JP3627380B2 - Disk today body management system - Google Patents

Disk today body management system Download PDF

Info

Publication number
JP3627380B2
JP3627380B2 JP15069496A JP15069496A JP3627380B2 JP 3627380 B2 JP3627380 B2 JP 3627380B2 JP 15069496 A JP15069496 A JP 15069496A JP 15069496 A JP15069496 A JP 15069496A JP 3627380 B2 JP3627380 B2 JP 3627380B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
disk
today
body
raid
number
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP15069496A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH09330184A (en )
Inventor
育哉 八木沢
泰典 兼田
高 大枝
聖志 本田
直人 松並
敬史 荒川
雅弘 高野
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は主としてRAID型ディスクアレイシステムを備えた計算機システムの複数のディスク装置とその格納きょう体の管理方法の技術に関する。 The present invention is primarily a plurality of disk devices of a computer system with a RAID-type disk array system and technique of how to manage its storage today body.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
計算機のファイルシステムの高性能化、高信頼化を実現する技術としてRAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)が知られている。 The performance of the computer file system, RAID (Redundant Arrays of Inexpensive Disks) is known as a technique to achieve high reliability. RAIDは複数のディスク装置を接続し、データのほかにパリティと呼ぶ冗長データを複数のディスク装置のうちの1台、もしくは、全ディスク装置に分散させて格納し、万一、1台のディスク装置が故障してもこのパリティと他の正常なディスク装置に格納するデータから故障したディスク装置の格納していたデータを復元することができ、高性能化を実現する。 RAID connects a plurality of disk devices, one of the plurality of disk devices redundant data called a parity to other data, or stores is dispersed in the entire disk apparatus, event, one disk device There can restore the data that has been stored in the disk device failed even when a failure from the data stored in the parity and other normal disk device, to realize high performance. また、複数のディスク装置を並列に動作させることができるので、単体のディスク装置に比べ最大、ディスク台数倍の高性能化を実現する。 Further, it is possible to operate a plurality of disk devices in parallel, to achieve the maximum, the disc table several times higher performance compared to a single disk device.
【0003】 [0003]
RAIDはホスト計算機と同一のきょう体に格納したり、ホスト計算機とは別のディスクきょう体に格納したりする。 RAID or stored in today of same host computer, or stored in another disk today body of the host computer. パーソナルコンピュータ(以下PCと呼ぶ)や、ワークステーション(以下WSと呼ぶ)等の小型計算機にRAIDを搭載する場合、ディスク装置が5台など少ない場合にはホストきょう体に格納することが多いが、それ以上のディスク台数になると専用のディスクきょう体が用いられることが多い。 A personal computer (hereinafter referred to as PC) or when mounting the RAID workstation (hereinafter referred to as WS) Small Computer etc., is often stored in the host today body when the disk device is small such as five, a dedicated disk today body become more disk number is often used. 特に、計算機の高性能化による処理能力の向上にともなうデータ増大、クライアント−サーバシステム(以下CSSと呼ぶ)の普及によるサーバへのデータ一極集中、さらに、動画像等マルティメディアデータの使用のようにRAIDに格納するデータ量は飛躍的に増加している。 In particular, computer data increases due to increased processing capacity by high performance, the client - the data over-concentration to the server by the spread of the server system (hereinafter referred to as CSS), further, as the use of the moving image such as multimedia data amount of data to be stored in the RAID has increased dramatically. その結果、RAIDのディスク装置台数は年々多数になっており、これらを格納するディスクきょう体も必然的に複数台が必要になってくる。 As a result, the disk device number of RAID has become a large number year by year, disks today body to store these also come inevitably become necessary plurality.
【0004】 [0004]
RAIDは故障したディスク装置を交換するにあたり、ホスト計算機やRAID装置の電源を切らずに交換する活線挿抜を行うことが多く、この場合、ディスクきょう体には、故障したディスク装置はどれか、また、RAIDとして組み込まれているディスク装置はどれかなどをユーザに視角的に知らせるためのLED等の表示手段や、ユーザにより故障ディスク装置が抜かれ、新しいディスク装置が挿入されたことを検出するための手段を設ける。 Upon RAID to replace the failed disk device, it is often to perform live insertion to be replaced without powering down the host computer and RAID device, in this case, the disk today body, Which failed disk device, Moreover, and display means such as LED for informing the viewing angle manner and to the user any disk drive that is incorporated as a RAID, the failed disk device is disconnected by the user, since the new disk device is detected to be inserted providing a means. また、ディスクきょう体の故障はRAIDシステムそのものの停止につながるので、これを避けるため、きょう体内部の電源や冷却用のFANなどが故障したことを検出する手段や、きょう体内部の温度を監視する手段等を設ける。 Further, since the failure of the disk today body leads to stoppage of the RAID system itself, in order to avoid this, and means for detecting the like FAN for power and cooling of today internalization fails, monitors the temperature of the today internalization the means or the like to be provided. 本発明ではこれらの表示手段、各検出/管理手段を総称して「ディスクきょう体管理手段」と呼ぶことにする。 In the present invention these display means are generically each detection / management unit is referred to as "disk today member management means".
【0005】 [0005]
ディスクきょう体管理手段の従来の技術として、米CONNER社が発行する「SCSI Accessed Fault−Tolerant(SAF−TE)Enclosures White Paper」がある。 As a conventional technology of disk today body management means, the United States CONNER the company issued a "SCSI Accessed Fault-Tolerant (SAF-TE) Enclosures White Paper". 同技術は、ディスクきょう体中のディスクきょう体管理手段を一つのSCSIデバイスとして実現したものである。 This technology is one that achieves disk today member management means of the disk today in the body as a SCSI device. このSAF−TEは、故障したディスク装置をしめすLEDや、きょう体内部のFAN、電源の故障を検出することができ、ホストからのSCSIコマンドによる要求に応じLEDの点灯/消灯制御や、FAN/電源の状態を通知することができる。 The SAF-TE is, LED and to show the failed disk device, FAN today internalization, it is possible to detect a failure of power supply, LED on / off control of the response to the request by the SCSI command from the host, FAN / it can be notified of the status of the power supply.
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
従来技術によればディスクきょう体管理手段をSCSIの一つのデバイスとして実現しているのでSCSI型ディスク装置を用いてRAIDを構築する際にはRAIDの制御を行う手段とディスクきょう体のインターフェース(以下I/Fと略記)に特別な専用配線が不要になるという効果がある。 It means a disk today of an interface for control of the RAID in creating a RAID with SCSI disk device since, according to the prior art is realized disks today member management means as SCSI one device (hereinafter special dedicated wiring to the I / F for short) is there is an effect that is not necessary.
【0007】 [0007]
しかし、SCSIはプロトコルが複雑なのでその制御には専用のI/Fコントローラとプロトコル解析用のプロセッサが必要であり高価なシステムになってしまうという問題がある。 However, SCSI is a problem that the protocol is so complicated in its control requires processor for analysis dedicated I / F controllers and protocols becomes expensive system. さらに、回路の価格のみならずそのプロセッサ用のプログラムも規模が大きく、開発工数も大きく、その結果高価格なシステムになってしまうという問題がある。 In addition, the program is also a large scale for the price not only the processor of the circuit, the number of development steps is large, there is a problem that becomes the result a high-priced system.
【0008】 [0008]
さらに、ディスクきょう体に複数のSCSIを接続した場合、1台のディスクきょう体を管理するためにSCSI本数分の管理プロセッサが必要になり、コストが大幅にあがるという問題がある。 Furthermore, when connecting a plurality of SCSI to the disk today body, it requires management processor of SCSI number fraction to manage a single disk today body, there is a problem that the cost is increased considerably.
【0009】 [0009]
さらに、同一SCSIで複数のディスクきょう体にまたがって接続するような場合、SCSIからは故障したディスク装置が複数のきょう体のうちどちらにあるか認識できないので、ディスク装置の故障を知らせるLEDを対象きょう体において正確に点灯することができないという問題がある。 Further, when such connecting across multiple disks today body at the same SCSI, since the disk device failed from SCSI is not recognized either on whether certain of the plurality of today body target LED to inform the failure of the disk device there is a problem that can not be lit correctly in today body.
【0010】 [0010]
さらに、ディスクきょう体とホストを接続する複数本のSCSIケーブルを正しく接続しないと、間違って正常なディスク装置に対応する故障通知用LEDを点灯させてしまい、その表示をもとにユーザがディスクを交換すると、正常なディスク装置を抜き去ってしまいその結果データを喪失してしまうという問題がある。 Furthermore, unless properly connected a plurality of SCSI cable for connecting the disks today body and host, wrong cause by lighting the failure notification LED corresponding to the normal disk device, the disk user based on the display When replacement, there is a problem that loss of the result data would be retracted away normal disk device.
【0011】 [0011]
さらに、SCSI以外のI/Fをもつディスク装置をもちいたRAIDシステムには適用できないという問題がある。 Further, the RAID system using the disk device having the I / F other than SCSI can not be applied.
【0012】 [0012]
本発明の目的は、多数のディスク装置を複数台のディスクきょう体に搭載してRAIDシステムを構築する際に、1台のディスクきょう体に複数のディスクI/Fを接続したり、1本のディスクI/Fを複数のディスクきょう体に接続したりするような様々な構成を自由にとりながら、適切なきょう体管理、LED設定を実現する方法を提供することである。 An object of the present invention, when constructing the RAID system equipped with a plurality of disk devices in a plurality of disks today body, or to connect a plurality of disk I / F to today one disk body, one while free to take a variety of configurations, such as to attach the disk I / F into a plurality of disks today body is to provide a method of realizing an appropriate today body management, LED setting.
【0013】 [0013]
本発明の第二の目的は、ディスク装置をどのディスクきょう体のどの位置にでも搭載でき、どのような場所にあるディスク装置をもってしてもRAIDを構築できるような、自由度が高く、ユーザにとって負担の少ないRAIDを構成するディスク装置の管理の方法を提供することである。 A second object of the present invention, can be installed at any position of which disk today member disk device, that allows build RAID even with a disk device in any location, high degree of freedom, for the user it is to provide a method for managing the disk drives constituting less RAID burden.
【0014】 [0014]
本発明の第三の目的は、低価格なディスクきょう体を管理する方法を提供することである。 A third object of the present invention is to provide a method for managing an inexpensive disks today body.
【0015】 [0015]
本発明の第四の目的は、様々なディスクI/Fに対応した汎用性の高いディスクきょう体を管理する方法を提供することである。 A fourth object of the present invention is to provide a method of managing a versatile disks today body for a variety of disk I / F.
【0016】 [0016]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記の目的を実現するために、本発明のホスト計算機に、RAID制御手段と、RAID制御プログラムを設け、上記RAID制御手段にはきょう体管理バスを制御するきょう体管理バス制御手段を設ける。 To achieve the above object, the host computer of the present invention, a RAID control unit, provided the RAID control program, in the above RAID controller provided today member management bus control means for controlling the today member management bus. また、ホスト計算機とディスクきょう体との間にあるきょう体管理バスを設ける。 Further, provided today member management bus located between the host computer and the disk today body. また、ディスク装置には上記RAID制御プログラムが決定するディスク装置固有なID番号を登録する手段を設ける。 Further, in the disk device provided with means for registering the disk device unique ID number that the RAID control program determines. また、ディスクきょう体には、きょう体内部の様々な故障監視や、ディスク挿抜検出や、故障等の表示用LED(表示手段)を制御し、かつきょう体管理バスを経由しホスト計算機との間でデータ通信を行うきょう体管理手段と、ディスク装置の動作を抑止するディスク抑止手段と、きょう体に格納されているディスク装置が有する固有のID番号を登録しておくID登録手段とを設ける。 Also, the disk today body, and various fault monitoring today internalization, disk insertion detection and controls the display LED of failure or the like (display means), and via today member management bus between the host computer in providing a day body managing means for performing data communication, a disk inhibiting means for inhibiting the operation of the disk device, and ID registration means for registering the unique ID number with the disk device is stored in today body.
【0017】 [0017]
ホスト計算機のRAID制御手段は複数のディスクI/Fをもち、RAIDを構築する多数のディスク装置とのデータ転送を行う。 RAID controller of the host computer has a plurality of disk I / F, performs data transfer with a large number of disk devices to build RAID. また、RAID制御手段に設けたきょう体バス制御手段はRAID制御プログラムの指令に従い、きょう体管理バスを通じて、ディスクきょう体のきょう体管理手段にコマンドを送信し、きょう体管理データの送受信を行う。 Further in accordance with a command today body bus control means RAID control program provided in the RAID control unit, through today member management bus, it sends commands to today member management means of the disk today body, transmits and receives today member management data. ディスクきょう体のきょう体管理手段は受信したコマンドに応答し、様々なきょう体の管理情報(電源、FAN、温度、ディスクの挿抜検出、等)をホストに送信する。 Today body managing means disks today body responds to the received command, and transmits the management information for various today body (power, FAN, temperature, insertion and extraction detecting disk, etc.) to the host. さらにきょう体管理手段は、きょう体内部で発生した故障をホストに知らせるため割り込みを発行し、ホストに通知する。 Furthermore Today body managing means issues an interrupt to notify the failure that occurred in today internalization host, the host is notified. 以上のようにRAID制御手段(RAID制御プログラム)とディスクきょう体は相互に通信を行いきょう体の管理を行うことができる。 Or RAID controller (RAID control program) as the disk today body can be performed today bodies manage to communicate with each other.
【0018】 [0018]
また、RAID制御プログラムがディスク装置に設定した固有ID番号は、ディスクI/F番号やディスクきょう体番号やきょう体への格納場所等の位置情報や、ディスクきょう体のディスク本数やディスクI/Fが何台のディスクきょう体にまたがっているか等の構成情報にも依存せず一意にディスク装置を特定する。 Also, unique ID numbers RAID control program set in the disk apparatus, the disk I / F number and or location information of the storage location or the like of the disk today member numbers and today the body, the disc number of the disc today body and disk I / F but uniquely identify the disk device does not depend on the configuration information, such as whether across many disks today body. ディスク抑止手段は選択的にディスク装置を有効/無効に制御することができる。 Disk inhibition means can be enabled / disabled control selectively the disk device. RAID制御プログラムは各ディスク筐体毎にディスク装置を抑止しながら一本ずつディスクI/F上のディスク装置を検査し、各ディスク筐体が搭載しているディスク装置の有無を特定し、その固有ID番号を獲得する。 RAID control program checks the disk device of the disk I / F one by one while suppressing the disk device for each disk enclosure to identify the presence or absence of a disk device in which each disk enclosure are mounted, the unique to obtain the ID number. さらにRAID制御プログラムは上記きょう体管理バスのコマンドによりディスクきょう体に格納するディスク装置の固有IDをID登録手段に格納する。 Furthermore RAID control program stored in the ID registration means the unique ID of the disk device that stores the disk today member by the today member management bus commands. きょう体管理手段はホストから固有ID番号を指定されると、ID登録手段を参照することでそのディスクきょう体が当該ディスク装置を格納しているか否かを特定することができる。 If today member management means is designated a unique ID number from the host, it is possible that disk today body by referring to the ID registration means for specifying whether to store the disk device. RAID制御プログラムはディスク筐体の固有ID番号を登録したあとは、ディスク装置の故障LEDや、ディスク装置がRAIDの一部であることを示すLEDを、ディスク装置の位置や接続形態を一切考慮することなく点灯制御する事ができる。 RAID control program after registering the unique ID number of the disk enclosure, fault LED and the disk device, the LED indicating that the disk device is part of a RAID, consider any position and connection of the disk device it can be lighting control without.
【0019】 [0019]
また、ディスク装置が抜かれた際にもそのディスク装置を固有IDでホストに通知するので、同じくディスク装置の位置や接続形態を一切考慮することなく正しくディスク装置の抜去を検出できる。 Further, since notifies the disk device even when the disk device is withdrawn to the host unique ID, it can also detect the removal of the properly disk device without considering any position and connection of the disk device.
【0020】 [0020]
さらに、ユーザはディスク装置の格納位置を一切考慮する必要がなく、また、構成を自由に帰ることができるのでRAIDを構成し、運用する際の自由度が大幅に広がる。 Furthermore, the user does not need to consider any storage position of the disk device, also constitute a RAID it is possible to go free configuration, flexibility in operation to spread significantly.
【0021】 [0021]
また、きょう体管理手段は、いかなるディスク台数、ディスクI/F構成を取っていても各ディスクきょう体に唯一つのみしか存在せず、また、きょう体管理に特化した専用の簡単な処理を行うのでその回路規模は小さく、プログラムも簡単なので、安価なシステムを構築できる。 Moreover, today member management means, any number of disks, take the disk I / F configuration also exist only only only one on each disk today bodies, also a simple processing of only specific to today member management the circuit scale is small is performed, since the program is also simple, can build an inexpensive system.
【0022】 [0022]
また、ディスクI/Fとは別のきょう体管理専用のI/Fを用いるので、ディスクI/Fには全く依存しない汎用性の高いディスクきょう体を管理する方法が提供できる。 Further, since the disk I / F using the I / F of another today member management only, a method of managing versatile disks today body not at all dependent on the disk I / F can be provided.
【0023】 [0023]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明の第一の実施例を説明する。 Explaining a first embodiment of the present invention. はじめに構成を説明する。 First, explaining the configuration. 図1は本発明の第一実施例のシステム構成図である。 Figure 1 is a system configuration diagram of a first embodiment of the present invention.
【0024】 [0024]
1はホスト計算機、2はホスト計算機内部に格納したRAID制御手段、3はディスクを格納するディスクきょう体であり、この図ではディスクきょう体3a,3bの2台がホスト計算機1に接続している。 1 host computer, 2 is RAID controller means for storing therein the host computer, 3 denotes a disk today body to store the disk, the disk today body 3a in this figure, two 3b is connected to the host computer 1 . 4はディスクインタフェースバス(以下ディスクI/Fバスと略記する)であり、ディスクきょう体3とRAID制御手段2とを接続し、コマンド、データの授受に使用する。 4 is a disk interface bus (hereinafter referred to as disk I / F bus) connects the disc today body 3 and the RAID control unit 2, the command is used to exchange data. この図ではRAID制御手段2と2個のディスクきょう体3a,3bとは各々別々のディスクI/Fバス4a,4bで接続している。 In this figure the RAID controller 2 two disks today body 3a, each separate disk I / F bus 4a and 3b, are connected by 4b. 5はきょう体管理バスであり、ディスクきょう体3とRAID制御手段2とを接続し、ディスクきょう体の管理情報の授受に使用する。 5 is today member management bus connects the disk today body 3 and the RAID control unit 2, used to exchange management information of the disk today body. この図ではRAID制御手段2と2個のディスクきょう体3a,3bは同一のきょう体管理バス5で接続している。 RAID controller 2 and two disc today body 3a in this figure, 3b are connected at the same today member management bus 5.
【0025】 [0025]
ホスト計算機1は、CPU(Central Processing Unit)101とメインメモリ102を備えこれらはローカルバス105で接続している。 The host computer 1 includes a CPU (Central Processing Unit) 101 and the main memory 102 and these are connected by local bus 105. また、I/O(Input/Output)転送を司るシステムバス104を備え、ローカルバス105とシステムバス制御手段103により接続している。 Further, a system bus 104 that controls the I / O (Input / Output) transfer, are connected by a local bus 105 and the system bus control unit 103.
【0026】 [0026]
RAID制御手段2は、本実施例ではホスト計算機に格納する拡張ボード型であり、システムバス104に接続する。 RAID controller 2 in this embodiment is an expansion board type to be stored in the host computer, connected to the system bus 104. 本実施例のRAID制御手段2はRAIDの管理、制御のためのプロセッサを持たず、ホスト計算機1のCPU101でRAID制御プログラム1000を実行することでRAID管理、制御を実現している。 RAID controller 2 of this embodiment does not have a processor for RAID management, control, RAID management by executing the RAID control program 1000 CPU101 of the host computer 1, it realizes a control. 同プログラム1000はOS(Operating System)がシステム管理を行う構造のPC/WSではデバイスドライバとよばれるOSの一部分として実現する。 The program 1000 is implemented as part of the OS OS (Operating System) is called the structure of the PC / WS In the device driver to perform system administration. RAID制御手段2内部には専用の内部バス204があり、この内部バス204にディスクI/Fバス制御手段202ときょう体管理バス制御手段203が接続し、システムバスI/F手段201を介しシステムバス104と接続する。 The internal RAID controller 2 has its own internal bus 204, a disk I / F bus control unit 202 Tokyo body management bus controller 203 is connected to the internal bus 204, the system via the system bus I / F unit 201 connected to the bus 104. この図では2個のディスクI/Fバス制御手段202a,202bを実装している。 Two disk I / F bus control unit 202a in this figure, have implemented 202b.
【0027】 [0027]
ディスクきょう体3は、内部に複数台のディスク装置302を搭載する。 Disk today body 3 is equipped with a plurality of disk devices 302 therein. この図では5台のディスク装置302aから302eを搭載している。 In this figure it is equipped with 302e from five disk device 302a. これらのディスク装置302はディスクI/Fバス4によりRAID制御手段2のディスクI/Fバス制御手段202に接続し、ディスクI/Fバス制御手段202から発行されるディスクコマンドにより制御される。 These disk device 302 is connected by the disk I / F bus 4 to the disk I / F bus control unit 202 of the RAID control unit 2, it is controlled by a disk command issued from the disk I / F bus control unit 202. ディスクきょう体3はきょう体管理手段301を搭載する。 Disk today body 3 equipped with today member management unit 301. 308は多重化した電源、309は多重化した空冷用のFANであり、電源異常監視手段304およびFAN異常監視手段305が電源、FANの異常を監視し、異常検出時にはきょう体管理手段301に通知する。 308 power supply multiplexed, 309 is a FAN air-cooling obtained by multiplexing, power source malfunction monitoring unit 304 and FAN abnormality monitoring unit 305 power monitors abnormality of FAN, when an abnormality detection notification to today member management means 301 to.
【0028】 [0028]
また、306は温度異常監視手段であり、きょう体内部の温度を監視し、異常検出時にはきょう体管理手段301に通知する。 Also, 306 is a temperature abnormality monitoring means to monitor the temperature of the today internalization, during the abnormality detection notifies the today member management unit 301. 307は表示手段であり、故障したディスク装置302を識別できるようにしたり、RAIDを構築するために使用されているディスク装置を識別できるようにしたり、ディスク装置の故障により失ったデータを再現している途中であることを識別できるようにしたり、電源や、FANや、温度等、ディスクきょう体3内部に異常が発生していることを識別できるようにするもので、LED等の素子により実現し、きょう体管理手段301が表示手段307を制御する。 307 is a display unit, or to identify the disk device 302 fails, or to identify the disk devices that are used to build a RAID, to reproduce the data lost due to a failure of the disk device or to be able to identify that it is a way are, or power, or FAN, those temperatures and the like, abnormal internal disk today body 3 to be able to identify what is happening, realized by an element such as an LED , today member management unit 301 controls the display unit 307. 311はディスク挿抜検出手段であり、故障したディスク装置の抜き取りや新規ディスク装置の挿入を検出しきょう体管理手段301に通知する。 311 is a disk insertion detecting means, notifies the insertion of extraction and new disk device failed disk device detection trial body managing means 301. 303はディスク抑止手段であり、きょう体管理手段301から制御されディスク装置302に動作を抑止する。 303 denotes a disk inhibition means, controlled from today member management unit 301 inhibits the operation in the disk device 302. 310は固有ID登録手段であり、ディスクきょう体3が格納するディスク装置302が保持する固有ID3020を登録する。 310 is a unique ID registration means registers the unique ID3020 disk device 302 to the disk today body 3 stores holds. なお、ディスク装置302の保持する固有IDはディスク装置固有の値であり、RAID制御手段2が設定する。 Incidentally, unique ID held by the disk device 302 is a disk device-specific value, sets the RAID control unit 2.
【0029】 [0029]
図2はきょう体管理バス4の一実施例である。 Figure 2 shows an embodiment of today member management bus 4. きょう体管理バス4はきょう体管理バス制御手段203により制御され、同バス4に各ディスクきょう体3のきょう体管理手段301が接続している。 Today body management bus 4 is controlled by the today member management bus control unit 203, today body managing means 301 of each disk today body 3 in the bus 4 is connected. 501はきょう体制御のためのコマンドや制御対象を特定するIDやきょう体の異常情報等のデータを転送するためのデータ信号Data、502はきょう体管理バス制御手段203ときょう体管理手段301間のデータの転送方向を制御するアウトプットイネーブル信号Outen、503はData501上のコマンド、ID、データをラッチするタイミングを指定するラッチイネーブル信号Laten、504はきょう体管理手段301からきょう体管理バス制御手段203に対して非同期イベントが発生したことを通知する割り込み信号Int、505はきょう体管理バス制御手段203がいずれか一台のディスクきょう体3を選択するためのきょう体選択信号Boxselである。 501 while the data signal Data, 502 today member management bus controller 203 Tokyo body managing means 301 for transferring the data of the abnormality information of the ID and today member that identifies the command and control target for the today object control the output enable signal for controlling the direction of data transfer Outen, 503 command on Data501, ID, latch enable signal designating a timing of latching data LATEN, 504 today member management bus controller from today member management means 301 an interrupt signal notifying that the asynchronous event has occurred with respect to 203 Int, 505 is today member selection signal Boxsel for selecting today member management bus control unit 203 is a single one disc today body 3. なお、Data501は双方向な複数のビット幅で構成される共有信号である。 Incidentally, Data501 is shared signal composed of a bidirectional multiple bit widths. Boxsel505はきょう体管理バス制御手段203からきょう体管理手段301への片方向単線非共有信号できょう体台数本必要である。 Boxsel505 is today member number is present requires a one-way single-line non-shared signal from today member management bus control unit 203 to today member management unit 301. この図ではディスクきょう体が2台あるので、Boxsel_a,Boxsel_bの2本が必要である。 Since this figure disk today body is two, Boxsel_a, are required two Boxsel_b. その他の信号は、Outen502がきょう体管理バス制御手段203からきょう体管理手段301への片方向単線共有信号、Laten503が双方向単線共有信号、Intがきょう体管理手段301からきょう体管理バス制御手段203への片方向単線共有信号である。 Other signals, Outen502 is unidirectional single wire shared signal from today member management bus control unit 203 to today member management unit 301, Laten503 bidirectional single wire shared signal, Int is today member management bus controller from today member management means 301 is a one-way single line shared signal to the 203.
【0030】 [0030]
次に動作を項目にわけて説明する。 Then divided the work item will be described.
【0031】 [0031]
1. 1. ホストとディスクきょう体の通信の方法ディスクきょう体3とホスト1(すなわちRAID制御プログラム1000)が通信をする方法には大きく分けて次の2種類がある。 Today methods disc hosts and disks today of communication body 3 and the host 1 (i.e. RAID control program 1000) is broadly divided into a method of communication there are two types.
【0032】 [0032]
(1)ホストからディスクきょう体へのコマンドの発行(以下、コマンド処理と呼ぶ) (1) issuing a command from the host to the disk Today body (hereinafter, referred to as command processing)
表示手段の制御要求、ディスクきょう体のレスポンス要求、ディスクきょう体の持つ情報の送信要求、ディスク装置の抑止要求、 Control request of the display means, the disk today body response request, the transmission request of the information possessed by the disk today body, suppression request of the disk device,
等のコマンドをホストが発行し、ディスクきょう体がそのコマンドを処理する。 Commands etc. issued by the host, the disk today body processes the command.
【0033】 [0033]
(2)ディスクきょう体からホストへの割り込みの発行(以下、割り込み処理と呼ぶ) (2) the issuance of interrupts from the disk today the body to the host (hereinafter, referred to as interrupt processing)
ディスクきょう体からホストに対し通知したいことがある場合に、ディスクきょう体がホストに対し割り込みを発行。 When the disk today body may want to notify the host, it issues an interrupt disc today body to the host. ホストは必要な情報を獲得するため(1)のコマンドを発行し情報を獲得する。 The host issues a command for (1) acquiring information necessary to acquire information. 電源異常検出、FAN異常検出、温度異常検出、ディスク装置挿抜検出により割り込みを発行する。 Power failure detection, FAN abnormality detection, temperature abnormality detection, to issue an interrupt by the disk device insertion detection.
【0034】 [0034]
はじめに(1)コマンド処理の動作について説明する。 Introduction (1) for the operation of the command processing will be described. 表1に本発明のコマンド例を一覧に示す。 Table 1 shows the commands of the present invention to the list.
【0035】 [0035]
【表1】 [Table 1]
【0036】 [0036]
ホスト1のRAID制御プログラム1000はディスクきょう体3に対してコマンドを発行する際、RAID制御手段2内のきょう体管理バス制御手段に、ディスクきょう体番号と、対象装置/手段のID(ディスク装置の固有ID、電源番号、FAN番号、きょう体チャネル番号、等)と、Dataを設定し、コマンドを設定することでコマンド発行制御が開始する。 When RAID control program 1000 of the host 1 to issue a command to disk today the body 3, in today member management bus controller in a RAID controller 2, the disc and today body number, the target device / means ID (disk device unique ID, source ID, FAN number, today body channel number, and the like), set the Data, command issue control starts by setting the command. ここで、きょう体チャネル番号とは、1台のディスクきょう体がディスクI/Fバスを複数本保持する場合に、そのホストがディスクI/Fバスを管理するためにつけた番号とは別に、ディスクきょう体自体がそのバスに番号をつけて管理することができるように設けるものである。 Here, the today body channel number, if the disk today of one to a plurality of holding the disk I / F bus, apart from that host gave to manage disk I / F bus number, disk one in which today body itself is provided so as to be able to manage with the number on the bus. これは、ディスクきょう体はホストがつけたディスクI/Fバスの番号を知る必要がないためであり、単に複数あるうちのいずれかを特定できればよいということである。 This disc today body is because it is not necessary to know the disk I / F number of the bus by the host wearing, but merely that it suffices identify any of that plurality. また、表1のコマンド一覧に示す「応答きょう体」欄の「全きょう体」のコマンドはきょう体番号をすべて指定して発行してもよいし、全く指定せず同コマンドを発行した際にはすべてのディスクきょう体が応答するように構成してもよい。 Also, to show the command listed in Table 1 command of "all today" of "response today body" column may be issued by specifying all of today body number, when you issue the same command without any specified may be configured such that all of the disks today body responds. ここでは前者の方法で全ディスクきょう体を指定することとして説明を続ける。 Here, the description will be continued as to specify an entire disk today body in the former method.
【0037】 [0037]
コマンドを起動すると、指定したディスクきょう体3の番号に対応したBoxsel信号505がアクティブになり、対応するきょう体管理手段301が選択される。 When you start command, Boxsel signal 505 corresponding to the number of today the specified disk body 3 is activated, the corresponding today member managing unit 301 is selected. そして図3に示すように、きょう体管理バス5には、コマンド、IDが順次あらわれ、次にデータが送受信される。 Then, as shown in FIG. 3, the today member management bus 5, command, ID successively appeared, then the data is transmitted and received. もし、きょう体管理バス制御手段203(すなわちホスト1)がコマンド、ID、データを送信する際にはきょう体管理バス5のOuten502をアクティブ(L)にし、データの有効区間を示すLatenをアクティブ(L)にする。 If today member management bus control unit 203 (i.e. host 1) command, ID, a Outen502 today member management bus 5 when transmitting the data to activate (L), the Laten indicating the valid interval of the data active ( to L). また、データを受信する際にはきょう体管理バス制御手段203はOutenをディスエーブル(H)にし、きょう体管理手段301(すなわちディスクきょう体3)がデータとLaten503をアクティブにする。 Moreover, today member management bus control unit 203 when receiving data is disabled (H) a Outen, today member managing unit 301 (i.e. disc today body 3) activates the data and Laten503. この間Intはディスエーブル(H)である。 During this time Int is disabled (H). ここで、本明細書では値を特に指定しないが、Data501のビット数、および、コマンド、ID、データの送受信数は設計に応じて自由に選べる。 Here, although not particularly specify a value in this specification, the number of bits of Data501, and the command, ID, reception number data choose freely according to the design. すなわち、コマンドの数、ディスク装置の固有IDのビット数、送受信したいデータの量に依存した値を選択すればよい。 That is, the number of commands, the number of bits of the unique ID of a disk device, may be selected value dependent on the amount of data to be transmitted and received.
【0038】 [0038]
次に(2)割り込み処理の動作について説明する。 Then (2) the operation of the interrupt processing is described. ディスクきょう体3は、きょう体内部の異常等、ホスト1に通知したい事項があるとき、きょう体管理バス5のInt信号504をアクティブにする。 Disk today body 3, abnormality today internalization, when there is a matter to be notified to the host 1, to activate the Int signal 504 today member management bus 5. きょう体管理バス制御手段203はこれを受信し、CPU1に割り込みを発行し、RAID制御プログラム1000はこれを認識する。 Today body management bus control unit 203 receives this and issues an interrupt to CPU 1, RAID control program 1000 recognizes this. 同プログラム1000は、上記(1)コマンド処理の手順でディスクきょう体ステータス要求コマンドを全ディスクきょう体3に対して発行する。 The program 1000 issues, to the (1) command processing sequence all disks today body 3 disks today member status request command in the. Int信号を送出したディスクきょう体は割り込み要因を特定するための「割り込みステータス」データを送信し、このデータの送信とともにInt信号504をDisableにする。 Disk today body that dispatched Int signal transmits a "interrupt status" data for specifying the interrupt factor, the Int signal 504 together with the transmission of this data to Disable. またInt信号504を送信していないディスクきょう体は「割り込み未発行ステータス」データを送信する。 The disc today member not transmitting Int signal 504 transmits an "interrupt unissued status" data. また、複数のディスクきょう体がほぼ同時に割り込みを発行した際には、RAID制御プログラム1000は順次割り込み処理を行う。 Further, when a plurality of disks today body has issued almost simultaneously interrupts, RAID control program 1000 performs sequential interrupt processing. 割り込みステータスを送信するまではInt信号504をアクティブに維持するように構成する必要がある。 Before sending interrupt status it should be configured to maintain Int signal 504 active. 以上によりRAID制御プログラム1000は割り込みを発行したディスクきょう体3とその要因を特定する事ができ、電源、FAN、温度、各ステータス要求コマンド、もしくは挿抜ディスク固有ID送信要求コマンドを発行することでさらに詳細な処理を行うことができる。 Thus RAID control program 1000 can be identified issued disc today body 3 and the cause of the interrupt, power, FAN, temperature, further by issuing the status request command or insertion disc unique ID transmission request command, it is possible to perform detailed processing.
【0039】 [0039]
以上でホスト1のRAID制御手段2と、複数台のディスクきょう体3との通信の方法の説明を終わる。 More than a RAID controller 2 of the host 1, completes the description of the method of communication with a plurality of disks today body 3.
【0040】 [0040]
2. 2. ディスク装置の固有IDの設定とディスクきょう体との関連づけの方法多数のディスク装置を用いRAIDを構築する場合、必然的に複数台のディスクきょう体を用いることになるが、この際、RAIDの使用者がディスク装置の格納位置(ディスクきょう体の物理位置、ディスクきょう体の番号、ディスクきょう体への搭載位置)や、ディスク装置のIDを知らなくてはならないのは非常に不便であるとともに、万一、搭載位置を間違えたことによりデータを喪失してしまう危険もある。 When building a RAID using the method multiple disk devices associated with the unique ID of the set and the disk today body of the disk device, but will be used inevitably plurality of disks today body, this time, the use of RAID 's storage location of the disk device (disk today of physical location, disks today body number, the mounting position of the disk today body) and, together with the must know the ID of the disk device is very inconvenient, Should, there is also a danger of a loss of data by the wrong mounting position. また、ディスク台数が多くなると構成するRAIDも1系統だけではなく複数系統をもたせ、その1系統枚にディスク装置の台数や、RAIDレベルや、ストライプと呼ぶデータの分配単位を変えるようにできるとべんりである。 Also, remembering a plurality of systems rather than RAID also only one system constituting the disc number increases, the number and the disk device in one system Like its, RAID level and, if possible to vary the distribution unit of data called a stripe convenient it is. その際にもディスク装置やディスクきょう体の番号や位置を特定するのは困難になる。 In that case it becomes difficult to identify the number and position of the disk device and disk today body also.
【0041】 [0041]
以上のように、ディスクきょう体やディスク装置の番号や位置を使用者が認識せずにRAIDを使用するようにすることは、データの安全性の向上、および使い勝手の向上の両面において非常に重要であり、これが本発明の主目的である。 As described above, it is adapted to use a RAID without recognizing the user a number and position of the disk today body and the disk device are very important in both increased data safety, and usability of , and the it is the main object of the present invention.
【0042】 [0042]
そこで、本発明は使用者が設定によることなくディスク装置とディスクきょう体を関連づけ、RAIDプログラムが複数台のRAIDきょう体を含めたすべてのRAID構成を管理する方法を提供する。 Accordingly, the present invention is associated with a disk drive and disk today body without user by setting, to provide a method of RAID program to manage all RAID configuration including a plurality of RAID today body.
【0043】 [0043]
上記目的を実現する技術課題は、故障したディスク装置等を示すLED(表示手段)307を如何にして制御するかということである。 Technology to achieve the above object problem is whether to control the failed LED (display means) for indicating the disk device or the like 307 how to to the. すなわち、ディスク装置はディスクI/Fバス番号と、そのバス上でのデバイス番号で特定できるが、各ディスク装置に対応するLEDはディスクI/Fバス4とは別のきょう体管理バス5経由で制御するため、このディスクI/Fバス番号とデバイス番号による特定方法を使用することはできない。 That is, the disk apparatus and disk I / F bus number, can be identified by its device number on the bus, LED for each disk device via today member management bus 5 separate from the disk I / F bus 4 to control, it is impossible to use a specific method according to the disk I / F bus number and device number. そこで、新たな方法が必要になる。 Therefore, it is necessary to new ways.
【0044】 [0044]
ここで、ディスク装置に固有のID番号を設ける。 Here, providing a unique ID number to the disk device. これはこれまでの説明で「固有ID」として述べてきたものである。 This is what has been described as "unique ID" in the description of the past. RAID制御プログラム1000は、RAIDを構成するために使用するディスク装置すべてにRAIDの系統を示す番号とディスク装置固有のID3020を登録する。 RAID control program 1000 registers the number and the disk device specific ID3020 to all disk devices indicating the RAID strains used to construct the RAID. RAIDを構成するディスク装置であれば必ず少なくとも一台の他のディスク装置と同一のRAID系統番号とディスク装置固有の固有IDを有する。 Having a RAID system number and the disk device specific unique ID always identical to at least a single other disk drive if the disk device constituting the RAID. このようなディスク装置をRAID構築ディスクと呼ぶ。 Such a disk device is referred to as a RAID build disk. もし、固有IDを持たないディスクが存在すればそのディスクは新規に搭載されたディスク装置であることを示す。 If the disk if there is a disk without a specific ID indicates that a disk device mounted on the new. また、固有IDは有するがディスク装置に登録されたRAID系統番号が存在しないディスク装置は、以前、異なるRAIDで使用されたディスク装置であり、デー内容は全く無効であることを示す。 Although a unique ID disk device no RAID system number registered in the disk apparatus, previously, a disk device used in the different RAID, indicating that data contents are completely ineffective. これら両者のディスク装置をOLDディスクと呼ぶことにする。 These both disk apparatus will be referred to as OLD disk. OLDディスク装置を検出したらRAIDプログラム1000はRAID系統番号を初期化し、適当な固有IDを割り当てる。 RAID program 1000 upon detecting OLD disk device initializes the RAID system number is assigned an appropriate unique ID. この固有IDは有するがRAID系統番号を有さないディスク装置をSPAREディスクと呼ぶ。 This unique ID has called a disk device without the RAID system number and SPARE disk. すなわち、以降、あるRAIDを構築するディスク装置が一台故障した際にデータを復元するための予備として使用できるディスク装置である。 That is, since a disk device that can be used as a spare for restoring the data when the disk drive has failed single building a certain RAID. この時にはRAIDの系統番号を与えRAID構築ディスクとして使用する。 This time is used as a RAID build disk given line number of the RAID.
【0045】 [0045]
本発明では固有IDの設定の方法は詳細を述べないが、その方法例として、固有IDを設定した日時と使用者による任意値もしくは登録に使用したホストのネットワークアドレスやシリアル番号等を組み合わせて利用する方法が考えられる。 How unique ID setting in the present invention is not to mention details, use thereof as a method example, a combination of network address or serial number of the host used for any value or registration by date and the user set the unique ID how to can be considered. これにより完全な一意性が保証される固有IDを設定できる。 Thereby setting a unique ID that complete uniqueness is guaranteed. また、必ずしも厳密な一意性を気にする必要がない場合もあり得るので、このときにはRAIDプログラムが乱数や日時データ等を利用して任意値を与えてもよい。 Moreover, since there may be a case it is not always necessary to worry about the exact uniqueness may provide any value RAID program by using a random number, date and time data or the like in this case. 前記の方法ではある程度のビット数が必要であり、このビット数を少なくしたいときには後述の方法で近似的な固有ID値を利用すればよい。 Wherein a is a method requires a certain number of bits, it may be utilized approximate unique ID value by the method described below when you wish to reduce the number of bits.
【0046】 [0046]
ここで、きょう体管理バス5を用いてディスク装置を特定するLEDを制御するために上記のディスク装置の固有IDをディスクきょう体に登録する方法を提供する。 Here, a method of registering a unique ID of the disk apparatus in order to control the LED to identify the disk devices in the disk today body using today member management bus 5.
【0047】 [0047]
はじめに、ディスクきょう体がディスク装置のデバイス番号とその位置を特定できている場合を説明する。 First, the case where the disk today body is able to identify the device number and the position of the disk device. ディスクきょう体がディスクのデバイス番号とその位置を特定できない場合の方法は後述する。 Method when the disk today body is unable to identify the device number and the position of the disk will be described later. たとえば、ディスク装置を搭載するとそのデバイス番号が決定するように構成することができる。 For example, it can be configured to when mounting the disk device the device ID is determined. ディスクI/FバスとしてSCSIバスを用いた場合、SCSI IDデバイス番号になるが、搭載位置により一意にSCSI IDをディスク装置に設定することが可能である。 When using the SCSI bus as a disk I / F bus, but becomes SCSI ID device number, it is possible to set a unique SCSI ID by loading position to the disk device. この場合、ディスクきょう体は一意にデバイス番号とその位置を特定できることになる(ただし依然ディスクI/Fバス番号は特定できない)。 In this case, the disk today body will be able to identify uniquely the device number and the location (although still Disk I / F bus number can not be specified). ディスクI/FバスがIDEバスの場合はディスク装置毎に選択信号があるので、これによりデバイス番号と位置を特定できる。 Since the disk I / F bus in the case of IDE bus is selective signal for each disk device, thereby specifying the position and device number. 別の方法として、ディスクきょう体がディスク装置からデバイス番号を取り出す方法もある。 Alternatively, there is a method of disk today body taken out device number from the disk device. この場合にはディスク装置にデバイス番号を送出するような手段を設ける必要がある。 It is necessary to provide a means to deliver the device number to the disk apparatus in this case.
【0048】 [0048]
また、RAID制御プログラム1000はディスクI/Fバス4の本数を知っているものとする。 Also, RAID control program 1000 is assumed to know the number of disk I / F bus 4. これはRAID制御手段にとうさいするディスクI/Fバス制御手段202の数そのものであるので容易に獲得できる。 This can be easily acquired because the number itself of the disk I / F bus control unit 202 installed in the RAID controller.
【0049】 [0049]
図4にディスクきょう体に固有IDを登録する方法のフローチャートを示す。 4 the disk today body shows a flow chart of a method of registering a unique ID. ここで、ディスクきょう体に接続しているディスクI/Fバスの数とその番号を区別するため、単に数を示すときはきょう体チャネル番号と言葉を変えて表現する。 Here, in order to distinguish the disc I / F number and the number of buses connected to the disk today body, just when indicating the number representing changing the today body channel number and words.
【0050】 [0050]
まず、全接続しうるすべてのディスクきょう体3のすべてのきょう体チャネルに接続するディスク装置を動作できないように、RAIDプログラム1000はきょう体チャネルDisable要求コマンドを発行する(2002)。 First, as can not operate the disk drive to be connected to all of today body channels of all disks today body 3 which can be all connections, RAID program 1000 issues a today body channel Disable request command (2002). ディスクきょう体3のきょう体管理手段301は同コマンドを受信するとディスク抑止手段303を制御し、対象きょう体チャネルに接続する全ディスク装置の動作を抑止する。 Today body managing means 301 of the disk today body 3 controls the disk inhibition means 303 receives the same command, to inhibit operation of the entire disk device connected to the target today body channel. 次に上記プログラム1000はディスクきょう体(図中Boxと略記)。 Then the program 1000 is a disk today body (figure Box abbreviated). 番号=i(=0)を選択する(2003)。 To select a number = i (= 0) (2003). このBox=iに対しディスクきょう体レスポンス要求コマンドを発行する(2004)。 The Box = i for issuing a disk today body response request command (2004). もし適切な応答があればBox=iのディスクきょう体は接続されていることになる(2005)。 If there is an appropriate response Box = i disks today of will be connected (2005). もし応答がなければi++とし、次のディスクきょう体番号を調査する(2020)。 If there is no response and i ++, to investigate the next disc today body number (2020). 応答があった場合、プログラム1000はきょう体(Box)チャネル数要求コマンドを発行しその値を獲得する(2006)。 If there is a response, the program 1000 acquires its value by issuing the today member (Box) number of channels request command (2006). ついで上記プログラム1000はきょう体(Box)チャネル=n(=0)を選択し、このチャネル=nに対しきょう体チャネルEnable要求コマンドを発行する(2007)。 Then the program 1000 selects today member (Box) channel = n (= 0), with respect to this channel = n to issue today body channel Enable request command (2007). これにより選択されたディスクきょう体=iのチャネル=nのディスク装置を動作可能になるようにきょう体管理手段301はディスク抑止手段303を制御する。 Thus, as will enable the disk drive channel = n of the selected disk today body = i today member management unit 301 controls the disk deterrent 303. 次に上記プログラムはディスクI/Fバス=j上のすべてのディスク装置=kの存在と固有ID3020の有無を調査する(2008〜2014)。 Then the program is to investigate the presence or absence of a specific ID3020 all disk units = k on the disk I / F bus = j (2008~2014). もしディスク装置=kからの応答があり、かつ固有ID3020が登録されていればそのディスク装置はRAID構築ディスクである。 If there is a response from the disk device = k, and the disk device if the unique ID3020 is registered it is RAID construction disk. もしくはOLDディスク、もしくはSPAREディスクである。 Or is an OLD disk or SPARE disk,. そこでこの固有IDをディスクきょう体に登録するため、固有ID登録要求コマンドを発行しディスクきょう体=iにディスク装置のデバイス番号とともに固有IDを送信する(2012)。 So for registering the unique ID to disk today body issues a unique ID registration request command and transmits the unique ID with the device number of the disk device to the disk today body = i (2012). ディスクきょう体=iのきょう体管理手段301はこれを受信し、選択されているきょう体(Box)チャネル=nのデバイス番号と関連づけてID登録手段310にこの固有IDを登録する。 Today body managing means 301 of the disk today body = i receives this, registers the unique ID in association with the device ID in the ID registration unit 310 of today member (Box) channel = n is selected. もし、ディスク装置がOLDもしくはSPAREであり、固有IDが変更された際にはそれに同期させてディスクきょう体に登録した固有IDも一旦削除し、新規の固有IDを登録する(図示せず)。 If a disk device OLD or SPARE, unique ID registered in synchronization with it to disk today body when the unique ID is changed also delete temporarily registers a new unique ID (not shown).
【0051】 [0051]
以上の処理を全ディスクきょう体の全きょう体(Box)チャネル毎に繰り返すことにより(2017〜2021)、各ディスクきょう体3のID登録手段310には搭載しているディスク装置302の固有ID3020がディスクきょう体チャネル番号とデバイス番号に関連づけられながら登録されることになる。 All today of the above process all disks today member (Box) by repeating for each channel (2017 to 2021), unique ID3020 disk device 302 that is mounted on the ID registration means 310 of each disk today body 3 It will be registered while being associated with the disk today body channel number and device number.
【0052】 [0052]
最後にすべてのディスクきょう体のすべてのきょう体(Box)チャネルに接続されたディスク装置をEnableにする(2022)。 Finally all today of all disks today body (Box) disk device connected to the channel to Enable (2022).
【0053】 [0053]
以上によりディスク装置の固有IDの設定とディスクきょう体との関連づけが終了する。 Associated with the unique ID of the set and the disk today body of the disk device is completed by the above.
【0054】 [0054]
ここで、ディスク抑止手段303の具体的な実現例を説明する。 Here, a specific implementation of a disk deterrent 303. ディスク装置の動作を抑止するには様々な方法がある。 To suppress the operation of the disk device There are various ways. 第一の実現方法は、ディスク装置にResetを入力する方法である。 The first implementation is a method of inputting the Reset the disk device. たとえばディスク装置がSCSI接続型の場合、SCSIバスにはReset信号があるので、各ディスク装置にReset信号を入力することでこの間ディスク装置は動作する事ができない。 For example, if the disk device is a SCSI-connected, since the SCSI bus is the Reset signal, during which the disk apparatus by inputting the Reset signal to the respective disk devices can not be operated.
【0055】 [0055]
第二の方法はディスクI/Fバスを閉鎖する方法である。 The second method is a method of closing the disk I / F bus. ディスクI/Fバスのディスクきょう体での接続口にバッファ回路を設け、このバッファをEnable/Disable制御すればよい。 The buffer circuit is provided to the connection port of the disk today of disk I / F bus, the buffer may be Enable / Disable Control.
【0056】 [0056]
第三の方法はディスク装置への電源供給を遮断する方法である。 A third method is to cut off the power supply to the disk device. ディスク装置への電源線を電気的にOn/Offするスイッチを設け、これを制御する。 Electrically providing a switch for On / Off power line to the disk device and controls it.
【0057】 [0057]
どの方法を選択するかはディスク装置の種類、ディスクI/Fバスの種類、ディスク装置の初期化時間等の考慮の上、最適な方法を選択すればよい。 Type of which method to choose the disk device, the disk I / F bus types, in consideration of the initialization time of the disk device, may be selected an optimum way.
【0058】 [0058]
また、もし、ディスクきょう体がディスクのデバイス番号とその位置を特定できない場合には上記の方法を拡張して容易に構成することができる。 Further, If the disc today body is unable to identify the device number and the position of the disk can be easily configured by extending the methods described above. すなわち、上記の方法ではきょう体チャネル毎にディスク装置の動作を抑止したが、これをディスク装置のデバイス番号毎にディスク装置を抑止するように変更すればよい。 That is, in the above-described method abrogated the operation of the disk device for each day body channels, which may be modified to suppress the disk device to each device number of the disk device. ただし、この方法では1台のディスク装置を抑止した状態ですべての存在しうるディスクきょう体に対しすべてのディスクI/Fバス毎にすべての存在しうるディスク装置台数回の調査を実施する必要があり時間がかかるので、システム中のディスクきょう体台数、ディスク装置台数により上記の方法との選択が必要になる。 However, this method needs to implement all of the disk I / F All that can exist disk apparatus stand several surveys every bus for all that can exist disks today body while suppressing the one disk device since there is a time-consuming, disk today member number in the system, comprised by the disk device number requires selection of the above methods.
【0059】 [0059]
3. 3. ディスク装置を特定するLED(表示手段)の制御方法次にディスク装置を特定するLED等の表示手段の制御方法を示す。 Illustrating a method for controlling the display means such as LED for identifying the disk device control method next LED (display means) for identifying the disk device. 2. 2. により各ディスクきょう体は搭載するディスク装置の固有IDを登録しているので固有IDを指定してすべてのディスクきょう体を一度に指定して一度だけLED制御要求コマンドを発行すればその固有IDを保持しているディスクきょう体がそのディスク装置を格納している位置にあるLEDを点灯、消灯、点滅の制御を行うことができる。 The unique ID if issue all disks today body specified LED control request only once the command at a time by specifying the unique ID because it registers the unique ID of a disk device each disk today body to be mounted by the LED in the position disk today body held is storing the disk device on, off, it is possible to control the blinking.
【0060】 [0060]
より詳細にきょう体管理バス5の動作で説明すると、まず、全Boxsel信号505をアクティブにし、ついでLED制御コマンドを送信し、ついでディスク装置の固有IDを送信し、最後にFailureLEDなのかOnlineLEDなのか、そして点灯なのか消灯なのか点滅なのかを示すデータを送信する。 To describe in more detail the operation of today member management bus 5, first, the total Boxsel signal 505 is active, then transmits the LED control command, then transmits the unique ID of a disk device, or finally FailureLED of the or OnlineLED of the and it transmits the data indicating the lighting of the off of the flashing of the whether. Data信号501のビット幅に応じて、コマンド、固有ID、データは何度かに分けて送信する必要があるかもしれない。 In accordance with the bit width of the Data signal 501, command, specific ID, the data may need to be transmitted is divided into several times. これは設計に依存するのでこれ以上は説明しないが容易に実現可能である。 This is more can be easily realized will not be described because it depends on the design.
【0061】 [0061]
以上の構成、動作により、本発明によれば、ディスクI/Fバスの本数やディスクきょう体やディスク装置の台数、およびその物理的位置をいっさい気にすることなく希望する台数、構成によりRAIDを構築することができるという効果がある。 With the above-described structure and operation, according to the present invention, the number of disk I / F bus number and disk today body and disk device, and the number of desired without worrying about any of its physical location, the RAID the configuration there is an effect that can be constructed.
【0062】 [0062]
さらに本発明によれば正しくディスク装置の位置をRAID制御プログラムが認識することができるので誤接続による謝ったディスク装置の交換によるデータ喪失等の危険を一切なくすことができ安全性が向上するという効果がある。 Effect that improved safety can be eliminated any risk of data loss due exchange apologized disk apparatus according to still position the erroneous because it can RAID control program recognizes connection correctly disk apparatus according to the present invention there is.
【0063】 [0063]
さらに本発明によればディスク装置が故障した際にディスクきょう体番号やディスク装置の位置に関わらず正確に故障したディスク装置に対応するLEDを点灯する事ができ、誤点灯による謝ったディスク装置の交換によるデータ喪失等の危険を一切なくすことができ安全性が向上するという効果がある。 Further according to the present invention can be lit LED corresponding to the disk device failed accurately regardless of the position of the disk today body number and the disk device when the disk device has failed, the apologized disk apparatus of erroneous lighting there is an effect that it is possible safety can be improved to eliminate any risk of data loss due exchange.
【0064】 [0064]
さらに本発明によればディスクきょう体とディスクI/Fバスの接続自由度が増すので、価格や必要な性能に応じて自由に構成を選ぶことができるという効果がある。 Since further connected freedom disks today body and disk I / F bus, according to the present invention is increased, there is an effect that it is possible to choose freely configured according to the price and required performance.
【0065】 [0065]
さらに本発明によれば、ディスクきょう体の管理専用にディスクI/Fバスのデバイスを設ける必要がないので安価にディスクきょう体管理機能を構築できるという効果がある。 Further according to the invention, there is an effect that it is not necessary to provide a disk I / F bus device management dedicated disks today member can be constructed at low cost disk today member management.
【0066】 [0066]
本発明の第二の実施例を説明する。 Illustrating a second embodiment of the present invention. 第一の実施例のディスク抑止手段303の代わりに、ディスク装置の動作をモニタするディスクモニタ手段311を設ける。 Instead of a disk inhibiting means 303 of the first embodiment, provided with a disk monitoring means 311 for monitoring the operation of the disk device.
【0067】 [0067]
方針は、各ディスクきょう体のきょう体チャネル番号とディスクI/Fバス番号の関連づけである。 Policy is associated with today body channel number and the disk I / F bus number of each disk today body. あるディスクI/Fバス番号を指定しディスクきょう体に通知する。 Specify a certain disk I / F bus number to notify the disk today body. その後に、そのバス上のディスク装置をアクセスする。 Then, to access the disk devices on the bus. もし、そのアクセスしたディスク装置があるディスクきょう体に存在するならばディスクモニタ手段311はこれを検出し、そのディスクI/Fバス番号を特定することができる。 If it is possible that if access disk apparatus is present in a disk today body disk monitoring means 311 detects this, identifying the disk I / F bus number. きょう体管理手段301はID登録手段310にディスクI/Fバス番号と、ディスク装置のデバイス番号を登録しておく。 And disk I / F bus number in today member management means 301 ID registration unit 310, registers the device number of the disk device. LEDを点灯する際には、RAID制御プログラム1000はディスクI/Fバス番号とディスク装置のデバイス番号を直接指定することでLEDの制御を行うことができる。 When lighting the LED is, RAID control program 1000 can perform LED control by specifying a device number of the disk I / F bus number and the disk device directly.
【0068】 [0068]
なお、関連づけやLEDの点灯に際してはディスクきょう体番号をRAID制御プログラムは特定している必要がなく、すべてのディスクきょう体を一度に選択すればよい。 Incidentally, it is not necessary to have identified the RAID control program disks today member number upon lighting of the association or LED, all disks today body may be selected at a time.
【0069】 [0069]
また、第一実施例に同様にディスクの固有IDとの関連づけをディスクきょう体に施すこともできる。 It is also possible to apply similarly the association between the unique ID of the disk to a disk today member in the first embodiment. 調査のためのディスクアクセスの際に固有IDをリードするようにし、固有IDを発見したらそのIDを第一実施例同様ディスクきょう体に送信すればよい。 So as to read the unique ID in the disk access for investigation, may transmit its ID if you find a unique ID in the first embodiment similarly disks today body. ディスクきょう体はディスクI/Fバス番号とディスク装置のデバイス番号を認識しているので、それに対応つけて固有IDをID登録手段310に登録する。 Since disk today body recognizes the device number of the disk I / F bus number and the disk device, it registers the unique ID in the ID registration unit 310 in association therewith.
【0070】 [0070]
この方法により、第一実施例同様固有IDのみを指定することでLEDの点灯制御を行うことができる。 By this method, it is possible to carry out the LED lighting control by specifying only the first embodiment similarly unique ID.
【0071】 [0071]
以上、第二の実施例によれば第一の実施例同様の効果を得ることができる。 Above, it is possible to obtain the first embodiment the same effect according to the second embodiment.
【0072】 [0072]
実施例では、RAID制御をホストCPUで実行するRAID制御プログラムにて行うことを前提にして説明したが、もちろんそのほかの構成においても実現可能である。 In the embodiment it has been described on the assumption that performed by RAID control program for executing the RAID control by the host CPU, of course also be realized in other configurations. たとえば、RAID制御手段2の上に専用のプロセッサが搭載した構成の場合、その上で実施例同様にRAID制御プログラムを動作させることができる。 For example, in the case of the configuration mounted with processor dedicated on the RAID controller 2, it is possible to operate the examples likewise RAID control program thereon.
【0073】 [0073]
また、RAID制御手段2がホスト内部に格納されている場合を実施例では説明したが、RAID制御手段がホストの外部にあり、両者がバスで接続されているような場合にも、このRAID制御手段には専用のプロセッサが搭載されるので、その上で実施例同様にRAID制御プログラムを動作させることができる。 Although RAID controller 2 has been described in the case of the embodiment which is stored in the internal host, there RAID control means external to the host, even if both like are connected by a bus, the RAID control since the unit is mounted a dedicated processor, it is possible to operate the examples likewise RAID control program thereon.
【0074】 [0074]
よって、どちらのRAID制御方法においても本発明は適用可能である。 Accordingly, the present invention in both the RAID control methods can be applied.
【0075】 [0075]
また、きょう体管理バス5はパラレル構成のバスとして説明したが、これはシリアルケーブルでもかまわない。 Also, today member management bus 5 has been described as a bus of the parallel arrangement, which may be a serial cable. この場合、図3に示すコマンド、ID、データは一つのパケットとしてまとめられる。 In this case, the command shown in FIG. 3, ID, data are grouped as one packet. きょう体管理バス制御手段203およびきょう体管理手段301にパラレル−シリアル変換手段、およびシリアル−パラレル変換手段を設ければ後は全く同一の構成で本発明を実現できる。 Parallel to today member management bus control unit 203 and today member managing unit 301 - the invention can be implemented in exactly the same configuration after be provided parallel conversion means - serial converting means, and serial.
【0076】 [0076]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によれば、ディスクI/Fバスの本数やディスクきょう体やディスク装置の台数、およびその物理的位置をいっさい気にすることなく希望する台数、構成によりRAIDを構築することができるという効果がある。 According to the present invention, the number of desired without worrying about any number, and the physical location of the disk I / F bus number and disk today body and the disk device, the effect of being able to construct a RAID the configuration there is.
【0077】 [0077]
さらに本発明によれば正しくディスク装置の位置をRAID制御プログラムが認識することができるので誤接続による謝ったディスク装置の交換によるデータ喪失等の危険を一切なくすことができ安全性が向上するという効果がある。 Effect that improved safety can be eliminated any risk of data loss due exchange apologized disk apparatus according to still position the erroneous because it can RAID control program recognizes connection correctly disk apparatus according to the present invention there is.
【0078】 [0078]
さらに本発明によればディスク装置が故障した際にディスクきょう体番号やディスク装置の位置に関わらず正確に故障したディスク装置に対応するLEDを点灯する事ができ、誤点灯による謝ったディスク装置の交換によるデータ喪失等の危険を一切なくすことができ安全性が向上するという効果がある。 Further according to the present invention can be lit LED corresponding to the disk device failed accurately regardless of the position of the disk today body number and the disk device when the disk device has failed, the apologized disk apparatus of erroneous lighting there is an effect that it is possible safety can be improved to eliminate any risk of data loss due exchange.
【0079】 [0079]
さらに本発明によればディスクきょう体とディスクI/Fバスの接続自由度が増すので、価格や必要な性能に応じて自由に構成を選ぶことができるという効果がある。 Since further connected freedom disks today body and disk I / F bus, according to the present invention is increased, there is an effect that it is possible to choose freely configured according to the price and required performance.
【0080】 [0080]
さらに本発明によれば、ディスクきょう体の管理専用にディスクI/Fバスのデバイスを設ける必要がないので安価にディスクきょう体管理機構を構築できるという効果がある。 Further according to the invention, there is an effect that it is not necessary to provide a disk I / F bus device management dedicated disks today member can be constructed at low cost disk today member management mechanism.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の第一の実施例のシステムのブロック図。 Block diagram of the system of the first embodiment of the present invention; FIG.
【図2】本発明のきょう体管理バスのブロック図。 FIG. 2 is a block diagram of today body management bus of the present invention.
【図3】本発明のきょう体管理バスの動作の説明図。 Figure 3 is an explanatory diagram of the operation of today member management bus of the present invention.
【図4】本発明の第一の実施例のフローチャート。 Flow chart of the first embodiment of the present invention; FIG.
【図5】本発明のRAID制御手段とディスクきょう体の接続形態のブロック図。 FIG. 5 is a block diagram of a topology of the RAID control unit and the disk today of the present invention.
【図6】本発明の第二の実施例のシステムのブロック図。 Block diagram of the system of the second embodiment of the present invention; FIG.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1…ホスト計算機、 1 ... host computer,
2…RAID制御手段、 2 ... RAID control means,
3…ディスクきょう体、 3 ... disk today body,
4…ディスクI/Fバス、 4 ... disk I / F bus,
5…きょう体管理バス、 5 ... Today body management bus,
203…きょう体管理バス制御手段、 203 ... Today body management bus control means,
301…きょう体管理手段、 301 ... Today body management means,
303…ディスク抑止手段、 303 ... disk deterrence means,
1000…RAID制御プログラム、 1000 ... RAID control program,
3020…ディスク固有ID。 3020 ... disk unique ID.

Claims (8)

  1. ホスト計算機と、前記ホスト計算機に接続される複数のディスク筐体とを有する計算機システムであって、 A computer system comprising a host computer and a plurality of disk housing is connected to the host computer,
    前記ホスト計算機は、制御装置を有し、 The host computer has a control unit,
    前記複数のディスク筐体は、各々、筐体管理装置と、 ID 登録装置と、表示装置と、複数のディスク装置とを有し、 Wherein the plurality of disk enclosures each have a housing management device, and the ID registration device, a display device, and a plurality of disk devices,
    前記筐体管理装置は、筐体管理バスにより、前記制御装置と接続されており、 The enclosure management device, the enclosure management bus, which is connected to the control device,
    前記複数のディスク装置各々は、ディスクインタフェースバスにより、前記制御装置と接続されており、 Wherein the plurality of disk devices each of the disk interface bus is connected to the control device,
    前記制御装置は、前記筐体管理バス経由で、ディスク筐体内に格納される複数のディスク装置各々の固有 ID を、該ディスク装置を有するディスク筐体の筐体管理装置に対して送信し、 Wherein the control device, via the housing management bus, a unique ID of a plurality of disk devices each to be stored in the disk enclosure, and transmitted to the enclosure management device of the disc housing with the disk device,
    前記筐体管理装置は、前記制御装置から送信された固有 ID を前記 ID 登録装置に登録し、 The enclosure management device registers the unique ID transmitted from the control device to the ID registration unit,
    ディスク装置各々に対応する前記表示装置内の LED を制御する際、 When controlling the LED in the display device corresponding to the disk device, respectively,
    前記制御装置は、前記複数のディスク筐体に、制御をしたいディスク装置の固有 ID を送信し、 The control device, the multiple disc housing and transmits the unique ID of a disk device to be controlled,
    前記複数のディスク筐体各々の筐体管理装置は、前記制御装置から固有 ID を受信し、 Wherein the plurality of disk enclosure each enclosure management device receives the unique ID from the control device,
    前記 ID 登録装置に登録されている固有 ID を参照し、 Referring to unique ID registered in the ID registration unit,
    前記制御装置から受信した固有 ID を前記 ID 登録装置が保持している場合に筐体管理装置が、前記制御装置から受信した固有 ID に対応する前記表示装置内の LED を制御することを特徴とする計算機システム。 And wherein the control device housing management device when the ID registration device unique ID received is held from controls the LED in the display device corresponding to the unique ID received from the control device computer system to be.
  2. 請求項1記載の計算機システムであって、 The computer system of claim 1, wherein,
    前記複数のディスク筐体は、各々、ディスク抑止装置を有し、 Wherein the plurality of disk enclosures each have a disk apparatus for suppressing,
    前記筐体管理装置は、前記ホスト計算機からの要求に基づき、前記ディスク抑止装置を制御して当該ディスク筐体が有するディスク装置を有効化することを特徴とする計算機システム。 The enclosure management device, a computer system, wherein the response to a request from the host computer, to enable disk device having the disk enclosure by controlling the disk deterrent device.
  3. 請求項2記載の計算機システムであって、 A computer system according to claim 2,
    前記制御装置は、前記筐体管理バス経由で、前記有効化されたディスク装置の固有IDを、ディスク装置を有効化したディスク抑止装置を有するディスク筐体の筐体管理装置に対して送信し、 Wherein the control device, via the housing management bus, a unique ID of the enabled disk device, transmitted to the enclosure management device of the disc housing with a disk apparatus for suppressing the enable disk device,
    前記筐体管理装置は、前記制御装置から送信された固有 ID を前記 ID 登録装置に登録することを特徴とする計算機システム。 The enclosure management device, computer system and registers the unique ID transmitted from the control device to the ID registration device.
  4. 請求項 1 記載の計算機システムであって、 The computer system of claim 1, wherein,
    前記ディスク装置の固有IDとして、固有 ID を設定した日時もしくは固有 ID の登録に使用したネットワークアドレスもしくはシリアル番号が使用されることを特徴とする計算機システム。 Computer system, wherein the as a unique ID of a disk device, a network address or serial number used to register the date and time or unique ID set unique ID is used.
  5. 請求項2記載の計算機システムであって、 A computer system according to claim 2,
    前記ディスク抑止装置は、前記制御装置からの命令に応じて、各ディスク装置にリセット信号を入力することで、ディスク筐体内の各ディスク装置の動作を制御することを特徴とする計算機システム。 Computer system said disk apparatus for suppressing, in response to a command from the control device, by inputting a reset signal to each disk device, characterized in that for controlling the operation of each disk device of the disk enclosure.
  6. 請求項2記載の計算機システムであって、 A computer system according to claim 2,
    前記ディスク筐体とディスクインタフェースバスとの接続部は、バッファ回路を有し、 Said disk housing and connection of the disk interface bus, a buffer circuit,
    前記ディスク抑止装置は、前記ホスト計算機から命令に応じて、前記バッファ回路を制御し、ディスク筐体内の各ディスク装置の動作を制御することを特徴とする計算機システム It said disk deterrent device, a computer system in response to a command from said host computer, said control buffer circuit, and controls the operation of each disk device of the disk enclosure.
  7. 請求項2記載の計算機システムであって、 A computer system according to claim 2,
    前記ディスク抑止装置は、各ディスク装置への電源供給を分断するスイッチを有し、前記制御装置からの命令に応じて、前記スイッチを制御し、ディスク筐体内のディスク装置の動作を制御すること特徴とする計算機システム。 Said disk suppression device includes a switch for cutting the power supply to the disk devices, in response to a command from the control device, characterized in that by controlling the switch, controls the operation of the disk housing of the disk device computer system with.
  8. 請求項1記載の計算機システムであって、 The computer system of claim 1, wherein,
    前記複数のディスク筐体は、各々、前記ディスク筐体内に格納されるディスク装置を検出するディスクモニタ装置を有することを特徴とする計算機システム。 Wherein the plurality of disk enclosures, each computer system characterized by having a disk monitor apparatus for detecting a disk device to be stored in the disk enclosure.
JP15069496A 1996-06-12 1996-06-12 Disk today body management system Expired - Fee Related JP3627380B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15069496A JP3627380B2 (en) 1996-06-12 1996-06-12 Disk today body management system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15069496A JP3627380B2 (en) 1996-06-12 1996-06-12 Disk today body management system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09330184A true JPH09330184A (en) 1997-12-22
JP3627380B2 true JP3627380B2 (en) 2005-03-09

Family

ID=15502405

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15069496A Expired - Fee Related JP3627380B2 (en) 1996-06-12 1996-06-12 Disk today body management system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3627380B2 (en)

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4633886B2 (en) * 2000-05-25 2011-02-23 株式会社日立製作所 Disk array device
JP4246979B2 (en) 2002-09-05 2009-04-02 株式会社日立製作所 Device management system
JP3788420B2 (en) 2002-11-26 2006-06-21 日本電気株式会社 rack
US7266638B2 (en) 2003-10-06 2007-09-04 Dell Products L.P. System, method and software for reporting logical volume information on network attached storage appliances
JP2005182245A (en) 2003-12-17 2005-07-07 Hitachi Ltd Connection support method for disk array device
JP4518541B2 (en) 2004-01-16 2010-08-04 株式会社日立製作所 Method of controlling a disk array device and disk array device
JP4844984B2 (en) * 2008-06-26 2011-12-28 Necフィールディング株式会社 Multiplexer, operating state display method for multiplexing apparatus, and operating state display control program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH09330184A (en) 1997-12-22 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4075693A (en) Configuration and control unit for a heterogeneous multi-system
US4677566A (en) Power control network for multiple digital modules
US5889935A (en) Disaster control features for remote data mirroring
US7103798B2 (en) Anomaly notification control in disk array
US4697232A (en) I/O device reconnection in a multiple-CPU, dynamic path allocation environment
US7013336B1 (en) Method and structure for efficiently retrieving status for SCSI accessed fault-tolerant enclosure (SAF-TE) systems
US6446141B1 (en) Storage server system including ranking of data source
US7546478B2 (en) Apparatus and method to provide power to a plurality of data storage devices disposed in a data storage system
US7111084B2 (en) Data storage network with host transparent failover controlled by host bus adapter
US20070220301A1 (en) Remote access control management module
US6985983B2 (en) Translating device adapter having a common command set for interfacing multiple types of redundant storage devices to a host processor
US20050050401A1 (en) Disk array system and fault information control method
US6246666B1 (en) Method and apparatus for controlling an input/output subsystem in a failed network server
US20040073816A1 (en) Cached field replaceable unit EEPROM data
US20040210795A1 (en) Data redundancy for writes using remote storage system cache memory
US20070294564A1 (en) High availability storage system
US6691209B1 (en) Topological data categorization and formatting for a mass storage system
US20030131068A1 (en) Distributed storage system, storage device and method of copying data
US6480934B1 (en) Storage control unit and method for handling data storage system using thereof
US6134668A (en) Method of selective independent powering of portion of computer system through remote interface from remote interface power supply
US20050080887A1 (en) Redundant management control arbitration system
US6931567B2 (en) Storage system
US20040139168A1 (en) SAN/NAS integrated storage system
US5935260A (en) Method and apparatus for providing system level errors in a large disk array storage system
US7068500B1 (en) Multi-drive hot plug drive carrier

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040621

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040817

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20041014

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041116

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20041129

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071217

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081217

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081217

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101217

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101217

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111217

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111217

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121217

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131217

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees