JP3491191B2 - 光磁気記録媒体のチルト補正方法、その実施に使用する装置及び光磁気記録媒体 - Google Patents

光磁気記録媒体のチルト補正方法、その実施に使用する装置及び光磁気記録媒体

Info

Publication number
JP3491191B2
JP3491191B2 JP22283897A JP22283897A JP3491191B2 JP 3491191 B2 JP3491191 B2 JP 3491191B2 JP 22283897 A JP22283897 A JP 22283897A JP 22283897 A JP22283897 A JP 22283897A JP 3491191 B2 JP3491191 B2 JP 3491191B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
magneto
optical recording
recording medium
tilt
crosstalk
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP22283897A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH1166659A (ja
Inventor
努 田中
Original Assignee
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士通株式会社 filed Critical 富士通株式会社
Priority to JP22283897A priority Critical patent/JP3491191B2/ja
Publication of JPH1166659A publication Critical patent/JPH1166659A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3491191B2 publication Critical patent/JP3491191B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B5/00Recording by magnetisation or demagnetisation of a record carrier; Reproducing by magnetic means; Record carriers therefor
    • G11B5/48Disposition or mounting of heads or head supports relative to record carriers ; arrangements of heads, e.g. for scanning the record carrier to increase the relative speed
    • G11B5/58Disposition or mounting of heads or head supports relative to record carriers ; arrangements of heads, e.g. for scanning the record carrier to increase the relative speed with provision for moving the head for the purpose of maintaining alignment of the head relative to the record carrier during transducing operation, e.g. to compensate for surface irregularities of the latter or for track following
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B11/00Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor
    • G11B11/10Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field
    • G11B11/105Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing
    • G11B11/1055Disposition or mounting of transducers relative to record carriers
    • G11B11/10576Disposition or mounting of transducers relative to record carriers with provision for moving the transducers for maintaining alignment or spacing relative to the carrier
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B11/00Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor
    • G11B11/10Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field
    • G11B11/105Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing
    • G11B11/10595Control of operating function
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B19/00Driving, starting, stopping record carriers not specifically of filamentary or web form, or of supports therefor; Control thereof; Control of operating function ; Driving both disc and head
    • G11B19/20Driving; Starting; Stopping; Control thereof
    • G11B19/2009Turntables, hubs and motors for disk drives; Mounting of motors in the drive
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B7/08Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers
    • G11B7/09Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers with provision for moving the light beam or focus plane for the purpose of maintaining alignment of the light beam relative to the record carrier during transducing operation, e.g. to compensate for surface irregularities of the latter or for track following
    • G11B7/095Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers with provision for moving the light beam or focus plane for the purpose of maintaining alignment of the light beam relative to the record carrier during transducing operation, e.g. to compensate for surface irregularities of the latter or for track following specially adapted for discs, e.g. for compensation of eccentricity or wobble
    • G11B7/0956Disposition or mounting of heads or light sources relatively to record carriers with provision for moving the light beam or focus plane for the purpose of maintaining alignment of the light beam relative to the record carrier during transducing operation, e.g. to compensate for surface irregularities of the latter or for track following specially adapted for discs, e.g. for compensation of eccentricity or wobble to compensate for tilt, skew, warp or inclination of the disc, i.e. maintain the optical axis at right angles to the disc
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B11/00Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor
    • G11B11/10Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field
    • G11B11/105Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing
    • G11B11/10502Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing characterised by the transducing operation to be executed
    • G11B11/10515Reproducing
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B11/00Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor
    • G11B11/10Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field
    • G11B11/105Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing
    • G11B11/1055Disposition or mounting of transducers relative to record carriers
    • G11B11/10556Disposition or mounting of transducers relative to record carriers with provision for moving or switching or masking the transducers in or out of their operative position
    • G11B11/1056Switching or mechanically reversing the magnetic field generator

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、光磁気記録媒体の
チルト補正に関し、特に、クロストークの検出によりチ
ルト補正を行なうチルト補正方法,チルト補正方法の実
施に使用する光磁気再生装置,光磁気記録再生装置,及
び光磁気記録媒体に関する。

【0002】

【従来の技術】コンピュータの外部記録装置として、光
磁気ディスクが脚光を浴びている。光磁気ディスクは、
外部磁場の印加とレーザ光の照射とを用いて媒体上にサ
ブミクロン単位の記録ビットを作成することにより、フ
レキシブルディスク,ハードディスクと比較して記録容
量を大幅に増大することができる。例えば、現在実用化
されている3.5インチの光磁気ディスクは、径方向に
1.1μmピッチでトラックを設けて周方向に最小0.
64μmの記録マークを形成しており、ディスクの片面
に略640MBの記録容量を有している。

【0003】このような光磁気ディスクにさらに膨大な
データ量を記録し、動画の記録を可能とするためには記
録容量、即ち記録密度をさらに増大させる必要があり、
記録マーク長を短くすると共に、マーク間距離を縮小し
なければならない。そのためには、照射するレーザ光の
波長を短くすればよいが、再生信号のレベルが低くなる
等の問題があった。そこで、レーザ光のスポット領域内
の温度分布を利用してスポット径よりも小さい寸法の記
録マークを再生する磁気超解像(MSR,Magnetically
Induced Super Resolution )技術が提案されている。

【0004】提案された種々のMSR媒体は、大きな初
期化磁石が必要であったり、初期化磁石は必要ではない
がクロストークが高い、又は再生信号レベルが低い等の
問題点を有していた。そこで本願出願人は特開平7−24
4877号公報において、再生層と記録層との間に特定の磁
化特性を有する中間層を備えることにより、低い磁場の
印加によりスポット内に転写領域を形成できるMSR媒
体を提案している。このMSR媒体は他のMSR媒体が
有する欠点を解決しており、初期化磁石を必要とせず、
クロストークに有効であり、且つ高い再生信号レベルを
得ることができる。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】ところで、光磁気ディ
スクに情報を記録又は再生する際に、装置に装着された
光磁気ディスクに光ビームが照射され、磁場が印加され
る。このとき、装着された状態で光磁気ディスクの光ビ
ームに対する傾き(以下チルトという)が垂直からずれ
ていた場合には、記録信号が正確に記録できなかった
り、正確な再生信号が得られなかったりする。例えば、
前述した本願出願人の提案のMSR媒体を再生する際
に、チルトが生じている場合にはレーザ光のスポット内
の温度分布が正常な状態から変化し、スポット内の転写
領域の形状が変化する。これにより、再生信号が充分な
振幅で得られないという問題があった。

【0006】また、前述したMSR媒体の記録時におい
ても、チルトが生じている場合には、レーザ光の焦点を
合わせるためにレーザ光パワーを高くしなければなら
ず、記録パワーマージンが狭くなって、実用的でないと
いう問題があった。

【0007】本発明は、かかる事情に鑑みてなされたも
のであり、光磁気記録媒体の所定領域からクロストーク
を検出することにより、装置に装着された光磁気記録媒
体のチルト補正を行なうチルト補正方法、チルト補正を
行なう光磁気再生装置及び光磁気記録再生装置、並びに
チルト補正のためのプログラムコード手段を記録した光
磁気記録媒体を提供し、またクロストークを検出するた
めの領域を備える光磁気記録媒体を提供することを目的
とする。

【0008】

【課題を解決するための手段】第1発明に係る光磁気記
録媒体のチルト補正方法は、記録した情報を磁場の印加
により消去することができる光磁気記録媒体を再生装置
に装着した場合の光ビームに対するチルトを補正する方
法において、光磁気記録媒体が再生装置に装着され、チ
ルト補正の指示を受け付ける過程と、前記光磁気記録媒
体に前記光ビームを照射し、クロストークを検出するた
めに前記情報を消去する方向の磁場を前記光磁気記録媒
体に印加しつつ、前記光磁気記録媒体の所定領域を再生
する過程と、前記所定領域のクロストークを検出する過
程と、該クロストークに基づいて前記光磁気記録媒体の
チルト値を求める過程と、求めたチルト値に応じて前記
光磁気記録媒体のチルトを補正する過程とを有すること
を特徴とする。

【0009】第1発明にあっては、光磁気記録媒体が装
着されたときのチルト値を検出し、補正が必要である場
合にチルトを補正し、補正後に光磁気記録媒体に記録,
再生等の動作を施すので、正確な記録再生が行なえる。
装着された光磁気記録媒体のチルト値は、例えば、光磁
気記録媒体に設けられたクロストーク検出用の領域を再
生し、再生信号からクロストークを検出することにより
得られる。

【0010】第2発明に係るチルト補正方法は、第1発
明において、前記光磁気記録媒体は、前記光ビームのス
ポット径よりも小なる転写領域からの再生が可能であ
ことを特徴とする。

【0011】第2発明は、本願出願人の提案によるMS
R媒体にチルト補正を行なう方法である。このMSR媒
体は、後述する図7に示すように、再生磁場の極性によ
りクロストークの値が大きく異なる。これは転写領域の
形状の相違によるものであり、転写領域がトラック幅方
向に、より広くなる形状を有する場合にはクロストーク
の値が大きくなる。従って、媒体のチルトを補正するた
めの再生時には、クロストークの値が大きくなる方の極
性の磁場を印加することにより、チルトの値を正確に求
めることができる。

【0012】第3発明に係る光磁気再生装置は、記録し
た情報を磁場の印加により消去することができる光磁気
記録媒体の光ビームに対するチルトを補正して情報の再
生を行なう光磁気再生装置において、光磁気記録媒体が
装着される装着部と、該装着部への前記光磁気記録媒体
の装着を検出し、チルト補正を指示する装着検出部と、
前記チルト補正の指示を受けてクロストークを検出する
ために前記情報を消去する方向の磁場を前記光磁気記録
媒体に印加する磁場印加装置と、前記光磁気記録媒体に
照射した光ビームの反射光を受光し、電気信号に変換す
る光学ヘッドと、前記チルト補正の指示を受けて前記光
学ヘッドの電気信号からクロストーク検出信号を演算す
るチルト補正演算回路と、前記クロストーク検出信号か
らクロストークを検出するクロストーク検出回路と、検
出されたクロストークに基づいて前記光磁気記録媒体の
チルト値を求めるチルト値算出回路と、前記チルト値に
基づいて前記光磁気記録媒体のチルトを補正するチルト
補正部とを備えることを特徴とする。

【0013】第3発明にあっては、光磁気記録媒体が装
着部に装着されたときのチルト値を前記チルト値算出回
路により算出し、補正が必要である場合に前記チルト補
正部によりチルトを補正する。チルトの補正後に光磁気
記録媒体に記録,再生等の動作を施すので、正確な記録
再生が行なえる。装着された光磁気記録媒体のチルト値
は、例えば、光磁気記録媒体に設けられたクロストーク
検出用の領域を前記光学ヘッドにより再生し、再生信号
からクロストークを検出して得られる。

【0014】第4発明に係る光磁気再生装置は、第3発
明において、前記チルト補正部は、前記装着部に取付け
られ、前記光学ヘッドに対する前記光磁気記録媒体の傾
きを変える三次元移動装置であることを特徴とする。

【0015】第4発明にあっては、前記チルト値算出回
路によるチルト値の算出結果に基づいて前記装着部の傾
きを調整し、光磁気記録媒体に光ビームが略垂直に入射
されるように補正する。

【0016】第5発明に係る光磁気再生装置は、第3発
明において、前記チルト補正部は、前記光学ヘッドに取
付けられ、前記光磁気記録体に対する前記光学ヘッドの
傾きを変える三次元移動装置であることを特徴とする。

【0017】第5発明にあっては、前記チルト値算出回
路によるチルト値の算出結果に基づいて前記光学ヘッド
の傾きを調整し、光磁気記録媒体に光ビームが略垂直に
入射されるように補正する。

【0018】第6発明に係る光磁気記録再生装置は、光
磁気記録媒体の情報の記録時、再生時及び消去時に、磁
場制御部により制御された夫々の磁場を磁場印加装置に
より印加し、前記光磁気記録媒体の情報の記録、再生及
び消去を行なう光磁気記録再生装置において、光磁気記
録媒体が装着される装着部と、該装着部への前記光磁気
記録媒体の装着を検出し、チルト補正を指示する装着検
出部と、前記光磁気記録媒体に照射した光ビームの反射
光を受光し、電気信号に変換する光学ヘッドと、前記チ
ルト補正の指示を受けて前記光学ヘッドの電気信号から
クロストーク検出信号を演算するチルト補正演算回路
と、前記クロストーク検出信号からクロストークを検出
するクロストーク検出回路と、検出されたクロストーク
に基づいて前記光磁気記録媒体のチルト値を求めるチル
ト値算出回路と、前記チルト値に基づいて前記光磁気記
録媒体のチルトを補正するチルト補正部とを備え、前記
磁場制御部は、前記チルト補正指示を受けてクロスト
ークを検出するために前記情報を消去する方向の磁場を
印加するように前記磁場印加装置を制御することを特徴
とする。

【0019】第6発明にあっては、前記磁場制御部は情
報の記録時、再生時、消去時に加えてチルト補正時に印
加すべき磁場を制御し、磁場印加装置に制御信号を与え
るので、クロストークを検出し易い磁場を印加すること
ができる。

【0020】第7発明に係る光磁気記録再生装置は、第
6発明において、前記磁場印加装置には永久磁石が用い
られていることを特徴とする。

【0021】第7発明にあっては、前記光磁気記録媒体
に印加すべき、記録、消去、再生及びチルト補正時の夫
々の磁場の絶対値が同値であり、永久磁石を回転させる
ことにより正負の極性を変えて印加する。永久磁石を用
いることができるので、消費電力を低減できる。

【0022】第8発明に係る光磁気記録媒体は、再生装
置に装着され、光ビームの照射と磁界の印加により情報
が記録される機械読み取り可能な光磁気記録媒体におい
て、チルト補正が指示された際に、クロストークを検出
するために前記情報を消去する方向の磁場を印加して
記光磁気記録媒体の所定領域を再生させるプログラムコ
ード手段と、前記所定領域から得られた再生信号により
クロストークを検出させるプログラムコード手段と、該
クロストークに基づいて前記光磁気記録媒体のチルト値
を求めさせるプログラムコード手段と、求めたチルト値
に応じて、前記光磁気記録媒体のチルト補正量をチルト
補正部へ伝達させるプログラムコード手段とを記録した
ことを特徴とする。

【0023】第8発明にあっては、コンピュータにチル
ト補正を指示するプログラムが光磁気記録媒体に記録さ
れているので、例えば、光磁気記録媒体の厚みデータ、
クロストークとチルト値との関係を表すデータ等、当該
光磁気記録媒体に特有のデータを光磁気記録媒体に記録
することにより、通常の光磁気再生装置に、光磁気記録
媒体の傾きを移動させる機能を加えるだけでチルト補正
を行なうことができる。

【0024】

【0025】第9発明にあっては、3トラックの両端側
のトラックを再生し、夫々の再生信号を比較することに
より、中央トラックからのクロストークの差を検出す
る。このクロストークの差分により光磁気記録媒体のチ
ルト値を求めることができる。

【0026】

【発明の実施の形態】以下、本発明をその実施の形態を
示す図面に基づき具体的に説明する。図1は、本発明の
実施の形態の光磁気記録再生装置の構成を示すブロック
図である。図に示すように、光磁気ディスク10は前記
装着部及び装着検出部であるスピンドル21に装着され
ており、スピンドル21は前記チルト補正部である三次
元移動テーブル34a上に載置されている。三次元移動
テーブル34aの移動により、光磁気ディスク10に対
するスピンドル21の傾斜が調整可能になっている。図
2は光磁気ディスク10の平面図であり、図3は光磁気
ディスク10の膜構成を示す断面図である。図2及び図
3に示すように、光磁気ディスク10は、円板形状のポ
リカーボネイト基板11上にSiNからなる誘電体膜1
2、GdFeCoからなる再生層13、GdFeCoか
らなる中間層14、TbFeCoからなる記録層15、
SiNからなる誘電体膜16及び保護コーティング層
(図示せず)をこの順に積層して構成されている。ポリ
カーボネイト基板11は、ランド及びグルーブが幅0.
7μmピッチで形成されている。各層の組成、膜厚、キ
ュリー温度及びドミナントを表1に、スパッタガス、ス
パッタ圧等のDCスパッタ法による製造条件を表2に示
す。

【0027】

【表1】

【0028】

【表2】

【0029】図2に示すように、光磁気ディスク10は
中央側からコントロールトラック領域17とデータ記録
領域18とを備えており、コントロールトラック領域1
7内にクロストーク検出領域1が設けられている。図4
はクロストーク検出領域1の拡大図であり、トラック
(n−1)、トラックn、トラック(n+1)の3トラ
ックを示している。3トラックの中央のトラックnに
は、8Tマーク,2Tスペースの記録マーク1b,1b
…が形成されており、両側のトラック(n−1)、トラ
ック(n+1)には2T繰り返しの記録マーク1a,1
a…が夫々形成されている。これらの記録マークはいず
れも同一条件で記録されており、光磁気ディスク10の
周速を6m/sとし、記録用レーザ光のパワーが7.0
mW、記録周波数7.5MHz、発光dutyが50.
0%で、正の磁場が印加されて形成されている。

【0030】このような構成の光磁気ディスク10の上
方及び下方には互いに対向する位置に、電磁石23aと
光学ヘッド22とが配されている。光学ヘッド22はレ
ーザ光を出射するレーザダイオード(LD)22bと、
レーザ光の光磁気ディスク10への照射位置を制御する
アクチュエータ22aと、出射されたレーザ光を収束
し、光磁気ディスク10で反射した反射光の光路を形成
する光学系22dと、反射光を受光して電気信号に変換
するフォトダイオード(PD)22cとを備えている。
レーザ光の波長は685nm、対物レンズのNAは0.
55である。

【0031】図1に示すように、この装置の記録系で
は、記録信号が変調器23に入力されて光磁気ディスク
に記録されるべき信号に変調され、ライトアンプ24に
入力される。ライトアンプ24で増幅された信号はLD
22bに入力され、記録用パワーのレーザ光が出射され
る。出射されたレーザ光は光学系22dを通って光磁気
ディスク10に照射され、光磁気ディスク10上に記録
マークが形成される。

【0032】また、再生系では、LD22bから出射さ
れた再生用パワーのレーザ光が光磁気ディスク10で反
射し、反射光が光学系22dを通ってPD22cに受光
される。PD22cにて変換された信号はプリアンプ2
5に入力され、増幅されて主演算回路26へ出力され
る。主演算回路26にて光磁気信号及び各サーボ信号が
演算されて、夫々復調回路28及びサーボ回路27へ出
力される。サーボ回路27は入力されたサーボ信号をア
クチュエータ22aに入力し、アクチュエータ22aの
位置を制御する。一方、復調回路28に入力された光磁
気信号は復調されて再生信号として出力される。

【0033】そして、本発明の特徴となるチルト補正系
では、スピンドル21に光磁気ディスク10が装着され
た際に、チルト補正信号がチルト補正演算回路31に入
力される。チルト補正演算回路31はサーボ回路27に
指示を与え、アクチュエータ22aを光磁気ディスク1
0のクロストーク検出領域1の上方に移動させる。クロ
ストーク検出領域1を再生した信号はプリアンプ25か
らチルト補正演算回路31に入力される。チルト補正演
算回路31では入力された信号を演算して各サーボ信号
はサーボ回路27へ、光磁気信号はクロストーク検出信
号としてクロストーク検出回路32へ出力される。クロ
ストーク検出回路32では第1及び第2の検出信号から
クロストークを検出し、チルト値算出回路33へ出力す
る。チルト値算出回路33では、検出されたクロストー
クに基づいてチルト値を算出し、三次元移動テーブル3
4aに入力する。三次元移動テーブル34aは、入力さ
れたチルト値の信号に応じてスピンドル21のチルトを
補正すべく移動する。

【0034】消去時、チルト補正時、記録時、再生時に
夫々の動作において、電磁石23aは磁場制御部29か
ら入力される信号により、光磁気ディスク10に磁場を
印加する。磁場制御部29には、光磁気ディスク10ヘ
の記録時には記録磁場制御信号が、再生時には再生磁場
制御信号が、消去時には消去磁場制御信号が、そしてチ
ルト補正時にはチルト補正磁場制御信号が入力され、夫
々の制御信号に応じて光磁気ディスク10に印加すべき
磁場の信号を電磁石23aに与えるようになっている。

【0035】以上の如き構成の光磁気記録再生装置を用
いて、光磁気ディスク10のチルト補正を行なう場合に
ついて説明する。図5は、光磁気ディスク10のチルト
補正の手順を示すフローチャートである。図5に示すよ
うに、光磁気ディスク10に情報を記録又は再生する際
に、スピンドル21に光磁気ディスク10が装着され
(ステップS11)、装着を検知してチルト補正演算回
路31及び磁場制御部29にチルト補正の指示を与え
(ステップS12)、クロストーク検出領域1を再生す
る(ステップS13)。

【0036】クロストーク検出領域1の再生時には、チ
ルト補正演算回路31がチルト補正信号を受けてサーボ
回路27を光磁気ディスク10のクロストーク検出領域
1上に移動させる。LD22bにより再生用レーザ光が
出射され、クロストーク検出領域1のトラック(n−
1)上を照射した後、続いてトラック(n+1)上を照
射する。一方、磁場制御部29はチルト補正磁場制御信
号を受けてチルト補正磁場を印加すべく電磁石23aを
制御する。そして、クロストーク検出領域1の反射光が
PD22cに入射されてチルト補正演算回路31でクロ
ストーク検出信号に変換される。図6は、このときの光
磁気ディスク10の再生時の磁化状態を示す図である。
光磁気ディスク10には上述したように正の磁場の印加
で記録マークが形成されている。以下、正の磁場を記録
方向の磁場、負の磁場を消去方向の磁場という。

【0037】図6に示すように、フロントマスクの領域
即ち低温領域では記録層15と中間層14との交換結合
力が切れた状態であり、中間層14が再生磁場の方向に
揃っている。また、リアマスクの領域即ち高温領域では
再生層13と中間層14との交換結合力が切れた状態で
あり、再生層13が再生磁場の方向に揃っている。そし
て、レーザ光のスポット径よりも小さな領域である開口
部即ち中間温度領域では、各層の交換結合により記録層
15の磁化方向が再生層13に転写され、この転写領域
から記録マークが読み出される。本願出願人は特開平7
−244877号公報にて、光磁気ディスク10と同様のダブ
ルマスクMSR媒体について、その製造工程、再生原理
及び再生時の磁化状態について説明しており、ここでは
その詳細な説明を省略する。

【0038】図7は光磁気ディスクの再生磁場に対する
CN比及びクロストークを示すグラフである。光磁気デ
ィスク10の記録マークを、再生用レーザ光パワーが3
mWで再生した。図7から明らかなように、記録方向で
は350Oe以上、消去方向では300Oe以上で充分
なCN比が得られる。クロストークについては、記録方
向の磁場を印加した場合には最小−50dB、消去方向
の場合には最小−30dBが得られ、記録方向の磁場を
印加した方がクロストークが大きく検出されている。こ
のことから、クロストークの検出のためには、消去方向
の磁場を印加する方が有利であることが判る。

【0039】このようにステップS13においてクロス
トーク検出領域1が再生され、クロストーク検出信号が
クロストーク検出回路32に入力される。クロストーク
検出回路32では、トラック(n−1)の再生信号であ
る第1のクロストーク検出信号と、トラック(n+1)
の再生信号である第2のクロストーク検出信号が比較さ
れクロストークが検出される(ステップS14)。そし
て、チルト値算出回路33に検出結果が与えられて、チ
ルト値が算出される(ステップS15)。

【0040】図8はクロストーク検出信号の振幅とチル
ト値との関係を示したグラフである。例えば第1のクロ
ストーク検出信号の振幅が175mVであり、第2のク
ロストーク検出信号の振幅が80mVである場合には、
光ディスク1のチルト値は−0.8deg.である。これ
は、レーザ光が垂直に照射される基準の状態を零とし
て、0.8deg.だけトラック(n−1)側がトラック
(n+1)よりも上になる向きに傾いていることを示し
ている。また、第1及び第2のクロストーク検出信号の
振幅がほぼ同値である場合はチルト値は略零であり、こ
れはレーザ光が光磁気ディスク10に垂直に照射されて
いる状態であることを示している。なお、クロストーク
検出信号の振幅とチルト値との関係は光磁気ディスクの
膜組成に応じて異なっており、光磁気ディスクに応じて
その経験値がチルト値算出回路33に与えられている。

【0041】チルト値算出回路33は、算出結果に応じ
てチルトの修正を行なうか否かを判定する(ステップS
16)。チルト値が、例えば±0.2deg.の範囲内であ
る場合はチルトの修正を行なわずチルト補正を終了す
る。そして、チルト値が±0.2deg.の範囲外である場
合は三次元移動テーブル34aによりスピンドル21の
傾きを調整し、チルト修正を行なう(ステップS1
7)。チルト修正後、再度クロストーク検出領域を再生
して(ステップS13)チルト値を算出し(ステップS
15)、チルトの修正の完了を確認して、チルトが完全
に補正されるまでこれを繰り返す。

【0042】以上の如くチルト補正を行なった光磁気デ
ィスク10の記録特性を調べた。図9は、チルトの補正
前及び補正後の記録パワーマージンを夫々測定した結果
を示すグラフである。図9から明らかなように、ランダ
ムジッタが13%以下であるレーザパワー範囲は、チル
ト補正後の光磁気ディスクの方が広い。チルト補正をす
る以前(5mrad)では記録パワーマージンが±10%で
あるのに対し、チルト補正をした場合は記録パワーマー
ジンは±15%に向上している。このように、光磁気デ
ィスク10を装置に装着した際にチルト補正を行なうこ
とにより、記録パワーマージンが拡大され、再生信号を
大きな振幅で得ることができる。

【0043】また、上述した光磁気ディスク10の消去
特性について調べた。消去用レーザ光パワーが8mWで
消去を行なった。図10は消去磁場に対するCN比を示
すグラフである。グラフから明らかなように、消去磁場
が消去方向に150Oe以上で記録マークが完全に消去
されていることが判る。また、光磁気ディスク10の記
録特性について調べた。記録用レーザ光パワーが7.0
mWで記録を行なった。図11は記録磁場に対するCN
比を示すグラフである。グラフから明らかなように、記
録磁場が記録方向に200Oe以上で記録が可能である
ことが判る。さらに、上述した図7から明らかなよう
に、情報の再生時には記録方向に350Oe以上で再生
可能であり、チルト補正時には消去方向に300Oe以
上でクロストークの検出が有利となる。

【0044】このように、本実施の形態の光磁気記録再
生装置では、チルト補正時にはチルト補正制御信号が、
記録時には記録制御信号が、消去時には消去補正信号
が、再生時には再生制御信号が磁場制御部29に入力さ
れ、磁場制御部29は夫々の適正磁場を印加するように
磁場印加装置を制御する。

【0045】以上により、光磁気ディスク10の各動作
時において、印加する磁場の絶対値が350Oeである
場合に全ての動作が有効に行なわれることが判った。こ
れにより、上述した光磁気記録再生装置は、電磁石に替
えて永久磁石を用いることができる。図12は、本発明
の他の実施の形態の光磁気記録再生装置の構成を示すブ
ロック図である。永久磁石23bは記録方向及び消去方
向に350Oeの磁場を光磁気ディスク10に印加でき
るものであり、光磁気ディスク10の一面に対して磁極
S,Nが交互に近接するように回転可能に配されてい
る。永久磁石23bはモータ23cに接続されており、
モータ23cは磁場制御部29からの制御信号が入力さ
れるようになっている。その他の構成は図1に示す光磁
気記録装置と同様であり、同部分に同符号を付してその
説明を省略する。

【0046】磁場制御部29は、消去磁場制御信号が入
力されたときに永久磁石23bのN極を光磁気ディスク
10に近接させ、記録磁場制御信号が入力されたときに
S極を近接させ、チルト補正磁場制御信号が入力された
ときにN極を近接させ、再生磁場制御信号が入力された
ときにS極を近接させるように、モータ23cを制御す
る。

【0047】従って、この光磁気記録再生装置にあって
は、チルト補正を行なうことにより光磁気ディスク10
の記録パワーマージンが拡大され、情報の再生信号振幅
が充分に得られる。さらに、永久磁石を用いるので消費
電力が節減される。

【0048】さらに、形状の異なる永久磁石23dを用
いた例を説明する。図13は、本発明のさらに他の実施
の形態の光磁気記録再生装置の構成を示すブロック図で
ある。永久磁石23dは、光磁気ディスク10の半径と
略同じ長さを有する棒形状を有しており、光磁気ディス
ク10の一面に対して磁極S,Nが交互に近接するよう
に回転可能に配されている。永久磁石23dはモータ2
3cに接続されており、モータ23cは磁場制御部29
からの制御信号が入力されるようになっている。また、
光学ヘッド22は三次元移動テーブル34b上に載置さ
れており、三次元移動テーブル34bの移動により、光
磁気ディスク10に対する光学ヘッド22の傾斜が調整
可能になっている。その他の構成は図12に示す光磁気
記録装置と同様であり、同部分に同符号を付してその説
明を省略する。

【0049】以上の如き構成の光磁気記録再生装置にあ
っては、チルトを補正することにより、光磁気ディスク
10の記録パワーマージンが拡大され、情報の再生信号
振幅が充分に得られる。さらに、永久磁石を用いるので
消費電力が節減でき、永久磁石が光磁気ディスク10の
半径と略同寸法の長さを有するので径方向に移動させる
必要がなく、位置制御のための回路が不要で、消費電力
がさらに節減できる。

【0050】なお、上述したクロストーク検出領域1は
一例を示したものであり、3トラック以上であれば良
く、また、形成された記録マーク1a,1bのパターン
はこれに限るものではない。さらに、クロストーク検出
領域として専用の領域を備えていなくても良く、コント
ロールデータ領域を再生してクロストークを検出するよ
うにしてあっても良い。

【0051】

【発明の効果】以上のように、本発明においては、装着
された光磁気記録媒体の再生信号からクロストークを検
出することによりチルトを求め、補正することができる
ので、記録時には記録パワーマージンが拡大され、再生
時には充分な信号振幅を得ることができる。また、消去
時、記録時、チルト補正時、及び再生時の夫々の動作時
に印加する磁場を磁場制御部により制御することができ
るので、各動作時に適当な磁場を夫々制御することがで
きる。さらに、各動作時の磁場の絶対値を同値として永
久磁石を用いることにより、消費電力を節減することが
でき等、本発明は優れた効果を奏する。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の実施の形態の光磁気記録再生装置の構
成を示すブロック図である。

【図2】本発明の光磁気ディスクの平面図である。

【図3】図2に示す光磁気ディスクの膜構成を示す断面
図である。

【図4】図2に示す光磁気ディスクのクロストーク検出
領域の拡大図である。

【図5】本発明のチルト補正の手順を示すフローチャー
トである。

【図6】図3に示す光磁気ディスクの再生時の磁化状態
を示す図である。

【図7】図3に示す光磁気ディスクの再生磁場に対する
CN比及びクロストークを示すグラフである。

【図8】本実施の形態の再生信号振幅とチルト値との関
係を示すグラフである。

【図9】チルトの補正前及び補正後の記録用レーザパワ
ーに対するジッタを示すグラフである。

【図10】図3に示す光磁気ディスクの消去磁場に対す
るCN比を示すグラフである。

【図11】図3に示す光磁気ディスクの記録磁場に対す
るCN比を示すグラフである。

【図12】本発明の他の実施の形態の光磁気記録再生装
置の構成を示すブロック図である。

【図13】本発明のさらに他の実施の形態の光磁気記録
再生装置の構成を示すブロック図である。

【符号の説明】

1 クロストーク検出領域 10 光磁気ディスク 21 スピンドル 22 光学ヘッド 23a 電磁石 23b,23d 永久磁石 29 磁場制御部 31 チルト補正演算回路 32 クロストーク検出回路 33 チルト値算出回路 34a,34b 三次元移動テーブル

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI G11B 7/09 G11B 7/09 G (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) G11B 11/10 - 11/105 G11B 7/08 - 7/095

Claims (8)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 記録した情報を磁場の印加により消去す
    ることができる光磁気記録媒体を再生装置に装着した場
    合の光ビームに対するチルトを補正する方法において、 光磁気記録媒体が再生装置に装着され、チルト補正の指
    示を受け付ける過程と、前記光磁気記録媒体に前記光ビ
    ームを照射し、クロストークを検出するために前記情報
    を消去する方向の磁場を前記光磁気記録媒体に印加しつ
    つ、前記光磁気記録媒体の所定領域を再生する過程と、
    前記所定領域のクロストークを検出する過程と、該クロ
    ストークに基づいて前記光磁気記録媒体のチルト値を求
    める過程と、求めたチルト値に応じて前記光磁気記録媒
    体のチルトを補正する過程とを有することを特徴とする
    光磁気記録媒体のチルト補正方法。
  2. 【請求項2】 前記光磁気記録媒体は、前記光ビームの
    スポット径よりも小なる転写領域からの再生が可能であ
    ることを特徴とする請求項1記載のチルト補正方法。
  3. 【請求項3】 記録した情報を磁場の印加により消去す
    ることができる光磁気記録媒体の光ビームに対するチル
    トを補正して情報の再生を行なう光磁気再生装置におい
    て、 光磁気記録媒体が装着される装着部と、該装着部への前
    記光磁気記録媒体の装着を検出し、チルト補正を指示す
    る装着検出部と、前記チルト補正の指示を受けてクロス
    トークを検出するために前記情報を消去する方向の磁場
    を前記光磁気記録媒体に印加する磁場印加装置と、前記
    光磁気記録媒体に照射した光ビームの反射光を受光し、
    電気信号に変換する光学ヘッドと、前記チルト補正の指
    示を受けて前記光学ヘッドの電気信号からクロストーク
    検出信号を演算するチルト補正演算回路と、前記クロス
    トーク検出信号からクロストークを検出するクロストー
    ク検出回路と、検出されたクロストークに基づいて前記
    光磁気記録媒体のチルト値を求めるチルト値算出回路
    と、前記チルト値に基づいて前記光磁気記録媒体のチル
    トを補正するチルト補正部とを備えることを特徴とする
    光磁気再生装置。
  4. 【請求項4】 前記チルト補正部は、前記装着部に取付
    けられ、前記光学ヘッドに対する前記光磁気記録媒体の
    傾きを変える三次元移動装置である請求項3記載の光磁
    気再生装置。
  5. 【請求項5】 前記チルト補正部は、前記光学ヘッドに
    取付けられ、前記光磁気記録体に対する前記光学ヘッド
    の傾きを変える三次元移動装置である請求項3記載の光
    磁気再生装置。
  6. 【請求項6】 光磁気記録媒体の情報の記録時、再生時
    及び消去時に、磁場制御部により制御された夫々の磁場
    を磁場印加装置により印加し、前記光磁気記録媒体の情
    報の記録、再生及び消去を行なう光磁気記録再生装置に
    おいて、 光磁気記録媒体が装着される装着部と、該装着部への前
    記光磁気記録媒体の装着を検出し、チルト補正を指示す
    る装着検出部と、前記光磁気記録媒体に照射した光ビー
    ムの反射光を受光し、電気信号に変換する光学ヘッド
    と、前記チルト補正の指示を受けて前記光学ヘッドの電
    気信号からクロストーク検出信号を演算するチルト補正
    演算回路と、前記クロストーク検出信号からクロストー
    クを検出するクロストーク検出回路と、検出されたクロ
    ストークに基づいて前記光磁気記録媒体のチルト値を求
    めるチルト値算出回路と、前記チルト値に基づいて前記
    光磁気記録媒体のチルトを補正するチルト補正部とを備
    え、前記磁場制御部は、前記チルト補正の指示を受けて
    クロストークを検出するために前記情報を消去する方向
    の磁場を印加するように前記磁場印加装置を制御するこ
    とを特徴とする光磁気記録再生装置。
  7. 【請求項7】 前記磁場印加装置には永久磁石が用いら
    れている請求項6記載の光磁気記録再生装置。
  8. 【請求項8】 再生装置に装着され、光ビームの照射と
    磁界の印加により情報が記録される機械読み取り可能な
    光磁気記録媒体において、 チルト補正が指示された際に、クロストークを検出する
    ために前記情報を消去する方向の磁場を印加して前記光
    磁気記録媒体の所定領域を再生させるプログラムコード
    手段と、前記所定領域から得られた再生信号によりクロ
    ストークを検出させるプログラムコード手段と、該クロ
    ストークに基づいて前記光磁気記録媒体のチルト値を求
    めさせるプログラムコード手段と、求めたチルト値に応
    じて、前記光磁気記録媒体のチルト補正量をチルト補正
    部へ伝達させるプログラムコード手段とを記録したこと
    を特徴とする機械読み取り可能な光磁気記録媒体。
JP22283897A 1997-08-19 1997-08-19 光磁気記録媒体のチルト補正方法、その実施に使用する装置及び光磁気記録媒体 Expired - Fee Related JP3491191B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22283897A JP3491191B2 (ja) 1997-08-19 1997-08-19 光磁気記録媒体のチルト補正方法、その実施に使用する装置及び光磁気記録媒体

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22283897A JP3491191B2 (ja) 1997-08-19 1997-08-19 光磁気記録媒体のチルト補正方法、その実施に使用する装置及び光磁気記録媒体
US08/992,190 US6172950B1 (en) 1997-08-19 1997-12-17 Method for correcting tilt of magnet-optical readable medium apparatus to be used for its practice and magnet-optical readable medium

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH1166659A JPH1166659A (ja) 1999-03-09
JP3491191B2 true JP3491191B2 (ja) 2004-01-26

Family

ID=16788709

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22283897A Expired - Fee Related JP3491191B2 (ja) 1997-08-19 1997-08-19 光磁気記録媒体のチルト補正方法、その実施に使用する装置及び光磁気記録媒体

Country Status (2)

Country Link
US (1) US6172950B1 (ja)
JP (1) JP3491191B2 (ja)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20110034769A1 (en) 1997-10-06 2011-02-10 Micro-Imaging Solutions Llc Reduced area imaging device incorporated within wireless endoscopic devices
US6982742B2 (en) * 1997-10-06 2006-01-03 Adair Edwin L Hand-held computers incorporating reduced area imaging devices
JP3545196B2 (ja) * 1998-03-20 2004-07-21 パイオニア株式会社 チルトサーボ制御装置
JP3522136B2 (ja) * 1998-12-11 2004-04-26 三菱電機株式会社 光ディスク装置の光軸倒れ調整装置及び方法
TW457477B (en) * 1999-11-11 2001-10-01 Asustek Comp Inc Method and device of adjusting the incident direction of the incident light signal in the optical storage device
KR100391043B1 (ko) * 2001-01-15 2003-07-12 주식회사 Dm테크놀로지 디스크 플레이어의 틸트조정장치
CN100361207C (zh) * 2003-07-04 2008-01-09 上海乐金广电电子有限公司 光盘装置的初期伺服操作控制方法
AU2003261841A1 (en) 2003-08-29 2005-03-29 Fujitsu Limited Data reproducing device
EP1776694A1 (en) * 2004-08-06 2007-04-25 Philips Electronics N.V. Method and device for tilt compensation in an optical storage system.
CN101019185A (zh) * 2004-09-13 2007-08-15 皇家飞利浦电子股份有限公司 带有可调整的旋转盘位置的光盘系统
EP1820186A1 (en) * 2004-11-30 2007-08-22 Philips Electronics N.V. Method and device for automatic disc skew correction
KR100720330B1 (ko) * 2005-12-06 2007-05-23 후지쯔 가부시끼가이샤 데이터 재생 장치
US7969674B2 (en) * 2008-10-03 2011-06-28 Seagate Technology Llc Data transfer assembly performance characteristics testing

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS642265Y2 (ja) * 1984-01-30 1989-01-19
JP2911449B2 (ja) * 1987-10-29 1999-06-23 パイオニア株式会社 光学式情報読取装置
JPH04216326A (en) * 1990-12-18 1992-08-06 Pioneer Electron Corp Crosstalk quantity detector
JP2878574B2 (ja) * 1993-12-01 1999-04-05 シャープ株式会社 光ディスク及びその再生方法
JP3088619B2 (ja) 1994-01-17 2000-09-18 富士通株式会社 光磁気記録媒体及び該媒体に記録された情報の再生方法
US5898654A (en) * 1994-07-14 1999-04-27 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disk and optical disk apparatus having a predetermined pattern of marks on tracks such that a reproduced signal is caused to jitter
US5805543A (en) * 1995-02-22 1998-09-08 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Tilt control apparatus based on pulsed width detection of an information reproduced signal
JPH103679A (ja) * 1996-06-14 1998-01-06 Pioneer Electron Corp 光学式ピックアップ装置
US5881034A (en) * 1996-08-20 1999-03-09 Sony Corporation Apparatus for driving objective lens
JP3211002B2 (ja) * 1997-04-24 2001-09-25 富士通株式会社 光記録媒体、チルト検出器、光ディスク装置、チルト検出方法及びチルト補正方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH1166659A (ja) 1999-03-09
US6172950B1 (en) 2001-01-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6975579B2 (en) Optical information recording medium and optical information recording and reproducing apparatus
US5199022A (en) Disk having data memorizing portion including land-shaped and groove-shaped areas, and writing/reading apparatus for the same
US5946275A (en) Optical readout method with a direction of a magnetic field applied to a recording medium changed with a signal, and a system therefor
US4985881A (en) Record carrier for a magneto-optical disc memory having guide grooves of a plurality of tracks disposed with a predetermined relation to light spot diameter
US6744700B2 (en) Optical output adjusting apparatus based on shortest recording marks
US4472748A (en) Method of processing information signal with respect to opto-magnetic record medium
US5043960A (en) Overwritable magneto-optic recording and reproducing apparatus
JP3492800B2 (ja) 光記録装置及び再生レーザパワー設定方法
EP0653749B1 (en) Optical information recording/reproducing apparatus and method with function of adjusting reproducing power
JP2959586B2 (ja) 光磁気ディスクの再生方法
US5233578A (en) Method of recording information on a recording medium having at least two magnetic layers
US6424601B1 (en) Magneto-optical recording media having an auxiliary magnetic layer
US5020041A (en) Magneto-optical memory apparatus having a floating magnetic head
EP0747896B1 (en) Magneto-optical recording and/or reproducing apparatus
US6570826B2 (en) Optical recording medium allowing high-density recording and reproduction of information
JP3375694B2 (ja) 光磁気ディスク及び光磁気ディスク再生装置
US20050281177A1 (en) High track density super resolution mo-rom medium
US5410527A (en) Information recording/reproducing apparatus including setting optimum recording condition or reproducing condition
US5448552A (en) Super resolution information reproduction by tracking address information in normal resolution
JP3091876B2 (ja) 光記録媒体及びドライブ装置
JP3114204B2 (ja) 光記録媒体の記録再生方法
JP2002216403A (ja) 光磁気ディスクのアニール方法、及び光磁気ディスク
JPH0689473A (ja) 光磁気記録媒体
JP3380621B2 (ja) 光磁気記録媒体の再生方法、光磁気記録媒体およびそれを用いた光磁気記録再生装置
US5270987A (en) Magneto-optical recording and reproducing method, magneto-optical memory apparatus and magneto-optical recording medium therefor

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20031021

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081114

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081114

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091114

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101114

Year of fee payment: 7

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees