JP3197017U - 穀物用選別機 - Google Patents

穀物用選別機 Download PDF

Info

Publication number
JP3197017U
JP3197017U JP2015000450U JP2015000450U JP3197017U JP 3197017 U JP3197017 U JP 3197017U JP 2015000450 U JP2015000450 U JP 2015000450U JP 2015000450 U JP2015000450 U JP 2015000450U JP 3197017 U JP3197017 U JP 3197017U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sorting
unit
grain
peristaltic
wind
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2015000450U
Other languages
English (en)
Inventor
川島 誠蔵
誠蔵 川島
村田 和昭
和昭 村田
関口 文隆
文隆 関口
克明 田村
克明 田村
Original Assignee
株式会社タイガーカワシマ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社タイガーカワシマ filed Critical 株式会社タイガーカワシマ
Priority to JP2015000450U priority Critical patent/JP3197017U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3197017U publication Critical patent/JP3197017U/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】穀物中に混ざる夾雑物の選別性能を高めるとともに、欠けや未熟な穀物を除去して粒径の揃った良質な穀物のみを選別できるようにした穀物用選別機を提供する。【解決手段】穀物中の夾雑物を選別除去するための選別孔を有する平板状スクリーン13,14を上下多段に配置した搖動型選別ユニット10と、この搖動型選別ユニット10によって選別された穀物を揚穀するための昇降ユニット25と、この昇降ユニット25からの穀物を受け入れて穀物より比重の軽い夾雑物を風選処理する風選ユニット35と、回転型選別ユニット40とを一体化して穀物用選別機1を構成し、この穀物用選別機1を構成する搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40を一つの電動機50で駆動する。【選択図】図1

Description

本考案は、穀物中に混ざる夾雑物を除去するとともに、適正な粒径に揃えるように基準以下の穀物を選別する穀物用選別機に関する。
従来から、収穫した穀類に藁屑や石屑など、混在しているものを除去する装置として、種々の装置は開発されており、例えば、特許文献1には、選別孔を有する選別板を上下二段に配置し、各選別板に揺動運動を与えて上段側の選別板で一次選別し、さらに下段側の選別板で二次選別するように構成した穀物選別装置が開示されている。また、特許文献2には、傾斜する固定の多孔板と固定の選別板を所定の間隔をおいて上下に配置するとともに、多孔板と選別板の間に風選部を設け、上段側の多孔板によって一次選別した後、風選部で二次選別し、さらに、下段側の選別板によって三次選別するように構成した穀物用選別機が提案されている。
実公平4−6856号公報 実開昭52−107274号公報
特許文献1に示す穀物選別装置の構成では、収穫した農作物によっては形状・大きさ・重さなど条件の異なる夾雑物が混在し、例えば種籾などにおいては種籾に混ざる藁屑や石屑など大きさも重さも異なる種々の夾雑物が混じり、これらを効率的に除去することができず、選別精度が劣るものであった。さらに、選抜対象として例えば種籾を選別する際、選別工程で種籾に割れが発生したり、種籾に適さない粒径の小さな未熟な種籾を選別する必要があるが、特許文献1、2に示す穀物選別装置ではこのような最終的に種籾に適さない未熟な種籾が残ったとしても、これを効率的に選別することが困難であり、夾雑物を選別した後、別途、種籾選別用の選別装置で選別する必要があった。このため、収穫した穀物、特に種籾に混ざる藁屑や石屑などの夾雑物を選別し、さらに、種籾に適した粒径に揃えるといった高度な選別処理を一括して処理することが可能な穀物用選別機が望まれていた。
そこで本考案は、上記課題に着目してなされたものであり、収穫した穀物に混ざる夾雑物を選別し、さらに、選別後において割れや未熟な穀物を選別して適正な粒径に揃える選別処理を一括して処理することが可能な穀物選別機を提供することを目的とする。
本考案の穀物選別機は、穀物中に混ざる夾雑物を選別除去させる多数の選別孔を有して上下多段に配置した複数の平板状スクリーンを搖動させる搖動型選別ユニットと、この搖動型選別ユニットによって選別された穀物を揚穀する昇降ユニットと、この昇降ユニットからの穀物を受け入れる風胴及び穀物より比重の軽い夾雑物を前記風胴の外部に排出する排塵ファンを有する風選ユニットと、多数のスリットを有する筒状の選別筒を備えた回転型選別ユニットとを備え、前記各ユニットを一つの電動機で駆動したことを特徴とする。
また、本考案の穀物選別機は、搖動型選別ユニットに穀物を供給する投入ホッパーを備え、該投入ホッパーに対応する前記上段側平板状スクリーンの始端側に選別孔を形成しない平板部を形成するとともに、前記各平板状スクリーンの下部にそれぞれ前記選別孔を通過した穀物を受ける受板を配置し、前記平板状スクリーンを通過しないで残った夾雑物を前記各平板状スクリーンの搖動運動によって各平板状スクリーンの終端から落下させて排出したことを特徴とする。
また、本考案の穀物選別機は、前記電動機,搖動型選別ユニット,昇降ユニット,風選ユニット,回転型選別ユニットの伝達機構として、前記電動機と各ユニットの駆動軸にそれぞれプーリを固定し、この各プーリにベルトを掛け渡し、前記電動機の駆動力を前記各ユニットとベルトを介して伝達するように構成したことを特徴とする。
また、本考案の穀物選別機は、前記各ユニットのプーリを穀物用選別機の一側面に揃えるように配置したことを特徴とする。
本考案の穀物選別機は、前記プーリと該プーリに掛け渡したベルトによって伝達される搖動型選別ユニット,昇降ユニット,風選ユニット,回転型選別ユニットの回転数(rpm)が概ね200:360:1450:77となるように構成したことを特徴とする。
本考案の穀物選別機は、投入ホッパーに投入された夾雑物を含む穀物を前記上段側の平板状スクリーン上に落下させ、該平板状スクリーンの搖動運動によって、穀物に混ざる夾雑物を上段側平板状スクリーンで一次選別し、
さらに、上段側平板状スクリーンで選別した穀物を下段側の平板状スクリーンへと搬送して二次選別し、
前記搖動型選別ユニットで選別した穀物を前記昇降ユニットへと供給し、
該昇降ユニットの昇降機構によって昇降塔の上部に揚穀して前記風選ユニットの風洞内に落下供給するとともに、該風洞内に落下供給した穀物を前記排塵ファンによる吸引作用によって穀物中に混ざる比重の軽い夾雑物を風洞から外部に排出して三次選別し、
前記風選ユニットによって夾雑物を風選除去した穀物を前記回転型選別ユニットの選別筒に供給し、該選別筒の回転によって基準以下の大きさの穀物や小さくて重い夾雑物を選別筒の選別孔に通過させることによって四次選別するように構成したことを特徴とする。
本考案の穀物選別機によれば、搖動型選別ユニットの搖動運動によって穀物に混じる夾雑物を一次、二次選別した後、風選ユニットによって三次選別が行われるので夾雑物の選別精度を向上させることができる。さらに、選別処理した穀物は最終的に回転型選別ユニットの選別筒によって欠けや未熟な穀物や小さくて重い夾雑物を選別するための四次選別が行われ、粒径が揃った適正かつ良質な穀物のみを選別することができるので極めて精度の高い選別処理を行うことができる。
また、搖動型選別ユニットと、昇降ユニットと、風選ユニット及び回転型選別ユニットをコンパクトに纏めて一体化することができるとともに、夾雑物並びに穀物の選別工程を一括して処理することができ、選別作業を効率的に処理することができる。
さらに、投入ホッパーから夾雑物を含む穀物を落下させて供給する際、夾雑物を含む穀物は鉛直方向に落下して上段側平板状スクリーンに供給されることになる。ここで、投入ホッパーと対応する落下位置に選別孔を形成すると、本来上段側平板状スクリーン上で選別されるべき夾雑物においても容易に鉛直方向に沿って選別孔を通過してしまうが、本考案の穀物選別機によれば、投入ホッパーに対応する位置に選別孔を形成しない平板部を形成することによって、夾雑物が上段側平板状スクリーンの選別孔を通過することなく、選別孔を有する下流側へと流れて選別することができる。また、搖動型選別ユニットを構成する上下多段の平板状スクリーンの下部にそれぞれ平板状の受板を並設することによって、上段側平板状スクリーンの選別孔を通過した穀物が下段側平板状スクリーンの終端部に落下することなく確実に下段側平板状スクリーンの始端部に供給することができ、選別効果を高めることができる。さらに、平板状スクリーンを多段に配置することによって立体構成となって設置面積も少なく抑えることができ、穀物選別機のコンパクト化にも付与できる。
また、穀物選別機を構成する搖動型選別ユニット,昇降ユニット,風選ユニット,回転型選別ユニットを一つの電動機によって駆動することができ、製造コストを安価に抑えることができるとともに、電動機の回転を伝達する各プーリと該プーリを穀物選別機の一側面に揃えるように配置することによって、ベルトの掛け渡し作業が容易である。さらに、搖動型選別ユニット,昇降ユニット,風選ユニット,回転型選別ユニットは、選別対象にとって最も効率的な回転数となるように、前記搖動型選別ユニット,昇降ユニット,風選ユニット,回転型選別ユニットの回転数(rpm)が概ね200:360:1450:77となるように電動機の回転が各ユニットに伝達されている。これにより、選別対象に応じてそれぞれの各ユニットにとって最適な回転数となるため、穀物選別機の選別性能を落とすことなく、装置の低コスト化にも付与できる。
本考案の穀物選別機を示す正面側から見た一部断面図である。 本考案の穀物選別機を示す搖動枠を示す正面図である。 本考案の穀物選別機における平板状スクリーンを示す平面図であり、図3(a)は上段側の平板状スクリーン、図3(b)は一部を拡大した下段側の平板状スクリーンを示している。 本考案の穀物選別機を示す背面側から見た一部断面図である。 本考案の穀物選別機を示す右面側から見た一部断面図である。 本考案の穀物選別機を示す平面側から見た一部断面図である。
以下、添付図面を参照して本考案の実施例を説明する。なお、本実施例における穀物選別機1は、選別対象として種籾を例にして説明するが、特に種籾に限定されるものではなく、蕎麦、麦、大豆や各種豆類などの穀物に適用可能である。また、本考案は、図1を基準として上下・前後・左右を定義する。つまり、図1の上下方向が「上下」であり、図1の左側が「左」、右側が「右」であり、図1の手前側が「前」、奥側が「後」である。
図1〜図6は本考案の実施例を示しており、主に図1の一部断面図を参照して穀物選別機1の基本的な構成について説明する。全体システムとしての穀物選別機1は、種籾を投入する投入ホッパー2と、この投入ホッパー2から供給される種籾中に混ざる藁屑や石屑などの夾雑物を選別する搖動型選別ユニット10と、この搖動型選別ユニット10で選別された種籾を揚穀する昇降ユニット25と、この昇降ユニット25から落下する種籾より比重の軽い藁屑などの夾雑物を風選処理する風選ユニット35と、欠けた種籾や未熟な種籾や小さくて重い夾雑物などの基準以下の種籾を選別するための回転型選別ユニット40から構成されている。
搖動型選別ユニット10は、図2、図3などで示すようにそれぞれ多数の選別孔11,12を有する上下一対の平板状スクリーン13,14と、この各平板状スクリーン13,14を固定する断面コ字型の搖動枠15と、この搖動枠15を搖動させるリンク機構とから成る。リンク機構は前記穀物選別機1のフレーム1aと連結する左右一対の二節の連結アーム17,18と、前記搖動枠15と後述する駆動源によって回転する駆動用リンクアーム19と、この駆動用リンクアーム19の先端に設けたガイドローラ19aと係合する長孔状のガイド孔19bを有して前記搖動枠15に固定する連結板15aとから成り、図2に示すように前記駆動用リンクアーム19の回転により、ガイドローラ19aがガイド孔19bに沿ってスライドしながら連結板15aを介して搖動枠15を二節の連結アーム17,18の支持によって図1において左右方向に往復動させる。また、上段側平板状スクリーン13は図2において右下がり、下段側平板状スクリーン14は左下がりとなるように互いに逆傾斜を保って前記搖動枠15に固定されている。これにより、投入ホッパー2から供給される種籾が各平板状スクリーン13,14の傾斜とリンク機構による搖動運動よって搬送され、その搬送途中で各平板状スクリーン13,14に形成する各選別孔11,12から種籾Sを通過させることによって各平板状スクリーン13,14上に残った夾雑物Kを一次選別及び二次選別する。また、上段側平板状スクリーン13は、図2及び図3(a)に示すように、前記投入ホッパー2と対応する位置に選別孔11を形成しない平板部13bが形成され、投入ホッパー2から供給される種籾は平板部13b上に落下してから選別孔11を有する下流側へと供給される。なお、本実施例の選別孔11,12は、図3(a)に示すように、上段側平板状スクリーン13の選別孔11は直径8mmの円形状であり、図3(b)に示すように、下段側の平板状スクリーン14の選別孔12は,直径3mm、長さ28mmのスリット状に形成されている。これは、本実施例が選別対象である種籾を主にインディカ米としており、ジャポニカ米の種籾やその他の穀物を選別対象とする場合、その選別対象に応じて選別孔11,12の径の数値や形状に設定するものである。
前記各平板状スクリーン13,14の下部には図2に示すように、それぞれ平板状の受板20,21が各平板状スクリーン13,14と平行するよう配置されている。なお、上段側の受板20は搖動枠15に固定されているが、下段側の受板21は搖動枠15の底板によって構成されており、各選別孔11,12を通過した種籾Sは各受板20,21上に落下する。一方、各平板状スクリーン13,14上に残った夾雑物Kは各平板状スクリーン13,14の傾斜と各平板状スクリーン13,14の搖動によって各平板状スクリーン13,14の終端部13a、14aから落下して搖動枠15から外部に排出され、その終端部13a、14aの下部に配置した容器(図示しない)内に貯蔵され、一定量の夾雑物が溜まったら回収される。そして、各選別孔11,12を通過して受板20,21上に落下した種籾Sは受板20,21の傾斜と各受板20,21の搖動によって下段側の受板21の終端側に設けた搖動型選別ユニット排出シュート23から前記昇降ユニット25の投入口24に供給される。
昇降ユニット25は昇降機構26を内蔵する昇降塔27を備えている。この昇降機構26は上下一対のプーリ28,29に搬送バケット30を有するベルト31を掛け渡して構成される(図4参照)。また、昇降塔27の下部には前記投入口24が形成され、昇降塔27の上部には前記搬送バケット30で揚穀した種籾を風選ユニット35へと排出する送出口32が形成されている。この送出口32に前記風選ユニット35が連設されている。
風選ユニット35は主に図1に示すように内部に排塵ファン36を内蔵した風洞37を備え、送出口32からの種籾が風洞37内に落下供給される。また、風洞37内には種籾の供給路がジグザグ状となるように複数の傾斜案内板38が設けられており、昇降ユニット25から落下供給される種籾は前記各傾斜案内板38によってジグザグ状に搬送され、その搬送途中において前記排塵ファン36による吸引作用によって種籾中に混ざる比重の軽い夾雑物が吸引され、排塵口39から外部に排出される。
回転型選別ユニット40は、主に図5に示すようにケーシング41と、ケーシング41内において傾斜状に軸支した回転自在な選別筒42とから成り、選別筒42には粒径が小さく種籾には不適な種籾や残った小さくて重い夾雑物が通過する選別用のスリット(図示しない)が形成されている。また、前記ケーシング41には前記傾斜した選別筒42の高所側に位置して風選ユニット35からの種籾を受け入れる供給ホッパー44が形成されている。さらに、選別筒42の低所側に位置して選別筒42のスリットを通過しないで残った種籾用の回転型選別ユニット排出シュート45が形成され、前記ケーシング41の下部には選別筒42のスリットを通過した粒径が小さい種籾や小さくて重い夾雑物を排出するための小粒物排出シュート46が形成されている。
前記穀物選別機1の駆動源である電動機50の伝動構成について説明する。主に図4及び図5に示すように穀物選別機1のフレーム1aには風選ユニット35の下部に位置して電動機50が固定され、この電動機50の下部にアイドル軸51がフレーム1aに回転自在に軸支されている。また、電動機50の駆動軸には2つのプーリ52a,52bが同軸的に固定され、アイドル軸51には3つのプーリ53a,53b,53cが同軸的に固定され、さらに、昇降ユニット25の駆動軸には前記駆動側プーリ29と同軸的にプーリ29a、前記風選ユニット35における排塵ファン36の駆動軸にはプーリ54、搖動型選別ユニット10の駆動軸にはプーリ55a,55b、回転型選別ユニット40の駆動軸にはプーリ56がそれぞれ固定されている。そして、図4に示すように、電動機50のプーリ52aと排塵ファン36のプーリ54との間にベルト60、電動機50のプーリ52bとアイドル軸51のプーリ53aとの間にベルト61、アイドル軸51のプーリ53bと搖動型選別ユニット10のプーリ55bとの間にベルト62、アイドル軸51のプーリ53cと昇降ユニット25のプーリ29aとの間にベルト63、搖動型選別ユニット10のプーリ55aと回転型選別ユニット40のプーリ56との間にベルト64をそれぞれ掛け渡し、この各プーリ29a,52a,52b,53a,53b,53c,54,55a,55b、56とベルト60,61,62,63,64によって電動機50の回転を搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40に伝達している。これにより、一つの電動機50によって穀物選別機1を構成する搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40を駆動することが可能である。また、各プーリ29a,52a,52b,53a,53b,53c,54,55a,55b,56は穀物選別機1の背面側(図5において図示右側面)に揃えるように配置されている。これにより、穀物選別機1の背面側の1カ所においてベルト60〜64の掛け渡し作業が行えるのでベルト60〜64の掛け渡し作業が容易である。また、一つの電動機50によって穀物選別機1を構成する搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40を駆動しているが、搖動選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40がそれぞれ最適な回転数となるように各プーリ29a,52a,52b,53a,53b,53c,54,55a,55b、56の外径を設定しており、具体的には本実施例の電動機50は、極数4P、50Hzで1450rpmの回転数の電動機50を用いており、この電動機50の回転を搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40へと伝達する際、搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40の回転数(rpm)が概ね200:360:1450:77となるように構成している。この回転数は前述したように本実施例において選別対象として主にインディカ米の種籾とした設定であり、選別対象が異なる場合、その選別対象に応じて搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40の回転数を適宜選定する。また、穀物選別機1に用いる電動機50の回転数に応じて搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40の回転数(rpm)が概ね200:360:1450:77となるように各プーリ29a,52a,52b,53a,53b,53c,54,55a,55b、56の外径を設定することは勿論である。
以上のように構成される本考案の作用について説明する。電動機50を起動すると、電動機50の回転は各プーリ29a,52a,52b,53a,53b,53c,54,55a,55b、56とベルト60〜64を介して搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40に伝達される。これにより、搖動型選別ユニット10の駆動用リンクアーム19が回転し、上下各平板状スクリーン13,14が図1において左右方向に往復動する。さらに、昇降ユニット25のベルト31、風選ユニット35の排塵ファン36及び回転型選別ユニット40の選別筒42が回転する。
このようにして穀物選別機1を起動させた後、夾雑物Kを含む種籾Sを投入ホッパー2に投入する。この夾雑物Kを含む種籾Sは、まず上段側平板状スクリーン13の平板部13b上に供給され、平板状スクリーン13の搖動運動と傾斜によって藁屑や石屑といった夾雑物Kは平板部13bから選別孔11を有する平板状スクリーン13の下流側へと流れて搬送され、平板状スクリーン13に形成する選別孔11を通過することなく平板状スクリーン13上に残る。一方、種籾Sは選別孔11を通過して平板状スクリーン13の下部に並設した受板20上に落下し、受板20の終端側に搬送される。そして、種籾Sは搖動型選別ユニット10の搖動によって受板20から振り落とされて下段側の平板状スクリーン14上の始端側に供給される。一方、平板状スクリーン13上に残った夾雑物Kは搖動型選別ユニット10の搖動運動によって平板状スクリーン13の終端部13aから図示しない回収用容器に落下して回収用容器内に貯まって排出される。これにより、種籾Sに混ざる夾雑物Kが上段側平板状スクリーン13によって一次選別され、さらに、受板20に落下した種籾Sと上段側平板状スクリーン13で選別できなかった夾雑物K、すなわち、平板状スクリーン13に形成する選別孔11を通過した夾雑物Kは下段側平板状スクリーン14へと供給され、搖動型選別ユニット10の搖動運動によって二次選別する。この二次選別は前記一次選別と同様、下段側平板状スクリーン14に形成する選別孔12を通過することなく平板状スクリーン14上に残った夾雑物Kを搖動型選別ユニット10の搖動運動によって、下段側平板状スクリーン14の終端部14aから回収容器(図示せず)内に排出させる。これにより、上段側平板状スクリーン13で除去できなない種籾Sに混ざる藁屑や石屑などの夾雑物Kを二次選別し、選別孔12を通過して受板21に落下した種籾Sを受板21の終端側に設けた搖動型選別ユニット排出シュート23から昇降ユニット25の投入口24へと供給する。
昇降ユニット25の投入口24内に供給された種籾Sはベルト31に取り付けた搬送バケット30によって昇降塔27の上部に揚穀され、昇降塔27の上部に設けた送出口32から風選ユニット35の風洞37内に落下供給される。風洞37内に落下供給された種籾Sは排塵ファン36による吸引作用によって種籾S中に混ざる藁切れなどの比重の軽い夾雑物を三次選別し、その夾雑物を風洞37に設けた排塵口39から外部に排出される。このように風選ユニット35によって夾雑物を風選除去した種籾Sは最終的に回転型選別ユニット40の選別筒42に供給し、選別筒42の回転によって欠けや未熟な種籾といった粒径の小さな種籾や小さくて重い夾雑物を選別筒42の選別孔を通過させて四次選別し、粒径の揃った良質な種籾Saのみを選別筒42から排出する。
以上のように本考案の穀物選別機1は、搖動型選別ユニット10の搖動運動によって上下多段に設けた平板状スクリーン13、14によって種籾Sに混じる夾雑物Kを一次選別及び二次選別した後、風選ユニット35によって三次選別が行われて残留する夾雑物Kを選別除去するので選別精度を向上させることができる。さらに、選別した種籾Sは最終的に回転型選別ユニット40の選別筒42に供給して欠けや未熟な種籾や小さくて重い夾雑物を選別するための四次選別が行われ、最終的に粒径が揃った良質な種籾Saのみを選別することができるので極めて精度の高い選別処理が可能となる。また、搖動型選別ユニット10と、昇降ユニット25と、風選ユニット35及び回転型選別ユニット40をコンパクトに纏めて一体化することができるとともに、選別工程を一括して処理することができ、選別作業を効率的に処理できる。
また、投入ホッパー2から夾雑物Kを含む種籾Sを落下させて供給する際、夾雑物Kを含む種籾Sは鉛直方向に落下して上段側平板状スクリーン13に供給されるが、上段側平板状スクリーン13には、投入ホッパー2と対応する位置に選別孔11を形成しない平板部13bが形成され、投入ホッパー2から供給された種籾Sを平板部13bで受けてから選別孔11を有する下流側へと搬送されるため、種籾Sが供給される上段側平板状スクリーン13の始端側において夾雑物Kが選別孔11を通過することなく、下流側へと搬送することができる。すなわち、投入ホッパー2から夾雑物Kを含む種籾Sを落下させて供給する際、鉛直方向に落下して供給される夾雑物Kは容易に直径8mmの円形状の選別孔11を通過してしまうが、本実施例においては投入ホッパー2と対応する位置に選別孔11を形成しない平板部13bを形成することによって、投入ホッパー2から落下する夾雑物Kは確実に平板部13b上に供給されるため、夾雑物Kが上段側平板状スクリーン13の始端側において選別孔11を通過することなく、選別孔11を有する上段側平板状スクリーン13の下流側(終端側)へと搬送することができるため、次工程の昇降ユニット10への夾雑物Kの混入を確実に防止することができる。さらに、平板状スクリーン13,14を多段に配置することによって立体構成となって、選別効果を高めることができるとともに、設置面積も少なく抑えることができ、穀物選別機1のコンパクト化にも有利である。
さらに、本考案の穀物選別機1は、一つの電動機50によって穀物選別機1を構成する搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40を駆動することができ、製造コストを安価に抑えられるとともに、電動機50の回転を伝達する各プーリ29a,52a,52b,53a,53b,53c,54,55a,55b、56とベルト60〜64を穀物選別機1の一側面に揃えるように配置することによって、ベルト60〜64の掛け渡し作業が容易であるとともに、搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40の回転数(rpm)を概ね200:360:1450:77としており、それぞれの各ユニット10,25,35,40は主にインディカ米の種籾の選別に最適な回転数となるように設定され、穀物選別機1の選別性能を落とすことなく、装置の低コスト化にも付与できる。
以上、本考案の一実施例について詳述したが、本考案は前記実施例に限定されるものではなく、本考案の要旨の範囲内で種々の変形実施が可能である。例えば、選別対象は米穀等の穀物に限らず各種の穀物に適用可能であるとともに、穀物選別機1を構成する搖動型選別ユニット10,昇降ユニット25,風選ユニット35,回転型選別ユニット40の基本的構成も前記実施例に限定されるものではく、適宜選定すればよい。
1 穀物選別機
1a フレーム
2 投入ホッパー
10 搖動型選別ユニット
11 選別孔
12 選別孔
13 平板状スクリーン(上段側)
13b 平板部
14 平板状スクリーン(下段側)
15 搖動枠
20 受板
21 受板
23 搖動型選別ユニット排出シュート
24 投入口
25 昇降ユニット
27 昇降塔
30 搬送バケット
32 送出口
35 風選ユニット
36 排塵ファン
37 風洞
38 傾斜案内板
39 排塵口
40 回転型選別ユニット
41 ケーシング
42 選別筒
44 供給ホッパー
50 電動機
29a,52a,52b,53a,53b,53c,54,55a,55b、56 プーリ
60,61,62,63,64 ベルト

Claims (6)

  1. 穀物中に混ざる夾雑物を選別除去させる多数の選別孔を有して上下多段に配置した複数の平板状スクリーンを搖動させる搖動型選別ユニットと、この搖動型選別ユニットによって選別された穀物を揚穀する昇降ユニットと、この昇降ユニットからの穀物を受け入れる風胴及び穀物より比重の軽い夾雑物を前記風胴の外部に排出する排塵ファンを有する風選ユニットと、多数のスリットを有する筒状の選別筒を備えた回転型選別ユニットとを備え、前記各ユニットを一つの電動機で駆動したことを特徴とする穀物用選別機。
  2. 前記搖動型選別ユニットに穀物を供給する投入ホッパーを備え、該投入ホッパーに対応する前記上段側平板状スクリーンの始端側に選別孔を形成しない平板部を形成するとともに、前記各平板状スクリーンの下部にそれぞれ前記選別孔を通過した穀物を受ける受板を配置し、前記平板状スクリーンを通過しないで残った夾雑物を前記各平板状スクリーンの搖動運動によって各平板状スクリーンの終端から落下させて排出したことを特徴とする請求項1に記載の穀物用選別機。
  3. 前記電動機,搖動型選別ユニット,昇降ユニット,風選ユニット,回転型選別ユニットの伝達機構として、前記電動機と各ユニットの駆動軸にそれぞれプーリを固定し、この各プーリにベルトを掛け渡し、前記電動機の駆動力を前記各ユニットとベルトを介して伝達するように構成したことを特徴とする請求項1又は2に記載の穀物用選別機。
  4. 前記各ユニットのプーリを穀物用選別機の一側面に揃えるように配置したことを特徴とする請求項3に記載の穀物用選別機。
  5. 前記プーリと該プーリに掛け渡したベルトによって伝達される搖動型選別ユニット,昇降ユニット,風選ユニット,回転型選別ユニットの回転数(rpm)が概ね200:360:1450:77となるように構成したことを特徴とする請求項3又は4に記載の穀物用選別機。
  6. 投入ホッパーに投入された夾雑物を含む穀物を前記上段側の平板状スクリーン上に落下させ、該平板状スクリーンの搖動運動によって、穀物に混ざる夾雑物を上段側平板状スクリーンで一次選別し、
    さらに、上段側平板状スクリーンで選別した穀物を下段側の平板状スクリーンへと搬送して二次選別し、
    前記搖動型選別ユニットで選別した穀物を前記昇降ユニットへと供給し、
    該昇降ユニットの昇降機構によって昇降塔の上部に揚穀して前記風選ユニットの風洞内に落下供給するとともに、該風洞内に落下供給した穀物を前記排塵ファンによる吸引作用によって穀物中に混ざる比重の軽い夾雑物を風洞から外部に排出して三次選別し、
    前記風選ユニットによって夾雑物を風選除去した穀物を前記回転型選別ユニットの選別筒に供給し、該選別筒の回転によって基準以下の大きさの穀物や小さくて重い夾雑物を選別筒の選別孔に通過させることによって四次選別するように構成したことを特徴とする請求項1〜5の何れか1項に記載の穀物用選別機。
JP2015000450U 2015-02-02 2015-02-02 穀物用選別機 Expired - Fee Related JP3197017U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015000450U JP3197017U (ja) 2015-02-02 2015-02-02 穀物用選別機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015000450U JP3197017U (ja) 2015-02-02 2015-02-02 穀物用選別機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3197017U true JP3197017U (ja) 2015-04-16

Family

ID=52986616

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015000450U Expired - Fee Related JP3197017U (ja) 2015-02-02 2015-02-02 穀物用選別機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3197017U (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2652808C2 (ru) * 2015-05-25 2018-05-03 Елена Ивановна Кострубяк Аэродинамический рециркуляционный сепаратор сыпучих материалов
CN108745896A (zh) * 2018-07-06 2018-11-06 合肥格骄电子科技有限公司 一种大米除杂光机电一体化设备
CN111013691A (zh) * 2019-12-17 2020-04-17 金健粮食(益阳)有限公司 一种大米加工用除尘装置
WO2020116407A1 (ja) * 2018-12-04 2020-06-11 株式会社日置精工 回転篩装置
CN112547296A (zh) * 2020-11-16 2021-03-26 葛佳慧 一种玉米胚芽分离装置

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2652808C2 (ru) * 2015-05-25 2018-05-03 Елена Ивановна Кострубяк Аэродинамический рециркуляционный сепаратор сыпучих материалов
CN108745896A (zh) * 2018-07-06 2018-11-06 合肥格骄电子科技有限公司 一种大米除杂光机电一体化设备
WO2020116407A1 (ja) * 2018-12-04 2020-06-11 株式会社日置精工 回転篩装置
CN111013691A (zh) * 2019-12-17 2020-04-17 金健粮食(益阳)有限公司 一种大米加工用除尘装置
CN112547296A (zh) * 2020-11-16 2021-03-26 葛佳慧 一种玉米胚芽分离装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3197017U (ja) 穀物用選別機
CN1236865C (zh) 谷物筛选系统及带式筛选机
JPH09267076A (ja) 粗選石抜装置
KR101721178B1 (ko) 쌀눈 선별장치
JP2013144288A (ja) 穀類汎用選別装置
CN210411542U (zh) 一种能够对谷物进行预处理的谷物色选机
KR101670988B1 (ko) 석발 기능이 구비된 벼 정선기
KR101748815B1 (ko) 쌀눈 선별장치
KR20190004590A (ko) 석발기
CN110496784A (zh) 一种农产品除杂装置
KR100532854B1 (ko) 콩 정선장치
WO2006011199A1 (ja) 穀物選別装置
CN103447177A (zh) 高效环保型圆筒初清筛及清选方法
CN110180781A (zh) 一种高效玉米过筛设备
KR20190009507A (ko) 나락 생산장치
JP4234560B2 (ja) 米麦調製出荷設備に使用される仕上風選装置
JP2000157877A (ja) 籾摺選別装置
KR200344857Y1 (ko) 콩 정선장치
KR102092666B1 (ko) 식품 펠렛의 선별장치
CN209810663U (zh) 一种谷物清选装置
CN202984048U (zh) 双筒初清筛
CN111558527B (en) Categorised letter sorting system based on intelligence is made
CN109365284B (zh) 离心扬场机
CN213966753U (zh) 一种大米精加工生产线
JP3998558B2 (ja) 粗選機の風選吸塵装置

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3197017

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees