JP3370453B2 - コネクタ - Google Patents

コネクタ

Info

Publication number
JP3370453B2
JP3370453B2 JP25960694A JP25960694A JP3370453B2 JP 3370453 B2 JP3370453 B2 JP 3370453B2 JP 25960694 A JP25960694 A JP 25960694A JP 25960694 A JP25960694 A JP 25960694A JP 3370453 B2 JP3370453 B2 JP 3370453B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
housing
locking
front holder
connection terminal
seal member
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP25960694A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08106952A (ja
Inventor
次雄 安保
幸文 町田
光史 山崎
Original Assignee
菱星電装株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 菱星電装株式会社 filed Critical 菱星電装株式会社
Priority to JP25960694A priority Critical patent/JP3370453B2/ja
Publication of JPH08106952A publication Critical patent/JPH08106952A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3370453B2 publication Critical patent/JP3370453B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】本発明は、接続端子を係止する係
止ランスを係止方向に押圧すると共に、ハウジング同志
のがたつきを少なくするためのフロントホルダを備えた
コネクタに関するものである。 【0002】 【従来の技術】従来、各種の配線に使用されるコネクタ
では、電線を接続した接続端子を複列に収容する所謂多
極コネクタが多用されており、例えば図5の断面図に示
すように、雌型ハウジング1と雄型ハウジング2を結合
して使用するコネクタが知られている。 【0003】この場合に、雌型ハウジング1の端子収容
孔3には、電線4を接続すると共に防水用のシール部材
5を装着した例えば受接続端子6が収容され、これらの
受接続端子6は係止ランス7に係止されて後方への抜け
出しが防止されている。 【0004】また、雌型ハウジング1の内筒部8の外周
には、雌型ハウジング1と雄型ハウジング2の結合部を
防水するためのシール部材9が嵌着され、更に係止ラン
ス7を係止方向に押圧するためのフロントホルダ10が
定位置に係止されている。このとき、フロントホルダの
被係止突起10bは内筒部8の係止部8aに密に係止さ
れ、フロントホルダ10は前後方向に移動しない状態に
ある。そして、シール部材9はフロントホルダ10と規
制部11の間に圧縮されることによりシール力が補強さ
れ、係止ランス7はフロントホルダ10の押圧突起10
aにより押圧されることにより係止力が補強されてい
る。 このようなシール部材9とフロントホルダ10の
外周には、内部に嵌合孔12を有する雄型ハウジング2
の嵌合突起13が嵌合されている。この際に、雄型ハウ
ジング2に収容された挿込接続端子14の挿入部が受接
続端子6に挿し込まれると共に、雄型ハウジング2のロ
ック用突起15と雌型ハウジング1のロック用アーム1
6が係合される。また、雌型ハウジング1及び雄型ハウ
ジング2の結合部は、シール部材9によりハウジング
1、2内が防水され、ロック用突起15及びロック用ア
ーム16によりハウジング1、2同志の解離が防止され
る。 【0005】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら上述した
従来例では、フロントホルダ10は内筒部8の定位置に
動かないように係止されているため、雌型ハウジング1
と雄型ハウジング2の間に隙間がある場合には、雄型ハ
ウジング2とフロントホルダ10との間にも隙間が生
じ、それらの間のがたつきによって受接続端子6と挿込
接続端子14の接触面が摺動又は振動し、受接続端子6
や挿込接続端子14が金属疲労したり、それらの間に接
触不良が発生するという問題点がある。 【0006】本発明の目的は、上述した問題点を解消
し、雄型ハウジングと雌型ハウジングの結合部のがたつ
きを防止したコネクタを提供することにある。 【0007】 【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
の本発明に係るコネクタは、収容した接続端子を係止す
る係止ランスを有する第1のハウジングと、前記接続端
子と電気的に接続する接続端子を有し前記第1のハウジ
ングと結合する第2のハウジングとから成るコネクタに
おいて、前記第1のハウジングは、前記第2のハウジン
グとの結合部に介在する弾性シール部材と、該弾性シー
ル部材を押し込むと共に前記係止ランスを係止方向に押
圧するフロントホルダとを備え、該フロントホルダは、
前記第1のハウジングに対し前記第2のハウジングとの
結合方向に移動自在に係合すると共に、前記第1、第2
のハウジングの結合部に前記シール部材の弾性力により
弾性的に介在することを特徴とする。 【0008】 【作用】上述の構成を有するコネクタでは、第2のハウ
ジングを結合する前はフロントホルダはシール部材を圧
縮した状態で第1のハウジングに係止している。このよ
うな第1のハウジングに第2のハウジングを結合する
と、第2のハウジングがフロントホルダを押圧すると共
に、シール部材を規制部との間に更に圧縮し、圧縮され
たシール部材の弾性力により、フロントホルダは第1、
第2のハウジング間に弾性的に介在する。 【0009】 【実施例】本発明を図示の実施例に基づいて詳細に説明
する。図1は雄型ハウジング21と雌型ハウジング22
の結合状態の断面図であり、図2及び図3は両ハウジン
グ21、22を解離した状態の雄型ハウジング21及び
雌型ハウジング22の断面図である。雄型ハウジング2
1の結合側には筒状の嵌合突起31が設けられており、
嵌合突起31の内部は嵌合孔32とされ、嵌合突起31
の外周面には結合方向に対して直角方向に向けたロック
用突起33が形成されている。嵌合孔32の内周面は嵌
合面32aとなり、その奥部は押圧面32bとなり、ロ
ック用突起33の後面は係合面33aとなっている。そ
して、雄型ハウジング21には挿込接続端子34が収容
されている。 【0010】一方、雌型ハウジング22には雄型ハウジ
ング21との結合側に向けた内筒部41と外筒部42が
設けられ、内筒部41の基部外周にはフランジ状の規制
部43が設けられている。内筒部41の内部は端子収容
孔44とされ、端子収容孔44には可撓性を有する係止
ランス45が設けられている。端子収容孔44には、電
線46を接続すると共に防水用のシール材47を装着し
た受接続端子48が収容され、係止ランス45によりそ
の一部が係止されて後方への抜け出しが防止されてい
る。 【0011】また、内筒部41の上方で外筒部42との
間には、雄型ハウジング21との結合側に突出して、雄
型ハウジング21のロック用突起33に係合するロック
用アーム49が設けられている。このロック用アーム4
9には、ロック用突起33が嵌入する嵌入溝49aが設
けられ、この嵌入溝49aの前部はロック用突起33の
係合面33aに係合する係合面49bとなっている。 【0012】このような内筒部41の外周面には、雄型
ハウジング21と雌型ハウジング22の結合部を防水す
るためのシール部材50が嵌合されている。シール部材
50は例えばゴム等の弾性体から筒状に形成され、シー
ル部材50の外周面にはシール力を補強するための複数
の隆条部50aが設けられている。このシール部材50
に続いて、このシール部材50を圧縮すると共に、係止
ランス45の下面を押圧して受接続端子48に対する係
止力を向上させるためのフロントホルダ51が嵌着され
ている。 【0013】フロントホルダ51は合成樹脂材から成形
され、図4に示すように雌型ハウジング22の内筒部4
1の外周に嵌合される筒状の本体部51aと、係止ラン
ス45を押圧するための後方に向けた押圧突起51b
と、内筒部41の先端に設けられた係止部41aに係止
される被係止突起51cが設けられている。ここで、被
係止突起51cと前面51cとの間隔は従来よりも稍々
大きくされ、フロントホルダ51はその端面51dが雄
型ハウジング21の押圧面32bに接触できると共に、
前後方向へ移動自在に内筒部41に嵌合され、かつ被係
止突起51cが内筒部41の係止部41aに係止される
ようになっている。 【0014】従って、雄型ハウジング21と雌型ハウジ
ング22が結合する前の状態では、図3に示すようにフ
ロントホルダ51はシール部材50の弾性力により付勢
されて結合側に移動しており、被係止突起51cが係止
部41aに係止された位置にある。 【0015】このような状態の雌型ハウジング22に、
雄型ハウジング21をロック用突起33が嵌入溝49a
に嵌入するように結合すると、フロントホルダ51及び
シール部材50の外周面が、雄型ハウジング21の嵌合
面32aにより押圧されると共に、フロントホルダ51
の端面51dが押圧面32bに押圧される。これによ
り、フロントホルダ51が稍々移動してシール部材50
を規制部43との間に更に圧縮し、フロントホルダ51
は雄型ハウジング21、雌型ハウジング22の間に弾性
的に介在される。また、ロック用突起33の係合面33
aとロック用アーム49の係合面49bが強く接触し
て、雄型ハウジング21と雌型ハウジング22の間のが
たつきがなくなる。 【0016】 【発明の効果】以上説明したように本発明に係るコネク
タは、フロントホルダを第1のハウジングに移動自在に
係止すると共に、シール部材をフロントホルダと規制部
との間に圧縮するようにしたので、第1のハウジングと
第2のハウジングを結合した際には、フロントホルダが
シール部材の弾性力により第1、第2のハウジング間に
弾性的に介在し、第1、第2のハウジング間のがたつき
を防止する。
【図面の簡単な説明】 【図1】雄型ハウジングと雌型ハウジングが結合した状
態の断面図である。 【図2】雄型ハウジングの断面図である。 【図3】雌型ハウジングにフロントホルダを嵌着した状
態の断面図である。 【図4】フロントホルダの断面図である。 【図5】従来例の断面図である。 【符号の説明】 21 雄型ハウジング 22 雌型ハウジング 31 嵌合突起 32 嵌合孔 33 ロック用突起 34 挿込接続端子 41 内筒部 42 外筒部 48 受接続端子 49 ロック用アーム 50 シール部材 51 フロントホルダ
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平6−5326(JP,A) 特開 平7−296876(JP,A) 特開 平7−326421(JP,A) 実開 平6−60072(JP,U) 実開 平7−30471(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) H01R 13/42 H01R 13/52 301 H01R 13/64

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 収容した接続端子を係止する係止ランス
    を有する第1のハウジングと、前記接続端子と電気的に
    接続する接続端子を有し前記第1のハウジングと結合す
    る第2のハウジングとから成るコネクタにおいて、前記
    第1のハウジングは、前記第2のハウジングとの結合部
    に介在する弾性シール部材と、該弾性シール部材を押し
    込むと共に前記係止ランスを係止方向に押圧するフロン
    トホルダとを備え、該フロントホルダは、前記第1のハ
    ウジングに対し前記第2のハウジングとの結合方向に移
    動自在に係合すると共に、前記第1、第2のハウジング
    の結合部に前記シール部材の弾性力により弾性的に介在
    することを特徴とするコネクタ。
JP25960694A 1994-09-30 1994-09-30 コネクタ Expired - Fee Related JP3370453B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25960694A JP3370453B2 (ja) 1994-09-30 1994-09-30 コネクタ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25960694A JP3370453B2 (ja) 1994-09-30 1994-09-30 コネクタ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08106952A JPH08106952A (ja) 1996-04-23
JP3370453B2 true JP3370453B2 (ja) 2003-01-27

Family

ID=17336430

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25960694A Expired - Fee Related JP3370453B2 (ja) 1994-09-30 1994-09-30 コネクタ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3370453B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
FR2874751A1 (fr) * 2004-08-30 2006-03-03 Fci Sa Connecteur electrique adapte pour l'attenuation de vibrations, notamment pour injecteur de moteur de vehicule automobile
JP2013016402A (ja) 2011-07-06 2013-01-24 Sumitomo Wiring Syst Ltd コネクタ
JP2015153598A (ja) * 2014-02-14 2015-08-24 住友電装株式会社 コネクタ
JP2017004850A (ja) * 2015-06-12 2017-01-05 矢崎総業株式会社 コネクタ
JP2022026719A (ja) * 2020-07-31 2022-02-10 住友電装株式会社 コネクタ

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08106952A (ja) 1996-04-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7311546B2 (en) Connector, a mating connector and a connector device
JP2921641B2 (ja) 防水コネクタ
JP3508626B2 (ja) コネクタ
JP2757139B2 (ja) シールド型コネクタ
US4735581A (en) Packing plug assembly in connector and waterproof connector using same
JP3276907B2 (ja) 防水コネクタ
US5993253A (en) Electrical connector having contact arms biased by an elastic member
JP3388569B2 (ja) 防水コネクタ
EP0537751A1 (en) Switch connector assembly with waterproof structure
JPH065150U (ja) 防水コネクタ
JP3228880B2 (ja) 防水コネクタ
US20010049219A1 (en) Half-fitting prevention connector
JP3370453B2 (ja) コネクタ
GB2365223A (en) Connector with sprung slider to verify mating
JP2805436B2 (ja) 簡易防水コネクタ
US20040072465A1 (en) Connector
JP3299637B2 (ja) コネクタ
US5433633A (en) Electromagnetically shielded connector
JP2921634B2 (ja) 防水型シールドコネクタ
JP3299642B2 (ja) コネクタ
JPH09274958A (ja) コネクタの端子係止構造
JP2982100B2 (ja) シールドコネクタ
JP2533930Y2 (ja) 防水コネクタ
JPH09102357A (ja) 電気コネクタ
JP3335733B2 (ja) 防水コネクタ

Legal Events

Date Code Title Description
S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees