JP3583354B2 - 高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置 - Google Patents

高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3583354B2
JP3583354B2 JP2000206371A JP2000206371A JP3583354B2 JP 3583354 B2 JP3583354 B2 JP 3583354B2 JP 2000206371 A JP2000206371 A JP 2000206371A JP 2000206371 A JP2000206371 A JP 2000206371A JP 3583354 B2 JP3583354 B2 JP 3583354B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
furnace
furnace body
ring block
body ring
span
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000206371A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002020812A (ja
Inventor
昌男 藤田
啓孝 小島
克史 亀岡
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
JFE Steel Corp
JFE Denki Corp
Original Assignee
JFE Steel Corp
JFE Mechanical Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by JFE Steel Corp, JFE Mechanical Co Ltd filed Critical JFE Steel Corp
Priority to JP2000206371A priority Critical patent/JP3583354B2/ja
Publication of JP2002020812A publication Critical patent/JP2002020812A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3583354B2 publication Critical patent/JP3583354B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、高炉の既存炉体を解体し、また高炉炉体を再建する場合等に適用される高炉炉体を炉頂部から炉底部に分割した複数の炉体リングブロックを炉体基礎上に搬入、搬出するため昇降させる高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
従来、高炉炉体を構築するに当たっては、小ブロックに分割した炉体鉄皮を現地で溶接組立し、その後、炉体鉄皮内に400 〜600 枚のステーブを1枚ずつ取り込み、炉体鉄皮内の所定の位置に取り付け、炉内のれんが積みを行っていた。このため高炉改修には、100 〜130 日の作業期間を要していた。これに対していわゆる炉体リング大ブロック工法では、炉体を鉄皮、ステーブ、耐火物ごとリング状に解体し、組み立てについても事前に鉄皮、ステーブ、耐火物を数個のリング状に組み立て、リングブロック状で現地に搬送して組み立てるので70日以下の短期改修が可能になる。
【0003】
例えば、特公昭47−1846 号公報には、高炉を炉口部、炉胸部、朝顔部、炉床部等の炉体リングブロックに分割し、その分割した炉体リングブロックをそれぞれ高炉周辺の組み立て高さとほぼ同じ高さの足場上で構成し、各炉体リングブロック毎に移動用足場を用いて順次横方向へ移動して高炉基礎上に積み重ね、全体を結合して一体に構成する技術が開示されている。
【0004】
また、特公昭53−39322号公報では、高炉の基礎以外の場所で高炉を炉頂部から炉底部まで数個の炉体リングブロックに分けて予め組み立てておき、炉体支持柱の上に設けた高炉建設用の付設櫓を利用して、各炉体リングブロックをリフトアップ工法により炉頂部から炉底部まで順次組み立て、最後に炉底部を炉底盤ごとに高炉の基礎上に固定する方法が提案されている。
【0005】
一般に、高炉の炉体基礎部上端は高炉の規模にかかわらず通常4〜7m程度のレベルになる。これは高炉出銑口から流出する溶銑を勾配を有する出銑樋を介して、溶銑運搬用のトピードカーあるいは溶銑鍋等へ上方から流し込むため高炉の設置レベルを高くしておく必要があるからである。このため、炉体の各分割リングブロックは全て地上約7mの高さの架台上で組み立てる必要があり、架台が高価となるばかりでなく、高所作業を伴うので安全性の面から改善が要望されていた。
【0006】
炉体リングブロック工法により4000〜5000m の高炉を解体または建設を行う際、地上約7mレベルの炉体基礎部上を重さ1000〜2000t もある大重量の炉体リングブロックを移動させるには、炉体リングブロックを支持する高さ1〜2mの支持体が必要となる。高炉解体の場合、解体した炉体リングブロックを約7mの炉体基礎部上端レベルから高炉の基礎以外の場所に設けた低レベルの炉体解体場まで搬送し、また建設の場合、炉体地組場の低いレベルで新製作された炉体リングブロックを地上約7mのレベルを維持して炉体基礎部上へ移動させる必要があり、炉体リングブロックの昇降作業が不可欠となる。
【0007】
炉体リングブロックの搬送には、高さ約1.5 mの炉体用輸送台車を使用するが、炉体用輸送台車上への荷重分散用のパッキングビームを炉体用輸送台車上に上架しても炉体用輸送台車の高さは約3mにしかならない。このため、炉体基礎部の高さ7mとのレベル差4mを吸収する積み荷レベル調整架構を用いて高さを調整する必要がある。この積み荷レベル調整架構は解体する分割リングブロック数、新製作の炉体リングブロック数だけ必要となると共に、その上を炉体リングブロックが移動するため、全長にわたってその荷重に耐える剛性が必要である。そのため、炉体リングブロック工法は短期改修を可能とする工法ではあるが、積み荷レベル調整架構の製作費用が高いという問題点があった。
【0008】
このような問題点を解決するため、特開平10−102778 号公報には、炉外の適当な場所に炉体リングブロックを昇降させる吊換装置を設置し、解体時には高炉炉体基礎より高いレベルに合わせた積荷レベル調整用架構をセットした炉体用輸送台車上に炉体リングブロックを移して吊換装置まで輸送する。そして吊換装置により炉体リングブロックをいったん吊り上げ、台車から積荷レベル調整用架構を除去した後、炉体リングブロックを下降して、炉体用輸送台車に直接載せ、炉体リングブロックを解体場まで輸送する。一方、高炉の建設時には新製作の炉体リングブロックを低いレベルで地組みし、炉体リングブロックを炉体用輸送台車に載せて吊換装置まで輸送する。吊換装置により炉体リングブロックを吊り上げ、積荷レベル調整用架構をセットした炉体用輸送台車に載せて炉体基礎部まで搬送し、高炉の炉体基礎部上に移動する高炉炉体構築方法が開示されている。
【0009】
前記特開平10−102778 号公報に開示された高炉炉体構築方法では、図8の(A) 、(B) に示す構造の炉体用輸送台車を使用している。炉体用輸送台車1は、上面が平坦な長方形の台車本体2を備え、台車本体2の下部には空気を充填したタイヤ式の車輪3が多数配列されており、地面上を走行する。車軸上には油圧式の昇降シリンダ4が配設してあって台車本体2を昇降自在となし、また、各車輪3は水平旋回可能な構造を有している。このため炉体用輸送台車1は、車輪3を昇降シリンダ4部分を中心にそれぞれ旋回することにより移動方向を自由に変更できる。なお、符号5は昇降用支柱の支持レバーを示す。
【0010】
一方、図9の(A) 、(B) に示すように、吊換装置6は、地上に固定設置した平面長方形の4隅に配置された4本の支柱7と2本の水平ビーム8から構成され、2本の水平ビーム8は、支柱7のスパンの長い側の頂部にさし渡すように架設されている。支柱7の高さは、後述する積荷レベル調整架構をセットした炉体用輸送台車1上に炉体リングブロック11を載荷可能な高さまでリフトアップするため20mを超える高さとなる。2本の水平ビーム8の上には、それぞれ離間してリフトアップジャッキ9が載荷荷重に応じて配設され、本例では2個ずつ計4個配置されている。支柱7の長いスパン側の水平距離は炉体リングブロック11の最大直径よりも大きいスパンとして炉体用輸送台車1に載せた炉体リングブロック11の搬入を可能にしている。スパンの短い側の支柱7の間は連結部材26により連結してある。
【0011】
新製作の炉体リングブロックを用いて高炉炉体を構築する場合は、図10に示すように、所定の炉体地組場で地上約3mの高さを有する置台10の上で地組みし、炉体の炉口部から炉底部までを構成する複数の炉体リングブロック11を待機させておく。図10では、(A) の炉口部、(B) の炉胸部、(C) の朝顔部、(D) の炉床部の4個に分割する場合を示す。高炉炉体は各位置により直径が異なり、それぞれD、D、D、Dとなっており、各炉体リングブロック11は荷重分散するように10箇所程度に配置した置台10に支持される。なお、地組では炉体リングブロック11の鉄皮に、ステーブ、炉体れんが、ステーブ連結管、炉体に設置する計装設備まで予め一体化する。
【0012】
図11に示すように、地組された炉体リングブロック11は支持点に並べた十数個の置台10により支持してあるが、炉体リングブロック11を搬送するには、図12に示すように置台10を減じて必要最小限の置台10とし、例えば4箇所の置台10により支持させる。そして図13の(A) 、(B) に示すように、置台10に干渉しないように炉体リングブロック11の間隙内にパッキングビーム12(荷重を台車全長に分散させるために必要)を載せた4列の炉体用輸送台車1を引き込む。このとき、炉体用輸送台車1の高さは置台10の高さより低くしてあるので、昇降シリンダ4(図8参照)により台車本体2を上昇させて炉体用輸送台車1の高さをアップすることにより、パッキングビーム12を介して炉体リングブロック11を炉体用輸送台車1に支持させ、炉体リングブロック11を支持していた置台10と切り離した状態にする。
【0013】
図14に示すように、炉体リングブロック11をパッキングビーム12を介して載荷した炉体用輸送台車1は、矢印方向への走行により支柱7の長いスパン側にかけ渡された水平ビーム8の下方を通って吊換装置6の設置位置で停止する。図15の(A) 、(B) に示すように、炉体用輸送台車1上に載せた炉体リングブロック11の側面下端部に取り付けた吊ブラケット13にリフトアップジャッキ9から垂下された吊具21を連結する。
【0014】
そして図16に示すように、リフトアップジャッキ9の駆動により炉体リングブロック11を吊り上げて炉体用輸送台車1を矢印方向に退去させる。続いて図17に示すように、下面が地面より7m以上の高さレベルになった炉体リングブロック11の下方に、パッキングビーム12を介して積荷レベル調整架構14をセットした炉体用輸送台車1が引き込まれる。なお、積荷レベル調整架構14は、調整架構本体14a と、調整架構本体14a の上に配置されたレール16と、レール16の上に設けた支持ブロック18を備えた移動台19とから形成される。
【0015】
図18に示すように、リフトアップジャッキ9の駆動により炉体リングブロック11をリフトダウンして炉体用輸送台車1に上架した積荷レベル調整架構14の上に載荷する。図19に示すように、炉体用輸送台車1上セットした積荷レベル調整架構14上の炉体リングブロック11を炉体基礎部15の近傍まで輸送し、積荷レベル調整架構14の上面に設けたレール16と炉体基礎部15上のレール17とを接続する。支持ブロック18を配設した移動台19上の炉体リングブロック11は、駆動シリンダ20の駆動による矢印方向への摺動によりレール16上を水平に移動する。駆動シリンダ20は取り付け位置を変更可能になっており、炉体リングブロック11の移動に追従して設置位置を少しずつ前進させる。これにより炉体リングブロック11がレール16上からレール17上に徐々に移動され、最終的に炉体基礎部15の中心に位置させる。
【0016】
引き続き、高炉の炉体支柱からのリフト設備(図示せず)から垂下した吊具21により炉体リングブロック11をリフトアップすると共に、レール17上の支持ブロック18と共に移動台19を撤去する。次に搬送する炉体リングブロック11が炉体基礎部15上に移動可能な高さまで炉体リングブロック11の下方にスペースをあける。かくして先にリフトアップした炉体リングブロック11の下側に次の炉体リングブロック11を移動させ、上下の炉体リングブロック11を接続し、さらにリフトアップする。このような操作を新製作のブロック数だけ繰り返して高炉炉体基礎上で一体化して炉体を完成させる。
【0017】
なお、高炉炉体を解体する場合は、積荷レベル調整架構14を介する炉体用輸送台車1による解体した炉体リングブロック11の搬送および吊換装置6による積荷レベル調整架構14や炉体リングブロック11の昇降作業は前述の逆手順により行われる。これにより高炉炉体基礎上より炉体リングブロックを解体場に配置した保管用の置台上まで輸送される。
【0018】
【発明が解決しようとする課題】
図10に示すように、新製作する炉体リングブロック11はその重量が最大約2000t に達するため、炉体地組場の地面上に多数の置台10を配置し、その上で組み立てられる。図17に示すように、新製作した炉体リングブロック11は、積荷レベル調整架構14をセットした炉体用輸送台車1上に載せるため吊換装置6によって昇降される。図10(A) 〜(D) に示すように、炉体リングブロック11は直径が異なるため、吊り上げる4点の吊り位置が、各炉体リングブロック11毎にD〜Dのように全て異なった直径上に配置されている。一方、図9の(A) 、(B) に示すように、2本の水平ビーム8上のリフトアップジャッキ9の位置は固定されているため、炉体リングブロック11の吊点の鉛直上にリフトアップジャッキ9を配置できない場合が多い。
【0019】
炉体リングブロック11を精度よく設置するには、炉体リングブロック11の水平を保つ必要があるが、水平調整には時間がかかる。そこで、図20に示すように、4個のリフトアップジャッキ9からそれぞれ垂下した吊具21の下端に十字形状の吊ビーム29を取り付けることが考えられた。すなわち、吊ビーム29の吊り位置31は可動とし、吊ビーム29をリフトアップジャッキ9で吊る位置32を固定とするのである。このような吊ビーム29を利用すると、炉体リングブロック11の水平調整は容易になる。しかしながら、吊り荷重は2000t程度、吊りスパンも15m程度必要で製作費用は多大である。しかも、炉体リングブロック11の吊り位置が変わると、その都度調整のために吊ビーム29を昇降させて、位置調整する必要があり、やはり多くの人手、作業場所の確保や長時間の作業が必要であり、煩雑である。
【0020】
本発明は、前記従来の技術の問題点を解決するため、吊換装置に配設するリフトアップジャッキの位置を自在に移動可能な構造にして、各炉体リングブロックの吊り位置の鉛直上にリフトアップジャッキを配置させることにより吊ビームを不要として安価な設備により、高炉炉体を炉頂部から炉底部に複数の炉体リングブロックを昇降可能として、分割して炉体の解体、組み立てを能率よく行うことができる高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置を提供することを目的とするものである。
【0021】
【課題を解決するための手段】
前記目的を達成するための請求項1記載の本発明は、高炉炉体を炉頂部から炉底部に分割した複数の炉体リングブロックを炉体基礎上に搬入、搬出するため昇降させる高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置であって、平面四角形の4隅に配置された4本の支柱と、該支柱の一方側スパン頂部にそれぞれ架設された平行な2本を一組とする2組の一方側スパンビームと、他方側スパンの支柱間にそれぞれ平行して差し渡された一対の連結部材と、前記一方側スパンビームの長手方向中央から両側に対称に離間する位置で炉体リングブロックの中心に向くように前記一方側スパンビームの間に平行に差し渡された2本を一組とする2組のジャッキ受梁と、該ジャッキ受梁の各々に沿って前記炉体リングブロックの吊り点に対応する鉛直上方位置に移動自在に設置されたジャッキ台と、該ジャッキ台にそれぞれ搭載されたリフトアップジャッキとを具備したことを特徴とする高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置である。
【0022】
請求項2記載の本発明は、高炉炉体を炉頂部から炉底部に分割した複数の炉体リングブロックを炉体基礎上に搬入、搬出するため昇降させる高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置であって、平面四角形の4隅に配置された4本の支柱と、該支柱の他方側スパン頂部にそれぞれ架設された他方側スパンビームと、該他方側スパンビームの両端部でそれぞれ長手方向に沿って摺動自在で、かつ前記支柱の一方側スパン頂部に架設された平行な2本を一組とする2組の一方側スパンビームと、該一方側スパンビームの長手方向中央から両側に対称に離間する位置で該一方側スパンビームの長手方向に直角に配設され前記炉体リングブロックの吊り点に対応する鉛直上方位置に該一方側スパンビームの各々に沿い移動自在に設置された一対のジャッキ台と、該ジャッキ台にそれぞれ搭載されたリフトアップジャッキとを具備したことを特徴とする高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置である。
【0023】
【発明の実施の形態】
本発明で使用する炉体リングブロック11を搬送する炉体用輸送台車1は、前記図8の(A) 、(B) により説明したものを使用する。すなわち、長方形の細長い台車本体2を備え、台車本体2の下部に多数配列された空気を充填したタイヤ式の車輪3により路面の凹凸に追従して地面上を走行する。また、台車本体2が昇降自在でかつ進行方向を調節自在とすると共に、炉体用輸送台車1を連結することにより長さ並びに前後進を可能な自走式であり、並列に並べて使用することにより幅の広いものにも対応可能である。また、炉体用輸送台車1にセットした積荷レベル調整架構14の構造も従来と同構造のものを使用する(図17参照) 。
【0024】
一方、本発明では、図1〜図3に示すように、リフトアップジャッキ9の位置を自在に移動可能な構造にして、各炉体リングブロック11の吊り位置の鉛直上にリフトアップジャッキ9を配することのできる吊換装置22を採用して、高炉改修用の炉体リングブロック11を昇降する。これにより、従来不可欠であった吊ビームを不要として安価な設備により、高炉炉体を炉頂部から炉底部に複数の炉体リングブロック11に分割して炉体の解体や組み上げを行う。
【0025】
本発明の吊換装置22には、平面四角形の4隅に4本の支柱が配置されており、支柱7の一方側スパン頂部、図示例では長スパン側頂部に平行な2本を一組とする2組の一方側スパンビーム23がそれぞれ架設されている。他方側スパン、図示例では短スパン側の支柱7の間は、それぞれ平行して差し渡した一対の連結部材26により連結一体化されている。各支柱7は円柱形状とした例を示す。4本の支柱が形成する平面四角形の一方側スパン、図示では長辺側のスパン距離は、炉体用輸送台車1に載せた炉体リングブロック11を吊換装置22の下を通過させることができるスパン長さとし、他方側スパン、図示では短辺側のスパン距離、すなわち平行な2本を一組とする2組の一方側スパンビーム(以下、長スパンビームという。)23相互の距離は、複数の炉体リングブロック11の4点の吊り位置のバランスを考慮したスパン長さを選択し、連結部材26で連結一体化している。
【0026】
平行な2本の長スパンビーム23の間には、長スパンビーム23の長手方向中央から両側に対称に離間する位置で互いに昇降させる炉体リングブロックの中心に向くように2本を一組とする2組のジャッキ受梁24を差し渡し状態で配設する。このため長スパンビーム23の間に平面上でジャッキ受梁24が斜めに掛け渡す状態になり、平行な2本のジャッキ受梁24の中心線上に炉体リングブロック11の中心が存在する。ジャッキ受梁24の各々には、1個ずつのジャッキ台25が、ジャッキ受梁24に沿って移動自在に配設してある。移動構造は、例えば、ジャッキ台25の下面に下向きに2本のガイド溝37を平行に間隔をおいて形成し、2本のガイド溝37を2本一組のジャッキ受梁24に上方から嵌め込む形で摺動自在とする。このようにして設置された合計4個のジャッキ台25には、それぞれリフトアップジャッキ9が1台ずつ合計4台が配設される。
【0027】
2本の長スパンビーム23の一方(図面では内側の方)には、その上面に各ジャッキ台25の前面中央部に対向する位置にシリンダ支持ブラケット33が配置してあり、シリンダ支持ブラケット33の側面に固定された油圧式の伸縮シリンダ34がジャッキ台25の前面中央部に連結してある。伸縮シリンダ34を伸縮することによりジャッキ台25が、2本のガイド溝37を介して2本一組のジャッキ受梁24に沿って摺動され、炉体リングブロック11の中心側や反中心側に移動される。伸縮シリンダ34は、炉体リングブロック11の最大吊り位置直径と最小吊り位置直径との差をカバーするに十分なストロークとしてある。なお、ジャッキ台25を前後に移動させる手段は油圧式の伸縮シリンダでなくてもよく、スクリュー機構やラックピニオン機構などジャッキ台25を前後に移動できる公知手段を適宜に使用することができる。また、ジャッキ台25内にコロを多数配して移動する構造としてもよい。
【0028】
図5に示すように、炉体地組場の地面上に配置した多数の置台10上で炉体の炉口部(A) 、炉胸部(B) 、朝顔部(C) 、炉床部(D) を形成する4個の炉体リングブロック11が組み立てられる。炉体リングブロック11は、炉口部(A) から順次に炉体用輸送台車1上に載せた状態で吊換装置22の場所まで移動され、吊換装置22を用いて炉体リングブロック11を昇降させる。
【0029】
炉口部から炉底部までを形成する4個の炉体リングブロック11を吊り上げる4点の吊り位置が、各炉体リングブロック11毎にD〜Dのように異なった直径上に配置されている。そこで、伸縮シリンダ34の作動によりジャッキ台25をジャッキ受梁24に沿って移動させ、ジャッキ台25に搭載されたリフトアップジャッキ9を、まず、炉口部(A) を形成する炉体リングブロック11に配設した吊り点となる吊ブラケット13の直径Dに対応する鉛直上方に位置させる。この状態を図4の(A) とする。なお、炉口部(A) を形成する炉体リングブロック11に吊ブラケット13を配置したのは、炉口部(A) の上端部は直径が小さいためで、吊ブラケット13を配置することで安定な吊り上げを可能とする。また、炉体リングブロック11の吊り位置最大直径と吊り位置最小直径の差が少さくなり、それ分だけ伸縮シリンダ34のストーロクを短くできる。他の部分(B) 、(C) 、(D) は、上端面に吊点を溶接等で設けることにより、吊り上げが可能となる。
【0030】
次に、図4の(B) に示すように、吊り点の直径Dが小さい炉胸部(B) を形成する炉体リングブロック11に対しては、伸縮シリンダ34の作動によりジャッキ台25をジャッキ受梁24に沿う摺動により炉体リングブロック11の中心側に移動させる。また、図4の(C) に示すように、吊り点の直径Dが大きい朝顔部(C) を形成する炉体リングブロック11に対しては、伸縮シリンダ34の作動によりジャッキ台25をジャッキ受梁24に沿って摺動により炉体リングブロック11の反中心側に移動させる。これによってジャッキ台25に搭載されたリフトアップジャッキ9を、炉体リングブロック11の吊り点に対応する鉛直上方に位置させる。伸縮シリンダ34によるジャッキ台25の移動は、炉体リングブロック11を昇降する前に行うので、伸縮シリンダ34の駆動力は比較的小さくて済む。このようにしてリフトアップジャッキ9は、各炉体リングブロック11に対する吊り点の鉛直上方に配置させることが可能になり、前記図20に示す従来の吊ビーム29は不必要となる。
【0031】
図1および図2に示すように、炉体用輸送台車1上の炉口部を形成する直径Dの炉体リングブロック11には、側面下端部に取り付けた吊ブラケット13にリフトアップジャッキ9から垂下された吊具21が連結される。次に、リフトアップジャッキ9の作動により炉体リングブロック11を昇降操作し、積荷レベル調整架構14をセットした炉体用輸送台車1(図17参照) 上に炉体リングブロック11を積み替え、炉体基礎部15上に搬送するのは、従来と同様であるので説明を省略する。
【0032】
次に、本発明の他の実施態様を図6および図7に従って説明する。
他の実施態様に係る吊換装置30は、平面四角形の4隅に円形の支柱7が配置されており、支柱7の他方側スパン、図示例では短スパン側頂部に差し渡して他方側スパンビーム( 以下、短スパンビームという。)27 がそれぞれ架設されている。また、支柱7の長スパン側頂部に差し渡された平行な2本を一組とする2組の長スパンビーム28は、短スパンビーム27の両端部上でその長手方向に沿って移動自在に架設してある。移動構造として例えば、平行に架設された長スパンビーム28の両端部に下向きに形成したガイド溝37を、短スパンビーム27上に差し渡して上方から嵌め込み、長スパンビーム28をガイド溝37を介して短スパンビーム27の長手方向に沿って摺動して移動自在とする。
【0033】
さらに、2本一組とする2組の長スパンビーム28の上にそれぞれ2つのジャッキ台25が、長スパンビーム28の長手方向中央から両側に対称に離間する位置で長手方向に直角に配設してある。各ジャッキ台25は長スパンビーム28の長手方向に移動自在であり、ジャッキ台25を長スパンビーム28に沿って摺動させることにより、リフトアップジャッキ9が炉体リングブロック11の吊り点に対応する鉛直上方位置に移動される。
【0034】
リフトアップジャッキ9の移動構造として例えば、ジャッキ台25に下向きに平行に形成した2本のガイド溝37を2本一組の長スパンビーム28に上側から嵌め込む形で前後方向に摺動して移動する。2本一組の長スパンビーム28の中間部に離間して配置した2つの連結部38には、その上面に各ジャッキ台25の前面中央部に対向する位置にシリンダ支持ブラケット33を配置する。シリンダ支持ブラケット33の側面に水平状態で固定された油圧式の伸縮シリンダ36は、ジャッキ台25の前面中央部に連結される。伸縮シリンダ36を伸縮することにより、ジャッキ台25が2本のガイド溝37を介して2本一組の長スパンビーム28に沿って左右方向に移動自在である。
【0035】
図5の(A) 〜(D) に示すように、4個の炉体リングブロック11は4点の吊り位置が、D〜Dのように異なった直径上に配置されているので、炉体リングブロック11の吊り点直径に対応して2本一組の長スパンビーム28を伸縮シリンダ35の作動によりそれぞれ短スパンビーム27上に沿って摺動により移動させると共に、ジャッキ台25を伸縮シリンダ36の作動によりそれぞれ長スパンビーム28に沿って摺動により移動させる。このような2本一組の長スパンビーム28並びにジャッキ台25の摺動による移動を組み合わせることにより各ジャッキ台25に搭載したリフトアップジャッキ9が、炉体リングブロック11が備えた吊り点の鉛直上方に配置することが可能になる。このようにしてリフトアップジャッキ9は、炉体リングブロック11の吊り点にマッチした位置に自在に調節できる。
【0036】
前述の本発明の実施態様では、吊換装置22、30を所定の場所に固定設置する場合について説明したが、本発明では吊換装置を必要な場所に移動可能な構造とする移動式の吊換装置にも適用可能である。
【0037】
【発明の効果】
以上、説明したように本発明は、複数の炉体リングブロックを炉体基礎上に搬入、搬出するために昇降させる高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置におけるリフトアップジャッキを、昇降させる炉体リングブロックの吊り点に対応する鉛直上方位置に摺動によって移動自在とした。このため、斜め吊りの心配がなく、吊り下げ時の水平出し作業が省略できるばかりでなく高価な吊りビームが不要となり、炉体リングブロック吊り下げ位置調整に必要な時間を短縮できる。かくして炉体リングブロックの昇降に必要な作業時間が大幅に短縮され、高炉改修の工期短縮に寄与するところ多大である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施態様に係る吊換装置を示す正面図である。
【図2】本発明に係る吊換装置を示す平面図である。
【図3】図2のA部を示す部分拡大斜視図である。
【図4】本発明に係る炉体リングブロックの直径に対応する吊り点の鉛直上方にジャッキ台に設置したリフトアップジャッキを位置させる状況を示す説明図であり、(A) は炉口部を形成する直径Dの炉体リングブロックの吊り点上方にリフトアップジャッキを位置させる場合、(B) は炉胸部を形成する径の小さい直径Dの炉体リングブロックの吊り点上方にリフトアップジャッキを位置させる場合、(C) は朝顔部を形成する径の大きい直径Dの炉体リングブロックの吊り点上方にリフトアップジャッキを位置させる場合である。
【図5】本発明に係る炉体地組場に配置した4分割した炉体リングブロックを順次に炉体用輸送台車上に載せた状態で吊換装置の場所まで移動させて吊換装置により炉体リングブロック11を昇降させる状況を示す説明図である。
【図6】本発明の他の実施態様に係る吊換装置を示す正面図である。
【図7】本発明の他の実施態様に係る吊換装置を示す平面図である。
【図8】従来の炉体用輸送台車を示し、(A) は側面図であり、(B) は正面図である。
【図9】従来の吊換装置を示し、(A) は斜視図であり、(B) は平面図である。
【図10】従来の炉体地組場の置台上に新しい炉体リングブロックを載置して配列した状況を示す正面図である。
【図11】従来の新しい炉体リングブロックを炉体地組場に荷重分散するのに必要な個数の置台に支持させて載置した状況を示す正面図である。
【図12】従来の新しい炉体リングブロックを最小限の置台に支持させて載置した状況を示す正面図である。
【図13】従来の新しい炉体リングブロックを支持する最小限の置台に干渉しないように炉体用輸送台車を引き込んだ状況を示し、(A) は正面図であり、(B) は平面図である。
【図14】従来の新しい炉体リングブロックを炉体輸送台車上に載荷して吊換装置の方に搬送する状況を示す側面図ある。
【図15】従来の新しい炉体リングブロックを炉体輸送台車上から吊換装置によりリフトアップする状況を示し、(A) は正面図であり、(B) は平面図である。
【図16】従来の新しい炉体リングブロックを吊換装置によりリフトアップして炉体輸送台車を移動させる状況を示す側面図である。
【図17】従来の新しい炉体リングブロックを吊換装置によりリフトアップして積荷レベル調整架構を載置した炉体輸送台車を吊換装置の位置に移動させる状況を示す側面図である。
【図18】従来の新しい炉体リングブロックを吊換装置の位置に搬送して炉体輸送台車の積荷レベル調整架構上に載荷した状況を示す側面図である。
【図19】従来の炉体輸送台車の積荷レベル調整架構上に載荷した新しい炉体リングブロックを高炉炉体基礎上に移動させる状況を示す側面図である。
【図20】従来の吊りビームを備えた吊換装置の構造を示す斜視図である。
【符号の説明】
1 炉体用輸送台車
2 台車本体
3 車輪
4 昇降シリンダ
5 支持レバー
6、22、30 吊換装置
7 支柱
8 水平ビーム
9 リフトアップジャッキ
10 置台
11 炉体リングブロック
12 パッキングビーム
13 吊ブラケット
14 積荷レベル調整架構
14a 調整架構本体
15 炉体基礎部
16、17 レール
18 支持ブロック
19 移動台
20 駆動シリンダ
22、30 吊換装置
21 吊具
23、28 一方側スパンビーム(長スパンビーム)
24 ジャッキ受梁
25 ジャッキ台
26 連結部材
27 他方側スパンビーム(短スパンビーム)
29 吊りビーム
31 吊り位置
32 吊る位置
33 シリンダ支持ブラケット
34、35、36 伸縮シリンダ
37 ガイド溝
38 連結部

Claims (2)

  1. 高炉炉体を炉頂部から炉底部に分割した複数の炉体リングブロックを炉体基礎上に搬入、搬出するため昇降させる高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置であって、平面四角形の4隅に配置された4本の支柱と、該支柱の一方側スパン頂部にそれぞれ架設された平行な2本を一組とする2組の一方側スパンビームと、他方側スパンの支柱間にそれぞれ平行して差し渡された一対の連結部材と、前記一方側スパンビームの長手方向中央から両側に対称に離間する位置で炉体リングブロックの中心に向くように前記一方側スパンビームの間に平行に差し渡された2本を一組とする2組のジャッキ受梁と、該ジャッキ受梁の各々に沿って前記炉体リングブロックの吊り点に対応する鉛直上方位置に移動自在に設置されたジャッキ台と、該ジャッキ台にそれぞれ搭載されたリフトアップジャッキとを具備したことを特徴とする高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置。
  2. 高炉炉体を炉頂部から炉底部に分割した複数の炉体リングブロックを炉体基礎上に搬入、搬出するため昇降させる高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置であって、平面四角形の4隅に配置された4本の支柱と、該支柱の他方側スパン頂部にそれぞれ架設された他方側スパンビームと、該他方側スパンビームの両端部でそれぞれ長手方向に沿って摺動自在で、かつ前記支柱の一方側スパン頂部に架設された平行な2本を一組とする2組の一方側スパンビームと、該一方側スパンビームの長手方向中央から両側に対称に離間する位置で該一方側スパンビームの長手方向に直角に配設され前記炉体リングブロックの吊り点に対応する鉛直上方位置に該一方側スパンビームの各々に沿い移動自在に設置された一対のジャッキ台と、該ジャッキ台にそれぞれ搭載されたリフトアップジャッキとを具備したことを特徴とする高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置。
JP2000206371A 2000-07-07 2000-07-07 高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置 Expired - Fee Related JP3583354B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000206371A JP3583354B2 (ja) 2000-07-07 2000-07-07 高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000206371A JP3583354B2 (ja) 2000-07-07 2000-07-07 高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002020812A JP2002020812A (ja) 2002-01-23
JP3583354B2 true JP3583354B2 (ja) 2004-11-04

Family

ID=18703309

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000206371A Expired - Fee Related JP3583354B2 (ja) 2000-07-07 2000-07-07 高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3583354B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009030080A (ja) * 2007-07-24 2009-02-12 Nippon Steel Engineering Co Ltd 高炉炉体リングブロックの吊換装置、炉体構築方法および炉体解体方法

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5169549B2 (ja) * 2008-07-04 2013-03-27 株式会社日立プラントテクノロジー 大梁ブロック吊上げ工法およびこれに利用されるジャッキアップステージ
CN102564136B (zh) * 2012-02-03 2013-11-27 中国十五冶金建设集团有限公司 吊挂式矿热炉炉盖的安装方法及安装用支架

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009030080A (ja) * 2007-07-24 2009-02-12 Nippon Steel Engineering Co Ltd 高炉炉体リングブロックの吊換装置、炉体構築方法および炉体解体方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002020812A (ja) 2002-01-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100468106B1 (ko) 고로의 단기 개수·건설방법 및 설비
JP3539885B2 (ja) 炉体リングブロックの移動式吊換装置及び高炉炉体解体方法並びに高炉炉体構築方法
JP4841809B2 (ja) 高炉建設方法
JP5473294B2 (ja) 天井クレーンの据付け方法及び据付けシステム
JP3583354B2 (ja) 高炉改修用炉体リングブロックの吊換装置
JP2012136339A (ja) 構造物の架設方法及び撤去方法
JP2000282116A5 (ja)
JP4984493B2 (ja) 高炉解体方法および高炉建設方法
TWI325014B (en) Method for transporting furnace bottom mantel for blast furnace
JP3046552B2 (ja) 高炉炉体構築方法
CN202099311U (zh) 四点悬挂式大型转炉中托圈的组装平台
JP4472115B2 (ja) 高炉の組立方法
CN110562856B (zh) 重物的起重装置以及起重搬运方法
JP2004225161A (ja) 移動式吊換装置、高炉炉体構築装置、高炉炉体構築方法、高炉炉体解体方法および高炉炉体組み立て方法
JP4592860B2 (ja) 高炉構成部材の据え付け方法
JPH0892916A (ja) 橋桁の扛上扛下工法,扛上機およびベント部材
CN105382784B (zh) 更换混铁炉底座和辊道的工装
JP3565123B2 (ja) 高炉炉体リングブロック工法における炉体リングブロック用吊換装置の基礎補強方法および基礎補強構造
JP3217773B2 (ja) 建屋内への重量物搬入方法及び建屋外への重量物搬出方法
JP4737405B2 (ja) 吊上装置の基礎構築方法及び基礎構造
JP5880341B2 (ja) 塔槽類の施工装置、及び施工方法
JPH11199908A (ja) 高炉炉体の解体組立装置
JP2002029306A (ja) 重量構造物の搬送方法
JP2001003108A (ja) 高炉炉内レールの据付及び撤去方法
JP2016142097A (ja) 可搬式昇降装置および水平部材の解体方法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040721

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040727

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040728

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070806

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080806

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080806

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090806

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090806

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100806

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees