JP3566288B2 - 脈管内閉塞除去のための装置 - Google Patents

脈管内閉塞除去のための装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3566288B2
JP3566288B2 JP51240394A JP51240394A JP3566288B2 JP 3566288 B2 JP3566288 B2 JP 3566288B2 JP 51240394 A JP51240394 A JP 51240394A JP 51240394 A JP51240394 A JP 51240394A JP 3566288 B2 JP3566288 B2 JP 3566288B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
removal element
removal
drive shaft
element
obstruction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP51240394A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08503154A (ja
Inventor
エー. ホイアム,スコット
エー. ミスチェ,ハンス
ヴィ. レスマン,トーマス
Original Assignee
シメッド ライフ システムズ インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US97619992A priority Critical
Priority to US976,199 priority
Application filed by シメッド ライフ システムズ インコーポレイテッド filed Critical シメッド ライフ システムズ インコーポレイテッド
Priority to PCT/US1993/010995 priority patent/WO1994010919A1/en
Publication of JPH08503154A publication Critical patent/JPH08503154A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3566288B2 publication Critical patent/JP3566288B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/32Surgical cutting instruments
    • A61B17/3205Excision instruments
    • A61B17/3207Atherectomy devices working by cutting or abrading; Similar devices specially adapted for non-vascular obstructions
    • A61B17/320725Atherectomy devices working by cutting or abrading; Similar devices specially adapted for non-vascular obstructions with radially expandable cutting or abrading elements
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B2017/22038Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for with a guide wire
    • A61B2017/22042Details of the tip of the guide wire
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B2017/22072Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for with an instrument channel, e.g. for replacing one instrument by the other
    • A61B2017/22074Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for with an instrument channel, e.g. for replacing one instrument by the other the instrument being only slidable in a channel, e.g. advancing optical fibre through a channel
    • A61B2017/22075Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for with an instrument channel, e.g. for replacing one instrument by the other the instrument being only slidable in a channel, e.g. advancing optical fibre through a channel with motorized advancing or retracting means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/32Surgical cutting instruments
    • A61B2017/320004Surgical cutting instruments abrasive
    • A61B2017/320012Brushes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B90/00Instruments, implements or accessories specially adapted for surgery or diagnosis and not covered by any of the groups A61B1/00 - A61B50/00, e.g. for luxation treatment or for protecting wound edges
    • A61B90/39Markers, e.g. radio-opaque or breast lesions markers

Description

発明の背景
本発明は一般的に脈管閉塞または脈管内腔から脈管閉塞物を除去するための脈管内治療装置の新たな構造に関する。更に詳細には、本発明は拡張可能な脈管内閉塞物除去装置及び同装置を用いた脈管疾病の治療方法に関する。
最近、アテローム硬化症などの脈管疾病が多く発生している。これらの疾病は複数の異なる形態を呈する。従って、これらの疾病の有害な作用を治療する異なる形態または方法が必要とされる。例えば、脈管疾病は患者の脈管内における付着物または成長物の形態をなし得る。同付着物または成長物は、患者の体の特定部分への血液の流れを部分閉塞において制限し、完全閉塞において停止し得る。このような閉塞が血液または他の必要な流体を重要な器官に対して供給する脈管の一部において発生した場合、非常に危険な場合がある。
これらの疾病を治療すべく多数の異なる治療方法が開発された。多数の効果的な侵襲的治療方法(Invasive therapies)の使用が可能な一方、非侵襲的治療方法(Non−invasive therapies)の開発が望まれる。非侵襲的治療方法は侵襲的治療方法より危険度が低いうえ、感染機会の減少、手術後の痛みの減少及び手術後のリハビリテーションの削減などの可能性から患者にとってより受入れ易い治療方法といえる。脈管疾病の非侵襲的治療の一例としては薬物療法が挙げられる。血餅分解薬(Clot−busting drugs)は特定の脈管内腔を閉塞し得る血餅の分解を補助するために使用される。これ以外にも、他の薬物療法が可能である。薬物療法だけでなく内腔の物理的脈管再生を含む他の非侵襲的脈管内治療方法がある。脈管内治療方法の2つの例としては、患者の脈管構造の一部を物理的に脈管再生するバルーン式血管形成術(Balloon angioplasty)及びアテレクトミー(Atherectomy)が挙げられる。
バルーン式血管形成術の処置には、医師がバルーン・カテーテル(Balloon catheter)を鼠蹊近くの比較的小さな穿刺を介して患者の脈管内に挿入し、次いで同バルーン・カテーテルを閉塞脈管位置まで案内することが含まれる。バルーン・カテーテルは、脈管閉塞に隣接して配置され、かつ膨張されるバルーンまたは膨張部材を含む。約5〜12気圧の十分な圧力を用いた膨張部材の脈管内膨張は、閉塞内腔の脈管再生を実施し、かつ脈管再生された脈管部分を流れるほぼ正常な血液を回復すべくバルーンを用いた閉塞物の変位を引き起こす。しかし、この処置は閉鎖物を患者の脈管から除去することなく、同閉鎖物を変位させ、さらには同閉塞物を再形成する。
バルーン式血管形成術は閉塞物の再形成を行うことにより多数の脈管内腔の実質的な脈管再生に非常に大きな成果を納めている。しかし、他の閉塞において血管形成術を用いた治療が困難な場合がある。特に、脈管内閉塞のうちの幾つかは、不規則な緩い石灰化物または不規則な除去し難い石灰化物から構成されており、これらの石灰化物は脈管に沿って比較的広い範囲に拡がるか、または分岐脈管に隣接して拡がっている。従って、これらの脈管内閉塞は血管形成術治療による影響を受け難い。また、血管形成術が成功して、脈管再生が行われ、かつ同脈管内における正常な血流が回復したとしても、閉塞の再発の可能性がある。閉塞の再発は、同一の閉塞位置における反復治療または別の治療を必要とする。
従って、閉塞脈管の脈管再生を実施して、関連する脈管構造内を流れる血液の流れを回復する別の方法を提供すべく、非侵襲的脈管治療の別の機械的方法の開発が試みられている。これらの別の治療は、バルーン式血管形成術及び/または薬物療法と併用した場合に特定の脈管閉塞に対して有効であるか、または患者に対して更なる利益を提供する。
このような別の機械的治療方法には、バルーン式血管形成術の際に実施される脈管内腔閉塞物の変位とは異なる脈管内腔閉塞物の除去が含まれる。しばしばアテレクトミー装置(Atherectomy devices)と称される治療装置では、例えば閉塞物を除去するためのレーザー及び回転式カッターまたは切除器などの各種の手段が使用されている。特に、回転式カッターは特定の脈管閉塞の除去に有効である。脈管閉塞は異なる成分及び形態または形状を有し得るため、任意の除去エレメントまたは切削エレメントは特定の閉塞の除去に適さないことがあり得る。これに代えて、患者が複数の閉塞を脈管構造内に有している場合、任意の除去エレメントは複数の閉塞のうちの1つの除去に適するのみである。特定の切削エレメントの適性は、例えばその寸法または形状に基づいて決定される。この結果、治療にあたる医師は患者に対する完璧な治療を提供すべく複数の異なる治療装置を使用することになる。複数の器具の使用を必要とし(このような脈管内用装置は、血流内に直接挿入されるため再利用できない)、さらには同複数の器具を治療位置まで湾曲した脈管路に沿って案内する必要があり、これにより処置に長時間を要するなどの理由から、この処置は非常に高い費用を要する。
非侵襲的脈管内治療に付随する前記の事項を考慮し、前記の問題のうちの少なくとも幾つかを解決する脈管内治療方法または脈管内治療装置を提供することが望ましい。本発明の目的は、このような装置及び方法を提供することにある。
本発明は可変的に拡張可能な脈管閉塞物除去エレメントを有する新たな脈管内治療装置を提供する。治療にあたる医師は除去エレメントの拡張を変更することにより、エレメントの切削特性または除去特性を変更可能である。特に、エレメントの拡張の程度を変更することにより、除去エレメントは複数の異なる形状及び寸法を有し得る。これにより異なった切削または除去の形状及び特性が、除去エレメントに対して付与される。この結果、従来の複数の切削用または除去用の穴ぐり器(Burrs)または装置を必要とした処置を、本発明に基づいて形成された1つの脈管閉塞物除去エレメントを用いて実施し得る。更に、本発明は脈管閉塞物を脈管表面または閉塞から除去する方法を提供する。
発明の要約
本発明の一般的な目的は、脈管閉塞物除去エレメント及び同除去エレメントに付随する脈管内装置に対して改良された新たな構造を提供することにある。
本発明のより詳細な目的は、脈管閉塞物を脈管表面から除去する新たな拡張可能な装置を提供することにある。
本発明の更に別の目的は、複数の器具を必要とせずに脈管内腔を各種の寸法に脈管再生する新たな脈管内閉塞物除去装置を提供することにある。
本発明の更に別の目的は、可変切削プロフィールまたは形状を備えた脈管内切削装置またはこれに類似したものを提供することにある。
本発明の更に別の目的は、ガイドワイヤ上に沿って案内し得る拡張可能な除去エレメントを備えた新たな脈管閉塞物除去装置を提供することにある。
脈管内腔内の脈管閉塞物を除去すべく本発明の開示に基づいて形成された新たな脈管内装置は、原動機(Prime mover)及び脈管内腔内へ挿入し得る拡張可能な除去エレメントを有している。中空駆動軸は、拡張可能な除去エレメントを脈管内において回転すべく原動機を拡張可能な除去エレメントに対して動作可能に連結している。ガイドワイヤは拡張可能な除去エレメントの先端及び中空駆動軸を通じて挿入可能であり、同ガイドワイヤは駆動軸及び拡張可能な除去エレメント内において移動可能である。拡張可能な除去エレメントはガイドワイヤの移動に対応して拡張可能である。除去エレメント移動制御機構は、ガイドワイヤを適切に逓増的に移動すべくガイドワイヤに対して動作可能に結合されている。ガイドワイヤ・ロック機構はガイドワイヤを除去エレメント移動制御機構に対して固定すべくガイドワイヤ及び除去エレメント移動制御機構の間に動作可能に結合されている。
脈管閉塞物を除去すべく本発明に基づく多数の方法が提供されている。これらの方法のうちの1つは、中空内部空間を備えたブレードを含む拡張可能な閉塞物除去エレメントを有する脈管閉塞物除去装置を提供する工程と、ガイドワイヤを提供する工程と、ガイドワイヤを脈管内において閉塞物まで案内する工程と、ガイドワイヤを中空内部空間内に挿入する工程と、ブレードを脈管内においてガイドワイヤ上に沿って閉塞物まで案内する工程と、ブレードを拡張すべく同ブレードに対してガイドワイヤを移動する工程と、ブレードが閉塞物内に切込み、これによって閉塞物が中空内部空間内へ通過することを許容するようにブレードを拡張する工程と、ブレードを収縮し、閉塞物を中空内部空間内に捕獲すべくブレードに対してガイドワイヤを移動させる工程とを有している。拡張されたブレードは閉塞物を除去すべく回転可能である。
【図面の簡単な説明】
本発明の構造及び動作に関する構成及び方法は、本発明の更なる目的及び利点とともに、添付図面に関連した以下の説明から明らかとなる。ここで、同一符号は同一エレメントを示す。
図1は本発明の開示に基づいて形成された拡張可能な脈管閉塞物除去装置の一部縦断面図である。
図2は図1に示す閉塞物除去装置の基端部の一部拡大縦断面図である。
図3は図2に類似しており、図1に示す閉塞物除去装置の基端部分の別実施例を示している。
図4は図1に示す閉塞物除去装置の先端部分の一部拡大縦断面図であり、収縮位置にある拡張可能な除去エレメントを示している。
図5は図4に類似しており、拡張位置にある拡張可能な除去エレメントを示している。
図6は図1に示す除去装置の別の実施例に基づく先端部分の一部拡大縦断面図である。
図7は図6に類似しており、先端部分の別の実施例を示している。
図8は図7に類似しており、先端部分の更に別の実施例を示している。
図9は図8に類似しており、先端部分の更に別の実施例を示している。
図10は図1に類似しており、先端部分に膨張部材を有する拡張可能な閉塞物除去装置の別の実施例を示している。
図11は閉塞した脈管内腔内に配置された拡張可能な閉塞物除去エレメントの横断面図であり、非閉塞内腔に対する同除去エレメントの整合を示している。
実施例の詳細な説明
本発明は異なる形態の実施例を許容する一方、図面及び本明細書中に示す本発明の開示に基づく実施例は、本発明の原理を例示するものであり、本発明をここに開示するものに限定することを目的とはしない。
本発明の各種の実施例は拡張可能な脈管閉塞物除去装置、脈管内除去エレメント及びこれらに類するものに関する多数の構成を示しており、これらはアテレクトミー、トロンベクトミー(Thrombectomy)及び血管形成術等の複数の異なる脈管内治療を実施するために使用し得る。本発明の実施例は、患者に対する脈管内治療を実施すべくこれらの装置及びこれらの装置に付随する脈管閉塞物除去エレメントを使用した複数の方法を提供する。所望の結果を得るために以下の実施例の異なる開示をそれぞれ独立して使用するか、または組合わせて使用し得る。本実施例は1つの除去エレメントのみを使用する一方、複数の脈管内治療装置の切削プロフィールまたは除去プロフィール、形態、或いは特性を変更する新たな方法を、拡張可能な脈管内除去エレメントの形態にて提供する。
図1は本発明の開示に基づいて形成された拡張可能な脈管内閉塞除去装置10を示す。一般的に、除去装置10は駆動装置組立体12、カテーテル組立体14、及び同カテーテル組立体14の先端18に位置する拡張可能な除去エレメント16を有している。カテーテル組立体14の基端20はマニホルド組立体22に対して連結されており、同マニホルド組立体22は駆動装置組立体12及びカテーテル組立体14の間の連結部を形成している。
図2は駆動装置組立体12及びマニホルド組立体22の構造を更に明確に示す。一般的に、駆動装置組立体12は回転可能な中空駆動軸26を備えた電動モータ24、同モータ24を駆動すべく電気的に直列に接続された複数の電池として例示されている電源28、並びにモータ24及び電源28を電気的に接続する制御スイッチ30を有しており、同制御スイッチ30は同制御スイッチ30の作動により電源28及びモータ24の間における電流の流れを許容し、駆動軸26の回転をもたらす。本発明の実施例において、モータ24はマイクロ・エムオー・エレクトロニクス社(Micro Mo Electronics,Inc.,)から販売されているシリーズ番号2233−04.5Sの直流マイクロモータであり、電源28は3ボルトの一対のリチウム電池である。モータ24は約10,000回転/分の回転速度で駆動軸26を回転可能であるが、別のモータ24の使用により約100,000回転/分といった更に高い速度が可能である。例えば、モータ24としてペンシルヴェニア州バレイ フォージに所在するトランジコイル社(Transicoil Inc.)から販売されている型番号U−222285のブラシレス直流モータに類似したものを使用可能であり、同モータの回転速度は100,000回転/分まで達し得る。駆動軸26をこの速度で回転することにより脈管内腔内治療を更に短時間で実施できるため、更に効果的な閉塞物除去を達成し得る。この結果、除去装置10は約0〜100,000回転/分の範囲内において動作可能である。図2に示すように、駆動軸26は同駆動軸26の基端32がモータ24の基端から延出し、さらには同駆動軸26の先端34が駆動装置組立体12のエレメントを有するハウジング36の先端に位置する開口38から延出するようにモータ24内を通って延びている。この構造の重要性は後から明確になる。
内側中空管またはシース(Sheath)40はハウジング36の内側基端及びモータ24の基端の間に配置されている。この結果、駆動軸26の基端32は内側シース40の中空内部空間内に延びている。内側シース40はステンレス鋼、ニチノール及びこれらに類するものから形成された医療用ガイドワイヤ42を収容するのに十分な寸法を備えた内腔46を形成している。ガイドワイヤ42は、内側シース40内のガイドワイヤ内腔46からハウジング36の基端に位置する開口44を通ってハウジング36の外側まで延ばし得る。モータ24の駆動軸26が中空であることにより、ガイドワイヤ42をカテーテル組立体14内を通し、さらにはマニホルド組立体22及び駆動軸26内まで延ばし得る。ダイアフラム等の流体シール43が駆動軸26の基端32に設けられており、これにより駆動軸26内の流体はハウジング36の内部空間内に漏れることがない。しかし、流体シール43はガイドワイヤ42が駆動軸26から内側シース40内に延びることを許容する適切な構造を備えている。
モータ24の駆動軸26の先端34は中空駆動軸92に対して固定されており、同中空駆動軸92はカテーテル組立体14内を軸方向に沿って延びるとともに、除去エレメント16に対して結合されている。実施例において、駆動軸92は約0.025インチ(約0.64mm)の外径を備えている。更に、中空駆動軸92はガイドワイヤ内腔を形成しており、これにより除去エレメント16からハウジング36の外側まで延びるガイドワイヤ42の通路が許容される。従って、患者の体内にガイドワイヤ42の残置が可能なことにより、除去装置10は患者の体内からの装置10の取出し及び同装置10の再配置の円滑化を可能とするオーバー・ザ・ワイヤ構造(Over−the−wire construction)を備えている。これに対して、従来の装置のうちの幾つかは同装置とともにガイドワイヤの取出しを必要とし、これにより除去対象である閉塞物に隣接した位置へ装置を再配置する際に装置のみならずガイドワイヤも脈管内で案内する必要がある。更に、装置10をガイドワイヤ上に沿って挿入可能なことにより、ガイドワイヤ42の存在は除去装置10の脈管内での案内を促進する。これは幾つかの拡張可能な脈管内装置に対する改良点といえる。
ガイドワイヤ42は駆動装置組立体12及びカテーテル組立体14に対する軸方向に沿った移動が可能である。この結果、ガイドワイヤ42の移動は、収縮位置(図4参照)及び拡張位置(図5参照)の間における除去エレメント16の移動を引き起こす。この動作については以下に詳述する。ガイドワイヤ42は除去エレメント16を収縮位置及び拡張位置の間で移動させるべく同除去エレメント16に対して力を伝達するために十分な強度を有する必要がある。これは医療用ガイドワイヤに加えてエレメントを脈管内において拡張させるための機構を必要とする幾つかの従来の装置との重要な違いである。この結果、拡張可能な脈管内閉塞物除去装置10は、従来の装置のうちの幾つかと比較して実質的に更に簡単な構造を備えている。ガイドワイヤ42の可変長さは、除去装置10の脈管内での案内を促進すべく除去エレメント16の先端側(Distally)に向けて変更し得る。除去装置10の実施例において、ガイドワイヤ42は約0.010〜0.014インチ(約0.25〜0.36mm)の範囲内に属する外径を備えている。
ガイドワイヤ42の軸方向に沿った移動は除去エレメント16の拡張または収縮を引き起こし得るため、駆動装置組立体12は、ガイドワイヤ42の軸方向に沿った移動に対する良好な制御を治療にあたる医師に対して提供する構造を有する。特に、図2に示すように駆動装置組立体12はガイドワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52を有しており、これらはいづれもガイドワイヤ42の軸方向に沿った移動を制御することにより除去エレメント16の拡張または収縮を良好に制御するために使用される。ガイドワイヤ・ロック機構50はガイドワイヤ42を保持する。この際、ガイドワイヤ42はガイドワイヤ・ロック機構50及び制御機構52に対して固定される。これにより、治療にあたる医師は拡張制御機構52を作動させることによりガイドワイヤ42及びガイドワイヤ・ロック機構50を軸方向に沿って移動可能である。これについては以下に更に詳述する。
ガイドワイヤ・ロック機構50は開口44に隣接したハウジング36の基端に位置している。ガイドワイヤ・ロック機構50はピン万力(Pin vise)にほぼ類似した働きを示すとともに、図2に示すワイヤ・ロック・ノブ54及び内側コレット(Inner collet)56を有しており、ガイドワイヤ42は内側コレット56内を通って延びる。ワイヤ・ロック・ノブ54及び内側コレット56は、外側中空管またはシース58の基端に設けられており、同シース58は開口44を通ってハウジング36の内側空間内に延びている。外側シース58はガイドワイヤ42及び内側シース40を収容するために十分な寸法を備えている。外側シース58は以下に更に詳述する拡張制御機構52の動作に対応して内側シース40に対する軸方向に沿った移動が可能であり、内側シース40の外周面に沿って摺動する。この際、内側シース40はハウジング36内において固定された状態に維持される。
内側コレット56の一部は外側シース58の内部空間内に延びており、同内部空間内において同内側コレット56の一部は、ガイドワイヤ42の外周面に対して接触可能である。ワイヤ・ロック・ノブ54は内側コレット56及び外側シース58に対する回動が可能であり、さらには外側シース58の基端上に可変的に螺合されている。この結果、ワイヤ・ロック・ノブ54が内側コレット56及び外側シース58に対して適切に回動された際に、ワイヤ・ロック・ノブ54は、同ワイヤ・ロック・ノブ54及び外側シース58の間における螺合により外側シース58に沿って先端に向かって移動される。これは内側コレット56をガイドワイヤ42の外周面に対して付勢することになる。ワイヤ・ロック・ノブ54は内側コレット56をガイドワイヤ42に対して十分に押圧すべく外側シース58上において回動される。この結果、ガイドワイヤ42はガイドワイヤ・ロック機構50及び外側シース58に対して固定される。しかし、外側シース58は拡張制御機構52の作動に対応して内側シース40、モータ24及び駆動軸26に対する軸方向に沿った移動が可能である。この結果、ガイドワイヤ42は制御機構52の移動に対応した移動が可能である。ガイドワイヤ42に対するガイドワイヤ・ロック機構50の適切な使用により、医師は拡張可能な除去エレメント16の拡張及び/または収縮を適切に変化させ得る。ガイドワイヤ42を内側コレット56による把持及びワイヤ・ロック機構50から開放すべく、ワイヤ・ロック・ノブ54は逆方向に沿って回動される。これにより、内側コレット56の一部が外側シース58から離間し、かつガイドワイヤ42の外周面との接触を解除することが可能である。
除去エレメント拡張制御機構52は外側シース58に対して動作可能に連結されている。この結果、同制御機構52を動作させることにより、外側シース58及びガイドワイヤ42は一緒に移動される。そして、この移動は除去エレメント16の拡張及び/または収縮をもたらす(ワイヤ・ロック機構50がガイドワイヤ42を保持し、同ガイドワイヤ42が制御機構52及び外側シース58に対して固定された場合)。特に、除去エレメント拡張制御機構52は、内側シース40及び外側シース58からハウジング36の細長いスロット62を通って直角に延出する軸60を有している。軸60の一端は、圧縮可能なバネ65によって外側シース58の先端付近に位置する肩部64に対して連結されている。バネ65は軸60を外側シース58から離間する方向に向けて付勢している。軸60の他端はスロット62を通ってハウジング36から延出し、かつ親指パッド66に対して結合されている。親指パッド66はガイドワイヤ42の軸方向に沿った移動を引き起こすべく治療にあたる医師の親指からの力の伝達を促進するように形成されており、拡張可能な除去エレメント16の拡張及び/または収縮に対応している。
ガイドワイヤ42の適切な移動、並びに拡張可能な除去エレメント16の拡張及び/または収縮を促進するための手段がハウジング36内に設けられている。特に、本実施例では、歯の第1のセット68は、同歯68が軸60の長さ方向に沿って延びる軸に対して直交する方向に沿って延び、さらにはハウジング36の隣接部分に沿ってほぼ並行に延びるように軸60に対して取付けられている。軸60が親指パッド66に加えられた力によりバネ65に対抗して移動可能なことにより、歯の第1のセット68はこれに対応した移動が可能である。歯の第1のセット68が歯の第2のセット70と互いに係合し得るように歯の第2のセット70はスロット62に隣接するハウジング36の内面から垂れ下がっている。歯の第2のセット70は、歯68及び歯70が互いに係合した際に、外側シース58がハウジング36に対して固定されるようにハウジング36に設けられている。これによりガイドワイヤ・ロック機構50が作動した際に、駆動装置組立体12、カテーテル組立体14及び除去エレメント16に対するガイドワイヤ42の軸方向に沿った移動が防止される。
ガイドワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52の構造は、以下に詳述するこれらの動作から更に明らかになる。ガイドワイヤ42は駆動軸26、モータ24、内側シース40、外側シース58、内側コレット56及びワイヤ・ロック・ノブ54内を通るように配置されている。ワイヤ・ロック・ノブ54は外側シース58に対して回動される。これにより、ロック・ノブ54及び外側シース58上にそれぞれ形成されたネジ山は、外側シース58に対するロック・ノブ54の先端方向への移動をもたらすべく互いに協働する。ロック・ノブ54の先端方向への移動は、内側コレット56を外側シース58の内部空間内に向けて更に押圧する。内側コレット56が外側シース58内に移動する際、外側シース58内に位置する内側コレット56の一部分は、ガイドワイヤ42の外周面に対して付勢される。ワイヤ・ロック・ノブ54は外側シース58上において回動される。この結果、内側コレット56の一部は、外側シース58及びガイドワイヤ・ロック機構50に対して固定されたガイドワイヤ42を保持するのに十分な力をともなってガイドワイヤ42の外周面に対して付勢される。これにより、ガイドワイヤ42、ガイドワイヤ・ロック機構50及び外側シース58が一緒に移動される。
治療にあたる医師が親指パッド66に対して適切な力を加えることにより、軸60は外側シース58の肩部64に向けて移動され、さらにバネ65は軸60の一端及び外側シース58の肩部64の間で圧縮される。歯70が固定されている一方で、歯68が軸60とともに移動することにより、肩部64に向けた軸60の十分な移動及びバネ65の十分な圧縮は、歯70及び歯68の間の係合を解除する。この結果、治療にあたる医師はガイドワイヤ42、外側シース58、ガイドワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52を軸方向に沿って一緒に移動させるべく親指パッド66に対する力を加えることが可能である。
特に、治療にあたる医師はガイドワイヤ42及び外側シース58を基端側(Proximally)に向けて後方へ移動すべく親指パッド66に対する力を加えることが可能である。この移動は以下に更に詳述するように除去エレメント16の拡張を引き起こす。これらの力が親指パッド66に対して加えられた際、これらの力は外側シース58の肩部64に対して伝達される。外側シース58はハウジング36の開口44に向けて内側シース40の外周面に沿って基端側に向けて摺動される。内側シース40に沿った外側シース58の摺動範囲は、歯68の基端及びハウジング36の隣接する内面の間の係合、並びに細長いスロット62の寸法によって制限され、同スロット62内において軸60の一部は外側シース58とともに移動される。
除去エレメント16の拡張の度合いは、ガイドワイヤ42及び外側シース58の軸方向に沿った基端側への移動距離に直接比例する。この結果、除去エレメント16の拡張及び/または収縮の度合いは、細長いスロット62に隣接したハウジング36上に配置された適切な目盛手段59または目盛手段79によって測定可能である。除去エレメント16の所望の拡張の度合いが達成された後、親指パッド66の開放が可能である。この結果、バネ65は拡張し、歯68を歯70に対して係合させる。歯68及び歯70の間の係合は、ガイドワイヤ42の軸方向に沿った位置及び除去エレメント16の拡張位置を固定する。複数の歯68,70が形成されていることにより、除去エレメント拡張制御機構52は、除去エレメント16の制御された逓増的拡張を可能にする。拡張可能な除去エレメント16を収縮すべく、前記の工程が反復される。但し、この際、治療にあたる医師は親指パッド66及びガイドワイヤ42を先端側に向けて移動させる。
図3は除去エレメント拡張制御機構52の別の実施例を示す。本実施例の構成は以下に示す相違点を除いて図1及び図2に示したものとほぼ同一である。この結果、同一の符号は同様の構造を示す。図2に示す実施例のガイドワイヤ・ロック機構50は図3の実施例に示すものと同一である。
特に、図3の実施例において、除去エレメント拡張制御機構52は拡張ノブ72及びネジ山が螺刻されたハブ74を有している。ハブ74はハウジング36の基端から延出するとともに、同ハウジング36の基端に対して固定されている。更に、ハブ74はハウジング36の開口44及び外側シース58を被覆している。拡張ノブ72は同拡張ノブ72の内周面に螺刻されたネジ山を有しており、同ネジ山はハブ74上に形成されたネジ山との螺合が可能である。更に、拡張ノブ72はハブ74上に配置され、これによりノブ72はハブ74を被覆している。拡張ノブ72はハブ74上において回動可能である。拡張ノブ72及びハブ74のそれぞれに形成されたネジ山は互いに協働し、ハブ74上における拡張ノブ72の回動は、その回動方向に基づいてハブ74に対して拡張ノブ72を基端側または先端側へ移動させる。先端側へ向けた拡張ノブ72の移動は、除去エレメント16の収縮を引き起こす。基端側へ向けた拡張ノブ72の移動は、除去エレメント16の拡張を引き起こす。
除去エレメント16を拡張すべく、拡張ノブ72は同ノブ72がハブ74上を基端側に向けて移動するように回動される。この結果、拡張ノブ72の基端76はワイヤ・ロック・ノブ54の先端に対して当接する。拡張ノブ72を更に基端側へ向けて移動させることにより、ワイヤ・ロック・ノブ54は駆動装置組立体12から基端側に向けて移動される。これにより、ガイドワイヤ42が基端側へ移動される。外側シース58は前記のように内側シース40の外周面に沿って基端側へ向けて一緒に摺動される。ハブ74上における拡張ノブ72の基端側へ向けた移動が適切に制限される。この結果、拡張可能な除去エレメント16の最大寸法が制限される。特に、拡張ノブ72の十分な回動及び基端側へ向けた移動の後に、肩部64の基端はハウジング36の内側基端に対して当接する。
拡張可能な除去エレメント16は、拡張ノブ72の回動方向を逆転させることにより収縮させ得る。拡張位置から収縮位置へ向けた除去エレメント16の移動を促進すべく、コイル・バネ77は図3に示すように肩部64及びモータ24の基端の間に配置されるか、または肩部64及びハウジング36の基端の間に配置される。バネ77は拡張ノブ72がハブ74上を先端側へ向けて移動した際に弛緩する。バネ77の弛緩は外側シース58、ワイヤ・ロック・ノブ54及びガイドワイヤ42を駆動装置組立体12に対して基端側に向けて移動させる。拡張可能な除去エレメント16の拡張及び/または収縮の度合いの適切な表示を医師に対して提供すべく適切な目盛手段59または目盛手段79を拡張ノブ72及び/またはハウジング36上に設け得る。
マニホルド組立体22の構造は図1〜図3に示されている。マニホルド組立体22は駆動装置組立体12をカテーテル組立体16に対して連結している。一般的に、マニホルド組立体22は主内腔78を有している。主内腔78はハウジング36の先端からカテーテル組立体14の基端20にかけて延びている。更に、マニホルド組立体22は同マニホルド組立体22の外側に通じる少なくとも2つのポート80,82を有しており、同ポート80,82は主内腔78に連通している。モータ24の中空駆動軸26はハウジング36の開口38を通って主内腔78内に延びている。駆動軸26はガイドワイヤ42の収容が可能な寸法を備えた内腔を有しており、これによりガイドワイヤ42を駆動軸26内において主内腔78内へ延ばすことができる。
本実施例において、駆動軸26は同駆動軸26の先端34をポート80より更に先端側の位置に配置するために十分な距離にわたって主内腔78内に延びている。一対の流体シール84,86は主内腔78内においてポート80の両側にそれぞれ設けられている。流体シール84,86は主内腔78から駆動軸26の外周面まで延びており、液密シールをこれらの間において駆動軸26の周囲に形成している。長さ方向に沿って延びる開口88は流体が駆動軸26の中空内部空間内に流入することを許容すべく流体シール84及び流体シール86の間において駆動軸26上に形成されている。この構造はポート80の駆動軸26内への流体の注入のために提供することを許容する。注入された流体はガイドワイヤ42の外周面及び駆動軸26の内周面の間における潤滑性を増加させ得る。これはモータ24の作動中に効果を示し、さらには吸引技術を使用した際に脈管内腔内における流体バランスの維持に必要な脈管内治療位置に対する注流を許容する。従って、ポート80は当該技術分野において周知の適切な流体供給源(図示略)に対する連通が可能である。ポート82は患者の体内へのコントラスト媒体(Contrast media)、生理食塩水及び治療薬等の流体の注入を実施し、さらには脈管内治療位置における吸引を実施するために使用可能である。流体シール84,86はポート80,82に関する前記の独立した動作を提供し、さらには主内腔78内に注入された流体がモータ24に対して接触しないことを保証すべく設けられている。注入用流体または吸引用負圧の供給を保証すべくポート82はマニホルド組立体22の先端に連結されたカテーテル・シース(Catheter sheath)90に対して連通されている。カテーテル・シール90は周知の構造を備えるとともに、ポリエチレン、テフロン(商標名)、フッ素重合体及びこれに類するものから形成されている。一実施例において、カテーテル・シース90は約133cmの軸方向に沿った長さ及び約0.060インチ(約1.52mm)の外径を備えており、これにより同カテーテル・シース90を7フレンチ・ガイド・カテーテル(7 French guide catheter)内へ挿入可能である。カテーテル・シース90の基端はカテーテル組立体14の基端20を形成している。
中空駆動軸26の先端34は別の中空駆動軸92に対して固定されており、同中空駆動軸92はカテーテル組立体14のカテーテル・シース90内を通って延びている。この結果、駆動軸24及び駆動軸92は一緒に回転される。駆動軸92に関する新たな構造は図4及び図5に示されている。特に、駆動軸92は内側コイル94を有しており、同内側コイル94はステンレス鋼またはニチノールなどの適切な金属から形成されたワイヤを編みあわせた複数のストランド(Intertwined strands)から構成されることが好ましい。更に、内側コイル94は駆動軸92の回転時に半径方向に沿って拡張するように所定の方向に沿って巻かれている。これによりガイドワイヤ42の外周面及びコイル94の内周面の間のクリアランスが維持されるか、または増加される。内側コイル94の半径方向及び軸方向に沿った拡張を制限すべく、ステンレス鋼またはニチノール等の金属から形成されたワイヤ・ブレード(Wire braid)96はコイル94の外周面の一部を被覆している。内側コイル94及びブレード96を形成するワイヤは円形または平坦な断面形状を有し得る。
ブレード96の一端はコイル94の外周面上に配置されるとともに、ハンダ付け及びろう付け等の適切な手段により同コイル94の基端に対して取付けられている。ブレード96は軸方向に沿って引延ばされるか、または内側コイル94の長さに沿って張力を受ける。これによりブレード96は内側コイル94を形成する各ワインディングの半径方向に沿った拡張を制限する。ブレード96が引き延ばされた際、同ブレード96の一端は内側コイル94の先端98から基端側へ離間した位置において同内側コイル94の一部分に連結されている。この結果、本実施例において、ブレード96は内側コイル94の最も先端に位置する多数のワインディングを被覆していない。しかし、ブレード96を軸方向に沿ったコイル94の長さ全体にわたって拡がるように形成し得る一方、同ブレード96を本発明の範囲から逸脱することなく全体的に排除してもよい。
内側コイル94の外周面に沿ってブレード96に張力が加わることにより、モータ24の作動中におけるコイル94の半径方向に沿った拡張が制限される。これに加えて、内側コイル94の基端部分をブレード96を用いて被覆することにより、コイル94のみを使用した場合より更に大きなトルク剛性(Torque rigidity)が駆動軸92に生じる。拡張可能な除去エレメント16に対するトルクの伝達は相応して増大する。内側コイル94の先端98は基端側に加えられたトルクに対応して更に高い応答性を示す。更に、コイル94の最も先端部分をブレード96で被覆しないことにより、同先端部分は相当柔軟になり、同先端部分の制御性が増大する。この結果、患者の脈管内の急激な湾曲部を介した先端98へのトルクの伝達が更に容易になる。制御性の更なる改善、並びに駆動軸92の外周面及びカテーテル・シース90の内周面の間における摩擦の低減を実施すべく、テフロン等から形成された滑らかなコーティング100が駆動軸92の外周面に形成されている。コーティング100は、加熱により収縮するテフロン製シースとして提供し得る。この際、コーティング100は駆動軸92及び同コーティング100の間における摩擦を低減し、駆動軸92の捻り剛性を増大する。更に、コーティング100は駆動軸92の半径方向に沿った拡張を制限し、さらには駆動軸92内に液密な内腔を形成する。また、コーティング100は駆動軸92及びカテーテル・シース90内に吸引された閉塞物の間に生じる摩擦を最低限に抑えることにより、カテーテル・シース90を通じた適切な吸引を保証可能である。更に、図1、図4及び図5に示すように、カテーテル・シース90の先端は駆動軸92の先端98及び除去エレメント16の基端から装置基端側へ離間した位置に配置されている。注流位置が吸引位置より装置先端側に近い位置に配置されていることにより、脈管内治療位置に対する適切な注流及び吸引の提供が可能である。
内側コイル94の先端98は拡張可能な除去エレメント16に対して固定されている。従って、駆動軸92及び除去エレメント16は一緒に回転する。一般的に、除去エレメント16は複数、好ましくは8本または16本の編組線(Braided wires)102を有している。編組線102の断面形状を平坦な形状、正方形、または三角形とし得る一方、同編組線102の断面形状はほぼ円形の断面であり、かつ約0.002〜0.006インチ(約0.05〜0.15mm)の外径を有していることが好ましい。一実施例において、編組線102は収縮位置において約1.5cmの軸方向に沿った長さ及び約1.25mmの外径を有する除去エレメント16を形成している。除去エレメント16は同除去エレメント16が完全に拡張した位置において、2.5〜4.0mmの範囲に属する外径を形成し得る。
除去エレメント16の除去特性または切削特性を改善すべく編組線102の外周面に対する研削、エッチングまたはコーティングの実施が可能である。コーティングとしてはダイアモンド・グリット(Diamond grit)等の研磨剤105によるコーティングが可能である。グリット・サイズ(Grit size)が約5〜100ミクロンの範囲内に属するダイアモンド・グリットを編組線102上に均一に電気メッキすることが好ましい。しかし、必要に応じてグリットを非対称的に編組線102上に付着可能である。電気メッキ処理は米国特許第3,894,673号及び米国特許第4,018,576号に開示されているものにほぼ等しい。編組線102はニチノール等の超弾性合金または形状記憶合金から形成されていることが好ましい。これは編組線102に対し、他の金属による回復が可能なひずみより更に大きなひずみの回復を可能とする。このひずみ回復力の増大により、繰り返される拡張及び収縮の間、並びに脈管閉塞物との接触の間における編組線102の恒久的変形を抑制し得る。編組線102に対して超弾性合金を使用することにより、除去エレメント16が収縮位置において元の小さな縦断面(Profile)に復帰することが促進される。更に、これは除去エレメント16の脈管内での案内を更に容易にし、かつ除去エレメント16内に位置する脈管閉塞物がその内部に保持されることを保証する。好ましい構造において、拡張可能な除去エレメント16及びカテーテル組立体14は、従来の7フレンチ・ガイド・カテーテル内を通じたカテーテル組立体14及び除去エレメント16の挿入を許容する十分に小さな縦断面を全体的に備えている。
基端部管状体104は接着剤、ハンダ付け、ろう付けまたは溶接などの適切な手段により内側コイル94の先端98に対して取付けられており、編組線102の基端は基端部環状体104の外周面に対して同様な手段で取付けられている。この結果、除去エレメント16を構成する編組線102は、モータ24によって形成された力により駆動軸26,92及び基端部環状体104と一緒に回転される。編組線102の先端は、金属によって形成されることが好ましい先端部環状体106に対して取付けられている。基端部環状体104及び先端部環状体106は、編組線102が同基端部環状体104及び先端部環状体106に対して取付けられた際にX線透視による視認が可能である。先端部環状体106は、編組線102の取付けポイントより先端側に位置するほぼ円錐台状またはテーパ状の切削面108を備えている。従って、先端部環状体106は穴ぐり器(Cutting burr)として機能し得る。同先端部環状体106は密に圧縮された脈管閉塞を貫通するパイロット孔の形成に有効である。切削面108を前記したダイアモンド・グリット等の研磨剤105で被覆し得る。更に、切削面108は錐に類似した形状(Auger−like configuration)を有し得る。
除去エレメント16の編組線102は中空内部空間を形成しており、同内部空は以下に詳述するように脈管閉塞物の取り込みまたは捕獲に使用可能である。中空内部空間に面する編組線102の一部表面に付着された研磨剤105は、捕獲された閉塞物を中空内部空間内に保持することを促進可能である。これに加えて、中空内部空間の寸法はガイドワイヤ42の先端部を収容するために十分な大きさである。特に、開口110は先端部環状体106内に形成されており、これによりガイドワイヤ42を同開口110を通して除去エレメント16の中空内部空間内に挿入し得る。更に、ガイドワイヤ42を、前記した中空内部空間から基端部環状体104内を通って中空駆動軸92、駆動軸26、モータ24、内側シース40、外側シース58及びガイドワイヤ・ロック機構50内を通って挿入し得る。ガイドワイヤ42を前記した距離にわたって通過させるべく、同ガイドワイヤ42は患者の体内における装置10の取出し及び置換を促進するのに適した長さを有するか、または同ガイドワイヤ42を延ばすことが可能である。更に、ガイドワイヤ42は、同ガイドワイヤ42から除去エレメント16の先端へ向けた力の伝達を促進すべくテフロンまたはテフロンを加えたニッケル・メッキ(TEFLON−loaded nickel plating)などの潤滑性を備えた物質による被覆が可能である。除去装置10はマゾラ他により1991年11月8日に出願された同時継続出願である米国特許出願第07/789,183号に開示されている方法に基づいて脈管内における交換が可能である。同米国出願は本発明の譲受人に譲渡されており、同米国出願の開示内容についてはこの開示をもって本明細書中に開示したものとする。
ガイドワイヤ42の先端は座面(Bearing surface)112を有しており、同座面112に関する幾つかの実施例(図6〜図9参照)が可能である。座面112はガイドワイヤ42に対して固定されている。例えば、座面112は滑らかであって、かつ摩擦の小さな表面を備えたガイドワイヤ42上に嵌め込まれた短い管、ベアリングまたはビーズ(Bead)120(図6参照)、ブレーズ(Braze)またはソルダ・フィレット(Solder fillet)122(図7参照)、或いはガイドワイヤ42上のセンターレス・グラウンド・バンプ124(Centerless ground bump)(図8参照)であり得る。座面112は放射線不透過性コイル114の基端に位置しており、同放射線不透過性コイル114はガイドワイヤ42の最も先端の部分を形成している。コイル114はプラチナまたは他の適切な物質から形成可能であり、一実施例において約3cmの軸方向に沿った長さ及び約0.014インチ(約0.36mm)の外径を備えている。座面112の寸法は環状体106内の開口110の対応する寸法より大きく、これによって座面112は環状体106の先端を押圧する。これに関する重要性については以下に更に詳述する。例えば、座面112は約0.016インチ(約0.41mm)の外径を有し、開口110は約0.010〜0.014インチ(約0.25〜0.36mm)の内径を備え得る。前記のように、ガイドワイヤ42の外周面は、ガイドワイヤ42及び駆動軸26,92の間の摩擦を最低限に抑制すべくテフロン及びフッ素重合体を含む金属コーティング(Fluoropolymer−loaded metallic coating)並びにシリコン散布(Silicone dispersion)などによって形成された滑らかなコーティングによって被覆可能である。閉塞物除去装置10の作動中、ガイドワイヤ42は駆動軸26,92内に残置され、かつ軸方向に沿った移動を防止すべくワイヤ・ロック機構50によって固定されるため、このような被覆が望ましい。
ここに開示した閉塞物除去装置10の基本的構造とともに、装置10の拡張可能な除去エレメント16の構成及び利点は、以下に詳述する装置10の動作から更に明確となる。この記述は本発明を例示するものであり、本発明の範囲の限定を目的としていない。
ガイドワイヤ42は患者の体内へ脈管を通じて挿入され、かつ脈管内治療位置まで案内される。放射線不透過性コイル114は除去する脈管閉塞物を越えて更に前方へ配置し得る。ガイドワイヤ42の基端は、先端部環状体106内を通って除去装置10内に挿入され、さらには患者の脈管内において先端部環状体106の先端が座面112の基端に隣接した位置に配置されるまで除去装置10の更に基端側に位置する部分の内部を通って案内される。この操作はガイドワイヤ42が十分な長さ、即ち交換長さ(Exchange length)を有している場合に実施し得る。更に短い長さを備えたガイドワイヤ42を使用する場合、同ガイドワイヤ42を除去エレメント16内に予め挿入しておくことができる。そして、ガイドワイヤ42及び除去エレメント16は患者の脈管内に一緒に挿入される。ガイドワイヤ42の脈管内での案内を促進すべく除去エレメント16の更に前方にガイドワイヤ42の十分な長さを配置し得る。
除去エレメント16は同除去エレメント16が図4に示す収縮位置にある場合にガイドワイヤ42上に沿って患者の脈管内に挿入される。好ましい使用方法において、除去装置10はガイド・カテーテルまたは誘導シース(Introducer sheath)内を通じて同一要領にて患者の脈管内に挿入される。このようなガイドを使用する場合、ガイド・カテーテルに対して装置10を軸方向に沿って移動させることによって生じる患者の血液の損失を制限すべく流体シールをガイド・カテーテル及び装置10の間に提供可能である。この結果、ガイド・カテーテル及び除去装置10の間の内腔を通る血液または他の体液の逆流を制限し得る。
内側コイル94の先端98及び座面112の基端の間の軸方向に沿った長さは、除去エレメント16を構成する編組線102の軸方向に沿った完全な弛緩または拡張を許容し、半径方向に沿った除去エレメント16の収縮を許容するために十分な長さである。除去エレメント16が収縮位置にある場合、座面112の基端は先端部環状体106の先端に対して接触しない。除去エレメント16は同除去エレメント16が収縮位置にある際に小さな縦断面を備え、かつ駆動軸92の外径より僅かに大きな外径を有している。この小さな縦断面は除去エレメント16の脈管内における案内を促進する。
除去エレメント16は除去される閉塞物に隣接して配置される。幾つかの実施例において、ガイドワイヤ42のコイル114は閉塞を越えて配置する必要がある。しかし、他の実施例において、これを必要としない場合があり得る。治療にあたる医師が除去エレメント16を図5に示す拡張状態に向けて移動することを望む場合、医師はガイドワイヤ42を前記のようにガイドワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52に関連して基端側へ移動させる。医師がガイドワイヤ42を基端側へ移動させるとともに、患者の脈管系内に配置されたガイドワイヤ42の長さが減少する。これに対応して、座面112及び先端部環状体106の間の軸方向に沿った長さは、座面112の基端が先端部環状体106の先端に対して当接するまで減少する。ガイドワイヤ42は基端側に向かって継続的に移動され、先端部環状体106及び内側コイル94の先端98の間の軸方向に沿った距離が減少する。拡張可能な除去エレメント16を構成する編組線102は、軸方向に沿って圧縮され、これによって同除去エレメント16が半径方向に沿って拡張される。
除去エレメント16が所望の度合いまで拡張された場合、除去エレメント制御機構52の親指パッド66が開放され、除去エレメント16の拡張位置が維持される。除去エレメント16が所望の度合いまで拡張されたか否かは、駆動装置組立体12の目盛手段59または目盛り手段79の確認によって検証される。医師が除去エレメント16を半径方向に沿って収縮させることを所望する場合、医師は前記したようにガイドワイヤ42を先端側に向けて移動させる。ガイドワイヤ42、ガイドワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52の適切な操作により、除去エレメント16は多数の異なる形状及び寸法を有し得る。これにより、除去エレメント16を患者の脈管内から取出す必要をともなうことなく除去エレメント16の切削プロフィールまたは特性が変更される。これにより、脈管内治療の実施における更に高い柔軟性を医師に対して提供可能であり、さらには複数の器具の使用を必要としないことにより脈管内処置のコストを低減可能である。
前記した理由に基づき拡張可能な脈管内除去エレメントの使用が非常に望ましい一方、これら脈管内カッター(Intravascular cutters)の最大寸法を制限することが重要である。拡張可能な除去エレメントを過度に拡張しないことが重要である。拡張可能な脈管内除去エレメント16の半径方向に沿った拡張を制限する幾つかの手段を詳述したが、更に別の安全機構を設けることが望ましい。例えば、図1、図4及び図5に示す除去エレメント16の拡張は、先端部環状体106の基端118及び内側コイル94の先端98の間の接触により制限される。図6〜図9に示す本発明の実施例は除去エレメント拡張制限手段の新たな構造を示しており、同除去エレメント拡張制限手段は拡張可能な除去エレメント16内に含まれている。これに加えて、これらの図は前記した座面112の幾つかの構造を示している。
図6に示す構造116では、内側コイル94の先端98は基端部環状体104内を通って同基端部環状体104より更に先端側において、編組線102によって形成された除去エレメント16の中空内部空間内に延びている。これは除去エレメントの半径方向拡張制限手段の現時点における好ましい実施例である。内側コイル94の先端98は除去エレメント16の内部空間内に特定の距離にわたって延びており、これは対応する距離により編組線102の半径方向に沿った拡張を制限する。換言するならば、構造116の先端部環状体106の基端118は、基端側へ向けたビーズ120及びガイドワイヤ42の最大移動が実施された場合、図1、図4及び図5の実施例に示す先端部環状体106の基端118が移動した距離より更に短い最大距離にわたって移動される。先端部環状体106の基端118及び内側コイル94の先端98の間の接触は、除去エレメント16の軸方向に沿った圧縮及び半径方向に沿った拡張を制限する。基端118が先端98に対して当接した場合、ガイドワイヤ42及びビーズ120の基端側へ向けた更なる移動が阻止されるため、軸方向に沿った除去エレメント16の更なる圧縮が防止される。この結果、構造116の除去エレメント16は、図1、図4及び図5の実施例に示す除去エレメント16の半径方向に沿った拡張の最大距離より更に短い所定の最大距離にわたって半径方向に沿って拡張し得る。
図7は脈管閉塞物除去装置10の先端部分の別構造126を示す。構造126は内側コイル94の一部分上に位置する引き延ばされたワインディング128の形態をなす除去エレメント半径方向拡張制限手段を使用しており、内側コイル94は構造116に関して前記したものとほぼ同一の要領で除去エレメント16の内腔内に延びている。しかし、構造126では、内側コイル94の先端98はハンダ付け、溶接、ろう付けまたはこれらに類似した手段により先端部環状体106に対して固定されている。この結果、ガイドワイヤ42が基端側に向けて移動され、フィレット122が先端部環状体106に対して当接した場合、除去エレメント16の中空内部空間内に位置する拡張したワインディング128は、各ワインディング128の両側にそれぞれ配置された互いに隣接するワインディング130A及びワインディング130Bが互いに接触し合うまで収縮される。除去エレメント16が弛緩した収縮位置にある場合、除去エレメント16の軸方向に沿った収縮及び半径方向に沿った拡張は、除去エレメント16の内部空間内に配置された互いに隣接するワインディング130A及びワインディング130Bの間の距離の合計によって制限される。
図8は除去エレメントの半径方向拡張制限手段の別実施例を示している。半径方向拡張制限手段はハイポチューブ(Hypotubes)等からなる2つの管132,134の形態をなしている。管132は接着剤、ハンダ付け、ろう付けまたは溶接等の適切な手段によって内側コイル94の最先端に位置するワインディングの内面に対して固定され、さらには同様な手段により基端側環状体104に対して取付けられている。これにより、駆動軸92から除去エレメント16への適切なトルク伝達が保証される。管132は、同管132の先端136を中空内部空間内に配置すべく除去エレメント16の中空内部空間内に所定の長さにわたって延びている。
管134は同様の手段により先端部環状体106に対して固定されている。更に、管134は同管134の基端138を除去エレメント16の中空内部空間内に配置すべく基端側に向かって同中空内部空間内に延びている。この結果、管132の先端136は管134の基端138から所定の距離にわたって離間した位置に配置される。これにより、半径方向に沿って拡張可能な除去エレメント16の軸方向に沿った圧縮が制限される。管132,134はガイドワイヤ42を挿入するために十分な内径をそれぞれ備えている。この結果、本実施例に基づく除去エレメント16は他の実施例同様に半径方向に沿って拡張される。ガイドワイヤ42及びバンプ(Bump)124が基端側に向かって移動した場合、バンプ124は先端部環状体106に対して当接し、さらには先端部環状体106及び管134を基端側へ向けて押圧する。編組線102は、管132の先端136が管134の基端138に当接するまで半径方向に沿って拡張される。この当接は除去エレメント16の半径方向に沿った移動を制限する。従って、管132,134の長さ、並びに先端136及び基端138の間の距離は、除去エレメント16の半径方向に沿った最大拡張を決定する。
図9は構造140内に配置された除去エレメントの半径方向拡張制限手段の別の実施例を示す。管134は排除され、管132は図8の実施例と比較して更に長く形成されている。除去エレメント16が完全に拡張した場合、先端部環状体106の基端118は管132の先端136に対して当接する。この結果、除去エレメント16の中空内部空間内における管132の長さ、並びに管132の先端136及び先端部環状体106の基端118の間の距離は、除去エレメント16の半径方向に沿った最大拡張を決定及び制限する。
幾つかのケースにおいて、脈管閉塞物除去の実施と併せてバルーン式血管形成術を実施することが望ましい場合がある。図10はこの要望に基づいた拡張可能な脈管内閉塞物除去装置142の別の実施例を示している。除去装置142は以下に示す違いを除いて除去装置10にほぼ類似している。このため、類似した構造は同一符号を用いて示す。本実施例に示す除去装置142はロック・ノブ54及び親指パッド66を備えているが、本発明の各種実施例のエレメントをあらゆる所望の形態に組合せてもよい。
除去装置142は新たなマニホルド組立体144及び新たなカテーテル組立体146を有しており、これらはマニホルド組立体22及びカテーテル組立体14とは異なる。特に、マニホルド組立体144はポート82より先端側に位置する第3のポート148を有している。バルーン式血管形成術を実施すべく膨張部材158を膨張させるためにカテーテル組立体146に対する流体の供給を行うべく、ポート148は当該技術分野において周知の適切な流体供給源(図示略)に対して接続可能である。ポート148はカテーテル組立体146の基端150よりも先端側に配置されている。
カテーテル組立体146は駆動軸用内腔154及び流体膨張用内腔156などの少なくとも2つの内腔を備えたカテーテル・シース152を有している。駆動軸92は駆動軸26の先端34から基端部環状体104まで駆動軸用内腔154内を通って延びており、同駆動軸用内腔154はカテーテル・シース90同様に注入及び吸引のために使用し得る。駆動軸用内腔154はマニホルド組立体144から基端部環状体104までほぼ延びている。
血管形成術用バルーンにほぼ類似した構造を有する膨張部材158は、カテーテル組立体146上において同カテーテル組立体146の先端160及び駆動軸用内腔154の先端から基端側へ離間した位置に配置されている。膨張用内腔156はポート148から膨張部材158の基端162まで延びている。そして、膨張用内腔156は従来的に膨張装置(Inflation device)と称される流体供給源及び膨張部材158の間における流体の流動を許容し、これによって膨張部材158の膨張及び収縮を引き起こす。膨張部材158の脈管内配置を促進すべく放射線不透過性マーカー・バンド(Radiopaque marker band)164が駆動軸用内腔154の外周面上に設けられている。従って、治療にあたる医師は脈管内に位置する膨張部材158をX線透視により視認可能である。膨張部材158の脈管内における膨張は、治療を実施する脈管内腔内における血流の閉塞を実施し、さらには必要に応じてバルーン式血管形成術の実施を可能にする一方、除去装置142の作動時に同除去装置142の先端部分に対する更なる安定性を提供する。除去装置142の使用により医師は1つの器具を使用した脈管閉塞物の切削、除去及び/または脈管閉塞物の血管形成術に基づく転位を実施可能である。
更に、本発明に基づく各種の実施例は、脈管閉塞物の除去または転位などの脈管内治療を実施するための新たな方法を多数提供する。これらの方法は複数の工程を有しており、このうちの幾つかの工程の詳細は既に説明済みである。従って、以下の方法に関する説明において、適当と思われる箇所では、前記の詳細な説明を再度詳述する代わりに同記述を簡単に引用する。
拡張可能な脈管内閉塞物除去装置10または142は、大腿動脈などに通じる適切な穿刺または他の入り口を介して患者の脈管系内に周知の要領に基づいて挿入される。この時点において、拡張可能な除去エレメント16は、図4に示す半径方向に沿った収縮位置にある。除去エレメント16が収縮位置にある場合、除去装置10または142が小さな縦断面を備えていることにより、除去装置10または142のうちの脈管内に配置される部分を従来の7フレンチ・ガイド・カテーテルを通じて挿入可能であり、これは当業者にとって周知のことである。除去装置10または142は、前記したように環状体106の先端が座面112に隣接するまで、脈管内治療位置に隣接して既に配置されている医療用ガイドワイヤ42上に沿って移動される。次いで、収縮位置にある拡張可能な除去エレメント16が除去対象となる脈管閉塞物に隣接して配置される。
適切な流体供給源から生理食塩水及び治療薬等の流体をマニホルド組立体22または144上のポート80へいつでも注入し得る。流体はポート80を通り、さらには流体シール84及び流体シール86の間に位置する主内腔78の一部に流入する。更に、流体はそこから開口88を通って駆動軸92の中空内部空間内に流入する。流体は駆動軸92の軸方向に延びる長さに沿って流れ、拡張可能な除去エレメント16の編組線102によって形成された中空内部空間内に流れる。流体は同流体を脈管内治療位置に注入すべく編組線102の互いに隣接し合う部分の間に形成された空間を通って流れる。これは吸引を実施した場合に、脈管内腔内における流体の維持を提供可能である。
患者に注入する別の流体または脈管内治療位置における吸引を行うための負圧を適切な供給源からポート82へいつでも供給し得る。流体または負圧はポート82を通じてカテーテル・シース90または152の中空内部空間に供給され、次いでそこからカテーテル組立体14または146の先端18または160に隣接する脈管内腔内へと供給される。前記した駆動軸92の先端及びカテーテル・シース90または152の相対的位置により、治療位置に対する効果的な吸引を実施可能である。特定の血栓等の脈管閉塞物については、同脈管閉塞物を脈管表面または別の閉塞から吸引を用いて簡単に除去し得ることから、この効果的吸引の実施は重要である。
除去する脈管閉塞物に対して適切に配置された拡張可能な除去エレメント16を使用した場合、医師はガイドワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52に関する前記の方法を実施することにより除去エレメント16を所望の大きさまで拡張可能である。除去エレメント16は同除去エレメント16を可変的に拡張及び/または収縮することにより複数の位置へ移動可能である。この結果、1つの閉塞物除去装置10または142を使用することにより拡張可能な除去エレメント16に関する複数の寸法、形状、プロフィール及び特性を実現し得る。除去エレメント16の制御された逓増的拡張及び逓減的収縮は、複数の器具の使用を必要としないため脈管内治療に要する費用を削減し、さらには脈管内治療の実施における更に大きな柔軟性を医師に対して提供し得る。これは従来の幾つかの脈管内治療装置に対する大きな改善といえる。これに加えて、除去エレメントの半径方向拡張制御手段の各種の構造により、除去エレメント16の過度の拡張防止が保証される。これにより、患者に対する怪我の可能性を低減し得る。
除去装置142の使用により、拡張可能な除去エレメント16の拡張前または拡張後において、前記したポート148への加圧流体の供給により適切な圧力で膨張部材158を膨張させ得る。加圧流体はポート148及び内腔156を通じて膨張部材158の内部空間内に流入する。膨張部材158の十分な膨張により同膨張部材158の外周面が脈管内腔の内面に対して接触する。膨張部材158は約4〜8気圧の圧力まで膨張可能である。更に、膨張部材158は同膨張部材158の作動時に除去装置142の先端部分を中心に配置し、かつ同先端部分を安定化し得る。膨張部材158の膨張は、治療を行う脈管内における血流の閉塞に使用し得る。
除去装置10,142は拡張可能な除去エレメント16の拡張及び/または回転により脈管表面または脈管閉塞から脈管閉塞物を除去し得る。編組線102は互いに隣接する同編組線102間に空間を形成している。拡張可能な除去エレメント16が同編組線102によって形成されていることにより、除去エレメント16を拡張した際に脈管内腔内における流体の流動が閉塞されない。膨張部材158より更に先端側において装置142から脈管構造内に注入された流体は、ブレード102間に形成された空間を通って流出し、さらには除去エレメント16の更に前方に位置する患者の脈管内に流入する。
閉塞物が除去エレメント16の半径方向に沿って同除去エレメント16の上方に位置する場合、編組線102の適切な拡張は、編組線102の表面に位置する研磨剤105または他の切削面が閉塞物の一部に切り込むことを可能にする。編組線102を用いた半径方向に沿った脈管閉塞物の切削により、同脈管閉塞物の一部は互いに隣接する編組線102間に形成された空間を通過し、さらには同編組線102によって形成された除去エレメント16の中空内部空間内に捕獲される。編組線102の拡張は閉塞物を切削するための半径方向に沿った切削ベクトル(Cutting vector)を限定する。この半径方向に沿った切削は、脈管閉塞物の成分または硬度に依存する。必要に応じて、拡張可能な除去エレメント16を収縮位置に移動可能であり、これにより閉塞物は編組線102によって形成された中空内部空間内に閉じ込められる。除去エレメント16は必要に応じて患者の脈管内から取出し可能である。この際、閉塞物は編組線102に付随する弾性力により除去エレメント16の中空内部空間内に保持される。捕獲物は同捕獲物に対する生検または他の処置を実施すべく後から回収される。
幾つかの閉塞物は前記した方法による除去が困難である。例えば、幾つかの閉塞物は比較的硬いか、または石灰化している。これは除去エレメント16を拡張した際に編組線102を用いた閉塞物への切り込みを困難にする。この際、除去エレメント16は編組線102の外周面が閉塞物によって形成される内面に対して接触するように拡張可能である。換言するならば、除去エレメント16は脈管の特定部分の非閉塞部直径(Non−occluded diameter)を僅かに上回る切削径を形成すべく拡張される。脈管内腔の直径と同一の直径まで切削エレメントを拡張させる幾つかの従来の方法と比較した場合、除去エレメント16の直径を脈管内腔の非閉塞部直径より僅かに大きな寸法まで拡張することにより、更に効果的で、かつ効率的な閉塞物の除去が可能となる。除去エレメント16は、ガイドワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52に関する前記の方法に基づいて拡張され、かつその拡張位置に固定される。除去エレメント16の半径方向に沿った最大拡張は、前記の半径方向拡張制限手段により制限される。
拡張位置に適切に固定された場合、医師は制御スイッチを作動させることにりモータ24を駆動する。モータ24は駆動軸26を回転し、同駆動軸26の回転により駆動軸92がカテーテル・シース90または152内において回転される。更に、除去エレメント16は駆動軸26,92とともに回転される。除去エレメント16の回転により、編組線102の表面に位置する鋭利なエッジまたは研磨剤105の粒子は、脈管内腔面または脈管閉塞から脈管閉塞物を切削、研磨、削磨、または除去する。
編組線102の回転は任意の編組線102及び閉塞物の間の界面に対して正接する方向に沿った切削ベクトルを限定する。切除された閉塞物は互いに隣接する編組線102間に形成された空間を通過し、さらには除去エレメント16を構成する編組線102によって形成された中空内部空間内に捕獲される。この切除物は前記したように除去エレメント16の収縮の後に同除去エレメント16内に閉じ込められ、さらには除去エレメント16とともに患者の脈管内から取出される。これに代えて、ポート148に供給された負圧を用いることにより切除した脈管閉塞物をカテーテル・シース90または152の内部空間内に吸引し得る。従って、切除された脈管閉塞物を患者の脈管から除去する少なくとも2つの方法が存在する。
十分な量の脈管閉塞物が除去エレメント16の回転により切除された後、脈管内腔の非閉塞部直径は更に大きくなっている。しかし、更に別の閉塞物が脈管内腔内に残存していることがある。この場合、更に多くの閉塞物を切除し、脈管内腔の非閉塞部直径を更に拡大することが望ましい場合がある。これを実施すべく、拡張可能な除去エレメント16は、脈管内腔の非閉塞部直径より僅かに大きな切削径(Cutting diameter)を限定すべく前記した方法の工程に基づいて更に半径方向に沿って拡大される。除去エレメント16の切削径を小さな切削径から大きな切削径まで逓増的に拡張する工程は、所望の非閉塞部直径が脈管内に形成されるまで必要な回数にわたって反復可能である。この逓増的切削の工程は、非閉塞部直径より僅かに大きな切削径を常に使用することにより閉塞物の更に効率的な除去を可能にする。除去エレメント16の拡張性は、1つの脈管内装置10または142のみを使用した前記の処置の実施を可能にする。
特定の脈管内腔内に互いに離間する複数の閉塞が存在する場合がある。この際、第1の閉塞が存在する部分の内腔の脈管再生を行うために同第1の閉塞から十分な閉塞物が除去された後、第2の閉塞から閉塞物を除去すべく除去エレメント16を同第2の閉塞に隣接して脈管内に再配置できる。弾性部材158が膨張した状態にある場合、除去エレメント16の再配置を実施すべく同弾性部材158を収縮させる必要がある。更に、除去エレメント16は収縮位置への移動を要する。除去エレメント16、膨張部材158及びカテーテル組立体14,146の先端部分は、除去装置10または142の脈管内移動を促進すべく小さな縦断面を呈する。これにより、除去装置10または142は第2の閉塞から閉塞物を除去すべく自在に再配置可能である。本発明の幾つかの実施例において、駆動軸92及び切削エレメント16はカテーテル・シース90に対する軸方向に沿った移動が可能であり、これにより除去エレメント16の脈管内再配置が促進される。
除去エレメント16が第2の閉塞に隣接して適切に配置された後、同除去エレメント16を前記のように拡張可能であり、同一の閉塞物除去工程の実施が可能である。収縮位置にある編組線102が形成する外径より更に小さい非閉塞部直径を形成する閉塞が幾つか存在し得る。この場合、編組線102及び閉塞物の間における効果的な切削のための接触が阻害され得る。しかし、非閉塞部直径がガイドワイヤ42のコイル114及び座面112の通過を許容する十分な大きさを備えている場合、除去エレメント16を使用して閉塞物を除去し得る。
この場合、ガイドワイヤ42のコイル114及び座面112は、先端部環状体106上の切削面108を閉塞の基端に対して接触させるのに十分な長さにわたって非閉塞部直径を介して挿入される。切削面108は先端部環状体106の回転時に脈管閉塞物の除去を促進する形状または研磨剤105を有している。これに加えて、切削面108には図に示すようにテーパが付けられている。この結果、相対的に更に小さな直径部分が閉塞物と接触することになる。
モータ24が駆動され、この駆動により除去エレメント16及び先端部環状体106が回転し、切削面108が閉塞物内に孔を開け始める。切削面108の切削動作は脈管内腔内において実質的に長さ方向または軸方向に沿って行われ、切削面108は閉塞または脈管表面から閉塞物を削り取ることができる。これにより、脈管内腔内における非閉塞部直径が更に増大する。勿論、除去物を患者の体外へ搬送すべく吸引を実施可能である。医師は閉塞内を通って切削面108を前方に向けて移動すべく、切削面108が回転している際に除去装置10または142に対して軸方向に沿った力を加え得る。切削面108にテーパが付いていることにより、切削面108及び付随する除去装置10または142が脈管内腔内において前方に向かって移動する際に、逓増する切削径が脈管閉塞に接する。この結果、切削面108は小さな切削径から始まり、次いで連続的に更に多くの閉塞物が除去されるにつれて次第にその直径を増大することにより前記した閉塞物除去工程とほぼ同一の工程を実行する。
切削面108は閉塞を長さ方向に沿って貫通する拡大した直径を備えたパイロット孔を形成すべく閉塞に対抗して回転され、かつ、これと同時に閉塞内を前進する。切削面108のうちの更に基端側に位置する部分が閉塞物に対して接触した際、切削面108は切削面108及び閉塞物の間の界面に対して正接する方向に沿った切削ベクトルに沿って閉塞物を切削可能である。切削面108のうちの最も基端側に位置する部分は、図4に示す収縮位置にある際に編組線102が形成する外径とほぼ同一の外径を形成している。この結果、切削面108によって形成されたパイロット孔は、収縮位置にある除去エレメント16を挿入するために十分な直径を備えている。従って、パイロット孔が形成された後、モータ24を停止し得る。モータ24の停止により除去エレメント16及び切削面108の回転が停止される。拡張可能な除去エレメント16をパイロット孔内に配置可能である。更に、膨張部材158が設けられている場合、装置142の先端部分に対する更なる安定性を提供するか、または脈管内腔内の血流を閉塞するために同膨張部材158の膨張を実施可能である。この時点において、拡張可能な除去エレメント16を前記の手順に基づいてパイロット孔内において拡張し得る。この拡張により、編組線102は閉塞物に対して付勢される。モータ24を再度駆動可能であり、これにより回転する除去エレメント16は更に別の閉塞物を除去し得る。勿論、ガイドワイヤ42は駆動軸26,92から独立して移動するため、除去エレメント16をモータ24が回転している間に拡張可能である。
十分な閉塞物が除去された後、閉塞の残存物の全てを転位させるべく脈管内腔内においてバルーン式血管形成術を実施することが望ましい場合がある。閉塞物除去及び閉塞残存物の血管形成術的転位の両方を実施すべく、除去装置142が使用される。モータ24及び拡張可能な除去エレメント16の回転が停止した後、除去エレメント16は収縮位置まで移動される。この結果、除去装置142の編組線102は小さな縦断面を形成する。除去エレメント16の作動時に膨張部材158が膨張した状態にある場合、前記した圧力の流れを逆転させることにより同膨張部材158を収縮する必要がある。この結果、除去装置142の先端部分全体は、同除去装置142の脈管内移動を促進すべく小さな縦断面を形成する。
除去装置142のカテーテル組立体146は、閉塞残存物に隣接した位置に収縮した膨張部材158を配置すべく脈管内腔内を前方に向けて移動される。マーカー・バンド164は膨張部材158の位置をX線透視により視認可能とするため、医師にとって閉塞残存物に対する膨張部材158の適切な配置は容易である。膨張部材158は同膨張部材が適切な位置に配置された後に残存物を転位させ、かつ脈管内腔の更なる脈管再生を実施すべく一般的に約4〜8気圧の十分な圧力で前記のように膨張させ得る。
更に新たな閉塞物除去方法は収縮位置になる除去エレメント16を閉塞物の更に前方に配置することから始まる。除去エレメント16は前記のように拡張され、次いで閉塞まで内腔内を基端側に向けて移動される。除去エレメント16が駆動される。これにより回転する除去エレメント16は、閉塞との接触の後に同閉塞の先端から閉塞物を除去する。除去エレメント16は内腔を脈管再生するのに十分な量の閉塞物が除去されるまで連続的に基端側に向けて移動可能である。
更に新たな脈管閉塞物の除去方法に基づき、除去エレメント16を脈管内腔内に挿入し、かつ脈管閉塞に隣接した位置に配置可能である。除去エレメント16を内腔のうちの閉塞が発生していない部分の直径などに代表される特定の直径まで前記の方法により拡張し、さらには閉塞まで脈管内を前進させることができる。除去エレメント16は閉塞に対して付勢され、拡張したブレード96を形成する編組線102は閉塞物に切り込む。次いで、除去エレメント16は閉塞から引戻され、そして閉塞まで更に前進させることが可能である。あらゆる時点において、閉塞物の成分を断定するために除去エレメント16を収縮させ、かつ引戻すことができる一方、異なる切削径を形成すべく同除去エレメント16を収縮するかまたは更に拡張し得る。この方法の工程は必要に応じて何回でも繰り返し得る。
本発明の開示に基づく更に別の方法は、除去エレメント16によって提供される新たな特性の利点を利用している。即ち、除去エレメント16は同除去エレメント16に加えられた力を吸収し、かつこの力に対応して変形または偏向する。この新たな特性は図11を参照することにより更に明確になる。図11は閉塞物168によって閉塞された脈管内腔166の横断面を示す。閉塞物168は脈管内腔166内の非閉塞部直径を限定する距離だけ脈管内腔166からオフセットした偏心面(Eccentric surface)170を形成している。除去エレメント16は非閉塞部直径内に挿入され、さらには除去エレメント16の外周面が偏心面170と接触するまで前記の要領にて拡張される。除去エレメント16は同除去エレメント16の拡張または回転に付随する力など除去エレメント16に加わる力を吸収し得る。従って、除去エレメント16は偏向または変形することにより、対応する偏心面170の形状を補足する形状を有し得る。この結果、除去エレメント16は閉塞形態の変化に対応可能である。
除去エレメント16が補足形状(Complementing configuration)を呈した後、モータ24が駆動され、そして除去エレメント16が非閉塞部直径内において回転される。編組線102によって形成されたブレード96の偏向は、長さ方向または軸方向に沿った切削動作及び半径方向に沿った切削動作、或いはベクトルの対応した減少を招来する。除去エレメント16の弾性によりクッションを備えた更に柔軟な接触が健康な組織及び除去エレメント16の間に形成されるため、健康な組織を切除する危険性を低減し得る。これに加えて、除去エレメント16の形状が閉塞物168の形状に一致していることにより、エレメント16の回転時に脈管内腔166のうちの領域174に加わる除去力より更に大きな除去力を閉塞物168のうちの符号172によって示される領域に対して集中し得る。特に、切削力を領域174上に均等に分散できる。これにより脈管閉塞物168のより効率的な除去を実施し得る。
更に、除去エレメント16の弾性により、更に別の脈管閉塞物の除去方法が提供される。特に、この方法に基づく場合、除去エレメント16は閉塞物168を除去すべくブレード96が閉塞に対して適切に配置されるように閉塞によって収縮または小さくなった内腔内に配置し得る。この時点において、同一内腔の非閉塞部直径、即ち閉塞物が除去された脈管内腔の直径と同一の直径を形成すべく除去エレメント16を拡張するために、ワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52を前記の要領にて作動させ得る。
図11に示すように、除去エレメント16は偏心面170の形状に一致した形状を形成すべく拡張される。しかし、閉塞物168は除去エレメント16が非閉塞部直径を形成すべく即座に拡張することを阻止する。このため、ブレード96は拡張力を吸収し、かつ同拡張力を弾性エネルギーの形態で蓄積する。この蓄積された弾性エネルギーは除去装置10または142の作動時に除去エレメント16が実質的に自力で拡張することを可能にする。
特に、モータ24が駆動されることにより、除去エレメント16が内腔166内における回転を開始し、閉塞から脈管閉塞物168が除去される。連続的に閉塞物168が閉塞から次々と除去される際、ブレード96内に蓄積された弾性エネルギーが解放され、除去された閉塞物168の量に対応した除去エレメント16の更なる拡張が生じる。蓄積された弾性エネルギーは、ブレード96の拡張が除去エレメント拡張制御機構52によって表示された度合いに達するまで、更に多くの閉塞物168が除去されるのにともなって連続的に解放される。除去エレメント拡張制限手段は、除去エレメント16が過度に拡張されないことを保証する。除去エレメント16は十分な量の閉塞物168が除去され、かつ蓄積された弾性エネルギーが解放された際に拡張を停止する。この時点において、拡張したブレード96によって形成された直径は、脈管内腔166のオリジナルの非閉塞部直径にほぼ等しい。
除去エレメント16の自動拡張性は、更に新たな別の脈管閉塞物の除去方法を提供する。この方法の場合、除去エレメント16が特定の所定形状を形成するように同除去エレメント16の予備形成または拡張が実施される。除去エレメント16を所定の形状に形成することにより、同除去エレメント16はこの形状の記憶を付与される。エレメント16をニチノールなどの形状記憶合金から形成することにより、効果的な形状記憶または形態記憶が保証される。この予備形成された形状は脈管内への挿入及び案内に適した寸法を有していることが好ましい。予備形成された除去エレメント16は、脈管内腔内において非閉塞部直径を限定する閉塞物に隣接して配置される。次いで、除去エレメント16は閉塞されていない内腔内に挿入される。
閉塞物に対する除去エレメント16の接触により、編組線102に対する力が加わり、除去エレメント16を変形する。除去エレメント16を構成する編組線102の弾性は、図11に示すように同エレメント16の変形を許容するか、または同エレメント16が閉塞物によって形成された形状に一致することを許容する。次いで、エレメント16の駆動が可能であり、これにより閉塞物の除去が可能である。連続的に更に多くの閉塞物が除去された際、編組線102の形状記憶により、エレメント16は初期の所定形状に向かって移動し得る。十分な量の閉塞物が除去された後、除去エレメント16の形状記憶により同エレメント16は変形した形状から初期形状へ復帰可能である。
以上の記述から明らかなように、本発明の実施例は多数の脈管内治療方法を医師に対して提供する。これらの方法を構成する各工程は、いづれの順序でも実施可能であり、1つの方法に付随する工程は所望の結果を達成すべく他の方法に組込み得る。拡張可能な除去エレメント16を提供することにより、本発明の実施例は1つの脈管内閉塞物除去装置10または142に付随する除去エレメント16の複数の寸法、形状、及び切削プロフィールまたは切削特性を提供する。これらの形状、寸法及び特性は、ガイドワイヤ・ロック機構50及び除去エレメント拡張制御機構52によって提供される除去エレメント16の制御された逓増的拡張により変更可能である。更に、除去エレメントの半径方向拡張制限手段の各種の構造は、除去エレメント16の過度の拡張を防止する。
除去エレメント16を切削面108と組合わせることにより、除去装置10,142による複数の異なる方向性を備えた切削動作を実施可能である。特に、除去エレメント16は脈管内腔または閉塞に対して半径方向に沿った切削動作及び同脈管内腔または閉塞に対して正接する切削動作を形成可能である。これに加えて、切削面108は脈管内腔または閉塞に対して正接する切削動作及び同脈管内腔または閉塞の長さ方向に沿った切削動作を形成可能である。この結果、除去装置10または142を使用することにより少なくとも3つの異なる切削動作を形成可能である。これに加えて、閉塞物を切削、研削、変位、捕獲または吸引することが可能である。特に、比較的柔らかい閉塞物は編組線102を使用してスライスまたは切削し、除去エレメント16の中空内部空間内に落とし得る。その一方、比較的硬い閉塞物は編組線102上の研磨剤105を用いて研削可能である。従って、医師は1つの装置10または142のみを使用して更に柔軟な脈管内治療を行い得る。
以上、本発明の好ましい実施例について詳述したが、当業者は本発明の請求項の精神及び範囲から逸脱することなく本発明の各種の変更を考案可能である。

Claims (10)

  1. a)基端及び先端を備えた回転可能な細長い駆動軸と、
    b)前記駆動軸の先端に対して連結されるとともに、脈管内を通じて患者の体内に挿入し得る拡張可能な除去エレメントと、
    c)前記駆動軸の基端に対して結合された駆動モータと、前記駆動モータが駆動軸及び拡張可能な除去エレメントを少なくとも100回転/分の回転速度で回転可能なことと、
    d)駆動モータ、駆動軸及び拡張可能な除去エレメント内を通って挿入可能なガイドワイヤと、
    e)前記除去エレメントが研磨面を備えた複数の編組線を有することと
    を備えている脈管内腔内の脈管閉塞物を除去するための脈管閉塞物除去装置。
  2. 前記編組線が超弾性材料から形成されていることを特徴とする請求項1に記載の除去装置。
  3. 前記研磨面が研磨剤のコーティングを有することを特徴とする請求項1に記載の除去装置。
  4. 前記研磨剤のコーティングがダイアモンド・グリット・コーティングを含むことを特徴とする請求項3に記載の除去装置。
  5. 前記駆動軸が螺旋状に巻かれた金属ワイヤを有していることを特徴とする請求項1に記載の除去装置。
  6. f)前記駆動モータから駆動軸上に沿って拡張可能な除去エレメントまで延びるポリマー・シースを更に有することを特徴とする請求項1に記載の除去装置。
  7. 前記ポリマー・シースが駆動軸の周囲において環状内腔を形成していることを特徴とする請求項6に記載の除去装置。
  8. g)前記駆動軸の基端に隣接し、さらにはポリマー・シース及び駆動軸の間に形成された前記環状内腔に対して連通する開口を更に有することを特徴とする請求項7に記載の除去装置。
  9. 前記モータ駆動装置が少なくとも1,000回転/分の速度を達成可能なことを特徴とする請求項1に記載の除去装置。
  10. 前記モータ駆動装置が少なくとも10,000回転/分の回転速度を達成可能なことを特徴とする請求項1に記載の除去装置。
JP51240394A 1992-11-13 1993-11-12 脈管内閉塞除去のための装置 Expired - Fee Related JP3566288B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US97619992A true 1992-11-13 1992-11-13
US976,199 1992-11-13
PCT/US1993/010995 WO1994010919A1 (en) 1992-11-13 1993-11-12 Device and method for intravascular occlusion removal

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08503154A JPH08503154A (ja) 1996-04-09
JP3566288B2 true JP3566288B2 (ja) 2004-09-15

Family

ID=25523852

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP51240394A Expired - Fee Related JP3566288B2 (ja) 1992-11-13 1993-11-12 脈管内閉塞除去のための装置

Country Status (6)

Country Link
US (1) US5490859A (ja)
EP (1) EP0719111B1 (ja)
JP (1) JP3566288B2 (ja)
CA (1) CA2149014C (ja)
DE (2) DE69329911T2 (ja)
WO (1) WO1994010919A1 (ja)

Families Citing this family (283)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20030216761A1 (en) * 1990-03-27 2003-11-20 Samuel Shiber Guidewire system
US20050177073A1 (en) * 2003-06-17 2005-08-11 Samuel Shiber Guidewire system with a deflectable distal tip
US20050143768A1 (en) * 2003-06-17 2005-06-30 Samuel Shiber Sleeved guidewire system method of use
US20050027309A1 (en) * 2003-06-17 2005-02-03 Samuel Shiber Guidewire system
US5217474A (en) * 1991-07-15 1993-06-08 Zacca Nadim M Expandable tip atherectomy method and apparatus
WO1993019679A1 (en) * 1992-04-07 1993-10-14 The Johns Hopkins University A percutaneous mechanical fragmentation catheter system
US5713848A (en) 1993-05-19 1998-02-03 Dubrul; Will R. Vibrating catheter
US5501694A (en) * 1992-11-13 1996-03-26 Scimed Life Systems, Inc. Expandable intravascular occlusion material removal devices and methods of use
US5490859A (en) * 1992-11-13 1996-02-13 Scimed Life Systems, Inc. Expandable intravascular occlusion material removal devices and methods of use
US5540707A (en) * 1992-11-13 1996-07-30 Scimed Life Systems, Inc. Expandable intravascular occlusion material removal devices and methods of use
US5897567A (en) * 1993-04-29 1999-04-27 Scimed Life Systems, Inc. Expandable intravascular occlusion material removal devices and methods of use
CA2161640C (en) * 1993-04-29 2005-04-12 Thomas V. Ressemann Expandable intravascular occlusion material removal device
JP2981101B2 (ja) * 1994-01-20 1999-11-22 住友金属工業株式会社 めっき被覆されたNiTi合金製品の製造方法
US5411016A (en) * 1994-02-22 1995-05-02 Scimed Life Systems, Inc. Intravascular balloon catheter for use in combination with an angioscope
US6123715A (en) * 1994-07-08 2000-09-26 Amplatz; Curtis Method of forming medical devices; intravascular occlusion devices
US6994689B1 (en) * 1995-06-05 2006-02-07 Medtronic Vascular, Inc. Occlusion of a vessel
US6312407B1 (en) 1995-06-05 2001-11-06 Medtronic Percusurge, Inc. Occlusion of a vessel
FR2735967B1 (fr) * 1995-06-27 1998-03-06 Perouse Implant Lab Outil de chirurgie vasculaire et son utilisation
US5895398A (en) * 1996-02-02 1999-04-20 The Regents Of The University Of California Method of using a clot capture coil
US5836925A (en) * 1996-04-03 1998-11-17 Soltesz; Peter P. Catheter with variable flexibility properties and method of manufacture
US6022336A (en) 1996-05-20 2000-02-08 Percusurge, Inc. Catheter system for emboli containment
US20050245894A1 (en) * 1996-05-20 2005-11-03 Medtronic Vascular, Inc. Methods and apparatuses for drug delivery to an intravascular occlusion
US6270477B1 (en) * 1996-05-20 2001-08-07 Percusurge, Inc. Catheter for emboli containment
US5897566A (en) * 1996-07-15 1999-04-27 Shturman Cardiology Systems, Inc. Rotational atherectomy device
US6066158A (en) * 1996-07-25 2000-05-23 Target Therapeutics, Inc. Mechanical clot encasing and removal wire
US5972019A (en) 1996-07-25 1999-10-26 Target Therapeutics, Inc. Mechanical clot treatment device
US6606515B1 (en) 1996-09-13 2003-08-12 Scimed Life Systems, Inc. Guide wire insertion and re-insertion tools and methods of use
US6193735B1 (en) * 1996-09-16 2001-02-27 Robert C. Stevens Combined rotary and axial reciprocating guide wire
US5827313A (en) * 1996-09-27 1998-10-27 Boston Scientific Corporation Device for controlled longitudinal movement of an operative element within a catheter sheath and method
US6406442B1 (en) 1996-11-07 2002-06-18 Prolifix Medical, Inc. Guidewire for precision catheter positioning
US6371928B1 (en) 1997-11-07 2002-04-16 Prolifix Medical, Inc. Guidewire for positioning a catheter against a lumen wall
US6217595B1 (en) 1996-11-18 2001-04-17 Shturman Cardiology Systems, Inc. Rotational atherectomy device
US5893857A (en) * 1997-01-21 1999-04-13 Shturman Cardiology Systems, Inc. Handle for atherectomy device
CA2280117A1 (en) 1997-02-12 1998-08-13 Prolifix Medical, Inc. Apparatus for removal of material from stents
US5882329A (en) * 1997-02-12 1999-03-16 Prolifix Medical, Inc. Apparatus and method for removing stenotic material from stents
US5968064A (en) * 1997-02-28 1999-10-19 Lumend, Inc. Catheter system for treating a vascular occlusion
US6120516A (en) * 1997-02-28 2000-09-19 Lumend, Inc. Method for treating vascular occlusion
US6010449A (en) * 1997-02-28 2000-01-04 Lumend, Inc. Intravascular catheter system for treating a vascular occlusion
US6508825B1 (en) 1997-02-28 2003-01-21 Lumend, Inc. Apparatus for treating vascular occlusions
US6217549B1 (en) 1997-02-28 2001-04-17 Lumend, Inc. Methods and apparatus for treating vascular occlusions
US6183487B1 (en) 1997-03-06 2001-02-06 Scimed Life Systems, Inc. Ablation device for reducing damage to vessels and/or in-vivo stents
WO1998038929A1 (en) 1997-03-06 1998-09-11 Percusurge, Inc. Intravascular aspiration system
US6015420A (en) * 1997-03-06 2000-01-18 Scimed Life Systems, Inc. Atherectomy device for reducing damage to vessels and/or in-vivo stents
US7037316B2 (en) * 1997-07-24 2006-05-02 Mcguckin Jr James F Rotational thrombectomy device
US6132444A (en) * 1997-08-14 2000-10-17 Shturman Cardiology Systems, Inc. Eccentric drive shaft for atherectomy device and method for manufacture
US6494890B1 (en) 1997-08-14 2002-12-17 Shturman Cardiology Systems, Inc. Eccentric rotational atherectomy device
US6066149A (en) 1997-09-30 2000-05-23 Target Therapeutics, Inc. Mechanical clot treatment device with distal filter
US6139557A (en) * 1997-11-07 2000-10-31 Prolifix Medical, Inc. Apparatus for making wire with radial expansible guide section and methods of manufacturing the same
EP1028670B1 (en) * 1997-11-07 2008-01-02 Salviac Limited An embolic protection device
US5954737A (en) * 1997-12-19 1999-09-21 Neurovasx, Inc. Thrombus macerator catheter
US20040167567A1 (en) * 2001-03-23 2004-08-26 Cano Gerald G. Method and apparatus for capturing objects beyond an operative site in medical procedures
US5935145A (en) * 1998-02-13 1999-08-10 Target Therapeutics, Inc. Vaso-occlusive device with attached polymeric materials
US6338709B1 (en) 1998-02-19 2002-01-15 Medtronic Percusurge, Inc. Intravascular radiation therapy device and method of use
US6398798B2 (en) 1998-02-28 2002-06-04 Lumend, Inc. Catheter system for treating a vascular occlusion
US6096054A (en) * 1998-03-05 2000-08-01 Scimed Life Systems, Inc. Expandable atherectomy burr and method of ablating an occlusion from a patient's blood vessel
US5951568A (en) * 1998-03-19 1999-09-14 Schatz; Richard A. Over the wire single operator catheter with wire stabilizer
US6511492B1 (en) * 1998-05-01 2003-01-28 Microvention, Inc. Embolectomy catheters and methods for treating stroke and other small vessel thromboembolic disorders
US6090118A (en) 1998-07-23 2000-07-18 Mcguckin, Jr.; James F. Rotational thrombectomy apparatus and method with standing wave
US6231588B1 (en) 1998-08-04 2001-05-15 Percusurge, Inc. Low profile catheter for angioplasty and occlusion
US6217527B1 (en) * 1998-09-30 2001-04-17 Lumend, Inc. Methods and apparatus for crossing vascular occlusions
US6562054B1 (en) * 1998-12-02 2003-05-13 Paul J. Weber Liposuction cannulas with removable memory wire
US7316697B2 (en) * 1999-02-02 2008-01-08 Samuel Shiber Vessel cleaning system with asymmetrical auto retracting agitator
US6758851B2 (en) 1999-02-02 2004-07-06 Samuel Shiber Vessel cleaner
US6818002B2 (en) * 1999-02-02 2004-11-16 Samuel Shiber Vessel cleaner and barrier
US20060155303A1 (en) * 2002-04-09 2006-07-13 Andras Konya Occlusion method and apparatus
US6146396A (en) * 1999-03-05 2000-11-14 Board Of Regents, The University Of Texas System Declotting method and apparatus
US6368338B1 (en) * 1999-03-05 2002-04-09 Board Of Regents, The University Of Texas Occlusion method and apparatus
US6458139B1 (en) 1999-06-21 2002-10-01 Endovascular Technologies, Inc. Filter/emboli extractor for use in variable sized blood vessels
US6620172B1 (en) 1999-07-01 2003-09-16 Medsource Technologies, Inc. Entraining biological calculi
US6149663A (en) * 1999-08-17 2000-11-21 Scimed Life Systems, Inc. Guide wire brake for ablation assembly
US6709667B1 (en) * 1999-08-23 2004-03-23 Conceptus, Inc. Deployment actuation system for intrafallopian contraception
EP1402848B2 (en) 1999-08-27 2018-10-24 Covidien LP Slideable vascular filter
WO2001028618A2 (en) 1999-10-22 2001-04-26 Boston Scientific Corporation Double balloon thrombectomy catheter
US8414543B2 (en) * 1999-10-22 2013-04-09 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire with blocking device
US6623450B1 (en) 1999-12-17 2003-09-23 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. System for blocking the passage of emboli through a body vessel
US6443971B1 (en) 1999-12-21 2002-09-03 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. System for, and method of, blocking the passage of emboli through a vessel
US6660021B1 (en) * 1999-12-23 2003-12-09 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Intravascular device and system
US6402771B1 (en) 1999-12-23 2002-06-11 Guidant Endovascular Solutions Snare
US6575997B1 (en) * 1999-12-23 2003-06-10 Endovascular Technologies, Inc. Embolic basket
US6290710B1 (en) 1999-12-29 2001-09-18 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic protection device
US6540722B1 (en) * 1999-12-30 2003-04-01 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic protection devices
US6695813B1 (en) 1999-12-30 2004-02-24 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic protection devices
US6511503B1 (en) 1999-12-30 2003-01-28 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Catheter apparatus for treating occluded vessels and filtering embolic debris and method of use
US7918820B2 (en) * 1999-12-30 2011-04-05 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Device for, and method of, blocking emboli in vessels such as blood arteries
US6702834B1 (en) 1999-12-30 2004-03-09 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic protection devices
US6929633B2 (en) 2000-01-25 2005-08-16 Bacchus Vascular, Inc. Apparatus and methods for clot dissolution
US6663613B1 (en) 2000-01-25 2003-12-16 Bacchus Vascular, Inc. System and methods for clot dissolution
US7776042B2 (en) 2002-12-03 2010-08-17 Trans1 Inc. Methods and apparatus for provision of therapy to adjacent motion segments
US6485500B1 (en) 2000-03-21 2002-11-26 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Emboli protection system
US6514273B1 (en) 2000-03-22 2003-02-04 Endovascular Technologies, Inc. Device for removal of thrombus through physiological adhesion
US20010031981A1 (en) * 2000-03-31 2001-10-18 Evans Michael A. Method and device for locating guidewire and treating chronic total occlusions
US8475484B2 (en) * 2000-04-05 2013-07-02 Medrad, Inc. Liquid seal assembly for a rotating torque tube
EP1267989B1 (en) 2000-04-05 2006-07-19 Pathway Medical Technologies, Inc. Intralumenal material removal systems and methods
US6565588B1 (en) 2000-04-05 2003-05-20 Pathway Medical Technologies, Inc. Intralumenal material removal using an expandable cutting device
US6592616B1 (en) 2000-04-28 2003-07-15 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. System and device for minimizing embolic risk during an interventional procedure
US6645221B1 (en) * 2000-05-30 2003-11-11 Zuli, Holdings Ltd. Active arterial embolization filter
US6964670B1 (en) * 2000-07-13 2005-11-15 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic protection guide wire
US6599307B1 (en) * 2001-06-29 2003-07-29 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Filter device for embolic protection systems
US6679902B1 (en) 2000-07-19 2004-01-20 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Reduced profile delivery sheath for use in interventional procedures
US6503227B1 (en) 2000-07-24 2003-01-07 Scimed Life Systems, Inc. Guide wire brake
US7114501B2 (en) * 2000-08-14 2006-10-03 Spine Wave, Inc. Transverse cavity device and method
US6558405B1 (en) 2000-08-29 2003-05-06 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic filter
US6511496B1 (en) 2000-09-12 2003-01-28 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic protection device for use in interventional procedures
US20020058961A1 (en) * 2000-10-16 2002-05-16 Aguilar Amiel R. Catheter
US6537294B1 (en) 2000-10-17 2003-03-25 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Delivery systems for embolic filter devices
US7744604B2 (en) 2003-11-13 2010-06-29 Lawrence Livermore National Security, Llc Shape memory polymer medical device
US6893451B2 (en) * 2000-11-09 2005-05-17 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Apparatus for capturing objects beyond an operative site utilizing a capture device delivered on a medical guide wire
US6451037B1 (en) * 2000-11-22 2002-09-17 Scimed Life Systems, Inc. Expandable atherectomy burr with metal reinforcement
AU3515902A (en) * 2000-12-05 2002-06-18 Lumend Inc Catheter system for vascular re-entry from a sub-intimal space
US6506203B1 (en) * 2000-12-19 2003-01-14 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Low profile sheathless embolic protection system
AU2002243987A1 (en) * 2001-02-13 2002-08-28 Lumend, Inc. Method and apparatus for micro-dissection of vascular occlusions
US6569184B2 (en) 2001-02-27 2003-05-27 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Recovery system for retrieving an embolic protection device
US6562058B2 (en) 2001-03-02 2003-05-13 Jacques Seguin Intravascular filter system
US6800083B2 (en) 2001-04-09 2004-10-05 Scimed Life Systems, Inc. Compressible atherectomy burr
US6616676B2 (en) 2001-04-10 2003-09-09 Scimed Life Systems, Inc. Devices and methods for removing occlusions in vessels
US6645223B2 (en) * 2001-04-30 2003-11-11 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Deployment and recovery control systems for embolic protection devices
US6929652B1 (en) * 2001-06-01 2005-08-16 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Delivery and recovery systems having steerability and rapid exchange operating modes for embolic protection systems
US6746451B2 (en) * 2001-06-01 2004-06-08 Lance M. Middleton Tissue cavitation device and method
US6638245B2 (en) * 2001-06-26 2003-10-28 Concentric Medical, Inc. Balloon catheter
US7338510B2 (en) 2001-06-29 2008-03-04 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Variable thickness embolic filtering devices and method of manufacturing the same
US6962598B2 (en) * 2001-07-02 2005-11-08 Rubicon Medical, Inc. Methods, systems, and devices for providing embolic protection
CA2449038C (en) * 2001-07-02 2008-11-25 Rubicon Medical, Inc. Methods, systems, and devices for deploying an embolic protection filter
US6951570B2 (en) 2001-07-02 2005-10-04 Rubicon Medical, Inc. Methods, systems, and devices for deploying a filter from a filter device
US6878153B2 (en) * 2001-07-02 2005-04-12 Rubicon Medical, Inc. Methods, systems, and devices for providing embolic protection and removing embolic material
US20030032941A1 (en) * 2001-08-13 2003-02-13 Boyle William J. Convertible delivery systems for medical devices
US7029488B2 (en) * 2001-08-22 2006-04-18 Gore Enterprise Holdings, Inc. Mechanical thrombectomy device for use in cerebral vessels
US6638294B1 (en) 2001-08-30 2003-10-28 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Self furling umbrella frame for carotid filter
US6592606B2 (en) 2001-08-31 2003-07-15 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Hinged short cage for an embolic protection device
US6878151B2 (en) * 2001-09-27 2005-04-12 Scimed Life Systems, Inc. Medical retrieval device
US8262689B2 (en) * 2001-09-28 2012-09-11 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic filtering devices
US20040111108A1 (en) 2001-11-09 2004-06-10 Farnan Robert C. Balloon catheter with non-deployable stent
CN100502806C (zh) 2001-11-09 2009-06-24 诺沃斯特公司 具有非展开支架的气囊导管
US6939362B2 (en) * 2001-11-27 2005-09-06 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Offset proximal cage for embolic filtering devices
US7241304B2 (en) 2001-12-21 2007-07-10 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Flexible and conformable embolic filtering devices
US6767353B1 (en) 2002-03-01 2004-07-27 Samuel Shiber Thrombectomy catheter
US6926725B2 (en) * 2002-04-04 2005-08-09 Rex Medical, L.P. Thrombectomy device with multi-layered rotational wire
US7179269B2 (en) * 2002-05-20 2007-02-20 Scimed Life Systems, Inc. Apparatus and system for removing an obstruction from a lumen
US20030236533A1 (en) * 2002-06-20 2003-12-25 The Regents Of The University Of California Shape memory polymer actuator and catheter
US6887258B2 (en) * 2002-06-26 2005-05-03 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Embolic filtering devices for bifurcated vessels
US7172614B2 (en) 2002-06-27 2007-02-06 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Support structures for embolic filtering devices
DE10233085B4 (de) * 2002-07-19 2014-02-20 Dendron Gmbh Stent mit Führungsdraht
WO2004014242A1 (en) 2002-08-13 2004-02-19 Wilson-Cook Medical, Inc. Ercp catheter with a removable handle for lithotriptor compatible basket
US7252675B2 (en) 2002-09-30 2007-08-07 Advanced Cardiovascular, Inc. Embolic filtering devices
US7331973B2 (en) * 2002-09-30 2008-02-19 Avdanced Cardiovascular Systems, Inc. Guide wire with embolic filtering attachment
US20040064099A1 (en) * 2002-09-30 2004-04-01 Chiu Jessica G. Intraluminal needle injection substance delivery system with filtering capability
US20040088000A1 (en) * 2002-10-31 2004-05-06 Muller Paul F. Single-wire expandable cages for embolic filtering devices
US7195625B2 (en) 2002-12-11 2007-03-27 Cryocor, Inc. Catheter system for performing a single step cryoablation
US6796979B2 (en) * 2002-12-11 2004-09-28 Cryocor, Inc. Coaxial catheter system for performing a single step cryoablation
US6824543B2 (en) 2002-12-11 2004-11-30 Cryocor, Inc. Guidance system for a cryocatheter
US6893433B2 (en) 2002-12-11 2005-05-17 Cryocor, Inc. System and method for performing a single step cryoablation
US7686824B2 (en) * 2003-01-21 2010-03-30 Angioscore, Inc. Apparatus and methods for treating hardened vascular lesions
US8080026B2 (en) 2003-01-21 2011-12-20 Angioscore, Inc. Apparatus and methods for treating hardened vascular lesions
US20140039484A1 (en) * 2003-09-19 2014-02-06 Baylis Medical Company Inc. Methods for creating a channel through an occlusion within a body vessel
US8591540B2 (en) * 2003-02-27 2013-11-26 Abbott Cardiovascular Systems Inc. Embolic filtering devices
US20040172055A1 (en) * 2003-02-27 2004-09-02 Huter Scott J. Embolic filtering devices
JP3835422B2 (ja) * 2003-04-01 2006-10-18 セイコーエプソン株式会社 液晶装置及び電子機器
US20040220612A1 (en) * 2003-04-30 2004-11-04 Swainston Kyle W Slidable capture catheter
US7789979B2 (en) * 2003-05-02 2010-09-07 Gore Enterprise Holdings, Inc. Shape memory alloy articles with improved fatigue performance and methods therefor
JP4653104B2 (ja) * 2003-06-10 2011-03-16 ルーメンド インコーポレイテッド 血管閉塞部を開通させるためのカテーテル装置及び方法
US20050004594A1 (en) * 2003-07-02 2005-01-06 Jeffrey Nool Devices and methods for aspirating from filters
US7104966B2 (en) * 2003-07-16 2006-09-12 Samuel Shiber Guidewire system with exposed midsection
US8535344B2 (en) * 2003-09-12 2013-09-17 Rubicon Medical, Inc. Methods, systems, and devices for providing embolic protection and removing embolic material
US7699865B2 (en) * 2003-09-12 2010-04-20 Rubicon Medical, Inc. Actuating constraining mechanism
WO2005030061A1 (ja) * 2003-09-26 2005-04-07 Johnson And Johnson Kabushiki Kaisha 治療器具
WO2005030062A1 (ja) * 2003-09-26 2005-04-07 Johnson And Johnson Kabushiki Kaisha 治療器具
WO2005030063A1 (ja) * 2003-09-26 2005-04-07 Johnson And Johnson Kabushiki Kaisha 治療器具
EP1691848B1 (en) * 2003-10-23 2012-08-22 TRANS1, Inc. Tools and tool kits for performing minimally invasive procedures on the spine
US7892251B1 (en) 2003-11-12 2011-02-22 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Component for delivering and locking a medical device to a guide wire
US9232948B2 (en) * 2003-12-23 2016-01-12 Stryker Corporation Catheter with distal occlusion apparatus
US20050159773A1 (en) * 2004-01-20 2005-07-21 Scimed Life Systems, Inc. Expandable retrieval device with dilator tip
US7678129B1 (en) * 2004-03-19 2010-03-16 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Locking component for an embolic filter assembly
US7445603B2 (en) * 2004-05-12 2008-11-04 Zkz Science Corp. Apparatus for removable distal internal cassette for in situ fixation and specimen processing with serial collection and storage of biopsy specimens
US8142462B2 (en) 2004-05-28 2012-03-27 Cavitech, Llc Instruments and methods for reducing and stabilizing bone fractures
US7819887B2 (en) 2004-11-17 2010-10-26 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire
US20060190024A1 (en) * 2005-02-24 2006-08-24 Bei Nianjiong Recovery catheter apparatus and method
US7998164B2 (en) * 2005-03-11 2011-08-16 Boston Scientific Scimed, Inc. Intravascular filter with centering member
US20060229638A1 (en) * 2005-03-29 2006-10-12 Abrams Robert M Articulating retrieval device
US20060224175A1 (en) * 2005-03-29 2006-10-05 Vrba Anthony C Methods and apparatuses for disposition of a medical device onto an elongate medical device
US9259305B2 (en) 2005-03-31 2016-02-16 Abbott Cardiovascular Systems Inc. Guide wire locking mechanism for rapid exchange and other catheter systems
US8475487B2 (en) * 2005-04-07 2013-07-02 Medrad, Inc. Cross stream thrombectomy catheter with flexible and expandable cage
US10076641B2 (en) 2005-05-11 2018-09-18 The Spectranetics Corporation Methods and systems for delivering substances into luminal walls
US20070088382A1 (en) * 2005-10-13 2007-04-19 Bei Nianjiong J Embolic protection recovery catheter assembly
US20070093897A1 (en) * 2005-10-21 2007-04-26 Stryker Spine (In France) System and method for fusion cage implantation
US20090221967A1 (en) * 2005-10-28 2009-09-03 Carag Ag Intravascular Device
US20070123877A1 (en) * 2005-11-15 2007-05-31 Aoi Medical, Inc. Inflatable Device for Restoring Anatomy of Fractured Bone
US20070129682A1 (en) * 2005-12-02 2007-06-07 Tracee Eidenschink Guidewire with perfusion capability
EP1986568B1 (en) 2006-02-03 2017-04-05 Covidien LP Methods and devices for restoring blood flow within blocked vasculature
DE602007003871D1 (de) * 2006-03-06 2010-02-04 Terumo Corp Atherektomiekatheter
US8777979B2 (en) 2006-04-17 2014-07-15 Covidien Lp System and method for mechanically positioning intravascular implants
CA2649702C (en) 2006-04-17 2014-12-09 Microtherapeutics, Inc. System and method for mechanically positioning intravascular implants
US8303601B2 (en) * 2006-06-07 2012-11-06 Stryker Spine Collet-activated distraction wedge inserter
EP2061385B1 (en) * 2006-09-13 2014-06-04 Vascular Insights LLC Vascular treatment device
US20080269774A1 (en) * 2006-10-26 2008-10-30 Chestnut Medical Technologies, Inc. Intracorporeal Grasping Device
US20080167679A1 (en) * 2007-01-06 2008-07-10 Papp John E Cage and Sleeve Assembly for a Filtering Device
KR20090125778A (ko) * 2007-02-22 2009-12-07 스파인 뷰 인코포레이티드 확장형 회전 장치 및 조직 흡인 방법
EP2164405A2 (en) * 2007-05-21 2010-03-24 AOI Medical Inc. Articulating cavitation device
JP5254569B2 (ja) * 2007-05-22 2013-08-07 ルネサスエレクトロニクス株式会社 半導体装置および半導体装置のヒューズ溶断方法
US8216209B2 (en) 2007-05-31 2012-07-10 Abbott Cardiovascular Systems Inc. Method and apparatus for delivering an agent to a kidney
US8597313B2 (en) 2007-06-11 2013-12-03 Cardiovascular Systems, Inc. Eccentric abrading head for high-speed rotational atherectomy devices
US7867273B2 (en) 2007-06-27 2011-01-11 Abbott Laboratories Endoprostheses for peripheral arteries and other body vessels
CA2697372A1 (en) * 2007-08-27 2009-03-05 Spine View, Inc. Balloon cannula system for accessing and visualizing spine and related methods
US8103327B2 (en) 2007-12-28 2012-01-24 Rhythmia Medical, Inc. Cardiac mapping catheter
US8940003B2 (en) 2008-02-22 2015-01-27 Covidien Lp Methods and apparatus for flow restoration
US7608049B2 (en) * 2008-03-04 2009-10-27 Goldenberg Alec S Biopsy needle
AT533414T (de) * 2008-04-21 2011-12-15 Nfocus Neuromedical Inc Kugelgeflecht-embolievorrichtung und - ausgabesysteme
US8388521B2 (en) * 2008-05-19 2013-03-05 Boston Scientific Scimed, Inc. Integrated locking device with active sealing
US8343041B2 (en) 2008-05-19 2013-01-01 Boston Scientific Scimed, Inc. Integrated locking device with passive sealing
US8758377B2 (en) * 2008-05-30 2014-06-24 Cardiovascular Systems, Inc. Eccentric abrading and cutting head for high-speed rotational atherectomy devices
US8702735B2 (en) * 2008-05-30 2014-04-22 Cardiovascular Systems, Inc. Eccentric abrading element for high-speed rotational atherectomy devices
US9055966B2 (en) 2008-05-30 2015-06-16 Cardiovascular Systems, Inc. Eccentric abrading and cutting head for high-speed rotational atherectomy devices
US20090306690A1 (en) * 2008-06-05 2009-12-10 Cardiovascular Systems, Inc. Abrasive nose cone with expandable cutting and sanding region for rotational atherectomy device
US8070694B2 (en) * 2008-07-14 2011-12-06 Medtronic Vascular, Inc. Fiber based medical devices and aspiration catheters
JP5770087B2 (ja) * 2008-07-25 2015-08-26 スパイン ビュー, インコーポレイテッド ケーブルベースの創傷清拭のためのシステムおよび方法
US9005237B2 (en) 2008-08-29 2015-04-14 Rapid Medical Ltd. Device and method for clot capture
US9034008B2 (en) 2008-08-29 2015-05-19 Rapid Medical Ltd. Device and method involving stabilization during clot removal
US8758364B2 (en) 2008-08-29 2014-06-24 Rapid Medical Ltd. Device and method for clot engagement and capture
US8864792B2 (en) 2008-08-29 2014-10-21 Rapid Medical, Ltd. Device and method for clot engagement
AT534336T (de) 2008-08-29 2011-12-15 Rapid Medical Ltd Embolektomievorrichtung
US20110152920A1 (en) * 2008-12-02 2011-06-23 Rapid Medical Ltd. Embolectomy device
JP2010092330A (ja) * 2008-10-09 2010-04-22 Seiko Epson Corp 動作シーケンス作成装置、動作シーケンス作成装置の制御方法およびプログラム
EP2349027A1 (en) * 2008-10-24 2011-08-03 Rapid Medical Ltd. Embolectomy device containing a distal and proximal effecter
US20100152711A1 (en) * 2008-12-15 2010-06-17 Boston Scientific Scimed, Inc. Offset coupling region
US8444669B2 (en) 2008-12-15 2013-05-21 Boston Scientific Scimed, Inc. Embolic filter delivery system and method
WO2010094032A2 (en) 2009-02-16 2010-08-19 Aoi Medical Inc. Trauma nail accumulator
EP2403583B1 (en) 2009-03-06 2016-10-19 Lazarus Effect, Inc. Retrieval systems
US9814562B2 (en) 2009-11-09 2017-11-14 Covidien Lp Interference-relief type delivery detachment systems
US20110137334A1 (en) * 2009-12-04 2011-06-09 Boston Scientific Scimed, Inc. Electroactively Deployed Filter Device
WO2011100547A2 (en) 2010-02-11 2011-08-18 Boston Scientific Scimed, Inc. Automatic vascular closure deployment devices and methods
CA2804254C (en) 2010-02-23 2016-11-01 Medina Medical, Inc. Devices and methods for vascular recanalization
US9050126B2 (en) 2010-02-26 2015-06-09 Cardiovascular Systems, Inc. Rotational atherectomy device with electric motor
EP2380604A1 (en) 2010-04-19 2011-10-26 InnoRa Gmbh Improved coating formulations for scoring or cutting balloon catheters
US9023070B2 (en) 2010-05-13 2015-05-05 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire coupler
US9795406B2 (en) 2010-05-13 2017-10-24 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire
US8663259B2 (en) 2010-05-13 2014-03-04 Rex Medical L.P. Rotational thrombectomy wire
US8764779B2 (en) 2010-05-13 2014-07-01 Rex Medical, L.P. Rotational thrombectomy wire
WO2012009675A2 (en) 2010-07-15 2012-01-19 Lazarus Effect, Inc. Retrieval systems and methods for use thereof
US9943668B2 (en) 2010-07-16 2018-04-17 Sub3 Vascular, Llc Guidewire and catheter system and method for treating a blood clot
US9414821B2 (en) 2010-07-22 2016-08-16 Boston Scientific Scimed, Inc. Vascular closure device with biodegradable anchor
US10039900B2 (en) * 2010-09-07 2018-08-07 Angiodynamics, Inc. Fluid delivery and treatment device and method of use
US8632559B2 (en) 2010-09-21 2014-01-21 Angioscore, Inc. Method and system for treating valve stenosis
US9039749B2 (en) 2010-10-01 2015-05-26 Covidien Lp Methods and apparatuses for flow restoration and implanting members in the human body
US8758402B2 (en) 2010-12-17 2014-06-24 Boston Scientific Scimed, Inc. Tissue puncture closure device
WO2012162437A1 (en) 2011-05-23 2012-11-29 Lazarus Effect, Inc. Retrieval systems and methods for use thereof
US9095370B2 (en) * 2011-06-29 2015-08-04 Cordis Corporation System and method for dilating and adjusting flexibility in a guiding device
US8795313B2 (en) 2011-09-29 2014-08-05 Covidien Lp Device detachment systems with indicators
US8945171B2 (en) 2011-09-29 2015-02-03 Covidien Lp Delivery system for implantable devices
US9579104B2 (en) 2011-11-30 2017-02-28 Covidien Lp Positioning and detaching implants
JP5919818B2 (ja) * 2011-12-28 2016-05-18 株式会社カネカ アンカーカテーテル
JP5843263B2 (ja) * 2012-02-14 2016-01-13 朝日インテック株式会社 ガイドワイヤ用把持具
WO2013166443A1 (en) * 2012-05-03 2013-11-07 The Johns Hopkins University Integrated punch biopsy device
US10154927B2 (en) * 2012-06-14 2018-12-18 Earways Medical Ltd. Ear wax removal device and methods thereof
EP2897536A4 (en) 2012-09-24 2016-05-18 Inceptus Medical LLC Device and method for treating vascular occlusion
US8784434B2 (en) 2012-11-20 2014-07-22 Inceptus Medical, Inc. Methods and apparatus for treating embolism
JP6377634B2 (ja) * 2013-01-07 2018-08-22 タルヤグ メディカル リミテッド 拡張可能アテローム切除術用デバイス
US9936970B2 (en) 2013-03-14 2018-04-10 Cardiovascular Systems, Inc. Devices, systems and methods for an oscillating crown drive for rotational atherectomy
US9750525B2 (en) 2013-03-14 2017-09-05 Cardiovascular Systems, Inc. Devices, systems and methods for an oscillating crown drive for rotational atherectomy
WO2014145012A2 (en) 2013-03-15 2014-09-18 Covidien Lp Delivery and detachment mechanisms for vascular implants
US9820761B2 (en) 2014-03-21 2017-11-21 Route 92 Medical, Inc. Rapid aspiration thrombectomy system and method
US10238406B2 (en) 2013-10-21 2019-03-26 Inari Medical, Inc. Methods and apparatus for treating embolism
US20150018860A1 (en) 2013-07-12 2015-01-15 Inceptus Medical, Llc Methods and apparatus for treating small vessel thromboembolisms
US10076399B2 (en) 2013-09-13 2018-09-18 Covidien Lp Endovascular device engagement
US9468457B2 (en) 2013-09-30 2016-10-18 Cardiovascular Systems, Inc. Atherectomy device with eccentric crown
US10117668B2 (en) 2013-10-08 2018-11-06 The Spectranetics Corporation Balloon catheter with non-deployable stent having improved stability
USD766433S1 (en) 2013-11-04 2016-09-13 Cardiovascular Systems, Inc. Eccentric crown
JP2017511158A (ja) 2013-12-03 2017-04-20 ワンダー ティップWonder Tip 耳垢除去装置およびその方法
US9265512B2 (en) 2013-12-23 2016-02-23 Silk Road Medical, Inc. Transcarotid neurovascular catheter
US10052122B2 (en) 2014-01-17 2018-08-21 Cardiovascular Systems, Inc. Spin-to-open atherectomy device with electric motor control
US10271869B2 (en) 2014-03-01 2019-04-30 Rex Medical, L.P. Atherectomy device
CN106470728A (zh) 2014-06-09 2017-03-01 因赛普特斯医学有限责任公司 用于治疗栓塞的缩回和抽吸装置及相关系统和方法
JP2017521153A (ja) * 2014-07-03 2017-08-03 タルヤグ メディカル リミテッド 改良アテレクトミー・デバイス
US20160278805A1 (en) * 2014-11-04 2016-09-29 Terumo Kabushiki Kaisha Medical device and treatment method
WO2016072107A1 (ja) * 2014-11-04 2016-05-12 テルモ株式会社 医療デバイス
US20160183967A1 (en) * 2014-12-27 2016-06-30 Rex Medical, L.P. Artherectomy device
WO2018080590A1 (en) 2016-10-24 2018-05-03 Inari Medical Devices and methods for treating vascular occlusion
US9700332B2 (en) 2015-10-23 2017-07-11 Inari Medical, Inc. Intravascular treatment of vascular occlusion and associated devices, systems, and methods
US20170189056A1 (en) * 2015-10-30 2017-07-06 Terumo Kabushiki Kaisha Device handle for a medical device
US10307175B2 (en) 2016-03-26 2019-06-04 Rex Medical, L.P Atherectomy device
WO2018193599A1 (ja) * 2017-04-20 2018-10-25 朝日インテック株式会社 カテーテル
WO2018193601A1 (ja) * 2017-04-20 2018-10-25 朝日インテック株式会社 カテーテル
WO2018193603A1 (ja) * 2017-04-20 2018-10-25 朝日インテック株式会社 カテーテル
WO2018193600A1 (ja) * 2017-04-20 2018-10-25 朝日インテック株式会社 カテーテル
WO2018193602A1 (ja) * 2017-04-20 2018-10-25 朝日インテック株式会社 カテーテル
WO2018193598A1 (ja) * 2017-04-20 2018-10-25 朝日インテック株式会社 カテーテル

Family Cites Families (81)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US1612697A (en) * 1926-03-29 1926-12-28 Howard L Cecil Instrument for removing ureteral calculi
US2498692A (en) * 1949-01-04 1950-02-28 Mains Marshall Paul Gastrointestinal tube
US2621651A (en) * 1949-06-02 1952-12-16 American Cystoscope Makers Inc Instrument for dilating and examining the esophagus
DE823320C (de) * 1950-08-15 1951-12-03 Willy Ruesch Katheter, insbesondere Intratracheal-Katheter und Verfahren zu seiner Herstellung
US2816552A (en) * 1954-06-29 1957-12-17 Roy D Hoffman Teat bistoury with improved cutter blade adjusting means
US3416531A (en) * 1964-01-02 1968-12-17 Edwards Miles Lowell Catheter
US3320957A (en) * 1964-05-21 1967-05-23 Sokolik Edward Surgical instrument
US3433226A (en) * 1965-07-21 1969-03-18 Aeroprojects Inc Vibratory catheterization apparatus and method of using
US3352303A (en) * 1965-07-28 1967-11-14 Lawrence J Delaney Method for blood clot lysis
US3485234A (en) * 1966-04-13 1969-12-23 Cordis Corp Tubular products and method of making same
US3605725A (en) * 1968-08-07 1971-09-20 Medi Tech Inc Controlled motion devices
US3568659A (en) * 1968-09-24 1971-03-09 James N Karnegis Disposable percutaneous intracardiac pump and method of pumping blood
US3623483A (en) * 1969-07-23 1971-11-30 Univ Pennsylvania Autotransfusor atraumatic suction tip
US3692029A (en) * 1971-05-03 1972-09-19 Edwin Lloyd Adair Retention catheter and suprapubic shunt
US4018576A (en) * 1971-11-04 1977-04-19 Abrasive Technology, Inc. Diamond abrasive tool
US3894673A (en) * 1971-11-04 1975-07-15 Abrasive Tech Inc Method of manufacturing diamond abrasive tools
US3773034A (en) * 1971-11-24 1973-11-20 Itt Research Institute Steerable catheter
US3789952A (en) * 1972-05-15 1974-02-05 L Widegren Noise dosimeter
US3868956A (en) * 1972-06-05 1975-03-04 Ralph J Alfidi Vessel implantable appliance and method of implanting it
US3788318A (en) * 1972-06-12 1974-01-29 S Kim Expandable cannular, especially for medical purposes
US3923065A (en) * 1974-09-09 1975-12-02 Jerome Nozick Embolectomy catheter
US3968800A (en) * 1974-09-17 1976-07-13 Vilasi Joseph A Device for insertion into a body opening
US3965909A (en) * 1975-04-22 1976-06-29 Medrad, Inc. Angiographic catheter and method of manufacture
US3996938A (en) * 1975-07-10 1976-12-14 Clark Iii William T Expanding mesh catheter
US4046150A (en) * 1975-07-17 1977-09-06 American Hospital Supply Corporation Medical instrument for locating and removing occlusive objects
US4137906A (en) * 1977-05-05 1979-02-06 Koken Co., Ltd. Catheter apparatus with occlusion and flow diverting means
CH616337A5 (ja) * 1977-10-21 1980-03-31 Schneider Medintag Ag
US4177815A (en) * 1978-02-01 1979-12-11 The Kendall Company Catheter balloon structure
US4323071B1 (ja) * 1978-04-24 1990-05-29 Advanced Cardiovascular System
DE2821048C2 (ja) * 1978-05-13 1980-07-17 Willy Ruesch Gmbh & Co Kg, 7053 Kernen
US4307722A (en) * 1979-08-14 1981-12-29 Evans Joseph M Dilators for arterial dilation
IT1126526B (it) * 1979-12-07 1986-05-21 Enrico Dormia Estrattore chirurgico per asportare corpi estranei che si trovano nelle vie naturali del corpo umano,come calcoli e simili
US4445509A (en) * 1982-02-04 1984-05-01 Auth David C Method and apparatus for removal of enclosed abnormal deposits
SE445884B (sv) * 1982-04-30 1986-07-28 Medinvent Sa Anordning for implantation av en rorformig protes
US4465072A (en) * 1983-02-22 1984-08-14 Taheri Syde A Needle catheter
EP0117519A1 (de) * 1983-02-23 1984-09-05 Johannes Dipl.-Ing. Theermann Katheter
US4607618A (en) * 1983-02-23 1986-08-26 Angelchik Jean P Method for treatment of morbid obesity
US4572186A (en) * 1983-12-07 1986-02-25 Cordis Corporation Vessel dilation
US4894051A (en) * 1984-05-14 1990-01-16 Surgical Systems & Instruments, Inc. Atherectomy system with a biasing sleeve and method of using the same
US4979939A (en) * 1984-05-14 1990-12-25 Surgical Systems & Instruments, Inc. Atherectomy system with a guide wire
US4732154A (en) * 1984-05-14 1988-03-22 Surgical Systems & Instruments, Inc. Rotary catheter system
US4819634A (en) * 1984-05-14 1989-04-11 Surgical Systems & Instruments Rotary-catheter for atherectomy system
US5007896A (en) * 1988-12-19 1991-04-16 Surgical Systems & Instruments, Inc. Rotary-catheter for atherectomy
US5002553A (en) * 1984-05-14 1991-03-26 Surgical Systems & Instruments, Inc. Atherectomy system with a clutch
US4957482A (en) * 1988-12-19 1990-09-18 Surgical Systems & Instruments, Inc. Atherectomy device with a positive pump means
US5135531A (en) * 1984-05-14 1992-08-04 Surgical Systems & Instruments, Inc. Guided atherectomy system
US4842579B1 (en) * 1984-05-14 1995-10-31 Surgical Systems & Instr Inc Atherectomy device
US5024651A (en) * 1984-05-14 1991-06-18 Surgical Systems & Instruments, Inc. Atherectomy system with a sleeve
US4886490A (en) * 1984-05-14 1989-12-12 Surgical Systems & Instruments, Inc. Atherectomy catheter system and method of using the same
US5041082A (en) * 1986-06-16 1991-08-20 Samuel Shiber Mechanical atherectomy system and method
US4679557A (en) * 1984-09-10 1987-07-14 E. R. Squibb & Sons, Inc. Electrodynamic transluminal angioplasty system
US4577631A (en) * 1984-11-16 1986-03-25 Kreamer Jeffry W Aneurysm repair apparatus and method
CA1293663C (en) * 1986-01-06 1991-12-31 David Christopher Auth Transluminal microdissection device
DE3781826T2 (de) * 1986-02-28 1993-01-07 Devices Vascular Intervention Motor-antriebseinheit fuer einen arteriektomie-katheter.
US4696667A (en) * 1986-03-20 1987-09-29 Helmut Masch Intravascular catheter and method
US4883458A (en) * 1987-02-24 1989-11-28 Surgical Systems & Instruments, Inc. Atherectomy system and method of using the same
US5314407A (en) * 1986-11-14 1994-05-24 Heart Technology, Inc. Clinically practical rotational angioplasty system
US4838853A (en) * 1987-02-05 1989-06-13 Interventional Technologies Inc. Apparatus for trimming meniscus
US5116350B1 (en) * 1987-03-17 1997-06-17 Cordis Corp Catheter system having distal tip for opening obstructions
US4784636A (en) * 1987-04-30 1988-11-15 Schneider-Shiley (U.S.A.) Inc. Balloon atheroectomy catheter
US5165421A (en) * 1987-09-30 1992-11-24 Lake Region Manufacturing Co., Inc. Hollow lumen cable apparatus
US4895166A (en) * 1987-11-23 1990-01-23 Interventional Technologies, Inc. Rotatable cutter for the lumen of a blood vesel
US4886061A (en) * 1988-02-09 1989-12-12 Medinnovations, Inc. Expandable pullback atherectomy catheter system
US4895560A (en) * 1988-03-31 1990-01-23 Papantonakos Apostolos C Angioplasty apparatus
US4885003A (en) * 1988-07-25 1989-12-05 Cordis Corporation Double mesh balloon catheter device
US4921484A (en) * 1988-07-25 1990-05-01 Cordis Corporation Mesh balloon catheter device
US5011488A (en) * 1988-12-07 1991-04-30 Robert Ginsburg Thrombus extraction system
US4966604A (en) * 1989-01-23 1990-10-30 Interventional Technologies Inc. Expandable atherectomy cutter with flexibly bowed blades
US5100425A (en) * 1989-09-14 1992-03-31 Medintec R&D Limited Partnership Expandable transluminal atherectomy catheter system and method for the treatment of arterial stenoses
US5009659A (en) * 1989-10-30 1991-04-23 Schneider (Usa) Inc. Fiber tip atherectomy catheter
US5030201A (en) * 1989-11-24 1991-07-09 Aubrey Palestrant Expandable atherectomy catheter device
DE9004074U1 (ja) * 1990-04-07 1991-05-02 Schnepp-Pesch, Wolfram, 7505 Ettlingen, De
EP0527939B1 (en) * 1990-05-11 1997-07-09 Applied Medical Resources, Inc. Dilatation catheter assembly with cutting element
US5154724A (en) * 1990-05-14 1992-10-13 Andrews Winston A Atherectomy catheter
DE4025825C2 (ja) * 1990-08-16 1992-06-11 William Cook Europe A/S, Bjaeverskov, Dk
US5108419A (en) * 1990-08-16 1992-04-28 Evi Corporation Endovascular filter and method for use thereof
US5217474A (en) * 1991-07-15 1993-06-08 Zacca Nadim M Expandable tip atherectomy method and apparatus
EP0533321A3 (en) * 1991-07-22 1993-05-12 Dow Corning Wright Corporation Expanding atherectomy device
US5176693A (en) * 1992-05-11 1993-01-05 Interventional Technologies, Inc. Balloon expandable atherectomy cutter
US5360432A (en) * 1992-10-16 1994-11-01 Shturman Cardiology Systems, Inc. Abrasive drive shaft device for directional rotational atherectomy
US5490859A (en) * 1992-11-13 1996-02-13 Scimed Life Systems, Inc. Expandable intravascular occlusion material removal devices and methods of use

Also Published As

Publication number Publication date
EP0719111A4 (en) 1996-02-05
CA2149014A1 (en) 1994-05-26
JPH08503154A (ja) 1996-04-09
DE69329911D1 (de) 2001-03-08
DE69329911T2 (de) 2001-07-19
EP0719111A1 (en) 1996-07-03
US5490859A (en) 1996-02-13
WO1994010919A1 (en) 1994-05-26
EP0719111B1 (en) 2001-01-31
CA2149014C (en) 2003-11-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6849068B1 (en) Aspiration catheter
US6638247B1 (en) Method and apparatus for treating vascular occlusions
US6808531B2 (en) In-stent ablative tool
US6824550B1 (en) Guidewire for crossing occlusions or stenosis
AU763132B2 (en) Kit for endovascular venous surgery
US8961494B2 (en) Endovascular devices and methods for exploiting intramural space
US5217474A (en) Expandable tip atherectomy method and apparatus
AU699777B2 (en) Atherectomy, angioplasty and stent method and apparatus
US8034023B2 (en) Emboli protection devices and related methods of use
US6217549B1 (en) Methods and apparatus for treating vascular occlusions
EP1534179B1 (en) Catheter with occluding cuff
US6682505B2 (en) Catheter for removing emboli from saphenous vein grafts and native coronary arteries
JP4504349B2 (ja) カッティング装置及び狭窄の切開装置
US8579957B2 (en) Stent delivery device with embolic protection
US6135991A (en) Aspiration method
US8758325B2 (en) Rapid exchange catheter
CN105250022B (zh) 使用射频能量重新疏通已闭塞的脉管
EP1534178B1 (en) Device to create proximal stasis
US4886061A (en) Expandable pullback atherectomy catheter system
US6632230B2 (en) Ablation system with catheter clearing abrasive
US6929634B2 (en) Apparatus and methods for treating stroke and controlling cerebral flow characteristics
JP5571074B2 (ja) 体管腔内の閉塞部を治療する装置および方法
US20070123929A1 (en) Apparatus for trapping emboli
US20050267323A1 (en) Apparatus and methods for treating stroke and controlling cerebral flow characteristics
US6152909A (en) Aspiration system and method

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040511

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040610

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees