JP3181387U - ベッド式身体部位刺激装置 - Google Patents

ベッド式身体部位刺激装置 Download PDF

Info

Publication number
JP3181387U
JP3181387U JP2012007123U JP2012007123U JP3181387U JP 3181387 U JP3181387 U JP 3181387U JP 2012007123 U JP2012007123 U JP 2012007123U JP 2012007123 U JP2012007123 U JP 2012007123U JP 3181387 U JP3181387 U JP 3181387U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
waist
bed
buttocks
shoulder
footrest
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2012007123U
Other languages
English (en)
Inventor
秀俊 鈴木
Original Assignee
秀俊 鈴木
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 秀俊 鈴木 filed Critical 秀俊 鈴木
Priority to JP2012007123U priority Critical patent/JP3181387U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3181387U publication Critical patent/JP3181387U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】使用者の肩部、腰部又は臀部、足部の3箇所の部位を個別に移動させて刺激し、マッサージ効果とトレーニング効果を得ることができるベッド式身体部位刺激装置を提供する。
【解決手段】ベッド式身体部位刺激装置は、ベッド本体2に設けた肩当て部配置穴5、腰又は臀部当て配置穴6に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した肩当て部7、腰又は臀部当て部8と、ベッド本体2における腰又は臀部当て配置穴6側の末端部に露出配置される足載せ部9と、ベッド本体2の内部に配置されて、ベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系及び腰又は臀部当て部駆動機構系と、足載せ部9に載せた足部を上下駆動する足載せ部上下駆動系と、肩当て部駆動機構系、腰又は臀部当て部駆動機構系の往復回動制御と、足載せ部上下駆動系の往復上下駆動制御を行う制御系と、を有する。
【選択図】図1

Description

本考案は、ベッド式身体部位刺激装置に関するものであり、詳しくは使用者の肩部、腰部又は臀部、足部の3箇所の部位を個別に移動させて刺激し、特に、肩部、腰部又は臀部を個別に移動させて刺激を付与しつつ捻じれるような状態であたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となりマッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるベッド式身体部位刺激装置に関するものある。
従来、複雑高度化した現代社会においては、仕事上のストレス、運動不足等に起因して肩コリ、腰痛等に悩まされている人々が多い。
他方、仕事の繁忙さから身体の運動不足を解消するための運動や筋肉トレーニングを実施する時間もとれない人々も多数存在する。
このため、例えば、就寝前又は起床直後において、使用しているベッドを利用して身体の肩コリ、腰痛等を解消したり、又は筋肉トレーニングを実施できるような装置があれば極めて便利である。
特許文献1には、ベッド本体の内部領域に、モーターによって動く偏心駆動プレートを設け、偏心駆動プレートによりスライドシートをベッド幅方向に往復駆動し、更に、スライドシートと往復ラックを連結固定し、この往復ラック上に例えば使用者の臀部或いは腿部或いは足部が載る一定幅のベッドマットを配置して、使用者の前記部位をベッド幅方向に往復移動させる力を付与し、適切な運動或いはマッサージを与えるように構成したベッドのスウイング装置が開示されている。
この特許文献1におけるベッドのスウイング装置の場合、身体の特定部位の運動或いはマッサージ効果を得られるものの、上述した一定幅のベッドマットは、ベッド全体の一箇所に配置される構成であることから、例えば、使用者の肩部、腰部又は臀部の双方の部位を同時に刺激したり、或いは使用者の肩部、腰部又は臀部、足部の3箇所の部位を同時に刺激したりするようなことはできないものと推定される。
登録実用新案第3095289号公報
本考案が解決しようとする問題点は、使用者の肩部と、腰部又は臀部との双方の部位を、或いは使用者の肩部、腰部又は臀部、足部の3箇所の部位を個別に移動させて刺激し、特に、肩部、腰部又は臀部を個別に移動させて刺激を付与しつつ捻じれるような状態であたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となりマッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるようなベッド式身体部位刺激装置が存在しない点である。
本考案は、ベッド本体上面に寝る使用者の身体部位を刺激するベッド式身体部位刺激装置であって、ベッド本体上面の長さ方向に間隔を隔て設けた肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴と、前記肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる肩当て部、及び腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部と、前記ベッド本体の内部に配置され、前記肩当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系と、前記ベッド本体の内部に配置され、前記腰又は臀部当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する腰又は臀部当て部駆動機構系と、前記肩当て部駆動機構系の肩当て部、腰又は臀部当て部駆動機構系の腰又は臀部当て部に対する非同期の往復回動制御、又は同期した往復回動制御、前記足載せ部上下駆動系の足載せ部に対する往復上下駆動制御を行う制御系と、を有することを最も主要な特徴とする。
請求項1記載の考案によれば、ベッド本体上に寝ている使用者は、そのままの姿勢でもって、肩部、腰又は臀部の二つの部位が体軸の周りで捻じれるような、すなわち、あたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることになり、これにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となりマッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるベッド式身体部位刺激装置を実現し提供することができる。
請求項2記載の考案によれば、請求項1記載の考案と同様な効果を奏するとともに、足載せ部上下駆動系による足載せ部の小刻みな上下駆動によって、前記足載せ部に載せた足も小刻みに上下動して、足に上下動に伴う刺激が付与され、当該足に関連する血管の血流・血行が良好となり、マッサージ効果を得ることができるベッド式身体部位刺激装置を実現し提供することができる。
請求項3記載の考案によれば、前記制御部の制御の基に、肩当て部駆動機構系における肩当て部駆動手段の肩当て部モータ、腰又は臀部当て部駆動機構系における腰又は臀部当て部駆動手段の腰又は臀部当て部モータを非同期で往復回転駆動し、肩当て部被駆動手段を介して肩当て部支持部材により支持した肩当て部をベッド幅方向に往復回動させるとともに、腰又は臀部当て部被駆動手段を介して腰又は臀部当て部により支持した腰又は臀部当て部をベッド幅方向に前記肩当て部と非同期のタイミングでベッド幅方向に往復回動させる構成の基に、ベッド本体上に寝ている使用者は、そのままの姿勢で、肩部、腰又は臀部の二つの部位が体軸の周りで捻じれるような、すなわち、あたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることになり、これにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるベッド式身体部位刺激装置を実現し提供することができる。
請求項4記載の考案によれば、請求項3記載の考案と同様な効果を奏するとともに、足載せ部上下駆動系による足載せ部の小刻みな上下駆動によって、前記足載せ部に載せた足も小刻みに上下動して、足に上下動に伴う刺激が付与され、当該足に関連する血管の血流・血行が良好となり、マッサージ効果を得ることができるベッド式身体部位刺激装置を実現し提供することができる。
請求項5記載の考案によれば、肩当て部駆動機構系における肩当て部駆動手段、腰又は臀部当て部駆動機構系における腰又は臀部当て部駆動手段の構成を簡略化した構成の基に、ベッド本体上に寝ている使用者は、そのままの姿勢で、肩部、腰又は臀部の二つの部位が体軸の周りで捻じれるような、すなわち、あたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることになり、これにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるベッド式身体部位刺激装置を実現し提供することができる。
請求項6記載の考案によれば、請求項5記載の考案と同様な効果を奏するとともに、足載せ部上下駆動系による足載せ部の小刻みな上下駆動によって、前記足載せ部に載せた足も小刻みに上下動して、足に上下動に伴う刺激が付与され、当該足に関連する血管の血流・血行が良好となり、マッサージ効果を得ることができるベッド式身体部位刺激装置を実現し提供することができる。
図1は本考案の実施例に係るベッド式身体部位刺激装置の外観斜視図である。 図2は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置の肩当て部駆動機構系、腰又は臀部当て部駆動機構系及び足載せ部上下駆動系の配置を示す概略説明図である。 図3は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における肩当て部駆動機構系の構成を示す概略平面図である。 図4は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における肩当て部駆動機構系を構成する肩当て部及び肩当て部支持部材の構成を示す概略部分拡大断面図である。 図5は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における腰又は臀部当て部駆動機構系の構成を示す概略平面図である。 図6は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における腰又は臀部当て部駆動機構系を構成する腰又は臀部当て部、及び前記腰又は臀部当て部支持部材の構成を示す概略部分拡大断面図である。 図7は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における足載せ部上下駆動系の構成を示す概略平面図である。 図8は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における足載せ部上下駆動系における足載せ部上下被駆動部の構成を示す概略断面図である。 図9は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における制御系の概略ブロック図である。 図10は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置におけるスイッチボックスを示す正面図である。 図11は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における肩当て部、腰又は臀部当て部の非同期駆動の状態を示す動作説明図である。 図12は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における肩当て部、腰又は臀部当て部の非同期駆動の状態を示す動作説明図である。 図13は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における肩当て部、腰又は臀部当て部の同期駆動の状態を示す動作説明図である。 図14は本考案の実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における肩当て部駆動機構系の変形例の構成を示す概略平面図である。 図15は本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置における腰又は臀部当て部駆動機構系の変形例の構成を示す概略平面図である。
本考案は、使用者の肩部と、腰部又は臀部との双方の部位を、或いは使用者の肩部、腰部又は臀部、足部の3箇所の部位を同時に又は個別に移動させて刺激を付与することができ、使用者が効率よくマッサージ効果、トレーニング効果を得ることができるベッド式身体部位刺激装置を提供するという目的を、ベッド本体上面に寝る使用者の身体部位を刺激するベッド式身体部位刺激装置であって、ベッド本体上面の長さ方向に間隔を隔て設けた肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴と、前記肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる肩当て部、及び腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部と、前記ベッド本体における腰又は臀部当て配置穴側の末端部に露出配置され使用者の足部を載せる足載せ部と、前記ベッド本体の内部に配置され、前記肩当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系と、前記ベッド本体の内部に配置され、前記腰又は臀部当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する腰又は臀部当て部駆動機構系と、前記足載せ部に載せた足部を上下駆動する足載せ部上下駆動系と、前記肩当て部駆動機構系の肩当て部、腰又は臀部当て部駆動機構系の腰又は臀部当て部に対する非同期の往復回動制御、又は同期した往復回動制御、前記足載せ部上下駆動系の足載せ部に対する往復上下駆動制御を行う制御系と、を有する構成により実現した。
以下、本考案の実施例に係るベッド式身体部位刺激装置について図面を参照して詳細に説明する。
本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置1は、図1に示すように、全体として直方体箱型状に形成したベッド本体2を有し、このベッド本体2を、上方が開口した直方体箱型状のベッド基体3と、ベッド基体3の開口部全体を覆う形態で着脱可能であり、かつ、マット形態としたベッド蓋体4と、により構成している。
前記ベッド蓋体4には、ベッド本体2の上面の長さ方向に間隔を隔て設けた四角形状の肩当て部配置穴5、腰又は臀部当て配置穴6を設けている。
前記肩当て部配置穴5、腰又は臀部当て配置穴6には、その上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる薄型直方体状の肩当て部7、及び同じく薄型直方体状の使用者の腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部8を配置するように構成している。
前記腰又は臀部当て部8は、使用者の腰又は臀部がぴったりと当接するようにそのベッド幅方向中央部分を凹陥した形状に形成している。
また、前記ベッド本体2における前記腰又は臀部当て配置穴6側の末端部には、使用者の足部を載せる足載せ部9を詳細は後述するが露出配置に、かつ、上下動可能に配置している。
なお、図1において、10は前記ベッド本体2の末端部に前記足載せ部9と並設した固定配置の足載せ補助具である。
また、図2においては、前記ベッド本体2の内部における肩当て部駆動機構系11、腰又は臀部当て部駆動機構系41及び足載せ部上下駆動系71の配置を点線で示している。
次に、前記肩当て部駆動機構系11、腰又は臀部当て部駆動機構系41及び足載せ部上下駆動系71の詳細構造について図3乃至図8を参照して説明する。
なお、足載せ部9の形状は、使用者の足を足載せ部9に載せた際、使用者の足が安定するように、その上面を上方にやや湾曲したものとして形成しても良い。
前記肩当て部駆動機構系11は、前記肩当て部7の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動するものであり、図3に示すように、前記ベッド本体2を構成するベッド基体3の底部に設けた底基台12上で、かつ、前記肩当て部配置穴5の下方領域に配置した肩当て部駆動手段13Aと、前記底基台12上の前記肩当て部駆動手段13Aにより囲まれる領域に配置した肩当て部被駆動手段13Bと、を有している。
前記肩当て部駆動手段13Aは、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台12の一方の長辺近くに固定配置した肩当て部モータ14と、前記肩当て部モータ14の原動軸に取り付けた原動プーリ15と、前記底基台12の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体16により回動可能に軸支した他辺側軸体17と、他辺側軸体17の前記原動プーリ15の位置に対応する一端に取り付けた従動プーリ18と、前記原動プーリ15、従動プーリ18間にベッド幅方向の配置で掛け渡し、前記肩当て部モータ14の回転力を他辺側軸体17に伝達する第1ベルト19と、前記他辺側軸体17の他端に取り付けた伝達プーリ20と、底基台12の一方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体21により回動可能に軸支した一辺側軸体22と、一辺側軸体22の前記伝達プーリ20の位置に対応する他端に取り付けた伝達プーリ23と、両伝達プーリ20、23間にベッド幅方向の配置で掛け渡し、前記他辺側軸体17の回転力を一辺側軸体22に伝達する第2ベルト24と、前記一辺側軸体22に取り付けた円盤体25の外周部に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、前記他辺側軸体17、一辺側軸体22間の略中間位置に他端に設けたネジ部26aを臨ませた往復動杆26と、を具備し、これら各要素が全体として底基台12上で平面視略四角形状を呈する配置としている。
前記肩当て部被駆動手段13Bは、図3、図4に示すように、前記ベッド本体2の底基台12上の前記肩当て部駆動手段13により囲まれる領域に配置されるとともに、ベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体27により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体28と、前記被駆動往復回動軸体28の下部外周部においてネジ孔をベッド幅方向の配置となるようにして固着し、ネジ孔を前記往復動杆26のネジ部26aとネジ結合(螺合)した円環状連結体29と、前記被駆動往復回動軸体28に固着されて、前記肩当て部7の下部を支持する肩当て部支持部材30と、を具備している。
前記肩当て部支持部材30は、図4に示すように、前記被駆動往復回動軸体28の外周からベッド幅方向の水平両方向に突設した一対の水平支持杆31と、一対の水平支持杆31に対して各々垂直上方向に向けて所定寸法突出する状態に取り付けた一対の垂直支持杆32と、一対の垂直支持杆32の上端に架設した肩当て部支持板33と、を具備し、前記肩当て部支持板33の上面に前記肩当て部7の下部を当接しネジ止め等により前記肩当て部7を一体的に支持する構成としている。
前記腰又は臀部当て部駆動機構系41は、前記腰又は臀部当て部8の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動するものであり、図5に示すように、前記ベッド本体2を構成するベッド基体3の底部に設けた底基台42上で、かつ、前記腰又は臀部当て配置穴6の下方領域に配置した腰又は臀部当て部駆動手段43Aと、前記底基台42上の前記腰又は臀部当て部駆動手段43により囲まれる領域に配置した腰又は臀部当て部被駆動手段43Bと、を有している。
前記腰又は臀部当て部駆動手段43は、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台42の一方の長辺近くに固定配置した腰又は臀部当て部モータ44と、前記腰又は臀部当て部モータ44の原動軸に取り付けた原動プーリ45と、底基台42の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体46により回動可能に軸支した他辺側軸体47と、他辺側軸体47の前記原動プーリ45の位置に対応する一端に取り付けた従動プーリ48と、前記原動プーリ45、従動プーリ48間にベッド幅方向の配置で掛け渡し、前記腰又は臀部当て部モータ44の回転力を他辺側軸体47に伝達する第1ベルト49と、前記他辺側軸体47の他端に取り付けた伝達プーリ50と、底基台42の一方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体51により回動可能に軸支した一辺側軸体52と、一辺側軸体52の前記伝達プーリ50の位置に対応する他端に取り付けた伝達プーリ53と、両伝達プーリ50、53間にベッド幅方向の配置で掛け渡し、前記他辺側軸体47の回転力を一辺側軸体52に伝達する第2ベルト54と、前記一辺側軸体52に取り付けた円盤体55に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、前記他辺側軸体47、一辺側軸体52間の略中間位置に他端に設けたネジ部56aを臨ませた往復動杆56とを具備し、これら各要素が全体として底基台42上で平面視略四角形状を呈する配置としている。
前記腰又は臀部当て部被駆動手段43Bは、図5、図6に示すように、前記ベッド本体2の底基台42上の前記腰又は臀部当て部駆動手段43により囲まれる領域に配置されるとともに、ベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体57により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体58と、前記被駆動往復回動軸体58の下部外周部においてネジ孔をベッド幅方向の配置となるようにして固着し、ネジ孔を前記往復動杆56のネジ部56aとネジ結合(螺合)した円環状連結体59と、前記被駆動往復回動軸体58に固着した腰又は臀部当て部支持部材60と、を具備している。
前記腰又は臀部当て部支持部材60は、図6に示すように、前記被駆動往復回動軸体58の外周からベッド幅方向の水平両方向に突設した一対の水平支持杆61と、一対の水平支持杆61に対して各々垂直上方向に向けて所定寸法突出する状態に取り付けた一対の垂直支持杆62と、一対の垂直支持杆62の上端に架設した腰又は臀部当て部支持板63と、を具備し、前記腰又は臀部当て部支持板63の上面に前記腰又は臀部当て部8の下部を当接しネジ止め等により前記腰又は臀部当て部8を一体的に支持する構成としている。
前記足載せ部上下駆動系71は、使用者の足部を載せる足載せ部9を例えば小刻みに上下動させるものであり、図7、図8に示すように、前記ベッド本体2を構成するベッド基体3の末端部の底部に設けた底基台72上に配置した足載せ部上下駆動部73Aと、足載せ部上下被駆動部73Bとを有している。
前記足載せ部上下駆動部73Aは、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台72の一方の長辺近くに固定配置した足載せ部モータ74と、底基台72の他方の長辺近くにベッド長さ方向に向けて、かつ、一対の軸体75により回動可能に配置し、ベルト77により足載せ部モータ74の回転力が伝達される水平軸体76と、この水平軸体76の端部に一体的に取り付けた円盤体76aからベッド幅方向に向けて突設され、水平軸体76の往復回動動作により前記水平軸体76を支軸として回動する回動棒体78と、前記回動棒体78の他端側に設けたネジ部78aにネジ結合した円環状体79を介して上下動する連結杆80と、を具備している。
前記足載せ部上下被駆動部73Bは、ベッド本体2の末端部において、上下所定間隔を隔てて配置した一対の垂直軸受体81に垂直方向に上下動可能に嵌装されるとともに、前記連結杆80の他端側を外周部に固着し、ベッド本体2の末端部から垂直上方の突出させた上端部に前記足載せ部9を固着した上下動軸体82と、を具備している。
次に、本実施例における前記肩当て部駆動機構系11、腰又は臀部当て部駆動機構系41、及び前記足載せ部上下駆動系71の制御を行う制御系について図9、図10を参照して説明する。
この制御系は、箱型状に構成したコントロールボックス91を有し、このコントロールボックス91の正面部には、肩当て部調整ダイヤル92、腰又は臀部当て部ダイヤル93、足載せ部ダイヤル94、電源スイッチ100を配置している。
前記肩当て部調整ダイヤル92は、ダイヤル操作によって肩当て部7の回動状態を、遅い、中間、速いの3段階に切り替える切替信号を出力するように構成している。
前記腰又は臀部当て部ダイヤル93は、ダイヤル操作によって腰又は臀部当て部8の回動状態を、遅い、中間、速いの3段階に切り替える切替信号を出力するように構成している。
前記足載せ部ダイヤル94は、ダイヤル操作によって、足載せ部9の上下動状態を遅い、中間、速いの3段階に切り替える切替信号を出力するように構成している。
また、コントロールボックス91の内部には、前記肩当て部調整ダイヤル92、腰又は臀部当て部ダイヤル93、足載せ部ダイヤル94のダイヤル操作に応じた各切替信号に基づいて、前記肩当て部駆動機構系11の肩当て部モータ14、腰又は臀部当て部駆動機構系41の腰又は臀部当て部モータ44に対する非同期の往復回転制御、又は同期した往復回転制御、前記足載せ部上下駆動系71の足載せ部モータ74の足載せ部9に対する上下駆動のための往復回転制御を行う動作プログラムを格納したプログラムメモリ95と、前記動作プログラムに基づいて動作する制御部96と、前記制御部96の制御の基に肩当て部モータ14を往復回転駆動する肩当て部モータドライバ97と、前記制御部96の制御の基に腰又は臀部当て部モータ44を往復回転駆動する腰又は臀部当て部モータドライバ98と、前記制御部96の制御の基に足載せ部モータ74を往復回転駆動する足載せ部モータドライバ99と、を搭載した制御ユニットを配置している。
前記制御部96の制御に基づく肩当て部モータ14の往復回転駆動は、前記肩当て部7を、例えば水平位置と、ベッド幅方向に例えば水平位置から20度又は30度程度傾けた位置とにわたって往復回動させるように行う構成としている。
前記制御部96の制御に基づく腰又は臀部当て部モータ44の往復回転駆動は、前記腰又は臀部当て部8を、例えば水平位置と、ベッド幅方向に例えば水平位置から20度又は30度程度傾けた位置とにわたって往復回動させるように行う構成としている。
なお、本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置1の動作に必要な電力供給は、商用電源を用いるが、電力供給系については図示省略する。
次に、上述した構成からなる本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置1の作用、効果について、図11乃至図13を参照して説明する。
本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置1により、使用者の肩部101、腰又は臀部102に刺激を加えるに際して、使用者は、ベッド本体2上に使用者が寝て、肩部101を前記肩当て部7に、腰又は臀部102を前記腰又は臀部当て部8に接触させる。
また、使用者の足部はベッド本体2の末端側に伸ばしたままとするか、又は前記足載せ部9上に載せる。
この状態で、前記電源スイッチ100をオンにし、ベッド式身体部位刺激装置1を始動させる。
これにより、前記制御部96の制御の基に肩当て部駆動機構系11における肩当て部駆動手段13Aの肩当て部モータ14、腰又は臀部当て部駆動機構系41における腰又は臀部当て部駆動手段43Aの腰又は臀部当て部モータ44が非同期(回転タイミングを半周期ずらし)で往復回転し、又は同期(回転タイミングを同一)した往復回転を行う。
肩当て部モータ14の往復回転力は、肩当て部駆動手段13Aの第1ベルト19、他辺側軸体17、第2ベルト24を経て一辺側軸体22に伝達され、更に、円盤体25から往復動杆26に伝達されて、この往復動杆26は前記一辺側軸体22の往復回転に応じて図3に示すようにベッド幅方向に往復移動する。
前記往復動杆26のベッド幅方向の往復移動に応じて、前記肩当て部被駆動手段13Bにおける被駆動往復回動軸体28も往復回転し、この被駆動往復回動軸体28に連動する肩当て部支持部材30、肩当て部7が、図11左欄及び図12左欄に示すように往復回動する。
一方、前記腰又は臀部当て部駆動機構系41においては、前記制御部96の制御の基に前記腰又は臀部当て部駆動手段43Aの腰又は臀部当て部モータ44が非同期(回転タイミングを半周期ずらし)で往復回転し、又は同期(回転タイミングを同一)した往復回転を行う。
腰又は臀部当て部駆動手段43Aの腰又は臀部当て部モータ44の往復回転力は、第1ベルト49、他辺側軸体47、第2ベルト54を経て一辺側軸体52に伝達されて、更に、円盤体55から往復動杆56に伝達されて、この往復動杆56は前記一辺側軸体52の往復回転に応じて図5に示すようにベッド幅方向に往復移動する。
前記往復動杆56のベッド幅方向の往復移動に応じて、前記腰又は臀部当て部被駆動手段43Bにおける被駆動往復回動軸体58も往復回転し、この被駆動往復回動軸体58に連動する腰又は臀部当て部支持部材60、腰又は臀部当て部8が、図11右欄及び図12右欄に示すように、往復回動する。
この場合、肩当て部モータ14、腰又は臀部当て部モータ44を非同期(回転タイミングを半周期ずらし)で往復回転させた場合には、前記肩当て部7上の使用者の肩部101は、図11左欄、図12左欄の状態を交互に繰り返しし、また、前記腰又は臀部当て部8上の腰又は臀部102は、図11右欄、図12右欄の状態を交互に繰り返す。
この結果、前記肩当て部7上の使用者の肩部101、腰又は臀部当て部8上の腰又は臀部102には、使用者の体軸の周りで非同期に捻転させる捻転回動力が付与されることになる。
このようにして、本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置1によれば、ベッド本体2上に寝ている使用者は、そのままの姿勢で、肩部101、腰又は臀部102の二つの部位が体軸の周りで捻じれるような、すなわち、あたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることになり、これにより、肩部101から腰又は臀部102に至る範囲の刺激を受けることになり、血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部101から腰又は臀部102に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができる。
また、前記肩当て部モータ14、腰又は臀部当て部モータ44を同期(回転タイミングを同一)して往復回転させた場合には、前記肩当て部7上の使用者の肩部101、前記腰又は臀部当て部8上の腰又は臀部102は、図13に示すように、ともに同一方向に往復回動する。
この結果、前記肩当て部7上の使用者の肩部101、腰又は臀部当て部8上の腰又は臀部102には、使用者の体軸の周りで連動して往復回動させる往復回動力が付与されることになり、肩部101から腰又は臀部102に至る範囲の刺激を受けることができる。
次に、前記足載せ部9及び足載せ部上下駆動系71の作用効果について説明する。
前記ベッド本体2上に寝ている使用者が、前記足載せ部9上に自己の足を載せ、足載せ部上下駆動系71の足載せ部モータ74を始動させて小刻みに往復回転させる。
前記足載せ部上下駆動系71は、使用者の足部を載せる足載せ部9を例えば小刻みに上下動させる
足載せ部モータ74の回転力は、ベルト77により水平軸体76に伝達され、水平軸体76も往復回転し、これにより回動棒体78が水平軸体76を支軸として小刻みに回動する。
この結果、前記回動棒体78の他端側にネジ結合した円環状体79を介して連結杆80、したがって、上下動軸体82も小刻みに上下動し、その上端部に固着した前記足載せ部9も小刻みに上下動する。
これにより、前記足載せ部9に載せた前記足も小刻みに上下動して、足に上下動に伴う刺激が付与され、当該足に関連する血管の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られる。
なお、前記上下動軸体82又は足載せ補助具10にベルト(図示せず)を掛けて、使用者がウェストストレッチを行うという使用態様も可能である。上下動軸体82にベルトを掛けて、使用者がウェストストレッチを行う場合は、上下動軸体82の動きがベルトに伝達しつつ使用者のウェストに伝わってストレッチ効果を向上させることができる。
上記ベルトの上下動軸体82又は足載せ補助具10への掛ける状態(図示せず)は、如何なる手段でもって掛けても良い。
次に、本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置1における前記肩当て部駆動機構系11、腰又は臀部当て部駆動機構系41の変形例について、図14、図15を参照して説明する。
なお、図14、図15に示す肩当て部駆動機構系11A、腰又は臀部当て部駆動機構系41Aにおいて、既述した肩当て部駆動機構系11、腰又は臀部当て部駆動機構系41の場合と同一の要素については同一の符号を付して示す。
図14は、前記肩当て部駆動機構系11の変形例である肩当て部駆動機構系11Aを示すものである。
肩当て部駆動機構系11Aは、前記肩当て部駆動機構系11よりも構成を簡略化したものであり、前記ベッド本体2を構成するベッド基体3の底部に設けた底基台12上で、かつ、前記肩当て部配置穴5の下方領域に配置した肩当て部駆動手段13Cと、前記底基台12上に配置した肩当て部被駆動手段13Dと、を有している。
前記肩当て部駆動手段13Cは、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台12の一方の長辺近くに固定配置した肩当て部モータ14と、前記肩当て部モータ14の原動軸に取り付けた原動プーリ15と、前記底基台12の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体16により回動可能に軸支した他辺側軸体17と、他辺側軸体17の前記原動プーリ15の位置に対応する一端に取り付けた従動プーリ18と、前記原動プーリ15、従動プーリ18間にベッド幅方向の配置で掛け渡し、前記肩当て部モータ14の回転力を他辺側軸体17に伝達する第1ベルト19と、前記他辺側軸体17に取り付けた円盤体25の外周部に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、ベッド幅方向の略中間位置に他端に設けたネジ部26aを臨ませた往復動杆26と、を具備し、これら各要素が全体として底基台12上で平面視略L形状を呈する配置としている。
前記肩当て部被駆動手段13Dは、図14に示すように、前記ベッド本体2の底基台12上で、ベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体27により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体28と、前記被駆動往復回動軸体28の下部外周部においてネジ孔をベッド幅方向の配置となるようにして固着し、ネジ孔を前記往復動杆26のネジ部26aとネジ結合(螺合)した円環状連結体29と、前記被駆動往復回動軸体28に固着され、前記肩当て部7の下部を支持する肩当て部支持部材30と、を具備している。
なお、前記肩当て部支持部材30は、図4に示す場合と同一の構成としている。
図15は、前記腰又は臀部当て部駆動機構系41の変形例である腰又は臀部当て部駆動機構系41Aを示すものである。
この腰又は臀部当て部駆動機構系41Aは、前記腰又は臀部当て部駆動機構系41よりも構成を簡略化したものであり、腰又は臀部当て部駆動手段43Cと、腰又は臀部当て部被駆動手段43Dと、を有している。
前記腰又は臀部当て部駆動手段43Cは、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台42の一方の長辺近くに固定配置した腰又は臀部当て部モータ44と、前記腰又は臀部当て部モータ44の原動軸に取り付けた原動プーリ45と、底基台42の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体46により回動可能に軸支した他辺側軸体47と、他辺側軸体47の前記原動プーリ45の位置に対応する一端に取り付けた従動プーリ48と、前記原動プーリ45、従動プーリ48間にベッド幅方向の配置で掛け渡し、前記腰又は臀部当て部モータ44の回転力を他辺側軸体47に伝達する第1ベルト49と、前記他辺側軸体47に取り付けた円盤体55に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、前記他辺側軸体47、一辺側軸体52間の略中間位置に他端に設けたネジ部56aを臨ませた往復動杆56とを具備し、これら各要素が全体として底基台42上で平面視略L形状を呈する配置としている。
前記腰又は臀部当て部被駆動手段43Bは、図15に示すように、前記ベッド本体2の底基台42上配置されるとともに、ベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体57により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体58と、前記被駆動往復回動軸体58の下部外周部においてネジ孔をベッド幅方向の配置となるようにして固着し、ネジ孔を前記往復動杆56のネジ部56aとネジ結合(螺合)した円環状連結体59と、前記被駆動往復回動軸体58に固着した腰又は臀部当て部支持部材60と、を具備している。
なお、腰又は臀部当て部支持部材60は、図6に示す場合と同一の構成としている。
本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置1において、肩当て部駆動機構系11、腰又は臀部当て部駆動機構系41に替えて、図14、図15に示す構成を簡略化した肩当て部駆動機構系11A、腰又は臀部当て部駆動機構系41Aを採用してベッド式身体部位刺激装置1を構成した場合においても、既述した場合と同様な同様な作用効果を発揮するとともに、構造の簡略化、部品点数の削減により、より低廉な製造コストでベッド式身体部位刺激装置1を実現することができる。
なお、本実施例に係るベッド式身体部位刺激装置1における前記肩当て部7、腰又は臀部当て部8、足載せ部9は、これらを同時に並行して駆動使用しても良く、また、これらを個別に駆動使用しても良い。更には、前記肩当て部7、腰又は臀部当て部8を同時に駆動使用し、足載せ部9だけを使用しないとか、足載せ部9だけを駆動使用し、前記肩当て部7、腰又は臀部当て部8は使用しないとか、使用者が自在に選定して使用できる。
本考案のベッド式身体部位刺激装置は、一般家庭用、病院、介護施設、スポーツ施設等において、使用者の肩部、腰又は臀部、足部のトレーニング用、マッサージ用の装置として広範に使用可能である。
1 ベッド式身体部位刺激装置
2 ベッド本体
3 ベッド基体
5 肩当て部配置穴
6 腰又は臀部当て部配置穴
7 肩当て部
8 腰又は臀部当て部
9 足載せ部
10 足載せ補助具
11 肩当て部駆動機構系
11A 肩当て部駆動機構系
12 底基台
13 肩当て部駆動手段
13A 肩当て部駆動手段
13B 肩当て部被駆動手段
13C 肩当て部駆動手段
13D 肩当て部被駆動手段
14 肩当て部モータ
15 原動プーリ
16 軸受体
17 他辺側軸体
18 従動プーリ
19 第1ベルト
20 伝達プーリ
21 軸受体
22 一辺側軸体
23 伝達プーリ
24 第2ベルト
25 円盤体
26 往復動杆
26a ネジ部
27 軸受体
28 被駆動往復回動軸体
29 円環状連結体
30 肩当て部支持部材
31 水平支持杆
32 垂直支持杆
33 肩当て部支持板
41 腰又は臀部当て部駆動機構系
41A 腰又は臀部当て部駆動機構系
42 底基台
43 腰又は臀部当て部駆動手段
43A 腰又は臀部当て部駆動手段
43B 腰又は臀部当て部被駆動手段
43C 腰又は臀部当て部駆動手段
43D 腰又は臀部当て部被駆動手段
44 腰又は臀部当て部モータ
45 原動プーリ
46 軸受体
47 他辺側軸体
48 従動プーリ
49 第1ベルト
50 伝達プーリ
51 軸受体
52 一辺側軸体
53 伝達プーリ
54 第2ベルト
55 円盤体
56 往復動杆
56a ネジ部
57 軸受体
58 被駆動往復回動軸体
59 円環状連結体
60 腰又は臀部当て部支持部材
61 水平支持杆
62 垂直支持杆
63 腰又は臀部当て部支持板
71 足載せ部上下駆動系
72 底基台
73A 足載せ部上下駆動部
73B 足載せ部上下被駆動部
74 足載せ部モータ
75 軸体
76 水平軸体
76a 円盤体
77 ベルト
78 回動棒体
78a ネジ部
79 円環状体
80 連結杆
81 垂直軸受体
82 上下動軸体
91 コントロールボックス
92 肩当て部調整ダイヤル
93 腰又は臀部当て部ダイヤル
94 足載せ部ダイヤル
95 プログラムメモリ
96 制御部
97 肩当て部モータドライバ
98 腰又は臀部当て部モータドライバ
99 足載せ部モータドライバ
100 電源スイッチ
101 肩部
102 腰又は臀部

Claims (6)

  1. ベッド本体上面に寝た状態の使用者の身体部位を刺激するベッド式身体部位刺激装置であって、
    ベッド本体上面の長さ方向に間隔を隔て設けた肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴と、
    前記肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる肩当て部、及び腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記肩当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記腰又は臀部当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する腰又は臀部当て部駆動機構系と、
    前記肩当て部駆動機構系の肩当て部、腰又は臀部当て部駆動機構系の腰又は臀部当て部に対する非同期の往復回動制御を行う制御系と、
    を有し、
    前記肩当て部、腰又は臀部当て部の回動駆動をもって、使用者の肩部、腰部又は臀部を個別に移動させて、当該各部に刺激を付与しつつ当該各部が捻じれるような状態であたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるようにしたことを特徴とするベッド式身体部位刺激装置。
  2. ベッド本体上面に寝た状態の使用者の身体部位を刺激するベッド式身体部位刺激装置であって、
    ベッド本体上面の長さ方向に間隔を隔て設けた肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴と、
    前記肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる肩当て部、及び腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部と、
    前記ベッド本体における腰又は臀部当て配置穴側の末端部に露出配置され使用者の足部を載せる足載せ部と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記肩当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記腰又は臀部当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する腰又は臀部当て部駆動機構系と、
    前記足載せ部に載せた足部を上下駆動する足載せ部上下駆動系と、
    前記肩当て部駆動機構系の肩当て部、腰又は臀部当て部駆動機構系の腰又は臀部当て部に対する非同期の往復回動制御、又は同期した往復回動制御、前記足載せ部上下駆動系の足載せ部に対する往復上下駆動制御を行う制御系と、
    を有し、
    前記足載せ部の小刻みな上下駆動によって、当該足載せ部に載せた足が小刻みに上下動して、足に上下動に伴う刺激が付与されて当該足に関連する血管の血流・血行が良好となりマッサージ効果を得ることができるようにしたとともに、
    前記肩当て部、腰又は臀部当て部の回動駆動をもって、使用者の肩部、腰部又は臀部を個別に移動させて、当該各部に刺激を付与しつつ当該各部が捻じれるような状態であたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるようにしたことを特徴とするベッド式身体部位刺激装置。
  3. ベッド本体上面に寝た状態の使用者の身体部位を刺激するベッド式身体部位刺激装置であって、
    ベッド本体上面の長さ方向に間隔を隔て設けた肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴と、
    前記肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる肩当て部、及び腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記肩当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記腰又は臀部当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する腰又は臀部当て部駆動機構系と、
    前記肩当て部駆動機構系の肩当て部、腰又は臀部当て部駆動機構系の腰又は臀部当て部に対する非同期の往復回動制御、又は同期した往復回動制御、前記足載せ部上下駆動系の足載せ部に対する往復上下駆動制御を行う制御系と、
    を有し、
    前記肩当て部駆動機構系は、ベッド本体の底基台上で、かつ、前記肩当て部配置穴の下方領域に配置した肩当て部駆動手段と、ベッド本体の底基台上の前記肩当て部駆動手段により囲まれる領域に配置した肩当て部被駆動手段と、を有し、
    前記肩当て部駆動手段は、前記肩当て部配置穴の下方領域において、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した肩当て部モータと、底基台の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、肩当て部モータの回転力がベルトにより伝達される他辺側軸体と、底基台の一方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、他辺側軸体の回転力がベルトにより伝達される一辺側軸体と、前記一辺側軸体に取り付けた円盤体に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、前記他辺側軸体、一辺側軸体間の略中間位置に他端に設けたネジ部を臨ませた往復動杆と、を具備し、
    前記肩当て部被駆動手段は、ベッド本体の底基台上の前記肩当て部駆動手段により囲まれる領域に配置されるとともに、ベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体と、前記被駆動往復回動軸体の下部外周部においてネジ孔がベッド幅方向の配置となるように固着し、前記ネジ孔を前記往復動杆のネジ部とネジ結合した円環状連結体と、前記被駆動往復回動軸体に固着され肩当て部を支持する肩当て部支持部材と、を具備し、
    前記腰又は臀部当て部駆動機構系は、ベッド本体の底基台上で、かつ、前記腰又は臀部当て配置穴の下方領域に配置した腰又は臀部当て部駆動手段と、ベッド本体の底基台上の前記腰又は臀部当て部駆動手段により囲まれる領域に配置した腰又は臀部当て部被駆動手段と、を有し、
    前記腰又は臀部当て部駆動手段は、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した腰又は臀部当て部モータと、底基台の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、腰又は臀部当て部モータの回転力がベルトにより伝達される他辺側軸体と、底基台の一方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、他辺側軸体の回転力がベルトにより伝達される一辺側軸体と、前記他辺側に取り付けた円盤体に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、前記他辺側軸体、一辺側軸体間の略中間位置に他端に設けたネジ部を臨ませた往復動杆と、を具備し、
    前記腰又は臀部当て部被駆動手段は、ベッド本体の底基台上の前記腰又は臀部当て部駆動手段により囲まれる領域に配置されるとともに、ベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体と、前記被駆動往復回動軸体の下部外周部においてネジ孔がベッド幅方向の配置となるように固着し、ネジ孔を前記往復動杆のネジ部とネジ結合した円環状連結体と、前記被駆動往復回動軸体に固着固着され腰又は臀部当て部を支持する腰又は臀部当て部支持部材と、を具備し、
    前記肩当て部、腰又は臀部当て部の回動駆動をもって、使用者の肩部、腰部又は臀部を個別に移動させて、当該各部に刺激を付与しつつ当該各部が捻じれるような状態であたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるようにしたことを特徴とするベッド式身体部位刺激装置。
  4. ベッド本体上面に寝た状態の使用者の身体部位を刺激するベッド式身体部位刺激装置であって、
    ベッド本体上面の長さ方向に間隔を隔て設けた肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴と、
    前記肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる肩当て部、及び腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部と、
    前記ベッド本体における腰又は臀部当て配置穴側の末端部に露出配置され使用者の足部を載せる足載せ部と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記肩当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記腰又は臀部当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する腰又は臀部当て部駆動機構系と、
    前記ベッド本体の末端部内部領域に配置し、前記足載せ部に載せた足部を上下駆動する足載せ部上下駆動系と、
    前記肩当て部駆動機構系の肩当て部、腰又は臀部当て部駆動機構系の腰又は臀部当て部に対する非同期の往復回動制御、又は同期した往復回動制御、前記足載せ部上下駆動系の足載せ部に対する往復上下駆動制御を行う制御系と、
    を有し、
    前記肩当て部駆動機構系は、ベッド本体の底基台上で、かつ、前記肩当て部配置穴の下方領域に配置した肩当て部駆動手段と、ベッド本体の底基台上の前記肩当て部駆動手段により囲まれる領域に配置した肩当て部被駆動手段と、を有し、
    前記肩当て部駆動手段は、前記肩当て部配置穴の下方領域において、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した肩当て部モータと、底基台の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、肩当て部モータの回転力がベルトにより伝達される他辺側軸体と、底基台の一方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、他辺側軸体の回転力がベルトにより伝達される一辺側軸体と、前記一辺側軸体に取り付けた円盤体に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、前記他辺側軸体、一辺側軸体間の略中間位置に他端に設けたネジ部を臨ませた往復動杆と、を具備し、
    前記肩当て部被駆動手段は、ベッド本体の底基台上の前記肩当て部駆動手段により囲まれる領域に配置されるとともに、ベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体と、前記被駆動往復回動軸体の下部外周部においてネジ孔がベッド幅方向の配置となるように固着し、前記ネジ孔を前記往復動杆のネジ部とネジ結合した円環状連結体と、前記被駆動往復回動軸体に固着され肩当て部を支持する肩当て部支持部材と、を具備し、
    前記腰又は臀部当て部駆動機構系は、ベッド本体の底基台上で、かつ、前記腰又は臀部当て配置穴の下方領域に配置した腰又は臀部当て部駆動手段と、ベッド本体の底基台上の前記腰又は臀部当て部駆動手段により囲まれる領域に配置した腰又は臀部当て部被駆動手段と、を有し、
    前記腰又は臀部当て部駆動手段は、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した腰又は臀部当て部モータと、底基台の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、腰又は臀部当て部モータの回転力がベルトにより伝達される他辺側軸体と、底基台の一方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、他辺側軸体の回転力がベルトにより伝達される一辺側軸体と、前記他辺側一辺側軸体に取り付けた円盤体に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、前記他辺側軸体、一辺側軸体間の略中間位置に他端に設けたネジ部を臨ませた往復動杆と、を具備し、
    前記腰又は臀部当て部被駆動手段は、ベッド本体の底基台上の前記腰又は臀部当て部駆動手段により囲まれる領域に配置されるとともに、ベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体と、前記被駆動往復回動軸体の下部外周部においてネジ孔がベッド幅方向の配置となるように固着し、ネジ孔を前記往復動杆のネジ部とネジ結合した円環状連結体と、前記被駆動往復回動軸体に固着固着され腰又は臀部当て部を支持する腰又は臀部当て部支持部材と、を具備し、
    前記足載せ部上下駆動系は、足載せ部上下駆動部と、当該足載せ部上下被駆動部と、を具備し、
    前記足載せ部上下駆動部は、原動軸をベッド長さ方向に向けて、底基台の一方の長辺近くに固定配置した足載せ部モータと、底基台の他方の長辺近くにベッド長さ方向に向けて、かつ、一対の軸体により回動可能に配置して、ベルトにより足載せ部モータの回転力が伝達される水平軸体と、水平軸体の往復回動動作により水平軸体を支軸として回動する回動棒体と、回動棒体の他端側のネジ部にネジ結合した円環状体を介して上下動する連結杆と、を具備し、
    前記足載せ部上下被駆動部は、ベッド本体の末端部において上下動可能に嵌装されるとともに、前記連結杆の他端側を外周部に固着し、上端部に前記足載せ部を固着した上下動軸体を具備し、
    前記足載せ部の小刻みな上下駆動によって、当該足載せ部に載せた足が小刻みに上下動して、足に上下動に伴う刺激が付与されて当該足に関連する血管の血流・血行が良好となりマッサージ効果を得ることができるようにしたとともに、
    前記肩当て部、腰又は臀部当て部の回動駆動をもって、使用者の肩部、腰部又は臀部を個別に移動させて、当該各部に刺激を付与しつつ当該各部が捻じれるような状態であたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるようにしたことを特徴とするベッド式身体部位刺激装置。
  5. ベッド本体上面に寝た状態の使用者の身体部位を刺激するベッド式身体部位刺激装置であって、
    ベッド本体上面の長さ方向に間隔を隔て設けた肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴と、
    前記肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる肩当て部、及び腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記肩当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記腰又は臀部当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する腰又は臀部当て部駆動機構系と、
    前記肩当て部駆動機構系の肩当て部、腰又は臀部当て部駆動機構系の腰又は臀部当て部に対する非同期の往復回動制御、又は同期した往復回動制御、前記足載せ部上下駆動系の足載せ部に対する往復上下駆動制御を行う制御系と、
    を有し、
    前記肩当て部駆動機構系は、ベッド本体の底基台上で、かつ、前記肩当て部配置穴の下方領域に配置した肩当て部駆動手段と、ベッド本体の底基台上の前記肩当て部駆動手段により囲まれる領域に配置した肩当て部被駆動手段と、を有し、
    前記肩当て部駆動手段は、前記肩当て部配置穴の下方領域において、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した肩当て部モータと、底基台の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、肩当て部モータの回転力がベルトにより伝達される他辺側軸体と、前記他辺側軸体に取り付けた円盤体に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、略中間位置に他端に設けたネジ部を臨ませた往復動杆と、を具備し、
    前記肩当て部被駆動手段は、前記ベッド本体の底基台上のベッド幅方向中央位置でベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体と、前記被駆動往復回動軸体の下部外周部においてネジ孔がベッド幅方向の配置となるように固着し、ネジ孔を前記往復動杆のネジ部とネジ結合した円環状連結体と、前記被駆動往復回動軸体に固着され肩当て部を支持する肩当て部支持部材と、を具備し、
    前記腰又は臀部当て部駆動機構系は、ベッド本体の底基台上で、かつ、前記腰又は臀部当て配置穴の下方領域に配置した腰又は臀部当て部駆動手段と、ベッド本体の底基台上の前記腰又は臀部当て部駆動手段により囲まれる領域に配置した腰又は臀部当て部被駆動手段と、を有し、
    前記腰又は臀部当て部駆動手段は、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した腰又は臀部当て部モータと、底基台の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、腰又は臀部当て部モータの回転力がベルトにより伝達される他辺側軸体と、前記他辺側軸体に取り付けた円盤体に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、略中間位置に他端に設けたネジ部を臨ませた往復動杆と、を具備し、
    前記腰又は臀部当て部被駆動手段は、ベッド本体の底基台上のベッド幅方向中央位置でベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体と、前記被駆動往復回動軸体の下部外周部においてネジ孔がベッド幅方向の配置となるように固着し、ネジ孔を前記往復動杆のネジ部とネジ結合した円環状連結体と、前記被駆動往復回動軸体に固着されて腰又は臀部当て部を支持する腰又は臀部当て部支持部材と、を具備し、
    前記肩当て部、腰又は臀部当て部の回動駆動をもって、使用者の肩部、腰部又は臀部を個別に移動させて、当該各部に刺激を付与しつつ当該各部が捻じれるような状態であたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるようにしたことを特徴とするベッド式身体部位刺激装置。
  6. ベッド本体上面に寝た状態の使用者の身体部位を刺激するベッド式身体部位刺激装置であって、
    ベッド本体上面の長さ方向に間隔を隔て設けた肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴と、
    前記肩当て部配置穴、腰又は臀部当て配置穴に上面が露出する状態に、かつ、ベッド幅方向に回動可能に配置した使用者の肩部を当接させる肩当て部、及び腰部又は臀部を当接させる腰又は臀部当て部と、
    前記ベッド本体における腰又は臀部当て配置穴側の末端部に露出配置され使用者の足部を載せる足載せ部と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記肩当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する肩当て部駆動機構系と、
    前記ベッド本体の内部に配置され、前記腰又は臀部当て部の下部を支持してベッド幅方向に往復回動駆動する腰又は臀部当て部駆動機構系と、
    前記ベッド本体の末端部内部領域に配置し、前記足載せ部に載せた足部を上下駆動する足載せ部上下駆動系と、
    前記肩当て部駆動機構系の肩当て部、腰又は臀部当て部駆動機構系の腰又は臀部当て部に対する非同期の往復回動制御、又は同期した往復回動制御、前記足載せ部上下駆動系の足載せ部に対する往復上下駆動制御を行う制御系と、
    前記肩当て部駆動機構系、腰又は臀部当て部駆動機構系の非同期制御、或いは同期制御、及び前記足載せ部上下駆動系の上下駆動制御を行う制御系と、
    を有し、
    前記肩当て部駆動機構系は、ベッド本体の底基台上で、かつ、前記肩当て部配置穴の下方領域に配置した肩当て部駆動手段と、ベッド本体の底基台上の前記肩当て部駆動手段により囲まれる領域に配置した肩当て部被駆動手段と、を有し、
    前記肩当て部駆動手段は、前記肩当て部駆動手段は、前記肩当て部配置穴の下方領域において、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した肩当て部モータと、底基台の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、肩当て部モータの回転力がベルトにより伝達される他辺側軸体と、前記他辺側軸体に取り付けた円盤体に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、略中間位置に他端に設けたネジ部を臨ませた往復動杆と、を具備し、
    前記肩当て部被駆動手段は、前記ベッド本体の底基台上のベッド幅方向中央位置でベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体と、前記被駆動往復回動軸体の下部外周部においてネジ孔がベッド幅方向の配置となるように固着し、ネジ孔を前記往復動杆のネジ部とネジ結合した円環状連結体と、前記被駆動往復回動軸体に固着され肩当て部を支持する肩当て部支持部材と、を具備し、
    前記腰又は臀部当て部駆動機構系は、ベッド本体の底基台上で、かつ、前記腰又は臀部当て配置穴の下方領域に配置した腰又は臀部当て部駆動手段と、ベッド本体の底基台上の前記腰又は臀部当て部駆動手段により囲まれる領域に配置した腰又は臀部当て部被駆動手段と、を有し、
    前記腰又は臀部当て部駆動手段は、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した腰又は臀部当て部モータと、底基台の他方の長辺近くでベッド長さ方向に沿って一対の軸受体により回動可能に軸支し、腰又は臀部当て部モータの回転力がベルトにより伝達される他辺側軸体と、前記他辺側軸体に取り付けた円盤体に一端をネジ結合により取り付け、ベッド幅方向に延在させ、略中間位置に他端に設けたネジ部を臨ませた往復動杆と、を具備し、
    前記腰又は臀部当て部被駆動手段は、ベッド本体の底基台上のベッド幅方向中央位置でベッド長さ方向を軸線方向として一対の軸受体により回動可能に支持した被駆動往復回動軸体と、前記被駆動往復回動軸体の下部外周部においてネジ孔がベッド幅方向の配置となるように固着し、ネジ孔を前記往復動杆のネジ部とネジ結合した円環状連結体と、前記被駆動往復回動軸体に固着され腰又は臀部当て部を支持する腰又は臀部当て部材と、を具備し、
    前記足載せ部上下駆動系は、足載せ部上下駆動部と、当該足載せ部上下被駆動部と、を有し、
    前記足載せ部上下駆動部は、原動軸をベッド長さ方向に向けて底基台の一方の長辺近くに固定配置した足載せ部モータと、底基台の他方の長辺近くにベッド長さ方向に向けて、かつ、一対の軸体により回動可能に配置して、ベルトにより足載せ部モータの回転力が伝達される水平軸体と、水平軸体の往復回動動作により水平軸体を支軸として回動する回動棒体と、回動棒体の他端側のネジ部にネジ結合した円環状体を介して上下動する連結杆と、を具備し、
    前記足載せ部上下被駆動部は、ベッド本体の末端部において上下動可能に嵌装されるとともに、前記連結杆の他端側を外周部に固着し、上端部に前記足載せ部を固着した上下動軸体を具備し、
    前記足載せ部の小刻みな上下駆動によって、当該足載せ部に載せた足が小刻みに上下動して、足に上下動に伴う刺激が付与されて当該足に関連する血管の血流・血行が良好となりマッサージ効果を得ることができるようにしたとともに、
    前記肩当て部、腰又は臀部当て部の回動駆動をもって、使用者の肩部、腰部又は臀部を個別に移動させて、当該各部に刺激を付与しつつ当該各部が捻じれるような状態であたかも漁泳の如き形態を呈する捻転回動力を受けることにより、肩部から腰又は臀部に至る範囲の血流・血行が良好となり、マッサージ効果が得られ、更には、肩部から腰又は臀部に至る範囲に関連する筋肉の増強等のトレーニング効果をも得ることができるようにしたことを特徴とするベッド式身体部位刺激装置。
JP2012007123U 2012-11-22 2012-11-22 ベッド式身体部位刺激装置 Expired - Fee Related JP3181387U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012007123U JP3181387U (ja) 2012-11-22 2012-11-22 ベッド式身体部位刺激装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012007123U JP3181387U (ja) 2012-11-22 2012-11-22 ベッド式身体部位刺激装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3181387U true JP3181387U (ja) 2013-01-31

Family

ID=50425601

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012007123U Expired - Fee Related JP3181387U (ja) 2012-11-22 2012-11-22 ベッド式身体部位刺激装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3181387U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102438631B1 (ko) * 2021-10-28 2022-08-31 오상훈 전신 진동마사지장치

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR102438631B1 (ko) * 2021-10-28 2022-08-31 오상훈 전신 진동마사지장치

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN107890415B (zh) 一种腿部按摩装置
KR101345771B1 (ko) 단일 구동부로 넓은 면적의 안마가 가능한 안마장치
TWI754115B (zh) 施療單元及按摩機
KR101267052B1 (ko) 의자형 안마기
CN110623833A (zh) 一种智能运动按摩椅
KR20200001544U (ko) 진자형 다리 안마기구
KR20130116064A (ko) 복수 개의 회전 볼을 가진 전신 안마기
CN203802768U (zh) 一种按摩机构
KR20170102834A (ko) 복수 개의 회전 볼을 가진 전신 안마기
CN205494807U (zh) 一种社区健身器
JP3181387U (ja) ベッド式身体部位刺激装置
KR20200001545U (ko) 진자형 다리 안마기구
TWM580989U (zh) Pendulum lower limb massage mechanism
CN2928093Y (zh) 甩脂机
CN208641189U (zh) 脚枕摇摆机
CN106377397B (zh) 一种手指训练器
CN201631620U (zh) 电动按摩床
KR200321939Y1 (ko) 다기능 안마/마사지 기구
KR200377430Y1 (ko) 건강 증진용 의자
JP7089725B2 (ja) マッサージ機
TWM580990U (zh) Pendulum lower limb massage mechanism (2)
JP3200162U (ja) マッサージ装置
US3088457A (en) Therapeutic device
KR101502522B1 (ko) 상체 마사지 장치
CN202096410U (zh) 健身按摩机

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 3181387

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees