JP3349087B2 - 縦葺屋根のけらば納め構造 - Google Patents

縦葺屋根のけらば納め構造

Info

Publication number
JP3349087B2
JP3349087B2 JP07149998A JP7149998A JP3349087B2 JP 3349087 B2 JP3349087 B2 JP 3349087B2 JP 07149998 A JP07149998 A JP 07149998A JP 7149998 A JP7149998 A JP 7149998A JP 3349087 B2 JP3349087 B2 JP 3349087B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
roof
edge
hanging
arabesque
shingle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP07149998A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH11247385A (ja
Inventor
重治 河野
哲矢 樋口
Original Assignee
株式会社淀川製鋼所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社淀川製鋼所 filed Critical 株式会社淀川製鋼所
Priority to JP07149998A priority Critical patent/JP3349087B2/ja
Publication of JPH11247385A publication Critical patent/JPH11247385A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3349087B2 publication Critical patent/JP3349087B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、軒棟方向に葺成さ
れる縦葺屋根のけらば納め構造に関する。
【0002】
【従来の技術】けらば納め構造では、例えば図5に示さ
れるように、形鋼よりなる母屋aの上に屋根下地材bを
敷設し、その上に木下地c、シングルタルキdおよびバ
ックアップ材eを敷設し、そのけらば側のバックアップ
材eの上に捨て水切兼用のけらば水切fとけらば唐草g
の各支持部を上載させ、その上からアスファルトルーフ
ィングhを敷設し、その上に屋根板iを葺成していた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上述した従来のけらば
納め構造では、下向きに折曲した屋根板iの外側部の下
端kをけらば唐草gの外側下端mを挟むように上向きに
折り返していた。この折り返し作業は、鼻曲げ器と称さ
れる板金工具を用いて人手によっておこなわていたが、
屋根板iの板厚が 0.8mm以上になると作業が難しく、疵
や歪みが発生することもあった。
【0004】本発明はこのような実情に鑑みてなされ、
現地での施工作業性の良好な縦葺屋根のけらば納め構造
を提供することを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明は上述の課題を解
決するための手段を以下のように構成している。すなわ
ち、請求項1に記載の発明では、縦葺屋根の側部に軒棟
方向に取り付けられるけらば唐草が、縦葺屋根板の側端
部を上載させる屋根載置部と、屋根載置部のその外縁で
下方に折曲垂下する外壁と、その屋根載置部の内縁で下
方に折曲垂下する垂下部と、屋根下地の上に上載支持さ
れ前記垂下部と交わる支持部とよりなり、前記縦葺屋根
板の側端部の上から前記外壁に沿って垂下するように設
けられるけらば化粧水切の下部を予め斜め内側下方に向
けて折曲し、その下端と前記垂下部との間に若干の隙間
を設定してなるとともに、前記支持部は、その内側縁が
上方に向けてフランジ状に立ち上げられてなり、バック
アップ部材を敷設した時にセルフドリルビスのヘッド部
がその底部に当接しないようにしてあることを特徴とし
ている。
【0006】
【作用】縦葺屋根板の外側部はけらば唐草の屋根載置部
に上載されるのみであり、また、けらば唐草の外壁に沿
って垂下するけらば化粧水切の下部は予め斜め下方に向
けて折曲されており、従って、現地で面倒な曲げ加工を
要さない。
【0007】
【発明の実施の形態】以下に本発明の縦葺屋根のけらば
納め構造の実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。
図1はけらば納め構造の要部断面図、図2はけらば納め
構造全体の断面図、図3はけらば納め構造の斜視図で、
これらの図において、符号1は縦葺屋根板、2は例えば
グラスウールボードよりなる断熱板とその断熱板の外面
に重ねた木毛板等よりなる屋根下地、3はアルミ合金の
押出材よりなるけらば唐草である。
【0008】そのけらば唐草3は、縦葺屋根板1の側端
部を上載させる屋根載置部4と、その屋根載置部4の外
縁で下方に折曲垂下する外壁5と、屋根載置部4の内縁
で下方に折曲垂下する垂下部6と、屋根下地材2の上に
上載支持されて垂下部6と交わる支持部7とよりなり、
その支持部7がセルフドリルビス8によって、アスファ
ルトルーフィング9,捨て水切兼用のけらば水切10,
屋根下地2を介して母屋11に固定されることにより、
屋根側部に作業性よく取り付けられる。その支持部7
は、その内側縁71がやや上方に向けてフランジ状に立
上り、バックアップ材16を敷設した時にセルフドリル
ビス8のヘッド部81がその底部に当接しないようにし
ている。なお、符号12は壁材、18はコーキングであ
る。
【0009】その屋根載置部4に載置された縦葺屋根板
1の上にけらば化粧水切13の上載部131がビス14
によって固定され、かつ、その上載部131の外縁で下
方に向けて折り返し折曲された側壁部132が、けらば
唐草3の外壁5にセルフドリルビス14によって固定さ
れる一方、その側壁部132の下部が予め斜め内側下方
に向けて折曲片133が形成され、その下端と垂下部6
との間に若干の隙間Gが設定されており、これにより、
下方からの雨水の吹き込みを効果的に阻止することがで
きる。
【0010】そのけらば化粧水切13(図4参照)は、
カラー鋼板,ステンレス,アルミ等の金属板よりなり、
現地での施工に際しては、上述のように、その上載部1
31と側壁部132をビス止め固定するのみでよく、面
倒な板材の曲げ加工を要することなく、作業性がきわめ
て良好である。なお、けらば化粧水切13は図4(B)
のように形成してもよい。
【0011】その他の部分について説明すると、前述の
屋根下地2は母屋11にセルフドリルビス8等で締結固
定され、その屋根下地2の上に防水性の素材、例えばゴ
ム等よりなるアスファルトルーフィング9が敷設され、
その上に通し吊子17が軒棟方向に固定される(図2参
照)。
【0012】その通し吊子17は金属板をロール成形
し、その裏面に断熱材を被着してなり、セルフドリルビ
ス8等によりアスファルトルーフィング9,屋根下地2
を介して母屋11に固定される左右一対の締結部17
1,171間に樋部(縦樋)172を設け、その樋部1
72と締結部171との間に鈎形の係止部173を立上
げ形成した長尺材であり、その通し吊子17の両側に
は、例えば硬質ウレタンフォーム等の板材よりなるバッ
クアップ材16が敷設される。
【0013】縦葺屋根板1は左右両側の各接続部15,
15を通し吊子17の係止部173,173に上方から
弾性係合させて連結し、その両接続部15,15を樋部
172内に配置し、この接続部15,15の係止部17
3,173に対する係合状態を維持強化し、さらに、隣
接する縦葺屋根板1,1の接続部15,15の隙間を塞
いで外樋23を形成するために、キャップ24が用いら
れる。
【0014】そのキャップ24は、接続部15の屈曲箇
所の外面に弾性係合する左右一対の脚部と、両脚部の上
に連設される天面部とを有する長尺材よりなり、縦葺屋
根板1と同一素材で形成され、その脚部の下端と縦葺屋
根板1の接続部15の嵌合部151との間にシール材2
41が間装される。なお、縦葺屋根板1は所定幅のコイ
ル状の塗装鋼板をロール成形して得、その内面に発泡断
熱層を裏打ちしたものである。
【0015】施工時には、縦葺屋根板1の外側部はけら
ば唐草3の屋根載置部4に上載されるのみであり、ま
た、けらば唐草3の外壁5に沿って垂下するけらば化粧
水切13の下部は予め地上で斜め下方に向けて折曲され
ており、従って、現地で面倒な曲げ加工を要しない。ま
た、けらば唐草3の支持部7の内側縁71を上方に向け
てフランジ状に立上げているので、バックアップ材16
の敷設時に、セルフドリルビス8のヘッド部81が邪魔
になることがなく、施工性が良好で仕上り状態も良好と
なり、雨仕舞も向上する。
【0016】施工された状態では、縦葺屋根板1,1の
接続部15,15間に形成された軒棟方向の外樋23と
その直下に通し吊子17によって形成された樋部172
とを伝う雨水が、軒先に設けられた樋(図示省略)に落
し込まれる一方、けらば化粧水切13によって屋根側部
に吹き付ける雨水の内部への侵入が防止され、特にその
側壁部132の下部が内側下方に向けて折曲され、その
下端と垂下部6との間に幅の狭い隙間Gを設定している
ことにより、下方からの雨水の吹き込みを効果的に阻止
することができる。
【0017】
【発明の効果】以上説明したように、本発明では、縦葺
屋根板の側端部の上からけらば唐草の外壁に沿って垂下
するように設けられるけらば化粧水切の下部を予め斜め
内側下方に向けて折曲し、その下端と前記垂下部との間
に若干の隙間を設定するので、現地で面倒な板曲げ加工
を要することなく、きわめて作業性よく、コスト安にけ
らば納めの施工をおこなうことができ、かつ、雨仕舞が
良好となる。また、前記支持部が、その内側縁を上方に
向けてフランジ状に立ち上げられてなり、バックアップ
部材を敷設した時にセルフドリルビスのヘッド部がその
底部に当接しないようにしてあるので、バックアップ材
の敷設時に、セルフドリルビスのヘッド部が邪魔になる
ことがなく、施工性が良好で仕上り状態も良好となり、
雨仕舞も向上する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の縦葺屋根のけらば納めの構造の一実施
形態を示す要部断面図である。
【図2】同けらば納め構造の断面図である。
【図3】同けらば納め構造の斜視図である。
【図4】(A)は同けらば化粧水切の一例を示す断面
図、(B)はその別の例を示す断面図である。
【図5】従来のけらば納め構造の断面図である。
【符号の説明】
1…縦葺屋根板、2…屋根下地、3…けらば唐草、4…
屋根載置部、5…外壁、6…垂下部、7…支持部、13
…けらば化粧水切、G…隙間。
フロントページの続き (56)参考文献 特開 平4−179758(JP,A) 特開 平6−93691(JP,A) 実開 昭63−85728(JP,U) 実公 平2−43951(JP,Y2) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E04D 3/00 - 3/40 E04D 13/158

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 縦葺屋根の側部に軒棟方向に取り付けら
    れるけらば唐草が、縦葺屋根板の側端部を上載させる屋
    根載置部と、屋根載置部のその外縁で下方に折曲垂下す
    る外壁と、その屋根載置部の内縁で下方に折曲垂下する
    垂下部と、屋根下地の上に上載支持され前記垂下部と交
    わる支持部とよりなり、前記縦葺屋根板の側端部の上か
    ら前記外壁に沿って垂下するように設けられるけらば化
    粧水切の下部を予め斜め内側下方に向けて折曲し、その
    下端と前記垂下部との間に若干の隙間を設定してなると
    ともに、前記支持部は、その内側縁が上方に向けてフラ
    ンジ状に立ち上げられてなり、バックアップ部材を敷設
    した時にセルフドリルビスのヘッド部がその底部に当接
    しないようにしてあることを特徴とする縦葺屋根のけら
    ば納め構造。
JP07149998A 1998-03-04 1998-03-04 縦葺屋根のけらば納め構造 Expired - Fee Related JP3349087B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP07149998A JP3349087B2 (ja) 1998-03-04 1998-03-04 縦葺屋根のけらば納め構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP07149998A JP3349087B2 (ja) 1998-03-04 1998-03-04 縦葺屋根のけらば納め構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11247385A JPH11247385A (ja) 1999-09-14
JP3349087B2 true JP3349087B2 (ja) 2002-11-20

Family

ID=13462436

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP07149998A Expired - Fee Related JP3349087B2 (ja) 1998-03-04 1998-03-04 縦葺屋根のけらば納め構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3349087B2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH11247385A (ja) 1999-09-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3349087B2 (ja) 縦葺屋根のけらば納め構造
JP2003213864A (ja) 軒先構造
JP2907326B2 (ja) 横葺き外装構造
JP3220084B2 (ja) 縦葺屋根の軒先構造
AU2004202598B2 (en) Building construction elements
JP3258917B2 (ja) 軒先構造
JP3031607B2 (ja) 建築用縦葺き外装材及び建築物の外装構造
JP2599080B2 (ja) ケラバ破風
JP2021143573A (ja) 水切り部材及びその取り付け構造
JP3044195B2 (ja) 軒先構造
JP3164146B2 (ja) 建築用外装材の接続構造及び建築外装の構築方法
JP2503051Y2 (ja) 棟換気構造
JP2563873Y2 (ja) 横葺き用断熱屋根板
JP3129664B2 (ja) 縦葺屋根板の接続構造
JP2511639B2 (ja) 棟換気構造
JP2520846B2 (ja) 二重葺き屋根構造
JP2510833B2 (ja) 屋根材設置構造
JP2636184B2 (ja) 軒先構造
JPH05340037A (ja) 屋根の切妻部の雨仕舞装置
JP4078607B2 (ja) 金属瓦を施工した屋根の軒先構造
JPH10280565A (ja) 出隅構造
JP2520845B2 (ja) 二重葺き屋根構造
JP2603589Y2 (ja) 軒先水切り装置
JP2909887B2 (ja) 建築物の外装構造
JP2567200Y2 (ja) 金属横葺き屋根のけらば部の構造

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees