JP3195768U - 点呼装置 - Google Patents

点呼装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3195768U
JP3195768U JP2014006194U JP2014006194U JP3195768U JP 3195768 U JP3195768 U JP 3195768U JP 2014006194 U JP2014006194 U JP 2014006194U JP 2014006194 U JP2014006194 U JP 2014006194U JP 3195768 U JP3195768 U JP 3195768U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
call
wireless
controller
wireless tag
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014006194U
Other languages
English (en)
Inventor
勉志 劉
勉志 劉
Original Assignee
勉志 劉
勉志 劉
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to TW103215102U priority Critical patent/TWM490697U/zh
Priority to TW103215102 priority
Application filed by 勉志 劉, 勉志 劉 filed Critical 勉志 劉
Application granted granted Critical
Publication of JP3195768U publication Critical patent/JP3195768U/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07CTIME OR ATTENDANCE REGISTERS; REGISTERING OR INDICATING THE WORKING OF MACHINES; GENERATING RANDOM NUMBERS; VOTING OR LOTTERY APPARATUS; ARRANGEMENTS, SYSTEMS OR APPARATUS FOR CHECKING NOT PROVIDED FOR ELSEWHERE
    • G07C1/00Registering, indicating or recording the time of events or elapsed time, e.g. time-recorders for work people
    • G07C1/10Registering, indicating or recording the time of events or elapsed time, e.g. time-recorders for work people together with the recording, indicating or registering of other data, e.g. of signs of identity

Abstract

【課題】自動点呼の行いができる点呼装置を提供する。【解決手段】第一電池、第一コントローラ、第一表示装置13、及びワイヤレス質問信号を送信した第一無線モジュールを備える1つの携帯端末10と、第二電池、第二コントローラ、第二表示装置23、及び第二無線モジュールを備える少なくとも1つのワイヤレスタグ20とを有し、該第二無線モジュールが該ワイヤレス質問信号を受信され、該第一無線モジュールに署名信号を返送して該第一表示装置13に表示され、該携帯端末10の使用者が該ワイヤレスタグ20の使用者の状態を知らせる。【選択図】図3

Description

本考案は、点呼装置に関し、特にツアーガイドが使用することに提供される1つの携帯端末と、旅行団のメンバーが着けることに提供される少なくとも1つのワイヤレスタグとを有する点呼装置に関し、該点呼装置によって自動点呼の行いができる。
生活水準の向上に従い、国内旅行も海外旅行も盛んに発展している。旅行団ずつは1人のツアーガイドがサポートするが、ツアーガイドは旅行団のメンバーの旅行の手配を担当する他に、全てのメンバーが旅行団に遅れをとらず、離団したことを避ける責任を持つ。従って、点呼及び離団したメンバーの探すは、いつもツアーガイドに対しとても大変な仕事量であるので、どのようにツアーガイドの仕事量を軽くすることは、気遣いをする値打ちがある。
現在のワイヤレスガイド機器は、無線で解説することを目的とし、スピーカーの拡声効果が好ましくない問題を解決したが、その伝送距離が程近く、点呼と呼出しの作用ができず、且つコスト高になる。よって、博物館、展示館などの高級な場所にしか見えない。
また、従来の特許案について、例えば台湾特許第I322396号の「移動式教室フィードバックシステム」の発明は、主にクライアントサーバモードであり、携帯式装置(携帯電話、PDA、又はラップトップ)を使用し、無線ネットワークの伝送(GPRS、WiFi、又は3G)を通じて即時に且つ匿名性又は非匿名性に生徒の意見を集め、教場試験(択一式問題、記述問題、及び穴埋め問題)の際に生徒の答えと、授業中に生徒の質問とを含む移動式教室フィードバックシステムが開示されており、上記の生徒の全てのフィードバックは教師が授業中に使用したラップトップに直ちに表示されたため、教師はこのシステムの協力で課程教材の設計を予め整備できる又は授業中に生徒の即時のフィードバックによって動態的に課程教材を変えられるので、教師も課程教材の設計をこのシステムに含まれることができ、このシステムによって教師と生徒の相互作用を補助し、生徒の授業での学習効果を高める。
なお、例えば台湾実用新案登録第M346222号の「短距離無線通信技術を使用する物品管理システム」の考案は、少なくとも1つの目標物品と1つの携帯装置とを含み、該目標物品が短距離無線通信の方式により該携帯装置と情報の伝送を行う被制御側装置を有するものが開示されている。該被制御側装置には所定のパラメーターが設定されたので、該携帯装置は自動点呼、及びパラメーターの識別などの機制により、特定の被制御側装置又は目標物品に対しリアルタイム監視を行うことができ、さらに該携帯装置は、ライトの無線制御の効果を達成するように、DMX512プロトコルを満たすライトコントロール指令を伝送することができ、また、室外の街灯に被制御側装置を設置するのは該携帯装置にての制御ができたのみならず、ノードを形成することができ、複数の街灯によるネットワークを形成し、該携帯装置から発送された緊急SOSメッセージを遠端に伝送させることで、無料で且つ速やかな伝送ができるセキュアネットワークを形成した。
ただし、上記の従来の技術は、ツアーガイドが旅行団のメンバーに対する個別点呼、自動点呼、集団点呼、及び定時点呼の効果に関する技術を提供しておらず、実際に欠点がある。
上記の従来の無線通信システムの問題点に鑑み、本考案は上記の欠点を解決することができる点呼装置を提供する。
台湾特許第I322396号 台湾実用新案登録第M346222号
本考案の一つの目的は、ツアーガイドが使用することに提供される1つの携帯端末と、旅行団のメンバーが着けることに提供される少なくとも1つのワイヤレスタグとを有する点呼装置を提供することになり、該点呼装置によって個別点呼、自動点呼、集団点呼、及び定時点呼の効果を実現することができる。
本考案のもう一つの目的は、該携帯端末はツアーガイドが使用することに提供し、該ワイヤレスタグは旅行団のメンバーが使用することに提供し、該ワイヤレスタグのいずれは一意な識別子を有する点呼装置を提供することになる。
上記の目的を達成するために、本考案の点呼装置は、
第一電池、第一コントローラ、第一表示装置、及びワイヤレス質問信号を送信した第一無線モジュールを備える1つの携帯端末と、
第二電池、第二コントローラ、第二表示装置、及び第二無線モジュールを備える少なくとも1つのワイヤレスタグとを有し、
該第二無線モジュールが該ワイヤレス質問信号を受信され、該第一無線モジュールに署名信号を返送して該第一表示装置に表示され、該携帯端末の使用者が該ワイヤレスタグの使用者の状態を知らせる。
上記により、本考案による点呼装置を用いることで、本考案は、ツアーガイドが使用することに提供される1つの携帯端末と、旅行団のメンバーが着けることに提供される少なくとも1つのワイヤレスタグとを有する点呼装置になり、該点呼装置によって個別点呼、自動点呼、集団点呼、及び定時点呼の効果などの利点を実現することができ、確実に従来の点呼装置より進歩性を具有している。
本考案の一実施例に係わる点呼装置の携帯端末を示すブロック図である。 本考案の一実施例に係わる点呼装置のワイヤレスタグを示すブロック図である。 本考案の一実施例に係わる点呼装置を使用することを示す図である。
以下、本考案の構成、特徴、及びその目的について、図面を参照しながら、本考案の実施例を詳細に説明する。
図1〜図3を参照し、図1は本考案の一実施例に係わる点呼装置の携帯端末を示すブロック図であり、図2は本考案の一実施例に係わる点呼装置のワイヤレスタグを示すブロック図であり、図3は本考案の一実施例に係わる点呼装置を使用することを示す図である。
図面に示すように、本考案の点呼装置は旅行システムに用いられ、1つの携帯端末10と、少なくとも1つのワイヤレスタグ20とを有する。
該携帯端末10はツアーガイドが使用することに提供し、例えばスマートフォン、タブレットPC、PDA、又はウェアラブルデバイスであるが、それらに限定されないのであり、第一電池11、第一コントローラ12、第一表示装置13、及びワイヤレス質問信号を送信した第一無線モジュール14を備える。その中で、該第一電池11は、例えばリチウム電池であるが、それに限定されないのであり、それぞれに該第一コントローラ12、該第一表示装置13、及び該第一無線モジュール14に連接し、それらの制御上必要である直流電源を供給する。該第一コントローラ12は、例えばマイクロコントローラであるが、それに限定されないのであり、且つ該第一コントローラ12にアプリケーションプログラムが設定される。該第一表示装置13は、例えば3インチの液晶モニターであるが、それに限定されないのであり、該第一コントローラ12に連接し、該アプリケーションプログラムを表示することができる。該第一無線モジュール14は、該第一コントローラ12に連接し、ワイヤレス質問信号を送信し、点呼作業を行う。なお、該携帯端末10はコンピューター(図に表示せず)に連接し、該コンピューターに通じて該アプリケーションプログラムの管理とアップデートを行うことができる。
該少なくとも1つのワイヤレスタグ20は、例えば腕輪であるが、それに限定されないのであり、旅行団の各メンバーの腕部、腰部、又は胸先に配置されるが、それらに限定されず、各ワイヤレスタグ20が、それぞれに一意な識別子(ID)を有し、また第二電池21、第二コントローラ22、第二表示装置23、及びワイヤレス質問信号を受信した第二無線モジュール24を備える。その中で、該第二電池21は、例えばリチウム電池であるが、それに限定されないのであり、それぞれに該第二コントローラ22、該第二表示装置23、及び該第二無線モジュール24に連接し、それらの制御上必要である直流電源を供給する。該第二コントローラ22は、例えばマイクロコントローラであるが、それに限定されないのである。該第二表示装置23は、例えば1インチの液晶モニターであるが、それに限定されないのである。該第二無線モジュール24は、該第二コントローラ22に連接し、該第一無線モジュール14から送信した該ワイヤレス質問信号を受信され、該第一無線モジュール14に署名(Acknowledge)信号を返送して該第一表示装置13に表示され、該携帯端末10の使用者が該ワイヤレスタグ20の使用者の状態を知らせる。
本考案の該携帯端末10は、さらに第一コントローラ12に連接されたキーボード15を有し、ツアーガイドが該キーボード15を通じて該ワイヤレスタグ20の一意な識別子及び該ワイヤレスタグ20が配置されるメンバーの身分資料(例えば身分証明書証番号であるが、それに限定されないのである)を該アプリケーションプログラムで入力し、各のワイヤレスタグ20の一意な識別子と各メンバの身分資料とをマッチングし、該携帯端末10の識別を便利に行えるようにさせる。また、各の携帯端末10の第一無線モジュール14及びワイヤレスタグ20の第二無線モジュール24の動作周波数は、変更することができ、同一の観光スポットで複数の旅行団のツアーガイドが該携帯端末10を使用する時に該帯端末10の間の周波数が互いに干渉し合った事情の発生を避ける。
なお、本考案の該携帯端末10は、さらに該第一コントローラ12に連接され、振動警告信号を出力する第一マイクロ振動装置16を備える。
なお、本考案の該携帯端末10は、さらに該第一コントローラ12に連接され、音響警告信号を出力する第一マイクロブザー17を備える。
なお、本考案の該ワイヤレスタグ20は、さらに該第二コントローラ22に連接され、該第二コントローラ22へ信号を出力するためであるボタン25を備える。
なお、本考案の該ワイヤレスタグ20は、さらに該第二コントローラ22に連接され、振動警告信号を出力する第二マイクロ振動装置26を備える。
なお、本考案の該ワイヤレスタグ20は、さらに該第二コントローラ22に連接され、音響警告信号を出力する第二マイクロブザー27を備える。
図3に示すように、本考案の点呼装置を使用する場合、ツアーガイドは各ワイヤレスタグ20の一意な識別子及び旅行団の各メンバーの身分資料を該携帯端末10の該アプリケーションプログラムで予め入力し、旅行団出発の際に、ツアーガイドは該携帯端末10を通じて周囲半径5メートル以内の旅行団のメンバーが着けられたワイヤレスタグ20に対し点呼作業を行う。該点呼作業は、個別点呼、集団点呼、自動点呼、定時点呼、及び自動緊急救助要請があり、下記は順に各種の点呼の作業方式を説明する。
個別点呼については、ツアーガイドは該携帯端末10を通じて所定の旅行団の各メンバーのワイヤレスタグ20に対し発信確認を行い、該メンバーは発信確認信号を受信した後、到着を報告するように、該第一無線モジュール14に署名(Acknowledge)信号を返送して該第一表示装置13のアプリケーションプログラムで表示され、ツアーガイドが個別点呼を便利に行えるようにさせる。
集団点呼については、ツアーガイドは該携帯端末10を通じてある群の所定の旅行団のメンバーのワイヤレスタグ20に対し発信確認を行い、該群の全てのメンバーは発信確認信号を受信した後、到着を報告するように、それぞれに該第一無線モジュール14に署名(Acknowledge)信号を返送して該第一表示装置13のアプリケーションプログラムで表示され、ツアーガイドが集団点呼を便利に行えるようにさせる。
自動点呼については、旅行団のメンバーが小型活動場所内にいる場合に適用され、例えば、観光バスにおいて、ツアーガイドは該携帯端末10を通じてバスドアを通過した旅行団の各メンバーが着けられたワイヤレスタグ20に対し自動発信確認を行い、各メンバーが着けられたワイヤレスタグ20は、到着を報告するように、それぞれに該第一無線モジュール14に署名(Acknowledge)信号を返送し、そして、ツアーガイドは即時に該第一表示装置13のアプリケーションプログラムによって、周囲半径5メートル以内にまたバスに乗らないメンバーがあるならば、バスが10メートルで発車した後に、該携帯端末10の第一マイクロ振動装置16及び第一マイクロブザー17はそれぞれに警告信号を出力し、バスがすぐ停車させるようにツアーガイドに通知する。
定時点呼については、旅行団のメンバーが大型活動場所内にいる場合に適用しされ、例えば、大型ショッピングモールにおいて、ツアーガイドは該携帯端末10を通じて旅行団の各メンバーが着けられたワイヤレスタグ20に対し到着を報告する時間を設定し、時間が過ぎても到着を報告しないメンバーに関し、それらが着けられたワイヤレスタグ20の第二マイクロ振動装置26及び第二マイクロブザー27はそれぞれに警告信号を出力し、原隊に復帰するようにメンバーに注意する。
自動緊急救助要請については、該ワイヤレスタグ20の第二マイクロ振動装置26及び第二マイクロブザー27は警告信号を出力し、且つ3時間に続けても該携帯端末10からの信号を受信しないと、旅行団の該メンバーが着けられたワイヤレスタグ20は、他のメンバーが探すこと及び定位を便利に行えるように、自動緊急救助要請モードに変更する。よって、本考案の点呼装置は、従来の点呼装置より進歩性を具有している。
以上の実施例による本考案の詳細な説明は本考案の範囲を制限するものではない。本技術に熟知する者が、本考案の範囲内にて行う変更や調整を行っても、本考案の重要な意義は失われず、本考案の範囲に含まれる。
10 携帯端末
11 第一電池
12 第一コントローラ
13 第一表示装置
14 第一無線モジュール
15 キーボード
16 第一マイクロ振動装置
17 第一マイクロブザー
20 ワイヤレスタグ
21 第二電池
22 第二コントローラ
23 第二表示装置
24 第二無線モジュール
25 ボタン
26 第二マイクロ振動装置
27 第二マイクロブザー

Claims (10)

  1. 第一電池、第一コントローラ、第一表示装置、及びワイヤレス質問信号を送信した第一無線モジュールを備える1つの携帯端末と、
    第二電池、第二コントローラ、第二表示装置、及び第二無線モジュールを備える少なくとも1つのワイヤレスタグとを有し、
    該第二無線モジュールが該ワイヤレス質問信号を受信され、該第一無線モジュールに署名信号を返送して該第一表示装置に表示され、該携帯端末の使用者が該ワイヤレスタグの使用者の状態を知らせることを特徴とする点呼装置。
  2. 該携帯端末はツアーガイドが使用することに提供し、該ワイヤレスタグは旅行団のメンバーが使用することに提供し、該ワイヤレスタグのいずれは一意な識別子を有することを特徴とする請求項1に記載の点呼装置。
  3. 該第一コントローラはマイクロコントローラであり、該第一表示装置は液晶モニターであり、該第一無線モジュールは無線周波数モジュールであり、該第二コントローラはマイクロコントローラであり、該第二表示装置は液晶モニターであり、該第二無線モジュールは無線周波数モジュールであることを特徴とする請求項1に記載の点呼装置。
  4. 該携帯端末は、スマートフォン、タブレットPC、PDA、又はウェアラブルデバイスであり、該ワイヤレスタグは腕輪であることを特徴とする請求項1に記載の点呼装置。
  5. 該携帯端末は、さらにキーボードを有し、該第一コントローラにアプリケーションプログラムが設定され、使用者が該キーボードを通じて該ワイヤレスタグの該一意な識別子及び一つの対象者の身分資料を該アプリケーションプログラムで入力し、該一意な識別子と該対象者の身分資料とをマッチングすることを特徴とする請求項2に記載の点呼装置。
  6. 該携帯端末は、さらに該第一コントローラに連接され、振動警告信号を出力する第一マイクロ振動装置を備える。ことを特徴とする請求項1に記載の点呼装置。
  7. 該携帯端末は、さらに該第一コントローラに連接され、音響警告信号を出力する第一マイクロブザーを備えることを特徴とする請求項1に記載の点呼装置。
  8. 該ワイヤレスタグは、さらに該第二コントローラに連接され、該第二コントローラへ信号を出力するためであるボタンを備えることを特徴とする請求項1に記載の点呼装置。
  9. 該ワイヤレスタグは、さらに該第二コントローラに連接され、振動警告信号を出力する第二マイクロ振動装置を備えることを特徴とする請求項1に記載の点呼装置。
  10. 該ワイヤレスタグは、さらに該第二コントローラに連接され、音響警告信号を出力する第二マイクロブザーを備えることを特徴とする請求項1に記載の点呼装置。
JP2014006194U 2014-08-22 2014-11-20 点呼装置 Active JP3195768U (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
TW103215102U TWM490697U (en) 2014-08-22 2014-08-22 Roll call device
TW103215102 2014-08-22

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3195768U true JP3195768U (ja) 2015-01-29

Family

ID=52685435

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014006194U Active JP3195768U (ja) 2014-08-22 2014-11-20 点呼装置

Country Status (3)

Country Link
US (1) US20160055683A1 (ja)
JP (1) JP3195768U (ja)
TW (1) TWM490697U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107274503A (zh) * 2016-04-06 2017-10-20 青岛大学 一种基于轨迹与传感器数据的考勤方法

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10044710B2 (en) 2016-02-22 2018-08-07 Bpip Limited Liability Company Device and method for validating a user using an intelligent voice print
CN109003348A (zh) * 2018-08-02 2018-12-14 中国建设银行股份有限公司 考勤方法、装置及系统

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107274503A (zh) * 2016-04-06 2017-10-20 青岛大学 一种基于轨迹与传感器数据的考勤方法

Also Published As

Publication number Publication date
TWM490697U (en) 2014-11-21
US20160055683A1 (en) 2016-02-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN104537906B (zh) 一种物联网远程测控教学实验系统平台
JP3195768U (ja) 点呼装置
Ketkar et al. GSM mobile phone based led scrolling message display system
CN102859980A (zh) 增强的公共安全通信系统
CN102314780A (zh) 一种教学辅助装置及教学辅助方法
CN108346118A (zh) 一种教育技术管理系统
Chan et al. Impact of wireless electronic medical record system on the quality of patient documentation by emergency field responders during a disaster mass-casualty exercise
KR101408193B1 (ko) 와이파이를 활용한 자동 출결관리 방법
CN105844563A (zh) 一种家校通应用平台
CN206878987U (zh) 一种具有点名功能的学生课堂行为监控系统
Barbeau et al. Integration of GPS-enabled Mobile Phones and AVL–Personalized Real-time Transit Navigation Information on Your Phone 2
CN202103855U (zh) 景区游客交互终端
CN105610902A (zh) 一种应急救援指挥系统
CN203038318U (zh) 校园射频管理系统
CN204102195U (zh) 点名装置
CN201829030U (zh) 注意力唤醒及评分的教学辅助装置
CN109615721A (zh) 基于智慧校园的管理方法
US20190034779A1 (en) Digital Learning Smart Identification Card Structure
Aakko et al. Rethinking volunteer management using a centralized volunteer staging and training area
CN205028117U (zh) 一种提示系统
CN110460964A (zh) 研学安全管理方法、系统及存储介质
CN202404713U (zh) 一种户外团队用预警装置
JP2013101516A (ja) 無線中継器、情報端末および安否確認システム
KR20130022975A (ko) 위치기반형 양방향 질의응답 및 실시간 수강자 반응 취합 통보 시스템
JP6737459B1 (ja) 勤怠管理装置および勤怠管理プログラム

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3195768

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R3D02

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250