JP3324707B2 - The prosthesis is placed into an organ of the patient device and organ transplantation device - Google Patents

The prosthesis is placed into an organ of the patient device and organ transplantation device

Info

Publication number
JP3324707B2
JP3324707B2 JP31140492A JP31140492A JP3324707B2 JP 3324707 B2 JP3324707 B2 JP 3324707B2 JP 31140492 A JP31140492 A JP 31140492A JP 31140492 A JP31140492 A JP 31140492A JP 3324707 B2 JP3324707 B2 JP 3324707B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
spring assembly
assembly
main
graft
prosthesis
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP31140492A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH05305092A (en
Inventor
エー.チューター ティモシー
Original Assignee
クック インコーポレイティド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US86879292A priority Critical
Priority to US868792 priority
Priority to US07/959,758 priority patent/US5387235A/en
Application filed by クック インコーポレイティド filed Critical クック インコーポレイティド
Publication of JPH05305092A publication Critical patent/JPH05305092A/en
Priority to US959758 priority
Application granted granted Critical
Publication of JP3324707B2 publication Critical patent/JP3324707B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、患者の管状器官内に経皮的にグラフト(接ぎ木)を配置する方法とその装置に関する。 The present invention relates to a method and an apparatus for percutaneously placing grafts (grafting) in a tubular organ of a patient.

【0002】 [0002]

【従来の技術】腹部動脈は、腎臓動脈と腸骨動脈の間で動脈瘤が出来易い。 BACKGROUND OF THE INVENTION abdominal artery, easy can aneurysm between the renal arteries and the iliac arteries. そして、この動脈瘤は、極めて致命的な現象である。 Then, the aneurysm is an extremely deadly phenomenon. 従来、この動脈瘤の手術には、外科的に、これを取り除き、その部分に人工器官を埋め込む方法で行われていた。 Conventionally, a surgery this aneurysm, surgically, which was removed, was done in a way to embed the prosthesis in the area. しかし、この外科手術は、極めて危険で、手術中に動脈瘤が破裂してしまうこともあった。 However, this surgery is extremely dangerous, the aneurysm was sometimes result in rupture during surgery.

【0003】このような外科手術を施さずに、動脈瘤を手術する方法が米国特許第4512338号、第414 [0003] without performing such surgery, a method of surgery aneurysm No. 4,512,338, No. 414
0126号、第4787899号に開示されている。 0126 No., are disclosed in No. 4,787,899. また、テキサス大学エム. In addition, the University of Texas M.. ディ. Di. アンダーソン癌センターの診療放射線医学雑誌の1989年発行の1033ー3 Anderson Cancer Center of medical radiology of the 1989 issue of the magazine 1033-3
7ページに記載されている。 It is described in the 7 page. これらの文献に開示されたグラフト(人工器官)は、それを人体に挿入するのが難しいという問題点があった。 Disclosed in these references the graft (prosthesis), it was a problem that it is difficult to insert into the body.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】本発明の目的は、動脈瘤(かならずしもこれに限らないが)を手術する際に、 The object of the present invention is to solve the above, at the time of surgery aneurysm (but are not necessarily limited to),
挿入が容易で、挿入後も安定的に配置されるグラフト(人工器官)を提供することである。 Insertion easier, to provide a graft (prosthesis) also after insertion is stably disposed. また、このグラフトを患者の体内に容易に挿入する装置および方法を提供することである。 Further, the graft is to provide an apparatus and method for easily inserted into the patient.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】本発明の装置(グラフト)と、その挿入方法は、特許請求の範囲に記載したとうりである。 Apparatus of the present invention According to an aspect of the (graft), the insertion method is Tori as set forth in the appended claims.

【0006】 [0006]

【実施例】図1のグラフト1は、細長チューブの形状をしており、複数の折曲部3を有している。 Graft 1 of the Embodiment] FIG. 1 is in the shape of elongated tube, has a plurality of bent portions 3. この折曲部3 The bent portion 3
は、グラフト1の直径5が拡張したり、収縮したりする為のものである。 Is, or extend the diameter 5 of the graft 1, is intended for or contraction. このグラフト1を形成する素材の織る方向を変えたり、折曲部3の方向を変える(例:斜めにする)ことにより、斜めにも弾力性をもたせることができる。 Changing the direction of weaving of the material forming the graft 1, changing the direction of the bent portion 3 (Example: diagonally), it is possible to have elasticity in the diagonal. このグラフト1の素材としては、ポリエステル製の織った多数フィラメントからなり、人体に無害で、生物学的に安全で、適度な強度を有するものが好ましい。 As the material graft 1, consists of a number filaments woven of a polyester, harmless to human body, biologically safe, preferably those having appropriate strength.

【0007】グラフト1は、軸方向に所定の長さを有し、軸方向は、半径方向に比較して柔らかくないものが好ましい。 [0007] Graft 1 has a predetermined length in the axial direction, axial direction, shall not soft in comparison to the radial direction is preferable. このグラフト1の長さは種々のものがある。 The length of the graft 1 has various things.
例えば、2個の筒状片をスライド可能に組み立てて、長さを変化させてもよい。 For example, the two tubular pieces assembled slidably may be changed in length.

【0008】図2のスプリング組立体6は、アーム15 [0008] spring assembly 6 of FIG. 2, arm 15
を有し、折り曲げてエルボ7を形成する。 Has, to form an elbow 7 is bent. 先端13を有する突起10がアーム15に接着され、エルボ7から突出している。 Projection 10 having a tip 13 is bonded to the arm 15, projects from the elbow 7. 図3に、それぞれ6個のエルボ7と突起1 3, each six elbows 7 and the protrusion 1
0とが図示されている。 0 and has been shown. また、図4にスプリング組立体6のエルボ7から伸びた12個のアーム15が図示されている。 Further, 12 pieces of arms 15 extending from an elbow 7 of the spring assembly 6 in FIG. 4 is shown. スプリング組立体6は、細いステンレス製のワイヤである。 Spring assembly 6 is a thin stainless steel wire. このスプリング組立体6は、開くとと、複数のエルボ7を有するジクザク形状をしている。 The spring assembly 6 opens when a, has a zigzag shape having a plurality of elbow 7. 図5において、このスプリング組立体6は、単純なエルボ7、 5, the spring assembly 6, a simple elbow 7,
反曲アーチ42、開口50を有する開口輪60の形状をしている。 Inflection arch 42, and the shape of the opening wheel 60 having an opening 50.

【0009】このエルボ7の形状の利点は、スプリング組立体6がグラフト1の軸方向の開口をより均一に拡張できることにある。 An advantage of the shape of the elbow 7 is that the spring assembly 6 can be extended in the axial direction of the opening of the graft 1 more evenly. この反曲アーチ42の形状の利点は、それが簡単につぶれるがより強固な点である。 The advantage of the shape of the recurved arches 42 is that collapse easily is stronger points. 開口輪60がフレキシブルスプリング整合圧縮抵抗部材49 Opening wheel 60 is a flexible spring alignment compression resistance member 49
のの組立に使用されている。 It has been used in the assembly of the. 折り曲げられた2個の端部が、端部同士で接続され、環状構造を形成する(図2、 Two ends folded are connected by the ends to form a cyclic structure (Fig. 2,
3、4) 3, 4)

【0010】図6に、スプリング組立体6のアーム15 [0010] FIG. 6, the arm 15 of the spring assembly 6
に突起10が接続されている状態が図示されている。 State the protrusion 10 is connected is shown in. このスプリング組立体6は、グラフト1に糸36で縫合されている。 The spring assembly 6 is sutured with a thread 36 to the graft 1. このスプリング組立体6は、チタン、プラスチック等の人体に無害の材質で形成されている。 The spring assembly 6 is titanium, the human body such as plastic and is formed in a harmless material. このスプリング組立体6は、その拡張時は、上からみると、環状をしている。 The spring assembly 6, at the time of the expansion, when viewed from above, is annular. そして、その直径は、解放時には、挿入されるべき患者の器官の直径の約2倍である。 Then, the diameter of which at the time of release is about 2 times the diameter of the organ of the patient to be inserted. このスプリング組立体6は、グラフト1の先端部または両端で、 The spring assembly 6 is at the tip or both ends of the graft 1,
その内壁に糸36で縫合される。 It is sutured with a thread 36 on its inner wall. スプリング組立体6の大部分がグラフト1によりカバーされるように、糸36 As the majority of the spring assembly 6 is covered by graft 1, the thread 36
は、スプリング組立体6に接続される。 It is connected to the spring assembly 6. 別の実施例では、スプリング組立体6をグラフト1の外側に接続方法もあるが、この場合、その内壁は、スムーズになり、血の流れが良くなる利点があるが、患者の器官に旨く適合できない不利な点がある。 In another embodiment, the spring assembly 6 is also connected a method outside of the graft 1, in this case, the inner wall becomes smooth, there is an advantage that the flow of blood is improved, well adapted to the patient's organs can not there is a disadvantage.

【0011】グラフト1の先端部のスプリング組立体6 [0011] The spring assembly 6 of the distal end of the graft 1
は、スプリング組立体6に固着された小さな突起10を有する。 Has a small projection 10 which is fixed to the spring assembly 6. グラフト1の根元部のスプリング組立体6も、 Spring assembly 6 of the root portion of the graft 1 is also
突起10を有する。 It has a projection 10. 突起10のグラフト1または、スプリング組立体6への接続は、溶接などの永久的なもので人体に無害な方法で行うのがよい。 Graft 1 or projections 10, connected to the spring assembly 6, may be carried out in a harmless way to the human body in a permanent ones, such as welding. 突起10は、グラフト1の軸方向から半径方向に伸び、スプリング組立体6 Protrusion 10 extends from the axial direction of the graft 1 in the radial direction, the spring assembly 6
が患者の器官内で開いた時に、先端13は、患者の血管の壁と接触係合する。 When but open in an organ of a patient, the tip 13 is in contact engagement with the wall of a patient's blood vessel. この先端13は、スプリング組立体6の力とグラフト1内を流れる血流の圧力により、血管壁内に埋め込まれる。 The tip 13, the pressure of the blood flow flowing through the power and graft 1 of the spring assembly 6, are embedded in the vessel wall. この先端13は、鋭く、グラフト1の方向に若干曲がっており、血流の方向にアンカーを形成する。 The tip 13 is sharp, and slightly bent in the direction of the graft 1, to form an anchor in the direction of blood flow. 突起10の配置は、それがスプリング組立体12のエルボ7よりも血流の上流にあり、先端13が血管内に埋め込まれた時に、血管が破裂しないようなサイズである。 Arrangement of the projections 10, it is located upstream of the blood flow than elbow 7 of the spring assembly 12, when the tip 13 is embedded in a blood vessel is sized so vessels do not burst. 突起10をスプリング組立体6に接続するには、スプリング組立体6のエルボ7から伸びる2個のアーム15の1つの中央部で、スプリング組立体6に固着されたエルボ7を介して行われ、これにより、スプリング組立体6が導入シース4内に搭載できるように、圧縮された時、少し、引っ込むか回転できるようになる。 To connect the projections 10 in the spring assembly 6, a single central portion of the two arms 15 extending from the elbow 7 of the spring assembly 6 is performed through an elbow 7 secured to the spring assembly 6, Thus, as the spring assembly 6 can be mounted introducer sheath 4, when compressed, it becomes possible to rotate or slightly retracts.

【0012】スプリング組立体6は、グラフト1の端部のみに縫合されているが、スプリング組立体6のいくつかを強度増加の為、互いに接合してもよい。 [0012] spring assembly 6 has been sutured only to the ends of the graft 1, for a number of spring assemblies 6 of strength increase may be bonded to each other. これが必要なのは、導入シース4から除去される間に、グラフト1 During this is necessary because, to be removed from the introducer sheath 4 the graft 1
が圧縮に耐える必要があるプロテーゼの場合である。 There is the case of the prosthesis it is necessary to resist compression. 隣接する60の分離が可能なよう(しかし、オーバラップや不整合のないよう)に、スプリング組立体6を互いに結合することにより、有る程度のフレキシビリティが得られる。 It allows separation of adjacent 60 (but over lest wrap and inconsistencies) to, by combining the spring assemblies 6 to each other, flexibility of a certain degree is obtained.

【0013】図7にフレキシブルスプリング整合圧縮抵抗部材49を図示する。 [0013] illustrates a flexible spring alignment compression resistance member 49 in FIG 7. 同図において、第1スプリングアーム50と第2スプリングアーム52とが保持バー5 In the figure, a first spring arm 50 and the second spring arm 52 is held bar 5
4を介して、結合されている。 4 through, are bonded. 保持バー54は、細いワイヤで形成され、先端に突出部56を有している。 Holding bar 54 is formed of a thin wire, and has a protrusion 56 at the tip. 図8 Figure 8
において、変形した開口輪60は、保持バー54を収納する開口58を有する。 In opening wheel 60 which is deformed, it has an opening 58 for accommodating the retaining bar 54. 保持バー54は、隣接する第一スプリングアーム50と第2スプリングアーム52と開口輪60にある開口58を介してスライドする。 Retaining bar 54 slides through the first spring arm 50 and the second spring arm 52 and the opening 58 in the opening wheel 60 adjacent. 保持バー54の剛性により、プロテーゼを圧縮して搭載する間、オーバーラップするのを防止し、一方、突出部56 The rigidity of the retaining bar 54, to prevent during the to overlap mounted by compressing the prosthesis, while the protrusions 56
は、グラフト1が湾曲している間、これにより、第1スプリングアーム50と第2スプリングアーム52との鎖を破壊することがあり、このジョイントの分離を阻止する。 While the graft 1 is curved, thereby, it may destroy the first spring arm 50 the chain of the second spring arm 52, to prevent separation of the joint. 保持バー54のロッド部62の直径は、開口58の直径より若干小さく、逆に、突出部56の直径は、開口58のそれより若干大きい。 The diameter of the rod portion 62 of the holding bars 54 is slightly smaller than the diameter of the opening 58, on the contrary, the diameter of the projecting portion 56 is slightly larger than that of the opening 58. 保持バー54により、第2 The retaining bar 54, the second
スプリングアーム52と第1スプリングアーム50が分離でき、また、それらが重ならないようにする。 Spring arm 52 and the first spring arm 50 can be separated, also, so that they do not overlap.

【0014】スプリング組立体6の間のジョイントは、 [0014] The joint between the spring assembly 6,
グラフト1の挿入の間は、フレキシブルで、一旦それが挿入されると、高い剛性を有するようになる。 During insertion of the graft 1 is flexible, once it is inserted, it will have a high rigidity. 図9において、このジョイントは、スプリング組立体64とスプリング組立体66とが圧縮されている間(挿入時)は、 9, this joint, while the spring assembly 64 and the spring assembly 66 is compressed (during insertion), the
よりフレキシブルで、スプリング組立体64とスプリング組立体66とが圧縮されていない間(挿入完了時)はより剛性が高い。 More flexible, (upon insertion completion) while the spring assembly 64 and the spring assembly 66 is not compressed more stiff. スプリング組立体64とスプリング組立体66とが、フレキシブルスプリング整合圧縮抵抗部材49により、接続されている。 A spring assembly 64 and the spring assembly 66, the flexible spring alignment compression resistance member 49 is connected. 図9の(A)は、スプリング組立体64とスプリング組立体66とが圧縮状態を図示し、図9の(B)は、スプリング組立体64とスプリング組立体66とが非圧縮状態を図示する。 (A) in FIG. 9, the spring assembly 64 and the spring assembly 66 is shown a compressed state, (B) in FIG. 9, and the spring assembly 64 and the spring assembly 66 is illustrated an uncompressed state . 角度α Angle α
は、スプリング組立体64とスプリング組立体66とが圧縮された状態の最大角で、角度βは、スプリング組立体64とスプリング組立体66とが非圧縮の状態の最大角である。 Is the largest angle in a state where the spring assembly 64 and the spring assembly 66 is compressed, the angle beta, and the spring assembly 64 and the spring assembly 66 is the maximum angle of the non-compressed state. かくして、スプリング組立体64とスプリング組立体66との間の角度は、スプリング組立体64とスプリング組立体66の横断直径が増加するにつれて、 Thus, as the angle between the spring assembly 64 and the spring assembly 66, the transverse diameter of spring assemblies 64 and the spring assembly 66 is increased,
減少する。 Decrease. 屈曲の角度は、スプリング組立体64とスプリング組立体66とが圧縮された状態で最大であり(直径d 1 )、スプリング組立体64とスプリング組立体6 Angle of bending is the maximum in a state where the spring assembly 64 and the spring assembly 66 is compressed (diameter d 1), the spring assembly 64 and the spring assembly 6
6とが圧縮されていない状態で最小である(直径d 2 )。 6 and is minimal in the uncompressed state (diameter d 2). 角度αは、角度βより大きいので、プロテーゼは、その直径が増加するに従って、より剛性が高くなる。 The angle alpha, is greater than the angle beta, prosthesis, according to its diameter increases, more rigid becomes high. 搭載時、グラフト1は、導入シース4の中に閉じ込められ、小さく、フレキシブルである。 When mounted, the graft 1 is confined within the introducer sheath 4, small and flexible. 導入シース4から取り出された後、グラフト1は、拡張して、より剛性が高くなる。 After removal from the introducer sheath 4, the graft 1 is to extend, more rigid becomes high.

【0015】図10において、保持バー54は、スプリング拡張組立体51の一端にスライドしないよう固着されている。 [0015] In FIG 10, retaining bar 54 is fixed so as not to slide to one end of the spring expansion assembly 51.

【0016】図11において、管状キャリア21は、その先端部(上流)に拡張ヘッド22を有する。 [0016] In FIG. 11, the tubular carrier 21 has a enlarged head 22 at its distal end (upstream). この拡張ヘッド22は、上部円錐部75と筒状部74とを有する。 The enlarged head 22 has an upper conical portion 75 and the cylindrical portion 74. この拡張ヘッド22は、その先端部から突出した軟質先端のワイヤガイド68を有する。 The enlarged head 22 has a soft tip of the wire guide 68 protruding from its distal end. 拡張ヘッド22の筒状部74は、導入シース4の内径と等しい直径dを有する。 Cylindrical portion 74 of the enlarged head 22 has a diameter equal to d and the internal diameter of the introducer sheath 4.

【0017】図12は、「マズル搭載」装置を示し、この装置は、先端部に拡張ヘッド22を有する管状キャリア21と、拡張ヘッドリップ27と、導入シース4と、 [0017] FIG. 12 shows a "muzzle loaded" apparatus, the apparatus includes a tubular carrier 21 having an enlarged head 22 at the distal end, the enlarged head lip 27, the introducer sheath 4,
管状キャリア21にかぶさるグラフト1と、スプリング組立体12と、スプリング組立体31と、スプリング組立体21と、スプリング組立体21内に挿入される中央制御手段26と、グラフト1の先端部8と、グラフト1 Graft 1 which covers the tubular carrier 21, a spring assembly 12, the spring assembly 31, the spring assembly 21, a central control unit 26 which is inserted into the spring assembly 21, the distal end portion 8 of the graft 1, graft 1
の9と、スプリング組立体12とスプリング組立体31 9 and the spring assembly 12 and the spring assembly 31
とをグラフト1に永久接続する糸36とが図示されている。 A yarn 36 which permanently connected to the graft 1 is shown and. 管状キャリア21の外径が導入シース4の内径と等しいと、その間の血液のリークは、最小になる。 When the outer diameter of the tubular carrier 21 is equal to the inner diameter of the introducer sheath 4, leakage therebetween blood is minimized. あるいは、導入シース4が根元部でゴムシール70でシールされる(図13)。 Alternatively, the introducer sheath 4 is sealed by the rubber seal 70 at the root portion (Figure 13). このゴムシール70は、管状キャリア21を収納する開口72を有する。 The rubber seal 70 has an opening 72 for housing the tubular carrier 21.

【0018】この「マズル搭載」装置は、導入シース4 [0018] The "muzzle loaded" device, the introducer sheath 4
を患者の器官に挿入する前に、管状キャリア21に搭載されたグラフト1を導入シース4の先端部に挿入する。 The inserted prior to insertion into an organ of a patient, the graft 1 mounted on the tubular carrier 21 to the distal end of the introducer sheath 4.
これに対し、「ブリーチ搭載」装置は、導入シース4が患者の所定場所に配置された後、グラフト1を導入シース4の根元部(下流)から導入シース4内に挿入する。 In contrast, "breech mounted" device, after the introducer sheath 4 is arranged in place of the patient is inserted into the introducer sheath 4 the graft 1 from the root portion of the introducer sheath 4 (downstream).

【0019】この「マズル搭載」装置の第1の利点は、 [0019] The first advantage of this "muzzle loaded" device,
「ブリーチ搭載」装置に比較して、出血の可能性が少ない点である。 Compared to "breech mounted" device, a point is less likelihood of bleeding. 「ブリーチ搭載」装置では、グラフト1が挿入される前に拡張ヘッド22を除去する必要がある。 In "Bleach mounting" devices, it is necessary to remove the enlarged head 22 before the graft 1 is inserted.
導入シース4の効率的なシールは、これが、第2シース内で行われない限り、グラフト1の挿入を妨げる(これは、サイズが大きくなる)。 Efficient sealing of the introducer sheath 4, which, unless performed within the second sheath prevents insertion of the graft 1 (This size increases). 出血を制御する別の方法は、導入シース4を外部でクランプすることであるが、 Another method of controlling bleeding would be to clamp the introducer sheath 4 by an external,
このクランプは、完全には閉塞的ではなく、また、導入シース4を損傷することもある。 The clamp completely rather than occlusive also sometimes damage the introducer sheath 4. そして、このクランプは、グラフト1を除去する時、取り除く必要がある。 Then, the clamp, when removing the graft 1 must be removed.

【0020】この「マズル搭載」装置の第2の利点は、 [0020] A second advantage of this "muzzle loaded" device,
単一の導入シース4が「ブリーチ搭載」装置に使用されると、グラフト1は、手術時に導入シース4内に配置しておく必要がある。 When a single introducer sheath 4 is used to "breech mounted" device, the graft 1 is, it is necessary to place the introducer sheath 4 at the time of surgery. これは、導入シース4の外部端部が血流を出しているときは、特に難しい。 This time, particularly difficult external end of the introducer sheath 4 is issuing blood flow.

【0021】図14には、大腿動脈30と、導入シース4の根元部19と、管状キャリア21と、腸骨動脈34 [0021] FIG. 14 is a femoral artery 30, the root portion 19 of the introducer sheath 4, the tubular carrier 21, iliac artery 34
と、大動脈2と、大動脈瘤20と、拡張ヘッド22と、 If, aorta 2, an aortic aneurysm 20, the enlarged head 22,
中央制御手段26とが図示されている。 A central control unit 26 is illustrated.

【0022】図15において、グラフト1は、大動脈瘤20の大動脈2内に挿入されている。 [0022] In FIG. 15, the graft 1 is inserted into the aorta 2 of aortic aneurysm 20.

【0023】「マズル搭載」装置において、グラフト1 [0023] In the "muzzle loaded" devices, graft 1
は、導入シース4の先端部に挿入される。 It is inserted into the tip portion of the introducer sheath 4. この導入シース4は、スムーズでフレキシブルな無菌性の管状チューブで形成されている。 The introducer sheath 4 is formed of a flexible sterile tubular tube smoothly. 管状キャリア21が、導入シース4の内壁にフィットしている。 Tubular carrier 21 is fitted to the inner wall of the introducer sheath 4. 導入シース4と管状キャリア21とのサイズが近似していることにより、導入シース4内の管状キャリア21の座屈が回避でき、また、 By the size of the introducer sheath 4 and the tubular carrier 21 is similar, can avoid buckling of the tubular carrier 21 within the introducer sheath 4, also,
導入シース4と管状キャリア21との間に血液の浸透を防止できる。 The penetration of the blood can be prevented between the introducer sheath 4 and the tubular carrier 21. 管状キャリア21は、その先端部に拡張ヘッド22を有し、この拡張ヘッド22は、上部円錐部7 The tubular carrier 21 has a enlarged head 22 at its distal end, the enlarged head 22 has an upper conical portion 7
5を有し、体内への挿入を容易にする。 Having 5 to facilitate insertion into the body. 拡張ヘッド22 Expansion head 22
は、その根元部に筒状部74を具備し、この根元部は、 Is provided with a cylindrical portion 74 at its root portion, the root portion,
導入シース4と適合する。 Compatible with the introducer sheath 4.

【0024】導入シース4は、拡張ヘッド22の筒状部74の上に適合する。 The introducer sheath 4 fits over the cylindrical portion 74 of the enlarged head 22. 拡張ヘッド22の筒状部74と上部円錐部75との接合点の拡張ヘッドリップ27は、導入シース4と重なり、装置の導入の間、外部には突起は出ない。 Expansion head lip 27 of the junction between the cylindrical portion 74 and the upper conical portion 75 of the enlarged head 22 overlaps the introducer sheath 4, during the introduction of the device, not leaving the protrusions to the outside. これにより、血管の損傷を最小化にし、血栓が血管内に出るのを防ぐ。 Thus, to minimize damage to the blood vessels, thrombus prevent out into the vessel.

【0025】中央制御手段26は、カテーテルの形状をしており、このカテーテルは、その全体が拡張ヘッド2 The central control unit 26 is in the form of a catheter, the catheter, the entire extended head 2
2の先端部まで伸び、既に配置されているガイドワイヤの上に沿って配置される糸でもある。 Extend to the second distal end portion, it is also the yarn is placed already along the top of the guide wire is disposed. 或いは、中央制御手段26は、拡張ヘッド22を貫通し、導入シース4内を前後するガイドワイヤそのものとして、機能することもできる。 Alternatively, the central control unit 26, through the enlarged head 22, as a guide wire itself may be around the introducer sheath 4, it can also function.

【0026】「ブリーチ搭載」装置においては、導入シース4は、均一な直径を有する管状構造で、「マズル搭載」装置の導入シース4と同一材料で形成される。 [0026] In "breech loaded" device, the introducer sheath 4 is a tubular structure having a uniform diameter, it is formed of the same material as the introducer sheath 4 of "muzzle loaded" devices. ここでは、管状キャリア21は、拡張ヘッド22を具備せず、それは、導入シース4が標準の拡張機周囲に配置され、グラフト1でもって、管状キャリア21の挿入前に取り除かれるからである。 Here, the tubular carrier 21 does not comprise an extended head 22, it introducer sheath 4 are arranged in expander around the standard, with graft 1, because removed prior to insertion of the tubular carrier 21.

【0027】図16には、管状キャリア21と、係留ループ(縫合糸)39と、中央制御ワイヤ115と、開口29、29'と、開口101、101'とが図示されている。 [0027] FIG. 16 is a tubular carrier 21, an anchoring loop (suture) 39, a central control wires 115 'and the opening 101, 101' opening 29 and is shown.

【0028】図17には、管状キャリア21と、係留ループ39、39'と、開口29、29'と、開口10 [0028] FIG. 17 is a tubular carrier 21, 'and the aperture 29, 29' anchoring loops 39, 39 and an opening 10
1、101'と中央制御スレッド25とが図示されている。 1,101 'and the central control thread 25 is shown.

【0029】「ブリーチ搭載」装置(ある種の「マズル搭載」装置でも)は、中央制御手段26を使用する。 [0029] "breech loaded" device (in some sort of "muzzle loaded" devices) uses a central control unit 26. この中央制御手段26は、管状キャリア21の中央部に位置し、そこにスプリング組立体6が係止し、導入シース4の除去の間、グラフト1の軸方向の位置を保持するのに使用される。 The central control unit 26 is provided centrally of the tubular carrier 21, there spring assembly 6 is engaged, during removal of the introducer sheath 4, it is used to hold the axial position of the graft 1 that. この中央制御手段26は、種々の形状をとりうる。 The central control means 26 may take various shapes. 例えば、図16のワイヤ115、図17の中央制御スレッド25(係留ループ39、39'を介して管状キャリア21の中心を通過し、そして、管状キャリア21の中心を介して、最初の点に戻ってくる)のようなものである。 For example, the wire 115 of FIG. 16, through the central control thread 25 in FIG. 17 (anchoring loops 39, 39 'passing through the center of the tubular carrier 21 and, via the center of the tubular carrier 21, back to the first point come) is as. 係留ループ39、39'が存在しない場合、中央制御スレッド25は、開口(29、29'10 If mooring loops 39 and 39 'is not present, the central control thread 25 has an opening (29,29'10
1、101')内に存在し、スプリング組立体6のエルボ7を貫通して、スプリング組立体6の反対のエルボ7 1,101 ') present in, through the elbow 7 of the spring assembly 6, the opposite elbow 7 of the spring assembly 6
の開口に出て、開口を介して、管状キャリア21の器官内に戻り、そして、管状キャリア21の根元部に戻る。 Out into the opening, through the opening, back into the organs of the tubular carrier 21, then returns to the root portion of the tubular carrier 21.
係留ループ39、39'の解放は、管状キャリア21からワイヤ115を引き抜くことにより、行われる。 Release of the mooring loops 39 and 39 ', by pulling out the wire 115 from the tubular carrier 21, is performed. または、中央制御スレッド25の一端を解放し、その後、それは、管状キャリア21から取り出される。 Or to release one end of the central control thread 25, after which it is removed from the tubular carrier 21.

【0030】グラフト1の各端が、制御可能で、他端と独立して、配置されるならば、ワイヤ115は、部分的に、係留ループ39と39'との2セットの間の点まで部分的に引き戻される。 [0030] Each end of the graft 1 is controllable and, independently of the other end, if it is arranged, the wire 115 is, in part, to a point between the two sets of mooring loops 39 39 ' It is partially pulled back. 中央制御手段26が中央制御スレッド25である場合には、複数の中央制御スレッド2 If the central control unit 26 is a central control thread 25, a plurality of central control thread 2
5が使用され、そのうちの1つは、係留ループ39と3 5 is used, one of which includes a mooring loop 39 3
9'の各セット用である。 9 is for each set of '.

【0031】「ブリーチ搭載」装置は、拡張ヘッドを有していないので、「ブリーチ搭載」装置のキャリアは、 [0031] "Bleach equipped with" devices, because it does not have an expanded head, the carrier of the "breech equipped with" devices,
グラフト1を導入シース4の先端部に移送する必要はない。 There is no need to transfer the graft 1 to the distal end of the introducer sheath 4. そのかわり、導入シース4から引き抜かれるよりも押し込むようグラフト1の先端部で終端する。 Instead, terminating at the distal end of the graft 1 to pushing than is withdrawn from the introducer sheath 4. グラフト1に付属物は必要ない。 Appendage to the graft 1 is not necessary. しかし、グラフト1は、より剛性が高い、そして、その位置は、あまり正確には制御できない。 However, the graft 1 is more stiff and its position can not be controlled to very accurate.

【0032】「マズル搭載」方法について、述べる。 [0032] for the "muzzle equipped with" method, described. 挿入前に装置を組み立てる為に、中央制御手段26は、管状キャリア21の全長に挿入され、そして、この管状キャリア21が次に、導入シース4の全長に挿入される。 To assemble the apparatus prior to insertion, the central control unit 26 is inserted into the entire length of the tubular carrier 21 and the tubular carrier 21 is then inserted into the entire length of the introducer sheath 4.
管状キャリア21の端部と導入シース4の先端から突出した中央制御手段26でもって、グラフト1は、拡張ヘッド22の上をスライドし、管状キャリア21の外側を管状キャリア21の拡張ヘッド22の下まで下がる。 With the central control means 26 and the end portion protruding from the distal end of the introducer sheath 4 of the tubular carrier 21, the graft 1 is slid over the enlarged head 22, below the enlarged head 22 of the tubular carrier 21 to the outside of the tubular carrier 21 down to.

【0033】図16において、グラフト1の先端部を、 [0033] In FIG. 16, the distal end of the graft 1,
その後、中央制御手段26の周囲にスプリング組立体6 Thereafter, the spring assembly 6 on the periphery of the central control unit 26
に係合する係留ループ39でもって、係止する。 With mooring loop 39 which engages the to lock. あるいは、グラフト1に縫合する。 Alternatively, sutured to the graft 1. 係留ループ39は、管状キャリア21内に開口29、29'を介して挿入されて、 Mooring loops 39 is inserted through the opening 29, 29 'in the tubular carrier 21,
係留ループ39を形成し、この係留ループ39は、中央制御手段26に係合し、その結果、係留ループ39は、 The anchoring loop 39 is formed and the anchoring loop 39 engages the central control means 26, as a result, the anchoring loop 39,
管状キャリア21から出ることがなく、また、この中央制御手段26は、管状キャリア21の軸方向の開口を占有する。 Without leaving the tubular carrier 21, also the central control means 26 occupies the axial direction of the opening of the tubular carrier 21. この係留ループ39は、グラフト1が配置された後は、グラフト1またはスプリング組立体6に接合された状態である。 The anchoring loop 39, after which the graft 1 is disposed is a state of being bonded to the graft 1 or spring assembly 6. 係留ループ39の材質は、低トロンボゲンの単一フィラメント材料で形成されるのが好ましい。 The material of the anchoring loop 39, being formed of a single filament material having a low thrombogenic are preferred. 中央制御手段26が引き抜かれると、糸36は、自由に管状キャリア21から出ることができる。 When the central control means 26 is withdrawn, the thread 36 can exit freely from the tubular carrier 21. グラフト1の根元部(下流側)は、管状キャリア21内の第2セットの開口101、101'を通過する第2セットの係留ループ39'を介して固定される。 Root portion of the graft 1 (downstream) is fixed via a 'second set of mooring loops 39 to pass through the' opening 101, 101 of the second set in the tubular carrier 21. それにより、グラフト1の2個の端部の独立した配置が可能になる。 Thereby allowing independent placement of the two ends of the graft 1. 一旦、グラフト1が圧縮されると、導入シース4は、管状キャリア21の上を滑り、導入シース4の端部が、拡張ヘッド22の拡張ヘッドリップ27に的確にフィットする。 Once the graft 1 is compressed, the introducer sheath 4 is slid over the tubular carrier 21, an end portion of the introducer sheath 4 is accurately fit the extended head lip 27 of the enlarged head 22. スプリング組立体12の上の突起10は、完全に導入シース4で被われる。 Projections 10 on the spring assembly 12 is completely covered by the introducer sheath 4. それで、この装置の挿入の準備が完了する。 So, to complete the preparation of insertion of the device.

【0034】図18には、他の実施例が図示されている。 [0034] Figure 18 is another embodiment is shown. 同図には、片持フック100と、外部キャリア(カテーテル)102と、内部カテーテル104と、拡張ヘッド22とが図示されている。 In the figure, the cantilever hook 100, and an external carrier (catheter) 102, and inner catheter 104, and enlarged head 22 is shown. この実施例において、一対の同軸カテーテルは、先端部で接合され、内部カテーテル104が本体の外側から根元方向に引かれた時、外部キャリア102は膨張する。 In this embodiment, a pair of coaxial catheter is joined at the distal end, the inner catheter 104 when pulled base direction from the outside of the body, the external carrier 102 is expanded. グラフト1は、外側の外部キャリア102のある場所に、外部キャリア102に外部表面の接合している片持フック100により保持される。 Graft 1, the location of the outside of the outer carrier 102 is held by the cantilever hook 100 which is bonded to the outer surface outside the carrier 102. この片持フック100は、挿入の間、グラフト1 The cantilever hook 100, during insertion, the graft 1
のスプリング組立体6に係合し、導入シース4が引き抜かれる間、グラフト1がその軸方向位置を変えるのを阻止する。 It engages the spring assembly 6, while the introducer sheath 4 is withdrawn to prevent the graft 1 changes its axial position. 外部キャリア102が引き抜かれた時、グラフト1は片持フック100から解放される。 When the external carrier 102 is withdrawn, the graft 1 is released from the cantilever hook 100.

【0035】選択的解放の為に、グラフト1をキャリア102に固定するこれらの方法が必要なのは、シースに対し、グラフト1が外側に拡張することにより、グラフト1を引き抜く為に、打ち勝つ必要のある摩擦力を生成するからである。 [0035] For selective release, necessary that these methods of securing the graft 1 to the carrier 102, compared sheath, by grafting 1 to expand outwardly, in order to pull out the graft 1, needs to overcome This is because to generate a frictional force. このような機構がないと、グラフト1 If such a mechanism does not exist, the graft 1
は、シースと共に移動してしまい。 It is, will move together with the sheath. 引き抜きが不正確になる。 Pull-out to be inaccurate. 引き抜く際の力を最小限にするため、このシースの材料は、低摩擦材料で形成し、あるいは、その表面をコートするのがよい。 To minimize the force when removing the material of the sheath is formed of a low friction material, or, it is preferable to coat the surface thereof.

【0036】挿入プロセスが、外科手術かガイドワイヤを使用して、行われる。 The insertion process, using surgery or guide wire, is performed. 外科手術において、大腿動脈3 In surgery, the femoral artery 3
0を開腹手術で露出させる。 0 is exposed in open surgery. 完全な装置をこの大腿動脈30内に挿入する。 Inserting the complete device in the femoral artery 30. そして、大腿動脈30と腸骨動脈3 Then, the femoral artery 30 and the iliac arteries 3
4とを介して大動脈2内に挿入する。 4 through the insertion into the aorta 2. グラフト1は、大動脈瘤20の全長を被うように、配置される。 Graft 1 is, so as to cover the entire length of the aortic aneurysm 20 is located. この配置は、蛍光透視、放射透視で確認できる。 This arrangement, fluoroscopy can be confirmed by emission perspective. 適正な配置が確認できると、導入シース4は引き抜かれて、スプリング組立体12とグラフト1の一部を露出する。 When proper placement is confirmed, the introducer sheath 4 is withdrawn to expose a portion of the spring assembly 12 and the graft 1. このスプリンク組立体12は拡張して、大動脈2の壁内に先端13 The Supurinku assembly 12 extends, the tip into the wall of the aorta 2 13
を押し込む。 The pushing. グラフト1が導入シース4から引き抜かれると、中央制御手段26も引き抜かれる。 When the graft 1 is withdrawn from the introducer sheath 4, the central control unit 26 is also withdrawn. 中央制御手段26が引き抜かれる際に、グラフト1が中央制御手段2 When central control unit 26 is pulled out, the graft 1 is the central control unit 2
6に係留ループ39を介して係合している点を通過すると、この係留ループ39は、中央制御手段26の端部を通過し、管状キャリア21の開口29と29'を通過して自由になる。 When 6 via the mooring loops 39 through a point engaged, the anchoring loop 39 passes through the end of the central control unit 26, freely passes through the an opening 29 of the tubular carrier 21 29 ' Become. 大動脈2内の血流がグラフト1の折曲部3を広げるのに役立つ。 Blood flow in the aorta 2 helps spread the bent portion 3 of the graft 1. この配置は、2つの段階で行われる。 This arrangement is performed in two stages. まず、導入シース4が引き抜かれて、拡張し、大動脈2の壁に付着するグラフト1の半分の先端部8が露出する。 First, is withdrawn introduction sheath 4 extends, half of the distal end portion 8 of the graft 1 attached to the wall of the aorta 2 is exposed. その後、中央制御手段26が、管状キャリア2 Then, the central control unit 26, the tubular carrier 2
1内の開口29、29'と開口101、101'との間の点まで、引き抜かれ、グラフト1の根元部のみを管状キャリア21に接触させて置く。 'And opening 101, 101' opening 29, 29 in 1 to a point between, withdrawn, placed in contact only the root portion of the graft 1 to the tubular carrier 21. グラフト1の根元部9 Graft 1 of the root portion 9
は、その後、独立して、グラフト1の先端部8に配置される。 It may then independently, are disposed at the distal end portion 8 of the graft 1. 導入シース4は、その後、スプリング組立体31 Introducer sheath 4 is then spring assembly 31
から引き抜かれる。 It is withdrawn from. グラフト1の根元部が露出すると、 When the root portion of the graft 1 is exposed,
それも、スプリング組立体31の動作のもとで、拡張し、突起10を大動脈2の壁内に押し込む。 It even under the operation of the spring assembly 31, extends, pushing the projections 10 in the wall of the aorta 2. その後、中央制御手段26が引き抜かれ、中央制御手段26が係留ループ39'の第2セットに係合する点を通過すると、 Then, the central control means 26 is withdrawn, the central control unit 26 passes through the point of engaging the second set of mooring loops 39 ',
グラフト1を完全に解放する。 Completely release the graft 1. スプリング組立体31が解放された後、管状キャリア21、中央制御手段26、 After the spring assembly 31 is released, the tubular carrier 21, central control unit 26,
導入シース4が患者の身体から取り除かれる。 Introducer sheath 4 is removed from the patient's body. 大腿動脈30は、その後、治療され、傷口は回復する。 Femoral artery 30, then, is the treatment, the wound is restored.

【0037】図19は、閉塞アンブレラ80の軸方向断面図である。 [0037] Figure 19 is an axial sectional view of the closure umbrella 80. グラフト82は、根元部は開いているが、 Graft 82 is root portion is open,
先端部は閉じて、反転ピケット86を形成し、この反転ピケット86は、先端拡張機90により、カバーされている。 Tip closed to form an inverted picket 86, the inverted picket 86, the forward-end expansion machine 90, are covered. スプリング組立体88のあご部92は、グラフト82の解放端部を拡張している。 Jaws 92 of the spring assembly 88, extends the open end of the graft 82. 軸方向のボアを有する110は、先端拡張機90の内側に接続され、閉塞アンブレラ80を介して伸びている。 110 having an axial bore is connected to the inside of the tip expander 90, extends through a closed umbrella 80. 押し込みカテーテル9 Pushing catheter 9
5は、アンブレラカテーテル110に当接し、軸方向開口111と軸方向開口112とは、整合している。 5 abuts the umbrella catheter 110 and the axial opening 111 and the axial opening 112 are aligned. 中央押し込みワイヤ93は、押し込みカテーテル95の軸方向開口112を介して、挿入され、更に、アンブレラカテーテル110の軸方向開口111を介して、中央押し込みワイヤ93が押し込みカテーテル95に当たるまで、挿入される。 Central push wire 93 through the axial opening 112 of the push catheter 95 is inserted, further, through the axial opening 111 of the umbrella catheter 110 until the central push wire 93 strikes the push catheter 95, it is inserted.

【0038】図20は、大動脈2から腸骨動脈34に伸びる大動脈瘤20を図示している。 [0038] FIG. 20 illustrates the aortic aneurysm 20 extending from the aorta 2 to the iliac artery 34. グラフト1が挿入され、それにより、大動脈2から腸骨動脈34への導管を形成している。 Graft 1 is inserted, thereby forming a conduit to the iliac artery 34 from the aorta 2. 従来の大腿動脈バイパスグラフト94 Conventional femoral artery bypass graft 94
は、グラフトの根元部から他のリムへの動脈血流を収納するサイドから血流を運ぶ為に、使用されていた。 , In order to carry the blood flow from the side that houses the arterial blood flow from the root portion of the graft to the other rim, it had been used. この閉塞アンブレラ80は、動脈血流(腸骨動脈34に大腿動脈バイパスグラフト94を介して入る)が、グラフト1と大動脈瘤20との間にはいる「バッキングアップ」 The closure umbrella 80, arterial blood flow (the iliac artery 34 enters through the femoral artery bypass grafts 94), enters between the graft 1 and the aneurysm 20 "backing up"
するのを防止する。 The to prevent to.

【0039】挿入前に、閉塞アンブレラ80は、導入シース4の先端部に、導入シース4が先端拡張機90に係合し、アンブレラカテーテル110が、押し込みカテーテル95に出会うまで、こじ入れられる。 [0039] Before insertion, closed umbrella 80, the distal end of the introducer sheath 4, the introducer sheath 4 engages the tip expander 90, the umbrella catheter 110 until it encounters the push catheter 95 is placed prying. アンブレラカテーテル110と押し込みカテーテル95とは、軸方向開口111と軸方向開口112を介して挿入された中央押し込みワイヤ93により、整合される。 Catheter 95 pushing the umbrella catheter 110, the central push wire 93 which is inserted through an axial opening 111 and the axial opening 112 is aligned. この装置が大腿動脈30内に挿入さり、更に、腸骨動脈34内に挿入される。 The apparatus tumbled inserted into the femoral artery 30, and is further inserted into the iliac artery 34. 押し込みカテーテル95が導入シース4内を貫通する。 Pushing the catheter 95 penetrates the introducer sheath 4. 閉塞アンブレラ80は、導入シース4から、押し込みカテーテル95と中央押し込みワイヤ93とに力をかけることにより、押し出され、導入シース4の上に引き抜かれる。 Occlusive umbrella 80, the introducer sheath 4 by applying a force to the push catheter 95 and the central push wire 93 is pushed out, is withdrawn over the introducer sheath 4. スプリング組立体88とあご部92とが導入シース4から外れると、それらは、閉塞アンブレラ80を確保する動脈壁に伸びる。 When the spring assembly 88 and the jaws 92 are disengaged from the introducer sheath 4, which extends into the artery wall to secure the closure umbrella 80. 押し込みカテーテル9 Pushing catheter 9
5と、中央押し込みワイヤ93と、導入シース4とがその後、動脈切開により、大腿動脈30から引き抜かれる。 5, the central push wire 93, and introducer sheath 4 is then the arteriotomy is withdrawn from the femoral artery 30. その後、この動脈切開は、大腿動脈バイパスグラフト94の先端部に接着される。 Thereafter, the arteriotomy is adhered to the tip portion of the femoral artery bypass grafts 94.

【0040】「ブリーチ搭載」導入シースを使用する場合は、このシースは、まず、動脈を介して、動脈瘤の根元部に挿入される。 [0040] When using a "bleach mounted" introducer sheath, the sheath is first through the arteries, is inserted into the root portion of the aneurysm. その後、拡張機が挿入されて、シースはクランプされて、グラフトが挿入される。 Thereafter, expanders are inserted, the sheath is clamped, the graft is inserted.

【0041】一般的に、プロテーゼ(人工器官)は、グラフトとステントとから構成される。 [0041] Generally, prostheses is composed of a graft and stent. このステントは、 The stent,
グラフトオリフィスの器官内に配置され、グラフトを拡張し、その位置に固定する。 Disposed within the organ graft orifice extends graft is fixed in position.

【0042】全てのステントは、好ましくは、自己拡張タイプで、そのセグメント201が図21に図示されている。 [0042] All of the stent is preferably self-expanding type, the segment 201 is shown in Figure 21. 1本のワイヤループが、折り曲げられて、直線リム203の間に反曲点202を形成している。 One wire loop is bent to form a point of inflection 202 between the straight rim 203. リムの数と長さは、その材質、グラフトが挿入される血管のサイズ、導入システムのサイズ条件に応じて決まる。 The number and length of the rim, the material, size of the blood vessel graft is inserted depends on the size condition of the injection system. しかし、ステントの直径は、常に、グラフトが挿入される血管の直径より大きい。 However, the diameter of the stent is always greater than the diameter of the vessel graft is inserted. 頭部ステントは、グラフトに固着される。 Head stent is secured to the graft. ステントの曲げ、突起、他の表面形状は、付属物204の点として使用される。 Bending of the stent, the protrusions, other surface shapes may be used as a point of adjunct 204. 突起は、ワイヤのカテーテルの形状をとり、ステントにハンダ付けされたり、 Projection takes the shape of the wire of the catheter, or soldered to the stent,
接着されたりする。 Or it is bonded. 頭部ステントは、あご205を有する。 Head stent has a jaw 205. このあご205は、ステントの表面から外部に突出している。 The jaw 205 protrudes from the surface of the stent to the outside. このあご部は、頭部または尾部に、あるいは、両方に形成される。 The jaw, head or tail, or is formed on both. それらは、ステントにどの場所でも接着しうる。 They can be bonded at any location on the stent. 頭部ステントは、突起があっても無くてもよい。 Head stent, may or may not be there is a projection.

【0043】図22に、尾部オリフイス208と209 [0043] FIG. 22, the tail orifice 208 209
と頭部オリフイス207とを有する二又グラフト206 Bifurcated graft 206 having a head and orifice 207
が図示されている。 There has been shown. この二又グラフト206は、本体2 The bifurcated graft 206, the main body 2
50と、尾部リム210と尾部リム213とを有する。 With 50, and a tail rim 210 and the tail rim 213.
本体250は、本体ボア251と頭部オリフイス207 Body 250, the body bore 251 and the head orifice 207
とを有する。 With the door. 尾部リム210は、本体ボア251と連通するボア252と尾部オリフイス209とを有する。 Tail rim 210 includes a bore 252 and a tail orifice 209 communicating with the body bore 251. 尾部リム213は、本体ボア251と連通するボア253 Tail rim 213, bore 253 communicating with the body bore 251
と尾部オリフイス208とを有する。 And a tail orifice 208 and.

【0044】一般的5,グラフトは、ポリエステルのような耐久性のヤーンで形成され、縫い目はない。 [0044] Generally 5, grafts are formed of a durable yarn such as polyester, seams not. また、 Also,
ヤーン自身の有する柔軟性、あるいは後処理による適度な柔軟性を有している。 Flexibility has a yarn itself or has an appropriate flexibility by post-treatment. グラフトの大きさは、種々の物があり、挿入される場所により、異なる。 The size of the graft, there are various ones, depending on the location to be inserted, it differs. いずれにしても、グラフトの直径は、患者の血管の直径より大きいものが選択される。 In any case, the diameter of the graft is larger than the diameter of the patient's blood vessel is selected. 多くの場合、グラフトの長さは、尾部オリフイス208、尾部オリフイス209が器官内に入るよう決定される。 Often, the length of the graft, the tail orifice 208, tail orifice 209 is determined so as to fall within the organ. このグラフト頭部リムの材質は、多孔質のもので、血液のリークの浸透が可能な物でなければならない。 The material of the graft head rim is of a porous, it must be capable penetration of leak of the blood.

【0045】挿入サイドの反対側のサイドの尾部リム2 [0045] on the other side of the side of the insertion side tail rim 2
10は、放射線不透過ライン211と放射線不透過ライン212とでマークされている。 10 are marked with a radiopaque line 211 and radiopaque line 212. これらのマークは、X These marks, X
線、CT、MRI等の装置で、透視可能である。 Line, CT, in the apparatus such as MRI, can be transparent. 尾部リム213は、尾部オリフイス208に、少なくとも、2 Tail rim 213, the tail orifice 208, at least, 2
個の放射線不透過ライン214、215とを有する。 And a number of radiopaque lines 214 and 215. 図23において、プロテーゼ注入システム180は、中央キャリア216とそれと同軸の同軸導入シース217とを有する。 23, the prosthesis implantation system 180 comprises a central carrier 216 coaxial introducer sheath 217 of the coaxial therewith. この同軸導入シース217は、一定の直径と一定の肉厚を有する。 The coaxial introducer sheath 217 has a constant thickness and constant diameter. 同軸導入シース217の内径は、 The inner diameter of the coaxial introducer sheath 217,
2カ所の領域に沿った中央キャリア216の外径に対応する。 Corresponding to the outer diameter of the central carrier 216 along the region of the two locations. そのうち1つの領域は、キャリアシフト218の尾部に位置し、他の領域は、キャリアヘッド219の頭部に位置する。 Of which one region is located in the tail of the carrier shift 218, the other region is located at the head of the carrier head 219. これらの2つ領域の間により狭いキャリア軸領域220が存在する。 By between these two regions there is a narrow carrier shaft region 220.

【0046】同軸導入シース217は、フレキシブルな人体に無害な材質の薄い壁でできており座屈に耐え、またその表面の摩擦係数も低い。 The coaxial introducer sheath 217, withstand buckling are made of thin wall of harmless materials to a flexible body, also the friction coefficient of the surface low. この同軸導入シース21 The coaxial introduction sheath 21
7は、先端部223以外の場所で一定の直径と一定の肉厚を有する。 7 has a constant thickness and constant diameter at a location other than the distal end portion 223. この先端部223の場所は、同軸導入シース217の表面221は、テーパ状に形成され、キャリアヘッド219の外部表面222に適合する(図24、 Location of the distal end portion 223, the surface 221 of the coaxial introducer sheath 217 is formed in a tapered shape, conforming to the outer surface 222 of carrier head 219 (FIG. 24,
25)。 25). 図26において、止血シール225は、キャリアシフト218の外部表面226と係合する。 In Figure 26, the hemostatic seal 225 engages the outer surface 226 of the carrier shift 218. この止血シール225は、外部表面226を把持する公知のロック227を有する。 The hemostatic seal 225 has a known lock 227 to grip the outer surface 226. 同軸導入シース217の長さは、中央キャリア216の長さに依存する。 The length of the coaxial introducer sheath 217 is dependent on the length of the central carrier 216. この同軸導入シース217は、キャリア軸全体より長く、キャリアヘッド219とキャリアシフト218の一部を被う。 The coaxial introduction sheath 217 is longer than the entire carrier shaft, covers a part of the carrier head 219 and carrier shift 218.

【0047】図26、27において、中央キャリア21 [0047] In FIG. 26 and 27, the central carrier 21
6は、内部カテーテル229と、それと同軸の外部カテーテル230を有する。 6 includes an inner catheter 229, the same external catheter 230 coaxial. この内部カテーテル229は、 The internal catheter 229,
一定の直径と肉厚を有する。 Having a wall thickness and a constant diameter. 内部カテーテル229の尾部231は、注入ポート232を有する。 Tail 231 of the inner catheter 229 has an injection port 232. 内部ルーメン233は、内部カテーテル229の外径にマッチするが、外部カテーテル230の外径は、変化する。 Internal lumen 233 is matched to the outer diameter of inner catheter 229, the outer diameter of the outer catheter 230 is changed. 先端では、この外径は、導入シースの内径に対応する(図2 In the tip, the outer diameter corresponds to the inner diameter of the introducer sheath (FIG. 2
4)。 4). 外部カテーテル230のこのセグメントは、キャリアヘッド219である。 This segment of the outer catheter 230 is a carrier head 219.

【0048】図25において、別の小拡大部234は、 [0048] In FIG. 25, another small enlargement 234,
先端では、同軸導入シース217の端部である。 The tip is an end portion of the coaxial introducer sheath 217. 更に、 In addition,
キャリアヘッド219から同軸導入シース217へスムーズに移行する。 Smooth transition from carrier head 219 to the coaxial introducer sheath 217.

【0049】尾部周囲の導入シースの内径は、キャリアシャフト218の尾部セグメントの外径にマッチする。 The tail inner diameter of the introducer sheath surrounding, matches the outer diameter of the tail segment of the carrier shaft 218.
キャリアヘッド219とキャリアシャフト218との間の中央キャリア216のより狭いセグメントは、キャリア軸領域220である。 Narrower segment of the central carrier 216 between the carrier head 219 and carrier shaft 218 is a carrier shaft region 220. 挿入時、プロテーゼ組立体22 Upon insertion, the prosthesis assembly 22
8とその関連カテーテルシステムは、同軸導入シース2 8 and its associated catheter systems, coaxial introduction sheath 2
17とキャリア軸領域220との間の空間に圧縮挿入される。 It is compressed into the space between the 17 and the carrier shaft region 220.

【0050】図23において、2対の穴235と穴23 [0050] In FIG. 23, the holes 235 of the two pairs and the hole 23
6とは、キャリア軸の外部カテーテルを横断し、1対は、プロテーゼ組立体228の端部を横断する。 6 and traverses the outer catheter of the carrier shaft, a pair traverses an end of the prosthesis assembly 228.

【0051】図27において、縫合糸ループ237、縫合糸ループ238がこの点で、内部カテーテル229の周囲に巻回され、外部カテーテル230の器官内に孔を介して入る。 [0051] In FIG. 27, suture loop 237, suture loop 238 in this regard, wound around the inner catheter 229, enters through a hole in the organs of the external catheter 230. これにの縫合糸は縫合糸ループ239、2 Sutures to this suture loop 239,2
40と同様に、プロテーゼ組立体228のある部分を横断する。 Similar to 40, it traverses the portion of the prosthesis assembly 228. それにより、プロテーゼの両端を中央カテーテルに縫合する。 Thereby stitching the ends of the prosthesis to the central catheter. 縫合糸ループ237ー240(とプロテーゼ)は、内部カテーテル229を取り除くことにより、解放される。 Suture loop 237 over 240 (and the prosthesis), by removing the inner catheter 229 is released. 各セットのループは、クロスしてはならない。 Loop of each set, must not cross. さもないと、内部カテーテル229を取り除いた後でも、中央キャリアを解放できなくなる。 Otherwise, even after removal of the inner catheter 229, it can not be released central carrier.

【0052】図26において、内部カテーテル229と外部カテーテル230の尾部241は、短くフレキシブルな拡張部を有する。 [0052] In FIG. 26, the tail 241 of the inner catheter 229 and outer catheter 230 has a short flexible extension. その大きさと構造は、キャリア軸領域220に類似している。 Its size and structure is similar to the carrier shaft region 220. 内部カテーテル229と外部カテーテル230とは、それぞれ、その拡張部の尾部で、注入ポート232と押圧部242とを有する。 The inner catheter 229 and outer catheter 230, respectively, at the tail of the extension, and a injection port 232 and the pressing portion 242. この232と押圧部242とは、保持部243でロックされ、内部カテーテルが抜けるのを防止する。 And the 232 and the pressing portion 242 is locked by the holding portion 243, to prevent the internal catheter exit.

【0053】図23において、キャリアシヤフト(または、キャリア軸領域220の尾端部)の頭部244は、 [0053] In FIG. 23, the head 244 of the carrier shear shift (or, the tail end of the carrier shaft region 220),
カテーテルと縫合糸の接続の為に、管状溝245を有する。 For suture connected to the catheter, having a tubular groove 245.

【0054】キャリアシフト219とキャリアシャフト218の直径は、同軸導入シース217の直径により決定される。 [0054] The diameter of the carrier shift 219 and carrier shaft 218 is determined by the diameter of the coaxial introducer sheath 217. そして、この同軸導入シース217は、プロテーゼの容積により、決定される。 Then, the coaxial introducer sheath 217, the volume of the prosthesis, is determined. キャリア軸領域22 Carrier shaft region 22
0の最短長さは、動脈瘤の根元部から皮膚までの距離である。 Shortest length of 0 is the distance from the root portion of the aneurysm to the skin. また、キャリア軸領域220の最大長さは、導入シースの長さである。 The maximum length of the carrier shaft region 220 is the length of the introducer sheath. それ故、中央キャリア216は、 Therefore, the central carrier 216,
腸骨動脈と動脈瘤の合計の長さの2倍に等しい。 Equal to twice the total length of the iliac arteries and the aneurysm.

【0055】尾部の制御メカニズムに付いて、以下に記述する。 [0055] attached to the control mechanism of the tail, described below. 尾部リム制御メカニズムが、二又グラフト20 Tail rim control mechanisms, bifurcated graft 20
6の尾部リム210と213の尾端部から皮膚まで伸びる。 Tail of 6 extending from the tail end of the rim 210 and 213 to the skin. この尾部リム制御メカニズムは、図28、29に図示されるように、グラフトの管状拡張部246、247 The tail rim control mechanism, as illustrated in FIG. 28 and 29, tubular extension graft 246 and 247
の形状をしている。 It has a shape. あるいは、図32ー35に図示するような、カテーテルと縫合糸の組み合わせである。 Alternatively, as illustrated in FIG. 32 over 35, it is a combination of a suture and catheter.

【0056】図28において、管状拡張部246と24 [0056] In FIG. 28, a tubular extension 246 24
7とは、二又グラフト206の尾部リム213と210 7 and has a tail rim 213 of the bifurcated graft 206 210
にロッド部248と249でもって縫合されている。 It is sutured with a rod portion 248 and 249. このロッド部248と249は、280と281とで係止されている。 The rod portion 248 and 249 are and locked out with 280 and 281.

【0057】図29には、別の制御メカニズムが図示されている。 [0057] Figure 29 is another control mechanism is shown. 同図には、ボア252と253のループが、 In the figure, the loop of the bore 252 and 253,
それぞれ、管状拡張部246と247の壁に沿って二又グラフト206と接合している。 Respectively, it is bonded to the bifurcated graft 206 along the wall of the tubular extension portion 246 and 247.

【0058】図30において、縫合糸254の単一ループは、尾部リム210の一端に対する牽引手段として、 [0058] In FIG. 30, a single loop of suture 254, as towing means against one end of the tail rim 210,
使用される。 used. 図31に、尾部リム210の端部の複数の点に接続する状態が図示されている。 Figure 31, a state of connecting to a plurality of points at the end of the tail rim 210 is illustrated. 縫合糸254の一側面が切断されると、他の端部の牽引が、グラフト内の縫合糸の端部引きつけ,本体から引き出す。 When one side of the suture 254 is cut, traction other end, attracting the end portion of the suture in the graft, drawn from the body. 縫合糸をカテーテル255内に閉じ込めることにより、モツレを少なくする。 By confining the suture in catheter 255, to reduce the entanglement.

【0059】図32と33において、カテーテル255 [0059] In FIG. 32 and 33, the catheter 255
の側面穴256と、カテーテル255の複数の257、 A side hole 256, a plurality of 257 of the catheter 255,
側面穴258とは、尾部リム210の壁に近かずかずに、グラフトの複数の点の引きを可能にする。 The side hole 258, a near Susu the wall of the tail rim 210, to allow pulling of a plurality of points of the graft. 結び目2 Knot 2
59により、ループの両端を分割することにより、縫合糸254がカテーテル255から出てくることが可能になる。 By 59, by dividing the two ends of the loop, the suture 254 is capable of coming out of the catheter 255. このカテーテルと縫合糸の組み合わせは、複数の機能を提供できる。 Suture combination and the catheter can provide multiple functions. 引きは、図34に図示する如く、最短の縫合糸260を介してのみ伝達されるからである。 Pull, as shown in FIG. 34, only because transmitted via the shortest suture 260.
カテーテル255の引きは、縫合糸260が切断されるまで、縫合糸261を緊張させない。 Pulling the catheter 255 until suture 260 is cut, not the suture 261 is tensioned.

【0060】図35に、尾部リム210のカテーテル2 [0060] Figure 35, the catheter of the caudal limb 210 2
55が図示されている。 55 is shown. 262は、カテーテル255と263とを有する。 262 includes a catheter 255 and 263. 図36において、210の尾部ルーメンは、縫合糸264により提供され、こ縫合糸の26 In Figure 36, the tail lumen 210 is provided by a suture 264, this suture 26
4は、縫合糸ループ237と238とがプロテーゼに係止したように、中央キャリアに係止されている。 4, the suture loop 237 and 238 as engaged to the prosthesis, it is anchored to the central carrier. 反対リムアクセスガイドシステム265は、引きが外部端部にかかると、緊張し、フレキシブルでなくなる。 Opposite rim access guidance system 265, the pull is exerted on the outer end, nervous, no longer flexible. 緊張すると、それは、図39に図示するように、カテーテル14 When tense, it is, as shown in FIG. 39, the catheter 14
0のルーメン内のワイヤガイドのように機能する。 0 acts like a wire guide lumen of. 内部カテーテル229が取り除かれると、反対リムアクセスガイドシステム265は、中央キャリア216から解放される。 When the internal catheter 229 is removed, the opposite limb access guidance system 265 is released from the central carrier 216. 係留ループ266は、カテーテルの端部に係合するか、そのルーメン内を貫通し、尾部にまで伸びる。 Mooring loops 266, or engages the end of the catheter, through the inside thereof lumen, extending to the tail.
そこで、縫合糸の結び目が引き抜かれるのを阻止する。 Therefore, to prevent the knot of the suture is pulled out.
カテーテル内で側面穴267を貫通して結ばれた縫合糸は、緊張がかかると、引き抜かれる傾向にある。 Suture tied through side holes 267 in the catheter, the tension is applied, it tends to be withdrawn. ただし、図37に示すように、引きをより均等に分配するよう、カテーテルを囲む場合、この限りではない。 However, as shown in FIG. 37, so as to more evenly distribute the pulling, when surrounding the catheter, this does not apply.

【0061】図38において、尾部リム213のルーメンのアクセスは、ワイヤガイドによりガイドされる。 [0061] In FIG. 38, the lumen of the access of the tail rim 213 is guided by the wire guide. ステントの挿入の間、引きが維持されるならば、縫合糸2 During insertion of the stent, if pulling is maintained, the suture 2
54は、また、尾部リム213に必要である。 54, also, there is a need to tail rim 213. 尾部リム213のカテーテルへの方向は、一定でなければなせない。 Direction to the catheter tail rim 213, not-do be constant. どのゆうなネジレも2個の先端リムの相対的方向付けに際し、再生されるからである。 Any Yuuna twist even upon two relative orientation of the tip rim, because is played. キャリア軸領域22 Carrier shaft region 22
0の場所は、挿入システムの外側にマークされる。 0 of the location is marked on the outside of the insertion system.

【0062】図39において、カテーテル140は、ステント押し込み装置271と、外部シース268とを有する。 [0062] In FIG. 39, the catheter 140 includes a stent pushing device 271 and an outer sheath 268. 尾部ステント挿入装置の構造と機能は、プローゼ注入システム180のそれとほぼ同様である。 Structure and function of the tail stent insertion device is substantially similar to that of Puroze injection system 180.

【0063】外部シース268は、一定の直径と肉厚を有している。 [0063] outer sheath 268 has a thickness and constant diameter. ただし、シースの外部表面がターパ状になり、押し込みヘッド270とスムーズに接合する頭部オリフィス269の部分を除く。 However, the outer surface of the sheath becomes Tapa shape, except for the portion of the head orifice 269 to be joined smoothly and the pushing head 270. このシースは、フレキシブルな材料で、その表面は、低摩擦係数である。 The sheath is a flexible material, the surface is a low friction coefficient. ステント押し込み装置271の頭端部に押し込みヘッド270 Head 270 pushed into the head end of the stent pushing device 271
が配置されており、この押し込みヘッド270は、導入シースの内径とマッチする外径を有する。 There is arranged, the push head 270 has an outer diameter that matches the inner diameter of the introducer sheath. また、この押し込みヘッド270は、導入シースの直径とも合う。 Further, the pushing head 270 also fits the diameter of the introducer sheath. この2つの間は、狭い押し込み軸273であり、この押し込み軸273は、尾部ステント275を貫通する。 The two between is narrow pushing shaft 273, the pushing shaft 273 extends through the tail stent 275.

【0064】図40において、カテーテル130が二又グラフト206の尾部リム210の位置を方向付ける。 [0064] In FIG. 40, the catheter 130 directs the position of the tail rim 210 of the bifurcated graft 206.
二又のグラフトの反対リムを配置するとネジレが生成される。 Twist is produced by placing the opposite rim of the graft bifurcated. カテーテル130が先端リム制御システムの上にかぶせられ、ネジレを除去する。 The catheter 130 is placed over the tip rim control system, to remove the twist. カテーテル130には、頭部274に魚口形状のスプリットが設けられている。 The catheter 130, split Sakanaguchi shape is provided on the head 274. 端末のスプリットは、その装置の長軸を含む面を占有する。 Split terminal occupies a plane including the long axis of the device. 引きが縫合糸254に加えられると、この縫合糸254は、グラフトの2個の壁にそうカテーテル内に引き込まれる。 When pulling is applied to the suture 254, the suture 254 is drawn so into the catheter to the two walls of the graft. その後、平面化した反対側面リムは、カテール130内のスロット内にスライドする。 Thereafter, the opposite side rim planarized slides in a slot in the Kateru 130.

【0065】図41において、管状拡張部246と24 [0065] In FIG. 41, a tubular extension 246 24
7と共に使用されるカテーテル131が図示されている。 The catheter 131 is illustrated for use with 7. このカテーテル131は、先端部133に軟質球形チップと拡張部132とを有する拡張機である。 The catheter 131 is an extended machine with a soft spherical tip and extension 132 on the distal end portion 133. この拡張機が管状部に挿入され、この管状部は、尾部を引くことにより、緊張状態におかれる。 The expanders are inserted in the tubular portion, the tubular portion, by pulling the tail, is placed in tension. きっちり適合することにより、管状部の表面の摩擦力により、ネジレ力がグラフトに伝達される。 By tight fit, the frictional force of the surface of the tubular portion, torsion force is transmitted to the graft. グラフトの拡張部が存在しない場合、カテーテル131が反対リムアクセスガイドシステム265の上に進行する。 If the extended portion of the graft is not present, the catheter 131 is advanced over the opposite rim access guidance system 265. その後、拡張機が尾部分オリフイス209の内面と係合する。 Then, engage extension machine and the inner surface of the tail portion orifice 209. あるいは、拡張機が尾部リム210内ぶ膨らまされたバルーン(風船)である場合は、カテーテル131が如何なる形状をとるとも、 Alternatively, if the expansion machine is caudal limb 210 within department inflated balloon (balloon) includes a well catheter 131 takes any shape,
動脈瘤から尾部リムの端部に到達するに十分長い。 Long enough to reach the end of the tail rim from the aneurysm.

【0066】図42は、ダブルルーメンカテーテル12 [0066] FIG. 42, a double-lumen catheter 12
0の部分断面図である。 0 is a partial cross-sectional view of. このカテーテルは、貫通穴12 The catheter through hole 12
1と122とを有する。 And a 1 and 122. 一方は、動脈カテーテルが挿入され、他方には、造影用カテーテル(または、ワイヤ) One arterial catheter is inserted, on the other, angiographic catheter (or wire)
が挿入される。 There are inserted. 先端部123は、挿入しやすいように、 Tip 123, as easily inserted,
若干テーパ状で形成されている。 It is formed slightly tapered. このカテーテルは、ネジレに強いので、2このルーメンは、その形状が維持される。 The catheter so strong twist, 2 this lumen, its shape is maintained. このカテーテルは、2個のカテーテルが分かれる所まで、挿入され、一方のカテーテルは、動脈の根元部に、他方のそれは、腸骨動脈に挿入される。 The catheter to the point where the two catheters divided, are inserted, one of the catheter, the root portion of the artery and that of the other, is inserted into iliac arteries.

【0067】以下にプロテーゼ装置とその使用方法について、説明する。 [0067] The prosthetic devices and their use will be described below. 患者は、手術台の上に仰向けに寝る。 The patient, sleep on his back on top of the operating table.
動脈の分岐点まで、動脈血管を手術することにより、アクセスする。 To the branch point of the artery, by surgery arterial accesses. あるいは、導入シースを用いて、プロテーゼ装置が挿入される。 Alternatively, using the introducer sheath, prosthetic device is inserted. サイラスティク(登録商標)バンドで動脈の根元部を、クランプで先端部を止血する。 The root portion of the artery Cyrus Thich ® band and hemostasis tip clamp. また、患者をヘパリン(凝血剤)で凝血する。 Further, clotting patients with heparin (anticoagulant).

【0068】この挿入は、蛍光線器具でガイドされる。 [0068] This insertion is guided by the fluorescence radiation instrument.
特に、有効な装置は、デジタルサブストラクションである。 Particularly, useful device is a digital sub-scan traction. これは、リアルタイムの蛍光イメージと、静的なイメージ組み合わせて、挿入装置を適切にガイドしようとするものである。 This is real-time and fluorescence images, combined static image, it is intended to properly guide to the insertion device.

【0068】まず、最初の血管造影を行い、ガイドが挿入される基準点を規定する。 [0068] First, the initial angiogram, to define the reference point guide is inserted. その後、挿入されたカテーテルを除去し、ガイドワイヤを基準位置に残す。 Then, to remove the inserted catheter, leaving the guide wire in a reference position.

【0069】ワイヤ、縫合糸、カテーテル、テープ等が挿入される。 [0069] wire, suture, catheter, tape or the like is inserted. ある方法では、このカテーテルやガイドワイヤをドルミエバスケットを用いて、動脈に縫いつける。 In one method, the catheter and guide wire with a dollar Mie basket, sewn to the artery. 別の方法では、蛍光線ガイド装置により実行する方法である。 In the alternative, a method of performing a fluorescence radiation guide device.

【0070】交差動脈系に血管造影カテーテルを巻き付けないよう、注意しなければならない。 [0070] so as not to wound the angiographic catheter to cross the arterial system, care must be taken. この為には、1 For this purpose, the 1
20を用いるとよい。 It may be used 20.

【0071】導入システムは、ワイヤガイドに巻き付けて、使用する。 [0071] introduction system is wound around the wire guide used. プロテーゼの位置は、中央カテーテルを操作することにより、制御される。 Position of the prosthesis, by operating the central catheter, is controlled. 導入システムが引き抜かれた後、ステントは拡張し、グラフトを開き、所定の位置に固定する。 After the introduction system is withdrawn, the stent expands, opening the graft and fixing it in place. 同軸導入シース217をさらに引き抜くと、頭部リム制御機構と中央キャリア216が出てくる。 Further withdrawal of the coaxial introducer sheath 217, the head rim control mechanism and the central carrier 216 comes out. この頭部リム制御機構、縫合糸ループ237、2 The head rim control mechanism, the suture loop 237,2
38や、他のカテーテル、管状グラフト拡張機が、縫合糸や、テープ、クリップ等を用いて、動脈に接着される。 38 or other catheters, tubular graft extension machine, sutures or tape, using a clip or the like, is bonded to the artery.

【0072】尾部リム210は、動脈内に挿入後、捻れるみとがある。 [0072] tail rim 210, after insertion into the artery, there is a twist Mito. このネジレは、放射線不透過ライン21 This twist is radiopaque line 21
1と212とを観察することにより、確認できる。 By observing the 1 and 212, it can be confirmed. 縫合糸ループ237、238のような反対側リム制御機構を用いて、尾部リム210を引き、それをカテーテル13 Using opposite rim control mechanism such as suture loops 237 and 238, pulling the tail rim 210, it catheter 13
0、131の上に引く。 Draw on top of the 0,131. 尾部リム210のネジレを取ることにより、動脈の脈と血流の流れが良くなる。 By taking the twist tail rim 210, the better the flow of the pulse and the blood flow of the artery.

【0073】ステントは、尾部リム210と211の周囲の血が動脈瘤内に逆流するのを阻止しなければならない。 [0073] Stents are blood around the caudal limb 210 and 211 must be prevented from flowing back into the aneurysm. ステント挿入装置は、管状拡張部247を貫通する。 Stent insertion device, through the tubular extension 247. あるいは、この装置は、ワイヤガイドまたは反対リムアクセスガイドシステム265の上にかぶせられる。 Alternatively, the device is placed over the wire guide or the opposite rim access guidance system 265.
いずれにしても、尾部リムを尾部リム制御機構を用いて、引きつけて置く必要がある。 In any case, the tail rim with tail rim control mechanism, it is necessary to put attracted.

【0074】プロテーゼ組立体228は、内部カテーテル229を除去することにより、中央キャリア216から解放される。 [0074] The prosthesis assembly 228, by removing the inner catheter 229 is released from central carrier 216. 搭載装置を取り除く前に、内部カテーテルを置き換えて、中央ルーメンを介してワイヤガイドを前進させることが必要であるが、それは、ワイヤガイドは、尾部リム213のルーメン内にステントの挿入をガイドする必要があるからである。 Before removing the mounting device, by replacing the internal catheter, it is necessary to advance the wire guide through the central lumen, which wire guide is necessary for guiding the insertion of the stent into the lumen of the tail rim 213 This is because there is. ステントの挿入後、ワイヤガイドは、カテーテルの挿入をガイドするのに、必要である。 After insertion of the stent, the wire guide is to guide the insertion of the catheter, it is necessary. 手術の完了後、カテーテルは、引き抜かれ、 After the completion of the surgery, the catheter is withdrawn,
動脈の治療は終了し、傷口は閉じられる。 Treatment of artery is terminated, the wound is closed.

【0075】図43において、器官移動装置350は、 [0075] In FIG. 43, the organ moving device 350,
プロテーゼ組立体228を二又ルーメン内の所定位置に配置する。 Placing the prosthesis assembly 228 at a predetermined position in bifurcated lumen. 図48と49に示すように、二又ルーメン2 As shown in FIG. 48 and 49, bifurcated lumen 2
84は、腸骨動脈34と35で大動脈2内に配置される。 84 is disposed within the aorta 2 in iliac arteries 34 and 35. 大動脈瘤20は、腸骨動脈34、35の根元部に配置される。 Aortic aneurysm 20 is located in the root portion of the iliac arteries 34, 35. 動脈ルーメン285は、メインルーメンを形成し、腸ルーメン286、287とは、この動脈ルーメン285と連通する。 Arterial lumen 285 forms the main lumen, the intestinal lumen 286 and 287, communicates with the arterial lumen 285.

【0076】図43のプロテーゼ組立体228は、ステントブート304、305内に、二又グラフト206、 [0076] The prosthesis assembly 228 in FIG. 43, in the stent boot 304 and 305, bifurcated graft 206,
主スプリング組立体301、リムスプリング組立体30 The main spring assembly 301, a rim spring assembly 30
2、303(図示せず)を有する。 Having 2,303 (not shown). 主スプリング組立体301とプロテーゼ組立体228とは、同軸導入シース217内に配置され、この同軸導入シース217は、ポリテトラフルオロエチレン製である。 The main spring assembly 301 and the prosthesis assembly 228, is disposed coaxially introducer sheath 217, the coaxial introducer sheath 217 is made of polytetrafluoroethylene. 二又グラフト20 Bifurcated graft 20
6は、本体250を有し、この本体250に尾部リム2 6 includes a main body 250, tail rim 2 to the main body 250
13と210とが付属し、それらは、ステントブート3 13 and 210 and is included, they are, stent boot 3
04と305との上部に部分的にかぶさる。 Covers partially the top of the 04 and 305.

【0077】本体250は、頭部オリフィス207と本体ボア251とを有する。 [0077] body 250 includes a head orifice 207 and the body bore 251. ボア252と253とは、本体ボア251と連通し、それぞれ、尾部リム210と2 The bore 252 and 253, communicates with the body bore 251, respectively, tails rim 210 and 2
13内に伸びる。 It extends into the 13. 尾部リム210は、尾部オリフイス2 Tail rim 210, tail orifice 2
09を有し、尾部リム213は、尾部オリフイス208 Has a 09, tail rim 213, tail orifice 208
を有する。 Having. 主スプリング組立体301は、頭部オリフィス207を貫通して、本体250の本体ボア251内に配置され、本体250が動脈ルーメン285の内壁と適合する。 The main spring assembly 301, through the head orifices 207, disposed within the body bore 251 of the body 250, the body 250 is compatible with the inner wall of the artery lumen 285. プロテーゼ組立対が二又ルーメン284内に配置され、同軸導入シース217から解放されると、主スプリング組立体301は、その圧縮状態から拡張する(図43)。 Prosthesis assembly pair are arranged in bifurcated lumen 284, when released from the coaxial introducer sheath 217, main spring assembly 301 expands from its compressed state (FIG. 43).

【0078】器官移植装置350は、圧縮状態の主スプリング組立体301を保持する為に、同軸導入シース2 [0078] organ transplant device 350 to hold the main spring assembly 301 in a compressed state, coaxial introduction sheath 2
17を有し、圧縮状態のスプリング組立体を保持する為に、ステントブート304を有し、圧縮状態のスプリング組立体を保持する為に、ステントブート305を有し、プロテーゼ組立体228を二又ルーメン284内に保持する為に、ボア252と253内に配置された保持組立体351を有する。 Has 17, to hold the spring assembly in a compressed state, has a stent boot 304, to hold the spring assembly in a compressed state, has a stent boot 305, the prosthesis assembly 228 bifurcated to maintain in the lumen 284, having a retaining assembly 351 disposed on the bore 252 and the 253. 一方、外部シースは、プロテーゼ組立体228から引き抜かれ、主スプリング組立体3 On the other hand, the outer sheath is withdrawn from the prosthesis assembly 228, main spring assembly 3
01を圧縮状態から解放する。 To release 01 from the compressed state.

【0079】中央キャリア216と同様に、メイン保持組立体は、その先端部に拡張ヘッド353を有する細長部材352を有する。 [0079] Similar to the central carrier 216, main holding assembly has an elongated member 352 having an expanded head 353 at its distal end. 拡張ヘッドは、器官移植装置を二又ルーメン内に貫通するよう、機能し、出血を最小化する。 Expansion head to penetrate the organ transplant device bifurcated lumen, it serves to minimize bleeding. 細長部材352は、中間キャリア軸領域を有し、この領域は、外部カテーテル318と、コネクタスリーブ354と、その中に形成された側面開口355、356 Elongated member 352 has an intermediate carrier shaft region, this region, the outer catheter 318, connector sleeve 354, side openings formed therein 355
と、この細長部材内を軸方向に伸びる内部カテーテル3 If, inner catheter 3 extending the elongated internal member axially
19と、この細長部材は、外部カテーテルとコネクタスリーブ354とを有する。 19, the elongate member has an outer catheter and connector sleeve 354. このコネクタスリーブ354 The connector sleeve 354
は、外部カテーテル318のセグメントを接続し、接続縫合糸357、358が側面開口355、356を介して、内部カテーテル319に接続することを容易にする。 Connects the segments of the outer catheter 318, connecting suture 357, 358 via a side opening 355 and 356, to facilitate connection of the inner catheter 319. 接続縫合糸357と358の一端は、外部カテーテル318の外表面に結合され、他端は、内部カテーテル319の外表面に結合される。 One end of the connecting suture 357 and 358 are coupled to the outer surface of the outer catheter 318, the other end is coupled to the outer surface of the inner catheter 319. 接続縫合糸357と35 Connection sutures 357 and 35
8とは、主スプリング組立体301の対向端を貫通して、ループが形成され、プロテーゼ組立体228を二又ルーメン284内に保持する。 8 and penetrates the opposite end of the main spring assembly 301, a loop is formed, to retain the prosthesis assembly 228 in bifurcated lumen 284. 一方、同軸導入シース2 Meanwhile, coaxial introduction sheath 2
17は、プロテーゼ組立体228から引き抜かれ、主スプリング組立体301を圧縮状態から解放する。 17 is withdrawn from the prosthesis assembly 228, to release the main spring assembly 301 from the compressed state. 外部シースは、空間359を有し、その中には、プロテーゼ組立体228がその挿入中配置されている。 Outer sheath has a space 359 into which the prosthesis assembly 228 is disposed in the insertion. 接続縫合糸3 Connection sutures 3
57と358とは、プロテーゼ組立体228が同軸導入シース217内に配置された時、主スプリング組立体3 57 and 358 and, when the prosthesis assembly 228 is positioned within a coaxial introducer sheath 217, main spring assembly 3
01を一時的に圧縮状態にするような反転装置を形成する。 01 to form an inversion device so as to temporarily compressed state. 外部シースの先端部は、拡張ヘッド353の根元部近傍に配置され、搭載装置の二又ルーメン内への挿入を容易にする。 Tip of the outer sheath is disposed in the base portion near the enlarged head 353 to facilitate insertion into the bifurcated lumen of the mounting device.

【0080】細長部材352は、キャリアシャフト21 [0080] the elongate member 352, the carrier shaft 21
8と同様なキャリアシャフト領域360を有し、このキャリアシャフト218内にキャリアシャフト管状リセス309が形成されている。 8 and has a carrier shaft region 360 similar, carrier shaft tubular recess 309 is formed in the carrier shaft 218.

【0081】図44において、リムスプリング組立体3 [0081] In FIG. 44, a rim spring assembly 3
02が圧縮状態の部分断面図である。 02 is a partial cross-sectional view of a compressed state. このリムスプリング組立体302は、縫合糸315、316を介して、尾部リム213の内側に接続され、ステントブート304 The rim spring assembly 302, via the suture 315 is connected to the inside of the tail rim 213, stent boot 304
内に包含される。 It is encompassed within. プロテーゼ組立体228が大動脈瘤2 Prosthesis assembly 228 aortic aneurysm 2
0内に適切に配置されると、リムスプリング組立体30 Once properly positioned within 0, rim spring assembly 30
2は、圧縮状態から解放され、尾部リム213を拡張し、リムを腸骨動脈34の内壁に適合させる。 2 is released from the compressed state, it extends the tail rim 213 adapts the rim to the inner wall of the iliac arteries 34. ステントブート304は、圧縮状態のリムスプリング組立体30 Stent boot 304 is in a compressed state rim spring assembly 30
2を収納する容器である。 It is a container for storing the 2. 縫合糸314は、一時的に、 The suture 314, temporarily,
リムスプリング組立体302に接続され、プロテーゼ組立体228を二又ルーメン284内に配置する間、リムスプリング302をステントブート304に保持する。 It is connected to the rim spring assembly 302, during placement of the prosthesis assembly 228 in bifurcated lumen 284, to hold the rim spring 302 to the stent boot 304.
縫合糸314は、プロテーゼ組立体228が二又ルーメン284内にある時、特に、尾部リム213が腸骨動脈34内に適切に配置された時、リムスプリング組立体3 The suture 314, when the prosthesis assembly 228 is bifurcated lumen 284, in particular, when the tail rim 213 is properly positioned within the iliac arteries 34, a rim spring assembly 3
02を解放する解放機構を形成する。 02 to form a release mechanism to release the. 縫合糸314が、 Sutures 314,
リムスプリング組立体302から離れると、ステントブート304は、リムスプリング組立体302から引き込まれ、それ圧縮状態から解放する。 Away from the rim spring assembly 302, stent boot 304 is drawn from the rim spring assembly 302 is released from its compressed state. リムスプリング組立体302が、圧縮状態から解放されると、リムスプリング組立体302は、尾部リム213を拡張し、リムを腸ルーメン286の内壁に適合させる。 Rim spring assembly 302, when released from the compressed state, the rim spring assembly 302 extends the tail rim 213 causes the rim is adapted to the inner wall of the intestine lumen 286.

【0082】ステントブート304は、ポリテトラフルオロエチレン製のチューブで、リムスプリング組立体3 [0082] Stent boot 304 is a polytetrafluoroethylene tube, a rim spring assembly 3
02を圧縮状態で保持する。 02 held in a compressed state. リムスプリング組立体30 Rim spring assembly 30
2は、ボア253内の尾部リム213に、縫合糸31 2, the tail rim 213 of the bore 253, the suture 31
5、316でもって接続される。 It is connected with a 5,316. 縫合糸315、316 Sutures 315 and 316
とは、尾部オリフィス208から頭部部分に配置され、 And it is disposed in the head section from the tail orifice 208,
グラフトリムの尾部がステントブート304の上部の上に伸びる。 Tail of the graph trim extends over the top of the stent boot 304. 縫合糸314、317とは、一時的にリムスプリング組立体302に接続され、リムスプリング組立体302をステントブート304内に保持する。 And suture 314,317 is temporarily connected to the rim spring assembly 302, for holding a rim spring assembly 302 in stent boot 304. 縫合糸314と317の一端は、外部カテーテル318の周囲に結ばれ、一方他端は、コネクタスリーブ322の開口320と321を貫通した内部カテーテル319の周囲に結ばれる。 One end of the suture 314 and 317 are tied around the outer catheter 318, whereas the other end is tied around the inner catheter 319 through the aperture 320 and 321 of the connector sleeve 322. 内部カテーテル319は、リムスプリング組立体302に一時的に接続され、314、317を解放する解放機構の一部を形成する。 Inner catheter 319 is temporarily connected to the rim spring assembly 302, forming part of a release mechanism for releasing the 314,317. 縫合糸314、31 Sutures 314,31
7、内部カテーテル319とは、ステントブート304 7, the inner catheter 319, a stent boot 304
内にリムスプリング組立体302を保持する保持機構を形成する。 Forming a holding mechanism for holding the rim spring assembly 302 within. コネクタスリーブ322は、開口320と内部カテーテル319とを有するチューブである。 Connector sleeve 322 is a tube having an opening 320 and inner catheter 319. コネクタスリーブ322は、外部カテーテル318の外径に合う内径を有する。 Connector sleeve 322 has an inner diameter that matches the outer diameter of the outer catheter 318. 外部カテーテル318が切断され、コネクタスリーブ322の対向端部内に挿入され、医療用接着剤を用いて、接合される。 Outer catheter 318 is cut and is inserted into the opposite end portion of the connector sleeve 322, by using the medical adhesive, it is bonded. 内部カテーテル319 Internal catheter 319
は、コネクタスリーブ322と外部カテーテルの通路を通過し、スリーブ内の側面開口を貫通した接続縫合糸を保持する。 Passes through the passageway of the connector sleeve 322 and the outer catheter, hold the connecting suture through the side aperture in the sleeve.

【0083】図45において、ステントブート304 [0083] In FIG. 45, stent boot 304
は、尾部リム210の内部に接続され、ステントブート305内に含まれる。 Is connected to the interior of the tail rim 210, it is included within the stent boot 305. カテーテル255は、ステントブート305に接続され、306を貫通して伸びる縫合糸254を有する。 The catheter 255 is connected to the stent boot 305, having a suture 254 extending through 306. この縫合糸254は、リムスプリング組立体303に一時的に接続され、このリムスプリング組立体303をステントブート305内に、プロテーゼ組立体228をルーメン284内に配置する間保持する。 The suture 254 is temporarily connected to the rim spring assembly 303, the rim spring assembly 303 in stent boot 305 is held between placing the prosthesis assembly 228 into the lumen 284. 縫合糸254は、プロテーゼ組立体228が二又ルーメン284内に配置された時、特に、尾部リム210 The suture 254, when the prosthesis assembly 228 is disposed in bifurcated lumen 284, in particular, tail rim 210
がリムスプリング組立体35内に配置された時、リムスプリング組立体303を解放する解放機構を構成する。 There when placed on a rim spring assembly 35, it constitutes a release mechanism to release the rim spring assembly 303.
縫合糸254がリムスプリング組立体303から離れると、ステントブート305は、リムスプリング組立体3 When the suture 254 away from the rim spring assembly 303, stent boot 305, rim spring assembly 3
03から引き抜かれ、それを圧縮状態から解放する。 Withdrawn from the 03, to release it from the compressed state. リムスプリング組立体303が圧縮状態から解放されると、リムスプリング組立体303は、尾部リム210を拡張し、リムを腸ルーメン287の内壁に適合させる。 When rim spring assembly 303 is released from the compressed state, the rim spring assembly 303 extends the tail rim 210 to the rim is adapted to the inner wall of the intestine lumen 287.

【0084】カテーテル255は、市販のコポリマー製のチューブで、それに、ステントブート305が医療用接着剤で一体化される。 [0084] The catheter 255 is a commercially available copolymer tube made of, it, stent boot 305 is integrated by medical adhesive. ステントブート305は、圧縮状態のリムスプリング組立体303を収納するポリテトラフルオロエチレン製のチューブである。 Stent boot 305 is a polytetrafluoroethylene tube for housing the rim spring assembly 303 in a compressed state. リムスプリング組立体303は、カテーテル255の内側の尾部リム210に縫合糸307、308で接続される。 Rim spring assembly 303 is connected with sutures 307 and 308 to the inside of the tail rim 210 of the catheter 255. 縫合糸3 Suture 3
07、308は、尾部オリフィス209の頭部に配置され、尾部リム213の尾部がステントブート305上に伸びるようにする。 07,308 is placed in the head of the tail orifice 209, the tail of the tail rim 213 to extend over the stent boot 305. リムスプリング組立体303は、血管内に食い込む鈎を有し、プロテーゼ組立体228を固定する。 Rim spring assembly 303 has a hook biting into the vessel, to fix the prosthesis assembly 228. しかし、リムスプリング組立体303は、この鈎があってもなくてもよい。 However, rim spring assembly 303 may or may not have this hook. 縫合糸254は、一時的にキャリアシャフト管状リセス309に縫合糸310を介して、接続される。 The suture 254 through the suture 310 Temporarily carrier shaft tubular recess 309, are connected.

【0085】図46において、ステントブート305 [0085] In FIG. 46, stent boot 305
は、カテーテル255に接続され、このカテーテル25 Is connected to the catheter 255, the catheter 25
5は、カテーテル130の軸方向ルーメン311内に配置される。 5 is disposed within the axial lumen 311 of the catheter 130. 複数のスプライン312は、ステントブート305の根元部に形成され、軸方向ルーメン311の先端部の周囲に配置される複数の313に適合する。 A plurality of splines 312 are formed on the root portion of the stent boot 305 fits into a plurality of 313 disposed around the distal portion of the axial lumen 311. このスプライン313は、互いに係合し、ステントブート3 The splines 313 engage one another, the stent boot 3
05と尾部リム210とを回転し、腸骨動脈35内に適切に配置するようにする。 Rotating a 05 and a tail rim 210, so as to properly position the 35 iliac arteries. 尾部リム213に放射線不透過のマーカが付けられている。 Radiopaque marker is attached to the tail rim 213.

【0086】図47において、プロテーゼ組立体228 [0086] In FIG. 47, the prosthesis assembly 228
は、大動脈2の二又ルーメン284と腸骨動脈34、3 It is bifurcated lumen 284 of the aorta 2 and the iliac artery 34,3
5内に配置される。 It is located within 5. 主スプリング組立体301は、圧縮状態から解放され、本体250を拡張し、本体250を動脈ルーメン285の内壁に適合させる。 The main spring assembly 301 is released from the compressed state, it extends a body 250, to adapt the body 250 to the inner wall of the artery lumen 285. 同様に、30 Similarly, 30
2も、圧縮状態から解放され、細長部材352と尾部リム213は、腸骨動脈34の腸ルーメン286の内壁に尾部リム213を適合させる。 2 also is released from the compressed state, the elongated member 352 and tail portion rim 213, it adapts the tail rim 213 on the inner wall of the intestine lumen 286 of iliac artery 34. リムスプリング組立体3 Rim spring assembly 3
03が圧縮状態から解放されると、尾部リム210を拡張し、腸骨動腸脈35の腸ルーメン287の内壁に尾部リム210を適合させる。 When 03 is released from the compressed state, it extends the tail rim 210 adapts the tail rim 210 on the inner wall of the intestine lumen 287 of iliac Dochomyaku 35. カテーテル255とステントブート305は、リムスプリング組立体303から引き抜かれると、尾部リム210を拡張する。 The catheter 255 and stent boot 305, when withdrawn from the rim spring assemblies 303, extend the tail rim 210.

【0087】次に、プロテーゼ組立プ体228を二又ルーメン284内の適切な点に配置する方法について述べる。 Next, it will be described a method of placing the prosthesis assembly flop 228 to the appropriate point in the bifurcated lumen 284. まず、開口283と開口361を介して腸骨動脈3 First, iliac artery 3 through the opening 283 and the opening 361
4、35内の腸ルーメン286、287内に配置する。 Placing in the intestine lumen 286, 287 within 4,35.
ガイドが283と361との間に配置される。 Guide is disposed between the 283 and 361. 器官移植装置350は、保持組立体351、細長部材352を有し、それに付属されたプロテーゼ組立体228が、二又ルーメン284内に配置される。 Organ transplant device 350, holder assembly 351 includes an elongated member 352, the prosthesis assembly 228 attached thereto, is disposed in bifurcated lumen 284. 同軸導入シース217 Coaxial introducer sheath 217
がプロテーゼ組立体228から引き抜かれると、カテーテル255は、尾部リム210を腸骨動脈35の腸ルーメン287内にガイドして入れる。 When There is withdrawn from the prosthesis assembly 228, the catheter 255 is placed to guide the tail rim 210 in the intestine lumen 287 of iliac artery 35. 縫合糸314が、プロテーゼ組立体228を二又ルーメン284内に配置している主スプリング組立体301、リムスプリング30 Suture 314, main spring are arranged prosthesis assembly 228 in bifurcated lumen 284 assembly 301, rim spring 30
2、303から解放される。 It is released from 2,303. ステントブート304と3 Stent boot 304 and 3
05とは、細長部材352とカテーテル255を引き抜く間に、それぞれのスプリング組立体から取り除かれる。 05 and, during withdrawal of the elongate member 352 and catheter 255 are removed from their respective spring assemblies.

【0088】変形例として、ステントブート304と3 [0088] As a variant, the stent boot 304 and 3
05は、外部カテーテルに固定するか、スライド可能に固定する。 05, either fixed to the outer catheter, slidably secured. 同様に、ステントブート304は、カテールの端部に接着剤を用いるか、スライド可能に固定する。 Similarly, stent boot 304, or use of an adhesive to the end of the Kateru, slidably secured.
同軸導入シース217は、半剛性のポリテトラフルオロエチレン製で、プロテーゼ組立体228を収容可能である。 Coaxial introducer sheath 217, with a polytetrafluoroethylene semi-rigid, and can accommodate a prosthesis assembly 228. スプリング組立体まてはステントは、それが引き抜かれたとき、自動的に拡張するものであれば、如何なる形状のものでもよい。 Spring assembly or is the stent, when it is withdrawn, as long as it extends automatically, may be of any shape.

【0089】 [0089]

【発明の効果】以上述べた如く、本発明のグラフトは、 As described above, according to the present invention, the graft of the present invention,
大きな外科手術を施さずにグラフトを動脈瘤内に配置して治療ができる。 Graft can be treated placed inside the aneurysm without applying a large surgery. 更に、本発明のプロテーゼ挿入装置は、このようなグラフトを安全確実に患者の体内に配置できる。 Furthermore, the prosthesis insertion device of the present invention may be arranged such graft to secure the body of the patient.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例の管状グラフトの斜視図である。 1 is a perspective view of a tubular graft of one embodiment of the present invention.

【図2】本発明の一実施例のスプリング拡張組立体の斜視図である。 2 is a perspective view of a spring extension assembly of an embodiment of the present invention.

【図3】図2の線A−Aに沿った断面図である。 3 is a sectional view along line A-A of FIG.

【図4】図2の線B−Bに沿った断面図である。 4 is a sectional view taken along line B-B in Figure 2.

【図5】本発明の他の実施例のスプリング拡張組立体の斜視図である。 5 is a perspective view of a spring extension assembly of another embodiment of the present invention.

【図6】グラフトに縫合したスプリング拡張組立体を斜視図である。 6 is a perspective view of the spring expansion assembly was sutured to the graft.

【図7】フレクシブルなスプリング整合と圧縮抵抗組立体の斜視図である。 7 is a perspective view of Furekushiburu spring alignment and compression resistance assembly.

【図8】フレキシブルなスプリング整合と圧縮抵抗組立体のエルボウと保持バーを表す図である。 8 is a diagram representing the elbow and retaining bar of the flexible spring alignment and compression resistance assembly.

【図9】2個の圧縮状態のスプリング拡張組立体と2個の非圧縮状態のスプリング拡張組立体整合の軸方向断面図を表し、それらがフレクシブルなスプリング整合と圧縮抵抗組立体図7により結合された状態を表す図である。 9 represents an axial cross-sectional view of the spring expansion assembly alignment of the two spring expansion assembly and two uncompressed state of compression, coupled with the compression resistance assembly 7 thereof and Furekushiburu spring alignment it is a diagram illustrating a state.

【図10】フレキシブルなスプリング整合と圧縮抵抗組立体を表し、保持バーがスプリング拡張組立体の1つに固定されている状態を表す図である。 [Figure 10] represents a flexible spring alignment and compression resistance assembly, holding bar is a diagram illustrating a state of being fixed to one of the spring expansion assembly.

【図11】先端部に配置された拡張ヘッドを有する管状キャリアの軸方向断面図である。 11 is an axial sectional view of a tubular carrier having an extended head disposed at the tip portion.

【図12】「マズル挿入」装置の軸方向断面図である。 12 is an axial sectional view of a "muzzle insertion" device.

【図13】導入シースの根元端部の軸方向断面図である。 13 is an axial sectional view of the root end of the introducer sheath.

【図14】拡張ヘッドと導入シースと管状キャリアと中央制御手段とが挿入された大動脈瘤と腸骨動脈と大腿動脈の縦断面図である。 14 is a longitudinal sectional view of an aortic aneurysm and extended head and introducer sheath and a tubular carrier and the central control unit has been inserted and the iliac arteries and femoral arteries.

【図15】グラフトが挿入された大動脈瘤と腸骨動脈と大腿動脈の縦断面図である。 15 is a longitudinal sectional view of the aortic aneurysm graft is inserted and the iliac arteries and femoral arteries.

【図16】係合ループと中央制御手段とが挿入された管状キャリアの縦断面図である。 16 is a longitudinal sectional view of the tubular carrier and is inserted engaging loops and central control means.

【図17】係合ループと中央制御手段とが挿入された管状キャリアの縦断面図である。 17 is a longitudinal sectional view of the tubular carrier and is inserted engaging loops and central control means.

【図18】他のグラフト接着手段の縦断面図である。 18 is a longitudinal sectional view of another graft attachment means.

【図19】閉塞アンブレラの縦断面図である。 19 is a longitudinal sectional view of the closure umbrella.

【図20】閉塞アンブレラとグラフトとが挿入された大動脈瘤と腸骨動脈と大腿動脈の縦断面図である。 20 is a longitudinal sectional view of the aortic aneurysm occlusion umbrella and the graft is inserted and the iliac arteries and femoral arteries.

【図21】自己拡張ステントのセグメントを表す図である。 21 is a diagram representing the self-expanding stent segments.

【図22】二又のグラフトを表す図である。 FIG. 22 is a diagram showing the graft of the bifurcated.

【図23】管状キャリアを表す図である。 23 is a diagram representing the tubular carrier.

【図24】テーパ状の頭端部を有する導入シースの一実施例を表す図である。 24 is a diagram showing an embodiment of an introducer sheath with a tapered head end.

【図25】テーパ状の頭端部を有する導入シースの他の実施例を表す図である。 25 is a diagram showing another embodiment of an introducer sheath with a tapered head end.

【図26】管状キャリアの一実施例を表す図である。 26 is a diagram showing an embodiment of the tubular carrier.

【図27】管状キャリアの他の実施例を表す図である。 27 is a diagram showing another embodiment of the tubular carrier.

【図28】二又のグラフトに縫合された管状拡張部の一実施例を表す図である。 28 is a diagram showing an embodiment of a tubular extension which is sutured to the graft bifurcated.

【図29】管状拡張部をグラフトに縫合する別のの方法を表す図である。 29 is a diagram depicting another of a method for suturing a tubular extension graft.

【図30】尾端部のリムを牽引する縫合糸の単一ループを表す図である。 30 is a diagram representing a single loop of suture to pull the rim of the tail end.

【図31】尾端部のリムにある複数の穴を介して牽引する縫合糸のループを表す図である。 31 is a diagram representing the suture loop pulls through a plurality of holes in the rim of the tail end.

【図32】カテーテルの側面穴と尾端部のリムにある複数の穴を介して牽引する縫合糸のループを表す図である。 32 is a diagram representing the suture loop pulls through a plurality of holes in the rim of the side hole and the tail end of the catheter.

【図33】カテーテルの側面穴と尾端部のリムにある複数の穴を介して牽引する縫合糸のループを表す図である。 33 is a diagram representing the suture loop pulls through a plurality of holes in the rim of the side hole and the tail end of the catheter.

【図34】縫合糸を介して、カテーテルを引き上げる状態を表す図である。 [Figure 34] via the suture, which is a diagram illustrating a state to raise the catheter.

【図35】尾端部リム制御システムの尾端部リム制御カテーテルを表す図である。 FIG. 35 is a diagram illustrating a tail end rim control catheter tail end rim control system.

【図36】尾端部リム制御システムの尾端部リム制御カテーテルを表す図である。 36 is a diagram representing the tail end rim control catheter tail end rim control system.

【図37】反対ルーメンアクセスガイドシステムのカテーテルを包囲する縫合糸を表す図である。 FIG. 37 is a diagram showing a suture surrounding the catheter on the opposite lumen access guidance system.

【図38】挿入ワイヤにより同側のリムルーメンにアクセスする状態を表す図である。 FIG. 38 is a diagram by inserting the wire representing the state to access the ipsilateral Rimurumen.

【図39】本発明の先端ステントの側面図である。 Figure 39 is a side view of the distal stent of the present invention.

【図40】グラフトを真っ直ぐにする反対リムを表す図である。 40 is a diagram representing the opposite rim to straighten the graft.

【図41】グラフトを真っ直ぐにする反対リムの別の実施例を表す図である。 41 is a diagram representing another embodiment of the opposite rim to straighten the graft.

【図42】ネジレ防止用ダブルルーメンカテーテルの断面図である。 42 is a cross-sectional view of a double lumen catheter for preventing twisting.

【図43】プロテーゼを所定位置に配置する本発明の人工器官移植装置部分の部分断面図である。 Figure 43 is a partial cross-sectional view of the prosthetic implant device portion of the present invention to place the prosthesis in place.

【図44】図43のプロテーゼ組立体の同側リムスプリング組立体と人工器官移植装置のステントブートの部分断面図である。 Figure 44 is a partial cross-sectional view of the stent boot of ipsilateral limb spring assembly and prosthetic implant devices of the prosthesis assembly of FIG. 43.

【図45】図43のプロテーゼ組立体の反側スプリング組立体と制御リム挿入カテーテルの部分断面図である。 Figure 45 is a partial cross-sectional view of the anti-side spring assembly and control limb insertion catheter prosthesis assembly of FIG. 43.

【図46】図45の制御リム挿入カテーテルに仮に接続された反対側面ステントブートの部分断面図である。 46 is a partial cross-sectional view of the opposite side stent boot which is provisionally connected to the control rim insertion catheter of FIG. 45.

【図47】本発明のプロテーゼ組立体が、動脈瘤と動脈と腸骨動脈に挿入された状態を表す図である。 [Figure 47] prosthesis assembly of the present invention, is a diagram illustrating a state of being inserted into the aneurysm and the arteries and the iliac arteries.

【図48】動脈と腸骨動脈に挿入されたワイヤガイドで縫合糸を制御する方法を示す図である。 48 is a diagram illustrating a method of controlling the suture arteries and the iliac arteries inserted wire guide.

【図49】動脈と腸骨動脈に挿入されたワイヤガイドで縫合糸を制御する方法を示す図である。 Figure 49 illustrates a method of controlling the suture arteries and the iliac arteries inserted wire guide.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 グラフト(接ぎ木) 2 大動脈 3 折曲部 4 導入シース 5 直径 6 スプリング組立体 7 エルボ 8 先端部 10 突起 12 スプリング組立体 13 先端 15 アーム 19 根元部 20 大動脈瘤 21 管状キャリア 22 拡張ヘッド 25 中央制御スレッド 26 中央制御手段 27 拡張ヘッドリップ 29、29'開口 30 大腿動脈 31 スプリング組立体 34、35 腸骨動脈 36 糸 39、39' 係留ループ 42 反曲アーチ 49 フレキシブルスプリング整合圧縮抵抗部材 50 第1スプリングアーム 51 スプリング拡張組立体 52 第2スプリングアーム 54 保持バー 56 突出部 58 開口 60 開口輪 62 ロッド部 64、66 スプリング組立体 68 ワイヤガイド 70 ゴムシール 72 開口 74 筒状部 75 上部円錐部 80 閉塞ア 1 graft (grafting) 2 aortic 3 bent part 4 introducer sheath 5 diameter 6 spring assembly 7 elbow 8 tip 10 projection 12 spring assembly 13 tip 15 the arm 19 root portion 20 aortic aneurysm 21 tubular carrier 22 enlarged head 25 central control thread 26 central control means 27 extended head lip 29, 29 'opening 30 femoral artery 31 spring assembly 34, 35 iliac artery 36 threads 39, 39' anchoring loop 42 inflection arch 49 flexible spring alignment compression resistance member 50 first spring arms 51 spring extension assembly 52 second spring arm 54 holding bar 56 projecting portion 58 opening 60 opening wheel 62 rod portions 64 and 66 spring assembly 68 wire guide 70 rubber seal 72 opening 74 cylindrical portion 75 the upper conical portion 80 closed a ブレラ 82 グラフト 86 反転ピケット 88 スプリング組立体 90 先端拡張機 92 あご部 93 中央押し込みワイヤ 95 押し込みカテーテル 94 大腿動脈バイパスグラフト 96 大腿動脈 100 片持フック 101、101'開口 102 外部キャリア 104 内部カテーテル 110 アンブレラカテーテル 111、112 軸方向開口 180 プロテーゼ注入システム 201 セグメント 202 反曲点 203 直線リム 204 付属物 205 あご 206 二又グラフト(接ぎ木) 207 頭部オリフィス 208、209 尾部オリフイス 210、213 尾部リム 211、212 放射線不透過ライン 214、215 放射線不透過マーカ 216 中央キャリア 217 同軸導入シース 218 キャリアシャフト 219 キャリアヘッド 22 Brera 82 graft 86 inverted picket 88 spring assembly 90 forward-end expansion machine 92 the jaws 93 center push wire 95 pushing catheter 94 femoral bypass graft 96 femoral artery 100 Cantilever hooks 101 and 101 'opening 102 outside the carrier 104 inside catheter 110 umbrella catheter 111 axial opening 180 prosthesis implantation system 201 segments 202 inflection point 203 straight rim 204 appendages 205 jaw 206 bifurcated graft (grafting) 207 head orifice 208, 209 tail orifice 210, 213 tail rim 211, 212 radio- transmission lines 214 and 215 radiopaque marker 216 central carrier 217 coaxial introducer sheath 218 carrier shaft 219 carrier head 22 キャリア軸領域 222 外部表面 223 224 尾部 225 止血シール 226 外部表面 227 ロック 228 プロテーゼ組立体 229 内部カテーテル 230 外部カテーテル 231 尾部 232 注入ポート 233 内部ルーメン 234 小拡大部 235、236 穴 237、238、239、240 縫合糸ループ 241 尾部 242 押圧部 243 保持部 244 頭部 245 管状溝 246、247 管状拡張部 248、249 ロッド部 250 本体 251 本体ボア 252、253 ボア 254 縫合糸 255 カテーテル 256、258 側面穴 259 結び目 260、261、263 縫合糸 265 反対リムアクセスガイドシステム 266 係留ループ 267 側面穴 268 外部シース 269 頭部オリフィス 270 押し込みヘッド Carrier shaft region 222 outer surface 223 224 Tail 225 hemostatic seal 226 outer surface 227 locks 228 the prosthesis assembly 229 inside catheter 230 outside the catheter 231 tail 232 injection port 233 inside lumen 234 small enlarged portion 235, 236 hole 237,238,239,240 suture loop 241 tail 242 pressing portion 243 holding section 244 head 245 tubular grooves 246, 247 tubular extension 248, 249 rod 250 body 251 main body bore 252 bore 254 suture 255 catheter 256, 258 side holes 259 knots 260 , 261, 263 opposite the rim access suture 265 guide system 266 mooring loops 267 side hole 268 outer sheath 269 head orifice 270 push head 71 ステント押し込み装置 272 押し込みシャフト 273 押し込み軸 274 頭部 275 尾部ステント 284 二又ルーメン 285 動脈ルーメン 286、287 腸ルーメン 301 主スプリング組立体 302、303 リムスプリング組立体 304、305 ステントブート 306 307、308 縫合糸 309 キャリアシャフト管状リセス 310 縫合糸 311 軸方向ルーメン 312、313 スプライン 314、315、316 縫合糸 318 外部カテーテル 319 内部カテーテル 320、321 開口 322 コネクタスリーブ 350 器官移植装置 351 保持組立体 352 細長部材 353 拡張ヘッド 354 コネクタスリーブ 355、356 側面開口 357、358 接続縫合糸 360 キャリアシヤフト領域 380、3 71 stent pushing device 272 pushing the shaft 273 push shaft 274 head 275 Tail stent 284 bifurcated lumen 285 arterial lumen 286, 287 intestinal lumen 301 main spring assembly 302 rim spring assemblies 304, 305 stent boot 306 307, 308 sewn yarn 309 carrier shaft tubular recess 310 suture 311 axial lumen 312 spline 314, 315, 316 suture 318 outer catheter 319 inside catheter 320, 321 opening 322 connector sleeve 350 organ transplant device 351 holding assembly 352 elongated member 353 extended head 354 connector sleeve 355, 356 side openings 357 and 358 connected suture 360 ​​carriers shear shift area 380,3 1 ロック鈎 382、383 ロック鈎 388、389 係合部 1 locking hook 382 and 383 lock hook 388,389 engagement portion

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 米国特許4140126(US,A) 米国特許4562596(US,A) 欧州特許出願公開472731(EP,A 1) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) A61B 17/00 320 A61F 2/02 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (56) references US Patent 4140126 (US, a) United States Patent 4562596 (US, a) European Patent application Publication 472731 (EP, a 1) (58) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) A61B 17/00 320 A61F 2/02

Claims (13)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 所定形状とサイズの人工器官(プロテーゼ)組立体を患者の器官の内壁に配置する装置において、 前記プロテーゼ組立体は、スプリング組立体(6、1 1. A device to place a predetermined shape and size of the prosthesis (prostheses) assembly to the inner wall of the patient's organs, the prosthesis assembly is spring assembly (6,1
    2、31)に関連するグラフト(1)を有し、 前記スプリング組立体はアーム(15)を有し、折り曲 A graft (1) associated with 2, 31), the spring assembly includes an arm (15), folding
    げてエルボ(7)を形成し、かつ、先端(13)を有す Gaité forming an elbow (7), and having a tip (13)
    る突起(10)が前記アームに接着され、前記エルボか That the projections (10) is bonded to the arm, or the elbow
    ら突出しており、 前記スプリング組立体は前記グラフトの先端部又は両端 Has et projected, the spring assembly tip or both ends of the graft
    で、その内壁に糸(36)で縫合されており、前記装置は、 前記プロテーゼ組立体が所定の位置にある時、前記プロテーゼ組立体を包囲する導入シース(4)と、 導入シース(4)が除去される間、前記前記プロテーゼ組立体を所定位置に保持する手段(36、21、26) In, which is stitched with a thread (36) on its inner wall, the device, when the prosthesis assembly is in place, the introducer sheath (4) surrounding the prosthesis assembly, the introducer sheath (4) while BUSY to be removed, it means for holding said prosthesis assembly at a predetermined position (36,21,26)
    と、 を有し、 前記保持手段は、前記プロテーゼ組立体から離間した場所で、前記組立体に一時的に接続される接続装置(3 If it has the holding means, at a location spaced from the prosthesis assembly, connecting device (3, which is temporarily connected to the assembly
    6)に接続さることを特徴とする人工器官を患者の器官内に配置する装置。 Apparatus for placing a prosthesis into an organ of a patient characterized by connecting Sarukoto to 6).
  2. 【請求項2】 前記保持手段は、前記組立体内に伸びる細長部材(21)を有し、 前記接続装置(36)は、前記細長部材(21)とプロテーゼ組立体との間に前記所定の離間した場所に伸びることを特徴とする請求項1の装置。 Wherein said holding means comprises an elongate member (21) extending in the assembly, said connection device (36), said predetermined separation between the elongate member (21) and the prosthesis assembly the apparatus of claim 1, characterized in that extending location.
  3. 【請求項3】 前記細長部材(21)は、管状でその先端部に拡張ヘッド(22)を有し、 前記拡張ヘッドは、前記器官内への前記接続装置(3 Wherein said elongated member (21) is tubular in have an expanded head (22) at its distal end, said enlarged head, said connecting device (3 to said organ
    6)の挿入を容易にすることを特徴とする請求項2の装置。 The apparatus of claim 2, characterized in that to facilitate the insertion of 6).
  4. 【請求項4】 前記プロテーゼ組立体が前記シース内にある時、前記プロテーゼ組立体を圧縮状態になるよう、 Wherein when the prosthesis assembly is in the sheath, so that the prosthesis assembly in a compressed state,
    一時的に引きつける収縮装置(36、21)と、 前記シースの除去の間あるいは除去後、前記プロテーゼ組立体を拡張しながら解放する不能化装置(26)とを更に有することを特徴とする請求項3の装置。 Claim that temporarily attract deflation device (36,21), after or between the removal of the removal of the sheath, and further comprising a disabling device (26) to release while expanding the prosthesis assembly 3 of the device.
  5. 【請求項5】 前記収縮装置(36、21)と、不能化装置(26)とは、前記接続装置(36)の一部を形成し、 前記一部は、細長部材内に配置され、そこから制御されることを特徴とする請求項3の装置。 And wherein said deflation device (36,21), the disabling device (26), said forming part of the connection device (36), said part being disposed in the elongate member, which the apparatus of claim 3, characterized in that it is controlled from.
  6. 【請求項6】 前記接続装置(36)は、一端は、前記プロテーゼ組立体に接続され、他端は、細長部材の内側に開口(29、101)を介して、接続された糸(3 Wherein said connecting device (36) has one end is connected to the prosthesis assembly and the other end, through an opening (29,101) on the inner side of the elongate member, connected yarn (3
    6)であるコネクタを含み、 前記不能化装置は、前記糸を細長部材の内部から解放することを特徴とする請求項5の装置。 It includes a 6) connector, the disabling device, according to claim 5, characterized in that to release from the interior of the yarn elongated member.
  7. 【請求項7】 前記グラフトを収納する器官が二又形状であり、 前記グラフトは、共通本体(250)と2個の二又部分(213、210)とを有し、 前記スプリング組立体は、前記グラフトの共通本体と二又部分の一方(213)に関係し、 他のスプリング組立体は、前記二又部分の他方(21 7. organs for accommodating the graft is bifurcated shape, the graft has a common body (250) and two bifurcated portions (213,210), said spring assembly, It related to one (213) of the common body and the bifurcated portion of the graft, other spring assembly, the other of the bifurcated portions (21
    0)内に配置されることを特徴とする請求項1ないし6 Claims 1, characterized in that disposed 0) 6
    の装置。 Device.
  8. 【請求項8】 識別マーカ(211、212)が、少なくとも前記二又部分の他方(210)に施されていることを特徴とする請求項7の装置。 8. identification marker (211, 212) are, according to claim 7, characterized in that it applied to the other (210) of at least the bifurcated portions device.
  9. 【請求項9】 前記二又部分の他方(210)は、それぞれの器官内の位置に引かれるような装置を有することを特徴とする請求項7または8の装置。 Wherein said bifurcated portion of the other (210) The apparatus of claim 7 or 8, characterized in that it has a device as drawn in the position of the respective organ.
  10. 【請求項10】 前記スプリング組立体またはグラフトは、その先端部にあご部を有することを特徴とする請求項1ないし9の装置。 Wherein said spring assembly or graft device according to claim 1 to 9, characterized in that it has a jaw portion at its distal end.
  11. 【請求項11】 前記グラフトの一端は、シール(8 11. One end of the graft, seal (8
    0)されることを特徴とする請求項1ないし6の装置。 0) claims 1, characterized in that it is to device 6.
  12. 【請求項12】 プロテーゼ組立体を二又ルーメン内の所定位置配置する器官移植装置において、 前記二又ルーメンは、主ルーメンと、前記主ルーメンから分岐し連通する第1と第2のルーメンを有し、 前記プロテーゼ組立体は、主体とそこから伸びる第1と第2のリムとを有する二又グラフトを有し、 前記主体は、その中を軸方向に伸び、頭部オリフィスを有する主ボアを有し、 前記第1リムは、その中を軸方向に伸び、前記主ボアと連通し、第1尾部オリフィスを有し、 前記第2リムは、その中を軸方向に伸び、前記主ボアと連通し、第2尾部オリフィスを有し、 前記プロテーゼ組立体は、圧縮状態を有する主スプリング組立体と第1スプリング組立体とを有し、 前記主スプリング組立体は、前記プロテーゼ組立体が二又ルーメン内 In organ transplantation apparatus for a predetermined position location of 12. in a prosthesis assembly bifurcated lumen, the bifurcated lumen, closed main lumen, a first and second lumen communicating branches from the main lumen and, wherein the prosthesis assembly includes a bifurcated graft having a first and a second rim extending subject and from there, the metallic extends therein in the axial direction, the main bore having a head orifice a, the first limb extends therein in the axial direction, the main bore and communicating includes a first tail orifice, said second rim extends therein in the axial direction, and the main bore communicating, a second tail orifice, the prosthesis assembly includes a main spring assembly having a compressed state and a first spring assembly, said main spring assembly, the prosthesis assembly is bifurcated lumen 所定位置に配置され、前記主スプリング組立体が圧縮状態から解放された時、前記主体を半径方向に拡張して前記主体を主ルーメンの内壁に適合させ、 前記第1スプリング組立体は、前記プロテーゼ組立体が二又ルーメン内の所定位置に配置され、前記第1スプリング組立体が圧縮状態から解放された時、前記第1リムを半径方向に拡張して前記第1リムを主ルーメンの内壁に適合させ、 前記器官移植装置は、 圧縮状態の前記主スプリング組立体を収納する主コンテナ手段と、 圧縮状態の前記第1スプリング組立体を収納する第1コンテナ手段と、 前記グラフトの主ボアと第1ボア内に配置された、二又ルーメンの所定位置に前記プロテーゼ組立体を保持する保持手段と、 を有し、 この主コンテナ手段は、前記プロテーゼ組立体から引 In place, when the main spring assembly is released from the compressed state, extends the main radially adapt the principal to the inner wall of the main lumen, the first spring assembly, said prosthesis the assembly is placed in a predetermined position in bifurcated lumen, when the first spring assembly is released from the compressed state, the first rim by expanding the first rim radially inner wall of the main lumen adapted to the organ transplantation device includes a main container means for containing said main spring assembly in a compressed state, a first container means for containing said first spring assembly in a compressed state, and the main bore of the graft first disposed in one bore, and holding means for holding the prosthesis assembly in a predetermined position of the bifurcated lumen includes a, the main container unit, pull from the prosthesis assembly 抜かれると、前記スプリング組立体を圧縮状態から解放することを特徴とする器官移植装置。 Once unplugged, organ transplantation apparatus characterized by releasing the spring assembly from a compressed state.
  13. 【請求項13】 プロテーゼ組立体を二又ルーメン内の所定位置配置する器官移植装置において、 前記二又ルーメンは、主ルーメンと、前記主ルーメンから分岐し連通する第1と第2のルーメンを有し、 前記プロテーゼ組立体は、主体とそこから伸びる第1と第2のリムとを有する二又グラフトを有し、 前記主体は、その中を軸方向に伸び、頭部オリフィスを有する主ボアを有し、 前記第1リムは、その中を軸方向に伸び、前記主ボアと連通し、第1尾部オリフィスを有し、 前記第2リムは、その中を軸方向に伸び、前記主ボアと連通し、第2尾部オリフィスを有し、 前記プロテーゼ組立体は、圧縮状態を有する主スプリング組立体と第1スプリング組立体と第2スプリング組立体とを有し、 前記主スプリング組立体は、前記プロテーゼ In organ transplantation apparatus for a predetermined position location of 13. in a prosthesis assembly bifurcated lumen, the bifurcated lumen, closed main lumen, a first and second lumen communicating branches from the main lumen and, wherein the prosthesis assembly includes a bifurcated graft having a first and a second rim extending subject and from there, the metallic extends therein in the axial direction, the main bore having a head orifice a, the first limb extends therein in the axial direction, the main bore and communicating includes a first tail orifice, said second rim extends therein in the axial direction, and the main bore communicating, a second tail orifice, the prosthesis assembly includes a main spring assembly having a compressed state and a first spring assembly and a second spring assembly, the main spring assembly, the prosthesis 立体が二又ルーメン内の所定位置に配置され、前記主スプリング組立体が圧縮状態から解放された時、前記主体を半径方向に拡張して前記主体を主ルーメンの内壁に適合させ、 前記第1スプリング組立体は、前記プロテーゼ組立体が二又ルーメン内の所定位置に配置され、前記第1スプリング組立体が圧縮状態から解放された時、前記第1リムを半径方向に拡張して前記第1リムを主ルーメンの内壁に適合させ、 前記第2スプリング組立体は、前記プロテーゼ組立体が二又ルーメン内の所定位置に配置され、前記第2スプリング組立体が圧縮状態から解放された時、前記第2リムを半径方向に拡張して前記第2リムを主ルーメンの内壁に適合させ、 前記器官移植装置は、 圧縮状態の前記主スプリング組立体を収納する主コンテナ手段と、 Solid is placed in a predetermined position in bifurcated lumen, when the main spring assembly is released from the compressed state, extends the main radially adapt the principal to the inner wall of the main lumen, the first spring assembly, the prosthesis assembly is disposed at a predetermined position of the bifurcated lumen, when said first spring assembly is released from the compressed state, the first to extend the first rim radially the rim is adapted to the inner wall of the main lumen, the second spring assembly when the prosthesis assembly is disposed at a predetermined position of the bifurcated lumen, the second spring assembly is released from the compressed state, wherein the second rim extends radially adapt the second rim to the inner wall of the main lumen, the organ transplant device includes a main container means for containing said main spring assembly in a compressed state, 縮状態の前記第1スプリング組立体を収納する第1コンテナ手段と、 圧縮状態の前記第2スプリング組立体を収納する第2コンテナ手段と、 前記グラフトの主ボアと第1ボア内に配置された、二又ルーメンの所定位置に前記プロテーゼ組立体を保持する主保持手段と、 前記第1スプリング組立体に一時的に接続された、前記第1スプリング組立体を前記第1コンテナ手段内に保持する第1保持手段と、 前記第2スプリング組立体に一時的に接続された、前記第2スプリング組立体を前記第2コンテナ手段内に保持する第2保持手段と、 を有し、 前記主コンテナ手段は、前記プロテーゼ組立体から引く抜かれると、前記スプリング組立体を圧縮状態から解放することを特徴とする器官移植装置。 A first container means for containing said first spring assembly of the reduced state, and a second container means for containing said second spring assembly in the compressed state, disposed in the main bore and the first bore of the graft a main holding means for holding the prosthesis assembly in a predetermined position of the bifurcated lumen, said temporarily connected to the first spring assembly, to hold the first spring assembly within said first container means a first holding means, said second temporarily connected to the spring assembly, and a second holding means for holding said second spring assembly within said second container means, said main container means , when withdrawn subtracted from the prosthesis assembly, organ transplantation apparatus characterized by releasing the spring assembly from a compressed state.
JP31140492A 1991-10-25 1992-10-26 The prosthesis is placed into an organ of the patient device and organ transplantation device Expired - Lifetime JP3324707B2 (en)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US86879292A true 1992-04-15 1992-04-15
US868792 1992-04-15
US07/959,758 US5387235A (en) 1991-10-25 1992-10-21 Expandable transluminal graft prosthesis for repair of aneurysm
US959758 1997-10-29

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05305092A JPH05305092A (en) 1993-11-19
JP3324707B2 true JP3324707B2 (en) 2002-09-17

Family

ID=27128078

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP31140492A Expired - Lifetime JP3324707B2 (en) 1991-10-25 1992-10-26 The prosthesis is placed into an organ of the patient device and organ transplantation device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3324707B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008119480A (en) * 2006-11-14 2008-05-29 Medtronic Vascular Inc Stent graft with anchoring pin

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2527539Y2 (en) * 1993-05-25 1997-03-05 株式会社グッドマン Catheter introducer
US5609627A (en) * 1994-02-09 1997-03-11 Boston Scientific Technology, Inc. Method for delivering a bifurcated endoluminal prosthesis
CA2258732C (en) * 1996-06-20 2006-04-04 Sulzer Vascutek Ltd. Prosthetic repair of body passages
AUPO700897A0 (en) * 1997-05-26 1997-06-19 William A Cook Australia Pty Ltd A method and means of deploying a graft
US20030065377A1 (en) * 2001-09-28 2003-04-03 Davila Luis A. Coated medical devices
JP4980569B2 (en) * 2002-12-02 2012-07-18 ジーアイ・ダイナミックス・インコーポレーテッドGi Dynamics,Inc. Entry system sending placing gastrointestinal implant device and the device in the body
US7025791B2 (en) 2002-12-02 2006-04-11 Gi Dynamics, Inc. Bariatric sleeve
AU2004305450B2 (en) 2003-12-09 2009-01-08 Gi Dynamics, Inc. Intestinal sleeve
AT455520T (en) * 2004-01-27 2010-02-15 Med Inst Inc Barbs for mounting to a medical prosthesis
US7758626B2 (en) * 2004-07-20 2010-07-20 Medtronic Vascular, Inc. Device and method for delivering an endovascular stent-graft having a longitudinally unsupported portion
EP2262444B1 (en) * 2008-04-09 2018-02-28 Cook Medical Technologies LLC Stent-graft
DE102009055969A1 (en) * 2009-11-27 2011-06-01 Transcatheter Technologies Gmbh Apparatus and set of folding or unfolding of a medical implant and methods
US8414640B2 (en) * 2010-04-13 2013-04-09 Medtronic Vascular, Inc. Delivery system ejection component and method
US20140180385A1 (en) * 2012-12-21 2014-06-26 Cordis Corporation Stent cannulation guiding device and method of use

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008119480A (en) * 2006-11-14 2008-05-29 Medtronic Vascular Inc Stent graft with anchoring pin

Also Published As

Publication number Publication date
JPH05305092A (en) 1993-11-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6179863B1 (en) Hemostatic puncture closure system and method of use
US6770083B2 (en) Surgical device for connecting soft tissue
US7842047B2 (en) Articulating suturing device and method
US7942919B2 (en) Bifurcated endoluminal prosthesis
EP1086664B1 (en) Apparatus for delivering an endoluminal prosthesis
US5716365A (en) Bifurcated endoluminal prosthesis
US9744021B2 (en) Devices, systems, and methods for prosthesis delivery and implantation, including the use of a fastener tool
US9456811B2 (en) Vascular closure methods and apparatuses
US6478813B1 (en) Method for joining grafts in a common body passageway
US8043354B2 (en) Thoracic deployment device and stent graft
US6887249B1 (en) Positioning systems for sutureless anastomosis systems
CA2647924C (en) Percutaneous catheter directed intravascular occlusion devices
US7850701B2 (en) Articulating suturing device and method
EP1047341B1 (en) Transluminal methods and apparatus for closing, forming attachments to, and/or forming anastomotic junctions in, luminal anatomical structures
JP5643266B2 (en) Equipment to quickly repair the body conduit
CA2283286C (en) Hoop stent
AU2003248771B2 (en) Thoracic stent-graft introducer
JP4887159B2 (en) Endoluminal prosthesis device and method of forming
JP5026431B2 (en) Apparatus for prosthesis delivery and implantation, the system and method
US5855585A (en) Device and method for suturing blood vessels and the like
US8298251B2 (en) Anastomosis apparatus and methods
CA2443104C (en) Delivery system and method for bifurcated graft
US8252008B2 (en) Articulating suturing device and method
US6964668B2 (en) Articulating suturing device and method
US5779719A (en) Device and method for the percutaneous suturing of a vascular puncture site

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080705

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080705

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080705

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080705

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080705

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090705

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100705

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110705

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110705

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120705

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130705

Year of fee payment: 11

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130705

Year of fee payment: 11