JP3627444B2 - How the data transfer apparatus and a data transfer - Google Patents

How the data transfer apparatus and a data transfer

Info

Publication number
JP3627444B2
JP3627444B2 JP14410197A JP14410197A JP3627444B2 JP 3627444 B2 JP3627444 B2 JP 3627444B2 JP 14410197 A JP14410197 A JP 14410197A JP 14410197 A JP14410197 A JP 14410197A JP 3627444 B2 JP3627444 B2 JP 3627444B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP14410197A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH10336240A (en )
Inventor
祐治 小沢
Original Assignee
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
この発明は、複数の送信局からのパケットを同一の伝送チャネル上に多重して、受信局に伝送するパケット交換ネットワークにおいて、伝送チャネル多重における輻輳を回避するために、送信帯域を制御するデータ転送装置およびデータ転送方法に関する。 The present invention multiplexes packets from a plurality of transmitting stations on the same transmission channel, in a packet switched network to be transmitted to the receiving station, in order to avoid congestion in the transmission channel multiplexing, the data transfer for controlling the transmission bandwidth an apparatus and a data transfer method.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
[伝送帯域の競合] [Conflict of transmission band]
同一のネットワーク上で、複数端末が任意のタイミングでデータ転送を行う場合、各々の伝送間で伝送帯域の競合が発生する。 On the same network, when the plurality of terminals performs data transfer at any time, contention transmission band occurs between each transmission. ネットワークには、一般に複数の端末が接続され、各端末間では、ネットワークを構成する伝送媒体を介してデータ転送を行う。 The network typically has multiple terminals are connected, between each terminal performs data transfer via the transmission medium constituting the network. 伝送帯域は、単位時間当たりの伝送データ量で表される。 Transmission band is expressed by the amount of data transmitted per unit time. 伝送媒体の持つ伝送能力には限界があり、その最大伝送帯域Rmaxは、一定の有限な値である。 The transmission capability of the transmission medium is limited, the maximum transmission bandwidth Rmax is a constant finite value.
【0003】 [0003]
伝送媒体の持つ帯域は、複数のデータ転送によって共有され、個々のデータ転送では、それぞれの単位時間当たりの伝送データ量に従った帯域を使用する。 Band with the transmission medium is shared by a plurality of data transfer, the individual data transfer, using a band in accordance with the transmission data amount per each unit time. 各データ転送の帯域使用量r(t)は時々刻々と変化する。 Bandwidth usage r of each data transfer (t) varies with time.
【0004】 [0004]
同一の伝送媒体の持つ帯域を共有するデータ転送の帯域使用量の合計Σr(t)が、伝送媒体の最大伝送帯域Rmaxより多い場合、それぞれのデータ転送間で、共有帯域の奪い合いとなる。 Same total bandwidth usage of the data transfer to share bandwidth with the transmission medium? R (t) is, if more than the maximum transmission band Rmax of the transmission medium, between the respective data transfers, the scramble for shared band. これを、競合と呼ぶ。 This is called competition. 競合の結果、例えば伝送単位であるパケットの消失が発生し、データの再送が行われ、伝送チヤネルの利用効率が低下する。 Result of competition, for example, occur loss of a transmission unit packet, data retransmission is performed, the use efficiency of the transmission channel is reduced. この状態を輻輳と呼ぶ。 This state is referred to as congestion.
【0005】 [0005]
競合、および輻輳はつぎのような理由で生じる。 Competition, and congestion occurs for the following reasons. データ転送の主体は、ネットワークに接続される各端末の上で稼働するアプリケーションである。 Main data transfer is an application that runs on each terminal connected to a network. 一般に、端末上では複数種類のアプリケーションが稼働する。 In general, multiple types of applications running in the terminal. また、当然、ネットワーク全体で見ても複数種類のアプリケーションが稼働する。 In addition, of course, also look at the entire network of a plurality of types application is running. 各アプリケーションによるデータ転送の状況は、その開始時刻、終了時刻、送信端末、受信端末、経路、使用帯域の経時変化によって特徴づけられる。 Status of the data transfer by each application, its start time, end time, the transmitting terminal, the receiving terminal, the route, characterized by time course of use bandwidth. データ転送を行うアプリケーションの中には、例えば、人間によるインタラクションが伝送データの源泉となるtelnetなどの様に、それ自体のデータ転送の状況が予測不可能なアプリケーションも存在する。 Some applications that perform data transfer, for example, such as a telnet that interaction by human is the source of the transmission data, the status of data transfer itself is also present unpredictable applications.
【0006】 [0006]
一方、一般に、データ転送はISOの7階層参照モデルに代表されるような機能的な階層構造によって実現されるが、従来のネットワーク一般においては、そこで稼働するアプリケーションは不定であり、データ転送を制御する機能階層では、ある特定のアプリケーションでのみ取得可能な情報を制御の前提とすることができない。 On the other hand, in general, although the data transfer is realized by functional hierarchy as represented in seven layers reference model of ISO, in the conventional network generally, where an application running is undetermined, controls data transfer in the functional hierarchy can not assume a certain control information that can be obtained only in certain applications. つまり、機能的にアプリケーションより下位の階層となる伝送媒体の側からみて、それを共用してデータ転送を行う各アプリケーションからのデータ転送の状況は全て同様に取得不可能な情報として取り扱われている。 In other words, viewed from the side of the transmission medium to be functionally lower layer from the application, are treated as the situation all likewise impossible obtaining information of the data transfer from the application for sharing it with the data transfer .
【0007】 [0007]
その為、従来のネットワークにおいては、各データ転送の開始時刻、終了時刻、送信端末、受信端末、経路、使用帯域の変化といった伝送状況の全てを掌握することは困難であり、これらの情報は統計・確率的に予測されている。 Therefore, in the conventional network, the start time of each data transfer, end time, the transmitting terminal, the receiving terminal, the route, it is difficult to seize all transmission conditions such as changes in the use band, this information Statistics · stochastically it has been predicted.
【0008】 [0008]
また、ネットワーク上でデータ転送を行うアプリケーションは、一般に独立して稼働しており、各アプリケーションは、その他のアプリケーションによるデータ転送の状況とは無関係に、データ転送を行う。 The application to transfer data over the network typically has run independently, each application, regardless of the status of the data transfer by the other application, to transfer data. その為、各データ転送は、互いに独立であり、それぞれの送信端において多元的に制御されている。 Therefore, each data transfer, independent of each other, are pluralistic controlled in each transmitter.
【0009】 [0009]
このような状況において、ある一つのデータ転送に着目すると、その伝送で利用可能な帯域R(t)は、他のデータ転送の帯域使用状況との兼ね合いで、時々刻々と変化する。 In such a situation, when attention is paid to a certain one of the data transfer, bandwidth R (t) available in the transmission, in view of the bandwidth usage of other data transfer, it changes momentarily. また、後述する回復型輻輳制御方式の送信端でのデータ転送はそれぞれの送信端において独立に制御され、回避型輻輳制御方式および回復型輻輳制御方式が混在するデータ転送の送信端において、他のデータ転送の帯域使用状況は掌握困難である。 Further, the data transfer at the transmitting end of the recovery-type congestion control scheme to be described later are controlled independently in each of the transmitting end, at the transmitting end of data transfer Avoiding Congestion Control and Recovery Congestion Control scheme coexist, other bandwidth usage of data transfer is difficult to grasp.
【0010】 [0010]
その為、データ転送の送出端において、他のデータ転送の帯域使用状況を予測し自身のデータ転送による帯域使用量を制御する際、その予測を誤った場合には、同一の伝送媒体を共用するデータ転送の帯域使用量の合計Σr(t)が、時として、伝送媒体の最大伝送帯域Rmaxを越えることがある。 Therefore, at the delivery end of the data transfer, in controlling the bandwidth usage by predicting their data transfer bandwidth usage other data transfer, if the wrong the prediction, share the same transmission medium the total bandwidth usage of the data transfer? r (t) is sometimes may exceed the maximum transmission band Rmax of the transmission medium.
【0011】 [0011]
このような競合、および輻輳は帯域の利用効率を低下させるので回避することが望まれる。 Such conflicts, and congestion it is desired to avoid as it reduces the efficiency of the bandwidth. すなわち、帯域の競合により伝送に必要な帯域が得られなかった場合には、その分のデータが損失する。 That is, if not obtained bandwidth necessary for transmission by the band of conflict, that amount of data loss. 一般に、データが損失した場合には、その再送を行うが、これにより実効的な帯域の利用効率[伝送に成功したデータ量/伝送に使用された帯域量]は低下する。 Generally, when the data is lost, which performs the retransmission, thereby use efficiency of effective bandwidth [successfully transmitted data volume / amount of bandwidth used in transmission] decreases. 競合を抑制し、かつ、限られた伝送媒体の最大伝送帯域を効率よく活用するには、データ転送の送出端において、その時点でその伝送に利用可能な帯域R(t)と、その伝送が使用する帯域r(t)を等しく制御することが必要である。 Suppressing conflict, and to take advantage of the maximum transmission band of the limited transmission medium efficiently in delivery end of the data transfer, a bandwidth R (t) available to its transmission at that time, its transmission it is necessary to control equal bandwidth r (t) to be used.
【0012】 [0012]
[従来の輻輳回避方式] [Conventional congestion avoidance system]
つぎに従来の伝送技術における輻輳回避方式について説明する。 It will now be described congestion avoidance scheme in a conventional transmission technique. 同一の伝送媒体を共有して複数のデータ転送を行う為には、各データ転送間で帯域の配分を行う交換技術が必要である。 Share the same transmission medium in order to perform a plurality of data transfer, it is necessary to exchange technology for the distribution of bandwidth between each data transfer. 交換技術の代表的な方式として、パケット交換方式がある。 Typical schemes switching technology, there is a packet switching system. これは、データをパケットと呼ばれる小単位に分割して伝送する。 This transmits divided data into small units called packets. パケットは、その伝送経路上の各伝送媒体に至る毎に帯域を割当てられる。 Packet is assigned a bandwidth for each lead to each transmission medium on the transmission path. つまり、パケット交換においては、各伝送媒体の帯域は、各時点で帯域を共有するデータ転送間でパケット単位に動的配分される。 That is, in the packet switching, the band of each transmission medium is dynamically allocated to packet unit between the data transfer to share bandwidth at each time point.
【0013】 [0013]
このパケット交換方式における帯域競合の制御方式の1つに追値制御がある。 One of the control method of bandwidth contention in the packet switching system is Tsuine control. これは、変動する目標値[時刻tで伝送に利用可能な帯域量R(t)]に対して、制御量[時刻tにおいて伝送で使用する帯域量r(t)]を操作し、両者の差分|R(t)−r(t)|をゼロにするよう制御するものである。 It manipulates a target value that varies with respect to [time t in available transmission bandwidth amount R (t)], [bandwidth amount r to be used in the transmission at time t (t)] controlled variable, both difference | R (t) -r (t) | in which the control to zero.
【0014】 [0014]
パケット交換方式は、実際に伝送媒体の帯域を使用している伝送に対して、動的に帯域を配分するため、伝送媒体の最大伝送帯域Rmaxを無駄なく利用できる。 Packet switching system, for the transmission using the band of actually transmitted medium, for dynamically allocating bandwidth can be utilized without waste maximum transmission bandwidth Rmax of the transmission medium. しかし、その一方で、使用帯域の追値制御を行う必要があり、その際、制御量の操作に過不足が生じる場合がある。 But on the other hand, it is necessary to tracking control is executed in the usable band, this time, there may occur is excessive or insufficient control of the operation.
【0015】 [0015]
例えば、・R(t)−r(t)>0(制御量過少)の場合は、伝送に使用されない帯域が発生し、帯域利用効率が低下する。 For example, in the case of · R (t) -r (t)> 0 (control quantity too small), occurs bandwidth not used for transmission, the bandwidth utilization efficiency is reduced.
【0016】 [0016]
また、・R(t)−r(t)<0(制御量過多)の場合は、伝送帯域が競合する。 In the case of · R (t) -r (t) <0 (control amount excess), the transmission band conflict. 一般には、伝送媒体前後でデータのバッファリングを行い帯域使用量を時間的に平均化することで制御量の過多を吸収する。 Generally absorbs a control amount of excess by temporally averaging the bandwidth usage performs buffering of data before and after the transmission medium. しかし、バッファもまた、帯域と同様に競合の対象となる。 However, the buffer may also be subjected to band as well as competition. また、バッファ長が十分長い場合でも、バッファリングによるデータ転送遅延が増大する。 Even when the buffer length is sufficiently long, the data transfer delay due to buffering is increased. 一般に、データ転送遅延は、帯域競合の増加に合わせて増大し、これに伴い、データ転送遅延のばらつきも拡大する。 In general, the data transfer delay is increased in accordance with the increase of bandwidth contention Along with this, also to expand the variation of the data transfer delay.
【0017】 [0017]
図1に示す様に、複数の送信局が同一の受信局へと、各々任意のタイミングでデータ転送を行うパケット交換ネットワークでは、各送信局から送信されるパケットを受信局への伝送チャネル上に多重するバッファ(以下、多重化バッファ)が用いられる。 As shown in FIG. 1, a plurality of transmission stations to the same receiving station, at each packet switching network to transfer data at any time, on the transmission channel to the receiving station a packet transmitted from the transmitting station multiple buffers (hereinafter, multiplexing buffer) is used. このバッファにおいて、入力パケット・トラフィックの使用帯域の総和が出力の伝送チャネル帯域を上回る状態が発生することがある。 In this buffer, there is the sum of the used bandwidth of the input packet traffic state occurs over a transmission channel band of the output.
【0018】 [0018]
この場合、伝送チャネル帯域を上回る分の入力パケットは、多重化バッファに滞留し、出力機会を待つが、バッファ量は有限であるから、バッファ溢れによりパケットが消失する危険性がある。 In this case, minute input packets over a transmission channel bandwidth is retained in the multiplexing buffer, but wait for the output opportunity, since the buffer volume is finite, there is a risk that the packet by the buffer overflow is lost. パケット消失は伝送誤りとなり、結果としてデータの再送による帯域利用効率の低下を招く。 Packet loss becomes transmission error, the results lead to a decrease in bandwidth utilization due to retransmission of data as. いわゆる輻輳が発生する。 The so-called congestion occurs.
【0019】 [0019]
輻輳を回避、あるいは輻輳から回復するためには、送信帯域を制御し、多重化バッファへの入力を抑制する必要がある。 Avoiding congestion, or to recover from the congestion controls the transmission band, it is necessary to suppress the input to the multiplexing buffer. これを輻輳制御と呼ぶ。 This is referred to as congestion control.
【0020】 [0020]
次に、輻輳制御方式について説明する。 It will now be described congestion control scheme. 輻輳制御方式には大別して次のA. A. roughly follows the congestion control scheme 回復型輻輳制御方式、およびB. Recovery-type congestion control scheme, and B. 回避型輻輳制御方式の2つがある。 There are two of Avoiding Congestion Control.
【0021】 [0021]
A. A. 回復型輻輳制御方式(フィードバック(FB)制御) Recovery-type congestion control system (feedback (FB) control)
データ転送中に、輻輳発生の結果事象(バッファ滞留量やパケット消失)の観測値に応じて、各送信局が独立して自律的に送信帯域を制御する。 During the data transfer, in accordance with the observed value of the congestion result event (buffer retention amount or packet loss), it controls the autonomous transmission band each transmission station independently.
【0022】 [0022]
B. B. 回避型輻輳制御方式(フィードフォワード(FF)制御) Avoidance-type congestion control scheme (feed-forward (FF) control)
データ転送に先立ち、各送信局と受信局との間で送信帯域に関して折衝を行い、各送信局が受信局からの指示に従属して送信帯域を制御する。 Prior to data transfer, negotiates for transmission bandwidth between each transmitting station and the receiving station, each transmitting station controls a transmission bandwidth in dependence on the instruction from the receiving station.
【0023】 [0023]
従来、分散処理環境では、RPC(リモート・プロシージャ・コール)等のアプリケーションによる伝送要求が生じた時点で即座にデータ転送を開始する必要があり、送信開始までの遅延が少ない前者、すなわち回復型輻輳制御方式が用いられていた。 Conventionally, in a distributed processing environment, it is necessary to immediately start the data transfer at the time the transmission request by the application, such as RPC (Remote Procedure Call) has occurred, the former low latency to onset transmission, i.e. recovery Congestion control method has been used.
【0024】 [0024]
しかしながら、回復型の輻輳制御方式では、輻輳状態の発生、または、輻輳状態への移行が検知されてから、それに応じた送信帯域制御の結果、つまり、輻輳からの回復効果が現れるまでの期間に距離に比例するラウンド・トリップ遅延が含まれるため、制御遅れが原理的に不可避である。 However, in the congestion control scheme healing, the occurrence of congestion, or, after the transition to the congestion state is detected, the result of the transmission bandwidth control in accordance therewith, i.e., the period until a recovery effect from congestion since the round trip delay that is proportional to the distance involved, the control delay is in principle unavoidable.
【0025】 [0025]
パケット交換において従来から行われている回復型輻輳制御方式、いわゆるフィードバック制御(閉ループ制御とも呼ばれる)においては、目標値と制御量の観測点における両者の差分を観測し、フィードバック情報として制御点に返す。 Conventionally performed by which healing Congestion Control in a packet switched, in the so-called feedback control (also referred to as closed-loop control), we observe the difference between the two at the observation point of the target value and the controlled variable returns to the control point as feedback information . 制御点ではその情報に基づき制御量を操作する。 In the control point operates the controlled variable based on the information. フィードバックを用いた使用帯域の追値制御は、フィードバック情報の観測点によって大きく以下のa. Variable value control of used bandwidth using feedback is greater following a by observation point of the feedback information. b. b. の2者に分けられる。 It is divided into two parties of.
【0026】 [0026]
a. a. 帯域を共有する伝送媒体において、共有帯域の使用状況を観測し、その結果を送信端にフィードバックするもの実際に適用されている代表的技術としては、EthernetにおけるCSMA/CD方式、ATMのABRサービスにおけるrmセルを用いたCI方式、および、ER方式などがある。 In the transmission medium to share bandwidth, observes the usage of the shared spectrum, representative techniques are actually applied shall be fed back to the transmitting end a result, CSMA / CD scheme in Ethernet, in ABR service ATM CI method using the rm cells, and the like ER mode.
CSMA/CD:Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection CSMA / CD: Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection
ATM:Asynchronous Transfer Mode ATM: Asynchronous Transfer Mode
ABR:Available Bit Rate ABR: Available Bit Rate
rm:Resource Management rm: Resource Management
CI:Congestion Indication CI: Congestion Indication
ER:Explicit Rate ER: Explicit Rate
【0027】 [0027]
b. b. データの受信端においてデータの損失を検出し、その結果を送信端にフィードバックし、データ送信端においては、データの損失を帯域競合の結果発生したものと見なすもの、実際に適用されている代表的技術としては、TCPにおけるSlow Start方式がある。 Detecting a loss of data at the receiving end of the data, and feedback the result to the transmitting end, in the data transmitting end, those deemed to loss of data and results generated in the band competitive, representative actually being applied as a technique, there is a Slow Start scheme in the TCP.
TCP:Transmission Control Protocol TCP: Transmission Control Protocol
【0028】 [0028]
以下に、上述のa. In the following, the above-mentioned a. 帯域を共有する伝送媒体において、共有帯域の使用状況を観測し、その結果を送信端にフィードバックするものの具体例を示す。 In the transmission medium to share bandwidth, we observe the usage of a shared band, a specific example of which feedback the result to the transmitting end.
【0029】 [0029]
a−1. a-1. CSMA/CD方式Ethernetは、バス型の受動的な物理的伝送媒体であり、同時に単一のパケット(Ethernetではフレームと呼ばれる)が伝送可能であるため、フレーム単位での各送信端における分散競合制御を行う。 CSMA / CD scheme Ethernet is a passive physical transmission medium of the bus type, at the same time for a single packet (called Ethernet in the frame) can be transmitted, distributed contention control in each transmitting end in units of frames I do.
【0030】 [0030]
フレームの送信端においては、伝送媒体上の信号を監視(Carrier Sense)し、他のフレームの伝送状況を検知する。 In the transmitting end of the frame, the signal on the transmission medium is monitored (Carrier Sense), it detects the transmission state of other frames. 伝送媒体上に他のフレームが存在しない場合、自身のフレームを送出するが、そこで同時に複数の端末がフレームを送出した場合、フレームの衝突(Collision)が発生する。 If another frame on the transmission medium is not present, but sends its frame, where a plurality of terminals simultaneously when sending the frame, frame collision (Collision) occurs.
【0031】 [0031]
各送信端においては、フレームの衝突を検出すると、送出を中断し、Binary Exponential Backoffアルゴリズムによって衝突確率が少ないと期待される期間を決定し、その期間後に、再度フレーム送出を試みる。 In each transmitting end detects collision frames, to interrupt the delivery, determining the time to be expected is small collision probability by Binary Exponential Backoff algorithm, after that period, attempts frame transmission again.
【0032】 [0032]
a−2. a-2. rmセルによるCI方式(ATM−ABR) CI system by rm cell (ATM-ABR)
ATMでは、パケット(ATMではセルと呼ばれる)交換機と呼ばれる能動的な全二重(上り下りの両方向通信)の伝送媒体を用いる。 In ATM, using a transmission medium of a packet active full duplex called (ATM in called cells) exchange (two-way communication with the uplink and downlink). セル交換機においては、各端末から送信されたセルを、一旦バッファリングし、それぞれの目的経路へと伝送(スイッチング)する。 In the cell switching system, the cells transmitted from each terminal, temporarily buffering is transmitted to each object path (switching). このため、送信端においては、セルの送出間隔を操作することで伝送帯域の使用量を制御することが出来る。 Therefore, at the transmitting end you can control the usage of the transmission band by operating the transmission interval of the cells.
【0033】 [0033]
ATMにおいては、交換機内のスイッチング、およびセルスイッチング先の伝送帯域の輻輳(Congestion)が発生しうる。 In ATM, the switching equipment of the switching, and cell congestion switching destination of the transmission band (Congestion) may occur. rmセルは、各送信端から一定間隔で送出され、データ転送経路上の交換機を経由し、受信端に到着すると送信端へと返送される。 rm cell is sent at regular intervals from each transmitting end, via a switch on the data transfer path is returned to arrive at the receiving end to the transmitting end. CI方式においては、データ転送経路上の交換機において輻輳が検知された場合に、その時点で交換機を通過するrmセルを用いて輻輳の発生を送信端へと通知する。 In CI method, when congestion is detected in the data transfer path on the switch, notifying the occurrence of the congestion using rm cells passing through the switch at that time to the transmitting end. 送信端においては、rmセルにより輻輳の発生を検知すると、確率的に輻輳を回避出来ると期待される帯域使用量まで使用帯域を低減し、また、rmセルによる輻輳の通知が解除されると、徐々に使用帯域を増加していく。 In the transmitting end, when detecting the occurrence of congestion by rm cells, reducing the use bandwidth up to the bandwidth usage is expected to stochastically can avoid congestion, and if the notification of the congestion caused by rm cell is released, continue to increase gradually use bandwidth. なお、ある一定期間以上の休止後にデータ転送を行う場合も、輻輳をまねかないと期待される低い帯域使用から、徐々に帯域使用量を増加していく。 Even when data is transferred after a more than a certain period of rest, the lower bandwidth usage that is expected to not lead to congestion, gradually increasing the bandwidth usage.
【0034】 [0034]
a−3. a-3. rmセルによるER方式(ATM−ABR) ER system by rm cell (ATM-ABR)
ER方式においては、データ転送経路上の交換機において輻輳が検知された場合に、その時点で交換機を通過するrmセルを用いて、輻輳を回避出来ると期待される帯域使用量を交換機から送信端へと通知する。 In ER method, when congestion is detected in the data transfer path on the switch, using a rm cells passing through the switch at that time, to the transmitting end from the exchanger the bandwidth usage is expected to be avoid congestion to notify the. 送信端においては、rmセルにより使用帯域の指定を受けると、その指示に基づき使用帯域を操作する。 In the transmitting end, when receiving the specification of the used bandwidth by rm cell, operating the bandwidth use on the basis of the instruction.
【0035】 [0035]
また、上述のb. In addition, the above-mentioned b. データの受信端においてデータの損失を検出し、その結果を送信端にフィードバックし、データ送信端においては、データの損失を帯域競合の結果発生したものと見なすものの具体例としては、以下に示すものがある。 Detecting a loss of data at the receiving end of the data, and feedback the result to the transmitting end, in the data transmitting end, as a specific example of what is regarded as that the data loss occurs resulting bandwidth contention, those shown below there is.
【0036】 [0036]
b−1. b-1. Slow Start方式(TCP) Slow Start method (TCP)
TCPは、データ転送の信頼性を保証するトランスポートプロトコルである。 TCP is a transport protocol that ensures reliable data transfer. 標準のTCPにおいては、データの受信端は、データを受信したことを送信端に通知するだけである。 In standard TCP, the receiving end of the data is only to notify the transmitting end of the reception of the data. データの損失の検出は、受信端からのデータ受信の通知がタイムアウトすることによって間接的に検出される。 Detection of loss of data is indirectly detected by time-out notification of data reception from the receiving end. データ送信端では、データの損失を検出した場合、その分のデータを受信端に向けて再送する。 The data transmitting end, when detecting loss of data, retransmits towards the minute data to the receiving end. SlowStart方式においては、データ送信端においてデータ損失を検出した場合、それが帯域の競合の結果発生したものと見なし、データの送出間隔を調整する。 In SlowStart scheme, when detecting data loss in a data transmission end, it considers that it has occurred results of band conflicts adjusts the transmission interval of the data.
【0037】 [0037]
具体的には、まず、連続して送出するデータを1パケットのみとする。 Specifically, first, the data to be sent continuously with only one packet. そのデータの受信が確認された場合には、次は2パケットを連続して送出する。 In that case the reception of data is confirmed, the next sends continuously 2 packets. このようにして、各パケットの受信が確認されるごとに、順次連続して送出するパケット数を1パケットずつ増加させていく。 In this manner, every time the reception of each packet is confirmed, gradually increasing the number of packets to be sent by successive one packet.
【0038】 [0038]
フィードバック制御においては、追値制御の誤差を無くすために、上述した例a−3. In the feedback control, in order to eliminate the error of the variable value control, Example a-3 as described above. . rmセルによるER方式(ATM−ABR)に示すように、目標値を直接観測し、かつ、制御量との差分を正確にフィードバックする必要がある。 As shown in ER mode by rm cell (ATM-ABR), observing the target directly, and needs to be fed back accurately the difference between the control amount.
しかし、現実の制御系においては、制御点と観測点間には距離Lがあり、両者間でのフィードバック情報の伝搬には、最低でも△t=距離L÷光速cの遅延が存在する。 However, in the actual control system, between the control point and the observation point there is a distance L, the propagation of the feedback information between the two, there is also △ t = delay distance L ÷ light velocity c in a minimum. つまり、時刻tに観測点において観測される制御量は、時刻t−△tに制御点において操作された制御量r(t−△t)であり、その制御量の決定に用いられたフィードバック情報は、さらに△t前の観測値である。 That is, the control amount is observed at the observation point in time t is the time t-△ t control amount is operated at the control point r (t- △ t), the feedback information used in the determination of the control amount is a further △ t prior to the observed value.
【0039】 [0039]
従って、現実のフィードバック制御系においては、いかに正確なフィードバックを行ったとしても、△t=0とは成り得ないため、正確な追値制御を行うこと、つまり、|R(t)−r(t−△t)|=0とする事は不可能である。 Thus, in reality the feedback control system, even when subjected to how accurate feedback, because not be a △ t = 0, to perform an accurate variable value control, i.e., | R (t) -r ( t- △ t) | = 0 to it is impossible.
【0040】 [0040]
[回復型輻輳制御の適用条件] Apply conditions of recovery-type congestion control]
制御遅れが原理的に不可避である回復型輻輳制御方式は、次の条件のデータ転送において適用される。 Recovery Congestion Control scheme control delay is theoretically inevitable, is applied in the data transfer of the following conditions.
【0041】 [0041]
1. 1. ラウンドトリップ遅延が短く、また、多重されるトラフィック個々の使用帯域が、伝送チャネルの帯域に対して比較的狭く、その変動の影響が多重化バッファで緩衝可能であること。 Short round trip delay is also possible traffic individual used bandwidth to be multiplexed is relatively narrow relative bandwidth of the transmission channel, the influence of the variation can be buffered in a multiplexed buffer.
【0042】 [0042]
2. 2. アプリケーションによる伝送要求において、パケットの消失が許容される。 In the transmission request by the application, packet loss is acceptable. つまり、パケットの消失が生じた場合でも、再送による遅延が問題とならない、または、再送の必要がないこと。 That is, even when the packet loss occurs, not a delay due to the retransmission problem, or, that there is no need for retransmission.
【0043】 [0043]
回復型の輻輳制御によって十分な輻輳回避効果が達成されるためには、これらの適用条件を満足することが必要である。 For sufficient congestion avoidance effect is achieved by the congestion control recovery type, it is necessary to satisfy these application conditions. 従来、回復型輻輳制御が多く利用されてきた理由は、a. Conventional, reason why the recovery-type congestion control has been widely used are, a. 輻輳の原因となり、また、その影響を被るのは、主に、連続して一連のパケットが伝送されるトラフィックであること。 Cause congestion, also incur the influence mainly, that a series of packets continuously is traffic to be transmitted. また、b. In addition, b. 連続して一連のパケットが伝送されるトラフィックを生じるのは、ファイル転送などの大量データ転送や、音声・動画などの時系列データ転送アプリケーションであること。 The continuously generated traffic a series of packets is being transmitted, that the file transfer and mass transfer of data such as a time series data transfer applications such as voice and video. これらa. These a. b. b. の理由によるものである。 It is due to the reason.
【0044】 [0044]
さらに、上述の回復型輻輳制御方式を効果的に実行可能とする条件的な要素として、以下に示す、一般的な従来のデータ転送ネットワークにおける技術的構成がある。 Further, as a condition elements that can execute the above-described recovery Congestion Control scheme effectively, shown below, there are technical configuration in the general conventional data transfer network.
【0045】 [0045]
・VLSI技術や光ファイバ技術の向上により、伝送チャネルの帯域は、数百メガ〜数ギガ・ビット/秒オーダと広帯域化がなされている。 By and improvement of VLSI technology and optical fiber technology, bandwidth of the transmission channel is several hundred mega to several Giga bits / second order and broadband it has been made.
【0046】 [0046]
・ファイル転送などのアプリケーションでは、送信局記憶中のファイルをパケットに分割しては逐次伝送し、受信局記憶にて再構成する。 · In the file transfer applications such as, it splits the file in the transmitting station stored in the packet sequentially transmitted, to reconfigure at the receiving station storage. 従来、ファイルの記憶には磁性体ディスク等の大容量記憶媒体が用いられるが、そのデータ入出力帯域は、数〜数十メガ・ビット/秒程度と、伝送チャネルの帯域に比べ狭帯域であり、トラフィックの使用帯域もこれに律速される。 Conventionally, the storage file is a mass storage medium such as a magnetic disk is used, the data input-output band, and several to several tens of megabits / sec, there narrowband compared to the bandwidth of the transmission channel It is rate-limiting thereto also bandwidth used for traffic. また、例え輻輳が生じても、個々のトラフィックは狭帯域ゆえに、パケットの消失は部分的であり、また、ファイル伝送の全データ転送所要時間がラウンド・トリップ時間に比して十分長いため、再送が問題とならない。 Further, even if congestion occurs, the individual traffic narrowband because, packet loss is partial, and because all data transfer time required for file transmission is long enough compared to the round trip time, retransmission but not a problem.
【0047】 [0047]
・時系列データ転送アプリケーションでは、その使用帯域は、音声の場合、数十〜数百キロ・ビット/秒程度と狭く、動画の場合でも、数〜数十メガ・ビット/秒程度と、上記ファイル転送の使用帯域と同程度である。 • In the time-series data transfer application, the band used in the case of voice, several tens to narrow several hundred kilo-bits / sec about, even in the case of video, and several to several tens of mega-bits / sec, the file about the same as the use bandwidth of the transfer. また、即時性が高く、もとより再送は不適であり、冗長符号による誤り訂正を行う為、パケットの消失も問題とならない。 Also, high immediacy, well retransmission is unsuitable for performing error correction using redundant code, also not a problem packet loss.
【0048】 [0048]
[ブロック伝送とその輻輳制御] [Block transmission and its congestion control]
しかしながら、これに対して、近年、高精細フルカラー画像を高速に印字出力するプリントサービスが実用化に近づいており、ここでは、一ページ当たり数百メガ・ビットの高精細フルカラー画像を、複数ページにわたり、数百メガ・ビット/秒もの広帯域で連続して伝送する事が要求される。 However, for this, in recent years, printing service for printing out a high-definition full-color image at high speed is approaching the practical application, here, a high-definition full-color image hundreds mega bits per page, over a plurality of pages , it is transmitted in succession a few hundred mega-bits / sec also of broadband is required.
【0049】 [0049]
このような数百メガ・ビット/秒もの広帯域での伝送要求に応える方式として、複数パケットを集約した大サイズのデータをブロックとしてブロック単位で転送するブロック伝送方式が提案されている。 As a method to meet the transmission requirements in such several hundred mega bits / sec even broadband, block transmission method of transferring in blocks has been proposed a large data size by aggregating multiple packets as a block.
【0050】 [0050]
ブロック伝送方式では、従来ボトルネックであった送信局、および、受信局の記憶に半導体メモリ等の広帯域の記憶媒体を大量に用いる事で、データ入出力のスループットを確保し、複数パケットを集約した大サイズのブロックを構成し、ブロック単位で伝送処理を行う事で、従来、パケット単位の逐次伝送により生じていた伝送処理のオーバーヘッドを削減し、広帯域を得る。 The block transmission scheme, the conventional bottleneck in a transmission station, and, in the storage of the reception station By using a broadband storage medium such as a semiconductor memory intensive, to ensure the throughput of data input and output, an aggregation of multiple packets constitute a block of large size, by performing the transmission processing in block units, conventionally, to reduce the overhead of the transmission processing has been successively generated by the transmission of packet units to obtain a wide band.
【0051】 [0051]
しかし、一方で、パケット消失時に再送が伝送効率に与える影響も大きく、その際の使用帯域も、伝送チャネルの帯域と同程度まで使用し得る為、原理的にパケット消失が発生することが避けられない回復型の輻輳制御方式をブロック伝送に適用することはできない。 However, on the other hand, greater impact on retransmission transmission efficiency during packet loss, bandwidth usage at that time also, since that can be used to the same extent as the bandwidth of the transmission channel, is avoided that theoretically packet loss occurs It can not be applied to the block transmission of the congestion control scheme with no healing.
【0052】 [0052]
この問題を解決する従来例として、ブロック伝送トラフィックに対して、回避型の輻輳制御を適用する方式が、本出願と同一出願人の特許出願である特願平08−17949号において述べられている。 As a conventional example for solving this problem, the block transmission traffic, a method of applying the congestion control avoidance type are described in Japanese Patent Application No. Hei 08-17949 is present application and commonly assigned patent application . この技術は、データ転送に先だって、データ送信装置がデータ転送の特性情報をデータ転送制御装置に送信し、データ転送の特性情報とデータ転送媒体の情報からデータ転送の詳細な態様を決定して、その態様に基づいてデータ転送を行なうものである。 This technique, prior to data transfer, the data transmission apparatus transmits the characteristic information of the data transfer to the data transfer control device, to determine the detailed aspects of the data transfer from the information of the characteristic information and the data transfer medium for data transfer, and it performs data transfer based on the embodiments.
【0053】 [0053]
回避型輻輳制御方式を適用するデータ転送実行アプリケーションは、ファイル転送や、プリントサービスのアプリケーションである。 Data transfer execution application to apply Avoiding congestion control scheme, file transfer and an application of the print service. これらのアプリケーションの伝送対象のデータは、データ転送の開始以前に、送信端においてその全体が存在しており、そのデータ転送には以下の特徴がある。 The data transmission subject to these applications, prior the start of the data transfer, the entire is present at the transmitting end, the data transfer has the following features.
【0054】 [0054]
一般に伝送データ量が既知である。 Generally the amount of transmission data are known. また、もしデータ量が既知とならない場合でも、データ量は有限であり、伝送の終了が明らかに存在する。 Further, even if the if the amount of data is not known, the amount of data is finite, the end of the transmission there is clearly. このようなアプリケーションの多くでは、データ転送の開始以前に、送受信端末間で伝送データ量等の制御情報が交換される。 In many such applications, prior the start of the data transfer control information, such as amount of data transmitted are exchanged between transmitting and receiving terminals.
【0055】 [0055]
回避型輻輳制御の際に使用されるデータ転送制御情報の基となる具体的なアプリケーション制御情報の例を以下に示す。 Examples of avoidance Congestion Control specific application control information which is the basis of the data transfer control information used in the below.
【0056】 [0056]
標準的なファイル転送プロトコルであるftp(file transferprotocol)においては、データ転送の開始時に、データ送信端よりデータ受信端に対して、転送されるファイルのデータ量が通知される。 In ftp (file transferprotocol) is a standard file transfer protocol, at the beginning of the data transfer, to the data receiving end than the data transmission end, the data amount of the file to be transferred is notified.
【0057】 [0057]
UNIXオペレーティングシステムのプリントスプーラによって用いられる制御ファイルにおいては、プリントの為にプリンタスプール間で伝送されるデータファイルのファイル数、各ファイルのデータ量等の情報が含まれる。 In the control files used by the print spooler UNIX operating system, the file number of data files that are transmitted between the printer spool for printing, and information of the data amount and the like of each file.
【0058】 [0058]
さらに、ISO 10175:DPA(Document PrintingApplication)の規定においては、プリント出力に際してクライアントからプリントサーバに対して伝送されるプリント要求情報の内容に、プリント出力されるドキュメントのデータ量、ページ数、各ページデータ量や構成内容、出力部数、出力期限などといったプリントジョブの詳細を示すことが可能である。 Additionally, ISO 10175: DPA in the provision of (Document PrintingApplication), upon print output from the client to the content of the print request information transmitted to the print server, the data quantity of documents to be printed out, the number of pages, each page data the amount and configuration content, the number of output copies, the output limit may indicate the details of the print job, such as.
【0059】 [0059]
よって、このようなアプリケーションの制御情報に基づき、そのデータ転送による帯域利用状況を導きだす事が可能である。 Therefore, based on the control information in such applications, it is possible to derive a bandwidth usage by the data transfer.
【0060】 [0060]
また、回避型輻輳制御方式を用いるデータ転送アプリケーションは、データ転送の開始以前に、送受信端間で制御情報が交換される時点で、伝送経路を決定する事が可能であり、このようなアプリケーションにおいては、伝送データが既存であり、その生成に起因する使用帯域の変動がなく、その変動を一定とすることが可能である。 Further, the data transfer application using Avoiding congestion control scheme, before the start of data transfer, when the control information is exchanged between the transmitting and receiving end, it is possible to determine the transmission path, in such applications are existing transmission data, there is no variation in the used bandwidth due to its generation, it may be a constant that varies.
【0061】 [0061]
回避型輻輳制御方式を用いる場合、各データ転送の状況を一元的に掌握可能とすることが、輻輳を完全に防止するためには必要な条件となる。 When using a Avoiding congestion control scheme, the status of each data transfer be centrally available grasp, a necessary condition in order to completely prevent congestion. 回避型輻輳制御が提案される以前の従来のネットワーク一般では、データ転送を行うアプリケーションは不定であり、そのデータ転送の状況を一元的に掌握することは不可能であった。 In previous conventional network general avoidance Congestion control is proposed, an application for performing data transfer is undetermined, it is impossible to centrally grasp the status of the data transfer. その為、各データ転送の送信端において独立・多元的に制御されてきた。 Therefore, it has been independently-pluralistic controlled at the transmitting end of each data transfer.
【0062】 [0062]
しかし、プリントサービス等のクライアント−サーバ型のアプリケーションでは、データ転送は全てサーバに集中する。 However, the client, such as print services - The server type applications, concentrates all the data transferred to the server. 従って、サーバにおいては、そこに集中するデータ転送の開始時刻、終了時刻、送信端、受信端、経路、伝送データ量、使用する帯域の変動等の制御情報を容易に取得可能であり、これらの制御情報を利用して回避型輻輳制御方式が実現した。 Accordingly, in the server, the start time of the data transfer to concentrate there, end time, transmission end, the receiving end, the route, the transmission data amount, it is readily acquire control information such as variations of the bandwidth to be used, these avoidance-type congestion control scheme using the control information has been realized.
【0063】 [0063]
ネットワークを構成する伝送媒体の実際の帯域利用状況を把握するためには、本来、各伝送媒体の所在において、その帯域利用状況を観測する必要がある。 To grasp the actual bandwidth utilization of the transmission medium constituting the network is originally at the location of the transmission medium, it is necessary to observe the bandwidth usage. しかし、ネットワークを構成する伝送媒体全ての利用状況を同時に観測し集計することは、一般的に不可能である。 However, observing the transmission medium every usage to configure the network simultaneously aggregates is generally not possible. しかし、ネットワーク中の伝送媒体の構成とそれぞれの伝送能力を把握した上で、サーバにおける各データ転送の帯域使用状況を観測すれば、ネットワーク中の各伝送媒体での帯域利用状況は推察可能であり、回避型輻輳制御による輻輳の防止が達成される。 However, after understanding the structure and each of the transmission capability of the transmission medium in the network, if observing the bandwidth usage for each data transfer in the server, the bandwidth usage at each transmission medium in the network is capable inferred , prevention of congestion caused by avoidance congestion control is achieved.
【0064】 [0064]
回避型輻輳制御方式を用いる場合、伝送されるデータは使用帯域の調整を許容し、制御可能なデータであることが条件となる。 When using a Avoiding congestion control scheme, data to be transmitted allows adjustment of the bandwidth used, it is a condition which is controllable data. 回避型輻輳制御方式を用いる以前の従来のネットワーク一般では、データ転送を行うアプリケーションは不定であり、アプリケーションによるデータ転送の要求は全て同様に取り扱われ、高速処理という観点でのみ転送が実行されることから輻輳が多発していた。 In previous conventional network generally using Avoiding Congestion Control, applications for data transfer is undetermined, a data transfer request by the application are all treated similarly, be transferred only in terms of high speed processing is executed congestion from had been occurring frequently.
【0065】 [0065]
しかし、データ転送を行うアプリケーションの内、ファイル転送やプリントサービス等のアプリケーションにおいては、比較的大きなデータ転送遅延の許容範囲を持つため、データ転送の開始時刻、終了時刻の調整が可能である。 However, among the applications for data transfer, in applications such as file transfer and print services, to have a tolerance of relatively large data transfer delay, start time of data transfer, it is possible to adjust the end time. また、これらのアプリケーションで伝送されるデータ量は、比較的大きく、帯域利用状況変動の単位が長時間である為、制御が比較的容易でもある。 Further, the amount of data to be transmitted in these applications are relatively large, since the unit of bandwidth usage variation is long, there is control also relatively easy.
【0066】 [0066]
プリントサービスの様なクライアント−サーバ型のアプリケーションにおけるデータ特性、および、データ転送の集中形態に着目すれば、確定的な帯域使用状況に基づく一元的伝送制御を実現する要件が揃っている。 Such client print service - data characteristics in the server-type applications, and, when attention is paid to the concentration form of a data transfer, have all the requirements to realize the centralized transmission control based on deterministic bandwidth usage. よって、その要件を満たすアプリケーションによるデータ転送が主となるネットワークにおいては、確定的な帯域使用状況に基づく一元的伝送制御の適用による競合回避が実現可能である。 Thus, in a network where the data transfer by application to satisfy the requirements as the main, it is feasible conflict avoidance by application of deterministic bandwidth use centralized transmission control based on the situation. このような条件の基に実行されるのが回避型輻輳制御である。 Is avoidance Congestion Control being executed based on such conditions.
【0067】 [0067]
つぎに回避型輻輳制御に用いられるデータ転送アプリケーションにおいて、一般的なデータ転送制御情報中に含まれる情報の例を示す。 In next Avoiding data transfer application to be used for congestion control, showing an example of information included in the general data transfer control information.
1. 1. データ送信装置識別子一般的には、データ送信局名を示す。 The data transmission device identifier generally shows a data transmission station name.
2. 2. データ転送識別子一般的には、単一のデータ送信局で同時に複数のデータ転送を行う場合があり、その際、いずれのデータ転送に対するデータ転送情報かを識別する。 The data transfer identifier general, there is a case of multiple simultaneous data transfer in a single data transmission station, where, to identify whether the data transfer information for any data transfer.
3. 3. データ転送情報の正当性の証明正当なデータ転送情報であることを証明する。 To prove that justification legitimate data transfer information of the data transfer information.
4. 4. データ転送経路一般的には、単に、データ受信局名を示す。 The data transfer path generally simply showing a data receiving station name. 正確には、データ転送経路の識別子、または、経路上で使用される伝送媒体の識別子を示す。 Precisely, the identifier of the data transfer path, or indicates an identifier of a transmission medium to be used on the route.
5. 5. 伝送データ量一データ転送期間で伝送されるデータ量を示す。 Indicating the amount of data transmitted by the transmission data amount datum transfer period. データ転送の終了を示す場合には、例えば、伝送データ量=0とする。 When indicating the end of data transfer, for example, the amount of transmitted data = 0.
6. 6. データ転送開始期間データ転送の開始が可能な期間の先頭時刻と、末尾時刻を示す。 And the starting time of the start of a period of the data transfer start period data transfer, indicating the end time.
7. 7. データ転送終了期間データ転送を終了すべき期間の先頭時刻と、末尾時刻を示す。 And the start time of the period should end the data transfer completion period data transfer, indicating the end time.
8. 8. 使用伝送帯域の要求範囲データ転送に要求される使用帯域の範囲を示す。 Indicating a range of use bandwidth required for the request range data transfer using the transmission band.
9. 9. 使用伝送帯域の制御範囲データ送信局において操作可能な使用帯域の範囲を示す。 It shows the range of operable bandwidth used in the control range data transmission station for use transmission band.
10. 10. データ転送帯域割当ての優先度データ転送相互間での順序指定、優先順位指定を可能とする場合に用いる。 Ordering between priority data transfer mutual data transfer bandwidth allocation is used in the case of allowing the priority specification.
【0068】 [0068]
上記中、1. In the above, 1. データ送信装置識別子以外は、実施構成によりデータ転送情報中に明示されない場合がある。 Other than the data transmission device identifier may not be explicitly in the data transfer information by implementation.
【0069】 [0069]
アプリケーションが作成したデータ転送制御情報に基づきデータ転送指示を決定し、その結果をアプリケーションに通知する場合において、データ転送制御情報中の上記いずれかの条件が満たされない場合は、伝送制御情報に示された内容の伝送要求が受け付け不可能であることを示したデータ転送指示がアプリケーションに対して通知される。 Application determines the data transfer instruction based on the data transfer control information creation, in a case of notifying the result to the application, if any of the above conditions in the data transfer control information is not satisfied, is shown in the transmission control information data transfer instruction indicates that the contents transmission request is not received is notified to the application. また、その場合は、送信装置に対するデータ転送指示は行われない。 Also, in that case, not performed the data transfer instruction to the transmission apparatus.
【0070】 [0070]
また、データ転送制御情報をアプリケーションが作成し、かつ、そのデータ転送制御情報に基づくデータ転送指示の決定結果をアプリケーションに通知する以外の場合において、データ転送制御情報中に示された上記中のいずれかの条件が満たされない場合はそれらの条件は無視される。 Also, to create a data transfer control information application, and, in cases other than notifying the determination result of the data transfer instruction based on the data transfer control information to the application, either shown in the data transfer control information in the If the Kano condition is not satisfied those conditions are ignored.
【0071】 [0071]
つぎに回避型輻輳制御を用いたデータ転送において伝送指示中に明示される情報の例を以下に示す。 Next, in the data transfer using the avoidance Congestion Control are shown below an example of information explicitly during transmission instruction.
1. 1. データ転送開始期間データ転送を開始すべき期間の先頭時刻と、末尾時刻を指示する。 And the start time of the period to start the data transfer start period data transfer, to indicate the end time. 単に、即時の送信開始を指示する場合には、例えば、先頭時刻=現在、末尾時刻=現在または不定とする。 Simply, when instructing the transmission start immediate, for example, start time = current, the tail time = current or indefinite. また、伝送制御情報に示された内容の伝送要求が受け付け不可能な場合には、例えば、先頭時刻=不定または無限遠とする。 Further, when the transmission request of the contents indicated in the transmission control information is not accepted, for example, the far-starting time = undefined or infinite.
2. 2. データ転送識別子いずれのデータ転送に対する伝送指示かを識別する。 Identifying whether transmission instruction for any of the data transfer the data transfer identifier.
3. 3. データ転送終了(停止)期間データ転送を終了(停止)すべき期間の先頭時刻と、末尾時刻を指示する。 And the start time of the completion of the data transfer end (stop) period data transfer (stop) should do period, to indicate the end time. 単に、伝送終了(停止)期限を指示する場合には、例えば、先頭時刻=現在または不定、末尾時刻=伝送終了(停止)期限とする。 Simply, when instructing a transmission termination (stop) time limit, for example, start time = current or indefinite, end time = transmission end and (stop) deadline for. また、単に即時の送信停止を指示する場合には、例えば、先頭時刻=現在または不定、末尾時刻=現在とする。 Further, in the case of simply indicating transmission stop of immediately, for example, start time = current or indefinite, and end time = current.
4. 4. データ転送経路データ転送に使用すべき経路、または、伝送媒体を指示する。 Pathway to be used for data transfer path data transfer, or to indicate the transmission medium. もしくは、単に受信端末を指定する。 Or simply specify the receiving terminal.
5. 5. 伝送データ量一回の伝送指示で伝送を許可するデータ量の範囲を指示する。 Instructing range of amount of data allowed to transmit at a transmission instruction of the transmission data amount once.
6. 6. 使用伝送帯域使用帯域の範囲を指示する。 It instructs the scope of use transmission bandwidth used bandwidth.
【0072】 [0072]
これらの情報を用いて帯域制御を実行することにより、伝送帯域の負荷に係わらず高い帯域利用率を達成し、正確なデータ転送時間の予測精度を得ることができるデータ転送が可能となる。 By executing band control using this information, to achieve high bandwidth utilization regardless of the load of the transmission band, data transfer is possible can be obtained prediction accuracy of accurate data transfer time. この回避型輻輳制御方式によるデータ転送方式によれば、特定のアプリケーションに基づくデータ転送同士、例えばブロック伝送トラフィック同士による輻輳は回避される。 According by the Avoiding Congestion Control in the data transfer scheme, the data transfer between based on a particular application, for example, congestion due to block transmission traffic each other is avoided.
【0073】 [0073]
しかし、ここで問題となるのは、ブロック伝送と回復型の輻輳制御方式を使用した大量のデータ転送が生じるアプリケーション(以下、他トラフィック)が同時にデータ転送を行っている伝送チャネルに、新たな他トラフィックが加わる場合である。 However, The problem here is the transmission channel applications large amounts of data transfer using a congestion control method for healing and block transmission occurs (hereinafter, other traffic) is performing data transfer at the same time, another new it is when the traffic is applied. 伝送チヤネル上に新たに加わる他トラフィックの帯域使用により使用帯域増加が発生し、全送信使用帯域が伝送チャネル帯域を越え、輻輳状態に陥いることがある。 Used bandwidth increases by bandwidth used for other traffic newly added on the transmission channel is generated, the total transmission used bandwidth exceeds the transmission channel bandwidth, which may have Recessed congested.
【0074】 [0074]
このようにして発生するデータ送信使用帯域が伝送チャネル帯域を越えた輻輳状態を回避し、ブロック伝送中の使用帯域を保証するためには、他の新たにデータ転送を開始するトラフィックの使用帯域を抑制する必要がある。 Thus data transmission using bandwidth that occurs will avoid congestion state exceeding the transmission channel bandwidth, in order to guarantee the bandwidth used in the block transmission, the bandwidth used for traffic to start another new data transfer it is necessary to suppress.
【0075】 [0075]
しかし、従来の回復型の輻輳制御方式では、上述のように制御遅れの為に、輻輳によるパケット消失は不可避であり、再送によるデータ転送効率の低下が免れず、転送チヤネルを使用して同時にデータ転送を行っているブロック伝送の効率にも影響を与える(図2参照)。 However, in the conventional recovery Congestion control method, for controlling a delay as described above, a packet loss is inevitable due to congestion, can not escape decrease in data transfer efficiency due to retransmission, simultaneously using forward channel data also affects the efficiency of the block transmission is performing transfer (see FIG. 2). 図2は、伝送効率を縦軸とし、他トラフィック多重数を横軸としたグラフである。 2, the transmission efficiency on the vertical axis is a graph the horizontal axis of the other traffic multiplexing. 他トラフィック多重数がある点(図2の垂直破線)を超えると急激に伝送効率が低下する。 Rapid transmission efficiency decreases exceeds the point where there is another traffic multiplexing (dashed vertical line in Figure 2). すなわち、新たなトラフィックがチャネル上に加わることにより、使用帯域が伝送チヤネルの帯域(図2の垂直破線)を超過し、この結果、伝送効率の低下を招く。 That is, a new traffic by acting on the channel, used bandwidth exceeds the bandwidth of the transmission channel (dashed vertical line in FIG. 2), as a result, lowering the transmission efficiency.
【0076】 [0076]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
この発明は以上の事情を考慮してなされたものであり、新たなトラフィックの増加等による伝送帯域の負荷の変動に係わりなく、ブロック伝送効率の低下を引き起こさず、伝送チャネルの高い利用効率、正確なデータ転送を得ることができるデータ転送技術を提供することを目的としている。 The present invention has been made in consideration of the above circumstances, regardless of the variation of the load of the transmission band due to an increase in new traffic, without causing a decrease in block transmission efficiency, high utilization efficiency transmission channel, accurate and its object is to provide a data transfer technique which can obtain a data transfer.
【0077】 [0077]
従来、例えば上述した特願平08−17949号において述べられている回避型の輻輳制御によって制御されるトラフィックが、新たなコネクションを確立しようとした場合、送信局と受信局のリソース、例えば送受信バッファの確保可能なことが確認されるとコネクション確立が可能と判断していた。 Conventionally, if the traffic to be controlled by the congestion control avoidant set forth in Japanese Patent Application No. 08-17949 mentioned above is attempting to establish a new connection, the resources of the receiving station and transmitting station, for example, the transmission and reception buffer it can be secured had been determined to be possible is if it is confirmed the connection establishment of. ところが、そのコネクション確立を判断するためのリソースの中に、伝送チャネル帯域および現在使用中の使用帯域を考慮したものは組み入れられていないため、コネクションを確立した後に、伝送チヤネルの帯域を超えるデータ転送が発生し、輻輳を引き起こすこととなる。 However, in the resources to determine the connection establishment, since the unincorporated ones considering bandwidth use in used transmission channel bandwidth and currently, after establishing the connection, the data transfer exceeding the bandwidth of the transmission channel There occurs, so that the cause of the congestion.
【0078】 [0078]
従って、他トラフィックが新たなコネクションを確立しようとした時に、大量のデータ転送が生じるアプリケーションの場合、結果として輻輳を引き起こすこととなっていた。 Thus, when other traffic is going to establish a new connection, for applications large amounts of data transfer occurs, it has been a cause of congestion as a result. 本発明のデータ転送装置およびデータ転送方法は伝送チャネル帯域を考慮したコネクション制御をすることにより、輻輳の回避が可能としたものである。 How the data transfer apparatus and a data transfer of the present invention by a connection control in consideration of the transmission channel bandwidth is obtained by enabling avoidance of congestion.
【0079】 [0079]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明のデータ転送装置およびデータ転送方法における構成の1つは、ブロック伝送中の他トラフィック受付拒否を行うものである。 One configuration of the data transfer apparatus and a data transfer method of the present invention is for performing other traffic rejection of reception in the block transmission.
【0080】 [0080]
ブロック伝送トラフィックと輻輳を生じるのは、従来の複数パケットにまたがる大量データを伝送するトラフィックであり、その個々の使用帯域は、先述の通り狭帯域である。 The resulting congestion and block transmission traffic is a traffic carrying a large amount of data that span conventional multiple packets, its individual use band is as narrow band previously described. よって、一本一本の従来トラフィックの使用帯域の増加は問題ではなく、その本数が増加する事が問題である。 Therefore, an increase in the conventional traffic bandwidth used one by one is not a problem, it is it is a problem that the number is increased. 通常、このように、連続した一連のパケットを伝送する場合には、接続指向の伝送が行われる。 Normally, in this manner, when transmitting a sequence of packets continuous, the transmission of connection-oriented are performed. つまり、送受信バッファ等の資源をパケット毎に個別に確保するのではなく、予め、一連のパケットに繰り返し使用する資源を確保しておく事で、パケット毎のオーバーヘッドを削減する。 That is, instead of securing individually for each packet resources such as transmission and reception buffer, advance, by to reserve the resources used repeatedly in a series of packets, to reduce the overhead of each packet.
【0081】 [0081]
また、受信局と各送信局の間では、データ転送に先立ち、接続の為のメッセージを交換することにより、お互い資源確保できたことを知り、その後、予め予定したデータ転送が可能となる。 Further, between the receiving station and the transmission stations, prior to data transfer, by exchanging messages for connection knows that can be secured to each other resources, then it is possible to pre-scheduled data transfer.
【0082】 [0082]
大量のデータ転送を生じる従来アプリケーションは、例えば、ftpやlpr、または、rprintなどのように、パケット交換ネットワーク毎に固定的であり限定可能である。 Conventional applications resulting in large amounts of data transfer, for example, ftp and lpr or, such as rprint, is it possible limitation is fixed for each packet switched network. つまり、ブロック伝送中には、受信局において、新たな他トラフィックを発生させないために、送信局からの接続メッセージを受け付けないことで、他トラフィックの本数を制御する。 In other words, in the block transmission, at the receiving station, in order to prevent the occurrence of new other traffic, by not accepting the connection message from the sending station, to control the number of other traffic.
【0083】 [0083]
以上により、他トラフィックの本数を増加させないことによって、制御遅れによる輻輳を回避することが可能となる。 By the above, by not increasing the number of other traffic, it is possible to avoid the congestion caused by control delay.
【0084】 [0084]
さらに、本発明のデータ転送装置およびデータ転送方法における別の構成は、他トラフィックの本数制限である。 Furthermore, another configuration of the data transfer apparatus and a data transfer method of the present invention is the number limitation of other traffic.
【0085】 [0085]
ブロック伝送トラフィックの送信使用帯域は既知である。 Transmitting use bandwidth of block transmission traffic is known. 他トラフィックの使用帯域、本数も既知である。 Other traffic bandwidth used, the number is also known. ブロック伝送中には、受信局において、送信局からの新たな他トラフィックの接続メッセージを受信した場合、新たな送信局の送信使用帯域と、全送信使用中帯域が伝送チャネル帯域を越えないか判断し、越えない場合のみ接続メッセージを受け付ける。 During the block transmission, at the receiving station, when receiving a new other traffic connection message from the transmitting station, a transmission use band of a new transmission station, determines whether the band during the entire transmission used does not exceed the transmission channel bandwidth and, accept connections only message if you do not exceed.
【0086】 [0086]
上述の構成により、他トラフィックの本数を制限することによって、制御遅れによる輻輳を回避することが可能となる。 The construction described above, by limiting the number of other traffic, it is possible to avoid the congestion caused by control delay.
【0087】 [0087]
上述の輻輳回避を達成するために、本発明のデータ転送装置は、データ送信局と、データ受信局と、データ送信局からのデータをデータ受信局に伝送するデータ伝送チャネルとを含むデータ転送装置において、データ送信局は、該データ送信局からデータ受信局へのデータ転送に先だってデータ転送用コネクション確立のための接続要求を行うコネクション確立要求手段と、該コネクション確立要求手段によって確立されたコネクションに基づき、データ受信局に対してデータを送信するデータ送信手段とを有し、データ受信局は、データ伝送チャネルを介して転送されるデータを監視し、ブロック伝送であるか否かを判定するブロック伝送監視手段と、データ送信局からのコネクション確立要求に対して、ブロック伝送監視手段により監視 To achieve congestion avoidance described above, the data transfer apparatus of the present invention, a data transmitting station, and a data receiving station, the data transfer apparatus and a data transmission channel for transmitting data from the data transmission station to the data receiving station in the data transmitting station, a connection establishment request means for performing a connection request for a prior data transfer connection establishment to transfer data from the data transmitting station to the data receiving station, the connection established by the connection establishment request means based, and a data transmission means for transmitting data to the data receiving station, the data receiving station monitors the data transferred via the data transmission channel, block determines whether or not block transmission a transmission monitoring device, to the connection establishment request from the data transmission station, monitored by the block transmission monitoring means れるデータ伝送チャネル上のブロック伝送実施状況に基づいて、コネクション確立受諾の可否を判断し、データ送信局に対して該コネクション確立の可否を通知するコネクション確立指示手段と、を有することを特徴とする。 Based on the block transmission implementation on the data transmission channels, and determines whether the connection establishment acceptance, characterized by having a a connection establishment instruction means for notifying whether the connection established for the data transmission station .
【0088】 [0088]
また、本発明のデータ転送装置において、データ受信局におけるコネクション確立指示手段は、データ伝送チャネルにおいてブロック伝送が実行中である場合に、データ送信局からのコネクション確立要求を拒否する構成を有することを特徴とする。 Further, the data transfer device of the present invention, the connection establishment instruction means in the data receiving station, when the block transmitted in the data transmission channel is running, that it has to reject constituting the connection establishment request from the data transmission station and features.
【0089】 [0089]
また、本発明のデータ転送装置において、データ受信局は、データ送信局の識別子と該送信局との接続状態とを対応付けたテーブルを有し、該テーブルに基づいて、データ伝送チャネルにおいてブロック伝送の実施状況を判定することを特徴とする。 Further, the data transfer device of the present invention, the data receiving station has a table associating a connection between the identifier and the transmitting station of the data transmission station, based on the table, block transmission in the data transmission channel and judging the implementation of.
【0090】 [0090]
また、本発明のデータ転送装置において、データ受信局は、受信中のデータ・パケット・トラフィックによるデータ伝送チャネルの使用帯域を測定する使用帯域測定手段を有し、コネクション確立指示手段は、使用帯域測定手段により測定されたデータ伝送チャネルの使用帯域と、データ送信局からのコネクション確立要求に基づくデータ転送の推定使用帯域との総和を算出し、該総和が伝送チヤネルの帯域を超えない場合は、コネクション確立要求を受諾し、該総和が伝送チヤネルの帯域を超える場合は、コネクション確立要求を拒否する構成を有することを特徴とする。 Further, the data transfer device of the present invention, the data receiving station has a use bandwidth measuring means for measuring the bandwidth used for data transmission channel by the data packet traffic being received, connection establishment instruction means, used band measurement the use band of the measured data transmission channel by means calculates the sum of the estimated bandwidth used for data transfer based on the connection establishment request from the data transmitting station, if said total sum does not exceed the bandwidth of the transmission channel is a connection accepts the establishment request, if said total sum exceeds the bandwidth of the transmission channel, characterized by having a refuse constitutes a connection establishment request.
【0091】 [0091]
また、本発明のデータ転送装置において、データ受信局は、データ送信局の識別子と該送信局からの過去のデータ送信時の使用帯域とを対応付けたテーブルを有し、該テーブルに基づいて、送信局からのコネクション確立要求に基づくデータ転送の推定使用帯域を求めることを特徴とする。 Further, the data transfer device of the present invention, the data receiving station has a table associating a used bandwidth during past data transmission from the identifier and the transmitting station of the data transmission station, based on the table, and obtaining an estimated bandwidth used for data transfer based on a connection establishment request from the transmitting station.
【0092】 [0092]
さらに本発明のデータ転送方法は、データ送信局と、データ受信局と、データ送信局からのデータをデータ受信局に伝送するデータ伝送チャネルとを含むデータ転送装置におけるデータ転送方法において、データ送信局からデータ受信局へのデータ転送に先だってデータ転送用コネクション確立のための接続要求を行うコネクション確立要求ステップと、データ受信局においてデータ伝送チャネルを介して転送されるデータを監視し、ブロック伝送であるか否かを判定するブロック伝送監視ステップと、データ送信局からのコネクション確立要求に対して、ブロック伝送監視ステップにおいて検出されるデータ伝送チャネル上のブロック伝送実施状況に基づいて、コネクション確立受諾の可否をデータ受信局において判断し、データ送信局に Further data transfer method of the present invention, a data transmitting station, and a data receiving station, the data transfer method in the data transfer apparatus and a data transmission channel for transmitting data from the data transmission station to the data receiving station, data transmission station monitors the connection establishment request step of making a connection request for a prior data transfer connection establishment to transfer data to the data receiving station, the data transferred via the data transmission channel at the data receiving station from is the block transmission and block transmission monitoring step of determining whether, to the connection establishment request from the data transmission station, based on the block transmission implementation on the data transmission channel is detected at block transmission monitoring step, whether the connection establishment acceptance It was determined in the data receiving station, the data transmission station して該コネクション確立の可否を通知するコネクション確立指示ステップと、コネクション確立指示ステップによって確立されたコネクションに基づき、データ受信局に対してデータを送信するデータ送信ステップと、を有することを特徴とする。 A connection establishment instruction step of notifying whether the said connection establishment and, on the basis of the connection established by the connection establishment instruction step, and having a data transmission step of transmitting the data, the relative data reception station .
【0093】 [0093]
また、本発明のデータ転送方法において、データ受信局におけるコネクション確立指示ステップは、データ伝送チャネルにおいてブロック伝送が実行中である場合に、データ送信局からのコネクション確立要求の拒否を実行することを特徴とする。 In the data transfer method of the present invention, connection establishment instruction step in the data receiving station, characterized in when the block transmitted in the data transmission channel is running, to perform a rejection of the connection establishment request from the data transmission station to.
【0094】 [0094]
また、本発明のデータ転送方法において、データ受信局は、受信中のデータ・パケット・トラフィックによるデータ伝送チャネルの使用帯域を測定する使用帯域測定ステップを有し、コネクション確立指示ステップは、使用帯域測定ステップにより測定されたデータ伝送チャネルの使用帯域と、データ送信局からのコネクション確立要求に基づくデータ転送の推定使用帯域との総和を算出し、該総和が伝送チヤネルの帯域を超えない場合は、コネクション確立要求を受諾し、該総和が伝送チヤネルの帯域を超える場合は、コネクション確立要求を拒否することを特徴とする。 In the data transfer method of the present invention, the data receiving station has a use bandwidth measurement step of measuring the bandwidth used for data transmission channel by the data packet traffic being received, connection establishment instruction step is used band measurement the use band of the measured data transmission channel by step, to calculate the sum of the estimated bandwidth used for data transfer based on the connection establishment request from the data transmitting station, if said total sum does not exceed the bandwidth of the transmission channel is a connection accepts the establishment request, if said total sum exceeds the bandwidth of the transmission channel, characterized in that it rejects the connection establishment request.
【0095】 [0095]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、この発明の実施例について説明する。 Hereinafter, a description will be given of an embodiment of the present invention. 本発明の実施例1におけるデータ転送装置の構成を図3に示す。 The configuration of the data transfer apparatus according to the first embodiment of the present invention shown in FIG.
【0096】 [0096]
本発明のデータ転送装置における送信局は、コネクション確立要求手段1、データ送信手段2を有する。 Transmitting station in the data transfer apparatus of the present invention includes a connection establishment request means 1, the data transmission unit 2.
【0097】 [0097]
コネクション確立要求手段1は、データ送信手段2へデータ転送等を実行するアプリケーションからの信号S01(アプリケーションからの入力データ)によるデータ送信の要求を信号S04により監視している。 Connection establishment requesting means 1 monitors the signal S04 a request for data transmission by signal from the application to perform the data transfer, etc. S01 (input data from the application) to the data transmitting unit 2. コネクション確立要求手段1がデータ送信の要求を検知すると、受信局へのコネクション確立要求メッセージを信号S02により送信し、その応答として受信局から送付されるコネクション確立指示メッセージをS03により受信し、確立されたコネクション内容に応じてデータ送信手段を起動する。 When a connection establishment request means 1 detects a request for data transmission, transmits a connection establishment request message to the receiving station by the signal S02, and receives the connection establishment indication message sent from the receiving station as a response by S03, it is established to start the data transmission means in accordance with the connection content was.
【0098】 [0098]
データ送信手段2は、コネクション確立要求手段1からの信号S04(データ送信指示)による指示に従い、受信局に対して信号S05(パケット)により伝送チヤネルを介してパケット送信を実施する。 Data transmission means 2, in accordance with an instruction by the signal S04 (data transmission instruction) from connection establishment request means 1, to implement the packet transmission over the transmission channel by a signal S05 (packet) to the receiving station.
【0099】 [0099]
本発明のデータ転送装置における受信局は、コネクション確立指示手段3、ブロック伝送監視手段4を有する。 Receiving station in the data transfer apparatus of the present invention, a connection establishment instruction means 3 comprises a block transmission monitoring means 4.
【0100】 [0100]
ブロック伝送監視手段4は、伝送チヤネルにおいて、ブロック伝送が行われているかを転送されているパケットを監視することによって検知し、ブロック伝送が検知された場合には、コネクション確立指示手段3に対して、信号S06(使用帯域通知)により、ブロック伝送を実施していることを通知する。 Block transmission monitoring means 4, in the transmission channel, is detected by monitoring the packets being transferred to or block transmission is being performed, if the block transmission is detected, to the connection establishment instruction means 3 , the signal S06 (used bandwidth notification), notifying that are implementing block transmission. また、受信したパケットは、信号S07(ブロック伝送状態遷移)により、所定のアプリケーションに渡される。 Also, the received packet is the signal S07 (block transmission state transition), are passed to a given application.
【0101】 [0101]
コネクション確立指示手段3は、送信局からのコネクション確立要求を信号S02(コネクション確立要求メッセージ)によって受信すると、コネクションを確立することによって発生するデータ転送が大量のデータ転送を生じるアプリケーションであるかをメッセージからチェックし、大量データ転送アプリケーションの場合には、ブロック伝送監視手段4からブロック伝送実施が通知されているかによって、コネクション確立の指示内容を決定し、送信局に対してコネクション確立指示メッセージを信号S03(コネクション確立指示メッセージ)により送信する。 Connection establishment instruction means 3 receives the connection establishment request signal S02 from the transmitting station (connection establishment request message), a message whether an application data transfer to occur results in large amounts of data transfer by establishing a connection Check from the case of bulk data transfer application, depending on whether the block transmission performed from the block transmission monitoring means 4 is notified to determine instruction contents of the connection establishment, the signal connection establishment instruction message to the transmitting station S03 It transmits the (connection establishment instruction message).
【0102】 [0102]
本発明の実施例2の形態におけるデータ転送装置の構成を図4に示す。 The configuration of the data transfer apparatus in Embodiment Example 2 of the present invention shown in FIG. 本発明のデータ転送装置における送信局は、コネクション確立要求手段1、データ送信手段2を有する。 Transmitting station in the data transfer apparatus of the present invention includes a connection establishment request means 1, the data transmission unit 2. 各手段の構成および機能は、前述した実施例1と同様のため省略する。 Structure and function of each unit will be omitted because it is similar to Example 1 described above.
【0103】 [0103]
本発明のデータ転送装置における受信局は、コネクション確立指示手段3、使用帯域測定手段5を有する。 Receiving station in the data transfer apparatus of the present invention, a connection establishment instruction means 3, with the use band measurement unit 5.
【0104】 [0104]
使用帯域測定手段5は、送信局から転送されているデータ量の計測を一定時間毎に行い、単位時間あたりの使用帯域を計数し、コネクション確立指示手段に信号S08(使用帯域情報)により通知する。 Used bandwidth measuring means 5 gives a measurement of the amount of data being transferred from the transmitting station at regular time intervals, counting the bandwidth used per unit time, and notifies the signal S08 (used bandwidth information) to the connection establishment instruction means .
【0105】 [0105]
コネクション確立指示手段は、送信局からのコネクション確立要求を信号S02(コネクション確立要求メッセージ)により受信すると、コネクションの確立によって発生するデータ転送が大量のデータ転送を生じるアプリケーションであるかをチェックし、大量のデータ転送アプリケーションの場合には、送信局の送信使用帯域を取得し、その取得した送信帯域と、現在使用中の送信帯域を使用帯域測定手段5から信号S08(使用帯域情報)により得るとともに合計帯域が伝送チャネル帯域を越えないか計数する。 Connection establishment instruction means receives a connection establishment request signal S02 from the transmitting station (connection establishment request message), it is checked whether the data transfer caused by establishment of a connection is an application to produce a large amount of data transfer, mass in the case of the data transfer application, total with acquires transmission use band of a transmission station, obtain the transmission band that the acquired by the signal transmission bandwidth currently in use from the use band measurement means 5 S08 (used bandwidth information) band is counted or not exceed a transmission channel band. その結果により、コネクション確立の指示内容を決定し、送信局に対してコネクション確立指示メッセージを信号S03(コネクション確立指示メッセージ)により送信する。 The result, to determine the instruction contents of the connection establishment, and transmits the signal S03 a connection establishment instruction message (connection establishment instruction message) to the transmitting station.
【0106】 [0106]
[実施例1] [Example 1]
コネクション確立要求手段1の実施例を図5に従い説明する。 Examples of connection establishment request means 1 will now be described with reference to FIG. コネクション確立要求手段1には、コネクション確立要求送信機能11と、コネクション確立指示受信機能12がある。 The connection establishment request means 1, the connection establishment request sending function 11, there is a connection establishment instruction receiving function 12.
【0107】 [0107]
コネクション確立要求送信機能11は、信号S04(データ送信指示)によりアプリケーションからのデータ送信の要求を監視している。 Connection establishment request sending function 11 monitors the data transmission request from the application by the signal S04 (data transmission instruction). データ送信要求を検知すると、送信局識別子と、該当のアプリケーション識別子とをパケットのヘッダ部(図9参照)に記述し、受信局に対してコネクション確立要求メッセージを信号S02(コネクション確立要求メッセージ)により送信する。 Upon detecting a data transmission request, the transmission station identifier, describe and corresponding application identifier header portion of the packet (see FIG. 9), the signal connection establishment request message to the receiving station S02 (connection establishment request message) Send.
【0108】 [0108]
コネクション確立指示受信機能12は、受信局から信号S03(コネクション確立指示メッセージ)により送信されるコネクション確立指示メッセージを受信し、内容をチェックし、送信可能であれば、データ送信手段2に対して信号S04(データ送信指示)によりデータ送信開始を指示する。 Connection establishment instruction receiving function 12 receives the connection establishment indication message transmitted by the signal S03 from the receiving station (connection establishment instruction message), checks the contents, transmission if possible, the signal to the data transmission unit 2 the S04 (data send instruction) instructing the start data transmission.
【0109】 [0109]
送信要求が拒否された場合には、データ送信手段に対して信号S04(データ送信指示)により送信中止を指示する。 When the transmission request is rejected, instructing transmission stop by a signal S04 (data transmission instruction) to the data transmission means.
【0110】 [0110]
次にデータ送信手段2の実施例を図6に従い説明する。 Next will be described an embodiment of a data transmission means 2 in accordance with FIG. データ送信手段2には、送信データ蓄積機能21と、パケット送信機能22がある。 The data transmission means 2, a transmission data storage function 21, there is a packet transmission function 22.
【0111】 [0111]
送信データ蓄積機能21は、アプリケーションから受信局を一意に識別可能な受信局識別子、例えばIPネットワークのIPアドレスが、送信するデータとともに信号S01(アプリケーションからの入力データ)により渡される。 Transmission data storage function 21, uniquely identifiable receiving station identifier received station from the application, the IP address, for example an IP network, are passed by the signal S01 with the data to be transmitted (input data from the application). 渡されたデータを蓄積し、パケット送信機能からの信号S21(パケットデータ要求信号)によりデータ要求に対応して、指定されたデータ量を要求ごとに受信局識別子とともに信号S05(パケット)により渡す。 Passed accumulated data, in response to the data request by the signal S21 (packet data request signal) from the packet transmission function, and passes a signal S05 (packet) with the receiving station identifier specified data amount per request.
【0112】 [0112]
パケット送信機能22は、コネクション確立要求手段1から信号S04(データ送信指示信号)による送信開始の指示により、指定されたデータ量を送信データ蓄積機能に要求し、送信データ蓄積機能から渡されたデータをパケット化し、パケット毎に伝送チャネルに信号S07(ブロック伝送状態遷移信号)により送信する。 Data packet transmission function 22, an instruction transmission start by the signal from the connection establishment request means 1 S04 (data transmission instruction signal), which requests the specified amount of data in the transmission data storage function, passed from the transmission data storage function the packetizes and transmits the signal S07 to the transmission channel for each packet (block transmission state transition signal).
【0113】 [0113]
送信が完了すると、次のデータを送信データ蓄積機能に信号S21(パケットデータ要求信号)により要求し、データを受取り、パケット化し、送信する。 When transmission is completed, requesting the signal S21 for the next data in the transmission data storage function (packet data request signal), it receives the data, packetizes and transmits. この一連の動作を全データが受信局に送信されるまで繰り返す。 This series of operations is repeated until all data is transmitted to the receiving station.
【0114】 [0114]
次にコネクション確立指示手段3の実施例を図7に従い説明する。 Next a description will be given of an embodiment of a connection establishment instruction means 3 in accordance with FIG. コネクション確立指示手段3には、コネクション確立要求受信機能31と、コネクション確立指示機能32がある。 The connection establishment instruction means 3, the connection establishment request receiving function 31, there is a connection establishment instruction function 32.
【0115】 [0115]
コネクション確立要求受信機能31は、送信局からのコネクション確立要求を信号S02(コネクション確立要求メッセージ)により受信すると、アプリケーション識別子により、大量のデータ転送をともなうアプリケーションであるか否かをチェックし、大量のデータ転送をともなうアプリケーションの場合には、コネクション確立指示機能32に対して、送信局が一意に決まる送信局識別子とともに、コネクション確立要求があったことを信号S31(接続要求受信通知)により通知する。 Connection establishment request reception function 31 receives the connection establishment request signal S02 from the transmitting station (connection establishment request message), the application identifier, and checks whether the application with large amounts of data transfer, a large amount of for applications involving data transfer, to the connection establishment instruction function 32, together with the transmission station identifier transmitting station uniquely determined, it is notified by a signal that there has been a connection establishment request S31 (connection request reception notification). 大量のデータ転送を実行するアプリケーションでない場合には、信号S03(コネクション確立指示メッセージ)により、コネクション確立指示メッセージを送信する。 If not the application that performs a large amount of data transfer, the signal S03 (connection establishment instruction message) and transmits the connection establishment instruction message.
【0116】 [0116]
コネクション確立指示機能32は、コネクション確立要求があったことを信号S31(接続要求受信通知)により通知されると、ブロック伝送監視手段4のブロック伝送の状態を信号S06(使用帯域通知)により得、ブロック伝送が実施されていなければ接続許可を、実施されていれば接続拒否の指示をコネクション確立指示メッセージに含ませ、信号S03(コネクション確立指示メッセージ)により送信局に送信する。 Connection establishment instruction function 32 is informed by a signal that there has been a connection establishment request S31 (connection request reception notification), obtained by the signal state of the block transmission of the block transmission monitoring means 4 S06 (used bandwidth notification), the connection permission if block transmission has not been performed, the instruction of connection rejection if it is conducted by including in the connection establishment instruction message, and transmits to the transmitting station by the signal S03 (connection establishment instruction message).
【0117】 [0117]
また、接続を許可した送信局識別子を記憶し、ブロック伝送監視機能に信号S32(送信中送信局識別子)により通知する。 Also, it stores the transmission station identifier allowed to connect, and notifies the signal S32 (transmission transmitting station identifier) ​​to block transmission monitoring function.
【0118】 [0118]
次にブロック伝送監視手段4の実施例を図8に従い説明する。 Will be described with reference to FIG. 8 an embodiment of a block transmission monitoring means 4. ブロック伝送監視手段4には、パケット受信機能41と、送信元識別機能42がある。 To block transmission monitoring means 4 includes a packet receiving function 41, there is a source identification function 42.
【0119】 [0119]
パケット受信機能41は、信号S05(パケット)により受信局への伝送チャネル上で多重されたパケットの受信毎に、信号S07(ブロック伝送状態遷移信号)によりアプリケーションに出力される。 Packet receiving function 41, at receiving the multiplexed packets over a transmission channel to a receiving station by a signal S05 (packet), is output to the application by the signal S07 (block transmission state transition signal). 送信元識別機能42は、信号S41(送信局識別子監視)により受信されたパケットを監視している。 Source identification function 42 monitors packets received by the signal S41 (transmission station identifier monitoring).
【0120】 [0120]
受信パケットのヘッダ部(図9参照)中にある送信局が一意に識別可能な送信局識別子と、コネクション確立指示手段3から通知されているブロック伝送以外の送信局識別子のリスト(図11参照)とにより、当該パケットがブロック伝送によるものか判断する。 Header portion of the received packet (see FIG. 9) and the uniquely identifiable transmission station identifier transmitting station is in the list of the transmitting station identifier other than block transmission, which is notified from the connection establishment instruction means 3 (see FIG. 11) a result, the packet is judged whether by block transmission. 判断した結果を記憶する。 And stores the judgment result. また、ブロック伝送の状態遷移を図10に示す。 Also, it is shown in FIG. 10 the state transition of the block transmission.
【0121】 [0121]
[実施例2] [Example 2]
コネクション確立要求手段1とデータ送信手段2の説明は、実施例1と同様のため省略する。 Description of connection establishment request means 1 and the data transmission unit 2 is omitted the same as in Example 1.
【0122】 [0122]
次にコネクション確立指示手段5の実施例を図12に従い説明する。 Next a description will be given of an embodiment of a connection establishment instruction means 5 in accordance with FIG. 12. コネクション確立指示手段5には、コネクション確立要求受信機能51と、コネクション確立指示機能52がある。 The connection establishment instruction means 5, and connection establishment request receiving function 51, there is a connection establishment instruction function 52.
【0123】 [0123]
コネクション確立要求受信機能51については実施例1と同様のため説明を省略する。 For connection establishment request receiving function 51 is omitted because the same manner as in Example 1.
【0124】 [0124]
コネクション確立指示機能52は、コネクション確立要求があったことを信号S51(接続要求受信通知)により通知されると、当該送信局の実行帯域(BTx)を得る。 Connection establishment instruction function 52 is informed by the signal S51 that there has been a connection establishment request (connection request reception notification) to obtain the execution bandwidth of the transmission station (BTX). 送信帯域を得る方法としては、前回の送信局毎の送信使用帯域の計測結果を記憶しておきその記憶値を使用する。 As a method for obtaining a transmission band, using the stored value stores the measurement result of transmission using bandwidth for each previous transmission station. または、送信局からの申告値を使用する等による方法がある。 Or, a method by like to use the reported values ​​from the transmitting station. 前回の送信局毎の送信使用帯域の計測結果は、例えば図14に示すようなリストととして送信局識別子と前回送信使用帯域とを対応づけた表として記憶する。 Previous measurement results of the transmission use band for each transmission station stores a table that associates the transmission station identifier and the previous transmission using bandwidth, for example, as a list as shown in FIG. 14.
【0125】 [0125]
また、使用帯域測定手段6で測定されている現在の送信使用帯域(RRx)を信号S08(使用帯域情報)により獲得し、伝送チャネル帯域(Rmax)とにより、下記の式(1)が成立する場合には接続許可を、成立しなければ接続拒否の指示をコネクション確立指示メッセージに含ませ、信号S03(コネクション確立指示メッセージ)により送信局に送信する。 Further, acquired by the use band measurement means current transmission use band being measured at 6 (RRx) a signal S08 (used bandwidth information), by the transmission channel bandwidth (Rmax), equation (1) holds the following the connection permission if, does not hold to include an indication of connection rejection to the connection establishment instruction message, and transmits to the transmitting station by the signal S03 (connection establishment instruction message).
【0126】 [0126]
【数1】 [Number 1]
Rmax≧BTx+RRx (1) Rmax ≧ BTx + RRx (1)
【0127】 [0127]
上記式(1)は、コネクション確立によって発生するデータ転送による実行帯域(BTx)と現在の伝送チャネルにおける送信使用帯域(RRx)との総和が、伝送チャネル帯域(Rmax)より小さいことを条件としてコネクションの確立、すなわち接続許可を実行することを意味している。 The formula (1) is the sum of the transmission band used (RRx) in the execution bandwidth (BTX) and the current transmission channel by the data transfer generated by connection establishment, connection condition that less than the transmission channel bandwidth (Rmax) established, that is, it means to perform a connection permission.
【0128】 [0128]
次に使用帯域測定手段6の実施例を図13に従い説明する。 Next an example of using the band measuring unit 6 will be described in accordance with FIG. 13. 使用帯域測定手段6は、パケット受信機能61と、使用帯域測定機能62とがある。 Used bandwidth measuring unit 6 includes a packet receiving function 61, there is a used bandwidth measurement function 62.
【0129】 [0129]
パケット受信機能61は、信号S05(パケット)により受信局への伝送チャネル上で多重されたパケットの受信毎に、信号S07(ブロック伝送状態遷移)によりアプリケーションに出力される。 Packet receiving function 61, a signal S05 for each reception of the multiplexed packets over a transmission channel to a receiving station by (packet), it is output to the application by the signal S07 (block transmission state transition).
【0130】 [0130]
使用帯域測定機能62は、信号S52(使用帯域通知)を受領するとともに、信号S61(パケット受信間隔監視)によりパケットの受信を監視している。 Used bandwidth measurement function 62 is configured to receive the signal S52 (using band notifying) monitors the reception of a packet by the signal S61 (packet reception interval monitor). パケット受信機能よりパケット受信の通知を受けると、受信間隔TRxの計数を開始し、以降は新たなパケットの受信が通知される度に、信号S08(使用帯域情報)にて使用帯域RRxを出力する。 When receiving the notification of the packet received from the packet receiving function, and starts counting the reception interval TRx, since the time the reception of a new packet is notified, and outputs the band used RRx in the signal S08 (used bandwidth information) . 使用帯域RRxは、パケットL、および、受信間隔TRxに対して、次の式(2)で与えられる。 Use band RRx the packet L, and, to the receiving interval TRx, given by the following equation (2).
【0131】 [0131]
【数2】 [Number 2]
RRx=L/TRx (2) RRx = L / TRx (2)
【0132】 [0132]
上記の式(2)で算出された使用帯域が信号S08により、コネクション接続指示手段に出力される。 Use band calculated by the above equation (2) by the signal S08, it is outputted to the connection connection instruction means.
【0133】 [0133]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上、説明したように本発明のデータ転送装置およびデータ転送方法によれば、広帯域ブロック伝送トラフィックと、複数の送信局から各々任意のタイミングで送信される他のトラフィックを多重して伝送を行う場合でも、ブロック伝送の送信帯域を変動させることなく、他のトラフィックの使用帯域の変動を制御することにより、制御遅れによる輻輳を回避し、パケット消失を防ぐことで、高い伝送効率を得ることが可能となる。 Above, according to the data transfer apparatus and a data transfer method of the present invention, as described, when performing wideband block transmission traffic, the transmission by multiplexing other traffic, each is transmitted at an arbitrary timing from a plurality of transmitting stations But, without varying the transmission band of the block transmission, by controlling the variation in the used bandwidth of the other traffic to avoid congestion caused by control delay, by preventing packet loss, you can obtain a high transmission efficiency to become.
【0134】 [0134]
また、伝送チャネル帯域と通信帯域とを比較することで、新たなトラフィックの追加あるいは拒否を行うように構成しているので、効率的な伝送チヤネルの使用が可能となる。 Further, by comparing the communication bandwidth and the transmission channel bandwidth, so it is configured so as to add or reject a new traffic, which allows for the use of efficient transmission channel.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】多重化バッファにおける輻輳を説明する図である。 1 is a diagram for explaining the congestion in multiplexing buffer.
【図2】伝送トラフィックと伝送効率の関係を示す図である。 2 is a diagram showing the relationship between transmission traffic and the transmission efficiency.
【図3】本発明のデータ転送装置の第1実施例の構成を示す図である。 3 is a diagram showing a configuration of a first embodiment of the data transfer apparatus of the present invention.
【図4】本発明のデータ転送装置の第2実施例の構成を示す図である。 Is a diagram showing a configuration of a second embodiment of the data transfer apparatus of the present invention; FIG.
【図5】本発明のデータ転送装置のコネクション確立要求手段の構成を示す図である。 5 is a diagram showing the configuration of a connection establishment requesting means of the data transfer apparatus of the present invention.
【図6】本発明のデータ転送装置のデータ送信手段の構成を示す図である。 6 is a diagram showing a configuration of the data transmission means of the data transfer apparatus of the present invention.
【図7】本発明のデータ転送装置のコネクション確立指示手段の構成例1を示す図である。 7 is a diagram showing a configuration example 1 of a connection establishment instruction means of the data transfer apparatus of the present invention.
【図8】本発明のデータ転送装置のブロック伝送監視手段の構成を示す図である。 8 is a diagram showing a structure of a block transmission monitoring means of the data transfer apparatus of the present invention.
【図9】パケットの構造を説明する図である。 9 is a diagram illustrating the structure of a packet.
【図10】ブロック伝送状態遷移を説明する図である。 10 is a diagram illustrating a block transmission state transition.
【図11】ブロック伝送以外の送信局識別子リストを示す図である。 11 is a diagram illustrating a transmitting station identifier list other than block transmission.
【図12】本発明のデータ転送装置のコネクション確立指示手段の構成例2を示す図である。 12 is a schematic of another configuration of the connection establishment instruction means of the data transfer apparatus of the present invention.
【図13】本発明のデータ転送装置の使用帯域測定手段の例を示す図である。 13 is a diagram showing an example of a use band measuring means of the data transfer apparatus of the present invention.
【図14】送信局識別子および前回送信使用帯域リストを示す図である。 14 is a diagram illustrating a transmitting station identifier and the previous transmission using bandwidth list.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 コネクション確立要求手段2 データ送信手段手段3 コネクション確立指示手段4 ブロック伝送監視手段5 コネクション確立指示手段(実施例2) 1 connection establishment requesting means 2 data transmitting means unit 3 connection establishment instruction means 4 blocks transmission monitoring means 5 connection establishment instruction means (Example 2)
6 使用帯域測定手段(実施例2) 6 used bandwidth measuring unit (Example 2)
11 コネクション確立要求機能12 コネクション確立指示受信機能21 送信データ蓄積機能22 パケット送信機能31 コネクション確立要求受信機能32 コネクション確立指示機能41 パケット受信機能42 送信元識別機能51 コネクション確立要求受信機能(実施例2) 11 connection establishment request function 12 connection establishment instruction receiving function 21 sends the data storage function 22-packet transmitter 31 connection establishment request receiving function 32 connection establishment instruction function 41-packet receiver 42 transmission source identification function 51 connection establishment request reception function (Example 2 )
52 コネクション確立指示機能(実施例2) 52 connection establishment instruction function (Example 2)
61 パケット受信機能(実施例2) 61-packet receiver (Example 2)
62 使用帯域測定機能S01 アプリケーションからの入力データS02 コネクション確立要求メッセージS03 コネクション確立指示メッセージS04 データ送信指示信号S05 パケットS06 使用帯域通知信号S07 ブロック伝送状態遷移信号S08 使用帯域情報信号S21 パケットデータ要求信号S31 接続要求受信通知信号S32 送信中送信局識別子信号S41 送信局識別子監視信号S51 接続要求受信通知信号S52 使用帯域通知信号S61 パケット受信間隔監視信号 62 using the input data S02 connection establishment request from the band measurement function S01 application message S03 connection establishment indication message S04 data transmission instruction signal S05 packet S06 using band notification signal S07 block transmission state transition signal S08 using band information signal S21 packet data request signal S31 connection request reception notification signal S32 transmitted station identifier signal transmitting S41 transmission station identifier monitoring signal S51 connection request reception notification signal S52 used band notification signal S61 packet reception interval monitor signal

Claims (8)

  1. データ送信局と、データ受信局と、前記データ送信局からのデータを前記データ受信局に伝送するデータ伝送チャネルとを含むデータ転送装置において、 And a data transmitting station, and a data receiving station, the data transfer apparatus and a data transmission channel for transmitting data from the data transmitting station to the data receiving station,
    前記データ送信局は、 Wherein the data transmitting station,
    該データ送信局から前記データ受信局へのデータ転送に先だってデータ転送用コネクション確立のための接続要求を行うコネクション確立要求手段と、 A connection establishment request means for performing a connection request for a prior data transfer connection establishment to transfer data from the data transmitting station to the data receiving station,
    該コネクション確立要求手段によって確立されたコネクションに基づき、前記データ受信局に対してデータを送信するデータ送信手段とを有し、 Based on the connection established by the connection establishment request unit, and a data transmission means for transmitting data to the data receiving station,
    前記データ受信局は、 Wherein the data receiving station,
    前記データ伝送チャネルを介して転送されるデータを監視し、ブロック伝送であるか否かを判定するブロック伝送監視手段と、 Monitoring the data transferred via the data transmission channel, and block transmission monitoring means for determining whether a block transmission,
    前記データ送信局からの前記コネクション確立要求に対して、前記ブロック伝送監視手段により監視される前記データ伝送チャネル上のブロック伝送実施状況に基づいて、コネクション確立受諾の可否を判断し、前記データ送信局に対して該コネクション確立の可否を通知するコネクション確立指示手段と、 To the connection establishment request from the data transmitting station, based on the block transmission implementation on the data transmission channel monitored by the block transmission monitoring means determines whether the connection establishment acceptance, the data transmission station a connection establishment instruction means for notifying whether the connection established for,
    を有することを特徴とするデータ転送装置。 Data transfer apparatus characterized by having a.
  2. 前記データ受信局における前記コネクション確立指示手段は、前記データ伝送チャネルにおいてブロック伝送が実行中である場合に、前記データ送信局からのコネクション確立要求を拒否する構成を有することを特徴とする請求項1記載のデータ転送装置。 The connection establishment instruction means in the data receiving station, according to claim 1 which block transmission in the data transmission channel when it is running, characterized by having a refuse constitutes a connection establishment request from the data transmission station data transfer apparatus according.
  3. 前記データ受信局は、データ送信局の識別子と該送信局との接続状態とを対応付けたテーブルを有し、該テーブルに基づいて、前記データ伝送チャネルにおいてブロック伝送の実施状況を判定することを特徴とする請求項1記載のデータ転送装置。 The data receiving station has a table associating a connection between the identifier and the transmitting station of the data transmission station, based on the table, to determine the implementation of the block transmitted in the data transmission channel data transfer apparatus according to claim 1, wherein.
  4. 前記データ受信局は、 Wherein the data receiving station,
    受信中のデータ・パケット・トラフィックによる前記データ伝送チャネルの使用帯域を測定する使用帯域測定手段を有し、 Has used bandwidth measuring means for measuring the bandwidth used for the data transmission channel by the data packet traffic being received,
    前記コネクション確立指示手段は、 The connection establishment instruction means,
    前記使用帯域測定手段により測定された前記データ伝送チャネルの使用帯域と、前記データ送信局からの前記コネクション確立要求に基づくデータ転送の推定使用帯域との総和を算出し、該総和が前記伝送チヤネルの帯域を超えない場合は、前記コネクション確立要求を受諾し、該総和が前記伝送チヤネルの帯域を超える場合は、前記コネクション確立要求を拒否する構成を有することを特徴とする請求項1記載のデータ転送装置。 The use band of the data transmission channel measured by said used bandwidth measuring means, said calculating the sum of the estimated bandwidth used for data transfer based on the connection establishment request from the data transmitting station, said total sum of the transmission channel does not exceed the bandwidth is to accept the connection establishment request, if said total sum exceeds the bandwidth of the transmission channel, the data transfer according to claim 1, characterized in that it has a rejecting constituting the connection establishment request apparatus.
  5. 前記データ受信局は、データ送信局の識別子と該送信局からの過去のデータ送信時の使用帯域とを対応付けたテーブルを有し、該テーブルに基づいて、前記送信局からのコネクション確立要求に基づくデータ転送の推定使用帯域を求めることを特徴とする請求項4記載のデータ転送装置。 The data receiving station has a table associating a used bandwidth during past data transmission from the identifier and the transmitting station of the data transmission station, based on the table, the connection establishment request from the transmitting station data transfer apparatus according to claim 4, wherein the determining an estimated bandwidth used for data transfer based.
  6. データ送信局と、データ受信局と、前記データ送信局からのデータを前記データ受信局に伝送するデータ伝送チャネルとを含むデータ転送装置におけるデータ転送方法において、 And a data transmitting station, and a data receiving station, the data transfer method in the data transfer apparatus and a data transmission channel for transmitting data to the data receiving station from the data transmission station,
    前記データ送信局から前記データ受信局へのデータ転送に先だってデータ転送用コネクション確立のための接続要求を行うコネクション確立要求ステップと、 A connection establishment request step of making a connection request for a prior data transfer connection establishment data transfer from the data transmitting station to the data receiving station,
    前記データ受信局において前記データ伝送チャネルを介して転送されるデータを監視し、ブロック伝送であるか否かを判定するブロック伝送監視ステップと、 Via said data transmission channel to monitor the data to be transferred, a block transmission monitoring step of determining whether a block transmitted in the data receiving station,
    前記データ送信局からの前記コネクション確立要求に対して、前記ブロック伝送監視ステップにおいて検出される前記データ伝送チャネル上のブロック伝送実施状況に基づいて、コネクション確立受諾の可否を前記データ受信局において判断し、前記データ送信局に対して該コネクション確立の可否を通知するコネクション確立指示ステップと、 To the connection establishment request from the data transmitting station, based on the block transmission implementation on the data transmission channel to be detected in the block transmission monitoring step determines whether connection establishment acceptance in the data receiving station a connection establishment instruction step of notifying whether of the connection establishment to the data transmission station,
    前記コネクション確立指示ステップによって確立されたコネクションに基づき、前記データ受信局に対してデータを送信するデータ送信ステップと、 Based on the connection established by the connection establishment instruction step, a data transmission step of transmitting the data to the data receiving station,
    を有することを特徴とするデータ転送方法。 Data transfer method and having a.
  7. 前記データ受信局における前記コネクション確立指示ステップは、前記データ伝送チャネルにおいてブロック伝送が実行中である場合に、前記データ送信局からのコネクション確立要求の拒否を実行することを特徴とする請求項6記載のデータ転送方法。 The connection establishment instruction step in the data receiving station, the in the data transmission channel when block transmission is running, according to claim 6, wherein the performing the rejection of the connection establishment request from the data transmission station the method of data transfer.
  8. 前記データ受信局は、受信中のデータ・パケット・トラフィックによる前記データ伝送チャネルの使用帯域を測定する使用帯域測定ステップを有し、 The data receiving station has a use bandwidth measurement step of measuring the bandwidth used for the data transmission channel by the data packet traffic being received,
    前記コネクション確立指示ステップは、前記使用帯域測定ステップにより測定された前記データ伝送チャネルの使用帯域と、前記データ送信局からの前記コネクション確立要求に基づくデータ転送の推定使用帯域との総和を算出し、該総和が前記伝送チヤネルの帯域を超えない場合は、前記コネクション確立要求を受諾し、該総和が前記伝送チヤネルの帯域を超える場合は、前記コネクション確立要求を拒否することを特徴とする請求項6記載のデータ転送方法。 The connection establishment instruction step calculates a used band of said data transmission channel measured by said use band measuring step, the sum of the estimated bandwidth used for data transfer based on the connection establishment request from the data transmission station, If said total sum does not exceed the bandwidth of the transmission channel, claim to accept the connection establishment request, if said total sum exceeds the bandwidth of the transmission channel, characterized in that it rejects the connection establishment request 6 data transfer method as claimed.
JP14410197A 1997-06-02 1997-06-02 How the data transfer apparatus and a data transfer Expired - Fee Related JP3627444B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14410197A JP3627444B2 (en) 1997-06-02 1997-06-02 How the data transfer apparatus and a data transfer

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14410197A JP3627444B2 (en) 1997-06-02 1997-06-02 How the data transfer apparatus and a data transfer

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10336240A true JPH10336240A (en) 1998-12-18
JP3627444B2 true JP3627444B2 (en) 2005-03-09

Family

ID=15354225

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14410197A Expired - Fee Related JP3627444B2 (en) 1997-06-02 1997-06-02 How the data transfer apparatus and a data transfer

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3627444B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3116860B2 (en) 1997-06-05 2000-12-11 日本電気株式会社 Data processing apparatus, data processing system, data processing method, an information storage medium
JP4588201B2 (en) * 1999-11-29 2010-11-24 パナソニック株式会社 Wireless communication system

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH10336240A (en) 1998-12-18 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5668951A (en) Avoiding congestion system for reducing traffic load on selected end systems which utilizing above their allocated fair shares to optimize throughput at intermediate node
US6882623B1 (en) Multi-level scheduling method for multiplexing packets in a communications network
US5694390A (en) Method and apparatus for controlling congestion in communication network
KR0150275B1 (en) Congestion control method for multicast communication
US4707828A (en) Multiaccess communication system
US5014265A (en) Method and apparatus for congestion control in a data network
US5448559A (en) ATM communication system with interrogation of output port servers for available handing capacity
US6252849B1 (en) Flow control using output port buffer allocation
US6728270B1 (en) Scheduling and admission control of packet data traffic
US6594234B1 (en) System and method for scheduling traffic for different classes of service
US6594279B1 (en) Method and apparatus for transporting IP datagrams over synchronous optical networks at guaranteed quality of service
US6745246B1 (en) Apparatus and method in a network switch for modifying a bandwidth request between a requestor and a router
US6538989B1 (en) Packet network
US20060182119A1 (en) System and method for realizing the resource distribution in the communication network
US6535482B1 (en) Congestion notification from router
US20100088437A1 (en) Infiniband adaptive congestion control adaptive marking rate
US20020118641A1 (en) Communication device and method, and system
US6704932B1 (en) Multi-access communication system and uplink band allocating method
EP0487235A2 (en) Bandwidth and congestion management in accessing broadband ISDN networks
US6625118B1 (en) Receiver based congestion control
US6078564A (en) System for improving data throughput of a TCP/IP network connection with slow return channel
US6788697B1 (en) Buffer management scheme employing dynamic thresholds
US20050249114A1 (en) Method and device of dynamic resource allocation in a wireless network
US7359321B1 (en) Systems and methods for selectively performing explicit congestion notification
US6765868B1 (en) System and method for large file transfers in packet networks

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20041112

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041116

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20041129

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071217

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081217

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101217

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees