JP3331424B2 - 縦枠材の補強構造 - Google Patents

縦枠材の補強構造

Info

Publication number
JP3331424B2
JP3331424B2 JP28314195A JP28314195A JP3331424B2 JP 3331424 B2 JP3331424 B2 JP 3331424B2 JP 28314195 A JP28314195 A JP 28314195A JP 28314195 A JP28314195 A JP 28314195A JP 3331424 B2 JP3331424 B2 JP 3331424B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
side
frame member
piece
vertical
member
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP28314195A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH09125827A (ja
Inventor
創 小池
昌雄 平野
Original Assignee
ワイケイケイアーキテクチュラルプロダクツ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ワイケイケイアーキテクチュラルプロダクツ株式会社 filed Critical ワイケイケイアーキテクチュラルプロダクツ株式会社
Priority to JP28314195A priority Critical patent/JP3331424B2/ja
Publication of JPH09125827A publication Critical patent/JPH09125827A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3331424B2 publication Critical patent/JP3331424B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E06DOORS, WINDOWS, SHUTTERS, OR ROLLER BLINDS IN GENERAL; LADDERS
    • E06BFIXED OR MOVABLE CLOSURES FOR OPENINGS IN BUILDINGS, VEHICLES, FENCES OR LIKE ENCLOSURES IN GENERAL, e.g. DOORS, WINDOWS, BLINDS, GATES
    • E06B3/00Window sashes, door leaves, or like elements for closing wall or like openings; Layout of fixed or moving closures, e.g. windows in wall or like openings; Features of rigidly-mounted outer frames relating to the mounting of wing frames
    • E06B3/04Wing frames not characterised by the manner of movement
    • E06B3/06Single frames
    • E06B3/08Constructions depending on the use of specified materials
    • E06B3/12Constructions depending on the use of specified materials of metal
    • E06B3/14Constructions depending on the use of specified materials of metal of special cross-section
    • E06B3/16Hollow frames of special construction, e.g. made of folded sheet metal or of two or more section parts connected together
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E06DOORS, WINDOWS, SHUTTERS, OR ROLLER BLINDS IN GENERAL; LADDERS
    • E06BFIXED OR MOVABLE CLOSURES FOR OPENINGS IN BUILDINGS, VEHICLES, FENCES OR LIKE ENCLOSURES IN GENERAL, e.g. DOORS, WINDOWS, BLINDS, GATES
    • E06B3/00Window sashes, door leaves, or like elements for closing wall or like openings; Layout of fixed or moving closures, e.g. windows in wall or like openings; Features of rigidly-mounted outer frames relating to the mounting of wing frames
    • E06B3/54Fixing of glass panes or like plates
    • E06B3/58Fixing of glass panes or like plates by means of borders, cleats, or the like
    • E06B3/62Fixing of glass panes or like plates by means of borders, cleats, or the like of rubber-like elastic cleats
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E06DOORS, WINDOWS, SHUTTERS, OR ROLLER BLINDS IN GENERAL; LADDERS
    • E06BFIXED OR MOVABLE CLOSURES FOR OPENINGS IN BUILDINGS, VEHICLES, FENCES OR LIKE ENCLOSURES IN GENERAL, e.g. DOORS, WINDOWS, BLINDS, GATES
    • E06B3/00Window sashes, door leaves, or like elements for closing wall or like openings; Layout of fixed or moving closures, e.g. windows in wall or like openings; Features of rigidly-mounted outer frames relating to the mounting of wing frames
    • E06B3/68Window bars
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E06DOORS, WINDOWS, SHUTTERS, OR ROLLER BLINDS IN GENERAL; LADDERS
    • E06BFIXED OR MOVABLE CLOSURES FOR OPENINGS IN BUILDINGS, VEHICLES, FENCES OR LIKE ENCLOSURES IN GENERAL, e.g. DOORS, WINDOWS, BLINDS, GATES
    • E06B3/00Window sashes, door leaves, or like elements for closing wall or like openings; Layout of fixed or moving closures, e.g. windows in wall or like openings; Features of rigidly-mounted outer frames relating to the mounting of wing frames
    • E06B3/54Fixing of glass panes or like plates
    • E06B3/58Fixing of glass panes or like plates by means of borders, cleats, or the like
    • E06B3/62Fixing of glass panes or like plates by means of borders, cleats, or the like of rubber-like elastic cleats
    • E06B2003/6217Fixing of glass panes or like plates by means of borders, cleats, or the like of rubber-like elastic cleats with specific fixing means
    • E06B2003/6223Fixing of glass panes or like plates by means of borders, cleats, or the like of rubber-like elastic cleats with specific fixing means with protruding parts anchored in grooves

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、建物開口部に取付
けられるサッシのサッシ枠を構成する縦枠材を、風圧力
などで長手方向に沿って湾曲変形しないように補強する
構造に関するものである。

【0002】

【従来の技術】建物開口部に取付けられるサッシは次の
ように構成してある。上横枠材と下横枠材と縦枠材を方
形状に連結してサッシ枠とし、そのサッシ枠内にガラ
ス、ドア、障子等を取付けてサッシとしてある。

【0003】前述のサッシにおけるサッシ枠を構成する
上横枠材と下横枠材は建物開口部の上縁部、下縁部にそ
れぞれ固着するが、縦枠材は建物開口部の縦縁部に固着
しない場合がある。例えば建物開口部に複数のサッシ枠
を連続して取付けた横連窓の場合には中間の縦枠材を建
物開口部の縦縁部に固着しない。この中間の縦枠材は上
横枠と下横枠材に連結する。

【0004】また、上横枠材の長手方向中間部と下横枠
材の長手方向中間部に連結される方立と呼ばれる中間の
縦枠材も建物開口部の縦縁部に固着しない。

【0005】一方、前記上横枠材、下横枠材、縦枠材は
アルミニウム素材より押出し成形されたものであり、各
枠材は剛性が弱く長手方向に沿って湾曲変形し易い。

【0006】このために、前述のように建物開口部の縦
縁部に固着されない縦枠材は台風等の風圧力によって長
手方向に大きく湾曲変形することがある。縦枠材が長手
方向に沿って大きく湾曲変形するとガラスが外れたり、
破損することがある。

【0007】このことを解消するために、縦枠材に鋼材
より成る補強材を長手方向に連続して取付けて縦枠材を
補強し、縦枠材が風圧力によって長手方向に沿って大き
く湾曲変形しないようにしている。

【0008】

【発明が解決しようとする課題】前述のように補強材に
より縦枠材が長手方向に沿って大きく弯曲変形しないよ
うにするには、縦枠材の変形によって補強材に力が伝わ
るように縦枠材に補強材を取付け必要がある。このた
めに、従来は補強材を多数のビスによって縦枠材に連結
して縦枠材の変形によって補強材に力が伝わるようにし
ている。

【0009】前述のように補強材を縦枠材に多数のビス
で連結するには、補強材に多数のビス挿通穴を形成する
作業と、多数のビスを締付ける作業等が必要となるの
で、縦枠材に補強材を取付ける作業が大変面倒となる。
また、多数のビスを用いるのでコストが高くなる。

【0010】本発明の目的は、縦枠材の変形によって補
強材に力が確実に伝わり、縦枠材の変形を補強材により
確実に支えることにより縦枠材の長手方向に沿って大き
湾曲変形を押えることができると共に、縦枠材に補強
材を簡単に取付けできるようにした縦枠材の補強構造を
提供することである。

【0011】

【課題を解決するための手段】本発明は、アルミニウム
製の縦枠材に鋼材製の補強材を取付けた縦枠材の補強構
造において、前記縦枠材を本体枠材と補助枠材を連結し
たものとし、前記補強材を相対向した一側片と他側片及
びこの一側片と他側片を連結する連結片を備えた長尺材
とし、前記本体枠材を、相対向した一側縦板と他側縦板
と端部連結板と中間連結板で補助枠材取付用凹部を有す
る断面形状ほぼコ字状で、その一側縦板の端部に、前記
補強材の一側片の端部が嵌まり込む長手方向に連続した
一側凹部を有し、前記他側縦板の端部に、前記補強材の
他側片の端部が嵌まり込む長手方向に連続した他側凹部
を有するものとし、前記補助枠材を、本体枠材の一側縦
板の端部と他側縦板の端部とに取付けて縦枠材を、長手
方向に連続した中空部を有するものとし、 前記補強材の
連結片を前記本体枠材の中間連結板と対向させ、前記補
強材の一側片、他側片を前記本体枠材の一側縦板、他側
縦板とそれぞれ対向させ、一側片の端部、他側片の端部
を前記一側凹部、他側凹部にそれぞれ嵌め込んで補強材
を縦枠材に取付けたことを特徴とする縦枠材の補強構造
である。

【0012】

【作 用】本発明によれば、補強材の一側片、他側片、
連結片が本体枠材の一側縦板、他側縦板、中間連結板と
それぞれ対向し、その一側縦板の端部の一側凹部、端部
他側縦板の他側凹部に補強材の一側片の端部、他側片
の端部がそれぞれ嵌め込んであることにより、縦枠材が
風圧力により一側方、他側方に長手方向に沿って湾曲変
形した際に、補強材の一側片、他側片にそれぞれ力が確
実に伝わるので、縦枠材を補強材の断面形状に応じた値
だけ補強できる。また、縦枠材に補強材を長手方向より
挿入するだけで取付けできるから、補強材の取付けが簡
単となるし、多数のビスが不要でコストが安くなる。

【0013】

【発明の実施の形態】図1に示すように、上横枠材1と
下横枠材2と左右の縦枠材3と中間縦枠材4と中間横枠
材5を枠組みしてサッシ枠Aとしてある。

【0014】具体的には、一方の縦枠材3と中間縦枠材
4とに亘って上横枠材1、中間横枠材5、下横枠材2を
それぞれ連結し、その中間縦枠材4と他方の縦枠材3と
に亘って上横枠材1、中間横枠材5、下横枠材2をそれ
ぞれ連結してサッシ枠Aとしてある。

【0015】前記サッシ枠Aは左右上部と左右下部とに
ガラス取付用の開口枠部6を有し、その各開口枠部6に
ガラス7をそれぞれ取付けてサッシ、例えばフロント用
のサッシを構成している。

【0016】前記サッシは建物の開口部に取付けられ
る。例えば、上横枠材1を開口部の上縁部Bに取付け、
開口部の下縁部Cに取付用横材8を取付け、その取付用
横材8に下横枠材2が取付けてある。

【0017】前記取付用横材8は、一方の縦枠材3から
他方の縦枠材3までに連続する長尺であり、下横枠材2
と縦枠材3、中間縦枠材4の連結部等より浸入した雨水
を取付用横材8で受けて開口部の下縁部Cに浸入しない
ようにしてある。

【0018】前記上横枠材1は図2に示すように、室内
側の一側縦板10と室外側の他側縦板11と連結板12
によって断面形状がほぼ上向きコ字状となる。この連結
板12は開口枠部6の内方に開口した(以下内向きとい
う)ガラス取付用溝13とそのガラス取付用溝13と隣
接した内向きのシール材装着用溝14を有する。

【0019】前記下横枠材2は図2に示すように、本体
枠材20に押縁21を取付けて内向きのガラス取付用溝
22を有するものとなる。この押縁21には内向きのシ
ール材装着用溝23が形成してある。前記本体枠材20
は前記取付用横材8にビス24等の固着部材で連結して
ある。

【0020】前記縦枠材3は図3に示すように、室内側
の一側縦板30と室外側の他側縦板31と連結板32に
より断面形状がほぼ上向きコ字状となる。この連結板3
2は、内向きのガラス取付用溝33とそのガラス取付用
溝33と隣接したシール材装着用溝34を有する。

【0021】前記中間縦枠材4は図3に示すように、本
体枠材40と補助枠材41を連結したものである。この
本体枠材40は室内側の一側縦板42と室外側の他側縦
板43と端部連結板44と中間連結板45とにより補助
枠材取付用凹部46を有する断面形状がほぼコ字状とし
てある。前記端部連結板44と補助枠材41は内向きの
ガラス取付用溝47とこのガラス取付用溝47と隣接し
たシール材装着用溝48を有する。

【0022】前記中間横枠材5は図2に示すように、本
体枠材50に押縁51を取付けて内向きのガラス取付用
溝52を形成し、その押縁51に上向きのシール材装着
用溝53を形成してある。前記本体枠材50の下横板5
4は内向きのガラス取付用溝55とこのガラス取付用溝
55と隣接した内向きのシール材装着用溝56を有す
る。

【0023】以上のようであるから、サッシ枠Aの各開
口枠部6の内面には四周連続したガラス取付用溝とシー
ル材装着用溝がそれぞれ形成される。そして、ガラス7
は各ガラス取付用溝内に挿入され、一側のシール材60
と他側のシール材70によって保持される。

【0024】次に中間縦枠材4の補強構造を図4に基づ
いて説明する。前記中間縦枠材4を構成する本体枠材4
0と補助枠材41はアルミニウム素材を押し出し成形し
たものである。その本体枠材40の一側縦板42、他側
縦板43、中間連結板45と補助枠材41により長手方
向に連続した中空部を有している。

【0025】この中空部に鋼材よりなる補強材100が
長手方向に連続して挿入してある。この補強材100は
一側片101と他側片102と連結片103により断面
形状がコ字状となっている。補強材100の連結片10
3が本体枠材40の中間連結板45と対向し、一側片1
01が一側縦板42と対向し、他側片102が他側縦板
43と対向している。

【0026】前記本体枠材40の一側縦板42における
端部42aは鉤形に折曲して前記中間連結板45に向け
て開口した一側凹部104を形成している。その一側縦
板42の端部42aには一側係止片105が他側縦板4
3に向けて一体的に設けてある。この一側係止片105
はほぼクランク形状に折曲して係止凹部106と係止突
部107を有している。

【0027】前記本体枠材40の他側縦板43における
端部43aは鉤形に折曲して前記中間連結板45に向け
て開口した他側凹部108を形成している。その他側縦
板43の端部43aには他側係止片109が他側縦板4
2に向けて一体的に設けてある。この他側係止片109
はほぼクランク形状に折曲して係止凹部110と係止突
部111を有している。

【0028】前記補強材100の一側片101の端部は
一側凹部104内に嵌まり込み、他側片102の端部は
他側凹部108内に嵌まり込んでいる。

【0029】図4に示す実施例においては一側片10
1、他側片102が一側縦板42、他側縦板43と若干
の隙間を置いてそれぞれ離隔し、一側片101の端部、
他側片102の端部が一側凹部104、他側凹部108
に若干の隙間を置いて嵌まり込んでいる。

【0030】これにより、補強材100を本体枠材40
に長手方向より挿入する際に、成形時に本体枠材40が
長手方向に沿って若干変形していても相互に干渉せずに
スムーズに挿入できる。

【0031】なお、本体枠材40が長手方向に沿って変
形せずに一直線状に正しく成形されるものであれば、前
述の各隙間を無くして一側片101、他側片102を一
側縦板42、他側縦板43に接触させると共に、一側片
101の端部、他側片102の端部を一側凹部104、
他側凹部108に嵌合させることが好ましい。

【0032】前記補強材100の全長は本体枠材40の
全長より若干短く、本体枠材40の中間連結板45の下
部よりにビス(図示せず)を螺合し、そのビスによって
補強材100を支持している。

【0033】サッシに風圧力が図4に矢印aで示すよう
に正圧(室内側に押す力)として作用した場合には中間
縦枠材4は長手方向に沿って一側(室内側)に向けて湾
曲変形する。これにより、他側縦板43が他側片102
に接し、一側縦板42の鉤形状の端部42aが一側片1
01に接するので、中間縦枠材4の変形によって補強材
100に力が確実に伝わる。

【0034】サッシに風圧力が図4に矢印bで示すよう
に負圧(室外側に引く力)として作用した場合には中間
縦枠材4は長手方向に沿って他側(室外側)に向けて湾
曲変形する。これにより、一側縦板42が一側片101
に接し、他側縦板43の鉤形状の端部43aが他側片1
02に接するので、中間縦枠材4の変形によって補強材
100に力が確実に伝わる。

【0035】以上の様に、中間縦枠材4が一側に向う方
向及び他側に向う方向に湾曲変形した際に、補強材10
0の一側片101及び他側片102に力がそれぞれ確実
に伝わるので、補強材100の断面形状に応じた値だけ
中間縦枠材4を補強できる。

【0036】また、補強材100は中間縦枠材4の中空
部内に長手方向から挿入するだけであるから、補強材1
00の取付作業が簡単となる。

【0037】次に、本体枠材40と補助枠材41との連
結について説明する。前記補助枠材41の一側寄りには
一側第1係止片112と一側第2係止片113が一体的
に設けてある。その補助枠材41の他側寄りには他側第
1係止片114と他側第2係止片115が一体的に設け
てある。

【0038】前記補助枠材41の一側第1係止片11
2、他側第1係止片114が前記一側縦板42の係止突
部107、他側縦板43の係止突部111にそれぞれ係
合して補助枠材41が本体枠材40に取付けられる。こ
れにより、補助枠材42を本体枠材40に簡単に連結し
て取付できる。

【0039】前述のように補助枠材41を本体枠材40
に取付けると、補助枠材41の一側第2係止片113、
他側第2係止片115が前記一側縦板42の係止凹部1
06、他側縦板43の係止凹部110にそれぞれ嵌まり
込む。

【0040】このようであるから、本体枠部40の一側
縦板42と補助枠材41の一側部及び本体枠部40の他
側縦板43と補助枠材41の他側部は一側方向及び他側
方向に相対的に変位しないように強固に連結される。こ
れにより、本体枠部40の一側縦板42が風圧力で一側
方向に変形したり他側縦板43が風圧力で他側方向に変
形することがなくなる。

【0041】したがって、本体枠材40と補助枠材41
の2部材より構成した分割式の中間縦枠材4が強度的に
一体式の中間縦枠材4のようになり、風圧力による中間
縦枠材4のねじれ、長手方向に沿う変形が低減する。

【0042】このことは、補強材100が無い場合も同
様である。

【0043】以上の実施例は本体枠材40と補助枠材4
1より成る分割式の中間縦枠材について述べたが、本体
枠材40と補助枠材41が一体となった中間縦枠材でも
同様である。

【0044】次に本発明の第2実施例を説明する。図5
に示すように、本体枠材40の一側縦板42に一側主ヒ
レ片120と一側補助ヒレ片121を他側縦板43に向
けて相互にほぼ平行に一体的にそれぞれ設けてある。こ
の一側補助ヒレ片121は一側主ヒレ片120よりも補
助枠材41寄りに位置し、その一側補助ヒレ片121は
一側主ヒレ片120よりも若干長く、薄くしてある。

【0045】本体枠材40の他側縦板43に他側主ヒレ
片122と他側補助ヒレ片123が前記一側主ヒレ片1
20、一側補助ヒレ片121と相対向して一側縦板42
に向けて相互にほぼ平行に一体的に設けてある。この他
側補助ヒレ片123は他側主ヒレ片122よりも補助枠
材41寄りに位置し、その他側補助ヒレ片123は他側
主ヒレ片122よりも若干長く、薄くしてある。

【0046】補強材100は板状体としてある。この補
強材100は一側主ヒレ片120と一側補助ヒレ片12
1との間及び他側主ヒレ片122と他側補助ヒレ片12
3との間にそれぞれ挿入される。

【0047】そして、ドライバー等の工具124によっ
て一側補助ヒレ片121の長手方向複数部分、他側補助
ヒレ片123の長手方向複数部分を図4に二点鎖線で示
すようにそれぞれ曲げて補強材100を一側主ヒレ片1
20、他側主ヒレ片122に押しつけて補強材100を
固定する。

【0048】このようであるから、一側補助ヒレ片12
1と他側補助ヒレ片123を曲げるだけで補強材100
をガタつきがないし、自重で落下しないように本体枠材
40に固定できる。また、厚さの異なる補強材100を
使用できるので、中間縦枠材4の長さが異なる場合に厚
さの異なる補強材100を取付けて中間縦枠材4の補強
強度をその長さに応じた強度とすることができる。

【0049】

【発明の効果】請求項1に係る発明によれば、補強材の
一側片、他側片、連結片が本体枠材の一側縦板、他側縦
板、中間連結板とそれぞれ対向し、その一側縦板の端部
一側凹部、端部の他側縦板の他側凹部に補強材の一側
片の端部、他側片の端部がそれぞれ嵌め込んであること
により、縦枠材が風圧力により一側方、他側方に長手方
向に沿って湾曲変形した際に、補強材の一側片、他側片
にそれぞれ力が確実に伝わるので、縦枠材を補強材の断
面形状に応じた値だけ補強できる。また、縦枠材に補強
材を長手方向より挿入するだけで取付けできるから、補
強材の取付けが簡単となるし、多数のビスが不要でコス
トが安くなる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の実施例を示すサッシの全体正面図であ
る。

【図2】図1のD−D断面図である。

【図3】図1のE−E断面図である。

【図4】中間縦枠材の補強部の拡大断面図である。

【図5】中間縦枠材の補強部の第2実施例を示す横断面
図である。

【符号の説明】

4…中間縦枠材、40…本体枠部、41…補助枠材、4
2…一側縦板、43…他側縦板、42a…一端部、43
a…他端部、100…補強材、101…一側片、102
…他側片、103…連結片、104…一側凹部、108
…他側凹部、120…一側主ヒレ片、121…一側補助
ヒレ片、122…他側主ヒレ片、123…他側補助ヒレ
片。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 実開 昭61−159584(JP,U) 実開 昭53−148542(JP,U) 実開 昭58−55181(JP,U) 実開 昭60−15588(JP,U) 実開 昭61−22881(JP,U) 実開 平3−35188(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) E06B 1/18

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 アルミニウム製の縦枠材に鋼材製の補強
    材を取付けた縦枠材の補強構造において、前記縦枠材を本体枠材と補助枠材を連結したものとし、 前記補強材を相対向した一側片と他側片及びこの一側片
    と他側片を連結する連結片を備えた長尺材とし、前記本体枠材を、相対向した一側縦板と他側縦板と端部
    連結板と中間連結板で補助枠材取付用凹部を有する断面
    形状ほぼコ字状で、その一側縦板の端部に、 前記補強材
    の一側片の端部が嵌まり込む長手方向に連続した一側凹
    部を有し、前記他側縦板の端部に、前記補強材の他側片
    の端部が嵌まり込む長手方向に連続した他側凹部を有す
    るものとし、前記補助枠材を、本体枠材の一側縦板の端部と他側縦板
    の端部とに取付けて縦枠材を、長手方向に連続した中空
    部を有するものとし、 前記補強材の連結片を前記本体枠材の中間連結板と対向
    させ、前記補強材 の一側片、他側片を前記本体枠材の一
    側縦板、他側縦板とそれぞれ対向させ、一側片の端部、
    他側片の端部を前記一側凹部、他側凹部にそれぞれ嵌め
    込んで補強材を縦枠材に取付けたことを特徴とする縦枠
    材の補強構造。
JP28314195A 1995-10-31 1995-10-31 縦枠材の補強構造 Expired - Fee Related JP3331424B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28314195A JP3331424B2 (ja) 1995-10-31 1995-10-31 縦枠材の補強構造

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP28314195A JP3331424B2 (ja) 1995-10-31 1995-10-31 縦枠材の補強構造
US08/741,114 US5910084A (en) 1995-10-31 1996-10-30 Reinforcing structure for vertical frame member of sash frame

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09125827A JPH09125827A (ja) 1997-05-13
JP3331424B2 true JP3331424B2 (ja) 2002-10-07

Family

ID=17661764

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP28314195A Expired - Fee Related JP3331424B2 (ja) 1995-10-31 1995-10-31 縦枠材の補強構造

Country Status (2)

Country Link
US (1) US5910084A (ja)
JP (1) JP3331424B2 (ja)

Families Citing this family (29)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB9709776D0 (en) * 1997-05-15 1997-07-09 Ultraframe Plc Structural members
US6206782B1 (en) * 1998-09-14 2001-03-27 Walker Digital, Llc. System and method for facilitating casino team play
US6668495B1 (en) * 2001-09-12 2003-12-30 Richard T. Prince Variable load capacity and aesthetically enhanced construction components for patio enclosures
US6601362B1 (en) * 2001-09-12 2003-08-05 Richard T. Prince Variable load capacity construction components for patio pool enclosures
WO2003083234A1 (en) 2002-04-03 2003-10-09 Välinge Innovation AB Mechanical locking system for floorboards
AU2003275291A1 (en) 2002-10-01 2004-04-23 Premdor International Inc. Adjustable rail assembly for exterior door sill assembly and components for the same
US20040128925A1 (en) * 2002-10-01 2004-07-08 The Stanley Works Continuous head and sill assembly and combined spacing member and side panel support therefore
DK1650375T4 (da) 2004-10-22 2011-02-28 Vaelinge Innovation Ab Sæt af gulvpaneler
US7454875B2 (en) 2004-10-22 2008-11-25 Valinge Aluminium Ab Mechanical locking system for floor panels
US7841144B2 (en) 2005-03-30 2010-11-30 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for panels and method of installing same
US8061104B2 (en) 2005-05-20 2011-11-22 Valinge Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
SE533410C2 (sv) 2006-07-11 2010-09-14 Vaelinge Innovation Ab Golvpaneler med mekaniska låssystem med en flexibel och förskjutbar tunga samt tunga därför
US8689512B2 (en) 2006-11-15 2014-04-08 Valinge Innovation Ab Mechanical locking of floor panels with vertical folding
SE531111C2 (sv) * 2006-12-08 2008-12-23 Vaelinge Innovation Ab Mekanisk låsning av golvpaneler
US7861473B1 (en) 2009-01-14 2011-01-04 Marhaydue, LLC Low-profile screen framing system
US8056602B1 (en) 2009-01-20 2011-11-15 Marhaygue, Llc Screen cover retainer strip assembly
EP2524093A4 (en) 2010-01-12 2017-11-15 Välinge Innovation AB Mechanical locking system for floor panels
BR112012018285A2 (pt) 2010-02-04 2018-06-05 Vaelinge Innovation Ab sistema de travamento mecânico para painéis de piso em uma lingueta para esta finalidade
CA2839681A1 (en) 2011-07-05 2013-01-10 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking of floor panels with a glued tongue
US9725912B2 (en) 2011-07-11 2017-08-08 Ceraloc Innovation Ab Mechanical locking system for floor panels
US8650826B2 (en) 2011-07-19 2014-02-18 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
US8857126B2 (en) 2011-08-15 2014-10-14 Valinge Flooring Technology Ab Mechanical locking system for floor panels
BR112015011235A2 (pt) 2012-11-22 2017-07-11 Vaelinge Flooring Tech Ab sistema de travamento mecânico para painéis de piso
JP2014173341A (ja) * 2013-03-08 2014-09-22 Lixil Corp 連窓
KR20160023780A (ko) 2013-06-27 2016-03-03 뵈린게 이노베이션 에이비이 기계식 잠금 시스템을 갖는 건축용 패널
US9163454B1 (en) 2013-08-01 2015-10-20 Eric Hopson Corrosion resistant screen frame assembly
CN103924865A (zh) * 2014-03-28 2014-07-16 宣城徽铝铝业有限公司 移门门框边框
US10246883B2 (en) 2014-05-14 2019-04-02 Valinge Innovation Ab Building panel with a mechanical locking system
BR112017010662A2 (pt) 2014-11-27 2017-12-26 Vaelinge Innovation Ab sistema de travamento mecânico para painéis de piso

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3023859A (en) * 1957-06-24 1962-03-06 Kawneer Co Metal construction element
US3552077A (en) * 1969-04-14 1971-01-05 American Metal Climax Inc Spacer in a mullion wall construction
DE2552700C2 (ja) * 1975-11-25 1980-06-19 Otto Fuchs Kg, 5882 Meinerzhagen
JPS61159584A (en) * 1984-12-31 1986-07-19 Shinichi Sugano Device for replenishing calcium tablet
US4977722A (en) * 1989-06-14 1990-12-18 Repla Limited Frame system

Also Published As

Publication number Publication date
US5910084A (en) 1999-06-08
JPH09125827A (ja) 1997-05-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5765325A (en) Hurricane door light
US3108336A (en) Window muntin bar elements
US4644724A (en) Sandwich panel and end strips therefor and assembly of such sandwich panels
US6928776B2 (en) Window sash frame with hinged components
US4873803A (en) Insulating a window pane
EP0079064A2 (en) Sill and frame for windows or doors
EP0381646A1 (en) A profiled section for door-leaves
US5435106A (en) Metal reinforced mullion for windows
US3344573A (en) Window glazing system
US20070240373A1 (en) Insertion Assembly for Door and Window Frames
EP0022083B1 (en) Insulating glass panel for transforming a single glazed frame into a multiple glazed frame
US3475870A (en) Partition assemblies
US6014846A (en) Multi-window sash and batten attachment structure
CN101142363A (zh) 幕墙系统和方法
US3333385A (en) Closure caps for composite doors
CA2672202A1 (en) Plastic profile for window, door and facade elements
EP0566677A4 (ja)
US4250673A (en) Window replacement system
US5761860A (en) Panel mounting structure
CA2266358A1 (en) Door frame for metal buildings
US5634306A (en) Composite framing member construction for windows and doors
FI72572B (fi) Anordning foer montering av plattor vid en ramverkskonstruktion.
US6568137B2 (en) Insulated metal cladding for wood door frame
EP0028831B1 (en) Window sash assembly
US6427397B1 (en) Frame cladding for the thermal insulation of windows

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070726

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080726

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090726

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100726

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees