JP3221680U - ヘアストレートナー用発熱素子 - Google Patents

ヘアストレートナー用発熱素子 Download PDF

Info

Publication number
JP3221680U
JP3221680U JP2019000843U JP2019000843U JP3221680U JP 3221680 U JP3221680 U JP 3221680U JP 2019000843 U JP2019000843 U JP 2019000843U JP 2019000843 U JP2019000843 U JP 2019000843U JP 3221680 U JP3221680 U JP 3221680U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sheet
heat
heat generating
working plate
base
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2019000843U
Other languages
English (en)
Inventor
邱志勇
Original Assignee
邱志勇QIU, Zhiyong
邱志勇QIU, Zhiyong
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201520573292.8 priority Critical
Priority to CN201520573292.8U priority patent/CN204838400U/zh
Application filed by 邱志勇QIU, Zhiyong, 邱志勇QIU, Zhiyong filed Critical 邱志勇QIU, Zhiyong
Application granted granted Critical
Publication of JP3221680U publication Critical patent/JP3221680U/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A45HAND OR TRAVELLING ARTICLES
    • A45DHAIRDRESSING OR SHAVING EQUIPMENT; EQUIPMENT FOR COSMETICS OR COSMETIC TREATMENTS, e.g. FOR MANICURING OR PEDICURING
    • A45D1/00Curling-tongs, i.e. tongs for use when hot; Curling-irons, i.e. irons for use when hot; Accessories therefor
    • A45D1/02Curling-tongs, i.e. tongs for use when hot; Curling-irons, i.e. irons for use when hot; Accessories therefor with means for internal heating, e.g. by liquid fuel
    • A45D1/04Curling-tongs, i.e. tongs for use when hot; Curling-irons, i.e. irons for use when hot; Accessories therefor with means for internal heating, e.g. by liquid fuel by electricity

Abstract

【課題】ヘアストレートナー用発熱素子を提供する。
【解決手段】本考案のヘアストレートナー用放熱素子は、ベース1と、作業板13と、発熱シート7と、断熱シート4と、シリコンパッド10とを備え、ベースには収納溝が設置され、シリコンパッドは収納溝に内設され、断熱シートはシリコンパッドに嵌設され、発熱シートは断熱シート上に設置され、作業板はコ字型を呈し、ベースと組み合わせられ、発熱シート、断熱シート、シリコンパッドが作業板とベースとの間に挟持され、発熱シート及び作業板の底面が貼り合わせられる。本考案は発熱素子中で支持フレーム及び作業板面が分離して2つの部材となり、同時に発熱シート及び作業板面が良好に接触し、支持フレームとは隔離される。発熱シートが熱量が作業板面に最速で導熱されるのみで、作業板面の温度が高速に上昇し、加温速度が向上する。
【選択図】図1

Description

本考案は、発熱素子に関し、より詳しくは、ヘアストレートナー用発熱素子に関する。
ヘアストレートナー(Hair straightener)はヘアストレートアイロンとも呼ばれ、俗称はヘアアイロンであるが、電流によりヘアストレートナーの発熱体が加熱され、アルミ板またはセラミック板に導熱されて発熱する。
ヘアストレートナーは髪をストレートにする道具であり、発熱素子により髪を加熱して軟らかくし、その後に冷却することでストレートにする目的を達成させる。ヘアストレートナー中では発熱素子が中核的な部材の1つであり、ヘアストレートナーの発熱性能及び使用性に対して重要な作用を与える。
しかしながら、従来のヘアストレートナーは、その発熱素子の構造が制限されているため、発熱体とアルミ板との間が緊密に均等に貼り合わせられない。また、アルミ板が発熱素子の中核的な支持フレーム及び作業板面として用いられるため、支持フレームの温度を維持するために大量の熱量を浪費しなければアルミ板の外表面(作業板面)に導熱できない。このため、導熱過程で損失する熱エネルギーが多すぎ、発熱体とアルミ板の外表面(作業板面)との間の熱伝導速度が遅くなり、発熱素子全体の加温も遅くなり、使用者のヘアストレートナーに対する要求を満足させられなかった。
そこで、本考案者は上記の欠点が改善可能と考え、鋭意検討を重ねた結果、合理的設計で上記の課題を効果的に改善する本考案の提案に到った。
かかる従来の実情に鑑みて、本考案は、ヘアストレートナー用発熱素子を提供することを目的とする。すなわち、従来のヘアストレートナー用発熱素子に存在する欠点を克服させる。
上述した課題を解決し、目的を達成するために、本考案のヘアストレートナー用発熱素子は、ベースと、作業板と、発熱シートと、断熱シートと、シリコンパッドとを備え、前記ベースには収納溝が設置される。前記シリコンパッドは収納溝に内設される。前記断熱シートはシリコンパッドに嵌設される。前記発熱シートは断熱シート上に設置され、前記作業板はコ字型を呈し、ベースと組み合わせられ、発熱シート、断熱シート、シリコンパッドが作業板とベースとの間に挟持される。発熱シート及び作業板の底面が密着して貼り合わせられる。
また、本考案の他のヘアストレートナー用発熱素子は、ベースと、作業板と、発熱シートと、断熱シートとを備え、前記断熱シートがベースに嵌設される。前記発熱シートが断熱シート上に設置される。前記作業板はベースと組み合わせられ、断熱シート及び発熱シートが作業板とベースとの間に狭装される。前記発熱シート及び作業板の底面が密着して貼り合わせられる。
さらに、本考案のさらなる他のヘアストレートナー用発熱素子は、作業板と、外部固定器と、基板と、シリコンパッドと、発熱シートと、断熱シートとを備え、前記基板が外部固定器内に係合される。前記シリコンパッドが基板上に設置される。前記断熱シートがシリコンパッド上に設置される。前記発熱シートが断熱シート上に設置される。前記作業板が外部固定器内に係合され、作業板の上表面が外部固定器の上表面と平坦になり、作業板及び基板が組み合わせられると共に両者の間にシリコンパッド、発熱シート、及び断熱シートが狭装される。前記発熱シート及び作業板の底面が密着して貼り合わせられる。
本考案は発熱素子中で支持フレーム及び作業板面が分離して2つの部材となり、同時に発熱シート及び作業板面が良好に接触し、支持フレームとは隔離される。発熱シートが熱量が作業板面に最速で導熱されるのみで、作業板面の温度が高速に上昇し、加温速度が向上する。
本考案の第1実施形態に係るヘアストレートナー用発熱素子を示す展開図である。 本考案の第2実施形態に係るヘアストレートナー用発熱素子を示す展開図である。 本考案の第3実施形態に係るヘアストレートナー用発熱素子を示す展開図である。
本考案における好適な実施の形態について、添付図面を参照して説明する。尚、以下に説明する実施の形態は、実用新案登録請求の範囲に記載された本考案の内容を限定するものではない。また、以下に説明される構成の全てが、本考案の必須要件であるとは限らない。
(第1実施形態)
まず、本考案の第1実施形態について、図1を参照しながら説明する。図1に示されるように、本実施形態のヘアストレートナー用発熱素子は、ベース1と、作業板13と、発熱シート7と、断熱シート4と、シリコンパッド10とを備え、前記ベース1には収納溝が設置される。前記シリコンパッド10は収納溝に内設される。前記断熱シート4はシリコンパッド10に嵌設される。前記発熱シート7は断熱シート4上に設置される。前記作業板13はコ字型を呈し、ベース1と組み合わせられ、発熱シート7、断熱シート4、及びシリコンパッド10が作業板13とベース1との間に挟持される。発熱シート7及び作業板13の底面が密着して貼り合わせられる。
(第2実施形態)
次は、本考案の第2実施形態について、図2を参照しながら説明する。図2に示されるように、本実施形態のヘアストレートナー用発熱素子は、ベース2と、作業板14と、発熱シート8と、断熱シート5とを備え、前記断熱シート5はベース2に嵌設される。前記発熱シート8は断熱シート5上に設置される。前記作業板14はベース2と組み合わせられ、断熱シート5及び発熱シート8が作業板14とベース2との間に狭装される。前記発熱シート8及び作業板14の底面が密着して貼り合わせられる。
(第3実施形態)
最後は、本考案の第3実施形態について、図3を参照しながら説明する。図3に示されるように、本実施形態のヘアストレートナー用発熱素子は、作業板15と、外部固定器12と、基板3と、シリコンパッド11と、発熱シート9と、断熱シート6とを備える。前記基板3は外部固定器12内に係合される。前記シリコンパッド11は基板3上に設置される。前記断熱シート6はシリコンパッド11上に設置される。前記発熱シート9は断熱シート6上に設置される。前記作業板15は外部固定器12内に係合され、作業板15の上表面は外部固定器12の上表面と平坦になり、作業板15及び基板3が組み合わせられると共に両者の間にシリコンパッド11、発熱シート9、及び断熱シート6が狭装される。前記発熱シート9及び作業板15の底面が密着して貼り合わせられる。
上述の実施形態は本考案の技術思想及び特徴を説明するためのものにすぎず、当該技術分野を熟知する者に本考案の内容を理解させると共にこれをもって実施させることを目的とし、本考案の実用新案請求の範囲を限定するものではない。従って、本考案の精神を逸脱せずに行う各種の同様の効果をもつ改良又は変更は、実用新案請求の範囲に含まれるものとする。
(1)ベース
(2)ベース
(3)基板
(4)断熱シート
(5)断熱シート
(6)断熱シート
(7)発熱シート
(8)発熱シート
(9)発熱シート
(10)シリコンパッド
(11)シリコンパッド
(12)外部固定器
(13)作業板
(14)作業板
(15)作業板

Claims (3)

  1. ベースと、作業板と、発熱シートと、断熱シートと、シリコンパッドとを備え、前記ベースには収納溝が設置され、前記シリコンパッドは収納溝に内設され、前記断熱シートはシリコンパッドに嵌設され、前記発熱シートは断熱シート上に設置され、前記作業板はコ字型を呈し、ベースと組み合わせられ、発熱シート、断熱シート、シリコンパッドが作業板とベースとの間に挟持され、発熱シート及び作業板の底面が密着して貼り合わせられることを特徴とするヘアストレートナー用発熱素子。
  2. ベースと、作業板と、発熱シートと、断熱シートとを備え、前記断熱シートがベースに嵌設され、前記発熱シートが断熱シート上に設置され、前記作業板はベースと組み合わせられ、断熱シート及び発熱シートが作業板とベースとの間に狭装され、前記発熱シート及び作業板の底面が密着して貼り合わせられることを特徴とするヘアストレートナー用発熱素子。
  3. 作業板と、外部固定器と、基板と、シリコンパッドと、発熱シートと、断熱シートとを備え、前記基板が外部固定器内に係合され、前記シリコンパッドが基板上に設置され、前記断熱シートがシリコンパッド上に設置され、前記発熱シートが断熱シート上に設置され、前記作業板が外部固定器内に係合され、作業板の上表面が外部固定器の上表面と平坦になり、作業板及び基板が組み合わせられると共に両者の間にシリコンパッド、発熱シート、及び断熱シートが狭装され、前記発熱シート及び作業板の底面が密着して貼り合わせられることを特徴とするヘアストレートナー用発熱素子作業板。
JP2019000843U 2015-08-03 2019-03-08 ヘアストレートナー用発熱素子 Active JP3221680U (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201520573292.8 2015-08-03
CN201520573292.8U CN204838400U (zh) 2015-08-03 2015-08-03 一种直发器发热组件

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3221680U true JP3221680U (ja) 2019-06-13

Family

ID=54729014

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018513705A Pending JP2018516730A (ja) 2015-08-03 2015-11-11 ヘアストレートナー用発熱素子
JP2019000843U Active JP3221680U (ja) 2015-08-03 2019-03-08 ヘアストレートナー用発熱素子

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018513705A Pending JP2018516730A (ja) 2015-08-03 2015-11-11 ヘアストレートナー用発熱素子

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20180303216A1 (ja)
JP (2) JP2018516730A (ja)
CN (1) CN204838400U (ja)
WO (1) WO2017020442A1 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106419025A (zh) * 2016-11-10 2017-02-22 长沙淮石新材料科技有限公司 一种直发器用补水组件
WO2018086429A1 (zh) * 2016-11-10 2018-05-17 长沙淮石新材料科技有限公司 一种直发器用补水组件及补水直发器

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4242567A (en) * 1978-06-05 1980-12-30 General Electric Company Electrically heated hair straightener and PTC heater assembly therefor
CN2712141Y (zh) * 2004-05-09 2005-07-27 合基实业有限公司 电热直发夹
JP2007312807A (ja) * 2006-05-23 2007-12-06 Ti Purosu:Kk ヘアアイロン
GB2465865B (en) * 2008-01-09 2013-01-02 Ghd Korea Inc Hair iron
CN101444357A (zh) * 2008-12-31 2009-06-03 匡柳 一种新型直发器
JP3159520U (ja) * 2010-01-06 2010-05-27 ジー エイチ ディー コリア インコーポレイテッド ヘアーアイロン
KR101223963B1 (ko) * 2011-05-26 2013-01-21 이준석 습식퍼머용 발열판의 제조방법 및 습식퍼머용 발열판과 이를 이용한 헤어아이론
JP2013085742A (ja) * 2011-10-19 2013-05-13 Panasonic Corp ヘアスタイリング装置
TW201343102A (zh) * 2012-03-20 2013-11-01 Kiss Nail Products Inc 含彈性層之燙髮器
CN203341178U (zh) * 2013-07-20 2013-12-18 温州市维丝美电器科技有限公司 直发器
CN104997270B (zh) * 2015-08-03 2019-03-29 邱志勇 一种直发器及其加热控制方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2018516730A (ja) 2018-06-28
WO2017020442A1 (zh) 2017-02-09
US20180303216A1 (en) 2018-10-25
CN204838400U (zh) 2015-12-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2016540344A5 (ja)
KR101590000B1 (ko) 전지셀 어셈블리 및 상기 전지셀 어셈블리의 냉각핀을 제조하는 방법
TWM339033U (en) Heat sink
CN204598336U (zh) 一种热敏陶瓷加热器的散热器及热敏陶瓷加热器
CN103869844B (zh) 一种航天光学遥感器ccd器件恒温控制装置
JP2011154929A (ja) 排熱装置
JP2006156915A5 (ja)
JP3184173U (ja) 電子シールド蓋散熱構造
CN204167439U (zh) 电动汽车可加热的电池模组
CN102121801A (zh) 热管与导热座之限位组配结构
ES2543301T3 (es) Pala de rotor con dispositivo calefactor para una central eólica
TW201236328A (en) Thin heat-plate structure
WO2014075429A1 (zh) 一种可插拔热源的散热器
CN104861831A (zh) 一种石墨烯涂层、石墨烯散热片及其制造方法
Martinez et al. Thermoelectric self-cooling for power electronics: Increasing the cooling power
CN106304428A (zh) 一种高温电热膜及其制备方法
CN103624463B (zh) Fp型陶瓷管壳平行缝焊封装夹具
CN103327786A (zh) 一种电子设备
CN105482665A (zh) 一种石墨烯涂层、石墨烯散热片及其制造方法
TW201034272A (en) A heating structure and device and auxiliary cooling module that are applicable in a battery
CN201846551U (zh) 控制箱外壳用铝合金型材
CN205731892U (zh) 一种热熔胶枪的发热装置
CN208810512U (zh) 一种超声换能器装置
BR112017003603A2 (pt) ferro a vapor
Zhu et al. Experimental study of energy saving performances in chip cooling by using heat sink with embedded heat pipe

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3221680

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150