JP3266143B2 - Gradation display method of the display device - Google Patents

Gradation display method of the display device

Info

Publication number
JP3266143B2
JP3266143B2 JP15691299A JP15691299A JP3266143B2 JP 3266143 B2 JP3266143 B2 JP 3266143B2 JP 15691299 A JP15691299 A JP 15691299A JP 15691299 A JP15691299 A JP 15691299A JP 3266143 B2 JP3266143 B2 JP 3266143B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
gradation
bits
sub
field
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP15691299A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000029427A (en
Inventor
惠史 布村
晶 田中
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電気株式会社 filed Critical 日本電気株式会社
Priority to JP15691299A priority Critical patent/JP3266143B2/en
Publication of JP2000029427A publication Critical patent/JP2000029427A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3266143B2 publication Critical patent/JP3266143B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明はサブフィールド方式による階調表示を行うプラズマディスプレイ等において、テレビジョン信号等の中間階調からなる動画を表示する際の階調表示特性の改善に関する。 The present invention relates in a plasma display or the like to perform gradation display by a subfield method, relates to an improvement in gradation display characteristics in displaying a moving image composed of halftone such as a television signal.

【0002】 [0002]

【従来の技術】映像やコンピュータ端末の表示装置においては階調表示性能は非常に重要である。 Gradation display performance BACKGROUND ART In a display device of the video or computer terminal is very important. 表示装置の階調表示の方法として、陰極線管(CRT)のようにアナログ制御が可能なものは、入力信号電圧をあまり変形させずにグリッドに印加することにより電子線電流の制御ができる。 As gradation display method of a display device, capable analog controlled as a cathode ray tube (CRT), can control the electron beam current by applying to the grid input signal voltage without significantly deformed. この電流の大きさにより輝度が決まるので階調を表示するに当たっては、ほぼ無段階とも言える連続制御が可能になる。 When displaying a gray level since luminance is determined by the magnitude of this current, it is possible to continuously control also said substantially stepless. 一方メモリ効果を利用して表示を行うプラズマディスプレイ等のように本質的に2値表示しかできない表示装置においては、階調を表示するには特殊な手法が必要になる。 Meanwhile in the display device can only essentially binary display as such as a plasma display that performs display by utilizing the memory effect will require special techniques to display a gray scale. このように表示装置に階調表示を行わせるには大別してアナログ的な表示法とデジタル的な表示法の2種類がある。 Thus to carry out the gradation display on the display device there are two roughly analog-like notation and digital indication method. 以下にプラズマディスプレイ等に使用される特殊な手法について説明する。 It is described a special technique used in the plasma display below.

【0003】例えば印刷装置などのようにディザパタンや誤差拡散法といった手法を利用して、見かけ上の階調数を増加することが考えられる。 For example by using techniques such Dizapatan or error diffusion such as printing devices, it is conceivable to increase the number of gradations apparent. しかしこの方法は所定の階調数と所定の解像度を両立的に得ようとすると、かなり精細度の高いセル構造を必要とするので実用的とは言えない。 However, this method is to be obtained compatible manner a predetermined gradation number and a predetermined resolution, practically not be said because it requires a fairly high resolution cell structure. 2値表示しかできない表示装置においては、 In the display device can only binary display is
より一般的な方法としてはサブフィールド法があげられる。 Subfield method may be mentioned as a more general way. これはプラズマディスプレイなどのように応答速度の高い表示装置に適用できる方法で、映像信号を量子化し、得られた1フィールドのデータを各階調ビット毎に時分割で表示するというものである。 This is a method that can be applied to a display device having a high response speed such as a plasma display, and quantizes the video signal, is that displays a time-division data for one field obtained for each gradation bits. 詳しく説明すると、1フィールド期間を各階調ビットに対応した発光回数で重みを付けられた複数個のサブフィールドと呼ばれる細分化された一種のフィールド群に分割する。 In detail, dividing one field period the number of light emissions corresponding to each gradation bit fields in the one member subdivided called plurality of subfields that are weighted. この時分割手法であるサブフィールドで画像を順次に再現し、 Sequentially reproduce an image in the sub-field is a time division technique,
視覚の積分効果により1フィールドに渡る画像を蓄積し、自然な中間調の映像としている。 And storing the image across one field by the integral effect of vision, and an image of a natural halftone.

【0004】この方法では、例えば64階調の表示を実現する為には、入力されたアナログ映像信号は一般的に、まず輝度が2倍ずつ異なる階調輝度データに対応する6ビットの輝度信号に量子化(A/D変換)される。 [0004] In this way, for example in order to realize a display of 64 gradations, the analog video signal input is generally first luminance signal 6 bits corresponding to the gradation luminance data in which the luminance varies by a factor of two It is quantized (a / D conversion) on.
次に量子化された映像信号データはフレームバッファメモリに蓄積される。 Then the video signal data quantized is stored in the frame buffer memory. 最も輝度の高いビットであるMSB Most luminance is high bit of MSB
(Most Signficant Bit)をB1、 The (Most Signficant Bit) B1,
次のビットをB2、以下B3、B4、B5、B6と表示すると、各ビットの輝度比は32:16:8:4:2: When the next bit B2, the following B3, B4, B5, B6 and displays, luminance ratio of each bit 32: 16: 8: 4: 2:
1に相当する。 Equivalent to 1. これらのビットを各画素が選択することにより輝度0から63のレベルに相当する計64階調の表示が可能となる。 These bits becomes possible to display the total of 64 gradations corresponding to the level of the luminance 0 63 by each pixel is selected.

【0005】AC型カラープラズマディスプレイで利用されている走査維持分離駆動でのサブフィールド表示を図10(a)で簡単に説明する。 [0005] Briefly the subfield display in scan maintaining separation drive which is used in AC type color plasma display in Figure 10 (a). 1フィールドは通常フリッカの見えない60分の1秒程度とされるが、図10 1, but the field is about 1/60 second which normally invisible flicker, 10
(a)に示すように、走査期間と維持放電期間からなる第1サブフィールドSF1から第6サブフィールドSF (A), the sixth subfield SF from the first sub-field SF1 consisting scanning period and a sustain discharge period
6の6個のサブフィールドに分割されている。 It is divided into six subfields 6.

【0006】SF1の走査期間では、最上位ビットのB [0006] In the scanning period of SF1, of the most significant bit B
1の表示データに基づき各画素に書き込が行われる。 It is written to each pixel based on one of the display data. 全面書込が終了した後、パネル全面に維持放電パルスが印加され、書込画素だけ発光表示させる。 After the entire write is completed, the sustain discharge pulse to the entire panel surface is applied to the light emitting display only the write pixel. 次いでSF2以下のサブフィールドに於いても同様の駆動が行われる。 Then the same driving even in the subfields SF2 following takes place.
各サブフィールドの維持放電期間には、十分な輝度を得るため、例えばSF1では256回、SF2では128 The sustain discharge period of each subfield, enough to obtain a luminance, for example, SF1 in 256 times, SF2 in 128
回、SF3からSF6ではそれぞれ64、32、16、 Times, each in SF6 from SF3 64,32,16,
8回のパルスが印加され発光させられる。 Eight pulses is caused is applied emit light. 図10(b) Figure 10 (b)
に示した走査維持混合型の駆動法の場合や、フィールド間にまたがって連続的に走査維持混合駆動されるような場合でも基本的に同じである。 Scanning maintained or if the mixed-type driving method is basically the same, even if, as scanned continuously sustain mixed drive across between field shown in. この様なサブフィールド法の採用は、発光輝度を発光回数や発光時間で変調する必要から生じており、当然1フィールド期間に複数回の走査を行うために、短時間での走査、書込を行う高速性が要求されるが、近年プラズマディスプレイパネルの書込性能の向上が図られ、3マイクロ秒以下での書込も可能となっており、8サブフィールドによる256階調フルカラー表示も実現されてきている。 Adoption of such sub-field method is generated from the need to modulate the light emission luminance in the light emitting frequency and the light emission time, of course in order to perform a plurality of scans in one field period, scanning in a short time, the writing Although high speed performed is required, been attempted to improve the write performance of recent plasma display panel, 3 writing in microseconds or less is also made possible, also be realized 256 gradations full color display by 8 subfields it has been.

【0007】上述の例のように輝度の相対比が時間とともに少さくなるようにして1フィールドを構成した場合を降順サブフィールド配列と呼び、その逆に時間とともに輝度の相対比が大きくなっていくように構成した場合を昇順サブフィールド配列と呼ぶ。 [0007] The case where the relative ratios of brightness as in the above example has configured one field set to be low bloom with time is called the descending order subfield arrangement, becomes larger relative ratio of brightness with time and vice versa a case configured to call the ascending subfield arrangement. これらのサブフィールド配列は、特別なものではなくこれまで一般的に用いられてきたものである。 These subfields sequences are those not special has been generally used heretofore. いずれの配列をとっても、静止画を映し出す場合には良好な階調表示性能が得られる。 Take any of the sequences, excellent gradation display performance is obtained when displaying an still image.

【0008】しかし、このようなサブフィールド方式を用いて動画を表示させると、映像によっては画像に障害が発生する。 However, when displaying a moving using such sub-field method, failure in the image by image. 例えば、人物の頬のように滑らかに明るさが変化する画像が画面上を移動した場合に、本来滑らかな画像であるべき部分に暗い輪郭や、明るい輪郭が出現する。 For example, images that change smoothly brightness as the cheeks of a person when moving across the screen, originally dark contours and the portion which should be smooth image, bright contour occurs. また、カラー表示では色ずれの輪郭が生じたり、 You can also cause the contour of the color shift in a color display,
解像度の低下感などももたらす。 Also it results in, such as lowering a feeling of resolution.

【0009】具体的には人物の頬(図形の中心部よりも周辺が暗くなった絵柄とする)が画面上を移動すると、 [0009] People cheek specifically (around the picture became darker than the center portion of the figure) is moved on the screen,
前述の降順サブフィールド配列を採用した場合には、進行方向に本来は存在しない明るい線が発生し(以後明線障害とする)反対の方向には暗い線が発生する(以後暗線障害とする)。 In the case of employing the descending subfield arrangement described above, originally bright lines that do not exist occurs in the traveling direction (the hereinafter bright line failure) (a hereinafter dark line failure) dark line occurs in the opposite direction . 逆に昇順サブフィールドを採用した場合には、それぞれ明線障害と暗線障害が入れ替わった形で偽輪郭が発生する(これらの障害を以後動画偽輪郭と呼ぶ)。 In the case of employing an ascending subfield Conversely, (referred to these obstacles to hereinafter as dynamic false contour) of the false contour in the form of interchanged bright line interference and dark failure respectively occurs. この動画偽輪郭はカラー映像を表示すると、各色毎のビットの桁上がり点が空間的に異なるために、各色毎に異なった位置に上述の明線障害や暗線障害が現れることになる。 When the dynamic false contour displaying a color image, carry point of bits of each color to different spatially, so that the bright line failure or dark disorders described above in different positions for each color appears. 特にこのような場合には偽色輪郭と呼ぶ場合があるが、本質的にはカラー映像を表示したときの各色での明線障害や暗線障害の組み合わせによって発生する。 Particularly Although such a case may be referred to as false color contour is essentially generated by a combination of bright line failure or dark line failure in each color when displaying a color image. こういった現象は動画表示での色ずれや解像度の低下などの一因になっている。 This kind of phenomenon has become a cause such as reduction of color shift and resolution of the video display.

【0010】CRTでは本来ある階調レベルを表示するに当たっては、ほんの一瞬の間に表示を終了することができる。 [0010] In displaying a gray level that is originally in CRT may terminate the display during the fraction of a second. しかもそれは画面上に、輝度レベルによって電子線の強さが変調されることによりアナログ値を表示する。 Moreover it is on the screen, and displays the analog value by the intensity of the electron beam is modulated by the luminance level. それに対し、プラズマディスプレイのようにサブフィールド法を用いて表示を行う表示装置では、各階調ビットを時分割で1フィールド近い時間をかけてゆっくり表示し、表示された各階調ビットの画像を目の積分効果を利用して1枚の映像として観測者自身が視覚上で合成する。 In contrast, in the display device which performs display using a subfield method as plasma display, slow display over one field time close in time division gradation bits, displayed in each gradation bit image eyes observer itself as a single image using the integral effect is synthesized in the visual. こういった状態では、例えば表示装置の観測者が1フィールドの映像が完結する前に顔を横に振るとか、 In this kind of state, for example, an observer of the display device shake the face before one field of the video is completed Toka,
視線を移動するとかいった動作を行うことによって前述の視覚上の合成位置を意図的にずらすことができる。 By performing an operation in said something about moving the line of sight can be shifted intentionally synthesis position on the visual above. ランダムなタイミングでこの視線移動を行うと、たいていの場合サブフィールドの視覚上の合成位置はずれを発生する。 Doing this eye movement at random timing, it generates most visually combined position out of the case subfields. 静止画を表示した状態であっても、意図的な動作により動画状態を作り出すことができることになる。 Even in a state of displaying a still image, so that it is possible to create a video state by deliberate operation. 純然たる動画を表示するときには時間とともに映像自体が動いていくので、前述のような意図的な動作を行わなくても、観測者の視線移動が自然に発生する。 Since the go moving image itself with time when displaying a pure video, even without a deliberate action, such as described above, the line-of-sight movement of the observer occurs naturally. そのために前述の視覚合成上の1フィールドの映像が完結しなくなることが多く発生するようになる。 As one field of the image on the aforementioned visual synthesis due to so often it occurs no longer complete. こういったことが動画偽輪郭の発生原理であると考えられる。 These things is considered to be a principle of generation of dynamic false contour.

【0011】こういった問題を解決するために、これまでにいくつかの方法が提案されている。 [0011] In order to solve these problems, some of the methods so far have been proposed. 電子通信学会論文誌'77/VolJ60−ANo. Institute of Electronics and Communication Engineers Journal '77 / VolJ60-ANo. 1の56頁から6 From 1 of 56 page 6
2頁に記載されている滝川氏の論文「AC形プラズマパネルによるTV表示」では、1フィールド相当の時間内の輝度の平均値が、ビットの繰り上がりや繰り下がりの前後で差が少なくなるようにサブフィールド配列を最適化することが有効であり、5ビット即ち32階調表示の例では、上位ビットの発光期間を中央部に配したサブフィールドの配列が適当であるとしている。 In Mr. Takikawa listed in page 2 Article "TV display by AC type plasma panel", the average value of the luminance in one field worth of time, the difference between before and after the up and borrow repeated bits is reduced so in it it is effective to optimize the subfield arrangement, in the example of 5 bits or 32-gradation display, arrangement of subfields which arranged emission period of the upper bits in the central portion is to be suitable. また、1フィールド内での表示時間を減少させることも有効であり、 It is also effective to reduce the display time in one field,
実験例では1フィールドの4分の1の時間に表示発光期間を押し込むことにより、前述のサブフィールド配列と組み合わせ、良好な表示が実現されるとしている。 By pushing the time to display emission period of a quarter of one field in Experimental Example, subfield arrangement and combinations of the foregoing, and a good display is realized.

【0012】また、1990年に報告された電子情報通信学会技術報告のEID90−9の鴻上氏の論文「メモリ型ガス放電パネルを用いたテレビの中間調表示方式」 [0012] In addition, "TV halftone display method of using a memory-type gas discharge panel" EID90-9 Hung on his thesis of the reported Institute of Electronics, Information and Communication Engineers Technical Report in 1990
では、フィールドの最初のビットから次のフィールドの最後のビットまでの時間間隔が、人間の視覚の臨界融合周期である20ミリ秒以内とすることにより改善できるとしており、上述の滝川氏の方法と同様、1フィールド全体に渡ってサブフィールドを配置せず、一方に詰めることにより20ミリ秒以内とすることができ動画偽輪郭が改善されるとしている。 In the time interval from the first bit of the field to the last bit of the next field, the critical fusion period of the human visual has to be able to improve by within 20 milliseconds, and a method of Takikawa's above Similarly, and with not arranged subfields throughout one field, it is dynamic false contour can be within 20 milliseconds by filling one is improved. また、発光時間が長い上位のビットを分割し配列することによっても、この条件を満たすことができるとしている。 Also, by the light emission time it is arranged to divide the bits of the long upper, and to be able to satisfy this condition. 8ビット表示の場合、上位のB1をSF1−1とSF1−2に、B2をSF2− For 8-bit display, the B1 upper SF1-1 and the SF1-2, the B2 SF2-
1とSF2−2にそれぞれ2分割し、各々の分割されたサブフィールドを離散的に配置した、[SF2−1、S 1 respectively 2 is divided into SF2-2, discretely arranging the divided sub-fields of each, [SF2-1, S
F1−1、SF8、SF7、SF6、SF5、SF4、 F1-1, SF8, SF7, SF6, SF5, SF4,
SF3、SF2−2、SF1−2]の順に1フィールドを10サブフィールド構成で配置することにより、フィールドの最初のビットから次のフィールドの最後のビットまでの時間を18.8ミリ秒とすることができ、動画の階調乱れが改善されたと報告されている。 SF3, SF2-2, by arranging in 10 sub-fields constituting one field in the order of SF1-2], the time from the first bit field to the last bit of the next field to 18.8 ms can be, it has been reported to gradation disturbance of video is improved. (上記例ではハイフンをつけたSF表示は分割したサブフィールドを表し、ハイフンの後の数字は駆動シーケンス上の順序を表している。また同様にしてハイフンのないSF表示は非分割サブフィールドを示す。以後この表記法を使用する。)上述の検討以外にも、サブフィールド配列の最適化による改善検討がなされており、特開平3−145 (SF Display wearing a hyphen in the above example represents a subfield divided, the number after the hyphen represents the order on the drive sequence. Also Similarly hyphen without SF display shows a non-division subfield . Thereafter using this notation.) in addition to the foregoing discussion also have been made improvements consideration by optimizing the subfield arrangement, JP 3-145
691では最上位ビットのサブフィールドの両隣に最上位の次ビットのサブフィールドとその次のビットのサブフィールドを配置する構成が示されている。 To 691 In a most significant bit of the subfield both sides are configured to place the sub-field of the next most significant bits and a sub-field of the next bit is shown. また、特開平7−7702には、最上位ビットのサブフィールドを中心に配置するが、特開平3−145691とは逆に次のビットとその次のビットのサブフィールドを極力分散させるために、最上位ビットのサブフィールドから時間的に離れたフィールドを最上位ビットの両端に配置する構成が示されている。 Further, in Japanese Patent Laid-Open 7-7702, but arranged around the subfields of the most significant bit, in order to minimize dispersion inverse to the next bit and the sub-field of the next bit from the JP-A 3-145691, and configured to place the field away from the sub-field of the most significant bit in time across the most significant bit is shown.

【0013】本発明の発明者らはこれらの従来の知見を追試してそれぞれの効果のほどを確認することができた。 [0013] The inventors of the present invention were able to confirm the extent of each effect and additional test these traditional knowledge. その結果CRTを用いたディスプレイと比較して、 Compared to display using the results CRT,
いずれの方法でもまだ十分な画質が得られないことが分かった。 It was found that not be obtained is still sufficient image quality in any way. たとえば、サブフィールド順序を入れ替える方式はコスト的にも回路規模的にも実現が容易であるが、 For example, a method of switching the subfield sequence it is easy to realize in terms of cost to the circuit scale manner also,
単純な昇順方式や降順方式と比較して格段に良くなるというほどではない。 Not enough to say that much better in comparison with the simple ascending method or descending order system.

【0014】特開平7−175439には最上位のサブフィールドを2分割し、[SF8、SF6、SF4、S [0014] in JP-A 7-175439 divided into two sub-fields of the uppermost, [SF8, SF6, SF4, S
F1−1、SF2、SF1−2、SF3、SF5、SF F1-1, SF2, SF1-2, SF3, SF5, SF
7]のように配列する方法が示されている。 How to sequence is shown as 7]. またさらに同公報には最上位を4分割した上で最上位から1つ下位の階調ビットを2分割し、[SF8、SF6、SF1− Or even in this publication is divided into two one lower gradation bits from the most significant in terms of the 4 dividing the top-level, [SF8, SF6, SF1-
1、SF4、SF2−1、SF1−2、SF3、SF1 1, SF4, SF2-1, SF1-2, SF3, SF1
−3、SF2−2、SF5、SF1−4、SF7]のようにする配列も示されている。 -3, SF2-2, SF5, SF1-4, is also shown sequence as SF7]. 後者の場合には12サブフィールドを必要とする。 Requiring 12 subfields in the latter case. 前者の方法は一般的に考えられる方法の一つである。 The former method is one of Methods commonly considered. 改善効果はあるものの、最上位ビットのみを分割するだけでは、効果が不十分であるし、逆にそのような限定条件を付けた場合には上記例よりも最適なサブフィールド配列が存在することが確認できた。 Although improvement is, only divides only the most significant bit, to the effect is insufficient, when attached such limited conditions Conversely there is an optimum subfield arrangement than the above examples that There could be confirmed. 後者の場合には12サブフィールドも使用する割に効果が少なく、サブフィールド全体にかかる時間を相当短縮しても十分な性能を得ることができなかった。 Little effect in spite of also using 12 sub-fields in the latter case, could not even correspond reduce the time required for the entire sub-field to obtain satisfactory performance.

【0015】さらに最近では映像信号を量子化する際に、従来から用いられてきた単純な2進符号以外の冗長性を持たせた符号化方式が提案されている。 [0015] It is further in quantizing the video signal in the recently proposed coding scheme which gave a simple binary redundancy than code that has been used conventionally. アジアディスプレイ'95のS19−9の戸田氏らの論文「A M S19-9 Toda et al papers of Asia display '95 "A M
odified−Binary−Coded Ligt odified-Binary-Coded Ligt
−Emission Scheme for Supp -Emission Scheme for Supp
ressingGray Scale Disturb ressingGray Scale Disturb
ances of Moving Images」には冗長化された符号化方式によりビットの桁上がり点を不明確にし、動画偽輪郭の発生を抑止する方法が紹介されている。 ances of Moving Images in "to obscure the carry point bits by redundant coding scheme, a method of suppressing the occurrence of dynamic false contour is introduced. これは、通常の2進化符号における上位2ビットをそれぞれ2分割し、その上で分割したサブフィールドを同じ重み付けの4個のサブフィールドに再構成するというものである。 This respectively divided into two upper 2 bits in the normal binarization code, it is that reconstructs the sub-fields obtained by dividing on its four sub-fields of the same weighting. 具体的には、8ビットの重み付けをとる最上位のビットから2つ分の128と64を2分割するとそれぞれ64と32に分けられるのが普通であるが、それを48の重みのもの4個に変換する。 Specifically, although the divided two partial 128 64 from the most significant bit taking 8 bits of weighting the 2 split 64 respectively 32 is normal, four that those weights 48 to convert to. こうすることにより、従来特定の1カ所に集中して起こったビットの桁上がり点は何カ所かに分散される。 By doing so, it carries the point of the bit that happened to concentrate on conventional one specific locations are dispersed in several places. しかしこの方法では8ビット精度を得るために10ビットのデータを取り扱うことが必要となるので、実用機としてみた場合にコストの増加や回路規模の増加があるので必ずしも有利な方法ではない。 But because of handling 10-bit data to obtain 8-bit precision in this way is necessary, not necessarily advantageous manner since there is an increase in cost and an increase in the circuit scale when viewed as a practical machine.

【0016】特開平7−271325には符号の冗長化を利用して、表示に供されるサブフィールド配列をドット単位で制御し、明線障害と暗線障害が交互に市松パターンとなって現れるようにするという手法が明示されている。 [0016] in JP-A 7-271325 by using the redundancy of the code, and controls the subfield arrangement which is subjected to the display in dot units, as bright lines disorder and dark line fault appears as a checkered pattern alternately technique of to have been explicit. ある遠距離から表示画面を見たときに目の解像度限界を利用して視覚上の画像障害を目立たなくするものである。 It is to obscure the image defect on visual using the resolution limit of the eye when the display screen is viewed from a certain distance. この方法は効果的であるが、動きのある画面で、細かく見るとざらざらした感じのドット単位での障害が目に付くので、あまり大画面表示装置向きではなく、かつ冗長符号を用いることにより、同じビット数を表示に用いても完全2進化符号に対して実質階調数が低下するという欠点を持つ。 While this method is effective, the screen having motion, the failure of each dot of feeling rough looking finer is noticeable, not very large screen display device orientation, and by using a redundant code, It has the disadvantage that the number of real gray level is lowered against the full binary coded code be used to display the same number of bits.

【0017】また、これまで定説的に扱われている「臨界融合周期」と動画偽輪郭の関連を本発明の発明者らは追試した。 [0017] In addition, so far the inventors of the present invention, the term "critical fusion period" which is established theory to deal with the context of the dynamic false contour were additional tests. まずCRTに近い動作をさせるという意味で、全サブフィールドに要する時間そのものの短縮を行う方法が考えられる。 In the sense that first be an operation close to the CRT, a method of performing reduction of time itself necessary for all the sub-fields are considered. これについては動作条件を限定して試験することができた。 This could be tested by limiting the operating conditions for. これまでの知見に反し、かなり短い時間(約4ms程度)に駆動シーケンス全体を収めても、単純昇順や単純降順方式よりはかなり良いものの、高品位な表示という観点からは十分な動画偽輪郭抑圧効果が得られなかった。 Contrary to previous findings, significantly faster enjoyed entire drive sequence (the order of about 4 ms), although simple ascending or much better than the simple descending manner, sufficient dynamic false contour suppression from the viewpoint of high-quality display effect can not be obtained. さらに、特開平7−1754 In addition, JP-A-7-1754
39の後者の例のように、多数のサブフィールドを分割する方法においても、単にサブフィールドを分割して適度に配列するだけでは、上述の臨界融合周期以内の条件を満たすように駆動シーケンスにかかる時間を収めても、これもまた十分な効果を得ることができなかった。 39 as in the latter example of, in the method of dividing the number of sub-fields, by merely appropriately arranged by dividing a sub-field, according to the driving sequence so as to satisfy the conditions within the critical fusion period of the above also met with time, which also was not possible to obtain a sufficient effect.

【0018】 [0018]

【発明が解決しようとする課題】上述の論文や公開特許公報に代表されるこれまでの対策方法は、大きな画像障害を発生する上位の階調ビットに注目し、それらに対策を打つようにしていた。 Previously countermeasures typified to the invention Problems to be Solved] The above papers and patent publications are focused on the tone of high-order bits to generate a large image failure, not to them strike the measures It was. 確かに上位の階調ビットに対策を施したときには、何もしないときに比較して劇的な改善効果が得られる。 Certainly when subjected to measures gradation bits of the higher-level, a dramatic improvement is obtained compared to when to do nothing. しかしこれまでに行われてきた対策では、大きな動画偽輪郭障害は排除されるものの、ある段階から改善効果が頭打ちになる。 However, in the measures that have been performed so far, although a large dynamic false contour failure is eliminated, improving effect becomes plateau from one stage. すなわち、画像品位を損ねるといった比較的小レベルの障害に対しては効果がない。 That is, there is no effect on the relatively small level failures such impairs the image quality. 本発明の発明者らは、これら各種方式の追試実験を行っていく過程の中で、高品位な動画表示を実現するためにはこれら下位の階調ビットが原因で発生する障害にも注目することが必要であるという認識を得ることができた。 The inventors of the present invention, in the course of performing additional tests experiments of various types, in order to realize a high-quality moving image display is also noted disorder of gradation bits of the lower is caused by it was possible to obtain a recognition that there is a need. 上位の階調ビットで発生する大きな動画偽輪郭障害に加えて、これまでの対策方法で取り残してきた下位の階調ビットが原因で発生する比較的小さな動画偽輪郭障害を低減することが本発明の課題である。 In addition to the large dynamic false contour failure that a gradation bits of the upper, so far lower gradation bits that have left behind in the countermeasure for that reduces the relatively small dynamic false contour failure caused by the present invention it is a challenge.

【0019】本発明は、上位の階調ビットから下位の階調ビットまでを総合的に把握しながら、動画偽輪郭障害を実用性の高い対策により、実用上十分な程度にまで抑圧することを目的としている。 The present invention, while comprehensively grasped from gradation bits of the upper to the gradation bits of the lower, the highly practical measures the dynamic false contour disorders, a suppressing up to a practically sufficient extent it is an object.

【0020】 [0020]

【課題を解決するための手段】本発明は前述の目的を達成するために、最上位からm番目(nとmは正の整数でmは1の時に最上位を表現し、n≦mとする)のビットのサブフィールドを全サブフィールド期間の時間軸上略中央部に配置すると共に、上記m番目のビットを除いた他のビットを少なくとも1つ以上、各々2つのサブフィールドに分割し、該分割したビットのサブフィールドの内、同じ重み付けを持つもの同士を、上記m番目のビットのサブフィールドの両側に、時間軸に対して略線対称に配置したサブフィールド配列を有する表示装置の階調表示方法である。 The present invention SUMMARY OF THE INVENTION To achieve the foregoing objects, m-th from the top (n and m is m a positive integer representing the top level when 1, and n ≦ m with the sub-field bit to) be placed in the time axis first paragraphs omitted central portion of the entire sub-field period, the other bits except the m-th bit at least one or more, divided respectively into two sub-fields, the subfields of bits and the divided, with each other to have the same weighting, on both sides of the subfield of the m-th bit, floor display device having a subfield arrangement disposed substantially symmetrical with respect to the time axis a scale display method.

【0021】さらに、妨害発生量の少ない下位のビットを非分割とし2個以上の偶数個を1組にして、上記m番目のビットのサブフィールドの直近の両脇に配置すると同時に、1フィールド期間毎にその位置を上記m番目のビットを挟んで交互に入れ替える階調表示方法でもある。 Furthermore, by the lower bit less interference generation amount to a set of two or more even number of the non-split, and at the same time placed in the immediate vicinity of both sides of the subfield of the m-th bit, one field period the location is also a gray scale display method alternates across the m-th bit for each.

【0022】また本発明ではさらに、上記の第m番目を除いた他のビットのうち、時間軸に線対称に配置され対となる分割されたサブフィールドの内、少なくとも一組を奇数ライン表示のサブフィールドと偶数ライン表示のサブフィールドの対となす表示装置の階調表示方法でもある。 [0022] Further, in the present invention, among other bits except for the m-th of the time among the axis of the divided sub-fields to be disposed pairs symmetrically, at least one set of odd lines display It is also a gray scale display method of a display device formed by the sub-fields and a pair of sub-fields of the even line display.

【0023】このように、非分割サブフィールドを1フィールド期間の略中央部に配置することにより、線対称配置のサブフィールドの位置関係を明確にすることができ、従来の技術では常識的に分割することが必須とされてきた上位の階調ビットのサブフィールド(特に最上位)を分割せずに済ませることができるようになった。 [0023] Thus, by arranging the non-divided sub-fields in a substantially central portion of one field period, it is possible to clarify the positional relationship between the sub-fields axisymmetric arrangement, common sense divided in the prior art it has become possible to dispense without dividing the sub-field (in particular top-level) grayscale of high-order bits has been considered essential to.
このため、非分割サブフィールドに略中央部に置くことにより、従来の同等の効果を持つ動画偽輪郭対策に比較して、少なくともサブフィールド数が1つ節約できることが分かる。 Thus, by placing a substantially central portion in the non-split sub-field, as compared to the dynamic false contour measures with conventional equivalent effect, at least the number of sub-fields is found to be able to save one.

【0024】また本発明においては、あくまでも対称配置がもたらす動画偽輪郭の打ち消し効果に注目している。 [0024] In yet present invention has focused on the dynamic false contour cancellation effect merely symmetrical arrangement results. そのためには対称に配置される分割サブフィールドの対は、時間的に接近した配置であることが必要である。 The pair of split sub-fields are arranged symmetrically in order, it is necessary that an arrangement close temporal proximity. すなわち短時間の内に、発生した障害を逆極性の障害により打ち消すためには略中央部に配置されるサブフィールドは短い方が好ましいことになる。 That in a short time, the subfields in order to cancel the generated failure by reverse polarity disorders disposed at a substantially central portion will be shorter is preferred. このためにも非分割サブフィールドを中央部に配置するわけであるが、このサブフィールド自身が発生する障害というのは、他のサブフィールドとの関連で考えることができればよいので考慮する必要はない。 Although for this purpose is also not to place a non-divided sub-field in the central portion, because disorders subfield itself occurs, need not be considered because it is sufficient be considered in the context of other subfields .

【0025】上記のような理由により、大きな障害をもたらす上位ビットから優先して、中央部のサブフィールドに近い部分に配置するようにした。 [0025] For the above reasons, with priority from the upper bits bring great failure, and be arranged at a portion closer to the sub-field in the central portion. 図3では端的な例として非分割ビットを最上位としたものを挙げている。 The non-split bit is cited what was most significant as typical example in FIG.
逆に下位ビットがもたらす障害については、下位のサブフィールドを端部に配置し、それらのもたらす絶対輝度が低いために、視覚上、画像障害が目立ちにくくなる。 For faults resulting subordinate bit reversed, and placed at the end of the lower sub-fields, in the absolute brightness to bring the they lower, visual, image failure is less noticeable.
その理由としては、人間の目の特性としてのCFF(C The reason for this is that, CFF as a characteristic of the human eye (C
ritical Flicker Frequenc ritical Flicker Frequenc
y)は輝度レベルが高いほど、高くなるからであると考えられる。 y) is higher the luminance level is high, believed to be because the higher.

【0026】本発明の下位の階調ビットを非分割にし、 [0026] The lower gradation bits of the present invention to non-dividing,
上位の非分割ビットの直近の両脇に配置し、かつそれらの位置をフィールド間で入れ替えるというのも、発生する画像障害の打ち消し効果を目的としている。 Located very close to the both sides of the non-divided bit higher, and also because interchanged their positions between the fields, are intended to cancel the effect of image failures. これは2 This 2
フィールド間での打ち消し効果ということになるが、本発明では、走査ライン分割サブフィールドという考え方を導入し、ライン間での打ち消し効果というものも目的としている。 Although it comes to canceling effect between fields, the present invention introduces the idea of ​​scanning lines divided subfields, is also an object thing called canceling effect between lines. この場合には少し距離を置いてディスプレイを観測したら画像障害がほとんど見えないという効果をもたらす。 In this case, at a little distance the effect that image failure is not nearly invisible Once you observe the display. またサブフィールドシーケンスにかかる時間を大幅に節約できるので、障害の打ち消し効果を期待できる分割サブフィールド数を増大させることが可能になる。 Since save considerable time in the sub-field sequence, it is possible to increase the number of divided sub-fields can be expected to cancel the effect of the fault.

【0027】このように本発明では、発生した動画偽輪郭のフィールド内、フィールド間、ライン間でのそれぞれの打ち消し効果によって、動画偽輪郭障害をほぼ解消する事ができる。 [0027] Thus, in the present invention, the generated dynamic false contour in the field, between fields, the respective canceling effect between lines, it is possible to substantially eliminate dynamic false contour disorders.

【0028】 [0028]

【発明の実施の形態】図1に本発明を適用するために作製した640×480カラー画素表示用のプラズマディスプレイパネルを示す。 Shows a 640 × 480 a plasma display panel for a color pixel display produced in order to apply the present invention DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Figure 1. 表示側となるガラス基板61上に、金属のバス電極が積層された透明導電膜からなる面放電電極62と、表面に酸化マグネシウム膜が付着された誘電体層63が形成されており、更に黒色の格子状のブラックマトリクス64が画素を確定するように形成されている。 On a glass substrate 61 serving as a display side, the surface discharge electrode 62 where the metal bus electrode is formed of a transparent conductive film stacked, dielectric layer 63 of magnesium oxide film is deposited is formed on the surface, further black lattice-shaped black matrix 64 is formed so as to determine a pixel. 裏面側のガラス基板65上にはデータ電極6 Data electrode 6 is formed on the glass substrate 65 on the back side
6と白色グレーズ層67、ストライプ状の白色の隔壁6 6 white glaze layer 67, striped white partition 6
8が形成され、隔壁68で挟まれた溝の中には三原色で発光する蛍光体69が各色ごとに塗り分けられている。 8 is formed, a phosphor 69 that emits light in three primary colors in a groove sandwiched by the partition wall 68 is painted for each color.
2枚のガラス基板の間にはHe、Ne、Xeからなる放電ガスが封入され、パネルが完成される。 Between the two glass substrates He, Ne, a discharge gas consisting of Xe is sealed, the panel is completed. データ電極6 Data electrode 6
6は1920本、面放電電極62は走査電極と維持電極からなりそれぞれ480本が形成されている。 6 1,920, surface discharge electrodes 62 480 respectively consists sustain and scan electrodes are formed.

【0029】図2には実験に使用したカラーPDPの映像信号の流れを示すブロック図を記載する。 [0029] FIG 2 describes a block diagram illustrating the flow of a video signal of a color PDP used in the experiment. RGBの3 RGB of 3
系統の映像信号に対し、それぞれ設けられたA/D変換器21で量子化された映像信号は逆ガンマ補正部22 To video signal lines, the quantized video signal by the A / D converter 21 provided respectively inverse gamma correction unit 22
で、明るさのデータの補正を受ける。 In, subject to correction of the brightness of the data. このデータ信号はフレームバッファメモリ25で格納しやすい形になるように、第1データ並び替え部23でRGBの3系統が混合され、各階調ビット毎に異なるアドレスが得られるように整列され、メモリ入出力制御部24へ送出される。 The data signal to be stored easily form in the frame buffer memory 25, is mixed three systems RGB first data rearranging section 23, it is aligned so that different addresses for each gradation bits obtained memory It is sent to the output control section 24.
メモリ入出力制御部24はフレームバッファメモリ25 Memory output control section 24 the frame buffer memory 25
と、前段または後段との間で、リードライト制御を行うI/Oバッファである。 If, between the upstream or downstream, are I / O buffers for performing read and write control. 各サブフィールド毎に読み出された映像の各階調ビットを表すデータは、先ほどのメモリ入出力制御部24を経由して、第2データ並び替え部26により最終的なデータの並び方に変換された後、2 Data representative of gradation bits of the video read for each subfield, via the previous memory output control section 24, which is converted to the arrangement of the final data by the second data rearranging unit 26 after, 2
系統あるデータドライバ27,28に送出される。 It is sent to the data driver 27, 28 in line. 映像信号の中から同期分離部29で分離された同期信号の内、垂直同期信号はサブフィールド生成部31に送られ、サブフィールドシーケンス全体の基準信号として使用される。 Of the synchronizing signal separated by the synchronization separation unit 29 from the video signal, the vertical synchronizing signal is sent to the sub-field generating unit 31 is used as a sub-field sequence the entire reference signal. サブフィールド生成部31はシステムクロックジェネレータ30からシステムクロックを供給され、 Subfield generating unit 31 is supplied with the system clock from the system clock generator 30,
前述の垂直同期信号を基準にしてサブフィールドの順序を生成する。 Based on the aforementioned vertical synchronizing signal for generating a sequence of sub-fields. タイミングジェネレータ32はサブフィールド生成部31の出力を受けて、メモリ入出力制御部2 The timing generator 32 receives the output of the sub-field generating unit 31, a memory output control section 2
4などに細かいタイミング信号を送り、走査ドライバ3 Etc. sends a fine timing signal 4, the scan driver 3
3にも同様に細かいタイミング信号を送り出す。 It sends out the fine timing signal equally to 3. 走査ドライバ33はPDP34上の走査電極を駆動する。 The scan driver 33 drives the scan electrodes on pDP34.

【0030】走査電極には、後述する走査ライン分割サブフィールドを除き、順次に走査パルスが印加され、それに同期して選択されたデータ電極にデータパルスが印加される。 [0030] scan electrodes, except for the scan lines divided subfield to be described later, the scan pulse is applied sequentially, it data pulse to the data electrode selected synchronously are applied. この線順次走査がパネル全面にわたって行われた後、パネル全面で維持放電を行わせ、カラー発光が得られる。 After the line-sequential scanning is performed over the entire panel, to perform the sustain discharge in the entire panel, the color light emission is obtained. この様な動作を、60分の1秒のフィールド期間に、量子化された階調データに対応させた複数のサブフィールドで行い、中間階調を有する動画表示を行った。 Such a behavior, the field period of 1/60 sec, performed by a plurality of sub-fields in correspondence to the gradation data quantized and subjected to video display with intermediate tones.

【0031】例えば64階調表示を行うに当たっては、 [0031] For example, when performing a 64-gradation display,
通常プラズマディスプレイの階調表示の為に、最上位ビット(MSB)のB1から最下位ビット(LSB)のB For normal plasma display gradation display, from B1 of the most significant bit (MSB) least significant bits of (LSB) B
6までの6ビットの階調ビットに対応してSF1からS S from SF1 corresponding to gradation bits of 6 bits from 6
F6のサブフィールドが設定される。 Sub-field of the F6 is set. 本実施例の最も単純な方法は、最上位から1つ下位の階調ビットであるB The simplest method of this embodiment is lower by one gradation bits from the most significant B
2から最下位のB6の階調ビットに対応するサブフィールドをそれぞれ二つずつのサブフィールドに分割する。 From each of 2 sub-fields corresponding to gradation bits of the least significant B6 is divided into subfields two by two.
即ち、B2階調ビットにはSF2−1とSF2−2、B That, SF2-1 the B2 gradation bits SF2-2, B
3階調ビットにはSF3−1とSF3−2、を設定する。 3 tone bit sets the SF3-1 and SF3-2,. 以下同様に、B6階調ビットまで対となる分割サブフィールドを設定する。 Similarly, to set a division subfield to be paired up B6 gradation bits. これらの分割されたサブフィールドの維持発光パルスの印加回数は分割する前のそれぞれの本来の数の略半分に設定する。 Number of applied sustain emission pulses of these divided subfields is set to approximately half of each original number before the split. この様なサブフィールド分割は、例えば、SF2−1とSF2−2の両方に同じB2の階調データをフレームバッファメモリから繰り返し読み出す等の方法により容易に実行されるし、B Such subfields divided, for example, to be easily performed by a method such as repeatedly read out the tone data of the same B2 to both SF2-1 the SF2-2 from the frame buffer memory, B
3以下に対して全く同様な方法を採ればよい。 3 may Taking exactly the same manner with respect to the following.

【0032】このような、第1の実施例による配列[S [0032] Such arrangement of the first embodiment [S
F6−1、SF5−1、SF4−1、SF3−1、SF F6-1, SF5-1, SF4-1, SF3-1, SF
2−1、SF1、SF2−2、SF3−2、SF4− 2-1, SF1, SF2-2, SF3-2, SF4-
2、SF5−2、SF6−2]では、SF1の発光期間はほぼフィールドの中央部分に配置され、その両側に分割されたSF2のサブフィールドが隣接して配置されている。 2, SF5-2, in SF6-2], the light emission period of SF1 is located in the central portion of the substantially field, they are arranged adjacent subfields SF2 divided on both sides. またその外側の両側に隣接されて分割されたSF The SF divided are adjacent to both sides of the outer
3のサブフィールドが配置され、さらにその外側の両側には分割されたSF4以下の分割されたサブフィールドが配置されている。 Arranged subfield 3 are further arranged divided SF4 following divided subfields on both sides of the outer. このような配列により、実効的にすべての階調ビットの発光の時間的な重心位置が同一となり非常に高い対称性が確保される。 Such sequences, very high symmetry becomes the temporal center of gravity of effectively emitting all gradation bits identical is ensured. この方式では11サブフィールドを必要とするが、この11サブフィールドを1フィールド期間内の所定時間内に終了することができた場合には、動画偽輪郭が事実上ほとんど見えなくなるという大きな効果を持つことが実験で確認された。 Although this method requires a 11 sub-fields, where it was able to exit this 11 subfields within a predetermined time within one field period, it has a large effect of dynamic false contour can not be seen most effectively it has been confirmed by experiment.

【0033】同様の考え方で256階調の表示を行おうとした場合には、例えば第2の実施例[SF8−1、S [0033] When an attempt is made to display of 256 gradations with the same concept, for example, the second embodiment [SF8-1, S
F7−1、SF6−1、SF5−1、SF4−1、SF F7-1, SF6-1, SF5-1, SF4-1, SF
3−1、SF2−1、SF1、SF2−2、SF3− 3-1, SF2-1, SF1, SF2-2, SF3-
2、SF4−2、SF5−2、SF6−2、SF7− 2, SF4-2, SF5-2, SF6-2, SF7-
2、SF8−2]のように全部で15サブフィールドを必要とすることになる。 2 would require a total of 15 sub-fields as SF8-2]. 本発明ではこの64階調11サブフィールドや256階調15サブフィールドの方式も一つの提案とするものであるが、現実のプラズマディスプレイにおいては、この様に多くのサブフィールドを使用するのはコスト面からみても、書き込み走査に要する時間の制約条件からみても決して満足すべき方法とはいえない。 Cost of In the present invention method of this 64 gradations 11 subfields and 256 gray level 15 subfields in which the one proposed in the actual plasma display, using a number of subfields in this way be seen from the surface, it can not be said that how satisfactory way be seen from the time constraints required for writing scan. 本発明ではさらに実用的、効果的な方法についても提案するものである。 Further practical in the present invention, but also proposes efficient ways.

【0034】実用的な見地から下位の階調ビットのサブフィールドは分割しないで、より駆動を行いやすくした実施例を示す。 [0034] in the subfield of the gradation bits of the lower from a practical standpoint is not divided, showing an embodiment in which more facilitate the drive. 例えば、第3の実施例として[SF6、 For example, [SF6 as a third embodiment,
SF4−1、SF3−1、SF2−1、SF1、SF2 SF4-1, SF3-1, SF2-1, SF1, SF2
−2、SF3−2、SF4−2、SF5]の順に配置されたサブフィールドでも動画偽輪郭に対して大きな改善効果を有している。 -2, SF3-2, SF4-2, has a significant improvement effect on the dynamic false contour in subfields are arranged in order of SF5]. 大きな発光量を支配するSF1、S To dominate a large amount of light emission SF1, S
F2、SF3およびSF4では高い線対称性が確保されており、さらに、SF5とSF6で両側を挟む配置とすることにより、下位のビットについても極力発光量の偏りが少なくなる様に配置されているためである。 F2, are SF3 and high linear symmetry in SF4 is secured, further, by the arrangement of flanking in SF5 and SF6, are arranged as much as possible as the light emission amount of deviation becomes smaller for lower bits This is because. このサブフィールド駆動シーケンスを図3に示す。 It shows this subfield drive sequence in Fig. なお、図3 It should be noted that, as shown in FIG. 3
のサブフィールド駆動シーケンスはACメモリ型プラズマディスプレイで利用されている走査維持分離駆動方式で模式的に表記しているが、AC型やDC型のプラズマディスプレイで採用されている走査維持混合型の駆動シーケンスにおいても、駆動方法によらず本発明の対称性の確保の点では同様である。 Subfield driving sequence is being represented schematically a scanning maintain separation driving method that is used in AC memory type plasma display, the driving of the scan sustain mixed adopted in AC type or DC type plasma display also in the sequence, in terms of symmetry of the securing of the invention regardless of the driving method are the same.

【0035】参考として、64階調表示において通常最も大きな動画偽輪郭となるMSBへの移行を伴う31階調から32階調レベルに輝度が変化する時の各サブフィールドの発光状態を図4および図5に示す。 [0035] For reference, FIG. 4 and the light emitting state of each subfield when the luminance changes from 31 gradations with the transition to MSB usually the most significant dynamic false contour in the 64 gradation display 32 gray levels It is shown in Figure 5. 図4は本発明の方式の状態遷移を表し、図5には比較のため従来から使われてきている降順サブフィールド配列の状態遷移例を示す。 Figure 4 shows a state transition of the system of the present invention, FIG. 5 shows a state transition example of a descending subfield sequences have been conventionally used for comparison. これらの図では簡単化のため、各サブフィールドの長さがすべて等しく、かつサブフィールド期間のすべてが発光しているように表記しているが、実際には図3のように長さが異なる。 For simplicity in these figures, all equal length of each sub-field, and has been denoted as emitting light of all of the sub-field period, actually differ in length as shown in FIG. 3 . 図4からも判るように、本発明の配列では31から32階調レベルの変化の際に、 As can be seen from Figure 4, during the change from 31 to 32 gray levels in the sequence of the present invention,
MSBを中心に挟んだMSB以外のすべてのビットが発光した図4(a)の状態から、中心のMSBのみが発光する図4(b)の状態へと遷移する。 From the state of FIG. 4 in which all the bits other than MSB sandwiched around the MSB emits light (a), only the MSB of the center is shifted to the state shown in FIG. 4 (b) which emits light. 発光期間の不均一性や偏りといった要素が非常に少なく安定した状態遷移であるため、動画偽輪郭の出現が効果的に抑えられる。 Since heterogeneity and bias elements such as light-emitting period is very small steady state transition, occurrence of dynamic false contour can be effectively suppressed.
従来方式である降順の図5(a),(b)では発光状態にあるサブフィールドの時間軸方向への移動量が大きいことが分かる。 FIG descending a conventional method 5 (a), it is seen that a large amount of movement in the time axis direction of the sub-field in the light emitting state (b). また、本実施例では31から32階調への変化以外の他の状態遷移に対しても同様に擾乱の少ない発光パターンとなっている。 Furthermore, and has a small light-emitting pattern of disturbances equally to other states excluding the change from 31 to 32 tones in the present embodiment. 一例として、15から1 As an example, from 1 to 15
6階調レベルに変化した場合を図6(a),(b)に示す。 A case in which changes in six gradation level FIG. 6 (a), the shown (b). この遷移状態では、通常31から32に遷移するときに次いで大きな画像障害を出すとされている。 In this transition state, there is a issue then large image failure when transitioning from the normal 31 to 32. 本発明の方式では、いずれの場合も中心の非分割ビットを対称軸として発光するサブフィールドが線対称に分布していることが分かる。 In the method of the present invention, it can be seen that the sub-fields for emitting light are distributed symmetrically undivided bit center in any case as a symmetry axis. なお図6(a),(b)も図4,5と同様に簡素化された図面となっていることを付記しておく。 Note FIG. 6 (a), the It may be noted that has a (b) is also drawing Simplified similarly to FIGS.

【0036】本発明の非分割ビットを中心に分割されたビットを時間軸線対称に配置する方法は、一度発生した障害が1フィールド以内の時間で線対称配置された逆順序のサブフィールド配列により、次の瞬間には障害がキャンセルされるため効果が大きいのであるとも考えられる。 The method of arranging the bit time axis symmetric to the non-divided bit is divided into the center of the present invention, once the failure that has occurred by subfield arrangement axisymmetric arranged reverse order in time within one field, the next moment is also considered an obstacle is greater effect to be canceled. すなわち、1フィールドの前半の部分では、明線障害(または暗線障害)が発生するが、相補的に配列された後半のサブフィールド順序により暗線障害(または明線障害)が発生する。 That is, in the first half of the portion of one field, but the bright line failure (or dark line failure) occurs, complementary arrayed late subfield sequence by dark disorder (or bright line failure) occurs. これらの逆の性質を持つ障害は短い時間内に比較的近接した時刻に発生するのであれば人間の目の持つ積分効果により知覚されることはなくなるからである。 Disorders with these opposite properties because no longer be perceived by the integration effect with the the human eye as long to occur relatively close time in a short time.

【0037】電子情報通信学会技術報告EID95−1 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers Technical Report EID95-1
36にある戸田幸作氏らの論文「PDP動画表示における色の乱れと偽輪郭」には動画偽輪郭の評価方法として発光重心の移動という評価方法が紹介されている。 The Mr. Kosaku Toda et al., "The color of the turbulence and false contour in the PDP video display" on the 36 evaluation method of movement of the light-emitting center of gravity has been introduced as a method of evaluating the dynamic false contour. この発光重心の移動という観点から本実施例のサブフィールド配列を評価した場合は、問題になるような重心移動はほとんど発生しない。 If this were evaluated subfield arrangement of this embodiment from the viewpoint of movement of the light-emitting center of gravity, it is hardly generated movement of the center of gravity as a problem.

【0038】なお、図3に挙げた第3の実施例では64 It should be noted, 64 in the third embodiment mentioned in FIG. 3
階調の表示に9サブフィールドが必要であり、全体としての維持放電期間を短くして走査期間への時間配分を若干増加させるか、書込動作をより確実にして走査パルス幅を短くするなどの必要があるが、従来のサブフィールド数を増やす方法に対して、中心に配置するビットを分割する必要がないので、少ないサブフィールド増で高い偽輪郭の改善効果を有しており、実用性の高いものである。 It requires 9 subfields to display gradation, or increase slightly time allocations to short to the scanning period of the sustain discharge period as a whole, such as to secure the write operation to shorten the scan pulse width there is a need for, for the process of increasing the conventional number of subfields, there is no need to divide the bits placed in the center, has an improved effect of high false contour in a small sub-fields increase, practicality it is high of.

【0039】本実施例を256階調に拡張する場合も同様に、第4の実施例として[SF7、SF6、SF4− [0039] Similarly, when extending this example to 256 gradations, as a fourth embodiment [SF7, SF6, SF4-
1、SF3−1、SF2−1、SF1、SF2−2、S 1, SF3-1, SF2-1, SF1, SF2-2, S
F3−2、SF4−2、SF5、SF8]とすれば64 F3-2, SF4-2, if SF5, SF8] 64
階調の時に得られた動画偽輪郭抑圧効果と同程度のものが得られる。 Those same extent as dynamic false contour suppression effect obtained when the gradation is obtained. すなわち、SF7とSF8は前述の64階調時のサブフィールド配置に対して、線対称のサブフィールド配列の外側にさらに付加されたビットであると考えると良い。 That is, may the SF7 and SF8 to the sub-field arrangement when the aforementioned 64 gradations, considered to be further added bits outside the subfield arrangement axisymmetric. この場合には高品位な偽輪郭抑圧効果を求めるのでなければ付加された下位ビットが原因で発生する障害レベルは十分に小さく、付加ビットよりも上位の、64階調時に残留していた障害レベルの方が大きいからである。 The fault level lower bit added unless seek a high-quality false contour suppression effect is caused by the sufficiently small in this case, higher than additional bits, disabled level which remains at 64 gradations This is because the larger.

【0040】上記の実施例ではMSBを分割せず、その下に位置するビットを3ビット分2分割するようにした。 [0040] In the embodiment described above without dividing the MSB, and so that the bit 3 bit 2 divides positioned thereunder. しかしながら本発明では比較的上位のビットの内で分割しないようにするビットは必ずしも最上位である必要はない。 However bits to avoid dividing by relatively among upper bits in this invention is not necessarily the highest. 64階調の場合には、例えば第5の実施例[SF6、SF4−1、SF2−1、SF1−1、SF 64 in the case of the gradation, for example the fifth embodiment [SF6, SF4-1, SF2-1, SF1-1, SF
3、SF1−2、SF2−2、SF4−2、SF5]などとしても良い結果が得られる。 3, SF1-2, SF2-2, SF4-2, SF5] Good results can be obtained as such. 同様にして256階調の場合には第6の実施例[SF8、SF6、SF4− Sixth embodiment in the case of 256 gradations in the same manner [SF8, SF6, SF4-
1、SF2−1、SF1−1、SF3、SF1−2、S 1, SF2-1, SF1-1, SF3, SF1-2, S
F2−2、SF4−2、SF5、SF7]というような配列で良い結果が得られる。 F2-2, SF4-2, SF5, SF7] good results in an array such that is obtained. この256階調の配列を図7に図示する。 It illustrates the sequence of the 256 gradations in FIG. 図7のような配列は最上位の階調ビットのサブフィールドを略中央部に配置するよりも、表示する画像の面でいえば、高輝度部でのフリッカが低減できるし、プラズマディスプレイの場合は、短時間に集中する電流を低減することができるので装置設計が楽になるという長所を持つ。 Sequence as shown in FIG. 7 rather than arranged in a substantially central portion of the sub-fields of gradation bits of the most significant, in terms of the plane of the image to be displayed, to flicker in a high luminance portion can be reduced, if the plasma display has the advantage that the apparatus design becomes easy since it is possible to reduce the current to concentrate in a short time. また、分割するビットの数は本実施例のように3ビットに限定する必要は全くなく、例えば分割ビットを2ビット程度に減らしても良いし、中心に配置するビット以外のものをすべて分割しても良い。 The number of bits to be divided so that absolutely no need to be limited to 3 bits in this embodiment, for example, to the divided bit may be reduced to about 2 bits, divides everything other than the bit to be placed in the center and it may be.

【0041】次に本発明の別の実施の形態について説明する。 [0041] Next will be described another embodiment of the present invention. 前述の下位の階調ビットによって発生する画像障害を改善すべく考慮したサブフィールド配列について記述する。 It describes subfield arrangement in consideration to improve the image defect caused by the lower gradation bits described above. 例えば64階調の制御を行うのに第7の実施例[SF4−1、SF2−1、SF1−1、SF6、SF For example the seventh embodiment for performing control of 64 gradations [SF4-1, SF2-1, SF1-1, SF6, SF
3、SF5、SF1−2、SF2−2、SF4−2]などとするか、あるいは最上位ビットの非分割サブフィールドを中心に配列するならば、第8の実施例[SF4− 3, SF5, SF1-2, SF2-2, SF4-2] or the like, or if arranged around the non-split sub-fields of the most significant bit, an eighth embodiment [SF4-
1、SF3−1、SF2−1、SF6、SF1、SF 1, SF3-1, SF2-1, SF6, SF1, SF
5、SF2−2、SF3−2、SF4−2]の配列のようにすると下位ビット(5ビット目と6ビット目)が原因で発生する偽輪郭障害を減少させることができる。 5, SF2-2, SF3-2, the lower bit (fifth bit and the sixth bit) If so the sequence of SF4-2] can reduce the false contour disorders caused. これは5ビット目と6ビット目がより上位の階調ビットとの関連で偽輪郭を発生していた場合に、下位の偽輪郭打ち消し効果を期待できない非分割ビット自身の発光量の変化による発光重心の移動量が低下するということから説明できる。 This is when the fifth bit and the sixth bit was generated pseudo outline in the context of gradation bits of the higher order, light emission by the light emission amount of change in the non-divided bit itself can not be expected to lower the false contour canceling effect movement amount of the center of gravity can be explained from the fact that reduced. この方式を採用するに当たっては大事なことは、この下位2ビットを中心位置にあるサブフィールドの両脇に入れることによってサブフィールドシーケンス全体の時間軸に対する線対称性を崩さないように配慮することである。 The important thing is when adopting this method, by taking into consideration not to disturb the line symmetry with respect to the time axis of the entire sub-field sequence by placing on both sides of the sub-fields in the lower 2 bits in the central position is there. つまり、他の上位ビットのサブフィールドの発光重心移動を減らすためにSF5とSF6の全体の時間を略揃えたものにしておくと効果的である。 That is, it is effective to keep to that substantially aligned SF5 and total time of SF6 to reduce the emission center of gravity movement of the sub-fields of the other upper bits. 上記では64階調のものを例にとって説明したが、256 In the above it has been described as an example that of a 64-gradation, but 256
階調のものでは、上記説明のSF5とSF6をそれぞれSF7とSF8というように読み替えると良い。 Intended gradation, it may read as a SF5 and SF6 in the description and so each SF7 and SF8. また2 The 2
56階調の場合にはSF5〜SF8までの4ビット分をまとめて、上記説明のSF5とSF6に置き換えることもできる。 56 in the case of gradations together four bits to SF5~SF8, may be replaced by SF5 and SF6 in the description.

【0042】さらに本発明では、上記中心位置にあるサブフィールドの両脇にあるサブフィールドのフィールド毎の相互位置関係の入れ替えを記載している。 [0042] Further, in the present invention, describes a replacement of the mutual positional relationship of each field of sub-fields on both sides of the sub-field in the central position. 上述の6 Of the above-mentioned 6
4階調の場合の一実施例としては、SF5とSF6をフィールド毎にその位置の入れ替えを行えばよい。 4 as an example the case of gradation may be performed interchanging the positions SF5 and SF6 in each field. これはたとえば、第9の実施例として第1フィールドを[SF This example, the first field as an example of the 9 [SF
4−1、SF3−1、SF2−1、SF6、SF1、S 4-1, SF3-1, SF2-1, SF6, SF1, S
F5、SF2−2、SF3−2、SF4−2]とし、それにつながる第2フィールドを[SF4−1、SF3− F5, SF2-2, SF3-2, and SF4-2], a second field connected thereto [SF4-1, SF3-
1、SF2−1、SF5、SF1、SF6、SF2− 1, SF2-1, SF5, SF1, SF6, SF2-
2、SF3−2、SF4−2]のように配置することができる。 2, SF3-2, can be arranged as SF4-2]. 同様に256階調の実施例では、SF7とSF In the embodiment of likewise 256 gradations, SF7 and SF
8の位置をフィールド毎に入れ替える。 Swap the position of 8 for each field. 第10の実施例としては第1フィールドを[SF6−1、SF5−1、 As a tenth embodiment of the first field [SF6-1, SF5-1,
SF4−1、SF3−1、SF2−1、SF8、SF SF4-1, SF3-1, SF2-1, SF8, SF
1、SF7、SF2−2、SF3−2、SF4−2、S 1, SF7, SF2-2, SF3-2, SF4-2, S
F5−2、SF6−2]とし、それにつながる第2フィールドを[SF6−1、SF5−1、SF4−1、SF F5-2, and SF6-2], a second field connected thereto [SF6-1, SF5-1, SF4-1, SF
3−1、SF2−1、SF7、SF1、SF8、SF2 3-1, SF2-1, SF7, SF1, SF8, SF2
−2、SF3−2、SF4−2、SF5−2、SF6− -2, SF3-2, SF4-2, SF5-2, SF6-
2]のように配置することを指す。 It refers to placing as 2]. 図8には、この配置での2フィールドのサブフィールド配列を示し、図8 Figure 8 shows a subfield arrangement of two fields in this arrangement, Figure 8
(a)に第1フィールドを、図8(b)に第2フィールドをそれぞれ示す。 A first field (a), the show a second field, respectively in Figure 8 (b). 図8のような256階調時に入れ替えを行うSF7とSF8の受け持つ絶対輝度レベルはかなり小さいもので、この配置をとることによって、これらのサブフィールドが原因で発生するフリッカレベルがほとんど知覚できない状態となることが実験により確認された。 256 absolute luminance levels allotted to SF7 and SF8 to perform replacement when the gradation shown in FIG. 8 is fairly small, by taking this arrangement, the state of the flicker level these subfields is caused by hardly perceptible it was confirmed by experiments made.

【0043】256階調の場合には、さらに下位から4 [0043] 256 in the case of gradation, 4 further from the lower
ビットすべての場所を入り替えるようにすることもできる。 It is also possible to make changing into a bit all over the place. 例えば第11の実施例として第1フィールドを[S For example, the first field as an example of the 11 [S
F4−1、SF3−1、SF2−1、SF8、SF6、 F4-1, SF3-1, SF2-1, SF8, SF6,
SF1、SF5、SF7、SF2−2、SF3−2、S SF1, SF5, SF7, SF2-2, SF3-2, S
F4−2]とし第2フィールドを[SF4−1、SF3 F4-2] and the second field [SF4-1, SF3
−1、SF2−1、SF7、SF5、SF1、SF6、 -1, SF2-1, SF7, SF5, SF1, SF6,
SF8、SF2−2、SF3−2、SF4−2]のように配置する。 SF8, SF2-2, SF3-2, arranged as SF4-2].

【0044】64階調の時に動画像を見た場合、SF6 [0044] If you watch the video image at the time of the 64 gray scales, SF6
とSF5が原因で発生していた偽輪郭障害はフィールド毎に明線となったり暗線となったりを繰り返すので、少なくとも2フィールド以上で見た場合には打ち消すようになる。 When SF5 is because false contour failure was caused by repeated or a dark line or a bright line in every field, so that the cancel when viewed in at least two or more fields. この打ち消し効果は人間の目が動画像を追いかけるという性質があり、発生する障害もそれに同期して動いていくことから比較的容易にかつ直感的に理解しやすいものと言える。 This canceling effect has the property of human eyes follow a moving image, it can be said that relatively easily and intuitively understood from the fact that we move in synchronism with it even occurs disorders. またフィールド毎に入れ替えを行うサブフィールドをサブフィールドシーケンス全体の中心に近いところに持っていく理由は、フィールド周波数の1/2の周波数成分を持つ目立ちやすいフリッカの発生を可能な限り抑制するためである。 The reason for bringing the subfield performing the replacement for each field closer to the center of the entire sub-field sequence, in order to suppress as much as possible the occurrence of noticeable flicker with half the frequency components of the field frequency is there. また256階調の例に挙げた実施例の内、後者の4ビット分をフィールド毎に入れ替える方式では、SF5やSF6などの下位ビットの中では比較的重いビットを中心位置に近いところに持っていくのもやはり同様の理由による。 Of the examples listed in the example of 256 tones, in the method of replacing the latter with 4 bits for each field, with the closer to the center position relatively heavy bits in the lower bits, such as SF5 and SF6 by still the same reason also to go. 本発明の中でフィールド毎に入れ替えを行うサブフィールドを比較的下位のものに限定する項目があるのは、上位のビットに適用するとフィールド毎の輝度変化が大きくなるので、 There are items to limit the subfield performing the replacement for each field in the present invention the relatively lower ones, the brightness change in every field is applied to upper bits increases,
上記フィールド周波数の1/2の周波数成分を持つフリッカが激しくなり実用性を持たなくなるからである。 This is because not have practical flicker becomes violently with half the frequency components of the field frequency.

【0045】このように上位の階調ビットに対しては1 [0045] 1 for gradation bits of the upper thus
フィールド内での分割サブフィールドによる対称性を確保し、より下位の階調ビットではフィールド毎に互いの位置を入れ替えることにより、2フィールドで打ち消すように全体のサブフィールドを設定することにより、動画偽輪郭の発生に対して大きな効果を持つ。 Ensure the symmetry by splitting subfields within a field, by replacing the more mutual position for each field in the lower gradation bits, by setting the entire sub-field so as to cancel out two fields, dynamic false It has a large effect on the generation of the contour. 上述の例では64階調を9サブフィールドで実現できる。 In the above example it can be realized 64 gradations 9 sub-fields. この方式ではサブフィールドシーケンス全体にかかる時間を所定値以下にできるならば、ほぼ完全に近い動画偽輪郭対策ができることが実験により確認された。 If in this manner can the time required for the entire sub-field sequences below a predetermined value, that can be almost completely close the dynamic false contour measures were confirmed by experiments. また、フィールド毎に入れ替えるサブフィールドを64階調の時にも合計4ビットにするとさらにサブフィールドの節約ができる。 Moreover, it is saved in the further sub-fields when also the total 4 bit sub-field when the 64 gradation to replace every field. 本発明の第12の実施例として例えば64階調の一例として第1フィールドを[SF2−1、SF6、SF The first field as the 12 one example of the embodiment example 64 gradations of the present invention [SF2-1, SF6, SF
4、SF1、SF3、SF5、SF2−2]とし、第2 4, SF1, SF3, SF5, and SF2-2], second
フィールドを[SF2−1、SF5、SF3、SF1、 The field [SF2-1, SF5, SF3, SF1,
SF4、SF6、SF2−2]とすれば全部で7サブフィールドで済ませられる。 SF4, SF6, is finished in 7 sub-fields in the SF2-2] Tosureba all. この場合はかなり輝度比の大きいビットをフィールド毎に入れ替えるために、上記9 To replace a large bit in this case is quite the luminance ratio for each field, the 9
サブフィールドの例よりもフィールド周波数の1/2の周波数成分のフリッカが大きくなる。 Flicker 1/2 of the frequency components of the field frequency than in the example of the subfield increases. このため、実際の表示装置に適用するに当たっては、1フィールドのサブフィールドシーケンス全体に要する時間を短縮するなどの工夫が必要になる。 Therefore, when is applied to an actual display device, it is necessary to think out, for example, to shorten the time required for one entire field subfield sequences.

【0046】本発明ではさらに、サブフィールドシーケンス全体に要する時間を大きく節約できる別の実施の形態についても説明する。 [0046] The present invention in addition also described another embodiment can save large time required for the entire sub-field sequence. 上述してきたように、動画偽輪郭対策には本発明の方式に従って、対となる分割サブフィールド数を多くすることにより、非常に良好な表示が実現されるが、PDPの表示容量の増大や大画面化に伴い、1フィールド内のサブフィールドの総数を多くすることは駆動上困難になってくる。 As described above, according to the method of the present invention to dynamic false contour measures, by increasing the number of divided sub-field to be paired, but very good display is realized, an increase or a large display capacity of the PDP As the screen size, to increase the total number of subfields in one field becomes difficult on the drive. 書き込み動作は、本実施例のAC面放電型のプラズマディスプレイでは、走査電極とデータ電極間で書き込み放電を発生させ、表示パターンに応じた壁電荷像を形成することにより行われる。 Write operation, a plasma display AC surface discharge type according to this embodiment generates a write discharge between the scan electrodes and the data electrodes is carried out by forming a wall charge image corresponding to the display pattern. 駆動方法の工夫にも影響されるが、確実な書き込み放電の発生と十分な量の壁電荷像形成には、ある程度長いパルスの印加時間が必要である。 Although also affected by devising the driving method, the development and sufficient amount of wall charge image forming reliable write discharge, it is necessary to apply time relatively long pulses. 現在の所できれば、 If possible at the present time,
3マイクロ秒前後の書込みパルス幅を確保することが好ましい。 3 it is preferable to ensure microseconds before and after the write pulse width. 本発明の最初の実施例で述べたようなB2階調ビット以下をすべて分割サブフィールドとする場合はテレビ表示に必要な256階調で15サブフィールドが必要となり、480ライン走査駆動を行うとすると、1ライン当たり3μ秒の書込みでは書込み時間の総計だけで21.6ミリ秒を要し、通常のテレビ表示の1フィールド期間16.7ミリ秒を大幅に超してしまい、駆動することは不可能となる。 If the first of all divided subfields B2 following gradation bits as described in the embodiment of the present invention requires a 15 sub-fields with 256 gray levels needed for television display, when to perform the 480 line scanning driver , takes 21.6 milliseconds only total write time by writing one line per 3μ seconds, one field period 16.7 milliseconds conventional television display will greatly staggering, be driven not It can become. 1フィールド期間には維持放電期間や各種の制御用パルス印加期間も必要であり、現実のPDPの書込み駆動能力を考えた場合、単純にサブフィールド数を増大させることはできない場合も多い。 1 field control pulse application period of the sustain discharge period, various in period is also necessary, when considering writing driving capability of the real PDP, simply increasing the number of subfields is greater when it is not possible.

【0047】そこで本発明は視覚特性を利用して、実効的に対となる分割されたサブフィールドの組を増大させることにより、動画偽輪郭対策効果と書込み時間確保を両立させたものである。 [0047] The present invention takes advantage of visual characteristics, by increasing the set of split sub-field becomes effectively pair, those having both secured dynamic false contour suppressing effect and write time. 以下に具体的に説明する。 It will be described in detail below. 本発明の要点は、ほぼ同本数で走査ラインがお互いに異なるようにサブフィールドを分割し、この対となるサブフィールドを対称の位置に配置することにある。 Gist of the present invention, the scan lines in almost the same number of divided sub-field to be different each other, it is to arrange the subfields to be the pair positioned symmetrically. 例えば分割された一方のサブフィールドでは奇数番目の走査ライン上の画素だけを書込み、維持発光を行わせる。 For example only write pixels on odd-numbered scanning lines in the divided one subfield to perform the maintenance emission. もう一方の対となるサブフィールドでは偶数番目の走査ライン上の画素だけを書き込み、維持発光を行わせる。 In sub-field as the other pair writes only the pixel on the even-numbered scanning lines to perform the maintenance emission. この様にすることによりサブフィールドが分割された場合でも書き込み時間の増大はない。 No increase in the write time, even if the sub-field is divided by this way. この分割されたサブフィールドを走査ライン分割サブフィールドと呼ぶ。 The divided sub-field is called a scanning line splitting subfields. また、これに対してパネル全面書込みを行い、所定の輝度の半分の明るさで維持発光させる前出の分割されたサブフィールドを維持発光分割サブフィールドと呼ぶ。 Moreover, contrary performs the whole panel write, referred to as a divided subfield sustain light emission divided subfield supra to maintain light emission with the brightness of the half of a predetermined luminance. 走査ライン分割サブフィールドでは書込み走査ライン数が2分の1となるため半分の時間でサブフィールドの書込みが終了する。 Writing subfield scan lines divided subfields in half the time because the number of writing scanning lines is one half has ended. これに対して、維持発光分割サブフィールドでは、 In contrast, the sustain light emission divided subfield,
維持放電期間は半減できるが、書込みには非分割のサブフィールドと同じ時間を要する。 Sustain discharge period can be halved, but writing takes the same time as the sub-field non-division. テレビやコンピュータの表示のように、走査ライン数が多く、且つ多階調表示では、書き込み時間が1フィールド期間の大部分を占めるため、走査ライン分割サブフィールドを動画偽輪郭の改善に導入することは利点がある。 As the display of television and computer, the number of scanning lines is large, the and multi-gradation display, since the majority of the writing time of one field period, the introduction of scanning lines divided subfield to improve the dynamic false contour there are advantages.

【0048】この方式を全面的に取り入れたサブフィールド配列例としては、第13の実施例[SF8−偶、S [0048] As subfield arrangement example incorporating this method entirely, the thirteenth embodiment [SF8- even the, S
F7−奇、SF6−偶、SF5−奇、SF4−偶、SF F7- odd, SF6- even, SF5- odd, SF4- even, SF
3−奇、SF2−偶、SF1、SF2−奇、SF3− 3-odd, SF2- even, SF1, SF2- odd, SF3-
偶、SF4−奇、SF5−偶、SF6−奇、SF7− Even, SF4- odd, SF5- even, SF6- odd, SF7-
偶、SF8−奇]などがある。 Even, SF8- odd], and the like. フィールドのほぼ中央には分割されていないSF1が配置され、全ラインの書込みと維持放電を行わせる。 The approximate center of the field SF1 undivided is arranged to perform the writing and sustaining discharge for all lines. 階調ビットB2以下に相当するサブフィールドは偶数ライン表示と奇数ライン表示の対に分割され、SF1を中心として、これらの対となる走査ライン分割サブフィールド同士は各々対称位置に配置されている。 Sub field corresponding to gradation bits B2 below is divided into pairs of even-numbered line display and an odd line display, around the SF1, scan lines divided subfields that can produce these pairs are disposed on each symmetric position. サブフィールド番号の次に−偶、−奇と表記しているのは、それぞれ偶数ライン走査表示と奇数ライン走査表示の走査ライン分割サブフィールドを示す。 The next sub-field number - even, - What is denoted by odd, respectively showing a scanning line splitting subfield of the even line scan display and odd line scanning display. また、ハイフンのないSF表示は非分割サブフィールドを示す。 Moreover, a hyphen without SF display shows a non-split sub-fields.

【0049】走査ライン分割サブフィールドの書込み時間は全ライン書込みの半分で良いために、上記の配列のサブフィールド数は15個あるが、書込みに必要な時間は8サブフィールド駆動の場合と同じとなる。 [0049] For scanning line splitting subfields write time a good half of the total line write, the number of subfields of the above sequence is 15, but the time required for writing is the same as for the 8 sub-field driving Become. 上の例ではSF1を中央部分に配置しており、SF1は分割する必要はない。 In the example a place SF1 in the central portion, SF1 need not be split. また、この方が、SF1の維持放電期間の節約と、奇数ライン画面と偶数ライン画面分離の悪影響を最も明るいサブフィールドで避けることができ、利点がある。 Furthermore, this person is able to avoid saving and sustain discharge periods of SF1, the adverse effects of odd lines screen and the even line screen separating the brightest sub-field, is advantageous. この実施例の維持放電期間は、SF2からSF Sustain discharge period in this embodiment, SF from SF2
8の維持放電時間の2倍を要するが、せいぜい2ミリ秒以下の増大に留まり、書込み時間の短縮の効果の方が格段に大きい。 It takes twice the sustain discharge time of 8, but remain at best 2 ms increase, much greater in the effect of shortening the programming time. なお、この方式では、奇数ライン画面と偶数ライン画面が時間的に分離されるため対称性の低下により、非常に微妙な動画偽輪郭の出現(軽微な明線障害と暗線障害がライン毎に交互に発生)や、非常に細かい縞状のパターンなどの特殊な絵柄でのチラツキ感などの若干の障害感が発生する場合があるものの、通常のテレビ映像では問題になることはない。 Incidentally, alternating in this manner, the lowering of symmetry for odd line screen and the even line screen is temporally separated, and for each line very appearance of subtle dynamic false contour (minor bright line interference and dark Failure occurrence) and, although some failure feeling such as flickering of a special design, such as very fine striped pattern may occur, not a problem for normal television image.

【0050】この方式の発展として、合計の書込み時間は若干増大するものの上位の階調ビットを維持発光分割サブフィールドとし、より下位の階調ビットで走査ライン分割サブフィールドを行う方法と併用しても良い。 [0050] As the development of this method, the writing time of the total and the gradation bits sustain light emission divided subfields upper ones slightly increased, in combination with the method of performing scanning line splitting subfields lower order gradation bits it may be. 即ち、第14の実施例として[SF8−偶、SF7−奇、 That is, as an embodiment of the 14 [SF8- even, SF7- odd,
SF6−偶、SF5−奇、SF4−偶、SF3−奇、S SF6- even, SF5- odd, SF4- even, SF3- odd, S
F2−1、SF1、SF2−2、SF3−偶、SF4− F2-1, SF1, SF2-2, SF3- even, SF4-
奇、SF5−偶、SF6−奇、SF7−偶、SF8− Odd, SF5- even, SF6- odd, SF7- even, SF8-
奇]などの配列がある。 There is an array of such odd]. 図9にこの例を示す。 Figure 9 shows an example of this. この配列では、発光強度の75%は全画面発光とすることができ、偶数ライン画面表示と奇数ライン画面表示の時間がずれることによる悪影響を実質的に無くすることができる。 In this arrangement, 75% of the emission intensity may be a full screen emission, an adverse effect due to the time shifts of the even line screen and the odd lines screen display can be eliminated substantially. 勿論、SF3やSF4までも走査ライン分離サブフィールドとせず、維持発光分割サブフィールドとしても良いが、これらの階調ビットに対応する輝度が低いため、動画偽輪郭に対する改善効果は少なくなるのに対し、書込み時間増大のデメリットが出てくるため、どの配列で使用するかは、表示装置の設計的事項として判断すればよい。 Of course, even SF3 and SF4 without scan line separation subfields, may be maintained emitting divided subfields, but since the luminance corresponding to these tone bit is low, while the improvement is less for the dynamic false contour since the disadvantage of increasing the write time comes out, is to use any sequence, it may be determined as a matter of design of the display device.

【0051】なお、以上述べてきた実施例では、中央部よりに輝度の高い上位の分割サブフィールドを配置している。 [0051] In the embodiment which has been described above, it is arranged divided subfields having the highest luminance in the center portion. 動画偽輪郭の解消には高輝度サブフィールドを中央に集中配置することが好ましい。 The elimination of dynamic false contour is preferably to focus placed high brightness subfield in the center. 特にSF1を中央部に置く方が良好な結果が得られるが、一般には高いとされる日米方式テレビジョン標準の60Hzのフィールド周波数でも高輝度部が大面積で表示される場合に感知されやすい高輝度フリッカ対策を重視して、SF1サブフィールドを分割し対称の位置に配置することもできる。 While particularly good results person placing the SF1 in the center is obtained, typically sensed when the high luminance portion at high and is the US-Japan scheme field frequency of the television standard of 60Hz are displayed in a large area easily emphasizes high luminance flicker measures, it may be disposed at a position of the divided symmetrical SF1 subfield.
例えば、第15の実施例として[SF8−偶、SF7− For example, the 15th embodiment of the [SF8- even, SF7-
奇、SF6−偶、SF5−奇、SF1−1、SF4− Odd, SF6- even, SF5- odd, SF1-1, SF4-
偶、SF3−奇、SF2、SF3−偶、SF4−奇、S Even, SF3- odd, SF2, SF3- even, SF4- odd, S
F1−2、SF5−偶、SF6−奇、SF7−偶、SF F1-2, SF5- even, SF6- odd, SF7- even, SF
8−奇]などとしても良い。 8-odd] may be used as such. この配置では、高輝度サブフィールドが分散され、高輝度フリッカが解消される。 In this arrangement, high brightness subfield is dispersed, high brightness flicker is eliminated.
なお、この例では、SF1の分割は維持発光分割サブフィールドとした。 In this example, division of SF1 was maintained emitting division subfield. SF1の維持放電期間は他のサブフィールドより格段に長く、全ライン書込み時間よりむしろ長くなることや、高輝度サブフィールドでは走査ライン分割より、維持発光分割サブフィールドの方が表示品位もやや優れているためである。 Sustain discharge period of SF1 is much longer than the other subfields, but rather it or longer than the total line write time, in the high luminance subfield than the scan line splitting, towards maintaining emission division subfield display quality even slightly better This is because you are. このような配列は、欧州方式のテレビジョン標準のように50Hzの低いフィールド周波数の場合には特に有効である。 Such sequences, in the case of a low field frequency of 50Hz as television standards of the European method is particularly effective.

【0052】また、下位ビット、特に最下位ビットの輝度は低いために表示への影響は少なく、必ずしも対となるサブフィールドに分割しなくても良い。 [0052] In addition, the lower bit less is particularly sensitive to the display for the brightness of the least significant bit is low, not necessarily divided into sub-fields to be paired. 例えば最下位の階調ビットB8のサブフィールドSF8を分割しないで、第16の実施例[SF8、SF7−奇、SF6− For example not break subfield SF8 of the lowest gradation bits B8, the sixteenth embodiment [SF8, SF7- odd, SF6-
偶、SF5−奇、SF4−偶、SF3−奇、SF2− Even, SF5- odd, SF4- even, SF3- odd, SF2-
1、SF1、SF2−2、SF3−偶、SF4−奇、S 1, SF1, SF2-2, SF3- even, SF4- odd, S
F5−偶、SF6−奇、SF7−偶]などの配置としても良い。 F5- even, SF6- odd, may be placed, such as SF7- even].

【0053】また、更に下位のサブフィールドを非分割とする場合は、2フィールドで動画偽輪郭をキャンセルする方法を採用することができる。 [0053] In the case of the further non-dividing a subfield of lower, it is possible to adopt a method of canceling the dynamic false contour in two fields. 例えば、第17の実施例[SF6−偶、SF5−奇、SF4−偶、SF3− For example, embodiments of the 17 [SF6- even, SF5- odd, SF4- even, SF3-
奇、SF2−1、SF7、SF1、SF8、SF2− Odd, SF2-1, SF7, SF1, SF8, SF2-
2、SF3−偶、SF4−奇、SF5−偶、SF6− 2, SF3- even, SF4- odd, SF5- even, SF6-
奇]や、第18の実施例[SF8、SF5−奇、SF4 Odd] or eighteenth embodiment [SF8, SF5- odd, SF4
−偶、SF3−奇、SF2−1、SF6、SF1、SF - even, SF3- odd, SF2-1, SF6, SF1, SF
7、SF2−2、SF3−偶、SF4−奇、SF5− 7, SF2-2, SF3- even, SF4- odd, SF5-
偶]のサブフィールド配列とし、フィールド毎に前者ではSF7とSF8を、後者の例ではSF7とSF6を入れ替えることにより、下位ビットの動画偽輪郭への影響を相殺することができる。 A subfield arrangement of the even, the SF7 and SF8 in the former for each field, in the latter example by interchanging SF7 and SF6, it is possible to offset the influence of the low-order bits of the dynamic false contour. フィールド毎に反転させる非分割サブフィールドはフリッカを発生させないように、 As the non-split sub-fields to be inverted every field does not generate flicker,
なるべく中央に配置することが好ましい。 It is preferable to arrange as much as possible in the center.

【0054】この下位ビット非分割とSF1の分割サブフィールドを組み合わせて、第19の実施例として[S [0054] a combination of divided subfield of lower bits undivided and SF1, as an embodiment of the 19 [S
F6−偶、SF5−奇、SF4−偶、SF3−奇、SF F6- even, SF5- odd, SF4- even, SF3- odd, SF
1−1、SF7、SF2、SF8、SF1−2、SF3 1-1, SF7, SF2, SF8, SF1-2, SF3
−偶、SF4−奇、SF5−偶、SF6−奇]の配置で、フィールド毎にSF7とSF8を逆転させる方法などがある。 - even, SF4- odd, SF5- even, in the arrangement of SF6- odd], and a method of reversing the SF7 and SF8 in each field.

【0055】また、前出の実施例では、走査ライン分割サブフィールドの配列を、奇数ライン表示と偶数ライン表示を交互に行っているのは、全体としてランダム化を図り、奇偶分離による悪影響を極力少なくするためである。 [0055] In the preceding examples, an array of scan lines divided subfields are doing alternating odd line display and even lines display, aims to randomization as a whole, as much as possible the adverse effect of parity separation in order to reduce. 信号処理などの都合により、フィールドの前半に奇数フィールド、フィールドの後半に偶数フィールドを集めても、基本的な効果が損なわれることはない。 The convenience of such signal processing, odd in the first half of the field field, even attracting even field in the second half of the field, never net effect is impaired.

【0056】また、上記の実施例では8ビット256階調の場合について記述してきたが、6ビットや7ビットあるいは10ビット表示などの他の階調数の場合に置いても、本発明の方式はそのまま適用することができることは言うまでもない。 [0056] In the above embodiments have been described for the case of 8-bit 256 gray levels, it is placed in the case of other gradation number, such as 6-bit or 7-bit or 10-bit display, the system of the present invention it goes without saying that can be applied as is. また、実施例では奇数ライン表示と偶数ライン表示の対となる走査ライン分割サブフィールドを例にして説明したが、必ずしもこの様な1ライン置きの分割ではなく、表示性はやや悪くはなるが、信号処理や駆動回路の都合で2ラインずつなどの複数本走査ライン分割としても良い。 Also has been described with the scanning line splitting subfields an odd line display and even lines displayed in pairs on the example in the embodiment, not necessarily split every such one line, the display property is slightly bad becomes, signal on account of the processing and the driving circuit may be a plurality of scan lines divided such two lines.

【0057】以上の実施例では、サブフィールドにより、全ライン書込み、奇数ライン書込み、偶数ライン書込みの3種類があり、また維持発光回数も各々のサブフィールド分割法によりことなる。 [0057] In the above embodiment, the sub-field, the entire line write, the odd line write, there are three even line write and maintain the number of light emissions also different by each of the sub-field division method. 従って、サブフィールド配列に応じた、データ読み出し制御や走査パルス制御を行うことにより、本方式のPDPの階調表示駆動は特別の障害はなく実現することができる。 Thus, in accordance with the subfield arrangement, by performing the data read control or the scan pulse control, the gradation display driving of the PDP of the present method can be implemented special failure without. なお、奇数ライン表示や偶数ライン表示での維持放電は全面表示での維持放電に比較して、負荷が軽いために、維持放電パルス幅や周期を短くし、全体としての維持放電期間を短縮することもできる。 Incidentally, the sustain discharge in the odd line display and the even line display as compared to the sustain discharge in the entire display, since the load is light, the sustain pulse width or period shortened, shortens the sustain discharge period as a whole it is also possible.

【0058】以上のように、本方式では書込みに要する時間の増大が少ないために、1ラインの書込みに3マイクロ秒程度を要したとしても480ラインのパネルで動画偽輪郭障害の無い256階調表示が可能となった。 [0058] As described above, for increasing the time required for writing is small in this manner, one line of 256 gradations no a dynamic false contour failure of 480 lines panel as it took about 3 microseconds to write It has become possible to display. また、パネル2分割走査駆動を併用すれば、現在の3マイクロ秒程度の書込みパルスで、HDTVやSXGAなどの高解像度高階調表示が実現できる。 Further, when combined with the panel 2 divided scanning operation, the current 3 of about microseconds write pulse, high-resolution high grayscale display such as HDTV or SXGA can be realized.

【0059】また、第20の実施例としては、走査ライン分割サブフィールドを1フィールド毎に少なくとも1 [0059] Further, at least as the embodiment of the 20, the scanning line split sub-fields for each field
組以上位置関係を入れ替えるものをあげておく。 Keep up the thing to replace the positional relationship between a pair or more. 前出の内から第15の実施例を元にして考えると[SF8− Considering from among supra based on the fifteenth embodiment of the [SF8-
偶、SF7−奇、SF6−偶、SF5−奇、SF1− Even, SF7- odd, SF6- even, SF5- odd, SF1-
1、SF4−偶、SF3−奇、SF2、SF3−偶、S 1, SF4- even, SF3- odd, SF2, SF3- even, S
F4−奇、SF1−2、SF5−偶、SF6−奇、SF F4- odd, SF1-2, SF5- even, SF6- odd, SF
7−偶、SF8−奇]を第1フィールドとし、[SF8 7-even, and the first field the SF8- odd], [SF8
−奇、SF7−偶、SF6−偶、SF5−奇、SF1− - odd, SF7- even, SF6- even, SF5- odd, SF1-
1、SF4−偶、SF3−奇、SF2、SF3−偶、S 1, SF4- even, SF3- odd, SF2, SF3- even, S
F4−奇、SF1−2、SF5−偶、SF6−奇、SF F4- odd, SF1-2, SF5- even, SF6- odd, SF
7−奇、SF8−偶]を第2フィールドとするようなものを指す。 Refers 7- odd, something like the second field SF8- even. すなわち、この実施例ではSF7−奇とSF That is, in this embodiment SF7- odd and SF
7−偶、SF8−偶とSF8−奇の位置関係をフィールド毎にそれぞれ交互に入れ替えるように配置するものである。 7 even, is to place such alternates each SF8- the positional relationship between even and SF8- odd for each field. これは縦方向への被写体の特定の速度での動きに対して、観測者の目が追従するときに発生する動画偽輪郭のライン間結合を防止する効果がある。 This has the effect of preventing relative movement at a particular speed of the object in the vertical direction, between dynamic false contour line coupling that occurs when the eyes of the observer to follow. このため、なるべく上位まで拡大したいが、フリッカ問題が発生しやすいので、実際には下位の階調ビットに適用することが多くなる。 Therefore, we want to expand to as much as possible the upper, since the flicker problem likely to occur, the more applicable to lower gradations bit in practice. ただし、フリッカの発生程度は非分割サブフィールドのフィールド毎の入れ替えに比較するとやや軽くなる。 However, about the occurrence of flicker becomes slightly lighter when compared to the replacement of each field of the non-split sub-fields. もちろんこの方式の適用についても、これまで説明した他の実施例と同様に、維持発光分割サブフィールド、非分割サブフィールドとの組み合わせにより、最適なものを選択できることはいうまでもない。 Of course the application of this method, as with the other embodiments described heretofore, the light emission sustain division subfield, the combination of the non-split sub-fields, it can of course be selected an optimum.

【0060】なお、以上の本発明の実施例では、面放電型のAC型プラズマディスプレイを走査と維持期間を分離して駆動する場合を例として説明してきたが、他の駆動方式や、直交2電極型等の他の構造のAC型プラズマディスプレイや、DC型プラズマディスプレイパネルにおいても、サブフィールド法により階調表示をするものであれば、同様に本発明の方法を適用することができる。 [0060] In the embodiment of the present invention described above, a case of driving the AC plasma display of surface discharge by separating the sustain period scanning has been described by way of examples, and other drive systems, orthogonal 2 and other structures AC plasma display of the electrode type, etc., also in the DC type plasma display panel, as long as the gradation display by the subfield method, it is possible to apply the method of the present invention as well. また、PDPに限らず、強誘電体液晶などのサブフィールドで階調表示を行うディスプレイで同様に有効である。 Further, not limited to the PDP, it is similarly effective in display performs gradation display by a subfield such ferroelectric liquid crystal. また、実施例では階調ビットはバイナリコードで重みを付けられたものを中心に述べた。 The gradation bits in the examples described mainly what was weighted in binary code. 少ないビット数で再現階調数が多いため、本方式には適しているが、本発明の考え方は他の変形された階調ビットコードを用いた場合においても有効である。 Because many reproduce gradation number a small number of bits are suitable for this method, the concept of the present invention is also effective in the case of using the gradation bit code other variations.

【0061】 [0061]

【発明の効果】以上説明してきたように、本発明によりプラズマディスプレイのようにサブフィールド階調表示方式で問題となる、動画偽輪郭による表示画質の目障りな画像障害が大きく改善された。 As has been described above, according to the present invention, a problem in the sub-field gray scale display system as plasma displays, are unsightly image defect of the display quality due to the dynamic false contour is greatly improved by the present invention. 本発明の階調表示方法によりプラズマディスプレイにより、付加的なコストも少なく、大画面テレビやフルカラーのコンピュータ表示装置などの良好な表示画質のフルカラー多階調動画表示ディスプレイの実現が図られるものである。 The plasma display by the gradation display method of the present invention, the additional cost less, in which good realization of a full color multi-gradation video display displaying of the display quality such as a computer display device of a large-screen TV and full color is achieved . なお、本発明の方法は、プラズマディスプレイ以外にも、サブフィールド方式で階調表示を行うディスプレイに適用することができる。 It should be noted that the method of the present invention, in addition to a plasma display can be applied to a display to perform the gradation display in the sub-field method.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明に適用されるプラズマディスプレイパネルの構造を示す部分分解斜視図。 Partial exploded perspective view showing the structure of the applied plasma display panel in the present invention; FIG.

【図2】本発明に適用される信号の流れを示すブロック図。 Block diagram showing the flow of the applied signal in the invention; FIG.

【図3】本発明の第3の実施例を説明するサブフィールド配列図。 Subfield arrangement view illustrating a third embodiment of the present invention; FIG.

【図4】本発明の第3の実施例で輝度レベルが変化したときのサブフィールド発光パターンを示す簡略図であり、(a)が31階調状態を、(b)が32階調状態をそれぞれ示す。 [Figure 4] is a schematic view showing a sub-field emission pattern when the luminance level changes in the third embodiment of the present invention, a is 31 gray state (a), the 32 gray state (b) respectively.

【図5】従来の降順方式の場合で輝度レベルが変化したときのサブフィールド発光パターンを示す簡略図であり、(a)が31階調状態を、(b)が32階調状態をそれぞれ示す。 [Figure 5] is a schematic view showing a sub-field emission pattern when the luminance level changes with the conventional descending manner, showing the (a) is 31 gray state, (b) each of 32 gray-scale state .

【図6】本発明の第3実施例で輝度レベルが変化したときのサブフィールド発光パターンを示す簡略図であり、 6 is a simplified diagram showing a subfield emission pattern when the luminance level changes in the third embodiment of the present invention,
(a)が15階調状態を、(b)が16階調状態をそれぞれ示す。 (A) is a 15 gray states, indicating respectively the 16 gray state (b).

【図7】本発明の第6の実施例を説明するサブフィールド配列図。 [7] Sixth subfield arrangement view for explaining an embodiment of the present invention.

【図8】本発明の第10の実施例を説明するサブフィールド配列図であり、(a)は第1フィールドを(b)は第2フィールドをそれぞれ示す。 8 is a sub-field sequence diagram for explaining the tenth embodiment of the present invention, showing (a), respectively the first field (b) of the second field.

【図9】本発明の第14の実施例を説明するサブフィールド配列図。 [9] The 14 sub-field sequence diagram for explaining an embodiment of the present invention.

【図10】従来技術による階調表示のためのサブフィールド方式の説明図であり、(a)は走査維持分離型駆動方式による場合を、(b)は走査維持混合型駆動方式による場合をそれぞれ示す。 [Figure 10] is an explanatory view of a sub-field method for the prior art gray scale display, the case of (a) scanning maintain separation type drive method, the case of (b) is a scanning sustain mixed driving method, respectively show.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

21 A/D変換器 22 逆γ補正部 23 データ並び替え部1 24 メモリ入出力制御部 25 フレームバッファメモリ 26 データ並び替え部2 27 データドライバ 28 データドライバ 29 同期分離部 30 システムクロックジェネレータ 31 サブフィールド生成部 32 タイミングジェネレータ 33 走査ドライバ 34 PDP(パネル) 61 ガラス基板 62 面放電電極 63 誘電体層 64 ブラックマトリクス 65 ガラス基板 66 データ電極 67 白色グレーズ層 68 隔壁 69 蛍光体 21 A / D converter 22 inverse γ correction unit 23 data rearrangement unit 1 24 memory output control section 25 the frame buffer memory 26 the data rearranging unit 2 27 data driver 28 data driver 29 sync separation section 30 system clock generator 31 subfields generator 32 timing generator 33 scan driver 34 PDP (panel) 61 glass substrate 62 surface discharge electrode 63 dielectric layer 64 black matrix 65 glass substrate 66 data electrode 67 white glaze layer 68 barrier rib 69 phosphor

フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G09G 3/28 Front page of the continuation (58) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G09G 3/28

Claims (5)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 1フィールド期間を輝度の相対比の異なる複数のサブフィールドに分割し、前記各サブフィールド毎の輝度の組合せで階調を有する画像を表示する表示装置の階調表示方法において、表示に係る全階調ビット数をn(但しnは3以上の正の整数)とし、最上位からm番目(mは正の整数でmは1の時に最上位を表現し、 1. A 1-field period is divided into a plurality of subfields having different relative ratios of brightness, the gradation display method of a display device for displaying an image having a gradation said a combination of the luminance of each subfield, the number of all gradation bits of the display as n (where n is a positive integer of 3 or more), m-th from the top (m is m a positive integer representing the top level when 1,
    m≦nとする)の階調ビットのサブフィールドを全サブフィールド期間の時間軸上略中央部に配置すると共に、 The subfield gradation bits of the m ≦ n) as well as arranged on the time axis first paragraphs omitted central portion of the entire sub-field period,
    前記m番目の階調ビットを除いた他の階調ビットの内、 Among other gradation bits except for the m-th gradation bits,
    m番目の階調ビットよりも下位の階調ビットを少なくとも1つ含む2つ以上の階調ビットのサブフィールドを2 m th sub-field of two or more gradation bits than gradation bits comprising at least one gradation bits of the lower 2
    つの略同じ発光輝度を与えるサブフィールドに分割し、 One of the divided substantially into subfields giving the same emission luminance,
    この対となる分割されたサブフィールドを、前記m番目の階調ビットに対応するサブフィールドの両側に、時間軸に対して略線対称に配置したサブフィールド配列を有することを特徴とする表示装置の階調表示方法。 The divided subfield becomes the pair, on both sides of the subfield corresponding to the m-th gradation bits, the display device characterized by having a subfield arrangement disposed substantially symmetrical with respect to the time axis gradation display method.
  2. 【請求項2】 前記m番目の階調ビットを除いた非分割の階調ビットの内、m番目の階調ビットよりも下位の階調ビットを少なくとも1つ含む任意の2個以上の偶数個を1組にして、前記m番目の階調ビットのサブフィールドの真近の両脇に配置することを特徴とする請求項1記載の表示装置の階調表示方法。 Wherein said m-th of gradation bits undivided excluding the gradation bits, m-th any two or more even number including at least one gradation lower bits than gradation bits and a set of the m-th gradation display method of a display device according to claim 1, characterized in that disposed on both sides of the immediate vicinity of the sub-fields of gradation bits.
  3. 【請求項3】 前記m番目の階調ビットを除いた非分割の階調ビットに対応するサブフィールドの内、m番の階調ビットよりも下位の階調ビットを少なくとも1つ含む任意の2個以上の偶数個の階調ビットに対応するサブフィールドを1組として、前記m番目の階調ビットのサブフィールドの真近の両脇に配置する同時に、1 フィー Wherein the m-th of the sub-field corresponding to the gradation bits undivided excluding the gradation bits, any 2 comprising at least one gradation lower bits than gradation bits of number m as a set of sub-fields corresponding to the number or even number of gradation bits, when arranged on both sides immediate vicinity of the sub-fields of the m-th gradation bits simultaneously, 1 fee
    ルド期間毎にその位置を前記m番目の階調ビットを挟んで交互に入れ替えることを特徴とする請求2記載の表示装置の階調表示方法。 Gradation display method of a display device according to 2, wherein the exchanging the position for each field period alternately across said m-th gradation bits.
  4. 【請求項4】 最上位の階調ビットのサブフィールドを全サブフィールド期間の略中央部に配置すると共に、最上位よりも1つ下位の階調ビット以下の少なくとも1つ以上の階調ビットを2つ略同じ発光輝度を与えるサブフィールドに分割し、この対となる分割されたサブフィールドを、前記最上位の階調ビットに対応するサブフィールドの両側に、時間軸に対して略線対称に配置したサブフィールド配列を有し、最上位の階調ビットを除いた他の非分割階調ビットのサブフィールドの内、m番目の階調ビットよりも下位の階調ビットを少なくとも1つ含む任意の2個の階調ビットのサブフィールドを最上位階調ビットの真近の両脇に配置することを特徴とする表示装置の階調表示方法。 Wherein with placing subfield gradation bits of most significant at a substantially central portion of the entire sub-field period, at least one or more gradation bits following one lower gradation bits than the most significant two substantially divided into sub-fields provide the same emission luminance, the divided sub-fields to be the pair, on both sides of the subfield corresponding to the gradation bits of the most significant, substantially symmetrical with respect to the time axis has a subfield arrangement arranged, the subfields other non-division gradation bits excluding the gradation bits of most significant, m-th optionally comprising at least one gradation lower bits than gradation bits gradation display method of a display device, characterized in that the sub-fields of the two gradation bits arranged on both sides immediate vicinity of the uppermost Ikaicho bits.
  5. 【請求項5】 最上位の階調ビットを除いた他の非分割階調ビットのサブフィールドの内、m番目の階調ビットよりも下位の階調ビットを少なくとも1つ含む任意の2 5. the subfields other non-division gradation bits excluding the gradation bits of most significant, any including at least one gradation lower bits than m-th gradation bits 2
    個の階調ビットのサブフィールドを最上位の階調ビットの真近の両脇に配置すると共に、1フィールド期間毎にその位置を最上位の階調ビットを挟んで交互に入れ替えることを特徴とする請求項4記載の表示装置の階調表示方法。 Number of sub-fields of gradation bits as well as arranged on both sides immediate vicinity of gradation bits of the most significant, and characterized by replacing the position in each field period alternately across the gradation bits of the uppermost gradation display method of a display device according to claim 4.
JP15691299A 1999-04-26 1999-04-26 Gradation display method of the display device Expired - Fee Related JP3266143B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15691299A JP3266143B2 (en) 1999-04-26 1999-04-26 Gradation display method of the display device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15691299A JP3266143B2 (en) 1999-04-26 1999-04-26 Gradation display method of the display device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000029427A JP2000029427A (en) 2000-01-28
JP3266143B2 true JP3266143B2 (en) 2002-03-18

Family

ID=15638107

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15691299A Expired - Fee Related JP3266143B2 (en) 1999-04-26 1999-04-26 Gradation display method of the display device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3266143B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9297903B2 (en) * 2013-04-01 2016-03-29 Fitbit, Inc. Portable biometric monitoring devices having location sensors

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4591081B2 (en) * 2004-02-02 2010-12-01 日本ビクター株式会社 The driving method of the image display device
JP6319089B2 (en) 2012-10-30 2018-05-09 日本電気株式会社 Lithium secondary battery

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9297903B2 (en) * 2013-04-01 2016-03-29 Fitbit, Inc. Portable biometric monitoring devices having location sensors

Also Published As

Publication number Publication date
JP2000029427A (en) 2000-01-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100673590B1 (en) Method and apparatus for processing video pictures, in particular for large area flicker effect reduction
US6097358A (en) AC plasma display with precise relationships in regards to order and value of the weighted luminance of sub-fields with in the sub-groups and erase addressing in all address periods
EP1331626B1 (en) Image display apparatus and image evaluation apparatus
US5907316A (en) Method of and apparatus for displaying halftone images
JP3365630B2 (en) Display driving method and apparatus
KR100734455B1 (en) Image display apparatus
JP3489884B2 (en) Halftone display method during the time-division display device and the frame frame division display device
JP2795124B2 (en) Halftone image display method of the display panel
US7391398B2 (en) Method and apparatus for displaying halftone in a liquid crystal display
JP3349527B2 (en) The liquid crystal gray scale display apparatus
US6680716B2 (en) Driving method for plasma display panels
EP1256924B1 (en) Method and apparatus for processing video pictures
US6518977B1 (en) Color image display apparatus and method
KR100831234B1 (en) A method for a frame rate control and a liquid crystal display for the method
KR100263245B1 (en) Half-tone display method and device
KR100256003B1 (en) Display method for intermediate gray scale and display apparatus for expressing intermediate gray scale
JP4768344B2 (en) Display device
CN1184604C (en) Display device, and display method
JP3631727B2 (en) The image display method and image display device
KR100586082B1 (en) Method and apparatus for processing video pictures, especially for false contour effect compensation
US6249265B1 (en) Intraframe time-division multiplexing type display device and a method of displaying gray-scales in an intraframe time-division multiplexing type display device
JP3703247B2 (en) A plasma display apparatus and a plasma display driving method
US7420576B2 (en) Display apparatus and display driving method for effectively eliminating the occurrence of a moving image false contour
CN1185862C (en) Method and apparatus for displaying video image frame sequence on display arrangement
US6236380B1 (en) Method for displaying gradation with plasma display panel

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20011204

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R371 Transfer withdrawn

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R371

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees