、放出時に於いて、長尺物の姿勢が変位するのを防止でき、多数本の各長尺物を同一方向に整列した状態のまま搬送することができ、例えば、バケットコンベア等の選別用コンベア(図示省略)に対して多数本の各長尺物を定量供給することができる。且つ、従来例のように作業者の手で長尺物の向きを修正するような手間及び作業が省け、作業の省力化及び能率アップを図ることができる。
【0010】
しかも、運搬用ケースの開放側から落下供給される各長尺物を第2搬送コンベアにより前後方向に分離しながら搬送するので、各長尺物が互いに回転接触するのを積極的に防止することができ、長尺物の表皮に付いた突起が剥落したり、表皮に打ち傷や擦り傷等が付いたりせず、長尺物の商品価値が損なわれるのを確実に防止できる。
【0011】
【実施例】
図面は長尺物の一例として運搬用コンテナに投入された多数本の各胡瓜を同一方向に整列して供給するために用いられる第1実施例の胡瓜供給装置を示し、図1及び図2に於いて、この胡瓜供給装置1は、例えば、ネスティング形、スタッキング形等の上面開放形に形成された運搬用コンテナC内に多数本の各胡瓜K…を長手方向に並列して投入し、荷受け用コンベア2上に設定した積込み位置に各運搬用コンテナC…を順次搬送して、同位置側部に配設したコンテナ反転機3の各送り用コンベア4,5間に各運搬用コンテナC…を順次搬入する。各送り用コンベア4,5で各運搬用コンテナC…を挾持した状態のまま周回搬送して上下反転し、同送り用コンベア4上に設定した放出位置に各運搬用コンテナC…を順次搬送する。同位置上部に配設したコンテナ回収機6により運搬用コンテナCを吸着保持した状態のまま送り方向に水平移動し、同運搬用コンテナCを送り用コンベア4の送り側終端部から徐々に突出して、同運搬用コンテナCに投入された多数本の各胡瓜K…を開放側から順次落下させ、同位置下部に配設したローラ式の整列用コンベア7上に多数本の各胡瓜K…を順次移載する。整列用コンベア7の終端側下部に配設したローラ式の整列用コンベア8上に多数本の各胡瓜K…を順次移載して選別工程(図示省略)に搬送供給し、上述のコンテナ回収機6により吸着保持した空の運搬用コンテナCを、同側上部に配設した回収用コンベア9上に順次移載して回収工程(図示省略)に搬送供給する。
【0012】
上述のコンテナ反転機3は、荷受け用コンベア2の積込み位置上部に軸支した大径ドラムローラ10と、後述する整列用コンベア7の始端側上部に軸支した小径ドラムローラ11との間に、テンションローラ12及び従動ドラムローラ13とを介して送り用コンベア4を構成する合成樹脂製の搬送ベルト14を張架し、大径ドラムローラ10の上段側に軸支した各スプロケット15,15と、下段側に軸支した各スプロケット16,16との間に送り用コンベア5を構成するスラット型の搬送ベルト17を張架すると共に、同各搬送ベルト14,17の対向面間を上述した運搬用コンテナCを挾持される間隔に近接している。
【0013】
且つ、荷受け用コンベア2の積込み位置側部に、同位置に搬送される運搬用コンテナCの一側端面と対向してプッシャ板18を配設し、同位置側部に配設した積込み用シリンダ19のピストンロッドをプッシャ板18に固定して、同積込み用シリンダ19の作動により、上述した各搬送ベルト14,17間に運搬用コンテナCを搬入する前進位置と、同運搬用コンテナCとの当接が回避される後退位置とにプッシャ板18を前後移動する。つまり、減速機付きモータ(図示省略)の駆動力により各搬送ベルト14,17を同期して回転し、荷受け用コンベア2上の積込み位置に搬送された運搬用コンテナCをプッシャ板18により積込み方向に水平移動させ、各搬送ベルト14,17の対向面間に運搬用コンテナCを搬入する。各搬送ベルト14,17で運搬用コンテナCを挾持した状態のまま周回搬送して、同運搬用コンテナCの開放側を下向けた姿勢に上下反転する。
【0014】
前述のコンテナ回収機6は、送り用コンベア4上に設定した放出位置上部に各ガイドレール20,20を架設し、同位置上部に配設した移動用シリンダ21のピストンロッドを各ガイドレール20,20間に取付けた移動枠22に連結し、同移動用シリンダ21の作動により、送り用コンベア4上に設定した放出位置上方と、回収用コンベア9上に設定した回収位置上方とに移動枠22を移動する。且つ、移動枠22上部に配設した昇降用シリンダ23のピストンロッドを昇降枠24に連結し、同昇降枠24の下面側に運搬用コンテナCと対向して複数個(例えば、2個、4個)の各吸着パッド25…を垂設し、同昇降用シリンダ23の作動により、運搬用コンテナCの底面側に各吸着パッド25…を密着する降下位置と、同運搬用コンテナCの底面側に対して各吸着パッド25…を適宜間隔に離間した上昇位置とに昇降枠24を垂直昇降する。
【0015】
つまり、送り用コンベア4上の放出位置に搬送された運搬用コンテナCに各吸着パッド25…を密着したとき、同各吸着パッド25…に接続した吸引用ブロワ又は真空ポンプ等の吸引手段(図示省略)による負圧で運搬用コンテナCを吸着保持する。一方、各吸着パッド25…で吸着保持した運搬用コンテナCを回収用コンベア9上に移載したとき、負圧を遮断又は停止して運搬用コンテナCの吸着保持を解除する。なお、送り用コンベア4上の放出位置に搬送された運搬用コンテナCの左右面又は前後面を各吸着パッド25…で吸着保持するもよい。
【0016】
前述の各整列用コンベア7,8は同一構成であるので、一方の整列用コンベア7を図面に基づいて説明する。図2及び図3に示すように、送り側始端部に軸支した各スプロケット26,26と、送り側終端部に軸支した各スプロケット27,27との間に各周回用チェーン28,28を張架し、各周回用チェーン28,28の対向面間に多数本の各支軸29,30,31を送り方向に対して所定等間隔に隔てて交互に軸架し、前後部に軸架した各支軸29,31上に、例えば、合成ゴム、合成樹脂等で形成又は被覆した多数本の各支持ローラ32…を自由回転可能に軸支すると共に、前後部の各支軸29,31上に軸支した各支持ローラ32…と、中間部に軸架した支軸30との間を胡瓜Kの横幅寸法よりも若干幅狭間隔に近接し、同支軸30の軸周面を、例えば、合成ゴム、合成樹脂等で形成又は被覆している。
【0017】
且つ、送り側始端部から送り側終端部に至る左右位置に各ガイドレール33,33を平行して架設し、各支軸29…の両側端部に軸受した各ガイドローラ34…を各ガイドレール33,33の上縁部に係合して、各支軸29…上に軸支した各支持ローラ32…を各ガイドレール33,33に沿って送り方向に水平移動する。一方、上述した整列用コンベア7の送り側端部と対応する左右位置に各ガイドレール35,35を架設し、各支軸31…の両側端部に軸受した各ガイドローラ36…を各ガイドレール35…の下縁部に係合して、各支軸31…上に軸支した各支持ローラ32…を各ガイドレール35,35に沿って送り方向に移動する。
【0018】
つまり、下部に配設した減速機付き周回用モータ37の駆動力により、各スプロケット38,39及び駆動チェーン40を介して各周回用チェーン28,28を送り方向に回転し、上述した送り用コンベア4の送り速度よりも整列用コンベア7を速く回転させる。同時に、各支軸29…に軸受した各ガイドローラ34…を各ガイドレール33,33の送り側始端部に係合し、各支軸31…に軸受した各ガイドローラ36…を各ガイドレール35,35の送り側始端部に係合して、各支軸29…よりも下方に各支軸31…を降下させ、各周回用チェーン28,28を送り方向に対して鋭角度に順次屈曲すると共に、各支軸29…に軸支した各支持ローラ32…を胡瓜Kの横幅寸法よりも幅狭間隔に順次近接する。一方、各支軸31…に軸受した各ガイドローラ36,36を各ガイドレール35,35の送り側終端部に係合して、各支軸29…に対して水平となる高さ位置に各支軸31…を復帰させ、各周回用チェーン28,28を送り方向に対して鈍角度に順次伸張すると共に、各支軸29…に軸支した各支持ローラ32…を胡瓜Kの横幅寸法よりも幅広間隔に順次離間する。
【0019】
図示実施例は上記の如く構成するものとして、以下、胡瓜供給装置1により多数本の各胡瓜K…を整列供給するときの動作を説明する。
先ず、図1及び図2に示すように、多数本の各胡瓜K…が投入された各運搬用コンテナC…を荷受け用コンベア2上に順次載置し、同荷受け用コンベア2上に設定した積込み位置に各運搬用コンテナC…を順次搬送すると共に、積込み用シリンダ19を作動して、荷受け用コンベア2上の積込み位置に搬送される各運搬用コンテナC…をプッシャ板18で積込み方向に水平移動させ、コンテナ反転機3を構成する各送り用コンベア4,5間に各運搬用コンテナC…を順次搬入する。同時に、各送り用コンベア4,5により各運搬用コンテナC…を挾持した状態のまま周回搬送して、同各運搬用コンテナC…の開放側を下向けた姿勢に上下反転すると共に、同各運搬用コンテナC…の開放側を送り用コンベア4に密着させた状態のまま搬送する。
【0020】
次に、送り用コンベア4上に設定した放出位置に各運搬用コンテナC…を順次搬送し、同位置に搬送された運搬用コンテナCの底面側にコンテナ回収機6の各吸着パッド25…を密着して、同各吸着パッド25…で運搬用コンテナCを吸着保持した状態のまま送り方向に水平移動する。且つ、送り用コンベア4の送り速度よりも整列用コンベア7を速く回転し、送り用コンベア4の送り側終端部よりも後方側に運搬用コンテナCを徐々に突出して、同位置下部に配設した整列用コンベア7の各支持ローラ32…間に多数本の各胡瓜K…を順次移載する。つまり、送り用コンベア4の送り側終端部よりも後方側に運搬用コンテナCを徐々に突出して開放することで、同運搬用コンテナCに投入された多数本の各胡瓜K…が開放側から順次落下され、同側下部に配設した整列用コンベア7の各支持ローラ32…間に対して多数本の各胡瓜K…を横向き姿勢に整列した状態のまま順次移載することができる。
【0021】
次に、整列用コンベア7の各支持ローラ32…間に各胡瓜K…を載置した状態のまま送り方向に順次搬送し、同各支持ローラ32…を送り方向に水平移動させながら徐々に離間して、同各支持ローラ32…間に載置された多数本の各胡瓜K…を前後方向に分離しながら搬送するので、同各支持ローラ32…間に載置された各胡瓜K…が転動及び接触するのを防止できる。
【0022】
以下同様に、整列用コンベア7の各支持ローラ32…を適宜間隔に近接して回帰周回させ、送り用コンベア4から落下供給される多数本の各胡瓜K…を整列用コンベアの各支持ローラ32…間に順次移載して、上下に積み重ねられた多数本の各胡瓜K…を前後方向に分離しながら搬送する。同時に、整列用コンベア7の終端側下部に配設した整列用コンベア8上に多数本の各胡瓜K…を順次移載し、多数本の各胡瓜K…を適宜前後間隔に分離して選別工程(図示省略)に搬送供給するので、例えば、バケットコンベア等の選別用コンベア(図示省略)に対して多数本の各胡瓜を1本ずつ供給することができる。一方、各吸着パッド25…により吸着保持した空の運搬用コンテナCを回収用コンベア9上に順次移載して回収工程(図示省略)に搬送供給する。なお、整列用コンベア7の各支持ローラ32…間に載置された胡瓜Kの姿勢が不適切なとき、同位置側部に待機する作業者の手で胡瓜Kを適切な姿勢に向き修正する。且つ、余分な胡瓜Kを取除く作業及び不足分の胡瓜Kを補充する作業とを行う。
【0023】
以上のように、コンテナ反転機3を構成する送り用コンベア4の送り側終端部よりも後方側に運搬用コンテナCを徐々に突出して、同運搬用コンテナCの開放側から落下供給される各胡瓜K…を整列用コンベア7の各支持ローラ32…間順次移載するので、放出時に於いて、胡瓜Kの姿勢が変位するのを防止でき、多数本の各胡瓜K…を横向き姿勢に整列した状態のまま搬送することができ、例えば、バケットコンベア等の選別用コンベア(図示省略)に対して多数本の各胡瓜K…を1本ずつ供給する作業が確実に行える。且つ、従来例のように作業者の手で胡瓜Kの向きを修正するような手間及び作業が省け、作業の省力化及び能率アップを図ることができる。
【0024】
しかも、運搬用コンテナCの開放側から落下供給される各胡瓜K…を整列用コンベア7により前後方向に分離しながら搬送するので、各胡瓜K…が互いに回転接触するのを積極的に防止することができ、胡瓜Kの表皮に付いた突起が剥落したり、表皮に打ち傷や擦り傷等が付いたりせず、胡瓜Kの商品価値が損なわれるのを確実に防止できる。
【0025】
図4はコンテナ反転機3を構成する送り用コンベア4の終端側下部にベルト式の整列用コンベア41を配設した第2実施例の胡瓜供給装置1を示し、同整列用コンベア41は、送り側始端部に軸支したドラムローラ41aと、送り側終端部に軸支したドラムローラ41bとの間に合成樹脂製の搬送ベルト41cを張架し、減速機付きモータ(図示省略)の駆動力により、上述した送り用コンベア4の送り速度よりも整列用コンベア41を速く回転させる。つまり、コンテナ反転機3を構成する各送り用コンベア4,5で運搬用コンテナCを挾持した状態のまま周回搬送して上下反転し、同送り用コンベア4上に設定した放出位置に運搬用コンテナCを搬送する。同時に、コンテナ回収機6の各吸着パッド25…で運搬用コンテナCを吸着保持した状態のまま送り方向に水平移動し、同送り用コンベア4の送り側終端部よりも後方側に運搬用コンテナCを徐々に突出して、同運搬用コンテナCに投入された多数本の各胡瓜K…を開放側から順次落下させ、同位置下部に配設した整列用コンベア41上に多数本の各胡瓜K…を順次移載するので、第1実施例と同様に、多数本の各胡瓜K…を横向き姿勢に整列して搬送することができる。
【0026】
この発明の構成と、上述の実施例との対応において、
この発明の長尺物は、実施例の胡瓜Kに対応し、
以下同様に、
運搬用ケースは、運搬用コンテナCに対応し、
長尺物供給装置は、胡瓜供給装置1に対応し、
搬送用コンベアは、送り用コンベア4と、整列用コンベア7とに対応し、
第1搬送コンベアは、送り用コンベア4に対応し、
第2搬送コンベアは、整列用コンベア7,41に対応し、
ケース反転手段は、コンテナ反転機3及び各送り用コンベア3,4と、各ドラムローラ10,11と、テンションローラ12と、従動ドラムローラ13と、各搬送ベルト14,17と、各スプロケット15,16とに対応し、
ケース移動手段は、コンテナ回収機6及びガイドレール20と、移動用シリンダ21と、移動枠22と、昇降用シリンダ23と、昇降枠24と、吸着パッド25とに対応するも、
この発明は、上述の実施例の構成のみに限定されるものではない。
【0027】
上述の実施例では、コンテナ回収機6を構成する各吸着パッド25…で送り用コンベア4上の放出位置に搬送された空の運搬用コンベアCを吸着保持して回収するが、例えば、係止フック、挾持アーム、押圧パッド等の適宜保持手段により送り用コンベア4上の放出位置に搬送された空の運搬用コンテナCを保持して回収するもよく、実施例で説明した構成のみに限定されるものではない。
【図面の簡単な説明】
【図1】第1実施例の胡瓜供給装置による胡瓜供給動作を示す側面図。
【図2】胡瓜の供給動作を示す側面図。
【図3】整列用コンベアの一側端部を示す正面図。
【図4】第2実施例の胡瓜供給装置による胡瓜供給動作を示す側面図。
【図5】従来例の胡瓜供給装置による胡瓜供給動作を示す側面図。
【符号の説明】
C…運搬用コンテナ
K…胡瓜
1…胡瓜供給装置
2…荷受け用コンベア
3…コンテナ反転機
4,5…送り用コンベア
6…コンテナ回収機
7,8…整列用コンベア
9…回収用コンベア
25…吸着パッド
28…周回用チェーン
29,30,31…支軸
32…支持ローラ
41…整列用コンベア

Claims (2)

  1. 上面開放形の運搬用ケースを下向きに開放した姿勢に上下反転し、該運搬用ケースに投入された多数本の各長尺物を搬送用コンベア上に移載して、該搬送用コンベア上に移載された多数本の各長尺物を送り方向に対して横向き姿勢に整列して搬送する長尺物供給装置であって、
    上記搬送用コンベアを送り方向に対して第1搬送コンベアと第2搬送コンベアとに前後分割し、
    上記第1搬送コンベアと第2搬送コンベアとを適宜間隔に近接して上下段違いに配設し、該第1搬送コンベアの送り速度よりも第2搬送コンベアの送り速度を速く設定すると共に、
    上記第1搬送コンベアと第2搬送コンベアとの間に、上記第1搬送コンベアの送り速度と同期して運搬用ケースを上下反転した状態のまま送り方向に移動するケース移動手段を設け、
    上記ケース移動手段により第1搬送コンベアの送り側終端部よりも後方側に運搬用ケースを徐々に突出して、同運搬用ケースの開放側から落下供給される各長尺物を第2搬送コンベア上に順次移載することを特徴とする
    長尺物供給装置。
  2. 上記第1搬送コンベアの送り側始端部に、上記運搬用ケースを下向きに開放した姿勢に上下反転して第1搬送コンベア上に載置するケース反転手段を設けた
    請求項1記載の長尺物供給装置。
JP22430994A 1994-08-24 1994-08-24 長尺物供給装置 Expired - Fee Related JP3628728B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22430994A JP3628728B2 (ja) 1994-08-24 1994-08-24 長尺物供給装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22430994A JP3628728B2 (ja) 1994-08-24 1994-08-24 長尺物供給装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0858962A JPH0858962A (ja) 1996-03-05
JP3628728B2 true JP3628728B2 (ja) 2005-03-16

Family

ID=16811747

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22430994A Expired - Fee Related JP3628728B2 (ja) 1994-08-24 1994-08-24 長尺物供給装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3628728B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4823106B2 (ja) * 2007-03-07 2011-11-24 株式会社フジキカイ ローラコンベヤ

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0858962A (ja) 1996-03-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8262334B2 (en) System for unloading or loading of cargo
US3900115A (en) Apparatus for supplying thin, flat articles
US4176601A (en) Automated towel transfer printing, feeding, drying and folding apparatus
JP3628728B2 (ja) 長尺物供給装置
JP2003237949A (ja) 容器反転装置
JP3009362B2 (ja) アンスタッカー装置およびアンスタッカー方法
US3899068A (en) Feeding apparatus
JP3628719B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH0532328U (ja) ケース分離装置
JP3706402B2 (ja) 長物野菜の箱詰装置
JP3241135B2 (ja) ケース積下ろし装置
CN210358109U (zh) 一种袋装大米分拣机构
JP2520430B2 (ja) 容器内収容物の取出し装置
CN212387249U (zh) 一种物流供应链用物件分拣输送装置
JP2679842B2 (ja) 青果物選別機の供給装置
JP2592873Y2 (ja) 長尺物集出荷施設
JPH07300115A (ja) 長尺物箱詰め装置
JP2592874Y2 (ja) 長尺物集出荷施設
JP3017491U (ja) 長尺物箱詰め装置
JP2008189405A (ja) 給紙方法
JP2579385Y2 (ja) パレタイザーの積付物搬入コンベア
JPH07257508A (ja) 長物野菜の箱詰装置
JPH10139012A (ja) 整列貯留装置
JP2002347971A (ja) 給紙装置
JPH06345252A (ja) 垂直搬送方法及び装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040224

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040330

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040528

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041207

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20041209

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081217

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 5

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313115

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 5

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees