JP3180114B2 - ウエットティッシュ包装体 - Google Patents

ウエットティッシュ包装体

Info

Publication number
JP3180114B2
JP3180114B2 JP17552495A JP17552495A JP3180114B2 JP 3180114 B2 JP3180114 B2 JP 3180114B2 JP 17552495 A JP17552495 A JP 17552495A JP 17552495 A JP17552495 A JP 17552495A JP 3180114 B2 JP3180114 B2 JP 3180114B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wet tissue
lid
take
bag
opening
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP17552495A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH08318977A (ja
Inventor
菊夫 山田
Original Assignee
中村 憲司
中村 興司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP7-86377 priority Critical
Priority to JP8637795 priority
Application filed by 中村 憲司, 中村 興司 filed Critical 中村 憲司
Priority to JP17552495A priority patent/JP3180114B2/ja
Publication of JPH08318977A publication Critical patent/JPH08318977A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3180114B2 publication Critical patent/JP3180114B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B61/00Auxiliary devices, not otherwise provided for, for operating on sheets, blanks, webs, binding material, containers or packages
    • B65B61/18Auxiliary devices, not otherwise provided for, for operating on sheets, blanks, webs, binding material, containers or packages for making package-opening or unpacking elements
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B9/00Enclosing successive articles, or quantities of material, e.g. liquids or semiliquids, in flat, folded, or tubular webs of flexible sheet material; Subdividing filled flexible tubes to form packages
    • B65B9/06Enclosing successive articles, or quantities of material, in a longitudinally-folded web, or in a web folded into a tube about the articles or quantities of material placed upon it
    • B65B9/067Enclosing successive articles, or quantities of material, in a longitudinally-folded web, or in a web folded into a tube about the articles or quantities of material placed upon it the web advancing continuously
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65DCONTAINERS FOR STORAGE OR TRANSPORT OF ARTICLES OR MATERIALS, e.g. BAGS, BARRELS, BOTTLES, BOXES, CANS, CARTONS, CRATES, DRUMS, JARS, TANKS, HOPPERS, FORWARDING CONTAINERS; ACCESSORIES, CLOSURES, OR FITTINGS THEREFOR; PACKAGING ELEMENTS; PACKAGES
    • B65D83/00Containers or packages with special means for dispensing contents
    • B65D83/08Containers or packages with special means for dispensing contents for dispensing thin flat articles in succession
    • B65D83/0805Containers or packages with special means for dispensing contents for dispensing thin flat articles in succession through an aperture in a wall
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65DCONTAINERS FOR STORAGE OR TRANSPORT OF ARTICLES OR MATERIALS, e.g. BAGS, BARRELS, BOTTLES, BOXES, CANS, CARTONS, CRATES, DRUMS, JARS, TANKS, HOPPERS, FORWARDING CONTAINERS; ACCESSORIES, CLOSURES, OR FITTINGS THEREFOR; PACKAGING ELEMENTS; PACKAGES
    • B65D75/00Packages comprising articles or materials partially or wholly enclosed in strips, sheets, blanks, tubes, or webs of flexible sheet material, e.g. in folded wrappers
    • B65D75/04Articles or materials wholly enclosed in single sheets or wrapper blanks
    • B65D75/06Articles or materials wholly enclosed in single sheets or wrapper blanks in sheets or blanks initially folded to form tubes
    • B65D75/12Articles or materials wholly enclosed in single sheets or wrapper blanks in sheets or blanks initially folded to form tubes with the ends of the tube closed by flattening and heat-sealing
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S206/00Special receptacle or package
    • Y10S206/812Packaged towel

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明はウエットティッシュを袋
体内部に収納し、取り出し口よりウエットティッシュを
1枚1枚取り出せるようにしたウエットティッシュ包装
体に関し、更に詳しくは、携帯に便利で且つ使い捨て可
能なウエットティッシュ包装体に関する。

【0002】

【従来の技術】近年、ウエットティッシュが業務用とし
てまた家庭用として盛んに利用されるようになり、その
消費量は年々拡大している。ウエットティッシュは不織
布等の繊維質シートに薬剤、化粧料等を含浸せしめてな
るもので、赤ちゃんのおしり拭きや手の汚れ落し、消毒
等の目的で利用されている。

【0003】従来から、ウエッティッシュを箱型容器に
収納してなるものと、袋体に収納してなるものとがそれ
ぞれ知られている。箱型容器は硬質又は半硬質のプラス
チック成形品からなり、折り畳んだウエットティッシュ
又はロール状に巻いたウエットティッシュを収納できる
ようになっている。この箱型容器を用いたウエットティ
ッシュ包装体は、ウエットティッシュの詰め替えが可能
である。一方、袋体を用いたウエットティッシュ包装体
は、折り畳んだウエットティッシュを、気密性フィルム
にて作製した袋体内に収納してなるもので、携帯に便利
であり、しかも使い捨てが可能であるという利便性があ
る。

【0004】このような袋体収納構造のウエットティッ
シュ包装体は特公平2−30948号公報に開示されて
いる。この包装体は、気密性を有するフィルムを用いて
作製された袋体の内部にウエットティッシュを収納して
なるものであり、センターシール部と両端シール部によ
って密封された構造を有し、袋体の上面にウエットティ
ッシュ取り出し口を形成するための切離し用切り込み部
が設けられ、該切り込み部を覆うように、気密性フィル
ムよりなるフラップ状の蓋が、該蓋の裏面に施された粘
着剤により貼着されている。上記切離し用切り込み部は
ハーフカットの状態になっており、開封の際に蓋を引っ
張り上げると、切離し用切り込み部が蓋と共に引っ張り
上げられて切り離され、それにより取り出し口が開口す
るようになっている。このようにして、蓋の裏面に切離
し片が接着するが、蓋裏面においては切離し片の周囲に
も粘着面が存在するため、蓋を閉じると、この粘着面が
取り出し口周囲のフィルム面に粘着して蓋が固定され
る。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】しかし、上記従来の包
装体は蓋を粘着力で固定するようにしたものであるか
ら、蓋を何回か繰り返し開閉しているうちに、粘着剤面
に埃やごみが付着して次第に粘着力が低下し、その結
果、蓋を閉じた時の密閉性が次第に不良になるという欠
点があった。

【0006】また袋体はプラスチックフィルムという柔
軟材料によって作製されているため、蓋の開閉という動
作によって、取り出し口の周囲にしわが発生し易く、そ
のため、しわが発生したフィルム面に蓋の粘着剤面が粘
着して蓋が閉じられるという事態がしばしば生じる。こ
のような事態の発生は、密閉性の低下を必然的に招く。
ウエットティッシュ包装体において蓋の密閉性は重要で
ある。蓋の密閉性が不完全であると、ウエットティッシ
ュに含浸されている薬剤、化粧料等が揮散してしまい、
致命的な欠陥を招くこととなるからである。

【0007】また、この種のフラップ状蓋を設けた包装
体においては、スピーディな蓋の開閉が困難であり、片
手操作で蓋を開けることができないという使い勝手の悪
いものであった。

【0008】一方、袋体にウエットティッシュを収納し
てなる包装体において、袋体に設けた取り出し口にカラ
ーを取付け、該カラーにヒンジを介してキャップを設
け、該キャップにより取り出し口を密閉するようにした
構造のものは米国特許明細書第4185754号に開示
されている。しかし、この米国特許においては、ウエッ
トティッシュを取り出すときに、取り出し口に指を挿入
して、ウエットティッシュの折り畳み端部をつまみ上げ
て引っ張り出さなければならない。この動作は2枚目及
びそれ以降のウエットティッシュを取り出すときも同様
に行われる。取り出し口に指を挿入してウエットティッ
シュをつまみ出すことは大変に面倒で且つ非能率的であ
る。上記米国特許に示された包装体は、指を挿入してウ
エットティッシュをつまみ出すために必要な大きさの取
り出し口を有している。そのため、取り出し口は必要以
上に大きな開口面積を有しており、キャップを開けたと
きに、ウエットティッシュに含浸されている薬剤、化粧
料が揮散する量も多くなる。従って、米国特許の包装体
は、長期間に亘ってウエットティッシュを良好な状態に
保持することが困難である。

【0009】特公昭64−3722号公報は、袋体内部
にウエットティッシュを収納し、袋体上面のウエットテ
ィッシュ取り出し口を塞ぐようにフラップ状蓋を粘着剤
により貼着してなる構造のウエットティッシュ包装体の
製造方法を開示している。その製造方法は、気密性を有
する連続シートに封入袋の取り出し口を形成するための
切離し用切込みを入れる工程と、一端に接着剤が塗布さ
れ且つ少なくとも前記取り出し口となる箇所よりも広い
範囲に感圧接着剤が塗布された開閉蓋を、前記感圧接着
剤が塗布された部分が前記取り出し口となるシートの箇
所を被覆するように前記シートに貼着する工程と、前記
シートの開閉蓋を貼着した面とは反対の面で、取り出し
口となる箇所の上にシート状繊維素材を置く工程と、該
シート状繊維素材を前記シートで包んで該シートの長手
方向の開口および横方向の開口を固着する工程と、横方
向に前記シートをカットする工程とからなるものであ
る。

【0010】上記従来の製造方法は、蓋に粘着剤を塗布
する工程を有するため、作業的に大変面倒である。ま
た、蓋の貼着に当って、粘着剤塗布面が取り出し口を被
覆するように正確に位置決めをして蓋を貼着しなければ
ならず、作業が面倒であり、作業能率に劣るものであっ
た。

【0011】本発明は、袋体にウエットティッシュを収
納した構造のウエットティッシュ包装体において、閉蓋
時の密閉性に優れ、また蓋の開閉を繰り返しても密閉性
が低下しないウエットティッシュ包装体を提供すること
を目的とする。また本発明の他の目的は、ウエットティ
ッシュの取り出しが容易なウエットティッシュ包装体を
提供することにある。

【0012】

【課題を解決するための手段】本発明においては、気密
性を有するフィルムにて形成した袋体の内部に折り畳ま
れたウエットティッシュ積層体を収納してなる使い捨て
タイプのウエットティッシュ包装体であって、袋体に設
けた開口部に、ウエットティッシュの取り出し口構造、
ウエットティッシュ上方飛び出し部の収納構造及び取り
出し口の開閉蓋構造を備えプラスチック成形品として
構成される蓋ユニット部品を固着してなり、上記蓋ユニ
ット部品は、指を挿入するのに充分な大きさを有する
付穴と、該取付穴の周囲に形成される嵌合受部とを設け
てなる基板と;ポップアップが可能な形状を有する取り
出し口を有し且つ基板の上記取付穴に着脱自在に取付け
られる取り出し口形成部材と;基板の上記嵌合受部と相
互に嵌合可能な嵌合部を有し且つ基板にヒンジを介して
揺動可能に設けられる蓋体とから構成されることを特徴
とするウエットティッシュ包装体を要旨とする。

【0013】

【実施例】本発明をより詳細に説述するために、以下添
付図面に従ってこれを説明する。図1には本発明ウエッ
トティッシュ包装体の一例が示されている。図中、1は
袋体、2は蓋ユニット部品であり、この蓋ユニット部品
2を備えた袋体1の内部に、図2(参考図)および図1
に示すようにウエットティッシュ積層体3が収納され
ている。

【0014】袋体1を形成する材料としては気密性を有
するフィルム、即ち、ウエットティッシュにおける薬
剤、化粧料等の含浸物が浸み出したり、揮散したりする
のを防止できる性質を有するフィルムが用いられる。こ
のようなフィルムとしては、ポリエチレン、ポリプロピ
レン、ポリエステル、ポリアミド、塩化ビニル、塩化ビ
ニリデン、セロハン、アセテート等のプラスチックから
なるフィルム或いはこれらの2種以上の組合せからなる
積層フィルム、又はこれらの単体フィルム、積層フィル
ムにアルミ箔を積層してなる複合フィルム等が挙げられ
る。積層フィルム、複合フィルムの場合は、フィルムの
片面側がヒートシール可能な材料であることが好まし
い。

【0015】蓋ユニット部品2は、袋体1の上面に設け
た開口部4に臨んで袋体上面に取付けられている。上記
部品2における基板の周辺部6aの上面と袋体開口部4
の周縁部4aの下面との相互当接部をヒートシール等の
接合手段により接合することにより、該部品2は袋体開
口部4に臨んで、該袋体1の上面に固着される。尚、上
記相互当接部を接着剤により接着することも可能である
が、ヒートシールが好ましい。

【0016】上記部品2は袋体1を製作する過程におい
て、製袋用フィルムに接合される。即ち、フィルムに穴
を打ち抜いて開口部4を設け、該開口部4に上記部品2
を臨ませると共に、該部品2をヒートシール等の接合手
段によりフィルムに接合一体化する。このようにして得
られた、蓋ユニット部品を接合してなるフィルムを用い
て、該フィルムでウエットティッシュ積層体3を包み、
フィルムの中央重ね合せ部5aをヒートシール等の接合
手段により接合すると共に、この中央重ね合せ部5aの
両端部側に形成される端部側重ね合せ部5b、5cをそ
れぞれ、ヒートシール等の接合手段により接合すること
により袋体1を構成する。

【0017】蓋ユニット部品2は基本的には、図3(参
考図)に示すように、基板6と、ウエットティッシュの
取り出し口7と、該取り出し口7を覆って密閉すること
ができる蓋体8とから構成される。取り出し口7を蓋体
8によって密閉するための手段として、取り出し口7の
周囲に嵌合受部9が設けられると共に、この嵌合受部9
と相互に嵌合可能な嵌合部11が蓋体8に設けられてい
る。嵌合受部9も嵌合部11も共に突起状の周囲壁を
している。一方の周囲壁の内方に他方の周囲壁が入り込
むことにより嵌合状態が得られる。図4(参考図)およ
び図11に示す如く、本実施例は蓋体8に設けた周囲壁
の内方に、基板6に設けた周囲壁が入り込む態様になっ
ている。

【0018】このようにして嵌合部11と嵌合受部9と
の嵌合により蓋体8が閉じられる。取り出し口7を密閉
するためには、嵌合部11と嵌合受部9との嵌合状態を
密にすればよい。

【0019】嵌合部11及び嵌合受部9の形状は輪状で
も方形状でもよいが、両者の嵌合状態を密にするために
は図3や図7に示す如く、輪状に形成するのが好まし
い。

【0020】蓋体8はヒンジ10を介して基板6に一体
的に設けられ、且つヒンジ10を中心軸として回転方向
に揺動可能となるように設けられている。

【0021】取り出し口7は、ポップアップ方式により
ウエットティッシュを取り出すことができるような形
状、構造を備えている。ここでポップアップ構造とは、
1枚目のウエットティッシュを完全に取り出したとき
に、2枚目のウエットティッシュの上端部が取り出し口
の上方に飛び出すという構造のものをいう。

【0022】このポップアップ構造によれば、常にウエ
ットティッシュ上端部が取り出し口上方に飛び出した状
態にあるので、ウエットティッシュをつかみ易く、従っ
てウエットティッシュの取り出しが容易となるという利
点がある。

【0023】参考図の図3に示した取り出し口7は中央
通路7aと端部通路7bと、それらの通路7a、7bよ
りも幅の狭い細幅通路7cとからなる。各通路7a、7
b、7cはそれぞれ連通して1つの取り出し口を形成し
ている。細幅通路7cは幅の狭い通路となっているため
ウエットティッシュを引っ張り上げる力に対して適度な
抵抗を与える働きがあり、これによってウエットティッ
シュ取り出し時のポップアップが可能となる。

【0024】ポップアップ可能な取り出し口の形状、構
造は図3に示すものに限定されず、種々の態様が可能で
ある。例えば取り出し口を、波状に湾曲したスリット穴
として構成してもよい。要は、ウエットティッシュを引
っ張り上げる力に対して適度な抵抗を与えることができ
る形状、構造のものであればよい。

【0025】基板6の周辺部6aの上面は、袋体の開口
部4の周縁部4aと接合する接合部となるため平坦面に
形成されている。基板6の平面部6bは周辺部6aより
低い位置に形成され、該周辺部6aとの間に段差が形成
されている。

【0026】蓋体8が取り出し口7を閉じている状態に
おいて、図4および図11に示すように、取り出し口7
と蓋体8との間に空間部30が形成される。この空間部
30は、ウエットティッシュの上方飛び出し部を実質的
に収納できるスペースを有している。

【0027】また、蓋体8を閉じたとき、蓋体8は平面
部6bの全面を覆わないため、図1、図4および図11
に示すように蓋体8の先端部付近に凹陥部12が生じ
る。この凹陥部12は指が入ることのできる大きさを有
しおり、そのため蓋体8を開ける際、該凹陥部12に指
を差し込んで蓋体8をつかむことができ、蓋体を開ける
ことが容易となる。

【0028】蓋ユニット部品2の材質は硬質又は半硬質
のプラスチックが好ましい。プラスチック材料として
は、ポリプロピレン、ポリエチレン等の熱可塑性樹脂が
用いられる。例えば熱可塑性樹脂を用いて射出成形によ
り上記部品2を一体成形することが可能である。尚、上
記部品2の材質はプラスチックに限定されず、他の材質
にて形成することも可能である。

【0029】ウエットティッシュ積層体3は方形シート
状のウエットティッシュを1枚1枚折り畳み、それらを
幾層にも積み重ねてなるものである。1枚のウエットテ
ィッシュを3ッ折に折り畳み、1つの折り畳み体を作
る。この折り畳み体を積み重ねるとき、その端部が別の
折り畳み体の端部と互いに引っ掛かり合うようにして積
み重ねる。ポップアップ方式でウエットティッシュを取
り出すためにはこのような積層構造とすることが必要で
ある。

【0030】ウエットティッシュとしては、合成繊維又
は天然繊維からなる紙、織布、不織布、コットン、ガー
ゼ、発泡シート等のシート素材に、精製した水、アルコ
ール、その他の薬剤又は化粧料等を含浸又は塗布せしめ
たものが用いられる。

【0031】本発明ウエットティッシュ包装体を使用し
て、ウエットティッシュを取り出すには、まず蓋体8を
図4の矢印a方向に回動して蓋を開ける。使用開始時に
は、特に図示しないが取り出し口7に密封のためのシー
ルが貼ってあるので、このシールを剥がす。次いで、取
り出し口7よりウエットティッシュ13を引き出す。図
12にはウエットティシュを取り出す状態の図が描かれ
ている。

【0032】1枚のウエットティッシュ13を取り出す
と、該ウエットティッシュと端部同志が引っ掛かり合っ
ている2枚目のウエットティッシュが、その端部同志の
引っ掛かりによって一緒に引っ張られて上方に移動す
る。1枚目のウエットティッシュ13が取り出し口7を
完全に通過し、2枚目のウエットティッシュの上端部が
取り出し口7を通過し、該上端部が取り出し口7付近の
上方位置に達した時点で、1枚目のウエットティッシュ
と2枚目のウエットティッシュとが分離する。即ち、取
り出し口7は細幅通路7cを有するため、ウエットティ
ッシュを引っ張り上げる力に対して適度な抵抗が生じ、
そのためウエットティシュの端部同志の引っ掛かりが解
かれて1枚目と2枚目のウエットティシュが相互に分離
する。その結果、2枚目のウエットティッシュは、その
上端部が取り出し口7の上方に飛び出した姿勢で、袋体
1内部に留まる。このようにウエットティッシュの上端
部が取り出し口の上方に飛び出すことによって、次にそ
のウエットティッシュを取り出すときに便利となる。

【0033】蓋体8を閉じるに当たっては、図4の矢印
b方向に蓋体8を回動する。このとき、蓋体8の嵌合部
11と基板6の嵌合受部9とが相互に密に嵌合し、この
嵌合によって蓋体8は取り出し口7を覆って完全に密閉
する。

【0034】また蓋体8が閉じられたとき、ウエットテ
ィッシュの上方飛び出し部は、蓋体8の内面と取り出し
口7との間の空間部30に収納される。従って、この構
造によれば、蓋を閉じるとき該上方飛び出し部が邪魔に
ならず余分な負荷がかからないという利点がある。空間
部30は、ウエットティッシュ上方飛び出し部を変形さ
せることなく完全に収納できる大きさを備えていなけれ
ばならないものではない。該上方飛び出し部を変形させ
て収納できるという程度のスペースを有するものであっ
てもよい。

【0035】本発明は図5に示すように、蓋体の嵌合部
11の内周面に沿って小突起14を設け、一方、嵌合受
部9の外周面に沿って該小突起14と嵌合可能な凹溝1
5を設けてもよい。このように構成すれば、嵌合部11
と嵌合受部9との相互嵌合状態をより密にすることがで
き、その結果、蓋体による取り出し口の密閉をより完全
なものとすることができる。

【0036】尚、上記小突起14と凹溝15との嵌合の
みで取り出し口の密閉を図るようにしてもよい。図3お
よび図4の参考図に示したものでは取り出し口を蓋ユニ
ット部品の基板に直接設けているが、本発明は取り出
し口を蓋ユニット部品の基板に直接設けずに、基板とは
別体に形成した部品に取り出し口を設け、該部品を基板
に取付けるようにしている。以下に図6〜図11に基い
て詳細に説明する。 基板とは別体であり且つ取り出し口
を有する部品16の一例図8、図9に示されている。
それらの図に示すように、取り出し口形成部材16は円
形の外形形状を有し、平面部16aと鍔部16bとを有
し、平面部16aは鍔部16bよりも低い位置に設けら
れ、両者間には段差が形成されている。

【0037】平面部16aには取り出し口7が設けら
れ、また鍔部16bの相対向する2ヶ所に凹欠部17
a、17bが設けられ且つ凹欠部17aの近傍につまみ
片18が設けられている。更に鍔部16bの裏面には連
続した突条19が設けられ、平面部16aの外周壁20
と前記突条19との間に溝21が形成されている。

【0038】このように構成される取り出し口形成部材
16は図6に示すような蓋ユニット部品の本体22に組
み込まれる。該本体22の基板6には、上記部材16を
取付けるための取付穴23が設けられていると共に、該
取付穴23の周縁に突出壁24が形成されている。

【0039】図7に示すように、突出壁24の周りに同
心円状に嵌合受部9が設けられ、この嵌合受部9に突片
25a、25bが相対向して設けられている。

【0040】上記本体22に上記部材16を組み込むに
当たっては、部材16の凹欠部17a、17bの位置を
それぞれ嵌合受部9における突片25a、25bの位置
に合致させ、次いで、部材16の外周壁20が基板6の
取付穴23に嵌合するように該部材16を押し込む。こ
のとき、外周壁20が取付穴23に密に嵌合すると共
に、基板6の突出壁24が部材16の溝21に入り込
み、部材16の突条19と基板6の突出壁24とが相互
に嵌合する。次いで、部材16を適当な角度に回転させ
ると図10に示す如く、突片25a、25bと凹欠部1
7a、17bとの対応位置がずれるので、部材16は突
片25a、25bにより係止された状態となり、もはや
部材16を上方に引っ張り上げても部材16は基板6よ
り離脱しなくなる。このようにして、図11に示す如
く、部材16が本体22に組み込まれる。

【0041】ウエットティッシュを1枚取り出したと
き、2枚目のウエットティッシュの上端部が取り出し口
7上方に飛び出さず、そのため2枚目のウエットティシ
ッュを取り出すのが困難になるというアクシデントが時
として起こる。このような場合に上記部材16を設けた
ことによる効果が発揮される。即ち、部材16を回転さ
せて凹欠部17a、17bをそれぞれ突片25a、25
bの位置に合致させ、次いでつまみ片18を持って上方
に引っ張れば部材16は基板6より容易に離脱する。

【0042】取付穴23は指を挿入するのに充分な大き
さの穴として構成されているので、指を該取付穴23に
挿入してウエットティッシュの端部をつかみ、部材16
の取り出し口7に該ウエットティッシュ端部を挿入する
と共に、取り出し口7より適当な長さ分だけ飛び出さ
せ、この状態において部材16を元の位置に戻し、固定
する。このようにして、ウエットティッシュの取り出し
が再び可能となる。

【0043】本発明は蓋体8を基板6とは別体に設け、
ヒンジを介して両端を連結するようにしてもよい。上記
の場合、ヒンジの代わりに紐状体の連結部材を用い、該
連結部材により蓋体と基板を連結するようにしてもよ
い。或いは蓋体を基板に連結せず、両者を分離した状態
で蓋による取り出し口の開閉を行うようにしてもよい。

【0044】次に、本発明ウエットティッシュ包装体の
製造方法を図13に基づき説明する。 A工程:気密性フィルム素材からなる製袋用フィルム2
6を、袋体の内面となる側が表側となるようにして供給
装置により連続的に送り出す。 B工程:打ち抜き装置27により、フィルムに適当な大
きさの穴を打ち抜き、開口部4を形成する。 C工程:蓋ユニット部品2を供給して、該部品2をフィ
ルムの開口部形成面上に載せ、仮止めする。 D工程:フィルム26の裏側よりヒートシール装置28
を作用させ、開口部4の周縁部にヒートシール装置28
の加熱板を押し当て、フィルム26と蓋ユニット部品2
とをヒートシールにより接合一体化する。ヒートシール
以外に、高周波シール、超音波シールを行ってもよい。
尚、接着剤による接合も可能である。 E工程:紙等のシート素材に薬剤等を含浸せしめたウエ
ットティッシュを折り畳み、端部同志が引っ掛かるよう
に複数層に積層してなるウエットティッシュ積層体3を
供給し、フィルム26の蓋ユニット部品形成面上に載置
する。 F工程:製袋装置を用いて、ウエットティッシュ積層体
3をフィルム26で包み込み、フィルム26の中央重ね
合せ部5aをヒートシール等の接合手段により接合し、
更にこの中央重ね合せ部5aの両端部側に形成される端
部側重ね合せ部5b、5cも同様にヒートシール等の接
合手段により接合して袋体を形成する。次いで、このよ
うにして次々と連続して作られる袋体と袋体との境界部
を熱刃29で溶断し、袋体を分離する。このようにして
本発明ウエットティッシュ包装体が得られる。

【0045】

【発明の効果】本発明は、基板に取り出し口を設ける
か、或いは基板に取付ける取り出し口形成部材に取り出
し口を設け且つ基板に嵌合受部を設け、蓋体に嵌合部を
設けてなる蓋ユニット部品を袋体に取り付けて構成した
ものであるから、取り出し口を充分に且つ安定的に密閉
することができ、従来のフラップ状の蓋を用いる場合の
ように粘着力の劣化に伴う密閉性の低下という問題がな
い。また取り出し口の周囲にしわが発生するという問題
もないので、常に確実に取り出し口の密閉を図ることが
できる。

【0046】本発明によれば、蓋の開閉が容易であり、
片手操作で蓋の開閉を行うことができ、使いやすさ、扱
い易さの点で非常に優れたものである。

【0047】本発明はポップアップが可能な構造である
から、ウエットティッシュの取り出しを極めて容易に行
えるという効果がある。本発明によれば、取り出し口形
成部材を取付穴に対して着脱自在とし、一方、取付穴を
指を挿入するのに充分な大きさの穴として構成している
ので、次回使用分のウエットティッシュの上端部が取り
出し口の上方に飛び出さずに、次回使用分のウエットテ
ィシッュを取り出すのが困難になるというアクシデント
が生じた際には、取り出し口形成部材を取付穴から取外
して、取付穴に指を挿入してウエットティッシュを摘み
出すことが簡単にできる。従って、従来のように取り出
し口に指を挿入してウエットティッシュをつまみ出すと
いう必要はないので、取り出し口を大きく設けることが
必要とされない。その結果、取り出し口を必要以上に大
きく設けねばならないという従来品の持つ欠点を解消で
き、ウエットティッシュに含浸されている薬剤、化粧料
の余分な揮散を防止でき、袋体内部のウエットティッシ
を良好な状態に保持することが可能となる。

【0048】本発明はウエットティッシュ取り出し口と
該取り出し口を開閉する蓋体を1つのユニット部品とし
て構成したので、袋体の開口部にこのユニット部品を接
合するだけで簡単に、ウエットティッシュ包装用の袋体
を作ることができる。従って、従来のように、製袋用フ
ィルムに取り出し口形成のためのハーフカットを入れた
り、予め粘着剤を塗布して、粘着面を形成してなるフィ
ルム状の蓋をハーフカット面に貼着したりする等の面倒
な作業が不要となり、製造工程を簡略化できる効果があ
る。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明ウエットティッシュ包装体の1例を示す
斜視図である。

【図2】図1のII−II線縦断面図である。

【図3】蓋ユニット部品の参考例を示す斜視図である。

【図4】図3に示したウエットティッシュ包装体の要部
縦断面図である。

【図5】蓋体に小突起を設けた場合の嵌合状態を示す要
部縦断面図である。

【図6】本発明における蓋ユニット部品の部品本体の縦
断面図である。

【図7】図6に示した蓋ユニット部品における基板の平
面図である。

【図8】本発明における取り出し口形成部材の平面図で
ある。

【図9】図8のIX−IX線縦断面図である。

【図10】図8に示した取り出し口形成部材を図7に示
した基板に取付けた状態を示す平面図である。

【図11】図6から図10に示した蓋ユニット部品を用
いた本発明の包装体の要部縦断面図である。

【図12】本発明の包装体において、ウエットティッシ
ュを取り出す状態を示す参考の斜視図である。

【図13】本発明の包装体の製造工程を示す略図であ
る。

【符号の説明】

1 袋体 2 蓋ユニット部品 3 ウエットティッシュ積層体 4 開口部6 基板 7 取り出し口 8 蓋体9 嵌合受部 10 ヒンジ 11 嵌合部 16 取り出し口形成部材 23 取付穴

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B65D 83/08 A47K 7/00

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 気密性を有するフィルムにて形成した袋
    体(1)の内部に折り畳まれたウエットティッシュ積層
    体(3)を収納してなる使い捨てタイプのウエットティ
    ッシュ包装体であって、袋体(1)に設けた開口部
    (4)に、ウエットティッシュの取り出し口構造、ウエ
    ットティッシュ上方飛び出し部の収納構造及び取り出し
    口の開閉蓋構造を備えプラスチック成形品として構成
    される蓋ユニット部品(2)を固着してり、上記蓋ユ
    ニット部品(2)は、指を挿入するのに充分な大きさを
    有する取付穴(23)と、該取付穴(23)の周囲に形
    成される嵌合受部(9)とを設けてなる基板(6)と;
    ポップアップが可能な形状を有する取り出し口(7)を
    有し且つ基板(6)の上記取付穴(23)に着脱自在に
    取付けられる取り出し口形成部材(16)と;基板
    (6)の上記嵌合受部(9)と相互に嵌合可能な嵌合部
    (11)を有し且つ基板(6)にヒンジ(10)を介し
    て揺動可能に設けられる蓋体(8)とから構成されるこ
    とを特徴とするウエットティッシュ包装体。
JP17552495A 1995-03-17 1995-06-19 ウエットティッシュ包装体 Expired - Fee Related JP3180114B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7-86377 1995-03-17
JP8637795 1995-03-17
JP17552495A JP3180114B2 (ja) 1995-03-17 1995-06-19 ウエットティッシュ包装体

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17552495A JP3180114B2 (ja) 1995-03-17 1995-06-19 ウエットティッシュ包装体
US08/502,020 US5582294A (en) 1995-03-17 1995-07-13 Packet for wet tissue and manufacturing method thereof
KR1019950025427A KR100288730B1 (ko) 1995-03-17 1995-08-18 웨트티슈 포장체 및 제조방법
AU33994/95A AU3399495A (en) 1995-03-17 1995-09-08 Package for wet tissue paper and method of manufacturing the same
PCT/JP1995/001789 WO1996029265A1 (fr) 1995-03-17 1995-09-08 Emballage pour papier de soie humide et son procede de fabrication
US08/714,979 US5729955A (en) 1995-03-17 1996-09-17 Method of manufacturing packet with wet tissues

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08318977A JPH08318977A (ja) 1996-12-03
JP3180114B2 true JP3180114B2 (ja) 2001-06-25

Family

ID=26427513

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17552495A Expired - Fee Related JP3180114B2 (ja) 1995-03-17 1995-06-19 ウエットティッシュ包装体

Country Status (5)

Country Link
US (2) US5582294A (ja)
JP (1) JP3180114B2 (ja)
KR (1) KR100288730B1 (ja)
AU (1) AU3399495A (ja)
WO (1) WO1996029265A1 (ja)

Families Citing this family (90)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3180114B2 (ja) * 1995-03-17 2001-06-25 中村 憲司 ウエットティッシュ包装体
JP3794746B2 (ja) * 1996-02-15 2006-07-12 花王株式会社 ウエットティッシュ包装体
JP3561104B2 (ja) * 1996-12-02 2004-09-02 ユニ・チャーム株式会社 包装体とこの包装体の製造方法
JP3217289B2 (ja) 1997-01-31 2001-10-09 ユニ・チャーム株式会社 使い捨ての体液吸収性着用物品
JP3526161B2 (ja) * 1997-02-13 2004-05-10 ユニ・チャーム株式会社 積層シートの収納体およびその製造方法
JP3826496B2 (ja) * 1997-06-24 2006-09-27 凸版印刷株式会社 ウエットティッシュ容器
IL123003A (en) 1998-01-20 2000-01-31 Albaad Massuot Yitzhak Ltd Dispenser and package comprising same for wet tissues
JPH11227853A (ja) * 1998-02-18 1999-08-24 Daiichi Shiko Kk 軟質包装体の保護装置
JP3603594B2 (ja) * 1998-04-07 2004-12-22 凸版印刷株式会社 包装体開口に取り付ける蓋体
JP3821587B2 (ja) * 1998-08-31 2006-09-13 ユニ・チャーム株式会社 ウェットティッシュの積層体及びこれが収納された製品
JP3078527B2 (ja) * 1998-09-08 2000-08-21 東亜機工株式会社 ウエットシート収納箱およびその製造方法
TW501918B (en) * 1999-04-23 2002-09-11 Toa Machine Industry Inc Wet-sheet packing body manufacturing method
US6745975B2 (en) * 1999-04-30 2004-06-08 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. System for dispensing plurality of wet wipes
AU4639299A (en) * 1999-06-30 2001-01-22 Derek Martin Fay Tissue dispenser container
US6409044B1 (en) 2000-03-30 2002-06-25 Playtex Products, Inc. Dispensing orifice
USD443450S1 (en) 2000-03-30 2001-06-12 Johnson & Johnson Consumer Companies, Inc. Dispenser
US6523690B1 (en) * 2000-03-30 2003-02-25 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Wet wipe container with flexible orifice
US6412656B1 (en) 2000-11-14 2002-07-02 Lora Placik Moistened wipe dispenser
US6604651B2 (en) 2001-01-24 2003-08-12 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Storage and dispensing package for wipes
US6554156B1 (en) 2001-05-17 2003-04-29 The Clorox Company Dispenser for cleaning wipes
US6550633B2 (en) 2001-05-31 2003-04-22 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Process for joining wet wipes together and product made thereby
US6905748B2 (en) * 2001-05-31 2005-06-14 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Stack of fan folded material and combinations thereof
US6612462B2 (en) 2001-05-31 2003-09-02 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Stack of fan folded material and combinations thereof
US6592004B2 (en) 2001-05-31 2003-07-15 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Flexible orifice for wet wipes dispenser
US6585131B2 (en) 2001-05-31 2003-07-01 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Flexible orifice for wet wipes dispenser
US6766919B2 (en) 2001-05-31 2004-07-27 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Flexible orifice for wet wipes dispenser
US6729498B2 (en) 2001-06-29 2004-05-04 The Procter & Gamble Company Dispenser for wipes
US6616334B2 (en) 2001-11-30 2003-09-09 Playtex Products, Inc. Die cut resealable flap
AU2003210450A1 (en) * 2002-01-04 2003-07-24 Scholle Corporation Fitment and package for storing fluid-containing materials and methods for their production
US6758368B2 (en) 2002-02-06 2004-07-06 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Disposable sheet dispenser
US6910579B2 (en) * 2002-05-28 2005-06-28 Georgia-Pacific Corporation Refillable flexible sheet dispenser
US6840401B2 (en) * 2002-12-19 2005-01-11 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Multiple layer baffle structure for dispenser for wipes
US20040200751A1 (en) * 2003-04-10 2004-10-14 Jack Coonan Field towel package and method of making same
US20050011906A1 (en) * 2003-07-15 2005-01-20 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Storing and dispensing container for product
US8931663B1 (en) * 2003-08-14 2015-01-13 Union Street Brand Packaging, Llc Moist towelette tub dispenser
DE202004000278U1 (de) * 2004-01-10 2004-04-22 Dr. Schumacher Gmbh Folienbeutel zum Verpacken von Hygiene-Feuchttüchern
KR100622441B1 (ko) * 2004-02-23 2006-09-18 서종대 의자가 합체되는 테이블
US20050263534A1 (en) * 2004-05-27 2005-12-01 Tyco Healthcare Retail Services Ag Container for dispensing plural wet wipe sheets or dry sanitary tissue sheets
US7606632B2 (en) * 2004-06-16 2009-10-20 Cryovac, Inc. Apparatus for dispensing activated monitoring devices
US20050279757A1 (en) * 2004-06-16 2005-12-22 Bitowft Bruce K Wipes dispenser with a wide-mouthed dispensing aperture
JP4808005B2 (ja) * 2005-10-31 2011-11-02 ユニ・チャーム株式会社 二重包装体
US20070235466A1 (en) * 2006-04-07 2007-10-11 Fulscher Ryan L Portable dispenser
KR100710826B1 (ko) * 2006-04-14 2007-04-23 강창일 휴대용 티슈팩 및 그 제조방법
US8245865B2 (en) 2006-05-16 2012-08-21 Nutek Disposables, Inc. Dispenser lid including a secondary lid and container including the same
WO2008055962A1 (en) * 2006-11-08 2008-05-15 Edmak Limited Flexible wipes pack
US20080110918A1 (en) * 2006-11-15 2008-05-15 Lee Herbert K Paperboard wipes carton
US7614519B2 (en) * 2006-11-30 2009-11-10 Rockline Industries, Inc. Push button dispensing lid
US7850038B2 (en) * 2007-02-23 2010-12-14 The Procter & Gamble Company Scented container
US7681725B2 (en) * 2007-02-23 2010-03-23 The Procter And Gamble Company Container with ability to transfer a material to container content
GB2447415A (en) * 2007-03-12 2008-09-17 Pluswipes Ltd Sheets dispenser
KR100837067B1 (ko) * 2007-03-16 2008-06-12 임장오 물티슈포대용 밀폐덮개
US20090152161A1 (en) * 2007-12-14 2009-06-18 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Flexible, disposable dispensing container
US20090194553A1 (en) * 2008-02-06 2009-08-06 Rebecca Hoefing Wipes Canister
US20090194555A1 (en) * 2008-02-06 2009-08-06 Rebecca Hoefing Wipes Canister
US20090289078A1 (en) * 2008-05-22 2009-11-26 Scott Melin Wipes Dispenser With Improved Dispenser Opening
JP5633038B2 (ja) * 2008-10-24 2014-12-03 中村 憲司 シート類包装体ヒートシール装置
US20100133287A1 (en) * 2008-12-02 2010-06-03 Paul Francis Tramontina Ergonomic Wiper Dispensing System
ITPD20090083A1 (it) * 2009-04-08 2010-10-09 Claudio Ernestino Zanarella Dispositivo di apertura e chiusura per imballaggi realizzati in film flessibili plastici
JP4516153B1 (ja) * 2009-10-23 2010-08-04 広慶 藤本 シート収納箱
US20110179753A1 (en) * 2010-01-28 2011-07-28 Douglas Toms Process for making an overlabel wrapper for absorbent articles
US20110297577A1 (en) * 2010-02-12 2011-12-08 Rosenblatt Jerry H Mineral salt personal care wet-wipe towelette
US8397945B2 (en) 2010-02-23 2013-03-19 R.J. Reynolds Tobacco Company Dispensing container
USD675516S1 (en) 2010-11-04 2013-02-05 R.J. Reynolds Tobacco Company Container for storing a product
JP5912288B2 (ja) * 2010-11-25 2016-04-27 山田 菊夫 ウェットティッシュ包装体
US9908670B2 (en) 2011-01-31 2018-03-06 American Snuff Company, Llc Container for smokeless tobacco products
USD667303S1 (en) 2011-03-04 2012-09-18 R. J. Reynolds Tobacco Company Tray assembly for a dispensing container
USD667302S1 (en) 2011-03-04 2012-09-18 R.J. Reynolds Tobacco Company Tray assembly for a dispensing container
USD667304S1 (en) 2011-03-04 2012-09-18 R.J. Reynolds Tobacco Company Tray assembly for a dispensing container
USD667301S1 (en) 2011-03-04 2012-09-18 R.J. Reynolds Tobacco Company Tray assembly for a dispensing container
WO2013005421A1 (ja) * 2011-07-06 2013-01-10 Yamada Kikuo ウェットティッシュ包装体
US8657109B2 (en) 2011-08-03 2014-02-25 Fujifilm North America Corporation Packaging for beverage containers of different sizes
JP5858682B2 (ja) * 2011-08-12 2016-02-10 山田 菊夫 ウェットティッシュ包装体
TW201350401A (zh) * 2012-03-05 2013-12-16 Kikuo Yamada 濕紙巾包裝體
US9027872B2 (en) * 2012-07-26 2015-05-12 Rosemary Flood Free standing dispenser apparatus for rolled sheet material
WO2014128694A1 (en) * 2013-02-20 2014-08-28 AVIDAN, Nir A reusable closure for wet wipes
WO2014141401A1 (ja) * 2013-03-13 2014-09-18 Yamada Kikuo 繊維シート包装体
US8915358B2 (en) 2013-03-29 2014-12-23 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Wet wipes dispenser with lid positioning feature
EP3012210A4 (en) * 2013-06-19 2017-01-04 Kikuo Yamada Wet tissue package
JP6249552B2 (ja) * 2013-09-30 2017-12-20 株式会社タイキ ピロー包装体
US9717272B2 (en) 2013-11-20 2017-08-01 R. J. Reynolds Tobacco Company Container for smokeless tobacco product
USD748498S1 (en) 2014-05-02 2016-02-02 R.J. Reynolds Tobacco Company Packaging tray
USD756223S1 (en) 2014-05-02 2016-05-17 R.J. Reynolds Tobacco Company Packaging tray
JP5682018B2 (ja) * 2014-05-16 2015-03-11 中村 憲司 蓋付き包装体製造装置
GB2556858A (en) 2015-12-31 2018-06-06 Kimberly Clark Co Gusseted dispenser package for wet wipes
USD826714S1 (en) 2016-02-12 2018-08-28 Rai Strategic Holdings, Inc. Packaging tray
USD817172S1 (en) 2016-08-09 2018-05-08 R.J. Reynolds Tobacco Company Packaging tray
US10518942B2 (en) 2016-09-22 2019-12-31 Berry Global, Inc. Package fitment having a biasing member
US10278552B2 (en) 2016-12-08 2019-05-07 The Clorox Company Disinfecting wipes flex pack closure
USD808795S1 (en) 2017-03-07 2018-01-30 Phase Change Energy Solutions, Inc. Product transport container
USD837661S1 (en) 2017-11-09 2019-01-08 The Clorox Company Wipes dispenser opening

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4171047A (en) * 1975-10-03 1979-10-16 Sterling Drug Inc. Package including a container and a longitudinally folded pre-moistened web therein
US4185754A (en) * 1976-03-19 1980-01-29 Nice-Pak Products, Inc. Collapsible recloseable dispenser packet with two part resealable closure
JPS55177796U (ja) * 1979-06-07 1980-12-20
US4616470A (en) * 1979-12-03 1986-10-14 Konji Nakamura Method of forming re-sealable dispenser-container
KR840000176Y1 (ko) * 1982-06-05 1984-02-07 주식회사대화공예 샤워용 호스 연결식 스프레어
US4458810A (en) * 1983-03-18 1984-07-10 Pamela Mahoney Package of scent impregnated tissues
US4863064A (en) * 1987-09-18 1989-09-05 Ifc Non-Wovens, Inc. Flexible dispenser packet for pre-moistened towelettes
US4848575A (en) * 1988-03-02 1989-07-18 Eluci Company Inc. Resealable dispenser-container for wet tissues
JPH0645385B2 (ja) * 1988-03-02 1994-06-15 憲司 中村 ウエツトテイツシュ包装体
US5040680A (en) * 1989-04-05 1991-08-20 Dow Brands, Inc. Dispensing container
US5247781A (en) * 1991-08-08 1993-09-28 Kraft General Foods, Inc. In-line application of closure to packaging film
JP2604524B2 (ja) * 1991-08-23 1997-04-30 中村物産株式会社 バリヤーシートを内蔵した、再封可能な開閉蓋を有するウエット吸液シート用パッケージ
JPH0565880U (ja) * 1992-02-18 1993-08-31 大王製紙株式会社 ウェットティッシュ詰替用容器
JPH0824636B2 (ja) * 1993-04-08 1996-03-13 ジェクス株式会社 皮膚清拭用品の包装袋
JP3180114B2 (ja) * 1995-03-17 2001-06-25 中村 憲司 ウエットティッシュ包装体

Also Published As

Publication number Publication date
KR960033376A (ko) 1996-10-22
AU3399495A (en) 1996-10-08
JPH08318977A (ja) 1996-12-03
WO1996029265A1 (fr) 1996-09-26
KR100288730B1 (ko) 2001-05-02
US5582294A (en) 1996-12-10
US5729955A (en) 1998-03-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100366865B1 (ko) 유연성 저장 백
CA2221918C (en) A flexible pouch and re-usable dispensing device
CA1292451C (en) Resealable dispenser-container
EP1483171B1 (en) Wet tissues dispenser
EP0650451B1 (en) Disposable, compactable, shape-restorable package for storing and dispensing dry or premoistened sheets
CA1054537A (en) Moisture impervious packaging systems and methods for making same
JP2892716B2 (ja) 包装容器の開孔装置
JP2604524B2 (ja) バリヤーシートを内蔵した、再封可能な開閉蓋を有するウエット吸液シート用パッケージ
KR100772769B1 (ko) 면도 카트릿지 또는 다른 저장물품용 용기
JP4171237B2 (ja) 包装容器
CA2297516C (en) Selectively closeable plastic film bag
JP3902771B2 (ja) 圧縮性製品用パッケージ及びそのパッケージの製造方法
JP4243244B2 (ja) 改良された開放手段を有するタンポン包装体
EP0331027B1 (en) A resealable dispenser-container for wet tissues
US7416083B2 (en) Container for housing wet sheet package
US7007801B2 (en) Packaging container for moist cloths or moist cosmetic pads
CA1255640A (en) Dispenser-container containing wet and dry contents and process for manufacturing the same
US4428477A (en) Resealable package for premoistened towellettes
US4185754A (en) Collapsible recloseable dispenser packet with two part resealable closure
US6015045A (en) Hygienic package with a reclosable flap
KR100537719B1 (ko) 뚜껑 정렬 형상부를 갖는 적층가능한 자체 지지형 용기
CN101076482B (zh) 包装
AU702119B2 (en) Readily openable pop-up dispenser
JP2008529908A (ja) 可撓性材料で形成された取外し可能な上側部分を含む容器
US9394085B2 (en) Package body

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080420

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090420

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090420

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100420

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110420

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110420

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120420

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120420

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130420

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130420

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140420

Year of fee payment: 13

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees