JP3179817B2 - 面放電型プラズマディスプレイパネル - Google Patents

面放電型プラズマディスプレイパネル

Info

Publication number
JP3179817B2
JP3179817B2 JP30025291A JP30025291A JP3179817B2 JP 3179817 B2 JP3179817 B2 JP 3179817B2 JP 30025291 A JP30025291 A JP 30025291A JP 30025291 A JP30025291 A JP 30025291A JP 3179817 B2 JP3179817 B2 JP 3179817B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
discharge
electrodes
electrode
discharge type
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP30025291A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH05135701A (ja
Inventor
達利 金江
Original Assignee
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士通株式会社 filed Critical 富士通株式会社
Priority to JP30025291A priority Critical patent/JP3179817B2/ja
Publication of JPH05135701A publication Critical patent/JPH05135701A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3179817B2 publication Critical patent/JP3179817B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、マトリクス表示方式の
面放電型のプラズマディスプレイパネル(PDP)に関
する。
【0002】面放電型PDPは、蛍光体によるカラー表
示に適しており、CRTに代わるカラー表示手段として
利用されるようになってきた。そして、さらに面放電型
PDPをテレビジョン画像などのイメージ情報の表示手
段として利用する上で、高速の多階調表示が望まれてい
る。
【0003】
【従来の技術】面放電型PDPは、表示の輝度を決定づ
ける主放電に際して対となる表示電極を、同一の基板上
に配置した構造のPDPである。通常、面放電型PDP
による表示はAC駆動によって行われ、そのために表示
電極は誘電体によって被覆される。
【0004】図3は従来の面放電型PDP1jの電極構
造を模式的に示す平面図である。従来の面放電型PDP
1jでは、マトリクス表示の各ラインL毎に一対の表示
電極Xj,Yjが互いに平行に配置され、これら表示電
極Xj,Yjと直交するように1ラインの各単位発光領
域EC毎にアドレス電極Aが配列されている。
【0005】つまり、縦横に並ぶ各単位発光領域ECの
それぞれに対して、計2本の表示電極Xj,Yjと1本
のアドレス電極Aとが対応付けられている。なお、本明
細書において、ラインLとは、一方向(通常は表示画面
の横方向)に並ぶ単位発光領域ECの列を意味する。し
たがって、表示に際して1個の単位発光領域ECを1画
素とする場合には、ラインLは1列の画素群に対応す
る。
【0006】各単位発光領域ECでは、一対の表示電極
Xj,Yjの一方の表示電極Xjとアドレス電極Aとの
交点に、発光又は非発光を選択(アドレス)するための
選択放電セルC2が画定される。また、選択放電セルC
2の近傍における表示電極Xj,Yj間に面放電のため
の主放電セルC1が画定される。
【0007】さて、以上の電極構造の面放電型PDP1
jにおいては、単位発光領域EC毎に発光の強さ(すな
わち表示の輝度)を制御することは極めて難しい。した
がって、面放電型PDP1jによる表示に際して中間調
の再現(階調表示)を行う場合には、階調度に応じて駆
動周波数を切り換えるなどして単位時間当たりの発光回
数を調整する方法(発光の時間的な密度を変更する方
法)が用いられていた。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】従来では、階調表示を
行う場合において、階調数が増大するほど1画面の表示
に要する時間が長くなるという問題があった。そのた
め、特にテレビジョン表示などのように表示内容を高速
度で切り換える動的な表示の多階調化が困難であった。
【0009】なお、階調表示の他の方法として、複数個
の単位発光領域ECを表示画像の1画素に対応付け、1
画素内で発光させる単位発光領域ECの個数を階調度に
応じて選択する方法(発光の空間的な密度を変更する方
法)を用いることが考えられる。しかし、その場合は、
1画素の面積が大となり表示の高精細化の上で不利とな
る。特にカラー表示では1画素に発光色の異なる複数個
の単位発光領域ECが対応付けられるので、さらに階調
表示のために各色毎に複数個の単位発光領域ECを対応
付けると、表示の粗さが目立ってしまう。
【0010】本発明は、上述の問題に鑑み、高精細で且
つ高速の多階調表示の実現が可能な面放電型PDPを提
供することを目的としている。
【0011】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明に係るP
DPは、マトリクス表示方式の面放電型プラズマディス
プレイパネルであって、単位発光領域内に少なくとも3
本の表示電極が互いに平行に配列され、これら表示電
配列方向の一端の表示電極と、他の表示電極の内から
選択した1本又は複数本の表示電極とを対として駆動電
圧を印加することによって、対をなす表示電極どうしの
間で面放電を生じさせるように構成されてなる。
【0012】
【作用】表示電極Xと他の表示電極Y1,Y2,Y3の
それぞれとによって、マトリクス表示の各単位発光領域
EC内に、放電ギャップ(電極間の距離)の互いに異な
る複数の面放電セルが画定される。
【0013】駆動電圧条件を同一としたとき、放電ギャ
ップが長いほど放電面積が大きくなる。つまり放電が広
範囲に拡がる。そして、放電面積が大きいほど発光の輝
度が高い。したがって、各面放電セルを択一的に又は適
宜組合せて発光させることにより、単位発光領域ECの
輝度を変化させることができる。
【0014】
【実施例】図1は本発明に係る面放電型PDP1の構成
を示す要部断面図、図2は図1の面放電型PDP1の電
極配置を示す平面図である。なお、図1は、図2の左方
からみた断面を示す。また、これらの図において、図3
と同一機能を有する構成要素には同一の符号を付してあ
る。
【0015】図1において、面放電型PDP1は、表示
面H側のガラス基板11、面放電を生じさせるために互
いに平行に所定ピッチで配列された表示電極X,Y1,
Y2,Y3、AC駆動のための誘電体層17、内部の放
電空間30を単位発光領域EC毎に区画する格子状の隔
壁19、背面側のガラス基板21、表示電極X,Y1〜
Y3と交差するように配置されたアドレス電極A、隔壁
19と当接して放電空間30の間隙寸法を規定する帯状
の隔壁29、及び面放電で生じる紫外線UVにより励起
されて発光する所定発光色の蛍光体28などから構成さ
れている。
【0016】各表示電極X,Y1〜Y3は、それぞれネ
サ膜(酸化錫膜)からなる透明電極である。なお、図示
を省略したが、表示電極X,Y1〜Y3にはこれらの導
電性を補うために幅の狭い金属バス電極が重ねられてい
る。また、誘電体層17及び格子状の隔壁19の表面に
は、MgOからなる保護膜が設けられている。
【0017】図2によく示されるように、面放電型PD
P1では、表示の各ラインLには計4本の表示電極X,
Y1〜Y3が対応付けられており、これらの表示電極
X,Y1〜Y3の内、その配列方向の一端の表示電極X
と、他の3本の表示電極Y1〜Y3のそれぞれとによっ
て、単位発光領域EC毎に3個の主放電セルC11,C
12,C13が画定される。また、表示電極Xとアドレ
ス電極Aとによって選択放電セルC2が画定される。
【0018】すなわち、表示電極Xは、面放電用の電極
対の一方の電極として各主放電セルC11,C12,C
13において共通に用いられるとともに、アドレス用の
電極として用いられる。そして、各表示電極Y1〜Y3
は、面放電用の電極対の他方の電極として用いられる。
【0019】各主放電セルC11,C12,C13の放
電ギャップg1,g2,g3は、当然ながら順に大きく
なる(g1<g2<g3)。このため、各主放電セルC
11,C12,C13に加える駆動電圧の条件が同一で
あれば、主放電セルC13の放電面積が最も大きく、次
に主放電セルC12の放電面積が大きく、主放電セルC
11の放電面積が最も小さい。放電面積が大きいほど蛍
光体28の励起される範囲が広く発光輝度が高い。
【0020】したがって、本実施例の面放電型PDP1
においては、主放電セルC11,C12,C13を択一
的に発光させることにより、単位発光領域ECの輝度に
関して3段階の切り換えを行うことができる。また、主
放電セルC11,C12,C13の内の2個又は3個を
適宜組み合わせて発光させることにより、4段階以上の
輝度の切り換えが可能である。つまり単位発光領域EC
の輝度変更による階調表示が可能である。
【0021】なお、面放電型PDP1の駆動に際して
は、AC駆動のアドレス方式として従来より知られてい
る書込みアドレス方式及び消去アドレス方式のいずれを
用いてもよい。ただし、階調度に応じて表示電極Y1〜
Y3を適宜選択して維持パルスを印加する必要がある。
【0022】上述の実施例によれば、表示電極Xが各主
放電セルC11,C12,C13間で共用されるので、
各主放電セルC11,C12,C13毎に電極対を設け
る場合に比べて、単位発光領域ECに対応付ける電極数
が少なく、高精細化の上で有利となる。
【0023】上述の実施例によれば、従来の技術として
説明した発光回数の変更による階調表示法を併用して高
速の多階調表示を行うことができる。上述の実施例にお
いては、各ラインLに計4本の表示電極X,Y1〜Y3
を対応付けた例を示したが、アドレスに用いない表示電
極Y1〜Y3の本数を階調数に応じて適宜変更し、各ラ
インLの表示電極の本数を3本又は5本以上とすること
ができる。
【0024】
【発明の効果】本発明によれば、高速の階調表示を実現
することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る面放電型PDPの構成を示す要部
断面図である。
【図2】図1の面放電型PDPの電極配置を示す平面図
である。
【図3】従来の面放電型PDPの電極構造を模式的に示
す平面図である。
【符号の説明】
1 面放電型PDP X 表示電極(一端の表示電極) Y1,Y2,Y3 表示電極(他の表示電極) EC 単位発光領域

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】マトリクス表示方式の面放電型プラズマデ
    ィスプレイパネルであって、 単位発光領域内に少なくとも3本の表示電極が互いに平
    行に配列され、これら表示電極の配列方向の一端の表示
    極と、他の表示電極の内から選択した1本又は複数本
    の表示電極とを対として駆動電圧を印加することによっ
    、対をなす表示電極どうしの間で面放電を生じさせる
    ように構成されてなることを特徴とする面放電型プラズ
    マディスプレイパネル。
JP30025291A 1991-11-15 1991-11-15 面放電型プラズマディスプレイパネル Expired - Fee Related JP3179817B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30025291A JP3179817B2 (ja) 1991-11-15 1991-11-15 面放電型プラズマディスプレイパネル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30025291A JP3179817B2 (ja) 1991-11-15 1991-11-15 面放電型プラズマディスプレイパネル

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05135701A JPH05135701A (ja) 1993-06-01
JP3179817B2 true JP3179817B2 (ja) 2001-06-25

Family

ID=17882547

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30025291A Expired - Fee Related JP3179817B2 (ja) 1991-11-15 1991-11-15 面放電型プラズマディスプレイパネル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3179817B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH10333636A (ja) * 1997-03-31 1998-12-18 Mitsubishi Electric Corp プラズマディスプレイパネル
KR100341313B1 (ko) 1998-11-16 2002-06-21 구자홍 플라즈마 디스플레이 패널과 구동장치 및 방법
KR100490530B1 (ko) * 2000-02-10 2005-05-17 삼성에스디아이 주식회사 플라즈마 디스플레이 패널
JP4183421B2 (ja) 2002-01-31 2008-11-19 パイオニア株式会社 プラズマディスプレイパネルの駆動方法及び駆動回路並びに表示装置
JP4076367B2 (ja) * 2002-04-15 2008-04-16 富士通日立プラズマディスプレイ株式会社 プラズマディスプレイパネル、プラズマ表示装置及びプラズマディスプレイパネルの駆動方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH05135701A (ja) 1993-06-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6531819B1 (en) Surface discharge plasma display panel
JP3266191B2 (ja) プラズマ・ディスプレイ、その画像表示方法
US6278422B1 (en) Method of driving plasma display panel and display apparatus
KR20000067805A (ko) 플라즈마 디스플레이 패널 및 그 구동방법
JP2001013913A (ja) 放電式表示装置及びその駆動方法
JP3421578B2 (ja) Pdpの駆動方法
US6992645B2 (en) Method and apparatus for driving plasma display panel
JP4183421B2 (ja) プラズマディスプレイパネルの駆動方法及び駆動回路並びに表示装置
KR100643747B1 (ko) 표시장치 및 표시패널의 구동방법
US6362799B1 (en) Plasma display
JPH11272232A (ja) プラズマディスプレイパネル及びそれを利用した装置
JP2000223034A (ja) プラズマディスプレイパネル
JP3179817B2 (ja) 面放電型プラズマディスプレイパネル
US6400342B2 (en) Method of driving a plasma display panel before erase addressing
JPH11238462A (ja) プラズマディスプレイパネル
JP3578543B2 (ja) Pdpの駆動方法
JP4111359B2 (ja) プラズマディスプレイパネルの階調表示方法
US20070018913A1 (en) Plasma display panel, plasma display device and driving method therefor
JP2005050675A (ja) プラズマ表示装置及びプラズマディスプレイパネルの駆動方法
JP3182280B2 (ja) Ac面放電型プラズマディスプレイパネル及びその駆動方法
JP3710117B2 (ja) プラズマディスプレイパネル
KR100424252B1 (ko) 플라즈마표시패널의구동방법
US20060113920A1 (en) Plasma display panel and drive method thereof
JP2004326044A (ja) 画像表示方法および表示装置
JPWO2007063587A1 (ja) プラズマディスプレイ装置及びプラズマディスプレイパネルの駆動方法

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20010403

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313113

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

S131 Request for trust registration of transfer of right

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313131

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090413

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090413

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100413

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees