JP3480710B2 - 送信電力制御装置及び送信電力制御方法 - Google Patents

送信電力制御装置及び送信電力制御方法

Info

Publication number
JP3480710B2
JP3480710B2 JP2000089279A JP2000089279A JP3480710B2 JP 3480710 B2 JP3480710 B2 JP 3480710B2 JP 2000089279 A JP2000089279 A JP 2000089279A JP 2000089279 A JP2000089279 A JP 2000089279A JP 3480710 B2 JP3480710 B2 JP 3480710B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
value
target sir
transmission power
power control
target
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000089279A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2001274748A (ja
Inventor
修 加藤
英樹 金本
Original Assignee
松下電器産業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 松下電器産業株式会社 filed Critical 松下電器産業株式会社
Priority to JP2000089279A priority Critical patent/JP3480710B2/ja
Publication of JP2001274748A publication Critical patent/JP2001274748A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3480710B2 publication Critical patent/JP3480710B2/ja
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W52/00Power management, e.g. TPC [Transmission Power Control], power saving or power classes
    • H04W52/04TPC
    • H04W52/06TPC algorithms
    • H04W52/12Outer and inner loops
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W52/00Power management, e.g. TPC [Transmission Power Control], power saving or power classes
    • H04W52/04TPC
    • H04W52/18TPC being performed according to specific parameters
    • H04W52/24TPC being performed according to specific parameters using SIR [Signal to Interference Ratio] or other wireless path parameters
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W52/00Power management, e.g. TPC [Transmission Power Control], power saving or power classes
    • H04W52/04TPC
    • H04W52/18TPC being performed according to specific parameters
    • H04W52/28TPC being performed according to specific parameters using user profile, e.g. mobile speed, priority or network state, e.g. standby, idle or non transmission
    • H04W52/282TPC being performed according to specific parameters using user profile, e.g. mobile speed, priority or network state, e.g. standby, idle or non transmission taking into account the speed of the mobile
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W52/00Power management, e.g. TPC [Transmission Power Control], power saving or power classes
    • H04W52/04TPC
    • H04W52/30TPC using constraints in the total amount of available transmission power
    • H04W52/36TPC using constraints in the total amount of available transmission power with a discrete range or set of values, e.g. step size, ramping or offsets

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、移動体通信システ
ムにおける携帯電話機や、携帯電話機能及びコンピュー
タ機能を備えた情報端末装置等の移動局装置、又は移動
局装置と無線通信を行う基地局装置等に適用される送信
電力制御装置及び送信電力制御方法に関する。 【0002】 【従来の技術】従来、移動体無線通信セルラシステムに
おいては、移動局装置、基地局装置共に、受信相手局装
置において十分な通信品質を確保し、かつ過剰な干渉を
他局装置に与えないため、送信電力制御を行っている。 【0003】送信電力制御の中でも、希望信号電力(復
調後の所望信号の電力)対干渉電力比(SIR)値を基
に制御を行う方法では、受信局装置において受信SIR
値を計測し、予め設定された目標SIR値と比較するこ
とにより、送信電力の増加又は減少を決定し、この送信
電力制御情報を送信局装置に伝える。 【0004】即ち、送信電力制御情報は、受信SIR値
が目標SIR値よりも小さければ送信電力を増加させる
指示を行うものとなり、大きければ減少させる指示を行
うものとなる。 【0005】送信局装置は伝えられた送信電力制御情報
を基に、送信電力の制御を行う。目標SIR値は、長期
的に受信信号が所要通信品質を満足するよう設定される
が。受信信号の変動を見越し、所要通信品質を満足する
SIR値にマージンを加えて設定される。 【0006】ここで、送信局装置、受信局装置共に静止
状態にあるなど、受信信号の変動が少ない場合は、マー
ジンを必要以上にとることになり、送信局装置の送信電
力が必要以上に大きくなっていた。 【0007】このため、送信局装置では無駄な送信電力
を消費し、更に他局装置に与える干渉が増加するためシ
ステムに収容できる容量を減少させるという欠点があっ
た。 【0008】この欠点を解消するため、特開平8−18
1653号公報では、受信SIR値の変動量に応じて、
所望SIR値に加えるマージンを可変とすることにより
目標SIR値を設定する技術が公開されている。 【0009】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
装置において、上記公報の技術では、移動局装置が例え
ば静止状態であることによって受信SIR値の上下変動
が定常状態にある場合に目標SIR値の設定を行う際、
有効となるものである。しかし、移動局装置が静止状態
から移動し始めた瞬間等では、受信SIR値の上下変動
が定常状態でなく変動状態となる。この場合、目標SI
R値の更新遅れが生じることになるが、上記公報におい
てはその更新遅れについて考慮されていない。 【0010】即ち、移動局装置が静止状態から移動し始
めた瞬間等では、移動局装置を取り巻く伝搬環境は準静
特性から動特性へと大きく変化するため、信号品質が急
激に劣化し、静止状態で設定された目標SIR値では、
移動状態において所要受信SIR値を満足することがで
きず、通信品質が劣化すると考えられる。 【0011】このような場合、目標SIR値の設定を長
期的な通信品質を基に行っていると、目標SIR値の更
新が間に合わず、急激な通信品質の劣化に対応した送信
電力制御が行えないという問題がある。 【0012】本発明はかかる点に鑑みてなされたもので
あり、受信SIR値と目標SIR値との比較による送信
電力制御時に目標SIR値の更新を行う場合、伝搬環境
が急激に劣悪になった場合でも、目標SIR値の更新遅
れを防止して通信品質を保証することができる送信電力
制御装置及び送信電力制御方法を提供することを目的と
する。 【0013】 【課題を解決するための手段】本発明の送信電力制御装
置は、受信SIR(希望信号電力対干渉電力比)値を計
測する計測手段と、受信信号品質が所望品質よりも良け
れば目標SIR値を予め定められた第1の値だけ減少さ
せ、悪ければ前記目標SIR値を前記第1の値よりも大
きな第2の値だけ増加させて設定する設定手段と、前記
受信SIR値と前記設定された目標SIR値との差が無
くなるように送信側に対して送信電力を増減する指示を
行う送信電力制御情報を生成する生成手段と、を具備
し、前記設定手段は、過去一定期間内の目標SIRの最
大値と最小値との差が予め定められた閾値を超える場合
には、目標SIR値に下限値を設け、目標SIR値が前
記下限値以下に設定されないように制御する構成を採
る。 【0014】 この構成によれば、目標SIR値の増加
方向の更新時定数が短くなるので、目標SIR値を高速
に更新することができる。このため、伝搬環境が急激に
劣悪になったとしても、目標SIRを高速に増加させ送
信電力制御をその急激な変動に追従させることができ、
所要通信品質を満足することが可能となる。また、伝搬
環境に起因する受信信号品質の変動幅が大きい場合で
も、設定される目標SIR値が大幅に減少することが無
い。従って、伝搬環境に起因する受信信号品質の変動幅
が大きい場合でも、送信電力制御をその大きな変動に追
従させることができるので、所要通信品質を満足するこ
とが可能となる。 【0015】 【0016】 【0017】本発明の送信電力制御装置は、上記構成に
おいて、移動局装置の移動速度を推定する推定手段と、
前記移動速度の変動幅が閾値を超える場合に、目標SI
R値に下限値を設け、目標SIR値が前記下限値以下に
設定されないように制御する制御手段とを具備する構成
を採る。 【0018】この構成によれば、移動速度に起因する受
信信号品質の変動幅が大きい場合でも、設定される目標
SIR値が大幅に減少することが無い。従って、移動速
度に起因する受信信号品質の変動幅が大きい場合でも、
送信電力制御をその大きな変動に追従させることができ
るので、所要通信品質を満足することが可能となる。 【0019】本発明の送信電力制御装置は、上記構成に
おいて、設定手段は、所要SIR値にマージンを付加し
て目標SIR値とする構成を採る。 【0020】この構成によれば、伝搬環境や移動速度に
起因する受信信号品質の変動幅が大きい場合でも、設定
される目標SIR値が大幅に減少することが無い。従っ
て、伝搬環境に起因する受信信号品質の変動幅が大きい
場合でも、送信電力制御をその大きな変動に追従させる
ことができるので、所要通信品質を満足することが可能
となる。 【0021】本発明の移動局装置は、上記いずれかと同
構成の送信電力制御装置を具備する構成を採る。 【0022】この構成によれば、移動局装置において、
上記いずれかと同様の作用効果を得ることができる。 【0023】本発明の基地局装置は、上記いずれかと同
構成の送信電力制御装置を具備する構成を採る。 【0024】この構成によれば、基地局装置において、
上記いずれかと同様の作用効果を得ることができる。 【0025】 本発明の送信電力制御方法は、受信SI
R(希望信号電力対干渉電力比)値を計測し、受信デー
タ品質を計測し、前記受信データ品質が所望品質よりも
良ければ目標SIR値を所定値減少させ、悪ければ前記
目標SIR値を前記所定値よりも大きな値増加させて更
新し、過去複数回の更新目標SIR値の最大値と最小値
との差が予め定められた閾値を超える場合に目標SIR
値に下限値を設け、目標SIR値が前記下限値以下に更
新されないように制御し、この更新された目標SIR値
と前記受信SIR値との差が無くなるように送信電力の
増減を指示する情報を生成して送信側へ送信するように
した。 【0026】 この方法によれば、目標SIR値の増加
方向の更新時定数が短くなるので、目標SIR値を高速
に更新することができる。このため、伝搬環境が急激に
劣悪になったとしても、目標SIRを高速に増加させ送
信電力制御をその急激な変動に追従させることができ、
所要通信品質を満足することが可能となる。また、伝搬
環境に起因する受信信号品質の変動幅が大きい場合で
も、更新される目標SIR値が大幅に減少することが無
い。従って、伝搬環境に起因する受信信号品質の変動幅
が大きい場合でも、送信電力制御をその大きな変動に追
従させることができるので、所要通信品質を満足するこ
とが可能となる。 【0027】 【0028】 【0029】本発明の送信電力制御方法は、上記方法に
おいて、送信移動局装置の移動速度を推定し、この推定
された移動速度の変動幅が閾値を超える場合に目標SI
R値に下限値を設け、目標SIR値が前記下限値以下に
更新されないように制御するようにした。 【0030】この方法によれば、移動速度に起因する受
信信号品質の変動幅が大きい場合でも、更新される目標
SIR値が大幅に減少することが無いので、次に目標S
IR値を増加させた場合に、所要受信SIR値を満足さ
せることができる。従って、移動速度に起因する受信信
号品質の変動幅が大きい場合でも、送信電力制御をその
大きな変動に追従させることができるので、所要通信品
質を満足することが可能となる。 【0031】 【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態につい
て、図面を参照して詳細に説明する。 【0032】(実施の形態1)図1は、本発明の実施の
形態1に係る送信電力制御装置を用いた基地局装置の構
成を示すブロック図である。 【0033】本実施の形態1の特徴は、送信電力制御の
目標SIR値を設定する際に、目標SIR値増加方向の
更新時定数を短くすることによって、伝搬環境の劣化に
送信電力制御を高速に追従することで、所要通信品質を
満足するようにした点にある。 【0034】図1に示す基地局装置100は、アンテナ
101と、送受信信号分離部102と、無線受信部10
3と、逆拡散部104と、RAKE合成部105と、復
調部106と、受信SIR計測部107と、通信品質計
測/目標SIR値設定部108と、SIR比較/情報生
成部109と、目標SIR保持部110と、送信電力制
御情報付加部111と、変調部112と、拡散部113
と、無線送信部114とを備えて構成されている。 【0035】また、図2は、本発明の実施の形態1に係
る移動局装置の構成を示すブロック図である。 【0036】この図2に示す移動局装置200は基地局
装置100と無線通信を行うものであり、アンテナ20
1と、送受信信号分離部202と、無線受信部203
と、逆拡散部204と、RAKE合成部205と、復調
部206と、送信電力情報抽出部207と、送信電力制
御部208と、変調部209と、拡散部210と、無線
送信部211とを備えて構成されている。 【0037】なお、この基地局装置100及び移動局装
置200を備える移動体通信システムは、CDMA(Co
de Division Multiple Access)方式が適用されたもの
である。 【0038】最初に、基地局装置100と移動局装置2
00間で送信電力制御を行う場合に、基地局装置100
で目標SIR値の設定及び更新を行う場合の動作につい
て説明する。 【0039】移動局装置200から送信された信号が、
アンテナ101で受信されたのち送受信信号分離部10
2を介して無線受信部103へ出力される。 【0040】この受信信号は、無線受信部103におい
て所定の無線処理がなされた後に、逆拡散部104にお
いて逆拡散され、RAKE合成部105においてRAK
E合成される。即ち、同一周波数の逆拡散信号が時間軸
に沿って掻き集められることにより所望の信号波形が得
られる。 【0041】このRAKE合成信号は、復調部106に
おいて復調され、受信データとして出力される。また、
RAKE合成信号は、受信SIR計測部107に入力さ
れ、ここで、受信SIR値の計測が行われる。 【0042】更に、復調部106から出力される受信デ
ータは、通信品質計測/目標SIR値設定部108に入
力され、ここで、CRC(Cyclic Redundancy Check)等
によって誤りの有無などが測定されることによって受信
データ品質が計測され、この計測結果を基に、後述する
ように目標SIR値が設定される。この設定された目標
SIR値は、目標SIR保持部110に保持される。 【0043】ここで、目標SIR値の設定動作を図3に
示すフロー図を参照して説明する。 【0044】ステップST301において、復調して得
られた受信データの品質を検出する。 【0045】ステップST302において、その検出さ
れた受信データ品質と所望品質とを比較し、受信データ
品質が所望品質よりも良ければ、ステップST303に
おいて、目標SIR値を予め定められた第1の値[dB]だ
け減少させる。悪ければ、ステップST304におい
て、目標SIR値を予め定められた第2の値[dB]だけ増
加させる。 【0046】但し、第2の値は、第1の値よりも大きな
値である。例えば第2の値=2×第1の値などである。 【0047】また、目標SIR値の設定周期は、送信電
力制御周期より長くする。例えば送信電力制御は各スロ
ット毎に行い、目標SIR値設定はフレームエラーレー
トを基に更新する。 【0048】この後、SIR比較/情報生成部109に
おいて、受信SIR値と目標SIR値との大小が比較さ
れ、受信SIR値を目標SIR値とするための送信電力
制御情報が生成される。この生成の動作を図4に示すフ
ロー図を参照して説明する。 【0049】ステップST401において、受信SIR
値を取得した後、ステップST402において、受信S
IR値と目標SIR値とを比較する。 【0050】この結果、受値SIR値が目標SIR値よ
り大きければステップST403において、送信電力減
少の制御情報を生成し、小さければステップST404
において、送信電力増加の制御情報を生成する。 【0051】そして、ステップST405において、何
れかで生成された送信電力制御情報を、送信電力制御情
報付加部111において送信信号に付加する。 【0052】この送信情報は、変調部112において一
次変調され後、拡散部113において拡散処理される。
この拡散信号は、無線送信部114において所定の無線
処理が施されることによって送信信号とされ、送受信信
号分離部102を介してアンテナ101から送信され
る。 【0053】この送信信号は移動局装置200におい
て、アンテナ201で受信されたのち送受信信号分離部
202を介して無線受信部203へ出力される。 【0054】この受信信号は、無線受信部203におい
て所定の無線処理がなされた後に、逆拡散部204にお
いて逆拡散され、RAKE合成部205においてRAK
E合成される。このRAKE合成信号は、復調部206
において復調され、受信データとして出力される。 【0055】また、受信データは送信電力情報抽出部2
07に入力され、ここで、送信電力制御情報が抽出さ
れ、送信電力制御部208へ出力される。送信電力制御
部208では、無線送信部211から出力される送信信
号が、その抽出された送信電力制御情報に応じた電力と
なるように制御される。 【0056】このように、実施の形態1の送信電力制御
装置を用いた基地局装置100によれば、目標SIR値
を更新する際に、予め定められた第1の値[dB]だけ減少
又は、第1の値よりも大きい第2の値[dB]だけ増加させ
るようにした。 【0057】これによって、目標SIR値の増加方向の
更新時定数が短くなるので、目標SIR値を高速に更新
することができる。このため、伝搬環境が急激に劣悪に
なったとしても、目標SIRを高速に増加させ送信電力
制御をその急激な変動に追従させることができ、所要通
信品質を満足することが可能となる。 【0058】(実施の形態2)図5は、本発明の実施の
形態2に係る送信電力制御装置を用いた基地局装置の構
成を示すブロック図である。但し、この図5に示す実施
の形態2において図1の実施の形態1の各部に対応する
部分には同一符号を付し、その説明を省略する。 【0059】本実施の形態2の特徴は、伝搬環境の変動
が大きく信号品質の変動が大きな送信局に対して、目標
SIR値の設定に下限を設け、過度に目標SIR値を低
く設定しないことにより、伝搬環境が急激に劣化したと
しても、送信電力制御を有効に作動させ所要通信品質を
満足するようにしたことにある。 【0060】図5に示す実施の形態2の基地局装置50
0が、実施の形態1の基地局装置100と異なる点は、
基地局装置100の構成要素に加え、通信品質計測/目
標SIR値設定部108と目標SIR保持部110との
間に、目標SIR値制御部501を接続したことにあ
る。 【0061】目標SIR値制御部501は、通信品質計
測/目標SIR値設定部108における通信品質の計測
結果を基に、目標SIR保持部110に保持する目標S
IR値を制御するものである。 【0062】具体的には、過去10回の目標SIR値の
更新記録を基に設定された目標SIR値の最大値と最小
値との差が、予め定められた閾値を超える場合は、目標
SIR値に下限(目標SIR下限値)を設け、目標SI
R値が目標SIR下限値以下に設定されないように制御
する。また、その差が閾値を超えない場合は、実施の形
態1で説明したと同様に通信品質に応じて目標SIR値
を増減する制御を行う。 【0063】この目標SIR値制御部501の動作を図
6のフロー図を参照して説明する。 【0064】ステップST601において、通信品質計
測/目標SIR値設定部108が、復調部106での復
調により得られた受信データの品質を検出する。 【0065】ステップST602において、更に通信品
質計測/目標SIR値設定部108は、検出された受信
データ品質と所望品質とを比較する。 【0066】この結果、受信データ品質が所望品質より
も良く、且つ前述したように目標SIR下限値が設定さ
れていれば、ステップST603において、目標SIR
値制御部501が、目標SIR値から第1の値[dB]を減
算した結果が目標SIR下限値を超えているか否か判断
する。 【0067】この結果、超えていればステップST60
4において、目標SIR値を第1の値[dB]だけ減少さ
せ、これによって得られる目標SIR値を目標SIR保
持部110に保持(設定)する。超えていなければステ
ップST605において、目標SIR値をそのまま用い
て保持する。 【0068】一方、ステップST602において、受信
データの品質が所望品質よりも悪い場合、又は目標SI
R下限値が設定されていない場合は、ステップST60
6において、目標SIR値を予め定められた第2の値[d
B]だけ増加させ、これによって得られる目標SIR値を
目標SIR保持部110に保持(設定)する。 【0069】このように、実施の形態2の送信電力制御
装置を用いた基地局装置によれば、既に更新された複数
回の目標SIR値の最大値と最小値との差が、予め定め
られた閾値を超える場合は、目標SIR値に下限値を設
け、目標SIR値が下限値以下に設定されないように制
御し、また、その差が閾値を超えない場合は、実施の形
態1で説明したと同様に通信品質に応じて目標SIR値
を増減する制御を行うようにした。 【0070】これによって、伝搬環境に起因する受信信
号品質の変動幅が大きい場合でも、更新される目標SI
R値が大幅に減少し、低い値となりすぎて所要受信SI
R値を満足することができないといった状態を防止する
ことができる。 【0071】言い換えれば、伝搬環境に起因する受信信
号品質の変動幅が大きい場合でも、更新される目標SI
R値が大幅に減少することが無いので、次に目標SIR
値を増加させた場合に、所要受信SIR値を満足させる
ことができる。 【0072】従って、伝搬環境に起因する受信信号品質
の変動幅が大きい場合でも、送信電力制御をその大きな
変動に追従させることができるので、所要通信品質を満
足することが可能となる。 【0073】また、伝搬環境の変動が大きく信号品質の
変動が大きな送信局に対して、所要SIR値にマージン
を設け目標SIR値を設定することによっても、上記の
下限値以下とならないように制御することと同様な効果
を得ることができる。 【0074】(実施の形態3)図7は、本発明の実施の
形態3に係る送信電力制御装置を用いた基地局装置の構
成を示すブロック図である。但し、この図7に示す実施
の形態3において図5の実施の形態2の各部に対応する
部分には同一符号を付し、その説明を省略する。 【0075】本実施の形態3の特徴は、移動速度の変動
幅の大きい送信局、即ち送信局伝搬環境の変動が大きく
信号品質の変動が大きな送信側の移動局装置に対して、
移動速度の変動幅に応じて目標SIR値の設定に下限を
設け、過度に目標SIR値を低く設定しないことによ
り、伝搬環境が急激に劣化したとしても、送信電力制御
を有効に作動させ所要通信品質を満足するようにしたこ
とにある。 【0076】図7に示す実施の形態3の基地局装置70
0が、実施の形態2の基地局装置500と異なる点は、
基地局装置500の構成要素に加え、復調部106と目
標SIR値制御部501との間に、移動速度推定部70
1を接続したことにある。 【0077】移動速度推定部701は、RAKE合成部
105の出力より移動局からの受信信号レベルの変動を
計測することによって、移動局装置の移動速度を推定
し、この移動速度を目標SIR値制御部501へ出力す
るものである。 【0078】また、目標SIR値制御部501は、ある
時間区間において推定された移動速度の最小値と最大値
の差である変動幅が、予め定められた閾値を超える場合
に、目標SIR値に下限(目標SIR下限値)を設け、
目標SIR値が目標SIR下限値以下に設定されないよ
うに制御する。また、その変動幅が閾値を超えない場合
は、実施の形態1で説明したと同様に通信品質に応じて
目標SIR値を増減する制御を行う。 【0079】次に、移動速度推定部701及び目標SI
R値制御部501の動作を図8のフロー図を参照して説
明する。 【0080】ステップST801において、移動速度推
定部701が、復調部106で復調された受信信号レベ
ルの変動から送信局装置の移動速度を推定する。 【0081】ステップST802において、目標SIR
値制御部501が、その推定された移動速度の変動幅を
検出し、ステップST803において、その変動幅を閾
値と比較する。 【0082】この結果、変動幅が閾値を超える場合は、
ステップST804において、目標SIR下限値を設定
する。超えない場合は、目標SIR下限値の設定は行わ
ない。 【0083】このように、実施の形態3の送信電力制御
装置を用いた基地局装置によれば、受信信号レベルの変
動から移動局装置の移動速度を推定し、この移動速度の
変動幅が閾値を超える場合に目標SIR下限値を設け、
目標SIR値が下限値以下に設定されないように制御
し、また、その差が閾値を超えない場合は、実施の形態
1で説明したと同様に通信品質に応じて目標SIR値を
増減する制御を行うようにした。 【0084】これによって、移動速度に起因する受信信
号品質の変動幅が大きい場合でも、更新される目標SI
R値が大幅に減少し、低い値となりすぎて所要受信SI
R値を満足することができないといった状態を防止する
ことができる。 【0085】言い換えれば、移動速度に起因する受信信
号品質の変動幅が大きい場合でも、更新される目標SI
R値が大幅に減少することが無い。 【0086】従って、移動速度に起因する受信信号品質
の変動幅が大きい場合でも、送信電力制御をその大きな
変動に追従させることができるので、所要通信品質を満
足することが可能となる。 【0087】また、移動速度の変動が大きく信号品質の
変動が大きな移動局装置に対して、所要SIR値にマー
ジンを設け目標SIR値を設定することによっても、上
記の下限値以下とならないように制御することと同様な
効果を得ることができる。 【0088】以上の説明した実施の形態1〜3では、基
地局装置に送信電力制御情報の生成手段が搭載され、移
動局装置に、その送信電力制御情報に応じた送信電力制
御手段が搭載されている構成を説明したが、逆に移動局
装置に送信電力制御情報の生成手段が搭載され、基地局
装置に、送信電力制御手段が搭載されている構成であっ
ても上記同様の効果を得ることができる。 【0089】また、目標及び所要SIR値の代わりに、
目標及び所要Eb/N0値を用いても良い。また、CD
MA方式だけでなく、TDMA(Time Division Multipl
e Access)方式やOFDM(Orthogonal Frequency Divis
ion Multiple)方式など他の変復調方式、マルチアクセ
ス方式を適用した装置にも同様に用いることができる。 【0090】更に目標SIR下限値又は所要SIR値に
加えるマージンの量は可変としてもよい。即ち目標SI
R値の変動、受信信号品質などを長期に観測し、適応的
に制御することも可能である。 【0091】 【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
受信SIR値と目標SIR値との比較による送信電力制
御時に目標SIR値の更新を行う場合、伝搬環境が急激
に劣悪になった場合でも、目標SIR値の更新遅れを防
止して通信品質を保証することができる。

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の実施の形態1に係る送信電力制御装置
を用いた基地局装置の構成を示すブロック図 【図2】実施の形態1に係る移動局装置の構成を示すブ
ロック図 【図3】実施の形態1に係る送信電力制御装置を用いた
基地局装置における目標SIR値設定動作を説明するた
めのフロー図 【図4】実施の形態1に係る送信電力制御装置を用いた
基地局装置における送信電力制御情報生成動作を説明す
るためのフロー図 【図5】本発明の実施の形態2に係る送信電力制御装置
を用いた基地局装置の構成を示すブロック図 【図6】実施の形態2に係る送信電力制御装置を用いた
基地局装置における目標SIR値設定動作を説明するた
めのフロー図 【図7】本発明の実施の形態3に係る送信電力制御装置
を用いた基地局装置の構成を示すブロック図 【図8】実施の形態3に係る送信電力制御装置を用いた
基地局装置における目標SIR下限値設定動作を説明す
るためのフロー図 【符号の説明】 107 受信SIR計測部 108 通信品質計測/目標SIR値設定部 109 SIR比較/情報生成部 110 目標SIR保持部 501 目標SIR値制御部 701 移動速度推定部

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) H04B 7/24 - 7/26 H04Q 7/00 - 7/38

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 受信SIR(希望信号電力対干渉電力
    比)値を計測する計測手段と、受信信号品質が所望品質
    よりも良ければ目標SIR値を予め定められた第1の値
    だけ減少させ、悪ければ前記目標SIR値を前記第1の
    値よりも大きな第2の値だけ増加させて設定する設定手
    段と、前記受信SIR値と前記設定された目標SIR値
    との差が無くなるように送信側に対して送信電力を増減
    する指示を行う送信電力制御情報を生成する生成手段
    と、を具備し、前記設定手段は、過去一定期間内の目標
    SIRの最大値と最小値との差が予め定められた閾値を
    超える場合には、目標SIR値に下限値を設け、目標S
    IR値が前記下限値以下に設定されないように制御する
    ことを特徴とする送信電力制御装置。 【請求項2】 移動局装置の移動速度を推定する推定手
    段と、前記移動速度の変動幅が閾値を超える場合に、目
    標SIR値に下限値を設け、目標SIR値が前記下限値
    以下に設定されないように制御する制御手段とを具備す
    ることを特徴とする請求項1記載の送信電力制御装置。 【請求項3】 設定手段は、所要SIR値にマージンを
    付加して目標SIR値とすることを特徴とする請求項1
    又は請求項に記載の送信電力制御装置。 【請求項4】 請求項1から請求項いずれかに記載の
    送信電力制御装置を具備することを特徴とする移動局装
    置。 【請求項5】 請求項1から請求項いずれかに記載の
    送信電力制御装置を具備することを特徴とする基地局装
    置。 【請求項6】 受信SIR(希望信号電力対干渉電力
    比)値を計測し、受信データ品質を計測し、前記受信デ
    ータ品質が所望品質よりも良ければ目標SIR値を所定
    値減少させ、悪ければ前記目標SIR値を前記所定値よ
    りも大きな値増加させて更新し、過去複数回の更新目標
    SIR値の最大値と最小値との差が予め定められた閾値
    を超える場合に目標SIR値に下限値を設け、目標SI
    R値が前記下限値以下に更新されないように制御し、
    の更新された目標SIR値と前記受信SIR値との差が
    無くなるように送信電力の増減を指示する情報を生成し
    て送信側へ送信することを特徴とする送信電力制御方
    法。 【請求項7】 送信移動局装置の移動速度を推定し、こ
    の推定された移動速度の変動幅が閾値を超える場合に目
    標SIR値に下限値を設け、目標SIR値が前記下限値
    以下に更新されないように制御することを特徴とする請
    求項記載の送信電力制御方法。
JP2000089279A 2000-03-28 2000-03-28 送信電力制御装置及び送信電力制御方法 Expired - Fee Related JP3480710B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000089279A JP3480710B2 (ja) 2000-03-28 2000-03-28 送信電力制御装置及び送信電力制御方法

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000089279A JP3480710B2 (ja) 2000-03-28 2000-03-28 送信電力制御装置及び送信電力制御方法
AU42752/01A AU4275201A (en) 2000-03-28 2001-03-22 Transmission power control device and transmission power control method
BR0105387A BR0105387A (pt) 2000-03-28 2001-03-22 Aparelho para controle de energia de transmissão e método para controle de energia de transmissão
PCT/JP2001/002287 WO2001073976A1 (en) 2000-03-28 2001-03-22 Transmission power control device and transmission power control method
EP20010915704 EP1182804A1 (en) 2000-03-28 2001-03-22 Transmission power control device and transmission power control method
CN 01800536 CN1162988C (zh) 2000-03-28 2001-03-22 发送功率控制装置和发送功率控制方法
KR10-2001-7015169A KR100440105B1 (ko) 2000-03-28 2001-03-22 송신 전력 제어 장치와 송신 전력 제어 방법, 이동국 장치 및 기지국 장치
US09/959,634 US6862458B2 (en) 2000-03-28 2001-03-22 Transmission power control apparatus and transmission power control method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001274748A JP2001274748A (ja) 2001-10-05
JP3480710B2 true JP3480710B2 (ja) 2003-12-22

Family

ID=18605055

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000089279A Expired - Fee Related JP3480710B2 (ja) 2000-03-28 2000-03-28 送信電力制御装置及び送信電力制御方法

Country Status (8)

Country Link
US (1) US6862458B2 (ja)
EP (1) EP1182804A1 (ja)
JP (1) JP3480710B2 (ja)
KR (1) KR100440105B1 (ja)
CN (1) CN1162988C (ja)
AU (1) AU4275201A (ja)
BR (1) BR0105387A (ja)
WO (1) WO2001073976A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7864658B2 (en) 2003-09-19 2011-01-04 Panasonic Corporation Multicarrier communication method and system, and communication apparatus incorporated therein

Families Citing this family (38)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4054550B2 (ja) * 2001-06-29 2008-02-27 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 送信電力制御方法及び装置
JP4005796B2 (ja) * 2001-11-30 2007-11-14 富士通株式会社 電力制御回路および無線送信装置
JP4147780B2 (ja) * 2002-02-12 2008-09-10 日本電気株式会社 品質しきい値設定方法及びそれを用いた通信制御装置
JP4423836B2 (ja) 2002-04-03 2010-03-03 日本電気株式会社 セルラシステム、通信制御方法及び移動局
CN1968540B (zh) * 2002-04-03 2015-09-16 日本电气株式会社 蜂窝系统、基站及移动台、以及通信控制方法
JP4025979B2 (ja) * 2002-04-24 2007-12-26 日本電気株式会社 Cdma移動通信方式における送信電力制御方法および無線基地局とcdma通信システム
JP2004056478A (ja) * 2002-07-19 2004-02-19 Fujitsu Ltd 送信電力制御支援装置、無線装置および無線端末装置
CN100469182C (zh) 2002-09-26 2009-03-11 Ut斯达康(中国)有限公司 一种基于误码率测量的自适应外环功率控制方法和系统
US7215929B2 (en) * 2002-10-08 2007-05-08 Nokia Corporation Method and apparatus for maintaining desired link quality when no data is transmitted on transport channels having quality targets
CN100386972C (zh) * 2002-11-26 2008-05-07 Ut斯达康(中国)有限公司 多业务复用情况下的外环功率控制方法
EP2530980B1 (en) 2003-03-18 2014-03-12 Fujitsu Limited Transmission power controller and radio base station
CN1833370B (zh) * 2003-07-30 2010-05-12 美商内数位科技公司 使用下链传输功率检测进行限制动态范围的下链功率控制
CN1969586B (zh) 2004-06-17 2011-11-09 株式会社Ntt都科摩 传输速率控制方法、发送功率控制方法、发送功率比控制方法、移动通信系统、移动台及无线基站
US7594151B2 (en) 2004-06-18 2009-09-22 Qualcomm, Incorporated Reverse link power control in an orthogonal system
US7197692B2 (en) 2004-06-18 2007-03-27 Qualcomm Incorporated Robust erasure detection and erasure-rate-based closed loop power control
US8452316B2 (en) 2004-06-18 2013-05-28 Qualcomm Incorporated Power control for a wireless communication system utilizing orthogonal multiplexing
KR100594987B1 (ko) 2004-09-14 2006-06-30 엘지노텔 주식회사 이동통신 시스템에서 기지국의 송신 전력 측정 장치
JP4665469B2 (ja) * 2004-09-15 2011-04-06 日本電気株式会社 携帯通信端末装置及び送信電力制御方法
JPWO2006035498A1 (ja) * 2004-09-29 2008-05-15 富士通株式会社 送信電力制御装置及び送信電力制御方法
JP4525292B2 (ja) * 2004-10-21 2010-08-18 日本電気株式会社 無線通信機および送信電力制御方法
JP5009805B2 (ja) * 2004-11-15 2012-08-22 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ 移動端末に関する装置の高速移動状態を検出する方法及び装置
KR100918761B1 (ko) 2005-01-06 2009-09-24 삼성전자주식회사 무선통신 시스템에서 상향링크 서비스를 위한 이득인자 설정 방법
US8942639B2 (en) 2005-03-15 2015-01-27 Qualcomm Incorporated Interference control in a wireless communication system
US8848574B2 (en) 2005-03-15 2014-09-30 Qualcomm Incorporated Interference control in a wireless communication system
US20060252451A1 (en) * 2005-05-06 2006-11-09 Cho Sung R Transmission power control device and method
WO2006135037A1 (ja) 2005-06-17 2006-12-21 Nec Corporation 通信制御方法及び通信制御システム並びにその制御プログラム
EP1941638A2 (en) 2005-10-27 2008-07-09 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for estimating reverse link loading in a wireless communication system
JP4761973B2 (ja) 2006-01-10 2011-08-31 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 無線制御装置及び送信電力制御方法
JP4317992B2 (ja) 2006-02-28 2009-08-19 沖電気工業株式会社 通信制御装置、通信制御方法、ノード及び通信システム
US7471442B2 (en) * 2006-06-15 2008-12-30 Qualcomm Mems Technologies, Inc. Method and apparatus for low range bit depth enhancements for MEMS display architectures
US8442572B2 (en) 2006-09-08 2013-05-14 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for adjustments for delta-based power control in wireless communication systems
US8670777B2 (en) 2006-09-08 2014-03-11 Qualcomm Incorporated Method and apparatus for fast other sector interference (OSI) adjustment
JP4859694B2 (ja) 2007-02-02 2012-01-25 三菱重工業株式会社 多段圧縮機
US8942636B2 (en) 2008-01-28 2015-01-27 Qualcomm Incorporated Adaptive transmission of resource utilization messages based on throughput
US8139528B2 (en) * 2008-01-28 2012-03-20 Qualcomm Incorporated Adaptive transmission of resource utilization messages
EP2749093B1 (en) * 2011-10-06 2017-06-14 Telefonaktiebolaget LM Ericsson (publ) Power controller, method, computer program and computer program product for controlling transmission power
US8849298B2 (en) * 2012-01-18 2014-09-30 Lg-Ericsson Co., Ltd. Transmit power setting method and mobile telecommunication system using the same
US9374191B2 (en) * 2012-05-17 2016-06-21 Apple Inc. Outer loop link adaptation for device resumption

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3014308B2 (ja) 1994-10-24 2000-02-28 エヌ・ティ・ティ移動通信網株式会社 移動通信システムにおける送信電力制御方法
US5873028A (en) 1994-10-24 1999-02-16 Ntt Mobile Communications Network Inc. Transmission power control apparatus and method in a mobile communication system
JP3660690B2 (ja) * 1996-06-27 2005-06-15 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 送信電力制御装置
US5946346A (en) * 1997-10-07 1999-08-31 Motorola, Inc. Method and system for generating a power control command in a wireless communication system
JP3355295B2 (ja) 1997-11-13 2002-12-09 松下電器産業株式会社 送信電力制御方法及び送受信装置
RU2222117C2 (ru) 1998-04-08 2004-01-20 Нокиа Мобайл Фоунс Лтд Способ и система для управления мощностью передачи отдельных частей радиопередачи
JP3358565B2 (ja) 1998-11-02 2002-12-24 日本電気株式会社 送信電力制御方法、送信電力制御装置、移動局、基地局及び制御局
JP3817955B2 (ja) * 1999-03-02 2006-09-06 Kddi株式会社 セルラーシステム送信電力制御方法
DE69939632D1 (de) * 1999-07-13 2008-11-06 Alcatel Lucent Verfahren zur Leistungssteigerung eines mobilen Radiokommunikationssystems unter Verwendung eines Leistungsregelungs-Algorithmus

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7864658B2 (en) 2003-09-19 2011-01-04 Panasonic Corporation Multicarrier communication method and system, and communication apparatus incorporated therein

Also Published As

Publication number Publication date
US6862458B2 (en) 2005-03-01
BR0105387A (pt) 2002-02-19
US20020160799A1 (en) 2002-10-31
CN1364356A (zh) 2002-08-14
AU4275201A (en) 2001-10-08
CN1162988C (zh) 2004-08-18
EP1182804A1 (en) 2002-02-27
JP2001274748A (ja) 2001-10-05
WO2001073976A1 (en) 2001-10-04
KR100440105B1 (ko) 2004-07-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
ES2224129T3 (es) Regulacion de potencia de una emisora a distancia en un sistema de comunicacion amdc.
EP0801856B1 (en) Spread-spectrum system and method for adaptive power control in a cellular communication network
JP4290212B2 (ja) 移動局の通信状態におけるアンテナ調整システムおよび方法
US5267262A (en) Transmitter power control system
JP2968706B2 (ja) 移動無線機
CN1113506C (zh) 具有增强的载波检测装置的无线局域网
US7801563B2 (en) Radio base station apparatus and radio communication method
US5983113A (en) CDMA communication system using orthogonal code
JP3369176B2 (ja) 二重電力制御
CA2614467C (en) Suppression of interferences between cells
US7454181B2 (en) Multi-antenna receive diversity control in wireless communications
CN1893306B (zh) 无线通信系统、移动站和基站装置及发送功率控制方法
JP4536933B2 (ja) Cdma移動体通信システムにおける電力制御
KR100397100B1 (ko) Cdma 이동통신 시스템, 기지국, 이동국 및 소프트 핸드오버 동안의 통신 제어 방법
JP4508427B2 (ja) 無線通信システム
US6400700B1 (en) CDMA cellular radio transmission system
CN1185881C (zh) 发射功率控制方法及相关基站和移动站
JP3440076B2 (ja) 無線インフラ装置
JP3355295B2 (ja) 送信電力制御方法及び送受信装置
CA2377060C (en) Method and apparatus for determining a reverse link transmission rate in a wireless communication system
JP2785804B2 (ja) 移動通信システム
RU2158481C2 (ru) Способ и устройство для балансировки границы передачи связи в прямой линии связи с границей передачи связи в обратной линии связи в системе сотовой связи
KR100786909B1 (ko) 셀룰러 시스템, 기지국 및 이동국 및 통신 제어 방법
EP2101536B1 (en) Method and apparatus for controlling transmission power in a CDMA cellular mobile telephone system
KR100314474B1 (ko) 송신 전력 제어 장치 및 그 방법과 무선 통신 장치 및 그 방법

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071010

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081010

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees