JP3400556B2 - 管路の内張り方法 - Google Patents

管路の内張り方法

Info

Publication number
JP3400556B2
JP3400556B2 JP19177994A JP19177994A JP3400556B2 JP 3400556 B2 JP3400556 B2 JP 3400556B2 JP 19177994 A JP19177994 A JP 19177994A JP 19177994 A JP19177994 A JP 19177994A JP 3400556 B2 JP3400556 B2 JP 3400556B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lining
tube
pipe
main pipe
branch
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP19177994A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0834062A (ja
Inventor
隆善 井本
英二 北川
Original Assignee
芦森工業株式会社
芦森エンジニアリング株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 芦森工業株式会社, 芦森エンジニアリング株式会社 filed Critical 芦森工業株式会社
Priority to JP19177994A priority Critical patent/JP3400556B2/ja
Publication of JPH0834062A publication Critical patent/JPH0834062A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3400556B2 publication Critical patent/JP3400556B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はガス導管、水道管、下水
道管又は、電力線や通信線の敷設管路などの、主として
地中に埋設された管路に対し、補修又は補強の目的で内
張りするための方法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来この種の管路に対して内張りする方
法として、各種の方法が提案され、実施されている。
【0003】その一つの方法として、筒状の織布又は不
織布よりなる繊維層の外面に気密性の皮膜層を形成した
内張り材の、前記繊維層に反応硬化型樹脂液を含浸さ
せ、その内張り材を流体圧力により内側が外側となるよ
うに裏返しながら管路内に挿通すると共に、その流体圧
力により裏返った内張り材を管路内面に圧接し、次いで
繊維層に含浸された反応硬化型樹脂液を反応硬化させ、
管路内面に接着すると共に、管路の内側に剛直な管を形
成する方法が知られている。
【0004】また他の方法として、反応硬化型樹脂液に
繊維を分散して部分的に増粘したシートモールディング
コンパウンド(SMC)を、丸めて筒状の内張り材と
し、これを管路内に引込んで、流体圧力で膨脹させて管
路内面に圧接し、加熱して前記反応硬化型樹脂液を反応
硬化させ、管路の内側に剛直なFRP管を形成する方法
がある。
【0005】さらに他の方法として、ポリエチレンなど
の硬質の熱可塑性合成樹脂の管を内張り材とし、これを
加温軟化して変形させて縮径した状態で管路内に引込
み、その内張り材内に加熱加圧流体を送入して加熱軟化
させると共に、拡径させて管路内面に圧接し、さらに冷
却して剛直化させ、管路の内側に熱可塑性合成樹脂の管
を形成する方法も知られている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】これらの方法はそれぞ
れ特徴があり、優れた内張り方法であるが、またそれぞ
れ特有の問題点を有している。
【0007】すなわち反応硬化型樹脂液を含浸した内張
り材を流体圧力で裏返しながら管路に挿通する方法にお
いては、その内張り材を裏返しながら挿通する過程にお
いて、内張り材は未反転の状態から折返し部において内
側が外側となるように裏返り、その後既に裏返された内
張り材として管路内面に圧接される。
【0008】このとき未反転の内張り材は外側から流体
圧力が作用するため、繊維層に含浸している反応硬化型
樹脂液がその外圧によって絞られ、開放端である折返し
部から絞り出される。
【0009】そのため絞り出された樹脂液が部分的に大
量に付着すると共に、その樹脂液を放出した部分は樹脂
液の量が不足することとなり、既に裏返されて管路内面
に圧接した状態の内張り材においては、樹脂液が大量に
付着した部分と樹脂液が欠落した部分とのムラが生じ
る。特に樹脂液が部分的に欠落するため、内張りの強度
が不足することとなる。
【0010】またSMCよりなる内張り材を使用する方
法では、SMCの強度が小さいため引込み時のテンショ
ンによって伸長し、場合によっては極端に伸長して部分
的に厚みが不足したり、破断したりすることがある。
【0011】さらに熱可塑性合成樹脂の硬質管よりなる
内張り材を使用する方法では、引込み時に加温軟化させ
る必要があるため、強度が低下し、引込みのためのテン
ションによって伸長し、極端な偏肉を生じたり破断した
りする。
【0012】すなわちいずれの方法にしても、内張り材
を管路内に引込む操作がネックであって、内張り材に過
度の力が作用することなく、スムーズに管路内に引込む
ことが求められるのである。
【0013】本発明はかかる事情に鑑みなされたもので
あって、内張り材に過大の力を作用させることなく管路
内に引込み、確実に内張りすることのできる方法を提供
することを目的とするものである。
【0014】
【課題を解決する手段】而して本発明は、内張りすべき
管路の長さの約2倍の長さを有する反転用チューブの後
半部内に、前記内張りすべき管路の長さにほゞ等しい長
さを有する内張り材を挿入し、前記反転用チューブの先
端を管路の一端部において環状に固定し、当該環状固定
部の後部において前記反転用チューブの外側に流体圧力
を作用させ、当該流体圧力により、前記環状固定部に形
成される反転用チューブの折返し部において、反転用チ
ューブを内側が外側となるように反転しながら、その折
返し部を前記管路内を前記一端から他端に向って進行さ
せることにより、当該反転用チューブ内に挿入された前
記内張り材をその全長に亙って管路内に引込み、次いで
内張り材を流体圧力により膨脹させて二重の反転用チュ
ーブを介して管路内面に圧接し、内張り材を剛直化せし
めることを特徴とするものである。
【0015】この方法においては、前記内張り材が、織
布又は不織布よりなる繊維層の内面にゴム又は軟質合成
樹脂よりなる気密性の皮膜層を形成してなり、前記繊維
層に反応硬化型樹脂液を含浸したものであって、当該内
張り材を加熱加圧流体により膨脹させて管路内面に圧接
すると共に、内張り材を加熱して前記反応硬化型樹脂液
を硬化せしめ、内張り材を剛直化することができる。
【0016】また前記内張り材として、反応硬化型樹脂
液に繊維を分散し、部分的に増粘してなるシートモール
ディングコンパウンド(SMC)を、筒状に丸めたもの
を使用し、当該内張り材を加熱加圧流体により膨脹させ
て管路内面に圧接すると共に、その内張り材を加熱して
前記反応硬化型樹脂液を硬化せしめ、内張り材を剛直化
することもできる。
【0017】さらに前記内張り材として熱可塑性硬質樹
脂管を使用し、当該内張り材を加温軟化して変形させて
縮径した状態で、前記反転用チューブと共に管路内に引
込み、当該内張り材を加熱加圧流体により加熱軟化せし
めると共に膨脹させて管路内面に圧接し、次いで冷却し
て剛直化せしめることもできる。
【0018】また本発明を管路の本管から分岐した分岐
管に適用する方法は、前記分岐管の長さの約2倍の長さ
を有する反転用チューブの後半部内に、前記分岐管の長
さにほゞ等しい長さを有する内張り材を挿入し、前記反
転用チューブの先端を分岐管の端末部において環状に固
定し、当該環状固定部の後部において前記反転用チュー
ブの外側に流体圧力を作用させ、当該流体圧力により、
前記環状固定部に形成される反転用チューブの折返し部
において、反転用チューブを内側が外側となるように反
転しながら、その折返し部を前記分岐管内を前記端末か
ら本管との分岐部に向って進行させることにより、当該
反転用チューブ内に挿入された前記内張り材をその全長
に亙って分岐管内に引込むと共に、その内張り材の先端
部を分岐部から本管内に突出せしめ、次いで内張り材を
流体圧力により膨脹させて二重の反転用チューブを介し
て分岐管内面に圧接すると共に、その内張り材の本管内
への突出部を拡開して分岐部における本管の内面部分に
圧接し、内張り材を剛直化せしめることを特徴とするも
のである。
【0019】この方法においては、前記内張り材内に先
端を閉塞した膨脹チューブが挿通されており、内張り材
が分岐管に挿通されてその先端部が本管内に突出した状
態において、前記膨脹チューブ内に圧力流体を送入して
内張り材を分岐管に圧接すると共に、膨脹チューブが本
管内において膨脹することにより内張り材の本管内への
突出部を拡開せしめ、分岐部の本管内面部分に圧接する
ことが好ましい。
【0020】またこの方法においては、内張り材が分岐
管に挿通され、その内張り材の先端部が本管内に突出し
た状態において、前記反転用チューブの折返し部が分岐
部を超えて本管内に突出しておらず、内張り材の本管内
への突出部が拡開されて直接分岐部の本管内面部分に圧
接せしめるのが好ましい。
【0021】
【実施例】以下本発明の実施例を図面に従って説明す
る。図1は本発明の方法を実施する状態を示すものであ
る。
【0022】1は管路であって、2はその管路1の長さ
の約2倍の長さを有する反転用チューブであり、その反
転用チューブ2の後半部には、前記管路1の長さにほゞ
等しい長さを有する内張り材3が挿入されている。そし
て前記反転用チューブ2の先端は、前記管路1の端末の
近傍において、図1(a)に示すようにクランプ4によ
り環状に固定されている。
【0023】而して、前記反転用チューブ2の環状固定
部分の後部に流体圧力を作用させると、当該環状固定部
分の反転用チューブ2が前方に押出されて折返し部分5
が形成される。そして当該折返し部分5において反転用
チューブ2が内側が外側となるように反転しながら、図
1(b)に示すように、折返し部分5が管路1内に進入
する。
【0024】なお反転用チューブ2の環状固定部分の後
部に流体圧力を作用させる手段としては、内張り材3を
挿入した反転用チューブ2をコイル状に巻いて気密容器
内に収容し、その気密容器の開口部に形成されたクラン
プにより反転用チューブ2を環状に固定し、気密容器内
に圧力流体を圧入することにより、環状固定部分の後部
に流体圧力を作用させることができる。
【0025】そして反転用チューブ2が反転しながら管
路1内に進入することにより、反転用チューブ2内に挿
入された内張り材3も反転用チューブ2と共に管路1内
に進入し、図1(c)に示すように、内張り材3をその
全長に亙って管路1内に挿通される。
【0026】然る後反転用チューブ2内の流体圧力を抜
き、内張り材3内に圧力流体を送入することにより、内
張り材3が膨脹し、図1(d)に示すように、当該内張
り材3の外側に二重になって配置された反転用チューブ
2を介して、管路1の内面に圧接される。
【0027】この方法において前記内張り材3として、
織布又は不織布よりなる繊維層の内面に、ゴム又は軟質
合成樹脂よりなる気密性の皮膜層を形成してなり、前記
繊維層に反応硬化型樹脂液を含浸したものを使用するこ
とができる。
【0028】この場合には、当該内張り材3を前記方法
により管路1に挿通した後、内張り材3内に加熱加圧流
体を送入し、内張り材3を膨脹させて管路1内面に圧接
すると共に、前記加熱加圧流体により内張り材3を加熱
して前記反応硬化型樹脂液を硬化せしめて剛直化する。
【0029】また前記内張り材3として、反応硬化型樹
脂液に繊維を分散し、部分的に増粘したSMCを筒状に
丸めたものを使用することもできる。この場合には管路
1内に挿通された内張り材3を、加熱加圧流体により膨
脹させて管路1内面に圧接すると共に、内張り材3を加
熱して前記反応硬化型樹脂液を硬化せしめて剛直化す
る。
【0030】さらに前記内張り材3として熱可塑性硬質
樹脂管を使用する場合には、当該内張り材3を加温軟化
させて、扁平にして略U字状に変形させて縮径した状態
で、前記反転用チューブと共に管路1内に引込む。そし
て内張り材3を加熱加圧流体により加熱軟化せしめると
共に、その流体圧力により膨脹させて管路1内面に圧接
し、次いで冷却して剛直化せしめる。
【0031】なお本発明において内張りされる管路1
は、管路系における両端が切離された管路部分の全長で
ある必要はない。内張りされるべき管路1は、反転用チ
ューブ2及び内張り材3を挿入するべき一端は開いてい
ることが必要であるが、他端側は必ずしも開いている必
要はなく、それに続く管路部分に連続していても差支え
ない。従って長尺の管路の端末から、その管路の途中ま
でのみを内張りすることも可能である。
【0032】また図2は、本発明により管路系における
本管から分岐した分岐管に内張りする方法を示すもので
あって、6は管路系における本管であり、7は当該本管
6から分岐部8において分岐した分岐管である。
【0033】而して図1の実施例と同様に、分岐管7の
長さの約2倍の長さを有する反転用チューブ2の後半部
に、分岐管7の長さにほゞ等しい長さを有する内張り材
3が送入されている。なおこの内張り材3は、先の図1
の実施例において述べたと同様のものを使用することが
できる。
【0034】先の実施例と同様、反転用チューブ2の先
端が分岐管7の端末部において、クランプ4により環状
に固定されており、その環状固定部分の後部に流体圧力
を作用させることにより、図2(a)に示されるよう
に、反転用チューブ2は折返し部分5において内側が外
側となるように反転しながら、その折返し部分5が分岐
管7に進入する。
【0035】そして内張り材3が反転用チューブ2と共
に分岐管7に挿入され、内張り材3の全長に亙って分岐
管7が挿通される。このとき図2(b)に示すように、
内張り材3の先端を分岐管7の分岐部8から、膨脹チュ
ーブ6内に若干突出せしめると共に、反転用チューブ2
の折返し部分5は、分岐部8を超えて本管6内に突出さ
せないようにするのが好ましい。
【0036】なお反転用チューブ2の折返し部分5の位
置や、内張り材3の先端の分岐部8からの突出量が不適
切である場合には、反転用チューブ2全体を分岐管7に
対して前後に摺動せしめることにより、それらの調節が
可能である。
【0037】而して反転用チューブ2内の圧力流体を抜
くと共に、内張り材3内に圧力流体を送入して膨脹さ
せ、内張り材3をの外側に二重に配置された反転用チュ
ーブ2を介して、分岐管7内面に圧接する。
【0038】また内張り材3の分岐部8から本管6内へ
の突出部9は、図2(c)に示すように外方に拡開さ
れ、分岐部8における本管6の内面部分に圧接し、当該
本管6の部分に接着する。
【0039】内張り材3の本管6内への突出部9を拡開
し、分岐部8の本管6内面部分に圧接する手段の一例を
図3に示すと、内張り材3内に先端部が袋状に閉塞され
た膨脹チューブ10が挿通されており、反転用チューブ
2が反転することにより内張り材3が分岐管7に挿通さ
れるに伴われて、膨脹チューブ10も管路1内に挿通さ
れると共に、膨脹チューブ10の先端部は内張り材3の
先端から管路1内に突出する。
【0040】この状態で膨脹チューブ10内に流体圧力
を作用させ、図3(b)に示すように当該膨脹チューブ
10を介して内張り材3を膨ませ、二重の反転用チュー
ブ2を介して内張り材3を分岐管7に圧接すると共に、
内張り材3の先端から突出した膨脹チューブ10が管路
1内で膨脹することにより、当該膨脹チューブ10が内
張り材3の突出部9を拡開すると共に、分岐部8におけ
る本管6の内面部分に直接圧接せしめる。
【0041】
【発明の効果】本発明においては、反転用チューブ2を
圧力流体で反転しながら、当該反転用チューブ2の後半
部内に挿入された内張り材3を管路1又は分岐管7内に
引込むので、内張り材3を管路1又は分岐管7に引込む
ための張力は、その大部分を反転用チューブ2が負担す
る。
【0042】従って本発明によれば、内張り材3の種類
に拘らず、内張り材3に過大なテンションがかかること
がなく、内張り材3が引伸ばされて厚みにムラが生じた
り、破断したりすることがない。
【0043】また繊維層に反応硬化型樹脂液を含浸した
内張り材を使用した場合においても、この内張り材を流
体圧力で裏返すことがないので、折返し部分から樹脂液
が絞り出されることがないので、樹脂液の付着量に部分
的なムラが生じることがなく、全長に亙って均一に内張
りすることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の方法により管路1に内張りする工程
を概念的に示す中央縦断面図
【図2】 本発明の方法により管路系の分岐管7に内張
りする工程を概念的に示す中央縦断面図
【図3】 本発明の方法により分岐管7から分岐部8に
おける本管6の内面部分にかけて内張りする工程を示す
中央縦断面図
【符号の説明】
1 管路 2 反転用チューブ 3 内張り材 5 折返し部分 6 本管 7 分岐管 8 分岐部 9 突出部 10 膨脹チューブ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平1−242232(JP,A) 特開 昭63−286325(JP,A) 特開 昭63−254025(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B29C 63/00 - 63/48 F16L 55/16

Claims (7)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 内張りすべき管路(1)の長さの約2倍
    の長さを有する反転用チューブ(2)の後半部内に、前
    記内張りすべき管路(1)の長さにほゞ等しい長さを有
    する内張り材(3)を挿入し、前記反転用チューブ
    (2)の先端を管路(1)の一端部において環状に固定
    し、当該環状固定部の後部において前記反転用チューブ
    (2)の外側に流体圧力を作用させ、当該流体圧力によ
    り、前記環状固定部に形成される反転用チューブ(2)
    の折返し部(5)において、反転用チューブ(2)を内
    側が外側となるように反転しながら、その折返し部
    (5)を前記管路(1)内を前記一端から他端に向って
    進行させることにより、当該反転用チューブ(2)内に
    挿入された前記内張り材(3)をその全長に亙って管路
    (1)内に引込み、次いで内張り材(3)を流体圧力に
    より膨脹させて二重の反転用チューブ(2)を介して管
    路(1)内面に圧接し、内張り材(3)を剛直化せしめ
    ることを特徴とする、管路の内張り方法
  2. 【請求項2】 前記内張り材(3)が、織布又は不織布
    よりなる繊維層の内面にゴム又は軟質合成樹脂よりなる
    気密性の皮膜層を形成してなり、前記繊維層に反応硬化
    型樹脂液を含浸したものであって、当該内張り材(3)
    を加熱加圧流体により膨脹させて管路(1)内面に圧接
    すると共に、内張り材(3)を加熱して前記反応硬化型
    樹脂液を硬化せしめ、内張り材(3)を剛直化すること
    を特徴とする、請求項1に記載の管路の内張り方法
  3. 【請求項3】 前記内張り材(3)が、反応硬化型樹脂
    液に繊維を分散し、部分的に増粘してなるシートモール
    ディングコンパウンド(SMC)を、筒状に丸めたもの
    であって、当該内張り材(3)を加熱加圧流体により膨
    脹させて管路(1)内面に圧接すると共に、その内張り
    材(3)を加熱して前記反応硬化型樹脂液を硬化せし
    め、内張り材(3)を剛直化することを特徴とする、請
    求項1に記載の管路の内張り方法
  4. 【請求項4】 前記内張り材(3)が、熱可塑性硬質樹
    脂管であって、当該内張り材(3)を加温軟化して変形
    させて縮径した状態で、前記反転用チューブ(2)と共
    に管路(1)内に引込み、当該内張り材(3)を加熱加
    圧流体により加熱軟化せしめると共に膨脹させて管路
    (1)内面に圧接し、次いで冷却して剛直化せしめるこ
    とを特徴とする、請求項1に記載の管路の内張り方法
  5. 【請求項5】 管路の本管(6)から分岐した分岐管
    (7)に内張りする方法であって、前記分岐管(7)の
    長さの約2倍の長さを有する反転用チューブ(2)の後
    半部内に、前記分岐管(7)の長さにほゞ等しい長さを
    有する内張り材(3)を挿入し、前記反転用チューブ
    (2)の先端を分岐管(7)の端末部において環状に固
    定し、当該環状固定部の後部において前記反転用チュー
    ブ(2)の外側に流体圧力を作用させ、当該流体圧力に
    より、前記環状固定部に形成される反転用チューブ
    (2)の折返し部(5)において、反転用チューブ
    (2)を内側が外側となるように反転しながら、その折
    返し部(5)を前記分岐管(7)内を前記端末から本管
    (6)との分岐部(8)に向って進行させることによ
    り、当該反転用チューブ(2)内に挿入された前記内張
    り材(3)をその全長に亙って分岐管(7)内に引込む
    と共に、その内張り材(3)の先端部を分岐部(8)か
    ら本管(6)内に突出せしめ、次いで内張り材(3)を
    流体圧力により膨脹させて二重の反転用チューブ(2)
    を介して分岐管(7)内面に圧接すると共に、その内張
    り材(3)の本管(6)内への突出部(9)を拡開して
    分岐部(8)における本管(6)の内面部分に圧接し、
    内張り材(3)を剛直化せしめることを特徴とする、管
    路の内張り方法
  6. 【請求項6】 前記内張り材(3)内に先端を閉塞した
    膨脹チューブ(10)が挿通されており、内張り材
    (3)が分岐管(7)に挿通されてその先端部が本管
    (6)内に突出した状態において、前記膨脹チューブ
    (10)内に圧力流体を送入して内張り材(3)を分岐
    管(7)に圧接すると共に、膨脹チューブ(10)が本
    管(6)内において膨脹することにより内張り材(3)
    の本管(6)内への突出部(9)を拡開せしめ、分岐部
    (8)の本管(6)内面部分に圧接することを特徴とす
    る、請求項5に記載の管路の内張り方法
  7. 【請求項7】 内張り材(3)が分岐管(7)に挿通さ
    れ、その内張り材(3)の先端部が本管(6)内に突出
    した状態において、前記反転用チューブ(2)の折返し
    部(5)が分岐部(8)を超えて本管(6)内に突出し
    ておらず、内張り材(3)の本管(6)内への突出部
    (9)が拡開されて直接分岐部(8)の本管(6)内面
    部分に圧接せしめられることを特徴とする、請求項5又
    は6に記載の管路の内張り方法
JP19177994A 1994-07-22 1994-07-22 管路の内張り方法 Expired - Lifetime JP3400556B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19177994A JP3400556B2 (ja) 1994-07-22 1994-07-22 管路の内張り方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19177994A JP3400556B2 (ja) 1994-07-22 1994-07-22 管路の内張り方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0834062A JPH0834062A (ja) 1996-02-06
JP3400556B2 true JP3400556B2 (ja) 2003-04-28

Family

ID=16280402

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19177994A Expired - Lifetime JP3400556B2 (ja) 1994-07-22 1994-07-22 管路の内張り方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3400556B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4914066B2 (ja) * 2005-12-28 2012-04-11 株式会社P・C・Gテクニカ 配管ライニング方法
JP4841962B2 (ja) * 2006-01-30 2011-12-21 株式会社P・C・Gテクニカ 配管ライニング方法
JP5660669B2 (ja) * 2010-12-24 2015-01-28 芦森工業株式会社 枝管の内張り方法及び樹脂管処理装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0834062A (ja) 1996-02-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2736368B2 (ja) 管路の内張り材及び管路の内張り方法
US6619886B1 (en) System and method for installing formed-in-situ localized repair of pipes and conduits
US5964249A (en) Apparatus and method for repairing a pipeline
JP2007512155A (ja) 一体化した内側の不浸透層を有する現場硬化型ライナー及び連続製造方法
JPH0919962A (ja) 管ライニング工法
JP3400556B2 (ja) 管路の内張り方法
JP3224246B2 (ja) 管路の分岐部及び分岐を有する管路の補修方法
JP3417592B2 (ja) 管路内管の形成方法
JPH11227048A (ja) ライニング管及びライニング管の挿入方法
IE913889A1 (en) Improvements relating to the lining of pipelines or¹passageways
JP2008001057A (ja) 管内面のライニング工法
JPH07277Y2 (ja) 拡張治具
JPH0661844B2 (ja) 反転ライニング用内張り材
JP4502263B2 (ja) 管路の内張り材
JPH074855B2 (ja) ライニング工法
JP3047080B2 (ja) 管路の内張り方法
JP3447417B2 (ja) 管路への内張り材の引込み方法
JP3375513B2 (ja) 分岐管路の内張り装置及び方法
JP3178693B2 (ja) 部分ライニング工法
JP3166939B2 (ja) 異径管路の内張り方法
CA2096745A1 (en) Lining of pipelines or passageways
JPH0926081A (ja) 管路の分岐部の補修装置
JPH11170367A (ja) 管内ライニング方法
JP3504887B2 (ja) 管路の内張り材、その製造方法、管路の内張り方法及び内張りした管路
JP3400955B2 (ja) 既設配管の更生用パイプ及び既設配管更生修理工法

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20030128

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090221

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100221

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110221

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110221

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120221

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120221

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130221

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140221

Year of fee payment: 11

EXPY Cancellation because of completion of term