JP3179682U - 水力式発電装置。 - Google Patents

水力式発電装置。 Download PDF

Info

Publication number
JP3179682U
JP3179682U JP2012005474U JP2012005474U JP3179682U JP 3179682 U JP3179682 U JP 3179682U JP 2012005474 U JP2012005474 U JP 2012005474U JP 2012005474 U JP2012005474 U JP 2012005474U JP 3179682 U JP3179682 U JP 3179682U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
turbine
generator
wheel
power
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2012005474U
Other languages
English (en)
Inventor
豊市 丸田
Original Assignee
豊市 丸田
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 豊市 丸田 filed Critical 豊市 丸田
Priority to JP2012005474U priority Critical patent/JP3179682U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3179682U publication Critical patent/JP3179682U/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/20Hydro energy

Abstract

【課題】小型、軽量化で、製作コストも安く、設置・維持が簡易で、川敷等に設置され、水流を利用して水車を回転させることによって発電を行う簡易設置型の水力式発電装置を提供する。
【解決手段】河川敷等に設置され、川の流れを利用して水車を回転させて発電を行う簡易設置型水力式発電装置であって、ドラム型の水車7の内部に発泡充填部を有し、外周面に複数枚の水掻き板2が放射状に植設され、水車の車軸に対して直結される動力伝達ワイヤ5を介して連結されるプーリーの回転を介して発電する発電機で、水車の両側軸支部が水嵩の変化に追随して上下動可能に把持する水車取付枠1とを備えている水力式発電装置である。
【選択図】図1

Description

本考案は、川敷等に設置し、水流を利用し、水車の回転によって発電を行う簡易設置型の水力式発電装置に関するものである。
電力消費が、年々増大し、二酸化炭素の増加による地球温暖化や、原子力発電の安全性が見直され、地球に優しい水力、風力、太陽熱等といった自然エネルギーを利用した発電の必要性が再確認されている。
しかし発電装置の多くは一般に事業用であり、個人や小規模団体には高額で、設置スペースの確保も難しく、自家発電設備の普及はほとんど進んでいないのが現状であり、発電装置の小型、軽量化、コスト低減、設置・維持管理の簡易化を図って、個人や自治体等の利用等を推進し、簡易設置型の水力式発電装置の普及を図る上において今後重要になってくる。
特開2007−40217号公開公報
本考案は、小型、軽量化で、製作コストも安く、設置・維持・管理が簡易で、川敷等に設置し、水流を利用して水車を回転させることによって発電を行う簡易設置型の水力式発電装置の提供を図ることを目的とする。
本考案は、上記目的を達成するため、河川敷等に設置して、水流を利用して水車を回転させることによって発電を行う簡易設置型水力式発電装置であって、ドラム型の水車内部に発泡充填部を有し、外周面に複数枚の水掻き板が放射状に植設されたドラム型の水車とし、水車の車軸に直結される動力伝達ワイヤに連結されプーリーの回転を介して発電する発電機を有し、水車の両側軸支部を水嵩の変化に追随し上下動可能に把持する水車取付枠とを備えた水力式発電装置で、更に、水車の両側軸支部に水漏えい防止板を取付けて、水量を有効に活用できるようにした。
本考案の水力式発電装置によれば、ドラム型の水車は発泡充填部によって常時水面に浮かんだ状態で回転するため、河川の水位(水嵩)の増減に影響されることなく安定した発電量を確保できる。また水車の両側軸支部が水嵩の変化に追随して上下動可能に把持するスライド溝付の水車取付枠によって揺動自在に支持する構造としたので、発泡充填部の浮力によって河川の水嵩に応じて水車は上下動することが可能となった。加えて、水車の車軸に直結される動力伝達ワイヤに連結されるプーリーを介して発電機を水車に直結する構造を採用しているためチェーンやベルト等の駆動伝達手段を使用した場合に比べて駆動力のロスを減少させることができた。作業中の安全性および作業能率の効上が図れた。更に、水車の両側軸支部に水漏えい防止板を取付けて、水量を有効に活用できるようにした。
水力式発電装置を示す斜視図。 水車を水車取付枠に装着した様子を示す側面図 水車に水掻き板が放射状に植設された様子を示す断面図である。
以下、本考案の実施形態を図1〜3に基づいて説明する。
本実施例は、図面に図示するように河川敷にドラム型水車7を設置して、水流を利用し、外周面に複数枚の水掻き板2が放射状に植設されたドラム型水車7を回転させ、ドラム型水車7の車軸に直結される動力伝達ワイヤ3に連結されプーリー11の回転を介して発電を行う簡易設置型水力式の発電機6において、ドラム型水車7の内部に、ウレタンホーム等の発泡充填部8を設けると共に、ドラム型水車の両側軸支部9を水嵩の変化に追随し上下動可能に把持するスライド溝4付の水車取付枠1(水車取付枠用緊張ワイヤー3で上部を緊張)とを備えた水力式発電装置とした。
更に、水車の両側軸支部9に水漏えい防止板10を取付けて、水量を有効に活用できるようにした。
本考案は、河川のみならず、干満の差が大きい海などにも利用可能である。
1 水車取付枠
2 水掻き板
3 水車取付枠用緊張ワイヤー
4 スライド溝
5 動力伝達ワイヤ
6 発電機
7 ドラム型水車
8 発泡充填部
9 ドラム型水車の両側軸支部
10 水漏えい防止板
11 プーリー

Claims (2)

  1. 水流を利用して水車を回転させて発電を行う簡易設置型水力式発電装置であって、ドラム型の水車内部に発泡充填部を有し、外周面に複数枚の水掻き板が放射状に植設されたドラム型の水車と、該水車の車軸に直結される動力伝達ワイヤと、該ワイヤに連結されプーリーの回転を介して発電する発電機と、前記水車の両側軸支部を水嵩の変化に追随して上下動可能に把持する水車取付枠とを備えていることを特徴とする水力式発電装置。
  2. 上記水車の両側軸支部に水漏えい防止板を取付けたことを特徴とする請求項1に記載の水力式発電装置。
JP2012005474U 2012-08-20 2012-08-20 水力式発電装置。 Expired - Fee Related JP3179682U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012005474U JP3179682U (ja) 2012-08-20 2012-08-20 水力式発電装置。

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012005474U JP3179682U (ja) 2012-08-20 2012-08-20 水力式発電装置。

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3179682U true JP3179682U (ja) 2012-11-15

Family

ID=48006306

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012005474U Expired - Fee Related JP3179682U (ja) 2012-08-20 2012-08-20 水力式発電装置。

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3179682U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2014084493A1 (ko) * 2012-11-28 2014-06-05 Kim Dong-Hyuk 수력, 자력 및 풍력을 이용한 발전장치

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2014084493A1 (ko) * 2012-11-28 2014-06-05 Kim Dong-Hyuk 수력, 자력 및 풍력을 이용한 발전장치
CN105008713A (zh) * 2012-11-28 2015-10-28 金东焃 利用水力、磁力及风力的发电装置
CN105008713B (zh) * 2012-11-28 2017-10-31 金东焃 利用水力、磁力及风力的发电装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN101988463B (zh) 一种垂直轴潮流发电装置
KR20100131078A (ko) 부유식 수력발전기
JP2007009830A (ja) 浮体型水力発電装置
CN103573557A (zh) 潮汐风力一体发电机
CN105164405A (zh) 空气悬浮型小水力发电装置
CN203412693U (zh) 一种潮流能发电装置
JP3160105U (ja) 浮体水車発電機
CN201416515Y (zh) 海上风力发电装置
CN201443460U (zh) 波浪能、风能、太阳能集成发电系统
JP3179682U (ja) 水力式発電装置。
JP2006132494A (ja) 水力発電機
CN201763510U (zh) 一种海上可再生能源转换装置
CA2974647C (en) Tidal power generator
CN204082427U (zh) 一种海洋波浪发电装置
KR101295083B1 (ko) 풍력과 파력을 이용한 복합 발전 장치
CN201810468U (zh) 风力、水力、海浪潮汐能多用途发电机
CN202659410U (zh) 浮力发电装置
KR20100112450A (ko) 수력발전장치
CN202325997U (zh) 一种垂直轴大功率海洋能发电装置
CN202360291U (zh) 水动摆波浪能发电装置
CN103485980A (zh) 一种设有接收流体功能的风力及水力发电装置
JP3175912U (ja) 水力発電システム
CN201236767Y (zh) 自然水流发电装置
CN204327392U (zh) 一种垂直轴潮流能发电装置
CN202811182U (zh) 江河浮力水轮发电装置

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20151024

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees