JP3228232U - 絵具箱 - Google Patents

絵具箱 Download PDF

Info

Publication number
JP3228232U
JP3228232U JP2020001850U JP2020001850U JP3228232U JP 3228232 U JP3228232 U JP 3228232U JP 2020001850 U JP2020001850 U JP 2020001850U JP 2020001850 U JP2020001850 U JP 2020001850U JP 3228232 U JP3228232 U JP 3228232U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paint
box body
lid
paint tray
state
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2020001850U
Other languages
English (en)
Inventor
張鴻仁
Original Assignee
雄獅鉛筆廠股▲ふん▼有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to TW108211703 priority Critical
Priority to TW108211703U priority patent/TWM588630U/zh
Application filed by 雄獅鉛筆廠股▲ふん▼有限公司 filed Critical 雄獅鉛筆廠股▲ふん▼有限公司
Application granted granted Critical
Publication of JP3228232U publication Critical patent/JP3228232U/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B44DECORATIVE ARTS
    • B44DPAINTING OR ARTISTIC DRAWING, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; PRESERVING PAINTINGS; SURFACE TREATMENT TO OBTAIN SPECIAL ARTISTIC SURFACE EFFECTS OR FINISHES
    • B44D3/00Accessories or implements for use in connection with painting or artistic drawing, not otherwise provided for; Methods or devices for colour determination, selection, or synthesis, e.g. use of colour tables
    • B44D3/04Paint boxes

Abstract

【課題】絵画の表現及びユーザの作品制作体験を満足させる絵具箱を提供する。【解決手段】絵具箱10は、箱本体100と蓋体200と絵具トレイ300とを含む。箱本体は、底部120と囲壁140とを含み、底部と囲壁とが収容空間150を定め、少なくとも一つの絵具を収容する。蓋体は、箱本体に分離/合体可能に設けられ、箱本体に対し閉鎖状態と開放状態と分離状態とを有する。絵具トレイは、箱本体に分離可能に設けられ、箱本体に対し収納状態と離脱状態とを有し、少なくとも一つの絵具を載せる。絵具トレイが収納状態にあると共に、蓋体が閉鎖状態にある場合には、絵具トレイが箱本体と蓋体との間に設けられる。絵具トレイが収納状態にある場合には、蓋体が箱本体に対し開放又は分離して絵具トレイの少なくとも一つの絵具を露出する。絵具トレイが離脱状態にある場合には、蓋体が箱本体に対し開放又は分離して箱本体における少なくとも一つの絵具を露出する。【選択図】図2

Description

本考案は、収納箱に関し、特に絵具及び絵画の道具の収納箱に関する。
水彩画には、絵画の創作を完成させるため、一般に画用紙以外に、絵具、画筆及び適切な調色空間が必要である。固定の作品制作場所は、ユーザにとって前述した絵具及び絵画の道具を置くことに便利である。しかし、多くの場合、ユーザには絵画の道具を持ち運ぶ、及び異なる場所で作品制作をするニーズがある。また、絵具及び絵画の道具の収納にもデザイン及び創意工夫がまれにある。絵画の表現及びユーザの作品制作体験を満足させるため、本考案は絵具箱を提案する。
本考案は、限られた空間を利用して複数種類の色の絵具を収納する、持ち運び及び作品制作に便利な絵具箱を提供する。
本考案は、絵画の道具としても使用できる、絵画の道具が収納できる、様々な機能を有する、持ち運びに便利な絵具箱を提供する。
上記の1つ、一部又は全部の目的又はその他の目的を達成するため、本考案が提供する絵具箱は、箱本体と蓋体と絵具トレイとを含む。箱本体は、底部と囲壁とを含み、底部と囲壁とが収容空間を定め、少なくとも一つの絵具を収容する。蓋体は、箱本体に分離/合体可能に設けられ、箱本体に対し閉鎖状態と開放状態と分離状態とを有する。絵具トレイは、箱本体に分離可能に設けられ、箱本体に対し収納状態と離脱状態とを有し、少なくとも一つの絵具を載せる。絵具トレイが収納状態にあると共に、蓋体が閉鎖状態にある場合には、絵具トレイが箱本体と蓋体との間に設けられる。絵具トレイが収納状態にある場合には、蓋体が箱本体に対し開放又は分離して絵具トレイの少なくとも一つの絵具を露出する。絵具トレイが離脱状態にある場合には、蓋体が箱本体に対し開放又は分離して箱本体における少なくとも一つの絵具を露出する。
本考案では、絵具トレイは、箱本体に分離可能に設けられ、且つ箱本体に対し収納状態と離脱状態とを有するため、絵具箱の体積を減らすことができ、更に箱本体と共に限られた空間内に複数種類の色の絵具を収納することができる。本考案では、蓋体は、箱本体に分離/合体可能に設けられ、且つ箱本体に対し分離状態を有するため、単独に絵画の道具として使用できる。従って、本考案の絵具箱は、絵具収納以外の機能を有する。
本考案の上記及びその他の目的、特徴、及び利点をより分かりやすくするため、下記においては、実施例を挙げ、添付の図面と合わせ、下記のように詳しく説明する。
本考案の一つの実施例の絵具箱を示す立体図である。 図1に示す実施例の他の態様を示す立体図である。 図1に示す実施例の更なる態様を示す立体図である。 図1に示す実施例の更なる態様を示す立体図である。
本考案に関する上記及びその他の技術内容、特徴、及び効果は、下記において図面における一つの好ましい実施例を参照する詳しい説明と合わせることにより、明確に呈することができる。下記の実施例で使用される方向用語、例えば上、下、左、右、前又は後等は、添付の図面の方向を参照するのみである。そのため、使用される方向用語は、本考案を説明することに用いられ、本考案を制限するものではない。
図1〜3は、本考案の一つの実施例の絵具箱を示す立体図である。図1に示すように、絵具箱10は、箱本体100と蓋体200と絵具トレイ300とを含む。箱本体100は、底部120と囲壁140とを含み、底部120と囲壁140とが収容空間150を定め、少なくとも一つの絵具を収容する。蓋体200は、箱本体100に分離/合体可能に設けられ、箱本体100に対し閉鎖状態と開放状態と分離状態とを有する。図1〜3は、それぞれ蓋体200が開放状態、分離状態、又は閉鎖状態にあることを示す図である。絵具トレイ300は、箱本体100に分離可能に設けられ、箱本体100に対し収納状態と離脱状態とを有し、少なくとも一つの絵具を載せる。図1〜2に示す絵具トレイ300は、両方とも離脱状態にある。絵具トレイ300が離脱状態にある場合には、蓋体200が箱本体100に対し開放又は分離して箱本体100における少なくとも一つの絵具を露出することができる。箱本体100と絵具トレイ300とも絵具を収容する/載せることに用いられるため、本実施例の絵具箱10は、複数種類の色の絵具を収納することができる。従って、作品制作の便利性が向上し、色が完備であり、更により良い絵画の効果を呈することに役立つ。
下記において箱本体100、蓋体200及び絵具トレイ300の構造につき更に説明する。図1〜3に示すように、本実施例は旋回装置400を更に含む。旋回装置400は、箱本体100の片側、例えば第一側A1に、蓋体200を旋回可能に設けさせ、蓋体200を閉鎖状態と開放状態との間で旋回させることができる。しかし、これに限られるものではない。例えば、蓋体200は、箱本体100上にスライド可能に設けられ、閉鎖状態と開放状態との間で箱本体100に対しスライドすることができる。
旋回装置400は、第一枢接部410と第二枢接部420とを更に含むことが可能である。第一枢接部410は、箱本体100の第一側A1に設けられる。第二枢接部420は、第一枢接部410に対応し、蓋体200に設けられ、分離可能に第一枢接部410と互いに接続される。図2に示すように、第一枢接部410は、例えば軸穴を含むことが可能であり、第二枢接部420は、例えばピボットであることが可能である。ピボットは、軸穴に設けられることにより、軸穴に回転できる。例えば、第一枢接部410は、前記軸穴と連通する切欠きを更に有する。従って、第二枢接部420は、切欠きにより軸穴に旋回可能に設けられる。蓋体200の旋回と、蓋体200の箱本体100に対する角度とに応じ、第一枢接部410は、第二枢接部420が軸穴から外れるか否かに影響することができ、蓋体200が箱本体100と枢接すること、及び蓋体200が閉鎖状態と開放状態との間で旋回することを維持する。逆に、蓋体200は、箱本体100に対し適切な角度、例えば90度に、旋回できて第二枢接部420を軸穴から外すことにより分離状態になる。
箱本体100は、収容空間150内に設けられる第一囲繞壁160を更に含むことが可能である。第一囲繞壁160は、第一側A1の相対側、例えば第二側A2に位置し、底部120の内部表面から上向きに延びることが可能であり、且つ収容空間150内に第二側A2に近接する第一収容槽170を仕切る。しかし、これに限られるものではない。第一囲繞壁160も、両端がそれぞれ囲壁140と接続して第一収容槽170を仕切ることが可能である。蓋体200が旋回して開放されている場合には、第一収容槽170を露出することができる。好ましくは、第一収容槽170は、長い空間であり、且つ絵画の道具又は画筆を収容することに適する。前記画筆は、作品制作用画筆、例えば鉛筆、水彩ペン、水筆を含むが、これに限られるものではない。第一囲繞壁160の高さは、好ましくは、囲壁140の高さを超えない。
箱本体100は、収容空間150内に設けられる複数個の第二囲繞壁180を更に含むことが可能である。前記第二囲繞壁180は、底部120の内部表面から上向きに延びることが可能であり、且つ収容空間150を複数個の第二収容槽190に仕切って複数個の絵具を収容する。前記絵具は、例えばブロック状絵具、ペースト状絵具であることが可能であるが、これらに限られるものではない。絵具は、絵具箱10と共に付いてきたものであってもよく、ユーザにより充填されたものであってもよい。例えば、箱本体100は、複数個の絵具を更に含んで前記第二収容槽190にそれぞれ充填されることが可能であり、前記絵具は、例えばケーキカラーの形式である。前記第二収容槽190は、異なるサイズを有して異なる使用量の各種類の色の絵具と合わせることができる。第二囲繞壁180の高さは、好ましくは、囲壁140の高さを超えないことである。例えば、囲壁140の高さは、第二囲繞壁180又は第一囲繞壁160の二倍の高さ以上である。
蓋体200は、頂壁220を含み、且つ好ましくは、囲壁240を更に含む。頂壁220と囲壁240とは、空間を定める。囲壁240は、更に頂壁220に対し傾斜して蓋体200をやや皿状に呈させることが可能である。本実施例の蓋体200は、開放状態又は分離状態で更に調色板とすることができる。図1〜2に示すように、頂壁220の内部表面は、少なくとも一つの凸リブ225を更に有し、且つ異なる調色ニーズに応じるため、少なくとも一つの凸リブ225が交錯して頂壁220の内部表面を複数個の領域、例えばC1〜C9に仕切る。本実施例において、蓋体200は、留め具250を更に含み、且つ箱本体100は、好ましくは、留め部145を有して留め具250に対応する。蓋体200と箱本体100とが閉鎖状態にある場合、それらの間には、更に留め具250と留め部145とにより互いに固定することができる。
図4は、図1〜3に示す実施例の他の態様を示す立体図であり、且つ図4に示す絵具トレイ300は、収納状態になっている。図4に示すように、絵具トレイ300の周縁は、囲壁140により囲まれた形状に互いに対応することが可能である。しかし、これに限られるものではない。その他の実施態様において、絵具トレイ300は、更に囲壁140の上面141に重なって置かれることが可能である(図示しない)。理解すべきは、絵具トレイ300が囲壁140上に重なって置かれることは、その周縁の形状が箱本体100の形状に互いに対応することを前提としていない。
図1〜2、4に示すように、絵具トレイ300は、凹縁301を更に有する。絵具トレイ300が収納状態にある場合には、好ましくは、凹縁301の片側が箱本体100の第二側A2に対応する設置を有する。凹縁301は、ユーザが絵具トレイ300を取るための把持部とすることができる一方、第二側A2に囲壁140と開口部Pを形成して収容空間150の少なくとも一部を露出することができる。本実施例では、凹縁301及び開口部Pの形状は、更に第一収容槽170の形状に互いに対応する。例えば、凹縁301が長細くて浅い凹みであることにより、形成された開口部Pは、長細い形状であり、第一収容槽170に対応する。しかし、これに限られるものではない。好ましくは、開口部Pの範囲は、第一収容槽170を含む。絵具トレイ300が箱本体100に置かれる場合、開口部Pは、少なくとも収容空間150の第一収容槽170を露出してユーザが画筆を置く/取ることができる。
理解すべきは、把持部とする、及び第一収容槽170を露出する標的は、絵具トレイ300の凹縁301に限られるものではない。その他の実施例では、絵具トレイ300は、その本体320に第一収容槽170に対応する貫通孔(図示しない)を形成することも可能である。前記貫通孔の機能は、開口部Pに相当する。絵具トレイ300の本体320に貫通孔を有する一つの実施例では、絵具トレイ300の周縁の形状は、囲壁140により囲まれた形状に対応する。
本実施例の絵具トレイ300は、少なくとも一つの支持部340を更に有する。少なくとも一つの支持部340は、絵具トレイ300の下側に設けられることが可能であり、且つ好ましくは、絵具トレイ300が収容空間150内に置かれることに用いられる。一つの実施態様において、支持部340は、概ね本体320の周縁に沿って絵具トレイ300の下側に設けられる。
絵具トレイ300が収納状態にある場合、少なくとも一つの支持部340は、収容空間150内に底部120へ伸び、且つ底部120に絵具トレイ300を立たせることができる。絵具トレイ300の本体320及び支持部340は、収容空間150内に完全に収納することが可能であるが、これに限られるものではない。本体320は、収容空間150外に露出することも可能であり、更に囲壁140の上面141に重なって置かれることも可能である。一つの実施態様において、支持部340も、囲壁140と接触することに用いられて絵具トレイ300を箱本体100に対し上面141上に固定させる。
絵具トレイ300は、複数個の絵具を収容する複数個の凹部330を更に含む。その中で、凹部330は、絵具トレイ300の本体320から下へ凹んで形成されることが可能である。しかし、これに限られるものではない。前記絵具は、例えば、ブロック状絵具、ペースト状絵具であることが可能であるが、これらに限られるものではない。絵具は、絵具箱10と共に付いてきたものであってもよく、ユーザにより充填されたものであってもよい。例えば、絵具トレイ300は、前記凹部330にそれぞれ充填される複数個の絵具を更に含むことが可能であり、前記絵具は、例えばケーキカラーの形式である。凹部330の深さは、やや第二囲繞壁180又は第一囲繞壁160に相当することが可能であるが、これに限られるものではない。絵具トレイ300が収納状態にある場合、凹部330の壁は、下へ突き出ると共に、箱本体100の収容空間150に位置する。その他の実施例において、絵具トレイ300は、本体320から上向きに延びて収容槽(図示しない)を形成して絵具を収容する。
図4に示すように、絵具トレイ300が収納状態にある場合、蓋体200は、箱本体100に対し開放又は分離して絵具トレイ300の少なくとも一つの絵具を露出することができる。ユーザは、作品制作ニーズに応じ、絵具トレイ300の収納状態で絵具トレイ300における絵具を取って使用することができ、絵具トレイ300の離脱状態で箱本体100、絵具トレイ300における絵具を取って使用することもできる。その中で、絵具トレイ300が収納状態であれ離脱状態であれ、ユーザは、第一収容槽170から画筆を取得することができる。本考案は、絵具トレイ300が箱本体100に収納できるため、体積の減少に役立ち、持ち運びに便利である。また、蓋体200が箱本体100から分離できるため、ユーザは、更に作品制作習慣に応じ蓋体200を操作して容易に調色することができる。
本考案は、実施例で上述のように開示されたが、それが本考案を限定するものではない。本考案の属する技術の分野における通常の知識を有する者は、本考案の精神及び範囲を逸脱することなく、幾つかの変更及び修飾を加えることができる。そのため、本考案の保護範囲は、添付の実用新案登録請求の範囲により定義される。
10 :絵具箱
100 :箱本体
120 :底部
140 :囲壁
141 :上面
145 :留め部
150 :収容空間
160 :第一囲繞壁
170 :第一収容槽
180 :第二囲繞壁
190 :第二収容槽
200 :蓋体
220 :頂壁
225 :凸リブ
240 :囲壁
250 :留め具
300 :絵具トレイ
301 :凹縁
320 :本体
330 :凹部
340 :支持部
400 :旋回装置
410 :第一枢接部
420 :第二枢接部
A1 :第一側
A2 :第二側
C1〜C9:領域
P :開口部

Claims (10)

  1. 底部と囲壁とを含み、前記底部と前記囲壁とが収容空間を定め、少なくとも一つの絵具を収容する箱本体と、
    前記箱本体に分離/合体可能に設けられ、前記箱本体に対し閉鎖状態と開放状態と分離状態とを有する蓋体と、
    前記箱本体に分離可能に設けられ、前記箱本体に対し収納状態と離脱状態とを有し、少なくとも一つの絵具を載せる絵具トレイと、を含み、
    前記絵具トレイが前記収納状態にあると共に、前記蓋体が前記閉鎖状態にある場合には、前記絵具トレイが前記箱本体と前記蓋体との間に設けられ、
    前記絵具トレイが前記収納状態にある場合には、前記蓋体が前記箱本体に対し開放又は分離して前記絵具トレイの前記少なくとも一つの絵具を露出し、
    前記絵具トレイが前記離脱状態にある場合には、前記蓋体が前記箱本体に対し開放又は分離して前記箱本体における前記少なくとも一つの絵具を露出する、
    絵具箱。
  2. 前記蓋体は、更に前記箱本体の第一側に旋回可能に設けられ、前記閉鎖状態と前記開放状態との間で旋回する
    ことを特徴とする請求項1に記載の絵具箱。
  3. 前記箱本体は、前記第一側に設けられる第一枢接部を更に有し、
    前記蓋体は、前記第一枢接部に対応する第二枢接部を有し、
    前記第二枢接部と前記第一枢接部とは、分離可能に接続され、
    前記第二枢接部が前記第一枢接部と分離される場合には、前記蓋体が前記分離状態にある
    ことを特徴とする請求項2に記載の絵具箱。
  4. 前記収容空間内には、更に第一囲繞壁が設けられ、
    前記第一囲繞壁は、前記第一側の相対側である、前記箱本体の第二側で第一収容槽を仕切る
    ことを特徴とする請求項2に記載の絵具箱。
  5. 前記収容空間内には、更に複数個の第二囲繞壁が設けられ、
    前記第二囲繞壁は、前記収容空間を複数個の第二収容槽に仕切って複数個の絵具を収容する
    ことを特徴とする請求項4に記載の絵具箱。
  6. 前記蓋体は、前記蓋体の内部表面に設けられる、少なくとも一つの凸リブを更に有し、
    前記少なくとも一つの凸リブは、前記内部表面を複数個の区域に仕切る
    ことを特徴とする請求項1に記載の絵具箱。
  7. 前記絵具トレイは、前記箱本体の第二側に対応する凹縁を更に有し、
    前記絵具トレイが前記箱本体に置かれる場合には、前記凹縁と前記囲壁とが、開口部を形成して前記収容空間の少なくとも一部を露出する
    ことを特徴とする請求項1に記載の絵具箱。
  8. 前記絵具トレイは、複数個の絵具を収容する複数個の凹部を更に含み、
    前記絵具トレイが前記箱本体に置かれる場合には、前記凹部が前記箱本体の前記収容空間に位置する
    ことを特徴とする請求項1に記載の絵具箱。
  9. 前記絵具トレイは、前記絵具トレイが前記箱本体に置かれるための、少なくとも一つの支持部を更に有する
    ことを特徴とする請求項1に記載の絵具箱。
  10. 前記絵具トレイが前記収納状態にある場合には、前記絵具トレイが前記支持部により前記箱本体の前記底部に置かれる
    ことを特徴とする請求項9に記載の絵具箱。
JP2020001850U 2019-09-03 2020-05-20 絵具箱 Active JP3228232U (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
TW108211703 2019-09-03
TW108211703U TWM588630U (zh) 2019-09-03 2019-09-03 顏料盒

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3228232U true JP3228232U (ja) 2020-10-15

Family

ID=69943432

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2020001850U Active JP3228232U (ja) 2019-09-03 2020-05-20 絵具箱

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20210060999A1 (ja)
JP (1) JP3228232U (ja)
CN (1) CN211280469U (ja)
TW (1) TWM588630U (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106626949A (zh) * 2016-12-21 2017-05-10 重庆工业职业技术学院 一种多用途画具存放盒

Also Published As

Publication number Publication date
US20210060999A1 (en) 2021-03-04
TWM588630U (zh) 2020-01-01
CN211280469U (zh) 2020-08-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10308409B2 (en) Customizable caddy
US20080023023A1 (en) Cosmetic compact
JP3228232U (ja) 絵具箱
US20050241974A1 (en) Tool bit cartridge
US10343702B2 (en) Technologies for caddy assemblies
US8091700B2 (en) Dual use paint brush package and paint palette
JP6231527B2 (ja) 画材セット
KR20120023926A (ko) 다용도 삼단 상자
US4991711A (en) Artist storage container having scalloped handles
CN206141205U (zh) 一种贝壳多功能防滑调色盒
JP2019111919A (ja) 車両のカーゴフロアボックス
CN206579386U (zh) 一种多功能手提式画箱
KR200438762Y1 (ko) 회화용 물통 겸용 팔레트
CN217090271U (zh) 面膜盒
CN212165181U (zh) 可替换式全铝粉盒
RU207212U1 (ru) Коробка для красок
KR200230127Y1 (ko) 화장품 팔레트
CN203211634U (zh) 双盒式包装盒
CN213799062U (zh) 一种视觉传达平面设计专业用工具包
CN209852788U (zh) 一种储物盒
CA2975214C (en) Technologies for caddy assemblies
CN212099715U (zh) 纸盒
CN212196806U (zh) 一种分层笔盒
CN213308034U (zh) 眼影盒
CN217319899U (zh) 一种绘画用颜料盒

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3228232

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150