JP3433072B2 - 空気調和機 - Google Patents

空気調和機

Info

Publication number
JP3433072B2
JP3433072B2 JP29735097A JP29735097A JP3433072B2 JP 3433072 B2 JP3433072 B2 JP 3433072B2 JP 29735097 A JP29735097 A JP 29735097A JP 29735097 A JP29735097 A JP 29735097A JP 3433072 B2 JP3433072 B2 JP 3433072B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
flaps
conditioned
indoor unit
unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP29735097A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH11132541A (ja
Inventor
義紀 中山
公一 松本
知典 礒部
浩一 青石
円 落合
道久 栗田
Original Assignee
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三洋電機株式会社 filed Critical 三洋電機株式会社
Priority to JP29735097A priority Critical patent/JP3433072B2/ja
Publication of JPH11132541A publication Critical patent/JPH11132541A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3433072B2 publication Critical patent/JP3433072B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F24HEATING; RANGES; VENTILATING
    • F24FAIR-CONDITIONING; AIR-HUMIDIFICATION; VENTILATION; USE OF AIR CURRENTS FOR SCREENING
    • F24F1/00Room units for air-conditioning, e.g. separate or self-contained units or units receiving primary air from a central station
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B30/00Energy efficient heating, ventilation or air conditioning [HVAC]
    • Y02B30/70Efficient control or regulation technologies, e.g. for control of refrigerant flow, motor or heating

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、室内ユニットが設
けられている被空調室内の空気調和を図る空気調和機に
関する。詳細には、吹出し口に設けた左右フラップの往
復移動によって水平方向に沿った所定の範囲へ向けて空
調風を吹き出す空気調和機に関する。
【0002】
【従来の技術】空気調和機(以下「エアコン」と言う)
は、被空調室内に設けられている室内機(室内ユニッ
ト)の熱交換器を通過することによって温調された空気
を空調風として被空調室内へ吹き出すことにより、被空
調室内の空気調和を図っている。
【0003】このようなエアコンでは、エアコンの運転
操作を行うリモコンスイッチに温度センサを設け、主に
このリモコンスイッチの温度センサによって検出した温
度が設定温度となるように空調風の温度及び風量を制御
するようにしたものがある。すなわち、リモコンスイッ
チは、被空調室内に居る人が操作するものであり、この
リモコンスイッチの温度センサによって検出する温度が
被空調室内に居る人の体感温度に近い。したがって、リ
モコンスイッチの温度センサによって検出する温度が設
定温度となるように空調することにより、被空調室内が
快適と感じられる空調状態とすることができる。
【0004】また、エアコンでは、温度センサによって
検出した被空調室内の温度が設定温度となるように空調
風の温度を制御すると共に、風量が自動に設定されてい
るときには、吹き出し口から吹き出される空調風の風量
も制御するようになっている。例えば、設定温度と被空
調室内の温度の温度差が大きければ風量を増加させて、
被空調室内の温度が迅速に設定温度に近づくようにし、
被空調室内の温度が設定温度に近づくに連れて風量を減
少させて、被空調室内の温度変化が緩やかになるように
している。
【0005】このようなエアコンには、吹き出し口に上
下フラップが設けられており、上下フラップをスイング
させることにより、風向を上下方向に変化させる。この
上下フラップのスイングにより、室内ユニットの近傍か
ら室内ユニットから離れた位置へ向けて満遍無く空調風
が吹き付けられるようになっている。
【0006】また、エアコンでは、左右フラップが設け
られており、この左右フラップによって空調風の吹き出
し方向を水平方向に変化させることができるようになっ
ている。
【0007】ところで、エアコンには、駆動手段によっ
て左右フラップの向きを変えるスイングを行うものがあ
る。左右フラップをスイングさせることにより、水平方
向に沿って広範囲に空調を行うことができる。
【0008】しかしながら、左右フラップをスイングさ
せることにより、クロスフローファンから吹き出し口に
至る通気抵抗が変化する。すなわち、室内ユニットの正
面ではなく、横方向へ向けて空調風を吹出そうとするた
めに、左右フラップを傾けることにより、この左右フラ
ップが空調風の通気抵抗となって、吹出し口から吹出さ
れる空調風の風量を低下させてしまう。
【0009】一方、左右フラップをスイングさせて被空
調室内の広い領域を空調しようとしても、吹出し口から
略均一な風量で空調風を吹出した場合、室内ユニットか
ら離れた位置では、実質的な空調風の風量が低下するこ
とになる。このため、必ずしも広い領域を快適な空調状
態に保つことは困難となっていた。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記事実を考
慮してなされたものであり、フラップをスイングさせて
風向を変化させながら空調を行うときに、所定の領域内
の何れでも快適な空調感が得られる空気調和機を提案す
ることを目的とする。
【0011】
【課題を解決するための手段】請求項1に係る発明は、
室内ユニットの吹出し口に設けたフラップの向きを左右
方向へ往復移動させることにより水平方向に沿った所定
の範囲へ向けて空調風を吹出して被空調室内を空調する
空気調和機であって、被空調室内で、通常空調を行う領
域と異なる領域で、必要に応じて空調を行いたい領域に
取り付けられ、周囲の人の有無の検出を行い、人を検知
している間は、予め設定されている取り付けられた位置
に対する前記室内ユニットの位置に応じて位置信号を送
出するリモコンセンサスイッチと、前記左右フラップの
向きを往復移動させると共に所定の向きに固定するフラ
ップ駆動手段と、前記吹き出し口から吹き出される空調
風を発生させるクロスフローファンと、前記クロスフロ
ーファンを所定の回転数で駆動するファン駆動手段と、
前記吹き出し口から吹き出される空調風の風量を設定す
る風量設定手段と、前記風量設定手段によって設定され
た風量を前記フラップ駆動手段による前記左右フラップ
の向きに応じて補正する風量補正手段と、リモコンセン
サスイッチからの信号に基づいて左右フラップの往復移
動の中心となるイニシャル位置及び往復移動範囲の設定
を行い、前記風量補正手段によって補正された風量に基
づいて前記フラップ駆動手段ないし前記ファン駆動手段
の作動を制御する制御手段と、を含むことを特徴とす
る。
【0012】この発明によれば、必要に応じて空調を行
いたい領域に、周囲の人の有無を検出するリモコンセン
サスイッチが取り付けられており、リモコンセンサスイ
ッチで人を検知している間は、リモコンセンサスイッチ
に対する室内ユニットの位置信号を送出するようになっ
ている。制御手段では、このリモコンセンサスイッチか
らの信号に基づいて左右フラップのイニシャル位置及び
往復移動範囲の設定を行う。よって、リモコンセンサス
イッチで人を検知している間は、リモコンセンサスイッ
チが取り付けられた位置が空調領域となるように左右フ
ラップが往復移動し、リモコンセンサスイッチの検知状
態によって空調領域を変更できる。また、風量補正手段
が左右フラップの向きに応じて空調風の風量を補正す
る。吹出し口の向きによっては、空調したい領域が室内
ユニットから離れる。
【0013】このとき、吹出し口から吹出される空調風
の向きによって風量を補正することにより、室内ユニッ
トに近い領域は勿論、室内ユニットから離れた領域へも
適切な風量の空調風を吹出すことができ、広い領域を快
適な空調状態に保つことができる。
【0014】また、吹出し口に設けられる左右フラップ
は、向きによって空調風の通気抵抗となり、吹出し口か
ら吹出される風量を減少させるが、左右フラップの向き
による通気抵抗の増加に応じて風量を補正することによ
り、空調風の風向に拘わらず、略均一な風量の空調風を
吹出すことができる。
【0015】請求項2に係る発明は、前記風量補正手段
が前記クロスフローファンの回転速度を補正し、前記制
御手段が補正された回転数に応じて前記ファン駆動手段
を作動させることを特徴とする。
【0016】この発明によれば、左右フラップの向きに
応じてクロスフローファンの回転数を補正する。クロス
フローファンの回転数を補正する簡単な制御で吹出し口
から吹出される風量を正確に補正することができる。
【0017】なお、風量を補正する方法としては、左右
フラップをスイングさせているときに限り、左右フラッ
プのスイング速度(左右フラップの傾きの単位時間当た
りの変化量)を変える方法を用いても良い。
【0018】請求項3に係る発明は、前記風量補正手段
が、前記左右フラップの往復移動位置に応じてあらかじ
め設定されている補正値を記憶する記憶手段を含むこと
を特徴とする。
【0019】この発明によれば、左右フラップの向きに
応じた補正値を記憶する記憶手段を設けている。これに
より、左右フラップの向きを検出するか、左右フラップ
の向きを設定するデータに基づいて、風量の補正を簡単
に行うことができる。
【0020】また、記憶手段に複数の補正値を記憶させ
ることにより、空調を行う被空調室の形状等に応じた適
切な空調風を吹出すことができる。
【0021】
【発明の実施の形態】以下に本発明の一実施の形態を説
明する。
【0022】図2には、本発明を適用した空気調和機
(以下「エアコン10」という)の冷凍サイクルを示し
ている。このエアコン10は、被空調室に設置される室
内ユニット12と室外に設置される室外ユニット14に
よって構成されており、室内ユニット12と室外ユニッ
ト14とは、冷媒を循環させる太管の冷媒配管16A
と、細管の冷媒配管16Bとで接続されている。
【0023】室内ユニット12には、熱交換器18が設
けられており、冷媒配管16A、16Bのそれぞれの一
端がこの熱交換器18に接続されている。また、冷媒配
管16Aの他端は、室外ユニット14のバルブ20Aに
接続されている。このバルブ20Aは、マフラー22A
を介して四方弁24に接続されている。この四方弁24
は、アキュムレータ28を介して及びマフラー22Bを
介してコンプレッサ26に接続されている。
【0024】さらに、室外ユニット14には、熱交換器
30が設けられている。この熱交換器30は、一方が四
方弁24に接続され、他方がキャピラリチューブ32、
ストレーナ34、モジュレータ38を介してバルブ20
Bに接続されている。また、ストレーナ34とモジュレ
ータ38の間には、電動膨張弁36が設けられ、バルブ
20Bには、冷媒配管16Bの他端が接続されている。
これによって、室内ユニット12と室外ユニット14の
間に冷凍サイクルを形成する冷媒の密閉された循環路が
構成されている。
【0025】エアコン10は、コンプレッサ26の運転
によってこの冷凍サイクル中を冷媒が循環されることに
より冷房または暖房運転が可能となっている。
【0026】すなわち、冷房モードでは、コンプレッサ
26によって圧縮された冷媒が熱交換器30へ供給され
ることにより液化され、この液化された冷媒が室内ユニ
ット12の熱交換器18で気化することにより、熱交換
器18を通過する空気を冷却する。また、暖房モードで
は、逆に、コンプレッサ26によって圧縮された冷媒
が、室内ユニット12の熱交換器18で凝縮されること
により放熱し、この冷媒が放熱した熱で熱交換器18を
通過する空気を加熱する。
【0027】図2では矢印によって暖房運転時(暖房モ
ード)と冷房運転時(冷房モードまたはドライモード)
の冷媒の流れを示しており、四方弁24の切り換えによ
って、運転モードが冷房モード(含むドライモード)と
暖房モードが切り換えられ、電動膨張弁36の弁開度を
制御することにより、冷媒の蒸発温度が調整される。な
お、本発明は、任意の構成の空気調和機に適用すること
ができ、エアコン10はその一例を示している。
【0028】図3に示されるように、室内ユニット12
は、吸込み口48と吹出し口50が形成されたケーシン
グ42内に熱交換器18が設けられている。このケーシ
ング42は、ベース板40によって被空調室の壁面等へ
固定される。
【0029】このケーシング42内には、熱交換器18
と吸込み口48の間にクロスフローファン44とフィル
タ46が配置されており、クロスフローファン44の作
動によって室内の空気がケーシング42内へ吸引され、
フィルタ46及び熱交換器18を通過した後、吹出し口
50から室内へ吹き出される。このとき、ケーシング4
2内に吸込まれた空気が熱交換器18を通過することに
より、熱交換器18内を循環される冷媒との間で熱交換
が行われ、室内を空調する温調された空気(空調風)と
なる。
【0030】室内ユニット12の吹出し口50には、左
右フラップ52と共に上下フラップ54が設けられてお
り、左右フラップ52及び上下フラップ54によって、
吹出し口50から吹き出される空調風の向きが変えられ
る。すなわち、吹出し口50から吹出される空調風は、
上下フラップ54によって上下方向へ偏向され、左右フ
ラップ52により左右方向(水平方向)へ偏向される。
エアコン10では、この左右フラップ52及び上下フラ
ップ54の向きを制御することにより、吹出し口50か
ら任意の方向へ向けて空調風を吹出すことができるよう
になっている。
【0031】図4に示されるように、室内ユニット12
には、電源基板56、コントロール基板58及びパワー
リレー基板60が設けられている。エアコン10を運転
するための電力が供給される電源基板56には、モータ
電源62、制御回路電源64、シリアル電源66及び駆
動回路68が設けられている。また、コントロール基板
58には、シリアル回路70、駆動回路72及びマイコ
ン74が設けられている。
【0032】電源基板56の駆動回路68には、クロス
フローファン44を駆動するファンモータ76(例えば
DCブラシレスモータ)が接続されており、コントロー
ル基板58に設けられているマイコン74からの制御信
号に応じてモータ電源62から駆動電力を供給する。こ
のとき、マイコン74は、駆動回路68からの出力電圧
を12V〜36Vの範囲で256ステップで変化させる
ように制御する。これによって、室内ユニット12の吹
出し口50から吹き出される空調風の風量が調整され
る。
【0033】コントロール基板58の駆動回路72に
は、パワーリレー基板60、左右フラップ52を操作す
る左右フラップモータ77及び上下フラップ54を操作
する上下フラップモータ78が接続されている。パワー
リレー基板60には、パワーリレー80と温度ヒューズ
等が設けられており、マイコン74からの信号によっ
て、パワーリレー80を操作し、室外ユニット14へ電
力を供給するための接点80Aを開閉する。エアコン1
0は、接点80Aが閉じられることにより、室外ユニッ
ト14への電力の供給が可能となる。
【0034】左右フラップモータ77及び上下フラップ
モータ78は、マイコン74の制御信号に応じて制御さ
れて、左右フラップ52及び上下フラップ54のそれぞ
れを操作する。
【0035】エアコン10では、左右フラップモータ7
7が作動することにより、左右フラップ52が室内ユニ
ット12に向かって左右方向(水平方向)に往復移動
(左右スイング)される。これにより、吹出し口50か
ら吹出される空調風の吹出し方向が水平方向に偏向され
る。また、エアコン10では、上下フラップモータ78
の作動により、上下フラップ54が上下方向に移動(上
下スイング)され、これにより、吹出し口50から吹出
される空調風が上下方向に偏向される。左右フラップ5
2及び上下フラップ54は、往復移動範囲内の任意の位
置で固定可能となっており、これにより、所望の領域へ
向けて空調風を吹出すことができるようになっている。
【0036】なお、図9に示されるように、エアコン1
0では、通常、室内ユニット12の正面を中心に左右方
向に角度θ0 (全体として角度2θ0 )の範囲で風向を
変化するように左右フラップ52が制御される。また、
エアコン10では、この角度2θ0 を、例えば、従来約
90°の範囲であったのに対して100°〜120°と
広くなるように設定されている。
【0037】エアコン10の室内ユニット12では、ク
ロスフローファン44の回転と左右フラップ52及び上
下フラップ54の操作が制御されることにより、所望の
風量及び風向または室内を快適にするために制御された
風量及び風向で空調された空気を室内へ吹出す。
【0038】図4に示されるように、マイコン74及び
電源回路56のシリアル電源66に接続されているシリ
アル回路70は、室外ユニット14へ接続されており、
マイコン74は、このシリアル回路70を介して室外ユ
ニット14との間でシリアル通信を行い、室外ユニット
14の作動を制御するようになっている。
【0039】また、室内ユニット12には、リモコンス
イッチ120(図1参照)からの操作信号を受信する受
信回路及び運転表示用の表示LED等を備えた表示基板
82が設けられており、この表示基板82がマイコン7
4に接続されている。図1に示されるように、表示基板
82の表示部82Aは、ケーシング42の前面に配置さ
れており、この表示部82Aにリモコンスイッチ120
から送出される操作信号を受信する受信部が設けられて
いる。これにより、リモコンスイッチ120を表示部8
2Aへ向けて操作することにより、リモコンスイッチ1
20からの操作信号がマイコン74に入力される。
【0040】図4に示されるように、マイコン74に
は、室内温度を検出する室温センサ84及び熱交換器1
8のコイル温度を検出する熱交温度センサ86が接続さ
れ、さらに、コントロール基板58に設けられているサ
ービスLED及び運転切換スイッチ88が接続されてい
る。運転切換スイッチ88は、「通常運転」とメンテナ
ンス時等に行う「試験運転」との切換及び、電源スイッ
チ88Aの接点を開放してエアコン10への運転電力の
供給を遮断する「停止」に切換えられる。通常、この運
転切換スイッチ88は、「通常運転」に設定され電源ス
イッチ88Aの接点が閉じられている。なお、サービス
LEDは、メンテナンス時に点灯操作することにより、
サービスマンに自己診断結果を知らせるようになってい
る。
【0041】室内ユニット12には、室外ユニット14
との間の配線が接続される端子台90が設けられてい
る。この端子台90のターミナル90A、90B、90
Cには、室内ユニット12から室外ユニット14へ供給
する電源用の配線と、室内ユニット12と室外ユニット
14の間でシリアル通信を行うための配線が接続されれ
る。
【0042】図5に示されるように、室外ユニット14
には、端子台92が設けられており、この端子台92の
ターミナル92A、92B、92Cがそれぞれ室内ユニ
ット12の端子台90のターミナル90A、90B、9
0Cに接続される。
【0043】この室外ユニット14には、整流基板9
4、コントロール基板96が設けられている。コントロ
ール基板96には、マイコン98、ノイズフィルタ10
0A、100B、100C、シリアル回路102及びス
イッチング電源104等が設けられている。
【0044】整流基板94には、ノイズフィルタ100
Aを介して供給される電力を倍電圧整流し、ノイズフィ
ルタ100B、100Cを介して平滑化した直流電力を
スイッチング電源104へ出力する。スイッチング電源
104は、マイコン98と共にインバータ回路106に
接続されており、このインバータ回路106がコンプレ
ッサモータ108に接続されている。インバータ回路1
06は、マイコン98から出力される制御信号に応じた
周波数の電力をコンプレッサモータ108へ出力し、コ
ンプレッサ26を回転駆動する。
【0045】なお、マイコン98は、インバータ回路1
06から出力される電力の周波数が、オフまたは14Hz
以上(上限は運転電流の上限による)の範囲となるよう
に制御しており、これによって、コンプレッサモータ1
08、すなわちコンプレッサ26の回転数が変えられ、
コンプレッサ26の運転能力(エアコン10の冷暖房能
力)が制御される。
【0046】このコントロール基板96には、四方弁2
4及び熱交換器30を冷却するための送風ファン(図示
省略)を駆動するファンモータ110、ファンモータコ
ンデンサ110Aが接続されている。また、室外ユニッ
ト14には、外気温度を検出する外気温度センサ11
2、熱交換器30の冷媒コイルの温度を検出するコイル
温度センサ114及びコンプレッサ26の温度を検出す
るコンプレッサ温度センサ116が設けられており、こ
れらがマイコン98に接続されている。
【0047】マイコン98は、運転モードに応じて四方
弁24を切り換えると共に、室内ユニット12からの制
御信号、外気温度センサ112、コイル温度センサ11
4及びコンプレッサ温度センサ116の検出結果に基づ
いて、ファンモータ110のオン/オフ及びコンプレッ
サモータ108の運転周波数(コンプレッサ26の能
力)等を制御するようになっている。
【0048】また、コントロール基板96には、電動膨
張弁36を開閉駆動するモータ118が接続されてい
る。マイコン98は、モータ118によって電動膨張弁
36の開度を制御する。
【0049】このように構成されているエアコン10
は、リモコンスイッチからの信号に応じて運転が制御さ
れる。このリモコンスイッチには、エアコン10の運転
操作を行うためのリモコンスイッチ120(以下「メイ
ンリモコン120」とする)に加えて、空調領域を変更
するためのリモコンセンサスイッチ140(以下「サブ
リモコン140」とする)を用いることができるように
なっている。
【0050】図6(A)及び図6(B)には、メインリ
モコン120が示されている。メインリモコン120に
は、表示部122が設けられている。この表示部122
には、運転モード、設定温度、室内温度(室温)、時刻
に加え、風向、風量等のエアコン10を運転するときの
運転条件ないし運転状態が表示される。
【0051】また、メインリモコン120には、運転/
停止ボタン124、温度設定ボタン126A、126B
と共に、体感ボタン128及び風向ボタン130が設け
られている。エアコン10は、運転/停止ボタン124
の操作によって運転/停止される。また、温度設定ボタ
ン126A、126Bの操作によって設定温度(空調す
るときの目標温度)が変えられる。
【0052】メインリモコン120には、内部に温度セ
ンサ(図示省略)が設けられており、このメインリモコ
ン120によってメインリモコン120の周囲の室温を
測定して室内ユニット12へ送出するようになってい
る。また、後述するサブリモコン140にも温度センサ
が設けられており、サブリモコン140の周囲の室温を
測定して室内ユニット12へ送出するようになってい
る。すなわち、エアコン10は、室内ユニット12に設
けている室温センサ84、メインリモコン120及びサ
ブリモコン140によって室内の温度を検出できるよう
になっている。
【0053】体感ボタン128は、室温を測定する温度
センサの切換え用となっており、この体感ボタン128
を操作することにより、エアコン10は、室内ユニット
12の室温センサ84を用いて室温を測定する通常モー
ドと、この室温センサ84に加えてメインリモコン12
0(通常体感モード)又はメインリモコン120とサブ
リモコン140(マルチ体感モード)を用いて室温を測
定する体感モードと、に切換えられる。
【0054】また、風向ボタン130の操作によって、
吹出し口50から吹き出される空気の方向(風向)がサ
ブリモコン140からの信号に基づいて左右方向へ偏向
される。
【0055】メインリモコン120には、スライドカバ
ー134が設けられており、このスライドカバー134
のスライド操作によって、種々の操作ボタンを有する操
作パネル132が露出されるようになっている。
【0056】図6(A)に示されるように、スライドカ
バー134内に隠蔽されている操作パネル132の運転
切換ボタン136によって、エアコン10の運転モード
が自動、暖房、ドライ、冷房、空気清浄、乾燥と順に切
り換えられる。また、操作パネル132内のスイッチ操
作により、吹出し口50から吹出す風量、風向(上下方
向)の切換えが可能であり、ハイパワー及び能力セーブ
等の空調能力の選択が可能となっている。さらに、操作
パネル132上のスイッチ操作によって運転開始時間、
運転停止時間等のタイマー設定が可能となっている。
【0057】このメインリモコン120は、各操作ボタ
ンが操作されるごとに、操作内容に応じた操作信号を室
内ユニット12の表示部82Aへ向けて送出すると共
に、図示しない温度センサによって検出したメインリモ
コン120の周囲の温度を送出する。なお、エアコン1
0の運転中は、温度センサによって測定した温度が、メ
インリモコン120の操作ボタンの操作に拘わらず一定
の時間間隔で送出されるようになっている。
【0058】一方、図7、図8(A)及び図8(B)に
は、サブリモコン140の概略が示されている。図7に
示されるように、サブリモコン140は、サブリモコン
140の周囲の温度を検出し、検出した温度に応じた信
号(例えば電圧)を出力する温度検出部142と共に、
人検知部144及び位置設定スイッチ146を備えてお
り、ぞれぞれが変換部148に接続されている。また、
この変換部148は、通信部150に接続されている。
【0059】人検知部144には、フルネルレンズによ
って集光した遠赤外線を検出する焦電素子を備えた人検
知センサ152が設けられている。図8(A)及び図8
(B)に示されるように、フルネルレンズは、半球状の
ドームカバー154を形成しており、人検知センサ15
2は、サブリモコン140の中央部に設けられているド
ームカバー154内に配置されており、ドームカバー1
54を透過した周囲の遠赤外線を検出するようになって
いる。
【0060】図7に示されるように、この人検知センサ
152は、検知回路156に接続されている。人検知部
144は、検知回路156が人検知センサ152によっ
て検出した遠赤外線の変化の有無からサブリモコン14
0の周囲の人の有無を検出する一般的な人検知の構成と
なっている。
【0061】なお、検知回路156には、感度調整器1
58が接続されている。図8(B)に示されるように、
サブリモコン140には、感度調整器158の調整つま
み158Aが設けられており、この調整つまみ158A
によって人感知センサ152の感度、すなわち、検出距
離を調整(例えば0m〜約5mの範囲で調整)すること
ができるようになっている。
【0062】図8(A)及び図8(B)に示されるよう
に、サブリモコン140には、スライドカバー140A
が設けられており、このスライドカバー140Aを下方
へスライド操作することにより、位置設定スイッチ14
6が開放される。なお、前記した調整つまみ158Aも
スライドカバー140Aによって隠されている。
【0063】図8(B)に示されるように、位置設定ス
イッチ146は、サブリモコン140に対する室内ユニ
ット12の位置に応じて、操作ノブ146Aを「右」、
「中央」及び「左」の3段階の表示位置へスライド操作
するようになっている。図9に示されるように、位置設
定スイッチ146は、例えば、サブリモコン140に向
かって室内ユニット12の相対位置が右側にあるときに
は、操作ノブ146Aが「右」にスライド操作される。
【0064】変換部148は、温度検出部142、人検
知部144及び位置設定スイッチ146からの入力信号
を、それぞれの信号を予め設定されたコードに基づいて
変換して通信部150へ出力する。
【0065】通信部150は、変換部148から出力さ
れた信号を室内ユニット12へ向けて送出する。また、
図8(A)及び図8(B)に示されうように、サブリモ
コン140には、サブリモコン140をオン/オフする
電源スイッチ160が設けられている。通信部150
は、電源スイッチ160がオン操作されることにより、
オン信号を送出すると共に、温度検出部142、人検知
部144及び位置設定スイッチ146からの入力に応じ
て信号の送出を行う。
【0066】すなわち、サブリモコン140は、電源ス
イッチ160がオン操作されることにより、温度検出部
142による室温の測定及び人検知部144による人の
有無の検出を行い、人検知部144で人を検知している
間は、一定の時間間隔で測定した室温と共に位置設置ス
イッチ146によって設定されている位置信号を送出す
る。
【0067】図10に示されるように、エアコン10の
室内ユニット12は、被空調室162内で、通常、空調
を行う領域(以下「メインエリア162A」と言う)が
正面となるように取り付けられるか、または、室内ユニ
ット12の吹出し口50からメインエリア162Aへ向
けて空調風が吹出されるように左右フラップ52の向き
が設定される。これにより、エアコン10は、メインエ
リア162Aを所望の空調状態となるように空調を行
う。
【0068】一方、サブリモコン140は、被空調室1
62内でメインエリア162Aと異なる領域で、必要に
応じて空調を行いたい領域(以下「サブエリア162
B」と言う)の近傍の壁面等に取り付けられる。
【0069】また、室内ユニット12のマイコン74
は、メインリモコン120の風向ボタン130の操作に
よって風向が「自動」に設定されているときに、このサ
ブエリア162Bに設けられているサブリモコン140
からの信号によって、サブリモコン140の位置を判定
し、この判定結果に基づいて左右フラップ52のイニシ
ャル位置を変更すると共に、このイニシャル位置を中心
に左右フラップ52をスイングさせる。これにより、室
内ユニット12からメインエリア162Aと共にサブエ
リア162Bを空調できるようにしている。
【0070】なお、室内ユニット12のマイコン74
は、サブリモコン140から人を検知したことを示す信
号が停止されると、左右フラップ52のイニシャル位置
を戻すと共に左右フラップ52のスイングを停止させる
などして、メインエリア162Aのみの空調を行い、再
度、人を検出した信号が入力されることによりイニシャ
ル位置の変更及び左右フラップ52のスイングを開始す
る。
【0071】図9に示されるように、エアコン10は、
左右フラップ52によって吹き出される空調風の向き
が、通常、室内ユニット12の正面がイニシャル位置
(以下「イニシャル位置C」とする)となっており、左
右フラップ52は、このイニシャル位置Cを中心に角度
θ0 の範囲で左右にスイングされる(例えば左右に50
°の範囲でスイング)。なお、左右フラップ52のスイ
ング可能範囲の一端側が原位置Oとなっており、左右フ
ラップ52は、この原位置Oを基準にして位置設定及び
スイング範囲が設定される。また、イニシャル位置C
は、原位置Oに対する左右フラップ52の向きが角度θ
C としている。
【0072】室内ユニット12では、通常、イニシャル
位置Cに風向が設定され、左右フラップ52のスイング
が設定されると、このイニシャル位置Cを中心にしてス
イングされる。また、室内ユニット12のマイコン74
は、サブリモコン140の位置設定スイッチ146が
「中央」に設定されている状態で、サブリモコン140
がオンされると、イニシャル位置Cを中心にしてスイン
グを行う。
【0073】一方、室内ユニット12では、サブリモコ
ン140の位置設定スイッチ146が「左」又は「右」
に設定されていると、左右フラップ52のイニシャル位
置をイニシャル位置R又はイニシャル位置Lに設定す
る。また、このイニシャル位置に応じて左右フラップ5
2のスイング範囲が変更される。
【0074】すなわち、左右フラップ52は、サブリモ
コン140の位置設定スイッチ146が「左」に設定さ
れると、イニシャル位置R(原位置Oからの角度θR
となり、「右」に設定されると、イニシャル位置L(原
位置Oからの角度θL )に設定される。これと共に、室
内ユニット12では、それぞれのイニシャル位置R、L
を中心に左右に角度θ1 (例えば約30°)の範囲で左
右フラップ52をスイングする。
【0075】ところで、エアコン10では、左右フラッ
プ52によってスイングないし風向の変更を行うとき
に、左右フラップ52の向きに応じて風量の補正を行う
ようになっている。この風量の補正は、左右フラップ5
2のスイング速度の変更ないしクロスフローファン44
の回転数の変更によって可能であるが、以下では、主に
クロスフローファン44の回転数の変更(補正)を例に
説明する。
【0076】図11には、左右フラップ52のスイング
に応じたクロスフローファン44の回転数の補正を行う
ための機能ブロック図を示している。
【0077】コントロール基板58には、マイコン74
等によって風量設定部164及び風向設定部166が構
成されている。風向設定部166では、メインリモコン
120での設定操作及びサブリモコン140からの位置
設定スイッチ146の設定信号に基づいて、左右フラッ
プ52のイニシャル位置及びスイング範囲の設定を行
う。この設定結果に基づいて図示しないドライバによっ
て形成されるフラップモータ駆動部168が左右フラッ
プモータ77を駆動する。左右フラップ52は、左右フ
ラップモータ77が駆動されることにより、風向設定部
166で設定され角度θの位置で固定され、風向設定部
166で設定される角度θが時間結果に応じて変化する
ことにより、この変化に応じて移動しスイングされる。
【0078】一方、エアコン10では、メインリモコン
120の操作によってクロスフローファン44の回転数
がH、M、Lの3段階に変更される。室内ユニット12
の吹出し口50からは、このクロスフローファン44の
回転数に応じた風量の空調風が吹出される。また、エア
コン10では、メインリモコン120の操作によって風
量が自動に設定されると、室温と設定温度等に基づいて
クロスフローファン44の回転数を設定する。これによ
って、室内の空調状態に応じた風量の空調風が室内ユニ
ット12の吹出し口50から吹出される。
【0079】風量設定部164では、クロスフローファ
ン44が選択された風量ないし設定された風量が得られ
る回転数となるようにファンモータ76の駆動ステップ
を設定している。
【0080】また、コントロール基板58には、風量補
正部170が形成されており、風量設定部164で設定
されたファンモータ76の駆動ステップに応じた信号が
この風量補正部170を経て駆動回路68によって形成
されるファンモータ駆動部172へ出力される。この風
量補正部170には、風向設定部166で設定された左
右フラップ52の位置(角度θ)及び角度θに応じたフ
ァンモータ76の駆動ステップの補正値を記憶している
補正値記憶部174が接続されている。
【0081】風量補正部170では、風向設定部166
から入力される左右フラップ52の角度θに応じた補正
値を補正値記憶部174から読み出し、風量設定部16
4で設定されたファンモータ76の駆動ステップを補正
する。ファンモータ駆動部172は、風量補正部170
で補正された駆動ステップに応じてファンモータ76を
駆動する。これによって、クロスフローファン44は、
風量設定部164で風量に応じて設定され、左右フラッ
プ52の向きに応じて補正された回転数となるように回
転駆動される。
【0082】例えば、エアコン10では、ファンモータ
76の駆動ステップを256ステップに設定し、風量設
定部164では、風量に応じたステップ数を選択する。
また、ファンモータ駆動部172では、入力されたステ
ップ数に応じた電圧(例えば12v〜36vの範囲の電
圧)を出力することにより、ファンモータ76は、この
電圧に応じた回転数で回転駆動する。
【0083】図4に示されるように、室内ユニット12
のコントロール基板58には、EEPROM等を用いた
メモリ176が補正値記憶部174として設けられてい
る。このメモリ176には、左右フラップ52の角度θ
に応じた補正値が書き込まれて記憶されている。
【0084】図12(B)に示されるように、このメモ
リ176に記憶されている補正値は、例えば、左右フラ
ップ52の角度θがイニシャル位置Cの角度θC より小
さくなる(原位置O側、θ<θC )か、又は、イニシャ
ル位置Cの角度θC より大きくなる(原位置Oと反対
側、θ>θC )にしたがってクロスフローファン44の
回転数を増加させるようになっている。
【0085】これにより、図12(A)に示されるよう
に、室内ユニット12の吹出し口50から吹出される空
調風の向きに応じて風量が変化する。すなわち、室内ユ
ニット12の正面(イニシャル位置C)へ向けて吹出す
吹出し風の風量に比べて、吹出し風の向きが原位置O側
又は原位置Oと反対側へ向くにしたがって徐々に風量が
増加される。なお、図12(A)では、矢印の向きによ
って風向を示し、矢印の長さによって風量の変化を示し
ている。
【0086】以下に本実施の形態の作用を説明する。エ
アコン10では、メインリモコン120のスイッチ操作
によって冷房運転、ドライ運転及び暖房運転等の何れか
に設定された状態で運転/停止操作がなされると、設定
された運転モードによる運転を開始する。
【0087】エアコン10は運転操作がなされて空調運
転を開始すると、設定温度と室内温度を測定し、この測
定結果に基づいて、コンプレッサ26の運転周波数、風
量(クロスフローファンの回転数)等を設定し、この設
定結果に基づいて空調運転を行う。また、室外ユニット
14では、設定された運転モードに応じて四方弁24を
切換える。
【0088】例えば、エアコン10は、冷房ないしドラ
イモードに設定されると、コンプレッサ26によって圧
縮された冷媒が、室外ユニット14の熱交換器30を経
て室内ユニット12の熱交換器18へ供給される。室内
ユニット12の熱交換器18へ供給された冷媒は、熱交
換器18を通過するときに気化して、熱交換器18を通
過する空気を冷却する。これにより、室内ユニット12
の吹出し口50から熱交換器18によって冷却された空
気が空調風として吹出されて被空調室162内が冷房な
いし除湿される。
【0089】一方、エアコン10は、暖房モードに設定
されると、コンプレッサ26によって圧縮した高圧の冷
媒が室内ユニット12の熱交換器18へ供給される。こ
れにより、室内ユニット12の熱交換器18を通過する
空気が加熱される。この熱交換器18で加熱された空気
が吹出し口50から室内へ吹き出されることにより被空
調室162内が暖房される。
【0090】このエアコン10では、通常、メインエリ
ア162Aへ向けて空調風を吹出すが、左右フラップ5
2による風向が自動に設定された状態で、サブリモコン
140がオンされて、サブリモコン140から位置設定
スイッチ146の設定状態が入力されると、このサブリ
モコン140からの信号に基づいて左右フラップ52の
イニシャル位置を変更すると共に、変更したイニシャル
位置を中心に所定の範囲内で左右フラップ52をスイン
グさせる。これによって、メインエリア162Aと共に
サブリモコン140が取り付けられている近傍のサブエ
リア162Bの空調を行う。
【0091】ところで、室内ユニット12では、左右フ
ラップ52をスイングさせて吹出し口50から吹出す空
調風の吹出し方向を変化させるときには、左右フラップ
52の位置(原位置Oに対する角度θ)に応じてクロス
フローファン44の回転数を補正するようになってい
る。
【0092】図13のフローチャートには、クロスフロ
ーファン44の回転数の補正の一例を示している。
【0093】このフローチャートでは、最初のステップ
200でクロスフローファン44の回転数の補正、すな
わち、室内ユニット12の吹出し口50から吹出される
風量の風向に応じた補正を行うか否かの確認を行う。こ
こで、例えば、左右フラップ52による風向が自動に設
定され、サブリモコン140から送出される信号に基づ
いてメインエリア162Aと共にサブエリア162Bの
空調を行うために左右フラップ52のスイングを行うと
きには、左右フラップ52の角度θに応じてクロスフロ
ーファン44の回転数の補正を行う(ステップ200で
肯定判定)ために、ステップ202へ移行する。一方、
エアコン10では、風向が自動に設定されて左右フラッ
プ52によるスイングを行うときには、風向設定部16
6(マイコン74)で時間経過に応じて角度θの設定を
変更する。この角度θの変更に応じた左右フラップモー
タ77が駆動されることにより、左右フラップ52が所
定の範囲で往復移動(スイング)される。
【0094】また、エアコン10では、メインリモコン
120の操作によって選択された風量又は、風量が自動
に設定されているときには、室内温度と設定温度等に応
じて吹出し口50から吹出す風量の設定を行う。風量設
定部164では、この選択された風量又は設定された風
量に応じたファンモータ76の駆動ステップを設定す
る。
【0095】図13に示されるフローチャートでは、ま
ず、ステップ202で風量設定部164で設定されたフ
ァンモータ76の駆動ステップX0 を読み込む。これと
共に、ステップ204では、風向設定部166で設定さ
れた左右フラップ52の角度θを読み込み、次のステッ
プ206では、読み込んだ左右フラップ52の角度θに
対する補正値xを、メモリ176から読み込む。
【0096】この後、ステップ208では、風量設定部
164で設定された駆動ステップX 0 を左右フラップ5
2の角度θに応じて補正し、補正した駆動ステップXを
設定する。
【0097】このようにして、左右フラップ52の角度
θに応じて補正された駆動ステップXに応じた信号は、
ファンモータ駆動部172へ出力される。ファンモータ
駆動部172では、補正された駆動ステップXに応じて
ファンモータ76を駆動する。これによって、左右フラ
ップ52が室内ユニット12の正面に向けられたイニシ
ャル位置Cに対する傾きが大きくなるにしたがって、ク
ロスフローファン44の回転数が増加され、この回転数
の増加に応じて吹出し口50から吹出される空調風の風
量も増加される。
【0098】一般に、室内ユニット12のケーシング4
2内に形成される空調風の通路は、吹出し口50の近傍
に配置されている上下フラップ54及び左右フラップ5
2、特に左右フラップ52の傾きによって変化する。例
えば、左右フラップ52の向きがイニシャル位置Cに近
いときには、吹出し口50の近傍での風路抵抗は低い
が、左右フラップ52の向きが原位置O側又は原位置O
と反対側に向けられるに連れて左右フラップ52が抵抗
となって風量を低下させてしまう。
【0099】これに対して、エアコン10では、左右フ
ラップ52の角度θに応じてクロスフローファン44の
回転数が上がるように補正しているので、左右フラップ
52の傾きによって通気抵抗が大きくなっても、吹出し
口50から吹出される空調風の風量を低下させてしまう
ことがない。
【0100】また、室内ユニット12の正面から室内ユ
ニット12が取り付けられている壁面に沿って離れた場
合(左右フラップ52の角度が原位置Oに近いか、原位
置Oと反対側に離れた向き)、空調したい領域は、室内
ユニット12から離れた位置となることが多い。このと
き、仮に、空調風の風量が同じであると、室内ユニット
12から離れた位置での空調風の風量が下がってしま
い、所望の空調能力が得られないことになる。
【0101】これに対して、図12(A)及び図12
(B)に示されるように、左右フラップ52の角度θ
(空調風の吹出し方向)に応じて吹出し口50から吹出
される空調風の風量が増加するように補正値xを設定す
ることにより、快適な空調状態となる領域を広げること
ができる。
【0102】なお、本実施の形態では、左右フラップ5
2をスイングさせたときに、左右フラップ52の角度θ
に応じて風量を増加させたが、左右フラップ52を任意
の向きで固定したときに、左右フラップ52の角度に応
じて風量を補正するようにしてもよい。これによって、
吹出し口50からの空調風の吹出し方向を変えることに
よって空調能力が低下してしまうのを防止することがで
きる。
【0103】また、左右フラップ52の角度θに応じた
補正値は、複数のパターンをメモリ176に書き込んで
おいて、被空調室162の形状等に応じて選択するか、
被空調室172の形状等に応じた所望のパターンをメモ
リ176に書き込むことができるようにすることがより
好ましい。
【0104】例えば、図14(A)に示されるように、
被空調室162が略L字形状で、サブエリア162Bが
室内ユニット12がメインエリア162Aより奥側に大
きく離れている場合が想定できる。この場合、図14
(B)に示されるように、左右フラップ52の角度θに
応じた補正値をより大きく(図12(B)に示される補
正値より更に大きく)する。
【0105】これによって、空調風がサブエリア162
Bへ向けて吹出されるときに、風量が大きく増加するの
で、サブエリア162Bが室内ユニット12から離れて
いても、室内ユニット12に近いメインエリア162A
と略同等の空調状態とすることができる。
【0106】また、本実施の形態では、左右フラップ5
2をスイングさせたときに空調風の風量を増加する方法
として、クロスフローファン44の回転数を増加させた
が、これに限らず、左右フラップ52のスイング速度を
変更するようにしても良い。すなわち、左右フラップ5
2のスイング速度を変化させることにより風量も変化す
る。
【0107】ここから、イニシャル位置Cの近傍では、
左右フラップ52のスイング速度(単位時間当たりの傾
きの変化量)に比べて、左右フラップ52が大きく傾い
たときの左右フラップ52のスイング速度を遅くする。
これによって、吹出し口50から吹出される風量のバラ
ンスを変えることができ、広い領域を略一定の空調状態
に保つことができる。
【0108】なお、以上説明した実施の形態は、本発明
の構成を限定するものではない。本発明は、室内ユニッ
トが設けられる被空調室を空調する任意の構成の空気調
和機に適用できる。
【0109】
【発明の効果】以上説明した如く、本発明によれば、
要に応じて空調を行いたい領域にリモコンセンサスイッ
チが取り付けられており、リモコンセンサスイッチで人
を検知している間に送出されるリモコンセンサスイッチ
に対する室内ユニットの位置信号に基づいて左右フラッ
プのイニシャル位置及び往復移動範囲の設定を行うた
め、リモコンセンサスイッチの検知状態によって空調領
域を変更できる。また、左右フラップの向きに応じて空
調風の風量を補正するので、空調風の吹出し方向に拘わ
らず適切な風量で吹出して空調を行うことができる。
らに、本発明では、空調風の吹出し方向に応じた風量の
補正値を記憶手段に記憶させるので、被空調室内の形状
等に応じて風量の補正を行うことができるので、広い領
域を快適な空調状態にすることができると言う優れた効
果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本実施の形態に適用した室内ユニットとリモコ
ンスイッチを示す概略斜視図である。
【図2】本実施の形態に適用したエアコンの冷凍サイク
ルを示す概略図である。
【図3】室内ユニットの内部を示す概略断面図である。
【図4】室内ユニット内の基板の構成を示す概略ブロッ
ク図である。
【図5】室外ユニットのきばんんの構成を示す概略ブロ
ック図である。
【図6】(A)及び(B)はそれぞれメインリモコンを
示す概略平面図であり、(A)はスライドカバーを開い
た状態を示し、(B)はスライドカバーを閉じた状態を
示している。
【図7】本発明に係るサブリモコンの概略構成を示すブ
ロック図である。
【図8】(A)及び(B)はそれぞれ本発明に係るサブ
リモコンを示す概略平面図であり、(A)はスライドカ
バーを開いた状態を示し、(B)はスライドカバーを閉
じた状態を示している。
【図9】サブリモコンによって指定された位置に対する
室内ユニットの左右フラップのスイング領域を示す概略
図である。
【図10】室内ユニットから空調風を吹き出す領域を示
す概略図であり、メインエリアとサブエリアの双方を空
調する状態を示している。
【図11】風量の補正の一例を示す機能ブロック図であ
る。
【図12】(A)は吹出し口から吹出される風量の変化
の変化を示す概略図、(B)は左右フラップの角度に応
じた補正値の一例を示す線図である。
【図13】風量の補正の概略を示すフローチャートであ
る。
【図14】(A)は吹出し口から吹出される風量の変化
の他の一例を示す概略図、(B)は左右フラップの角度
に応じた補正値の他の一例を示す線図である。
【符号の説明】
10 エアコン(空気調和機) 12 室内ユニット 14 室外ユニット 18 熱交換器 26 コンプレッサ 44 クロスフローファン 50 吹出し口 52 左右フラップ 54 上下フラップ 58 コントロール基板(制御手段) 68 駆動回路 74 マイコン(制御手段、風量設定手段、風量補正
手段)) 77 左右フラップモータ(ファン駆動手段) 120 メインリモコン 140 サブリモコン 162 被空調室 162A メインエリア 162B サブエリア 164 風量設定部(風量設定手段) 166 風向設定部 168 フラップモータ駆動部(フラップ駆動手段) 170 風量補正部(風量補正手段) 172 ファンモータ駆動部 174 補正値記憶部(記憶手段) 176 メモリ(記憶手段)
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 青石 浩一 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三洋電機株式会社内 (72)発明者 落合 円 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三洋電機株式会社内 (72)発明者 栗田 道久 大阪府守口市京阪本通2丁目5番5号 三洋電機株式会社内 (56)参考文献 特開 平5−79687(JP,A) 特開 平4−52450(JP,A) 特開 平7−19572(JP,A) 実開 昭63−14942(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) F24F 11/02 - 11/08

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 室内ユニットの吹出し口に設けたフラッ
    プの向きを左右方向へ往復移動させることにより水平方
    向に沿った所定の範囲へ向けて空調風を吹出して被空調
    室内を空調する空気調和機であって、被空調室内で、通常空調を行う領域と異なる領域で、必
    要に応じて空調を行いたい領域に取り付けられ、周囲の
    人の有無の検出を行い、人を検知している間は、予め設
    定されている取り付けられた位置に対する前記室内ユニ
    ットの位置に応じて位置信号を送出するリモコンセンサ
    スイッチと、 前記左右フラップの向きを往復移動させると共に所定の
    向きに固定するフラップ駆動手段と、 前記吹き出し口から吹き出される空調風を発生させるク
    ロスフローファンと、 前記クロスフローファンを所定の回転数で駆動するファ
    ン駆動手段と、 前記吹き出し口から吹き出される空調風の風量を設定す
    る風量設定手段と、 前記風量設定手段によって設定された風量を前記フラッ
    プ駆動手段による前記左右フラップの向きに応じて補正
    する風量補正手段と、リモコンセンサスイッチからの信号に基づいて左右フラ
    ップの往復移動の中心となるイニシャル位置及び往復移
    動範囲の設定を行い、 前記風量補正手段によって補正さ
    れた風量に基づいて前記フラップ駆動手段ないし前記フ
    ァン駆動手段の作動を制御する制御手段と、 を含むことを特徴とする空気調和機。
  2. 【請求項2】 前記風量補正手段が前記クロスフローフ
    ァンの回転速度を補正し、前記制御手段が補正された回
    転数に応じて前記ファン駆動手段を作動させることを特
    徴とする請求項1に記載の空気調和機。
  3. 【請求項3】 前記風量補正手段が、前記左右フラップ
    の往復移動位置に応じてあらかじめ設定されている補正
    値を記憶する記憶手段を含むことを特徴とする請求項2
    に記載の空気調和機。
JP29735097A 1997-10-29 1997-10-29 空気調和機 Expired - Fee Related JP3433072B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29735097A JP3433072B2 (ja) 1997-10-29 1997-10-29 空気調和機

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP29735097A JP3433072B2 (ja) 1997-10-29 1997-10-29 空気調和機
KR10-1998-0042193A KR100443479B1 (ko) 1997-10-29 1998-10-09 공기조화기
CN98123814A CN1215824A (zh) 1997-10-29 1998-10-29 空调机

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11132541A JPH11132541A (ja) 1999-05-21
JP3433072B2 true JP3433072B2 (ja) 2003-08-04

Family

ID=17845380

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP29735097A Expired - Fee Related JP3433072B2 (ja) 1997-10-29 1997-10-29 空気調和機

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP3433072B2 (ja)
KR (1) KR100443479B1 (ja)
CN (1) CN1215824A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104110771A (zh) * 2013-07-01 2014-10-22 广东美的制冷设备有限公司 广角空调出风口旋转角度的校准方法、系统及广角空调器

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3433072B2 (ja) * 1997-10-29 2003-08-04 三洋電機株式会社 空気調和機
JP4660028B2 (ja) * 2001-07-04 2011-03-30 三洋電機株式会社 空気調和機
JP4737894B2 (ja) * 2001-09-18 2011-08-03 三洋電機株式会社 壁掛け型空気調和装置
JP4259822B2 (ja) * 2002-08-05 2009-04-30 シャープ株式会社 空気調和機
KR100551968B1 (ko) 2004-07-14 2006-02-20 삼성전자주식회사 공기조화기
KR101270610B1 (ko) * 2006-01-26 2013-06-03 엘지전자 주식회사 공기조화기의 실내기 및 그 제어 방법
JP5404758B2 (ja) * 2011-12-20 2014-02-05 三菱電機株式会社 空気調和機の室内機
JP5408317B1 (ja) * 2012-09-13 2014-02-05 ダイキン工業株式会社 空調室内機
JP6085998B2 (ja) * 2013-03-07 2017-03-01 株式会社富士通ゼネラル 空気調和機
CN104154634A (zh) * 2013-05-14 2014-11-19 海尔集团公司 空调器送风电机的转速控制方法及装置
CN104236011B (zh) * 2013-06-24 2017-06-30 美的集团股份有限公司 恒风量的空调器及其控制方法
JP2015052431A (ja) * 2013-09-09 2015-03-19 日立アプライアンス株式会社 空気調和機の室内機および空気調和機
CN104930662B (zh) * 2015-06-25 2017-08-01 广东美的制冷设备有限公司 一种空调精准送风控制方法及系统
JP6428804B2 (ja) * 2017-02-06 2018-11-28 ダイキン工業株式会社 空気調和機
CN106839339B (zh) * 2017-03-16 2019-03-26 广东美的制冷设备有限公司 一种空调器实时送风量的检测方法及装置、空调器
CN107477768B (zh) * 2017-06-19 2020-04-07 奥克斯空调股份有限公司 一种防止空调扫风不均的调节方法

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR920015094A (ko) * 1991-01-26 1992-08-26 강진구 공기조화기의 풍향 풍량조절 장치 및 그 방법
KR950008738B1 (ko) * 1993-06-09 1995-08-04 주식회사금성사 에어콘의 집중 냉방장치 및 방법
JPH0886502A (ja) * 1994-09-14 1996-04-02 Sanyo Electric Co Ltd 空気調和機
KR0166869B1 (ko) * 1995-12-29 1999-01-15 구자홍 공기조화기의 냉/난방 제어장치 및 그 제어방법
JP3433072B2 (ja) * 1997-10-29 2003-08-04 三洋電機株式会社 空気調和機

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104110771A (zh) * 2013-07-01 2014-10-22 广东美的制冷设备有限公司 广角空调出风口旋转角度的校准方法、系统及广角空调器
CN104110771B (zh) * 2013-07-01 2017-02-08 广东美的制冷设备有限公司 广角空调出风口旋转角度的校准方法、校准系统及广角空调器

Also Published As

Publication number Publication date
KR100443479B1 (ko) 2004-09-20
KR19990036973A (ko) 1999-05-25
CN1215824A (zh) 1999-05-05
JPH11132541A (ja) 1999-05-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3433072B2 (ja) 空気調和機
JP3448471B2 (ja) 人検知の判定方法及び空気調和機
JP3194895B2 (ja) 空気調和機の吐出気流制御装置およびその方法
JPH1047731A (ja) 空気調和機の吐出気流制御装置及びその制御方法
JPH11287502A (ja) 空気調和機
JP4056146B2 (ja) 空気調和機
JP3443291B2 (ja) 空気調和機
JP4266482B2 (ja) 空気調和機
JP3378781B2 (ja) 空気調和機
JP3448473B2 (ja) 空気調和機
JPH1183121A (ja) 空気調和機
JP4130047B2 (ja) 空気調和機
JP3423197B2 (ja) 空気調和機
JP2000171072A (ja) 空気調和機
JP4259668B2 (ja) 空気調和機
JP4311849B2 (ja) 空気調和機
JPH06159786A (ja) 空気調和機の風向制御装置
JP2001264163A (ja) 赤外線検知センサ
JPH05296548A (ja) 空気調和装置
JP2868829B2 (ja) 空気調和機
JPH0587380A (ja) 空気調和機
JP3480870B2 (ja) 空気調和機
JP3864814B2 (ja) 空気調和機
JPH10197030A (ja) 空気調和機
JP2000179919A (ja) 空気調和機

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080523

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090523

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090523

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100523

Year of fee payment: 7

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees