JP3544653B2 - 冷蔵庫 - Google Patents

冷蔵庫 Download PDF

Info

Publication number
JP3544653B2
JP3544653B2 JP2001578866A JP2001578866A JP3544653B2 JP 3544653 B2 JP3544653 B2 JP 3544653B2 JP 2001578866 A JP2001578866 A JP 2001578866A JP 2001578866 A JP2001578866 A JP 2001578866A JP 3544653 B2 JP3544653 B2 JP 3544653B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
heat insulating
box
vacuum heat
vacuum
refrigerator
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2001578866A
Other languages
English (en)
Inventor
千恵 平井
康明 谷本
Original Assignee
松下冷機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to JP2000120794 priority Critical
Application filed by 松下冷機株式会社 filed Critical 松下冷機株式会社
Priority to PCT/JP2000/009388 priority patent/WO2001081818A1/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3544653B2 publication Critical patent/JP3544653B2/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=18631548&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP3544653(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65DCONTAINERS FOR STORAGE OR TRANSPORT OF ARTICLES OR MATERIALS, e.g. BAGS, BARRELS, BOTTLES, BOXES, CANS, CARTONS, CRATES, DRUMS, JARS, TANKS, HOPPERS, FORWARDING CONTAINERS; ACCESSORIES, CLOSURES, OR FITTINGS THEREFOR; PACKAGING ELEMENTS; PACKAGES
    • B65D81/00Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents
    • B65D81/18Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents providing specific environment for contents, e.g. temperature above or below ambient
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65DCONTAINERS FOR STORAGE OR TRANSPORT OF ARTICLES OR MATERIALS, e.g. BAGS, BARRELS, BOTTLES, BOXES, CANS, CARTONS, CRATES, DRUMS, JARS, TANKS, HOPPERS, FORWARDING CONTAINERS; ACCESSORIES, CLOSURES, OR FITTINGS THEREFOR; PACKAGING ELEMENTS; PACKAGES
    • B65D81/00Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents
    • B65D81/38Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents with thermal insulation
    • B65D81/3813Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents with thermal insulation rigid container being in the form of a box, tray or like container
    • B65D81/3823Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents with thermal insulation rigid container being in the form of a box, tray or like container formed of different materials, e.g. laminated or foam filling between walls
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65DCONTAINERS FOR STORAGE OR TRANSPORT OF ARTICLES OR MATERIALS, e.g. BAGS, BARRELS, BOTTLES, BOXES, CANS, CARTONS, CRATES, DRUMS, JARS, TANKS, HOPPERS, FORWARDING CONTAINERS; ACCESSORIES, CLOSURES, OR FITTINGS THEREFOR; PACKAGING ELEMENTS; PACKAGES
    • B65D81/00Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents
    • B65D81/38Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents with thermal insulation
    • B65D81/3888Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents with thermal insulation wrappers or flexible containers, e.g. pouches, bags
    • B65D81/3897Containers, packaging elements, or packages, for contents presenting particular transport or storage problems, or adapted to be used for non-packaging purposes after removal of contents with thermal insulation wrappers or flexible containers, e.g. pouches, bags formed of different materials, e.g. laminated or foam filling between walls
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
    • C03CCHEMICAL COMPOSITION OF GLASSES, GLAZES OR VITREOUS ENAMELS; SURFACE TREATMENT OF GLASS; SURFACE TREATMENT OF FIBRES OR FILAMENTS MADE FROM GLASS, MINERALS OR SLAGS; JOINING GLASS TO GLASS OR OTHER MATERIALS
    • C03C13/00Fibre or filament compositions
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16LPIPES; JOINTS OR FITTINGS FOR PIPES; SUPPORTS FOR PIPES, CABLES OR PROTECTIVE TUBING; MEANS FOR THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16L59/00Thermal insulation in general
    • F16L59/06Arrangements using an air layer or vacuum
    • F16L59/065Arrangements using an air layer or vacuum using vacuum
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25DREFRIGERATORS; COLD ROOMS; ICE-BOXES; COOLING OR FREEZING APPARATUS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F25D23/00General constructional features
    • F25D23/06Walls
    • F25D23/062Walls defining a cabinet
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25DREFRIGERATORS; COLD ROOMS; ICE-BOXES; COOLING OR FREEZING APPARATUS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F25D2201/00Insulation
    • F25D2201/10Insulation with respect to heat
    • F25D2201/12Insulation with respect to heat using an insulating packing material
    • F25D2201/124Insulation with respect to heat using an insulating packing material of fibrous type
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25DREFRIGERATORS; COLD ROOMS; ICE-BOXES; COOLING OR FREEZING APPARATUS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F25D2201/00Insulation
    • F25D2201/10Insulation with respect to heat
    • F25D2201/12Insulation with respect to heat using an insulating packing material
    • F25D2201/126Insulation with respect to heat using an insulating packing material of cellular type
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25DREFRIGERATORS; COLD ROOMS; ICE-BOXES; COOLING OR FREEZING APPARATUS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F25D2201/00Insulation
    • F25D2201/10Insulation with respect to heat
    • F25D2201/14Insulation with respect to heat using subatmospheric pressure
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F25REFRIGERATION OR COOLING; COMBINED HEATING AND REFRIGERATION SYSTEMS; HEAT PUMP SYSTEMS; MANUFACTURE OR STORAGE OF ICE; LIQUEFACTION SOLIDIFICATION OF GASES
    • F25DREFRIGERATORS; COLD ROOMS; ICE-BOXES; COOLING OR FREEZING APPARATUS NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • F25D2400/00General features of, or devices for refrigerators, cold rooms, ice-boxes, or for cooling or freezing apparatus not covered by any other subclass
    • F25D2400/04Refrigerators with a horizontal mullion

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、真空断熱材を使用した冷蔵庫に関するものである。
【0002】
【従来の技術】
近年、家電製品に対する省エネルギー化は避けられない重要課題である。冷蔵庫その他の様々な家電製品に使用される断熱箱においても断熱材の高性能化が必要不可欠となっている。一方で、地球環境保護に対する積極的な取り組みが重要となってきており、家電製品への緊急の要求として省エネルギー化があり、熱に関連する電気機器の断熱性能の向上が重要課題となっている。
【0003】
近年、省エネルギー化や省スペース化をねらいに、家電メーカーや断熱材メーカーを中心に開発が進められている断熱材の1つに、高断熱性能を有する真空断熱材がある。真空断熱材の一例として、連続気泡を有する硬質ウレタンフォーム等で構成された芯材を、ガスバリア性のラミネートフィルムで覆い、内部を減圧したものがある。これは従来の、硬質または軟質ウレタンフォーム、あるいは樹脂発泡体に比べ、約2.5倍の断熱性能を有する。
【0004】
また、特公平5−63715号公報に繊維集合体を使用した真空断熱材が開示されている。これは、ガラス繊維やセラミック繊維、あるいは樹脂繊維などの繊維集合体を真空断熱材の芯材として用いることにより、軽量で変形可能な真空断熱材を得るものである。
【0005】
さらに、特公昭30−3139公報によれば、250μm以下の繊維径からなるガラス繊維を芯材とし、内部を0.75Pa以下の真空度に保持した真空断熱材が提案されている。また、特開昭60−208226号公報には、無機の細径繊維を伝熱方向に対し直角方向でランダムに積層し、これと直角方向に縫込み繊維を途中まで縫込んだ繊維を真空断熱材の芯材とすることが開示されている。
【0006】
また、繊維をバンイダーで固める例としては特開平9−138058号特許公報に開示されており、その内容はグラスウール等の繊維質材を有機系バインダーを用いて固め成形し、これを真空断熱材の芯材として使用するというものである。
【0007】
しかしながら、これら従来技術では以下のような問題があり、実用化が困難であった。
【0008】
例えば、特公昭30−3139号特許公報の開示内容では、真空断熱材がガラス繊維単体で構成されているため一定の形状に成形することが難しく、板状の真空断熱材を作製するような場合、繊維自体に形状保持性がないため真空断熱材の芯材として使用する上で工数がかかってしまう問題がある。
【0009】
また、特開昭60−208226号特許公報の開示内容では、無機繊維が他の繊維に縫込まれているため、繊維自体に形状保持性が付与され形状保持性の課題は解決される。しかし、熱伝導を低減させながら縫い込むためには汎用的な方法では対応できず、生産コストが高くなってしまう問題がある。
【0010】
また、特開平9−138058号特許公報の開示内容によれば、繊維材料に形状保持性を付与する方法として有機系バインダーで固めることが提案されているが、バインダーの種類の記載はあるものの、添加量や使用する繊維の材料構成などに対する記載がない。このため、真空断熱材として適用できる断熱性能を維持しながら、バインダーで固めることが困難であるといった問題を抱えている。また、有機繊維を芯材に用いることは、経時的に芯材からガスが発生し断熱性能が悪化するおそれがある。
【0011】
また、断熱箱の断熱性能向上を目的として、樹脂発泡体あるいは粉体を芯材に用いた真空断熱材を用いる断熱箱がこれまで考案されているが、これらの芯材では経時断熱性能、あるいは加工性に課題があった。このように、前記従来技術では真空断熱材の加工性に優れない、あるいは製品展開に至っておらず繊維集合体の利点が十分に生かされていないという問題がある。
【0012】
【発明が解決しようとする課題】
本発明は上記課題を鑑み、経時的に信頼性が高くかつ加工性に優れた真空断熱材用の芯材として、シート状の無機繊維を積層した芯材を使用することにより、断熱性能および生産性に優れた冷蔵庫を提供するものである。
【0013】
【課題を解決するための手段】
上記課題を解決するため、本発明の冷蔵庫は、少なくとも1部に開口部を有する内箱と、外箱と、前記開口部を閉塞する蓋と、前記外箱に取り付けられた高温冷媒配管と、前記内箱と前記外箱との間に配置され前記外箱に貼り付けられた、2層以上のシート状で対向する面同士が接触する無機繊維の積層体からなる芯材と前記芯材を挟む複層フィルムからなる真空断熱材と、前記内箱と前記外箱との間の前記真空断熱材以外の空間に充填された発泡樹脂とからなる冷蔵庫であって、前記複層フィルムは表面保護層と中間層と熱シール層を設けたフィルムであり、前記真空断熱材を構成する前記積層体の一方の面に配置された前記複層フィルムと、前記積層体の他の面に配置された前記複層フィルムとは積層構成が異なり、一方の前記複層フィルムは、前記中間層にアルミ箔を有し、他方の前記複層フィルムは、前記中間フィルム層にアルミニウム蒸着が施され、前記真空断熱材は、前記アルミ箔を有する前記複層フィルム側が高温側に配置されている。
【0014】
また、真空断熱材はさらに、吸着剤を含む。また、高温冷媒配管が真空断熱材と外箱の間に設けられている。
【0015】
【発明の実施の形態】
以下本発明の実施の形態について具体例を持って説明する。
【0016】
(実施の形態1)
図1は本発明の一実施形態における真空断熱材の断面図であり、真空断熱材1は芯材2と外被材3と吸着剤4とから構成されている。
【0017】
外被材3の片側は、表面保護層として最外層にポリアミド層(16μm)を設け、その内層にポリエチレンテレフタレート層(12μm)を設けている。また、外被材3はさらに、中間層にはアルミ箔(6μm)を有し、熱シール用に高密度ポリエチレン(50μm)の層を設けた4層からなるラミネートフィルムである。外被材3のもう一方の側には、表面保護層がポリアミド層(16μm)とポリエチレンテレフタレート層(12μm)からなり、エチレン−ビニルアルコール共重合体樹脂組成物膜(15μm)の内側にアルミニウム蒸着を施した中間フィルム層と、高密度ポリエチレン層(50μm)からなる熱シール層を設けた4層からなるラミネートフィルムを用いている。
【0018】
本発明の真空断熱材1は、外被材3が片側にアルミ箔からなるラミネートフィルムを使用し、もう一方の側に、アルミニウム蒸着からなるラミネートフィルムによって構成されている。このように真空断熱材が接する対象物の温度に応じて熱伝導性を調節している。この結果、断熱材全体として熱伝導性の良いアルミ箔による熱リークを抑制することができるとともに、ガスバリア性に優れた金属蒸着層の存在により断熱材内部へのガス侵入量も抑制することができる。
【0019】
すなわち、アルミ箔は金属膜であるので、雰囲気温度が上昇してもガスの透過はないが、アルミが蒸着された樹脂層は、温度の上昇により、ガス透過性が生じる。この結果、真空断熱材の真空度が低下し、断熱性能が劣化する。これを防ぐために、真空断熱材の外被材3のアルミ箔を使用した側を高温側に配置すると効果的である。このように、本発明の真空断熱材の構造により、熱リークによる性能悪化とガス侵入による性能悪化の両方を抑制することができる。
【0020】
しかしながら、本発明の真空断熱材は、このような構成に限定される必要性はない。外被材のコスト低減や高温領域での使用などを想定した場合、外被材3の構成として例えば、上記構成において、熱シール層に結晶性ポリプロピレン(50μm)を用いても良い。この構成によれば、真空断熱材の耐熱温度を向上することができる。
【0021】
また、最外層のポリアミド層を削除しポリエチレンテレフタレートの厚みを若干厚めにすることで、ポリアミド層の削減による低コスト化が図れる。この場合、ポリアミドを削除したことによる耐曲げ性の悪化をポリエチレンテレフタレートの厚み増加によって対応することができる。
【0022】
さらに、使用環境によっても外被材3の構成は様々な材料選定が必要となる。冷蔵庫やクーラーボックスなどの比較的低温領域で使用する場合などは、熱シール層に適用する材料としては高密度ポリエチレンなどが適している。給湯器などの比較的高温領域で使用する場合は、結晶化ポリプロピレンやエチレンビニルアルコール共重合体樹脂、もしくはポリエチレンテレフタレート樹脂やポリエチレンナフタレート樹脂などが適している。
【0023】
また、真空断熱材の表裏に区別を付けず、単一のラミネートフィルムからなる外被材を用いる場合は、外被材3のシール形態は三方シールに限定されるものではなく、いわゆる「ガゼット袋」タイプや「ピロー袋」タイプなどを用いることが可能である。これにより外被材3の外周周縁部に生じる熱シールに起因する突起部が減少し、突起部を折り返す工程を削減することが可能となる。
【0024】
吸着剤4は積層された芯材2の最上部及び最下部を除く部分に設けられた切欠き部に設けられている。このため、真空断熱材を作製した際に吸着剤4が凸部となって外被材3が破れてしまうといった問題が解決される。
【0025】
吸着剤4に使用する材料としては、サエスゲッター社製のCOMBO GETTERが優れており、酸素,窒素をはじめ、水分や炭酸ガスの吸着除去が可能であり、真空断熱材1の真空度の劣化を長期間抑制することができる。また、他の材料としては、酸化カルシウムや塩化カルシウムなどの水分吸着剤や三菱瓦斯化学社製のエージレスを使用しても良いし、炭酸ガス吸着剤として水酸化カルシウムからなる材料を適用しても良い。これら無機化合物はさらに、前述のサエスゲッター社製のCOMBO GETTERとの併用化を行なうと、更に吸着剤としての効果が高まり、長期間真空断熱材1の性能を維持することができる。
【0026】
芯材2はシート状の無機繊維2aが4枚積層されている。無機繊維2aの1辺には切り欠き2bが設けられており、吸着剤4は切り欠き2bに収納されている。この構成により、断熱剤表面に吸着剤4による凸部を形成させないようにしている。この構成により、断熱材の真空排気に際して、シート表面と積層した複数のシート間での気体の流体抵抗が異なるようになる。このため吸引空気の流れに渦流が生じ、排気効率が向上し、著しく生産性が向上する。
【0027】
また、芯材2の他の例としては、図3に示すように1枚目の無機繊維2aに窪み2bを形成し、吸着剤4を収納しても良い。さらに、図4に示すように、中間層の無機繊維2aに貫通孔2dを形成して吸着剤4を収納しても良い。さらに、図5に示すように、全ての無機繊維2aに貫通孔2eを形成して吸着剤4を収納しても良い。
【0028】
積層するシート2aの枚数は特に限定されないが、吸着剤4によって凸部を形成させないことを考慮すると3枚以上が好ましく、さらに生産性向上を勘案すれば4枚以上が好ましい。
【0029】
本実施の形態では、芯材2の材料組成として、SiO2が50〜65wt%、Al23とCaOがそれぞれ10〜20wt%、MgOが1〜4wt%含有されているものを用いている。
【0030】
SiO2を主成分としているのは、材料自身の熱伝導率が低くかつ低コストのためである。真空断熱材1に適したSiO2の含有量は材料組成の50〜65%が望ましく、更に望ましくは55〜60wt%の含有量が好ましい。
【0031】
また、Al23 は芯材2の耐熱性を向上させるために含有させており、Al23自体の熱伝導率を勘案するとその含有量は少ない方が好ましい。耐熱性と熱伝導率とのバランスを考慮するとAl23 の添加量は10〜20wt%が良い。Al23 の添加量が10wt%よりも少ないと耐熱性が劣り、また、20wt%よりも多いと、真空断熱材1の断熱性能が悪化してしまう傾向がある。
【0032】
一方、CaOについては水分を吸着する作用があり、10〜20wt%の添加量にすれば優れた断熱性能が得られる。CaO添加量を20wt%よりも増大させてもその効果はあまり変わらず、また、10wt%よりも添加量が少ない場合では、水分吸着による真空断熱材1の性能向上効果が認められない。
【0033】
また、MgOの添加は、繊維同士の凝集力を向上させるのに効果的であり、特に、抄造法などによって繊維シートを作製する場合にその効果が大きい。MgOの添加量については1〜4wt%の添加量で凝集力の向上が認められ、これより添加量を増量してもその効果は同じである。また、MgOの添加量を減少させると凝集力の低下がおこってしまう。したがって、MgOのの添加量は1〜4wt%が好ましいと言える。
【0034】
芯材2に用いる繊維の材料構成は前述の通りであるが、繊維径や嵩密度も真空断熱材1の断熱性能に影響を与えることから、最適物性を限定する必要がある。
【0035】
芯材1の繊維径については1〜3μmが好ましく、1μmよりも繊維径が細くなると繊維の加工工数が著しく増加してしまう。さらに、繊維自体を作製する装置も特殊装置となるため工業的に安価で作製することが困難となる。また、繊維自体が極端にからみ合うため大きな繊維の凝集体が形成され、結果として大きな細孔が形成される。ことから気体熱伝導に基づく熱伝導率が増加してしまい断熱性能が悪化してしまう。
【0036】
また、繊維径が3μmよりも大きくなると繊維の凝集によって形成される細孔自体が大きいため、気体による熱伝導の寄与度が大きくなり、断熱性能が悪化してしまう。気体による熱伝導を抑制しようとすると、通常工業的に効率良く生産できる13Pa程度の真空度では対応できず0.13Pa程度の真空度が必要となり、工業的に効率良く生産することが困難となってしまう。
【0037】
したがって、工業的生産性を考慮すると1〜3μmの繊維径が適しており、さらに好ましくは2〜3μmの繊維径が良い。
【0038】
一方、このような繊維径を有する材料であっても繊維自体の嵩密度が適切でないと真空断熱材の断熱性能に悪影響を及ぼしてしまう。繊維のかさ密度が0.3g/cm3より高くなると繊維自体の固体熱伝導による影響が大きくなり断熱性能が悪化してしまうことに加え、繊維材料を用いることによる可とう性も少なくなり、本発明の特徴である凹凸部に適用することができなくなってしまう。
【0039】
また、繊維のかさ密度が0.1g/cm3よりも小さくなると一定空間に占める繊維の割合が低減するため空隙が大きくなってしまい、気体熱伝導の増大によって真空断熱材の断熱性能が劣化してしまう。これに加え、真空断熱にした場合の大気圧縮により変形度合いが大きくなり、安定した形状の真空断熱材を作製することができにくくなる問題もある。
【0040】
以上のような結果から、真空断熱材に適用する繊維材料のかさ密度は0.1g/cm3〜0.3g/cm3が適しており、より好ましくは0.1g/cm3〜0.2g/cm3が良い。
【0041】
また、繊維をシート状に形成するためには、バインダーで固めることが望ましいが、使用するバインダーの種類やその量が適切でないと真空断熱材の断熱性能に影響を与えてしまう。
【0042】
例えば、バインダーとして無機系の材料を用いるとシート密度が高くなってしまう欠点がある。有機系のバインダーでもフェノール樹脂などの熱硬化性樹脂では未反応モノマーが真空雰囲気中でガス化して真空度が劣化し、真空断熱材の断熱性能に悪影響を及ぼしてしまう。
【0043】
一方、熱可塑性樹脂では前述のような未反応モノマーによる悪影響が低減できるが、シート化を抄造法によって作製する場合などは水溶性ポリマーの方が好ましく、このような点から水溶性アクリル系樹脂が良い。水溶性アクリル系樹脂は水溶性ポリマーであるので、抄造法によってシート化した場合でも繊維表面に均一に分散させることができ、一様な接合力を持った繊維シートを得ることができる。
【0044】
一方、水溶性アクリル系樹脂をバインダーとして適用する場合でも、その添加量は重要な要素である。添加量が3重量%より少ない場合はシート状繊維を成形することは可能であるが、ロール状巻き取る時に切れたりするため安定的に生産することが困難となってしまう。また、添加量が10重量より多くした場合は抄造法で製造する場合のスラリー粘土は高くなり、生産性が悪化してしまう。
【0045】
このようなことから、アクリル系バインダーの添加量としては3重量%〜5重量%が適しており、さらに望ましくは3重量%〜4重量%がよい。
【0046】
しかしながら、シート状繊維の生産性を特に問題視しない場合はバインダーを使用しなくても真空断熱材としては良好な断熱性能を得ることはできる。
【0047】
以下、本発明の真空断熱材1の具体的な作製方法について述べる。
【0048】
前述の構成からなる芯材2を130℃の乾燥炉で1時間乾燥後、外被材3へ吸着剤4と共に充填し、真空排気後密封して真空断熱材1を作製した。
【0049】
このようにして得られた真空断熱材1の熱伝導率は平均温度24℃で0.0035〜0.0038W/mKであり、従来のシリカ粉末を用いた真空断熱材や連通ウレタンフォームを用いた真空断熱材よりも約2倍程度優れた断熱性能を有することがわかった。
【0050】
(実施の形態2)
図6は、本発明の第2の実施形態における冷蔵庫の斜視投影図である。本実施の形態の冷蔵庫5は断熱材1として実施の形態1において説明した真空断熱材を使用している。冷蔵庫5には最下部に冷凍室6、背面下部に機械室7が設けられており、外箱9には冷媒配管8がアルミテープで取り付けられ、内箱(図示せず)と外箱9の空間部にシクロペンタンを発泡剤とする硬質ウレタンフォーム(図示せず)が充填されている。冷蔵庫5の冷凍室6の両側面には、実施の形態1にて作製した真空断熱材1が設けられている。冷凍室側壁の真空断熱材1は、貼り付け面である外箱9との間に高温冷媒配管8が設けられており、かつ、真空断熱材1の形状が冷凍室側壁をほぼ覆うような形状に成形されている。また、真空断熱材1のアルミ箔を配した複合フィルム側は高温冷媒配管8側に配置している。
【0051】
したがって、冷凍室側壁を効率良く断熱することができるとともに、高温冷媒配管の熱が冷凍室内で侵入するのを抑制することができ、消費電力量の低い冷蔵庫が得られることに加え、−18℃に冷却された場合に生じるウレタン発泡材の液化減少による断熱性能の悪化も抑制される。
【0052】
また、本発明の冷蔵庫5では、機械室7と冷凍室6との間にも真空断熱材1が設けられている。機械室7はコンプレッサーの運転により温度が最も高いため、真空断熱材1を適用することが効果的である。
【0053】
本発明の真空断熱材1は可とう性を有することから、機械室の立体的な形状にも沿わすことができ、かつ、耐熱性を有することから、機械室8と冷凍室6との空間部に適用することができ、かつ、機械室側に真空断熱材1を設けることができ、省エネとコストパフォーマンスに優れた冷蔵庫を提供することが可能となる。
【0054】
(実施の形態3)
図7は、本発明の第3の実施形態における冷蔵庫の断熱箱の断面図である。冷蔵庫を形成する断熱箱101は、実施の形態1の真空断熱材1を使用している。断熱箱101はABS樹脂を真空成型した内箱102、鉄板をプレス成形した外箱103とフランジ104とから構成される。断熱箱101は、箱内部にあらかじめ真空断熱材1を配設し、前記真空断熱材1以外の空間部に硬質ウレタンフォーム106を発泡充填したものである。
【0055】
図8は断熱箱101の模式図であり、真空断熱材1が断熱箱の天面に1枚、背面に1枚、側面に2枚配設されている。側面に用いている真空断熱材2は断熱箱1の形状にあわせて、側壁の形状にあうように一辺を切断されたものを使用している。
【0056】
(実施の形態
は、本実施の形態における冷蔵庫の断熱箱の断面図である。
【0057】
冷蔵庫を形成する断熱箱118はABS樹脂を真空成型した内箱119と鉄板をプレス成形した外箱120とからなり、内箱119と外箱120との間に真空断熱材1を配設し、真空断熱材1以外の空間部に硬質ウレタンフォーム121を発泡充填したものである。
【0058】
外箱120の内面にはあらかじめ熱可塑性樹脂122を、芯材2の外周に沿うように幅10mmにて塗布しておく。熱可塑性樹脂122は真空断熱材1の外被材3の熱シール層と熱融着されるものであり、高密度ポリエチレン,低密度ポリエチレン,ポリプロピレン等が望ましい。
【0059】
この際、軽量で平面性に優れ、かつ厚みが薄いシート状の無機繊維の積層体を芯材として使用しているので、外箱内面との密着性が良好となることから断熱性能が向上する。また、軽量で薄いことから外箱内面に貼付した際にも自重でずれることもない。さらに、真空断熱材1は芯材が薄いため、内箱119と外箱120との間の空間に硬質ウレタンフォームを発泡充填する際にも、その流動性を阻害することもない。したがって、硬質ウレタンフォームがボイドもなく均一に充填されるので、断熱箱全体の断熱性能が向上する。
【0060】
(実施の形態
10は、本発明の一実施の形態における冷蔵庫の断面図である。
【0061】
断熱箱201はABS樹脂を真空成型した内箱202と鉄板をプレス成形した外箱203とがフランジを介して構成されている。箱201内部にはあらかじめ真空断熱材1を配設し、前記真空断熱材以外の空間部を硬質ウレタンフォーム204を発泡充填したものである。
【0062】
断熱箱201は、仕切り板205にて上下に区切られており、上部が冷蔵室、下部が冷凍室となっている。蒸発器206は2個配置されており、1つは冷蔵室、1つは冷凍室を冷却するのに用いられる。
【0063】
また、冷蔵庫下部に位置する機械室207には圧縮機208,制御基板209,凝縮器200が配置されている。冷凍室を冷却する蒸発器206は機械室外かつ内箱202内に配置されており、断熱箱201もそのように形成されている。
【0064】
本発明の真空断熱材1は非常に断熱性能がよいので、薄い真空断熱材1でも十分な断熱が可能となり、庫内容積増大に大きく貢献するのである。特に、蒸発器を2個配設することにより本実施の形態では冷蔵室容積が減少することとなるが、薄く性能のよい真空断熱材1を用いることにより庫内容積減少を抑制することができるのである。
【0065】
また、冷蔵庫背面,側面,天面に真空断熱材1を複数配設して、さらに庫内容積を増大することができるが、多数の真空断熱材1を配設すると、コスト増大につながる可能性がある。
【0066】
本実施形態の真空断熱材の配設方法としては、あらかじめ真空断熱材1を外箱203の内側に両面テープ等で貼付しておき、その後内箱202と外箱203との間の空間を硬質ウレタンフォーム204にて発泡充填している。
【0067】
また、本冷蔵庫では仕切り部205内の断熱部も硬質ウレタンフォーム204にて一体発泡されている。このとき、仕切り部205内にも真空断熱材1が配設され薄板化を図っており、庫内容積増大に貢献している。
【0068】
本実施の形態では、仕切り板205にて仕切った断熱箱201の上部を冷蔵室、下部を冷凍室としたが、冷蔵室をさらに区切り、例えば冷蔵室と野菜室を設けてもよく、また冷凍室を区切り、例えば冷凍室と製氷室とパーシャル室とを設けてもよい。
【0069】
また、機械室207と冷凍室を分離する断熱部に設けられた真空断熱材1は、機械室207に沿う形状に折り曲げられている。真空断熱材1は、シート状の芯材を用いているために、折り曲げ加工が非常に容易であり、生産性に優れる。さらに、従来のように、複数の真空断熱材を組み合わせて断熱すると各真空断熱材間に隙間が生じ断熱性能の劣化になるが、本発明のように、1枚の真空断熱材を折り曲げて使用できると、断熱性能向上、ひいては圧縮機208の運転抑制による省エネルギーにつながるのである。
【0070】
また本実施の形態では、冷凍室と、圧縮機208、制御基板209、凝縮器200とを、真空断熱材1にて一度に断熱している。
【0071】
したがって、圧縮機,制御基板,凝縮器からの放熱による冷凍室の温度上昇を抑制することができる。このとき、圧縮機と冷凍室、制御基板と冷凍室、あるいは凝縮器と冷凍室とをそれぞれ断熱しなくてもよいので、非常に効率的である。
【0072】
また、無機繊維が難燃性であることから、真空断熱材も燃えにくく、有害ガスを発生しにくい構造を有している。したがって、この真空断熱材を用いた冷蔵庫自体も燃えにくくなる等、安全性の面からも優れている。
【0073】
さらに、樹脂発泡体の発泡剤や冷媒等として炭化水素系等の可燃性物質が冷蔵庫中に使用されている場合でも、無機繊維を使用しているため真空断熱材が燃えにくい構造を有しており、本実施の形態の冷蔵庫は、安全性に非常に優れた冷蔵庫とすることができるのである。
【0074】
【発明の効果】
以上のように本発明によれば、真空断熱材の経時発生ガスが非常に少なく、また加工性に優れるため、経時信頼性に優れかつ生産性に優れた冷蔵庫を得ることができる。また、薄いシート状物質を芯材に用いているので冷蔵庫の断熱箱の厚みが薄くなり、冷蔵庫の省スペース化になる。また、真空断熱材は、アルミ箔を有する複層フィルム側が高温側になるように配置するので、アルミニウム蒸着が施されたフィルム層が温度の上昇により、ガス透過性が生じ、真空断熱材の真空度が低下し、断熱性能が劣化することを防止できる。
【0075】
また、本発明に使用する芯材は形状加工を非常に簡単に行えるため、積層、切り欠き、折り曲げ、窪み、貫通孔等の加工を容易に行うことが可能である。したがって、必要断熱部に適した真空断熱材を簡単に作製しそれを冷蔵庫に適用できる。すなわち、冷蔵庫に対する真空断熱材の被覆率が向上し冷蔵庫の断熱性能も向上するものである。さらに、薄いシート状芯材を用いているため、冷蔵庫内の仕切り板に使用する際にも薄い仕切り板を得ることができ、箱内スペースの有効利用が可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態における真空断熱材の断面図
【図2】同真空断熱材の芯の無機繊維シートの一辺にきり欠きを設けた状態を示す図
【図3】同最上段の無機繊維シートの一部にきり欠きを設けた状態を示す図
【図4】同中段の無機繊維シートの一部にきり欠きを設けた状態を示す図
【図5】同全部の無機繊維シートの一部にきり欠きを設けた状態を示す図
【図6】本発明の第2の実施形態による冷蔵庫の斜視投影図
【図7】本発明の第3の実施形態における冷蔵庫の断熱箱の模式図
【図8】本発明の第3の実施形態における冷蔵庫の断熱箱の模式図
【図9】本発明の第4の実施形態における冷蔵庫の断熱箱の断面
【図10】本発明の第の実施形態における冷蔵庫断面図
【符号の説明】
1 真空断熱材
2 芯材
2a シート状の無機繊維
3 外被材
4 吸着剤
5 冷蔵庫
8 冷媒配管
9、103、120、203 外箱
101、201 断熱箱
102、119、202 内箱
106、121、204 硬質ウレタンフォーム
118 断熱箱(冷蔵庫)

Claims (3)

  1. 少なくとも1部に開口部を有する内箱と、外箱と、前記開口部を閉塞する蓋と、前記外箱に取り付けられた高温冷媒配管と、前記内箱と前記外箱との間に配置され前記外箱に貼り付けられた、2層以上のシート状で対向する面同士が接触する無機繊維の積層体からなる芯材と前記芯材を挟む複層フィルムからなる真空断熱材と、前記内箱と前記外箱との間の前記真空断熱材以外の空間に充填された発泡樹脂とからなる冷蔵庫であって、前記複層フィルムは表面保護層と中間層と熱シール層を設けたフィルムであり、前記真空断熱材を構成する前記積層体の一方の面に配置された前記複層フィルムと、前記積層体の他の面に配置された前記複層フィルムとは積層構成が異なり、一方の前記複層フィルムは、前記中間層にアルミ箔を有し、他方の前記複層フィルムは、前記中間フィルム層にアルミニウム蒸着が施され、前記真空断熱材は、前記アルミ箔を有する前記複層フィルム側が高温側に配置されている冷蔵庫
  2. 前記真空断熱材はさらに、吸着剤を含むことを特徴とする請求項1記載の冷蔵庫
  3. 前記高温冷媒配管が真空断熱材と外箱の間に設けられていることを特徴とする請求項1または2記載の冷蔵庫。
JP2001578866A 2000-04-21 2000-12-28 冷蔵庫 Expired - Lifetime JP3544653B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000120794 2000-04-21
PCT/JP2000/009388 WO2001081818A1 (fr) 2000-04-21 2000-12-28 Compartiment d'isolation thermique, et materiau d'isolation thermique par le vide, destine a ce compartiment

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3544653B2 true JP3544653B2 (ja) 2004-07-21

Family

ID=18631548

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001578866A Expired - Lifetime JP3544653B2 (ja) 2000-04-21 2000-12-28 冷蔵庫

Country Status (10)

Country Link
US (1) US7210308B2 (ja)
EP (1) EP1275894B1 (ja)
JP (1) JP3544653B2 (ja)
KR (1) KR100507783B1 (ja)
CN (2) CN1308639C (ja)
AU (2) AU2229601A (ja)
DE (1) DE60039195D1 (ja)
HK (1) HK1059110A1 (ja)
NZ (1) NZ522064A (ja)
WO (1) WO2001081818A1 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012202612A (ja) * 2011-03-25 2012-10-22 Mitsubishi Electric Corp 冷蔵庫、機器
CN103968193A (zh) * 2013-01-26 2014-08-06 廖树汉 令大型设备外壁长久保持室温的淋封真空板

Families Citing this family (83)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3563729B2 (ja) * 2002-04-25 2004-09-08 松下冷機株式会社 真空断熱材、並びに真空断熱材を用いた冷凍機器及び冷温機器
TW593919B (en) * 2002-05-31 2004-06-21 Matsushita Refrigeration Vacuum heat insulating material and method for producing the same, and refrigerator using the vacuum heat insulating material
US8234876B2 (en) 2003-10-15 2012-08-07 Ice Energy, Inc. Utility managed virtual power plant utilizing aggregated thermal energy storage
DE10355137A1 (de) * 2003-11-26 2005-06-23 BSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH Kältegerätegehäuse
US7762634B2 (en) 2004-06-03 2010-07-27 Panasonic Corporation Vacuum heat insulation material and cold reserving apparatus with the same
JP4183657B2 (ja) * 2004-06-04 2008-11-19 日立アプライアンス株式会社 冷蔵庫
JP4229031B2 (ja) * 2004-09-09 2009-02-25 パナソニック株式会社 断熱箱体
US20060261088A1 (en) * 2005-05-20 2006-11-23 Qin's, Inc. Container systems for beverages and other fluids, and associated methods of manufacture and use
CN102734601B (zh) * 2005-05-23 2014-11-26 松下电器产业株式会社 真空绝热材料
JP2007057095A (ja) * 2005-07-08 2007-03-08 Matsushita Electric Ind Co Ltd 真空断熱材及び断熱材
US20070014995A1 (en) 2005-07-12 2007-01-18 Jacob Chacko Thin rotary-fiberized glass insulation and process for producing same
JP2007181584A (ja) * 2006-01-10 2007-07-19 Matsushita Electric Ind Co Ltd 断熱機器
JP4763531B2 (ja) * 2006-06-28 2011-08-31 象印マホービン株式会社 蓋体構造
JP2008105748A (ja) 2006-09-28 2008-05-08 Nichias Corp 断熱容器及びその製造方法
US20080160857A1 (en) * 2006-12-27 2008-07-03 Chacko Jacob T Blended insulation blanket
US7993724B2 (en) * 2007-05-09 2011-08-09 Owens Corning Intellectual Capital, Llc Insulation for high temperature applications
DE202007014888U1 (de) * 2007-10-05 2009-02-19 Liebherr-Hausgeräte Ochsenhausen GmbH Kühl- und/oder Gefriergerät
US20090233038A1 (en) * 2008-02-15 2009-09-17 Eldon Coppersmith Thermal and sound building insulation panels having internal vacuum
JP4711241B2 (ja) * 2008-09-10 2011-06-29 東芝ホームテクノ株式会社 炊飯器
CN102278571A (zh) 2008-12-26 2011-12-14 三菱电机株式会社 真空隔热材料及使用了真空隔热材料的隔热箱及冰箱及制冷/空调装置及热水装置及设备及真空隔热材料的制造方法
EP2489920A4 (en) 2009-10-16 2014-02-12 Mitsubishi Electric Corp Vacuum heat insulation material and refrigerator
CN102575804A (zh) 2009-10-16 2012-07-11 三菱电机株式会社 真空隔热材的芯材的制造装置以及真空隔热材的制造方法以及真空隔热材以及冰箱
WO2011048824A1 (ja) 2009-10-19 2011-04-28 三菱電機株式会社 真空断熱材及び断熱箱及び冷蔵庫及び冷凍・空調装置及び給湯装置及び機器及び真空断熱材の製造方法
JP5513855B2 (ja) * 2009-11-11 2014-06-04 株式会社東芝 冷蔵庫
JP5743483B2 (ja) * 2010-10-20 2015-07-01 株式会社東芝 断熱キャビネット
US9624022B2 (en) * 2011-04-08 2017-04-18 Sharp Kabushiki Kaisha Storage container utilizing two different heat insulating materials in combination with a temperature control unit and a heat storage material placed within the container
JP5409704B2 (ja) * 2011-05-24 2014-02-05 三菱電機株式会社 冷蔵庫
JP5843483B2 (ja) * 2011-05-24 2016-01-13 三菱電機株式会社 冷蔵庫
JP5788714B2 (ja) * 2011-05-26 2015-10-07 シャープ株式会社 真空断熱パネル及びそれを用いた冷蔵庫
US9203239B2 (en) 2011-05-26 2015-12-01 Greener-Ice Spv, L.L.C. System and method for improving grid efficiency utilizing statistical distribution control
US8881398B2 (en) * 2011-05-26 2014-11-11 General Electric Company Method and apparatus for insulating a refrigeration appliance
ITTO20110515A1 (it) * 2011-06-10 2012-12-11 Indesit Co Spa Apparecchio di refrigerazione, in particolare di uso domestico.
JP5755040B2 (ja) * 2011-06-14 2015-07-29 株式会社東芝 冷蔵庫
JP2014520244A (ja) 2011-06-17 2014-08-21 アイス エナジー テクノロジーズ インコーポレーテッド 液体−吸入の熱交換による熱エネルギー貯蔵のためのシステム及び方法
WO2013031234A1 (ja) * 2011-08-31 2013-03-07 パナソニック株式会社 冷蔵庫及び冷蔵庫用の真空断熱材
US9970698B2 (en) 2011-10-24 2018-05-15 Whirlpool Corporation Multiple evaporator control using PWM valve/compressor
US8720222B2 (en) 2011-10-24 2014-05-13 Whirlpool Corporation Higher efficiency appliance employing thermal load shifting in refrigerators having horizontal mullion
US9103569B2 (en) 2011-10-24 2015-08-11 Whirlpool Corporation Higher efficiency appliance employing thermal load shifting in refrigerators having vertical mullion
KR101861831B1 (ko) 2011-11-02 2018-05-29 엘지전자 주식회사 진공 공간부를 구비하는 냉장고
US9528749B2 (en) 2011-11-02 2016-12-27 Lg Electronics Inc. Refrigerator
KR101832763B1 (ko) * 2011-11-02 2018-02-28 엘지전자 주식회사 진공 공간부를 구비하는 냉장고
KR101861832B1 (ko) 2011-11-04 2018-05-29 엘지전자 주식회사 진공 공간부를 구비하는 냉장고
CN103998879A (zh) * 2011-12-20 2014-08-20 开利公司 安装在集成冷藏集装箱中的组件
US9182158B2 (en) 2013-03-15 2015-11-10 Whirlpool Corporation Dual cooling systems to minimize off-cycle migration loss in refrigerators with a vacuum insulated structure
US9071907B2 (en) 2012-04-02 2015-06-30 Whirpool Corporation Vacuum insulated structure tubular cabinet construction
US9221210B2 (en) 2012-04-11 2015-12-29 Whirlpool Corporation Method to create vacuum insulated cabinets for refrigerators
CN102720923B (zh) * 2012-06-13 2016-06-08 海尔集团公司 一种真空绝热板的制备方法
JP6070269B2 (ja) * 2013-02-27 2017-02-01 東芝ホームテクノ株式会社 断熱体
SG10201801356QA (en) * 2013-06-07 2018-03-28 Mitsubishi Electric Corp Heat insulating box body and refrigerator
CN103393363A (zh) * 2013-07-30 2013-11-20 熊一兵 内置反光层的真空保温隔热装置
US10052819B2 (en) 2014-02-24 2018-08-21 Whirlpool Corporation Vacuum packaged 3D vacuum insulated door structure and method therefor using a tooling fixture
US9599392B2 (en) 2014-02-24 2017-03-21 Whirlpool Corporation Folding approach to create a 3D vacuum insulated door from 2D flat vacuum insulation panels
US9689604B2 (en) 2014-02-24 2017-06-27 Whirlpool Corporation Multi-section core vacuum insulation panels with hybrid barrier film envelope
CN203896613U (zh) * 2014-05-09 2014-10-22 中兴通讯股份有限公司 一种热控机壳
FR3027996B1 (fr) * 2014-11-04 2017-12-29 Electricite De France Panneau piv avec ondulations en surface, element de paroi et enceinte d'isolation thermique incluant un tel panneau
US10047998B2 (en) * 2014-12-29 2018-08-14 Vern McGarry Cooler chest interior insulation device and method
US9476633B2 (en) 2015-03-02 2016-10-25 Whirlpool Corporation 3D vacuum panel and a folding approach to create the 3D vacuum panel from a 2D vacuum panel of non-uniform thickness
US10161669B2 (en) 2015-03-05 2018-12-25 Whirlpool Corporation Attachment arrangement for vacuum insulated door
US9897370B2 (en) 2015-03-11 2018-02-20 Whirlpool Corporation Self-contained pantry box system for insertion into an appliance
US9441779B1 (en) 2015-07-01 2016-09-13 Whirlpool Corporation Split hybrid insulation structure for an appliance
CN105270754A (zh) * 2015-11-05 2016-01-27 珠海格力电器股份有限公司 一种食品配送柜
JPWO2017090240A1 (ja) * 2015-11-25 2018-11-01 パナソニックIpマネジメント株式会社 真空断熱体及びそれを用いた断熱容器、断熱壁並びに冷蔵庫
US10041724B2 (en) 2015-12-08 2018-08-07 Whirlpool Corporation Methods for dispensing and compacting insulation materials into a vacuum sealed structure
US10429125B2 (en) 2015-12-08 2019-10-01 Whirlpool Corporation Insulation structure for an appliance having a uniformly mixed multi-component insulation material, and a method for even distribution of material combinations therein
US10222116B2 (en) 2015-12-08 2019-03-05 Whirlpool Corporation Method and apparatus for forming a vacuum insulated structure for an appliance having a pressing mechanism incorporated within an insulation delivery system
US10422573B2 (en) 2015-12-08 2019-09-24 Whirlpool Corporation Insulation structure for an appliance having a uniformly mixed multi-component insulation material, and a method for even distribution of material combinations therein
WO2017100037A1 (en) 2015-12-09 2017-06-15 Whirlpool Corporation Vacuum insulation structures with multiple insulators
US10422569B2 (en) 2015-12-21 2019-09-24 Whirlpool Corporation Vacuum insulated door construction
US9840042B2 (en) 2015-12-22 2017-12-12 Whirlpool Corporation Adhesively secured vacuum insulated panels for refrigerators
US9752818B2 (en) 2015-12-22 2017-09-05 Whirlpool Corporation Umbilical for pass through in vacuum insulated refrigerator structures
US10610985B2 (en) 2015-12-28 2020-04-07 Whirlpool Corporation Multilayer barrier materials with PVD or plasma coating for vacuum insulated structure
US10018406B2 (en) 2015-12-28 2018-07-10 Whirlpool Corporation Multi-layer gas barrier materials for vacuum insulated structure
US10030905B2 (en) 2015-12-29 2018-07-24 Whirlpool Corporation Method of fabricating a vacuum insulated appliance structure
US10807298B2 (en) 2015-12-29 2020-10-20 Whirlpool Corporation Molded gas barrier parts for vacuum insulated structure
US10712080B2 (en) 2016-04-15 2020-07-14 Whirlpool Corporation Vacuum insulated refrigerator cabinet
CN105865115A (zh) * 2016-05-18 2016-08-17 浙江爱雪制冷电器有限公司 蓄冷冰柜
US10598424B2 (en) 2016-12-02 2020-03-24 Whirlpool Corporation Hinge support assembly
CN106945374A (zh) * 2017-03-08 2017-07-14 河南省德立泰高压电瓷电器有限公司 一种隔热真空浸胶管
CN107300285A (zh) * 2017-06-26 2017-10-27 合肥美菱股份有限公司 一种带蓄放冷装置的冰箱
CN110497634A (zh) * 2018-05-17 2019-11-26 沛恩集团(控股)股份有限公司 冰桶制备方法
US10907888B2 (en) 2018-06-25 2021-02-02 Whirlpool Corporation Hybrid pigmented hot stitched color liner system
US10907891B2 (en) 2019-02-18 2021-02-02 Whirlpool Corporation Trim breaker for a structural cabinet that incorporates a structural glass contact surface
KR102113742B1 (ko) * 2020-04-29 2020-05-20 (주)에프엠에스코리아 접이식 간이 보냉고 및 그 보냉고를 접는 방법

Family Cites Families (39)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE210893C (ja)
GB715174A (en) 1951-07-14 1954-09-08 Gen Electric Improvements in and relating to thermal insulation
NL298377A (ja) * 1962-10-24
US3715265A (en) * 1969-09-03 1973-02-06 Mc Donnell Douglas Corp Composite thermal insulation
PL136748B1 (en) * 1982-09-29 1986-03-31 Krosnienskie Huty Szkla Glass for glass fibres
JPH0563297B2 (ja) 1984-04-02 1993-09-10 Hitachi Ltd
JPS6197693U (ja) * 1984-12-04 1986-06-23
US4668555A (en) * 1984-12-27 1987-05-26 Matsushita Refrigeration Co. Heat insulating body
JPS61184058A (en) 1985-02-08 1986-08-16 Nec Home Electronics Ltd Television receiver provided with picture quality improving function
US5332699A (en) * 1986-02-20 1994-07-26 Manville Corp Inorganic fiber composition
US4923077A (en) * 1989-02-14 1990-05-08 Pymah Corporation Modular heat sink package
US5082335A (en) * 1989-12-18 1992-01-21 Whirlpool Corporation Vacuum insulation system for insulating refrigeration cabinets
JPH045158A (en) 1990-04-21 1992-01-09 Wataru Yamamoto Operation display flashing device for anti-skid device by brake lamp
JPH043976U (ja) * 1990-04-26 1992-01-14
JPH04109994A (en) 1990-08-30 1992-04-10 Juki Corp Device for controlling stop of sewing machine
JPH0468989U (ja) * 1990-10-19 1992-06-18
JPH04174272A (en) 1990-11-05 1992-06-22 Hitachi Ltd Duct device for refrigerator and the like
JP2992107B2 (ja) * 1991-02-21 1999-12-20 明星工業株式会社 真空断熱構造体及びその製造方法
JP3160919B2 (ja) 1991-02-21 2001-04-25 日本精工株式会社 直鎖状ポリフェニレンサルファイド樹脂組成物及び軸受用保持器
JPH0563715A (ja) 1991-08-31 1993-03-12 Nec Corp 従局障害監視方式
JPH07280170A (ja) * 1994-04-12 1995-10-27 Kubota Corp 真空断熱体の充填材の充填構造
JPH08159377A (ja) * 1994-12-02 1996-06-21 Matsushita Refrig Co Ltd 真空断熱体
US6001450A (en) * 1995-03-07 1999-12-14 Matsushita Refrigeration Company Vacuum thermal insulating material and thermally insulating case using the same
DE69619424T2 (de) 1995-04-14 2002-07-11 Mitsubishi Gas Chemical Co Vakuum-Wärmeisolierung
JPH08303683A (ja) * 1995-05-10 1996-11-22 Kubota Corp 断熱箱体
JP3523381B2 (ja) 1995-07-26 2004-04-26 株式会社日立製作所 冷蔵庫
JPH09133289A (ja) 1995-11-06 1997-05-20 Kubota Corp 真空断熱体の製造方法
JPH09138058A (ja) 1995-11-14 1997-05-27 Sanyo Electric Co Ltd 真空断熱材
DE29709025U1 (de) * 1997-02-06 1997-08-28 Gruenzweig & Hartmann Mineralfaserzusammensetzung
JPH10205994A (ja) * 1997-01-14 1998-08-04 Sanyo Electric Co Ltd 冷却貯蔵庫の断熱箱体
JPH10205996A (ja) 1997-01-20 1998-08-04 Sanyo Electric Co Ltd 冷却貯蔵庫の断熱箱体
US5934085A (en) * 1997-02-24 1999-08-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Thermal insulator cabinet and method for producing the same
JP3876491B2 (ja) * 1997-02-27 2007-01-31 三菱電機株式会社 真空断熱パネル及びその製造方法並びにそれを用いた冷蔵庫
JP3968612B2 (ja) * 1998-01-27 2007-08-29 三菱電機株式会社 全真空断熱箱体及びその全真空断熱箱体を用いた冷蔵庫並びにその全真空断熱箱体の製造方法及び解体方法
FR2778401A1 (fr) * 1998-05-06 1999-11-12 Saint Gobain Isover Composition de laine minerale
JP2000095890A (ja) 1998-09-22 2000-04-04 Sanyo Electric Co Ltd 難燃性発泡剤、難燃性硬質ウレタンフォームおよびそれを用いた冷凍装置
US6209343B1 (en) * 1998-09-29 2001-04-03 Life Science Holdings, Inc. Portable apparatus for storing and/or transporting biological samples, tissues and/or organs
JP3852537B2 (ja) 1999-04-15 2006-11-29 三菱電機株式会社 断熱箱体
TW470837B (en) * 2000-04-21 2002-01-01 Matsushita Refrigeration Vacuum heat insulator

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012202612A (ja) * 2011-03-25 2012-10-22 Mitsubishi Electric Corp 冷蔵庫、機器
CN103968193A (zh) * 2013-01-26 2014-08-06 廖树汉 令大型设备外壁长久保持室温的淋封真空板

Also Published As

Publication number Publication date
CN1452705A (zh) 2003-10-29
NZ522064A (en) 2003-10-31
EP1275894A1 (en) 2003-01-15
KR20030007544A (ko) 2003-01-23
AU2229601A (en) 2001-11-07
CN1308639C (zh) 2007-04-04
CN1619238A (zh) 2005-05-25
CN1186558C (zh) 2005-01-26
KR100507783B1 (ko) 2005-08-17
US7210308B2 (en) 2007-05-01
DE60039195D1 (de) 2008-07-24
HK1059110A1 (en) 2004-06-18
US20030167789A1 (en) 2003-09-11
EP1275894A4 (en) 2004-12-22
AU2001222296B2 (en) 2004-09-02
WO2001081818A1 (fr) 2001-11-01
EP1275894B1 (en) 2008-06-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2765375B1 (en) Vacuum insulation material, insulation case unit, and refrigerator
US7449227B2 (en) Vacuum insulation panel and refrigerator incorporating the same
ES2642806T3 (es) Miembro de aislamiento en vacío y refrigerador que incorpora un miembro de aislamiento en vacío
EP2462392B1 (en) Vacuum insulation member and method for fabricating vacuum insulation member
US8871323B2 (en) Vacuum insulation member, refrigerator having vacuum insulation member, and method for fabricating vacuum insulation member
CN100498158C (zh) 冰箱
JP5879348B2 (ja) 真空断熱材用複合芯材、その製造方法及びこれを用いた真空断熱材
JP5608457B2 (ja) 真空断熱材及びこれを用いた冷蔵庫
KR101017776B1 (ko) 진공 단열재 및 이것을 이용한 냉장고
JP3045543B2 (ja) 改良されたコンパクトな真空断熱材
EP1510747B1 (en) Vacuum thermal insulating material, process for producing the same and refrigerator including the same
KR20000023656A (ko) 절연 패널
US20040180176A1 (en) Vaccum insulation article
JPWO2013140816A1 (ja) 真空断熱材およびこれを用いた断熱筐体
KR100695378B1 (ko) 냉장고 및 진공 단열재 및 그 제조 방법
JP2011102599A (ja) 真空断熱パネル及びそれを用いた冷蔵庫
EP2622292B1 (en) Vacuum insulation panel and a refrigerator with a vacuum insulation panel
US20090179541A1 (en) Vacuum insulation panel with smooth surface method for making and applications of same
CA2411318C (en) Domestic refrigerator with improved thermal insulation
US20120164365A1 (en) Vacuum insulation panel and method for manufacturing the same
JP2013540607A5 (ja)
KR20060032656A (ko) 진공 단열재와 그 제조방법, 진공 단열재를 구비하는 보온보냉 기기, 및 단열 보드
JP4196851B2 (ja) 冷蔵庫
JP2007155065A (ja) 真空断熱材及びその製造方法
US8753471B2 (en) Vacuum heat insulating material, method of producing vacuum heat insulating material, and heat insulating box body using vacuum heat insulating material

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20031216

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040216

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20040219

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040309

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040405

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080416

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090416

Year of fee payment: 5

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090416

Year of fee payment: 5

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090416

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100416

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110416

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120416

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120416

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130416

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140416

Year of fee payment: 10