JP3323718B2 - 照明装置 - Google Patents

照明装置

Info

Publication number
JP3323718B2
JP3323718B2 JP32604495A JP32604495A JP3323718B2 JP 3323718 B2 JP3323718 B2 JP 3323718B2 JP 32604495 A JP32604495 A JP 32604495A JP 32604495 A JP32604495 A JP 32604495A JP 3323718 B2 JP3323718 B2 JP 3323718B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
unit
light
light guide
light source
reflection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP32604495A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08220536A (ja
Inventor
俊之 神田
広 高林
義浩 鬼束
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP6-313694 priority Critical
Priority to JP31369494 priority
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP32604495A priority patent/JP3323718B2/ja
Publication of JPH08220536A publication Critical patent/JPH08220536A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3323718B2 publication Critical patent/JP3323718B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、液晶パネル等を照
明するバックライトに用いられる照明装置係り、詳し
くは平面光源における面内輝度を均一化するための手段
に関する。

【0002】

【従来の技術】透過型の液晶パネル等を背面より照明す
るための照明装置は種々提案されている。その一例とし
て、光源を端部に有するいわゆるエッジ型の平面光装置
を図1に、及びこれを用いた液晶表示装置の断面を図2
に示す。

【0003】このバックライト装置(照明装置)1は、
図1に示すように、線光源としての蛍光灯2を備えてお
り、この蛍光灯2に対向するように側面反射板(第1の
反射手段)3が配置されている。そして、これらの蛍光
灯2と側面反射板3との間には透明なアクリル板4が導
光部として配置されている。また、蛍光灯2は、図2に
示すように、略コ字状のリフレクター5によって覆われ
ている。このリフレクター5,…はアルミ板で形成され
ており、その内面には、例えば銀蒸着による鏡面仕上げ
が施こされている。さらに、アクリル板4の背面側で、
蛍光灯2と側面反射板3との間には、後面反射板(第2
の反射手段)6が配設されている。この後面反射板6
は、リフレクター5,…と同様にアルミ板で形成されて
おり、その内面には銀蒸着による鏡面仕上げが施されて
いる。またさらに、アクリル板4の正面(前面)側には
拡散板7が配置されており、アクリル板4からの光を拡
散するように構成されている。またさらに、この拡散板
7の上方には液晶パネルPが配置されている。

【0004】ところで、このようなバックライト装置1
が起動されて蛍光灯2が点灯されても、後面反射板側に
おいて複数のドット等からなる拡散反射パターン(輝度
分布調整手段)9がない場合には、当該反射板より反射
されるほとんどの光は液晶パネルPの側に均一に出射さ
れず、また、液晶パネルPの側に出射される光は、蛍光
灯2又は側面反射板3からのものが多く、面状光として
の輝度は均一ではなかった。

【0005】したがって、例えば図3に示すように複数
のドット10,…からなる拡散反射パターン(輝度分布
調整手段)9をアクリル板4の例えば背面に白色塗料を
印刷等により形成して、乱反射を利用した輝度の均一化
が図られている。

【0006】これらのドット10,…は、図3に示すよ
うに、アクリル板4の中央部近傍(例えば中央部より若
干側面反射板側)では面積が大きく間隙が小さくなるよ
うに形成されており、アクリル板4の端部に近づくほど
面積が小さく間隙が大きくなるように設定されている。
そして、この拡散反射パターン9の分布密度は、図4に
示すように、アクリル板4の端部で粗となり、アクリル
板4の略中央部で密となるように設定されていた。ま
た、相対向するように配置された蛍光灯2及び側面反射
板3を含む断面における分布密度は、図5で破線で示す
ように、アクリル板4の端部で低く、かつ、アクリル板
4の端部からの距離に比例して高くなるように設定され
ていた。そして、拡散反射パターン9の分布密度の高い
領域ではアクリル板4の前方に出射される光の量が増加
され、分布密度の低い領域では該光の量が減少されるよ
うに構成されていた。なお、上述した分布密度は、導光
部(アクリル板4)での各位置(点)における単位面積
当たりに占める拡散反射パターン9の面積率を意味する
ものとし、等分布密度曲線は、等しい分布密度位置を結
ぶ曲線を意味するものとする(以下、各実施の形態にて
説明する他の図面についても同様とする)。

【0007】そして、アクリル板4を透過する光は、そ
の一部がアクリル板4にて臨界角反射され、また一部は
拡散反射パターン9にて乱反射され、さらに一部は反射
板3,6にて反射され、液晶パネルPを照明していた。

【0008】

【発明が解決しようとする課題】ところで、上述したよ
うな照明装置(バックライト装置)においては、ドット
10,…の分布密度が図5に破線で示すように設定され
て鋭角なピーク(極大部分)を有していたため、即ち、
一断面方向で分布密度が極大となる一点のみで分布密度
の変化率が不連続に変化しており、その部分で輝度が一
番高くなり、その結果、輝線(輝度の明るい部分)を生
じさせていた。近年は液晶パネルの高精細化が進んでい
るが、このような輝線の発生に伴い液晶パネルの表示品
質も低下していた。

【0009】そこで、本発明は、輝線の発生等を防止し
て平面光における面内での輝度の均一化がなされ、特に
液晶表示のバックライト装置等に用いられる照明装置を
提供することを目的とするものである。

【0010】

【0011】

【課題を解決するための手段】本発明は、上述事情に鑑
みなされたものであって、導光部と、該導光部を介して
相対向する第1の線光源及び第1の反射手段と、前記第
1の線光源及び前記第1の反射手段に隣接し、前記導光
部を介して相対向する第2の線光源及び第3の反射手段
と、前記導光部の背面側に配置された第2の反射手段
と、前記導光部と前記第2の反射手段との間に配置され
た輝度分布調整手段と、を備え、かつ、前記第1及び第
2の線光源からの光が前記導光部中を透過すると共に、
前記第1乃至第3の反射手段及び前記輝度分布調整手段
によって反射され前記導光部から出射される照明装置に
おいて、前記輝度分布調整手段は、光を反射させる反射
要素を前記導光部に沿うように複数配置して構成され、
前記反射要素の分布密度は、前記線光源や前記反射手段
からの距離に応じて変化し、かつ、その変化率も、前記
線光源や前記反射手段からの距離に応じて、不連続とな
らないように変化する、ことを特徴とする。

【0012】

【0013】本発明の照明装置は、導光部を介して相対
向して線光源及び第1の反射手段を有し、該導光部に沿
って、特に該線光源、導光部及び第1の反射手段を含む
一水平直線方向における分布密度がその変化率が不連続
とならないように変化した輝度分布調整手段が配設され
ている点で特徴的である。具体的には、当該分布密度の
変化線が連続的な変化をなす線であることを特徴とす
る。

【0014】本発明では、上記構成において、前記輝度
分布調整手段の分布密度の変化の形態(変化率)は、例
えば、照明装置のサイズ、或はこれを用いる表示装置の
サイズ(液晶表示装置のパネルのサイズ)、用いる蛍光
灯の輝度、輝度分布調整手段に用いる材料(後述するよ
うな反射パターンの材質等)によって、適宜調整され得
る。前記輝度分布調整手段の導光部に沿った一断面方向
での変化率(その絶対値)については、特に好ましくは
最大変化率(絶対値)の50%以下の変化率となる領域
が当該断面方向の全長の少なくとも5%以上に亘って設
けられる様に設定する。更に、当該最大変化率の50%
以下となる領域は、実質的には前記輝度分布調整手段
(反射パターン)の密度が最大となる点(分布密度の変
化曲線で極大となる点)を含み得る。

【0015】以上構成に基づき、線光源からの光は導光
部の中を透過し、その一部は第1の反射手段や第2の反
射手段によって反射されて前記導光部の前方に出射され
る。また、一部の光は輝度分布調整手段によって反射さ
れ、その結果、前記導光部の前方に出射される光の輝度
分布が調整される。この場合、前記輝度分布調整手段は
連続的な変化率をもって変化する分布密度をもつよう
に、さらに好ましくは上述したような変化率をもった特
定の領域を有するように形成されているため、該分布密
度の変化率が不連続となる点や線において生じる輝線の
発生が抑制される。

【0016】本発明の上記構成では、例えば、前記輝度
分布調整手段が前記導光部と前記第2の反射手段との間
に配置され、前記輝度分布調整手段を、その分布密度の
高い領域では当該領域における反射手段側で反射され前
記導光部前方に出射される光の量を増加させ、該分布密
度の低い領域では当該領域における反射手段側で反射さ
れ前記導光部前方に出射される光の量を減少させる、よ
うに構成することが好ましい。また、その場合には、前
記相対向するように配置された線光源及び第1の反射手
段の間における前記輝度分布調整手段の分布密度は、前
記線光源の近傍が前記第1の反射手段の近傍よりも低
く、これらの線光源及び第1の反射手段から離れるに従
って高くなるように設定されると共に、その分布密度の
変化率が不連続にならないように極大部分或は最大部分
を有するように設定される、ようにすると好ましい。ま
た、前記線光線の近傍の領域における前記輝度分布調整
手段の分布密度と、前記第1の反射手段の近傍の領域に
おける前記輝度分布調整手段の分布密度とを、これら線
光源からの光と第1の反射手段表面から反射される光と
の輝度差に応じて設定し、その極大部分の位置について
はかかる輝度差に応じて設定することができる。またさ
らに、前記輝度分布調整手段の分布密度の極大部分或は
最大部分が、前記線光源及び前記第1の反射手段より等
距離にない、ように設定され得る。またさらに、前記輝
度分布調整手段の分布密度を、前記導光部の隅部にて高
くした、ようにすると好ましい。

【0017】一方、本発明の照明装置の構成では、前記
輝度分布調整手段が、前記第2の反射手段に対向するよ
うに前記導光部の正面側に配置され、前記輝度分布調整
手段は、その分布密度の高い領域では前記導光部前方に
出射される光の量を減少させ、該分布密度の低い領域で
は前記導光部前方に出射される光の量を増加させ、面全
体としての光量が均一となるように配置することが好ま
しく、この場合、前記相対向するように配置された線光
源及び第1の反射手段の間における前記輝度分布調整手
段の分布密度は、前記線光源の近傍が前記第1の反射手
段の近傍よりも高く、これらの線光源及び第1の反射手
段から離れるに従って低くなるように設定されると共
に、その分布密度の変化率が不連続にならないように極
小部分又は最小部分を有するように設定される、ように
すると好ましい。また、前記線光線の近傍の領域におけ
る前記輝度分布調整手段の分布密度と、前記第1の反射
手段の近傍の領域における前記輝度分布調整手段の分布
密度とを、これら線光源からの光と第1の反射手段から
反射される光との輝度差に応じて設定し、その極小部分
の位置についてもかかる輝度差に応じて設定することが
できる。例えば、前記前記輝度分布調整手段の分布密度
の極小部分或は最小部分が、前記線光源及び前記第1の
反射手段より等距離にない、ように設定され得る。また
さらに、前記輝度分布調整手段の分布密度を、前記導光
部の隅部にて低くした、ようにすると好ましい。

【0018】本発明は、前記輝度分布調整手段が、複数
のドットにより構成されて前記線光源からの光を反射す
る、ようにすることが好ましい。また、前記輝度分布調
整手段が、メッシュ状に形成されて前記線光源からの光
を反射する、ようにしてもよい。

【0019】また一方、前記導光部として、透明な板状
材料、例えばアクリル板等を用いることができる。ま
た、前記導光部を、前記複数の線光源の間に形成された
空間としても良い。

【0020】

【発明の実施の形態】以下、図面に沿って、本発明の具
体的な実施態様について説明する。

【0021】まず、本発明の第1の実施の形態につい
て、図5に沿って説明する。

【0022】本実施の形態に係る照明装置及び液晶表示
装置は、図1及び図2に示すものと外面的にはほぼ同様
の構造であるが、図2に示す断面、即ち図1のA−A線
に沿った拡散反射パターン(輝度分布調整手段)9の密
度分布は図5の実線で示すような曲線を構成する。すな
わち、相対向するように配置された蛍光灯(線光源)2
及び側面反射板(第1の反射手段)3を含む断面におけ
る分布密度は、蛍光灯2の近傍の領域が側面反射板3の
近傍の領域よりも低く、これらの蛍光灯2及び側面反射
板3から離れるに従って高くなるように設定されてい
る。また、該分布密度は、アクリル板(導光部)4の中
央部(蛍光灯2と側面反射板3との中間位置)よりも側
面反射板側(右側)にてピーク(極大部分)をもつよう
に設定されており、すなわち、ピーク位置−側面反射板
間の距離がピーク位置−蛍光灯間の距離よりも小さくな
るように設定されており、該ピークはなだらかな曲線を
描いてその分布密度の変化率が不連続にならないように
緩やかに変化するように構成されている。なお、上述の
ように、蛍光灯2の近傍の領域における分布密度を側面
反射板3の近傍の領域の密度よりも低くしたのは、側面
反射板3からの反射光量が蛍光灯2からの出射光量より
も低いことを考慮したものである。つまり、蛍光灯2の
近傍の領域及び側面反射板3の近傍の領域における分布
密度は、これらの輝度差を考慮して設定される。また、
ピークの位置についても該輝度差を考慮して設定され
る。

【0023】次に、本実施の形態の効果について説明す
る。

【0024】本実施の形態によれば、バックライト装置
としての照明装置における、面状光内での輝線は抑制さ
れて、輝度の均一化が図られ、液晶パネルの表示品質が
良好になる。また、本実施の形態によれば、蛍光灯の代
わりに側面反射板3を用いており、装置全体のサイズに
よっては安価で且つ蛍光灯からの発生熱量の小さい高輝
度のバックライト装置を得ることができる。

【0025】ついで、図6及び図7に沿って、本発明の
第2の実施の形態について説明する。なお、図2に示す
ものと同一部分は同一符号を付して説明を省略する。

【0026】本実施の形態に係る照明装置20は、図6
に示すように、後面反射板(第2の反射手段)6に平行
になるように配置された前面透過板21を備えており、
これらの後面反射板6と前面透過板21との間には、導
光部としての空間Sが形成されている。この前面透過板
21は薄い透明アクリル板にて形成されており、その下
面には反射パターン(輝度分布調整手段)22が設けら
れている。つまり、反射パターン22は、後面反射板6
に対向するように導光部(空間S)の正面側に配置され
ている。この反射パターン22は、例えばアルミをメッ
シュ状又はドットパターン状に蒸着することにより形成
されており、分布密度の高い領域では液晶パネルPの側
(前方)に出射される光の量を減少させ、分布密度の低
い領域では該光量を増加させるように機能する。

【0027】また、この反射パターン22の分布密度
は、図7に示すようになっている。すなわち、相対向す
るように配置された蛍光灯(線光源)2及び側面反射板
(第1の反射手段)3を含む断面における分布密度は、
蛍光灯2の近傍の領域が側面反射板3の近傍の領域より
も高く、これらの蛍光灯2及び側面反射板3から離れる
に従って低くなるように設定されている。また、該分布
密度は、アクリル板(導光部)4の中央部(蛍光灯2と
側面反射板3との中間位置)よりも側面反射板側(右
側)にて極小部分をもつように設定されており、すなわ
ち、ピーク位置−側面反射板間の距離がピーク位置−蛍
光灯間の距離よりも小さくなるように設定されており、
該極小部分はなだらかな曲線を描いてその分布密度の変
化率が不連続にならないように緩やかに変化するように
構成されている。なお、上述のように、蛍光灯2の近傍
の領域における分布密度を側面反射板3の近傍の領域の
密度よりも高くしたのは、側面反射板3からの反射光量
が蛍光灯2からの出射光量よりも低いことを考慮したも
のである。つまり、蛍光灯2の近傍の領域及び側面反射
板3の近傍の領域における分布密度は、これらの輝度差
を考慮して設定される。また、極小部分の位置について
も該輝度差に応じて設定される。

【0028】一方、この前面透過板21の上面には照明
光の方向性を揃えるべくプリズムシート23が配置され
ている。このプリズムシート23は、各プリズムの稜線
方向が蛍光灯2の長手方向と一致するように、またプリ
ズムの頂角側が前面透過板21を向くように、配置され
ている。

【0029】なお、本実施の形態においては、上述構成
のバックライト装置としての照明装置20と液晶パネル
Pとによって液晶表示装置B2 が構成されている。

【0030】次に、本実施の形態の効果について説明す
る。

【0031】本実施の形態によれば、照明装置から出射
される面状光における輝線は抑制されて、輝度の均一化
が図られ、液晶パネルの表示品質が良好になる。また、
本実施の形態によれば、蛍光灯の代わりに側面反射板3
を用いるようにしたため、装置全体のサイズに応じて、
蛍光灯の発生熱量を適切にし、高輝度で且つ均一な輝度
の面状光を出射する照明装置を得ることができる。

【0032】なお、上述した第1の実施の形態において
は拡散反射パターンの分布密度を図5の実線に示すよう
にし、上述した第2の実施の形態においては反射パター
ン22の分布密度を図7に示すようにしたが、もちろん
これに限る必要はない。例えば、アクリル板4の4隅な
ど、輝度の低い場合があり、第1の実施の形態では、拡
散反射パターンの分布密度をその周囲よりも上げ、或は
第2の実施の形態では、反射パターン22の分布密度を
その周囲よりも下げることにより、該部分が出射される
光の輝度を上げて、全体としての面状光の輝度の均一化
を図ることができる。なお、図8は、その場合の輝度分
布を等輝度曲線で示したものであり、アクリル板4の4
隅において輝度が増加していることを示している。第1
の実施の形態では、輝度が局部的に高すぎるような場合
には、その部分における拡散反射パターンの分布密度を
下げ、第2の実施の形態の反射パターン22の場合には
分布密度を上げることにより、同様に輝度の均一化を図
ることができる。このような分布密度の調整は、光源の
特性や配置などに応じて行なう必要がある。

【0033】また、上述した第1の実施の形態において
は拡散反射パターン9をドットにより形成するものとし
たが、もちろんこれに限る必要はなく、メッシュ状とし
てもよい。

【0034】さらに、上述した第1の実施の形態におい
ては導光部をアクリル板4としたが、もちろんこれに限
る必要はなく、空間を導光部として用いても良い。また
同様に、上述した第2の実施の形態においては導光部を
空間Sとしたが、もちろんこれに限る必要はなく、アク
リル板等の透明部材を導光部として用いてもよい。

【0035】またさらに、上述した実施の形態において
は、蛍光灯(第1の線光源)と側面反射板(第1の反射
手段)3とをそれぞれ1本ずつ設けるようにしたが、も
ちろんこれに限る必要はない。例えば、図9に示すよう
に、導光部の三方に蛍光灯2,…(第1乃至第3の線光
源)を設け、残りの一方に側面反射板3(第1の反射手
段)を設けるようにしてもよい。また、図10に示すよ
うに、導光部の隣合う二方に蛍光灯2,…(第1及び第
2の線光源)を設け、残りの二方に側面反射板3,3
(第1及び第3の反射手段)を設けるようにしてもよ
い。

【0036】これらの構成においても、全ての蛍光灯2
及び側面反射板3を含む断面方向での拡散反射又は反射
パターン(輝度分布調整手段)の分布密度の変化は、そ
の変化率が不連続とならないように穏やかに変化するよ
うに構成されており、輝度分布調整手段の粗密が形成さ
れる。尚、図9及び図10では反射パターンの分布を後
面反射板と導光部との間に設けられる場合で示したが、
当該反射パターンが導光部の前面側に配設される場合で
は、その分布の状態、即ち粗密の分布は図9及び図10
と反対の状態とする。

【0037】

【発明の効果】以上説明したように、本発明によると、
照明装置における輝線の発生を防止して輝度の均一化を
図ることができる。

【0038】また、本発明によると、輝度が均一化され
た照明装置として用いることにより、液晶パネルの表示
品質を良好にできる。

【図面の簡単な説明】

【図1】照明装置の主要構成を示す斜視図。

【図2】図1のA−Aに沿った断面構造を含む液晶表示
装置の構造を示す断面図。

【図3】照明装置における拡散反射パターンのドットの
配列を説明するための図。

【図4】照明装置における拡散反射パターンのドットの
面分布密度を示す図。

【図5】照明装置において、相対向するように配置され
た蛍光灯2及び側面反射板3を含む断面における、拡散
反射パターンの分布密度の一例を説明するための図。

【図6】本発明の第2の実施の形態に係る液晶表示装置
の構造を説明するための断面図。

【図7】照明装置における、相対向するように配置され
た蛍光灯2及び側面反射板3を含む断面における、反射
パターンの分布密度を説明するための図。

【図8】他の適用例の効果を説明するための面内の輝度
分布図。

【図9】他の実施の形態における蛍光灯及び側面反射板
の配置を示す平面図。

【図10】他の実施の形態における蛍光灯及び側面反射
板の配置を示す平面図。

【符号の説明】

1 バックライト装置(照明装置) 2 蛍光灯(線光源) 3 側面反射板(第1の反射手段) 4 アクリル板(導光部) 6 後面反射板(第2の反射手段) 9 拡散反射パターン(輝度分布調整手段) 10,… ドット 20 照明装置 22 反射パターン(輝度分布調整手段) B1 液晶表示装置 B2 液晶表示装置 P 液晶パネル S 空間(導光部)

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平5−241150(JP,A) 特開 平5−341131(JP,A) 特開 平6−250171(JP,A) 特開 平4−86620(JP,A) 特開 平6−258641(JP,A) 特開 平4−36039(JP,A) 特開 平7−36038(JP,A) 特開 昭57−128383(JP,A) 実開 平4−22779(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) G02F 1/13357 G02F 1/1335 F21V 8/00

Claims (5)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 導光部と、該導光部を介して相対向する
    第1の線光源及び第1の反射手段と、前記第1の線光源
    及び前記第1の反射手段に隣接し、前記導光部を介して
    相対向する第2の線光源及び第3の反射手段と、前記導
    光部の背面側に配置された第2の反射手段と、前記導光
    部と前記第2の反射手段との間に配置された輝度分布調
    整手段と、を備え、かつ、前記第1及び第2の線光源か
    らの光が前記導光部中を透過すると共に、前記第1乃至
    第3の反射手段及び前記輝度分布調整手段によって反射
    され前記導光部から出射される照明装置において、 前記輝度分布調整手段は、光を反射させる反射要素を前
    記導光部に沿うように複数配置して構成され、 前記反射要素の分布密度は、前記線光源や前記反射手段
    からの距離に応じて変化し、かつ、 その変化率も、前記線光源や前記反射手段からの距離に
    応じて、不連続とならないように変化する、ことを特徴
    とする照明装置。
  2. 【請求項2】 導光部と、該導光部を介して相対向する
    第1の線光源及び第1の反射手段と、前記第1の線光源
    及び前記第1の反射手段に隣接し、前記導光部を介して
    相対向する第2の線光源及び第3の反射手段と、前記導
    光部の背面側に配置された第2の反射手段と、前記導光
    部の前面側に配置された輝度分布調整手段と、を備え、
    かつ、前記第1及び第2の線光源からの光が前記導光部
    中を透過すると共に、前記第1乃至第3の反射手段及び
    前記輝度分布調整手段によって反射され前記導光部から
    出射される照明装置において、 前記輝度分布調整手段は、光を反射させる反射要素を前
    記導光部に沿うように複数配置して構成され、 前記反射要素の分布密度は、前記線光源や前記反射手段
    からの距離に応じて変化し、かつ、 その変化率も、前記線光源や前記反射手段からの距離に
    応じて、不連続とならないように変化する、ことを特徴
    とする照明装置。
  3. 【請求項3】 導光部と、該導光部を介して相対向する
    第1の線光源及び第1の反射手段と、前記第1の線光源
    及び前記第1の反射手段に隣接し、前記導光部を介して
    相対向する第2の線光源及び第3の線光源と、前記導光
    部の背面側に配置された第2の反射手段と、前記導光部
    と前記第2の反射手段との間に配置された輝度分布調整
    手段と、を備え、かつ、前記第1乃至第3の線光源から
    の光が前記導光部中を透過すると共に、前記第1及び第
    2の反射手段並びに前記輝度分布調整手段によって反射
    され前記導光部から出射される照明装置において、 前記輝度分布調整手段は、光を反射させる反射要素を前
    記導光部に沿うように複数配置して構成され、 前記反射要素の分布密度は、前記線光源や前記反射手段
    からの距離に応じて変化し、かつ、 その変化率も、前記線光源や前記反射手段からの距離に
    応じて、不連続とならないように変化する、ことを特徴
    とする照明装置。
  4. 【請求項4】 導光部と、該導光部を介して相対向する
    第1の線光源及び第1の反射手段と、前記第1の線光源
    及び前記第1の反射手段に隣接し、前記導光部を介して
    相対向する第2の線光源及び第3の線光源と、前記導光
    部の背面側に配置された第2の反射手段と、前記導光部
    の前面側に配置された輝度分布調整手段と、を備え、か
    つ、前記第1乃至第3の線光源からの光が前記導光部中
    を透過すると共に、前記第1及び第2の反射手段並びに
    前記輝度分布調整手段によって反射され前記導光部から
    出射される照明装置において、 前記輝度分布調整手段は、光を反射させる反射要素を前
    記導光部に沿うように複数配置して構成され、 前記反射要素の分布密度は、前記線光源や前記反射手段
    からの距離に応じて変化し、かつ、 その変化率も、前記線光源や前記反射手段からの距離に
    応じて、不連続とならないように変化する、ことを特徴
    とする照明装置。
  5. 【請求項5】 前記光を反射させる反射要素がドットで
    ある、ことを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項
    に記載の照明装置。
JP32604495A 1994-12-16 1995-12-14 照明装置 Expired - Fee Related JP3323718B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6-313694 1994-12-16
JP31369494 1994-12-16
JP32604495A JP3323718B2 (ja) 1994-12-16 1995-12-14 照明装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32604495A JP3323718B2 (ja) 1994-12-16 1995-12-14 照明装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08220536A JPH08220536A (ja) 1996-08-30
JP3323718B2 true JP3323718B2 (ja) 2002-09-09

Family

ID=26567668

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32604495A Expired - Fee Related JP3323718B2 (ja) 1994-12-16 1995-12-14 照明装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3323718B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002311428A (ja) 2001-04-11 2002-10-23 Hitachi Device Eng Co Ltd 液晶表示装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08220536A (ja) 1996-08-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7967462B2 (en) Backlight assembly for liquid crystal display apparatus having inclined light emmitting elements
JP5475684B2 (ja) 照明システム、照明器具及びバックライトユニット
KR100640116B1 (ko) 도광판 및 평면 조명 장치
DE69333439T2 (de) Flächenhafte Beleuchtungsvorrichtung und Flüssigkristallanzeige
US6139163A (en) Planar light source unit
US7118266B2 (en) Surface light source device of side light type
JP4142234B2 (ja) 面光源装置及び液晶表示装置
JP4156348B2 (ja) 照明装置及びこれをバックライトに用いた表示装置
US7446829B2 (en) Backlight unit and liquid crystal display unit using backlight unit
EP0684423B1 (en) Backlight device for display apparatus
JP3379043B2 (ja) 面状照明装置
US5735590A (en) Backlighting device with a transparent sheet having straight ridges
JP4185721B2 (ja) 照明装置及び液晶表示装置
KR100764592B1 (ko) 액정 표시 장치용 백라이트
DE10297527B4 (de) Kompaktes Beleuchtungssystem und Anzeigeeinrichtung
JP5290279B2 (ja) 照明システム、照明器具及びバックライティングユニット
EP0561329B1 (en) Surface light source device
JP3891387B2 (ja) 面光源装置及び表示装置
US4706173A (en) Lighting apparatus
JP3931070B2 (ja) 面状光源装置及びこれを備えた液晶表示装置
JP4902566B2 (ja) 面状照明装置および表示装置
KR101167301B1 (ko) 액정표시장치용 백라이트 유닛
US7980746B2 (en) Hollow type planar illuminating device
US6612710B2 (en) Surface light source device, display and light guide plate
KR100394563B1 (ko) 백라이트 및 액정표시장치

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees