JP3559023B2 - Wireless access system and a control method thereof - Google Patents

Wireless access system and a control method thereof Download PDF

Info

Publication number
JP3559023B2
JP3559023B2 JP2002092722A JP2002092722A JP3559023B2 JP 3559023 B2 JP3559023 B2 JP 3559023B2 JP 2002092722 A JP2002092722 A JP 2002092722A JP 2002092722 A JP2002092722 A JP 2002092722A JP 3559023 B2 JP3559023 B2 JP 3559023B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
carrier
id number
connection
access point
frequency
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2002092722A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2003289331A (en
Inventor
勝宏 小田切
Original Assignee
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社 filed Critical エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
Priority to JP2002092722A priority Critical patent/JP3559023B2/en
Publication of JP2003289331A publication Critical patent/JP2003289331A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3559023B2 publication Critical patent/JP3559023B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、プリペイド方式により無線LAN等を利用して、各サービスプロバイダのサービスを受ける無線アクセスシステムに関するものである。 The present invention utilizes a wireless LAN or the like by prepaid relates a wireless access system served by each service provider.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
近年、ブロードバンドの普及とともに、インターネットへのパーソナルコンピュータの接続の手段として、無線LANが多く利用されるようになっている。 Recently, with the spread of broadband, as a means of connecting the personal computer to the Internet, so that the wireless LAN is widely used.
特に、電波を使用した無線LANは、有線のように使用場所の制限をあまり受けずに、赤外線を使用した赤外線LANのように障害物に通信を妨害されることが少なく、かつデータ転送速度が向上しており、価格が低下していることもあり、利用者が増加している。 In particular, the wireless LAN using radio waves, without being much the limit of the use location as a wired, and it is less disturbing the communication obstacles as infrared LAN using infrared, and the data transfer rate has improved, there is also that the price has dropped, the user is increasing.
【0003】 [0003]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、上述した従来の無線LANシステムは、使用場所の制限を受けないとは言うものの、キャリア(ISP:インターネット・サービス・プロバイダ)毎に、アクセスポイントのある場所が決められており、アクセスポイントを中心として100m程度の利用可能範囲が限られている。 However, conventional wireless LAN system described above, that said unrestricted use location, carrier: the (ISP Internet Service Provider) each, and the location of the access point is determined, the access point available range of about 100m has been limited as the center.
そして、従来の無線LANシステムは、各キャリアと契約して、IDとパスワードとを取得して、ユーザとしてのアカウントを有していないと使用できない。 The conventional wireless LAN system, a contract with the carrier, to obtain the ID and password, can not be used not to have an account as a user. このため、従来の無線LANシステムには、使用可能な場所が契約したキャリアのアクセスポイントのある場所を中心として、例えば、半径100mの範囲でしか使用できないという欠点がある。 Therefore, the conventional wireless LAN system, about the location of the access point of carriers available location is contracted, for example, there is a drawback that can be used only within the range of radius 100 m.
【0004】 [0004]
さらに、従来の無線LANシステムには、契約したキャリアの設置したアクセスポイント以外のアクセスポイントを使用できないという制限がある。 Furthermore, the conventional wireless LAN system, there is a limitation that can not be used to install access points other than the access point of the carrier contracted.
すなわち、従来の無線LANシステムは、ESS−ID(Enhanced Service Set ID)により、無線LANのアクセスポイントが所属する無線グループ(各キャリアの管理する)が指定されている。 That is, the conventional wireless LAN system, the ESS-ID (Enhanced Service Set ID), an access point of a wireless LAN is (managed for each carrier) radio group membership is specified.
このため、従来の無線LANシステムでは、同じESS−IDを設定した携帯端末(ユーザ所有)とアクセスポイント(キャリアが管理)との間のみで通信可能であり、ESS−IDが異なる携帯端末とアクセスポイントとの間の通信が行えないようになっている。 Therefore, in the conventional wireless LAN system can communicate only between the mobile terminal sets the same ESS-ID (user ownership) and the access point (carrier management), the mobile terminal and the access to ESS-ID is different communication between the point is made so as not to be performed.
【0005】 [0005]
このため、従来の無線LANシステムには、同じESS−IDをもつアクセスポイントのもとにおいて、携帯端末を移動しながら使う(ローミング)こともできるが、各キャリア間の設置したESS−IDの異なるアクセスポイント間のローミングが行えないため、設置されたアクセスポイントが有効活用されず、利用者が携帯端末と同一のESS−IDを有するアクセスポイントの場所に移動して使用する必要があり、アクセスポイントからの使用可能な距離の制限も合わせて、移動場所で自由に使用できるという本来の利便性を低下させる欠点がある。 Therefore, the conventional wireless LAN system, in the original access point with the same ESS-ID, used while moving the mobile terminal (roaming), but it is also possible, different installation the ESS-ID between the carrier since the roaming between access points is not performed, the installed access point is not effectively used, it is necessary to use the user moves to the location of the access point having the same ESS-ID and the portable terminal, the access point the combined also usable distance limitations from the disadvantage of reducing the inherent convenience of use freely move location.
【0006】 [0006]
また、従来の無線LANシステムは、上述したように、アクセスポイントを利用するために、アカウントを取得する必要があり、あらかじめ各キャリアと契約し、月々使用する基本料金と利用料金との合計金額を払う必要がある。 In addition, the conventional wireless LAN system, as described above, in order to take advantage of the access point, it is necessary to get an account, a contract in advance each carrier, the total amount of the usage fee and the basic fee for monthly use it is necessary to pay.
しかしながら、町のなかで無線LANを利用しようするユーザは、すでに家でADSL(Asymmetric Disital Subsucriber Line)等のインターネット接続サービスに加入している割合が多い。 However, a user who wants to use the wireless LAN among the town, already in many cases the percentage that subscribe to Internet connection services such as ADSL (Asymmetric Disital Subsucriber Line) at home.
このため、従来の無線LANシステムには、ユーザの使用頻度が少ないにもかかわらず、無線LANの上記合計金額を払うため、すでに家で契約しているLANシステムの基本料金及び使用料金の合計金額との2重の料金を支払うことで、料金負担が大きくなり、利用者の増加を妨げるという問題がある。 For this reason, the conventional wireless LAN system, despite the frequency of use of the user is less, to pay the total amount of the wireless LAN, already the basic rate and the total amount of the usage fee of LAN system that has a contract at home by paying the double price of the rates burden is increased, there is a problem that prevents the increase of users.
【0007】 [0007]
本発明はこのような背景の下になされたもので、契約したキャリアに関係なく、いずれのアクセスポイントをも利用でき、かつ、使用した料金のみで容易に使用可能な無線アクセスシステムを提供する事にある。 The present invention has been made under these circumstances, regardless of the contracted carrier, any of the available access points, and to provide a readily available wireless access system only charges used It is in.
【0008】 [0008]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明の無線アクセスシステムは、電波を伝送媒体とし、異なるキャリア(例えば、キャリアA,B,C)が各々設置したアクセスポイント(例えば、アクセスポイント21,22,…,2n)を介して、携帯端末(例えば、携帯端末1)をインターネットに接続する無線アクセスシステムであり、前記アクセスポイントを介して入力される前記ユーザ端末の送信データから識別情報を抽出し、この識別情報に基づいて、対応するキャリアへの接続を確立する振り分けサーバ(例えば、振り分けサーバ5)と、各キャリアに設けられ、前記携帯端末から入力されるID番号及びパスワードにより、ユーザの認証を行い、このID番号に対応して記憶された利用可能度数とインターネットへの接続時間とに基づき、前記ユーザ端末のインターネ Wireless access system of the present invention, a radio wave as a transmission medium, different carriers (e.g., carrier A, B, C) are respectively installed access point (e.g., access point 21, 22, ..., 2n) via a mobile terminal (e.g., mobile terminal 1) is a radio access system that connects to the Internet, extracts the identification information from the transmission data of the user terminal inputted through the access point, based on the identification information, the corresponding the distribution server (for example, the distribution server 5) to establish a connection to the carrier and is provided to each carrier, by the ID number is input from the mobile terminal and the password, to authenticate the user, in response to this ID number based on the connection time to the stored available frequency and the Internet, the Internet of the user terminal トへの接続を制御する認証サーバ(例えば、認証サーバ10A,10B,10C)とを具備することを特徴する。 Authentication server that controls the connection to the bets (e.g., authentication server 10A, 10B, 10C) is characterized by including the.
【0009】 [0009]
本発明の無線アクセスシステムは、前記振り分けサーバが、利用可能なID番号を記憶し、対応するID番号が無い場合、キャリアへの回線の接続を行わないことを特徴とする。 Wireless access system of the present invention, the distribution server may store the available ID number, if no corresponding ID number, characterized in that it does not perform the line connection to the carrier.
本発明の無線アクセスシステムは、前記振り分けサーバが、前記ID番号と前記キャリアとの対応表を有し、前記識別情報にこのID番号を用いることを特徴とする。 Wireless access system of the present invention, the distribution server has a correspondence table between the carrier and the ID number, characterized by using the ID number on the identification information.
本発明の無線アクセスシステムは、前記振り分けサーバが、設置場所またはキャリアの種別に対応した各アクセスポイントと、アクセスポイントから各キャリアへの度数あたりの度数計数時間と対応を示すテーブルを記憶していることを特徴とする。 Wireless access system of the present invention, the distribution server stores each access point corresponding to the type of location or carrier, a table showing the correspondence between frequency counting time per degree for each carrier from the access point it is characterized in.
【0010】 [0010]
本発明の無線アクセスシステムは、前記認証サーバが、このID番号に対応して記憶された利用可能度数から、前記度数計数時間経過毎に度数を減算し、この利用可能度数が「0」となるか否かの管理を行うことにより、前記ユーザ端末のインターネットへの接続を制御することを特徴とする請求項4記載の無線アクセスシステム。 Wireless access system of the present invention, the authentication server, from the stored available frequency in correspondence with the ID number, the frequency is subtracted at every elapse said frequency counting time, the available power becomes "0" by performing whether administrative, wireless access system according to claim 4, wherein the controlling the connection to the Internet of the user terminal.
本発明の無線アクセスシステムは、前記振り分けサーバが、前記使用度数に基づき、各キャリア間のアクセスポイントの相互利用における超過度数を求め、この超過度数に基づき算出される精算金額を、各キャリアへ通知することを特徴とする。 Wireless access system of the present invention, the distribution server, based on the use frequency, obtains the excess power in the mutual use of the access points between the carrier, the settlement amount is calculated on the basis of this excess power, it notifies each carrier characterized in that it.
【0011】 [0011]
本発明の無線アクセス制御方法は、電波を伝送媒体とし、異なるキャリアが各々設置したアクセスポイントを介して、携帯端末をインターネットに接続する無線アクセスシステムに対する無線アクセス制御方法であり、前記アクセスポイントを介して入力される、前記ユーザ端末の送信データから識別情報を抽出し、この識別情報に基づいて、対応するキャリアへの接続を確立するキャリア接続過程と、各キャリアに設けられ、前記携帯端末から入力されるID番号及びパスワードにより、ユーザの認証を行い、このID番号に対応して記憶された利用可能度数とインターネットへの接続時間とに基づき、前記ユーザ端末のインターネットへの接続を制御する接続制御過程とを具備することを特徴する。 Wireless access control method of the present invention, a radio wave as a transmission medium, via an access point installed different carriers are each a wireless access control method for a wireless access system that connects a mobile terminal to the Internet via the access point inputted Te, and extracts the identification information from the transmission data of the user terminal, based on the identification information, and a carrier connection process of establishing a connection to the corresponding carrier, is provided to each carrier, received from the mobile terminal by being the ID number and password, to authenticate the user, based on the connection time to available power and Internet stored in correspondence with the ID number, the connection control for controlling the connection to the Internet of the user terminal to; and a process.
【0012】 [0012]
本発明の無線アクセス制御方法は、前記キャリア接続過程において、前記ID番号と前記キャリアとの対応表を有し、前記識別情報にこのID番号を用いることを特徴とする。 Wireless access control method of the present invention, in the carrier connection procedure has a corresponding table between the carrier and the ID number, characterized by using the ID number on the identification information.
本発明の無線アクセス制御方法は、前記キャリア接続過程において、設置場所またはキャリアの種別に対応した各アクセスポイントと、アクセスポイントから各キャリアへの度数あたりの度数計数時間と対応を示すテーブルから、対応するアクセスポイントの度数計数時間を読み出し、前記接続制御過程において、ID番号に対応して記憶された利用可能度数から前記度数計数時間経過毎に度数を減算し、この利用可能度数が「0」となるか否かの管理を行うことにより、前記ユーザ端末のインターネットへの接続を制御することを特徴とする。 Wireless access control method of the present invention, in the carrier connection procedure, each access point corresponding to the type of location or carrier, from a table showing the correspondence from the access point and frequency counting time per degree for each carrier, corresponding reads the frequency count time of access points, in the connection control process, the frequency is subtracted from the stored available frequency at every elapse the frequency count time in response to the ID number, the available power is "0" by performing made whether management, and controls the connection to the Internet of the user terminal.
【0013】 [0013]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明の無線アクセスシステムは、各キャリアが設置したアクセスポイントにおいて、設置したキャリアに関係なく、各アクセスポイントを各キャリアが共同利用(異なるキャリアの設置したアクセスポイントにおけるローミング)し、プリペイド方式によりインターネットに接続するサービスを提供するものである。 Wireless access system of the present invention, in the access point the carrier was placed, regardless installation carriers, each access point each carrier interoperate (roaming in different installed the access point of the carrier), the Internet by prepaid and it provides a service to connect to. すなわち、ユーザは、あらかじめ所定の単位時間、例えば、1時間の回線の使用時間の使用料金を払い、ID番号及びパスワードを取得して、各キャリアの設置したアクセスポイントを利用して、料金を支払った先のキャリア(インターネット接続プロバイダでもある)のインターネットサービスを受ける。 That is, the user previously predetermined unit time, for example, pay the use fee of the usage time of 1 hour line, acquires the ID number and the password, by using the installed access point for each carrier, paying receive the Internet services of the previous career (which is also the Internet connection provider).
【0014】 [0014]
以下、図面を参照して本発明の実施形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, embodiments of the present invention will be described. 図1は本発明の一実施形態による、電波を伝送媒体として使用する無線通信方式の無線LANを用いた無線アクセスシステムの構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing a configuration of a radio access system using, according to one embodiment, the wireless LAN wireless communication system that uses radio waves as a transmission medium of the present invention.
この図において、ユーザ端末1は、ブラウザが搭載されたノートパソコンや携帯情報端末であり、無線LAN機能を有している。 In this figure, the user terminal 1 is a notebook computer or a portable information terminal browser is installed, and has a wireless LAN function.
ユーザ端末1において、利用者がユーティリティを起動することにより、画面にアクセス可能なアクセスポイント(アクセスポイント21〜2nの中の1つまたは複数)が表示され、接続したいアクセスポイントを選択してクリックすることにより、この選択したアクセスポイント、例えばアクセスポイント22に接続される。 In the user terminal 1, by the user to start the utility, accessible access point (one of the access point 21~2n or more) is displayed on the screen, click to select the access point to be connected by this selected access point, it is connected to, for example, the access point 22.
【0015】 [0015]
アクセスポイント21〜2nは、各々キャリアA,B,Cにより設置された、有線LANと無線LANとを中継する装置であり、無線によりユーザ端末1とのLANを構成しており、各々ルータ31,…,3nとルータ4とを介して、管理会社Zの振り分けサーバ5に接続されている。 The access point 21~2n each carrier A, B, was established by C, is a device that relays wired LAN and wireless LAN, constitute a LAN with the user terminal 1 by radio, each router 31, ..., via the 3n and the router 4, it is connected to the distribution server 5 of the management company Z.
ルータ31,…,3n及びルータ4は、ユーザ端末1を振り分けサーバ5に接続する。 Router 31, ..., 3n and the router 4 are connected to the server 5 distributes the user terminal 1.
すなわち、本発明においては、使用料金を先払いしたキャリアのプロバイダサービスを、いずれのキャリアが設置したアクセスポイントでも受けることができる。 That is, in the present invention, it is possible to receive the provider service carriers prepaid usage rates, even access points either carrier is established.
【0016】 [0016]
このとき、ルータ31,…,3n及びルータ4は、一般公開の場合に、ユーザ認証の必要を無くし、アクセスするユーザアカウントをAnonymous(アノニマス;匿名)とし、パスワードによる認証を行なわないように設定されたアノニマス状態で、アクセスポイント(アクセスポイント21〜2nのいずれか)にアクセスした携帯端末1を、振り分けサーバ5に接続する。 At this time, the router 31, ..., 3n and router 4, in the case of public, without the need for user authentication, the user account to access Anonymous; and (anonymous anonymous), is set so as not to perform authentication by password in anonymous state, the mobile terminal 1 accessing the access point (either the access point 21 to 2 n), connected to the distribution server 5.
また、アクセスポイント21〜2nは、振り分けサーバ5と携帯端末1とを接続するとき、携帯端末1にローカルなアドレスを付与し、自身の識別番号を振り分けサーバ5に出力する。 The access point 21~2n, when connecting the distribution server 5 and the mobile terminal 1, a local address assigned to the mobile terminal 1, and outputs to the server 5 distributes the identification number itself.
振り分けサーバ5は、インターネットIに接続するプロバイダサービスを行うキャリア(電気通信事業者)A,B,Cが、各々発行して、現在使用可能なID番号の集合であるID番号群と、このID番号に各々対応した接続先のキャリアのキャリアアドレスとが、ID番号とキャリアアドレス(または電話番号)との対応関係を示すテーブル形式で記憶されている。 The distribution server 5, the carrier performing the provider service to connect to the Internet I (telecommunication operator) A, B, C are issued, respectively, the ID number group which is a set of currently available ID number, the ID a carrier address of carriers each corresponding connection destination number, are stored in a table format showing the correspondence between the ID number and the carrier address (or telephone number).
【0017】 [0017]
また、振り分けサーバ5は、ログイン時に携帯端末1から送信される送信データからID番号を抽出し、この抽出したID番号が、内部に記憶された現在使用可能なID番号群に含まれているか否かの判定を行う。 Further, whether the distribution server 5 extracts the ID number from the transmission data transmitted from the portable terminal 1 at the time of login, the extracted ID number is included in the currently available ID number group stored therein perform the Kano judgment.
さらに、振り分けサーバ5は、入力されるID番号が現在使用可能なID番号群に含まれていることを検出した場合、このID番号に基づき接続先のキャリア、例えばキャリアAを、上記ID番号とキャリアアドレスとの対応関係を示すテーブルから抽出して、このキャリアAの認証サーバ10Aと携帯端末1との接続を、ルータ7,情報通信網(公衆通信線,専用通信線,VPN(仮想私設網))8,ルータ9Aを介して確立する。 Further, the distribution server 5, when the ID number inputted is detected to be contained in the currently available ID number group, the destination of the carrier based on the ID number, for example, the carrier A, and the ID number extracting from the table showing the correspondence between the carrier address, a connection with the authentication server 10A of the carrier a and the portable terminal 1, the router 7, the information communication network (the public communication line, a dedicated communication line, VPN (virtual private network )) 8, is established via the router 9A.
【0018】 [0018]
すなわち、振り分けサーバ5は、携帯端末1に対して設定されたローカルなアドレスと、振り分けサーバ5の抽出したキャリアアドレスとの間で、アドレス変換を行うことにより、複数のキャリアからいずれかのキャリアを選択し、この選択した認証サーバと携帯端末1との間における接続の確立処理を行う。 That is, the distribution server 5 includes a local address set to the portable terminal 1, with the extracted carrier address of the distribution server 5, by performing address conversion, one of the carrier from the plurality of carrier selected, it performs establishment processing connection between the selected authentication server and the mobile terminal 1.
ここで、ルータ7は、振り分けサーバ5の抽出したキャリアアドレスにより、携帯端末1を、例えば、接続先であるキャリアの認証サーバ10Aにルーティングを行う。 Here, the router 7, the extracted carrier address of the distribution server 5, the portable terminal 1, for example, to route the authentication server 10A of the carrier to which it is connected.
【0019】 [0019]
すなわち、ルータ9A,9B,9Cから各携帯端末1までは、ローカルなアドレスによる接続構成(インターネットにおける唯一のIPアドレスを有しているのは、認証サーバ10A,10B,10Cのみである)を有している。 That is, the router 9A, is 9B, from 9C to each mobile terminal 1, have a connection arrangement according to a local address (of have a unique IP address in the Internet, the authentication server 10A, 10B, 10C only) doing.
さらに、認証サーバ10A,10B,10Cは、インターネット接続機能を有し、インターネットにおける終端アドレス(IPアドレス)を有し、上記キャリアアドレスにより接続された携帯端末1のインターネットIに対する接続を、各々ルータ11A,11B,11Cを介して確立する処理を行う。 Furthermore, the authentication server 10A, 10B, 10C has an Internet connection function, has a termination address (IP address) in the Internet, a connection to the Internet I of the portable terminal 1 connected by the carrier address, each router 11A performs a process of establishing through 11B, the 11C.
以下、認証サーバ10Aを用いて、キャリアにおける認証サーバを説明するが、他の認証サーバ10B,10Cも認証サーバ10Aと同様な処理を行う。 Hereinafter, using the authentication server 10A, but illustrating the authentication server in the carrier, the other authentication server 10B, 10C also performs the same process as the authentication server 10A.
【0020】 [0020]
また、振り分けサーバ5は、入力されるID番号が現在使用可能なID番号群に含まれていないことを検出した場合、このID番号を出力した携帯端末1との接続を切断する。 Also, the distribution server 5, when the ID number inputted is detected that is not included in currently available ID number group, disconnects the connection with the portable terminal 1 outputs the ID number.
そして、振り分けサーバ5は、携帯端末1の送信する送信データに含まれるMACアドレスなどにより、アクセスしている携帯端末1を識別しており、アクセス回数を計数しており、複数回、例えば3回使用不可能なID番号を送信してきた場合、この携帯端末1からの以降のアクセスを拒否する。 Then, the distribution server 5, due MAC address included in the transmission data to be transmitted of the mobile terminal 1, which identifies the mobile terminal 1 accessing, and counts the number of accesses a plurality of times, for example 3 times If you've been sent a non-ID number used, deny subsequent access from the mobile terminal 1.
【0021】 [0021]
認証サーバ10Aは、入力されるID番号とパスワードとが、使用可能として、内部に記憶されているか否かの検出処理を行う。 Authentication server 10A, and the ID number and password entered, as available, and detects whether or not the process is stored therein.
すなわち、認証サーバ10Aは、ID番号群に入力されたID番号が含まれているか否かを判定し、検出されれば、このID番号に対応して記憶されているパスワードと、入力されたパスワードが一致しているか否かの判定を行う。 That is, the authentication server 10A determines whether contains the ID number input to the ID number group, if it is detected, the password stored in correspondence with the ID number, the entered password There it is determined whether they match.
また、認証サーバ10Aは、内部のID番号群に入力されたID番号が存在し、このID番号に対応して記憶されているパスワードが、入力されたパスワードと等しいことを検出した場合、このID番号とパスワードとを出力した携帯端末1をインターネットIに、ルータ11Aを介して接続する。 The authentication server 10A, there is the ID number input to the inside of the ID number group, if password stored in correspondence with the ID number, it is detected that is equal to the entered password, the ID the mobile terminal 1 that has output the number and password to the Internet I, connected via the router 11A.
【0022】 [0022]
さらに、認証サーバ10Aは、利用可能なID番号に対応して、利用可能度数を記憶しており、この利用可能度数から使用度数を減算し、減算するごとに、利用可能度数が「0」となったか否かの判定を行い、利用可能度数が「0」となった時点で、対応する携帯端末1のインターネットIとの接続を切断する。 Furthermore, the authentication server 10A, corresponding to the available ID number, stores the available power, by subtracting the number of uses from the available power, every time subtraction, available power is "0" is whether a judgment was, at the time when the available power becomes "0", it disconnects from the corresponding mobile terminal 1 Internet I.
このとき、認証サーバ10Aは、振り分けサーバ5から送信される、各アクセスポイントにおける度数レートに基づき、度数に対応して設定された接続時間をカウントして、度数計数時間として設定された接続時間(度数あたりの接続時間)に対応する時間が経過する毎に、利用可能度数から使用度数として1度数を減算する。 At this time, the authentication server 10A is sent from the distribution server 5, based on the frequency rate of each access point, by counting the connection time that has been set corresponding to the power, set connection time as frequency counting time ( every time corresponding to the connection time) per frequency has elapsed, it subtracts one degree as used frequency from the available power.
【0023】 [0023]
ここで、度数計数時間は、例えば、接続時間が10秒を経過すると、1度数と言うように、利用可能時間から減算する度数に対応する接続時間が図2に示すテーブル構成で設定されている。 Here, the frequency counting time, for example, the connection time has elapsed 10 seconds, as say 1 degree, connection time corresponding to the power to be subtracted from the available time is set in the table structure shown in FIG. 2 .
この図2においては、度数計数時間が分類として、自社レートと他社レートと複数のレートパターンに分けられ、それぞれのレートパターンに対応して、度数計数時間が各アクセスポイントの識別番号毎に示されている。 In this figure 2, the frequency counting time classification, divided into their rate and others rate and a plurality of rate patterns, corresponding to each of the rate pattern, the frequency counting time is shown for each identification number of each access point ing.
自社レートはアクセスポイントを設置したキャリアと接続先が等しいときの度数レートであり、他社レートはアクセスポイントを設置したキャリアと接続先が異なるときの度数レートである。 Party rate is frequency rate when equals destination and carriers install the access point, third-rate is the frequency rate at which the destination and carriers install the access points are different.
【0024】 [0024]
振り分けサーバ5は、上記度数計数時間のテーブルを、アクセスポイント毎に、すなわち、図2に示すテーブル構成により、各アクセスポイントを示す識別番号毎に、各キャリアに対する度数計数時間を記憶している。 The distribution server 5, a table of the frequency counting time for each access point, i.e., the table configuration shown in FIG. 2, each identification number indicating each access point, and stores the frequency counting time for each carrier.
例えば、アクセスポイント21をキャリアAが設置したとすると、アクセスポイント21における度数計数時間は、図3(a)に示すように、キャリアAの発行したIDが使用された場合、自社レート「a=60秒/1度数」となる。 For example, when the access point 21 the carrier A was placed, the frequency counting time at the access point 21, as shown in FIG. 3 (a), if issued ID of the carrier A is used, its rate "a = It is 60 seconds / 1 frequency ".
一方、アクセスポイント21における補正レートは、図3(b)に示すように、キャリアBの発行したID番号が使用された場合、他社レート「b=50秒/1度数」となる。 On the other hand, the correction rate in the access point 21, as shown in FIG. 3 (b), if the issued ID number of the carrier B was used, a third-rate "b = 50 sec / 1 frequency".
【0025】 [0025]
このように、度数計数時間は、キャリアの種別、すなわちアクセスポイントの接続先が設置したキャリアか、または他のキャリアかによって、各キャリアにより各々異なった値で設定されている。 Thus, the frequency counting time, the type of carrier, i.e. depending on whether the carrier or other carrier, the connection destination of the access point is placed, is set at each different values ​​by each carrier.
また、この補正レートは、同一のキャリアが設置したアクセスポイントの間においても、各アクセスポイントが設置された場所により、異なる値に設定(アクセスポイントが使用される頻度や設置の困難性に対応して値を設定)してもよい。 Further, the correction rate, even while the access point to which the same carrier is set up, the place where the access point is installed, corresponds to the difficulty of frequency set to a different value (access points are used and installation value may be set) and Te.
【0026】 [0026]
振り分けサーバ5は、各認証サーバ(10A,10B,10C)に対する携帯端末1の接続を確立するとき、ID番号及びパスワードとともに、上記自社レートまたは他社レートの対応するいずれかの度数計数時間を添付して出力する。 The distribution server 5, when establishing the connection of the portable terminal 1 for each authentication server (10A, 10B, 10C), together with the ID number and the password, attached to one of the frequency counting time corresponding to the own rate or third rate to output Te.
例えば、認証サーバ10Aは、自社レート「a=60秒/1度数」が送信された場合、ID番号に対応した利用可能度数から、60秒経過するごとに1度数を減算する。 For example, the authentication server 10A, if its rate "a = 60 sec / 1 degree" is transmitted, from the available frequency corresponding to the ID number, subtracts one degree each time after 60 seconds.
一方、認証サーバ10Bは、他社レート「b=50秒/1度数」が送信された場合、ID番号に対応した利用可能度数から、50秒経過するごとに1度数を減算する。 On the other hand, the authentication server 10B, if the non-rate "b = 50 sec / 1 degree" is transmitted, from the available frequency corresponding to the ID number, subtracts one degree each time elapses 50 seconds.
【0027】 [0027]
そして、認証サーバ10Aは、内部に記憶した利用可能なID番号群から、この利用可能度数が「0」となったID番号を消去するとともに、振り分けサーバ5に対して、振り分けサーバ5内のID番号群からこのID番号の消去を要求する。 Then, the authentication server 10A, from the available ID number group stored therein, erases the ID number which the available power becomes "0", with respect to the distribution server 5, ID of the distribution server 5 to request the erasure of this ID number from the number group.
振り分けサーバ5は、上述した認証サーバ10AからのID番号の消去の要求に基づき、内部に記憶したID番号群から、要求されたID番号を消去する。 The distribution server 5, based on a request erasure ID number from the authentication server 10A as described above, the ID number group stored therein, to erase the requested ID number.
【0028】 [0028]
管理会社Zにおいて、ID発行システム6は、所定の桁数の1次ID番号を乱数により発生し、この1次ID番号にランダムな数値(その時点のCPU使用率やディスク使用率など)に、一定の関数を乗じて2次ID番号を生成する。 In the management company Z, ID issuing system 6 generates a random number a primary ID number of a predetermined number of digits, the random number to the primary ID number (such as CPU utilization and disk usage at the time), multiplied by a constant function for generating a secondary ID number.
また、ID発行システム6は、発行済みID番号テーブルに、新たに生成した2次ID番号が存在するか否かの判定を行う。 Further, ID issuing system 6, the issued ID number table, a determination is newly generated secondary ID number is whether there.
【0029】 [0029]
そして、ID発行システム6は、発行済みID番号テーブルに2次ID番号と同一のID番号が存在しないことを検出した場合、この2次ID番号を正式なID番号として出力するとともに、このID番号を発行済みID番号テーブルに登録する。 Then, ID issuing system 6, if the issued ID number table in the secondary ID number and the same ID number is detected that does not exist, and outputs the secondary ID number as a formal ID number, the ID number the register to the issued ID number table.
一方、ID番号発行システム6は、発行済みID番号テーブルに2次ID番号と同一のID番号が存在することを検出した場合、再度、乱数による1次ID番号の生成から、ID番号の生成を開始する。 On the other hand, the ID number issuing system 6, if the issued ID number table in the secondary ID number and the same ID number is detected to be present, again, from generation of the primary ID number by the random number, the product ID number Start.
【0030】 [0030]
次に、図1,図2,図3及び図4を参照し、一実施形態の動作例を説明する。 Next, FIGS. 1, 2, with reference to FIGS. 3 and 4, the operation of the embodiment. 図4は、図1に示す無線アクセスシステムの動作例のフローを示す概念図である。 Figure 4 is a conceptual diagram showing a flow of an operation example of the radio access system shown in FIG.
以下の説明は、コンビニエンスストアや駅の売店などでプリペイドカード(スクラッチを削ることで、ID番号及びパスワードを取得する)を購入する場合や、キャリアのホームページ及びキャリアに販売委託された販売会社のホームページからインターネットによりID番号及びパスワードを購入して取得する場合などを含むプリペイド方式として、無線LANの利用時間に対する料金の先払いを行うことを前提に行う。 The following description is, (by cutting the scratch, to get the ID number and password) prepaid card, such as convenience stores and train station kiosks or when to buy, the sales companies that were sold entrusted to the home page and the carrier of the carrier website It does from a prepaid system, including if you get to buy the ID number and password via the Internet, on the assumption that perform the prepaid fees for the use time of the wireless LAN.
【0031】 [0031]
ステップS1において、各キャリア(キャリアA,B,C)は、管理会社に対して、販売するプリペイドカードの数に対応して、所定の数のID番号の生成を依頼する。 In step S1, each carrier (carrier A, B, C) are, to the management company, in accordance with the number of prepaid cards to be sold, to request the generation of a predetermined number of ID numbers.
これにより、管理会社Zは、ID発行システム6により、各キャリアから依頼された数のID番号を生成し、このID番号を発行済みID番号テーブルに登録する。 Thus, the management company Z is the ID issuing system 6, and generates a number of ID numbers requested from the carrier, and registers the ID number issued ID number table.
【0032】 [0032]
次に、ステップS2において、ID発行システム6は、生成したID番号を振り分けサーバ5に送信する。 Next, in step S2, ID issuing system 6 transmits the generated ID number allocated to the server 5.
そして、振り分けサーバ5は、ID番号が納品されるキャリアのアドレスに各々対応させてID番号群に登録、すなわち、ID番号と各接続先のキャリアのアドレスとの関係を示すテーブルに、新しく生成されたID番号の登録を行う。 Then, the distribution server 5 is registered in the ID number group by respectively corresponding to the address of the carrier ID number is delivered, i.e., the table showing the relationship between the ID number and the address of each destination of the carrier, the newly generated carry out the registration of the ID number.
すなわち、振り分けサーバ5は、ID番号が使用されるキャリアに応じてあらかじめ振り分けられているため、ID番号と各接続先キャリアのキャリアアドレス(または電話番号)との関係を示す上記テーブルにより、接続先のキャリアを特定することとなる。 That is, the distribution server 5, because it is distributed in advance according to the carrier ID number is used by the table showing the relationship between the ID number and the carrier address of each destination carrier (or phone number), the destination and thus to identify the carrier.
【0033】 [0033]
次に、ステップS3において、認証サーバ10A,B,Cは、各々の記憶している利用可能なID番号のID番号群の記憶領域に、新たに管理会社ZのID発行システム6により生成され、供給されたID番号を登録する。 Next, in step S3, the authentication server 10A, B, C to the storage area of ​​the ID number group of available ID number that each stored are generated by the ID issuing system 6 newly management company Z, to register the supplied ID number.
このとき、ステップS4において、認証サーバ10A,10B,10Cは、上記登録するID番号に対応させて、パスワードを乱数などにより生成し、このID番号に対応させて、ID番号群に登録する。 At this time, in step S4, the authentication server 10A, 10B, 10C are in correspondence with the ID number of the registration, to generate the random number password, in correspondence with this ID number is registered in the ID number group.
【0034】 [0034]
次に、ステップS5において、各キャリアA,B,Cは、印刷会社に依頼して、スクラッチ形式のプリペイドカードを作成させる。 Next, in step S5, the carrier A, B, C requests the printing company, to create a prepaid card scratch format.
そして、各キャリアA,B,Cは、このプリペイドカードを委託した販売会社を介して、コンビニエンスストアや駅の売店で販売する。 Then, each carrier A, B, C, via a sales company that commissioned the prepaid card, sold in the shop of the convenience store and the train station.
また、各キャリアA,B,Cは、自身のホームページ、または委託した販売会社のホームページにおいて、ID番号の販売を行う。 In addition, each carrier A, B, C is its own home page or the website of commissioned sales company, carries out the sale of ID number.
認証サーバ10A,10B,10Cには、各ID番号に対応し、各々販売金額に応じて、接続できる利用可能度数が記憶されている。 The authentication server 10A, 10B, the 10C, corresponding to each ID number, each in accordance with the sales amount, available power that can be connected is stored.
【0035】 [0035]
次に、ステップS6において、利用者が各々のキャリアA,B,Cのいずれかの発行したID番号を、プリペイドカードにより取得する。 Next, in step S6, each of the carrier A by the user, B, one of the issued ID number and C, acquired by prepaid card.
例えば、利用者がキャリアAの発行したプリペイドカードを購入したとして、以下の説明を行う。 For example, as was purchased a prepaid card that the user has issued the carrier A, the following description.
このとき、この利用者の所持する携帯端末1は、無線LANを介して、キャリアAによりインターネットIに接続処理されることになる。 At this time, the portable terminal 1 to possession of the user, via the wireless LAN, and to be connected processed to the Internet I by the carrier A.
【0036】 [0036]
次に、ステップS7において、利用者は、キャリアAの設置したアクセスポイント22の近傍において、携帯端末1をインターネットIに接続しようとする。 Next, in step S7, the user, in the vicinity of the access point 22 is installed in the carrier A, it attempts to connect the mobile terminal 1 to the Internet I.
そして、例えば、利用者が携帯端末1において、無線LANにより、携帯端末1とアクセスポイントとを接続するユーティリティのソフトウェアを実行させることにより、携帯端末1がアクセスポイント22を、アクセスポイント22が電波により送信する識別信号により認識し、表示画面にアクセスポイント22を示すアイコンが表示される。 Then, for example, in the user portable terminal 1, by a wireless LAN, by executing a utility software for connecting the mobile terminal 1 and the access point, the mobile terminal 1 to access point 22, the access point 22 by radio recognized by the identification signal to be transmitted, an icon indicating the access point 22 on the display screen is displayed.
そして、利用者がアクセスポイント22のアイコンをクリックすることにより、携帯端末1は、ローカルなアドレスに基づき、アクセスポイント22,ルータ32,ルータ4を介して、振り分けサーバ5に接続される。 By the user clicks the icon of the access point 22, the mobile terminal 1, based on the local address, the access point 22, a router 32, via the router 4 are connected to the distribution server 5.
このとき、アクセスポイント22は、自身を識別する識別番号を振り分けサーバ5に送信する。 In this case, the access point 22 transmits to the server 5 distributes the identification number for identifying itself.
【0037】 [0037]
これにより、振り分けサーバ5は、携帯端末1に対して、ログイン画面を送信する。 Thus, the distribution server 5, the portable terminal 1 transmits a login screen.
そして、利用者は、このログイン画面のID番号,パスワードを入力する欄に、各々、プリペイドカードに記載されているID番号及びパスワードを記入し、入力を確定する。 Then, the user, the ID number of the login screen, the column for inputting a password, respectively, to enter the ID number and the password are described in the prepaid card, to confirm the input.
これにより、振り分けサーバ5は、入力されたID番号が内部に記憶した、ID番号の示されたテーブルに存在するか否かの検出を行う。 Thus, the distribution server 5, the entered ID number is stored therein, and detects whether or not the present in the indicated table of ID number.
そして、振り分けサーバ5は、入力されたID番号が上記テーブルに存在することを検出すると、このID番号に対応したキャリアAのキャリアアドレス(または電話番号)を抽出し、このキャリアアドレス(または電話番号)に基づき、キャリアAに対する接続処理を行う。 Then, the distribution server 5, the input ID number is detected to be present in the table, it extracts the carrier address of carrier A corresponding to the ID number (or phone number), the carrier address (or telephone number based on), a connection process to the carrier a.
【0038】 [0038]
次に、ステップS8において、振り分けサーバ5は、認証サーバに対する携帯端末1の接続を確立するとき、ID番号及びパスワードとともに、アクセスポイントの識別番号及びID番号に基づき、上記自社レートまたは他社レートの対応するいずれかを添付して、認証サーバ10Aへ出力する。 Next, in step S8, the distribution server 5, when establishing the connection of the mobile terminal 1 to the authentication server, along with the ID number and the password based on the identification number and the ID number of the access point, corresponding of the Party rate or third rate to attach any, to output to the authentication server 10A.
ここで、振り分けサーバ5は、アクセスポイント22がキャリアAにより設置され、利用者の取得したID番号がキャリアAにより販売されたため、自社レートを認証サーバ10Aに出力する。 Here, the distribution server 5, the access point 22 is established by the carrier A, since the acquired ID number of the user is sold by the carrier A, and outputs their rate to the authentication server 10A.
これにより、振り分けサーバ5は、キャリアAの認証サーバ10Aに対して、携帯端末1との接続を確立する。 Thus, the distribution server 5, the authentication server 10A of the carrier A, to establish a connection with the mobile terminal 1.
【0039】 [0039]
次に、ステップS9において、認証サーバ10Aは、入力されるID番号とパスワードとに基づき、インターネットへの接続が可能か否かの認証処理を行う。 Next, in step S9, the authentication server 10A, based on the ID number and the password entered, performs an authentication process whether or not it is possible to connect to the Internet.
すなわち、認証サーバ10Aは、内部のID番号群において、入力されたID番号が検出され、このID番号に対応して記憶されているパスワードが、入力されたパスワードと等しいことを検出する。 That is, the authentication server 10A, in the interior of the ID number group, the input ID number is detected, passwords are stored in correspondence with the ID number, detects that equal to the entered password.
【0040】 [0040]
次に、ステップS10において、認証サーバ10Aは、入力されるID番号が現在使用可能であることを検出した場合、このID番号とパスワードとを出力した携帯端末1とインターネットIとの接続を、ルータ11Aを介して確立する。 Next, in step S10, the authentication server 10A, if the ID number is input detects that it is currently available, the connection between the mobile terminal 1 and outputs the ID number and password Internet I, the router 11A is established through the.
そして、認証サーバ10Aは、携帯端末1のインターネットIに対する通信の監視を行う。 Then, the authentication server 10A performs monitoring of the communication to the Internet I of the mobile terminal 1.
すなわち、認証サーバ10Aは、利用可能なID番号に対応した利用可能度数から、度数計数時間に対応した接続時間の時間経過毎に、使用度数(1度数)を減算する。 That is, the authentication server 10A, from the available frequencies corresponding to the available ID number, each time a connection time corresponding to the frequency counting time, subtracts the number of uses (1 degree).
【0041】 [0041]
そして、認証サーバ10Aは、利用可能度数から使用度数を減算するごとに、利用可能度数が「0」となったか否かの判定を行い、利用可能度数が「0」となった時点で、対応する携帯端末1のインターネットIとの接続を切断する。 Then, the authentication server 10A, each time subtracting the number of uses from the available power, it is determined available power is whether it is "0", when the available power becomes "0", the corresponding to disconnect from the Internet I of the mobile terminal 1.
そして、認証サーバ10Aは、内部に記憶した利用可能なID番号群から、この利用可能度数が「0」となったID番号を消去するとともに、振り分けサーバ5に対して、振り分けサーバ5内のID番号群からこのID番号の消去を要求する。 Then, the authentication server 10A, from the available ID number group stored therein, erases the ID number which the available power becomes "0", with respect to the distribution server 5, ID of the distribution server 5 to request the erasure of this ID number from the number group.
これにより、振り分けサーバ5は、上述した認証サーバ10AからのID番号の消去の要求に基づき、内部に記憶したID番号群から、要求されたID番号を消去するとともに、携帯端末1との接続を切断する。 Thus, the distribution server 5, based on a request erasure ID number from the authentication server 10A as described above, the ID number group stored therein, erases the requested ID number, the connection with the portable terminal 1 to cut.
【0042】 [0042]
次に、利用者に対するインターネット接続サービスの利用料金と、各キャリア間のアクセスポイントの共同利用に対するキャリア間の精算との計算に関する各サーバで行われる処理の説明を行う。 Next, the charge for Internet connection service, a description of processing performed by each server regarding the calculation of the settlement between the carrier for the joint use of the access points between the carrier for the user.
振り分けサーバ5は、各キャリア毎に、所有するアクセスポイントのからの接続先のキャリアと接続時間(インターネットIへの接続時間と同等とする)とを示すログデータを収集し、各キャリア間におけるローミング接続費用の精算処理、すなわち上記差額の精算を行う。 The distribution server 5, for each carrier, collect the log data indicating the access point color of the destination carrier and connection time (and equivalent to the connection time to the internet I) that owns, roaming between each carrier settlement processing for connection fees, i.e. performs settlement of the difference.
【0043】 [0043]
すなわち、振り分けサーバ5は、各アクセスポイント毎に、各キャリアへの接続時間を記憶している。 That is, the distribution server 5, for each access point, and stores the connection time to the carrier.
例えば、振り分けサーバ5には、図5(a)に示すテーブルの構成で、各アクセスポイント単位において、キャリアAの設置したアクセスポイント22を使用したキャリア毎に、各キャリアへの接続に対して使用された度数が積算され、累積度数として記憶されている。 For example, the distribution server 5, the configuration of the table shown in FIG. 5 (a), in each access point unit, for each carrier using the access point 22 is installed in the carrier A, used for connection to the carrier are integrated by the power is stored as cumulative frequency.
上述したように、振り分けサーバ5には、他のアクセスポイントに対しても、各キャリアへの接続に対して使用された度数を積算して累積度数を求め、図5(a)と同様な構成のテーブルとして記憶している。 As described above, the distribution server 5, for the other access points, determine the cumulative frequency by integrating the frequency which is used for connection to each carrier, similar to FIGS. 5 (a) Configuration It is stored as a table.
【0044】 [0044]
また、振り分けサーバ5は、各キャリア間のアクセスポイントにおける精算を行うため、各キャリア毎に設置したアクセスポイントの累積度数の積算を行う。 Also, the distribution server 5 in order to perform the settlement at the access point between the carrier, to accumulate a cumulative frequency of the access point installed in each carrier.
このとき、振り分けサーバ5は、図5(a)のテーブルに基づいて、キャリア毎に、各キャリア(例えば、キャリアA)の設置した全アクセスポイントにおける累積度数の積算を、利用したキャリア単位に行う。 In this case, the distribution server 5, based on the table of FIG. 5 (a), for each carrier, each carrier (e.g., Carrier A) the integration of the cumulative frequency in installing all access points of, performed on the carrier unit utilizing .
そして、振り分けサーバ5は、各キャリアの所有している全アクセスポイントにおける、各キャリアがアクセスポイントを相互使用した度数の総積算度数を求める。 Then, the distribution server 5 in all access points owned for each carrier, determining the total cumulative frequency of the frequency of each carrier has mutually use the access point.
すなわち、振り分けサーバ5は、アクセスポイントを設置したキャリア以外の他のキャリアが、設置した全アクセスポイントに対してこの他のキャリアの利用した累積度数の積算を行い、他のキャリア毎の総積算度数を求める。 That is, the distribution server 5, other carriers other than carriers install the access point, performs multiplication of cumulative frequency obtained by use of this other carriers for all access points installed, the total cumulative frequency for each other carrier the seek.
【0045】 [0045]
次に、振り分けサーバ5は、各キャリア間の相互利用において、いずれのキャリアの総積算度数が大きいかの検出を行い、総積算度数が大きい方から小さい方を減算して総積算度数の差、すなわち超過度数を求める。 Next, the distribution server 5, the mutual use between the carrier, perform one of the total cumulative frequency is greater than or detection of the carrier, the subtraction to the difference between the total cumulative frequency the smaller the better total integrated power is large, That determine the excess frequency.
例えば、振り分けサーバ5は、キャリアAがキャリアBの設置したアクセスポイントを利用した総積算度数ABが「81700度数」であり、キャリアBがキャリアAの設置したアクセスポイントを利用した総積算度数BAが「20850度数」であるとすると、「AB>BA」であることを判定して、総積算度数ABから総積算度数BAを減算し、アクセスポイントの共同利用において、キャリアAがキャリアBの設置したアクセスポイントを超過して利用した超過度数を、「60850度数」として算出する。 For example, the distribution server 5 is the total cumulative frequency AB using the installed access point of the carrier A carrier B is "81,700 frequency", the total cumulative frequency BA in which the carrier B has used the installed access point of the carrier A is When a "20850 frequency", it is determined that "AB> BA", by subtracting the total accumulated power BA from the total integrated power AB, in common use of the access point, the carrier a was placed in the carrier B the excess frequency using in excess of the access point, is calculated as the "60,850 frequency".
【0046】 [0046]
上述したように、振り分けサーバ5は、各キャリア間の上記超過度数を求めて、各キャリア毎の精算金額を演算するときに用いる図5(b)に示す精算テーブルを生成する。 As described above, the distribution server 5, asking the excess power among the carriers, generates adjustment table shown in FIG. 5 (b) to be used when calculating the adjusted amount of each carrier.
図5(b)のテーブルは、アクセスポイントを設置したキャリア(欄20)と、このアクセスポイントを利用したキャリア(欄30)との利用時間差の関係が示されている。 Figure 5 (b) table, a carrier (column 20) which is installed an access point, the relationship of their time difference with the carrier using this access point (column 30) is shown.
例えば、欄100の正の値である「60850度数」は、キャリアAがキャリアBの設置したアクセスポイントを超過利用した超過度数を示し、欄200の負の「−60850度数」はキャリアBがキャリアAに対して共同利用において余分に使用された度数を示している。 For example, a positive value in the column 100 "60 850 frequency", the carrier A is shown an installation in excess power in excess use of the access point of the carrier B, a negative "-60850 frequency" column 200 carrier B carrier It shows the frequency that is excessively used in joint use against a.
【0047】 [0047]
そして、振り分けサーバ5は、定期的(例えば、1ヶ月毎)に、超過度数に度数あたりの金額(例えば、100円/度数)を乗じて、精算金額を求め、余分に使用されたキャリアにこの精算金額(相互利用における超過度数に対応した金額)を支払うように、アクセスポイントの共同利用で相互利用の使用度数が超過したキャリアに対して通知する。 Then, the distribution server 5 periodically (e.g., every month), the price per frequency in excess power (e.g., 100 yen / frequency) by multiplying, seeking transaction amount, this extra use carriers to pay transaction amount (the amount corresponding to the excess power in the mutual use), and notifies the carrier using frequency exceeds the mutual use jointly using the access point.
このとき、振り分けサーバ5は、キャリアAがキャリアBに対して支払う清算金額を、「60850×100=6085000(円)」として求める。 In this case, the distribution server 5, a clearing amount carrier A pays for carrier B, obtained as "60850 × 100 = 6085000 (yen)".
そして、振り分けサーバ5は、この精算金額「6085000(円)」をキャリアBに対して支払う内容の通知を、電子メールなどでキャリアAに対して送信する。 Then, the distribution server 5, the notification of content to pay the settlement amount "6085000 (yen)" with respect to the carrier B, is transmitted to the carrier A in such as e-mail.
【0048】 [0048]
上述してきたように、本発明の無線アクセスシステムは、従来のように基本料金を支払いアカウントを取得すること無く、プリペイド方式によりID番号を販売した各キャリアA、B,Cの各々の認証サーバ10A,10B,10Cが、各ID番号に対応した使用可能度数から、使用した度数を減算するのみであり、利用者にとっては使用した度数に対する料金を支払うこととなり、無線LANの使用形態の1つの選択肢として、一定期間または短時間しか使用しない利用者に対する利用効率が大幅に向上させることができる。 As described above, the wireless access system of the present invention, a conventional base charge as without acquiring the payment account, the carrier A was sold ID number by prepaid, B, the authentication server 10A of each of the C , 10B, 10C are, from the available power corresponding to each ID number, only subtracts the frequency used, it is possible to pay for the frequencies used for the user, one option usage of wireless LAN as a use efficiency for the user only a certain period of time or a short time without using can be remarkably improved.
【0049】 [0049]
また、本発明の無線アクセスシステムは、振り分けサーバ5が利用者の入力するID番号に対応して、ID番号を購入したキャリアA,B,Cのそれぞれの認証サーバ10A,10B,10Cへの接続を各々制御するため、異なるキャリアA,B,Cの設置した各々のアクセスポイント21,22,…,2n間のローミングが可能であり、携帯端末1からのインターネットIへの接続可能な場所が大幅に増加し、無線アクセスシステムの利便性が大幅に向上する。 Further, the wireless access system of the present invention, the connection corresponding to the ID number distribution server 5 to the user's input, a carrier A was purchased ID number, B, each authentication server 10A of C, 10B, to 10C for respectively controlling the different carriers a, B, C each of the access points 21, 22 installed with a, ..., roaming between 2n are possible, largely Internet connection possible locations to I from the portable terminal 1 increased, convenience of wireless access system is significantly improved.
【0050】 [0050]
さらに、本発明の無線アクセスシステムは、アクセスポイントを多く設置したキャリアが、アクセスポイントの所有が少ないキャリアに対して、共同利用上において設備投資に対する料金の回収が不公平とならないように、振り分けサーバ5に記憶された補正レートにより、すなわち、自社レートと他社レートとにより、他のキャリアに相互利用において超過してアクセスポイントが使用された時間に対して差額が支払われるため、この補正レートを適正化させることにより、設備投資の大小における不公平をなくすことが可能である。 Further, the wireless access system of the present invention, as many established carriers the access point, the carrier owned small access points, do not recover charges unfair for capital investment on joint use, the distribution server the stored correction rate 5, i.e., by the own rate and others rate, since the access point exceeds the mutual use other carriers difference is paid to time used, the correction rate proper by reduction, it is possible to eliminate the unfairness in the magnitude of capital investment.
【0051】 [0051]
以上、本発明の一実施形態を図面を参照して詳述してきたが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等があっても本発明に含まれる。 Above, an embodiment of the present invention have been described in detail with reference to the drawings, specific configurations are not limited to this embodiment, there is a design change, etc. without departing from the scope of the present invention also included in the present invention.
例えば、上述した一実施形態の無線アクセスシステムは、電波を伝送媒体として使用する無線通信方式として無線LANを用いて説明したが、Bluetooth(ブルートゥース:登録商標)等の他の電波を伝送媒体とする無線通信方式を利用しても良い。 For example, the wireless access system of the above-described embodiment has been described with reference to a wireless LAN as a wireless communication scheme that uses radio waves as a transmission medium, Bluetooth: a transmission medium other radio waves (Bluetooth registered trademark) You may be using a wireless communication system.
【0052】 [0052]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明の無線アクセスシステムによれば、従来のように基本料金を支払いアカウントを取得すること無く、プリペイド方式によりID番号を販売した各キャリアの各々の認証サーバが、各ID番号に対応した使用可能度数から、使用した時間に対する度数(料金)を減算するのみであり、利用者にとっては使用した度数のみ料金を支払うこととなり、無線LANの使用形態の1つの選択肢として、一定期間または短時間しか使用しない利用者に対する利用効率が大幅に向上させることができる。 According to the radio access system of the present invention, can be used a conventional base charge as without acquiring the payment account, the authentication server of each of the carrier who sold ID number by the prepaid method, corresponding to each ID number from the frequency, only subtracts the frequency (rate) for the time used, it is possible to pay only power used is for users, one option of using the form of a wireless LAN, using only a period of time or a short time efficiency for non user can be greatly improved.
【0053】 [0053]
また、本発明の無線アクセスシステムによれば、振り分けサーバが利用者の入力するID番号に対応して、ID番号を購入したキャリアのそれぞれの認証サーバへの接続を各々制御するため、異なるキャリアの設置した各々のアクセスポイント間のローミングが可能であり、携帯端末からのインターネットIへの接続可能な場所が大幅に増加し、無線アクセスシステムの利便性が大幅に向上する。 Further, the present invention according to the wireless access system, corresponding to the ID number of the distribution server to user input, for respectively controlling connection to each authentication server of the carrier who bought ID number, a different carrier are possible roaming between installed the respective access points, Internet connection possible locations to I from the portable terminal greatly increases the convenience of the wireless access system is significantly improved.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の一実施形態による無線アクセスシステムの構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a configuration of a wireless access system according to an embodiment of the present invention.
【図2】図1の振り分けサーバ5に記憶されているテーブルの構成を示す概念図である。 2 is a conceptual diagram showing the structure of a table stored in the distribution server 5 in FIG. 1.
【図3】ID番号の販売元であるキャリアと、購入したID番号を使用する携帯端末1との接続関係を説明する概念図である。 [3] and the carrier is a vendor ID number is a conceptual diagram illustrating a connection relationship between the portable terminal 1 using the ID number purchased.
【図4】図1に示す無線アクセスシステムの動作例のフローを示す概念図である。 4 is a conceptual diagram showing a flow of an operation example of the radio access system shown in FIG.
【図5】異なるキャリアの設置したアクセスポイント間のローミングにおいて、相互利用の差額を計算するときに用いるテーブルの構成を示す概念図である。 [5] In roaming between installed the access point of the different carriers, it is a conceptual diagram showing a configuration of a table for use in calculating the difference mutual use.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1 ユーザ端末21,22,2n アクセスポイント31,32,3n,4,7,9A,9B,9C ルータ5 振り分けサーバ6 ID発行システム8 情報通信網10A,10B,10C 認証サーバZ 管理会社I インターネット 1 user terminal 21,22,2n access point 31,32,3n, 4,7,9A, 9B, 9C router 5 distribution server 6 ID issuing system 8 Information communication network 10A, 10B, 10C authentication server Z management company I Internet

Claims (9)

  1. 電波を伝送媒体とし、異なるキャリアが各々設置したアクセスポイントを介して、携帯端末をインターネットに接続する無線アクセスシステムであり、 Radio waves and the transmission medium, through an access point installed different carriers are each a wireless access system that connects a mobile terminal to the Internet,
    前記アクセスポイントを介して入力される前記ユーザ端末の送信データから識別情報を抽出し、この識別情報に基づいて、対応するキャリアへの接続を確立する振り分けサーバと、 Extracting the identification information from the transmission data of the user terminal inputted through the access point, a distribution server based on the identification information, to establish a connection to a corresponding carrier,
    各キャリアに設けられ、前記携帯端末から入力されるID番号及びパスワードにより、ユーザの認証を行い、このID番号に対応して記憶された利用可能度数とインターネットへの接続時間とに基づき、前記ユーザ端末のインターネットへの接続を制御する認証サーバとを具備することを特徴する無線アクセスシステム。 Provided in each carrier, the by ID number and the password inputted from the portable terminal, authenticates the user, based on the connection time to available power and Internet stored in correspondence with the ID number, the user wireless access system characterized by comprising an authentication server for controlling the connection to the Internet terminal.
  2. 前記振り分けサーバが、利用可能なID番号を記憶し、対応するID番号が無い場合、キャリアへの回線の接続を行わないことを特徴とする請求項1記載の無線アクセスシステム。 The distribution server may store the available ID number, if no corresponding ID numbers, the radio access system according to claim 1, wherein the not connect the line to the carrier.
  3. 前記振り分けサーバが、前記ID番号と前記キャリアとの対応表を有し、前記識別情報にこのID番号を用いることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の無線アクセスシステム。 The distribution server, a wireless access system according to claim 1 or claim 2 having a correspondence table between the ID number and the carrier, characterized by using the ID number on the identification information.
  4. 前記振り分けサーバが、設置場所またはキャリアの種別に対応した各アクセスポイントと、アクセスポイントから各キャリアへの度数あたりの度数計数時間と対応を示すテーブルを記憶していることを特徴とする請求項1から請求項3のいずれかに記載の無線アクセスシステム。 Claim 1, wherein the distribution server, to each access point corresponding to the type of location or carrier, characterized in that stores a table showing the correspondence between frequency counting time per degree for each carrier from the access point wireless access system according to claim 3.
  5. 前記認証サーバが、このID番号に対応して記憶された利用可能度数から、前記度数計数時間経過毎に度数を減算し、この利用可能度数が「0」となるか否かの管理を行うことにより、前記ユーザ端末のインターネットへの接続を制御することを特徴とする請求項4記載の無線アクセスシステム。 The authentication server, from the stored available frequency in correspondence with the ID number, the frequency is subtracted at every elapse said frequency counting time, that the available power is to manage whether a "0" the wireless access system according to claim 4, wherein the controlling the connection to the Internet of the user terminal.
  6. 前記振り分けサーバが、前記使用度数に基づき、各キャリア間のアクセスポイントの相互利用における超過度数を求め、この超過度数に基づき算出される精算金額を、各キャリアへ通知することを特徴とする請求項5記載の無線アクセスシステム。 Claim wherein the distribution server, which based on the use frequency, obtains the excess power in the mutual use of the access points between the carrier, the settlement amount is calculated on the basis of this excess power, and notifies each carrier 5 wireless access system described.
  7. 電波を伝送媒体とし、異なるキャリアが各々設置したアクセスポイントを介して、携帯端末をインターネットに接続する無線アクセスシステムに対する無線アクセス制御方法であり、 Radio waves and the transmission medium, through an access point installed different carriers are each a wireless access control method for a wireless access system that connects a mobile terminal to the Internet,
    前記アクセスポイントを介して入力される、前記ユーザ端末の送信データから識別情報を抽出し、この識別情報に基づいて、対応するキャリアへの接続を確立するキャリア接続過程と、 Inputted through the access point, wherein the extracting the identification information from the transmission data of the user terminal, based on the identification information, and a carrier connection process of establishing a connection to the corresponding carrier,
    各キャリアに設けられ、前記携帯端末から入力されるID番号及びパスワードにより、ユーザの認証を行い、このID番号に対応して記憶された利用可能度数とインターネットへの接続時間とに基づき、前記ユーザ端末のインターネットへの接続を制御する接続制御過程とを具備することを特徴する無線アクセス制御方法。 Provided in each carrier, the by ID number and the password inputted from the portable terminal, authenticates the user, based on the connection time to available power and Internet stored in correspondence with the ID number, the user wireless access control method for; and a connection control step of controlling the connection to the Internet terminal.
  8. 前記キャリア接続過程において、前記ID番号と前記キャリアとの対応表を有し、前記識別情報にこのID番号を用いることを特徴とする請求項7記載の無線アクセス制御方法。 Wherein the carrier connection procedure, the ID number and has a corresponding table between the carrier, the radio access control method according to claim 7, wherein the use of the ID number to the identification information.
  9. 前記キャリア接続過程において、設置場所またはキャリアの種別に対応した各アクセスポイントと、アクセスポイントから各キャリアへの度数あたりの度数計数時間と対応を示すテーブルから、対応するアクセスポイントの度数計数時間を読み出し、前記接続制御過程において、ID番号に対応して記憶された利用可能度数から前記度数計数時間経過毎に度数を減算し、この利用可能度数が「0」となるか否かの管理を行うことにより、前記ユーザ端末のインターネットへの接続を制御することを特徴とする請求項7または請求項8に記載の無線アクセス制御方法。 In the carrier connection procedure, each access point corresponding to the type of location or carrier, from a table showing the correspondence from the access point and frequency counting time per degree for each carrier, reads the frequency count time of the corresponding access point in the connection control process, the frequency is subtracted from the stored available frequency at every elapse the frequency count time in response to the ID number, to manage whether the available frequency becomes "0" the wireless access control method according to claim 7 or claim 8, characterized in that for controlling the connection to the Internet of the user terminal.
JP2002092722A 2002-03-28 2002-03-28 Wireless access system and a control method thereof Expired - Fee Related JP3559023B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002092722A JP3559023B2 (en) 2002-03-28 2002-03-28 Wireless access system and a control method thereof

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002092722A JP3559023B2 (en) 2002-03-28 2002-03-28 Wireless access system and a control method thereof

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003289331A JP2003289331A (en) 2003-10-10
JP3559023B2 true JP3559023B2 (en) 2004-08-25

Family

ID=29237467

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002092722A Expired - Fee Related JP3559023B2 (en) 2002-03-28 2002-03-28 Wireless access system and a control method thereof

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3559023B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9167505B2 (en) 2007-10-08 2015-10-20 Qualcomm Incorporated Access management for wireless communication
US9775096B2 (en) 2007-10-08 2017-09-26 Qualcomm Incorporated Access terminal configuration and access control
US9055511B2 (en) 2007-10-08 2015-06-09 Qualcomm Incorporated Provisioning communication nodes

Also Published As

Publication number Publication date
JP2003289331A (en) 2003-10-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN103959863B (en) A method for providing an intelligent network access selection for a mobile wireless device, mobile device and a computer readable medium
EP1410562B1 (en) Proxy for content service
KR100670779B1 (en) Automated teller machine having an accessing point and method for providing financial service using the same
US10291417B2 (en) System, method and program product for delivery of digital content offerings at a retail establishment
US20080319884A1 (en) Charging system and charging method
CA2193748C (en) Data network security system and method
US7917394B2 (en) System and method for providing access to network services
JP4382498B2 (en) Instant login user authentication and payment method, and the system was using the heterogeneous communication network
CN1757025B (en) Method and apparatus providing prepaid billing for network services using explicit service authorization
CA2464622C (en) Method and device for authenticated access of a station to local data networks, in particular radio data networks
CN100437602C (en) Anonymous electronic transactions
JP4199503B2 (en) System utilization support method, server, program
CN100521608C (en) Pay-per-connection system and method of establishing connection based on pay-per-connection
US20040125781A1 (en) Method and system for managing local control of WLAN access
US9264977B2 (en) System for on-demand access to local area networks
CN101933347B (en) Method and apparatus for virtual wi-fi service with authentication and accounting control
EP1514206A2 (en) Authorization and authentication of user access to a distributed network communication system with roaming features
KR100494289B1 (en) billing system and method in wireless internet system
US7706775B2 (en) Wireless network infrastructure
KR20120085648A (en) System and method providing interoperability between cellular and other wireless systems
JPH07231367A (en) Personal communication charging service device by credit card
US20030220994A1 (en) Wireless network access system and method
WO2001024122A1 (en) Method for charging internet services via a mobile telephone
JP2002056325A (en) Electronic liquidation method, system, liquidation center device, individual information input terminal, and storage medium recording program
JP2003006509A (en) Communication equipment, communication system and advertisement rate calculation method

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040416

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040511

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040519

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080528

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090528

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100528

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110528

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120528

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130528

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees