JP3244481B2 - Mobile phone - Google Patents

Mobile phone

Info

Publication number
JP3244481B2
JP3244481B2 JP2838799A JP2838799A JP3244481B2 JP 3244481 B2 JP3244481 B2 JP 3244481B2 JP 2838799 A JP2838799 A JP 2838799A JP 2838799 A JP2838799 A JP 2838799A JP 3244481 B2 JP3244481 B2 JP 3244481B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
communication
base station
channel
communication channel
means
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2838799A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000228781A (en )
Inventor
和彦 北亦
優 平井
剛 江上
Original Assignee
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATIONS NETWORKS
    • H04W36/00Hand-off or reselection arrangements
    • H04W36/02Buffering or recovering information during reselection ; Modification of the traffic flow during hand-off

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、例えばTDMA/ BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention is, for example, TDMA /
TDD(時分割多重双方向通信)方式を用いて移動局と基地局との間で通信を行うコードレス電話システムにおける移動局としての携帯電話機に関し、特に、ハンドオーバ動作の改良に関する。 TDD relates to a portable telephone as a mobile station in a cordless telephone system which performs communication between a time-division multiplexing (two-way communication) mobile station using the method and base station, in particular, to an improvement of the handover operation.

【0002】 [0002]

【従来の技術】複数の無線ゾーンによりエリアを構成するコードレス電話システムにおいて、携帯電話機が複数の無線ゾーン間を移動しながら通信を継続するためには、それまで通信を行っていた基地局から、別の基地局に対して、通信を継続しながら通信チャネルを切り替える処理(このような処理を、「ハンドオーバ」という。)を行う必要が生じる。 BACKGROUND OF THE INVENTION cordless telephone system comprising an area of ​​a plurality of radio zones, for the mobile phone to continue communication while moving between a plurality of radio zones, the base station which has been communicating till then, to another base station, processing for switching the communication channel while continuing communication (such a process, referred to as "handover".) need to do occur.

【0003】ハンドオーバについては標準規格も設定されており、種々の文献(例えば、「第二世代コードレス電話システム標準規格(RCR STD−28):財団法人電波システム開発センター発行」等)に詳細な説明が記載されている。 [0003] The standards have also been set for the handover, a variety of literature (for example, "second-generation cordless telephone system standard (RCR STD-28): Foundation of Radio System Development Center issued", etc.) Detailed Description There has been described. ここで、従来のハンドオーバにおける携帯電話機側での処理内容について簡単に説明する。 Here, briefly describes the processing contents of the mobile phone side of the conventional handover.

【0004】図9は、従来の携帯電話機においてハンドオーバを行う場合の処理内容について説明するためのタイミング図である。 [0004] Figure 9 is a timing chart for explaining the processing contents when performing a handover in a conventional mobile phone. なお、同図において「受信」とあるのは、この信号がオンとなっているタイミングで基地局等からの信号の受信が行われることを示しており、また、「送信」とあるのは、この信号がオンのタイミングで基地局等への信号の送信が行われることを示している。 Incidentally, the term "receiver" in the figure shows that the reception of a signal from the base station or the like at a timing when the signal is on is performed, also the term "transmission" is transmission of signals to the base station or the like indicating that performed in this signal is on timing.

【0005】携帯電話機側では、通信開始のときから、 [0005] In the mobile phone side, from the time of the start of communication,
通信に用いているチャネルのレベルや受信品質、具体的には受信電界強度(以下、「RSSI」と表記する。) Level and the reception quality of the channel used for communications, in particular the reception field strength (hereinafter, referred to as "RSSI".)
の値やエラーの発生状況(フレーム・エラー・レート) Occurrence of values ​​and error (frame error rate)
等を監視している。 Monitors and the like. そして、前記レベルや受信品質の劣化が検出された場合、例えばRSSIが所定の閾値を下回ったことが検出された場合にハンドオーバ動作を開始する。 Then, to start the handover operation in the case when the deterioration of the level and the reception quality is detected, for example, RSSI is detected that falls below a predetermined threshold.

【0006】ハンドオーバ動作を開始すると、携帯電話機側において所定の制御チャネル(以下、「Cチャネル」、又は「CCH」と表記する。)の受信を開始し、 [0006] Upon starting the handover operation, the predetermined control channel in the mobile phone side starts receiving (hereinafter, "C-channel", or is referred to as "CCH".)
検出されたRSSIの値が所定値以上である他の基地局を探索する(CCH探索処理区間)。 The value of the detected RSSI is to explore the other base station is equal to or greater than the predetermined value (CCH search processing section). この探索処理は、 This search process,
具体的には、携帯電話機側において受信すべきチャネルをCチャネルに切り替え、一定期間(通常約100〜数100ミリ秒程度)、RSSIの値をモニターしながら継続してCチャネルを受信することにより行う。 Specifically, the channel to be received in the mobile phone side switch to C channel, (normally about about 100 the number 100 milliseconds) a period of time, by receiving a C-channel continues while monitoring the value of the RSSI do.

【0007】なお、ここで説明する従来の携帯電話システムにおいて、各基地局は制御信号をCチャネルにおいて100ミリ秒(20フレーム)ごとに間欠送信しており、また、隣接する基地局同士は20フレーム内の互いに異なるタイムスロットを用いて制御信号を送信している。 [0007] Incidentally, in the conventional mobile telephone system described herein, each base station has a control signal intermittently transmitted every 100 ms (20 frames) in the C-channel, also the base station Adjacent 20 transmitting a control signal using different time slots in a frame. 従って、従来の携帯電話機において基地局の探索を行う場合には、100ミリ秒の間に最大80の基地局の制御信号を受信することができる。 Therefore, when performing search for the base station in the conventional mobile phone can receive a control signal of the base station up to 80 to 100 milliseconds.

【0008】RSSIの値が所定値以上である他の基地局が探索された場合には、当該他の基地局の識別子(以下、「CS−ID」という。)と、RSSIの値とを対応づけて携帯電話機内部のメモリに記憶する。 [0008] When the other base station the RSSI value is equal to or greater than a predetermined value is searched, the corresponding the another base station identifier (hereinafter, referred to as. "CS-ID") and the value of the RSSI association is stored in the mobile phone inside the memory. この処理により、ハンドオーバ可能な他の基地局のCS−ID This process of handover can be another base station CS-ID
が、順次メモリに記憶されることになる。 There will be stored sequentially in the memory. 次に、携帯電話機側では、探索された基地局の中から、まず、最も適切と判断される基地局、具体的にはメモリに記憶されたRSSIの値がもっとも大きい基地局に対してリンクチャネル確立要求を送信する。 Next, the mobile phone side, from among the found base station, first, the most appropriate base station is determined, the link channel to specifically largest base station RSSI value stored in the memory sending the establishment request. 当該要求を受けた基地局は、当該携帯電話機に対して割り当て可能な通信チャネル(以下、「Tチャネル」、又は「TCH」と表記する。)があれば、当該Tチャネルの割り当てを行う(リンクチャネル確立処理区間)。 The base station having received the request, assignable communications channels to the mobile phone (hereinafter referred to as "T-channel" or "TCH".) If there is, the allocation of the T-channel (link channel establishment processing section).

【0009】その後、割り当てられたTチャネルにおいて、切り替え先の基地局と携帯電話機との間の同期処理や、所定のメッセージ交換等が行われた後に、携帯電話機による通話が可能となる(通話再開処理区間)。 [0009] Then, in the assigned T channel, the synchronization process or between the switching destination base station and the mobile phone, after a predetermined message exchange or the like is performed, it is possible to call by the cellular phone (call resumption processing section). 従来の携帯電話機においては、通話再開処理区間における処理には、通常約400ミリ秒が必要とされていた。 In conventional mobile phone, the processing in the call resumption processing section, has been usually requires about 400 milliseconds.

【0010】 [0010]

【発明が解決しようとする課題】以上に説明したように、上記従来の携帯電話機では、CCH探索処理を開始してから通話再開までの期間(設定や条件等により異なるが、通常約1秒程度)、無音状態が発生するという問題点を有していた。 As described above, according 0008], in the conventional mobile phone may vary depending period (setting and conditions from the start of the CCH search process until the call resume, usually about 1 second ), there is a problem in that a silent state occurs. 一方、今後、従来のような同一エリア(一斉呼出エリア)内におけるハンドオーバだけではなく、別のエリアの基地局へのハンドオーバ(以下、 On the other hand, the future, not only a handover in the conventional same area as (paging area), the handover to the base station of another area (hereinafter,
「局間ハンドオーバ」という。 It referred to as "inter-office handover". )の実現が予定されている。 It is scheduled realization of). この局間ハンドオーバが行われるようになると、エリア内の基地局を統括する公衆網の交換機レベルでの切り替え処理等を行う必要があるため、上記通話再開処理区間がさらに長くなり(最大4秒程度となることが予想されている。)、従って、無音状態もさらに長くなる。 If the inter-station handover is to be performed, it is necessary to perform switching processing and the like at the exchange level of the public network to oversee base stations in the area, the telephone resumes the processing block becomes longer (up to 4 seconds to and it has been expected to become.), therefore, it becomes longer silence.

【0011】本発明は、上記のような問題点に鑑みてなされたものであって、ハンドオーバ時の無音状態を短くすること、ひいては無音状態を解消することができる携帯電話機を提供することを目的としている。 [0011] The present invention aims at least partially solve in view of the problems described above, shortening the silent state at the time of handover, to provide a portable telephone which can eliminate the thus silence It is set to.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明に係る携帯電話機は、ハンドオーバ機能を有し、時分割多重通信を行う携帯電話機であって、ハンドオーバ開始時に、切り替え先の基地局を探索する探索手段と、前記探索手段により探索された基地局に通信チャネルの割り当てを要求することにより、新たな通信チャネルの割り当てを受ける要求手段と、新たな通信チャネルのタイムスロットと、現在通信中の通信チャネルのタイムスロットとが、当該携帯電話機において同時に通信可能であるか否かを判定する判定手段と、前記判定手段により可能であると判定された場合に、前記新たな通信チャネルへの接続処理を行う接続手段と、前記接続手段による接続処理の間、前記現在通信中の通信チャネルにおける通信を継続 To achieve the above object, according to the solution to ## mobile phone according to the present invention has a handover function, when a mobile phone for performing division multiplex communication, at the start of handover, to switch to and search means for searching for a base station, by requesting the allocation of the communication channel to the base station searched by the search unit, a request means for receiving an assignment of a new communication channel, and time slots of a new communication channel, If the time slot of the communication channel currently in communication, determining means for determining whether or not communication is possible at the same time in the mobile phone, it is determined to be possible by the determination unit, the new communication channel and connection means for performing connection processing to, during the connection process by the connection means, continues the communication in the communication channel in said current communication せる通信制御手段とを含むことを特徴としている。 It is characterized by comprising a communication control means for causing.

【0013】このような構成を有する本発明の携帯電話機においては、切り替え先の基地局から割り当てられた通信チャネルのタイムスロットのタイミングが、切り替え前の基地局を経由した通話を継続した状態で、新たな基地局とのメッセージ交換等のハンドオーバ処理を行うことが可能なタイミングであった場合にのみ、通話再開処理に移行する。 [0013] In a state in the cellular telephone, the timing of the time slots of the communication channel allocated from the switching destination base station, which was continued calls via the base station before switching the present invention having such a configuration, only if is possible to perform a handover process message exchange of a new base station was timing possible, the process proceeds to the call resumption processing. 従って、通話再開処理区間においても、切り替え前の基地局を経由した通話を継続できるため、当該区間において無音状態となることを防止することができ、もって、ハンドオーバ時の無音状態を短くすることができる。 Accordingly, even in a call resumption processing section, it is possible to continue the call via the base station before the switching, can be prevented from becoming a silent state in the interval, it has been, to shorten the silent state at the time of handover it can.

【0014】さらに、前記探索手段は、現在通信中の通信チャネルのタイムスロットと重ならないタイミングのタイムスロットを用いて制御信号を送信している基地局の中から、切り替え先の基地局を探索し、前記通信制御手段はさらに、前記探索手段が切り替え先の基地局を探索する間も、前記現在通信中の通信チャネルのタイムスロット及び前記新たな通信チャネルのタイムスロットのそれぞれに対応する周波数シンセサイザを切り替える制御を行うことにより、前記現在通信中の通信チャネルにおける通信を継続させるようにすれば、CCH探索処理区間においても無音状態を解消することができるため、 Furthermore, the search means, from the base station transmitting a control signal using the time slots of the timing that does not overlap with the time slots of the communication channel currently in communication, searches for a switching destination base station the communication control means further while the search means searches for a switching destination base station also the frequency synthesizer corresponding to each time slot of the time slots and the new communication channel of communication channels in said current communication by performing control to switch, if so to continue the communication in the communication channel in the current communication, it is possible to eliminate silence even CCH search process interval,
実施の形態で説明するように、結果として、ハンドオーバ時の無音状態を解消することも可能となる。 As described in the embodiment, as a result, it is also possible to eliminate the silent state at the time of handover. ただし、 However,
このようにするには、本願出願の時点においては二つのシンセサイザ回路を備えることが必要とされる。 To do this, at the time of the present application it is necessary to provide two synthesizer circuit.

【0015】 [0015]

【発明の実施の形態】以下、本発明に係る携帯電話機の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of a mobile phone according to the present invention will be described with reference to the drawings. (1)携帯電話機の構成 図1は、本発明の第1の実施の形態に係る携帯電話機の構成を示す機能ブロック図である。 (1) Configuration FIG. 1 of the mobile phone is a functional block diagram showing a configuration of a mobile phone according to a first embodiment of the present invention. 同図に示されるように、本実施の形態の携帯電話機は、アンテナ10、送受信切替部11、無線部12、モデム部13、TDMA/ As shown in the figure, the mobile phone of the present embodiment, the antenna 10, reception switching unit 11, a radio unit 12, a modem unit 13, TDMA /
TDD部14、音声処理部15、マイク16、スピーカ17、制御部18を備えている。 TDD unit 14, the audio processing unit 15, a microphone 16, a speaker 17, and a control unit 18.

【0016】送受信切替部11は、タイミング発生部1 [0016] The transmission and reception switching unit 11, the timing generator 1
80からのタイミング指示に従って、アンテナ10を介したTDDによる送信と受信とを切り替えるスイッチである。 According to the timing instruction from the 80 is a switch for switching between transmission and reception by TDD through the antenna 10. 無線部12は、送信部121、シンセサイザ12 Radio unit 12, transmitting unit 121, the synthesizer 12
2、受信部123、RSSI検出部124を含んでいる。 2, includes a reception section 123, RSSI detector 124. なお、本実施の形態の無線部12はシンセサイザ1 The radio unit 12 of the present embodiment synthesizer 1
22として、二つのシンセサイザ122A及び122B As 22, two synthesizers 122A and 122B
を備えている。 It is equipped with a.

【0017】送信部121は、送信周波数への変換を行うミキサ、増幅器等から構成され、モデム部13より入力される音声及び制御信号の変調信号を送信波に変換して送信する。 The transmitting unit 121 includes a mixer for converting the transmission frequency, it is an amplifier or the like, and transmits the modulated signal of the audio and control signals inputted from the modem unit 13 converts the transmission wave. シンセサイザ122は、キャリア番号とローカル周波数(局部発振周波数)とを対応させたテーブルを記憶しており、シンセサイザ制御部183よりキャリア番号の指定を含む周波数切替指示が出された場合に、その番号のローカル周波数信号を生成して、送信部121及び受信部123に供給する。 Synthesizer 122, when a carrier number and a local frequency (local oscillation frequency) stores a table that associates, which frequency switching instruction including the designation of carrier number from the synthesizer control unit 183 is issued, the number It generates a local frequency signal, and supplies this to the transmission unit 121 and the receiving unit 123. なお、本実施の形態で用いるシンセサイザ122では、周波数切替指示の入力から、安定したローカル周波数信号を生成するまでには、ロック時間として約300μ秒を要するが、二つのシンセサイザ122A及び122Bを切り替えることにより、当該ロック時間にかかわらず、隣接するタイミングのタイムスロット間においても、周波数(キャリア)の切り替えを行うことができる。 In synthesizer 122 used in this embodiment, the input of the frequency switching instruction, stable until generates a local frequency signal, it takes about 300μ sec as lock time, to switch the two synthesizers 122A and 122B Accordingly, regardless of the lock time, even between adjacent timing of the time slot, it is possible to switch the frequency (carrier). 詳細については後述する。 It will be described in detail later.

【0018】受信部123は、アンテナ10より送受信切替部11を介して入力されるCチャネル及びTチャネルの受信波を中間周波数信号に変換し、中間周波数信号を増幅してモデム部13に出力する。 The receiving unit 123 converts the received waves C channel and T-channel input via the transmitting and receiving switching unit 11 from the antenna 10 into an intermediate frequency signal, amplifies and outputs the intermediate frequency signal to the modem unit 13 . RSSI検出部1 RSSI detector 1
24は、受信部123による中間周波数信号の増幅と同時に受信信号の強さをRSSIとして検出し、制御部1 24, the amplification at the same time the strength of the received signal of the intermediate frequency signal is detected as RSSI by the receiving unit 123, the control unit 1
8に出力する。 And outputs it to the 8. 本実施の形態のRSSI検出部124 RSSI detection unit 124 of this embodiment
は、Tチャネルにおいて通信を行っている際には、当該TチャネルのRSSIを検出して通信品質の監視に供し、ハンドオーバ動作を行う場合には、CチャネルのR , When performing communications in T channel detects the RSSI of the T channel subjected to monitoring of the communication quality, when performing a handover operation, the C-channel R
SSIを検出して、切り替え先の基地局の探索に供する。 By detecting the SSI, subjected to a search of the switching destination base station.

【0019】以上に説明した無線部12の各部は、後述する制御部18によるタイミング制御や周波数切替指示等に従って、TDMA/TDD方式による送受信を行う。 The radio section 12 described above each unit, according to the timing control and frequency changing instruction, etc. of the control unit 18 to be described later, it performs transmission and reception by TDMA / TDD scheme. ここで、TDMA/TDD方式による送受信を行う場合のフレーム構成について説明する。 Here it will be described a frame structure for performing transmission and reception by TDMA / TDD scheme. 図2は、本実施の形態におけるTDMA/TDD方式のフレーム構成を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing a frame configuration of TDMA / TDD scheme according to the present embodiment.

【0020】本実施の形態におけるTDMA/TDD方式では、5ミリ秒を1フレームとし、さらに1フレームを8スロットに分割して、第1スロット〜第4スロットを下り(基地局→携帯電話機)通信専用のスロット(以下、「下り専用スロット」という。)、第5スロット〜 [0022] In TDMA / TDD scheme according to the present embodiment, the 5 ms and one frame, and further dividing one frame into 8 slots, down the first slot to the fourth slot (base station → mobile phone) communication a dedicated slot (hereinafter referred to as "down-only slot".), the fifth slot -
第8スロットを上り(携帯電話機→基地局)通信専用のスロット(以下、「上り専用スロット」という。)として割り当てる(図2(a)参照)。 Eighth slot uplink (mobile phone → base station) dedicated to communication slots (hereinafter, referred to as. "Uplink dedicated slot") assigned as (see FIG. 2 (a)). 第1スロット〜第4 The first slot to fourth
スロットのいずれか一つの下り専用スロットと、その2.5ミリ秒後に対応する上り専用スロット(第5スロット〜第8スロットのいずれか)とが対応して一つのチャネルを構成している。 And one downlink dedicated slot or slots constitute a is correspondingly one channel (one of the fifth slot to eighth slot) uplink dedicated slot corresponding to later 2.5 milliseconds. 従って、下りスロットとして第2スロットを用いている場合であれば、当該基地局への上りスロットは第6スロットとなる(図2(b)参照)。 Therefore, in the case of using a second slot as a downlink slot, uplink slots to the base station is the sixth slot (see Figure 2 (b)).

【0021】なお、本実施の形態の携帯電話機では、シンセサイザ回路を二つ(122A及び122B)備えているので、前述の如く、隣接するスロット間(例えば第2スロットと第3スロット)においても異なるキャリア番号のチャネルを用いた送受信を行うことが可能である(図2(b)参照)。 [0021] In the mobile phone in this embodiment, since the synthesizer circuitry includes two (122A and 122B), as described above, different even between adjacent slots (for example, the second slot and the third slot) it is possible to perform transmission and reception using the channel of the carrier number (see Figure 2 (b)). 即ち、シンセサイザ122Aにより第2スロットを受信している間(若しくはそれ以前) That is, while receiving the second slot by the synthesizer 122A (or earlier)
にシンセサイザ122Bの生成周波数を安定化させるようにすれば、第2スロットと第3スロットとの間でシンセサイザを切り替えるだけで、第3スロットで別のチャネルを受信することができるからである。 If so as to stabilize the generation frequency of the synthesizer 122B, the only switches the synthesizer between the second slot and the third slot, is because it is possible to receive another channel in the third slot. これは他の隣接スロット間においても同様である。 This is the same also between other adjacent slots.

【0022】ここで、本実施の形態の携帯電話システムにおいて、各基地局は制御信号をCチャネルにおいて1 [0022] In the mobile phone system of this embodiment, each base station a control signal at the C-channel 1
00ミリ秒(20フレーム)ごとに間欠送信しており、 And intermittently transmitted every 00 milliseconds (20 frames),
また、隣接する基地局同士は20フレーム内の互いに異なるタイムスロットを用いて制御信号を送信している。 The base station Adjacent transmitting a control signal using different time slots in the 20 frames.
従って、本実施の形態の携帯電話機において基地局の探索を行う場合、100ミリ秒の間に最大80の基地局の制御信号を受信することができることになる。 Therefore, when the portable telephone of the present embodiment performs the search for the base station, it will be able to receive the control signal of the base station up to 80 to 100 milliseconds.

【0023】モデム部13は、無線部12とTDMA/ The modem unit 13, the radio unit 12 and the TDMA /
TDD部14との間で、π/4シフトQPSK(直交位相変換)等による変調及び復調を行うモデムである。 Between the TDD portion 14, a modem for modulating and demodulating according to [pi / 4 shift QPSK (quadrature phase transformation) and the like. T
DMA/TDD部14は、TDMA/TDD方式による時分割多重双方向通信の制御を行う。 DMA / TDD unit 14 controls the division multiplex bidirectional communication when due TDMA / TDD scheme. 音声処理部15 The audio processing unit 15
は、マイク16、スピーカ17を介して入出力する音声の音声符号化処理及び復号化処理や増幅等を行う。 Performs microphone 16, speech coding of speech to be output via the speaker 17 and decoding and amplification, and the like.

【0024】制御部18は、ROM、RAMを備えており、ROMに記録された各種プログラムを実行することにより携帯電話機全体の制御を行う。 The control unit 18, ROM, includes a RAM, and controls the entire portable telephone by executing various programs stored in the ROM. 本実施の形態の携帯電話機は、ハンドオーバ動作において、CCH探索処理、リンクチャネル確立処理、通話再開処理を行うが、 Mobile phone of the present embodiment, in the handover operation, CCH search process, the link channel establishment processing, performs the call resumption processing,
本実施の形態の制御部18は、CCH探索処理において切り替え先として探索された基地局から割り当てられた新たなTチャネルが所定の条件を満たすか否かを判定し、当該所定の条件を満たす場合のみ通話再開処理(新たなTチャネルへの接続処理)へと進むように制御を行う。 Control unit 18 of the present embodiment, a new T channels allocated by the base station which is searched as a switching destination in the CCH search process determines whether or not a predetermined condition is satisfied, when the predetermined condition is satisfied only performs control to proceed to the call resumption processing (connection processing to new T channels). ここで、所定の条件とは、それまで通話していたT Here, the predetermined condition, was talking far T
チャネルによる通信を継続しながら通話再開処理を行うことができるか否かである。 It is whether it is possible to perform a call resumption processing while continuing the communication by channel. 本実施の形態の携帯電話機ではシンセサイザ回路を二つ備えているため、新たなT Due to the provision of two of the synthesizer circuit in the portable telephone of this embodiment, a new T
チャネルのタイムスロットのタイミングと、切り替え前の通話に用いていたTチャネルのタイムスロットのタイミングとが重ならない場合に前記所定の条件が満たされることになる。 And timing of the channel of the time slots, so that the predetermined condition is satisfied when the timing of the time slot T channel has been used to switch before the call is not overlap.

【0025】制御部18は、当該条件を満たす場合にのみ、それまで通話していたTチャネルによる通信を継続しながら通話再開処理を行うように制御することにより、当該処理を行っている区間の無音状態を解消することができる。 The control unit 18 only when the condition is satisfied, by controlling it to so as to perform while continuing conversation resumption process communication by T channel had been talking, the section in which performs the process it is possible to eliminate the silence state. 制御部18は、タイミング発生部180、 Control unit 18, a timing generator 180,
メモリ181、比較判定部182、シンセサイザ制御部183、CPU184、タイミング判定部185を含んでいる。 Memory 181, the comparison decision unit 182, the synthesizer control unit 183, CPU 184, and includes a timing determination unit 185.

【0026】タイミング発生部180は、TDMA/T [0026] The timing generating unit 180, TDMA / T
DDのスロットタイミングを発生し、比較判定部18 Generating a slot timing of the DD, the comparison determination unit 18
2、シンセサイザ制御部183、CPU184、無線部12、送受信切替部11に出力する。 2, the synthesizer control unit 183, CPU 184, radio unit 12, and outputs the reception switching unit 11. メモリ181は、 Memory 181,
RSSI検出部124により随時検出される受信信号のRSSIを記憶する。 Storing RSSI of the received signal detected from time to time by RSSI detector 124. 記憶されたRSSIは、Tチャネルを用いた通話中においては、比較判定部182による通信品質の監視に供され、CCH探索処理においては、 The stored RSSI is, during a call using a T channel is subjected to the monitoring of the communication quality due to the comparison determination unit 182, the CCH search process,
比較判定部182による切り替え先の基地局となり得るか否かの判定に供される。 It is subjected to the determination of whether can be the switching destination base station according to the comparison determination unit 182. また、CCH探索処理において、切り替え先となり得る基地局が探索された場合、具体的には、制御信号のRSSIが所定の閾値以上である基地局が探索された場合には、当該基地局のCS−ID Further, in the CCH search process, when the base station that can be switch destination is searched, in particular, when the base station RSSI of control signals is equal to or greater than the predetermined threshold value is searched out, of the base station CS -ID
とRSSIの値とが対応づけて格納される。 And the value of RSSI is stored in association.

【0027】比較判定部182は、Tチャネルによる通話中においては、メモリ181に記憶されているRSS The comparison determination unit 182, during the call by T channel, RSS stored in the memory 181
Iの値を所定の閾値と比較することにより、通信品質の監視を行う。 By comparing the values ​​of I with a predetermined threshold, to monitor the communication quality. RSSIの値が所定の閾値を下回ると、その旨を通知する信号をCPU184に出力し、この信号を受けてハンドオーバ動作が開始される。 When the value of the RSSI is below a predetermined threshold value, and outputs a signal that notifies the CPU 184, the handover operation is started by receiving this signal. また、比較判定部182は、CCH探索処理においては、メモリ18 The comparison determination unit 182, the CCH search process, the memory 18
1に記憶されている基地局のRSSIの値を所定の閾値と比較することにより、当該基地局が切り替え先の候補となり得るか否かの判定を行う。 By comparing the RSSI value of the base station stored in the 1 to a predetermined threshold, the base station makes a determination of whether can be the switching destination candidates. RSSIの値が所定の閾値以上であれば、当該基地局のCS−ID及びRSS If the value of the RSSI is above a predetermined threshold, CS-ID and RSS of the base station
Iの値は、そのままメモリ181に記憶される。 The value of I is stored directly in the memory 181.

【0028】シンセサイザ制御部183は、タイミング発生部180から出力されたスロットタイミングに同期して、シンセサイザ122A及び122Bに対して、キャリア番号を指定した周波数切替指示を出力する。 The synthesizer controller 183 in synchronization with slot timing output from the timing generator 180, relative to the synthesizer 122A and 122B, and outputs the frequency switching instruction specifying the carrier number. この周波数切替指示の内容の制御はCPU184により行われる。 Control of the content of the frequency switching instruction is performed by CPU 184. タイミング判定部185は、CCH探索処理において切り替え先の基地局として探索された基地局に対し、リンクチャネル確立要求を行うことにより、新たに割り当てられたTチャネルのスロットタイミングが、適切なタイミングであるか否かを判定し、判定結果をCP Timing determination unit 185 informs the base station that is searched as a base station to switch to the CCH search process, by performing a link channel establishment request, the slot timing of the newly allocated T channel, is at the right time whether or not it is determined, a determination result CP
U184に通知する。 To notify the U184. 新たに割り当てられたTチャネルのスロットタイミングは、リンクチャネル確立処理において取得することができるため、当該タイミングが、切り替え前の通話に用いていたTチャネルのスロットタイミングと重ならない場合に、適切なタイミングであると判定する。 Slot timing of the newly allocated T channel, it is possible to obtain the link channel establishment processing, when the timing does not overlap with the slot timing of the T channels are used to switch before the call, the right time It determines that it is.

【0029】この判定は、同一エリア内でのハンドオーバ、局間ハンドオーバのいずれの場合であっても、リンクチャネル確立処理において取得される絶対スロット番号及び相対スロット番号から、新たなTチャネルでの通話時のスロットタイミングを算出することができるので、算出されたタイミングと、切り替え前のスロットタイミングとを比較することにより実現することができる。 [0029] This determination is handover within the same area, in either case the inter-station handover, from the absolute slot number and relative slot number acquired in the link channel establishment process, the call at the new T channels it is possible to calculate the slot timing of the time, it can be achieved by comparing the calculated timing, and a slot timing before the switching. なお、ここで「絶対スロット番号」とは、図2のフレーム構成図において下り専用スロットとしてどのタイムスロットを用いるかを示す1から4までの数値であり、「相対スロット番号」とは、リンクチャネル割り当てメッセージから2.5秒後のスロットを1番とした場合の相対的なスロット番号である。 Here, "absolute slot number" is a number from 1 indicating the method of using the time slot as a downlink dedicated slot in the frame structure of FIG 2 to 4, the "relative slot number" link channel is a relative slot number when the slot of 2.5 seconds after the assignment message was No.1.

【0030】(2)制御部18の処理内容 次に、ハンドオーバ動作を行う際の制御部18の処理内容について説明する。 [0030] (2) processing of the controller 18 will now be described processing of the control unit 18 for performing the handover operation. 図3は、ハンドオーバ動作を行う際の制御部18の処理内容を示すフローチャートである。 Figure 3 is a flowchart showing the processing contents of the control unit 18 for performing the handover operation. 以下、図4のタイミング図等も参照して、制御部1 Referring also the timing diagram of FIG. 4 or the like, the control unit 1
8の処理内容について詳細に説明する。 It will be described in detail the processing content of 8.

【0031】前述の如く、比較判定部182は、通話開始時から、基地局との通信に用いているTチャネルの通信品質として、RSSIの値を監視している。 [0031] As described above, the comparison determination unit 182, from the time of the call start, as the communication quality of the T channel used for communication with the base station, monitors the value of the RSSI. そして、 And,
RSSIの値が所定の閾値を下回った場合、即ち通信品質の劣化が検出された場合(S101:Yes)には、 If the value of the RSSI is below a predetermined threshold, i.e., if the deterioration of the communication quality is detected (S101: Yes),
その旨を通知する信号がCPU184に出力され、ハンドオーバ動作が開始される。 Signal notifying that effect is output to the CPU 184, the handover operation is started. ハンドオーバ動作においては、まずCCH探索処理が実行される(S102)。 In handover operation, CCH search process is executed first (S102).

【0032】図5は、CCH探索処理の詳細な内容を示すフローチャートである。 [0032] FIG. 5 is a flow chart showing the details of the CCH search process. 同図に示されるように、CC As shown in the figure, CC
H探索処理では、シンセサイザ制御部183の制御により、受信部123において受信すべきチャネルをCチャネルに切り替える(S201)。 In H search process, it switches the control of the synthesizer control unit 183, a channel to be received by the receiving unit 123 to the C channel (S201). 次に、送受信切替部1 Next, reception switching unit 1
1を受信側として所定の期間(100*Nミリ秒の間)、継続してCチャネルの受信を行うことにより(図4参照)、基地局の探索を行う(S202)。 Predetermined period 1 as a receiver (100 * between N msec) by performing a reception of C-channel continues (see FIG. 4), to search for a base station (S202). 即ち、この場合に制御信号を受信できる基地局の数は、最大である80となる。 That is, the number of base stations that can receive a control signal in this case, a 80 is the maximum.

【0033】ここで、本実施の形態の携帯電話機は、複数のシンセサイザ(122A及び122B)を備えることにより、隣接したタイムスロットにおいてもチャネルを切り替えて通信を行うことが可能であるから、切り替え前の基地局を経由した通話を継続しながらCCH探索処理を行うようにすることも可能である。 [0033] Here, the mobile phone of the present embodiment, by providing a plurality of synthesizers (122A and 122B), since it is possible to perform communication by switching the channel even in adjacent time slots, before switching it is also possible to perform CCH search process while continuing the call via the base station. 具体的には、 In particular,
シンセサイザ122Aの設定を切り替え前の基地局を経由した通話に用いるTチャネルのキャリアに設定しておき、シンセサイザ122Bの設定をCチャネルとする。 May be set to T channel of the carrier used in the call via the previous base station switches the setting of the synthesizer 122A, the setting of the synthesizer 122B and C channel.
そして、元の基地局との通話に用いるタイムスロットのタイミングにおいてのみ、シンセサイザ122Aを用いて通話を行い、他のタイミングではシンセサイザ122 Then, only the timing of the time slots used for the call with the original base station, performs a call using a synthesizer 122A, in other timing synthesizer 122
Bを用いて制御信号の受信を行うようにすることで、元の基地局を経由した通話を継続しながらCCH探索処理を行うようにすることができる。 By so to receive the control signal by using a B, it is possible to to perform CCH search process while continuing the call via the original base station. 従って、この場合には、制御信号を受信できる基地局の数は60と減少するものの、CCH探索処理区間における無音状態をも解消することが可能である。 Therefore, in this case, the number of base stations that can receive a control signal but decreases as 60, it is possible to eliminate even the silence in CCH search processing section.

【0034】さて、比較判定部182により、RSSI [0034] Now, by comparison determination unit 182, RSSI
の値が所定の閾値以上であると判定される基地局が存在した場合には(S203:Yes)、当該基地局のCS If the base station of the values ​​are determined to be equal to or larger than a predetermined threshold value is present (S203: Yes), CS of the base station
−ID及びRSSIの値がメモリ181に格納される(S204)。 The value of -ID and RSSI are stored in the memory 181 (S204). さらに、所定の期間(100ミリ秒〜数100ミリ秒)、CCH探索処理を実行することにより、全ての基地局の探索が終了したと判断された場合には(S205:Yes)、メモリ181に記憶されている切り替え先候補の基地局について、RSSIの値が大きい順にメモリ181内で整列して(S206)、CC Further, the predetermined time period (100 ms to several 100 ms), by executing the CCH search process, when the search of all the base stations is determined to be terminated (S205: Yes), the memory 181 the base station to switch to candidates stored, aligned in the memory 181 in the order value of the RSSI is greater (S206), CC
H探索処理を終了する。 To end the H search process.

【0035】なお、本実施の形態のCCH探索処理区間内において、元の基地局を経由した通話を継続しない場合には、CCH探索処理区間においては、送信処理は特に行わない(図4参照)。 [0035] Note that in the CCH search processing section of this embodiment, if not to continue the call via the original base station, in the CCH search processing section does not perform the transmission processing (see FIG. 4) . 従って、CCH探索処理区間において、受信部123の受信チャネルはCチャネルに切り替える必要があり、図4に示す実施の形態では、その際に送信側もCチャネルに切り替えるようにしているが(リンクチャネル確立要求を行う際には送信側もCチャネルに切り替える必要がある。)、この時点では、送信部121の送信チャネルについては切り替えなくてもかまわない。 Accordingly, the CCH search processing section receiving channel of the receiving unit 123 must switch to C channel, in the embodiment shown in FIG. 4, although to switch to the C channel is also the transmission side when the (link channel when performing the establishment request must switch to be C channel sender.), at this time, it may be omitted switched for the transmission channel of the transmitter 121.

【0036】一方、CCH探索処理区間内において、元の基地局を経由した通話を継続させる場合には、CCH On the other hand, in the CCH search processing section, the case of continuing the call via the original base station, CCH
探索処理区間における受信チャネルは切り替え前の基地局を経由した通話に用いるTチャネルとしておくのが好ましい。 Receive channel in the search processing section is preferably keep the T channel for use in call via the switching previous base station. そのようにしておいてCCH探索処理の開始前の通話と同一のタイミングで切り替え前の基地局への送信を継続することにより、元の基地局を経由した通話を継続させることが可能となるからである。 By continuing the transmission of the manner it leaves the CCH search process before the start of a call and before switching the base station at the same timing, because it is possible to continue the call via the original base station it is. なお、局間ハンドオーバが実現した場合には、当該送信タイミング以外においては、受信ゲートを開いて制御信号の受信を行うようにしてもよい。 In the case where the inter-station handover is realized, in addition the transmission timing may be performed to receive the control signal to open the receiving gate.

【0037】以上のように、CCH探索処理を終了すると、図3のフローチャートに戻って、基地局が探索できたか否かの判断を行う(S103)。 [0037] As described above, and ends the CCH search process returns to the flowchart of FIG. 3, it is determined whether or not the base station could be searched (S103). ここで、基地局が探索できなかった場合とは、具体的には、制御信号を受信した基地局の中でRSSIの値が所定の閾値以上である基地局が存在しなかった場合を意味する。 Here, a case where the base station can not be searched, specifically, means a case where RSSI values ​​in the base station receiving a control signal is not present base station is above a predetermined threshold value . このような場合(S103:Yes)の処理方法としては、種々の方法が考えられるが、本実施の形態では、それまで通信を行っていた元の基地局に復帰し、それまでと同様のT In such cases: a processing method (S103 Yes), although various methods are conceivable, in the present embodiment, it until return to the original base station has been communicating, similar T as before
チャネルを用いて通話を継続するようにしている(S1 And so as to continue the call by using the channel (S1
04)。 04).

【0038】基地局が探索できた場合(S103:N [0038] If the base station can explore (S103: N
o)には、探索された基地局に対するリンクチャネル確立処理を行う。 The o), perform link channel establishment processing for the searched base station. ここで、探索された基地局は一つの場合も複数の場合もあり得るが、本実施の形態では、探索された基地局のうち、もっとも適切と考えられる基地局、 Here, the searched base station may be the case even if the one of the plurality, but in this embodiment, among the searched base station, the base station considered most appropriate,
具体的にはRSSIの値がもっとも大きい基地局から順にリンクチャネルの確立要求を出していき、Tチャネルの割り当てを受けることができた場合、若しくはTチャネルの割り当てを受けることができなかった場合でも所定の条件を満たすに至った場合にリンクチャネル確立処理を終了するようにしている。 Specifically, will issue a request for establishing the forward link channel from the value of RSSI is the largest base station, if it has been possible to receive an assignment of T channels, or even if could not be assigned with T channels so that to terminate the link channel establishment processing when a reaches a predetermined condition is satisfied.

【0039】図6は、本実施の形態におけるリンクチャネル確立処理の詳細な内容を示すフローチャートである。 [0039] FIG. 6 is a flow chart showing the details of a link channel establishment processing in this embodiment. 以下、図7のタイミング図も参照しながら、本実施の形態におけるリンクチャネル確立処理について詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to the timing diagram of FIG. 7 will be described in detail link channel establishment processing in this embodiment. 図6に示されるように、リンクチャネル確立処理では、まず変数kに1を設定する(S301)。 As shown in FIG. 6, the link channel establishment processing first sets 1 to the variable k (S301). この変数の意味については後述する。 For the meaning of this variable will be described later.

【0040】リンクチャネル確立処理を開始する時点では、受信部123の受信チャネルは既にCチャネルに切り替えられているので(図7参照)、まず、k番目の基地局の制御信号を受信し、当該制御信号のタイミングを保持する(S302)。 [0040] At the time of starting the link channel establishment processing, the reception channel of the receiving portion 123 has already been switched to the C channel (see FIG. 7), first receives a control signal of the k th base station, the holding the timing of the control signal (S302). この変数kは、図5のフローチャートのステップS206においてRSSIの値が大きい順に整列された基地局の順番に対応しているものである。 The variable k is one that corresponds to the order of the base station the value is aligned in descending order of RSSI at step S206 of the flowchart of FIG. 最初に本ステップを通過する際には、kの値は1 To when passing through this step the first, the value of k is 1
(S301参照)であるから、1番目の基地局がリンクチャネル確立要求の対象となる。 Because it is (S301 see), the first base station becomes the target of the link channel establishment request. なお、上記ステップS It is to be noted that the step S
206における整列は、1番目から順にRSSIの値が大きい基地局となるように行われているものとする。 Alignment in 206 is assumed to have been made that the value of the RSSI from the first in the order becomes large base station.

【0041】また、基地局のCCHの受信及びタイミングの保持は、以下に説明するように行われる。 Further, the holding of the reception and timing of CCH in base station is performed as described below. 即ち、C In other words, C
CH探索処理においては、順次制御信号の受信を続けるとともに、それぞれの制御信号から基地局のCS−ID In CH search process, as well as continue to receive the sequential control signal, CS-ID of the base station from each of the control signals
を検出していく。 It continues to detect. なお、本実施の形態の携帯電話システムでは、制御信号及び通信信号はそれぞれユニークワード(以下、「UW」と表記する。)と呼ばれるビット配列を含んでおり、制御信号のUWは32ビット、通信信号のUWは16ビットであるため、制御信号の受信モードに切り替える際には、32ビットのUWが検出可能となるように設定を変更する必要がある。 In the mobile phone system of this embodiment, each control signal and the communication signal is a unique word (hereinafter, referred to as "UW".) And contains a bit sequence called, UW control signal 32 bits, the communication because signal of UW is 16 bits, when switching to receive mode control signal, 32 bits of UW is required to change the settings to be detected.

【0042】リンクチャネル確立処理を開始するに際し、比較判定部182は、メモリ181からk番目の基地局のCS−IDを取得しており、受信信号から検出されたCS−IDと順次比較していく。 [0042] Upon starting the link channel establishment processing, the comparison determination unit 182 has acquired CS-ID of the k-th base station from the memory 181 are sequentially compared with the CS-ID detected from the received signal go. 受信信号からk番目の基地局のCS−IDが取得されたと判定された場合に、当該CCHの受信タイミングを保持する。 If the CS-ID of the k-th base station is determined to have been acquired from the received signal, and holds the reception timing of the CCH. 以後、保持されたタイミングに基づいて、当該基地局に対しリンクチャネル確立要求を行う。 Thereafter, based on the hold timing, perform link channel establishment request to the base station.

【0043】なお、リンクチャネル確立要求の対象となる基地局からの制御信号の送信が100ミリ秒(20フレーム)ごとに行われることから、本実施の形態では、 Incidentally, since the transmission of the control signal from the base station to be link channel establishment request is made every 100 milliseconds (20 frames), in this embodiment,
上記制御信号のタイミングの保持の後は、それまで通信を行っていた元の基地局を経由した通話を継続させるようにしている(図7参照、同図の例ではリンクチャネル確立処理区間において最初に制御信号を受信した基地局が、リンクチャネル確立処理の対象であった場合を図示している。)。 After the timing of the holding of the control signal, the beginning and (see FIG. 7 so as to continue the call via the original base station that has been communicating, in the example of FIG in the link channel establishment processing section until then the base station receiving the control signal to have illustrated a case has been the subject of a link channel establishment processing.). 即ち、次にリンクチャネル確立処理の対象基地局からの制御信号が受信できるまでの19フレームにおいては、元の基地局を経由した通話を行うようにする。 That is, in the 19 frames until the control signal can be received from the next target base station of the link channel establishment process, to perform a call via the original base station. 具体的には、リンクチャネル確立処理の対象となる基地局となる制御信号を受信した後は、受信部123 Specifically, after receiving a control signal which is a base station as a target of the link channel establishment processing, receiving section 123
の受信チャネルを元の基地局との通信に用いていたTチャネルに切り替えることにより(図7下段参照)、下り通信スロットにおいて元の基地局との通話を継続させる。 By switching the T channel has been used to communicate with the receiving channel of the original base station (see FIG. 7 bottom), to continue the call with the original base station in the downlink communication slot. なお、この場合には上記UWの検出モードを32ビットから16ビットに切り替える。 Note that switches the detection mode of the UW in this case from 32 bits to 16 bits.

【0044】次に、上り通信スロットにより、対象となる基地局に対してリンクチャネル確立要求を行う(S3 Next, the uplink communication slots, perform link channel establishment request to the base station of interest (S3
03)。 03). リンクチャネル確立要求を行うタイミングは、 Timing of the link channel establishment request,
ステップS302で保持されたタイミングから2.5+ 2.5+ from the timing which is held in step S302
5*R(ミリ秒)後とする。 5 * and after the R (milliseconds). ここでRは、当該処理を行うために生成する乱数であり、1から18までのいずれかの整数である。 Where R is a random number generated in order to perform the process is any integer from 1 to 18. リンクチャネル確立要求を行った後は、タイマtを起動しておく(S304)。 Link after the conducted channel establishment request, should start the timer t (S304).

【0045】また、リンクチャネル確立要求は、送信部121の送信チャネルを制御チャネルに切り替えた後に所定の制御信号を基地局に対して送信することにより行う。 Further, the link channel establishment request, by transmitting a predetermined control signal to the base station after switching the transmission channel of the transmission section 121 to the control channel. 本実施の形態では、CCH探索処理を開始する際に、受信チャネル及び送信チャネルの両方を制御チャネルに切り替えているため、ここでのチャネル切替は不要であるが、CCH探索処理区間内においても、元の基地局を経由した通話を継続する場合には、適切なタイミングでチャネルの切り替えを行う必要がある。 In this embodiment, when starting the CCH search process, since the switch both receive channels and transmit channels to the control channel, but here the channel switching in is not required, even in the CCH search processing section, to continue the call via the original base station needs to switch the channel at the right time.

【0046】なお、リンクチャネル確立要求を行った後は、上り通信スロットについても、元の基地局との通信を継続させるため、送信チャネルを元のTチャネルに切り替える(図7下段参照)。 [0046] Note that after the link channel establishment request, for the uplink communication slots, in order to continue the communication with the original base station switches the transmission channel to the original T-channel (see FIG. 7 bottom). 以後、当該基地局からTチャネルの割り当てを受けることができなかった場合や、 Thereafter, or if it can not be assigned with T channel from the base station,
割り当てられた新たなTチャネルのスロットタイミングが、本実施の形態における前述の所定の条件に適合しなかった場合等のように、再度リンクチャネル確立要求を行う必要が生じるまでは、元の基地局を経由して、そのままTチャネルを用いた通話を継続することができる。 Slot timing of the allocated new T channels, as in such a case that did not comply with the predetermined condition described above in this embodiment, until it becomes necessary to perform a link channel establishment request again, the original base station via, it is possible to continue the call using the T channel as it is.

【0047】一方、受信部123では、間欠送信されている基地局の制御信号を再度受信すべく、受信部123 Meanwhile, the receiving unit 123, to receive the control signal of the base station that is intermittently transmitted again, the receiving unit 123
の受信チャネルをCチャネルに切り替え、UW32ビットのモードに切り替える処理を、ステップS302にて保持されたタイミングから100ミリ秒毎に行う。 Switch the receiving channel to the C channel, the process of switching the UW32-bit mode, performing the timing held in step S302 every 100 milliseconds. 携帯電話機側からリンクチャネル確立要求を行っても、基地局側から直後に送信される制御信号においてリンクチャネルの割り当てが受けられるとは限らない場合もあることから、所定の期間だけ間欠送信されている制御信号の受信を行い、所定期間受信の後にTチャネルの割り当てを受けられない場合に、当該基地局からのTチャネルの割り当てを受けることができなかったものと判定することにしたものである。 From the mobile phone side performs link channel establishment request, since it may not necessarily link channel allocation is received at the control signal that is transmitted immediately after the base station side, it is intermittently transmitted for a predetermined duration performs reception of are control signals, if not receive allocation of T channel after a predetermined time period received, in which decided to determine that failed to undergo the allocation of T channel from the base station .

【0048】なお、本実施の形態では、Tチャネルの割り当てを受けられた場合(S305:Yes)には、割り当てられたTチャネルが適切であるか否かの判定を行う(S306)。 [0048] In the present embodiment, when received the allocation of T channel: in (S305 Yes), the assigned T channel and determines whether it is appropriate (S306). ここで、割り当てられたTチャネルが適切であるか否かの判定においては、当該チャネルを用いて通話再開処理を行うに際して、切り替え前の基地局を経由した通話を継続しながら、並行して通話再開処理を行うことができるか否かが基準となる。 Call Here, in the determination of whether the assigned T channel is appropriate, when performing a call resumption processing using the channel, while continuing the call via the base station before switching, in parallel whether it is possible to perform the resume process is a reference. より具体的には、切り替え前の基地局を経由した通話に用いていたタイムスロットと、新たに割り当てられたTチャネルのタイムスロットとが、並行して利用できる関係にあるか否かが問題となる。 More specifically, the time slot that has been used to call via the base station before switching, and the time slot of the newly allocated T channel, whether it is in relation to available concurrently problem Become. 本実施の形態の携帯電話機は二つのシンセサイザ回路122A及び122Bを備えているため、割り当てられた新たなTチャネルのスロットタイミングと、元の基地局を経由した通話に用いていたタイムスロットのスロットタイミングとが異なっていれば、割り当てられたTチャネルは適切であると判定される。 Since the mobile phone in this embodiment is provided with two synthesizer circuit 122A and 122B, and the slot timing of the new T channel allocated, slot timing of a time slot that has been used to call via the original base station if different bets is determined to the assigned T channel is appropriate.

【0049】なお、例えばシンセサイザ回路を一つしか備えていない場合を仮定すると、このステップの判定においては、新たなTチャネルのスロットタイミングと、 It should be noted, for example, a synthesizer circuit to assume if not only with one, in the determination of this step, a slot timing of the new T channels,
元の基地局を経由した通話に用いていたTチャネルのスロットタイミングとが、間に1スロットをはさんだ関係にある場合(例えば、元のTチャネルにおいて用いられていたスロットが図2における第1スロットである場合には、新たなTチャネルにおけるスロットが第3スロットである場合)に新たなチャネルが適切であると判定されることとなる。 And slot timing of the T channels are used to call via the original base station, if a relationship across the one slot between (e.g., a first slot which has been used in the original T channels in FIG. 2 If a slot is so that the slot in the new T channel is determined that the new channel is the case) the third slot is appropriate. シンセサイザ回路を一つしか備えていない場合には、当該シンセサイザ回路により生成される周波数を安定化させるまでのロック時間を考慮する必要があるからである。 If not only with one synthesizer circuit, because the frequency generated by the synthesizer circuit is necessary to consider the lock time to stabilize.

【0050】なお、新たに割り当てられたTチャネルのスロットタイミングがどのタイミングであるかの判断については、タイミング判定部185の処理内容として説明したように、例えば、次のような方法が考えられる。 [0050] Incidentally, the determination whether any timing slot timing of the newly allocated T channels, as described as the processing contents of the timing determining unit 185, for example, the following method is conceivable.
即ち、同一エリア内でのハンドオーバ、局間ハンドオーバのいずれの場合であっても、絶対スロット番号及び相対スロット番号を用いて算出された新たなTチャネルのスロットタイミングから判断することができる。 That is, the handover in the same area, in either case the inter-station handover, can be determined from the slot timing of the new T channels are calculated using the absolute slot number and relative slot number.

【0051】新たに割り当てられたTチャネルが適切であると判定された場合(S306:Yes)には、リンクチャネル確立処理は終了して、図3のフローチャートへと戻る。 [0051] If the newly assigned T channel is determined to be appropriate: to (S306 Yes), the link channel establishment processing is terminated and returns to the flowchart of FIG. ここで、リンクチャネル確立要求を出してから最初の制御信号の受信でTチャネルの割り当てを受けられなかった場合には(S305:No)、タイマtの値が予め定められた制御信号の最大受信期間Tに到達したか否かを判定するようにしている(S307)。 Here, if not receive allocation of T channel response after sending a link channel establishment request by receiving the first control signal (S305: No), the maximum received control signal the value of the timer t is predetermined and so as to determine whether the host vehicle has reached the period T (S307). Tの値としては1.2秒程度に設定しておく。 The value of T is set to about 1.2 seconds. これは、例えばRCR STD−28で規定されているものである。 This is, for example those defined in RCR STD-28.

【0052】最大受信期間Tに達していない場合(S3 [0052] If it does not reach the maximum reception period T (S3
07:No)には、ステップS305へと戻って制御信号の再度の受信を行う。 07: No More), performs re-reception of the control signal returns to step S305. なお、制御信号の再度の受信を行うまでの19フレームの間に関しても、上記に説明したような方法により通話を継続させることが可能である。 Incidentally, with regard during the 19 frames until the re-reception of the control signal, it is possible to continue the call by the method as described above. 制御信号の最大受信期間Tだけ受信を行ってもTチャネルの割り当てを受けることができない場合(S30 If even after the reception by the maximum reception period T of the control signal can not receive the allocation of T channels (S30
7:Yes)には、当該基地局からのTチャネル割り当てを受けられなかったものと判断し、変数kの値に1を加算する(S308)。 7: Yes), the determined not to have received the T channel assignment from the base station, it adds 1 to the value of the variable k (S308). さらに、変数kの値が、切り替え先の候補として探索された基地局の総数nを超えたか、又はリンクチャネル確立要求を行うべき基地局の最大数mを超えたか否かを判定し(S309)、超えていれば(S309:Yes)、リンクチャネル確立を行えないままリンクチャネル確立処理を終了して、図3のフローチャートへと戻る。 Furthermore, the value of the variable k is, determines whether or not exceeded the maximum number m of the base station should be performed or exceeds the total number n of the searched base station as a candidate for the switching destination, or a link channel establishment request (S309) if it exceeded (S309: Yes), terminates the link channel establishment processing without performing the link channel establishment, returns to the flowchart of FIG. ステップS309の判定結果がNoである場合には、ステップS302へと戻り、元の基地局を経由した通話を継続しつつ、別の基地局に対して再度リンクチャネル確立要求を行う。 If the determination result in step S309 is No, the process returns to step S302, while continuing the call via the original base station performs the link channel establishment request again for another base station. なお、ステップS306において、割り当てられた新たなTチャネルが適切でないと判断された場合には(S306:No)、 Incidentally, in the case where in step S306, a new T channel allocated is determined to be not appropriate (S306: No),
本実施の形態では、ステップS308へと進み、変数k In this embodiment, the process proceeds to step S308, the variable k
の値を加算するようにしている。 So that is added to the value. ただし、この場合は、 However, in this case,
ステップS303へと進み、再度同一の基地局にリンクチャネル確立要求を行うようにしてもよいし、ステップS307へと進み、制御信号の最大受信期間Tに達するまでは、再度同一の基地局からのチャネルの割り当てを待つようにしてもよい。 Proceeds to step S303, may be performed on the link channel establishment request again to the same base station, the process proceeds to step S307, until it reaches the maximum reception period T of the control signal, from the back the same base station it may be to wait for the allocation of the channel.

【0053】リンクチャネル確立処理を終了すると、図3のフローチャートに戻って、切り替え先のTチャネルの割り当てを受けることができたか否かを判定する(S [0053] Upon completion of the link channel establishment processing, returning to the flowchart of FIG. 3, it determines whether or not to undergo the allocation of switching destination T channel (S
106)。 106). なお、割り当てられたチャネルが全て適切でなかった場合等には、割り当てを受けることができなかった場合と同様に取り扱う。 Note that like when the allocated channel is not all right, handled as if could not be allotted. 即ち、適切なTチャネルの割り当てを受けることができなかった場合には、元の基地局に復帰して通話を継続する(S104)。 That is, if it can not receive the allocation of appropriate T channels to continue the call and returns to the original base station (S104). Tチャネルの割り当てを受けられた場合には(S106:Ye If that is allotted the T-channel (S106: Ye
s)、通話再開処理へと進む(S107)。 s), the process proceeds to a call resume processing (S107).

【0054】図8は、通話再開処理の詳細な内容を示すフローチャートである。 [0054] Figure 8 is a flow chart showing the details of the call resumption processing. なお、図4及び図7のタイミング図に示された通話再開処理区間の信号の形状は、新たに割り当てられたTチャネル(以下、「新TCH」と表記する。)のタイムスロットが、それまで用いていたT Incidentally, FIG. 4 and the shape of the signal of the call resumption processing section that shown in the timing diagram of FIG. 7, the newly allocated T channel (hereinafter, referred to as "new TCH".) Of the time slot, until it T, which has been used
チャネル(以下、「旧TCH」と表記する。)のタイムスロットよりも一つ後のタイミングであって両者が隣接している場合の例を図示したものである。 Channel (hereinafter, referred to as "old TCH".) In which both a timing after one than the time slot of the illustrated an example in which adjacent.

【0055】通話再開処理においては、例えばシンセサイザ122Aを旧TCHに固定し、シンセサイザ122 [0055] In the call resumption processing, for example to secure the synthesizer 122A to the old TCH, synthesizer 122
Bを新TCHに固定する。 To fix the B to the new TCH. そして、旧TCHのタイムスロットと新TCHのタイムスロットとのタイミングに合わせて二つのシンセサイザ間の切替を行うことにより、 Then, by performing switching between the two synthesizer in accordance with the timing of the old TCH timeslot and new TCH timeslot,
当該二つのTチャネルをそれぞれ用いた通信を並行して行うことができる。 Communication using respectively the two T channels can be performed in parallel. 即ち、旧TCHを用いた通話を継続しながら、新TCHを用いて切り替え先の基地局との接続処理(同期処理、所定のメッセージ交換等)を行うことができ、もってハンドオーバ時の無音状態を短くする(CCH探索処理区間においても、元の基地局を経由した通話を継続する場合には、無音状態を解消する)ことができる。 That is, while continuing the call using the old TCH, connection processing (synchronization processing, a predetermined message exchange, etc.) between the switching destination base station using a new TCH can be performed, the silence at the time of handover with short for (even CCH search processing section, the case of continuing the call via the original base station eliminates the silent state) can.

【0056】図8のフローチャートに戻って、通話再開処理では、上記したようなシンセサイザ122の切り替え処理を行いつつ、切り替え先の基地局との接続処理を行う。 [0056] Returning to the flowchart of FIG. 8, in the call resumption processing, while performing the switching process of the synthesizer 122 as described above, performs connection processing with the switching destination base station. 具体的には、まず新TCHのU波の測定を行う(S401)。 Specifically, first a measurement of new TCH of the U wave (S401). ここで、U波とは、当該スロットの妨害波を意味する。 Here, the U wave, means a disturbance of the slot. 従って、U波の測定値が所定値よりも大きい場合には所定の処理を行う必要があるが、ここではU波による問題は生じないものとする。 Thus, although when the measured value of the U wave is larger than the predetermined value, it is necessary to perform a predetermined process, it is assumed here that there is no problem due to the U wave.

【0057】また、ステップS403からS408までは、切り替え先の基地局との接続処理(同期処理及びメッセージ交換処理)を表しているが、この間の処理については、既述のようにシンセサイザの切り替えを行いながら、旧TCHにおける通話と並行して実行する以外は、標準規格に準拠した公知の処理であるので、ここでの詳細な説明は省略する。 [0057] Further, the steps S403 to S408, are expressed connection process with switching destination base station (synchronization processing and message exchange process), for during this period of treatment, the switching of the synthesizer as described above performed while, except that run in parallel with the call in the old TCH, is a known process that conforms to the standard, and a detailed description thereof will be omitted.

【0058】なお、局間ハンドオーバが発生した場合には、S403以下の処理、即ち新たなTチャネルとの同期処理に先だって、局間ハンドオーバの際に必要な処理(基地局側での回線切り替え処理等)が行われることとなるが(図7、通話再開処理の最初の点線部分)、それらの具体的な処理内容に関してもここでの詳細な説明は省略する。 [0058] In the case where the inter-station handover occurs, S403 following process, i.e. prior to synchronize with the new T channel, the line switching processing in the processing (the base station required during the inter-station handover Although the the like) is performed (FIG. 7, the first dotted line call resuming process), and a detailed description is also here with respect to their specific processing contents is omitted. ただし、当該部分においては、元の基地局を経由した通話は継続しているため、局間ハンドオーバが発生した場合においても無音区間は生じない。 However, in the portion, for calls via the original base station continues, there is no silent section even when the inter-station handover occurs.

【0059】以上の処理を終了すると、ハンドオーバ先の基地局に通話が移行し(S409)、元の基地局との通信が切断されて(S410)、通話再開処理が終了する。 [0059] Upon completion of the above processing, moves the call to the handover destination base station (S409), the communication with the original base station is disconnected (S410), the call resume processing ends. 以上によりハンドオーバ動作が終了し、新たな基地局との間で通話が再開する(図3参照)。 Thus handover operation is completed, the call is resumed with the new base station (see FIG. 3). 以上に説明したように、本実施の形態のようなハンドオーバ動作を行うことによって、無音状態となるのは、局間ハンドオーバが実施された場合においても、CCH探索処理区間の100〜数100ミリ秒のみとなる。 As described above, by performing the handover operation as in this embodiment, it becomes a silent state, even if the inter-station handover is performed, the number 100 of CCH search processing section 100 ms the only. また、上記したように、CCH探索処理区間においても元の基地局を経由した通話を継続させるようにすれば、無音状態を解消することも可能となる。 Further, as described above, if as is to continue the call via the original base station in CCH search process interval, it is possible to eliminate the silent state. なお、本実施の形態ではリンクチャネル確立処理区間においても無音状態を避けるようにしたが、当該区間において無音状態が生じることを許容した場合でも、最大1秒程度の無音状態が生じるのみであるので、ハンドオーバ時の無音状態を短くするという効果は得られるものと考えられる。 Although this embodiment has been to avoid silence even in the link channel establishment processing section, even when allowed to in the section is silent state occurs, since only the silence of up to about 1 second occurs It is believed that the effect is obtained of shortening the silent state at the time of handover.

【0060】<変形例>以上、本発明の実施の形態について説明したが、本発明の内容が、上記実施の形態に示された具体例に限定されないことは勿論であり、例えば、以下のような変形例を考えることができる。 [0060] <Modification> While there have been described embodiments of the present invention, the content of the present invention is not limited to the specific examples shown in the above embodiments are of course, for example, as follows it can be considered a Do modification. (1)上記実施の形態においては、CCH探索処理において切り替え先の基地局が探索されなかった場合、若しくは、切り替え先の基地局が探索できても、リンクチャネル確立処理において適切なTチャネルの割り当てを受けることができなかった場合には元の基地局に復帰し、 (1) In the above embodiment, if the switching destination base station is not searched in the CCH search process, or even can explore the switching destination base station, assignment of the appropriate T channels in the link channel establishment process returns to the original base station in case you did not able to receive,
その直後に再度ステップS101の判定を行うようにしていた(図3、S104及びS101参照)。 In that was to again perform the determination of step S101 immediately after (see FIG. 3, S104 and S101). しかしながら、一旦通信品質の劣化が検出され、ハンドオーバ動作を一度実行したような状況であれば、ステップS10 However, is detected once the communication quality deterioration, if circumstances such as those performing the handover operation once, step S10
4において元の基地局に復帰しても、直後にステップS Be returned to the original base station at 4, step immediately after S
101の判定を実行したのでは、再度同様の判定結果となる可能性が極めて大きく、また、再度ハンドオーバ動作を実行しても、先の場合と同様に、切り替え先の基地局が探索できないか、若しくは、新たなTチャネルの割り当てを受けることができないという結果に終わる可能性も大きいため、処理効率としては悪いものとなる可能性もある。 101 than performing the determination of a very large possibility that the same determination result again, also be performed handover operation again, as in the previous, or can not be searched switching destination base station, or, for greater potential to result in the inability to receive an allocation of new T channels, there is a possibility that a bad one as the processing efficiency.

【0061】従って、例えば以下のような工夫をすることが考えられる。 [0061] Thus, it is conceivable to devise for example, the following. 即ち、一度ハンドオーバを行いステップS104を通過して元の基地局に復帰した際にタイマを起動する。 That is, to start the timer upon returning to the original base station through the step S104 is performed once handover. 以後、当該タイマがカウント終了するまでは、ステップS101において通信品質の劣化が検出されたとしてもハンドオーバ処理を開始しないこととし、 Thereafter, until the timer counts completed, also decided not to initiate a handover process as degradation of communication quality is detected at step S101,
当該元の基地局との通話を継続するようにする。 So as to continue the call with the source base station. タイマのカウント値としては例えば固定値として数秒から数1 Number The count value of the timer from a few seconds as a fixed value, for example 1
0秒程度に設定することが考えられるが、可変とすることも可能である。 It is conceivable to set to about 0 seconds, it is possible to vary. 具体的には、直前にハンドオーバ処理が成功した際にCCH探索処理で探索された基地局の数に基づき、探索された基地局の数が少なかったような場合にはタイマのカウント値を小さくするようにしてもよい。 Specifically, based on the number of base stations which is searched on the CCH search processing when the handover process is successful immediately before, when the number of the searched base station as was less to reduce the count value of the timer it may be so.

【0062】(2)さらに、本実施の形態では、CCH [0062] (2) Further, in the present embodiment, CCH
探索処理区間においても、切り替え前の基地局を経由した通話を継続させることができる旨を説明したが、この場合には、20フレームの間に制御信号を受信できる基地局の数が、最大である80から60に減少することになる。 Also in the search processing section is described to the effect that it is possible to continue the call via the base station before switching, in this case, the number of base stations that can receive control signals between the 20 frames, a maximum It will be reduced from one 80 to 60. 従って、例えばCCH探索処理において基地局の探索ができなかった場合や(図3、S103:No)、 Thus, for example, or if you can not search for the base station in the CCH search process (FIG. 3, S103: No),
適切なTチャネルの割り当てを受けることができなかった場合などには、当該限定を外し、全ての基地局を探索の対象として再度CCH探索処理を行うようにしてもよい。 The like if it can not receive the allocation of the appropriate T channels, removing the limitation may be performed again CCH search process for all of the base stations as the target of the search.

【0063】(3)また、ステップS104を通過して元の基地局に復帰した場合には、復帰した回数をカウントしておくようにしてもよい。 [0063] (3) Further, in the case of returning to the original base station through the step S104, it is advisable to count the number of times that has been restored. このようにしておけば、 If in this way,
当該カウント値が増加する毎に、CCH探索処理において基地局探索を行う時間を長くしたり、CCH探索処理においてCCH探索に用いる所定の閾値を低くしたりすることもできる。 Each time the count value is increased, or a longer time for the base station search in the CCH search process, may be subjected to a lower predetermined threshold value used for CCH search in CCH search process.

【0064】(4)本実施の形態では、CCH探索処理において探索された基地局のCS−IDとRSSIの値とを対応づけてメモリ181に記憶するようにしたが、 [0064] (4) In the present embodiment has been adapted to store in the memory 181 in association with the value of the CS-ID and RSSI of a base station which is searched in the CCH search process,
基地局が探索された場合に当該探索されたタイミングをメモリ181に記憶しておくようにしてもよい。 The searched timing when the base station is searched may be stored in the memory 181. そのようにすれば、リンクチャネル確立処理(図6参照)のステップS302において、一度制御チャネルを受信してタイミングを保持することなく直接リンクチャネル確立要求を行うことも可能となるからである。 By doing so, in step S302 the link channel establishment process (see FIG. 6), because it is possible to perform a direct link channel establishment request without retaining the timing by receiving a time control channel.

【0065】(5)また、上記実施の形態では、シンセサイザ122を二つ備える場合について特に詳細に説明したが、実施の形態でも簡単に説明したようにシンセサイザを一つしか備えていない場合でも、通話再開処理区間における無音状態を解消することは可能である。 [0065] The (5) In the above embodiment has been described in particular detail for the case with two synthesizers 122, even when not only with one synthesizer As briefly described in the embodiments, it is possible to eliminate the silent state in the call resumption processing section. スロットタイミングとして、元の基地局を経由した通話に用いていたタイムスロットのタイミングと、新たに割り当てられたタイムスロットのタイミングとの間にシンセサイザ122の周波数切り替えに要するロック時間を確保できる場合にのみ、通話再開処理へと進むようにすればよいからである。 As a slot timing only if the timing of the time slot that has been used to call via the original base station, the lock time required for the frequency switching of the synthesizer 122 between the timing of the newly assigned time slots can be secured This is because it is sufficient to proceed to a call resume processing. ただし、この場合はCCH探索処理区間における無音状態を解消することはできない。 However, it is impossible to eliminate the silence in this case CCH search processing section. CCH CCH
探索処理区間において、元の基地局を経由した通話を継続しつつ、上記ロック時間を確保しながら制御信号の受信を行うようにした場合、タイムスロットの構造上、上記の条件を満たす新たなTチャネルの割り当てを受けることはできないからである。 In the search processing section, while continuing the call via the original base station, when to perform the reception of the control signal while securing the lock time, the structure of a time slot, the above condition is satisfied new T receive an allocation of channels it is can not be.

【0066】(6)さらに本実施の形態では、本発明の携帯電話機を、いわゆる第二世代コードレス電話システム(PHSシステム)に適用する場合について詳細に説明したが、ハンドオーバ時に、元の基地局を経由する通信を継続しながらハンドオーバ処理を行うに際し、新たに割り当てられたTチャネルを取捨する本発明の骨子は、他のコードレス電話システムに適用することも可能である。 [0066] (6) Moreover, in this embodiment, the mobile phone of the present invention have been described in detail when it is applied to a so-called second generation cordless telephone system (PHS system), at the time of handover, the source base station when performing a handover process while continuing the communication via, the gist of the present invention for sifting the newly allocated T channels can also be applied to other cordless telephone systems.

【0067】 [0067]

【発明の効果】以上のように、本発明に係る携帯電話機によれば、切り替え先として探索された基地局から割り当てられた新たなTチャネルのタイムスロットと、現在通信中のTチャネルのタイムスロットとが、当該子機において同時に通信可能であるか否かを判定し、同時に通信可能である場合に前記新たなTチャネルへの接続処理を行うとともに、接続処理の間、前記現在通信中のTチャネルにおける通信を継続させるので、当該接続処理の間に無音状態となることを防止でき、従ってハンドオーバ動作を行う際の無音状態を短くすることができるという効果がある。 As is evident from the foregoing description, according to the portable phone according to the present invention, a new T-channel time slots allocated by the base station which is searched as a switching destination, time slot T channel currently in communication DOO may determine whether communication is possible simultaneously in slave unit, it performs the connection process to a new T channels if communication is possible at the same time, during the connection process, T in the current communication since to continue communication in the channel, it can be prevented as the silent state during the connection process, thus there is an effect that it is possible to shorten the silent state at the time of performing the handover operation.

【0068】また、現在通信中のTチャネルのタイムスロットと重ならないタイミングのタイムスロットを用いて制御信号を送信している基地局の中から、切り替え先の基地局を探索し、切り替え先の基地局を探索する間も、現在通信中のTチャネルのタイムスロット及び新たなTチャネルのタイムスロットのそれぞれに対応する周波数シンセサイザを切り替える制御を行うことにより、 [0068] Also, from the base station transmitting a control signal using the timing of the time slot which does not overlap with the T-channel time slots currently in communication, searches for a switching destination base station, switching destination base while searching for a station also, by performing the control of switching the frequency synthesizer corresponding to each time slot of the time slots and the new T channels T channel currently in communication,
現在通信中のTチャネルにおける通信を継続させるようにとすれば、現在通信中のTチャネルを用いた通信を継続させながら、新たな基地局の探索処理を行うことができ、従って、結果としてハンドオーバ時の無音状態を解消することも可能になるという効果がある。 If so as to continue the communication in T channel currently in communication, while continuing the communication using the T channel currently in communication, can be performed search process for a new base station, therefore, the handover as a result there is an effect that it becomes possible to eliminate the silent state when.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態における携帯電話機の全体構成を示す図である。 Is a diagram showing an overall configuration of a mobile phone according to the embodiment of the present invention; FIG.

【図2】(a)、(b)とも、TDMA/TDD方式におけるフレーム構成を示す図である。 [2] (a), both (b), a diagram showing the frame structure in TDMA / TDD scheme.

【図3】ハンドオーバ動作を行う際の制御部18の処理内容を示すフローチャートである。 3 is a flowchart showing the processing contents of the control unit 18 for performing the handover operation.

【図4】ハンドオーバ動作について説明するためのタイミング図である。 4 is a timing diagram for explaining the handover operation.

【図5】CCH探索処理の詳細な内容を示すフローチャートである。 5 is a flowchart illustrating a detailed content of the CCH search process.

【図6】リンクチャネル確立処理の詳細な内容を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing the details of a link channel establishment processing.

【図7】リンクチャネル確立処理について説明するためのタイミング図である。 7 is a timing diagram for explaining link channel establishment process.

【図8】通話再開処理の詳細な内容を示すフローチャートである。 8 is a flowchart showing the details of the call resumption processing.

【図9】従来の携帯電話機におけるハンドオーバ処理について説明するためのタイミング図である。 9 is a timing diagram for explaining handover process in the conventional mobile phone.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 アンテナ 11 送受信切替部 12 無線部 121 送信部 122A,122B シンセサイザ 123 受信部 124 RSSI検出部 13 モデム部 14 TDMA/TDD部 15 音声処理部 16 マイク 17 スピーカ 18 制御部 180 タイミング発生部 181 メモリ 182 比較判定部 183 シンセサイザ制御部 184 CPU 185 タイミング判定部 10 antenna 11 transmitting and receiving switching unit 12 radio unit 121 transmitting unit 122A, 122B synthesizer 123 receiving unit 124 RSSI detection unit 13 modem unit 14 TDMA / TDD unit 15 the audio processing unit 16 microphone 17 loudspeaker 18 controller 180 timing generator 181 memory 182 Comparative determination unit 183 synthesizer controller 184 CPU 185 timing determination unit

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平3−214890(JP,A) 特開 平5−259971(JP,A) 特開 平8−256369(JP,A) 特開 平4−323922(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) H04B 7/24 - 7/26 H04Q 7/00 - 7/38 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (56) reference Patent flat 3-214890 (JP, a) JP flat 5-259971 (JP, a) JP flat 8-256369 (JP, a) JP flat 4- 323922 (JP, a) (58 ) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) H04B 7/24 - 7/26 H04Q 7/00 - 7/38

Claims (5)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 ハンドオーバ機能を有し、時分割多重通信を行う携帯電話機であって、 ハンドオーバ開始時に、切り替え先の基地局を探索する探索手段と、 前記探索手段により探索された基地局に通信チャネルの割り当てを要求することにより、新たな通信チャネルの割り当てを受ける要求手段と、 新たな通信チャネルのタイムスロットと、現在通信中の通信チャネルのタイムスロットとが、当該携帯電話機において同時に通信可能であるか否かを判定する判定手段と、 前記判定手段により可能であると判定された場合に、前記新たな通信チャネルへの接続処理を行う接続手段と、 前記接続手段による接続処理の間、前記現在通信中の通信チャネルにおける通信を継続させる通信制御手段とを含むことを特徴とする携帯電話機。 It has 1. A handover function, when a mobile phone for performing division multiplex communication, at the start of handover, and search means for searching for a switching destination base station, communicates with the base station searched by the search means by requesting allocation of channels, and request means for receiving an assignment of a new communication channel, and time slots of the new communication channel, and the time slot of the communication channel currently in communication, at the same time capable of communicating in the mobile phone judging means for judging whether or not there, if it is determined that it is possible by the determination means, and connection means for performing connection processing to said new communication channel, during the connection process by the connection means, wherein mobile phone which comprises a communication control section to continue the communication in the communication channel currently in communication.
  2. 【請求項2】 前記携帯電話機は、局部発振信号を生成する二つの周波数シンセサイザを備え、 前記判定手段は、 前記新たな通信チャネルのタイムスロットと、前記現在通信中の通信チャネルのタイムスロットとが、互いに重ならないタイミングにあるか否かを判定し、 前記周波数シンセサイザの一方は前記新たな通信チャネルに対応し、前記周波数シンセサイザの他方は前記現在通信中の通信チャネルに対応し、 前記通信制御手段は、前記接続処理の間、前記現在通信中の通信チャネルのタイムスロット及び前記新たな通信チャネルのタイムスロットのそれぞれの区間において対応する周波数シンセサイザを選択する制御を行うことを特徴とする請求項1に記載の携帯電話機。 Wherein said mobile phone includes two frequency synthesizer for generating a local oscillation signal, said determining means, said a new communication channel time slot, the time slot of the communication channel in said current communication determines whether there are any timing not overlapping each other, the one of the frequency synthesizer corresponding to said new communication channel, the other of said frequency synthesizer corresponding to the communication channel in the current communication, the communication control unit during the connection process, according to claim 1, wherein the performing control to select a corresponding frequency synthesizer in each section of the time slots of time slot and the new communication channel of communication channels in said current communication mobile phone described.
  3. 【請求項3】 前記探索手段は、 現在通信中の通信チャネルのタイムスロットと重ならないタイミングのタイムスロットを用いて制御信号を送信している基地局の中から、切り替え先の基地局を探索し、 前記通信制御手段はさらに、 前記探索手段が切り替え先の基地局を探索する間も、前記現在通信中の通信チャネルのタイムスロット及び前記新たな通信チャネルのタイムスロットのそれぞれに対応する周波数シンセサイザを切り替える制御を行うことにより、前記現在通信中の通信チャネルにおける通信を継続させることを特徴とする請求項2に記載の携帯電話機。 Wherein the searching means, from the base station transmitting a control signal using the time slots of the timing that does not overlap with the time slots of the communication channel currently in communication, searches for a switching destination base station the communication control means further while the search means searches for a switching destination base station also the frequency synthesizer corresponding to each time slot of the time slots and the new communication channel of communication channels in said current communication by performing control to switch, the cellular phone according to claim 2, characterized in that to continue the communication in the communication channel in the current communication.
  4. 【請求項4】 前記携帯電話機は、局部発振信号を生成する一つの周波数シンセサイザを備え、 前記判定手段は、 前記新たな通信チャネルのタイムスロットと、前記現在通信中の通信チャネルのタイムスロットとが、前記周波数シンセサイザの周波数切り替えに要するロック時間以上の時間間隔をおいているか否かを判定し、 前記通信制御手段は、 前記接続処理の間、前記現在通信中の通信チャネルのタイムスロット及び前記新たな通信チャネルのタイムスロットのそれぞれに対応する局部発振周波数で発振するように前記周波数シンセサイザの周波数切り替えを制御することを特徴とする請求項1に記載の携帯電話機。 Wherein said portable telephone set includes a single frequency synthesizer for generating a local oscillation signal, said determining means, said a new communication channel time slot, the time slot of the communication channel in said current communication determines whether at a lock-hour or more time interval required for the frequency switching of the frequency synthesizer, wherein the communication control means, said connection between the processing, the time slot and the new communication channel in said current communication mobile phone according to claim 1, characterized in that to control the frequency switching of the frequency synthesizer to oscillate at the local oscillation frequency corresponding to each of the Do communication channel time slot.
  5. 【請求項5】 前記要求手段は、 前記判定手段により可能でないと判定された場合に、前記探索手段により探索された他の基地局に通信チャネルの割り当てを要求することを特徴とする請求項1から4 Wherein said request means, according to claim 1, characterized in that said if it is determined not to be possible by the determination means, for requesting allocation of a communication channel to another base station searched by the search means from 4
    のいずれかに記載の携帯電話機。 Mobile phone according to any one of the.
JP2838799A 1999-02-05 1999-02-05 Mobile phone Expired - Fee Related JP3244481B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2838799A JP3244481B2 (en) 1999-02-05 1999-02-05 Mobile phone

Applications Claiming Priority (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2838799A JP3244481B2 (en) 1999-02-05 1999-02-05 Mobile phone
NZ51393400A NZ513934A (en) 1999-02-05 2000-02-01 Portable telephone
PCT/JP2000/000530 WO2000046940A1 (en) 1999-02-05 2000-02-01 Portable telephone
AU2323600A AU775539B2 (en) 1999-02-05 2000-02-01 Portable telephone
CN 00805859 CN1177415C (en) 1999-02-05 2000-02-01 Portable telephone
TW89109514A TW472470B (en) 1999-02-05 2000-05-18 Portable telephone
HK02106964A HK1045615A1 (en) 1999-02-05 2002-09-24 Portable telephone.

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000228781A true JP2000228781A (en) 2000-08-15
JP3244481B2 true JP3244481B2 (en) 2002-01-07

Family

ID=12247255

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2838799A Expired - Fee Related JP3244481B2 (en) 1999-02-05 1999-02-05 Mobile phone

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP3244481B2 (en)
CN (1) CN1177415C (en)
WO (1) WO2000046940A1 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5329361B2 (en) * 2009-10-08 2013-10-30 株式会社日立国際電気 Wireless system

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6412628A (en) * 1987-07-06 1989-01-17 Nippon Telegraph & Telephone Time division multiplex mobile communication system
JPH0573297B2 (en) * 1987-08-26 1993-10-14 Nippon Electric Co
JPH06152510A (en) * 1992-11-10 1994-05-31 Sanyo Electric Co Ltd Digital portable telephone
US5764648A (en) * 1994-07-20 1998-06-09 Sanyo Electric Co., Ltd. Method and apparatus for generating a transmission timing signal in a wireless telephone

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN1177415C (en) 2004-11-24 grant
WO2000046940A1 (en) 2000-08-10 application
CN1347597A (en) 2002-05-01 application
JP2000228781A (en) 2000-08-15 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5579373A (en) Transmission power control method in cellular radiotelephone system
US6577617B1 (en) Communication terminal apparatus, base station communication apparatus and radio communication method
US6138020A (en) Quality-based handover
US5430769A (en) Method and apparatus for controlling switched antenna diversity systems
US5748621A (en) Digital mobile communication system
US5278835A (en) Mobile radio communication system
US6459689B1 (en) Mobile station handoff between different CDMA frequencies
US5594943A (en) Method and apparatus for efficient handoffs by mobile communication entities
US6101383A (en) Apparatus and method in a communication network
US20070087691A1 (en) Apparatus and method for supporting multi-link in multi-hop relay cellular network
US20010043572A1 (en) Method and apparatus for multiple access communication
US4811380A (en) Cellular radiotelephone system with dropped call protection
US6463050B1 (en) Power saving method and apparatus for radio base station
US20030031143A1 (en) Method for transferring intersystem connections
US6757550B1 (en) Mobile station and base station
US6192239B1 (en) Handset based automatic call re-initiation for multi-mode handsets
US20040048609A1 (en) Radio communication system
US6044266A (en) Method and apparatus for transmitting data packets over voice channel
US6052557A (en) Direct mode repeater in a mobile radio system
US5383221A (en) Mobile station unit and channel switching method
US5179559A (en) Handoff method for a cellular system
US6859444B1 (en) Method and apparatus for handover in TDMA mobile communications system
US5404573A (en) Control channel monitoring system
US7006534B1 (en) Radio communication system and method for calculating transmission timing between a terminal unit and a base station based upon location, distance, or propagation time
JP2000102065A (en) Radio communication base station unit

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071026

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081026

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081026

Year of fee payment: 7

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081026

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091026

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101026

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101026

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111026

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111026

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121026

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121026

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131026

Year of fee payment: 12

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees