JP3397154B2 - 旋回式微細気泡発生装置 - Google Patents

旋回式微細気泡発生装置

Info

Publication number
JP3397154B2
JP3397154B2 JP37849698A JP37849698A JP3397154B2 JP 3397154 B2 JP3397154 B2 JP 3397154B2 JP 37849698 A JP37849698 A JP 37849698A JP 37849698 A JP37849698 A JP 37849698A JP 3397154 B2 JP3397154 B2 JP 3397154B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
swirling
swirl
flow
liquid flow
water
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP37849698A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2000000447A (ja
Inventor
博文 大成
Original Assignee
博文 大成
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP37046597 priority Critical
Priority to JP9-370465 priority
Application filed by 博文 大成 filed Critical 博文 大成
Priority to JP37849698A priority patent/JP3397154B2/ja
Priority to NZ336632A priority patent/NZ336632A/xx
Priority to SG9903311A priority patent/SG93836A1/en
Priority to BR9904494-3A priority patent/BR9904494A/pt
Priority to AU38010/99A priority patent/AU770174B2/en
Publication of JP2000000447A publication Critical patent/JP2000000447A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3397154B2 publication Critical patent/JP3397154B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、空気、酸素ガス等
の気体を水道水、河川水、その他液体等に効率的に溶解
して、例えば水質を浄化し、水環境を蘇生するための微
細気泡発生装置の技術分野に属する。
【0002】
【従来の技術】従来のエアレーション、例えば水生生物
成育装置に設置された微細気泡発生装置によるエアレー
ションのほとんどは、成育槽内に設置された管状や板状
の微細気泡発生装置細孔から空気を成育用水中に加圧し
て噴き出すことによって気泡を細分化する方式である
か、又は回転羽根や気泡噴流などにより、せん断力が形
成された成育用水流内に空気を入れて、それを細分化す
るかあるいは加圧された水の急減圧によって水中に溶解
していた空気を気化させて気泡を発生させる方式であ
る。そして、それらの機能を有する微細気泡発生装置に
よるエアレーションでは、基本的には空気の送給量やそ
れぞれの微細気泡発生装置の設備個数等によって必要な
調節が行われているが、空気、炭酸ガス等の気体を水中
に高効率で溶解させ、さらには水の循環を促進する必要
がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
微細気泡発生装置によるエアレーション方式は、例えば
噴き出しによる散気方式では、そこにいかに微細な細孔
を設けても、気泡が細孔から加圧状態で噴出されて体積
膨張し、またその際の気泡の表面張力によって、結果的
に数mm程度の径を有する大きな気泡が発生してしま
い、それよりも小さな気泡を発生させることが困難であ
り、そして、その長時間運転に伴って発生する目詰まり
と動力費の増大の問題が存在した。また、回転羽根や気
泡噴流などにより、せん断力が形成された水流内に、空
気を入れてそれを細分化する方式では、キャビテーショ
ンを発生させるのに高速の回転数が要求され、その動力
費の問題やキャビテーション発生に伴って急激に進行す
る羽根の腐食や振動問題があり、さらに、微細気泡の生
成率が少ないという問題もあった。そしてまた、その他
の回転羽根や突起に気液二相流が衝突する方式において
は、例えば湖沼、魚類水槽内等においては魚類や水生小
生物が破壊されてしまい、水生生物の成育に必要な環境
の形成、維持に支障を来した。さらに、加圧方式では、
装置が大型でかつ高価、さらには運転費も多額を必要と
していた。そして、上記いずれの従来技術によっても、
例えば直径20μm以下といった微細気泡を工業規模で
発生させることは不可能であった。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明者は鋭意研究の結
果、下記構成の発明によって、直径20μm以下の微細
気泡を工業規模で発生させることを可能とした。本発明
の要点は、図6に本発明装置の原理説明図を示すごと
く、漸拡逆円錐体(円錐台)形状の有蓋円筒体4の内部
には、その周辺部分4aの旋回上昇水液流20と、その
内側の部分の旋回下降水液流22と、その中心部分の負
圧の旋回空洞部23、の三重の旋回流を形成し、その負
圧の旋回空洞部23には、自吸気体26と溶出気体成分
27を集積させて、伸長、先細りさせながら旋回下降す
る気体渦管24を形成し、下方の中央還流口6を介して
放出するとき、放出通路の抵抗を受け、旋回速度差を発
生して気体渦管自体が強制的に切断され、微細気泡を発
生する。
【0005】すなわち、本発明の構成は以下の通りであ
る。
【0006】(1)下部流通台の円形収容室の水液流旋
回導入構造と、その上部に被着した上方へ漸拡形状の有
蓋円筒体の内部の周辺部分に形成される旋回上昇水液流
形成構造と、その周辺部分より内側の部分に形成される
旋回下降水液流形成構造と、その旋回上昇水液流と旋回
下降水液流の遠向心分離作用により該有蓋円筒体の中心
部分に形成される負圧の旋回空洞部と、該負圧の旋回空
洞部に、上蓋中心に取付けられた気体自吸管から自吸さ
れた気体と旋回水流中から溶出された気体部分が集積し
て、旋回下降する気体渦管が形成され、かつその伸長と
先細りが形成されるごとくなる気体渦管形成構造と、そ
の伸長、先細り化されて下降する気体渦管が円形収容室
の底部の中央還流口に旋回突入するとき、放出通路の抵
坑を受け、その旋回速度を低下して、旋回速度差を発生
し、同部の気体渦管が強制的に切断されて微細気泡を発
生する微細気泡発生構造と、その発生した微細気泡を旋
回下降水液流に含め、旋回噴流として側面放出口から器
外に放出させるごとくした旋回噴流放出構造とから構成
されてなることを特徴とする旋回式微細気泡発生装置。
【0007】(2)下部流通台の上部に円形収容室を凹
設し、該円形収容室には水液流導入口を、側方から該内
周面に対して接線方向に開口すると共に、その導入管に
ポンプを接続して水液流を付勢旋回導入させるごとくし
てなる、円形収容室の水液流旋回導入構造を備えてなる
ことを特徴とする前項(1)に記載の旋回式微細気泡発
生装置。(3) 前記円形収容室の上部には、上方へ漸拡形状の有
蓋円筒体を直立に被着して、下部の円形収容室の旋回導
入流を送入させ、該有蓋円筒体内部の周辺部分を旋回上
昇させて旋回上昇水液流を形成させ、その上限に到達し
た旋回上昇水液流をその周辺部分より内側の部分に還流
し、旋回下降させて、旋回下降水液流を形成させるごと
くしてなる、上方へ斬拡形状の有蓋円筒体内部の旋回上
昇水液流並びに旋回下降水液流の二重旋回水液流形成構
造を備えてなることを特徴とする前項(1)又は(2)
に記載の旋回式微細気泡発生装置。(4) 前記の漸拡形状の有蓋円筒体内部の旋回上昇水液
流及び旋回下降水液流の二重の旋回流の遠向心分離作用
により、その中心部分に負圧の旋回空洞部が形成され、
該負圧の旋回空洞部に自吸気体と該旋回流から溶出され
た気体成分が集積して、伸長、先細りさせながら旋回下
降する気体が形成されるごとくなる気体渦管形成構造を
備えてなることを特徴とする前項(3)に記載の旋回式
微細気泡発生装置。(5) 前記円形収容室の底部中心に中央還流口を掘孔す
ると共に、該還流口から該流通台の側面放出口に向けて
放出通路を貫孔してなり、該有蓋円筒体内部の中心部分
を伸長、先細りさせながら旋回下降する気体渦管が、中
央還流口に突入及び流出するとき、放出通路の抵抗を受
け、その旋回速度を低下して、その渦管の上下の間で旋
回速度差を発生し、その速度差によって渦管が強制的に
切断され、微細気泡を発生するごとくなる微細気泡発生
構造を備えてなることを特徴とする前項(1)ないし
(4)のいずれか1項に記載の旋回式微細気泡発生装
置。
【0008】(6)前記の中央還流口に複数箇所の側面
放出口を放射状に貫孔し、前記の有蓋円筒体の中心部分
を旋回下降する気体渦管を、その旋回方向の順に、中央
還流口からその複数箇所の側面放出口に向けて送り込
み、その旋回の間に、側面放出口への送り込みによる通
路抵抗の発生と隣接する、還流口の側壁への衝突による
通路抵抗の発生とを、複数回交互に繰り返させ、その都
度、渦管の上下に旋回速度差を発生させて渦管を切断
し、微細気泡が発生されるごとくなる構造を備えてなる
ことを特徴とする前項(1)ないし(5)のいずれかの
項に記載の旋回式微細気泡発生装置。(7) 前記流通台の側面放出口に連接された放出用接続
管が前記有蓋円筒体内の旋回流形成方向に倣ってその放
出方向を曲折して突設させてなることを特徴とする前項
(5)又は(6)に記載の旋回式微細気泡発生装置。
【0009】
【発明の実施の形態】本発明の実施の形態を、以下に図
面に基づいて説明する。
【0010】例えば図6に示すごとく、漸拡逆円錐体
(円錐台)形状の有蓋円筒体4の内部には、その周辺部
分4aの旋回上昇水液流20と、その内側の部分の旋回
下降水液流22と、その中心部分の負圧の旋回空洞部2
3、の三重の旋回流を形成し、その負圧の旋回空洞部2
3には、自吸気体26と溶出気体成分27を集積させ
て、伸長、先細りさせながら旋回下降する気体渦管24
を形成し、下方の中央還流口6を介して放出するとき、
放出通路の抵抗を受け、旋回速度差を発生して気体渦管
自体が強制的に切断され、微細気泡を発生する。
【0011】本発明は装置本体は、液体中に埋没して設
置される場合と、水槽に外接して設置される場合があ
る。本発明においては、通常、液体としては水が、気体
としては空気が採用されるが、液体としてはその他トル
エン,アセトン,アルコール等の溶剤、石油、ガソリン
等の燃料、食用油脂,バター、アイスクリーム、ビール
等の食品・飲料、ドリンク剤等の薬品、浴水等の健康用
品、湖沼水、浄化槽汚染水等の環境水等が採用でき、気
体としてはその他水素、アルゴン、ラドン等の不活性気
体、酸素、オゾン等の酸化剤、炭酸ガス、塩化水素、亜
硫酸ガス、酸化窒素、硫化水素ガス等の酸性ガス、アン
モニア等アルカリ性ガス等が採用できる。
【0012】次に本発明における微細気泡発生装置を説
明する。図1は本発明実施例の旋回式微細気泡の発生装
置の正面図、図2はその平面図、図3はその中央縦断面
図(図2のB〜B断面図)、図4はその下部流通台の横
断面図(図1のA〜A断面図)であり、図5は円筒体内
部のX−X断面における三重の旋回流の説明図、図6は
同じくY−Y断面における旋回昇降流と気体渦管の説明
図、図7は気体渦管における微細気泡発生の説明図、図
8は4箇所の側面放出口を有するときの微細気泡発生構
造の説明図、図9は図8の第1側面放出口における発生
構造の説明図、図10は図8の第1側面放出口に隣接す
る側壁における発生構造の説明図、図11は第2側面放
出口における発生構造の説明図であり、図12は本装置
の水槽内の設置状態説明図である。図中、1は旋回式微
細気泡発生装置、2は下部流通台、3は円形収容室、4
は有蓋円筒体、5は水液流導入口、6は中央還流口、7
は側面放出口、8は気体自吸管、20は旋回上昇水液
流、22は旋回下降水液流、23は負圧の旋回空洞部、
24は気体渦管、25は切断部である。
【0013】本発明の旋回式微細気泡発生装置1の構造
は大別すると、図示のごとく、下部流通台2の円形収容
室3に水液流を付勢旋回導入させる水液流旋回導入構造
と、該円形収容室3の上部に被着した、上方へ漸拡形状
(逆円錐体形状)の有蓋円筒体4の内部の周辺部分4a
に形成される旋回上昇水液流形成構造と、該周辺部分4
aの内側の部分4bに形成される旋回下降水液流形成構
造と、その該旋回上昇水液流20及び旋回下降水液流2
2の二重の旋回流の遠向心分離作用により、その中心部
分4cに形成される負圧の旋回空洞部23と、該負圧の
旋回空洞部23に自吸気体26と溶出気体27を集積し
て形成され、伸長、先細りさせながら旋回下降する気体
渦管24の形成構造と、その気体渦管24が中央還流口
6に突入するとき抵抗を受け、その渦管の上下24a,
bの間で旋回速度差を発生し、その渦管24が強制的に
切断され、微細気泡を発生するごとくなる微細気泡発生
構造と、その発生した微細気泡を旋回下降水流に含め、
旋回噴流として側面放出口7から器外に放出させるごと
くした旋回噴流放出構造とから構成されている。
【0014】また立方体状の下部流通台2の上部中央に
は、円形収容室3が凹設され、該円形収容室3の内周面
3aには、側方から水液流導入口5が該内周面3aに対
して接線方向に開口されている。また該導入口5の外側
取入口に突設された導水管接続具5aには、水液供給用
のポンプ11(図12)及び流量調整弁12(水中でな
く器外に配置してもよい)を途中に取付けた導水管10
が接続され、該円形収容室3の内周面3aに反時計方向
の接線方向から水液流が付勢導入され、図示のD方向
(反時計方向)に旋回導入流を形成するごとくなってい
る。
【0015】また前記円形収容室3の解放された上方段
部には、その筒体下端部の直筒形状部分42を嵌挿し、
その筒体を上に向かって上方へ漸拡逆円錐体形状に形成
した有蓋円筒体4が直立して被着されている。41はそ
の平坦な上蓋であり、その上蓋41の中心軸(C〜C)
上には下方に向けて気体吸入管8が挿設され、後述する
中心部分4cに形成される負圧の旋回空洞部23に気体
を自吸させている。また上述のごとく、円形収容室3に
D矢示の方向に旋回導入された気液混合流は該有蓋円筒
体4の内部にその旋回付勢力を維持しながら送入され、
内部の周辺部分4bを旋回上昇し、旋回上昇水液流20
を形成する。また該旋回上昇水液流は漸拡形状の筒体の
内周面に沿って、次第に旋回速度を増大しながら円筒体
4の上限に到達し、その周辺部分4aより内側の部分4
bに還流21してから旋回下降を始め、旋回下降水液流
22を形成する。次にその旋回上昇水液流20及び旋回
下降水液流22の二重の旋回流の遠向心分離作用によ
り、円筒体4の中心部分4cに負圧の旋回空洞部23を
形成する。
【0016】この旋回下降する負圧の旋回空洞部23と
その周囲を旋回下降する旋回下降水液流22は、中心軸
(C〜C)上の旋回下降領域が円筒体4の逆円錐体形状
のため狭まることによって、それぞれの旋回速度を増速
すると共に、それぞれの内部圧力を逆に低下させるごと
くなる。従って、中心部分4cの旋回空洞部23の形状
は伸長され、先細り化されるが、その伸長と共に内部圧
力はますます低下し、周りを旋回する旋回下降水液流2
2から、その水流中に含有した空気が溶出されてくるよ
うになる。また一方、前記の旋回下降する負圧の旋回空
洞部23には、気体自吸管8を介して空気が自吸され
る。この自吸気体26と前記の旋回流からの溶出気体2
7が負圧の旋回空洞部23に集積して、伸長、先細りさ
せながら旋回下降する気体渦管24が形成される。
【0017】中心軸(C〜C)上を旋回下降する気体渦
管24の形成のみでは微細気泡は発生しない。本発明の
微細気泡発生装置1は、図7に示すごとく、その気体渦
管24に対して、中央還流口6を通り器外に放出される
過程で、その放出通路の抵抗を利用し、その気体渦管2
4の上下24a、24bの間で旋回速度差を発生させ、
その気体渦管24を強制的に捩り切断させ、微細気泡を
発生させるように構成している。また気体渦管24は、
その断面の直径が細いほど、微細気泡の形成にとって好
条件となり得る。またこの断面直径の制御は、気体自吸
管8からの空気の自吸量を流量調整弁12で操作するこ
とによって(図12)、簡単に制御できる。空気の自吸
量の多いほど、気体渦管の断面直径は大きくなり、自吸
量がゼロのときに最小となる。なお自吸気体ゼロのとき
は、気体渦管24は前記の旋回下降水液流22からの溶
出気体27だけで形成されるが、溶存酸素の少ない汚水
の水質浄化の場合は浄化能力についての注意が必要であ
る。以上により、本発明装置1における微細気泡の発生
構造は、有蓋円筒体4内で、旋回下降する気体渦管24
の形成をその第1過程とし、その伸長、先細りさせなが
ら旋回下降する気体渦管24を、その放出通路の抵抗に
より渦管の上下24a、24bの間で旋回速度差を発生
させ、強制的に捩り切断させることによる微細気泡の発
生をその第2過程として構成されることを特徴とするも
のである。
【0018】また本装置1では、円筒体4内を旋回下降
する旋回下降水液流22を器外に放出するための放出通
路として、下方の円形収容室3の底部3bの中心軸(c
−c)上に、中央還流口6が鉛直に掘孔され、さらに該
中央還流口6から下部流通台2の4側面に向けて、放射
状に4箇所の側面放出口7が貫孔されている。前記の旋
回下降する気体渦管24の切断により生成される微細気
泡は、旋回下降水液流22と共に中央還流口6から4箇
所の側面放出口7を介して、器外に放出されるようにな
っている。また、そのとき放出される水流は、旋回力を
付勢されたまま旋回する放出噴流28となって放出され
る。これら側面放出口7は、複数個でなく1個であって
も良く、また側面放出口7を設けずに、中央還流口6を
先細りにしてそこから真直下方へ、旋回下降する気体渦
管24の切断により生成される微細気泡と旋回下降水液
流22を放出する方式としても、微細気泡は生成され
る。
【0019】図8〜図11に示す説明図に基づき、中央
還流口6に4箇所の側面放出口71,72,73,74
を有するときの微細気泡の発生構造を以下に説明する。
前記の有蓋円筒体4の中心部分4cを旋回下降する気体
渦管24は、旋回下降水液流22と共に、その旋回方向
(D矢視)の順序で、中央還流口6から4箇所の側面放
出口71,72,73,74に向けて送り込まれる。図
9はその第1側面放出口71に放出されている状態を示
す。気体渦管の下部24bはその送り込みによる通路抵
抗を受けてその旋回速度を低下させ、気体渦管の上部2
4aとの間で旋回速度差を発生し、渦管は捩り切断さ
れ、微細気泡を発生する。25は切断部を示す。図10
は、気体渦管24が次の第2側面放出口72に向う途中
で、隣接する還流口側壁6aに衝突する通路抵抗を受け
た状態を示す。気体渦管の下部24bは側壁6aに衝突
することによって旋回速度を変化させ、切断部25にお
いて同様に微細気泡を発生させる。図11は、気体渦管
24が第2放出口72に放出されている状態を示し、図
10のときとは異なる旋回速度となり切断部25を発生
し、微細気泡を発生する。以上のごとく1旋回の間に4
箇所の側面放出口71,72,73,74への放出と、
それぞれの隣接する側壁6aへの衝突を4回交互に繰り
返し、その都度、渦管の上下24a、24bの間に旋回
速度差を発生し、渦管を切断して大量の微細気泡を発生
する。
【0020】また、側面放出口7の個数は、旋回流22
と気体渦管24の旋回数と切断部25の数に関係する。
高い旋回数を可能とするためには、高圧力のポンプで、
初期に水液を旋回導入させる必要がある。旋回数を増せ
ば増すほど、切断部(面)25は小さくなり、負圧によ
る気体の溶出が顕著となり、より小さくより大量の微細
気泡を発生させることが可能となる。また側面放出口7
の個数を増やすことによっても微細気泡の数は増加す
る。実験結果からは、一定の回転数のもとでは、最適な
放出口数が水液導入量とも関係していることが判った
が、40リットル/分、揚程15m程度では放出口数は
4個が最適である。
【0021】また前記下部流通台2の側面放出口7の出
口7aには、放出用接続管9が連接されているが、前記
有蓋円筒体4内の旋回流形成方形(D矢視方向)に倣っ
て、その放出方向をD矢示方向に45゜曲折して突設し
ているから、本発明の旋回式微細気泡発生装置1を水槽
13内に設置した場合(図12)、放出用接続管9から
水槽13中に旋回噴流として放出される、該旋回式発生
装置1の周りにD矢示方向の循環流が生成されて、酸素
を含んだ微細気泡が水槽13内に均等に配分されるごと
くなる。上記本発明構成例装置1では、放出口から気泡
径10〜20μmが90%以上を占める微細気泡を含む
水流が放出された。なお、水槽13内に設置する場合、
下部流通台2は重量のある材料が望ましいが、プラスチ
ック製の場合には、さらにその底部に重量のあるステン
レス鋼板を張り付けてもよい。また有蓋円筒体4を透明
材料で構成すると、内部の旋回上昇水液流等の形成、及
びそれらの下降還流の形成が観察される利点を有する。
【0022】また本発明装置の構成材料は、プラスチッ
ク、金属、ガラス等であってよく、各構成部品を接着や
螺着等により一体化することが好ましい。本発明装置に
より発生される微細気泡の用途分野としては、以下のよ
うなものが挙げられる。 .ダム湖、湖沼、池、河川、海等の水域の水質浄化と
生息生物育成による自然環境浄化維持。 .ビオトープ等の人工自然水域における浄化と蛍や水
草等の生物育成。 .工業的用途。 製鉄の製鋼における高温拡散化、ステンレス板及びステ
ンレス線の酸洗浄の促進、超純水製造工場における有機
物除去、オゾンの微細気泡化による汚染水中の有機物除
去、溶存酸素量増加、殺菌,合成樹脂発泡体、例えばウ
レタン発泡体製造、各種廃液処理、エチレンオキサイド
による殺菌・滅菌装置におけるエチレンオキサイドの水
への混合促進、消泡剤のエマルジョン化、活性汚泥処理
法における汚染水へのエアレーション。 .農業分野。 水耕栽培に使用する酸素及び溶存酸素量の向上・収穫率
向上。 .漁業分野。 鰻の養殖、イカ水槽生命維持、ブリの養殖、藻場の人工
生成、魚介類の育成、赤潮発生防止。 .医療分野。 浴槽水に適用して微細泡風呂を構成、血流促進、浴槽水
の保温。
【0023】
【発明の効果】本発明の旋回式微細気泡発生装置によれ
ば、微細気泡を工業規模で容易に生成することができ、
かつ比較的小型で簡単な装置構造のための製作が容易で
あり、池、湖沼、ダム、河川等の水質浄化、微生物によ
る汚水処理、魚類、水棲動物等の養殖等に有効に貢献す
るところ大である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明実施例の旋回式微細気泡発生装置の正面
図である。
【図2】同じく、その平面図である。
【図3】その中央縦断面図(図2のB〜B断面図)であ
る。
【図4】その下部流通台の横断面図(図1のA〜A断面
図)である。
【図5】その有蓋円筒体内部のX〜X断面における三重
の旋回流の説明図である。
【図6】同じくY〜Y断面における旋回昇降流と気体渦
管の説明図である。
【図7】気体渦管における微細気泡発生の説明図であ
る。
【図8】中央還流口に4箇所の側面放出口を有するとき
の微細気泡発生構造の説明図である。
【図9】図8の第1側面放出口における発生構造の説明
図である。
【図10】図8の第1側面放出口に隣接する側壁におけ
る発生構造の説明図である。
【図11】図8の第2側面放出口における発生構造の説
明図である。
【図12】本発明実施例装置の水槽内の設置状態説明図
である。
【符号の説明】
1 旋回式微細気泡発生装置 2 下部流通台 3 円形収容室 3a 内周面 3b 底部 4 有蓋円筒体 4a 周辺部分 4b 周辺部分の内
側の部分 4c 中心部分 5 水液流導入口 5a 導水管接続具 6 中央還流口 6a 側壁 7 側面放出口 7a 放出口出口 8 気体自吸管 9 放出用接続管 10 導水管 11 ポンプ 12 流量調整弁 13 水槽 14 ストレーナ 15 水液 16 ブローワ 17 給気管 19 砂利 20 旋回上昇水液流 21 内側への還流 22 旋回下降水液流 23 負圧の旋回空
洞部 24 気体渦管 24a 気体渦管の
上部 24b 気体渦管の下部 25 切断部 26 自吸気体 27 溶出気体 28 放出噴流 41 上蓋 42 直筒形状部分 50,50’ 加圧液体導入管 60 旋回気体空洞
部 71 第1側面放出口 72 第2側面放出
口 73 第3側面放出口 74 第4側面放出
口 C〜C 中心軸 D 旋回流形成方向

Claims (7)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 下部流通台の円形収容室の水液流旋回導入
    構造と、その上部に被着した上方へ漸拡形状の有蓋円筒
    体の内部の周辺部分に形成される旋回上昇水液流形成構
    造と、その周辺部分より内側の部分に形成される旋回下
    降水液流形成構造と、その旋回上昇水液流と旋回下降水
    液流の遠向心分離作用により該有蓋円筒体の中心部分に
    形成される負圧の旋回空洞部と、該負圧の旋回空洞部
    に、上蓋中心に取付けられた気体自吸管から自吸された
    気体と旋回水流中から溶出された気体部分が集積して、
    旋回下降する気体渦管が形成され、かつその伸長と先細
    りが形成されるごとくなる気体渦管形成構造と、その伸
    長、先細り化されて下降する気体渦管が円形収容室の底
    部の中央還流口に旋回突入するとき、放出通路の抵坑を
    受け、その旋回速度を低下して、旋回速度差を発生し、
    同部の気体渦管が強制的に切断されて微細気泡を発生す
    る微細気泡発生構造と、その発生した微細気泡を旋回下
    降水液流に含め、旋回噴流として側面放出口から器外に
    放出させるごとくした旋回噴流放出構造とから構成され
    てなることを特徴とする旋回式微細気泡発生装置。
  2. 【請求項2】 下部流通台の上部に円形収容室を凹設し、
    該円形収容室には水液流導入口を、側方から該内周面に
    対して接線方向に開口すると共に、その導入管にポンプ
    を接続して水液流を付勢旋回導入させるごとくしてな
    る、円形収容室の水液流旋回導入構造を備えてなること
    を特徴とする請求項に記載の旋回式微細気泡発生装
    置。
  3. 【請求項3】 前記円形収容室の上部には、上方へ漸拡形
    状の有蓋円筒体を直立に被着して、下部の円形収容室の
    旋回導入流を送入させ、該有蓋円筒体内部の周辺部分を
    旋回上昇させて旋回上昇水液流を形成させ、その上限に
    到達した旋回上昇水液流をその周辺部分より内側の部分
    に還流し、旋回下降させて、旋回下降水液流を形成させ
    るごとくしてなる、上方へ斬拡形状の有蓋円筒体内部の
    旋回上昇水液流並びに旋回下降水液流の二重旋回水液流
    形成構造を備えてなることを特徴とする請求項1又は2
    に記載の旋回式微細気泡発生装置。
  4. 【請求項4】 前記の漸拡形状の有蓋円筒体内部の旋回上
    昇水液流及び旋回下降水液流の二重の旋回流の遠向心分
    離作用により、その中心部分に負圧の旋回空洞部が形成
    され、該負圧の旋回空洞部に自吸気体と該旋回流から溶
    出された気体成分が集積して、伸長、先細りさせながら
    旋回下降する気体が形成されるごとくなる気体渦管形成
    構造を備えてなることを特徴とする請求項に記載の旋
    回式微細気泡発生装置。
  5. 【請求項5】 前記円形収容室の底部中心に中央還流口を
    掘孔すると共に、該還流口から該流通台の側面放出口に
    向けて放出通路を貫孔してなり、該有蓋円筒体内部の中
    心部分を伸長、先細りさせながら旋回下降する気体渦管
    が、中央還流口に突入及び流出するとき、放出通路の抵
    抗を受け、その旋回速度を低下して、その渦管の上下の
    間で旋回速度差を発生し、その速度差によって渦管が強
    制的に切断され、微細気泡を発生するごとくなる微細気
    泡発生構造を備えてなることを特徴とする請求項1ない
    し4のいずれか1項に記載の旋回式微細気泡発生装置。
  6. 【請求項6】 前記の中央還流口に複数箇所の側面放出口
    を放射状に貫孔し、前記の有蓋円筒体の中心部分を旋回
    下降する気体渦管を、その旋回方向の順に、中央還流口
    からその複数箇所の側面放出口に向けて送り込み、その
    旋回の間に、側面放出口への送り込みによる通路抵抗の
    発生と隣接する、還流口の側壁への衝突による通路抵抗
    の発生とを、複数回交互に繰り返させ、その都度、渦管
    の上下に旋回速度差を発生させて渦管を切断し、微細気
    泡が発生されるごとくなる構造を備えてなることを特徴
    とする請求項1ないし5のいずれかの項に記載の旋回式
    微細気泡発生装置。
  7. 【請求項7】 前記流通台の側面放出口に連接された放出
    用接続管が前記有蓋円筒体内の旋回流形成方向に倣って
    その放出方向を曲折して突設させてなることを特徴とす
    る請求項5又は6に記載の旋回式微細気泡発生装置。
JP37849698A 1997-12-30 1998-12-30 旋回式微細気泡発生装置 Expired - Lifetime JP3397154B2 (ja)

Priority Applications (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP37046597 1997-12-30
JP9-370465 1997-12-30
JP37849698A JP3397154B2 (ja) 1997-12-30 1998-12-30 旋回式微細気泡発生装置
SG9903311A SG93836A1 (en) 1997-12-30 1999-07-07 Swirling type micro-bubble generating system
AU38010/99A AU770174B2 (en) 1999-07-07 1999-07-07 Swirling type micro-bubble generating system
BR9904494-3A BR9904494A (pt) 1997-12-30 1999-07-07 Sistema de geração de micro-bolhas tipo vórtice
NZ336632A NZ336632A (en) 1997-12-30 1999-07-07 micro-bubble generating apparatus with a conical shaped vessel

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP37849698A JP3397154B2 (ja) 1997-12-30 1998-12-30 旋回式微細気泡発生装置

Related Child Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002263440A Division JP2003181259A (ja) 1997-12-30 2002-09-09 旋回式微細気泡発生方法及び旋回式微細気泡発生装置
JP2002263430A Division JP4525890B2 (ja) 1997-12-30 2002-09-09 旋回式微細気泡発生装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000000447A JP2000000447A (ja) 2000-01-07
JP3397154B2 true JP3397154B2 (ja) 2003-04-14

Family

ID=28458028

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP37849698A Expired - Lifetime JP3397154B2 (ja) 1997-12-30 1998-12-30 旋回式微細気泡発生装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3397154B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005084718A1 (ja) * 2004-03-05 2005-09-15 Reo Laboratory Co., Ltd. ナノバブルの製造方法
WO2005084786A1 (ja) * 2004-03-05 2005-09-15 Reo Laboratory Co., Ltd. 酸素ナノバブル水およびその製造方法
WO2012042700A1 (ja) 2010-09-28 2012-04-05 Koishi Kazunori ろ過材の積層方法に特徴を有する上向きろ過装置
EP2484229A1 (en) 2011-02-07 2012-08-08 Project Japan Inc. Liquid seasoning, beverages, method of seasoning food, and seasoned food

Families Citing this family (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3645250B2 (ja) * 2003-10-06 2005-05-11 独立行政法人産業技術総合研究所 加圧多層式マイクロオゾン殺菌・浄化・畜養殺菌システム
CN101022882B (zh) 2004-08-18 2011-01-26 株式会社富喜制作所 在液体中产生微气泡的方法及气泡产生装置
JP4807968B2 (ja) * 2004-09-28 2011-11-02 株式会社 多自然テクノワークス 足浴装置
JP4807967B2 (ja) * 2004-10-26 2011-11-02 株式会社 多自然テクノワークス 入浴器具
US7997563B2 (en) * 2005-01-13 2011-08-16 National University Corporation University Of Tsukuba Micro-bubble generator, vortex breakdown nozzle for micro-bubble generator, vane swirler for micro-bubble generator, micro-bubble generating method, and micro-bubble applying device
JP2007069071A (ja) * 2005-09-05 2007-03-22 Sharp Corp 微細気泡発生装置およびそれが組み込まれた微細気泡循環システム
JP4490904B2 (ja) * 2005-11-22 2010-06-30 シャープ株式会社 水処理装置
JP2007275713A (ja) * 2006-04-04 2007-10-25 Sumitomo Metal Mining Co Ltd 液体中の金属の酸化除去方法
JP4866990B2 (ja) * 2006-07-11 2012-02-01 株式会社三井造船昭島研究所 船体摩擦抵抗低減装置
JP4969939B2 (ja) * 2006-07-31 2012-07-04 株式会社オプトクリエーション 超微細気泡発生方法
JP4931201B2 (ja) * 2006-10-13 2012-05-16 独立行政法人産業技術総合研究所 極微小気泡を含む水の製造方法および極微小気泡を含む水
JP5294370B2 (ja) * 2006-10-13 2013-09-18 独立行政法人産業技術総合研究所 反応活性種を含む水の製造方法および反応活性種を含む水
JP5252861B2 (ja) * 2007-01-15 2013-07-31 芝浦メカトロニクス株式会社 基板の処理装置
WO2008087903A1 (ja) * 2007-01-15 2008-07-24 Shibaura Mechatronics Corporation 基板の処理装置及び処理方法
JP2008303458A (ja) * 2007-05-10 2008-12-18 Hitachi Chem Co Ltd 無電解めっき装置及び無電解めっき液への酸素供給方法
JP4851403B2 (ja) * 2007-08-08 2012-01-11 西松建設株式会社 汚泥減容処理方法及び装置
JP5666086B2 (ja) 2008-12-25 2015-02-12 ジルトロニック アクチエンゲゼルシャフトSiltronic AG シリコンウェハ洗浄装置
EP2399944B2 (en) 2009-02-17 2019-08-07 Nippon Shokubai Co., Ltd. Polyacrylic acid-based water-absorbing resin powder and method for producing the same
WO2011025069A1 (ja) * 2009-08-28 2011-03-03 株式会社ナノプラネット研究所 アンモニア及びアンモニウム化合物の製造方法
US9334376B2 (en) 2009-12-24 2016-05-10 Nippon Shokubai Co., Ltd Water-absorbable polyacrylic acid resin powder, and process for production thereof
BR112012033513A2 (pt) * 2010-06-29 2016-11-29 Coldharbour Marine Ltd dispositivo para a geração de ondas de choque e método de transmissão
WO2013038231A1 (en) * 2011-09-13 2013-03-21 Caporal Piotrovski Murillo Rechargeable and resterilizable mixing device with physiological gas and solution to create foam with microbubbles, used in endovascular treatments.
GB2497954A (en) 2011-12-22 2013-07-03 Coldharbour Marine Ltd Gas lift pump with a sonic generator
WO2015056003A2 (en) 2013-10-14 2015-04-23 Coldharbour Marine Limited Apparatus and method
WO2015162499A2 (en) * 2014-03-31 2015-10-29 Piotrovski Murillo Caporal Rechargeable and resterilizable mixing device with physiological gas and solution to create foam with microbubbles, used in endovascular treatments
JP2016104474A (ja) 2014-08-22 2016-06-09 有限会社情報科学研究所 共鳴発泡と真空キャビテーションによるウルトラファインバブル製造方法及びウルトラファインバブル水製造装置。
JP5936168B1 (ja) * 2015-10-02 2016-06-15 株式会社安原設備工業 水中酸素溶解装置およびこれを用いた水中酸素溶解方法
KR101874287B1 (ko) * 2018-03-06 2018-08-02 주식회사 에코셋 석영관 세척장치

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2005084718A1 (ja) * 2004-03-05 2005-09-15 Reo Laboratory Co., Ltd. ナノバブルの製造方法
WO2005084786A1 (ja) * 2004-03-05 2005-09-15 Reo Laboratory Co., Ltd. 酸素ナノバブル水およびその製造方法
WO2012042700A1 (ja) 2010-09-28 2012-04-05 Koishi Kazunori ろ過材の積層方法に特徴を有する上向きろ過装置
EP2484229A1 (en) 2011-02-07 2012-08-08 Project Japan Inc. Liquid seasoning, beverages, method of seasoning food, and seasoned food

Also Published As

Publication number Publication date
JP2000000447A (ja) 2000-01-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3397154B2 (ja) 旋回式微細気泡発生装置
JP2003205228A (ja) 旋回式微細気泡発生装置
JP4420161B2 (ja) 旋回式微細気泡発生方法及び装置
EP0963784B1 (en) Swirling fine-bubble generator and method
JP4725707B2 (ja) 旋回式微細気泡発生装置及び同気泡発生方法
JP2010155243A (ja) 旋回式微細気泡発生装置
KR100843970B1 (ko) 마이크로 버블 발생장치
US6032931A (en) Apparatus for selective aeration
WO2001097958A1 (fr) Generateur de bulles d'air fines et dispositif de generation de bulles d'air fines muni de ce generateur
EP1670574B1 (en) Method and apparatus for mixing of two fluids
JP2003181259A (ja) 旋回式微細気泡発生方法及び旋回式微細気泡発生装置
US6270061B1 (en) Device for agitating a liquid in a reactor and for injecting a gas into this liquid
US4680119A (en) Apparatus for introducing a gas into a liquid
JPWO2010107077A1 (ja) マイクロバブル発生装置、活性汚泥の曝気処理システム及びバラスト水の殺菌処理システム
JP2003117368A (ja) 気−液または液−液の混合器、混合装置、混合液製造法および微細気泡含有液製造法
CN201058829Y (zh) 一种高效污水处理混气装置
NZ193051A (en) Free turbines in tube divide bubbles
JPH11333491A (ja) マイクロバブル噴流浄水装置
EP1423182B1 (en) A method and a system for dissolving gas in a liquid
AU770174B2 (en) Swirling type micro-bubble generating system
FI82436C (fi) Anordning foer bildande av smao bubblor i en vaetska.
JPH09314190A (ja) 閉鎖水域汚水浄化装置及び浄化方法
JP2002263459A (ja) 気体吸入量確認器及びそれを備えた微細気泡発生装置
JPH08154531A (ja) エアレータ及びエアレータを備えた水生生物成育装置

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090214

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090214

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100214

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100214

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110214

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120214

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130214

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130214

Year of fee payment: 10

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140214

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140214

Year of fee payment: 11

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140214

Year of fee payment: 11

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term