JP3241481B2 - 異機種通信端末間相互接続サービス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サービス方式に使用される通信ノード装置及び通信端末 - Google Patents

異機種通信端末間相互接続サービス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サービス方式に使用される通信ノード装置及び通信端末

Info

Publication number
JP3241481B2
JP3241481B2 JP08854393A JP8854393A JP3241481B2 JP 3241481 B2 JP3241481 B2 JP 3241481B2 JP 08854393 A JP08854393 A JP 08854393A JP 8854393 A JP8854393 A JP 8854393A JP 3241481 B2 JP3241481 B2 JP 3241481B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
communication
communication terminal
terminal
means
hand stage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP08854393A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06303315A (ja
Inventor
倫正 矢野
修 磯野
敏正 福井
Original Assignee
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士通株式会社 filed Critical 富士通株式会社
Priority to JP08854393A priority Critical patent/JP3241481B2/ja
Publication of JPH06303315A publication Critical patent/JPH06303315A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3241481B2 publication Critical patent/JP3241481B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/00127Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus, e.g. for storage, processing or transmission of still picture signals or of information associated with a still picture
    • H04N1/00281Connection or combination of a still picture apparatus with another apparatus, e.g. for storage, processing or transmission of still picture signals or of information associated with a still picture with a telecommunication apparatus, e.g. a switched network of teleprinters for the distribution of text-based information, a selective call terminal
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L69/00Application independent communication protocol aspects or techniques in packet data networks
    • H04L69/18Multi-protocol handler, e.g. single device capable of handling multiple protocols
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M3/00Automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M3/42Systems providing special services or facilities to subscribers
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N7/00Television systems
    • H04N7/14Systems for two-way working
    • H04N7/141Systems for two-way working between two video terminals, e.g. videophone
    • H04N7/142Constructional details of the terminal equipment, e.g. arrangements of the camera and the display
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M2201/00Electronic components, circuits, software, systems or apparatus used in telephone systems
    • H04M2201/50Telephonic communication in combination with video communication
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M2201/00Electronic components, circuits, software, systems or apparatus used in telephone systems
    • H04M2201/60Medium conversion
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M2203/00Aspects of automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M2203/20Aspects of automatic or semi-automatic exchanges related to features of supplementary services
    • H04M2203/2066Call type detection of indication, e.g. voice or fax, mobile of fixed, PSTN or IP
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M3/00Automatic or semi-automatic exchanges
    • H04M3/42Systems providing special services or facilities to subscribers
    • H04M3/42229Personal communication services, i.e. services related to one subscriber independent of his terminal and/or location
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S379/00Telephonic communications
    • Y10S379/908Multimedia

Description

【発明の詳細な説明】

(目次) 産業上の利用分野 従来の技術(図14) 発明が解決しようとする課題 課題を解決するための手段(図1) 作用(図1) 実施例(図2〜図13) 発明の効果

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、扱うメディアの異なる
複数の通信端末と、これらの通信端末を通信ノード装置
を介して接続するとともにメディア変換手段を有する通
信網とをそなえることにより、異機種通信端末間での相
互接続サービスを行なう異機種通信端末間相互接続サー
ビス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サービス
方式に使用される通信ノード装置及び通信端末に関す
る。

【0002】

【従来の技術】近年、電話,FAX及びデータ通信等の
通信は、各メディア対応に網が構築されることにより実
現されている。これらの通信においては、アドレス(電
話番号)は回線(端末)対応に付与されている。このた
め、通信を行ないたい人は、相手のいる確率の高い着端
末に対してダイヤリングを行なうようになっており、通
信の不成立が発生しやすい。

【0003】このような電話,FAX及びデータ通信等
の通信において発生する通信の不成立を防止する方法と
して、個人にアドレスを付与し、網に通信者の位置情報
の登録(通信者のいる近傍の端末を登録)を行ない、個
人から個人への通信を可能とする所謂パーソナル通信
(CCITTではUPT:Universal Personal Telecom
municationとして研究されている)の実現が検討されて
いる。

【0004】図14は、一般的なUPTサービス方式を
説明するための図であるが、この図14において、10
1a〜101cはユーザが通信に使用する通信端末であ
り、これらの通信端末101a〜101cは、それぞれ
交換機102a〜102cに収容されている。さらに、
交換機102a〜102cは通信網を介して相互に接続
されており、従って、通信端末101a〜101c間で
相互に通信を行なえるようになっている。

【0005】また、通信端末101aは、ユーザ106
が普段使用しているものであり、従って、この通信端末
101aの電話番号はユーザ106の所有する番号であ
る。さらに、交換機102aは、加入者情報を格納する
ための加入者情報データベース103と接続されてい
る。104は通信センタであり、この通信センタ104
は、全ての通信端末間の通信を監視するものであり、デ
ータベース105をそなえている。

【0006】また、加入者情報データベース103ある
いはデータベース105には、ユーザの登録されたID
毎に設定されたアドレスに、当該ユーザの現在居る端末
の電話番号が格納されている。この場合においては、加
入者情報データベース103においては、ユーザ106
のIDに対応するアドレスAに、現在居る場所の通信端
末102bの番号が格納されている。

【0007】なお、例えばユーザ106のID情報に
は、普段使用している通信端末101aの電話番号情報
等が含まれている。このような構成により、上記したU
PTサービス方式においては、例えば以下のように動作
する。すなわち、ユーザ106は、IDカードを用いる
ことにより、通信端末101bを通じて自分のIDを登
録する(図14の参照)。

【0008】すると、交換機102aの加入者データベ
ース103あるいは通信センタ104のサービス情報デ
ータベース105において、ユーザのID毎に設定され
たアドレスに、通信端末101bの電話番号を格納され
る。これにより、ユーザ106が通信端末101bに居
ることが登録される(図14の参照)。ここで、例え
ば、ユーザ107がユーザ106と通信を行ないたい場
合は、ユーザ107は、通信端末101cを用いて、ユ
ーザ106個人の番号をダイヤルすることにより、電話
をかける。すると、発呼情報は、まず交換機102aに
入力する(図14の参照)。

【0009】発呼情報が交換機102aに入力すると、
交換機102aは、加入者情報データベース103ある
いは通信センタ104のデータベース105を検索する
ことにより、交換機102aがユーザ106の現在居る
通信端末番号(通信端末101bの電話番号)を得る
(図14の参照)。交換機102aが通信端末101
bの電話番号を得ると、交換機102aでは、交換機1
02bに対して、ユーザ107による通信端末101c
からの電話を転送し、発ユーザ107とユーザ106と
の通話が可能となる(図14の参照)。

【0010】上記のようなUPTサービス方式において
は、例えば、通信の発呼を受けるユーザ106は、異な
った種類の通信端末の場所に居る場合等においても、そ
の通信端末を使用できるようにして、通信端末の種類に
かかわらず相互通信ができることが望ましい。但し、こ
の場合においては、いかなる種類の通信端末間において
も相互接続できるようにする手段が必要である。

【0011】ところで、特開平02−2264号公報に
て公開された提案によれば、発番号と着番号とにより、
メッセージ処理装置(交換機)内に予め蓄積されている
データ(メディア種別とパラメータ群)を選択し、これ
を元に最適なメディア変換機能を選択し、相互通信を可
能としている。また、特開平02−222356号公報
にて公開された提案によれば、センター内にユーザID
とユーザの持っているメディア種別データを格納したメ
ディア情報格納ファイルを設けておき、送信側IDと受
信者ID(発信側より送信)から、メディア種別を選択
し、最適なメディア変換機能を選択し、相互通信を可能
としている。

【0012】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来の提案によれば、例えば、特開平02−226
4号公報にて公開されたものでは、メディア変換先は予
め登録された種類の端末によらなければメディア変換を
行なうことができず、汎用性に欠けるという課題があ
る。

【0013】また、特開平02−222356号公報に
て公開されたものでは、発信者側はメディア変換処理を
行なうための操作が必要であって、使用者の便宜に欠け
ている。本発明は、このような課題に鑑み創案されたも
ので、汎用性を持たせつつ、且つ発信者のメディア変換
のための操作を必要としない異機種通信端末間相互接続
サービス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サー
ビス方式に使用される通信ノード装置及び通信端末を提
供することを目的とする。

【0014】

【課題を解決するための手段】図1は本発明の原理ブロ
ック図で、この図1において、40は通信ノード装置で
あり、この通信ノード装置40を介することにより、発
側通信端末50は受側通信端末30と通信が行なえるよ
うになっており、この通信ノード装置40は、送受手段
41a,41bと通信拒否認識手段42と選択手段43
と着メッセージ修正手段44と再送手段45と着側端末
用通知手段46と発側端末用通知手段47とをそなえて
いる。また、この通信網は、扱うメディアの異なる複数
の通信端末(発側通信端末50,着側通信端末30)
と、これらの通信端末を通信ノード装置40を介して接
続するとともに通信端末属性不一致のために通信が行な
えない場合に属性が一致するような信号変換を行なって
通信を行なうための信号を出力するメディア変換手段6
0とを有する。

【0015】次に、30は着側通信端末であり、この着
側通信端末30は、送受手段31と判定手段32と通信
拒否送信手段33と通知手段34とをそなえている。ま
た、50は発側通信端末であり、この発側通信端末50
は、送受手段51と通信端末属性情報要素挿入手段52
と通知手段53とをそなえている。ここで、通信ノード
装置40において、送受手段41aは着側通信端末30
との間での情報の授受を行なうものであって、送受手段
41bは発側通信端末50との間での情報の授受を行な
うものである。

【0016】また、通信拒否認識手段42は、通信端末
の属性を示す情報要素を有する発側通信端末50から着
側通信端末30への着メッセージに対する着側通信端末
30からの通信端末属性不一致による通信拒否を送受手
段41aを経由して認識するものである。選択手段43
は、通信拒否認識手段42で着側通信端末30が通信端
末属性不一致による通信拒否を行なったことを認識する
と、着側通信端末30が受信可能なメディアを選択する
ものである。

【0017】着メッセージ修正手段44は、選択手段4
3で着側通信端末30が受信可能なメディアが選択され
ると、この選択結果に基づいて、発側通信端末50から
の着メッセージを修正するものである。再送手段45
は、着メッセージ修正手段44での修正着メッセージを
送受手段41aを経由して着側通信端末30へ再送する
ものである。

【0018】着側通信端末用通知手段46は、再送手段
45によって修正着メッセージを再送することにより、
通信が確立すると、上り及び下りの2種類の信号を分離
する分離部と、それら2種類の信号のうち片方を廃棄す
る廃棄部とを設けてなるメディア変換手段60を使用し
て、着側通信端末30に発側通信端末50からの着呼が
あったことを通知するものである。

【0019】発側通信端末用通知手段47は、送受手段
41bを経由して発側通信端末50に対しメディア変換
を行なって通信が確立したことを通知するものである。
また、着側通信端末30において、送受手段31は、
り及び下りの2種類の信号を分離する分離部と、それら
2種類の信号のうち片方を廃棄する廃棄部とを設けてな
るメディア変換手段60を有する通信ノード装置40と
の間での情報の授受を行なうものである。

【0020】判定手段32は、送受手段31を経由し
て、通信ノード装置40から発側通信端末50よりの着
メッセージを受けると、着メッセージに含まれている発
側通信端末50の属性を示す情報要素から発側通信端末
50との通信を行なえるかどうかを判定するものであ
る。通信拒否送信手段33は、判定手段32で、通信端
末属性不一致のため発側通信端末50との通信を行なえ
ないと判定されると、送受手段31を経由して、通信ノ
ード装置40に対し、通信端末属性不一致による通信拒
否を送信するものである。

【0021】通知手段34は、通信拒否送信手段33に
よる通信拒否の送信後に、通信ノード装置40から着側
通信端末30に発側通信端末50からの着呼があったこ
とが通知されると、その旨を通知するものである。とこ
ろで、発側通信端末50において、送受手段51は、
り及び下りの2種類の信号を分離する分離部と、それら
2種類の信号のうち片方を廃棄する廃棄部とを設けてな
るメディア変換手段60を有する通信ノード装置40と
の間での情報の授受を行なうものである。

【0022】通信端末属性情報要素挿入手段52は、送
受手段51を経由して、通信ノード装置40へ向け、着
メッセージを送信する際に、着メッセージに通信端末の
属性を示す情報要素を挿入するものである。従って、発
側通信端末50と通信ノード装置40との間での呼の確
立に関与するメッセージ内に、発側通信端末50の属性
を示す情報要素を組み込むようになっている。

【0023】通知手段53は、送受手段51を経由し
て、通信ノード装置40からメディア変換を行なって通
信が確立した旨の通知を受けると、その旨の通知を行な
うものである(請求項1,10〜12)。また、メディ
ア変換手段60は、所望の属性に信号変換させるための
制御信号を受けて所望の属性に信号変換するメディア変
換回路と、その制御信号に基づいて所定のメディア変換
回路に切り替えるスイッチとをそなえ、メディア変換回
が、発信者側による操作を不要とすべく、上り及び下
りの2種類の信号を分離する分離部と、それら2種類の
信号のうち片方を廃棄する廃棄部とをそなえ、異なる複
数の通信端末に着呼があった場合に着側通信端末30に
は着呼があったことを通知する一方で、発側通信端末5
0には通信が確立したことを通知するように構成されて
いる。また、通信ノード装置40が、発側通信端末50
から着側通信端末30への着メッセージに対する着側通
信端末30からの通信端末属性不一致による通信拒否を
認識すると、通信ノード装置40は、着側通信端末30
が受信可能なメディアを選択し、発側通信端末50から
の着メッセージを修正して、この修正着メッセージを着
側通信端末30へ再送し、その後、通信が確立すると、
メディア変換手段60を使用して、発信者側による操作
をすることなく、着側通信端末30に発側通信端末50
からの着呼があったことを通知するとともに、発側通信
端末50に対しては、メディア変換を行なって通信が確
立したことを通知するようになっている。

【0024】また、本発明では、メディア変換手段60
が、通信ノード装置40に設置されることができる(請
求項2)。さらに、本発明では、メディア変換手段60
が、通信ノード装置40とは別の通信センタに設置され
ることも可能である(請求項3)。また、本発明では、
通信端末として、電話端末とファクシミリ端末とをそな
えた場合、メディア変換手段60は、電話端末とファク
シミリ端末との間の情報変換を可能にする手段を有する
(請求項4)。

【0025】さらに、本発明では、通信端末として、電
話端末とデータ端末とをそなえた場合、メディア変換手
段60が、電話端末とデータ端末との間の情報変換を可
能にする手段を有する(請求項5)。また、本発明で
は、通信端末として、電話端末とテレビ電話端末とをそ
なえた場合、メディア変換手段60が、電話端末とテ
ビ電話端末との間の情報変換を可能にする手段を有する
(請求項6)。

【0026】さらに、本発明では、通信端末として、フ
ァクシミリ端末とデータ端末とをそなえた場合、メディ
ア変換手段60が、ファクシミリ端末とデータ端末との
間の情報変換を可能にする手段を有する(請求項7)。
また、本発明では、通信端末として、ファクシミリ端末
とテレビ電話端末とをそなえた場合、メディア変換手段
60が、ファクシミリ端末とテレビ電話端末との間の情
報変換を可能にする手段を有する(請求項8)。

【0027】さらに、本発明では、通信端末として、デ
ータ端末とテレビ電話端末とをそなえた場合、メディア
変換手段60が、データ端末とテレビ電話端末との間の
情報変換を可能にする手段を有する(請求項9)。

【0028】

【作用】上述の本発明では、扱うメディアの異なる複数
の通信端末(発側通信端末50,着側通信端末30)
と、これらの通信端末を通信ノード装置40を介して接
続するとともに通信端末属性不一致のために通信が行な
えない場合に属性が一致するような信号変換を行なって
通信を行なうための信号を出力するメディア変換手段6
0とを有する通信網において、発側通信端末50より通
信ノード装置40を通じて着側通信端末30への発呼を
行なう場合に、発側通信端末50において、通信端末属
性情報要素挿入手段52では、送受手段51を経由し
て、通信ノード装置40へ向け、着メッセージを送信す
る際の、着メッセージに通信端末の属性を示す情報要素
を挿入している。

【0029】そして、発側通信端末50と通信ノード装
置40との間での呼の確立に関与するメッセージ内に、
発側通信端末50の属性を示す情報要素が組み込まれ、
また、メディア変換手段60の分離部において、上り及
び下りの2種類の信号が分離され、廃棄部において、2
種類の信号のうち片方が廃棄され、通信ノード装置40
との間での情報の送受が行なわれる。

【0030】そして、着側通信端末30においては、判
定手段32が、送受手段31を経由して通信ノード装置
40から発側通信端末50よりの着メッセージを受ける
とともに、その着メッセージに含まれている発側通信端
末50の属性を示す情報要素から発側通信端末50との
通信を行なえるかどうかを判定する。また、送受手段3
1の分離部において、上り及び下りの2種類の信号が分
離され、廃棄部において、2種類の信号のうち片方が廃
棄され通信ノード装置40との間での情報の送受が行な
われる。

【0031】判定手段32において、通信端末属性不一
致のため発側通信端末50との通信を行なえないと判定
されると、通信拒否送信手段33では、送受手段31を
経由して、通信ノード装置40に対し、通信端末属性不
一致による通信拒否を送信する。通信拒否認識手段42
では、通信端末の属性を示す情報要素を有する発側通信
端末50から着側通信端末30への着メッセージに対す
る着側通信端末30からの通信端末属性不一致による通
信拒否を送受手段41aを経由して認識する。

【0032】すると、選択手段43では、通信拒否認識
手段42で着側通信端末30が通信端末属性不一致によ
る通信拒否を行なったことを認識して、着側通信端末3
0が受信可能なメディアを選択する。選択手段43で着
側通信端末30が受信可能なメディアが選択されると、
着メッセージ修正手段44では、この選択結果に基づい
て、発側通信端末50からの着メッセージを修正する。

【0033】そして、再送手段45では、着メッセージ
修正手段44での修正着メッセージを送受手段41aを
経由して着側通信端末30へ再送する。また、再送手段
45によって修正着メッセージを再送することにより、
通信が確立すると、着側通信端末用通知手段46から着
側通信端末30に対して、上り及び下りの2種類の信号
を分離する分離部と、それら2種類の信号のうち片方を
廃棄する廃棄部とを設けてなるメディア変換手段60を
使用して、着側通信端末30に発側通信端末50からの
着呼があったことを通知する。

【0034】この通知を受けた着側通信端末30におけ
る通知手段34では、その旨を通知する。さらに、発側
通信端末用通知手段47により、送受手段41bを経由
して発側通信端末50に対しメディア変換を行なって通
信が確立したことを通知する。この通知を受けた発側通
信端末50における通知手段53では、その旨を通知す
る(請求項1,10〜12)。

【0035】これにより、異なる複数の通信端末に着呼
があった場合に着側通信端末30には着呼があったこと
を通知する一方で、発側通信端末50には通信が確立し
たことを通知するように構成され、通信ノード装置40
が、発側通信端末50から着側通信端末30への着メッ
セージに対する着側通信端末30からの通信端末属性不
一致による通信拒否を認識すると、通信ノード装置40
は、着側通信端末30が受信可能なメディアを選択し、
発側通信端末50からの着メッセージを修正して、この
修正着メッセージを着側通信端末30へ再送し、その
後、通信が確立すると、メディア変換手段60を使用し
て、発信者側による操作をすることなく、着側通信端末
30に発側通信端末50からの着呼があったことを通知
するとともに、発側通信端末50に対しては、メディア
変換を行なって通信が確立したことを通知する。

【0036】なお、メディア変換手段60は、所望の属
性に信号変換させるための制御信号を受けて所望の属性
に信号変換するメディア変換回路と、その制御信号に基
づいて所定のメディア変換回路に切り替えるスイッチと
をそなえ、このメディア変換回路が、発信者側による操
作を不要とすべく、上り及び下りの2種類の信号を分離
する分離部と、それら2種類の信号のうち片方を廃棄す
る廃棄部とをそなえ、異なる複数の通信端末に着呼があ
った場合に着側通信端末30には着呼があったことを通
知する一方で、発側通信端末50には通信が確立したこ
とを通知するように構成され、電話端末,データ端末,
ファクシミリ端末,テレビ電話端末間の情報変換を可能
にしている(請求項4〜9)。

【0037】

【実施例】以下、図面を参照して本発明の実施例を説明
する。図2は本発明の一実施例を示すブロック図である
が、本実施例では、ISDN通信網を用いることによっ
て、所謂パーソナル通信(UPT)を適用したものであ
る。

【0038】この図2において、1A〜1Eは通信端末
であり、この通信端末1A〜1Eは、通信ノード装置と
しての各交換機2A〜2Cにそれぞれ収容され、さら
に、これらの通信端末1A〜1Eには、IDカードによ
り、現在当該通信端末に居るユーザのID情報を登録す
るためのカードリーダ1AA〜1EAが接続されてい
る。

【0039】この通信端末1A〜1Eにおいて、例えば
1Aは交換機2Aに収容された電話端末であって、ユー
ザ106が普段使用しているものである。従って、この
電話端末1Aの電話番号はユーザ106の所有する番号
である。1Bは交換機2Bに収容されたデータ端末であ
り、1Cは交換機2Cに収容されたFAX端末であり、
1Dは交換機2Cに収容されたテレビ電話端末であり、
1Eは交換機2Cに収容された電話端末であって、ユー
ザ107が普段使用しているものである。従って、この
電話端末1Eの電話番号はユーザ107の所有する番号
である。

【0040】これらの電話端末1A,データ端末1B,
FAX端末1C及びテレビ電話端末1D,1Eは、異機
種の端末であるが、これらの端末1A〜1E間には広帯
域ISDN4が介装されて、異機種端末間の相互接続が
できるようになっている。また、広帯域ISDN4は、
交換機能により電話端末1A,データ端末1B,FAX
端末1C,テレビ電話端末1D,電話端末1E間の通信
を可能にする交換機2A〜2Cと、各交換機2A〜2C
を接続する網3と、交換機2Aと交換機2Cとの間を中
継する中継交換機2Dと、通信を一括管理する通信セン
タ2Eとから構成されている。

【0041】この図2に示すように、本実施例の交換機
2Cは、多重化分離装置5,ATM交換モジュール6,
広帯域呼演算処理装置(BCPR:Broadband Call Pro
cessor)18,広帯域主演算処理装置(BMPR:Broa
dband Main Processor)19及びメディア変換手段60
をそなえて構成されているものである。BCPR18
は、ATM交換モジュール6の動作を制御するものであ
って、BMPR19を介して運用維持演算処理装置(O
MP:Operation and Maintenance Processor )20が
接続されており、このOMP20により交換機2Cの運
用状態の監視や維持管理が行なわれるようになってい
る。

【0042】そして、この通信網は、扱うメディアの異
なる複数の電話端末,FAX端末,テレビ電話端末及び
データ端末(通信端末)と、これらの通信端末を各交換
機2A〜2C(通信ノード装置)を介して接続するとと
もに通信端末属性不一致のために通信が行なえない場合
に属性が一致するような信号変換を行なって通信を行な
うための信号を出力するメディア変換手段60とを有す
る。

【0043】また、メディア変換手段60は、通信端末
属性不一致のために通信が行なえない場合に、属性が一
致するような信号変換を行なって通信を行なうための信
号を出力するものである。この属性を一致させるための
信号変換は、電話端末,FAX端末,テレビ電話端末及
びデータ端末において、任意の端末間、すなわち電話端
末とFAX端末間,電話端末とテレビ電話端末間,電話
端末とデータ端末間,FAX端末とテレビ電話端末間,
FAX端末とデータ端末間及びテレビ電話端末とデータ
端末間において行なうことができる。

【0044】また、このメディア変換手段60は、図4
に示すような構成を有している。即ち、所望の属性に信
号変換させるための制御信号を受けて、所望の属性に信
号変換するメディア変換回路63a〜63fと、制御バ
ス61を介して入力する制御信号に基づいて、所定のメ
ディア変換回路に切り替えるスイッチ62とにより構成
されている。

【0045】ここで、図5は図4におけるメディア変換
手段60に格納された電話端末とFAX端末間のメディ
ア変換回路63aを示す図であるが、このメディア変換
回路63aは、発信者側による操作を不要とすべく、
り電話信号と下り電話信号とを分離する分離部63a
a,上りFAX信号と下りFAX信号とを分離する分離
部63ab,上り電話信号を廃棄する廃棄部63ac,
上りFAX信号を廃棄する廃棄部63ad,BMPR1
8からの制御信号に基づき電話端末の発呼によりFAX
端末と通信が確立したことやFAX端末からの着呼があ
ったことを電話端末に通知するための音声情報が格納さ
れている音声用メモリ63ae及びBMPR18からの
制御信号に基づきFAX端末の発呼により電話端末と通
信が確立したことや電話端末からの着呼があったことを
FAX端末に通知するためのFAX情報とが格納されて
いるFAX用メモリ63afをそなえて構成されてい
る。

【0046】これにより、電話端末とFAX端末との間
で着呼が有った場合に、着側通信端末には着呼があった
ことを通知する一方で、発側通信端末には通信が確立し
たことを通知することができるようになっている。ま
た、図6は図4におけるメディア変換手段60に格納さ
れた電話端末とテレビ電話端末間のメディア変換回路6
3bを示す図であるが、このメディア変換回路63b
は、テレビ電話端末からの上り動画情報を廃棄する廃棄
部63bcをそなえ、テレビ電話端末からの動画情報を
廃棄することにより、音声のみによる通信が行なえるよ
うになっている。

【0047】さらに、図7は図4におけるメディア変換
手段60に格納された電話端末とデータ端末間のメディ
ア変換回路63cを示す図であるが、このメディア変換
回路63cは、上り電話信号と下り電話信号とを分離す
る分離部63ca,上りキャラクタ信号と下りキャラク
タ信号とを分離する分離部63cb,上り電話信号を廃
棄する廃棄部63cc,上りキャラクタ信号を廃棄する
廃棄部63cd,BMPR18からの制御信号に基づき
電話端末の発呼によりデータ端末と通信が確立したこと
やデータ端末からの着呼があったことを電話端末に通知
するための音声情報が格納されている音声用メモリ63
ce及びBMPR18からの制御信号に基づきデータ端
末の発呼により電話端末と通信が確立したことや電話端
末からの着呼があったことをデータ端末に通知するため
のキャラクタ情報が格納されているキャラクタ用メモリ
63cfをそなえて構成されている。

【0048】これにより、電話端末とデータ端末との間
で着呼が有った場合には、着側通信端末には着呼があっ
たことを通知することができる一方で、発側通信端末に
は通信が確立したことを通知することができるようにな
っている。また、図8は図4におけるメディア変換手段
60に格納されたFAX端末とデータ端末間のメディア
変換回路63dを示す図であるが、このメディア変換回
路63dは、上りFAX信号と下りFAX信号とを分離
する分離部63da,上りキャラクタ信号と下りキャラ
クタ信号とを分離する分離部63db,上りFAX信号
についてデータ端末に送信するための信号に変換するた
めの画面作成回路63dc,画面作成回路63dcによ
って変換された信号をデータ端末に送信するためのドッ
ト情報送信回路63dd,データ端末からのキャラクタ
情報をFAX端末に送信するためのドット情報に変換す
るキャラクタ/ドット変換部63de及びキャラクタ/
ドット変換部63deにて変換されたドット情報をFA
X端末に送信するための画面情報送信回路63dfをそ
なえ、FAX端末とデータ端末間での通信が行なえるよ
うになっている。

【0049】さらに、図9は図4におけるメディア変換
手段60に格納されたFAX端末とテレビ電話端末間の
メディア変換回路63eを示す図であるが、このメディ
ア変換回路63eは、上りFAX信号と下りFAX信号
とを分離する分離部63ea,上り動画情報信号と下り
動画情報信号とを分離しつつ、上り音声信号と下り音声
信号とを分離する分離部63eb,上りFAX信号につ
いてテレビ電話端末に送信するための信号に変換するた
めの画面作成回路63ec,画面作成回路63ecによ
って変換された信号をテレビ電話端末の動画情報として
送信するための動画情報送信回路63ed,テレビ電話
端末からの上り動画情報信号を廃棄する廃棄部63e
e,テレビ電話端末からの上り音声信号を廃棄する廃棄
部63ef,BMPR18からの制御信号を受けてFA
X端末の発呼によりテレビ電話端末と通信が確立したこ
とやテレビ電話端末からの着呼があったことをFAX端
末に通知するためのFAX情報が格納されているFAX
用メモリ63eg及びBMPR18からの制御信号を受
けてテレビ電話端末の発呼によりFAX端末と通信が確
立したことやFAX端末からの着呼があったことをテレ
ビ電話端末に通知するための音声情報が格納されている
音声用メモリ63ehをそなえて構成されている。

【0050】これにより、FAX端末とテレビ電話端末
との間で着呼が有った場合には、着側通信端末には着呼
があったことを通知することができる一方で、発側通信
端末には通信が確立したことを通知することができるよ
うになっている。また、図10は図4におけるメディア
変換手段60に格納されたデータ端末とテレビ電話端末
間のメディア変換回路63fを示す図であるが、このメ
ディア変換回路63fは、上りキャラクタ信号と下りキ
ャラクタ信号とを分離する分離部63fa,上り動画情
報信号と下り動画情報信号とを分離しつつ、上り音声信
号と下り音声信号とを分離する分離部63fb,データ
端末からのキャラクタ情報をテレビ電話端末に送信する
ためのドット情報に変換するキャラクタ/ドット変換部
63fc,キャラクタ/ドット変換部63fcにて変換
されたドット情報をテレビ電話端末における動画情報と
して送信するための動画情報送信回路63fd,上り動
画情報信号を廃棄する廃棄部63fe,上り音声信号を
廃棄する廃棄部63ff,BMPR18からの制御信号
を受けてデータ端末の発呼によりテレビ電話端末と通信
が確立したことやテレビ電話端末からの着呼があったこ
とをデータ端末に通知するためのキャラクタ情報が格納
されているキャラクタ用メモリ63fg及びBMPR1
8からの制御信号を受けてテレビ電話端末の発呼により
データ端末と通信が確立したことやデータ端末からの着
呼があったことをテレビ電話端末に通知するための音声
情報が格納されている音声用メモリ63fhをそなえて
構成されている。

【0051】これにより、データ端末とテレビ電話端末
との間で着呼が有った場合には、着側通信端末には着呼
があったことを通知することができる一方で、発側通信
端末には通信が確立したことを通知することができるよ
うになっている。なお、図2に示すように、OMP20
には、データ保存用のデータベース21や磁気テープ装
置22と、マンマシンインターフェイスとしてのデータ
端末23とが付設されている。また、各交換機2A〜2
Cと通信端末1A〜1Eとの間は、広帯域網終端装置
(B−NT:Broadband Network Termination )24が
介装されている。

【0052】ところで、データ保存用のデータベース2
1には、ユーザの登録されたID毎に設定されたアドレ
スに、当該ユーザの現在居る端末の電話番号が格納され
ている。たとえば、ユーザ107が、普段使用している
電話端末1Eから離れ、FAX端末1Cに居る場合は、
ユーザ107は、自身の所有するIDカードとFAX端
末1Cに接続されたカードリーダ1CAとにより、現在
ユーザ107がFAX端末1Cに居ることが、データベ
ース21におけるユーザ107のIDに対応するアドレ
スに登録されるようになっている。

【0053】すなわち、このデータベース21には、ユ
ーザの現在いる場所を登録するための加入者情報データ
ベースとしての機能を有しているのである。ここで、ユ
ーザ107の所有するIDカードに記憶されているID
情報には、普段使用している通信端末である電話端末1
Eの番号情報等が含まれている。なお、交換機2A,2
Bについても、交換機2Cと同様の機能を有するもので
あり、従って、これらの交換機2A,2BについてもO
MP20と同様のものが接続されている。

【0054】ここで、ユーザ106が、通信端末1Aを
用いて、ユーザ107個人の番号をダイヤルすることに
より電話をかけた場合は、交換機2Cがデータベース2
1を検索することにより、ユーザ107の現在居る通信
端末番号(FAX端末1Cの番号)を得て、ユーザ10
6による通信端末1Aからの電話がFAX端末1Cに転
送されるようになっている。

【0055】図3は、上記のような電話端末1AがFA
X端末1Cに発呼を行なった場合の、電話端末1A,F
AX端末1C装置及び交換機2Cの機能を本発明の内容
に着目して示した機能ブロック図である。この図3に示
すように、通信ノード装置としての交換機2Cは、機能
的に送受手段41a,41bと通信拒否認識手段42と
選択手段43と着メッセージ修正手段44と再送手段4
5と着側端末用通知手段46と発側端末用通知手段47
とを有している。

【0056】次に、着側通信端末としてのFAX端末1
Cは、送受手段31と判定手段32と通信拒否送信手段
33と通知手段34とを機能的に有している。また、発
側通信端末としての電話端末1Aは、機能的には、送受
手段51,通信端末属性情報要素挿入手段52及び通知
手段53を有している。ところで、送受手段51は、
り及び下りの2種類の信号を分離する分離部と、それら
2種類の信号のうち片方を廃棄する廃棄部とを設けてな
るメディア変換手段60を有する交換機2A及び網3を
介し、交換機2Cとの間での情報の授受を行なうもので
あり、通信端末属性情報要素挿入手段52は、送受手段
51を経由して、交換機2Cへ向け、着メッセージを送
信する際に、着メッセージに通信端末の属性を示す情報
要素を挿入するものである。従って、電話端末1A(通
信端末)と交換機2C(通信ノード装置)との間での呼
の確立に関与するメッセージ内に、その電話端末1Aの
属性を示す情報要素を組み込むように構成されたことに
なる。

【0057】すなわち、発側通信端末としての電話端末
1Aは、着側通信端末としてのFAX端末1Cに対する
発呼信号に、図11(a)に示すようなメディア情報要
素識別子を含ませることができ、このメディア情報要素
識別子には、図11(b),(c)に示すようなビット
情報により構成される、発側メディア種別とメディア変
換許可表示が含まれている。

【0058】なお、通知手段53は、送受手段51を経
由して、交換機2Cからメディア変換を行なって通信が
確立した旨の通知を受けると、その旨の通知を行なうも
のである。次に、交換機2Cにおいて、送受手段41a
はFAX端末1Cとの間での情報の授受を行なうもので
あって、送受手段41bは電話端末1Aとの間での情報
の授受を行なうものである。この送受手段41a,41
bとしての機能は、図2における多重化分離装置5,A
TM交換モジュール6によって行なわている。

【0059】また、通信拒否認識手段42は、通信端末
の属性を示す情報要素(この場合においては、発側通信
端末が電話端末であることを示す情報要素)を有する電
話端末1AからFAX端末1Cへの着メッセージ(着S
ETUP信号)に対しての、FAX端末1Cから通信端
末属性不一致による通信拒否(REL−COM)を送受
手段41aを経由して認識するものである。

【0060】選択手段43は、通信拒否認識手段42で
FAX端末1Cが通信端末属性不一致による通信拒否を
行なったことを認識すると、FAX端末1Cが受信可能
なメディアを選択するものである。着メッセージ修正手
段44は、選択手段43でFAX端末1Cが受信可能な
メディアが選択されると、この選択結果に基づいて、電
話端末1Aからの着メッセージを修正するものである。

【0061】再送手段45は、着メッセージ修正手段4
4での修正着メッセージを送受手段41aを経由して強
制着SETUP信号としてFAX端末1Cへ再送するも
のである。着側通信端末用通知手段46は、再送手段4
5によって修正着メッセージを再送することにより、通
信が確立すると、上り及び下りの2種類の信号を分離す
分離部と、それら2種類の信号のうち片方を廃棄する
廃棄部とを設けてなるメディア変換手段60を使用し
て、FAX端末1Cに電話端末1Aからの着呼があった
ことを通知するものである。

【0062】発側通信端末用通知手段47は、送受手段
41bを経由して電話端末1Aに対しメディア変換を行
なって通信が確立したことを通知するものである。従っ
て、交換機2C(通信ノード装置)が、電話端末1A
(発側通信端末)からFAX端末1C(着側通信端末)
への着メッセージに対するFAX端末1Cからの通信端
末属性不一致による通信拒否を認識すると、この交換機
2Cは、FAX端末1Cが受信可能なメディアを選択
し、電話端末1Aからの着メッセージを修正して、この
修正着メッセージをFAX端末1Cへ再送し、その後、
通信が確立すると、メディア変換手段60を使用して、
発信者側による操作をすることなく、FAX端末1Cに
電話端末1Aからの着呼があったことを通知するととも
に、電話端末1Aに対しては、メディア変換を行なって
通信が確立したことを通知するように構成されたことに
なる。

【0063】ここで、上記したような通信拒否認識手段
42から発側端末用通知手段47に至る種々の機能は、
ATM交換モジュール6とBCPR18とが協働するこ
とにより有している。また、FAX端末1Cにおいて、
送受手段31は、上り及び下りの2種類の信号を分離す
る分離部と、それら2種類の信号のうち片方を廃棄する
廃棄部とを設けてなるメディア変換手段60を有する
換機2Cとの間での情報の授受を行なうものである。

【0064】判定手段32は、送受手段31を経由し
て、交換機2Cから電話端末1Aよりの着メッセージを
受けると、着メッセージに含まれている発側通信端末の
属性を示す情報要素(この場合は電話端末であることを
示す情報要素)から電話端末1Aとの通信を行なえるか
どうかを判定するものである。すなわち、発側通信端末
を属性と着側通信端末(自身)の属性とを比較して、属
性が一致していれば、通信可と判定し、一致していなけ
れば通信不可と判定するようになっているのである。

【0065】通信拒否送信手段33は、判定手段32
で、通信端末属性不一致のため電話端末1Aとの通信を
行なえないと判定されると、送受手段31を経由して、
交換機2Cに対し、通信端末属性不一致による通信拒否
を送信するものである。通知手段34は、通信拒否送信
手段33による通信拒否の送信後に、交換機2CからF
AX端末1Cに電話端末1Aからの着呼があったことが
通知されると、その旨を通知するものである。

【0066】上述の構成により、例えば、ユーザ107
が、普段使用している電話端末1Eから離れ、FAX端
末1Cに居る場合は、ユーザ107は、自身の所有する
IDカードとFAX端末1Cに接続されたカードリーダ
1CAとにより、現在ユーザ107がFAX端末1Cに
居ることが、データベース21におけるユーザ107の
IDに対応するアドレスに登録される。

【0067】従って、ユーザ106が、通信端末1Aを
用いて、ユーザ107個人の番号をダイヤルすることに
より電話をかけた場合は、交換機2Cがデータベース2
1を検索することにより、ユーザ107の現在居る通信
端末番号(FAX端末1Cの番号)を得て、ユーザ10
6による通信端末1Aからの電話がFAX端末1Cに転
送される。

【0068】このような転送動作を通じて、電話端末1
AがFAX端末1Cに発呼を行なった場合について説明
すると、本実施例においては、図12に示すフローチャ
ート及び図13に示すタイムチャートに従って動作す
る。すなわち、図12におけるフローチャートにおい
て、ステップA1で、電話端末が空き状態の時に発側通
信端末としての電話端末1AからFAX端末1Cに対し
て発呼があると、ステップA2で、交換機2Cがこれを
着信する。

【0069】すなわち、電話端末1Aからの、メディア
情報要素識別子を含む発呼信号を交換機2Aが受けると
(図13のタイムチャートにおける(a)参照)、網3
を通じて交換機2Cに着信させる(図13のタイムチャ
ートにおける(b)参照)。そして、ステップA3で、
着側通信端末としてのFAX端末1Cが塞がっている場
合は、ステップA4で、電話端末1Aの解放処理が行な
われる。しかし、空いている場合は、ステップA5で、
FAX端末1Cに対して、電話端末1Aからの着SET
UP信号が出力される(図13のタイムチャートにおけ
る(c)参照)。

【0070】そして、この着SETUP信号に含まれる
メディア情報要素識別子に基づいて、着側通信端末から
は着信可能であることを示す応答信号(CONN)か、
又は着信不可であることを示す着信拒否(REL−CO
M)を交換機2Cに対して出力する(図13のタイムチ
ャートにおける(d)参照)。すなわち、端末の属性が
一致している場合は、ステップA6を経てステップA1
4で、応答信号を出力するが、端末の属性が不一致の場
合は、ステップA6を経てステップA7で、着信拒否信
号を出力するのである。

【0071】ステップA7で、着信拒否を交換機2Cが
受けると、ステップA8では、交換機2Cが強制着SE
TUP信号を出力できるかどうかを判断する。すなわ
ち、着側の交換機が、図3において示した交換機2Cの
有する各手段をそなえておらず、強制着SETUP信号
を出力できない場合は、ステップA9で、電話端末1A
に対して着信拒否を出力し、ステップA10で解放処理
を行なうことにより、電話端末1Aは空き状態となる
(ステップA1)。

【0072】しかし、図3において示した交換機2Cの
ように、強制着SETUP信号を出力できるものである
場合は、ステップA11で、REL−COMに含まれる
着側端末の属性情報に基づいて、選択手段43により、
着側通信端末が受信可能なメディア(FAX端末)を選
択する。そして、ステップA12で、着メッセージ修正
手段44により、電話端末1Aからの着SETUP信号
を、FAX端末1Cが受信できるように修正する。

【0073】その後、ステップA13で、この修正され
た着SETUP信号は、再送手段45により、強制SE
TUP信号としてFAX端末1Cに出力される(図13
のタイムチャートにおける(e)参照)。ステップA6
で、この強制SETUP信号によりFAX端末1Cでは
再び着呼信号を受けるが、この着呼信号によれば通信が
可能であるため、ステップA14で、FAX端末1Cか
ら着信可能であることを示す応答信号が出力される(図
13のタイムチャートにおける(f)参照)。

【0074】その後、ステップA17からステップA1
9にわたり、電話端末1Aに対して応答信号が出力され
る(図13のタイムチャートにおける(g),(h)参
照)。また、メディア変換手段60による所定のメディ
ア変換(この場合では電話からFAXへのメディア変
換)が行なわれることにより、FAX端末1Cには、電
話端末1Aからの着呼があったことを通知しつつ、電話
端末1Aへは通信が確立したことを通知する(図13の
タイムチャートにおける(i),(j)参照)。

【0075】なお、ステップA14で、着側通信端末か
ら交換機が受けた応答信号を受けると、ステップA14
−2で、この応答信号が同種の通信端末間のものである
と判定された場合は、ステップA15で、発側通信端末
に応答通知し、ステップA16で通信することができ
る。このように、本実施例によれば、広帯域ISDNを
用いたUPT通信において、異機種端末間の通信では、
発側通信端末から着SETUP信号が出力されると、着
側通信端末では着側交換機に通信拒否信号を出力する
が、メディア変換処理を行なって強制的に着呼すること
ができ、発側ユーザの便宜に資することができる利点が
ある。

【0076】さらに、発側通信端末には通信が確立した
旨の通知を行ないつつ、着側通信端末には着呼が有った
旨の通知を行なうことができ、発側ユーザ又は着側ユー
ザは、通信に関する情報を的確に把握することができる
利点がある。また、特定の通信端末間同士でのメディア
変換の登録を行なう必要がなく、通信端末間で汎用的に
メディア変換を行なうことができ、且つ、メディア変換
処理にあたっての発信者の操作が必要とせず、使用者の
便宜に資することができる利点がある。

【0077】なお、本実施例においては、発側通信端末
として電話端末を、着側通信端末としてFAX端末を用
いたが、本発明によれば、発側通信端末又は着側通信端
末として、電話端末,FAX端末,テレビ電話端末及び
データ端末間で、任意に適用できることはいうまでもな
い。さらに、本実施例における交換機2Cの有する機能
は、通信を一括管理する通信センタが有してもよい。

【0078】また、本実施例においては、ISDNを用
いたUPT通信に本発明を適用したが、ISDNを用い
ることによる一般的な通信方式に本発明を適用してもよ
い。

【0079】

【発明の効果】以上詳述したように、本発明によれば、
次のような利点がある。 (1)着側通信端末から通信拒否信号を受けても、メデ
ィア変換処理を行なって強制的に着呼することができ、
発側ユーザの便宜に資することができる。 (2)発側ユーザ又は着側ユーザは、通信に関する情報
を的確に把握することができる。

【0080】 (3)特定の通信端末間同士での登録を行なう必要のな
いメディア変換を行なうことにより、異種端末間での汎
用的な通信が実現できる。 (4)メディア変換処理にあたっての発信者の操作を必
要とせず、使用者の便宜に資することができる。(5)メディア変換により片側を終端することにより装
置を簡素にでき、装置を安価に製造できる。

【0081】(6)さらに、発呼信号にメディア変換許可表示を設け
ることにより、異種端末を理由に着信拒否した着端末に
対して、強制着SETUP信号を送信し、異種端末間で
の通信が可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の原理ブロック図である。

【図2】本発明の一実施例を示すブロック図である。

【図3】本発明の一実施例の要部を示す機能ブロック図
である。

【図4】本発明の一実施例におけるメディア変換部を示
すブロック図である。

【図5】本発明の一実施例における電話端末とFAX端
末とのメディア変換回路を示す図である。

【図6】本発明の一実施例における電話端末とテレビ電
話端末とのメディア変換回路を示す図である。

【図7】本発明の一実施例における電話端末とデータ端
末とのメディア変換回路を示す図である。

【図8】本発明の一実施例におけるFAX端末とデータ
端末とのメディア変換回路を示す図である。

【図9】本発明の一実施例におけるFAX端末とテレビ
電話端末とのメディア変換回路を示す図である。

【図10】本発明の一実施例におけるデータ端末とテレ
ビ電話端末とのメディア変換回路を示す図である。

【図11】本発明の一実施例を説明するための図であ
る。

【図12】本発明の一実施例の動作を説明するためのフ
ローチャートである。

【図13】本発明の一実施例の動作を説明するためのタ
イムチャートである。

【図14】一般的なUPTサービス方式を説明するため
の図である。

【符号の説明】

1,1A,1B,1C テレビ電話端末 2 交換機 3 網 4 広帯域ISDN 5 多重化分離装置(送信手段) 6 ATM交換モジュール(送信手段,切替手段) 18 広帯域呼演算処理装置(BCPR) 19 広帯域主演算処理装置(BMPR) 20 運用維持演算処理装置(OMP) 21 データベース 22 磁気テープ装置 23 データ端末 24 広帯域網終端装置(B−NT) 30 着信側通信端末 31,41a,41b,51 送受手段 32 判定手段 33 通信拒否送信手段 34 通知手段 40 ノード装置 42 通信拒否認識手段 43 選択手段 44 着メッセージ修正手段 45 再送手段 46 着側端末用通知手段 47 発側端末用通知手段 50 発信側通信端末 51 送受手段 52 通信端末属性情報要素挿入手段 53 通知手段 60 メディア変換手段 61 制御バス 62 スイッチ 63a〜63f メディア変換回路 63aa,63ab,63ca,63cb 分離部 63ac,63ad,63bc,63cc,63cd
廃棄部 63ae,63af,63ce,63cf, メモリ 63da,63db,63ea,63eb,63fa,
63fb 分離部 63dc,63ec 画面作成回路 63dd ドット情報送信回路 63de,63fc キャラクタ/ドット変換部 63df 画面情報送信回路 63ed,63fd 動画情報送信回路 63ee,63ef,63fe,63ff 廃棄部 63eg,63eh,63fg,63fh メモリ 101a〜101c 通信端末 102a〜102c 交換機 103 加入者情報データベース 104 通信センタ 105 データベース 106,107 ユーザ

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭61−171257(JP,A) 特開 平4−302561(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) H04M 3/00 H04M 3/16 - 3/20 H04M 3/38 - 3/40 H04M 7/00 - 7/16 H04M 11/00 - 11/10

Claims (12)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 扱うメディアの異なる複数の通信端
    、これらの通信端末を通信ノード装置を介して接続す
    るとともに通信端末属性不一致のために通信が行なえな
    い場合に属性が一致するような信号変換を行なって通信
    を行なうための信号を出力するメディア変換手段とを
    する通信網において、 該通信端末と該通信ノード装置との間での呼の確立に関
    与するメッセージ内に、該通信端末の属性を示す情報要
    素を組み込むように構成されるとともに、該メディア変換手段が、所望の属性に信号変換させるた
    めの制御信号を受けて該所望の属性に信号変換するメデ
    ィア変換回路と、該制御信号に基づいて所定のメディア
    変換回路に切り替えるスイッチとをそなえ、 該メディア変換回路が、発信者側による操作を不要とす
    べく、上り及び下りの2種類の信号を分離する分離部
    と、該2種類の信号のうち片方を廃棄する廃棄部とをそ
    なえ、該異なる複数の通信端末に着呼があった場合に着
    側通信端末には着呼があったことを通知する一方で、発
    側通信端末には通信が確立したことを通知するように構
    成され、 該通信ノード装置が 発側通信端末か着側通信端末への着メッセージに
    対する該着側通信端末からの通信端末属性不一致による
    通信拒否を認識すると、該通信ノード装置は、該着側通
    信端末が受信可能なメディアを選択し、該発側通信端
    らの着メッセージを修正して、この修正着メッセージ
    を該着側通信端末へ再送し、その後、通信が確立する
    と、該メディア変換手段を使用して、発信者側による操
    作をすることなく、該着側通信端末に該発側通信端末か
    らの着呼があったことを通知するとともに、 該発側通信端末に対しては、メディア変換を行なって通
    信が確立したことを通知するように構成されたことを特
    徴とする、異機種通信端末間相互接続サービス方式。
  2. 【請求項2】 該メディア変換手段が、該通信ノード装
    置に設置されていることを特徴とする請求項1記載の異
    機種通信端末間相互接続サービス方式。
  3. 【請求項3】 該メディア変換手段が、該通信ノード装
    置とは別の通信センターに設置されていることを特徴と
    する請求項1記載の異機種通信端末間相互接続サービス
    方式。
  4. 【請求項4】 通信端末として、電話端末とファクシミ
    リ端末とをそなえるとともに、 該メディア変換手段が、該電話端末と該ファクシミリ端
    末との間の情報変換を可能にする手段を有していること
    を特徴とする請求項1記載の異機種通信端末間相互接続
    サービス方式。
  5. 【請求項5】 通信端末として、電話端末とデータ端末
    とをそなえるとともに、 該メディア変換手段が、該電話端末と該データ端末との
    間の情報変換を可能にする手段を有していることを特徴
    とする請求項1記載の異機種通信端末間相互接続サービ
    ス方式。
  6. 【請求項6】 通信端末として、電話端末とテレビ電話
    端末とをそなえるとともに、 該メディア変換手段が、該電話端末と該テレビ電話端末
    との間の情報変換を可能にする手段を有していることを
    特徴とする請求項1記載の異機種通信端末間相互接続サ
    ービス方式。
  7. 【請求項7】 通信端末として、ファクシミリ端末とデ
    ータ端末とをそなえるとともに、 該メディア変換手段が、該ファクシミリ端末と該データ
    端末との間の情報変換を可能にする手段を有しているこ
    とを特徴とする請求項1記載の異機種通信端末間相互接
    続サービス方式。
  8. 【請求項8】 通信端末として、ファクシミリ端末とテ
    レビ電話端末とをそなえるとともに、 該メディア変換手段が、該ファクシミリ端末と該テレビ
    電話端末との間の情報変換を可能にする手段を有してい
    ることを特徴とする請求項1記載の異機種通信端末間相
    互接続サービス方式。
  9. 【請求項9】 通信端末として、データ端末とテレビ電
    話端末とをそなえるとともに、 該メディア変換手段が、該データ端末と該テレビ電話端
    末との間の情報変換を可能にする手段を有していること
    を特徴とする請求項1記載の異機種通信端末間相互接続
    サービス方式。
  10. 【請求項10】 通信端末との間での情報の授受を行な
    う送受手段と、 通信端末の属性を示す情報要素を有する発側通信端末か
    ら着側通信端末への着メッセージに対する着側通信端
    らの通信端末属性不一致による通信拒否を該送受手
    経由して認識する通信拒否認識手段と、 該通信拒否認識手段で、該着側通信端末が通信端末属性
    不一致による通信拒否を行なったことを認識すると、該
    着側通信端末が受信可能なメディアを選択する選択手
    、 該選択手段で該着側通信端末が受信可能なメディアが選
    択されると、この選択結果に基づいて、該発側通信端
    らの着メッセージを修正する着メッセージ修正手
    、 該着メッセージ修正手段での修正着メッセージを該送受
    段を経由して該着側通信端末へ再送する再送手段と、 該再送手段によって修正着メッセージを再送することに
    より、通信が確立すると、上り及び下りの2種類の信号
    を分離する分離部と、該2種類の信号のうち片方を廃棄
    する廃棄部とを設けてなるメディア変換手段を使用し
    て、該着側通信端末に該発側通信端末からの着呼があっ
    たことを通知する着側通信端末用通知手段と、 該送受手段を経由して該発側通信端末に対しメディア変
    換を行なって通信が確立したことを通知する発側通信端
    末用通知手段とをそなえて構成されたことを特徴とす
    る、異機種通信端末間相互接続サービス方式に使用され
    る通信ノード装置。
  11. 【請求項11】 上り及び下りの2種類の信号を分離す
    る分離部と、該2種類の信号のうち片方を廃棄する廃棄
    部とを設けてなるメディア変換手段を有する通信ノード
    置との間での情報の授受を行なう送受手段と、 該送受手段を経由して、該通信ノード装置から発側通信
    末よりの着メッセージを受けると、該着メッセージに
    含まれている該発側通信端末の属性を示す情報要素から
    該発側通信端末との通信を行なえるかどうかを判定する
    判定手段と、 該判定手段で、通信端末属性不一致のため該発側通信端
    末との通信を行なえないと判定されると、該送受手段を
    経由して、該通信ノード装置に対し、通信端末属性不一
    致による通信拒否を送信する通信拒否送信手段と、 該通信拒否送信手段による通信拒否の送信後に、該通信
    ノード装置から該着側通信端末に該発側通信端末からの
    着呼があったことが通知されると、その旨を通知する通
    知手段とをそなえて構成されたことを特徴とする、異機
    種通信端末間相互接続サービス方式に使用される通信端
    末。
  12. 【請求項12】 上り及び下りの2種類の信号を分離す
    る分離部と、該2種類の信号のうち片方を廃棄する廃棄
    部とを設けてなるメディア変換手段を有する通信ノード
    置との間での情報の授受を行なう送受手段と、 該送受手段を経由して、該通信ノード装置へ向け、着メ
    ッセージを送信する際に、該着メッセージに通信端末の
    属性を示す情報要素を挿入する通信端末属性情報要素挿
    入手段と、 該送受手段を経由して、該通信ノード装置からメディア
    変換を行なって通信が確立した旨の通知を受けると、そ
    の旨の通知を行なう通知手段とをそなえて構成されたこ
    とを特徴とする、異機種通信端末間相互接続サービス方
    式に使用される通信端末。
JP08854393A 1993-04-15 1993-04-15 異機種通信端末間相互接続サービス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サービス方式に使用される通信ノード装置及び通信端末 Expired - Fee Related JP3241481B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08854393A JP3241481B2 (ja) 1993-04-15 1993-04-15 異機種通信端末間相互接続サービス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サービス方式に使用される通信ノード装置及び通信端末

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP08854393A JP3241481B2 (ja) 1993-04-15 1993-04-15 異機種通信端末間相互接続サービス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サービス方式に使用される通信ノード装置及び通信端末
US08/187,294 US5459775A (en) 1993-04-15 1994-01-25 Service system for interconnecting heterogeneous communication terminals, and communication node device and communication terminal used in the same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06303315A JPH06303315A (ja) 1994-10-28
JP3241481B2 true JP3241481B2 (ja) 2001-12-25

Family

ID=13945770

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP08854393A Expired - Fee Related JP3241481B2 (ja) 1993-04-15 1993-04-15 異機種通信端末間相互接続サービス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サービス方式に使用される通信ノード装置及び通信端末

Country Status (2)

Country Link
US (1) US5459775A (ja)
JP (1) JP3241481B2 (ja)

Families Citing this family (32)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6421429B1 (en) * 1993-12-29 2002-07-16 At&T Corporation Network-based system enabling image communications
DE69534262T2 (de) * 1995-01-05 2006-05-04 Ntt Mobile Communications Network Inc. Kommunikationsvermittungssystem und -verfahren
JPH08265372A (ja) * 1995-03-20 1996-10-11 Nec Corp テレビ会議システムおよびテレビ会議システム用ルータ装置
US5710908A (en) * 1995-06-27 1998-01-20 Canon Kabushiki Kaisha Adaptive network protocol independent interface
US5781614A (en) * 1996-01-19 1998-07-14 Lucent Technologies Inc. Message retrieval via alternative access
GB9603582D0 (en) 1996-02-20 1996-04-17 Hewlett Packard Co Method of accessing service resource items that are for use in a telecommunications system
US6154445A (en) 1996-04-18 2000-11-28 Bell Atlantic Network Services, Inc. Telephony communication via varied redundant networks
US6034970A (en) * 1996-05-31 2000-03-07 Adaptive Micro Systems, Inc. Intelligent messaging system and method for providing and updating a message using a communication device, such as a large character display
US5872926A (en) * 1996-05-31 1999-02-16 Adaptive Micro Systems, Inc. Integrated message system
US6069890A (en) 1996-06-26 2000-05-30 Bell Atlantic Network Services, Inc. Internet telephone service
US6473404B1 (en) 1998-11-24 2002-10-29 Connect One, Inc. Multi-protocol telecommunications routing optimization
US6016307A (en) 1996-10-31 2000-01-18 Connect One, Inc. Multi-protocol telecommunications routing optimization
US6754181B1 (en) 1996-11-18 2004-06-22 Mci Communications Corporation System and method for a directory service supporting a hybrid communication system architecture
US6690654B2 (en) 1996-11-18 2004-02-10 Mci Communications Corporation Method and system for multi-media collaboration between remote parties
US6335927B1 (en) 1996-11-18 2002-01-01 Mci Communications Corporation System and method for providing requested quality of service in a hybrid network
US7145898B1 (en) 1996-11-18 2006-12-05 Mci Communications Corporation System, method and article of manufacture for selecting a gateway of a hybrid communication system architecture
US6078582A (en) 1996-12-18 2000-06-20 Bell Atlantic Network Services, Inc. Internet long distance telephone service
US6731625B1 (en) 1997-02-10 2004-05-04 Mci Communications Corporation System, method and article of manufacture for a call back architecture in a hybrid network with support for internet telephony
DE69733245T2 (de) * 1997-02-21 2006-01-26 Alcatel Fernmeldesystemdienst und eine Dienstvorrichtung zur Realisation eines solchen Dienstes
US6574216B1 (en) 1997-03-11 2003-06-03 Verizon Services Corp. Packet data network voice call quality monitoring
US6292479B1 (en) 1997-03-19 2001-09-18 Bell Atlantic Network Services, Inc. Transport of caller identification information through diverse communication networks
US6870827B1 (en) 1997-03-19 2005-03-22 Verizon Services Corp. Voice call alternative routing through PSTN and internet networks
US6137869A (en) 1997-09-16 2000-10-24 Bell Atlantic Network Services, Inc. Network session management
GB2333417B (en) * 1998-01-19 2003-03-19 Ericsson Telefon Ab L M Telecommunications networks
GB2356521A (en) * 1999-07-20 2001-05-23 Yat Sing Philip Poon Multimedia network has protocol conversion
US6988141B1 (en) 2000-05-17 2006-01-17 Ricoh Company, Ltd. Method and system of remote diagnostic, control and information collection using a dynamic linked library of multiple formats and multiple protocols with restriction on protocol
WO2002023306A2 (en) * 2000-09-18 2002-03-21 Lead Ip Systems Ltd. Communication end unit
JP4503606B2 (ja) * 2004-07-06 2010-07-14 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ メッセージ送信システム及びメッセージ送信方法
CN101057514B (zh) * 2004-11-15 2011-06-08 艾利森电话股份有限公司 用于实现多媒体通信会话的方法和设备
DE102005042977A1 (de) * 2005-09-09 2007-04-12 Deutsche Telekom Ag Verfahren und System zur multimedialen Unterstützung von Sprachanrufen
US9762623B1 (en) * 2005-12-22 2017-09-12 Apple Inc. Automatic call initiation in response to selecting tags in electronic documents and applications
US8238538B2 (en) 2009-05-28 2012-08-07 Comcast Cable Communications, Llc Stateful home phone service

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4837798A (en) * 1986-06-02 1989-06-06 American Telephone And Telegraph Company Communication system having unified messaging
JP2821139B2 (ja) * 1988-05-27 1998-11-05 株式会社日立製作所 マルチメディアデータ識別接続方法
JPH022264A (en) * 1988-06-14 1990-01-08 Canon Inc Message communication system
WO1989012938A1 (en) * 1988-06-14 1989-12-28 Fujitsu Limited Response control system
JP2721003B2 (ja) * 1989-02-23 1998-03-04 富士通株式会社 マルチメディア通信方法

Also Published As

Publication number Publication date
US5459775A (en) 1995-10-17
JPH06303315A (ja) 1994-10-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5455855A (en) System for connecting public network subscriber and private network subscriber
KR100227159B1 (ko) 전기통신시스템에서 호출을 자동으로 라우팅시키는 방법 및 장치
JP2991960B2 (ja) 個人電話番号を有する加入者への呼接続システム
US6985494B2 (en) System for interconnecting standard telephony communications equipment to internet protocol networks
US6831974B1 (en) System and method for providing a caller identification to a called party for calls relayed through a call center
US5023868A (en) Automated call handling apparatus
US5309512A (en) Call waiting deluxe feature
EP0400017B1 (en) Data transmission system
CN1072421C (zh) 电信随我转移业务
CN1227945C (zh) 在不同的网络中建立语音连接的方法和系统
DE69636988T2 (de) Verfahren und gerät zum implementieren eines rechnernetzwerk-/internet-fernsprechsystems
CN1036756C (zh) 主叫用户根据拨号后缀控制电话呼叫路由的方法
JP3247540B2 (ja) パケット化通信装置および切替え装置
US5894595A (en) Personal mobile communication system
US6463053B1 (en) Voice-and-fax-over IP dialing plan
US5157390A (en) Method for providing network service in a communication system
US5119415A (en) Method of displaying called party information on calling party terminal and communication network using the method
CA2008422C (en) Special service call routing
AU706800B2 (en) Call back service for a regulatory restrictive area
US7443972B1 (en) Method and apparatus for in-progress call forwarding
US5289536A (en) Least cost routing method according to information transfer capability of customer premises equipment
CN1074883C (zh) 有助于接通被叫用户付费电话的方法和装置
CA2220898C (en) Systems and methods for providing communications through an alternate communication network
EP0689333A2 (en) Personal mobile communication system
EP0608612A2 (en) Telephone call processing arrangement based on party services

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20010925

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071019

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081019

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081019

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091019

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091019

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101019

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101019

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111019

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees