JP3216495B2 - 水浄化方法および装置 - Google Patents

水浄化方法および装置

Info

Publication number
JP3216495B2
JP3216495B2 JP24773295A JP24773295A JP3216495B2 JP 3216495 B2 JP3216495 B2 JP 3216495B2 JP 24773295 A JP24773295 A JP 24773295A JP 24773295 A JP24773295 A JP 24773295A JP 3216495 B2 JP3216495 B2 JP 3216495B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
filtration
concentration
separation
water purification
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP24773295A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0899097A (ja
Inventor
輝雄 千田
鉄也 宮本
Original Assignee
東レ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 東レ株式会社 filed Critical 東レ株式会社
Priority to JP24773295A priority Critical patent/JP3216495B2/ja
Publication of JPH0899097A publication Critical patent/JPH0899097A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3216495B2 publication Critical patent/JP3216495B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、水浄化方法および
装置に関し、詳しくは池、堀、湖沼、河川、ダム湖など
の水域に含まれる汚染物質を効率的に除去する水浄化方
法と装置に関するものである。
【0002】従来から行われている池、堀、湖沼、河
川、ダム湖などの水域の浄化方法およびその装置として
は、これら水域が遠隔地にあることからトラック、船な
どの陸上あるいは海上における運搬手段に水浄化装置を
常時設置しておき、これら運搬手段付き浄化装置を処理
を要する水域に必要に応じて移動させて処理するものが
知られており、水域からポンプで汲み上げた原水に対
し、まず原水中の汚染物質を濾過装置で除去し、次いで
UV処理、塩素殺菌処理等を行って浄化度を上げ、一
方、汚染物質を含む濾過物は脱水装置によりケーク化し
て除去されていた。
【0003】しかしながら、上記従来の運搬手段付き浄
化装置は、浄化対象水域が湖沼やダム湖等の広域にわた
場合には、処理を要する原水が膨大で運搬能力に限界
があるため、極めて多数台の運搬装置が必要になり、こ
れら運搬装置を水域と浄化処理場との間で多数回にわた
り往復させなければならず、処理効率が極めて悪いとい
う問題がある。また、大抵の場合、濾過装置から排出さ
れる濾過物の濃度が例えば固形物濃度で数10mg/リ
ットルと低いため、脱水機の処理効率(固形物処理量、
固形物回収率等)が著しく悪いという問題があった。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記事情に
鑑みてなされたもので、本発明の目的は、大量の原水を
効率的に浄化処理できるとともに、濾過装置で除去した
汚染物質を効率よくケーク化して取り出すことのできる
水浄化方法と装置を提供することにある。
【0005】上記目的を達成するため、本発明の水浄化
方法は、水域から汚染物質を含む原水を取水する取水工
程と、前記取水工程で取水した原水を回転する濾過材に
より連続的に濾過する濾過工程と、前記濾過工程による
濾過物を凝集させてフロックとするとともに、そのフロ
ックを加圧浮上方法により濃縮分離する濃縮分離工程
と、前記濃縮分離工程で分離したフロックを脱水ケーク
化して取り出す脱水工程とを含むことを特徴とする。こ
の場合、前記濾過物を凝集する際にアルミニウム系また
は鉄系の凝集剤を用いるのが好ましい
【0006】上記目的を達成するため、本発明の水浄化
装置は、 水域から汚染物質を含む原水を取水する取水
手段と、前記取水手段で取水した原水を濾過する回転式
連続濾過手段と、前記回転式連続濾過手段による濾過物
を凝集させてフロックとし、そのフロックを濃縮分離す
る加圧浮上式の濃縮分離手段と、前記濃縮分離手段で分
離したフロックを脱水ケーク化して取り出す脱水手段と
を備えていることを特徴とする。この場合、前記取水手
段、前記回転連続式濾過手段、前記濃縮分離手段および
前記脱水手段が共通の架台に載架されているのが好まし
い。また、前記回転式連続濾過手段が、織物または編物
からなる基材の表面に太さが0.1〜20μmの繊維の
立毛を略一定方向に横たわらせてなる濾過材を備えてい
回転ドラム式連続濾過装置とするのが好ましく、前記
脱水手段については、織物または織物からなる基材の表
に太さが0.1〜20μmの繊維の立毛を略一定方向
に横たわらせてなる濾布を備えている濾布走行式脱水装
置を用いるのが好ましい。
【0007】
【発明の実施の形態】以下、本発明の一実施態様を図面
を参照して説明する。
【0008】図1は、本発明の水浄化方法を実施する水
浄化装置の概略を示すもので、本発明の特徴である濃縮
手段として加圧浮上濃縮装置6を用いた例である。
【0009】この水浄化装置は、原水の取水手段として
の取水装置1、原水中の汚染物質を凝集させる凝集手段
としての凝集反応装置2、原水中の汚染物質を濾過する
濾過手段としての濾過装置3、その一次濾過された濾過
水を更に精密に濾過する精密濾過手段としての中空糸膜
濾過装置4、濾過水を酸化および/または殺菌する酸化
・殺菌手段としての紫外線反応装置5、濾過物の濃縮手
段としての加圧浮上濃縮装置6、濾過物を脱水してケー
ク化する脱水手段としての脱水装置7などを有してい
る。
【0010】上記各ユニット装置は、本実施態様では、
陸上移動手段であるトラック8の荷台に搭載されること
により水浄化装置を構成している。ただし、図1では水
浄化処理作業中を図示しているので、取水装置1はトラ
ック8から下ろされて水域内に投入された状態になって
いる。図示していないが、トラック8の荷台には、上記
各ユニット装置のほかに、これらユニット装置を駆動す
る電力供給用の発電機や、各ユニット装置を操作する操
作装置等も積載されている。
【0011】この水浄化装置を水浄化処理に使用すると
きは、トラック8を水域の任意の水辺に陸上移動し、取
水装置1を下ろして水域内に投入して汚染物質を含む原
水を取水するとともに、その場所で水浄化処理を実施す
る。
【0012】すなわち、取水装置1により原水を凝集反
応装置2に汲み上げて凝集フロック化させ、濾過装置3
で濾過水と濾過物とに固液分離する。分離された濾過水
(浄化水)の一部は更に中空糸膜濾過装置4に送って精
密濾過する。精密濾過後の濾過水は、更に薬注ポンプ5
5で次亜塩素酸ソーダーを添加したのち、紫外線反応装
置5で酸化・殺菌したのち清澄水として処理水排出管5
6から排出する。この排出水は大変良好な水質レベルに
なっており、キャンプ等の非常用の飲料水又は雑用水と
しても使用が可能である。勿論、水域浄化のため元の水
域に還流もされる。
【0013】濾過装置3で分離された濾過水の他の部分
は、放流管39から元の水域に還流される。一方、濾過
装置3で分離された濾過物の方は、更に凝集剤を添加し
たのち、加圧浮上濃縮装置6で浮上スカムとして濃縮し
たのち、脱水装置7で脱水ケーク化して取り出される。
【0014】次に、上述した各ユニット装置の具体的な
構成とその動作について説明する。取水装置1は、水域
の水面に浮上させた原水吸引口11と原水を汲み上げる
ポンプ12から構成されている。ポンプ12としては、
原水内に混入したプラスチックなどのゴミが詰まり難い
軸流ポンプを使用することが好ましい。原水吸引口11
は水面に浮上するように配置しているので、水面近くに
浮遊するアオコ等の汚染物質を除去する場合に都合がよ
い。
【0015】この原水吸引口11としては、上記のよう
な水面浮上型のものに代えて、水域内に沈める形式のも
のを使用してもよい。このような形式を使用することに
よって水域内深く沈殿する汚染物質の除去を可能にす
る。さらに水面浮上型の原水吸引口11とポンプ12、
および水域内沈降型の原水吸引口とポンプとの双方を備
えた取水装置1を使用するようにしてもよい。
【0016】この取水装置1で取水された原水は、凝集
反応装置2の反応槽21に供給される。反応槽21に
は、凝集剤貯槽22に貯留された凝集剤がポンプ23に
よって供給されるようになっている。反応槽21に供給
された原水と凝集剤とは、攪拌機24によって攪拌され
ることにより、原水中の微小な汚染物質が凝集フロック
化され、次いでこの凝集フロック化された汚染物質を含
んだ原水が濾過装置3に供給される。
【0017】原水が濾過装置3に供給される前に、上記
のように予め汚染物質を凝集フロック化することにより
汚染物質の粒子径を大きくするので、濾過装置3による
固液分離を効率的に行うことができる。ただし、本発明
では、この凝集反応装置2は必ずしも必要ではなく、取
水装置1で取水した原水を直接濾過装置3へ供給するよ
うにしてもよい。
【0018】この実施例では、濾過装置3に回転ドラム
式連続濾過装置が使用されている。この回転ドラム式連
続濾過装置3は、濾過材が周面に装着された円筒状の濾
過ドラム31と、この濾過ドラム31の下方に配置され
た濾過水受槽32と、この濾過水受槽32の濾過水を引
き出すポンプ33と、このポンプ33が引き出した濾過
水受槽32の濾過水の一部を濾過材に吹きつけて、その
濾過材に付着した濾過物(汚染物質)を除去するための
逆洗ノズル34と表洗ノズル35、さらに濾過ドラム3
1内に逆洗ノズル34と対向するように設けられた排水
受槽36等から構成されている。
【0019】凝集反応装置2から供給される原水は、濾
過装置3の濾過ドラム31の内側に供給される。この濾
過ドラム31は軸心CPを中心として矢印の方向に連続
回転しており、濾過ドラム31内に供給された原水は、
濾過ドラム31内の液面とこれよりも低い濾過水受槽3
2の液面との差圧△pによって、濾過ドラム31の内面
に装着された濾過材で濾過される。濾過水は濾過水受槽
32に貯留され、その一部は後述する精密濾過装置4と
紫外線反応装置5で処理されて良好な上質水になる。濾
過水の残りは、濾過水放流管39を経て元の水域に還流
される。
【0020】濾過装置3の濾過操作による濾過水が分離
されて残留する濾過物(汚染物質)は、濾過ドラム31
の内面の濾過材に付着するとともに、濾過ドラム31の
回転に伴って逆洗ノズル34と排水受槽36との間に移
動する。濾過水受け槽32に貯留された濾過水の一部
が、ポンプ33によって逆洗ノズル34から噴射し、濾
過材の裏面(濾過ドラム31の外周面側)から放水され
て逆洗を行うため、この逆洗ノズル34に対面する部分
の濾過物が剥離して排水受槽36内に採取される。排水
受槽36に採取された濾過物を多量に含んだ水(原水よ
りも高濃度に濃縮された水)は、次いで排水貯槽37に
貯留される。
【0021】回転ドラム式連続濾過装置3の濾過ドラム
31に使用される濾過材は、アオコ等のプランクトン類
のような微小物質を除去する上で重要である。その濾過
材としては、特に限定されないが、織物または編物から
なる基材の表面に、太さ0.1〜20μm程度の繊維の
立毛を略一定方向(濾過ドラム31の回転方向と逆方
向)に横たわらせ、この立毛によって濾過層が形成され
るようにしたものが好適である。
【0022】また、立毛が形成されているもの以外で
も、上述のような太さ0.1〜20μm程度の繊維の繊
維が緻密に編織された編物若しくは織物、同様の繊維か
らなる不織布、繊維塊などの構造のものも使用すること
ができる。
【0023】この濾過材を構成する織物または編物とし
ては、通常、太さが0.1〜20μm程度のポリアミ
ド、ポリエステル、ポリオレフィン、ポリビニルアルコ
ール、ポリフルオロエチレン、ポリアクリロニトリルな
どの合成繊維から構成されたものが好ましい。太さが
0.1μmよりも小さい極細繊維では強度が不足し、2
0μmよりも大きい繊維は立毛後に直立し易いため、良
好な濾過層を形成することが難しい。織物や編物の種類
は特に限定されないが、好ましくは立毛し易い組織がよ
く、織物では朱子織物が、編物ではハーフ編のトリコッ
ト生地がよい。
【0024】立毛方法は、従来から公知の手段を用いる
ことができる。例えば、特公平4−1647号公報や特
公平4−9081号公報に記載されている瀘布(濾過
材)および装置がこれに相当する。また、この濾過材
は、プランクトン類のような微小物質を好適に瀘別でき
る上に、濾過物を表面(濾過ドラム31の内周面側)か
ら剥離し易く、逆洗による濾過物の採取が長期に渡って
可能であるので目詰まりし難いという特徴がある。
【0025】また、本実施態様では、濾過装置3とし
、原水から所定のサイズの微小な汚染物質を濾別でき
回転ドラム式連続濾過装置を使用した。
【0026】この実施例では、濾過水槽32の貯留水の
一部は、ポンプ38によって精密濾過装置4に送られる
ようになっている。この精密濾過装置4には中空糸膜濾
過装置が使用されている。この中空糸膜濾過装置4は、
中空繊維(中空糸膜)が多数本束ねられて円筒型のカー
トリッジ41に装着され、そのカートリッジ41が複数
本のブロックに組み込まれた構造になっている。一般
に、中空繊維の細孔径は0.1〜0.3μm程度のもの
にすることができ、粒子径0.3μm以上の粒子はほぼ
100%除去できるため、主に濁りの原因となる微粒子
や細菌,大腸菌等を完全に除去できるという特徴を有し
ている。
【0027】ポンプ38によって中空糸膜濾過装置4に
供給された原水は、中空糸膜カートリッジ41で濾過さ
れたのち濾過水貯槽42に貯留される。膜面が濾過物で
目詰まりした時は、濾過水貯槽42の貯水を逆洗ポンプ
43により逆洗(中空繊維の内面から外向きに濾過時の
2〜5倍の圧力で洗浄)することにより濾過性能を回復
させることができる。その洗浄排水は排水管44を経て
凝集反応槽2の前に返送される。
【0028】濾過水貯留槽42に留った精密濾過水は、
ポンプ53により酸化・殺菌装置の紫外線反応装置5へ
送られる。この紫外線反応装置5は反応槽52内に18
49オングストローム(A)並びに2537オングスト
ローム(A)の波長の紫外線を多く出す低圧水銀ランプ
51が組み込まれた構造になっている。また、この紫外
線反応装置5の反応槽52には、貯槽54内の次亜塩素
酸ソーダが薬注ポンプ55により適量供給されるように
なっており、これにより汚染水中の有機物の酸化および
微生物の殺菌を短時間で効率良く行うようにする。
【0029】実施例には示してないが、ここで酸化・殺
菌された汚染物質または溶解塩類などの除去手段とし
て、活性炭吸着装置、逆浸透膜装置、イオン交換装置な
どを後段に組み込むようにすれば、これにより更に上質
な水を得ることができるようになる。
【0030】実施例では酸化・殺菌装置として、コンパ
クトで補機の少ない紫外線反応装置5を使用したが、本
発明は所定の酸化および/または殺菌効果のある手段で
あれば、これに限定されるものではない。例えば、次亜
塩素酸ソーダとオゾンとの組み合せ等を用いるようにし
てもよい。
【0031】また、図示の実施例では、中空糸膜濾過装
置4の精密濾過装置を設けることにより、酸化・殺菌装
置5の性能向上を図るようにしている。しかし、本発明
において精密濾過装置4は必ずしも必要ではなく、この
精密濾過装置を備えない場合には、濾過装置3からの濾
過水を直接酸化・殺菌装置5に供給するようにすればよ
い。
【0032】一方、排水貯槽37に貯留された濾過物を
多量に含む水は、加圧浮上濃縮装置6で浮上分離濃縮が
行われる。この濾過物を多量に含む水は、加圧ポンプ6
1によって、ポンプ60から供給される凝集剤とともに
加圧タンク62に送られる。加圧タンクで一定圧に加圧
された濾過物を多量に含む水は浮上分離槽63の底部に
導かれ、吐出ノズル64から水中に放出される。
【0033】吐出ノズル64から放出した加圧水が常圧
に急変したときに生ずる微細気泡が凝集フロックの表面
に付着することによってフロックが浮上し、濃縮分離が
効率良く行われる。浮上スカムは、スカム掻き寄せ機で
分離槽上部のスカム受槽66に掻き寄せられ、次いでス
カム貯槽67に留められる。スカム貯槽67に留められ
た濃縮液はポンプ70により脱水装置7に供給される。
このように濾過機により分離された濾過物を濃縮するこ
とにより、脱水装置7における濾過物の脱水ケーク化の
効率(濾過物の回収率)を向上することができる。他
方、浮上分離槽63で分離された液成分68は、スカム
受槽66とは反対側のもぐり堰を経て取水原水ラインに
戻され、再度濾過装置3にリサイクルされる。
【0034】本実施態様では、脱水装置7のケーク回収
率の向上を図るための濃縮分離装置として加圧浮上濃縮
装置6を使用している。
【0035】次に本実施態様では、脱水装置7として瀘
布走行式脱水装置を用いている。この瀘布走行式脱水装
置は、一定軌道上を一方向に周回するエンドレスな瀘布
71と、瀘布71上のケークCを移し取る転写ドラム7
2と、転写ドラム72上に移し取られたケークCを掻き
落とすスクレーパ73等から構成されている。瀘布71
は、駆動ロール、ガイドロールや圧搾ロールを含む一群
のロール74で規制される一定の軌道上に張設され、図
1の矢印方向に周回している。
【0036】濃縮分離装置6によって濃縮された濾過物
を多量に含む水(濃縮分離装置6を備えない場合には、
排水貯槽37に貯留された濾過物を多量に含む水)は、
瀘布71上に供給される。瀘布71上に供給された固液
の混合物は、瀘布71の反対面側に設けられた図示しな
い減圧吸引装置により加えられる減圧吸引作用と、重力
とによって脱水され、さらに周回する瀘布71に伴われ
て転写ドラム72とロールとの間に運ばれ、そこで圧搾
されることにより水が搾り取られ、いわゆるケークCに
なる。
【0037】このケークCは、瀘布71から転写ドラム
72の表面に移し取られ、さらにスクレーパ73によっ
て掻き落とされ、ケークトレイに集められる。また、瀘
布71は、ポンプ33を用いて送られる濾過水の一部を
用いて、表洗ノズル77および逆洗ノズル78から噴射
し連続的に洗浄することができる。この洗浄により瀘布
71は再生され、長時間に渡って安定した処理が実現で
きる。
【0038】脱水して得られた水や洗浄し終えた水は、
シール槽を介して凝集反応装置2の供給側に戻される。
この種の脱水装置としては、例えば、特公平1−440
85号公報に開示された装置などがある。
【0039】上記瀘布71としては、回転ドラム式連続
濾過装置3の濾過材と同様の織物または編物からなる基
材の表面に、太さ0.1〜20μm程度の繊維の立毛を
略一定方向に横たわらせた瀘布を用いることが好まし
い。この瀘布71の立毛の横たわる方向は、瀘布71の
周回方向と逆向きにする。これにより、ケークCが瀘布
71から剥離し易くなり、ケークCが転写ドラム72へ
転写され易くなってケークCの回収率が向上する。ただ
し、太さ20μmを超える繊維が立毛された瀘布であっ
ても、凝集濃縮分離装置6により濾過物を凝集フロック
化と高濃度化することによって、ある程度はケークCの
回収率の低下は防止できる。
【0040】また、上記瀘布走行式脱水装置7では、瀘
布71からケークCを回収するのに、転写ドラム72と
転写ドラム72に当接したスクレーパ73を用いている
が、これを瀘布71に直接スクレーパ73を当接させて
ケークCを掻き取るような構成にしてもよい。また、瀘
布71に機械的な振動を与えることによって、ケークC
を瀘布71から脱落させるような構成にしてもよい。
【0041】実施例では脱水装置として、コンパクトで
大きな動力を要せず、連続的で操作が簡単な瀘布走行式
脱水装置を使用したが、本発明は対象となる固形物を脱
水できる脱水装置であればこれに限定されるものではな
く、連続式、回分式、遠心式などの分離方式の脱水装置
を用いることも可能である。
【0042】図2の水浄化装置は、汚染度が比較的低い
水域の原水や、或いは予め任意の瀘過装置によって一次
濾過された濾過水を対象とする場合に、飲料用水並みの
上質水を得る水浄化装置として好適である。
【0043】この水浄化装置は、トラック8を移動装置
とし、その荷台に精密濾過装置の中空糸膜濾過装置4と
酸化・殺菌装置の紫外線反応装置5とを搭載しており、
まず汚染度が比較的低い原水または一次濾過された濾過
水を中空糸膜濾過装置4で精密濾過し、次いでその精密
濾過水を紫外線反応装置5によって有機物の酸化および
細菌の殺菌を行い、反応槽52の排出管56から高品質
水として排出するようになっている。
【0044】中空糸膜濾過装置4は、前述したように中
空繊維(中空糸膜)を多数本束ねて装着した円筒型のカ
ートリッジ41を多数本組み込んで構成されており、例
えばその中空繊維の細孔径は0.1〜0.3μmであ
り、粒子径0.3μm以上の粒子はほぼ100%除去で
きる特徴を有する。したがって、この中空糸膜濾過装置
4で精密濾過した濾過水を、さらに紫外線反応装置5で
酸化および殺菌した浄化水は飲料用水並みの上質処理水
にすることができる。
【0045】この水浄化装置の紫外線反応装置5には排
出管56にセンサ57が取り付けられ、このセンサ57
は処理水中の残留塩素量を検知し、その信号により供給
ポンプ55の次亜塩素酸ソーダの供給量を制御するよう
にしている。このような次亜塩素酸ソーダの供給量制御
により、例えば有効塩素濃度を0.2mg/リットル程度
に抑えた高品質の飲料水並みの水を安定して得られるよ
うになる。
【0046】この実施例では、酸化剤として次亜塩素酸
ソーダを用いているが、過酸化水素等の他の酸化剤なら
びにその酸化剤の検知器との組み合わせでもよい。ま
た、必ずしも酸化剤は必要とするものではない。
【0047】また、この実施例では、精密濾過装置4の
後に酸化・殺菌装置5を組み込んでいるが、この逆に酸
化・殺菌装置の後に精密濾過装置を組み込んでもよい。
【0048】また、図2には示していないが、前述の図
1の実施例で追加項目として示したのと同様に、酸化・
殺菌された汚染物質または溶解塩類等の除去手段とし
て、活性炭吸着装置、逆浸透膜装置、イオン交換装置な
どを後段に組み込むようにしてもよく、これによって更
に上質の水を得るようにすることができる。
【0049】
【比較例】図1に示す装置における凝集反応装置2、精
密濾過装置4、加圧浮上濃縮装置6を除外し、かつ取水
装置1、濾過装置3、排水貯槽37、紫外線飯能装置
5、脱水装置7、発電機、トラック8を、それぞれ下記
諸元のようにした水浄化装置を使用し、容量約1,00
0m3 の親水公園の池について毎時20m3 の原水を取
水しながら浄水処理をした。
【0050】なお、紫外線反応装置5の流入側の酸化剤
として、次亜塩素酸を有効塩素濃度として20mg/リッ
トルになるように添加し、出口側の残留塩素濃度を0.
2mg/リットル以下にした。
【0051】(1)取水装置1:スキームサクションY
D−40LS−F(株式会社ワールドケミカル製) (2)濾過装置2:処理能力20m3 /Hrの回転ドラ
ム式連続濾過装置(トレロームRD−750−A3、濾
過材はHタイプを装着:東レ株式会社製) (3)排水貯槽37:200リットル貯留可能な貯槽
(材質:ポリ塩化ビニル) (4)紫外線反応装置5:
800リットル,110W水銀ランプ4本(ステンレス
クランク)(セン特殊光源社製) (5)脱水装置7:処理能力0.9m3 /Hrの瀘布走
行式脱水装置(トレロームTM−400、瀘布はFタイ
プを装着:東レ株式会社製) (6)発電機:出力20KVA発動発電機(ヤンマー株
式会社製) (7)トラック5:市販8トントラック。
【0052】上記水浄化処理の結果、脱水装置7から排
出されるケークの排出量は毎時0.002m3 であっ
た。
【0053】また、紫外線反応装置5の出入口の水質分
析をした結果によると、溶解性物質の指標であるCOD
は67%除去でき、かつ一般細菌数は100%除去で
き、水道水並みの良好な水質が得られた。また、この水
浄化処理におけるケークの回収率は92.7%であっ
た。
【0054】
【実施例】上記比較例では除外した凝集反応装置2、精
密濾過装置4、加圧浮上濃縮装置6を、それぞれ下記の
諸元にして図1のように組み入れた水浄化装置を使用
し、同じく容量約1000m3 の親水公園の池について
毎時20m3 の原水を取水しながら水浄化処理をした。
【0055】なお、凝集反応装置2および加圧浮上濃縮
装置6の凝集剤として、ポリ塩化アルミニウムを使用し
た。
【0056】(8)凝集反応装置2:容積1.5m
3 (材質SUS−304)攪拌機0.4KW付 (9)精密濾過装置4:中空糸膜濾過装置,トレキュー
ブTC−10(東レ株式会社製) (10)加圧浮上濃縮装置6:容積0.4m3 (材質S
US−304) 上記水浄化処理の結果、比較例に対して、加圧浮上濃縮
装置6を脱水装置7の前処理として組み込んだことによ
り、濾過装置3の洗浄排水を1353mg/リットルから
8,500mg/リットルまで高濃度化でき、脱水装置7
でのSS回収率が93%から98%に向上した。かつ、
得られた脱水ケーキ濃度も150,000mg/リットル
(15%)から180,000mg/リットル(18%)
まで向上した。
【0057】また、濾過装置3によるSS除去率が凝集
反応装置2を設置したことにより75%から90%に上
昇した。また、溶解成分であるCOD除去率も33%か
ら69%に約2倍に向上した。さらに、中空糸膜濾過装
置4を紫外線反応装置5の前処理として組み込んだこと
により濁質成分が除去され、紫外線の溶解成分除去効果
がよくなったため、COD除去率が67%から87%に
向上した。
【0058】
【発明の効果】以上説明したように、本発明に係る請求
項1の水浄化方法によれば、少なくとも、取水工程、濾
過工程、脱水工程の各工程からなる水浄化方法におい
て、濃縮工程を脱水工程の前処理として組み込んだこと
により、濾過装置の洗浄排水濃度を高濃度化でき、脱水
装置でのSS回収率や脱水ケーキ濃度を格段に向上する
ことができる。
【0059】したがって、大量の原水を効率的に浄化処
理できるとともに、濾過装置で除去した汚染物質を効率
よくケーク化して取り出すことができ、上記水浄化方法
を実施できる請求項4の水浄化装置においても、上記効
果と全く同様の効果を奏することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例に係る水浄化装置をその動作工
程のフローシートとともに示す概略図である。
【図2】本発明の他の実施例に係る水浄化装置をその動
作工程のフローシートとともに示す概略図である。
【符号の説明】
1 取水装置 2 凝集反応装置 3 濾過装置(回転ドラム式連続濾過装置) 4 精密濾過装置(中空糸膜濾過装置) 5 酸化・殺菌装置(紫外線反応装置) 6 加圧浮上濃縮装置 7 脱水装置(瀘布走行式脱水装置)
フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) C02F 1/00 C02F 11/14 C02F 9/00 502

Claims (6)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】水域から汚染物質を含む原水を取水する取
    水工程と、前記取水工程で取水した原水を回転する濾過
    材により連続的に濾過する濾過工程と、前記濾過工程
    よる濾過物を凝集させてフロックとするとともにそのフ
    ロックを加圧浮上方法により濃縮分離する濃縮分離工程
    と、前記濃縮分離工程で分離したフロックを脱水ケーク
    化して取り出す脱水工程とを含むことを特徴とする水浄
    化方法。
  2. 【請求項2】前記濾過物を凝集する際にアルミニウム系
    または鉄系の凝集剤を用いることを特徴とする請求項1
    の水浄化方法。
  3. 【請求項3】水域から汚染物質を含む原水を取水する取
    水手段と、前記取水手段で取水した原水を濾過する回転
    式連続濾過手段と、前記回転式連続濾過手段による濾過
    物を凝集させてフロックとし、そのフロックを濃縮分離
    する加圧浮上式の濃縮分離手段と、前記濃縮分離手段で
    分離したフロックを脱水ケーク化して取り出す脱水手段
    とを備えていることを特徴とする水浄化装置
  4. 【請求項4】前記取水手段、前記回転連続式濾過手段、
    前記濃縮分離手段および前記脱水手段が共通の架台に載
    架されていることを特徴とする請求項3の水浄化装置。
  5. 【請求項5】前記回転式連続濾過手段が、織物または編
    物からなる基材の表面に太さが0.1〜20μmの繊維
    の立毛を略一定方向に横たわらせてなる濾過材を備えて
    いる回転ドラム式連続濾過装置であることを特徴とする
    請求項3または4の水浄化装置。
  6. 【請求項6】前記脱水手段が、織物または織物からなる
    基材の表面に太さが0.1〜20μmの繊維の立毛を略
    一定方向に横たわらせてなる濾布を備えている濾布走行
    式脱水装置であることを特徴とする請求項3〜5のいず
    れかの水浄化装置。
JP24773295A 1995-09-26 1995-09-26 水浄化方法および装置 Expired - Fee Related JP3216495B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24773295A JP3216495B2 (ja) 1995-09-26 1995-09-26 水浄化方法および装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24773295A JP3216495B2 (ja) 1995-09-26 1995-09-26 水浄化方法および装置

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6186099A Division JPH0847698A (ja) 1994-08-08 1994-08-08 水浄化方法および装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0899097A JPH0899097A (ja) 1996-04-16
JP3216495B2 true JP3216495B2 (ja) 2001-10-09

Family

ID=17167853

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24773295A Expired - Fee Related JP3216495B2 (ja) 1995-09-26 1995-09-26 水浄化方法および装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3216495B2 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100812268B1 (ko) 2006-12-01 2008-03-17 비손푸른엔지니어링 주식회사 이동식 정수장치
KR101808813B1 (ko) * 2017-02-28 2018-01-18 (주)윈윈 원형 가압부상장치를 이용한 스크러버 배출수 처리 시스템 및 방법

Families Citing this family (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006239530A (ja) * 2005-03-02 2006-09-14 Japan Organo Co Ltd 船舶用バラスト水の製造方法及び製造装置
JP2007090214A (ja) * 2005-09-28 2007-04-12 Japan Organo Co Ltd 船舶用バラスト水の製造方法及び製造装置
JP2007237087A (ja) * 2006-03-09 2007-09-20 Chubu Plant Service Co Ltd 移動式水処理装置
WO2010132859A1 (en) * 2009-05-14 2010-11-18 Omni Water Solutions Llc Self-contained portable multi-mode water treatment system and methods
JP6263054B2 (ja) * 2014-03-13 2018-01-17 オルガノ株式会社 水処理装置および水処理方法
KR101953314B1 (ko) * 2017-02-28 2019-05-23 (주)윈윈 필터수단을 이용한 스크러버 배출수 처리 시스템 및 방법
US10851004B2 (en) * 2017-04-12 2020-12-01 Seaon, LLC Waste water treatment method and apparatus

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100812268B1 (ko) 2006-12-01 2008-03-17 비손푸른엔지니어링 주식회사 이동식 정수장치
KR101808813B1 (ko) * 2017-02-28 2018-01-18 (주)윈윈 원형 가압부상장치를 이용한 스크러버 배출수 처리 시스템 및 방법

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0899097A (ja) 1996-04-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2007509740A (ja) 酸化および膜濾過により水性廃液を精製する装置および方法
JP3216495B2 (ja) 水浄化方法および装置
JP2015077530A (ja) 造水方法および造水装置
WO2013121921A1 (ja) 分離膜モジュールの洗浄方法
KR100292225B1 (ko) 오·폐수 및 축산, 분뇨폐수의 중수도화에 관한 방법 및 장치
JP2005095818A (ja) 浄水処理方法および浄水処理システム
KR100617479B1 (ko) 전기응집 활성탄 여과장치
JP3944881B2 (ja) 浄水方法及び浄水装置
JP2010137216A (ja) 膜分離活性汚泥処理装置および膜分離活性汚泥処理方法
RU2104968C1 (ru) Способ очистки бытовых сточных вод и установка для его осуществления
Ericsson et al. Membrane applications in raw water treatment with and without reverse osmosis desalination
JP2002177956A (ja) 浄水方法および浄水装置
RU87421U1 (ru) Устройство для очистки сточной воды
JPH0847698A (ja) 水浄化方法および装置
KR0168827B1 (ko) 유기성 폐수의 정화방법
JP4781325B2 (ja) 排水処理方法
JP2770791B2 (ja) 水処理方法および水処理装置
JPH06134220A (ja) 固液分離装置
JP3356928B2 (ja) 浸漬型膜濾過装置を用いた水処理設備の運転方法
JP3496115B2 (ja) 膜ろ過式浄水処理装置におけるろ過膜洗浄方法
JP2001347295A (ja) 浮遊物質含有海水の浄化装置
JP2003340247A (ja) 水処理装置および方法
JP3376707B2 (ja) 水域浄化方法および水域浄化装置
KR200245298Y1 (ko) 정수장치 및 이동형 정수장치
KR102208641B1 (ko) 산화전처리를 이용한 폐수처리시스템

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees