JP3216142B2 - Score interpretation equipment - Google Patents

Score interpretation equipment

Info

Publication number
JP3216142B2
JP3216142B2 JP02907491A JP2907491A JP3216142B2 JP 3216142 B2 JP3216142 B2 JP 3216142B2 JP 02907491 A JP02907491 A JP 02907491A JP 2907491 A JP2907491 A JP 2907491A JP 3216142 B2 JP3216142 B2 JP 3216142B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sound
interpretation
symbol
note
notes
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP02907491A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH04261593A (en
Inventor
真弓 猪野
Original Assignee
カシオ計算機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2-417461 priority Critical
Priority to JP41746190 priority
Application filed by カシオ計算機株式会社 filed Critical カシオ計算機株式会社
Priority to JP02907491A priority patent/JP3216142B2/en
Priority claimed from US07/809,299 external-priority patent/US5202526A/en
Publication of JPH04261593A publication Critical patent/JPH04261593A/en
Publication of JP3216142B2 publication Critical patent/JP3216142B2/en
Application granted granted Critical
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】この発明は楽譜解釈装置に関する。 BACKGROUND OF THE regarding this invention score interpretation equipment.

【0002】 [0002]

【従来の技術】シーケンサ機能やMIDI等の楽器間インターフェース機能をもつ電子楽器では、シーケンサに記録された情報に従う自動演奏や、他の楽器等からの入力情報に従う演奏が可能である。 BACKGROUND OF THE INVENTION Electronic instruments with instrument between interface functions such as a sequencer function and MIDI, and automatic performance in accordance with the information recorded in the sequencer, it is possible to play according input information from other instruments, and the like. シーケンサ情報や入力情報は基本的に演奏情報であり、例えばMIDIインターフェースでは情報として演奏すべきノートの音高を表すノートナンバー、発音/消音を指示するノートオン/ Sequencer information and input information is basically performance information, for example, note number that represents the pitch of the note to be played as the information in the MIDI interface, note-on instructing pronunciation / mute /
オフコード、音強を表わすベロシティ等が含まれる。 Off code, include velocity, etc. representing the sound strength. 換言すればこの種の電子楽器では音楽解釈の問題は取扱ってはおらず、使用者が解釈して入力する演奏情報を受け付けるだけである。 In other words, the problem of music interpretation in this type of electronic musical instrument is dealing Orazu, only accepts the performance information for the user to input and interpret.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】従って、楽譜のような情報を基にして、自動的に音楽解釈を行って具体的な情報である演奏情報を得る音楽装置が望まれる。 [SUMMARY OF THE INVENTION Accordingly, based on information such as music, automatically music apparatus to obtain performance information is a specific information by performing a music interpretation desired. 特にこの発明では音楽解釈において一連のノートに好ましいアーティキュレーションやフレージング効果やまとまり感、 In particular a series of notes in the preferred articulation and phrasing effect and unity feeling in the music interpretation in the present invention,
流動感等がつくような演奏解釈を与えることができる楽譜解釈装置を提供することを課題とする。 To provide a musical score interpretation device capable of providing Interpretation as flowing effect and the like attached to an object.

【0004】 [0004]

【課題を達成するための手段】この課題を達成するため、この発明は、楽曲を表現する情報として楽譜で使用される楽譜記号を符号化した符号化楽譜記号の列を記憶する楽譜記号列記憶手段と、前記符号化楽譜記号の列を音楽解釈して各ノートの演奏パラメータを含む演奏データ列を生成する音楽解釈手段とを有し、前記音楽解釈手段が、前記符号化楽譜記号の列のなかから一連のノートに作用する一連ノート作用記号を検出する一連ノート作用記号検出手段と、検出された一連ノート作用記号受<br>ける一連のノートの音高に応じた関数を選択し、この選 Means for achieving the object] To achieve this object, the present invention is the score symbol string storage for storing the sequence of encoded music score marks obtained by encoding music symbols used in music as information representing the music a means, and a music interpretation means for generating performance data string including performance parameters of each note by music interpreting columns of the encoded music score marks, the music interpretation means, the columns of the coding music score marks select a series notes action symbol detection means for detecting a series notes action symbol that acts on a series of notes from Naka, a function corresponding the detected series notes acting symbols pitch of receiving <br> Keru series of notes, this selection
択された関数に対応して時間的に変化する演奏パラメータ値を一連のノートに対して割り当てる一連ノート作用記号解釈手段とを有することを特徴とする楽譜解釈装置を提供する。 Providing score interpretation apparatus characterized by having a series notes action symbol interpreting means for assigning a-option has been played parameter value temporally changes corresponding to the function for a series of notes.

【0005】 [0005]

【作用】この構成によれば、符号化した楽譜記号列のなかで一連ノート作用記号を検出し、この記号の解釈として、一連のノートに時間的に変化する演奏パラメータ値(ノートによって適宜異なる演奏パラメータ値)を割り当てるので、音楽的な統一感、流動感等のある演奏を一連のノートから得ることができる。 SUMMARY OF] According to this arrangement, detects a series notes action symbol among music symbol string obtained by encoding, as interpretation of the symbols varies as appropriate depending on performance parameter value (note that changes temporally in a series of notes played since assigning a parameter value), it is possible to obtain musical unity, playing with such flowing effect of a series of notes.

【0006】 [0006]

【実施例】以下、図面を参照してこの発明の実施例を説明する。 EXAMPLES Hereinafter, with reference to the drawings illustrating the embodiments of the present invention.

【0007】 全体構成 [0007] The overall configuration 図1はこの発明による楽譜解釈装置の機能ブロック図である。 Figure 1 is a functional block diagram of a musical score interpretation apparatus according to the present invention. 楽譜記号列メモリ10は通常の楽譜に含まれる種々の記号と基本的に1対1対応する符号化した記号の列(楽譜記号列)を記憶し、これによって楽曲を表現している。 Storing the music symbol string memory 10 various symbols and basically one to one row of the corresponding coded symbols in a normal score (score symbol string), thereby expresses the music. 音楽解釈部20は、楽譜記号列メモリ10からの楽譜記号列を受け取り、楽曲の演奏のために楽譜記号列を解釈する。 Music interpretation unit 20 receives the music symbol string from the score symbol string memory 10, interprets the musical score symbol string for playing music. 音楽解釈部20の解釈結果は、演奏される各ノートの実際の音高、発音時刻、音長及び音強の情報を含む。 Interpretation result of the musical interpretation unit 20 includes the actual pitch of each note to be played, onset time, the information of the tone length and tone strength. このような解釈結果は演奏記号列として演奏記号列メモリ30に記憶される。 This interpretation result is stored in the performance symbol sequence memory 30 as performance symbol string. 楽譜記号列メモリ10 Score symbol column memory 10
に置かれる符号化楽譜記号(ML−G)ファイル10F Coding music score marks to be placed (ML-G) file 10F
の構成例を図2(A)に示す。 An example of the configuration of FIG. 2 (A). この楽譜記号ファイル1 The score symbol file 1
0Fによって記述される楽譜は宣言ブロックと1つ以上の五線ブロックとから構成され、各五線ブロックは1つ以上の声部ブロックで構成される。 Score described by 0F is composed of a declaration block and one or more staves blocks, each staff block includes one or more voices blocks. 演奏記号列メモリ3 Playing symbol column memory 3
0に置かれる演奏記号(ML−P)ファイル30Fの構成例を図2(B)に示す。 A configuration example of a playing symbol (ML-P) file 30F placed in 0 shown in FIG. 2 (B). 演奏記号ファイル30Fは宣言ブロックと1つまたは複数の声部ブロックとから構成される。 Play symbol file 30F is composed of a declaration block and one or more voice block. 付録−1にML−Gファイル10Fの記述例(楽譜記号列)を示す。 Appendix -1 showing a description example of ML-G file 10F (score symbol string). このML−Gファイルの構文規則(ML−G言語のシンタクス)を付録−2に示す。 It shows the syntax rules of the ML-G file (ML-G language syntax) Appendix 2. また、ML−Gファイル10Fで使用される楽譜記号のセット(シンタクスにおける終端記号のセット)を付録− Furthermore, Appendix sets of music score marks (set of terminal symbols in syntax) used in ML-G file 10F -
3に示す。 3 to show. 付録−4にML−Pファイル30Fの記述例(演奏記号列)を示す。 Appendix -4 showing a description example of ML-P file 30F (play symbol string). このML−Pファイル30Fの構文規則(ML−P言語のシンタクス)を付録−5に示す。 It shows the syntax rules of the ML-P file 30F (ML-P language syntax) Appendix -5. ML−Pファイル記述例(付録−4)において、 In ML-P file description example (Appendix -4),
[ ]内はノートの演奏パラメータを表わしている。 In [] represents the performance parameter of the notebook.
[ ]内において、左から最初の数値はノートの実際の音高を表わす実音高パラメータである。 In the [], the first number from the left is the actual sound high parameter representing the actual pitch of the note. 2番目の数値はノートから次のノートまでの時間を表わすステップタイムパラメータであり、これによってノートの発音時刻が定められる。 The second number is the step time parameter representing a time from note to the next note, whereby the onset time of the note is determined. 3番目の数値はノートが実際に鳴っている時間(ゲートタイム)を表わす実音長パラメータである。 The third number is the actual sound length parameter representing the time the note is actually sounding (gate time). 4番目の数値は音強を表わす音強パラメータである。 Fourth numerical values ​​are sound little parameter representing a sound strong. このML−Pファイル記述例では各演奏パラメータにMIDI規格に合わせた数値をもたせてある。 In this ML-P file description example are remembering numeric value to match the MIDI standard to each performance parameter. ステップタイム(ゲートタイムも同様)と楽譜における音符(ノート)の長さとの関係を図3に示す。 And step time (gate time as well) the relationship between the length of the note (note) in the musical score shown in Fig. 以下、本楽譜解釈装置の主な特徴を説明する。 Hereinafter, describing the main features of the musical score interpretation device.

【0008】 ダイナミクス制御 [0008] dynamics control 本楽譜解釈装置の第1の特徴は強弱記号(ダイナミクス記号)の解釈に関する。 A first aspect of the present score interpretation apparatus concerning the interpretation of dynamic marks (dynamics symbols). 強弱記号の解釈のための機能ブロック図を図4に示す。 A functional block diagram for the interpretation of dynamic marks shown in FIG. 図示の広域強弱記号解釈部2 Shown wide dynamic marks interpreting unit 2
00は図1の音楽解釈部20の機能の1つであり、f 00 is one of the functions of the music interpretation unit 20 of FIG. 1, f
(フォルテ)やp(ピアノ)のような強弱記号を解釈するものである。 It is intended to interpret the intensity symbols such as (Forte) and p (piano). 広域強弱記号解釈部200は楽譜記号列100の中から強弱記号を検出する強弱記号検出部20 Wide dynamic mark interpretation unit 200 dynamic mark detecting unit 20 for detecting a dynamic mark from the musical score symbol string 100
1を含む。 Including 1. 強弱記号検出部201で検出された強弱記号を受けて基準音強評価部202は楽曲の基準となる基準音強を評価する。 Reference tone strength evaluation unit 202 receives the detected dynamic marks in dynamic mark detecting unit 201 evaluates the reference tone strength as a reference of music. この基準音強の評価結果に基づいて個別音強決定部203が個々の強弱記号に対する音強を決定する。 The individual sound strong determination unit 203 based on the evaluation result of the reference tone strength determines the sound strength for individual dynamic marks. 音強割当部204は決定された音強を強弱記号の範囲にある(強弱記号が作用する)ノート群の各ノートの音強パラメータとして割り当てて音強割当記号列3 Sound strong allocation unit 204 is a sound strong determined for a range of dynamic mark (dynamic mark is applied) sound intensity as assigned as the sound strength parameter of each note of the note group assigned symbol string 3
00を作成する。 To create a 00. このように、本楽譜解釈装置では、強弱記号の各々に対し、1対1対応で予め定めた音強を割り当てるのではなく、その音強を楽曲の基準音強に基づいて決定しているので個々の強弱記号は楽曲とは無関係に絶対的な音強を示すものとしてではなく楽曲に依存する形式で相対的に解釈されることになる。 Thus, in the musical score interpretation device for each of the dynamic marks, one-to-one correspondence with instead of assigning a predetermined sound strength, since the decision on the basis of the sound strength in reference tone strength of the music individual dynamic marks will be interpreted relative in a format dependent on the music rather than as an indication irrespective of absolute sound strength and music.

【0009】 声部間音比制御 [0009] voices Mahon ratio control 本楽譜解釈装置の第2の特徴は複旋律音楽における声部間の音量化や同時に発音される複数の音(和音)の構成音間の音量比を制御する機能にある。 A second aspect of the present score interpretation system is the ability to control the volume ratio between component sounds of a plurality of the sound sound to the volume reduction and simultaneous between voices in double melody music (chords). 図5にこのための機能プロック図を示す。 Figure 5 shows a functional Proc diagram for this. 声部識別部(または和音構成御識別部)210は楽譜記号列100に含まれる各声部を識別する(または和音を検出したときに各構成音の種類を識別する)。 Voice recognition unit (or chord component control identification unit) 210 (which identifies the type of each component sound when it detects a or chord) identifying each voice included in the musical score symbol string 100. 識別部210からの種類識別結果に対し種類別音量比決定部211は各声部(または和音構成音)に対する音量比を決定する。 Type level ratio determining unit 211 with respect to the type identification result from the identification unit 210 determines the level ratio for each voice (or chord constituent notes). この種類別音量比決定部211で決定された音量比に従って音強修正部212 Sound strong correction unit 212 according to the volume ratio determined in the Type level ratio determining portion 211
は音強列300の音強を修正する。 It modifies the sound strength of the sound a little column 300. 例えば、声部間の音量比制御の場合には、声部開始記号から始まる各々の声部の各ノートの音強パラメータを音量比率で修正し、和音構成音間の音量比制御の場合には検出した和音の各構成音であるノートの音強パラメータを音量比率で修正する。 For example, if the volume ratio control between voices may sound strong parameters of each note in the voice of each starting from voice start symbol fixed in volume ratio, when the volume ratio control between chord component sounds sound strength parameters of the note which is the constituent tones of the detected chord is fixed in volume ratio. このように、本楽譜解釈装置によれば声部の種類や和音構成音の種類に従って好ましい音量パラメータを声部間や和音構成音間にもたせることができる。 Thus, according to this score interpretation apparatus preferred volume parameter according to the type of voice types and chord component tones can be imparted between the voices and between chord component sounds.

【0010】 階層制御 [0010] The hierarchical control 楽譜において音符(ノート)に作用し得る記号は複数ある。 Symbol is more capable of acting on notes (notes) in the score. ある種の記号は広域にわたってノートに作用し、 Certain symbols acts on notes over a wide area,
別の種の記号は局所的にノートに作用する。 Another species is the symbol acts on the locally notes. したがってノートの演奏パラメータ値は複数の記号を考慮して定める必要がある。 Therefore note performance parameter of the value is necessary to determine in view of the plurality of symbols. このために本楽譜解釈装置は階層制御の機能をもっている。 The present score interpretation device for has a function of hierarchical control. 図6(A)に階層制御の一態様を図6(B)に階層制御の別の態様を示す。 One aspect of the hierarchical control in FIG. 6 (B) in FIG. 6 (A) shows another embodiment of the hierarchical control. 図6(A)の構成は合成型の階層制御を行う。 Configuration shown in FIG. 6 (A) performs the hierarchical control of a synthetic type. 検出部221は楽譜記号別のなかから広域記号(例えば、fやpのような広域強弱記号)を検出する。 Detection unit 221 detects a global symbol from among the different music score marks (e.g., a wide area dynamic marks, such as f and p). 検出された広域記号は広域記号解釈部222によって解釈される。 The detected global symbols are interpreted by a wide area symbol interpretation unit 222. 一方、検出部223は局所記号102(例えば1つのノートに作用する音強アクセント記号)を検出する。 On the other hand, the detection unit 223 detects the local symbol 102 (e.g., sound strong accent which acts on one note). 検出された局所記号は局所記号解釈部224によって解釈される。 The detected local symbol is interpreted by the local symbol interpretation unit 224. 合成部225は広域記号解釈部222からの広域解釈値と局所記号解釈部224からの局所解釈値とを合成してノートの演奏パラメータを決定する。 Synthesis unit 225 determines the note playing parameters by combining the local interpretation value from wide interpretation value and local symbol interpretation unit 224 from the wide area symbol interpretation unit 222. 音強の階層制御の場合において、 In the case of hierarchical control of the sound a little,
例えば、あるノートに広域強弱記号としてfが作用し、 For example, f acts as a Global dynamic marks to a note,
局所音強変化記号として音強アクセントがついているとし、広域記号解釈部222がfの解釈値として音強値8 And attached sound strong accent as a local sound strong accidental, sound strength value wide symbol interpretation unit 222 as interpreted value of f 8
0を与え、局所記号解釈値が音強アクセントの解釈値として1.1倍の音強指示を与えたとする。 Given 0, local symbol interpretation value and gave 1.1 times the sound strength indication as interpreted value of the sound strength accent. これに対し、 On the other hand,
合成部225は80に1.1を乗じて88を得、これを該当ノートの音強パラメータ値として設定する。 The combining unit 225 to give a 88 multiplied by 80 to 1.1, and sets this as sound strength parameter values ​​of the corresponding notes. 同じf Same f
が作用する領域内の別のノートには局所音強変化記号がついていないとすると、これに対し局所記号解釈部22 If There the to another note in the area acting does not have a local sound strong accidental, whereas the local symbol interpreting section 22
4は音強変化なしを指示する。 4 instructs the no sound a little change. これに対する合成部22 Synthesis section 22 with respect to this
5の合成音強値は80となる。 Synthetic sound a little value of 5 is 80. 図6(B)の構成は差替型の階層制御を行う。 Configuration of FIG. 6 (B) performs the hierarchical control of the replacement type. 検出部231は楽譜記号列のなかから広域記号111(例えば音高の広域記号である調号)を検出する。 Detector 231 detects a wide area symbols 111 (e.g., key signature at pitch wide area symbol) from among the music symbol string. これに対し、広域記号解釈部232はその解釈値を与える。 In contrast, the wide area symbol interpretation unit 232 gives the interpretation value. 検出部233は楽譜記号列のなかから局所記号112(例えば音高の局所記号である臨時記号)を検出し、それに対する解釈が局所記号解釈部2 Detector 233 detects (accidentals is a local symbol e.g. pitch) local symbols 112 from among music symbol string, interpretation of it local symbol interpreting unit 2
34で行われる。 It is carried out at 34. 選択部235は状況に応じていずれかの解釈値をノートの演奏パラメータ値として選択する。 Selecting unit 235 selects either the interpretation values ​​as performance parameter value of the note depending on the situation.
音高の階層制御を例にとって説明すると、楽譜記号列においてEの値をもつノートの音高は次のようにして決定される。 To describe the pitch of the hierarchical control as an example, note pitch having a value of E at the score symbol sequence is determined as follows. いま、このEのノートに対する調号がGであり、また臨時記号としてこのノートを半音上げるシャープの記号が作用しているとする。 Now, the key signature for the notes for this E is a G, also a sharp symbol to raise semitone this note as a temporary symbol is acting. この場合、広域記号解釈部232は調号Gに対する解釈値としてEのノートの音高は変化なしを指示し、一方、局所記号解釈部234 In this case, wide-area symbol interpreting unit 232 E of the note pitch as interpreted values ​​for key signature G instructs no change, whereas a local symbol interpreting section 234
はEのノートの音高を半音上げる指示を与える。 Provides an indication to increase semitone the pitch of the note of E. これに対し、選択部235は局所記号解釈部234からの解釈値を選択してEのノートの実音高をEより半音高いFに設定する。 In contrast, the selection unit 235 sets the actual sound height E of the note by selecting the interpretation values ​​from the local symbol interpretation unit 234 semitone higher F than E. Eのノートに臨時記号が作用していない場合には選択部235は広域記号解釈部232からの調号解釈値を使用し、Eのノートの実音高をEに設定する。 Selecting unit 235 if the notes E, accidentals not act using key signature interpretation value from the wide area symbol interpretation unit 232 sets the actual sound high notes E to E. なお、図6(A)と図6(B)は楽譜記号の階層の数を2 Incidentally, FIG. 6 (B) and FIG. 6 (A) is 2 The number of hierarchy of the music score marks
として示したが、これには限らず、階層数が3以上の場合にも本楽譜解釈装置の階層制御機能を適用できる。 It is described as, this is not limited, even if the number of hierarchies is three or more can be applied hierarchy control function of the score interpretation device.

【0011】 一連ノート制御 [0011] A series notebook control 更に、本楽譜解釈装置は一連のノートに対する演奏パラメータを時間的に変化させて制御する一連ノート制御機能を有している。 Further, the musical score interpretation system has a series notes control function of controlling temporally changing the performance parameter for a series of notes. この機能ブロツク図を図7に示す。 It illustrates this feature block diagram in FIG.
検出部241は楽譜記号列のなかから、一連のノートに作用する楽譜記号121(例えばスラー、クレッシェンド、リタルダンド)を検出する。 Detection unit 241 from among the music symbol string, music score marks 121 which acts on a series of notes (e.g. a slur, crescendo, rit) detected. 検出された一連ノート作用記号121は時間変化解釈部242に渡される。 Series note action symbol 121 is detected is passed to the time change interpretation unit 242. 時間変化解釈部242は検出した記号121が作用する一連のノートに対し、各ノートの演奏パラメータを時間的に変化させて制御する。 To time change interpretation unit 242 a set of notes the symbol 121 detected acts to control the performance parameters of each note temporally varied. 例えば、スラーの記号に対して時間変化解釈部242はスラーの中心に近いノートの音強が一番強くなるようにして時間的に変化する音強解釈を行う。 For example, time change interpretation unit 242 with respect to slur symbols do sound strong interpretation of time varying as the sound strength of the note near the center of the slur is most strongly. 一連ノート制御機能は一連のノートにまとまりや自然さを与えるのに有効であり、演奏解釈した楽曲に音楽らしさを与えるのに寄与する。 Series notebook control function is effective to provide the unity and naturalness to a series of notes, it contributes to give the music likeness to the music you play interpretation.

【0012】 音強・音長同時制御 [0012] The sound strength, sound length simultaneous control 更に、本楽譜解釈装置はノートに作用する所定の楽譜記号の解釈において、楽譜記号の解釈値によってノートの音強パラメータと音長パラメータの両方を制御する音強・音長同時制御機能を有している。 Further, the musical score interpretation system in the interpretation of a given music score marks acting on notes, have a sound strong-tone length Simultaneous control function for controlling both the sound strength parameters and sound length parameter of the notebook by interpretation value of the score mark ing. この機能ブロック図を図8に示す。 It shows this functional block diagram in FIG. 検出部251は楽譜記号列のなかからノートに関連する所定の楽譜記号を検出する。 Detection unit 251 detects a predetermined score symbols associated with notes from among music symbol string. 音強・音長同時制御部252は検出された楽譜記号を解釈して、 Sound intensity, sound length simultaneous control unit 252 interprets the detected music score marks,
関連するノートの音強パラメータと音長パラメータの両方を制御する。 To control both the sound strength parameters and sound length parameter related notes. このように本楽譜解釈装置ではノートに関連する楽譜記号を単にノートの1つの演奏パラメータを指示する記号として解釈するのではなく、ある種の楽譜記号についてはその解釈としてノートの音調と音強の両方を制御しているのでより音楽的な演奏解釈が可能となる。 Thus rather than simply interpreted as a symbol for indicating the one performance parameter of notes music score marks related to note in this score interpretation apparatus, notebook as their interpretation for certain music score marks tone and sound strength of more musically appropriate interpretation because it controls both is possible.

【0013】 システム構成 [0013] The system configuration 図9は上述した楽譜解釈装置を実現するための代表的なハードウエアブロック図である。 Figure 9 is a typical hardware block diagram for realizing the score interpretation device described above. 装置全体の制御はC Control of the entire system C
PU1が行う。 PU1 is done. プログラムROM2に楽譜を解釈する音楽解釈プログラムを含む所要のプログラムが記憶される。 Required programs in the program ROM2 including music interpreter that interprets the musical score is stored. 楽譜記号RAM3は図1の楽譜記号列メモリ10に相当するものであり、楽譜記号入力装置6から入力された楽譜記号列(具体例を付録−1に示す)を記憶する。 Music score marks RAM3 is equivalent to a score symbol string memory 10 of FIG. 1, and stores the score symbol input received from device 6 musical score symbol string (a specific example is shown in Appendix 1).
演奏記号RAM4は図1の演奏記号列メモリ30に相当するものであり、楽譜の解釈結果として演奏記号列(具体例を付録−4に示す)を記憶する。 Play symbols RAM4 are those corresponding to the play symbol string memory 30 of FIG. 1, and stores the play symbol string (a specific example in Appendix -4) as the interpretation result of the musical score. 作業用RAM5はプログラムの実行中にCPU1により使用される作業用のメモリである。 Working RAM5 is a working memory used by CPU1 during program execution. CPU1は演奏記号RAM4に記憶した演奏記号列に基づいて音源7を制御することにより、 CPU1 by controlling the sound source 7 based on the play symbol string stored in the play symbol RAM 4,
楽譜の音楽解釈に従った楽曲を自動演奏できる。 The music in accordance with the music interpretation of the score can be automatic performance. なお、 It should be noted that,
キー入力タイプの楽譜記号入力装置6の代りに、印刷された楽譜のイメージを読み取る楽譜イメージリーダを使用してもよい。 Instead of key input type music symbol input device 6 may use a score image reader for reading an image of the printed score. この場合、プログラムROM2中に楽譜イメージデータから楽譜記号を認識して付録−1に例示するような楽譜記号列を得る楽譜認識プログラムを用意する必要がある。 In this case, it is necessary to prepare a music recognition program in the program ROM2 obtain a score symbol sequence as illustrated in Appendix -1 recognizes the music score marks musical score image data.

【0014】 楽譜記号解釈の詳細 [0014] The score symbol interpretation details of 以上、個々の楽譜記号の解釈について詳細に説明する。 Above will be described in detail the interpretation of the individual music score marks.

【0015】 強弱記号解釈(図10〜図14) [0015] The dynamic marks interpretation (FIGS. 10 to 14) 強弱記号はML−G言語では図10に示すようにdy dy as the dynamic marks shown in FIG. 10 is a ML-G Language
namics(a1)で表される。 Represented by namics (a1). ここにa1は強弱記号名である。 Here a1 is a dynamic marks name. CPU1により実行される強弱記号解釈プログラムのフローを図11〜図13に示し、図14に強弱記号解釈の説明図を示す。 The flow of the dynamic mark interpretation program executed by CPU1 shown in FIGS. 11 to 13 is an explanatory view of dynamic marks construed in FIG. 強弱記号の解釈(図11) Interpretation of the dynamic marks (Figure 11)
では楽曲を表現する楽譜記号列の中から強弱記号を検出し、各強弱記号が曲のなかで占める割合を求め(11− In detecting a dynamic marks from the score symbol string representing the music, I asked the percentage among each strength symbol of the song (11-
1)、そのなかで最も高い割合をもつ強弱記号を曲の基準音強を指示する強弱記号Zとして選択する(11− 1), selects the dynamic mark with the highest percentage among As dynamic mark Z instructing reference tone strong songs (11-
2)。 2). そして選択した基準強弱記号Zに対する基準音強値startを求める(11−4〜11−6)。 And obtaining a reference sound strength values ​​start to the selected reference dynamic marks Z (11-4~11-6). そしてこの基準音強値startに基づいて、基準強弱記号Z Then, based on the reference sound strength values ​​start, the reference dynamic marks Z
以外の強弱記号に対する音強値を決定する(11−7、 To determine the sound a little value for other than the dynamic marks (11-7,
11−8)。 11-8). 図14の例では数値5で示すmfが基準強弱記号Zとして選択されており、その基準音強値sta mf indicated numerically 5 in the example of FIG. 14 has been selected as the reference dynamic marks Z, the reference sound little value sta
rtは75となっている。 rt has become a 75. なお本装置では音強パラメータはMIDIのベロシティに対応しており、0〜127 Incidentally sound strong parameter in this apparatus corresponds to the MIDI velocity, 0-127
の数値範囲をもつようになっている。 It is made to have a numerical range. 選択した基準強弱記号より強い強弱記号に対する音強値は図13の音強決定(上)ルーチンに従って決定され、基準強弱記号により弱い強弱記号に対する音強値は図12の音強決定(下)ルーチンに従って決定される。 Sound strength values ​​for stronger selected criteria dynamic markings dynamic mark is determined according to sound strong determination (top) routine of FIG. 13, the sound strength values ​​for weak dynamic marks by reference dynamic markings sound strong determination of FIG. 12 (bottom) routine It is determined in accordance with. 重要なことはいずれの強弱記号の音強値も、曲から検出した基準強弱記号Zに対する音強値startの関数として定められる点である。 Sound strength values ​​Importantly any dynamic marks is also a point which is defined as a function of the sound strength values ​​start to the reference dynamic marks Z detected from song. 図12、図13のルーチンの例では、基準より弱い強弱記号に対しては、 W=(start)/(1−sumincrease) 12, in the example of the routine of FIG. 13, for the weaker dynamic marks than the reference, W = (start) / (1-sumincrease)
/(1−increase) を減少幅とし(ただし、sumincrease=in / (1-increase) and decline (but, sumincrease = in
creaseのZ乗)基準より強い強弱記号に対しては、 W=(127−start)/(1−sumincre For Z-th power) stronger than the reference dynamic marks the crease, W = (127-start) / (1-sumincre
ase)/(1−increase) を増加幅とし(ただしsumincrease=inc ase) / (1-increase) and increment (but sumincrease = inc
reaseの(8−Z)乗)て求めている。 Seeking Te (8-Z) th power) of rease. ここにW Here in W
は、選択した基準強弱記号Zと基準強弱記号start The reference dynamic marks Z and the reference dynamic mark start selected
に依存する値をもつ。 With a value that depends on. 基準強弱記号より1つランクが下の強弱記号(Z−1)に対する音強は基準音強値sta Sound Qiang reference tone strength values ​​for one rank lower dynamic marks from the reference dynamic marks (Z-1) sta
rtよりWだけ小さな値をとり、基準より2つランクが下の強弱記号(Z−2)に対する音強は基準音強値st Take W only a smaller value than rt, it sounds strong for the two than the reference rank of under dynamic marks (Z-2) is the reference sound a little value st
artより Than art

【数1】 [Number 1] だけ小さな値をとり、同様に強弱記号(Z−C)に対する音強値Point(Z−C)は Only takes a small value, similarly sound strength values ​​for dynamic marks (Z-C) Point (Z-C) is

【数2】 [Number 2] で与えられる。 It is given by. 一方、基準よりCだけランクが上の強弱記号(Z+C)に対する音強値Point(Z+C)は On the other hand, dynamic marks above rank than the reference only C is (Z + C) sound strong value for Point (Z + C) is

【数3】 [Number 3] で与えられる。 It is given by. 以上の説明から明らかなように図11〜 Figure 11 As is apparent from the above description
図13にフローを実行することにより、図4で述べたような強弱記号の解釈機能が実現される。 By executing the flowchart in Figure 13, the interpretation function of the dynamic marks as described in FIG. 4 it is realized.

【0016】 強弱記号変化解釈(図15〜図17) [0016] The dynamic marks change interpretation (FIGS. 15 to 17) 次にクレジットやデクレッシェンドのような強弱変化記号の解釈を説明する。 Next, a description will be given of the interpretation of the dynamics accidental, such as credit and decrescendo. ML−G言語においてクレッシェンドはクレッシェンド開始記号bCRとクレッシェンド終了記号eCRとによって表現され、デクレッシェンドはデクレッシェンド開始記号bDEとデクレッシェンド終了記号eDEとによって表現される(図15)。 Crescendo In ML-G language is represented by a crescendo start symbol bCR and crescendo terminator ECR, decrescendo is represented by a decrescendo start symbol bDE and decrescendo terminator EDE (Figure 15). したがって、楽譜記号列において記号bCRから記号eC Thus, the symbol eC from the symbol bCR in music symbol string
Rまでがクレッシェンドの区間であり、記号bDEから記号eDEまでのデクレッシェンドの区間を表わす。 Until R is an interval of crescendo, it represents decrescendo interval from the symbol bDE to symbols EDE. 図15の例では第4オクターブのEの高さの16分音符(記号G4:16で表現される)がデクレッシェンドの開始するノートであり、第4オクターブのBの高さの1 Figure In 15 of the fourth octave height of 16 minutes note E of (sign G4: 16 expressed in) is started to note decrescendo, the height of the fourth octave B 1
6分音符(記号B4:16)がデクレッシェンドの終了するノートである。 Note 6 minutes (symbol B4: 16) is the end to notes of decrescendo. 強弱変化記号解釈ルーチンのフローを図16に示す。 The flow dynamics accidental interpretation routine shown in FIG. 16. 楽譜記号列のなかからクレッシェンドの記号対bCR、eCRまたはデクレッシェンドの記号対bDE、eDEが検索され、記号対を発見した場合に、クレッシェンドまたはデクレッシェンドが開始するノートの音強とノートの番号、クレッシェンドまたはデクレッシェンドが終了するノートの音強と番号とを読み取る(16−1〜16−4)。 Symbol pair of crescendo from among a score symbol column bCR, eCR or de-symbol pairs of crescendo bDE, eDE is searched, if you find a pair of symbols, crescendo or sound a little of note decrescendo is started and the notes of the number, crescendo or decrescendo reads the sound strength and the number of notes that the end (16-1 to 16-4). ここに開始または終了ノートの音強としては既に述べた強弱記号解釈で得られている値が使用される。 Values ​​already obtained in dynamic markings interpretation mentioned as a sound strong start or end note here is used. 次に強弱変化記号解釈ルーチンはクレッシェンド(またはデクレッシェンド)開始ノートから終了ノートまでの間にある一連のノートに時間的に変化する音強値を割り振るために16−5〜16−7を実行する。 Next dynamics accidental interpretation routine executes 16-5~16-7 to allocate the sound strength value that changes temporally in a series of notes in between the end note from crescendo (or decrescendo) start Notes . この音強割振のため、図16のルーチンでは音強を音高に関連させる手法を用いている。 For this sound strong allocator, the routine of FIG. 16 uses a technique that relates sound strong to the pitch. 即ち、開始ノートから終了ノートまでのノート群の音高の変化に適合するような音強の変化関数を求めて各ノートの音強を得ている。 That is, seeking sound little change function to fit notes group pitch change in to the end note from the start note give sound strength of each note. 詳細には開始ノートから終了ノートまでの音高列によって形成される波形と、図17に対する種類の関数function1、2、3に開始音強soと終了音強eoを代入して得られる関数波形との誤差を求め、 A waveform formed by pitch string to the end note from the start note in particular, the function waveform obtained by substituting the starting sound strong so the end sound little eo to the type of function function1,2,3 for 17 I asked for the error,
誤差が最小となる関数波形を音強の変化曲線として選択し、この音強変化曲線を用いて、クレッシェンド(またはデクレッシェンド)開始ノートから終了ノートまでの一連のノートの音高値を決定している。 Select the function waveform error is minimum as a change curve of sound strong, by using the sound strength change curve, and determines the sound high of a series of notes from crescendo (or decrescendo) starting note to the end note . 関数funct Function funct
ion1に従う音強変化曲線が選択された場合は音強は時間の経過とともに変化が小さくなるように制御され、 Sound strength If the sound strength variation curve according to ion1 is selected is controlled to change with time is reduced,
function2の場合は音強は時間の経過とともにより大きく変化し、function3の場合は音強は時間とともに直線的に変化する。 Sound strength For function2 changes larger over time, sound strength in the case of function3 varies linearly with time. このような強弱変化記号解釈処理を行うことにより、楽譜解釈装置は図7で述べた一連ノート制御機能を実現する。 By performing such dynamics accidental interpretation process, the musical score interpretation device implements a set note control functions described in FIG. 更に、強弱記号解釈と強弱変化記号解釈との組み合わせによって、図6A Furthermore, the combination of the dynamic marks interpretation and dynamics accidental interpretation, 6A
で述べたような階層制御機能を実現している。 In realizes the hierarchy control function as described.

【0017】 スラー解釈(図18〜図20) [0017] slur interpretation (FIGS. 18 to 20) ML−G言語ではスラーはスラー開始記号bSLとスラー終了記号eSLとによって表現される(図18)。 The ML-G Language slur is represented by a slur start symbol bSL and slur terminator ESL (Figure 18).
図18の例ではC4の4分音符がスラーの開始音符であり、G4の4分音符がスラーの終了音符である。 A starting quarter note notes slur of C4 in the example of FIG. 18, quarter notes G4 is an end note slur. スラー記号解釈ルーチンを図20に示す。 FIG. 20 shows slur symbol interpretation routine. このスラー記号解釈ルーチンの特徴は、スラーがついた一連の音符(ノート)がひとまとまりのフレーズのように感じられるように、一連のノートの音強を時間的に変化させている点である。 The feature of this slur symbol interpretation routine, as feel like a phrase of a series of notes (notes) Gahito unity that slur with, is that the sound strength of a series of notes are temporally varied. これによって図7で述べた一連ノート制御機能を表現している。 This expresses the series notes control functions described in FIG. 更に、音強の一連ノート制御に加え、スラーのついた各ノートの音長、即ち実際に発音される長さgatetimeをsteptimeより長くしている。 Furthermore, in addition to a series notes control sound strong, and tone length of each note with a slur, from steptime length gatetime That actually pronounced long. この意味で、図8で述べた音強・音長同時制御の機能を実現している。 In this sense, it realizes a function of sound strength, sound length simultaneous control described in FIG. スラー記号解釈ルーチンで行われる音強制御では、図19に示すようにスラー開始からスラー終了までのスラー区間の中心Zに近い中心後の最初のノートの音強が最大になるようにしてスラー区間に含まれる一連のノートの音強を、音強変化曲線 The sound is strong control performed by the slur symbol interpretation routine, slur section as the sound strength of the first note after the center close to the center Z of the slur section from slur begins as shown in Figure 19 until the slur ends is maximum the sound strength of a series of notes, sound a little change curve that is included in the

【数4】 [Number 4] に従って求めている。 It is determined in accordance with. ここに、bは音強が最大になるノートの位置を表わし、cは音強最大値で、(onkyo Here, b represents the position of the notes sound little is maximized, c is the sound strong maximum, (onkyo
+5)で与えられる。 Given by +5). ここにonkyoは上述した強弱記号解釈で既に得られている音強値である。 Here onkyo is sound strength values ​​already obtained in dynamic markings interpretation described above. 図20の2 2 of FIG. 20
0−1〜20−8でスラーの開始ノートの番号S、終了ノートの番号E、及び音強変化曲線yの各係数a、b、 No. S slur starting notes 0-1~20-8, number E end notes, and sound strength variation coefficients of the curve y a, b,
cを得ている。 It has gained c. 20−9〜20−14で開始ノートから終了ノート(SからE)までにある各ノートについてその音強とgatetime(実音長)を決定している。 And determine its sound strong and GateTime (actual sound length) for each note in the end note (E from S) from the starting notes 20-9~20-14.
特に20−11に示すように、着目しているノートの音強を音強変化曲線yに従ってもとめるとともに、ノートのgatetimeをsteptimeより10%長く設定している。 In particular, as shown in 20-11, together determine the sound strength of the note in question in accordance with sound strength change curve y, and the gatetime notes set 10% longer than Steptime. ここに、steptimeの初期値は、 Here, the initial value of the steptime is,
ML−G言語で記述された楽譜記号列に示されるノートの表記上の長さ(例えば4分音符の場合は4)を図3に示す変換表に従って変換した値をもつ。 (For example, 4-note 4) The length of the representation of the note shown in score symbol string written in ML-G language with the converted value according to the conversion table showing in Fig. なお、スラー解釈の音強制御では基準の音強onkyoとして広域記号である強弱記号の解釈結果を利用しており、この点で、 Incidentally, the sound is little control of the slur interpretation utilizes the interpretation result of the dynamic marks a wide area symbol as a sound strong onkyo criteria in this respect,
図6(A)で述べたような階層制御も実現している。 Are hierarchical control also implemented as described in FIG. 6 (A). 2
0−10に示すように、スラー区間がクレッシェンドやデクレッシェンドのような強弱変化記号の区間と重なる場合には20−11をスキップして強弱変化記号解釈による音強変化処理を優先させている。 As shown in 0-10, and 20-11 are skipped by priority to sound strong change process by dynamics accidental interpret if the slur interval overlaps a section of the dynamics accidental such as crescendo and decrescendo.

【0018】 局部的音強変化記号解釈(図21、図2 [0018] The local Tekioto strong accidental interpretation (Fig. 21, Fig. 2
2) 2) 単一のノートの音強を変化させるための局部的音強変化記号としてアクセント記号、スフォルツァンド、フォルツァンド、リンフォルツァンドなどがある。 Accent as a local Tekioto strong accidental for changing the sound strength of a single note, Sforza command, forzandos, and the like phosphorus forzando. このような局部的音強変化記号の解釈では、基準の音強として局部的音強変化記号がついたノートを含むノート群に作用する強弱記号の解釈値(強弱記号解釈ルーチンの結果) Such local Tekioto little over the interpretation of accidental interpretation value of dynamic mark acting on notes group including the notes with the local Tekioto little accidental as a sound strong criteria (the results of dynamic marks interpretation routine)
等を使用し、基準の音強(支配している音強)に基づいて局部的音強変化記号がついたノートの音強を定める。 Use the like, defining the sound strength of notes with a local Tekioto strong accidental based on reference tone strength of (strong sound dominates).
このようにしてノートの音強を階層的に決定することにより図6(A)で述べたような階層制御機能を実現している。 It realizes the hierarchical control functions as described in FIG. 6 (A) by this way hierarchically determining the sound strength of the note. 局部的音強変化記号解釈は図21と図22のフローに従って行われる。 Local Tekioto strong accidental interpretation is performed according to the flow of FIG. 21 and FIG. 22. 第1種の局部的音強変化記号(例えばアクセント)は図21のフローの21−1で検出され、第2種の局部的音強変化記号(例えばスフォルツァンド)は図22のフローの22−1で検出される。 The first type of local Tekioto strong accidental (e.g. accent) is detected at 21-1 in the flow of FIG. 21, the flow of the two local Tekioto strong accidental (e.g. Sforza command) Fig. 22 22 It is detected by -1. 第1 First
種の局部的音強変化記号を検出したときは、変化記号がついているノートの音強の初期値である基準音強即ち、 Upon detection of a species of local Tekioto strong accidental is strong reference tone which is the initial value of the sound strength of notes with a accidental i.e.,
強弱記号解釈ルーチンで得ている、そのノートを支配している強弱記号の音強値、あるいはそのノートがデクレッシェンドやクレッシェンドの範囲内でもあるときは、 Are obtained by adjusting the intensity symbol interpretation routine, sound strong value of dynamic markings governing the notes, or sometimes even within the scope of the notes decrescendo and crescendo,
強弱変化記号解釈ルーチンの実行結果である音強値に、 To that is the result of the execution of the strength accidental interpretation routine sound Tsuyochi,
検出した音強変化記号ごとに用意した音強変化データ値を加えてそのノートの音強値を決定する(21−2)。 It added sound strong change data value prepared for each detected sound strong accidental by determining the sound strength value of the note (21-2).
第2種の局部的音強変化記号を検出した場合は、変化記号のついたノートを支配している強弱記号より1ランク上の強弱記号について得ている音強値をそのノートの音強値として決定する(22−2)。 When detecting the second type of local Tekioto little accidental, the sound strength values ​​are obtained for dynamic marks of one rank than the dynamic markings governing the notes marked with accidental sound strength value of the note It is determined as (22-2).

【0019】 和音記号解釈(図23、図24) [0019] chord symbol interpretation (23, 24) 同時に発音される複数のノート(和音)を表現するため、ML−G言語ではノートの音高記号同士を図23に示すように山印の和音記号で結ぶ。 To express a plurality of note (chord) to be sounded simultaneously, the ML-G Language connecting pitch symbols between notes in Yamashirushi chord symbol as shown in FIG. 23. 和音記号解釈の一部を成す和音音量制御ルーチンを図24に示す。 A chord volume control routines forming part of the chord symbol interpretation shown in Figure 24. 和音音量制御ルーチンでは楽譜記号列のなかから和音記号を検索し、和音記号を検出したら(24−1)、和音のなかで最高音の構成音を見つける(24−2)。 The chord volume control routine searches the chord symbol from among a score symbol column, upon detection of the chord symbols (24-1), find the component sounds of the best sound among the chord (24-2). 図23の例ではA5が最高音の構成音である。 In the example of FIG. 23 is a structural sound of the A5 is the highest note. そして、最高音の和音構成音の音強を3だけ小さくする(24−3)。 Then, to reduce the sound strength of the chord constituent notes of the highest note only 3 (24-3). これにより、和音のなかで最高音が他の構成音より大きな音で演奏されることになり、好ましい和音のサウンドが得られる。 This makes it possible to highest pitch among the chord is played loudly than another component sounds, the preferred chord sound. このようにして和音音量制御ルーチンは複数の音の間に音量の差を与えることにより図5で述べたような音量比制御機能を実現している。 In this way, the chord volume control routine realizes the volume ratio control function as described in Figure 5 by providing a difference in volume between a plurality of sounds.

【0020】 声部間音量比制御 [0020] The voice between the volume ratio control 図2(A)、図2(B)に関して述べたように本楽譜解釈装置は複数の声部(パート)をもつ曲をとり扱うことができる。 FIG. 2 (A), the present score interpretation device as described with respect to FIG. 2 (B) can handle taking songs having a plurality of voices (the part). 楽譜記号RAM3に置かれる楽譜記号列において、各声部のデータは声部開始記号の後に続いている。 In music symbol string to be placed in music score marks RAM 3, the data of each voice is following the voice start symbol. 本楽譜解釈装置は複数の声部をもつ曲に対し、声部間の音量比を制御する機能を有している(図5)。 This score interpretation apparatus to tune with a plurality of voices, and has a function of controlling the volume ratio between the voices (Fig. 5). 図2 Figure 2
5の例ではソプラノ、アルト、テノール、バスの各声部の音量比として75:37、5:37、5:45を使用している。 In 5 instances soprano, alto, tenor, as the volume ratio of the bass voices 75: 37,5: 37,5: using 45. 図26はこのような声部間の音量比制御を実現するため声部間音量比制御ルーチンのフローである。 Figure 26 is a flowchart of voice between the volume ratio control routine for realizing the volume ratio control between such voices.
このルーチンは各声部についてのその他の解釈処理が終了した段階で行われる。 This routine is performed at the stage where the other interpretation process for each voice is completed. 26−1でCPU1は演奏記号RAM4の演奏記号列のなかから、声部開始記号%Pa CPU1 from among the play symbol column of the performance symbol RAM4 at 26-1, voices start symbol% ​​Pa
rt( )を検索し、見つけ出した声部開始記号の( rt () to search for, find the voices start symbol of the (
)内に示される声部の種類を識別する。 ) Identifies the type of voice indicated in. 識別した声部の種類がソプラノであれば声部開始記号に続く声部(即ちソプラノ声部)のデータは変更しない。 Data voices the type of the identified voice is followed if it voices start symbol a soprano (i.e. soprano voice) does not change. 識別した声部の種類がアルトかテノールであれば後続する声部データブロックの各ノートの音強パラメータを1/2倍し、 Sound strength parameters of each note in the voice data block type of the identified voice is followed if alto or tenor 1/2 multiplied,
(26−2、26−3)、識別した声部の種類がバスであれば後続する声部データブロックの各ノートの音強パラメータを45/75倍する。 (26-2 and 26-3), the type of the identified voice is 45/75 times the sound strength parameters of each note in the voice data block that follows if the bus. これにより、図25に示すような音量比がソプラノ、アルト、テノール、バスの各声部間につけられることになる。 As a result, the volume ratio as shown in FIG. 25 soprano, alto, tenor, is attached between the bass voices. この結果、聴覚上、 As a result, the hearing on the,
ソプラノパートが一番よく聞こえやすく、ついでバスが聞こえ、内声部であるテノールとアルトは小さな音により音組織をサポートするように働き、全体として好ましいサウンドが得られる。 Soprano part is easily the most well hear, then hear the bus, tenor and alto is an internal voice serves to support a sound organization by a small sound, preferable sound is obtained as a whole.

【0021】 テンポ変化記号解釈(図27〜図31) [0021] tempo accidental interpretation (FIGS. 27 to 31) アッチェレランド、リタルダンド、ストリンジェンド等は曲の途中でテンポを変化させるためのテンポ変化記号である。 Accelerando, ritardando, Sutorinjendo like are tempo accidental for changing the tempo in the middle of the song. 図27に示すようにML−G言語では、AL The ML-G language as shown in FIG. 27, AL
がアッチェレランド、RIがリタルダンド、SGがストリンジェンドを表わす。 There Accelerando, RI is rit, SG represents a Sutorinjendo. 図28は、アッチェレランド、 FIG. 28 is, Accelerando,
リタルダンド、ストリンジェンドのそれぞれに対して行われるテンポ変化制御の関数を示したものである。 Rit shows the function of the tempo change control performed for each Sutorinjendo. また、それぞれの記号に対するテンポ解釈ルーチンを図2 Also, FIG. 2 tempo interpretation routines for each symbol
9、図30、図31に示す。 9, FIG. 30, FIG. 31. アッチェレランドテンポ解釈(図29)では各ノートのテンポは y=−log(−x+bb)+a+log(bb) により計算される。 Accelerando tempo interpretation (Fig. 29), the tempo of each note is calculated by y = -log (-x + bb) + a + log (bb). ここに、bbは(アッチェレランド終了位置+100)の累算音長の位置を表わし、aはアッチェレランドが始まる前のテンポであり、上位ルーチン(図示せず)で得られているテンポ(例えば、楽譜記号ファイル(付録1参照)の宣言部に示された曲のテンポを解読した値)である。 Here, bb represents the position of the accumulation tone length (accelerando end position +100), a is the tempo before the accelerando begins tempo are obtained in the upper routine (not shown) (e.g., music score marks a file values ​​of decoding the tempo of the song shown in the declaration part of (see Appendix 1)). xはアッチェレランドの開始点からのノートの累算音長の変数である。 x is a variable of the accumulated note length of the notes from the start of the accelerando. この解釈により、アッチェレランドがついている一連のノートはテンポが次第に速くなる。 By this interpretation, a series of notes with a accelerando tempo gradually becomes faster. リタルダンド解釈(図30)ではリタルダンド記号がついた各ノートのテンポは、 y=log(−x+bb)+a−log(bb) に従って解釈される。 Rit interpretation tempo of each note with the (FIG. 30) In rit symbols are interpreted according to y = log (-x + bb) + a-log (bb). この式の各因子の意味はアッチェレランドの場合と同様である。 The meaning of each factor in the equation is the same as in the case of accelerando. この式は前式を基準テンポラインy=aについて折り返したものである。 This equation is obtained by folding back the Equation for the reference tempo line y = a. したがってリタルダンドがついた各ノートのテンポは次第に遅くなる。 Therefore tempo of each note that with a ritardando gradually slow down. ストリンジェンド解釈(図31)では、ストリンジェンド記号SGがついた各ノートのテンポを y=(a−b)exp(−x)+b に従って計算する。 In Sutorinjendo interpretation (Fig. 31), we calculate the tempo of each note with the Sutorinjendo symbol SG in accordance with y = (a-b) exp (-x) + b. ここにaはストリンジェンドが始まる前のテンポで、bはテンポの極限値で(a+10)で与えられる。 Here in a in front of the tempo Sutorinjendo begins, b is given by in the limit value of tempo (a + 10). この結果、ストリンジェンドのついた一連のノートのテンポは次第に速くなる。 As a result, a series of notes of the tempo with a Sutorinjendo is gradually faster. ただし、アッチェレランドと異なり、極限値に収束するようにテンポが変化する。 However, unlike the Accelerando, the tempo so as to converge to the limit value to change. このようにテンポ変化記号解釈のルーチン(図29〜図31)では、テンポ変化記号が作用する一連のノートに対し、そのテンポが時間的に変化するように制御することにより、図7で述べたような一連ノート制御機能を実現する。 Routine Such tempo accidental interpretation (FIGS. 29 to 31), with respect to a series of notes which acts tempo accidental, by its tempo is controlled to change with time, as described in Figure 7 to implement a series notebook control functions such as. また、曲のテンポのような広域(上位の階層レベルの)テンポ記号の解釈値を基準としてノートのテンポに変化をつけることにより、図6(A)で述べたような階層制御機能を実現している。 Also, such a wide area (the upper hierarchy level) as the song tempo by attaching change the interpretation value of tempo markings to note tempo as reference, it realizes hierarchical control functions as described in FIG. 6 (A) ing. 図29〜図3 FIGS. 29 3
1のルーチンの結果はノートごとのテンポの配列として一時記憶される。 Results of the first routine is temporarily stored as an array of tempo for each note. ML−P言語による演奏記号列においてノートごとにテンポデータを付けるのは記憶容量の面で不利であり、またMIDI等で演奏情報を送る場合にテンポを頻繁に変えることは制御上不都合である。 The attaching tempo data for each note in the play symbol string by ML-P language is disadvantageous in view of the storage capacity, also it frequently change the tempo when sending the performance data MIDI etc. are the control disadvantages. そこで、本楽譜解釈装置では、最終的な処理の段階でML− Therefore, in the musical score interpretation apparatus, at the stage of final processing ML-
P言語による演奏記号列の各ノートの音長パラメータg Sound length parameter g of each note of the performance symbol column by P Language
atetime、steptimeに曲の基準のテンポに対するノート時点でのテンポの比を乗じて音長パラメータを訂正することにより、音長パラメータ(時間パラメータ)中にテンポの変化を組み入れ、形式上のテンポデータは曲のテンポだけにしている。 Atetime, by correcting the tone length parameter is multiplied by the ratio of the tempo of the note when the tempo of the reference songs Steptime, incorporating the change in tempo during tone length parameter (time parameter), the tempo data on format It is only the tempo of the song.

【0022】 音長変化記号解釈(図32〜図36) [0022] The sound length accidental interpretation (FIGS. 32 to 36) ブレス、フェルマータ、スタッカテシモ、スタッカート、テヌート等は基本的には音長を変化させる楽譜記号である。 Breath, fermata, Sutakkateshimo, staccato, tenuto, etc. is basically a music score marks to change the tone length. 図32にこの種の音長変化記号の通常の楽譜での表現とML−G言語で符号化した表現を示す。 Figure 32 illustrates a typical encoded representation representation and ML-G language in music of such tone durations accidental. また、 Also,
図33から図36に各種の音長変化記号解釈ルーチンを示す。 Figure 36 Figures 33 shows various durations accidental interpretation routine. これらのルーチンの特徴は(息つぎであるブレス解釈ルーチンを除き)、単にノートの音長を変化させるだけでなく音強をも変化させている点である。 Features of these routines is that it (breath is next except breath interpretation routine), so simply change the sound strong not only to change the tone length of the note. これによって図8で述べた音強・音長同時制御機能を実現している。 This is realized sound strong-tone length simultaneous control functions described in FIG. 詳細に述べると、スタッカート、スタッカテシモ解釈ルーチン(図33)では、楽譜記号列からスタッカート記号STまたはスタッカテシモ記号SMを検出したら(33−1)、その記号がついたノートの音長パラメータgatetimeを10に設定する(33−2)。 In detail, staccato, the Sutakkateshimo interpretation routine (FIG. 33), upon detection of the staccato symbol ST or Sutakkateshimo symbol SM musical score symbol string (33-1), a sound length parameter gatetime notes that symbol is attached to the 10 set (33-2). 更にその記号がスタッカテシモ記号SMのときは、そのノートの音強パラメータONKYOをプラス3する。 Furthermore when the symbol is Sutakkateshimo symbol SM, plus 3 sounds strong parameters ONKYO of the note. ここに、プラス3する前の音強パラメータONKYOの値は音強階層上、上位のルーチン(強弱記号解釈ルーチン、 Here, plus three values ​​of previous sound strong parameters ONKYO sound strong hierarchically, the main routine (dynamic marks interpretation routine,
強弱変化記号解釈ルーチン)から与えられている。 It is given from strength accidental interpretation routine). この意味で、図6Aで述べた階層制御機能が実現されている(図34、図36でも同様)。 In this sense, hierarchy control function described in FIG. 6A is realized (Fig. 34, similarly also in FIG. 36). これにより、スタッカートのついたノートとスタッカテシモのついたノートとが区別化されるとともに、スタッカテシモのついたノートとその前後にあるノート群との間にも、音長だけでなく音強の点でも区別がつけられる。 Thus, the the notes with a note and Sutakkateshimo equipped with a staccato is differentiated, also between the notes group in its longitudinal and with notes of Sutakkateshimo, in terms of sound strength, not tone duration only distinction is attached. テヌート解釈ルーチン(図34)では楽譜記号列からテヌート記号TEを発見したら(34−1)、その記号がついた(演奏記号列上の)ノートの音長パラメータgatetimeを1.1 Tenuto interpretation routine (FIG. 34), the If you find the tenuto symbol TE from the score symbol column (34-1), a sound length parameter gatetime of the symbol is attached (on the performance symbol column) Notes 1.1
倍する(34−2)。 Times to (34-2). ここにgatetimeの初期値はノート間の間隔steptimeに等しいので、ga Here, since the initial value of gatetime is equal to the spacing steptime between notes, ga
tetimeを1.1倍することにより、テヌートのついた隣り合う音が10%程度重なって演奏されることになる。 By multiplying the 1.1 tetime, so that the sound adjacent with a tenuto is played overlaps about 10%. 更に、テヌート記号のついたノートの音強パラメータONKYOをプラス3する(34−3)。 Furthermore, plus 3 sound a little parameters ONKYO notes with a tenuto symbol (34-3). これは、 this is,
テヌートのまわりの音よりテヌートのついた音を3だけ大きくして演奏することを意味する。 Which means that to play 3 only increased to the sound with a tenuto than sound around the tenuto. ブレス解釈ルーチン(図35)では楽譜記号列からブレス記号BRを発見したら(35−1)ブレス記号の前にあるノートの音長パラメータgatetimeをマイナス1する。 Breath interpretation routine (FIG. 35) In After discovering breath symbol BR musical score symbol sequence a (35-1) Tone Length parameter gatetime of a note before the breath symbol minus 1. これにより、音に切れ目がつき、ブレスの前までのフレーズを明確にすることができる。 As a result, the sound a month break, it is possible to clarify the phrase before the breath. フェルマータ解釈ルーチン(図36)では楽譜記号列から検出した(36−1)フェルマータ記号FEが終始線の前についているかどうか(36−2)でフェルマータのついたノートの音長パラメータgatetimeの変更の仕方が異なる(36− Fermatas interpretation routines detected (FIG. 36), the score symbol string (36-1) whether fermatas symbol FE is attached in front of the beginning to end line (36-2) how changes tone duration parameter gatetime of with notes of fermatas in It is different (36-
3、36−4)。 3,36-4). フェルマータ記号FEが終始線の前についていれば、フェルマータのついたノートの音長パラメータgatetimeを2倍にし、それ以外のときは1.5倍にする。 If fermatas symbol FE is long with before beginning to end line, to double the sound length parameter gatetime notes with a fermata, at other times to 1.5 times. 更に、フェルマータ記号のついたノートの音強パラメータONKYOをプラス3する(36− Furthermore, plus 3 sound a little parameters ONKYO notes with a fermata sign (36-
5)。 5). これにより曲の終始感や段落感が明確にされる。 In this way from beginning to end feeling and paragraph feeling of the song it is clear.

【0023】 連符解釈(図37〜図42) [0023] Tuplet interpretation (FIGS. 37 to 42) 図37に示すような楽譜記号を連符と呼ぶ。 The music score marks as shown in FIG. 37 is referred to as a tuplet. このような連符記号はML−G言語では図38に示すような形式で表現される。 Such Renfu symbols in ML-G language is expressed in the form shown in Figure 38. 図38の例はG4とA4とB4の3連符であり、ML−G言語では〈3 G4:16−A4:1 Example of FIG. 38 is a triplet of G4 and A4 and B4, the ML-G Language <3 G4: 16-A4: 1
6−B4:16〉で表現される。 6-B4: 16 is represented by>. ここに16は連符構成音であるG4、A4、B4の各ノートの「表記」の長さが16分音符であることを示している。 Here 16 denotes the length of "representation" of each note is a tuplet component tones G4, A4, B4 are sixteenth notes. 実際には、3連符の全体の長さが8分音符の長さであるので、連符構成音の長さはその1/3であり、表記の長さ(16分音符)の2/3である。 In fact, the entire length of the triplet is the length of an eighth note, a one third the length of the tuplet component sounds, the length of the notation (sixteenth note) 2 / 3. 一般に連符構成音の長さは連符の全長を連符の数で等分した長さである。 The length of the generally Renfu constituent notes is the length obtained by equally dividing the total length of the tuplet the number of tuplets. 連符の全長が与えられている場合に、連符構成音の表記上の長さから実際の長さを得るために、表記の長さに掛けられる係数を図39に示す。 When the entire length of the tuplet are given, in order to obtain the actual length from the length of the representation of the tuplet component tones indicates a coefficient applied to the length of the representation in FIG. 39. 図40〜図42に各々の連符解釈ルーチンのフローを示す。 It shows the flow of each tuplet interpretation routine in FIGS. 40 42. これらのルーチンの特徴は、楽譜記号列に表記された連符ノートの音長を図39の表に従って修正するとともに、連符の最初のノートを他の連符ノートより強い音強に変更している点である。 Features of these routines, as well as modify the tone length tuplet notes, labeled the score symbol string according to the table in FIG. 39, by changing the first note of the tuplet strong sound strength than other tuplet notes is the point you are. したがって一連ノート制御機能(図7)の側面と音強・音長同時制御機能(図8)の側面を有している。 Accordingly series notebook control function has side surfaces and sound strength, sound length Simultaneous control function (Fig. 7) (Fig. 8). また、連符の最初のノートの音強は音強階層の上位レベルの強弱記号を解釈した結果を基準の音強として、基準の音強を所定量大きくすることで得ており、これによって階層制御機能(図6(A))を果たしている。 Also, as the sound strength of the reference result sound strength of the first note of the tuplet are of interpreting the high-level dynamic mark of sound strong hierarchy, and the sound strength of the reference obtained by increasing a predetermined amount, whereby the hierarchy control function plays a (FIG. 6 (a)). 各連符解釈ルーチンにおいて、最初のノートの音強設定は40−7、41− In each tuplet interpretation routine, the sound strong set of first note 40-7,41-
4、42−6に示すように、階層上、上位の強弱記号の解釈値である音強データに2を加えることで行っている。 As shown in 4,42-6, is performed by adding hierarchically, the 2 to Otokyo data is interpreted value of the most dynamic marks of. 連符ノートの音長修正に関しては、5、7連符解釈ルーチン(図40)では、連符の全長を1小節の長さから(連符を含む小節における)連符ノート以外のノートの音長の和を差し引いて求め、この連符の全長を連符のノート数で割って連符ノートの音長steptimeを算出し(40−1〜40−4)、3、4、9連符解釈ルーチン(図41)では、楽譜記号列に示された連符ノートの表記音長から得た演奏記号列のノートの音長データsteptimeに{(連符の数−1)÷連符の数}、 For the tone length correction of tuplet notes 5,7 triplets interpretation routine (FIG. 40), the sound of the entire length of the tuplet notes other than the note (measure in including tuplet) from the length of one measure of tuplet determined by subtracting the sum of the length, the total length of the tuplet divided by the number of notes tuplet to calculate the sound length steptime of tuplet notes (40-1 to 40-4), 3, 4, 9 triplets interpretation routine (FIG. 41), {the number of ÷ tuplet (number -1 tuplet)} to play symbol string notes sound length data steptime obtained from notation tone length tuplet notes shown in the score symbol string ,
即ち図39の表に示す係数を乗じて正しい値の音長データsteptimeを得ており(41−1、41− That is, to obtain the sound length data steptime correct value by multiplying the coefficients shown in the table of FIG. 39 (41-1,41-
2)、2、8連符解釈ルーチン(図42)では、2連符に対しては表記音長を表わす音長データsteptim 2), the 2,8 triplets interpretation routine (FIG. 42), tone length represents the notation durations for 2 triplets data steptim
eに係数3/4を乗じて2連符の各ノートの正しい音長データsteptimeを得(42−1、42−2)、 Multiplied by the coefficient 3/4 to e to obtain the correct sound length data steptime for each note of 2 triplets (42-1, 42-2),
8連符に対しては表記音長を表わす音長データstep Tone duration data step representing the notation durations for 8 triplets
timeに係数6/8を乗じて正しい音長データste Correct sound length data ste is multiplied by a coefficient 6/8 to time
ptimeを得ている。 It has gained ptime.

【0024】 前打音解釈(図43〜図49) [0024] appoggiaturas interpretation (FIGS. 43 to 49) 図43にML−G言語による前打音記号の例として、 Examples of appoggiaturas symbols by ML-G Language Figure 43,
短前打音記号、長前打音記号を示す。 Short appoggiaturas symbol shows Nagamae tapping sound symbols. 一般に前打音によって装飾される音を主要音(メインノート)と呼ぶ。 Generally referred to as the main sound sound to be decorated by appoggiaturas (main notes). 図43の楽譜の例では2分音符で表記されたD5の音が主要音である。 D5 sound of which is expressed in half notes in the example of the musical score of 43 is the main sound. しかし、主要音は実際には2分音符では演奏されず、前打音を加えた長さが2分音符になるように演奏される。 However, the primary sound not actually play a half note length plus appoggiaturas is played so that the half note. ML−G言語では楽譜に表記した音符の長さ通りに、各ノートの音長を表現するので、前打音を演奏解釈する際に、表記の音長を変更する必要がある。 The length of street of note that were expressed in the score in the ML-G language, so to represent the sound length of each note, when you play interpret the appoggiaturas, there is a need to change the sound length of notation. このために、本楽譜解釈装置の各前打音解釈ルーチン(図44〜図47)では楽譜記号列から読み取った前打音の音長と主要音の音長を修正して正しい前打音演奏が行われるようにしている。 For this, each appoggiaturas interpretation routine (FIGS. 44 to 47), the tapping sound of the tone duration and sound correct appoggiaturas performance by modifying the length of the main sound before read from music symbol string of the musical score interpretation device It is to be performed. 更に、主要音の音強を若干強くすることにより、主要音らしさが演奏表現されるようにしている(図47)。 Furthermore, by strong sound strength of the main sound slightly primary sound likeness is to be performance expression (Figure 47). これにより、音強と音長がともに制御され、図8で述べたような音強・音長同時制御機能が果たされる。 Thus, Otokyo and sound length are both controlled, sound strength, sound length concurrency control as described in FIG. 8 is fulfilled. また、主要音の音強は主要音等を支配する広域の強弱記号の解釈値に主要音での局所的な音強変化分+1を加えることで得ており(47−1〜47− Also, the sound strength of the main sound is obtained by adding a local sound strength variation +1 in major sound interpretation value of the wide area of ​​the dynamic marks that govern key sound or the like (47-1~47-
4)、これにより音強の階層制御機能(図6(A))を果たしている。 4) plays this by-hierarchy control function of the sound strength (FIG. 6 (A)). 種類別に前打音長解釈を説明すると、長打音長解釈ルーチン(図44)では楽譜記号列から長打音記号を検出したときに(44−1)、この長打音記号がついたノート、即ち(演奏記号列上の)長打音のst To explain the striking tone length interpreted before by type, slugging tone length interpretation routine (FIG. 44) In (44-1) when it detects a slugging clef musical score symbol sequence, note with this slugging clef, i.e. ( st of the performance symbol on the column) slugging sound
eptimeとgatetimeのデータを楽譜記号列に示された長打音の表記音長データから得た装飾音の音長(表記音長データを図3に従ってステップタイムの型のデータに変換した値)に設定し(44−2、44− Setting data eptime and gatetime the tone length ornament obtained from title sound length data of music score marks columns indicated slugging sound (value converted into the data type of the step time according to FIG 3 the notation sound length data) and (44-2,44-
3)、演奏記号配列上の次のノート、即ち主要音のst 3), the following note on the performance symbol sequence, ie of the main sound st
eptimeとgatetimeを楽譜記号列の主要音の表記音長から得た装飾される音長から上記装飾音の音長を差し引いた値に設定する(44−4、44−5)。 The eptime and gatetime setting from the sound length to be decorated obtained from notation durations of the main sound music symbol string to a value obtained by subtracting the sound length of the ornament (44-4,44-5).
この結果、図48の上部に示すような音長解釈が行われることになる。 As a result, the sound length interpreted as shown in the upper part of FIG. 48 is performed. 複前打音長解釈ルーチン(図45)では、複前打音記号を楽譜記号列から検出したら(45− In double appoggiaturas length interpretation routine (FIG. 45), upon detecting multiple appoggiaturas symbol from the music symbol string (45-
1)、複前打音(装飾音)の数だけ、各複前打音の演奏音長パラメータであるsteptimeとgateti 1), the number of double appoggiaturas (ornament), a performance sound length parameter of each double appoggiaturas steptime and gateti
meを楽譜記号列に示された各複前打音の表記音長に相当する値に設定する(45−2〜45−8)。 Setting the me to a value corresponding to a notation note length of each double appoggiaturas shown in score symbol string (45-2~45-8). 更に複前打音の演奏音長の合計Zを主要音の表記音長を表わす値(装飾音がかかっている音長)から差し引いて主要音の演奏音長パラメータsteptime、gatetim Furthermore double appoggiaturas playing tone length total Z value representing the notation durations of the main sound playing sound length parameter of the main sound is subtracted from (tone length that affects ornaments) steptime, gatetim
eを求める(45−9、45−10)。 Determine the e (45-9,45-10). したがって、図48の下半分に示すように、複前打音の数が2の場合には奏法に示すような音長解釈が行われることになる。 Accordingly, as shown in the bottom half of FIG. 48, so that the sound length interpreted as shown in playing is performed when the number of multi appoggiaturas is 2. 短前打音長解釈ルーチン(図46)では、短前打音記号の検出(46−1)に続いて曲のテンポを検査する(46 In short appoggiaturas length interpretation routine (FIG. 46), following detection (46-1) of the short appoggiaturas symbols checking the tempo of the song (46
−2)。 -2). 速いテンポのときは短前打音の演奏音長パラメータであるsteptimeとgatetimeを24 The steptime and gatetime is playing sound length parameter of the short before tapping sound when the fast tempo 24
(16分音符に相当する)に設定し(46−3、46− Set to (corresponding to 16 minutes note) (46-3,46-
8)、中程度のテンポのときはsteptimeとga 8), when the moderate tempo steptime and ga
tetimeを12(32分音符に相当する)に設定し(46−4、46−8)、遅いテンポのときはstep Set tetime to 12 (corresponding to 32-note) (46-4,46-8), step when the slow tempo
timeとgatetimeを6(64分音符に相当する)に設定する(46−7、46−8)。 The time and gatetime set to 6 (corresponding to a note 64 minutes) (46-7,46-8). 主要音の演奏音長パラメータであるsteptime、gateti It is a performance sound length parameter of the main sound steptime, gateti
meは主要音の表記音長値(装飾される音長)から短打音の演奏音長値(現在のsteptime)を差し引いて求める(46−9、46−10)。 me is obtained by subtracting the notation sound length value of the main sound performance sound length value of the short-hitting sound from the (sound length to be decorated) (current steptime) (46-9,46-10). したがって、図4 Thus, Figure 4
9に示すように、ラルゴ(Largo)のような遅いテンポの場合と、プレスト(Presto)のような速いテンポの場合とでは、同じ表現の短前打音と主要音の音符表現に対して、異なる音長解釈が行われことになる。 As shown in 9, in the case of the slow tempo, such as Largo (Largo), in the case of fast tempo, such as Presto (Presto), to the short before the note representation of a slapping sound and the main sound of the same expression, different sounds length interpretation is to be be done.
これにより、テンポに合わせた装飾を主要音につけることができる。 As a result, it is possible to put the combined decoration to the tempo to the main sound.

【0025】 装飾記号解釈(図50〜図53) [0025] The decorative symbol interpretation (FIGS. 50 53) モルデント、プラルトリラー、トリル、ターン、転回ターン等は装飾音として隣接音(隣接する高さの音)を用いて主要音を装飾するための楽譜記号の名前であり、 Mordent, Purarutorira, tolyl, turn, turn turn, etc. is the name of the score symbol for decorating the main sound by using the adjacent sound (the sound of the adjacent height) as grace notes,
ML−G言語では図50に示すように、それぞれ、M As shown in FIG. 50 is a ML-G language, respectively, M
O、PR、TR、TU、ITで符号化される。 O, PR, TR, TU, is encoded in IT. 楽譜上は、装飾音の音符自体(モルデント音符、プラルトリラー音符、トリル音符等)は明記されず、主要音の音符(図50の例ではG4の4分音符)、あるいは音符と音符の間に各装飾記号(図50の例ではモルデント記号) Score on the notes themselves ornament (mordents notes, notes Purarutorira, tolyl notes, etc.) are not specified, the note of the key tone (quarter notes G4 in the example of FIG. 50), or each between the notes and the notes ornaments (mordents symbols in the example of FIG. 50)
をつけるだけである。 Only put. したがってML−G言語で記述した楽譜記号列にも、装飾音符自体の記号は含まれない。 Therefore even the score symbol string written in ML-G language, symbols grace note itself is not included.
このため、本楽譜解釈装置には楽譜記号列を演奏解釈して演奏記号列に変換する場合に装飾記号を解釈して所要の装飾をつける装飾記号解釈処理を行う。 Therefore, the present score interpretation unit performs ornaments interpretation process to give the required decorative interprets the ornaments when converting the play symbol string playing interpreting music symbol string. 各装飾記号解釈処理では装飾音型(装飾パターン)の各ノートの演奏音長と音高のパラメータを決定し、更に、装飾音型を構成する一連のノートに音強変化をつけるため、音型の重要なノート(例えば最初のノート)に若干のアクセントをつける。 Each decorative symbol interpretation process determines the parameters of the performance sound length and pitch of each note of the ornament type (decorative pattern), further, for applying sound little change in the sequence of notes constituting the ornament type, sound type important notes (for example, the first note) put a slight accent. このような装飾記号解釈により、一連のノート制御機能(図7)、音強・音長同時制御機能(図8)、音強の階層制御機能(図6(A))が果たされる。 Such ornaments interpretation, a series of notes control function (Fig. 7), the sound strength, sound length concurrency control (FIG. 8), hierarchy control function of the sound strength (FIG. 6 (A)) is achieved. 具体例としてトリル記号解釈のルーチンを図51〜 Figure routines tolyl symbol interpretation Examples 51 to
図53に示す。 It is shown in Figure 53. このルーチンではトリルの装飾音型として4つの等しい長さのノートから成り、上側の隣接音から主要音、下側の隣接音、主要音へと変化するパターンを採用している。 This routine consists of four equal length of the note as ornament type tolyl, main sound from the top side of the adjacent sound, employs a pattern that changes to the lower side of the adjacent sound, the main sound. 詳細に述べると、ターン音高の音長決定1(図51)では、楽譜記号列からノート(音符)についたターン記号を検出したら(51−1)、ターン記号のついたノートの音長を1/4して演奏されるトリル装飾音型における4つのノートの各音長(stepti In detail, the tone length determination turn pitch 1 (FIG. 51), upon detection of the turn symbol with the score symbol string to the note (note) (51-1), the tone length with notes of turn symbols each tone length four notes in tolyl ornament type to be played by 1/4 (stepti
me、gatetime)を得る(51−2、51− me, gatetime) get the (51-2,51-
4)。 4). また、第2と第4のノートが主要音の高さになり、第1ノートが主要音の上側の隣接音高、第3ノートが下側の隣接音高になるようにして各ノートの音高を決定する(51−5〜51−13)。 Furthermore, to the height of the second and fourth notes main sound, the upper adjacent pitch of the first note key tone, third notes set to be the lower of the adjacent pitch sound of each note to determine the height (51-5~51-13). ターン音高の音長決定2(図52)では、楽譜記号列からノートとノートの間についたターン記号を検出したら(52−1)、ターン音型の4つのノートの各音長(steptime、g In turn pitch of the sound length determination 2 (FIG. 52), upon detection of the turn symbol with the score symbol string between the note and the note (52-1), each tone length four notes turn sound type (Steptime, g
atetime)を32分音符に相当する12に設定し(52−6)、ターン音型の全長をターン記号の前につくノート(先行の音)の表記音長値から差し引いて先行音の正しい音長(steptime、gatetim Set 12 corresponding Atetime) to note 32 minutes (52-6), the correct sounds of the preceding tone is subtracted from notation tone length value of the note to get the total length of the turn-sound type before the turn symbol (prior sound) length (steptime, gatetim
e)を得る(52−2)。 e) obtain (52-2). ターン音型の4つのノートの音高はターン音型に先行する音を主要音としてターン音高・音長決定1と同様にして決定される(52−5〜5 Turn the sound type four notes pitch of is determined in the same manner as the turn pitch and length determining 1 sounds preceding the turn sound type as the primary sound (52-5~5
2−12)。 2-12). ターン音強制御(図53)ではターン記号がノート(主要音符)についている場合には(53− If you turn the sound a little control (Fig. 53), the turn symbol is attached to the Notes (the main note) (53-
1)、ターン装飾音型の最初のノートの音強をプラス1 1), plus 1 sound a little of the first note of the turn ornament type
する(53−2)。 To (53-2). ここにプラス1する前の音強値は上位の階層レベルの強弱記号の解釈値である。 Sound strength value before plus 1 here is the interpretation value hierarchy level dynamic marks of the upper. ターン記号がノートの間についている場合は(53−3)、主要音である先行するノートの音強データをプラス1する(5 If you turn symbol is attached between the notes (53-3), plus 1 to the sound strength data of the note that precedes a major sound (5
3−4)。 3-4).

【0026】 音高解釈(図54、図55) [0026] The pitch interpretation (Figure 54, Figure 55) 図54に音高解釈ルーチンを示す。 Indicates the pitch interpretation routine in FIG. 54. まず54−1で楽譜記号列上で着目しているノート(現音符)に臨時記号がついているかどうか、あるいは現音符の小節内で現音符の五線位置(音名を表わすアルファベットとオクターブを表わす番号とで示される)に先行する臨時記号があるかどうかを調べる。 Whether or not the first marked with attention to that note accidentals (now note) at 54-1 on the score symbol column, or representing the alphabet and octave representing the staff position (note name of the current note in the bar of the current note determine if there is accidental preceding the indicated is) by the number. 臨時記号がないときは(54− If there is no accidentals (54 -
2)、調号記号を検査して調号が現音符の五線位置にシャープまたはフラットをつけるかどうかを調べる(54 2), key signature by examining the key signature symbol determine whether put a sharp or flat on the staff position of the current note (54
−3)。 -3). なにもつけないときは現音符に表記された音高を現音符の実音高として決定し(54−4)、シャープをつけるときは表記音高を半音上げ(54−5)、フラットをつけるときは表記音高を半音下げて(54− Nothing to determine the pitch that has been expressed to the current note if you do not put as the actual sound high of the current note (54-4), semitone up a high-notation sound when you put a sharp (54-5), put the flat when the lower semitone the high notation sound (54-
6)、現音符の実音高を決定する。 6), to determine the actual sound high of the current note. このようにして、局所的な音高指示記号である臨時記号が音符についていないときは広域記号である調号の解釈に従って音符の音高を決定する。 In this way, when the accidentals are local pitch designator is not attached to a note determines the note pitch in accordance with the interpretation of which key signature broad symbol. これに対し、臨時記号がついているときは(54−2)、臨時記号の種類を識別する(54− In contrast, when marked with accidentals (54-2), it identifies the type of accidentals (54-
7)。 7). 臨時記号の種類がナチュラルのときは現音符の表記音高を現音符の実音高として決定し(54−8)、臨時記号の種類がフラットのときは表記音高を半音下げ(54−9)、シャープのときは表記音高を半音上げ(54−10)、ダブルシャープのとき表記音高を全音上げ(54−11)、ダブルフラットのときは表記音高を全音下げて(54−12)現音符の実音高を決定する。 When the kind of accidentals is natural to determine the notation pitch of the current note as the actual sound high of the current note (54-8), the type of accidentals semitones lower the high notation sound when the flat (54-9) , semitone up a high-notation sound when the sharp (54-10), the notation pitch a whole tone up when the double sharp (54-11), when the double flat to lower whole tone of the high notation sound (54-12) to determine the actual sound high of the current note. このように臨時記号が音符に作用しているときは臨時記号の解釈に従って音符の音高を決定している。 Thus when the accidentals is acting on the note determines the note pitch in accordance with the interpretation of accidentals. このようにして音高解釈ルーチンは図6(B)で述べたような階層制御機能を音高について実現している。 In this way, the pitch interpretation routine realizes the pitch of the hierarchy control function as described in FIG. 6 (B). この結果、図55に例示するような正しい音高解釈が行われる。 As a result, the correct pitch construed as exemplified in FIG. 55 is performed.

【0027】 [0027]

【表1】 [Table 1]

【表2】 [Table 2]

【表3】 [Table 3]

【表4】 [Table 4]

【表5】 [Table 5]

【表6】 [Table 6]

【表7】 [Table 7]

【表8】 [Table 8]

【表9】 [Table 9]

【表10】 [Table 10]

【0028】 変形例 [0028] Modification 以上で実施例の説明を終えるがこの発明の範囲内で種々の変形、変更が可能である。 While completing the description of the embodiment having the above various modifications within the scope of the invention, it can be changed. 例えば、楽譜の符号化言語として上述したML−G言語以外の任意の適当な楽譜符号化言語が使用できる。 For example, any suitable music coding languages ​​other than ML-G language described above as coding language score can be used. 同様に演奏の符号化言語として上述したML−P言語以外の任意の適当な演奏符号化言語が使用できる。 Any suitable performances coding languages ​​other than ML-P language described above can be used as the encoding language of similarly played. また、一連ノート制御機能(図7) The series notebook control function (Fig. 7)
をその他の楽譜記号、例えば、トレモロ、アルペジオ記号等の解釈に組み込むようにしてもよい。 Other music score marks, for example, tremolo, may be incorporated into the interpretation of such arpeggio symbol.

【0029】 [0029]

【発明の効果】以上説明したように、この発明では、楽曲を表現する符号化楽譜記号列のなかで一連ノート作用記号に着目し、その解釈として一連のノートに時間的に変化する演奏パラメータ値を割り当てているので、音楽的なまとまり感や流動感等に豊む演奏を可能にする音楽解釈を提供できる。 As described in the foregoing, in the present invention, it is focusing on a series notes action symbol among the encoded music symbol string representing music, performance parameter value that changes temporally in series of notes as the interpretation because you assigned, it is possible to provide the music interpretation that allows the rich non-playing musical unity feeling and liquidity feeling, etc.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】この発明に係る楽譜解釈装置の全体機能ブロック図である。 1 is an overall functional block diagram of a musical score interpretation device according to the present invention.

【図2】(A)は図1の楽譜記号列メモリに置かれるM [2] (A) M is placed in the score symbol string memory of FIG. 1
L−Gファイルの構成図、(B)は図1の演奏記号列メモリに置かれるML−Pファイルの構成図である。 Diagram of L-G file, (B) is a schematic diagram of a ML-P files put into play symbol string memory of FIG.

【図3】楽譜記号列における音長表現と演奏記号列における音長表現(ステップタイム)との関係を示す図である。 3 is a diagram showing the relationship between the tone duration representation in the tone length expressed as playing symbol string in the score symbol string (step time).

【図4】楽譜解釈装置に含まれる広域強弱記号解釈機能のブロック図である。 4 is a block diagram of a wide area dynamic markings interpretation function included in the musical score interpretation device.

【図5】楽譜解釈装置に含まれる声部間または和音構成音間の音量比制御機能のブロック図である。 5 is a block diagram of a volume ratio control function between voices or between chord component sounds included in the musical score interpretation device.

【図6】(A)は楽譜解釈装置に含まれる合成型の階層制御機能のブロック図、(B)は楽譜解釈装置に含まれる選択型の階層制御機能のブロック図である。 6 (A) is a block diagram of a composite type of hierarchy control function included in the musical score interpretation unit, a block diagram of (B) is selected form the hierarchy control function included in the musical score interpretation device.

【図7】楽譜解釈装置に含まれる一連ノート制御機能のブロック図である。 7 is a block diagram of a series notes control function included in the musical score interpretation device.

【図8】楽譜解釈装置に含まれる音強・音長同時制御機能のブロック図である。 8 is a block diagram of a sound included in the musical score interpretation device Strong-tone length concurrency control.

【図9】楽譜解釈装置を実現するための代表的なシステム構成を示すブロック図である。 9 is a block diagram showing a typical system configuration for realizing the score interpretation device.

【図10】強弱記号のML−G言語による符号化を示す図である。 10 is a diagram showing encoding by ML-G language dynamic marks.

【図11】図9のCPUによって実行される強弱記号解釈ルーチンのフローチャートである。 11 is a flowchart of a dynamic markings interpretation routine executed by the CPU of FIG.

【図12】図11の音強決定(下)ブロック11−7のフローチャートである。 Is a flow chart of FIG. 12 sounds strong determination of FIG. 11 (bottom) block 11-7.

【図13】図11の音強決定(下)ブロック11−8のフローチャートである。 13 is a flowchart of the sound strength determination of FIG. 11 (bottom) block 11-8.

【図14】強弱記号解釈の態様をグラフで表現した図である。 14 is a diagram representing the aspects of dynamic marks interpreted graphically.

【図15】ML−G言語による強弱変化記号を示す図である。 15 is a diagram showing the strength accidental by ML-G language.

【図16】強弱変化記号解釈ルーチンのフローチャートである。 16 is a flowchart of the dynamics accidental interpretation routine.

【図17】強弱変化記号の解釈で使用される音強時間変化関数をグラフで示した図である。 17 is a diagram showing a sound little time change function used in the interpretation of dynamics accidental graphically.

【図18】ML−G言語によるスラー記号を示す図である。 18 is a diagram showing a slur symbol by ML-G language.

【図19】スラーのついた一連のノートに対する音強を時間変化させる関数をグラフで示した図である。 19 is a diagram illustrating a function of changing the sound a little time for a series of notes with a slur graphically.

【図20】スラー解釈ルーチンのフローチャートである。 20 is a flowchart of a slur interpretation routine.

【図21】局部的音強変化記号解釈1のフローチャートである。 21 is a flowchart of a local Tekioto strong accidental interpretation 1.

【図22】局部的音強変化記号解釈2のフローチャートである。 22 is a flowchart of a local Tekioto strong accidental interpretation 2.

【図23】ML−G言語による和音記号を示す図である。 23 is a diagram showing a chord symbol by ML-G language.

【図24】和音構成音間の音量比を制御する和音音量制御ルーチンのフローチャートである。 24 is a flowchart of a chord sound volume control routine for controlling the volume ratio between the chord component sounds.

【図25】声部間の音量比を示す図である。 FIG. 25 is a diagram showing the volume ratio between the voices.

【図26】声部間音量比制御ルーチンのフローチャートである。 26 is a flowchart of the volume ratio control routine between voices.

【図27】ML−G言語によるテンポ変化記号を示す図である。 27 is a diagram showing a tempo accidental by ML-G language.

【図28】各テンポ変化記号の解釈で行われる一連のノートに対するテンポ変化制御のための関数をグラフで示した図である。 28 is a view showing the function graphically for tempo change control for a series of notes to be performed by the interpretation of the tempo accidental.

【図29】テンポ変化記号の一種であるアッチェレランド記号の解釈ルーチンのフローチャートである。 29 is a flowchart of the interpretation routine accelerando symbol which is a kind of tempo accidental.

【図30】テンポ変化記号の一種であるリタルダンド記号の解釈ルーチンのフローチャートである。 FIG. 30 is a flowchart of the interpretation routine rit symbol which is a kind of tempo accidental.

【図31】テンポ変化記号の一種であるストリンジェンド記号の解釈ルーチンのフローチャートである。 31 is a flowchart of the interpretation routine Sutorinjendo symbol which is a kind of tempo accidental.

【図32】ML−G言語による音長変化記号を示す図である。 32 is a diagram showing a sound length accidental by ML-G language.

【図33】音長変化記号の一種であるスタッカートとスタッカテシモの解釈ルーチンのフローチャートである。 33 is a flowchart of a staccato and Sutakkateshimo interpretation routine, which is a kind of tone durations accidental.

【図34】音長変化記号の一種であるテヌートの解釈ルーチンのフローチャートである。 34 is a flowchart of a tenuto interpretation routine, which is a kind of tone durations accidental.

【図35】音長変化記号の一種であるブレスの解釈ルーチンのフローチャートである。 FIG. 35 is a flowchart of breath interpretation routine, which is a kind of tone durations accidental.

【図36】音長変化記号の一種であるフェルマータの解釈ルーチンのフローチャートである。 36 is a flowchart of fermatas interpretation routine, which is a kind of tone durations accidental.

【図37】楽譜における連符記号を示す図である。 37 is a diagram showing a tuplet symbols in music.

【図38】ML−G言語による連符記号を示す図である。 38 is a diagram showing a Renfu symbol by ML-G language.

【図39】連符記号に表記されたノートの音長を実音長に変換するための係数を示す図である。 39 is a diagram showing a coefficient for converting the tone length inscribed notes Renfu symbol actual sound length.

【図40】5、7連符解釈ルーチンのフローチャートである。 Figure 40 is a flow chart of 5,7 triplets interpretation routine.

【図41】3、4、9連符解釈ルーチンのフローチャートである。 41 is a flowchart of the 3, 4, 9 triplets interpretation routine.

【図42】2、8連符解釈ルーチンのフローチャートである。 42 is a flowchart of 2,8 triplets interpretation routine.

【図43】ML−G言語による前打音記号を示す図である。 43 is a diagram showing a appoggiaturas symbol by ML-G language.

【図44】長前打音記号の音長解釈のフローチャートである。 FIG. 44 is a flow chart of tone length interpretation Nagamae slapping sound symbols.

【図45】複前打音記号の音長解釈のフローチャートである。 FIG. 45 is a flow chart of tone length interpretation of multi appoggiaturas symbols.

【図46】短前打音記号の音長解釈のフローチャートである。 46 is a flow chart of tone length interpretation of the short appoggiaturas symbols.

【図47】前打音記号の音強解釈のフローチャートである。 FIG. 47 is a flow chart of the sound a little interpretation of appoggiaturas symbol.

【図48】前打音解釈ルーチンによる長前打音と複前打音の解釈の例を示す図である。 48 is a diagram showing an example of interpretation of Nagamae slapping sound and a double appoggiaturas by appoggiaturas interpretation routine.

【図49】前打音解釈ルーチンによる短前打音と複前打音の解釈の例を示す図である。 49 is a view showing an example of a short appoggiaturas and double appoggiaturas interpretation by appoggiaturas interpretation routine.

【図50】ML−G言語による装飾記号を示す図である。 50 is a diagram showing a decorative symbol by ML-G language.

【図51】装飾記号の一種であるターン記号に対するターン音高決定1のフローチャートである。 51 is a flowchart turn pitch determining first relative turn symbol which is a kind of decorative symbols.

【図52】ターン音高決定2のフローチャートである。 52 is a flow chart of the turn pitch determined 2.

【図53】ターン音強制御のフローチャートである。 FIG. 53 is a flow chart of turn sound a little control.

【図54】楽譜記号列の各音符の音高を解釈する音高解釈ルーチンのフローチャートである。 FIG. 54 is a flowchart of the pitch interpret routine to interpret the pitch of each note of the musical score symbol string.

【図55】音高解釈ルーチンによる音高の解釈例を示す図である。 Is a diagram showing an interpretation example of pitch by FIG. 55 pitch interpretation routine.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 楽譜記号列メモリ 20 音楽解釈部 30 演奏記号別メモリ 121 一連ノート作用記号 241 検出 242 時間解釈装置 10 score symbol string memory 20 the music interpretation section 30 play symbols by memory 121 series notebook action symbol 241 detects 242 hours interpreter

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G10H 1/00 - 1/46 G10G 1/00 - 3/04 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (58) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G10H 1/00 - 1/46 G10G 1/00 - 3/04

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 楽曲を表現する情報として楽譜で使用される楽譜記号を符号化した符号化楽譜記号の列を記憶する楽譜記号列記憶手段と、 前記符号化楽譜記号の列を音楽解釈して各ノートの演奏パラメータを含む演奏データ列を生成する音楽解釈手段と、 を有し、 前記音楽解釈手段が、 前記符号化楽譜記号の列のなかから一連のノートに作用する一連ノート作用記号を検出する一連ノート作用記号検出手段と、 検出された一連ノート作用記号受ける一連のノート 1. A and music symbol string storage means for storing a sequence of encoded music score marks the music score marks were coding used in music as information representing the music, and music interpreting columns of the encoded music score marks a music interpretation means for generating performance data string including performance parameters of each note, and the music interpretation means detects a series notes action symbol that acts on a series of notes from among the columns of the coding music score marks a series notes action symbol detection means for a series of notes which receives the detected series notes action symbol
    音高に応じた関数を選択し、この選択された関数に対応 Select a function corresponding to the pitch, corresponding to the selected function
    して時間的に変化する演奏パラメータ値を一連のノート A series of notes the performance parameter value that changes with time and
    に対して割り当てる一連ノート作用記号解釈手段と、 を有することを特徴とする楽譜解釈装置。 Score interpretation apparatus characterized by having a series notes action symbol interpreting means, a to be assigned to.
JP02907491A 1990-12-31 1991-01-31 Score interpretation equipment Expired - Fee Related JP3216142B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2-417461 1990-12-31
JP41746190 1990-12-31
JP02907491A JP3216142B2 (en) 1990-12-31 1991-01-31 Score interpretation equipment

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP02907491A JP3216142B2 (en) 1990-12-31 1991-01-31 Score interpretation equipment
US07/809,299 US5202526A (en) 1990-12-31 1991-12-17 Apparatus for interpreting written music for its performance

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH04261593A JPH04261593A (en) 1992-09-17
JP3216142B2 true JP3216142B2 (en) 2001-10-09

Family

ID=26367221

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP02907491A Expired - Fee Related JP3216142B2 (en) 1990-12-31 1991-01-31 Score interpretation equipment

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3216142B2 (en)

Families Citing this family (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
ES2394008T3 (en) 2003-02-12 2013-01-04 The Procter & Gamble Company absorbent core for an absorbent article
EP2157956B1 (en) 2007-06-18 2013-07-17 The Procter and Gamble Company Disposable absorbent article with sealed absorbent core with substantially continuously distributed absorbent particulate polymer material
RU2465877C2 (en) 2007-06-18 2012-11-10 Дзе Проктер Энд Гэмбл Компани Disposable absorbing product with virtually continuous distribution of granular polymer material and method of its manufacturing
CA2722538C (en) 2008-04-29 2014-08-12 The Procter & Gamble Company Process for making an absorbent core with strain resistant core cover
EP2329803B1 (en) 2009-12-02 2019-06-19 The Procter and Gamble Company Apparatus and method for transferring particulate material
MX2013014588A (en) 2011-06-10 2014-01-24 Procter & Gamble Absorbent structure for absorbent articles.
PL2532332T5 (en) 2011-06-10 2018-07-31 The Procter And Gamble Company Disposable diaper having reduced attachment between absorbent core and backsheet
EP2532328B1 (en) 2011-06-10 2014-02-26 The Procter and Gamble Company Method and apparatus for making absorbent structures with absorbent material
MX2013014596A (en) 2011-06-10 2014-01-24 Procter & Gamble Absorbent core for disposable absorbent articles.
EP2532329B1 (en) 2011-06-10 2018-09-19 The Procter and Gamble Company Method and apparatus for making absorbent structures with absorbent material
GB2510665C (en) 2012-11-13 2017-01-25 Procter & Gamble Absorbent articles with channels and signals
US9216116B2 (en) 2012-12-10 2015-12-22 The Procter & Gamble Company Absorbent articles with channels
US8979815B2 (en) 2012-12-10 2015-03-17 The Procter & Gamble Company Absorbent articles with channels
US9216118B2 (en) 2012-12-10 2015-12-22 The Procter & Gamble Company Absorbent articles with channels and/or pockets
EP2740449B1 (en) 2012-12-10 2019-01-23 The Procter and Gamble Company Absorbent article with high absorbent material content
EP2740450A1 (en) 2012-12-10 2014-06-11 The Procter and Gamble Company Absorbent core with high superabsorbent material content
EP2740452A1 (en) 2012-12-10 2014-06-11 The Procter and Gamble Company Absorbent article with high absorbent material content
EP3284450A1 (en) 2013-06-14 2018-02-21 The Procter & Gamble Company Absorbent article and absorbent core forming channels when wet
CN105473113B (en) 2013-08-27 2019-03-08 宝洁公司 Absorbent article with channel
US9789009B2 (en) 2013-12-19 2017-10-17 The Procter & Gamble Company Absorbent articles having channel-forming areas and wetness indicator

Also Published As

Publication number Publication date
JPH04261593A (en) 1992-09-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3698277A (en) Analog system of music notation
Rowe Machine musicianship
US5301259A (en) Method and apparatus for generating vocal harmonies
EP0164009B1 (en) A data input apparatus
US4745836A (en) Method and apparatus for providing coordinated accompaniment for a performance
Roads Research in music and artificial intelligence
US4794838A (en) Constantly changing polyphonic pitch controller
CN102610222B (en) Music transcription method, system and device
Eerola et al. MIDI toolbox: MATLAB tools for music research
US6703549B1 (en) Performance data generating apparatus and method and storage medium
US5146833A (en) Computerized music data system and input/out devices using related rhythm coding
Krumhansl Music psychology: Tonal structures in perception and memory
US5099738A (en) MIDI musical translator
JP3704980B2 (en) Automatic composition apparatus and the recording medium
Dannenberg Music representation issues, techniques, and systems
Johnson-Laird How jazz musicians improvise
US5736666A (en) Music composition
EP1397756B1 (en) Music database searching
US4960031A (en) Method and apparatus for representing musical information
Müller Fundamentals of music processing: Audio, analysis, algorithms, applications
Kirke et al. A survey of computer systems for expressive music performance
US5510572A (en) Apparatus for analyzing and harmonizing melody using results of melody analysis
US5736663A (en) Method and device for automatic music composition employing music template information
JP3582359B2 (en) Computer readable recording medium having recorded a score allocation apparatus and score allocation program
Friberg et al. Generating musical performances with Director Musices

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080803

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080803

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090803

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees