JP3258099B2 - 紙幣束収納投出装置 - Google Patents

紙幣束収納投出装置

Info

Publication number
JP3258099B2
JP3258099B2 JP32203292A JP32203292A JP3258099B2 JP 3258099 B2 JP3258099 B2 JP 3258099B2 JP 32203292 A JP32203292 A JP 32203292A JP 32203292 A JP32203292 A JP 32203292A JP 3258099 B2 JP3258099 B2 JP 3258099B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
bundle
storage
cassette
banknote
elevator
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP32203292A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06166435A (ja
Inventor
本 義 樹 岩
Original Assignee
グローリー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by グローリー工業株式会社 filed Critical グローリー工業株式会社
Priority to JP32203292A priority Critical patent/JP3258099B2/ja
Publication of JPH06166435A publication Critical patent/JPH06166435A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3258099B2 publication Critical patent/JP3258099B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、銀行等の金融機関にお
いて使用される紙幣束を自動的に収納または投出するた
めの紙幣束収納投出装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来から銀行等の金融機関においては、
紙幣を100枚単位で帯封により結束した紙幣束として
取扱われる。
【0003】このような紙幣束の取扱いは、従来カセッ
ト内に紙幣束を手によって収納し、その紙幣束を紙幣束
投出装置により自動的に一束ずつ投出する紙幣束投出装
置(実開平2−69637号公報)が用いられている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかるに上記従来の技
術では、紙幣束の自動投出は可能ではあっても、カセッ
ト内への紙幣束の収納はすべて人手に依存せざるを得
ず、そのため非常に煩わしい作業を強いられるばかりで
なく、金種を間違って収納してしまうことがあり、違算
の原因となっていた。また上記の手作業は金融機関のO
A化の妨げともなり、収納束数を手入力するため入力ミ
スの発生も避けられないという種々の問題点があった。
【0005】本発明はこれに鑑み、紙幣束のカセット内
への収納からその投出を自動的に行なわせることがで
き、手詰めによる従来の問題点を解消することができる
紙幣束収納投出装置を提供することを目的としてなされ
たものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記従来の技術が有する
問題点を解決する手段として、本発明は、紙幣束をその
厚さ方向に整列して収納する紙幣束収納カセットを紙幣
束の面が前傾姿勢におかれるよう配設するとともに、そ
のカセットの先端位置を上下方向に移動可能なエレベー
タに臨ませてなるものにおいて、前記紙幣束収納カセッ
トには、最前位の紙幣束の前面に接触する支持部を前後
方向に移動させて紙幣束群を前後方向に移動させる移動
手段と、前記支持部の最前進位置より少なくとも紙幣束
の1束分後方の位置で紙幣束群を係止する係止手段とを
備え、前記エレベータには、前記カセット内の最前位の
紙幣束の下端面を押し上げてエレベータ内に投出させる
投出手段と、エレベータ内に送入された紙幣束を挟持し
て前記カセット内の最前位置への収納姿勢に変換させる
収納手段とを備えており、紙幣束投出時に前記投出手段
を前記カセットの前面に対向させ、紙幣束収納時に前記
収納手段を前記カセットの前面に対向させて紙幣束をカ
セット側へ受渡すべくエレベータの位置を制御するエレ
ベータ制御手段を有することを特徴とする。
【0007】
【作用】前傾姿勢におかれている紙幣束収納カセット内
に紙幣束をその厚さ方向に整列して収納する。収納され
た紙幣束はその前面が支持部に接触して前傾姿勢に保持
される。
【0008】紙幣束収納カセット内に収納されている紙
幣束の投出時には、収納カセットの最前位の紙幣束の下
端に投出手段が係合して押し上げ、収納カセットの上方
へ押し出し、エレベータへ移載する。エレベータが投出
位置へ移動したのち取出すことができる。
【0009】紙幣束の収納カセット内への受入れ時に
は、移動手段により支持部を後退させて収納カセットの
最前部と最前位の紙幣束との間に間隙を作り、ついでエ
レベータに受入れた紙幣束を収納手段により挟持して収
納カセット内に収納し得る姿勢に変換して上昇し、その
姿勢で下降して紙幣束を収納カセットの最前位置へ挿入
する。挿入終了後の紙幣束は係止手段により係止されて
保持される。
【0010】
【実施例】以下、本発明を図面に示す実施例を参照して
説明する。
【0011】図1は本発明による紙幣束収納投出装置の
一構成例の略示縦断側面を示すもので、機体1内に紙幣
束収納カセット2,2…を上下に4個配設した場合を示
しており、これら収納カセット2,2…は紙幣束Pの投
出または受入れ側となる前端部2aが前傾姿勢におか
れ、その前端位置にそってエレベータ3が上下方向に移
動可能に設けられている。
【0012】この収納カセット2は、その一つを図2に
斜視図で示し、図6〜図8に動作状態を含んで示すよう
に、上面が開放された偏平な箱形状を有し、その内部に
は紙幣束Pが横位置で厚さ方向に整列して収納される内
のり寸法を有している。
【0013】この収納カセット2の前端部2a側に、最
前位の紙幣束Pの前面に接触する支持部4と、この支持
部4を前後方向に所定量移動させる移動手段5と、前記
支持部4の最前進位置より少なくとも紙幣束1束分後方
の位置にあって紙幣束P群を係止する係止手段6とを備
えており、収納カセット2内の後方部には紙幣束P群の
背後を押圧する押圧部材7が収納カセット2の長手方向
に配設されたガイドロッド8にそって収納カセット2の
前後方向にスライド可能に設けられ、バネ9により前進
方向への付勢が与えられている。
【0014】この押圧部材7の一端寄りの上面には前方
側が傾斜し後方側が垂直状の爪10が突設されており、
この爪10は、収納カセット2の一側にそって配設され
かつ多数の係止穴11,11…が列設された係止杆12
の一つの係止穴11に係脱自在とされており、係合時に
は押圧部材7の押圧方向への移動は許容し戻り方向へは
ロックされるようになっている。
【0015】この係止杆12は、収納カセット2の側面
の前後部にピン13,13により枢支されたL形状のレ
バー14,14の上部間に連結され、このレバー14,
14の下端間にはレバー15が連結されていて係止杆1
2が所定高さの範囲にわたり上下に平行移動することが
でき、上昇時には係止穴11と押圧部材7の爪10とが
非係合となり、下降時には係合するようになっている。
図中14aはレバー14の手動操作用突起である。
【0016】前記支持部4は、収納カセット2の底面2
bと同一面内におかれる水平面部16aと、その先端に
立ち上がる垂直面部16bとで側面形状がL形状をなす
左右2つの部片16,16で構成されており、紙幣束P
の前面の両端近くに各部片16,16の垂直面部16
b,16bが接触し得るように構成されている。そして
これら支持部4の部片16,16の基部は収納カセット
2の前後方向に架設されたガイド17にそって図2の実
線図示と鎖線図示の前進位置、およびこれと同量後退位
置との間にわたり移動可能とされている。
【0017】この支持部4の移動手段5は、機体1側に
設置されたモータ18により回動する無端ベルト19に
固定のベース20に該ベルト19の走行方向に対し直角
方向に係合爪21がピン22と長孔23とで可動に支持
され、この係合爪21が支持部4の基部のピン24に係
合する方向にバネ20aで付勢されてその係合時にベル
ト19の回動により支持部4が前進または後退するよう
になっている。
【0018】前記収納カセット2の側面にはセクタ状の
ロック解除部材25が軸26により垂直面内で旋回可能
に設けられ、このロック解除部材25の図において時計
方向への旋回時に前記係止杆12の側方に水平に張出す
当接部27の下面に当ってこれを上昇させるカム状部2
5aを有し、この上昇時に係止杆12の係止穴11が押
圧部材7の爪10から外れるようになっている。
【0019】このロック解除部材25の下部側面25b
には、前記支持部4の後方に設けられたローラ28が当
接され、支持部4の後退移動によりロック解除部材25
を押してこれを図において時計方向にバネ29の付勢に
抗し旋回させるように構成されている。
【0020】またロック解除部材25の下方位置には、
収納カセット2内から紙幣束Pを抜取る際にロック解除
部材25を拘束して係止杆12をフリーの状態におくた
めのストップレバー30が軸31により収納カセット2
の側面に枢支して設けられ、バネ32によりその先端3
0aがロック解除部材25の下部側面25bに当らない
状態を保つように付勢されている。
【0021】係止手段6は、収納カセット2の前端部2
aの上部および下部位置に相対向するように位置して最
前位の紙幣束Pの前面上端および下端に係脱するよう先
端が屈曲された係止片33,34を有し、この係止片3
3,34はその基部が収納カセット2を横切るようにし
て軸支された軸35,36の中央位置に固着されてい
る。
【0022】上記軸35,36の一端には短いレバー3
7,38が互いに反対方向に向けて固着されており、こ
れらレバー37,38の先端間はレバー39により連結
されて上下の軸35,36が互いに反対方向に回転する
ように結合されている。そしてレバー39と収納カセッ
ト2との間に張装されたバネ40により係止片33,3
4が常時上下に逃げる方向(開放方向)に付勢されてい
る。
【0023】上部の軸35の反対端にはレバー41が固
着され、このレバー41に設けられた突部41aには、
機体1側に設置されたソレノイド42により軸43を支
点に回動する作動片44が下方から当接して軸35を係
止片33が閉じる方向に回動させるようになされてい
る。
【0024】この係止手段6のレバー39の下端は前記
のストップレバー30の一端の上面に当接され、係止片
33,34が閉じる方向に作動したときストップレバー
30をバネ32に抗して回動させ、前述のようにロック
解除部材25の下部側面25bに係合してこれをロック
するように形成されている。
【0025】一方、支持部4の部片16の下部位置には
部片16の移動を規制する手段が設けられている。
【0026】図3に図2の該当部分を拡大示し、図4,
図5に動作状態を示すように、部片16の水平面部16
aの下面に固着され前記ガイド17に嵌合してスライド
するブロック16cの側面に突片48が固着され、また
収納カセット2側にはこれに突設された軸受46にスト
ッパ47の一端がピン46aにより上下方向に揺動可能
に軸着され、このストッパ47に形成された長孔47a
に前述の軸36の端部に固定のレバー45のピン45a
が嵌入されており、ストッパ47の先端上部に係止片4
7bが水平方向に突設されている。そしてこの係止片4
7bの側端面に前記ブロック16cの突片48が当接ま
たは非当接となるように配設される。すなわち図2に示
すように係止片34が開放状態となっているときストッ
パ47がピン45aと長孔47aを介して下降状態にあ
り、図4のように係止片47bの側端面と突片48とが
当接状態となって部片16が図2の実線図示の位置に拘
束され、また軸36が図2において反時計方向に回動し
係止片34が上昇して閉じ状態となったときストッパ4
7が上昇回動して図5のように係止片47bが突片48
に当らない位置に退避する。これにより部片16は図2
の鎖線図示の位置まで進出が可能となる。
【0027】エレベータ3は、図9に示すように上方よ
りみて略コ字状を有するフレーム50の側壁50a,5
0b間上方部に投出手段52を、同下方部に収納手段5
3を有し、投出手段52の背後には投出する紙幣束Pを
受け入れる束受板49を有している。また一方の側壁5
0bの前記束受板49より下位の位置には収納すべき紙
幣束Pを収納手段53へ受入れるための窓孔51が形成
されている。
【0028】この投出手段52は、前記側壁50a,5
0b間上方部に回転自在に支持された軸54に上端部が
固着された枠体55を有し、前記軸54と枠体55の下
方部の軸56とプーリー57,58間に紙幣束Pの厚み
よりやや短い突出長さの突起59を有する2本のベルト
60,60が巻回され、フレーム50の外面に支持され
たパルスモータ61からベルト62を通じ前記軸54に
回転が与えられて突起付きベルト60,60を矢印方向
に回動させるようになっている。
【0029】前記枠体55に上下方向に形成された長孔
55a,55aに軸63が挿通され、この軸63の両端
はフレーム50の側壁50a,50bに軸支された支持
軸64,65の内端に固着のレバー66,67の先端に
取付けられ、一方の支持軸64の端部には前記レバー6
6と同方向にレバー68が固着されており、このレバー
68の先端とフレーム50側に軸69により枢支された
Y字状のレバー70の一端とがレバー71を介して連結
されている。
【0030】上記レバー70と71との連結軸72には
カムフォロワ73が設けられ、このカムフォロワ73は
フレーム50に配設されたモータ74により回転するカ
ム75のカム面にバネ76の付勢により当接されてい
る。前記Y字状のレバー70の他端にはピン77が設け
られ、このピン77は前記カム75の前記カムフォロワ
73が当る位置とは反対側のカム面に位置し、カムフォ
ロワ73がカム面から離間することがないように規制し
ている。
【0031】したがって上記モータ74の回転によりカ
ム75を介してレバー71,68を揺動させ、支持軸6
4を通じて投出手段52の枠体55を矢印A方向に揺動
させることができる。
【0032】前記フレーム50の下方の側壁50a,5
0b間には、紙幣束Pを挟持して収納カセット2の前端
部2a内への収納姿勢に変換させる収納手段53が設け
られている。
【0033】この収納手段53は、前記側壁50a,5
0bにやゝ後傾して形成されたガイド孔78,79に挿
通する軸80に支持フレーム81の基部が固着され、こ
の支持フレーム81の上面に紙幣束Pを受ける載置面8
2を有し、支持フレーム81の左右の側面に上下2本の
リンク83,84の一端がピン85,86で枢着され、
これらリンク83,84の他端に挟持片支持アーム8
7,87がピン88,89で枢着されて平行リンクを構
成しており、常時はバネ90により上方へ付勢されてい
る。
【0034】上記支持アーム87,87の上端間には挟
持片91,91が軸92により回動可能に支持され、こ
の挟持片91,91の先端寄りの位置に略コ字形を有す
るレバー93の一端がピン94により連結されており、
このレバー93の他端は支持フレーム81に搭載のモー
タ94により回転するアーム95に連結されていて、モ
ータ94の回転により挟持片91,91が図9の垂直姿
勢から矢印方向に略90°回転され、挟持片91,91
が載置面82上の紙幣束Pの上面に接したのちは平行リ
ンク83,84が下方へ変位して紙幣束Pの厚みの如何
によらず確実に挟持するようになっている。
【0035】前記軸80の一端にはアーム96が固着さ
れ、この軸80の両端とアーム96の先端とに前記ガイ
ド孔78,79に嵌合するローラ97,97,98が軸
着されており、この軸80の端部は、側壁50aの外面
に前記ガイド孔78と平行して固設されたガイドロッド
99にそって摺動するガイドブロック100に連結され
ている。そして前記ガイド孔78の上端は後方に屈曲さ
れており、前記ローラ98がこの屈曲部78aに位置す
るとき図9のように収納手段53の載置面82が水平姿
勢におかれ、ローラ98がガイド孔78に入り込むと軸
80が回されて収納手段53の載置面82が図9の水平
姿勢から矢印B方向に回転してやや傾斜した起立姿勢に
変換されるようになっている。
【0036】前記モータ74の軸101には、短いレバ
ー102の一端が固着され、このレバー102の他端に
は長いレバー103の一端がピン104に連結されてお
り、このレバー103の他端が前記収納手段53の軸8
0に連結されていて、モータ74の回転時にレバー10
2,103を介し軸80に所定のストロークにわたる上
下動が与えられるようになっている。
【0037】このように構成されるエレベータ3は、図
1に示しているように機体1の一側内部に上下方向に配
設された無端状のベルト105に固定され、かつ機体1
に上下方向に固設されたガイド部材106にそって上下
動が案内されるようになっており、このベルト105の
駆動用モータ107を制御部108により制御すること
により各収納カセット2,2…の前端部2aに対向して
収納カセット2からの紙幣束投出時または収納時におけ
る適正位置へ移行されるようになされている。
【0038】図9において符号109は、エレベータ3
の収納カセット2,2…の各前端部2aに対向する位置
への停止時に機体1側の係止部(図10の130)の一
つの切欠130aに係合して位置を定めるための係合爪
で、ソレノイド110により矢印方向に揺動して進退さ
れるものであり、111,111…は紙幣束識別センサ
を示す。
【0039】112は投出動作検知用のセンサであり、
機枠55にピン113で枢支された検知レバー114の
一端が上記センサ112に作用するよう揺動自在に設け
られ、この検知レバー114の下方の側部にはピン11
5が突設されていてこのピン115に前記ベルト60の
突起59がその最下位値から上昇に入る際に当って検知
レバー114が揺動され、センサ112を作動させ、そ
の信号で紙幣束Pの投出を検知するようになっている。
116はエレベータ位置検知センサである。
【0040】また図10において1aは投出紙幣束Pを
取出すために機体1の上面の取出口1bを開閉するシャ
ッタである。
【0041】図10は本発明による紙幣束収納投出装置
の具体的適用例を示すもので、この実施例では上記装置
と隣接して紙幣の挿入から所定枚数ずつの整列、結束を
行ない、結束済の紙幣束Pを前記エレベータ3へ受渡す
ようになされている。
【0042】すなわちその内容を略述すると、機体12
0の上方側部にばら状態の紙幣P′を堆積してセット
し、その紙幣P′を1枚ずつ繰込む繰込み手段121を
有する紙幣挿入部122と、この挿入部122から繰込
まれる紙幣P′を搬送し結束に必要な枚数ずつ計数して
整列させる紙幣集積部123と、この集積部123に集
積された所定枚数を一括して挟持手段124により搬送
される紙幣群を受取って帯封(テープ)により結束を行
なう結束部125と、この結束部125で結束された紙
幣束Pを放出する放出部126とを有し、この放出部1
26の放出端126aは前記エレベータ3へ受渡すため
の機体1の開口部127に臨むように配設される。なお
これらの構成の詳細は実開平1−144303号公報と
同じであるため、細部の説明は省略する。
【0043】図10において117は収納カセット2内
への紙幣束Pの収納を検出するためのセンサ(フォトセ
ンサ)で、収納カセット2の前端部近傍の側壁に穿設さ
れた孔118,118を通じ紙幣束収納時に紙幣束Pに
より光路が遮られたときその信号が制御部108へ入力
され、係止片33,34が開放動作されるようになって
いる。
【0044】次に上記実施例の作用を説明する。 〔初期動作〕(図6、図7) 収納カセット2,2…は、機体1から取出した状態時に
は図6の状態にある(但し押圧部材7の位置は紙幣束P
の量によって異なってくる)。この状態の収納カセット
2,2…を機体1に装填する。ついで機体1側の移動手
段5のモータ18が起動してそのベルト19の係合爪2
1が支持部4の一方の部片16のピン24に係合して部
片16,16が収納カセット2の前端部2aより奥まっ
た位置まで後退する。
【0045】このとき支持部4の後方のローラ28がロ
ック解除部材25の下部側面25bを押し、この解除部
材25をバネ29に抗し図において時計方向に回動し、
そのカム状部25aが当接部27を押し上げるので係止
杆12が浮き上がり、押圧部材7の爪10と係止杆12
の係止穴11との係合が解かれる。これにより押圧部材
7は収納カセット2の後方側への移動が可能となり、支
持部4の部片16,16の垂直面部16b,16bが後
退するときその垂直面部16b,16bまたはその間に
存在する紙幣束Pに押されて後退するようになってい
る。また係止手段6の係止片33,34は上下に退去し
た開放位置におかれている(図7。この状態が収納カセ
ット2の待機状態となる)。 〔投出動作〕(または人為的抜取り時)(図6、図1
1) 投出指令に基づき、制御部108によりモータ107が
駆動してエレベータ3が取出しすべき収納カセット2の
前端部2aに対向する所定投出位置へ移行する。このと
きエレベータ3の収納手段53の支持フレーム81は水
平状態におかれ、挟持片91,91は前倒して挟持姿勢
におかれており、収納カセット2は前記の待機状態にお
かれている(図11(A))。
【0046】ついでエレベータ3のモータ74の駆動に
よりカム75が回転することによりカムフォロワ73を
介しレバー71,68を回動させて支持軸64が回さ
れ、これに固着の投出手段52の枠体55が揺動してそ
のベルト60,60の面が収納カセット2の前端部2a
に平行する姿勢に変位する(図11(B))。このとき
同時にレバー102,103を介し軸80が引下げら
れ、その軸80端のローラ98がフレーム50の側壁5
0aのガイド孔78の屈曲部78aから外れることによ
り軸80が回されて支持フレーム81は起立姿勢とな
る。
【0047】続いて支持部4の移動手段5のモータ18
が駆動してそのベルト19の係合爪21がピン24を介
して部片16,16を収納カセット2の前端部2a方向
へ移動させ、その垂直面部16b,16bが収納カセッ
ト2の前端部2aと略同一面の位置へ進出し、最前位の
紙幣束Pの上方に障害となるものが存在しない状態とな
る(図6)。このとき係止手段6の係止爪33,34は
開放状態におかれているのでストッパ46は突片48を
係止する状態にあり、支持部4はそれ以上前進しない。
また支持部4の前進によりロック解除部材25はバネ2
9の付勢により図7の状態から図6の状態に回動し、係
止杆12が下降してその一つの係止穴11が押圧部材7
の爪10に係合して押圧部材7がロックされる(図11
(C))。
【0048】ついでエレベータ3のモータ61が駆動し
てベルト62を通じ軸54を回動し、突起付きベルト6
0,60が矢印方向に回動してその突起59,59が最
前位の紙幣束Pの下端に接し、ベルト60,60の回動
に伴ない紙幣束Pを上方へ押し上げる(図11
(D))。この時点でセンサ111,111…で金種の
判定が行なわれる。
【0049】こうして取出された紙幣束Pはベルト6
0,60の上端をのり越えて反転し、エレベータ3内の
束受板49上に堆積される(図11(E))。
【0050】同一カセット2からの投出がある場合は前
述の投出動作を繰返し、その投出動作が終了するとエレ
ベータ3の投出手段52が前記とは逆の作用で垂直姿勢
に退去し、収納手段53も水平姿勢に戻され(図11
(F))、収納カセット2では支持部4が後退して待機
状態(図6)に戻る。また他の収納カセット2からの投
出がある場合は、エレベータ3が該当する収納カセット
2に対向する所定の投出位置へ移行したのちに前述の投
出動作を繰返す。
【0051】所定束数の投出が終了すると、制御部10
8によりモータ107が駆動してエレベータ3を最上昇
位置(図1、図10)へ移行させ、ついで機体1の上面
のシャッタ1aが開くことによりエレベータ3内から紙
幣束Pを取出すことができる。 〔収納動作〕(図8、図12) 図10に例示したような結束機の結束部125において
結束された紙幣束Pはその放出部126の放出端126
aから開口部127を通じて機体1内へ供給される。
【0052】このとき機体1内のエレベータ3は前記開
口部127の位置に下降しており、また収納手段53の
挟持片91,91は垂直姿勢におかれ、載置面82は水
平姿勢におかれていて、前記のように機体1内へ送り込
まれる紙幣束Pはエレベータ3の側壁50bの窓孔51
を通じフレーム50内に斜め上方から入り、収納手段5
3の載置面82上に載る(図12(A))。また投出手
段52は垂直姿勢におかれている。
【0053】一方、収納カセット2の係止手段6のソレ
ノイド42が作動して作動片44によりレバー41を介
して軸35を回し、その係止片33が矢印方向に回動し
て閉じ、これに連動してレバー37,39,38を通じ
下側の係止片34も矢印方向に回動して閉じ、これらに
より待機状態にある最前位の紙幣束Pの上下の前面に当
る位置に進出する(図12(B))。
【0054】また、このとき軸36の回転に伴なってレ
バー45が揺動し、ストッパ47を突片48が当らない
退避位置へ移動させるとともにレバー39の下端でスト
ップレバー30の一端が押し下げられ、その反対側の端
部30aがロック解除部材25の下部側面25bに正対
し、ロック解除部材25の戻りを拘束して係止杆12を
押し上げた状態に保持する。これにより押圧部材7は拘
束されない状態におかれる。
【0055】続いて支持部4の移動手段5により部片1
6,16が前進し、その垂直面部16b,16bが収納
カセット2の前端部2aより紙幣束Pの厚さ以上の距離
をもって突出する。このとき紙幣束Pは部片16,16
の前進に伴なって前進しようとするが、係止片33,3
4に係止された状態で停止している(図12(C)およ
び図8の状態)。
【0056】上記動作に並行して収納手段53のモータ
94が駆動して挟持片91,91が倒伏し、リンク8
3,84の作用によって下降することにより載置面82
上に送り込まれた紙幣束Pを載置面82と挟持片91,
91とで挟持する。
【0057】その後モータ74が駆動してレバー10
2,103を介し収納手段53の軸80がガイド孔7
8,79にそって若干下げられると、屈曲部78aに位
置していたローラ98もガイド孔78にそう状態となる
ことにより収納手段53がやや傾斜した起立状態とな
る。またこのときモータ74を同一駆動源としている投
出手段52も動作的には機能しないがカム75、レバー
71,68を介して進出状態となる(図12(D))。
【0058】上記のようにして収納手段53が起立する
と、丁度載置面82が収納カセット2の支持部4の部片
16,16の垂直面部16b,16bよりもやや奥側に
位置し、ここでモータ74がさらに回転し、レバー10
2,103を介して収納手段53が下降に入ると挟持さ
れている紙幣束Pの下端は部片16,16の水平面部1
6a,16a上に載り(図12(E))、ついで収納手
段53が下降することに伴なって紙幣束Pは部片16,
16上にとり残され(図12(F))、さらに下降する
ことにより挟持片91,91の上端が部片16,16よ
り下位に下がり(図12(G))、この部片16,16
をモータ18により引戻すことにより収納カセット2内
に収納する(図12(H))。この段階でセンサ117
が紙幣束Pの取込みを検知すると係止手段6の係止片3
3,34が開放状態になり、前記の受入れた紙幣束Pが
係止片33,34を通り過ぎるまで支持部4により収納
カセット2内へ押し込む(図12(I))。
【0059】その後収納手段53は上昇して再び水平姿
勢に戻り、挟持片91,91が起立して次の紙幣束Pの
送入に待機する。同時に投出手段52も垂直姿勢に戻る
(図12(J)〜(K))。
【0060】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、複
数個列設される紙幣束収納カセットからの紙幣束の投
出、または任意の収納カセットへの紙幣束の収納を、各
収納カセットの前端部にそって移動するエレベータによ
りすべて行なうことができ、特に投出時にはエレベータ
に設けた投出手段により収納カセットの前端から1束ず
つ押し上げてエレベータ内に堆積保持し、これを機体の
取出部からまとめて取出すことができ、収納時には結束
機等で結束された紙幣束をエレベータ内に受入れてこの
エレベータに設けられた収納手段により収納カセットの
前端部内に順次収納させることができ、これにより紙幣
束の投出および収納を全自動的になさしめることができ
るので手詰め作業を全廃することができ、手詰めによる
従来の諸問題をすべて解消することができ、金融機関の
OA化に大きく寄与することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による紙幣束収納投出装置の一実施例を
示す縦断側面図。
【図2】紙幣束収納カセットの一つを示す一部を破断し
た斜視図。
【図3】図2の一部の拡大斜視図。
【図4】図3の動作説明図。
【図5】図3の動作説明図。
【図6】図2の収納カセットの紙幣束投出時(または抜
取り時)の状態を示す作用説明図。
【図7】同、待機時の作用説明図。
【図8】同、収納時の作用説明図。
【図9】エレベータの分解斜視図。
【図10】図1の装置を紙幣結束機と組合わせて構成す
る場合の一例を示す断面図。
【図11】(A)〜(F)は紙幣束投出時の動作説明
図。
【図12】(A)〜(K)は紙幣束収納時の動作説明
図。
【符号の説明】
1 機体 2 紙幣束収納カセット 3 エレベータ 4 支持部 5 支持部の移動手段 6 係止手段 7 押圧部材 10 爪 11 係止穴 12 係止杆 16 部片 21 係合爪 25 ロック解除部材 27 当接部 30 ストップレバー 33 係止片 34 係止片 44 作動片 49 束受板 50 フレーム 51 窓孔 52 投出手段 53 収納手段 55 枠体 60 突起付きベルト 75 カム 81 支持フレーム 87 支持アーム 91 挟持片 108 制御部 120 機体 122 紙幣挿入部 123 紙幣集積部 124 挟持手段 125 結束部 126 放出部 P 紙幣束 P′ 紙幣
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B65G 60/00 B65G 57/11 B65H 3/24 B65H 39/11 B65H 83/00

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】紙幣束をその厚さ方向に整列して収納する
    紙幣束収納カセットを紙幣束の面が前傾姿勢におかれる
    よう配設するとともに、そのカセットの先端位置を上下
    方向に移動可能なエレベータに臨ませてなるものにおい
    て、前記紙幣束収納カセットには、最前位の紙幣束の前
    面に接触する支持部を前後方向に移動させて紙幣束群を
    前後方向に移動させる移動手段と、前記支持部の最前進
    位置より少なくとも紙幣束の1束分後方の位置で紙幣束
    群を係止する係止手段とを備え、前記エレベータには、
    前記カセット内の最前位の紙幣束の下端面を押し上げて
    エレベータ内に投出させる投出手段と、エレベータ内に
    送入された紙幣束を挟持して前記カセット内の最前位置
    への収納姿勢に変換させる収納手段とを備えており、紙
    幣束投出時に前記投出手段を前記カセットの前面に対向
    させ、紙幣束収納時に前記収納手段を前記カセットの前
    面に対向させて紙幣束をカセット側へ受渡すべくエレベ
    ータの位置を制御するエレベータ制御手段を有すること
    を特徴とする紙幣束収納投出装置。
JP32203292A 1992-12-01 1992-12-01 紙幣束収納投出装置 Expired - Fee Related JP3258099B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32203292A JP3258099B2 (ja) 1992-12-01 1992-12-01 紙幣束収納投出装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32203292A JP3258099B2 (ja) 1992-12-01 1992-12-01 紙幣束収納投出装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06166435A JPH06166435A (ja) 1994-06-14
JP3258099B2 true JP3258099B2 (ja) 2002-02-18

Family

ID=18139167

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32203292A Expired - Fee Related JP3258099B2 (ja) 1992-12-01 1992-12-01 紙幣束収納投出装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3258099B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8374356B2 (en) 2008-04-30 2013-02-12 Sony Corporation Noise canceling apparatus and noise canceling method

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8374356B2 (en) 2008-04-30 2013-02-12 Sony Corporation Noise canceling apparatus and noise canceling method

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06166435A (ja) 1994-06-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5836577A (en) Bill handling machine
JPH11278665A (ja) 紙幣束収納投出装置および紙幣束入出金機
KR910001241B1 (ko) 지폐묶음 인출장치
JP3258099B2 (ja) 紙幣束収納投出装置
JP2772171B2 (ja) 現金処理装置の入出金機構
JP3258101B2 (ja) 紙幣束収納投出装置における紙幣束収納カセット装置
JP4351797B2 (ja) 紙幣収納装置
JP4142006B2 (ja) 紙幣束入出金機
JP3578946B2 (ja) 紙幣束処理装置
JP2001084424A (ja) 紙幣入金処理機における紙幣挿入口装置
JP3781847B2 (ja) 紙幣収納装置
JP2587519B2 (ja) 紙幣出金機のリジェクト機構
JP2602447Y2 (ja) 紙葉類処理機用結束紙葉類収納箱構造
JP2857449B2 (ja) 棒金収納取出機構
JP3490199B2 (ja) 紙幣出金機
JPH089817Y2 (ja) 紙幣入出金機における紙幣受け渡し機構
JP3490318B2 (ja) 紙幣処理機
JPH09142717A (ja) 紙葉類処理機における集積紙葉類搬送装置
JP3483682B2 (ja) 処理機械の可動枠装着検知装置
JP3604476B2 (ja) 紙葉類仮収納装置を備えた紙葉類処理機
JP3036712B2 (ja) 硬貨収納投出装置
JPH089816Y2 (ja) 紙幣入出金機における取引口機構
JPH10293819A (ja) カード払出し装置
JP2001143128A (ja) 紙幣入出金機における入出金装置
JPH11147655A (ja) シート処理装置およびシート処理方法

Legal Events

Date Code Title Description
S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081207

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081207

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091207

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091207

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101207

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees