JP3288484B2 - 延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法 - Google Patents

延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法

Info

Publication number
JP3288484B2
JP3288484B2 JP15074593A JP15074593A JP3288484B2 JP 3288484 B2 JP3288484 B2 JP 3288484B2 JP 15074593 A JP15074593 A JP 15074593A JP 15074593 A JP15074593 A JP 15074593A JP 3288484 B2 JP3288484 B2 JP 3288484B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
less
steel sheet
strength
ductility
solid solution
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP15074593A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH073382A (ja
Inventor
一典 大沢
栄治 飯塚
和哉 三浦
誠 今中
俊之 加藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
JFE Steel Corp
Original Assignee
JFE Steel Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by JFE Steel Corp filed Critical JFE Steel Corp
Priority to JP15074593A priority Critical patent/JP3288484B2/ja
Publication of JPH073382A publication Critical patent/JPH073382A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3288484B2 publication Critical patent/JP3288484B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、延性および耐衝撃性に
優れる薄鋼板とその製造方法に関し、とくにプレス成形
等の加工が施される自動車用鋼板として用いられるもの
であって、とりわけ自動車が走行中に万一衝突した場合
の特性, 即ち耐衝撃性が求められる部位の素材として好
適な薄鋼板とそれの製造方法に関する提案である。最
近、地球環境保全の機運が高まってきたことから、自動
車からのCO2 排出量の低減が求められている。そのため
に、自動車車体の軽量化が図られており、それはまた、
鋼板の高強度化によって板厚を低減させることを意味す
るものであり、素材としてはプレス成形性と強度の両方
に優れたものが求められている。さらに、自動車車体の
設計思想に着目すると、鋼板の単なる高強度化のみでな
く、より大切なことは走行中に万一衝突した場合の耐衝
撃性に優れた鋼板、すなわち、板厚が薄く、高歪速度で
変形した場合の変形抵抗が大きい鋼板の開発が必要であ
り、これを実現してこそ自動車の安全性の向上を伴った
車体の軽量化が図られ、より望ましい自動車用鋼板を提
供することができる。
【0002】
【従来の技術】従来、自動車用鋼板の材質強化の方法
は、フェライト単相組織鋼では主としてSi, Mn, Pとい
った置換型固溶元素の添加による固溶強化、あるいはN
b, Tiといった炭・窒化物形成元素を添加することによ
る析出強化といった方法が一般的である。例えば、特開
昭56−139654号公報等に記載されているように、加工
性、時効性を改善するために極低炭素鋼にTi, Nbを含有
させ、さらに加工性を害しない範囲でP等の強化成分を
含有させて高強度化を図った鋼板が数多く提案されてい
る。この他にも、例えば特開昭59−193221号公報には、
Si添加によってさらに高強度化を図る方法の提案もなさ
れている。
【0003】たしかに、このような方法での鋼板の高強
度化によって、自動車ボディーの板厚減少はある程度可
能となった。しかしながら、これらの提案は、鋼板強度
の指標である降伏強度あるいは引張強度を、歪速度が10
-3〜10-2(s-1) と極めて遅い静的な評価方法に基づいて
判断している。しかしながら、実際の自動車ボディーの
設計では、このような“静的”な強度よりも、衝突時の
安全性を考慮した、歪速度10〜104 (s-1) での衝撃的な
変形を伴う“動的”な強度の方がより重要になるため、
従来のような提案では、自動車車体の軽量化に対しては
真に有効な手段を提供するものとは言えない。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】というのは、従来、上
述した静的な強度と動的な強度とは、同じ傾向をもつも
のとして一義的に取り扱っており、主として静的な強度
のみを基準にして判断していた。ところが、発明者らの
研究によると、動的な強度は、必ずしも静的な強度に対
応しておらず、従って、各種改良素材の静的強度の改良
がそのまま動的強度の向上にはつながらないということ
が判った。そして、この傾向は、とくに高張力鋼板につ
いて著しいものがあった。
【0005】すなわち 図1は、変形速度と強度との関
係に及ぼす軟鋼と高張力鋼との影響を示すものである。
この図に明らかなように、軟鋼板における変形速度10-3
〜10 -2(s-1) の静的強度と、10〜104 (s-1) の動的強度
は軟鋼板の静的強度ほどには高い値を示さないことが判
る。このことは、自動車用高張力鋼板の板厚を静的強度
値に基づいて薄肉化した場合には、動的強度, 即ち、耐
衝撃強度の方は不足するという結果になることを意味し
ている。そして、このことはまた、静的強度値だけを基
準にして高張力鋼板の薄肉化を図ってきた従来の考え方
は見直さなければならないことを示唆している。本発明
の目的は、上述した従来技術が抱えている問題点を克服
することにあり、延性の向上に加えて、とくに薄鋼板に
おける静的強度値に対する動的強度の値が、軟鋼板のそ
れと同等以上に高いために優れた耐衝撃性を示すことと
なる自動車用薄鋼板を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上述した課題に対してそ
の解決、とくに耐衝撃性の向上を目指して鋭意研究した
結果、軟鋼のように低歪速度下における強度のみなら
ず、高歪速度下における強度、即ち、耐衝撃強度にも優
れた薄鋼板とするには、単に静的強度だけが高い値を示
すものでは不十分であることが判った。このことはま
た、単に高歪速度下における強度、即ち動的強度だけが
高い値を示すものを開発すること(不経済である)で足
りることを意味しておらず、いわゆる、静的強度と動的
強度とがうまく釣り合っていることが必要であるという
ことが判った。すなわち、延性に優れると共に高歪速度
下での耐衝撃強度にも優れた鋼板は、静動比=(歪速度
102(s-1) での降伏応力)/(歪速度10-3(s-1)での降伏応
力)で定義される、静動比が 1.6以上の薄鋼板であれ
ば、自動車用部品として用いられた場合に、高歪速度下
でも軟鋼板と同等以上の高い強度の歪速度依存性が得ら
れるので、自動車車体の安全性向上を軽量化の実現にあ
わせて達成することができることが判った。
【0007】このような知見に基づき発明者らはさら
に、上記静動比におよぼす化学組成,組織ならびに製造
条件の影響を詳細に検討し、以下に述べるような要旨構
成からなる薄鋼板とその製造方法を開発した。すなわ
ち、本発明は、 (1) C:0.01wt%未満、 Si:1.5 wt%以下、 Mn:3.0 wt%以下、 P:1.00wt%以下、 S:0.10wt%以下、 Al:0.10wt%以下、 N:0.0050wt%以下を含み、残部がFeおよび不可避的不
純物にからなり、かつ次式で示されるC, N固溶率R; R=(固溶C+固溶N)/ (全C+全N) ≦0.6 であり、そしてこのC, N固溶率と平均フェライト結晶
粒径Fd( μm) との関係が、次式; R×Fd≦20 を満足する組織よりなる延性および耐衝撃性に優れる薄
鋼板。 (2) C:0.01wt%未満、 Si:1.5 wt%以下、 Mn:3.0 wt%以下、 P:1.00wt%以下、 S:0.10wt%以下、 Al:0.10wt%以下、 N:0.0050wt%以下を含み、 残部がFeおよび不可避的不純物からなる鋼スラブを、12
50℃以下の温度に加熱して熱間粗圧延を施し、次いで、
950〜1100℃の温度域に保持して曲げならびに曲げ戻し
の処理を行った後、熱間仕上圧延を施し、その後 600℃
以上の温度域で巻取ることにより熱延鋼帯とすることを
特徴とする延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板の製造方
法。 (3) C:0.01wt%未満、 Si:1.5 wt%以下、 Mn:3.0 wt%以下、 P:1.00wt%以下、 S:0.10wt%以下、 Al:0.10wt%以下、 N:0.0050wt%以下を含み、 残部がFeおよび不可避的不純物からなる鋼スラブを、12
50℃以下の温度に加熱して熱間粗圧延を施し、次いで 9
50〜1100℃の温度域に保持して曲げならびに曲げ戻しの
処理を行った後、熱間仕上圧延を施してから 600℃以上
の温度域にて巻取り、その後冷間圧延を経て再結晶焼鈍
を行って冷延鋼帯とすることを特徴とする延性および耐
衝撃性に優れる薄鋼板の製造方法、である。
【0008】
【作用】発明者らは、上述した薄鋼板の成形性や製造特
性を阻害することなく、その静動比を向上させるべく、
まず、Si, Mn, NおよびPを含有させた高強度低炭素鋼
をベースに、静動比に及ぼす冶金学的要因の影響、とく
に化学組成, 組織および製造条件について検討を重ね
た。その結果、まず、化学組成については、鋼中の固
溶Cと固溶Nをできるだけ減少させられるような成分設
計をすること、また、組織については、C, N固溶率
率Rとフェライト結晶粒径との関係を一定に制御するこ
と、そして製造条件については、スラブ加熱温度, 中
間加工の条件についての検討が必要であることが判っ
た。
【0009】とくに、自動車用薄鋼板における上記の静
動比が、軟鋼板相当の静動比: 1.6以上を示すようにな
るには、上記成分組成, 組織ならびに製造条件を適切な
ものとすれば、固溶C, 固溶Nを効果的に析出させるこ
とができるから、高・低両歪速度下での各強度の向上に
対してとりわけ有効に作用することも判った。以下に、
望ましい上記条件について説明する。
【0010】さて、本発明薄鋼板を構成する各化学成分
とその含有量は、静動比と同時に成形性向上などのため
に、次のような理由によって限定される。 C:0.01wt%未満 C量は、延性と静動比の両方に影響を及ぼす元素であ
り、その含有量が0.01wt%以上では、必要な過飽和度が
得られず、固溶C量が多くなって静動比が向上しないこ
とに加え、結晶粒が微細化して延性が劣化する。よっ
て、本発明において、C量は、0.01wt%未満の範囲内に
限定した。
【0011】Si:1.5 wt%以下 Siは、固溶強化元素であり、高強度鋼板を製造するのに
有効な元素であることから、0.005 wt%以上の添加が望
ましい。しかしながら、1.5 wt%超の含有は中心偏析が
多くなりすぎてプレス成形性を劣化させてしまうことか
ら、Si含有量の上限は 1.5wt%に限定した。
【0012】Mn:3.0 wt%以下 Mnは、赤熱脆性の原因になるSをMnSとして固定し、ま
たSiと同様に固溶強化元素であるので、高強度鋼板を製
造するには有効な元素であることから、0.05wt%以上の
添加が望ましい。しかしながら、3.0 wt%超の含有はコ
スト高になる上、中心偏析が多くなりすぎプレス成形性
を劣化させてしまうことから、Mn含有量の上限は3.0 wt
%に限定した。
【0013】P:1.00wt%以下 Pは、高強度鋼板を製造する上で有効な元素であること
から、0.005 wt%以上の添加が望ましい。しかしなが
ら、1.00wt%超の含有は耐2次加工脆性を劣化させてし
まうことから、P含有量の上限は1.00wt%に限定した。
【0014】S:0.10wt%以下 Sは、化成処理性を向上させる有効な元素であり、それ
故に0.005 wt%以上の添加が望ましい。しかしながら、
0.10wt%超の含有はプレス成形性を劣化させてしまうこ
とから、Sの上限は0.10wt%に限定した。
【0015】Al:0.10wt%以下 Alは、製鋼段階で脱酸剤として添加され、かつプレス成
形性、耐時効性を劣化させてしまう固溶NをAlNとして
固定するのに有効な元素であることから、少なくとも0.
010 wt%の添加が望ましい。しかしながら、0.10wt%超
の添加はコスト高になることから、Alの上限は0.10wt%
に限定した。
【0016】N:0.0050wt%以下 Nは、侵入型固溶元素であり、Nが鋼中に固溶した状態
ではプレス成形性、耐時効性の劣化ならびに静動比の向
上が望めないので極力低減する必要がある。また、固溶
Nを固定するために高価なAlを多量に添加する必要があ
るので、本発明ではNの上限を0.0050wt%に限定した。
【0017】本発明にかかる薄鋼板は、少なくとも上述
した成分組成の鋼であることが必要であり、その上でさ
らに、以下のような組織を有するものにすることが必要
である。即ち、、 下記式で示されるC, N固溶率Rの数値が 0.6〜20
の範囲内に制御する。 R=(固溶C+固溶N)/(C+N) もし、この全C, N%に帯する固溶C, 固溶Nの比が
0.6を超えると、結晶粒界に請求する固溶C, 固溶Nの
量が増大するために静動比の劣化を招く。 上記R値とフェライト結晶粒径(Fd)μmに関す
る下記式の関係を維持すること。 R×Fd≦20 上記式の関係において、その値が20を超えると、結晶粒
界に析出する固溶C量, 固溶N量が増大することによっ
て静動比の劣化を招くようになる。
【0018】本発明にかかる薄鋼板は、上述した成分組
成と鋼組織を有するものである。このような薄鋼板の製
造に当たっては、少なくとも次のような製造条件の選択
が必要である。 スラブ加熱温度:1250℃以下 スラブ加熱温度を1250℃以下にする理由は、低温でスラ
ブを加熱することにより、連続鋳造後の冷却時に析出し
たAlNの再固溶が抑制され、最終的に冷延焼鈍板内の固
溶N量を減少させるのに必要であるからである。
【0019】 熱間仕上圧延前のシートバーの高温保
持ならびに曲げ・曲げ戻し処理:本発明にかかる製造方
法においては、熱間仕上圧延前に、シートバーを 950〜
1100℃の高温域に保持し、この温度域において該シート
バーを曲げ, 曲げ戻し処理を行うことが必要である。こ
のような処理を行うことによって析出物が析出しやすく
なり、所定の組織の鋼を得ることができるのである。な
お、この曲げ・曲げ戻し処理における曲げの大きさは、
曲率半径にして、200 〜1000mmが好ましい。また、高温
保持の時間は、操業上、温度低下の問題から10分以内が
望ましい。
【0020】 熱間仕上圧延時の条件 最終製品が熱延鋼板の場合、熱延後の巻取りは 600℃以
上の温度にて行う。そしてこの段階で、鋼中の固溶Nを
AlNとして十分に析出固定し静動比の向上を図ることは
有効である。
【0021】 冷延圧延工程での条件 最終製品が冷延鋼板の場合、好ましくは深絞り性向上の
ために60%以上の圧下率とする。そして、その後に行う
連続焼鈍は、再結晶温度〜Ac3変態点の温度域に加熱し
て行うことが望ましい。この理由は、再結晶温度未満で
は圧延組織のためプレス加工を行うのが不可能であり、
一方、Ac3変態点超では集合組織がランダム化し、延
性, プレス加工性が著しく劣化するからである。この再
結晶焼鈍の処理は、箱焼鈍または連続焼鈍法のいずれの
方法を適用してもよい。
【0022】
【実施例】
実施例(1) :熱延鋼板の例 表1に示した成分組成の連続鋳造スラブを、表2に示す
製造条件で処理することにより、熱延鋼帯を製造した。
すなわち、連鋳スラブを1300℃以下で再加熱し、3パス
の粗圧延を行った後、仕上圧延の前にコイルボックスを
利用してシートバーの前後を反転させて熱間圧延を行
い、板厚 3.5mmの熱延板とし、その後 550〜650 ℃の温
度域で巻取ることにより、結晶粒径および鋼中の固溶
C, 固溶Nの量を変化させた。これらの熱延板からサン
プルを採取し、JIS 5号引張試験片に加工後、静的引張
試験(歪速度:10-3) と動的引張試験(歪速度:102)を
行い、それぞれの降伏強さ(YP)を測定し、各鋼板の
静動比(動的引張試験でのYP/静的引張試験でのY
P)を求めた。その結果を表3に示す。この表に示すと
おり、本発明の鋼組成および組織条件を満足する薄鋼板
( No1〜2,4〜5, 7〜8, 12) はいずれも伸びが良
好であり、しかも静動比が大きく、耐衝撃性に優れてい
ることが判明した。
【0023】
【表1】
【0024】
【表2】
【0025】
【表3】
【0026】実施例(2) :冷延鋼板の例 表4に示した成分組成の連続鋳造スラブを、表5に示す
製造条件で処理することにより、冷延鋼帯を製造した。
すなわち、まず連鋳スラブを、1300℃以下の温度に再加
熱し、3パスで粗圧延を行った後、仕上圧延の前にコイ
ルボックスを利用してシートバーの前後を反転させて熱
間圧延を行い、板厚3.5 mmの熱延板として 550〜650 ℃
の温度域で巻き取った。この熱延板はその後酸洗してか
ら冷間圧延を施し、板厚0.7 mmの冷延板とした。次い
で、表5に示したような連続焼鈍条件により再結晶焼鈍
を行い、結晶粒径および鋼中の固溶C, N量を形態を変
化させた。圧下率1.0 %の調質圧延を施した後、JIS 5
号引張試験片に加工し、静的引張試験(歪速度:10-3)
と動的引張試験(歪速度:102)を行い、それぞれの降伏
強さ(YP)を測定し、各鋼板の静動比(動的引張試験
でのYP/静的引張試験でのYP)を求め、表6に示し
た。その結果、本発明の鋼組成および組織の条件を満足
する薄鋼板はいずれも伸びが良好であり、しかも静動比
が大きく、耐衝撃性に優れていることが判明した。
【0027】
【表4】
【0028】
【表5】
【0029】
【表6】
【0030】
【発明の効果】以上説明したようにこの発明によれば、
延性に優れると共に、静動比で表わされる耐衝撃特性に
も優れた自動車用薄鋼板を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】変形速度と強度との関係に及ぼす軟鋼と高張力
鋼との影響を示す説明図。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 今中 誠 千葉県千葉市中央区川崎町1番地 川崎 製鉄株式会社 技術研究本部内 (72)発明者 加藤 俊之 千葉県千葉市中央区川崎町1番地 川崎 製鉄株式会社 技術研究本部内 (56)参考文献 特開 平7−3381(JP,A) 特開 平2−263950(JP,A) 特開 平1−188628(JP,A) 特開 昭56−16650(JP,A) 特開 平4−337026(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) C22C 38/00 - 38/60

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 C:0.01wt%未満、 Si:1.5 wt%以下、 Mn:3.0 wt%以下、 P:1.00wt%以下、 S:0.10wt%以下、 Al:0.10wt%以下、 N:0.0050wt%以下を含み、 残部がFeおよび不可避的不純物にからなり、かつ次式で
    示されるC, N固溶率R; R=(固溶C+固溶N)/ (全C+全N) ≦0.6 であり、そしてこのC, N固溶率と平均フェライト結晶
    粒径Fd( μm) との関係が、次式; R×Fd≦20 を満足する組織よりなる延性および耐衝撃性に優れる薄
    鋼板。
  2. 【請求項2】C:0.01wt%未満、 Si:1.5 wt%以
    下、 Mn:3.0 wt%以下、 P:1.00wt%以下、 S:0.10wt%以下、 Al:0.10wt%以下、 N:0.0050wt%以下を含み、残部がFeおよび不可避的不
    純物からなる鋼スラブを、1250℃以下の温度に加熱して
    熱間粗圧延を施し、次いで、 950〜1100℃の温度域に保
    持して曲げならびに曲げ戻しの処理を行った後、熱間仕
    上圧延を施し、その後 600℃以上の温度域で巻取ること
    により熱延鋼帯とすることを特徴とする延性および耐衝
    撃性に優れる薄鋼板の製造方法。
  3. 【請求項3】C:0.01wt%未満、 Si:1.5 wt%以
    下、 Mn:3.0 wt%以下、 P:1.00wt%以下、 S:0.10wt%以下、 Al:0.10wt%以下、 N:0.0050wt%以下を含み、残部がFeおよび不可避的不
    純物からなる鋼スラブを、1250℃以下の温度に加熱して
    熱間粗圧延を施し、次いで 950〜1100℃の温度域に保持
    して曲げならびに曲げ戻しの処理を行った後、熱間仕上
    圧延を施してから 600℃以上の温度域にて巻取り、その
    後冷間圧延を経て再結晶焼鈍を行って冷延鋼帯とするこ
    とを特徴とする延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板の製
    造方法。
JP15074593A 1993-06-22 1993-06-22 延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法 Expired - Fee Related JP3288484B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15074593A JP3288484B2 (ja) 1993-06-22 1993-06-22 延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15074593A JP3288484B2 (ja) 1993-06-22 1993-06-22 延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH073382A JPH073382A (ja) 1995-01-06
JP3288484B2 true JP3288484B2 (ja) 2002-06-04

Family

ID=15503496

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15074593A Expired - Fee Related JP3288484B2 (ja) 1993-06-22 1993-06-22 延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3288484B2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101391692B1 (ko) 2012-11-14 2014-05-07 주식회사 엘지화학 3원계 탄성 공중합체 및 이의 제조 방법

Also Published As

Publication number Publication date
JPH073382A (ja) 1995-01-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3988173A (en) Cold rolled steel sheet having excellent workability and method thereof
JP3039842B2 (ja) 耐衝撃性に優れる自動車用熱延鋼板および冷延鋼板ならびにそれらの製造方法
JP6700398B2 (ja) 高降伏比型高強度冷延鋼板及びその製造方法
WO2017013850A1 (ja) フェライト系ステンレス熱延鋼板および熱延焼鈍板、ならびにそれらの製造方法
JP3347151B2 (ja) 耐食性に優れた低降伏比冷延高張力鋼板の製造方法
JP3247908B2 (ja) 延性と耐遅れ破壊特性に優れた高強度熱延鋼板およびその製造方法
JP3247907B2 (ja) 延性と耐遅れ破壊特性に優れた高強度冷延鋼板およびその製造方法
JP2987815B2 (ja) プレス成形性および耐二次加工割れ性に優れた高張力冷延鋼板の製造方法
JP3288483B2 (ja) 耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法
JP3458416B2 (ja) 耐衝撃性に優れた冷延薄鋼板およびその製造方法
JP3169293B2 (ja) 耐衝撃性に優れた自動車用薄鋼板およびその製造方法
JP3288484B2 (ja) 延性および耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法
JP3235416B2 (ja) 加工性と疲労特性に優れた高強度熱延鋼板の製造方法
JP2621744B2 (ja) 超高張力冷延鋼板およびその製造方法
JP3466298B2 (ja) 加工性に優れた冷延鋼板の製造方法
JP3299287B2 (ja) 成形加工用高強度鋼板とその製造方法
JP3435737B2 (ja) 耐衝撃性に優れる薄鋼板およびその製造方法
JP3508162B2 (ja) 焼付硬化性と耐衝撃性に優れる薄鋼板の製造方法
TWI711706B (zh) 具高降伏強度的汽車用鋼材及其製造方法
EP3686293B1 (en) A high strength high ductility complex phase cold rolled steel strip or sheet
JP3403245B2 (ja) 耐衝撃性に優れた自動車用鋼板とその製造方法
JP3172354B2 (ja) 耐衝撃性に優れた薄鋼板
JP3288456B2 (ja) 耐食性に優れた深絞り用冷延鋼板の製造方法
JP2790018B2 (ja) 加工性に優れた熱延鋼板の製造方法
JP3043035B2 (ja) 自動車用熱間圧延高張力鋼板の製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees