JP3556741B2 - スクロール型流体機械のチップ隙間調整方法 - Google Patents

スクロール型流体機械のチップ隙間調整方法 Download PDF

Info

Publication number
JP3556741B2
JP3556741B2 JP20146895A JP20146895A JP3556741B2 JP 3556741 B2 JP3556741 B2 JP 3556741B2 JP 20146895 A JP20146895 A JP 20146895A JP 20146895 A JP20146895 A JP 20146895A JP 3556741 B2 JP3556741 B2 JP 3556741B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scroll
frame
fixed
plate
orbiting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP20146895A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0932744A (ja
Inventor
幹彦 石井
龍平 谷垣
正広 福島
恒夫 勇崎
保治 丸岩
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Original Assignee
Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Heavy Industries Ltd filed Critical Mitsubishi Heavy Industries Ltd
Priority to JP20146895A priority Critical patent/JP3556741B2/ja
Publication of JPH0932744A publication Critical patent/JPH0932744A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3556741B2 publication Critical patent/JP3556741B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は圧縮機、膨張機として用いられるスクロール型流体機械のチップ隙間調整方法に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来のスクロール型圧縮機の1例が図に示されている。
において、4は密閉容器で、カップ状右ハウジング49と、フレーム5と、カップ状左ハウジング43とからなり、これらはボルト56によって互いに締結されている。右ハウジング49の内部には電動モータMが配設され、左ハウジング43の内部にはスクロール型圧縮機構Cがそれぞれ配設されている。
【0003】
電動モータMと圧縮機構Cは回転シヤフト3を介して互いに連動連結されている。
回転シヤフト3の右端はベアリング51を介して右ハウジング49に軸承され、左端はベアリング52を介してフレーム5に軸承されている。
【0004】
電動モータMはロータMa とステータMb とからなり、ロータMa は回転シヤフト3に固定され、ステータMb は右ハウジング49に圧入することによって固定されている。
【0005】
スクロール型圧縮機構Cは固定スクロール1、旋回スクロール2、旋回スクロール2の自転を阻止するオルダムリンク等の自転阻止機構6等からなる。
【0006】
固定スクロール1は端板11とその内面に立設されたうず巻状ラップ12とを備え、この端板11の外周面を左ハウジング43の内周面に密接させることによって端板11の左側には吐出室46が形成され、右側には吸入室47が限界されている。
【0007】
端板11の中央には吐出ポート13が穿設され、この吐出ポート13は吐出弁17によって、開閉されるようになっている。そして、この端板11の外面に立設された突起14にボルト57を螺入することによって固定スクロール1は左ハウジング43に固定されている。
【0008】
旋回スクロール2は端板21とこの内面に立設されたうず巻状ラップ22とを備え、この端板21の外面に立設されたボス23内にドライブブッシュ32が旋回軸受34を介して回転自在に嵌装されている。このドライブブッシュ32に穿設されたスライド溝33内には回転シヤフト3の左端に偏心して突設された偏心駆動ピン31がスライド可能に嵌合されている。
【0009】
端板21とフレーム5との間には自転阻止機構6が介装され、端板21の外面はスラストベアリング53を介してフレーム5の左端面と摺接している。
【0010】
固定スクロール1と旋回スクロール2とを相互に所定距離だけ偏心させ、かつ、180 度だけ角度をずらせて噛合させることによって複数個の密閉空間24が形成されている。
【0011】
電動モータMを駆動すると、回転シヤフト3、偏心駆動ピン31、ドライブブッシュ32、旋回軸受34、ボス23等からなる旋回駆動機構を介して旋回スクロール2が駆動され、旋回スクロール2は自転阻止機構6によって自転を阻止されながら公転旋回半径の円軌道上を公転旋回運動する。
【0012】
すると、ガスが吸入口44を経て低圧室48に入り、このガスはステータMb の外周に設けられた通路58及びステータMb とロータMa との間隙59を通る過程で電動モータMを冷却した後、フレーム5に設けられた通路54、吸入室47を経て密閉空間24内に吸入される。
【0013】
そして、旋回スクロール2の公転旋回運動により密閉空間24の容積が減少するのに伴って圧縮されながら中央部に至り、中央部から吐出ポート13を通り、吐出弁17を押し開いて吐出室46内へ吐出され、ここから吐出口45を経て外部に流出する。なお、18は吐出弁17の上昇を制限するための弁押えである。
【0014】
上記従来のスクロール型流体機械の組み立て時、図に示すように、左ハウジング43内に固定スクロール1を組み込んでこれらをボルト57により締結した後、うず巻状ラップ12の先端面と左ハウジング43の右端面との距離Cを計測する。
一方、フレーム5にベアリング52、スラストベアリング53、旋回スクロール2、旋回軸受34、ドライブブッシュ32、自転阻止機構6等を組み付けて、旋回スクロール2の端板21の内面とフレーム5の左端面との距離を計測する。
【0015】
次いで、上記距離との差に対応する厚さのシム60を選択し、このシム60を左ハウジング43の右端面とフレーム5の左端面との間に挟持させ、この状態で左ハウジング43、フレーム5、右ハウジング49をボルト56によって締結することによって固定スクロール1と旋回スクロール2とのチップ隙間、即ち、固定スクロール1のうず巻状ラップ12の先端面と旋回スクロール2の端板21の内面との隙間及び旋回スクロール2のうず巻状ラップ22の先端面と固定スクロール1の端板11の内面との隙間を許容寸法範囲内に維持していた。
【0016】
【発明が解決しようとする課題】
上記従来のスクロール型流体機械においては、距離Cと距離Dを計測し、これら距離CとDとの差に対応する厚さのシム60を選択していたため、距離Cと距離Dの計測に手間が掛かるのみならずこれら距離C、Dを計測する際の基準面が左ハウジング43の右端面とフレーム5の左端面との2つとなるので、誤差が発生し易いという問題があった。
【0017】
【課題を解決するための手段】
本発明は上記課題を解決するために発明されたものであって、その要旨とするところは、外周フランジを有するフレームを密閉容器内に固定し、このフレームに回転シャフトを軸承するとともにそれぞれ端板上にうず巻き状ラップを立設してなる一対の固定スクロールと旋回スクロールとを角度をずらして噛み合わせ、上記旋回スクロールをその端板と上記フレームとの間に自転阻止機構を介装して上記回転シャフトに連結し、上記固定スクロールの端板外周に設けられた固定フランジを上記フレームの支持部に固定してなるスクロール型流体機械において、上記フレームの外周フランジの一面を基準面とし、この基準面とフレームの支持部の端面との間の距離B及びこの基準面とフレーム上に組み込まれた上記旋回スクロールの端板の端面との間の距離Aを計測しこれら距離A,Bに応じて上記固定スクロールと旋回スクロールとのチップ隙間に対応する厚さのシムを選択し、このシムを上記固定スクロール又は旋回スクロールのうず巻き状ラップによって形成される渦巻き状溝の底面に嵌合装着したことを特徴とするスクロール型流体機械のチップ隙間調整方法にある。
【0020】
【発明の実施の形態】
本発明の1実施形態を図1及び図2を参照しながら具体的に説明する。
フレーム5の外周フランジ5Aの左端面5Bを基準面とし、この基準面5Bから固定スクロール1を支持する支持部5Cの左端面5Dまでの距離Bを測定する。
次いで、基準面5Bからフレーム5に組み込まれた旋回スクロール2の端板21の内面25までの距離Aを測定する。
【0021】
しかる後、上記距離AとBとの差に対応する厚さのシム62を選択し、このシム62を図2に示すように、固定スクロール1のうず巻状ラップ 12 によって形成されるうず巻状溝の底面に嵌合装着することによって固定スクロール1と旋回スクロール2のチップ隙間が所定の許容寸法範囲内に維持される。
【0022】
図示しないが、旋回スクロール2のうず巻状ラップ 22 によって形成されるうず巻状溝の底面にシム 62 を嵌合装着することもできる。
なお、図1、図2において、19は吐出弁17及び弁押さえ18を端板11に締結するためのボルト、35はバランスウエイトである。他の構成は図に示す従来のものと同様であり、対応する部材には同じ符号を付してその説明を省略する。
【0023】
しかして、フレーム5の外周フランジ5Aの左端面5Bを基準面として距離B及びAを計測しているので、計測が容易となるとともに誤差が少なくなる。
【0025】
【発明の効果】
本発明においては、フレームの外周フランジの一面を基準面とし、この基準面とフレームの支持部の端面との間の距離B及びこの基準面とフレーム上に組み込まれた旋回スクロールの端板の端面との間の距離Aを計測し、これら距離A、Bに応じて固定スクロールと旋回スクロールとのチップ隙間に対応する厚さのシムを選択し、このシムを固定スクロール又は旋回スクロールのうず巻き状ラップによって形成される渦巻き状溝の底面に嵌合装着したため、基準面が1つとなり、従って、距離A及びBの計測が容易になるとともに誤差が少なくなる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の1実施形態に係わる計測時の状態を示す部分的縦断面図である。
【図2】上記第1の実施形態に係るスクロール型流体機械の部分的縦断面図である。
【図】従来のスクロール型流体機械の計測時の状態を示す部分的縦断面図である。
【図】従来のスクロール型流体機械の縦断面図である。
【符号の説明】
5 フレーム
5A 外周フランジ
5B 基準面
5C 支持部
5D 端面
4 密閉容器
3 回転シャフト
52 ベアリング
1 固定スクロール
11 端板
12 うず巻状ラップ
15 固定フランジ
2 旋回スクロール
21 端板
22 うず巻状ラップ
25 端面
6 自転阻止機構
62 シム

Claims (1)

  1. 外周フランジを有するフレームを密閉容器内に固定し、このフレームに回転シャフトを軸承するとともにそれぞれ端板上にうず巻き状ラップを立設してなる一対の固定スクロールと旋回スクロールとを角度をずらして噛み合わせ、上記旋回スクロールをその端板と上記フレームとの間に自転阻止機構を介装して上記回転シャフトに連結し、上記固定スクロールの端板外周に設けられた固定フランジを上記フレームの支持部に固定してなるスクロール型流体機械において、
    上記フレームの外周フランジの一面を基準面とし、この基準面とフレームの支持部の端面との間の距離B及びこの基準面とフレーム上に組み込まれた上記旋回スクロールの端板の端面との間の距離Aを計測しこれら距離A,Bに応じて上記固定スクロールと旋回スクロールとのチップ隙間に対応する厚さのシムを選択し、このシムを上記固定スクロール又は旋回スクロールのうず巻き状ラップによって形成される渦巻き状溝の底面に嵌合装着したことを特徴とするスクロール型流体機械のチップ隙間調整方法.
JP20146895A 1995-07-14 1995-07-14 スクロール型流体機械のチップ隙間調整方法 Expired - Fee Related JP3556741B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20146895A JP3556741B2 (ja) 1995-07-14 1995-07-14 スクロール型流体機械のチップ隙間調整方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20146895A JP3556741B2 (ja) 1995-07-14 1995-07-14 スクロール型流体機械のチップ隙間調整方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0932744A JPH0932744A (ja) 1997-02-04
JP3556741B2 true JP3556741B2 (ja) 2004-08-25

Family

ID=16441591

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20146895A Expired - Fee Related JP3556741B2 (ja) 1995-07-14 1995-07-14 スクロール型流体機械のチップ隙間調整方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3556741B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4875346B2 (ja) * 2005-11-09 2012-02-15 三菱重工業株式会社 スクロール型圧縮機
JP4934098B2 (ja) * 2008-05-22 2012-05-16 サンデン株式会社 スクロール型流体機械
JP6906887B2 (ja) 2015-01-28 2021-07-21 三菱重工サーマルシステムズ株式会社 スクロール流体機械

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS618404A (en) * 1984-06-21 1986-01-16 Daikin Ind Ltd Scroll type hydraulic machine
JP2770930B2 (ja) * 1988-11-25 1998-07-02 サンデン株式会社 スクロール型圧縮機
JPH04347386A (en) * 1991-05-23 1992-12-02 Hitachi Ltd Clearance adjusting mechanism of scroll compressor
JP3133112B2 (ja) * 1991-09-18 2001-02-05 トキコ株式会社 スクロール式流体機械
JP3139200B2 (ja) * 1993-03-10 2001-02-26 株式会社豊田自動織機製作所 スクロール型圧縮機
JPH0719184A (ja) * 1993-06-30 1995-01-20 Sanyo Electric Co Ltd スクロール型空気圧縮機

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0932744A (ja) 1997-02-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5447418A (en) Scroll-type fluid machine having a sealed back pressure chamber
US4548555A (en) Scroll type fluid displacement apparatus with nonuniform scroll height
US5435707A (en) Scroll-type compressor with an elastically deformable top plate or end plate
US4548556A (en) Interfitting mechanism of spiral elements for scroll-type fluid displacement apparatus
US4585402A (en) Scroll-type fluid machine with eccentric ring drive mechanism
US5599178A (en) Scroll-type compressor having fastening bolts for the fixed scroll
JP3556741B2 (ja) スクロール型流体機械のチップ隙間調整方法
JPH0942156A (ja) 電動圧縮機
JPH0942177A (ja) スクロール圧縮機
JPH072961Y2 (ja) 無給油式スクロール流体機械
JPH0942170A (ja) スクロール型圧縮機
JP2865904B2 (ja) スクロール型流体機械
JPH0712062A (ja) スクロール圧縮機
JP2925654B2 (ja) スクロール圧縮機
JP3244964B2 (ja) スクロール型圧縮機
JP2865376B2 (ja) スクロール圧縮機
JP2923088B2 (ja) スクロール型流体機械
JPH0942174A (ja) スクロール圧縮機
JP3036927B2 (ja) スクロール圧縮機
JPH0953565A (ja) 電動圧縮機
JPH0953574A (ja) スクロール型圧縮機
JP3064050B2 (ja) スクロール型流体機械
JP2883421B2 (ja) スクロール圧縮機
JPH0932755A (ja) スクロール型流体機械
JP2919550B2 (ja) スクロール圧縮機

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040420

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040513

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080521

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090521

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090521

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100521

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110521

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120521

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130521

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140521

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees