JP3452487B2 - 柱構造および柱の補強方法 - Google Patents

柱構造および柱の補強方法

Info

Publication number
JP3452487B2
JP3452487B2 JP14551798A JP14551798A JP3452487B2 JP 3452487 B2 JP3452487 B2 JP 3452487B2 JP 14551798 A JP14551798 A JP 14551798A JP 14551798 A JP14551798 A JP 14551798A JP 3452487 B2 JP3452487 B2 JP 3452487B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
joint groove
anchor
column
sleeve wall
reinforcing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP14551798A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH11336252A (ja
Inventor
弘幸 都祭
雄高 正田
康成 三浦
純一 藤本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Penta Ocean Construction Co Ltd
Original Assignee
Penta Ocean Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Penta Ocean Construction Co Ltd filed Critical Penta Ocean Construction Co Ltd
Priority to JP14551798A priority Critical patent/JP3452487B2/ja
Publication of JPH11336252A publication Critical patent/JPH11336252A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3452487B2 publication Critical patent/JP3452487B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は柱構造および柱の補
強方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】現在、既存建物の耐震補強を行う場合、
居住者の日常生活や、通常の業務に影響を与えずに、居
住者が建物を使用しながら改修工事が行われることが多
くなっている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記のような
既存建物における耐震補強は、生活者の居住空間におい
て大がかりな工事を長期間にわたって行うため、個人の
プライバシーが侵害されるなどの問題があった。
【0004】本発明は上記のような問題に鑑みてなされ
たものであり、その目的は、耐震補強工事を簡単でかつ
短期間に行うことである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記のような課題を解決
するための手段は、請求項1の発明が、既存柱に被覆さ
れた鋼板または炭素繊維材からなる補強材には、適宜間
隔ごとに突設されたアンカー筋と、該アンカー筋に配
筋されたスパイラル筋とからなる接続筋が設けられ、該
接続筋が既存柱に接合された袖壁の接合溝に嵌入され、
該接合溝には固化材が充填され、接合溝内に露出したあ
ばら筋の一部がアンカー筋の間に配筋されたことを特徴
とする。
【0006】補強材袖壁によって既存柱が十分に補
強される。また鋼板または炭素繊維材からなる補強材に
より、既存柱の全面を被覆しなくとも十分な補強が可能
となる。またアンカー筋とスパイラル筋とによって袖壁
との接合を強固にするとともに、袖壁の接合部における
割裂破壊を防ぐ。またあばら筋と接合筋とにより、袖壁
と既存柱が強固に接合される。
【0007】また請求項2の発明が、適宜間隔ごとに突
設されたアンカー筋と、該アンカー筋に配筋されたス
パイラル筋とからなる接続筋が設けられた補強材で既存
柱を被覆し、該既存柱との接続面に接合溝が形成され、
該接合溝内にあばら筋の一部が露出したプレキャスト製
の袖壁を、前記接続筋が接合溝内に嵌入されるように既
存柱の側面に当接させて、あばら筋の一部をアンカー筋
の間に配筋した後、前記接合溝内には袖壁の上部から、
補強材と既存柱との間には補強材の上部からそれぞれ固
化材を注入することを特徴とする。
【0008】耐震補強工事が大がかりにならずに簡単で
かつ短期間に行える。また接合溝内へのモルタルの充填
が容易かつ万遍なく行える。
【0009】
【0010】
【0011】
【0012】
【0013】
【0014】
【0015】
【0016】
【0017】
【0018】
【0019】
【発明の実施の形態】以下、本発明の柱構造および柱の
補強方法の実施の形態を図面に基づいて詳細に説明す
る。はじめに柱構造を図1および図2により説明し、そ
の後に柱の補強方法を図3〜図5により説明する。図1
は柱構造の正面図、図2は図1のA−A線断面図であ
る。
【0020】図1は上下の梁1間における既存柱(以下
柱という)2にプレキャスト製の袖壁(以下PC袖壁と
いう)3を取り付けた柱構造を示し、柱2の対向面に補
強材4としての平面コ字形の鋼板5が嵌め合わされ、そ
の突合せ部が炭素繊維材6で接合されて柱2全面が覆わ
れ、前記鋼板5と柱2の間に無収縮モルタルなどの固化
材7が充填されている。
【0021】前記鋼板5には、適宜間隔ごとに突設され
たアンカー筋8と、該アンカー筋8間に配筋されたスパ
イラル筋9とからなる接続筋10が設けられている。そ
して、この接続筋10を接合溝11内に嵌入するように
してPC袖壁3が柱2に接合され、前記接合溝11内に
は無収縮モルタルなどの固化材7が充填されている。ま
た接合溝11内に露出したあばら筋12の一部はアンカ
ー筋8間に配筋されてPC袖壁3の柱2への接合をより
強固にしている。このように柱2は補強材4およびPC
袖壁3によって耐震補強されている。
【0022】なお、前記補強材4は鋼板5に限定される
ものではなく、炭素繊維材6を柱2の全面または柱2の
一部に巻き付けてもよい。またアンカー筋8間にスパイ
ラル筋9を配筋したことによりPC袖壁3の割裂を防ぐ
ことができる。なお、前記袖壁はPC袖壁3に限定され
ず、現場打ちコンクリートにより構築することもでき
る。
【0023】次に、柱の補強方法を図3〜図5に基づい
て説明する。まず図3および図4に示すような平面コ字
形の鋼板13とPC袖壁14をそれぞれ形成しておく。
前記鋼板13は既存柱(以下柱という)15の外面に嵌
合される大きさであり、あらかじめアンカー筋16が適
宜間隔ごとにボルト17で固定されている。
【0024】一方、PC袖壁14は柱15との当接面側
に平面コ字形の接合溝18が形成され、該接合溝18に
はあばら筋19の一部が露出している。またPC袖壁1
4と鋼板13の先端上部には無収縮モルタルなどの固化
材を注入する注入口20a、20bが設けられている。
【0025】この鋼板13を図5の(1)に示すよう
に、柱15の対向面に嵌め合わせて、先端部同士を突き
合わせる。そして同図の(2)に示すように、突合せ部
を炭素繊維材21で接合することにより柱15全面が鋼
板13で覆われることとなるが、該鋼板13と柱15の
間には僅かな間隙部22が形成されている。
【0026】次ぎに、同図の(3)に示すように、アン
カー筋16間にスパイラル筋23を配筋して接続筋24
を形成し、該接続筋24を接合溝18内に嵌入するよう
にしてPC袖壁14を鋼板13に当接すると、あばら筋
19の一部が接続筋24に配筋され、鋼板13との一体
化がより強固になる。
【0027】そして、PC袖壁14の接合溝18内と、
鋼板13と柱15の間隙部22とにそれぞれの注入口2
0a、20bから無収縮モルタルなどの固化材25を充
填して養生することにより、図1に示すような、柱構造
が構築される。
【0028】このように本発明は、あらかじめ準備され
た鋼板13やPC袖壁14をそれぞれ柱15に取り付け
ることにより、該柱15の耐震補強が簡単に行え、現場
作業をより簡略化して工期の短縮を図ることができる。
【0029】
【発明の効果】補強材および袖壁によって既存柱が十分
に補強される。
【0030】袖壁をプレキャスト製にしたことにより、
袖壁の構築精度が向上する。
【0031】補強材を鋼板にしたことにより、既存柱を
十分に被覆することが可能となる。また補強材を炭素繊
維材にしたことにより、既存柱の全面を被覆しなくとも
十分な補強が可能となる。
【0032】アンカー筋とスパイラル筋とによって袖壁
との接合を強固にするとともに、袖壁の接合部における
割裂破壊を防ぐ。
【0033】あばら筋と接合筋により、袖壁と既存柱が
より強固に接合される。
【0034】耐震補強工事が大がかりにならずに簡単で
かつ短期間に行える。
【0035】接合溝内へのモルタルの充填が容易に行え
るとともに、接合溝内全体にわたって万遍なく充填でき
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】柱構造の正面図である。
【図2】図1のA−A線断面図である。
【図3】(1)は鋼板の断面図、(2)は(1)の正面
図である。
【図4】(1)はPC袖壁の横断面図、(2)は同縦断
面図である。
【図5】(1)は柱に鋼板を嵌め合わせる断面図、
(2)は鋼板の突合せ部を接合する断面図、(3)は柱
にPC袖壁を接合する断面図である。
【符号の説明】
1 梁 2、15 柱 3、14 PC袖壁 4 補強材 5、13 鋼板 6、21 炭素繊維材 7、25 固化材 8、16 アンカー筋 9、23 スパイラル筋 10、24 接続筋 11、18 接合溝 12、19 あばら筋 17 ボルト 20a、20b 注入口
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 藤本 純一 栃木県那須郡西那須野町四区町1534−1 五洋建設技術研究所内 (56)参考文献 特開 平9−268774(JP,A) 特開 平9−158127(JP,A) 特開 平9−67939(JP,A) 実公 昭47−10118(JP,Y1) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E04G 23/02

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 既存柱に被覆された鋼板または炭素繊維
    材からなる補強材には、適宜間隔ごとに突設されたアン
    カー筋と、該アンカー筋に配筋されたスパイラル筋と
    からなる接続筋が設けられ、該接続筋が既存柱に接合さ
    れた袖壁の接合溝に嵌入され、該接合溝には固化材が充
    填され、接合溝内に露出したあばら筋の一部がアンカー
    筋の間に配筋されたことを特徴とする柱構造。
  2. 【請求項2】 適宜間隔ごとに突設されたアンカー筋
    と、該アンカー筋に配筋されたスパイラル筋とからな
    る接続筋が設けられた補強材で既存柱を被覆し、該既存
    柱との接続面に接合溝が形成され、該接合溝内にあばら
    筋の一部が露出したプレキャスト製の袖壁を、前記接続
    筋が接合溝内に嵌入されるように既存柱の側面に当接さ
    せて、あばら筋の一部をアンカー筋の間に配筋した後、
    前記接合溝内には袖壁の上部から、補強材と既存柱との
    間には補強材の上部からそれぞれ固化材を注入すること
    を特徴とする柱の補強方法。
JP14551798A 1998-05-27 1998-05-27 柱構造および柱の補強方法 Expired - Fee Related JP3452487B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14551798A JP3452487B2 (ja) 1998-05-27 1998-05-27 柱構造および柱の補強方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14551798A JP3452487B2 (ja) 1998-05-27 1998-05-27 柱構造および柱の補強方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11336252A JPH11336252A (ja) 1999-12-07
JP3452487B2 true JP3452487B2 (ja) 2003-09-29

Family

ID=15387072

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14551798A Expired - Fee Related JP3452487B2 (ja) 1998-05-27 1998-05-27 柱構造および柱の補強方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3452487B2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN112031228B (zh) * 2020-08-17 2021-08-31 浙江舜杰建筑集团股份有限公司 Pc外挂墙板连接结构及pc外挂墙板的安装方法
CN112922379B (zh) * 2021-01-25 2022-06-07 浙江鼎固建筑技术有限公司 一种建筑加固方法

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS4710118Y1 (ja) * 1970-11-14 1972-04-15
JP3034187B2 (ja) * 1995-09-01 2000-04-17 戸田建設株式会社 既存建造物の補強構造
JP3258549B2 (ja) * 1995-12-07 2002-02-18 三菱重工業株式会社 橋脚補強部とフーチングとの取り合い構造
JP3183160B2 (ja) * 1996-04-02 2001-07-03 株式会社大林組 既存柱の補強方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH11336252A (ja) 1999-12-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7676997B1 (en) Tendon tensioning anchor system having polymeric encapsulation with reduced shrinkage effects
KR101045805B1 (ko) 내부구속 중공 콘크리트 충전유닛을 사용한 조립식 교각 및그 시공방법
CN109235637A (zh) 一种大跨度装配式结构自平衡榫-预应力组合连接节点
JP4227557B2 (ja) 既設コンクリート壁の増し打壁工法及び増し打壁構造
CN208105474U (zh) 一种上、下内墙与楼板的装配节点
JP2004324216A (ja) 高架橋およびその施工方法
JP3700102B2 (ja) 建築物の基礎構造
JP2522714B2 (ja) 建築物躯体の施工法
JP3452487B2 (ja) 柱構造および柱の補強方法
JP2004100157A (ja) 擁壁構造およびそのための施工方法
JP2001303584A (ja) 基礎杭頭部とフーチングの結合構造
Englekirk Seismic design considerations for precast concrete multistory buildings.
JPH0518003A (ja) 鋼管コンクリート柱とハーフプレキヤスト鉄筋コンクリート柱の接合方法。
JP2831934B2 (ja) 下部構造物の構築方法
JP3444785B2 (ja) 柱構造および柱の補強方法
JPH08144425A (ja) 混合構造物のプレハブ部材及び混合構造物の構築方法
JP3029343U (ja) 露出型弾性固定柱脚工法におけるモルタル材注入用型枠具
CN211974016U (zh) 一种预制构件连接节点结构
JP3275017B2 (ja) プレキャスト部材を使用したケーソンの製作方法
JPH09317198A (ja) 既存建築物の補強構造
CN209443571U (zh) 一种大跨度装配式结构自平衡榫-预应力组合连接节点
JP2833764B2 (ja) 鉄骨柱の柱脚固定工法
JP2003336403A (ja) 既存構造物の改築工法並びにこの改築工法により構築された構造物
JPH10325212A (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート柱構成用プレキャスト柱体
JP3311862B2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート柱の接合構造

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees