JP3519766B2 - 非水系二次電池 - Google Patents

非水系二次電池

Info

Publication number
JP3519766B2
JP3519766B2 JP32132693A JP32132693A JP3519766B2 JP 3519766 B2 JP3519766 B2 JP 3519766B2 JP 32132693 A JP32132693 A JP 32132693A JP 32132693 A JP32132693 A JP 32132693A JP 3519766 B2 JP3519766 B2 JP 3519766B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
charge
negative electrode
battery
discharge
secondary battery
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP32132693A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07153494A (ja )
Inventor
丈志 前田
良浩 小路
幹也 山崎
俊彦 斎藤
晃治 西尾
Original Assignee
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E60/00Enabling technologies or technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02E60/10Energy storage
    • Y02E60/12Battery technologies with an indirect contribution to GHG emissions mitigation
    • Y02E60/122Lithium-ion batteries

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】本発明は、非水系二次電池に係わ
り、詳しくはサイクル特性を改善することを目的とし
た、正極及び負極の各充放電効率の改良に関する。 【0002】 【従来の技術及び発明が解決しようとする課題】近年、
非水系二次電池の負極材料として、可撓性に優れ、しか
も樹枝状の電析リチウムの成長に因る内部短絡の虞れが
無いなどの理由から、リチウムイオンを吸蔵放出するこ
とが可能なコークス、黒鉛等の炭素材料が、また同電池
の正極材料として、放電電位が3.5〜4V(vs. Li
/Li+ )と高いため、高電圧設計が可能となるなどの
理由から、LiNiO2 、LiCoO2 などのリチウム
−遷移金属複合酸化物が、それぞれ注目されている。 【0003】しかしながら、負極材料として炭素材料
を、また正極材料としてリチウム−遷移金属複合酸化物
を用いた非水系二次電池には、放電末期に負極電位が急
激に上昇し、放電末期及び充電初期に負極の表面で非水
電解液がガスの発生を伴って分解することに起因して、
電池容量が次第に低下するという問題がある。すなわ
ち、リチウム−遷移金属複合酸化物と炭素材料とを正負
各極の電極材料として用いると、高電圧化及び高容量化
が可能であるという利点がある反面、非水電解液の分解
が生じ易いためサイクル特性が良くないという欠点があ
るのである。このような欠点は、結晶性が高い、すなわ
ち黒鉛化度が大きい炭素材料を負極材料に用いた場合に
特に生じ易い。 【0004】本発明は、以上の事情に鑑みなされたもの
であって、その目的とするところは、炭素材料を負極材
料とし、リチウム−遷移金属複合酸化物を正極材料とす
る非水系二次電池のサイクル特性を改善するにある。 【0005】 【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
の本発明に係る非水系二次電池(以下「本発明電池」と
称する。)は、リチウムイオンを吸蔵放出することが可
能な炭素材料を負極材料とする負極と、式:LiX MO
Y (但し、Xは、充放電時のリチウムの吸蔵放出に伴い
変動する値;1.8≦Y≦2.2;Mは、ニッケル及び
/又はコバルト、又は、ニッケル及び/又はコバルトを
主成分とする遷移金属である。)で表されるリチウム−
遷移金属複合酸化物を正極活物質とする正極とを備え
放電が正極支配型である非水系二次電池において、下式
(A)にて定義される前記正極の充放電効率Ep を下式
(B)にて定義される前記負極の充放電効率EN よりも
低くしてあることを特徴とする。 【0006】 p =T×100/S…(A) 【0007】〔但し、式(A)中、Tは2.0V( vs.
Li/Li + )まで放電したときの放電容量であり、S
は4.2V( vs. Li/Li + )まで充電したときの充
電容量である。〕 【0008】 N =R×100/Q…(B) 【0009】〔但し、式(B)中、Rは、1.0V(
vs. Li/Li + )まで放電したときの放電容量であ
り、Qは0V( vs. Li/Li + )まで充電したときの
充電容量である。〕 【0010】本発明における式:LiX MOY で表され
るリチウム−遷移金属複合酸化物としては、LiCoO
2 、LiNiO2 、及びLiNi1-Z CoZ 2 (1>
Z>0)が代表的なものとして例示されるが、特にこれ
らに限定されない。 【0011】正極の充放電効率Ep は、正極活物質の作
製に使用する出発原料が異なると変動する。例えば、L
iNi1-Z CoZ 2 の作製において、コバルト原料と
してCo3 4 とCo(OH)2 との混合物を用いる場
合と、Co(OH)2 とCoCO3 との混合物を用いる
場合とでは、Ep の値が異なる。また、ニッケル原料と
コバルト原料との混合割合を変えた場合にも、Ep の値
が変動する。その他、正極活物質を作製する際の熱処理
温度が異なる場合にも、Ep の値は変動する。 【0012】負極の充放電効率EN は、炭素材料の格子
面(002)面におけるd値(d002 )又はLcが異な
ると、異なった値をとる。 【0013】特に、d値(d002 )が3.35〜3.3
7Å、Lc値が200Å以上である黒鉛化度が大きく、
且つ、結晶性が高い高容量の炭素材料を用いた場合に
は、高容量化が可能となる反面、非水電解液の分解劣化
が起こり易くなる。かかる非水電解液の分解劣化を抑制
するためには、上述の炭素材料を電極材料として用いた
負極の充放電効率EN が92%程度であることから、正
極としては、充放電効率Ep が、92%未満のもの、好
ましくは90%以下のもの、さらに好ましくは85%以
下のものを用いる。但し、充放電効率Ep が70%未満
の正極を用いると、正極容量、ひいては電池容量が小さ
くなり過ぎるので、正極としては、充放電効率Ep が7
0〜85%のものを用いることが最も好ましい。 【0014】なお、負極の充放電効率EN が約92%と
なる黒鉛化度が大きく、且つ、結晶性が高い高容量の炭
素材料としては、黒鉛(天然黒鉛及び人造黒鉛)の他、
例えば高圧処理などにより結晶性を高めた変性コークス
が挙げられる。 【0015】 【0016】 【0017】 【0018】本発明は、負極材料として炭素材料を、ま
た正極材料として特定のリチウム−遷移金属複合酸化物
を用いた場合に問題となっていた非水電解液の分解に起
因するサイクル特性の低下を、正極の充放電効率Ep
負極の充放電効率EN よりも低くし、これにより電池組
み立て後の初回の放電が正極支配で行われるようにして
抑制するものである。それゆえ、電解液など、電池を構
成する他の部材については従来非水系二次電池用として
提案され、或いは実用されている種々の材料を特に制限
なく用いることが可能である。 【0019】非水電解液としては、エチレンカーボネー
ト、ビニレンカーボネート、プロピレンカーボネートな
どの有機溶媒や、これらとジメチルカーボネート、ジエ
チルカーボネート、1,2−ジメトキシエタン、1,2
−ジエトキシエタン、エトキシメトキシエタンなどの低
沸点溶媒との混合溶媒に、LiPF6 、LiClO4
LiCF3 SO3 などの溶質を0.7〜1.5M(モル
/リットル)の割合で溶かした溶液が例示される。 【0020】 【作用】本発明電池においては、初回放電後の負極の電
位が、電解液を分解する電位よりも低くなるため、負極
の炭素材料の表面における非水電解液の分解劣化が抑制
される。 【0021】図1及び図2は本発明の原理説明図であ
り、図1は縦軸に正極のリチウム標準単極電位に対する
電位(V vs.Li/Li+ )を、また横軸に正極の正極
活物質1g当たりの充放電容量(mAh/g)をとって
示したグラフであり、図2は縦軸に炭素材料からなる負
極のリチウム標準単極電位に対する電位(V vs.Li/
Li+ )を、また横軸に負極の炭素材料1g当たりの充
放電容量(mAh/g)をとって示したグラフである。
なお、図1及び図2中の矢符の方向は、充放電時の各極
における電位の昇降の向きを示す。 【0022】先ず、上式(A)を図1に基づいて説明す
。図1に示すように、初回充電(第1回目の充電)前
は3V( vs.Li/Li+ )程度であったLiX MOY
を正極活物質とする正極(以下、「LiX MOY 極」と
称する。)の電位(a点)は、初回充電が進み、LiX
MOY 極からLiが離脱するにつれて電位が上昇し、充
電満了時にはb点(4.2V程度)に至る。次いで初回
放電を行うと、放電が進むにつれてLiX MOY 極の電
位は降下し、縦軸座標値が放電終止電位2V(vs.Li
/Li+ )を示すc点(従来電池)又はd点(本発明電
池)に至る。したがって、正極の充放電効率Ep 上式
(A)で表すことができる。 【0023】 【0024】次いで、上式(B)を図2に基づいて説明
する。図2に示すように、初回充電前は3V( vs.Li
/Li+ )程度であった炭素材料からなる負極の電位
(e点の縦軸座標値)は、初回充電が進み、炭素材料に
Liが挿入されるにつれてリチウム標準単極電位、すな
わち0V( vs.Li/Li+ )に近づき、満充電後には
f点に至る。次いで初回放電を行うと、放電が進むにつ
れて負極の電位は上昇し、放電末期には縦軸座標値が放
電終止電位1V( vs.Li/Li+ )を示すg点に至
る。したがって、負極の充放電効率EN 上式(B)で
表すことができる。 【0025】 【0026】なお、図1及び図2において、初回放電の
際に、正負両極共、初回充電の際に辿ったルートを戻ら
ずにヒステリシスにc点若しくはd点(共に、正極の場
合)又はg点(負極の場合)に戻るのは、図2中のQ−
Rで表される容量に相当するLiが炭素材料の安定化の
ために使用、すなわち炭素材料に捕捉されてしまうから
である。 【0027】ところで、従来の非水系二次電池では、正
極の充放電効率Ep が負極の充放電効率EN より大きく
なるように規制されていた。図1及び図2中の破線で示
す曲線(一部実線と重複している。)は、従来電池の正
極(Ep =93%)及び負極(EN =92%)の各放電
曲線を一例として示したものである。このような電池を
初回放電すると、放電末期に負極の電位が急激に上昇す
る。これは、負極の電位が急上昇する負極からのリチウ
ムの放出が止まった後も、正極の放電、すなわちリチウ
ムの吸蔵が引き続き起こり、放電が負極支配型となるか
らである。この場合、負極の放電終止電位は1V以上に
なる(図2中のh点)。そして、その後の充放電サイク
ルにおいては、負極の電位はf→h→f→hの如く変動
し、各サイクルにおける負極の放電終止電位が、非水電
解液が分解し始める時点(図2中のg点)の負極の電位
よりはるかに高くなるため、非水電解液の分解劣化が著
しく起こるのである。 【0028】これに対して、放電が正極支配型である
発明電池では、正極の充放電効率Ep が負極の充放電効
率EN より小さい各電極を正負両極に用いる。図1及び
図2中の実線で示す曲線は、本発明電池の正極(Ep
90%)及び負極(EN =92%)の各充放電曲線を一
例として示したものである。本発明電池は放電が正極支
配型で行われるように設計された電池であるので、初回
放電すると、正極の電位が2V( vs.Li/Li+ )に
近づく放電末期になっても負極の電位は、非水電解液が
分解し始める電位(約1.0V vs.Li/Li+ )にま
で上昇せず、正極の電位が2V( vs.Li/Li+ )に
なった時点でも、負極はg点の手前のj点で放電が終了
することとなる。そして、その後の充放電サイクルにお
いては、負極の電位はf→j→f→jの如く変動し、各
サイクルにおける負極の放電終止電位が、非水電解液が
分解し始める時点(図2中のg点)の負極の電位より低
いところで充放電サイクルが繰り返されるので、非水電
解液の分解劣化が抑制されるのである。 【0029】 【実施例】以下、本発明を実施例に基づいてさらに詳細
に説明するが、本発明は下記実施例に何ら限定されるも
のではなく、その要旨を変更しない範囲において適宜変
更して実施することが可能なものである。 【0030】(実施例1)扁平型の非水系二次電池(本
発明電池)を作製した。 【0031】〔正極〕LiOHと、Ni(OH)2 と、
Coの原料(Co3 4 と、Co(OH)2とからなり
モル比3:1)とを、LiとNiとCoとのモル比が
2:1:1となるように乳鉢にて混合した後、この混合
物を乾燥空気雰囲気下にて、700°Cで20時間熱処
理し、LiNi0.5 Co0.5 2 で示される正極活物質
を得た。次いで、平均粒径が5μmとなるように石川式
らいかい乳鉢中で粉砕して正極活物質粉末を得た。 【0032】次いで、上記正極活物質粉末と、導電剤と
しての炭素粉末と、結着剤としてのポリフッ化ビニリデ
ン(PVDF)とを、重量比80:10:10で混合し
て正極合剤を調製し、この正極合剤を2トン/cm2
圧力で円板状に加圧成型した後、150°Cで2時間熱
処理して正極を作製した。 【0033】〔負極〕 天然黒鉛〔格子面(002)面におけるd値(d002
が3.354Åであり、Lc値が1000Åである。〕
と、PVDFとを、重量比95:5で混合して負極合剤
を調製し、この負極合剤を2トン/cm2 の圧力で円板
状に加圧成型した後、150°Cで2時間熱処理して負
極を作製した。なお、上式(B)で表される負極の充放
電効率EN は、92%であった。 【0034】〔非水電解液〕エチレンカーボネートに、
LiPF6 を1M(モル/リットル)の割合で溶かして
非水電解液を調製した。 【0035】〔電池の作製〕以上の正負両極及び非水電
解液を用いて扁平型の本発明電池BA1を作製した(電
池寸法:直径20mm、厚さ1.6mm)。なお、セパ
レータとしては、ポリプロピレン製の微多孔膜(ヘキス
トセラニーズ社製、商品名「セルガード」)を使用し、
これに先の非水電解液を含浸させた。 【0036】図3は、作製した本発明電池BA1を模式
的に示す断面図であり、同図に示す本発明電池BA1
は、正極1、負極2、これら両電極1,2を互いに離間
するセパレータ3、正極缶4、負極缶5、正極集電体
6、負極集電体7及びポリプロピレン製の絶縁パッキン
グ8などからなる。 【0037】正極1及び負極2は、非水電解液を含浸し
たセパレータ3を介して対向して正負両極缶4,5が形
成する電池ケース内に収納されており、正極1は正極集
電体6を介して正極缶4に、また負極2は負極集電体7
を介して負極缶5に接続され、電池内部に生じた化学エ
ネルギーを正極缶4及び負極缶5の両端子から電気エネ
ルギーとして外部へ取り出し得るようになっている。 【0038】(実施例2〜6)コバルト原料として、C
3 4 とCo(OH)2 とのモル比が1:2の混合
物、Co3 4 とCo(OH)2 とCoCO3 とのモル
比が1:1:1の混合物、Co(OH)2 とCoCO3
とのモル比が1:1の混合物、Co(OH)2 とCoC
3 とのモル比が1:2の混合物、又はCoCO3 を単
独用いたこと以外は上記実施例1と同様にして、正極を
作製した。次いで、これらの正極を用いたこと以外は実
施例1と同様にして、本発明電池BA2〜BA6を作製
した。 【0039】(比較例1)コバルト原料として、Co3
4 を単独用いたこと以外は上記実施例1と同様にし
て、正極を作製した。次いで、この正極を用いたこと以
外は実施例1と同様にして、比較電池BC1を作製し
た。 【0040】本発明電池BA1〜BA6及び比較電池B
C1の各正極活物質の作製において用いたCoの原料の
種類とその割合とを、次の表1にまとめて示す。 【0041】 【表1】 【0042】〔正極の充放電効率Ep の測定〕本発明電
池BA1〜BA6の正極及び比較電池BC1の正極につ
いて、それらの充放電効率Ep を調べた。結果を上記表
1に示す。なお、実験は、正極と、この正極より容量の
大きいリチウム極とを、上記本発明電池BA1の作製に
おいて使用した非水電解液中に浸漬し、3mAで充電終
止電圧4.2Vまで充電した後、3mAで放電終止電圧
2Vまで放電することにより行った。 【0043】表1に示すように本発明電池BA1〜BA
6の正極では正極の充放電効率Epが60〜90%であ
り、負極の充放電効率EN (92%)より低くなってい
るのに対して、比較電池BC1の正極では正極の充放電
効率Ep が93%であり、負極の充放電効率EN より高
くなっている。 【0044】〔サイクル特性〕本発明電池BA1〜〜B
A6及び比較電池BC1について、3mAで充電終止電
圧4.2Vまで充電した後、3mAで放電終止電圧2V
まで放電する工程を1サイクルとする充放電サイクル試
験を300サイクル行い、各電池のサイクル特性を調べ
た。結果を上記表1に示す。 【0045】表1に示すように本発明電池BA1〜〜B
A6の容量劣化率は0.08〜0.11%/サイクルと
小さいのに対して、比較電池BC1の容量劣化率は0.
30%/サイクルと大きい。このことから、充放電サイ
クル時の非水電解液の分解に起因するサイクル劣化が、
正極の充放電効率EP を負極の充放電効率EN より低く
規制することにより顕著に抑制されることが分かる。 【0046】〔初回放電容量〕本発明電池BA1〜〜B
A6及び比較電池BC1について、上記サイクル特性に
おける充放電条件と同様の条件で1回だけ充放電を行
い、各電池の初回放電容量を調べた。結果を上記表1に
示す。 【0047】表1に示すように本発明電池BA1〜〜B
A5では初回放電容量が17〜22mAhと大きいが、
本発明電池BA6では初回放電容量が14mAhと小さ
い。これは、正極の充放電効率Ep が低くなり過ぎたこ
とに起因して、放電が正極支配でなされる本発明電池に
おける正極の放電容量が小さくなり過ぎたことによるも
のである。したがって、正極の充放電効率Ep は70%
以上に規制するのが望ましい。 【0048】叙上の実施例では、本発明を扁平型電池に
適用する場合を例に挙げて説明したが、本発明は電池形
状に特に制限はなく、円筒型、角型など、他の種々の形
状の非水系二次電池に適用し得るものである。 【0049】また、上記実施例では非水電解液二次電池
に適用する場合を例に挙げて説明したが、固体電解質二
次電池であっても電解質の分解が生じる場合がある。こ
のような場合には、本発明を固体電解質電池にも適用し
得るものである。 【0050】 【発明の効果】負極の炭素材料の表面における非水電解
液の分解が抑制されるので、本発明電池は充放電サイク
ルの進行に伴う容量劣化率が小さく、サイクル特性に優
れる。

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の原理説明図である。 【図2】本発明の原理説明図である。 【図3】本発明に係る非水系二次電池の断面図である。 【符号の説明】 BA1 本発明電池 1 正極 2 負極 3 セパレータ

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 西尾 晃治 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三洋電機株式会社内 (72)発明者 斎藤 俊彦 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三洋電機株式会社内 (56)参考文献 特開 平5−290847(JP,A) 特開 平5−242911(JP,A) 特開 平5−151995(JP,A) 特開 平5−211070(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) H01M 10/40 H01M 4/02 - 4/04 H01M 4/36 - 4/62

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】リチウムイオンを吸蔵放出することが可能
    な炭素材料を負極材料とする負極と、式:LiX MOY
    (但し、Xは、充放電時のリチウムの吸蔵放出に伴い変
    動する値;1.8≦Y≦2.2;Mは、ニッケル及び/
    又はコバルト、又は、ニッケル及び/又はコバルトを主
    成分とする遷移金属である。)で表されるリチウム−遷
    移金属複合酸化物を正極活物質とする正極とを備え、放
    電が正極支配型である非水系二次電池において、下式
    (A)にて定義される前記正極の充放電効率Ep を下式
    (B)にて定義される前記負極の充放電効率EN よりも
    低くしてあることを特徴とする非水系二次電池。 Ep =T×100/S…(A) 〔但し、式(A)中、Tは2.0V(vs. Li/L
    + )まで放電したときの放電容量であり、Sは4.2
    V(vs. Li/Li+ )まで充電したときの充電容量で
    ある。〕 EN =R×100/Q…(B) 〔但し、式(B)中、Rは、1.0V(vs. Li/Li
    + )まで放電したときの放電容量であり、Qは0V(
    vs. Li/Li+ )まで充電したときの充電容量であ
    る。〕 【請求項2】前記炭素材料の格子面(002)面におけ
    るd値(d002 )及びc軸方向の結晶子の大きさ(L
    c)が、それぞれ3.35〜3.37Å及び200Å以
    上である請求項1記載の非水系二次電池。 【請求項3】前記炭素材料の格子面(002)面におけ
    るd値(d002 )及びc軸方向の結晶子の大きさ(L
    c)が、それぞれ3.35〜3.37Å及び200Å以
    上であり、且つ、前記正極の充放電効率Ep が90%以
    下である請求項1記載の非水系二次電池。 【請求項4】前記炭素材料の格子面(002)面におけ
    るd値(d002 )及びc軸方向の結晶子の大きさ(L
    c)が、それぞれ3.35〜3.37Å及び200Å以
    上であり、且つ、前記正極の充放電効率Ep が85%以
    下である請求項1記載の非水系二次電池。 【請求項5】前記炭素材料の格子面(002)面におけ
    るd値(d002 )及びc軸方向の結晶子の大きさ(L
    c)が、それぞれ3.35〜3.37Å及び200Å以
    上であり、且つ、前記正極の充放電効率Ep が70%以
    上85%以下である請求項1記載の非水系二次電池。
JP32132693A 1993-11-26 1993-11-26 非水系二次電池 Expired - Lifetime JP3519766B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32132693A JP3519766B2 (ja) 1993-11-26 1993-11-26 非水系二次電池

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32132693A JP3519766B2 (ja) 1993-11-26 1993-11-26 非水系二次電池

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07153494A true JPH07153494A (ja) 1995-06-16
JP3519766B2 true JP3519766B2 (ja) 2004-04-19

Family

ID=18131348

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32132693A Expired - Lifetime JP3519766B2 (ja) 1993-11-26 1993-11-26 非水系二次電池

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3519766B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100498862B1 (ko) * 1997-05-27 2005-07-04 티디케이가부시기가이샤 비수성 전해질 이차전지
US6881438B2 (en) 2000-03-07 2005-04-19 Teijin Limited Process for production of composite porous film
US7094497B2 (en) 2000-03-07 2006-08-22 Teijin Limited Separator for lithium ion secondary battery
JP2005085566A (ja) 2003-09-08 2005-03-31 Sanyo Electric Co Ltd 非水電解質二次電池の充放電制御方法
US20100173184A1 (en) * 2006-11-10 2010-07-08 Fuji Jukogyo Kabushiki Kaisha Lithium ion secondary battery

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH07153494A (ja) 1995-06-16 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3439085B2 (ja) 非水系電解液二次電池
JP2004087299A (ja) 正極活物質及び非水電解質二次電池
JPH1140156A (ja) 非水電解質二次電池
JPH06275263A (ja) リチウム二次電池およびその負極の製造法
JPH10199525A (ja) 非水電解質二次電池
JPH1027626A (ja) リチウム二次電池
US20090214958A1 (en) Niobium oxide-containing electrode and lithium battery including the same
JP2008186704A (ja) 非水系二次電池用正極板および非水系二次電池
JPH11185806A (ja) リチウムイオン電池
JPH0945373A (ja) リチウム二次電池
JPH08236114A (ja) リチウム二次電池
JPH06275279A (ja) リチウム二次電池
JP2003187799A (ja) 非水電解質電池
JP2004014405A (ja) 非水電解質二次電池
JPH0864238A (ja) 非水電解液電池
JP2004362895A (ja) 負極材料およびそれを用いた電池
JPH06295725A (ja) 非水系二次電池
JPH06243871A (ja) 非水系二次電池
JPH08236155A (ja) リチウム二次電池
JP2009252489A (ja) リチウム二次電池の製造方法
JPH10106585A (ja) 非水電解質二次電池
JPH07320779A (ja) 非水電解液電池
JPH07153495A (ja) 二次電池
US20050266316A1 (en) Non-aqueous electrolyte secondary battery
JP2005129492A (ja) 非水電解質二次電池の充放電制御方法

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040127

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040130

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090206

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090206

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100206

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110206

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110206

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120206

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120206

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130206

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140206

Year of fee payment: 10

EXPY Cancellation because of completion of term