JP3382232B2 - 静止画情報の管理システム - Google Patents

静止画情報の管理システム

Info

Publication number
JP3382232B2
JP3382232B2 JP2001310034A JP2001310034A JP3382232B2 JP 3382232 B2 JP3382232 B2 JP 3382232B2 JP 2001310034 A JP2001310034 A JP 2001310034A JP 2001310034 A JP2001310034 A JP 2001310034A JP 3382232 B2 JP3382232 B2 JP 3382232B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
still image
entry
video
vob
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2001310034A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002204424A (ja
Inventor
秀夫 安東
Original Assignee
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社東芝 filed Critical 株式会社東芝
Priority to JP2001310034A priority Critical patent/JP3382232B2/ja
Publication of JP2002204424A publication Critical patent/JP2002204424A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3382232B2 publication Critical patent/JP3382232B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】この発明は、静止画を含むデ
ジタル情報の管理システムに関する。 【0002】 【従来の技術】静止画情報をデジタル記録するものとし
てデジタルカメラがある。デジタル記録される静止画情
報は、デジタルカメラ以外に、動画情報をデジタル記録
/再生するDVD(デジタル・バーサタイル・ディス
ク)ビデオにおいても、メニュー画像などに利用されて
いる。 【0003】 【発明が解決しようとする課題】デジタルカメラでは、
撮影した1枚1枚の静止画は別々のファイルとして収納
される。このように1枚毎の静止画情報が個々のファイ
ルに分割して保存されている場合、以下のような不都合
が生じる。 【0004】すなわち、 a)類似した静止画内容あるいは同時期に撮影した静止
画毎にグルーピングされていないので、個々の静止画の
管理および検索が煩雑になる。たとえば、個々の静止画
情報内容を確認するのに別々にファイルを開く必要があ
るので、内容確認に手間がかかる。 【0005】b)録画/再生可能なDVD_RTR(リ
アルタイム・レコーディング)システムの中で複数の静
止画情報も扱おうとする場合、DVDビデオシステムと
の間で互換性・継続性が保てなくなる。 【0006】この発明は上記事情に鑑みなされたもの
で、その目的は、改善された静止画情報の管理システム
を提供することである。 【0007】 【課題を解決するための手段】所定の制御情報および静
止画データを記録できる光ディスクにおいて、この光デ
ィスクは、1以上の静止画で構成される静止画ビデオオ
ブジェクトのグループと、所定の付加オーディオ情報を
記録するように構成される。ここで、前記制御情報が前
記静止画ビデオオブジェクトを管理する静止画AVファ
イル情報を含み、この静止画AVファイル情報が前記静
止画ビデオオブジェクトのグループ情報を含み、この静
止画ビデオオブジェクトのグループ情報が前記静止画ビ
デオオブジェクトのエントリ情報を含み、この静止画ビ
デオオブジェクトのエントリ情報が前記付加オーディオ
情報のグループ番号を示す付加オーディオグループ番号
情報と前記付加オーディオ情報のエントリ番号を示す付
加オーディオエントリ番号情報を含むように構成され
る。前記静止画ビデオオブジェクト内には副映像情報を
含む副映像ストリームが記録可能に構成され、前記エン
トリ情報が前記静止画ビデオオブジェクトのエントリタ
イプ情報を含むように構成され、このエントリタイプ情
報が前記副映像ストリームの数を記述する副映像ストリ
ーム情報をさらに含むように構成されている。また、前
記エントリ情報は付加オーディオ情報を含む一方タイプ
のエントリ情報または付加オーディオ情報を含まない他
方タイプのエントリ情報を持つように構成され、前記静
止画データのエントリタイプ情報が、このエントリタイ
プ情報を含む前記エントリ情報に対応した前記静止画デ
ータを仮の消去状態に設定できる仮消去フラグを格納す
るように構成される。 【0008】 【発明の実施の形態】以下、図面を参照して、この発明
の一実施の形態を説明する。 【0009】図1の(a)〜(f)は、この発明の一実
施の形態に係る情報記録媒体のデータ構造を説明する図
である。 【0010】[1]情報記憶媒体上のデータ概略構造 映像情報あるいは音楽情報の記録・再生が可能な情報記
憶媒体として、図1(a)に示すようなDVD_RTR
ディスク(相変化を利用した光ディスク)1001があ
る。このディスク1001に記録される情報の記録情報
内容(データ構造)について、以下に説明する。 【0011】光ディスク1001に記録される情報の概
略的なデータ構造は、図1(b)に示すように、内周側
1006から順に ・光反射面が凹凸形状をしたエンボスデータゾーンと、
表面が平坦(鏡面)なミラーゾーンと、情報の書き換え
が可能なリライタブルデータゾーンを有するリードイン
エリア1002; ・ユーザーによる記録・書き換えが可能なリライタブル
データゾーンに記録されるものであって、オーディオ・
ビデオデータ(AVデータ)のファイルまたはボリュー
ム全体に関する情報が格納されたボリューム・ファイル
管理情報1003; ・ユーザーによる記録・書き換えが可能なリライタブル
データゾーンからなるデータエリア1004; ・情報の書き換えが可能なリライタブルデータゾーンで
構成されるリードアウトエリア1005; に分かれている。 【0012】リードインエリア1002のエンボスデー
タゾーンには、 ・DVD−ROM/DVD−RAM/DVD−Rなどの
ディスクタイプ、ディスクサイズ、記録密度、記録開始
/記録終了位置を示す物理セクタ番号などの情報記憶媒
体全体に関する情報; ・記録パワーと記録パルス幅、消去パワー、再生パワ
ー、記録・消去時の線速などの記録・再生・消去特性に
関する情報; ・製造番号などそれぞれ1枚ずつの情報記憶媒体の製造
に関する情報; が事前に記録される。 【0013】リードインエリア1002のリライタブル
データゾーンとリードアウトエリア1005のリライタ
ブルデータゾーンは、それぞれ、 ・各情報記憶媒体ごとの固有ディスク名記録エリア、 ・試し記録エリア(記録消去条件の確認用)、 ・データエリア1004内の欠陥領域に関する管理情報
記録エリア を持ち、上記領域へ情報記録再生装置による記録が可能
になっている。 【0014】リードインエリア1002とリードアウト
エリア1005の間に挟まれたデータエリア1004に
は、図1(c)に示すように、コンピュータデータとオ
ーディオ・ビデオデータ(AVデータ)の混在記録が可
能になっている。 【0015】コンピュータデータとオーディオ・ビデオ
データの記録順序、各記録情報サイズは任意である。こ
こで、コンピュータデータが記録されてある場所をコン
ピュータデータエリア1008、1010と呼びオーデ
ィオ・ビデオデータが記録された領域をオーディオ・ビ
デオデータエリア1009と名付ける。 【0016】オーディオ・ビデオデータエリア1009
内に記録された情報のデータ構造は、図1(d)のよう
に、 ・制御情報のためのアンカーポインタ1015:オーデ
ィオ・ビデオデータエリア1009内の最初の位置に配
置され、オーディオ・ビデオデータエリア1009内の
制御情報1011が記録されている先頭位置(先頭アド
レス)を示す情報; ・制御情報1011:録画(録音)、再生、編集、検索
の各処理を行う時に必要な制御情報; ・ビデオオブジェクト1012:ビデオデータの中身
(コンテンツ)の録画情報; ・ピクチャオブジェクト1013:静止画、スライド画
像などの静止画情報; ・オーディオオブジェクト1014:オーディオデータ
の中身(コンテンツ)の録音情報; ・サムネールオブジェクト1016:ビデオデータ内の
見たい場所を検索する場合、または編集時に利用される
サムネール(Thumbnail)などの縮小画像情報; などから構成される。 【0017】図1(d)のビデオオブジェクト101
2、ピクチャオブジェクト1013、オーディオオブジ
ェクト1014、サムネールオブジェクト1016は、
それぞれ、コンテンツ内容(データの中身)毎に分類し
た情報の集まり(グループ)を意味している。 【0018】したがって、オーディオ・ビデオデータエ
リア1009に記録された全ての映像情報はビデオオブ
ジェクト1012に含まれ、全静止画情報はピクチャオ
ブジェクト1013に含まれ、全オーディオ・音声情報
はオーディオオブジェクト1014に含まれ、映像情報
の管理・検索に用いられる全サムネール情報はサムネー
ルオブジェクト1016に含まれる。 【0019】後述する図3で示したビデオオブジェクト
VOB1403は、AVファイル(オーディオ/ビデオ
のファイル)1401内に記録された情報の塊(まとま
り)を示し、図1(d)のビデオオブジェクト1012
とは異なる定義になっている。類似した用語を用いてい
るが、全く異なる意味で使用しているので注意が要す
る。 【0020】さらに制御情報1011の内容は、図1
(e)に示すように、 ・AVデータ制御情報1101:ビデオオブジェクト1
012内のデータ構造を管理し、また情報記憶媒体であ
る光ディスク1001上での記録位置に関する情報の管
理情報; ・再生制御情報1021:再生時に必要な制御情報; ・記録制御情報1022:記録(録画・録音)時に必要
な制御情報; ・編集制御情報1023:編集時に必要な制御情報; ・サムネール制御情報1024:ビデオデータ内の見た
い場所検索用または編集用サムネール(サムネールオブ
ジェクト)に関する管理情報; などを有している。 【0021】なお、図1(e)の制御情報1101、1
021は、図2のRTR.IFOおよび図23のRTR
_VMGに対応している。 【0022】また図1(e)に示されているAVデータ
制御情報1101内のデータ構造は、図1(f)に示す
ように、 ・アロケーションマップテーブル1105:情報記憶媒
体(光ディスク1001)上の実際の配置に沿ったアド
レス設定、既記録・未記録エリアの識別などに関する情
報; ・ビデオタイトルセット情報VTSI1106:図3に
示すようなAVファイル1401内の全体的な情報内容
を示し、各VOB間のつながり情報、管理・検索のため
の複数VOBのグルーピング情報やタイムマップテーブ
ルなどの時間情報(図8のRTR_VMGIに対応); ・ビデオオブジェクト情報1107:図3(d)に示す
ようなAVファイル1401内の各VOB個々に関する
情報を示し、VOB毎の属性(特性)情報やVOB内に
含まれる個々のVOBUに関する情報(図8のM_AV
FIT/S_AVFITまたは図12のS_AVFIT
に対応); ・プログラムチェーン制御情報1103:映像情報再生
プログラム(シーケンス)に関する情報(図23のPG
CIに対応); ・セル再生情報1108:再生時の映像情報基本単位の
データ構造に関する情報(図23のCIまたは図24の
S_CIに対応); から構成されている。 【0023】図1の(a)〜(f)を概説すると上記の
内容になるが、個々の情報に対して以下に若干の説明補
足を行う。 【0024】ボリューム・ファイル管理情報1003に
は、 ・ボリューム全体に関する情報; ・含まれるPCデータのファイル数、AVデータに関す
るファイル数; ・記録レイヤー情報; などに関する情報が記録されている。 【0025】特に、記録レイヤー情報として、 ・構成レイヤー数(例:RAM/ROM2層ディスク1
枚は2レイヤー、ROM2層ディスク1枚も2レイヤ
ー、片面ディスクn枚はnレイヤーとしてカウントす
る); ・各レイヤー毎に割り付けた論理セクタ番号範囲テーブ
ル(各レイヤー毎の容量); ・各レイヤー毎の特性(例:DVD−RAMディスク、
RAM/ROM2層ディスクのRAM部、CD−RO
M、CD−R など); ・各レイヤー毎のRAM領域でのゾーン単位での割付け
論理セクタ番号範囲テーブル(各レイヤー毎の書換え可
能領域容量情報も含む); ・各レイヤー毎の独自のID情報(たとえば多連ディス
クパック内のディスク交換を発見するための情報); が記録される。これにより、多連ディスクパックやRA
M/ROM2層ディスクに対しても連続した論理セクタ
番号を設定して1個の大きなボリューム空間として扱え
るようになっている。 【0026】再生制御情報1021では、 ・PGCを統合した再生シーケンスに関する情報; ・上記に関連して情報記憶媒体をVTRやDVCのよう
に一本のテープと見なした擬似的記録位置を示す情報
(記録された全てのセルを連続して再生するシーケン
ス); ・異なる映像情報を持つ複数画面同時再生に関する情
報; ・検索情報(検索カテゴリー毎に対応するセルIDとそ
のセル内の開始時刻のテーブルが記録され、ユーザーが
カテゴリーを選択して該当映像情報への直接アクセスを
可能にする情報); などが記録されている。 【0027】また記録制御情報1022には、 ・番組予約録画情報などが記録されている。 【0028】さらに、編集制御情報1023には、 ・各PGC単位の特殊編集情報(該当時間設定情報と特
殊編集内容がEDL情報として記載されているもの); ・ファイル変換情報(AVファイル内の特定部分をAV
IファイルなどのPC上で特殊編集を行えるファイルに
変換し、変換後のファイル格納場所を指定するもの); が記録されている。 【0029】また、サムネール制御情報1024には、 ・サムネールオブジェクト1016に関する管理情報
… AVデータエリア1009内での1枚毎のサムネー
ル画像の記録場所と各サムネール画像が関係するVOB
またはセルの指定情報、各サムネール画像が関係するV
OBまたはセル内の場所情報など(VOB、セルについ
ては図3の内容説明場所で詳細に説明する)が記載され
ている。 【0030】[2]データエリア内データファイルのデ
ィレクトリ構造 次に、ディレクトリ構造について説明する。図1(b)
のデータエリア1004内に記録される全情報は、ファ
イル単位で記録される。各データファイル間の関係は、
図2に示すようなディレクトリ構造により管理されてい
る。 【0031】図2において、ルートディレクトリ145
0の下には記録されるファイル内容毎に分類が容易なよ
うに複数のサブディレクトリ1451が設置されてい
る。 【0032】図2の実施の形態では、図1(c)のコン
ピュータデータエリア1008、1010に記録される
コンピュータデータに関する各データファイルはコンピ
ュータデータ保存用サブディレクトリ1457の下に記
録され、オーディオ・ビデオデータエリア1009 に
記録されるオーディオ・ビデオデータはリライタブルビ
デオタイトルセットRWV_TS1452の下に記録さ
れる。 【0033】また、DVDビデオディスク(またはDV
Dオーディオディスク)に記録されている映像情報を図
1(a)のディスクにコピーする場合には、ビデオタイ
トルセットVIDEO_TS1455とオーディオタイ
トルセットAUDIO_ TS1456の下にコピーす
る。 【0034】図1(d)の制御情報1011情報は録再
ビデオ管理データとして1個のファイルとして記録され
る。図2の実施の形態ではそのファイル名はRWVIDEO_CO
NTROL.IFO(またはリアルタイム記録情報;略してRT
R.IFO)と名付けている。さらにバックアップ用に
同一の情報をRWVIDEO_CONTROL.BUPというファイル名で
記録してある。 【0035】図2の実施の形態では、図1(d)のビデ
オオブジェクト(RTR_MOV.VRO)1012、
ピクチャオブジェクト(RTR_STO.VRO)10
13、オーディオオブジェクト(RTR_STA.VR
O)1014、サムネールオブジェクト1016を全て
AVファイル1401(図2の実施の形態でのファイル
名はRWOBJECT.OB)として1個のファイルにまとめて記
録している。 【0036】図1には図示してないが、映像の録画再生
時に利用できる録再付加情報1454を同時に記録する
ことができ、その情報はまとめて1個のファイルとして
記録され、図2の実施の形態ではRWADD.DAT(図12の
S_AA_STI/S_AAFIまたは図27のAA_
ENTに対応)というファイル名が付いている。 【0037】[3]AVファイル内のデータ構造 AVファイル内のデータ構造の例を図3に示す。図3
(b)に示すようにAVファイル1401全体で1個の
ビデオタイトルセットVTS(またはRTRムービーオ
ブジェクトRTR_MOV.VRO)1402を構成し
ている。 【0038】VTS・1402の中は、オーディオ・ビ
デオデータの内容やAVファイル1401内に記録され
た情報の順序に沿って複数パートオブタイトル(または
複数チャプタ)1407、1408に分離された複数の
ビデオオブジェクトVOB1403、1404、140
5の集まりから成り立っている。 【0039】図3(d)のVOB1403、1404、
1405は、AVファイル1401内に記録されるオー
ディオ・ビデオデータのまとまりとして定義され、映像
情報/静止画情報/オーディオ情報/サムネール情報な
どの分類項目的色彩の強い図1(d)に示したビデオオ
ブジェクト1012とは、異なる定義内容を有する。 【0040】したがって、図3(d)のVOB140
3、1404、1405の中にビデオオブジェクト10
12に分類される情報が記録されているだけでなく、図
10に示すように、ピクチャオブジェクト1013やオ
ーディオオブジェクト1014、サムネールオブジェク
ト1016に分類される情報も記録される。 【0041】各VOB1403、1404、1405内
に記録された情報内容(コンテンツ)を元に関連性のあ
るVOB毎にグルーピングが行なわれ、各グループ毎に
パートオブタイトルPTT(またはチャプタ)140
7、1408としてまとめられている。 【0042】つまりPTT1407、1408は、1個
または複数個のVOBの集合体として構成される。 【0043】図3(c)の実施の形態ではVOB140
4とVOB1405の2個のVOBでPTT1408が
構成され、PTT1407は1個のVOB1403のみ
から構成されている。 【0044】映像情報の最小基本単位をビデオオブジェ
クトユニットVOBU1411〜1414と呼び、ビデ
オオブジェクトVOB1403〜1405内のデータは
図3(e)に示すようにこのVOBU1411〜141
4の集合体として構成される。 【0045】VOB1403〜1405での映像情報圧
縮技術には、MPEG1あるいはMPEG2が使用され
る場合が多い。 【0046】MPEGでは映像情報をおよそ0.5秒刻
みでグループオブピクチャGOPと呼ばれるグループに
分け、このGOP単位で映像情報の圧縮を行っている。
このGOPとほぼ同じサイズでGOPに同期して、ビデ
オオブジェクトユニットVOBU1411〜1414の
映像情報圧縮単位が形成されている。 【0047】これらのVOBU1411〜1414は、
2048バイト単位のセクタ1431〜1437毎に分
割されて記録される。各セクタ1431〜1437に
は、パック構造形式で記録がなされる。すなわち、パッ
ク毎に、生の映像情報、副映像情報、音声情報、ダミー
情報が、それぞれ、ビデオパックV_PCK1421,1
425,1426,1427、副映像パックSP_PCK
1422、オーディオパックA_PCK1423、ダミ
ーパックDM_PCK1424の形で、記録されてい
る。 【0048】各パックのサイズは2048バイトである
が、その先頭に14バイトのパックヘッダを持つため、
各パック内に記録される情報量は2034バイトとな
る。 【0049】ここでダミーパックDM_PCK1424
は、録画後の追記情報の事後追加用に用いられる。たと
えば、アフターレコーディング(アフレコ)情報をオー
ディオパックの中に入れてダミーパックと交換する、メ
モ情報を副映像パックに挿入してダミーパックと交換す
るなどの使用目的で、事前に挿入されている。 【0050】図1(a)に示した情報記憶媒体(光ディ
スク1001)の一例であるDVD−RAMディスク
(DVD_RTRディスク)の記録エリアは複数のセク
タに分割されている。1セクタ当たり2048バイトの
データ量を記録できる。このDVD−RAMディスクで
はセクタ(2048バイト)単位での記録・再生を行
う。したがって、情報記憶媒体(光ディスク1001)
としてDVD−RAMディスクを用いた場合、図3
(f)に示すように各パックはセクタ1431〜143
7単位で記録される。 【0051】図3(b)と(d)に示すようにAVファ
イル1401内の全VOB1403〜1405の一連の
つながりでビデオタイトルセットVTS(またはRTR
_MOV.VRO)1402が構成されている。それに
対して再生制御情報(パック制御情報)1021に記述
された再生手順では任意のVOB内のしかも任意の範囲
を指定し、しかも任意の再生順番で再生することが可能
となっている。再生時の映像情報基本単位をセル144
1、1442、1443と呼ぶ。 【0052】セル1441、1442、1443は任意
のVOB内のしかも任意の範囲を指定することができる
が、VOBをまたがって指定することはできない(1個
のセルで複数のVOBをつないで範囲を設定できな
い)。 【0053】図3(g)の実施の形態では、セル144
1はVOB1403内の1個のVOBU1412を指定
し、セル1442は1個のVOB1404全体を指定
し、セル1443はVOBU1414内の特定のパック
(V_PCK1427)のみの範囲を指定している。 【0054】また映像情報再生シーケンスを示す情報は
プログラムチェーンPGC1446により設定され、こ
の再生シーケンスは1個のセル指定、もしくは複数のセ
ルのつながり情報により記述される。たとえば図3
(h)の実施の形態ではプログラムチェーンPGC14
46はセル1441とセル1442とセル1443のつ
ながりとして再生プログラムを構成している(セルとP
GCの関係についての詳細説明は後述する)。 【0055】図3のVOB1403は、ビデオ情報のみ
ならずオーディオ情報も含むことができるようになって
いる。この場合、VOB1403を構成するVOBU1
411は、ビデオパートを構成するV_PCK1421
およびSP_PCK1422と、オーディオパートを構
成するA_PCK1423およびDM_PCK(アフタ
ーレコーディング用)1424とを含む。 【0056】ビデオパートは、V−PCKの先頭側の一
部の内容で構成されるシーケンスヘッダおよびGOPヘ
ッダと、V_PCK群の内容で構成されるMPEGのI
ピクチャと、V−PCKの末尾側の一部の内容で構成さ
れるシーケンスエンドコードと、SP_PCKの内容で
構成される副映像ユニットSPUとで形成されている
(図3(j)参照)。 【0057】また、オーディオパートは、ビデオパート
のIピクチャを用いた静止画再生に同期して再生される
オーディオデータを含むもので、1以上のオーディオフ
レームにより構成されている(図3(i)参照)。 【0058】[4]アロケーションマップテーブル内容 次に、図1(f)のアロケーションマップテーブル11
05の内容について、図4を参照しながら説明する。 【0059】前述したようにDVD−RAMディスクの
記録エリアは複数のセクタに分割され、内周側から順に
昇順で連続して論理セクタ番号(LSN)が付けられて
いる。 【0060】いま、情報記憶媒体(光ディスク100
1)のデータエリア1004内に以下の手順で映像情報
を記録した場合を考える。 【0061】1.情報記憶媒体(光ディスク1001)
におけるデータエリア1004内の論理セクタ番号a+
1からgまでの連続領域(a<g)にAVファイル14
01記録エリアを確保する。 【0062】2.AVファイル1401記録エリア内の
論理セクタ番号b+1からcまでの連続領域(b<c)
にVOB#1・1461のデータを記録する。 【0063】3.AVファイル1401記録エリア内の
論理セクタ番号d+1からeまでの連続領域(d<e)
にVOB#2・1462のデータを記録する。 【0064】上記1.から3.までの処理の結果、AV
ファイル1401内には論理セクタ番号で“a+1から
bまで”“c+1からdまで”“e+1からgまで”の
3箇所の未記録エリアが残っている。 【0065】次にこの未記録エリアにデータサイズが大
きなVOB#3の映像情報を記録する場合、 4.AVファイル1401記録エリア内の未記録エリア
サイズに合わせてVOB#3のデータを複数に分割す
る。 【0066】5.分割されたVOB#3の最初のデータ
1463を論理セクタ番号a+1からbまでの連続領域
(a<b)に記録する。 【0067】6.分割されたVOB#3の次のデータ1
464を論理セクタ番号c+1からdまでの連続領域
(c<d)に記録する。 【0068】7.分割されたVOB#3の最後のデータ
1465を論理セクタ番号f+1からgまでの連続領域
(f<g)に記録する。 【0069】その結果、AVファイル1401内には論
理セクタ番号で“e+1からfまで”の未記録エリア1
460が残っている、という処理が必要となる。 【0070】以上の1.から7.までの処理の結果得ら
れたAVファイル1401内の各VOBの物理的記録位
置分布を図4に示す。 【0071】上記の説明から分かるように、AVファイ
ル1401内のデータを部分消去したり、AVファイル
1401内の未記録エリアに新たなデータの追加記録を
繰り返すと、VOB#3・1463、1464、146
5の例のように1個のVOBデータを複数箇所に分散記
録する必要性が生じる。 【0072】このように同一のAVファイル1401内
で分散記録された各データの各VOB毎の物理的記録位
置分布を示した情報が図1(f)に示したアロケーショ
ンマップテーブル1105である。 【0073】なお、図4に示される例では、リアルタイ
ム・レコーディングされるデータ(静止画オブジェクト
等)に対して未記録エリア1460が設けられている。 【0074】しかし、このような未記録エリアは、静止
画オブジェクト等のデータ専用に限定されない。たとえ
ば図1(d)の制御情報1011または図1(e)のR
TR_VMG(管理情報)の内容に対しても、図4に例
示されるような未記録エリアを設けることができる。 【0075】このように制御情報(管理情報)にも適宜
未記録エリアが設定可能になっていると、管理情報の一
部が編集等で削除されても管理情報のその他の部分をい
じらずに済むので、情報の管理を単純化できる。このこ
とから、管理情報に対して要求される再生装置側のバッ
ファメモリサイズを大幅に節約できる。 【0076】図4のデータ配置を具体例とした場合のア
ロケーションマップテーブル1105の情報内容を図5
に示す。アロケーションマップテーブル1105は未記
録エリアの位置分布情報1621と各VOB毎のデータ
記録位置分布情報1622、1623、1624から構
成される。 【0077】各VOB内において連続するセクタ番号の
つながりが確保されている塊を“エクステント”と定義
する。 【0078】図4の実施の形態ではVOB#3のデータ
は3箇所のまとまりに分かれて記録されている。上記の
例では論理セクタ番号(LSN)a+1からbまでが連
続するセクタ番号のつながりを持つのでこの領域はエク
ステント#γ1473を構成している。つまりVOB#
3のデータが記録されている位置は、エクステント#γ
1473、エクステント#δ1474、エクステント#
ε1475の3箇所に分布することになる。 【0079】図5に示したアロケーションマップテーブ
ル1105内の未記録エリアと個々のVOBに関する位
置分布情報には、始めにエクステント数1601、16
02、1603、1604が記録されている。その後、
各エクステント毎の先頭アドレス1606、1607、
1608、1609、1610、1611とそのエクス
テントサイズ1614、1615、1616、161
7、1618、1619が記録されている。 【0080】先頭アドレスはAVファイル1401の先
頭セクタ番号(論理セクタ番号)からの“差分番号”
(または相対セクタ数)で表現されている。このように
差分番号で表現すると、AVファイル1401内容全体
を別の情報記憶媒体に移植した時にアロケーションマッ
プテーブル1105内の情報変更が不要となりファイル
の移植性が向上する。 【0081】図5ではエクステントサイズをセクタ数で
表現しているが、他の方法として、エクステントサイズ
をエクステントの最終アドレスで表現することも可能で
ある。 【0082】DVD−RAMディスク(またはDVDー
RTRディスク)規格では、情報記憶媒体(光ディスク
1001)上の物理的なアドレスは物理セクタ番号(P
SN)で示される。また、ファイルシステムで扱う全体
のアドレスは論理セクタ番号(LSN)で示される。一
方、図1(a)のデータエリア1004内においてファ
イルシステム上で定義されるアドレスは、論理ブロック
番号(LBN)として区別されている。 【0083】しかし、上記記述方法(PSNとLSNと
LBNを厳密に区別した記述方法)に忠実に従うと、説
明内容が煩雑になる。そのため、図4〜図5では、理解
の容易性を重視し、論理セクタ番号(LSN)の表現で
説明している。 【0084】なお、この発明に係る管理システムで用い
られる情報記憶媒体(図1の1001)には、所定の制
御情報(RTR_VMG)を記録する第1の記録エリア
(図1dの1011)および静止画データを記録する第
2の記録エリア(図1dの1013)を設けることがで
きる。この第1の記録エリア(図1dの1011)およ
び第2の記録エリア(図1dの1013)の少なくとも
一方に(つまり第1および/または第2の記録エリア
に)、未記録エリア(図4の1460)を設定できる。
この未記録エリアの情報記憶媒体上における位置分布
は、位置分布情報(図5の1621)により特定でき
る。 【0085】[5]再生制御情報1021内容 再生制御情報1021内容について図6と図7を用いて
説明する。再生制御情報1021内のプログラムチェー
ンPGC制御情報1103は図6に示されるデータ構造
を持ち、PGCとセルによって再生順序が決定される。
PGCは、セルの再生順序を指定した一連の再生を実行
する単位を示す。セルは、図3(f)に示したように各
VOB内の再生データを開始アドレスと終了アドレスで
指定した再生区間を示す。 【0086】プログラムチェーン制御情報1103は、
PGC情報管理情報(またはPGCI管理情報)105
2、1つ以上のPGC情報のサーチポインタ(またはP
GCIサーチポインタ)1053、1054、およびP
GC情報(PGCI)1055、1056、1057か
ら構成される。 【0087】PGC情報管理情報(またはPGCI管理
情報)1052には、プログラムチェーンPGCの数を
示す情報(PGCN)が含まれる。PGC情報のサーチ
ポインタ(またはPGCIサーチポインタ)1053、
1054は、各PGC情報(PGCI)の先頭をポイン
トしており、サーチを容易にする。 【0088】PGC情報(PGCI)1055、105
6、1057おのおのは、PGC一般情報(PGC_G
I)1061、1つ以上のプログラム情報(PGI#
m)、1つ以上のセルID(またはセル情報サーチポイ
ンタCI_SRP#m)、および1つ以上のセル情報
(CI#n)を含んでいる。 【0089】PGC一般情報(PGC_GI)1061
には、PGCの再生時間やセルの数を示す情報(セル再
生情報の数)が含まれる。 【0090】あるいは、PGC一般情報1061は、プ
ログラムPGの数を示す情報(PG_Ns)およびセル
情報サーチポインタCI_SRPの数を示す情報(CI
_SRP_Ns)を含むことができる。 【0091】図7(a)(b)に示すように、再生デー
タはセルとしてセルAからセルFまでの再生区間で指定
され、各PGCにおいてPGC情報が定義されている。 【0092】1.PGC#1は、連続する再生区間を指
定したセルで構成される例を示し、その再生順序は、セ
ルA→セルB→セルCとなる。 【0093】2.PGC#2は、断続された再生区間を
指定したセルで構成される例を示し、その再生順序は、
セルD→セルE→セルFとなる。 【0094】3.PGC#3は、再生方向や重複再生に
関わらず飛び飛びに再生可能である例を示し、その再生
順序は、セルE→セルA→セルD→セルB→セルEとな
る。 【0095】図1または図2の制御情報(RTR.IF
O)1011は、図1(e)に示すように、制御情報1
101および1021に対応するナビゲーションデータ
RTR_VMG(リアルタイムレコーディング・ビデオ
マネージャ)を含んでいる。そして、このRTR_VM
Gは、図1(f)に示すように、ビデオタイトルセット
情報VTSI(またはRTR_VMGの情報RTR_V
MGI)1106を含んでいる。 【0096】この情報(RTR_VMGI)1106
は、図3のVOB1403、1404、1405、…の
シーケンスを再生する際に利用される情報を含んでい
る。 【0097】以下、図8を参照して、図1のRTR_V
MG(または図2のRTR.IFO)とデータ構造とそ
の内容を説明する。 【0098】図8に示すように、ナビゲーションデータ
RTR_VMG(制御情報RTR.IFO)は、RTR
ビデオマネージャ情報(RTR_VMGI)と、ムービ
ーAVファイル情報テーブル(M_AVFIT)と、静
止画AVファイル情報テーブル(S_AVFIT)と、
オリジナルのPGC情報(ORG_PGCI)と、ユー
ザが定義したPGC情報のテーブル(UD_PGCI
T)と、テキストデータマネージャ(TXTDT_M
G)と、製造者に関する情報のテーブル(MNFIT)
とで構成されている。 【0099】このRTR_VMGに含まれるRTR_V
MGIは図1(f)のビデオタイトルセット(VTS)
情報1106に対応している。 【0100】この情報(RTR_VMGI)1106
は、図8に示すように、VTS一般情報1751と、V
OBシーケンス情報1752と、PTT情報1753
と、VTSタイムマップテーブル1754とを含んでい
る。 【0101】この情報(RTR_VMGI)1106
は、別の視点から見ると、VOBシーケンス情報175
2に対応したプレイリストサーチポインタテーブル(P
L_SRPT)と、VTS一般情報1751に対応した
ビデオマネージャ情報管理テーブル(VMGI_MA
T)とを含んでいる。 【0102】このPL_SRPTは、VTS内のVOB
の数(またはプレイリストサーチポインタの数とPL_
SRPTのエンドアドレス)の情報1756と、VOB
シーケンス内の最初のVOBのID(または最初のプレ
イリストサーチポインタPL_SRP#1)の情報17
57と、VOBシーケンス内の2番目のVOBのID
(または2番目のプレイリストサーチポインタPL_S
RP#2)の情報1758、等を含んでいる。 【0103】各プレイリストサーチポインタ(PL_S
RP)は、プレイリストの形式を示す情報(PL_T
Y)と、このプレイリストに対応するPGCの番号情報
(PGCN)と、このプレイリストが作成された日時の
情報(PL_CREATE_TM)と、このプレイリス
トに関係したプライマリテキストの情報(PRM_TX
TI)と、このプレイリストで利用されるアイテムテキ
ストのサーチポインタの番号情報(IT_TXTI_S
RPN)と、このプレイリストの録画内容に対応する縮
小画像(サムネールピクチャ)を指し示すサムネールポ
インタ情報(THM_PTRI)とを含んでいる。 【0104】以上のような情報1756、1757、1
758、…を含むテーブル(PL_SRPT)が、VT
SI(RTR_VMGI)1106に含まれるVOBシ
ーケンス情報1752に対応する。 【0105】このVTSI(RTR_VMGI)110
6の内容をまとめると、以下のようになる: [6]ビデオタイトルセット情報(VTSIあるいはR
TR_VMGI)1106内容 ビデオタイトルセット情報(VTSIあるいはRTR_
VMGI)1106内のデータ構造は図8に示すように ・ビデオタイトルセット一般情報1751 …ビデオタ
イトルセット(あるいは図2のAVファイル1401の
RTRデータ)の一般的内容項目に関する情報; ・ビデオオブジェクトシーケンス情報1752 …図3
のデータ構造ではビデオタイトルセット1402(=A
Vファイル1401)内の全VOBに対してシリアルな
順番が設定されており、このシーケンスに従った各VO
Bの順番情報がここに記述されている; ・パートオブタイトル情報1753 …AVファイル1
401内に記録された各オブジェクトデータはデータ管
理と検索を目的として関連のあるデータ毎にグルーピン
グされ、各グループ毎にビデオタイトル名が設定され
る。上記グループ(パートオブタイトルPTT)はVO
Bの集合体で構成される。このパートオブタイトルPT
T毎に含まれるVOB情報がここに記述されている; ・ビデオタイトルセットタイムマップテーブル1754
…ビデオタイトルセット1402内のビデオオブジェ
クト1012とオーディオオブジェクト1014に分類
されるVOBに関して上記ビデオオブジェクトシーケン
スに従った特定時間間隔毎のVOBU位置情報;が記録
されている。 【0106】ビデオオブジェクトシーケンス情報175
2内の具体的なデータ構造は、図8の右側に示すよう
に、始めにビデオタイトルセットに含まれる全VOB数
(あるいはプレイリストサーチポインタ情報PL_SR
PTI)1756が記録されている。その後にビデオオ
ブジェクトのシーケンス順にしたがって、順番に、該当
するVOBのVOB_ID1757、1758、…(ま
たはPL_SRP#1、#2、…#n)が記録されてい
る。 【0107】ビデオオブジェクトシーケンス情報175
2で示されるシーケンスは、たとえば“AVファイル1
401への記録順(記録時刻の早い順)”、“図4に示
したような情報記憶媒体(光ディスク)上の記録配列
順”、“VOBサイズ順”などのように、ユーザーや情
報記録再生装置側で任意に設定できる。 【0108】ビデオタイトルセットVTS1402内の
全VOBをシーケンシャルに順序付けることにより、1
本のテープ上に映像を記録するVTRと類似したユーザ
ーインターフェースを提供することができる。 【0109】たとえば、 ・テープの早送り(FF)、巻き戻し(FR)により見
たい場所を探す ・テープの早送り(FF)による全体の記録内容を確か
める ・テープの早送り(FF)、巻き戻し(FR)により既
に録画された不要場所を探し、その不要場所に新しい映
像情報を重ね書きする などの処理をビデオオブジェクトシーケンス情報175
2を利用して行うことができる。 【0110】図8の右側に記載したビデオオブジェクト
シーケンス情報1752情報内容について図9を用いて
説明を行う。 【0111】まず、情報記憶媒体(光ディスク100
1)上の配列順が図4に示した状態でVOB#1〜VO
B#3が記録され、この記録順番が、“[4]アロケー
ションマップテーブル内容”の項で説明済みの1.から
7.の順にしたがってなされた場合を考える。 【0112】これらのデータに対して、“AVファイル
1401への記録順(記録時刻の早い順)”でシーケン
ス順序を設定した場合のシーケンス順配列は、図9(a
3)となる。この図を図4と比較すると、エクステント
#α1471からエクステント#ζ1470までの配列
順が変わっていることがわかる。 【0113】図8の“ビデオオブジェクトシーケンスに
おける最初のVOB_ID1757”は図9(a3)の
“VOB#1・1461”を指定し、“ビデオオブジェ
クトシーケンスにおける2番目のVOB_ID175
8”は図9(a3)の“VOB#2・1462”を指定
している。 【0114】図9(b3)はビデオオブジェクトシーケ
ンス情報1752で指定された別の実施の形態を示して
いる。 【0115】VOB#A・1771、VOB#B・17
72はビデオオブジェクト(ムービーVOB情報M_V
OBI#)1012に属し(分類され)、VOB#C・
1773、VOB#F・1776、VOB#G・177
7はオーディオオブジェクト1014に属し(分類さ
れ)、VOB#D・1774〜VOB#G・1777は
ピクチャオブジェクト(静止画VOBグループ情報S_
VOGI#)1013に属している。 【0116】このようにVOBの種類に依らず混在して
シーケンス順序を指定できる。図9では最後にまとめて
サムネールオブジェクト1016に属するVOB(VO
B#H・1778、VOB#I・1779)が設定され
ている。 【0117】[7]静止画情報(ピクチャオブジェク
ト)の記録フォーマット 図1(a)に示した情報記憶媒体(光ディスク100
1)上に静止画情報を記録する時の記録形式(記録フォ
ーマット)を以下に説明する。 【0118】静止画情報あるいは静止画情報に対して後
で付加する音声情報(個々の静止画情報に対する説明が
音声入力され、これがアフターレコーディングで追加記
録された情報)は図1(d)のピクチャオブジェクト1
013あるいはオーディオオブジェクト1016の場所
に記録される。 【0119】この静止画情報記録フォーマットは、デジ
タルカメラ等で撮影された複数枚の静止画が一度に情報
記憶媒体(光ディスク1001)上に記録される場合に
対応しており、複数枚の静止画を連続して記録できるよ
うになっている。この連続記録を可能にするため、少な
くとも2枚の静止画が情報記憶媒体(光ディスク100
1)上の隣接する場所に続いて記録されるフォーマット
になっている。 【0120】この静止画情報記録フォーマットは、静止
画もしくは静止画に付加される音声情報も、映像情報
(ビデオオブジェクト1012)とのフォーマット継続
性や整合性を重視し、図3のデータ構造を踏襲してい
る。 【0121】映像情報の記録フォーマット(映像情報圧
縮フォーマット)の一種であるMPEG1あるいはMP
EG2では、前述したGOPの先頭位置に対応するビデ
オフレーム1枚分の圧縮情報が“I−ピクチャ”の形で
存在する。 【0122】入力された静止画はMPEG1あるいはM
PEG2の圧縮技術を利用してI−ピクチャ1706、
1707、1708、1709に変換され、図10(a
3)あるいは図10(c3)に示すように、V_PCK
(ビデオパック)1661、1662、1663、166
8、1669、1670、1671、1672、1673、1
674内に収納されて情報記憶媒体(光ディスク100
1)上に記録される。 【0123】前述したように、DVD−RAM(DVD
_RTR)ディスクでは、各V_PCK(ビデオパッ
ク)は、記録サイズが2034バイトのセクタ毎に記録
される(図3(f)参照)。(1セクタサイズは204
8バイトであるが、14バイト毎のパックヘッダがある
ため1パック内の記録量は2034バイトとなる。)1
枚の静止画情報に対応するI−ピクチャサイズが203
4バイトの整数倍に対して足りない部分には、ダミー情
報1704が記録される。これにより、各I−ピクチャ
は、整数セクタ内にぴたりと収まるようになる。 【0124】各VOBU内のI−ピクチャサイズ180
8は、図13に示すようにピクチャオブジェクト用VO
BUマップの情報内に記録されているので(詳細は後
述)、V_PCK1670内の何処からダミー情報17
04が入るか分かる。したがって、ダミー情報1704
の内容は任意に設定することができる。 【0125】ダミー情報1704の内容としては、全て
“0”または全て“1”と設定されるパディングデータ
以外に、その部分を再生するだけで「ダミーである」と
分かる特定の情報としてシーケンス・エンド・コード
(あるいはストリームID=0xbeのパケットヘッ
ダ)などを記録することができる。 【0126】なお、図10(b3)および図10(d
3)ではI−ピクチャの配置を省略したが、これらは図
10(a3)および図10(c3)と同じ構造になって
いる。 【0127】たとえばデジタルカメラで静止画を撮影し
た後、その撮影画像(静止画)の上に直接手書きにてコ
メントを書き加えたい場合には、その情報をI−ピクチ
ャとしてV_PCKに記録した静止画とは別に、サブピ
クチャストリームとして副映像パック(SP_PCK)
1681、1683、1684にコメント内容を記録す
ることができる。 【0128】再生時には、V_PCK内のI−ピクチャ
静止画情報とSP_PCK内のサブピクチャ(副映像)
情報を重ねて表示する。 【0129】各静止画に対するコメントや説明文を音声
入力した音声情報は、オーディオパック(A_PCK)
1691〜1702内に記録される。 【0130】このようにV_PCK情報1661〜16
74、SP_PCK情報1681〜1684、A_PCK
情報1691〜1702はそれぞれ関係する静止画1枚
毎に集められ、VOBU(ピクチャオブジェクト用ビデ
オオブジェクト)1641〜1650単位でまとめられ
る。したがって、図10に示したフォーマットでは静止
画1枚ずつ異なるVOBUを構成している。 【0131】図10に示す実施の形態ではVOBU内で
必ずA_PCKに対してV_PCKとSP_PCKを先行
させている。その結果VOBU内においてそれぞれのパ
ックを分離させ、各パック内情報の管理を容易にしてい
る。 【0132】しかしこの発明の実施の形態では上記の制
限にこだわることなく、たとえばビデオオブジェクト1
012内の記録フォーマットのようにA_PCK、V_P
CK、SP_PCKの順番が混在して配置されることも
許す。 【0133】さらにいうなら、I−ピクチャの形式で記
録された静止画情報を有するV_PCK1664に付い
ては全て同一のVOBU1642内に配置される必要が
あるが、VOBU1642に関係した音声情報の一部が
記録されたA_PCK(1694)は次のVOBU16
43内に配置されることも許される。 【0134】図13の説明の所で後述するように、ピク
チャオブジェクト用VOBUマップ1738内に記録さ
れている音声情報の再生終了時間(E_PTM)181
4の情報を利用して連続した音声情報を各静止画に対応
して分離できるためである。 【0135】複数の静止画情報が連続して記録されるフ
ォーマットとして図10に示したフォーマット構造で
は、 1)複数のVOBUから1個のVOBを形成する; 2)1個のVOBは1個のVOBUのみを有し、それぞ
れ1枚ずつの静止画が記録されたVOBがグルーピング
されてビデオタイトルVTTを構成する; の2通りの方法を許容し、両者の混在記録を認めてい
る。 【0136】図10(b1)〜(d3)は前者のフォー
マット構造(1)を示し、図10(a)は後者のフォー
マット構造(2)を示している。 【0137】前者のフォーマット構造(1)は、図10
(b)が基本構造を示し、特殊例として図10(c)は
音声情報(A_PCK)を含まない構造、図10(a)
は元の静止画(V_PCK)を含まない構造を示してい
る。 【0138】音声情報を含まないたとえばデジタルカメ
ラで撮影した複数の静止画情報を一度に情報記憶媒体
(光ディスク1001)上に記録したあと、記録された
複数の静止画情報を見ながら各静止画についてメモ入力
(SP_PCKとして追加記録)したり、音声入力(A_
PCKとして追加記録)する場合がある。 【0139】この場合には、追加情報(メモや音声形
式)のみを集め、元の静止画情報が記録されているVO
Bとは別のVOBを形成して、情報記憶媒体(光ディス
ク1001)上に記録した方が効率良く編集・記録がで
きる。別のVOBとして記録した方が元の静止画情報が
記録されているVOB内容を変更する必要がないためで
ある。 【0140】このように静止画情報に対する編集を目的
とした追加情報(メモや音声形式)のみを集めたVOB
1634内の記録フォーマットは、図10(d)に類似
した構造(V_PCKを含まないA_PCKとSP_PC
Kのみのデータ)となる。 【0141】なお、図10(a3)および図10(c
3)のI−ピクチャは図3(j)のI−ピクチャに対応
し、図10(a3)および図10(c3)のダミーは図
3(f)のダミーパックDM_PCKに対応している。 【0142】また、図10(a1)〜図10(d3)の
ビデオパックV_PCK、副映像パックSP_PCKお
よびオーディオパックA_PCKは、それぞれ、図3F
のV_PCK、SP_PCKおよびA_PCKに対応し
ている。 【0143】図3または図10のダミーパックDM_P
CKは、アフターレコーディングのオーディオデータ記
録その他の用途に、適宜利用できる。たとえば、エンコ
ード後のI−ピクチャのデータ塊のサイズが積符号を利
用したエラー訂正コード(ECC)のブロックサイズ
(16セクタ・32kバイト)の整数倍にならないとき
に、I−ピクチャのデータ塊サイズが32kバイトの整
数倍となるように、このデータ塊にDM_PCKを適宜
追加することができる。 【0144】DM_PCKの追加により静止画を構成す
るIーピクチャのデータ塊サイズを全てECCブロック
単位(32kバイトの整数倍)にマッチさせると、以下
のメリットが生じる。 【0145】たとえば、図1の媒体に複数枚連続記録さ
れた静止画群の一部をのちに別の静止画と差し替える
(あるいは消去する)場合において、差し替え部分(消
去部分)の静止画(Iーピクチャ)は、元の静止画とサ
イズが異なっていたとしても、ECCブロック単位とな
っているので、差し替えない部分(消去しない部分)の
I−ピクチャのECCブロック単位は崩れない。 【0146】このため、静止画群の一部をのちに別の静
止画と差し替え(あるいは消去)しても、差し替えない
部分(消去しない部分)のI−ピクチャのECCのコー
ディングをやり直す必要がなくなる。このECCコーデ
ィングのやり直しが不要な分、RTRレコーダの動作が
速くなるので、録画後の静止画群の編集(一部の静止画
の差し替え、消去等)をスムースに行うことができる。 【0147】ただし、差し替える静止画のサイズが元の
静止画のサイズより大きい場合、差し替える静止画のデ
ータの一部は別の記録箇所に移されて記録される。つま
り差し替えた静止画にフラグメンテーション(fragment
ation)が起きる。図1の媒体からデータを読み出すデ
ィスクドライブのシーク速度が遅い場合はフラグメンテ
ーションがある静止画の再生には若干時間がかかる可能
性がある。したがって、高速ドライブを持たないRTR
レコーダが静止画再生に使用される場合は、静止画群の
編集が終了した後に、適宜、記録データの整理(フラグ
メンテーションが無くなるよう記録し直すこと)をした
方が良い。 【0148】複数の静止画情報が連続して記録されるフ
ォーマットとして後者のフォーマット(2)を採用した
場合には、図3(c)に示すように複数のVOBをグル
ーピングしてそれぞれを異なるビデオタイトルVTT1
407、1408のグループに所属させる。 【0149】図10に示した記録フォーマットでは少な
くとも2枚の静止画が情報記憶媒体(光ディスク100
1)上の隣接する場所に続いて記録することが可能であ
り、一般的に複数枚の静止画を連続して記録できる形式
になっている。このため、たとえばデジタルカメラで撮
影した複数枚の静止画を一度に情報記憶媒体(光ディス
ク1001)上に記録する時に高速で記録できるという
大きな効果・特徴を持っている。 【0150】それ以外にVOB内に複数の静止画が記録
できる記録フォーマットは以下に説明するような大きな
効果を持っている。 【0151】従来、デジタルカメラで撮影した複数枚の
静止画の記録形式は、静止画1枚1枚異なるデータファ
イルに分割されて記録されている。各静止画情報が別々
のファイルに分割記録されると、各静止画情報間の撮影
順情報や類似した静止画情報間のグルーピング情報が存
在しない。それに比べ写真フィルムでは必ずネガフィル
ム(あるいは必要に応じて作成するポジフィルム)が付
属する。そのため焼き増しなどで特定の静止画を指定し
たい場合にはネガフィルム上で撮影順を追いながら探し
たい静止画を検索することができる。 【0152】図19に示した映像情報記録用情報記録再
生装置(ビデオレコーダ)では情報記憶媒体(光ディス
ク1001)上に記録してあるピクチャオブジェクト用
ビデオオブジェクト1632の情報を読み取り、図11
に示すようにポジフィルムのように各VOBU1642
〜1644の配列順に画面に表示することができる。 【0153】たとえば図11の左端の静止画がVOBU
1642の情報を表し、中央の静止画がVOBU164
3の情報を表示している。図11の静止画は画面上で左
右に移動させることができ、ユーザーは編集したい(あ
るいはハードコピーしたい)静止画を指定する。ビデオ
オブジェクト1012とは異なり静止画情報は図11の
ような表示を利用して個々の静止画を指定する。(ビデ
オオブジェクト1012では表示時間により編集したい
映像情報範囲を指定する。) [8]静止画情報に関するビデオオブジェクト情報内の
データ構造 次に、静止画情報に関するビデオオブジェクト情報内の
データ構造を説明する。 【0154】図1(f)に示したビデオオブジェクト情
報(またはAVFIT)1107は、一般的な映像情報
に関する管理情報部分(図8のM_AVFIT)と静止
画情報に関する管理情報部分(図8のS_AVFIT)
に分割されている。後者の静止画情報に関する管理情報
部分内のデータ構造は図12に示す構造をしている。 【0155】図8のナビゲーションデータRTR_VM
Gに含まれる静止画AVファイル情報テーブル(S_A
VFIT)は、図12の左側に示すように、静止画AV
ファイル情報テーブル情報(S_AVFITI)と、静
止画VOBのストリーム情報(S_VOB_STI#1
〜#n)と、静止画AVファイル情報(S_AVFI)
と、静止画に対する付加オーディオのストリーム情報
(S_AA_STI#1〜#m)と、静止画に対する付
加オーディオのファイル情報(S_AAFI)とを含ん
でいる。 【0156】静止画AVファイル情報(S_AVFI)
は、図12の中央に示すように、ピクチャオブジェクト
管理情報用のVOB情報(またはS_AVFIの一般情
報S_AVFI_GI)1721と、ピクチャオブジェ
クト用VOB情報のサーチポインタ#1(または静止画
VOBグループ情報のサーチポインタS_VOGI_S
RP#1)1726〜#i(S_VOGI_SRP#
i)1727〜#k(S_VOGI_SRP#k)17
28と、ピクチャオブジェクト用VOB情報#1(また
は静止画VOBグループ情報S_VOGI#1)173
1〜#i(S_VOGI#i)1732〜#k(S_V
OGI#k)1733とを含んでいる。 【0157】ピクチャオブジェクト用VOB情報#i
(または静止画VOBグループ情報S_VOGI#i)
1732は、図12の右側に示すような内容を持つ(ピ
クチャオブジェクト用VOB情報#1も#kも同様)。 【0158】すなわち、各ピクチャオブジェクト用VO
B情報#i(またはS_VOGI#i)は、ピクチャオ
ブジェクトのVOB一般情報(または静止画VOBグル
ープの一般情報S_VOG_GI)1736と、ピクチ
ャオブジェクトのVOB属性情報1737と、ピクチャ
オブジェクトのVOBUマップ(または1以上の静止画
用VOBエントリS_VOB_ENT#)1738とで
構成される。 【0159】ここで、S_VOG_GIは、VOBの数
(S_VOB_Ns)と、静止画VOBストリーム情報
番号(S_VOB_STIN)と、このVOBグループ
中の最初のVOBが記録されたときの時間情報(FIR
ST_VOB_REC_TM)と、このVOBグループ
中の最後のVOBが記録されたときの時間情報(LAS
T_VOB_REC_TM)と、静止画AFファイル中
のこのVOBグループの開始アドレス(S_VOG_S
A)とを含んでいる。このS_VOG_SAは、S_A
VFIの先頭からの相対アドレスをセクタ単位で表現し
たものである。 【0160】一方、各S_VOB_ENT#には4種類
(タイプ1〜タイプ4)があり、それぞれ、次のような
内容を有している: (1)タイプ1のS_VOB_ENTは、静止画のVO
Bエントリの形式を示す情報(S_VOB_ENT_T
Y)と、静止画VOB内のビデオパートのサイズをセク
タ単位で表した情報(V_PART_SZ)とを含んで
いる。 【0161】(2)タイプ2のS_VOB_ENTは、
タイプ1のS_VOB_ENT_TYおよびV_PAR
T_SZの他に、静止画VOB内の元の(オリジナル
の)オーディオパートのサイズをセクタ単位で表した情
報(A_PART_SZ)と、このオーディオパートの
再生時間をビデオフィールド単位で表した情報(A_P
B_TM)とを含んでいる。なお、実際のオーディオパ
ートの再生時間がビデオフィールドの境界に一致しない
ときは、オーディオパートの末尾データのうちビデオフ
ィールドからはみ出す分は切り捨てられる。 【0162】(3)タイプ3のS_VOB_ENTは、
タイプ1のS_VOB_ENT_TYおよびV_PAR
T_SZの他に、静止画VOBに付加されるオーディオ
ストリームに含まれる付加オーディオグループの番号情
報(S_AAGN)と、この静止画VOB用付加オーデ
ィオストリームに対応したエントリ番号の情報(AA_
ENTN)とを含んでいる。 【0163】(4)タイプ4のS_VOB_ENTは、
タイプ2のS_VOB_ENT_TY、V_PART_
SZ、A_PART_SZおよびA_PB_TMの他
に、タイプ3のS_AAGNおよびAA_ENTNを含
んでいる。 【0164】上記S_VOB_ENTのタイプ1〜タイ
プ4は、いずれも、タイプ1のS_VOB_ENT_T
YおよびV_PART_SZを共通に含んでいる。 【0165】なお、図12の左側の各S_AA_STI
(#1〜#m)は、付加オーディオストリームのオーデ
ィオ属性情報を含んでいる。この観点からみれば、S_
AA_STIは図12右側のVOB属性情報1737に
対応している。 【0166】別々のピクチャオブジェクト用ビデオオブ
ジェクト(ピクチャオブジェクト用VOB)にグルーピ
ングされた個々の静止画情報は、図12のピクチャオブ
ジェクト用ビデオオブジェクト情報(またはS_VOG
I#1〜S_VOGI#k)1731〜1733内に記
録されている。 【0167】以下、図12右側に示した情報内容を簡単
に説明する。 【0168】図12の情報1732には、下記情報が含
まれている: *ピクチャオブジェクト用VOB一般情報(またはS_
VOG_GI)1736 … ・たとえばセル再生情報(図1のCIまたは図23のS
_CI)1108内で特定のVOBが指定できるように
VOB毎に独自に設定したID情報; ・VOBタイプ情報 …図10の(a)〜(d)のどの
情報に属するか、映像情報(ビデオオブジェクト101
2)/静止画情報(ピクチャオブジェクト1013)/
音声情報(オーディオオブジェクト1014)のいずれ
に関するVOBであるか、VOBを情報記憶媒体(光デ
ィスク1001)上に記録した日時など; *ピクチャオブジェクト用VOB属性情報1737 … ・静止画情報の解像度など静止画情報の属性情報; ・音声情報の属性情報; ・副映像情報の数や記録形式など; *ピクチャオブジェクト用VOBUマップ1738 … ・VOB内に含まれる全静止画に関する情報。 【0169】以上のような情報*が記録されている。 【0170】また、ピクチャオブジェクト用ビデオオブ
ジェクト情報の管理情報1721には、 ・このAVファイル内に含まれるピクチャオブジェクト
用VOBの数; ・このAVファイル内に含まれるVOBに関する一般的
情報; などが記録されている。 【0171】また、図1(f)に示したビデオオブジェ
クト情報1107内の何処にそれぞれのピクチャオブジ
ェクト用ビデオオブジェクト情報1731〜1733情
報が記録されているかのアドレス情報は、ピクチャオブ
ジェクト用ビデオオブジェクト情報のサーチポインタ1
726〜1728に記録されている。 【0172】[9]静止画情報に関するVOBUマップ
内のデータ構造 次に、図13を用いて、ピクチャオブジェクト用VOB
Uマップ1738内のデータ構造について説明する。 【0173】ピクチャオブジェクト用VOBUマップ
(S_VOB_ENT#)1738の最初には、図13
に示すように、該当するVOB内に含まれる静止画の枚
数(VOBUの数;またはこのVOBの数S_VOB_
Ns)1801が記述される。 【0174】そのあとに、VOB内に配列された順にし
たがい、各静止画(VOBUの中味)に関する情報(1
802、1803、1804、…)が記述される。 【0175】各静止画(VOBUの中味)に関する情報
(たとえば1803)として図13右側に示した情報が
記録されている。 【0176】図13において、音声情報も含んだ1枚の
静止画情報を有するVOBU1411(図3(e))の
情報は、たとえば図3(f)に示されるように、複数の
セクタ1431〜1434に分割されて記録されてい
る。この1枚の静止画情報(VOBU)分のデータサイ
ズ(V_PART_SZおよび/またはA_PART_
SZ)1806は、分割記録されたセクタ数で表すこと
ができる。 【0177】図10(a)や図10(b)のように内部
にオーディオパックA_PCKを持っているVOBUに
対しては、1枚の静止画の表示時間1807はVOBU
内の音声情報の再生時間を意味し、図10(c)のよう
にオーディオパックA_PCKを持っていないVOBU
に対しては静止画の静止表示期間を表している。 【0178】1枚の静止画情報が記録されているVOB
U内の静止画情報そのものに関する情報としては、以下
の情報(図13)が記録されている。 【0179】*該当するVOBU内での先頭V_PCK
アドレス(またはS_VOG_SA)1808 …図1
0を例に取ると、各VOBUの先頭に位置するV_PC
K1661、1664、1665、1666、1667、1
668、1671、1674などのアドレス情報が記録さ
れている。見たい静止画の含まれるVOBのIDとその
VOB内の静止画番号(VOBUの番号)が指定される
と、このアドレス情報を利用して光学ヘッド(図示せ
ず)は該当するVOBUの先頭V_PCKアドレスへ直
接アクセスする。 【0180】一般的には、アドレス情報として、図4に
示すような情報記憶媒体(光ディスク1001)上の直
接の位置を示すLSN(論理セクタ番号)が用いられ
る。しかし、このアドレス表示方法に限らず、他の応用
例もある。たとえば、図9(a3)に示すように、デー
タのシーケンス順配列にしたがい、同一VOBの先頭ア
ドレスからシーケンス順に数えたセクタ数(相対アドレ
ス)で、媒体上のアドレスを表示しても良い。 【0181】*該当するVOBU内のI−ピクチャサイ
ズ1809 …図10(a3)や図10(c3)で説明
したように、I−ピクチャ1706、1707のデータ
サイズの内、パックサイズである2034バイトの整数
倍に対して足りない部分には、ダミー情報1704が記
録されている。 【0182】したがって、事前にI−ピクチャサイズが
分かっていればダミー情報1704が記録されている場
所も分かるので、再生時にこの部分を再生することなく
次の場所へのアクセス動作に入ることができる。そうす
れば、高速再生を実現できる。 【0183】*静止画(V_PCK & SP_PCK)の
再生(プレゼンテーション)開始時間(S_PTM)1
810 …これは、再生時の静止画とそれに付加する副
映像の表示タイミングを示す情報を意味する。この発明
では再生時にはV_PCK内に記録された静止画とそれ
に付加する副映像は同時に表示する。同一VOBU内で
の音声情報との間の表示タイミングの設定に利用され
る。 【0184】*静止画(V_PCK)の最初のシステム
クロック(First_SCR)1811 …これは、
情報記憶媒体(光ディスク1001)に記録するため、
VOBU内の最初のV_PCKを作成した時のシステム
クロックの値を意味し、シームレスな(連続な)再生を
行う時にこの情報を利用する。 【0185】次に、1枚の静止画情報が記録されている
VOBU内の音声情報に関する情報として、以下の情報
が記録されている。 【0186】*VOBU内先頭A_PCKアドレス18
12 …これは、図10を例に取ると、各VOBUの先
頭に位置するA_PCK1691、1693、1694、1
695、1696、1699、1702などのアドレス情
報が記録されている。見たい静止画の含まれるVOBの
IDとそのVOB内の静止画番号(VOBUの番号)が
指定されると、このアドレス情報を利用して光学ヘッド
(図示せず)は該当するVOBUの先頭A_PCKアド
レスへ直接アクセスする。 【0187】図14(c)に示すように、この発明では
1個のVOB内の音声情報(A_PCK情報)を別のV
OBに属する静止画情報と組み合わせて表示できる。し
たがって、VOB内の音声情報のみを選択的に再生する
場合にこの情報が利用される。 【0188】*音声情報(A_PCK)の再生(プレゼ
ンテーション)開始時間(S_PTM)1813 …こ
れは、再生時の音声情報の出力タイミングを示す情報を
意味する。多くの場合、この値は静止画(V_PCK &
SP_PCK)のS_PTM1810と一致する。が、
静止画画面を表示した後、特定時間(たとえば0.5
秒)経過後に音声を出力したい場合に、この値を意図的
にずらして設定することができる。 【0189】このように、静止画表示と音声情報出力と
の間のタイミング制御に、この情報を利用することがで
きる。 【0190】*音声情報(A_PCK)の再生終了時間
(E_PTM)1814 …これは、再生時の音声情報
の出力終了時のタイミングを示す情報を意味し、静止画
表示と音声情報出力との間のタイミング制御にこの情報
が利用される。 【0191】多くの場合、この値は次に表示する静止画
(V_PCK & SP_PCK)のS_PTM1810と
一致する。が、音声出力終了後、特定時間(たとえば
0.5秒)経過後に始めて次に表示する静止画情報を表
示したい場合に、この値を意図的にずらして設定するこ
とができる。 【0192】*音声情報(A_PCK)の最初のシステ
ムクロックリファレンス(First_SCR)181
5 …これは、情報記憶媒体(光ディスク1001)に
記録するためVOBU内の最初のA_PCKを作成した
時のシステムクロックの値を意味し、シームレスな(連
続した)再生を行う時にこの情報が利用される。 【0193】*音声情報(A_PCK)の最後のシステ
ムクロックリファレンス(Last_SCR)1816
…これは、情報記憶媒体(光ディスク1001)に記
録するためVOBU内の最後のA_PCKを作成した時
のシステムクロックの値を意味し、シームレスな(連続
した)再生を行う時にこの情報が利用される。 【0194】なお、図12のS_VOB_ENTの説明
中で触れたA_PB_TMに対応する内容は、上記Fi
rst_SCRとLast_SCRとのペアで表すこと
ができる。 【0195】このように静止画情報と音声情報に関する
再生時間情報(PTM情報)とシステムクロックリファ
レンス情報(SCR情報)を記録することで、図1
(d)のビデオオブジェクト1012に属する映像情報
を静止画情報の一部に利用できるという特徴がある。 【0196】すなわち、ビデオオブジェクト1012に
属する映像情報自体に対しては一切加工せずに、以下に
示すように静止画用の新たなピクチャオブジェクト用ビ
デオオブジェクト情報(S_VOB)を定義する。 【0197】ここで、従前の映像情報(ビデオオブジェ
クト1012)に対して、たとえば2秒毎に表示が切り
替わる静止画を定義する場合について説明する。 【0198】一般的に、MPEG映像情報では1GOP
の所要時間はおよそ0.5秒なので、図3(e)に示す
1個のVOBUの長さは0.5秒前後になることが多
い。すると、2秒(静止画切替間隔)÷0.5秒(VO
BU間隔)=4から、4個のVOBU毎にGOP先頭の
I−ピクチャが静止画と見なされて、VOB内での先頭
V_PCKアドレス1808とVOB内のI−ピクチャ
サイズ1809の情報が設定される。 【0199】この設定とともに、同様にして図18右側
の各情報の数値も設定される。 【0200】その結果、図14に示すように、異なるV
OB(VOB#A、VOB#B)に属する静止画情報と
音声情報を組み合わせて表示することにより、ビデオオ
ブジェクト1012に属する映像情報内の音声部分だけ
を静止画表示時に音声出力したり、ビデオオブジェクト
1012に属する映像情報内のユーザーが気に入った場
面のみを静止画に変換して表示することが可能となる。 【0201】[10]複数枚の静止画の表示方法 次に、複数枚の静止画の表示方法について説明する。 【0202】情報記憶媒体(光ディスク1001)に記
録された複数枚の静止画情報の表示方法として図11に
示すように一度に複数枚を並べて表示する方法(但し並
べて表示される静止画は移動したり・入れ替わったりす
る)と、一度に表示する静止画は1枚ずつとし特定の時
間毎に表示する静止画を変える方法とがある。いずれの
場合にもデータ構造上は図6と図7に示すようにセルと
PGC情報を利用し、図19に示す映像情報記録用情報
記録再生装置(DVD_RTRビデオレコーダ)によっ
てユーザーが表示方法を選べるようになっている。 【0203】ビデオオブジェクト情報1107と同様、
図1(f)に示したセル再生情報(またはCI)110
8の内部は、映像情報に関するセル再生情報(M_C
I)と静止画情報に関するセル再生情報(S_CI)と
に分かれている。 【0204】静止画情報に関するセル再生情報(S_C
I)では、図14に示すように、静止画と音声情報を異
なる場所から再生して組み合わせて表示することが可能
な構造になっている。 【0205】すなわち、図14(c)に示すように、セ
ル内の表示に利用するV_PCK1852、1854と
SP_PCK1848はVOB#A・1821内の静止
画1832、1834を指定し、同一のセルから出力す
る音声情報はVOB#A・1821とは異なるVOB#
B・1822内の音声情報1845、1846を指定で
きる構造になっている。 【0206】この構造は静止画に対するアフターレコー
ディング設定に都合が良い構造となっている。たとえば
音声入力機能を持たないデジタルカメラで撮影した静止
画情報をそのまま情報記憶媒体(光ディスク1001)
に記録すると、その記録結果は図10(c3)に示すよ
うにオーディオパックA_PCKを含まない構造になっ
ている。 【0207】その情報を再生し、図11のように画面表
示させながら、1枚1枚に対して、解説あるいはコメン
トを、“マイクによる音声入力”、“手書きによるマー
クの重ね書き”、“キー入力によるテキスト情報の追
加”などの方法で、追加する場合を考える。 【0208】この場合、記録フォーマットを図10(c
3)のA_PCKを含まない構造から図10(b3)の
ようにA_PCKを含む構造に変化させようとすると、
情報記憶媒体(光ディスク1001)上での記録のやり
直し処理が発生する。すると、処理が面倒になるととも
に、処理時間が大幅に掛かってしまう。 【0209】これに対し、図10(c3)に示すオーデ
ィオパックA_PCKを含まないデータに手を加えるこ
となく、追加情報のみを図10(d)のように別VOB
1634にして情報記憶媒体(光ディスク1001)上
に記録すれば、静止画に対する後の情報追加処理が非常
に簡単かつ短時間で行えるようになる。この場合、表示
時に、図3(d)のVOB1403〜1405のように
図10(c1)(d1)のVOB1633とVOB16
34が組み合わされて、表示/出力される。 【0210】図14の表現が可能となるピクチャオブジ
ェクト用セル再生情報(S_CI)内のデータ構造を図
15に示す。 【0211】始めに、セル独自の識別子であるID情報
(またはCI_SRP)1873が記載される。 【0212】次に記載されるセルの種類情報(またはC
_TY)1880は、 1)映像情報(ビデオオブジェクト1012)に関する
セル情報か、静止画(ピクチャオブジェクト1013)
に関するセル情報か、音声情報(オーディオオブジェク
ト1014)のみに関するセル情報かの識別情報と、 2)VOB内に複数の静止画が記録されたVOB(図1
0(b)〜(d)のフォーマット)に対するセル情報か
(図15の構造が該当する)、VOB内に1枚のみの静
止画が記録されたVOB(図10(a)のフォーマッ
ト)に対するセル情報か(図16の構造が該当する)に
関する識別情報と を表している。 【0213】このように、静止画が記録されたVOBの
記録フォーマットの違いをピクチャオブジェクト用セル
再生情報(S_CI)のレベルで吸収することにより、
VOBの記録フォーマットの違いを乗り越えて、図7に
示すPGCのレベルでは、静止画(スチル)と動画情報
(ムービー)との区別なく、同一のシーケンスで静止画
も動画も再生表示可能としている。ここに大きな特徴が
ある。 【0214】ビデオパックV_PCKが記録されている
図15のVOBのID情報1874として、図14の実
施の形態では、VOB#A・1821を指定する。VO
B#A・1821の2番目の静止画から表示したい場合
には、セル内での最初に表示する静止画指定1875と
してVOB#A・1821の静止画番号2を指定する。
また、図14の実施の形態に合わせて、セル内での最後
に表示する静止画指定1876にはVOB#A・182
1の静止画番号hを指定している。 【0215】このように、ピクチャオブジェクト用セル
再生情報(S_CI)では、指定対象として、“静止
画”そのものを指定している所に大きな特徴がある。 【0216】図15の実施の形態では、静止画の指定方
法として“静止画番号”を指定しているが、それに限ら
ず、“静止画が記録してある単位(たとえばVOBU)
自体の指定”、“静止画が記録してある先頭アドレス指
定”、“VOB内でのシーケンス順番”などで、指定す
ることも可能である。 【0217】また、図15では、セル内の最初と最後の
静止画を指定しているが、上記表示方法の代わりに、セ
ル内で最初に表示する静止画とセル内で表示する全静止
画数を表示する方法もある。 【0218】同様に、図15において、オーディオパッ
クA_PCKが記録されているVOBのID情報187
7(図14の実施の形態ではVOB#B・1822を指
定)と、セル内での最初に出力する音声情報(A_PC
K)の記録先を示す静止画番号1878(図14の実施
の形態では静止画番号jを指定)が、記載されている。 【0219】ところで、図15ではセル内で最後に出力
する音声情報(A_PCK)の記録先を示す静止画番号
情報は、記載されてない。 【0220】しかし、セル内で最初に表示する静止画番
号1875とセル内で最後に表示する静止画番号187
6から同一セル内で表示するトータル静止画枚数が分か
るので、セル内で最後に出力する音声情報(A_PC
K)の記録先を示す静止画番号情報は、記載不要になっ
ている。 【0221】また図14(c)で全ての静止画に対して
音声情報を指定する場合には、図13の音声情報のS_
PTM1813とE_PTM1814から1枚の静止画
当たりの表示時間が分かる。一方、特定のVOBUに対
して音声情報を指定しない場合には、静止画1枚当たり
の静止表示時間1879の情報を用いて静止画の表示時
間を設定する。 【0222】図15において、1873〜1876は図
2の静止画ファイル(RTR_STO.VRO)に対応
し、1877〜1879は図2のアフターレコーディン
グ用オーディオファイル(RTR_STA.VRO)に
対応している。 【0223】[11]1VOBに1枚のみの静止画が記
録されている場合のグルーピング/表示方法 次に、1VOBに1枚のみの静止画が記録されている場
合のグルーピング/表示方法について説明する。 【0224】図10(a)のように1VOB(ピクチャ
オブジェクト用ビデオオブジェクト)1631内に1枚
のみの静止画が記録されている場合、複数の静止画のV
OBを集めてグルーピングし、パートオブタイトルとし
て取り扱う。 【0225】このグルーピング情報は図1(f)に示し
たビデオタイトルセット情報(またはRTR_VMG
I)1106内の図8に示したパートオブタイトル情報
1753内に記録されている。 【0226】図17に示す静止画に関するパートオブタ
イトル情報1753内のデータ構造とその中のピクチャ
オブジェクト用VOBマップ1899内のデータ構造
は、図12に示すビデオオブジェクト情報(S_VOG
I#)内のデータ構造と図13に示すピクチャオブジェ
クト用VOBUマップ(S_VOB_ENT#)内のデ
ータ構造と類似した構造を有する。 【0227】また、これに対応した図16のピクチャオ
ブジェクト用セル再生情報(CI)の構造も図15のS
_CIと同様の構造を持っている。 【0228】次に、映像情報記録用情報記録再生装置
(DVD_RTRビデオレコーダ)の一例を説明する。 【0229】図19はDVD_RTRビデオレコーダ内
のブロック構成を説明する図である。 【0230】図19に示すビデオレコーダ−の装置本体
は、大まかにいって、情報記憶媒体(光ディスク)10
01を回転駆動し、この情報記憶媒体(光ディスク)1
001に対して映像情報の録画と再生を実行するディス
クドライブ部と、録画側を構成するエンコーダ部155
0と、再生側を構成するデコーダ部1560と、内部に
ROM(プログラムメモリ等)およびRAM(ワークメ
モリ等)を内蔵し装置本体の動作を制御するシステム制
御部(MPU部)1530とで構成されている。 【0231】エンコーダ部1550は、ADC(アナロ
グ・デジタル変換器)1552と、ビデオエンコーダ
(Vエンコーダ)1553と、オーディオエンコーダ
(Aエンコーダ)1554と、副映像エンコーダ(SP
エンコーダ)1555と、フォーマッタ1556と、バ
ッファメモリ1557とを備えている。 【0232】ADC1552には、AV入力部1542
からの外部アナログビデオ信号+外部アナログオーディ
オ信号、あるいはTVチューナ1544からのアナログ
TV信号+アナログ音声信号が入力される。このADC
1552は、入力されたアナログビデオ信号を、たとえ
ばサンプリング周波数13.5MHz、量子化ビット数
8ビットでデジタル化する。(すなわち、輝度成分Y、
色差成分Cb(またはY−BあるいはU)および色差成
分Cr(またはY−RあるいはV)それぞれが、8ビッ
トで量子化される。) 同様に、ADC1552は、入力されたアナログオーデ
ィオ信号を、たとえばサンプリング周波数48kHz、
量子化ビット数16ビットでデジタル化する。 【0233】なお、ADC1552にアナログビデオ信
号およびデジタルオーディオ信号が入力されるときは、
ADC1552はデジタルオーディオ信号をスルーパス
させる。(デジタルオーディオ信号の内容は改変せず、
デジタル信号に付随するジッタだけを低減させる処理、
あるいはサンプリングレートや量子化ビット数を変更す
る処理等は行っても良い)。 【0234】一方、ADC1552にデジタルビデオ信
号およびデジタルオーディオ信号が入力されるときは、
ADC1552はデジタルビデオ信号およびデジタルオ
ーディオ信号をスルーパスさせる(これらのデジタル信
号に対しても、内容は改変することなく、ジッタ低減処
理やサンプリングレート変更処理等は行っても良い)。 【0235】上記ビデオ信号入力以外にたとえばデジタ
ルカメラ1543による静止画情報が入力された場合
は、ADC1552を経由することなく、直接Vエンコ
ーダ1553に情報入力される。 【0236】ADC1552からのデジタルビデオ信号
成分は、ビデオエンコーダ(Vエンコーダ)1553を
介してフォーマッタ1556に送られる。また、ADC
1552からのデジタルオーディオ信号成分は、オーデ
ィオエンコーダ(Aエンコーダ)1554を介してフォ
ーマッタ1556に送られる。あるいはVエンコーダ1
553に直接入力された静止画信号はVエンコーダ15
53からフォーマッタ1556に送られる。 【0237】Vエンコーダ1553は、入力されたデジ
タルビデオ信号を、MPEG2またはMPEG1規格に
基づき、可変ビットレートで圧縮されたデジタル信号に
変換する機能を持つ。 【0238】またデジタルカメラ1543には静止画情
報はビットマップ形式やJPEG形式などのフォーマッ
ト形式で記録されている。それに対して、この実施の形
態では、光ディスク1001にはMPEG2のI−ピク
チャ形式で静止画が記録される。そのため、この実施の
形態では、“ビットマップ→MPEG2”、“JPEG
→MPEG2”などのフォーマット変換機能も、Vエン
コーダ1553に持たせてある。 【0239】また、Aエンコーダ1554は、入力され
たデジタルオーディオ信号を、MPEGまたはAC−3
規格に基づき、固定ビットレートで圧縮されたデジタル
信号(またはリニアPCMのデジタル信号)に変換する
機能を持つ。 【0240】ビデオ信号がAV入力部1542から入力
された場合(たとえば副映像信号の独立出力端子付DV
Dビデオプレーヤからの信号)、あるいはこのようなデ
ータ構成のビデオ信号が放送されてそれがTVチューナ
1544で受信された場合は、ビデオ信号中の副映像信
号成分(副映像パック)が、副映像エンコーダ(SPエ
ンコーダ)1555に入力される。SPエンコーダ15
55に入力された副映像データは、所定の信号形態にア
レンジされて、フォーマッタ1556に送られる。 【0241】フォーマッタ1556は、バッファメモリ
1557をワークエリアとして使用しながら、入力され
たビデオ信号、オーディオ信号、副映像信号等に対して
所定の信号処理を行い、所定のフォーマット(ファイル
構造)に合致した記録データをデータプロセサ1536
に出力する。 【0242】デジタル放送の場合には映像信号はMPE
G2のTS(トランスポートストリーム)形式で送信さ
れる。一般に情報記憶媒体(光ディスク)1001には
映像信号がMPEG2のフォーマットで記録される場合
にはPS(プログラムストリーム)形式が使われる。し
たがってデジタル放送を受信した場合には、受信信号は
TVチューナ1544から直接フォーマッタ1556に
送られ、フォーマッタ1556内で“TS→PS変換”
が行われる。 【0243】ここで、上記記録データを作成するための
標準的なエンコード処理内容を簡単に説明しておく。す
なわち、図19のエンコーダ部1550においてエンコ
ード処理が開始されると、ビデオ(主映像)データおよ
びオーディオデータのエンコードにあたって必要なパラ
メータが設定される。次に、設定されたパラメータを利
用して主映像データがプリエンコードされ、設定された
平均転送レート(記録レート)に最適な符号量の分配が
計算される。こうしてプリエンコードで得られた符号量
分配に基づき、主映像のエンコードが実行される。この
とき、オーディオデータのエンコードも同時に実行され
る。 【0244】プリエンコードの結果、データ圧縮量が不
十分な場合(録画しようとする光ディスク1001に希
望のビデオプログラムが収まり切らない場合)、再度プ
リエンコードする機会を持てるなら(たとえば録画のソ
ースがビデオテープあるいはビデオディスクなどの反復
再生可能なソースであれば)、主映像データの部分的な
再エンコードが実行され、再エンコードした部分の主映
像データがそれ以前にプリエンコードした主映像データ
部分と置換される。このような一連の処理によって、主
映像データおよびオーディオデータがエンコードされ、
記録に必要な平均ビットレートの値が、大幅に低減され
る。 【0245】同様に、副映像データをエンコードするに
必要なパラメータが設定され、エンコードされた副映像
データが作成される。 【0246】以上のようにしてエンコードされた主映像
データ、オーディオデータおよび副映像データが組み合
わされて、所望のビデオオブジェクトのデータ構造に変
換される。 【0247】すなわち、主映像データ(ビデオデータ)
の最小単位としてのセルが設定され、次にプログラムチ
ェーンを構成するセルの構成、主映像、副映像およびオ
ーディオの属性等が設定され(これらの属性情報の一部
は、各データをエンコードする時に得られた情報が利用
される)、種々な情報を含めた管理情報がセルに関する
情報が管理情報記録エリア(図1(d)の制御情報10
11または図2のRTR.IFO)内に記録される。 【0248】エンコードされた主映像データ、オーディ
オデータおよび副映像データは一定サイズ(2048バ
イト)のパックに細分化される。これらのパックには、
ダミーパックが適宜挿入される。なお、ダミーパック以
外のパック内には、適宜、PTS(プレゼンテーション
タイムスタンプ)、DTS(デコードタイムスタンプ)
等のタイムスタンプが記述される。副映像のPTSにつ
いては、同じ再生時間帯の主映像データあるいはオーデ
ィオデータのPTSより任意に遅延させた時間を記述す
ることができる。 【0249】そして各データのタイムコード順に再生可
能なように、VOBU単位で各データセルが配置され
て、複数のセルで構成されるVOBが構成される。 【0250】なお、図19のDVD_RTRビデオレコ
ーダのデジタル出力から映像情報をデジタルコピーする
場合は、上記セル、プログラムチェーン、管理テーブ
ル、タイムスタンプ等の内容は初めから決まっているの
で、これらを改めて作成する必要はない。 【0251】光ディスク1001に対して情報の読み書
き(録画および/または再生)を実行する構成は、ディ
スクドライブ部(ディスクチェンジャ部)1500と、
情報記録再生部101と、一時記憶部1534と、デー
タプロセサ1536と、システムタイムカウンタ(また
はシステムタイムクロック;STC)1538とを備え
ている。 【0252】一時記憶部1534は、情報記録再生部1
01を介して光ディスク1001に書き込まれるデータ
(エンコーダ部1550から出力されるデータ)のうち
の一定量分をバッファイリングしたり、情報記録再生部
101を介して光ディスク1001から再生されたデー
タ(デコーダ部1560に入力されるデータ)のうちの
一定量分をバッファイリングするのに利用される。 【0253】たとえば一時記憶部1534が4Mバイト
の半導体メモリ(DRAM)で構成されるときは、平均
4Mbpsの記録レートでおよそ8秒分の記録または再
生データのバッファリングが可能である。また、一時記
憶部1534が16MバイトのEEPROM(フラッシ
ュメモリ)で構成されるときは、平均4Mbpsの記録
レートでおよそ30秒の記録または再生データのバッフ
ァリングが可能である。さらに、一時記憶部1534が
100Mバイトの超小型HDD(ハードディスク)で構
成されるときは、平均4Mbpsの記録レートで3分以
上の記録または再生データのバッファリングが可能とな
る。 【0254】一時記憶部1534は、録画途中で光ディ
スク1001を使い切ってしまった場合において、光デ
ィスク1001が新しいディスクに交換されるまでの録
画情報を一時記憶しておくことにも利用できる。 【0255】また、一時記憶部1534は、情報記録再
生部101として2倍速以上の高速記録再生部を採用し
た場合において、一定時間内に通常ドライブより余分に
読み出されたデータを一時記憶しておくことにも利用で
きる。 【0256】再生時の読み取りデータを一時記憶部15
34にバッファリングしておけば、振動ショック等で図
示しない光学ヘッドが読み取りエラーを起こした時で
も、一時記憶部1534にバッファリングされた再生デ
ータを切り替え使用することによって、再生映像が途切
れないようにできる。 【0257】なお、図19では図示しないが、DVD_
RTRビデオレコーダに外部カードスロットを設けてお
けば、前記EEPROMはオプションのICカードとし
て別売できる。またDVD_RTRビデオレコーダに外
部ドライブスロットあるいはSCSIインターフェイス
等を設けておけば、前記HDDもオプションの拡張ドラ
イブとして別売できる。 【0258】なおパーソナルコンピュータをソフトウエ
アでDVD_RTRビデオレコーダ化する実施形態で
は、パーソナルコンピュータ自身のハードディスクドラ
イブの空き領域の一部またはメインメモリの一部を、図
19の一時記憶部1534として利用できる。 【0259】図19のデータプロセサ1536は、シス
テム制御部(MPU部)〔ROM/RAM内蔵〕153
0の制御にしたがって、 ・エンコーダ部1550からの録画用の映像情報信号の
情報記録再生部101への供給 ・情報記録再生部101から再生された映像情報信号を
取り出した後、他部分への転送処理 ・光ディスク1001に記録された管理情報(制御情報
1011)の書き換え処理 ・光ディスク1001に記録されたデータである映像情
報や管理情報(制御情報1011またはRTR.IFO
あるいはRTR_VMG)の部分的削除処理 などを行う。 【0260】システム制御部1530は、MPU(また
はCPU)、制御プログラム等が書き込まれたICメモ
リーであるROM、およびプログラム実行に必要なワー
クエリアを提供するICメモリーであるRAMを含んで
いる。 【0261】システム制御部1530の実行結果のうち
映像情報記録用情報記録再生装置(録再レコーダ)のユ
ーザに通知すべき内容はビデオレコーダ表示部1548
に表示される。 【0262】なおシステム制御部(MPU部)1530
がディスクチェンジャ部1500、情報記録再生部10
1、データプロセサ1536、エンコーダ部1550お
よび/またはデコーダ部1560を制御するタイミング
はSTC1538からの時間データに基づいて、実行す
ることができる(録画・再生の動作は、通常はSTC1
538からのタイムクロックに同期して実行されるが、
それ以外の処理は、STC1538とは独立したタイミ
ングで実行されてもよい)。 【0263】デコーダ部1560は、光ディスク100
1に記録されているパック構造を持つ映像情報から各パ
ックを分離して取り出すセパレータ1562と、パック
分離その他の信号処理実行時に使用するメモリ156
3、セパレータ1562で分離された主映像データ(ビ
デオパックの内容)をデコードするビデオデコーダ(V
デコーダ)1564、セパレータ1562で分離された
副映像データ(副映像パックの内容)をデコードする副
映像デコーダ(SPデコーダ)1565、セパレータ1
562で分離されたオーディオデータ(オーディオパッ
クの内容)をデコードするオーディオデコーダ(Aデコ
ーダ)1568、Vデコーダ1564からのビデオデー
タにSPデコーダ1565からの副映像データを適宜合
成し、主映像にメニュー、ハイライトボタン、字幕その
他の副映像を重ねて出力するビデオプロセサ1566、
ビデオプロセサ1566からのデジタルビデオ出力をア
ナログビデオ信号に変換するビデオ・デジタル・アナロ
グ変換器(V・DAC)1567、Aデコーダ1568
からのデジタルオーディオ出力をアナログオーディオ信
号に変換するオーディオ・デジタル・アナログ変換器
(A・DAC)1567を備えている。 【0264】V・DAC1567からのアナログビデオ
信号(アナログ状態の映像情報信号)およびA・DAC
67からのアナログオーディオ信号は、AV出力部15
46を介して、図示しない外部コンポーネント(2チャ
ネル〜6チャネルのマルチチャネルステレオ装置+モニ
タTVまたはプロジェクタ)に供給される。 【0265】システム制御部(MPU部)1530から
出力されるOSD(On Screen Display)データは、デ
コーダ部1560のセパレータ1562に入力され、V
デコーダ1564を通過して(とくにデコード処理はさ
れない)ビデオプロセサ1566に入力される。する
と、このOSDデータが主映像に重畳され、それがAV
出力部1546に接続された外部モニタTVに供給され
る。すると警告文が主映像とともに表示される。 【0266】次に、図19の映像情報記録用情報記録再
生装置(DVD_RTRビデオレコーダ)の各動作につ
いて説明を行う。 【0267】以下、図20のフローチャートを参照しな
がら、複数枚の静止画を情報記憶媒体(DVD_RTR
ディスク)上に記録する手順を説明する。 【0268】まず、デジタルカメラ1543などからの
静止画ファイルを連続してデータ入力する(ステップS
T1)。 【0269】デジタルカメラ1543からの静止画ファ
イルは、一般にJPEG形式あるいはビットマップ形式
などで記録されているので、入力した静止画情報をVエ
ンコーダ1553によってMPEG2のI−ピクチャデ
ータに変換する(ステップST2)。 【0270】次に、フォーマッタ1556において、1
枚の静止画情報に対して図3のようなデータ構造を持っ
たVOBU構造を作成するとともに、複数の静止画をま
とめて(グルーピングして)VOBを構成する(ステッ
プST3)。 【0271】上記処理と平行して、情報記録再生部10
1光ディスク1001に記録してある全ての制御情報1
011(RTR.IFO/RTR_VMG)を再生し、
その情報をシステム制御部1530内のRAM部(ワー
クメモリ)に保存する(ステップST4)。 【0272】システム制御部1530内部では、RAM
部に保存された制御情報1011(RTR.IFO/R
TR_VMG)の中から、アロケーションマップテーブ
ル1105の情報を探し、未記録エリア1460(図
4)の場所を探す(ステップST5)。 【0273】その後、システム制御部1530から、フ
ォーマッタ1556とデータプロセッサ1536と情報
記録再生部101に制御情報を送り、情報記録再生部1
01に複数の静止画情報を持ったVOBを、未記録エリ
ア1460に記録する(ステップST6)。 【0274】記録時にはシステム制御部1530が記録
状況をモニターし、光ディスク1001へのVOBの記
録が成功したか判定する(ステップST7)。 【0275】もし、途中でトラブルが発生した場合に
は、ステップST4〜ST6の処理が繰り返えされる。 【0276】光ディスク1001へのVOBの記録が成
功した場合には、光ディスク1001に記録されたアド
レス情報を基に、システム制御部1530内で、図12
のVOBUマップ1738(あるいは図17のVOBマ
ップ1899)を作成する(ステップST9)。 【0277】最後に、システム制御部1530内で作成
したVOBUマップ1738(あるいはVOBマップ1
899)の情報を、情報記録再生部101を用いて、光
ディスク1001上の制御情報1011(RTR.IF
O/RTR_VMG)内に追加記録する(ステップST
10)。 【0278】次に、図21を用いて音声情報を含む静止
画情報の再生手順について説明を行う。 【0279】図20のステップST4〜ST5と同様
に、最初に情報記録再生部101によって光ディスク1
001に記録してある全ての制御情報1011(RT
R.IFO/RTR_VMG)を再生し、その情報をシ
ステム制御部1530内のRAM部(ワークメモリ)に
保存する(ステップST11)。 【0280】次に、システム制御部1530内部では、
RAM部に保存された制御情報1011(RTR.IF
O/RTR_VMG)の中から再生制御情報1021
(CI)の情報を探し、再生方法に関する情報を解釈す
る(ステップST12)。 【0281】その後、システム制御部1530内部で
は、RAM部に保存されたプログラムチェーン制御情報
1103(PGCI)の中から再生したい情報のプログ
ラムを探し、そのPGC情報内に含まれているセルを抽
出する。 【0282】次に、RAM部に保存されたセル再生情報
1108から、該当するセルが指定するVOB_IDあ
るいはPTT_IDを抽出する(ステップST13)。 【0283】さらに、システム制御部1530内部で
は、RAM部に保存してあるビデオオブジェクト情報1
107(AVFIT)あるいはビデオタイトルセット情
報1106(RTR_VMG)内のパートオブタイトル
情報1753(図8)から、再生したいVOBが記録し
てある光ディスク1001上のアドレスを抽出する(ス
テップST14)。 【0284】再生時には、図14に示すようにVOB#
Aから静止画情報そのものを再生し、それにVOB#B
内に記録してある音声情報を重ねて表示する。以下、こ
の場合の再生手順について説明する。 【0285】まず、システム制御部1530からの制御
信号を基に情報記録再生部101内の光学ヘッド(図示
せず)をアクセスさせて、光ディスク1001上に記録
してあるVOB#Bの情報を再生するとともに、その中
から静止画複数枚分の音声情報をメモリ1563(図1
9)に一時保管する(ステップST18)。 【0286】次に、光ディスク1001上に記録してあ
るVOB#Aの情報記録位置へ情報記録再生部101内
の光学ヘッド(図示せず)をアクセスさせ、VOB#A
内の静止画情報を再生する(ステップST16)。 【0287】最後にAV出力1546でVOB#B内の
音声情報とVOB#A内の静止画情報を同時に出力(表
示)する(ステップST17)。 【0288】上記のように、静止画複数枚分の音声情報
のみ、あるいは静止画情報のみのどちらか一方を(複数
枚分)まとめて再生し、再生結果をメモリ1562を保
存した後、残りの情報をまとめて再生し、同時に出力
(表示)することにより、1枚の静止画情報毎の静止画
情報と音声情報をその都度再生する方法に比べて、光学
ヘッド(図示せず)のアクセス頻度を大幅に低減させる
ことができる。 【0289】その結果、シームレスな連続再生が可能に
なる(静止画の表示の変わり目で一時的に動きが止まっ
たり、音声情報が途切れたりすることがない)。ここ
に、この発明の大きな特徴がある。 【0290】なお、図21ではVOB#Bの音声情報を
再生した後にVOB#Aの静止画情報を再生している
が、この発明の技術思想から外れない範囲での変更(た
とえば再生順が入れ替わるなど)は可能である。 【0291】また、図10ではVOBU内に静止画情報
と音声情報がペアになって保存される記録フォーマット
になっている。しかし、この発明はこのようなフォーマ
ットに限定されることはなく、種々な変更が可能であ
る。 【0292】たとえば、1つのVOB内あるいは1つの
PTT内の前半にまとめて複数枚分のV_PCKが配置
され、後半に複数枚分のA_PCKがまとめて配置され
た記録フォーマットの場合には、同一番号の静止画に対
するV_PCKおよびA_PCK間の位置が、情報記憶媒
体(光ディスク)1001上では離れている。 【0293】この場合、同一のVOB内の同一静止画番
号の静止画情報(V_PCK情報)と音声情報(V_PC
K情報)を順次再生する場合でも、光学ヘッドのアクセ
ス処理が必要となる。 【0294】したがって、上記のように1つのVOB内
あるいは1つのPTT内の前半にまとめて複数枚分のV
_PCKが配置され、後半に複数枚分のA_PCKがまと
めて配置された記録フォーマットを持つピクチャオブジ
ェクト1013から複数枚の静止画情報を再生する場合
には、先にV_PCK情報とV_PCK情報の内のいずれ
かを複数枚分先に読み取ってメモリ1563に保存し、
その後残りの情報をまとめて再生して同時に出力(表
示)する。 【0295】次に、図22を参照して、この発明の他の
実施の形態として、静止画に対する付加情報をアフター
レコーディングにより追加記録する方法について説明す
る。 【0296】アフターレコーディングによる付加情報
は、元の静止画情報とは別のグループ(別のVOBある
いは別のPTT)とし、再生時に図14に示す方法で合
成出力(表示)する。 【0297】図22において、ステップST11からス
テップST14までは、図21と同じ手順を経る。 【0298】図22において、システム制御部1530
からの制御信号を基に情報記録再生部101内の光学ヘ
ッド(図示せず)をアクセスさせて情報記憶媒体(光デ
ィスク)1001上に記録してあるVOBの情報を再生
し、AV出力1546により図11のような表示を行な
う(ステップST18)。 【0299】次に、ユーザーが表示画面を見ながら入力
した付加情報を受け、入力された情報を基にフォーマッ
タ1556にて複数の静止画分をグルーピングしてVO
BまたはPTTを構成する(ステップST19)。 【0300】最後に、フォーマッタ1556で作成した
VOB情報を光ディスク1001に記録する(ステップ
ST20)。 【0301】図23は、図8のナビゲーションデータ
(RTR_VMG)のデータ構造を説明する図である。
このRTR_VMGは、図1(e)では制御情報110
1および1021に対応し、図2のファイル構造では制
御情報(RTR.IFO)1011に対応している。 【0302】このナビゲーションデータRTR_VMG
のうち、ユーザ定義PGC情報テーブルUD−PGCI
Tは、ユーザ定義PGC情報テーブル情報(UD−PG
CITI)と、1以上のユーザ定義PGC情報のサーチ
ポインタ#1〜#n(UD_PGCI_SRP#1〜#
n)と、これらのサーチポインタに対応した数のユーザ
定義PGC情報#1〜#n(UD_PGCI#1〜#
n)とで構成されている。 【0303】また、個々のユーザ定義PGC情報(UD
_PGCI#1〜#nのうちの1つ)またはオリジナル
PGC情報(ORG_PGCI)に対応する内容のPG
C情報#i(PGCI#i)は、PGC一般情報(PG
C_GI)と、1以上のプログラム情報#1〜#m(P
GI#1〜#m)と、1以上のセル情報サーチポインタ
#1〜#n(CI_SRP#1〜#n)と、これらのサ
ーチポインタに対応した数のセル情報#1〜#n(CI
#1〜#n)とで構成されている。 【0304】個々のセル情報サーチポインタ(CI_S
RP#1〜#nのうちの1つ)は対応するセル情報の開
始アドレス(CI_SA)を含み、個々のセル情報(C
I#1〜#nのうちの1つ)はムービーセルの情報(M
_CI)または静止画セルの情報(S_CI)を含んで
いる。 【0305】なお、図23のRTR_VMGIは図1
(f)のビデオタイトルセット情報1106に対応し、
図23のM_AVFITおよびS_AVFITは図1
(f)のビデオオブジェクト情報1107に対応し、図
23のORG_PGCIおよびUD_PGCITは図1
(f)のPGC制御情報1103に対応している。 【0306】また、図23のPGCI#iは図1(f)
のPGC制御情報1103に対応し、図23のCI#は
図1(f)のセル再生情報1108に対応している。 【0307】図24は、図23の静止画セル情報(S_
CI)の内容を説明する図である。このS_CIは、静
止画セル一般情報(S_C_GI)と、1以上の静止画
セルのエントリポイント情報#1〜#n(S_C_EP
I#1〜#n)を含んでいる。ここで、図24のS_C
Iは図1(f)のセル再生情報1108に対応してい
る。 【0308】図25は、図24の静止画セル一般情報
(S_C_GI)の内容を説明する図である。 【0309】このS_C_GIは、該当セルの形式を記
述したセルタイプ(C_TY)と、このセルにより使用
されるVOBグループの静止画VOBグループ情報サー
チポインタ番号(S_VOGI_SRPN)と、このセ
ル内のセルエントリポイント情報の数(C_EPI_N
s)と、このセルの静止画VOBエントリ番号の開始ア
ドレス(S_S_VOB_ENTN)と、このセルの静
止画VOBエントリ番号の終了アドレス(E_S_VO
B_ENTN)とを含んでいる。 【0310】ここで、図25のS_S_VOB_ENT
Nは図15のVOB内静止画番号1875に対応し、図
25のE_S_VOB_ENTNは図15のVOB内静
止画番号1876に対応している。 【0311】図26は、図24の各静止画セルエントリ
ポイント情報(S_C_EPI)の内容を説明する図で
ある。このS_C_EPIには2種類(タイプ1とタイ
プ2)ある。 【0312】タイプ1のS_C_EPIは、エントリポ
イントの形式を記述したエントリポイントタイプ(EP
_TY)と、静止画VOBのエントリ番号(S_VOB
_ENTN)を含んでいる。 【0313】タイプ2のS_C_EPIは、EP_TY
およびS_VOB_ENTNに加えて、プライマリテキ
スト情報(PRM_TXTI)をさらに含んでいる。こ
のPRM_TXTIに、対応する静止画に関係したコメ
ントその他の情報を記録できる。 【0314】なお、図26のS_VOB_ENTNは、
1以上の静止画VOBエントリS_VOB_ENT#
(図12および図13のピクチャオブジェクト用VOB
Uマップ1738、あるいは図17のピクチャオブジェ
クト用VOBマップ1899の内容に対応)それぞれを
特定する番号情報である。 【0315】図27は、図12の静止画用付加オーディ
オファイル情報(S_AAFI)の内容を説明する図で
ある。 【0316】このS_AAFIは、静止画用付加オーデ
ィオファイル情報の一般情報(S_AAFI_GI)
と、1以上の静止画用付加オーディオグループ情報のサ
ーチポインタ#1〜#n(S_AAGI_SRP#1〜
#n)と、これらのサーチポインタに対応した数の静止
画用付加オーディオグループ情報#1〜#n(S_AA
GI#1〜#n)とを含んでいる。 【0317】個々の静止画用付加オーディオグループ情
報(S_AAGI#1〜#nのうちの1つ)は、静止画
用付加オーディオグループの一般情報(S_AAG_G
I)と、1以上の付加オーディオエントリ#1〜#n
(AA_ENT#1〜#n)を含んでいる。 【0318】図28は、図27のS_AAGの一般情報
(S_AAG_GI)の内容を説明する図である。 【0319】このS_AAG_GIは、付加オーディオ
エントリの数(AA_ENT_Ns)と、静止画用付加
オーディオストリーム情報の番号(S_AA_STI
N)と、静止画用付加オーディオファイル内のAAGの
開始アドレス(S_AAG_SA)とを含んでいる。 【0320】ここで、図28のAA_ENT_Nsは、
図13のVOB内静止画数1801あるいは図18のP
TT内静止画数1901に対応する値を持つ。 【0321】また、図28のS_AAG_SAは、最初
の静止画アドレス(図13のVOB内先頭静止画情報1
802またはVOBU内先頭V_PCKアドレス180
8;あるいは図18のPTT内先頭静止画情報1902
またはVOB内先頭V_PCKアドレス1908)に対
応する。 【0322】図29は、図27の付加オーディオエント
リ(AA_ENT)の内容を説明する図である。 【0323】このAA_ENTは、付加オーディオの形
式(通常のものか、あるいは暫定的に作成されたもの
か、等)を記述した付加オーディオタイプ(AA_T
Y)と、付加オーディオストリームのサイズ(AA_S
Z)と、付加オーディオストリームの再生時間(AA_
PB_TM)とを含んでいる。 【0324】ここで、図29のAA_SZは、現在の付
加オーディオのA_PCKアドレス(図13のVOBU
内先頭A_PCKアドレス1812または図18のVO
B内先頭A_PCKアドレス1912)と、その次の付
加オーディオのA_PCKアドレス(図13の1812
または図18の1912)との差分に対応する値を持
つ。 【0325】また、図29のAA_PB_TMは、図1
3のオーディオE_PTM1814からオーディオS_
PTM1813を引いたもの(あるいは図18のオーデ
ィオE_PTM1914からオーディオS_PTM19
13を引いたもの)に対応する値を持つ。 【0326】図30は、図12の静止画用VOBグルー
プ一般情報(S_VOG_GI)の内容を説明する図で
ある。 【0327】このS_VOG_GIは、該当VOBグル
ープ内のビデオパートの数を記述した静止画VOBの数
(S_VOB_Ns)と、静止画VOBストリーム情報
の数(S_VOB_STIN)と、該当VOBグループ
内の最初のVOBが記録されたときの時間(FIRST
_VOB_REC_TM)と、該当VOBグループ内の
最後のVOBが記録されたときの時間(LAST_VO
B_REC_TM)と、静止画AVファイル内の該当V
OBグループの開始アドレス(S_VOG_SA)とを
含んでいる。 【0328】ここで、図30のS_VOB_Nsは、、
図13のVOB内静止画数1801あるいは図18のP
TT内静止画数1901に対応する値を持つ。 【0329】また、図30のS_VOG_SAは、最初
の静止画アドレス(図13のVOB内先頭静止画情報1
802またはVOBU内先頭V_PCKアドレス180
8;あるいは図18のPTT内先頭静止画情報1902
またはVOB内先頭V_PCKアドレス1908)に対
応する。 【0330】図31は、図12の静止画用VOBエント
リ(S_VOB_ENT)の内容の第1の例(タイプ
1)を説明する図である。 【0331】このS_VOB_ENTタイプ1は、静止
画VOBエントリの形式を記述した静止画VOBエント
リタイプ(S_VOB_ENT_TY)と、対応する静
止画ビデオパートのサイズ(V_PART_SZ)を含
んでいる。 【0332】ここで、S_VOB_ENT_TYは、S
_VOB_ENTが何タイプであるかを記述した情報M
AP_TYと、該当VOBが通常状態なのか暫定的に消
去された状態(仮消去状態)なのかを記述した情報TE
と、含まれている副映像ストリームの数(ゼロなら含ま
れていないということ)を記述した情報SPST_Ns
とを含んでいる。 【0333】また、V_PART_SZは、該当VOB
内のビデオパートのサイズをセクタ単位で記述してい
る。 【0334】このV_PART_SZは、現在の静止画
のVOBU内の先頭V_PCKのアドレス(図13の1
808)と現在の静止画のVOBU内の先頭A_PCK
のアドレス(図13の1812)との差分に対応してい
る。 【0335】あるいは、このV_PART_SZは、現
在の静止画のVOB内の先頭V_PCKのアドレス(図
18の1908)と現在の静止画のVOB内の先頭A_
PCKのアドレス(図18の1912)との差分に対応
している。 【0336】図32は、図12の静止画用VOBエント
リ(S_VOB_ENT)の内容の第2の例(タイプ
2)を説明する図である。 【0337】このS_VOB_ENTタイプ2は、図3
1のタイプ1のS_VOB_ENT_TYおよびV_P
ART_SZの他に、該当静止画VOBに元々付随して
いるオーディオパートのサイズをセクタ単位で表したA
_PART_SZと、オーディオパートの再生時間をビ
デオフィールド単位で表したA_PB_TMとを含んで
いる。 【0338】なお、実際のオーディオパートの再生時間
がビデオフィールドの境界に一致しないときは、オーデ
ィオパートの末尾データのうちビデオフィールドからは
み出す分は切り捨てられる。 【0339】ここで、A_PART_SZは、現在のV
OBU内先頭A_PCKアドレス(図13の1812)
と次のVOBU内先頭V_PCKアドレス(図13の1
808)との差分に対応している。 【0340】あるいは、A_PART_SZは、現在の
VOB内先頭A_PCKアドレス(図18の1912)
と次のVOB内先頭V_PCKアドレス(図18の19
08)との差分に対応している。 【0341】また、A_PB_TMは、現在のS_PT
M1810;図13(または現在のS_PTM191
0;図18)と、次のS_PTM1810;図13(ま
たは次のS_PTM1910;図18)との差分に対応
する。 【0342】あるいは、A_PB_TMは、図13にお
けるS_PTM1813とE_PTM1814との差分
(あるいは、図18におけるS_PTM1913とE_
PTM1914との差分)に対応する。 【0343】図33は、図12の静止画用VOBエント
リ(S_VOB_ENT)の内容の第3の例(タイプ
3)を説明する図である。 【0344】このS_VOB_ENTタイプ3は、図3
1のタイプ1のS_VOB_ENT_TYおよびV_P
ART_SZの他に、静止画の付加オーディオグルーブ
番号(S_AAGN)と、付加オーディオエントリ番号
(AA_ENTN)とを含んでいる。 【0345】ここで、S_AAGNは、該当VOBの付
加オーディオストリームが含まれた付加オーディオグル
ープの番号を指す。このS_AAGNは、図15の、A
_PCK入りVOBのID情報1877に対応してい
る。 【0346】また、AA_ENTNは、該当VOBの付
加オーディオストリームに対応する付加オーディオエン
トリの番号を指す。このAA_ENTNは、図15の、
セル内先頭静止画のA_PCKを含むVOB内での静止
画番号1878に対応している。 【0347】図34は、図12の静止画用VOBエント
リ(S_VOB_ENT)の内容の第4の例(タイプ
4)を説明する図である。 【0348】このS_VOB_ENTタイプ4は、図3
1のタイプ1のS_VOB_ENT_TYおよびV_P
ART_SZと、図32のタイプ2のA_PART_S
ZおよびA_PB_TMと、図33のタイプ3のS_A
AGNAA_ENTNとを組み合わせた内容となってい
る。 【0349】図31〜図34のタイプ1〜タイプ4のS
_VOB_ENTにおいて、同じフィールド名(S_V
OB_ENT_TY等)は同じ内容を持っている。 【0350】図35は、静止画VOBだけが記録される
場合の、オリジナルPGC情報(図8または図23のO
RG_PGCI)と静止画ビデオファイル(図2のRT
R_STO.VRO)との関係を説明する図である。 【0351】静止画VOBだけが記録されたオリジナル
PGC内では、プログラムチェーン情報PGCIはセル
のシーケンスで構成され、各セルは静止画VOBグルー
プに対応している。 【0352】ここで、静止画VOBグループは、膨大な
数の静止画VOBが記録される場合を考慮して、各静止
画VOBに伴うナビゲーションデータサイズを減らすた
めに導入されている。 【0353】しかしながら、セルは、ムービーVOBお
よび静止画VOBを同時に参照することはできない。し
たがって、もしムービーVOBおよび静止画VOBが交
互に記録される場合は、静止画VOBグループは、1つ
の静止画VOBだけを含むようにしてもよい。 【0354】図35において、静止画VOBグループ情
報S_VOGI#2が、図10(a1)〜図10(d
3)のVOB1631〜1633に対応する場合を想定
してみる。 【0355】この想定の下でいえば、たとえば図10B
のVOBU1641、図10(b2)のVOBU164
4、および図10(c2)のVOBU1646がS_V
OGI#2に含まれる。そして、図35の静止画VOB
グループ#2内のビデオパートは、図10(a3)のパ
ック1661〜1663および1681、図10(b
3)のパック1665、あるいは図10(c3)のパッ
ク1668〜1670および1683に対応するように
なる。 【0356】また、図35のS_VOGI#2が、図1
4(a1)のVOB#Aに対応する場合を想定してみ
る。 【0357】この想定の下でいえば、たとえば図14
(a2)のVOBU1826の静止画番号2がS_VO
GI#2のVOBエントリ番号2に対応し、図14(a
3)の静止画1832のパック1852、1848、1
862が図35のRTR_STO_VROファイルの中
央のビデオパートおよびオーディオパートに対応し、図
14(a3)の静止画1833のパック1853がRT
R_STO_VROファイルの後方のビデオパートに対
応するようになる。 【0358】図36は、オリジナルPGC情報(ORG
_PGCI)と静止画の付加オーディオ部分(図2のR
TR_STA.VRO)との関係を説明する図である。 【0359】VOBエントリは、関連するビデオパート
およびオーディオパートに対するアクセス情報を含む。
これらのビデオパートおよびオーディオパートは、とも
にRTR_STO.VROファイル内に記録されてい
る。このオーディオパートは、関連するビデオパートの
直後に記録される。 【0360】ビデオパートに伴う付加オーディオパート
がRTR_STA.VROファイル内に記録されるとき
は、付加オーディオエントリはVOGI以外のデータフ
ィールド内に記述され、VOBエントリから付加オーデ
ィオエントリまでのリンクは、このVOBエントリ内に
記述される。 【0361】図36において、付加オーディオのファイ
ルRTR_STA.VROが、図14(b1)のVOB
#Bに対応する場合を想定してみる。 【0362】この想定の下でいえば、たとえば図14
(c)のA_PCK1865、1866から図14(b
3)のA_PCK1865、1866への矢印が、図3
6のS_VOGI#2中のVOBエントリからその右隣
の付加オーディオエントリへの矢印に対応する。 【0363】この場合、A_PCK1866の矢印に注
目すれば、図14(b3)のA_PCK1866が図3
6のRTR_STA.VROの中央のオーディオパート
に対応し、図14(b2)の静止画番号h+j−2が、
図36の付加オーディオエントリのうちA_PCK18
66に対応する部分を構成する。 【0364】上記矢印で結ばれる情報部分(図36のV
OBエントリ部分と付加オーディオエントリ部分)は、
図1(f)のセル再生情報1108あるいは図24のS
_CIを利用して、リンクさせることができる。 【0365】なお、図36のRTR_STA.VROフ
ァイル中の中央オーディオパートがアフターレコーディ
ングのオーディオ情報である場合は、このオーディオパ
ートに対応する図14(b3)のA_PCK1866
は、図3(f)で示したようなダミーパックDM_PC
Kを利用して構成できる。 【0366】図37は、静止画VOB(RTR_ST
O.VROファイル)およびムービーVOB(RTR_
MOV.VROファイル)を含むオリジナルPGC情報
(図8または図23のORG_PGCI)の構成例を説
明する図である。 【0367】図37において、PGCI#1のプログラ
ム#1が図9(b2)のVTS1762に対応し、S_
VOGI#1およびS_VOGI#2が図9(b3)の
VOB#D1774およびVOB#E1775に対応
し、M_VOBI#1およびM_VOBI#2が図9
(b3)のVOB#A1771およびVOB#B177
2に対応する場合を想定してみる。 【0368】この想定の下でいえば、図9(b3)のピ
クチャオブジェクト1013が図37のRTR_ST
O.VROファイルの内容(ビデオパートおよびオーデ
ィオパート)を構成し、図9(b3)のビデオオブジェ
クト1012が図37のRTR_MOV.VROファイ
ルの内容(VOB#1、VOB#2、…)を構成する。 【0369】図37において、PGCI中のセル#とS
_VOGI#中のVOBエントリとは、たとえば図25
のS_S_VOB_ENTNおよびE_S_VOB_E
NTNを利用して、リンクさせることができる。 【0370】また、RTR_STO.VROファイル中
のビデオパートあるいはオーディオパートの論理アドレ
スとS_VOGI#のVOBエントリで指定されるVO
B番号とは、たとえば図4および図5の関係を利用し
て、リンクさせることができる。 【0371】ここで、図37のM_VOBI#中のタイ
ムマップTMAPについて説明しておく。 【0372】図8または図23のムービーAVファイル
情報テーブルM_AVFITは、図示しないが、ムービ
ーAVファイル情報一般情報(M_AVFI_GI)
と、1以上のムービーVOB情報サーチポインタ(M_
VOBI_SRP#1〜#n)と、このサーチポインタ
に対応する数のムービーVOB情報(M_VOBI#1
〜#n)とを含んでいる。 【0373】各M_VOBI#は、図示しないが、ムー
ビーVOB一般情報(M_VOBI_GI)と、シーム
レス情報(SMLI)と、オーディオギャップ情報(A
GAPI)と、タイムマップ情報(TMAPI)とを含
んでいる。 【0374】このTMAPIは、特別な再生(ユーザ定
義PGCを利用した個別ユーザ独自の順序によるセル再
生など)およびタイムサーチを実行する際に利用され
る。 【0375】TMAPIは、図示しないが、タイムマッ
プ一般情報(TMAP_GI)と、1以上のタイムエン
トリ(TM_ENT#1〜#r)と、1以上のVOBU
エントリ(VOBU_ENT#1#q)とを含んでい
る。 【0376】各VOBUエントリは、各VOBUのサイ
ズおよび再生時間の情報を含む。VOBUのサイズはセ
クタ(2kバイトまたは2048バイト)単位で示さ
れ、再生時間はビデオフィールド(NTSCでは1フィ
ールド1/60秒;PALでは1フィールド1/50
秒)単位で示される。 【0377】VOBUのサイズは上述のようにセクタ単
位で示されるため、VOBUにはセクタ単位のアドレス
でアクセスできる。 【0378】各VOBUエントリは、図示しないが、基
準ピクチャサイズ情報1STREF_SZと、VOBU
再生時間情報VOBU_PB_TMと、VOBUサイズ
情報VOBU_SZとを含んでいる。 【0379】ここで、VOBU_PB_TMは、該当V
OBUの再生時間をビデオフィールド単位で表したもの
である。また、基準ピクチャサイズ情報1STREF_
SZは、該当VOBUの最初の基準ピクチャ(MPEG
のIピクチャに対応)のサイズをセクタ単位で表したも
のである。 【0380】一方、各タイムエントリは、図示しない
が、対応VOBUのアドレス情報(VOBU_ADR)
と、時間差情報(TM_DIFF)を含む。この時間差
情報は、タイムエントリにより指定される再生時間とV
OBUの再生開始時間との差を示したものである。 【0381】いま、2つの連続タイムエントリの時間間
隔(タイムユニットTMU)が10秒であるとすれば、
このタイムエントリ間隔は、たとえばNTSCビデオで
600フィールドに相当することになる。 【0382】なお、通常は、VOBUエントリでは「V
OBUの時間間隔」をフィールド数で表しているが、他
の方法として、「VOBUの時間間隔」を表すのに、
「あるVOBUから次のVOBUまでのクロックカウン
タによるカウント値」を利用することもできる。 【0383】具体的に例示すれば、「1個のVOBUの
先頭位置でのプレゼンテーションタイムスタンプPTS
とその直後のVOBUの先頭位置でのPTSの値との間
の差分値」で「VOBUの時間間隔」を表すことができ
る。 【0384】換言すれば、「特定ユニット内でのクロッ
クカウンタの差分値でそのユニット内の時間間隔を示
す」ことができる。 【0385】タイムマップ一般情報TMAP_GIは、
図示しないが、該当タイムマップ情報内のタイムエント
リ数を示すTM_ENT_Nsと、該当タイムマップ情
報内のVOBUエントリ数を示すVOBU_ENT_N
sと、該当タイムマップ情報に対するタイムオフセット
TM_OSFと、該当タイムマップ情報のアドレスオフ
セットADR_OFSとを含んでいる。 【0386】NTSCビデオで600フィールド(ある
いはPALビデオで500フィールド)に相当する値
(10秒相当)をタイムユニットTMUとした場合にお
いて、上記タイムオフセットTM_OSFは、TMU以
内の時間のずれを示すのに用いられる。 【0387】また、VOBのサイズをセクタ数で表す場
合において、上記アドレスオフセットADR_OFS
は、AVファイルの先頭からのファイルポインタを示す
のに用いられる。 【0388】タイムエントリTM_ENTは、図示しな
いが、対応するVOBUエントリの番号を示すVOBU
_ENTNと、タイムエントリにより指定されたVOB
Uの再生開始時間と算出された再生時間との時間差を示
すTM_DIFFと、目標のVOBUアドレスを示すV
OBU_ADRとを含んでいる。 【0389】NTSCにおいてタイムユニットTMUを
600フィールドで表した場合(あるいはPALにおい
てタイムユニットTMUを500フィールドで表した場
合)、タイムエントリ#jに対する上記「算出された再
生時間」は、TMU×(jー1)+TM_OSFで表す
ことができる。 【0390】また、上記VOBU_ADRは、VOBU
サイズをセクタ単位で表した場合において、該当VOB
の先行VOBUsの合計サイズにより目標のVOBUア
ドレスを表したものである。 【0391】上に例示したようなデータ構成において、
あるVOBUの途中から再生を開始するには、そのアク
セスポイントを確定しなければならない。このアクセス
ポイントをタイムエントリポイントとする。 【0392】このタイムエントリポイントは、VOBU
のムービーアドレス情報が示す位置から、タイムエント
リTM_ENT内の時間差情報TM_DIFFが示す時
間差だけ離れた位置にある。このタイムエントリポイン
トが、タイムマップ情報TMAPIにより示される特別
な再生開始点(あるいはタイムサーチ点)となる。 【0393】図37のPGCI中のセル#とM_VOB
I#中のタイムマップTMAPとは、S_VOGI#の
場合と同様な考え方で、リンクさせることができる。 【0394】図37は、再生開始時間に対応するビデオ
フィールドがVOBU#kの中間にある場合を例示して
いる。この再生開始時間により特定されるビデオフィー
ルドからのビデオーフィールド群のシーケンスを表示す
るために、その先頭からのVOBUデータをデコーダに
入力する必要がある。その理由は、デコーダは、たとえ
デコードされたフィールドが表示されるものでなくて
も、再生開始時間より以前の再生時間を持つ全ての基準
ビデオフィールドをデコードする必要があるためであ
る。このデコーダは、デコード作業が再生開始時間に対
応するビデオフィールドに到達したら、ビデオ映像の表
示を開始する。 【0395】再生開始時間に対応するビデオフィールド
から正確に表示開始できるように装置(システム)を構
成することは、必ずしも絶対的に必要な事項ではない
が、望ましいことである。 【0396】図38は、ユーザ定義PGC情報(図6)
が静止画VOBグループを参照する場合を説明する図で
ある。 【0397】ユーザ定義PGCは、各々がムービーVO
Bあるいは静止画VOBグループそれぞれを参照する2
種類のセルを含むことができる。 【0398】図38は、静止画VOBを参照するユーザ
定義PGCの一例を示している。この図において、ユー
ザ定義PGC内のセル#1は静止画VOBグループ#2
を参照している。 【0399】ここで、オリジナルPGC内のセル#2
は、静止画VOBグループ内の最初の静止画VOB番号
および最後の静止画VOB番号を指定することにより、
静止画VOBグループ#2全体を参照している。が、ユ
ーザ定義PGC内のセル#1は、最後の静止画VOB番
号を指定するとともに2番目の静止画VOBを最初の静
止画VOB番号として指定することにより、このVOB
グループ内の静止画VOBだけを参照している。 【0400】図38において、PGCIが、たとえば図
3(h)のPGC(PGCI)1446に対応する場合
を想定してみる。この場合、図38のPGCI中のセル
#1、#2は図3(g)のセル1441、1442に対
応する。また、図38のRTR_STO.VROファイ
ル中の先頭ビデオパートは、図3(f)のV_PCK1
421およびSP_PCK1422の塊に対応する。さ
らに、上記先頭ビデオパートの直後に続くビデオパー
ト、図3(f)のA_PCK1423およびDM_PC
K1424の塊に対応する。 【0401】次に、上述した各実施の形態における特徴
的な部分をまとめて記述する。 【0402】a〕1VOBあるいは1PTTは、複数の
静止画情報を含むことができる。 【0403】b〕複数の静止画記録時に、1VOBに
は、その空き領域に少なくとも2枚の静止画情報を連続
して記録することができる。 【0404】c〕セル情報(S_CI)で複数枚の連続
した静止画情報を指定可能である。 【0405】上記a)〜c)の効果は各実施の形態に共
通である。 【0406】すなわち、高性能なデジタルカメラでは何
千枚、何万枚の静止画が記録できる。光ディスクにデー
タ転送した場合、複数枚毎にグルーピングしてデータを
光ディスクに記録した方が処理が容易になるとともに、
転送時間が短い。 【0407】また、高性能なデジタルカメラでは何千
枚、何万枚の静止画が記録できる。1枚ずつの静止画毎
にVOBを構成し、VOB情報を作成したのでは管理情
報が膨大になる。この発明方法により管理情報が大幅に
削減できる。 【0408】さらに、デジタルカメラでは1枚毎の静止
画情報が別々のファイルになっているため、管理検索が
煩雑となっていた。この発明で複数枚毎にグルーピング
するため管理・検索が容易になる。 【0409】また、デジタルカメラでは1枚毎の静止画
情報が別々のファイルになっているため1個ずつのファ
イルを開かないと静止画内容の確認ができなかった。こ
の発明で複数枚毎にグルーピングすることにより図11
のように写真のポジフィルム(またはネガフィルム)を
見るような容易さでユーザーが内容確認できる。 【0410】さらに、複数のビデオフレームに渡る映像
情報はVOB単位で記録してある。複数の静止画情報も
VOB単位で記録することにより、映像情報と静止画情
報を同一階層(図2では同じレベルのディレクトリ)で
扱え、たとえば1個のPGC内に映像情報のセルと静止
画情報のセルを混在配置できるなど、映像情報と静止画
情報の混在表示が可能となり、表現の幅が増す。 【0411】d〕VOBUマップ(S_VOB_ENT
#)またはVOBマップの存在がある。 【0412】e〕DVD_RTRレコーダは、VOBU
マップまたはVOBマップを記録する構成を持つ。 【0413】上記d)、e)の効果は各実施の形態に共
通した内容である。 【0414】静止画1枚毎の記録アドレスなどの情報が
記録されているVOBUマップまたはVOBマップを利
用して見たい静止画にダイレクトにアクセスが可能とな
り、複数の静止画に対する表示のためのアクセス速度が
大幅に高速化される。 【0415】また、複数の静止画を連続して表示する場
合、再生時間情報(PTM)および/またはシステムク
ロックリファレンス情報(SCR)を利用することによ
り、シームレスな(静止画間のつなぎ目が連続な)表示
が可能となる。 【0416】さらに、静止画そのものが記録してあるV
_PCKと音声情報が記録してあるA_PCKの先頭アド
レスが別々に記載されているため、静止画情報だけ、も
しくは音声情報だけ再生したい場合に高速なアクセスが
容易となる。その結果、特定のVOB内の音声情報をマ
ルチに別のVOBの静止画表示に利用する場合に(音声
情報だけ高速にアクセスできるので)シームレスな表示
が可能となる。 【0417】f〕セル情報(S_CI)で指定する対象
物はVOB内の個々の静止画である。 【0418】このため、再生時に個々の静止画そのもの
を指定できるので(VOBUマップまたはVOBマップ
を用いて)高速にアクセスが行え、複数の静止画を順次
表示する場合などにシームレスな表示が可能となる。 【0419】また、再生時に個々の静止画そのものを指
定できるので、再生時の管理が非常に容易となり、図1
1のように画面に一度に複数枚の静止画を表示する時な
どの処理が簡単となる。 【0420】g〕セル情報(S_CI)で、異なるVO
B内静止画情報をマルチ指定可能である。 【0421】このために、1個のVOB内の連続した音
声情報を別のVOBの表示の時に利用できるため、表現
方法に幅が生まれる。 【0422】さらに、1個のVOB内の連続した音声情
報を別のVOBの表示の時に利用できるため、データの
兼用化が図れ、情報記憶媒体(光ディスク1001)に
記録するデータ量の省スペース化が推進できる。その結
果、1枚の情報記憶媒体(光ディスク1001)当たり
の実質的な記録できる量が大幅に増す。 【0423】また、既に記録してある映像情報に対して
ビデオオブジェクト1012自体を一切加工することな
く、対応したピクチャオブジェクト用ビデオオブジェク
ト情報(S_AVFIT)を新規作成するだけで、既に
ある映像情報を静止画情報として組み合わせて使うこと
ができる。 【0424】h〕セル情報を再生し、VOB情報(VO
BI)を利用して静止画を再生する。 【0425】このため、ピクチャオブジェクト1013
の内容の管理情報であるピクチャオブジェクト用ビデオ
オブジェクト情報とは独自にピクチャオブジェクト用セ
ル再生情報(S_CI)を設定できるので、静止画の情
報記憶媒体(光ディスク1001)に記録された順番に
関係なく再生順を指定できる。このことから、表現の自
由度が飛躍的に向上する。 【0426】i〕この発明は、静止画情報、音声情報を
メモリから読み取りし、両者を同時に再生できる装置を
提供する。 【0427】異なるVOB内静止画情報をマルチ指定す
る場合や、複数枚の静止画の音声情報だけがまとめて別
の領域に記録されていた場合、1枚の静止画毎にその都
度V_PCK、SP_PCK、A_PCKを順次再生して
いたのではアクセス頻度が非常に多くなり、複数枚の静
止画を順次表示する場合に(光学ヘッドのアクセス待ち
時間の影響を受けて)連続表示が難しくなる。 【0428】それに対して、V_PCK、SP_PCK、
A_PCKの内、いずれかに対して少なくとも2枚分の
情報を一度に再生し、メモリー1563に一時保存し、
残りの情報再生時に同時に表示すれば光学ヘッドのアク
セス頻度が大幅に低下し、連続表示が容易になる。 【0429】j〕この発明は、既に記録された静止画へ
の付加情報をまとめて記録するアフターレコーディング
記録ができる装置を提供する。 【0430】たとえば音声入力機能を持たないデジタル
カメラで撮影した静止画情報をそのまま情報記憶媒体
(光ディスク1001)に記録すると、その記録結果は
図10(c3)に示すようにオーディオパックA_PC
Kを含まない構造になっている。 【0431】その情報を再生し、図11のように画面表
示させながら1枚1枚に対して解説やコメントを“マイ
クによる音声入力”“手書きによるマークの重ね書き”
“キーインによるテキスト情報の追加”などの方法によ
り追加する場合を考える。 【0432】この場合、記録フォーマットを図10(c
3)のA_PCKを含まない構造から図10(b3)の
ようにA_PCKを含む構造に変化させようとすると情
報記憶媒体(光ディスク1001)上への記録のやり直
し処理が発生し、処理が面倒になるとともに、処理時間
が大幅に掛かってしまう。それに対し、図10(c3)
に示すオーディオパックA_PCKを含まないデータに
手を加えることなく、追加情報のみを図10(d)のよ
うに別VOB1634にして情報記憶媒体(光ディスク
1001)上に記録すれば、静止画に対する後での情報
の追加処理が非常に簡単かつ短時間で行える。 【0433】図39は、プログラムを保護するプロテク
ト情報およびその格納場所を説明する図である。 【0434】図1(d)(e)に示すように、DVD_
RTRディスク1001に記録される制御情報(RT
R.IFO)1011には、ナビゲーションデータRT
R_VMGが含まれる。 【0435】図1(f)または図8に示すように、ナビ
ゲーションデータRTR_VMGは、PGC情報(オリ
ジナルPGC情報ORG_PGCIおよびユーザ定義P
GC情報のテーブルUD_PGCIT)を含む。 【0436】図6に示すように、各PGC情報(UD_
PGCI#i)は、1以上のプログラム情報(PGI#
1、PGI#2、…PGI#m)を含む。 【0437】また、図23に示すように、オリジナルP
GC情報またはユーザ定義PGC情報(これらを纏めて
PGC情報PGCIという)は、1以上のプログラム情
報(PGI#1、PGI#2、…PGI#m)を含む。 【0438】以上のような情報の階層構造において、図
39に示すように、各プログラム情報(たとえばPGI
#1)は、プログラムタイプPG_TYと、該当プログ
ラムPG内のセル数C_Nsと、一次テキスト情報PR
M_TXTIと、アイテムテキストサーチポインタ番号
IT_TXT_SRPNと、サムネールポインタ情報T
HM_PTRIを含んでいる。 【0439】そして、各プログラム情報PGI#のプロ
グラムタイプPG_TYに、そのプログラムが誤消去さ
れるのを防ぐためのプロテクト情報(消去禁止フラグ)
が記述されるようになっている。 【0440】このプロテクト情報のフラグが0bにセッ
トされているときは、該当プログラムは保護されておら
ず、消去可能(または上書き可能)な状態になってい
る。 【0441】一方、このプロテクト情報のフラグが1b
にセットされると、該当プログラムは誤消去等から保護
され、消去不可能(または上書き不可能)な状態にな
る。ただし、プロテクト情報のフラグが1bにセットさ
れたプログラムの再生は、可能である。 【0442】図39のプロテクト情報は、該当プログラ
ム(PGI#)各々の、属性情報として取り扱うことが
できる。 【0443】図40は、静止画の仮消去フラグ(TE)
およびその格納場所を説明する図である。 【0444】前述したように、DVD_RTRディスク
1001に記録される制御情報(RTR.IFO)10
11には、ナビゲーションデータRTR_VMGが含ま
れる。 【0445】図1(f)または図8に示すように、ナビ
ゲーションデータRTR_VMGは、AVファイル情報
(ムービーAVファイル情報テーブルM_AVFITお
よび静止画AVファイル情報テーブルS_AVFIT)
を含む。 【0446】図12に示すように、静止画AVファイル
情報テーブルS_AVFITは、1以上の静止画VOB
グループ情報(S_VOGI#1、S_VOGI#2、
…)を含む。 【0447】以上のような情報の階層構造において、図
40に示すように、各静止画VOBグループ情報(たと
えばS_VOGI#1)は、静止画VOBグループ一般
情報S_VOG_GIと、1以上の静止画VOBエント
リ(S_VOB_ENT#1、…S_VOB_ENT#
n)を含んでいる。 【0448】各静止画VOBエントリ(たとえばS_V
OB_ENT#1)は、図31〜図34のタイプ1〜タ
イプ4のいずれかに属し、いずれの場合であっても、静
止画VOBエントリのタイプS_VOB_ENT_TY
を含む。 【0449】このS_VOB_ENT_TYに、それが
図31〜図34のタイプ1〜タイプ4のいずれに属する
のかを示すマップタイプMAP_TYと、仮消去フラグ
TEと、副映像ストリーム数SPST_Nsが記述され
るようになっている。 【0450】この仮消去フラグTEが0bにセットされ
ているときは、該当VOBグループは通常の状態にあ
り、再生可能な状態になっている。 【0451】一方、この仮消去フラグTEが1bにセッ
トされると、該当VOBグループは再生対象から外され
(あるいはマスクされ)、再生されない状態(実際には
消去されていなくても、再生時にスキップされ、あたか
も消去されてしまったかの如くに取り扱われる状態)に
なる。ただし、仮消去フラグTEが1bにセットされた
VOBグループまたはこのようなVOBグループからな
るプログラムは、フラグTEを0bにリセットすれば、
再生可能となる。 【0452】図40の仮消去フラグTEは、該当VOB
グループまたはこのようなVOBグループからなるプロ
グラム各々の、属性情報として取り扱うことができる。 【0453】図41は、保護されたプログラムPG#2
の一部が消去可能状態および仮消去状態に設定し直され
た場合を説明する図である。 【0454】図41の例において、プロテクト(消去禁
止)範囲が変更される前のプログラムPG#1〜PG#
3は、以下のように配列されている: (1)プログラムPG#1=静止画A1、A2、…から
なるVOBグループVOG#A; (2)プログラムPG#2=静止画B1〜B162から
なるVOBグループVOG#B(プロテクトされて消去
禁止)+静止画C1〜C9からなるVOBグループVO
G#C(プロテクトされて消去禁止); (3)プログラムPG#3=静止画D1、…からなるV
OBグループVOG#D。 【0455】この場合の再生順序は、対応するPGC情
報(PGCI)により、PG#1→PG#2→PG#3
となる。 【0456】以上の例において、プロテクト(消去禁
止)範囲が変更された後のプログラムPG#1〜PG#
5は、以下のように再配列される: (1)プログラムPG#1=静止画A1、A2、…から
なるVOBグループVOG#A; (2a)変更後のプログラムPG#2=静止画B1〜B
80からなる、変更後のVOBグループVOG#B(プ
ロテクトされて消去禁止の状態); (2b)新たなプログラムPG#4=静止画B81〜B
99からなる、新たなVOBグループVOG#E(プロ
テクトが解除されて消去可能な状態); (2c)新たなプログラムPG#5=静止画B100〜
B162からなる、新たなVOBグループVOG#f
(仮消去フラグTEが1bに設定されて再生されない状
態)+静止画C1〜C9からなるVOBグループVOG
#C(仮消去フラグTEが1bに設定されて再生されな
い状態) (3)プログラムPG#3=静止画D1、…からなるV
OBグループVOG#D。 【0457】この場合の再生順序は、変更後のPGC情
報(PGCI)により、PG#1→PG#2→PG#4
→PG#3となる(仮消去フラグTEが1bに設定され
たPG#5の再生はスキップされる)。 【0458】VOGに関する属性情報が記載されている
管理情報記録エリア(図40のS_VOGI)内には、
その中で対象となる静止画1枚毎の属性情報(MAP_
TY、TE、SPST_Ns)が、S_VOB_ENT
内に記録されている。この属性情報の一部(仮消去フラ
グTE)により、静止画1枚毎の仮消去が設定可能とな
っている。 【0459】再生時には、仮消去された静止画は再生モ
ニタ画面(図11)に表示されない。たとえば、図11
のスポーツカー、パーソナルコンピュータおよび走るビ
ジネスマンが、それぞれ、図41の静止画C8、C9お
よびD1であるとする。そして、静止画C8以前および
静止画D1以後の静止画の仮消去フラグTEは0bであ
り、静止画C9(図11ではパーソナルコンピュータ)
だけに仮消去フラグTEが設定(TE=1b)されてい
たとする。 【0460】この場合、図41のPG#1の静止画A1
から順に静止画再生が行われる(図11では画面が左方
向にスクロールする)とき、静止画C8(スポーツカ
ー)の再生の次は静止画D1(走るビジネスマン)とな
り、静止画C9(実際に消去されてはいないが仮消去状
態にあるパーソナルコンピュータの画像)は、再生画面
には出てこない。この場合、図11のモニタを見ている
ユーザには、スポーツカーの直後に(スペースなしで)
走るビジネスマンが配置されているように見える。 【0461】図1の記録媒体(光ディスク)1001に
記録される1枚以上の静止画はVOBグループ(VO
G)というグループにまとめられ、このグループ単位で
静止画が管理される。 【0462】媒体1001に記録された全てのAV情報
は、オリジナルPGC情報に基づきシーケンシャルに再
生できる。このオリジナルPGCは1以上のプログラム
で構成される。 【0463】消去禁止フラグ(図39のプロテクト情
報)はプログラム単位で設定できるようになっている。 【0464】消去禁止フラグが設定された(プロテクト
情報=1b)プログラムに含まれる全ての静止画は消去
禁止状態になる。 【0465】消去禁止状態になっている静止画の一部を
消去可能状態に戻すには、「VOBグループ(VOG)
の再設定」と、「プログラムの再設定」が必要になる。
この、「VOBグループ(VOG)の再設定」および
「プログラムの再設定」の具体例を、以下で説明する。 【0466】図42は、保護されたプログラムPG#2
の一部を消去可能状態および仮消去状態に設定し直す手
順の一例を説明するフローチャートである。この処理
は、図19のシステム制御部1530の内部MPUによ
り、実行できる。以下、図41を参照しつつ図42の手
順を説明する。 【0467】初めに、静止画B1〜B162からなるV
OG#Bと静止画C1〜C9からなるVOG#Cとによ
ってプログラムPG#2が構成され、このプログラムP
G#2がプロテクト(消去禁止)になっているとする。 【0468】このようなプログラムPG#2のプロテク
ト状態および仮消去状態は、以下に例示するような手順
で、変更できる。 【0469】すなわち、図42において、まず、VOG
#Bに含まれる静止画の範囲を、B1〜B80に定義し
直す(ステップST100)。 【0470】次に、PG#2に含まれるVOBグループ
がVOG#Bのみであると設定し直す(ステップST1
02)。 【0471】次に、静止画B81〜B99の範囲を新た
にグループ化してVOG#Eとする(ステップST10
4)。 【0472】次に、VOG#Eのみで構成される新たな
プログラムPG#4を定義する(ステップST10
6)。その際、新たなPG#4には仮消去フラグTEは
設定されず、VOG#Eは消去可能(もちろん再生も可
能)となっている。 【0473】次に、静止画B100〜B162の範囲を
新たにグループ化してVOG#Fとする(ステップST
108)。 【0474】次に、VOG#FとVOG#Cをまとめ
て、新たにプログラムPG#5を定義する(ステップS
T110)。 【0475】最後に、PG#5に対して仮消去フラグT
Eが設定され(ステップST112)、図42の処理は
終了する。 【0476】図42の処理がなされる前の図41のプロ
グラムPG#2は、静止画B1〜B162の全てが消去
されない(再生はできる)状態であった。 【0477】これに対し、図42の処理がなされた後の
図41のプログラムPG#2では、消去されない(再生
はできる)状態の静止画はB1〜B80だけとなり、残
りの静止画B81〜B162は、必要に応じて消去でき
る(再生もできる)状態に変更されたことになる。 【0478】さらに、図42の処理がなされた後の図4
1のプログラムPG#2では、静止画B100〜B16
2およびC1〜C9が、仮消去状態(再生されない状態
であり、プロテクトされていないので本消去も可能な状
態)とされる。 【0479】ここで、前述した実施の形態におけるポイ
ントをまとめておく: <01>1VOB=複数の静止画情報あるいは1PTT
=複数の静止画情報; <02>1VOB=複数の静止画記録のときに、記録媒
体の空き領域に少なくとも2枚の静止画情報を連続して
記録する; <03>セル情報(図23または図24のS_CI)で
複数枚の連続した静止画情報を指定可能> <04>VOBUマップまたはVOBマップの存在; <05>セル情報(S_CI)で指定される対象物はV
OB内の個々の静止画; ・再生時に個々の静止画そのものを指定できるので(V
OBUマップまたはVOBマップを用いて)、高速にア
クセスが行え、複数の静止画を順次表示する場合などに
シームレスな表示(流れがスムースなスライドショーな
ど)が可能となる。 【0480】・再生時に個々の静止画そのものを指定で
きるので、再生時の管理が非常に容易となり、図11の
ように画面に一度に複数枚の静止画を表示する時などの
処理が簡単となる。 【0481】<06>セル情報(S_CI)で異なるV
OB内の静止画情報をマルチ指定可能; ・1個のVOB内の連続した音声情報を別のVOBの表
示の時に利用できるため、表現方法に幅が生まれる。 【0482】・1個のVOB内の連続した音声情報を別
のVOBの表示の時に利用できるため、データの兼用化
が図れ、情報記憶媒体(光ディスク1001)に記録す
べきデータ量を削減できる。その結果、1枚の情報記憶
媒体に記録可能なデータ量が、実質的な意味あいにおい
て、大幅に増す。 【0483】・既に記録してある映像情報に対してビデ
オオブジェクト1012自体を一切加工する事無く、対
応したピクチャオブジェクト用ビデオオブジェクト情報
を新規作成するだけで、既にある映像情報を静止画情報
として組み合わせて使う事ができる。 【0484】<07>セル情報(S_CI)を再生し、
VOBIを利用して静止画を再生する; ・ピクチャオブジェクト1013の内容の管理情報であ
るピクチャオブジェクト用ビデオオブジェクト情報とは
独立して、ピクチャオブジェクト用セル再生情報を設定
できる。このため、情報記憶媒体(光ディスク100
1)における静止画の記録順に関係なく再生順を指定で
きるため、表現の自由度が飛躍的に向上する。 【0485】<08>静止画情報、音声情報をメモリ読
み取りし、両者を同時に再生する装置> ・異なるVOB内静止画情報をマルチ指定する場合や、
複数枚の静止画の音声情報だけがまとめて別の領域に記
録されていた場合、1枚の静止画毎にその都度V_PC
K、SP_PCK、A_PCKを順次再生していたのでは
アクセス頻度が非常に多くなり、複数枚の静止画を順次
表示する場合に(図示しない光学ヘッドのアクセス待ち
時間の影響を受けて)連続表示が難しくなる。 【0486】それに対して、V_PCK、SP_PCK、
A_PCKのうち、いずれかに対して少なくとも2枚分
の情報を一度に再生し、図19のメモリ1563に一時
保存し、残りの情報再生時に同時に表示すれば、光学ヘ
ッドのアクセス頻度が大幅に低下し、連続表示が容易に
なる。 【0487】<09>既記録静止画への付加情報をまと
めて記録するアフレコ記録装置; ・例えば音声入力機能を持たないデジタルカメラで撮影
した静止画情報をそのまま情報記憶媒体(光ディスク1
001)に記録すると、その記録結果は、オーディオパ
ック(A_PCK)を含まない構造になる。 【0488】その情報を再生し、図11のように画面表
示させながら1枚1枚の静止画に対して解説やコメント
を“マイクによる音声入力”“手書きによるマークの重
ね書き”“キーインによるテキスト情報の追加”などの
方法により追加する場合を考える。この場合、記録フォ
ーマットを、A_PCKを含まない構造からA_PCKを
含む構造に変化させようとすると情報記憶媒体上への記
録のやり直し処理が発生し、処理が面倒になるととも
に、処理時間が大幅に掛かってしまう。 【0489】それに対し、A_PCKを含まないデータ
に手を加える事無く、追加情報のみを別VOBにして情
報記憶媒体上に記録すれば、静止画に対する後での情報
追加処理が、非常に簡単かつ短時間で行える。 【0490】以上説明したように、この発明の実施の形
態に係る管理システムによれば、 (1)DVDビデオに類似のデータ構造を採用できるの
で、DVDビデオとある程度の互換性・継続性を確保で
きる; (2)動画と静止画との間で類似のデータ構造を採用で
きるので、記録フォーマットおよび管理情報の一貫性あ
るいは継続性を確保できる; (3)複数の静止画情報を取り扱うデジタル情報の保護
および仮消去の管理ができる。 【0491】 【発明の効果】この発明によれば、静止画情報の管理シ
ステムを改善できる。

【図面の簡単な説明】 【図1】この発明の一実施の形態に係る情報記録媒体の
データ構造を説明する図; 【図2】図1の媒体のデータエリアに格納されるデータ
ファイルのディレクトリ構造を説明する図; 【図3】図2のAVファイル内のデータ構造を説明する
図; 【図4】AVファイルデータのビデオオブジェクトVO
Bが図1の媒体上に記録された場合の配列(記録場所)
の一例を説明する図; 【図5】アロケーションマップテーブル内のデータ構造
を説明する図; 【図6】プログラムチェーン制御情報(たとえばユーザ
定義のPGC情報テーブルUD_PGCIT)内のデー
タ構造を説明する図; 【図7】プログラムチェーンPGCに基づく映像情報
(セル情報)の再生例を説明する図; 【図8】管理情報(ビデオタイトルセット情報VTSI
またはビデオのリアルタイムレコーディングのための管
理情報RTR_VMGI)のデータ構造を説明する図; 【図9】ビデオオブジェクト情報(動画用のM_VOB
Iまたは静止画用のS_VOGI)に従ったビデオオブ
ジェクトVOBの配列順を説明する図; 【図10】静止画用のピクチャオブジェクト/オーディ
オオブジェクトの記録フォーマットを説明する図; 【図11】図1の媒体から再生されたピクチャオブジェ
クトデータ(静止画)の画面表示例を示す図; 【図12】図8の静止画用AVファイル(S_AVFI
T)内においてビデオオブジェクトに関する情報のデー
タ構造を説明する図; 【図13】ピクチャオブジェクト内のビデオオブジェク
トユニットVOBUのデータ構造(図9のS_VOGI
に関係したデータ構造)を説明する図; 【図14】静止画が連続的に配列された場合におけるV
OB内データ構造と、それに対応したセルの指定内容と
の間の関係を説明する図; 【図15】ピクチャオブジェクトのセル再生情報(静止
画用セル情報S_CI)のデータ構造、および、このセ
ル再生情報の内容と図14の図示要素との対応関係を例
示する図; 【図16】ピクチャオブジェクトのセル再生情報(セル
情報CI)の他のデータ構造を例示する図; 【図17】静止画用AVファイル情報(S_AVFI)
内において、静止画に関するパートオブタイトル(チャ
プタ)情報のデータ構造を説明する図; 【図18】図17に示されたピクチャオブジェクトのV
OBマップのデータ構造を説明する図; 【図19】図1の媒体(ビデオのリアルタイム記録・再
生が可能なDVD_RTRディスク)を用いたデジタル
ビデオ録画再生装置(RTRビデオレコーダ)の構成例
を示すブロック図; 【図20】1以上の静止画を図1の媒体に記録する手順
を説明するフローチャート図; 【図21】1以上の静止画を図1の媒体から再生する手
順を説明するフローチャート図; 【図22】図1の媒体にオーディオ情報をアフターレコ
ーディングする場合の手順を説明するフローチャート
図; 【図23】図1または図8の制御情報/ナビゲーション
データ(RTR_VMG)のデータ構造を説明する図; 【図24】図23の静止画セル情報(S_CI)の内容
を説明する図; 【図25】図24の静止画セル一般情報(S_C_G
I)の内容を説明する図; 【図26】図24の各静止画セルエントリポイント情報
(S_C_EPI)の内容を説明する図; 【図27】図12の静止画用付加オーディオファイル情
報(S_AAFI)の内容を説明する図; 【図28】図27のS_AAGの一般情報(S_AAG
_GI)の内容を説明する図; 【図29】図27の付加オーディオエントリ(AA_E
NT)の内容を説明する図; 【図30】図12の静止画用VOBグループ一般情報
(S_VOG_GI)の内容を説明する図; 【図31】図12の静止画用VOBエントリ(S_VO
B_ENT)の内容の第1の例(タイプ1)を説明する
図; 【図32】図12の静止画用VOBエントリ(S_VO
B_ENT)の内容の第2の例(タイプ2)を説明する
図; 【図33】図12の静止画用VOBエントリ(S_VO
B_ENT)の内容の第3の例(タイプ3)を説明する
図; 【図34】図12の静止画用VOBエントリ(S_VO
B_ENT)の内容の第4の例(タイプ4)を説明する
図; 【図35】静止画VOBだけが記録される場合の、オリ
ジナルPGC情報(図8または図23のORG_PGC
I)と静止画ビデオファイル(図2のRTR_STO.
VRO)との関係を説明する図; 【図36】オリジナルPGC情報(ORG_PGCI)
と静止画の付加オーディオ部分(図2のRTR_ST
A.VRO)との関係を説明する図; 【図37】静止画VOBおよびムービーVOBとオリジ
ナルPGC情報との関係を説明する図; 【図38】ユーザ定義PGC情報(図6)が静止画VO
Bグループを参照する場合を説明する図; 【図39】プログラムを保護するプロテクト情報および
その格納場所を説明する図; 【図40】静止画の仮消去フラグ(TE)およびその格
納場所を説明する図; 【図41】保護されたプログラムPG#2の一部が消去
可能状態および仮消去状態に設定し直された場合を説明
する図; 【図42】保護されたプログラムPG#2の一部を消去
可能状態および仮消去状態に設定し直す手順の一例を説
明するフローチャート図。 【符号の説明】 1001…書替可能光ディスク(DVD_RTRディス
ク);1009…オーディオ&ビデオデータエリア(A
Vデータエリア);1011…制御情報(RTR.IF
O);1012…ビデオオブジェクト(VOBまたはR
TR_MOV.VRO);1013…ピクチャオブジェ
クト(RTR_STO.VRO);1014…オーディ
オオブジェクト(RTR_STA.VRO);1101
…AVデータ制御情報(RTR_VMG);1021…
再生制御情報(RTR_VMG);1105…アロケー
ションマップテーブル;1106…ビデオタイトルセッ
ト情報(VTSIまたはRTR_VMGI);1107
…ビデオオブジェクト情報(M_AVFITまたはS_
AVFIT);1103…PGC制御情報(ORG_P
GCIまたはUD_PGCIT);1108…セル再生
情報(M_CIまたはS_CI);1500…ディスク
チェンジャ部(ディスクドライブ部);1530…シス
テム制御部;1550…エンコーダ部;1560…デコ
ーダ部;101…情報記録再生部。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) H04N 5/85 H04N 5/91 - 5/956 G11B 20/10 - 20/12 G11B 27/00

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】所定の制御情報および静止画データを記録
    できる光ディスクにおいて、 前記光ディスクは、1以上の静止画で構成される静止画
    ビデオオブジェクトのグループと、所定の付加オーディ
    オ情報を記録するように構成され、 前記制御情報が前記静止画ビデオオブジェクトを管理す
    る静止画AVファイル情報を含み、この静止画AVファ
    イル情報が前記静止画ビデオオブジェクトのグループ情
    報を含み、この静止画ビデオオブジェクトのグループ情
    報が前記静止画ビデオオブジェクトのエントリ情報を含
    み、この静止画ビデオオブジェクトのエントリ情報が前
    記付加オーディオ情報のグループ番号を示す付加オーデ
    ィオグループ番号情報と前記付加オーディオ情報のエン
    トリ番号を示す付加オーディオエントリ番号情報を含む
    ように構成され、 前記静止画ビデオオブジェクト内には副映像情報を含む
    副映像ストリームが記録可能に構成され、 前記エントリ情報が、前記静止画ビデオオブジェクトの
    エントリタイプ情報を含むように構成され、このエント
    リタイプ情報が、前記副映像ストリームの数を記述する
    副映像ストリーム情報をさらに含むように構成され、か
    つ前記エントリ情報が、付加オーディオ情報を含む一方
    タイプのエントリ情報または付加オーディオ情報を含ま
    ない他方タイプのエントリ情報を持つように構成され、 前記静止画データのエントリタイプ情報が、このエント
    リタイプ情報を含む前記エントリ情報に対応した前記静
    止画データを仮の消去状態に設定できる仮消去フラグを
    格納するように構成された特徴とする光ディスク 。 【請求項2】所定の制御情報および静止画データを記録
    できる光ディスクであり、この光ディスクは1以上の静
    止画で構成される静止画ビデオオブジェクトのグループ
    と所定の付加オーディオ情報を記録するように構成さ
    れ、前記制御情報が前記静止画ビデオオブジェクトを管
    理する静止画AVファイル情報を含み、この静止画AV
    ファイル情報が前記静止画ビデオオブジェクトのグルー
    プ情報を含み、この静止 画ビデオオブジェクトのグルー
    プ情報が前記静止画ビデオオブジェクトのエントリ情報
    を含み、この静止画ビデオオブジェクトのエントリ情報
    が前記付加オーディオ情報のグループ番号を示す付加オ
    ーディオグループ番号情報と前記付加オーディオ情報の
    エントリ番号を示す付加オーディオエントリ番号情報を
    含むように構成され、前記静止画ビデオオブジェクト内
    には副映像情報を含む副映像ストリームが記録可能に構
    成され、前記エントリ情報が前記静止画ビデオオブジェ
    クトのエントリタイプ情報を含むように構成され、この
    エントリタイプ情報が前記副映像ストリームの数を記述
    する副映像ストリーム情報をさらに含むように構成さ
    れ、かつ前記エントリ情報が付加オーディオ情報を含む
    一方タイプのエントリ情報または付加オーディオ情報を
    含まない他方タイプのエントリ情報を持つように構成さ
    れ、前記静止画データのエントリタイプ情報がこのエン
    トリタイプ情報を含む前記エントリ情報に対応した前記
    静止画データを仮の消去状態に設定できる仮消去フラグ
    を格納するように構成された光ディスクに対して情報記
    録を行う記録方法であって、 前記光ディスクに前記静止画データを記録し、 前記制御情報内に、前記副映像ストリーム情報を含む前
    記エントリ情報を記録することを特徴とする記録方法 。 【請求項3】所定の制御情報および静止画データが記録
    される光ディスクであり、この光ディスクは1以上の静
    止画で構成される静止画ビデオオブジェクトのグループ
    と所定の付加オーディオ情報を記録するように構成さ
    れ、前記制御情報が前記静止画ビデオオブジェクトを管
    理する静止画AVファイル情報を含み、この静止画AV
    ファイル情報が前記静止画ビデオオブジェクトのグルー
    プ情報を含み、この静止画ビデオオブジェクトのグルー
    プ情報が前記静止画ビデオオブジェクトのエントリ情報
    を含み、この静止画ビデオオブジェクトのエントリ情報
    が前記付加オーディオ情報のグループ番号を示す付加オ
    ーディオグループ番号情報と前記付加オーディオ情報の
    エントリ番号を示す付加オーディオエントリ番号情報を
    含むように構成され、前記静止画ビデオオブジェクト内
    には副映像情報を含む副映像ストリームが記録可能に構
    成され、前記エントリ情報が前記静止画ビデオオブジェ
    クト のエントリタイプ情報を含むように構成され、この
    エントリタイプ情報が前記副映像ストリームの数を記述
    する副映像ストリーム情報をさらに含むように構成さ
    れ、かつ前記エントリ情報が付加オーディオ情報を含む
    一方タイプのエントリ情報または付加オーディオ情報を
    含まない他方タイプのエントリ情報を持つように構成さ
    れ、前記静止画データのエントリタイプ情報がこのエン
    トリタイプ情報を含む前記エントリ情報に対応した前記
    静止画データを仮の消去状態に設定できる仮消去フラグ
    を格納するように構成された光ディスクから情報再生を
    行う再生方法であって、 前記副映像ストリーム情報を含む前記エントリ情報が記
    録された前記制御情報を再生し、そして前記静止画デー
    タを再生することを特徴とする再生方法 。 【請求項4】所定の制御情報および静止画データが記録
    される光ディスクであり、この光ディスクは1以上の静
    止画で構成される静止画ビデオオブジェクトのグループ
    と所定の付加オーディオ情報を記録するように構成さ
    れ、前記制御情報が前記静止画ビデオオブジェクトを管
    理する静止画AVファイル情報を含み、この静止画AV
    ファイル情報が前記静止画ビデオオブジェクトのグルー
    プ情報を含み、この静止画ビデオオブジェクトのグルー
    プ情報が前記静止画ビデオオブジェクトのエントリ情報
    を含み、この静止画ビデオオブジェクトのエントリ情報
    が前記付加オーディオ情報のグループ番号を示す付加オ
    ーディオグループ番号情報と前記付加オーディオ情報の
    エントリ番号を示す付加オーディオエントリ番号情報を
    含むように構成され、前記静止画ビデオオブジェクト内
    には副映像情報を含む副映像ストリームが記録可能に構
    成され、前記エントリ情報が前記静止画ビデオオブジェ
    クトのエントリタイプ情報を含むように構成され、この
    エントリタイプ情報が前記副映像ストリームの数を記述
    する副映像ストリーム情報をさらに含むように構成さ
    れ、かつ前記エントリ情報が付加オーディオ情報を含む
    一方タイプのエントリ情報または付加オーディオ情報を
    含まない他方タイプのエントリ情報を持つように構成さ
    れ、前記静止画データのエントリタイプ情報がこのエン
    トリタイプ情報を含む前記エントリ情報に対応した前記
    静止画データを仮の消去状態に設定できる 仮消去フラグ
    を格納するように構成された光ディスクから情報再生を
    行う再生装置であって、 前記副映像ストリーム情報を含む前記エントリ情報およ
    び前記静止画データを再生する手段を具備し、 再生した前記エントリ情報の中から前記付加オーディオ
    グループ番号情報、付加オーディオエントリ番号情報お
    よび副映像ストリーム情報を取り出し、取り出した前記
    付加オーディオグループ番号情報、付加オーディオエン
    トリ番号情報および副映像ストリーム情報に基づいて、
    前記付加オーディオ情報および副映像ストリームを再生
    するように構成されたことを特徴とする再生装置
JP2001310034A 2001-10-05 2001-10-05 静止画情報の管理システム Expired - Lifetime JP3382232B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001310034A JP3382232B2 (ja) 2001-10-05 2001-10-05 静止画情報の管理システム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001310034A JP3382232B2 (ja) 2001-10-05 2001-10-05 静止画情報の管理システム

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11256210 Division

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002204424A JP2002204424A (ja) 2002-07-19
JP3382232B2 true JP3382232B2 (ja) 2003-03-04

Family

ID=19129084

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001310034A Expired - Lifetime JP3382232B2 (ja) 2001-10-05 2001-10-05 静止画情報の管理システム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3382232B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002204424A (ja) 2002-07-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1043724B1 (en) Optical disc, optical disc recording and reproducing apparatus, and optical disc recording and reproducing method
CA2368456C (en) Optical disc, recording device and reproducing device
US7212732B2 (en) Information recording medium, information recording method and apparatus, and information playback method and apparatus
JP5127988B2 (ja) ストリーム情報記録に用いる情報記憶媒体、情報記録方法、情報再生方法、および情報再生装置
US6339672B1 (en) Information recording method and information reproducing method
US8396350B2 (en) Information recording method, information recording medium, and information reproducing method, wherein information is stored on a data recording portion and a management information recording portion
US20040175143A1 (en) Digital video recording/playback system with entry point processing function
JP3762224B2 (ja) 音声情報を含むデジタル情報の記憶媒体、この媒体を用いる記録方法と再生方法、およびこの媒体を用いる記録装置と再生装置
JP3631430B2 (ja) 自動チャプタ作成機能付き記録再生装置
EP1102270A1 (en) Opitical disk, and method and device for recording/reproducing data on/from optical disk
US7106951B2 (en) Information storage system capable of recording and playing back a plurality of still pictures
JP4358529B2 (ja) 再記録可能高密度記録媒体の静止画像管理方法
US20020127001A1 (en) Recording/reproducing apparatus
CN1228781C (zh) 信息记录介质以及记录和再现记录介质用的装置和方法
JP2004295947A (ja) 情報記録媒体、情報記録/再生方法、および情報記録/再生装置
US7224888B2 (en) Digital recording/reproducing apparatus
US6389222B1 (en) Management system for protected and temporarily-erased still picture information
JP2004118986A (ja) 情報記録装置および方法
JP3445608B2 (ja) 映像情報を含むデジタル情報の管理システム
US20060239649A1 (en) Recording/reproducing apparatus
JP3382184B2 (ja) 静止画情報の保護および仮消去の管理システム
EP1320100A2 (en) Editing apparatus and method
JP2004364325A (ja) 自動チャプタサムネイル作成方法
JP3389236B2 (ja) 情報記録媒体、情報記録再生装置及び方法
JP3615174B2 (ja) ストリーム情報記録に用いる情報媒体、情報記録方法、情報再生方法、および情報再生装置

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
R151 Written notification of patent or utility model registration

Ref document number: 3382232

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R151

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071220

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081220

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091220

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091220

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101220

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111220

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121220

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121220

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131220

Year of fee payment: 11

SZ02 Written request for trust registration

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313Z02

S131 Request for trust registration of transfer of right

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313133

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

EXPY Cancellation because of completion of term