JP3175077U - 架台用角度調整具 - Google Patents

架台用角度調整具 Download PDF

Info

Publication number
JP3175077U
JP3175077U JP2012000636U JP2012000636U JP3175077U JP 3175077 U JP3175077 U JP 3175077U JP 2012000636 U JP2012000636 U JP 2012000636U JP 2012000636 U JP2012000636 U JP 2012000636U JP 3175077 U JP3175077 U JP 3175077U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
angle
slide housing
setting
screw hole
adjuster
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2012000636U
Other languages
English (en)
Inventor
岳英 山下
Original Assignee
日本フォームサービス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本フォームサービス株式会社 filed Critical 日本フォームサービス株式会社
Priority to JP2012000636U priority Critical patent/JP3175077U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3175077U publication Critical patent/JP3175077U/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02BCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO BUILDINGS, e.g. HOUSING, HOUSE APPLIANCES OR RELATED END-USER APPLICATIONS
    • Y02B10/00Integration of renewable energy sources in buildings
    • Y02B10/10Photovoltaic [PV]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
    • Y02E10/00Energy generation through renewable energy sources
    • Y02E10/50Photovoltaic [PV] energy

Abstract

【課題】架台の構築作業を簡略化することができ、特に、架台の角度調整作業が極めて容易に行える架台用角度調整具を提供する。
【解決手段】支持枠20の上面とスライド杆体10の下面との間に設置されるブロック形状の角度調整具30を設ける。角度調整具30の上面にスライド杆体10の傾斜角度を設定する角度設定面を形成する。角度設定面に固定ネジ孔32を形成する。固定ネジ14を固定ネジ孔32にネジ止めしてスライド杆体10と角度調整具30とを連結する角度設定面に連結ネジ孔33を形成する。連結ネジ孔33を挿通する連結ネジ23で角度調整具30と横材22とを連結する。連結ネジ孔33の上端部に、連結ネジ23の頭部を埋設せしめる収納凹部33Aを形成する。
【選択図】図3

Description

本考案は、架台を設置する際に使用する架台用角度調整具に係り、特に、太陽電池モジュール用架台等の支持角度を調整するのに好適な架台用角度調整具に関するものである。
例えば、太陽電池モジュールをビルの屋上や空き地など平坦な場所に設置する場合、特許文献1や特許文献2に示される如く、鉄骨フレームを組み立てた架台に設置している。特許文献1に記載されている架台では、架台の軽量化や堅牢化を図るために、太陽電池モジュールが固定される主材と、この主材と直交する横材と、主材の一方側に設けられた低脚支柱と、主材の他方側に設けられた高脚支柱と、これらの低脚支柱および高脚支柱が固定される基礎とを備えたものである。そして、太陽電池モジュールを直下で支える支持角度を予め設定した横材を設け、この横材上に所定角度で太陽電池モジュールを支持する構成を採用している。
また、特許文献2に記載されている架台は、精密な角度設定等が不要で、簡便に組み立てることができる架台の提供を目的としたものである。この特許文献2の構成は、土台に立設される支柱と、支柱に固定される梁材と、各梁材の上面に取り付けられる角度調整金具と、各角度調整金具に固定されて各太陽電池モジュールを取り付ける架台フレームとを備えたものである。
特開2011‐202479号公報 実用新案登録第3171824号公報
従来のこの種の架台によると、いずれも架台を平坦な場所に固定する基礎や土台が必要になり、これら基礎や土台の上に架台を設置するものであった。これら基礎や土台は、架台の安定性を高めるために、コンクリートブロック等の重量物で形成されており、架台を設置する場合に、これらの基礎や土台の運搬に多くの手間が必要になっていた。特に、屋上などに架台を設置する場合には、屋上への基礎や土台の搬入作業が殊更困難な作業になっている。
また、基礎や土台の上に構築される架台は、複数の支柱や横材等を組合せた支持枠上に架台フレームを支持し、この架台フレームに太陽電池モジュールを取り付ける構成になっている。ところが、構築された架台の上に太陽電池モジュールを装着する場合は、この太陽電池モジュールの角度を調整する必要がある。
そこで、特許文献1に記載の角度調整は、支持角度を予め設定した横材を設け、この横材上に所定角度で太陽電池モジュールを支持する構成であるから、横材を角度設定しながら形成する作業に多くの手間とコストを要するものであった。しかも、このような横材は、予め工場にて製造されるので、現場において支持角度に僅かな変更を加えようとしても困難な状況になる。
一方、特許文献2の架台では、任意の高さ位置で架台フレームを固定することが可能な角度調整機構を設けているが、この角度調整機構は、上方に開口するスリットと、架台フレームを角度調整金具に固定するためのボルト及びナットによって構成されているため、このボルトが緩んでしまうと調整した角度に狂いが生じる虞があった。
太陽電池モジュールの需要は年々高まり、一箇所に設置される太陽電池モジュールの数も増加傾向にある。そのため、太陽電池モジュールの設置作業は、架台の構築作業から太陽電池モジュールの角度調整作業に至るまで、いかに効率良く行えるかが太陽電池モジュール用架台の課題になっている。
そこで、本考案は上述の課題を解消すべく創出されたもので、架台の構築作業を簡略化することができ、特に、架台の角度調整作業が極めて容易に行える架台用角度調整具の提供を目的とするものである。
上述の目的を達成すべく本考案の第1の手段は、複数の太陽電池モジュールPの側縁部を支持するスライド杆体10と、支柱21及び横材22が角パイプ材にて構成された支持枠20と、を備え、支持枠20とスライド杆体10との間に介されてスライド杆体10の設置角度を調整する角度調整具30であって、該角度調整具30は、支持枠20の横材22の上面とスライド杆体10の下面との間に設置されるブロック形状を成し、上面に前記スライド杆体10の傾斜角度を設定する角度設定面31が形成されたことにある。
第2の手段において、前記角度調整具30は、六面体のブロック形状を成し、前記角度設定面31が形成された上面に固定ネジ孔32が形成され、前記スライド杆体10の底部を貫通する固定ネジ14を該固定ネジ孔32にネジ止めして前記スライド杆体10と前記角度調整具30とを連結するように構成している。
第3の手段において、前記角度調整具30は、前記角度設定面31が形成された上面に、角度調整具30と横材22とを連結する連結ネジ23を挿通する連結ネジ孔33が形成され、該連結ネジ孔33の上端部に、連結ネジ23の頭部を埋設せしめる収納凹部33Aを形成したものである。
第4の手段において、前記スライド杆体10は、前記太陽電池モジュールPが傾斜する方向に沿って配置される帯板状の中央杆材11と、該中央杆材11の左右側面に沿って設けられ、前記太陽電池モジュールPの側縁部の上下面を支持せしめる上下一対の支持片12と、該支持片12の下方に延長され、前記角度調整板40に固定せしめる断面樋状を成した連結底部13とで構成され、該連結底部13に前記角度調整具30の角度設定面31を当接するように構成したものである。
本考案の請求項1のごとく、角度調整具30は、支持枠20の横材22の上面とスライド杆体10の下面との間に設置されるブロック形状を成し、上面に前記スライド杆体10の傾斜角度を設定する角度設定面31が形成されたことにより、支持枠20とスライド杆体10との間に介するだけで、簡単に支持角度を設定することができる。この結果、特許文献1のように、横材を角度設定しながら形成する作業等の多くの手間やコストは不要なものになった。しかも、支持角度の異なる複数の角度調整具30を準備することも可能になり、現場での設定変更にも対応することができる。
また、太陽電池モジュールPの角度設定は、角度調整具30の角度設定面31上にスライド杆体10載置するだけで確実に固定されるので、特許文献2の如く、ボルトが緩むなど調整した角度に狂いが生じる虞も解消した。
請求項2のように、角度調整具30は、六面体のブロック形状を成し、前記角度設定面31が形成された上面に固定ネジ孔32が形成され、前記スライド杆体10の底部を貫通する固定ネジ14を該固定ネジ孔32にネジ止めして前記スライド杆体10と前記角度調整具30とを連結するように構成したことで、固定ネジ孔32による連結作業が極めて簡単になり、架台の構築作業を簡略化することができる。
請求項3の如く、角度調整具30は、前記角度設定面31が形成された上面に、角度調整具30と横材22とを連結する連結ネジ23を挿通する連結ネジ孔33が形成され、該連結ネジ孔33の上端部に、連結ネジ23の頭部を埋設せしめる収納凹部33Aを形成したことで、連結ネジ23による連結作業が極めて簡単になり、架台の構築作業を簡略化することができる。
請求項4によると、スライド杆体10は、前記太陽電池モジュールPが傾斜する方向に沿って配置される帯板状の中央杆材11と、該中央杆材11の左右側面に沿って設けられ、前記太陽電池モジュールPの側縁部の上下面を支持せしめる上下一対の支持片12と、該支持片12の下方に延長され、前記角度調整板40に固定せしめる断面樋状を成した連結底部13とで構成され、該連結底部13に前記角度調整具30の角度設定面31を当接するように構成したことで、架台の構築作業を簡略化することができ、しかも、架台の角度調整作業が極めて容易に行えるものである。
本考案の使用状態を示す概略斜視図である。 本考案の使用状態を示す要部斜視図である。 本考案の使用状態を示す要部正面図である。 本考案の一実施例を示す斜視図である。 本考案の一実施例を示す正面図である。 本考案の一実施例を示す平面図である。 本考案の固定ネジ孔の一実施例を示す断面図である。 本考案の連結ネジ孔の一実施例を示す断面図である。
このように本考案によると、架台の構築作業を簡略化することができ、特に、架台の角度調整作業が極めて容易に行えるなどといった当初の目的を達成した。
以下、本考案角度調整具の一実施例を説明する。本考角度調整具は、一定の角度で太陽電池モジュールPを設置する架台などに使用されるものである(図1参照)。すなわち、太陽電池モジュールPの側縁部を支持するスライド杆体10と、該スライド杆体10を支持する支持枠20と、を備えた架台である。図示の支持枠20は、支柱21及び横材22が角パイプ材にて構成されたもので、これら支柱21と横材22とが連結されて支持枠20を構成する。
本考案角度調整具は、この支持枠20とスライド杆体10との間に設置することで、太陽電池モジュールPの支持角度を調整する六面体のブロック形状を成している(図2参照)。そして、この角度調整具30の上面にスライド杆体10の傾斜角度を設定する角度設定面31が形成されている。更に、太陽電池モジュールPの設置角度に応じて、角度設定面31の角度が異なる角度調整具30から任意の角度の角度調整具30を選択使用するものである。この角度設定面31には、更に、固定ネジ孔32と連結ネジ孔33とが形成されている(図3、図4参照)。
固定ネジ孔32は、固定ネジ14をネジ止めするものである。この固定ネジ14は、スライド杆体10の底部を貫通して固定ネジ孔32にネジ止めすることで、スライド杆体10と角度調整具30とを連結するように構成している(図3、図7参照)。
一方、連結ネジ孔33は連結ネジ23を挿通せしめるものである(図3参照)。この連結ネジ23は、角度調整具30の角度設定面31から横材22に至り、角度調整具30と横材22とを連結する部材である。更に、連結ネジ孔33の上端部には、連結ネジ23の頭部を埋設せしめる収納凹部33Aを形成している(図5、図6、図8参照)。この収納凹部33Aにより、連結ネジ23で横材22に連結した角度調整具30の角度設定面31に、スライド杆体10を直に載置することが可能になるものである(図3参照)。
角度調整具30上に載置するスライド杆体10は、太陽電池モジュールPが傾斜する方向に沿って配置される帯板状を成した部材である。図示のスライド杆体10は、中央杆材11、支持片12、連結底部13にて構成されている(図2参照)。中央杆材11は、太陽電池モジュールPの傾斜面に沿って配置される帯板状の部材であり、広い面を左右側面として設置している。また、支持片12は、この中央杆材11の左右側面に沿って設けられた部材で、太陽電池モジュールPの側縁部の上下面を支持するように上下一対の支持片12が平行に設けられている。図示例では、一方の支持片12を中央杆材11の上端から延長し、他方の支持片12を後述する連結底部13の上端から延長したものである。
この連結底部13は、支持片12の下方に延長された断面樋状を成す部位である(図3参照)。スライド杆体10を角度調整具30及び支持枠20に固定するには、この連結底部13を挿通した固定ネジ14にて固定するものである。
本考案角度調整具を使用する手順は、連結された支持枠20上に、角度調整具30を介して複数本のスライド杆体10を設置することで、このスライド杆体10の間にスライド設置した太陽電池モジュールPの設置角度が調整されるものである(図1〜図3参照)。
尚、本考案の形状や寸法等は図示例に限定されるものではなく、本考案の要旨を変更しない範囲において自由に変更できるものである。
本考案は、太陽電池モジュールPを設置する架台用の角度調整具として説明しているが、架台の用途は限定されるものではなく、支持角度の調整が必要なあらゆる架台に用いることが可能である。
P 太陽電池モジュール
10 スライド杆体
11 中央杆材
12 支持片
13 連結底部
14 固定ネジ
15 係止片
20 支持枠
21 支柱
22 横材
22A 支持用横材
22B 補強用横材
23 連結ネジ
30 角度調整具
31 角度設定面
32 固定ネジ孔
33 連結ネジ孔
33A 収納凹部

Claims (4)

  1. 複数の太陽電池モジュールの側縁部を支持するスライド杆体と、支柱及び横材が角パイプ材にて構成された支持枠と、を備え、支持枠とスライド杆体との間に介されてスライド杆体の設置角度を調整する角度調整具であって、該角度調整具は、支持枠の横材の上面とスライド杆体の下面との間に設置されるブロック形状を成し、上面に前記スライド杆体の傾斜角度を設定する角度設定面が形成されたことを特徴とする架台用角度調整具。
  2. 前記角度調整具は、六面体のブロック形状を成し、前記角度設定面が形成された上面に固定ネジ孔が形成され、前記スライド杆体の底部を貫通する固定ネジを該固定ネジ孔にネジ止めして前記スライド杆体と前記角度調整具とを連結するように構成した請求項1記載の架台用角度調整具。
  3. 前記角度調整具は、前記角度設定面が形成された上面に、角度調整具と横材とを連結する連結ネジを挿通する連結ネジ孔が形成され、該連結ネジ孔の上端部に、連結ネジの頭部を埋設せしめる収納凹部を形成した請求項1記載の架台用角度調整具。
  4. 前記スライド杆体は、前記太陽電池モジュールが傾斜する方向に沿って配置される帯板状の中央杆材と、該中央杆材の左右側面に沿って設けられ、前記太陽電池モジュールの側縁部の上下面を支持せしめる上下一対の支持片と、該支持片の下方に延長され、前記角度調整板に固定せしめる断面樋状を成した連結底部とで構成され、該連結底部に前記角度調整具の角度設定面を当接するように構成した請求項1記載の架台用角度調整具。
JP2012000636U 2012-02-08 2012-02-08 架台用角度調整具 Expired - Fee Related JP3175077U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012000636U JP3175077U (ja) 2012-02-08 2012-02-08 架台用角度調整具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012000636U JP3175077U (ja) 2012-02-08 2012-02-08 架台用角度調整具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3175077U true JP3175077U (ja) 2012-04-19

Family

ID=48002157

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012000636U Expired - Fee Related JP3175077U (ja) 2012-02-08 2012-02-08 架台用角度調整具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3175077U (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013236459A (ja) * 2012-05-08 2013-11-21 Kanken:Kk 太陽電池パネルの設置構造
JP2014031710A (ja) * 2012-07-13 2014-02-20 Sato Katako Seisakusho:Kk 太陽光発電パネル用架台
CN103711760A (zh) * 2012-09-28 2014-04-09 日轻金Act株式会社 框材的固定结构及框材用隔板
CN105048938A (zh) * 2015-08-28 2015-11-11 苏州爱康低碳技术研究院有限公司 双向螺纹型压块调节组件
CN105048932A (zh) * 2015-08-28 2015-11-11 苏州爱康低碳技术研究院有限公司 双l螺纹型坡度安装太阳能光伏组件系统
CN105071748A (zh) * 2015-08-28 2015-11-18 苏州爱康低碳技术研究院有限公司 托杆型坡度安装太阳能光伏组件系统

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013236459A (ja) * 2012-05-08 2013-11-21 Kanken:Kk 太陽電池パネルの設置構造
JP2014031710A (ja) * 2012-07-13 2014-02-20 Sato Katako Seisakusho:Kk 太陽光発電パネル用架台
CN103711760A (zh) * 2012-09-28 2014-04-09 日轻金Act株式会社 框材的固定结构及框材用隔板
CN105048938A (zh) * 2015-08-28 2015-11-11 苏州爱康低碳技术研究院有限公司 双向螺纹型压块调节组件
CN105048932A (zh) * 2015-08-28 2015-11-11 苏州爱康低碳技术研究院有限公司 双l螺纹型坡度安装太阳能光伏组件系统
CN105071748A (zh) * 2015-08-28 2015-11-18 苏州爱康低碳技术研究院有限公司 托杆型坡度安装太阳能光伏组件系统
CN105048932B (zh) * 2015-08-28 2017-12-12 江苏爱康能源研究院有限公司 双l螺纹型坡度安装太阳能光伏组件系统
CN105048938B (zh) * 2015-08-28 2018-01-09 江苏爱康能源研究院有限公司 双向螺纹型压块调节组件

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6217793B2 (ja) 太陽エネルギー集光装置のための支持体
JP5680242B2 (ja) 太陽電池モジュール取付構造、太陽電池装置および太陽電池モジュール取付方法
US10365017B2 (en) Self-adjusting end clamp
CA2843068C (en) Field paver connector and restraining system
US9556621B2 (en) Pedestal elevation system
US9813013B2 (en) Solar panel installation systems and methods
US9780719B2 (en) East-west photovoltaic array with spaced apart photovoltaic modules for improved aerodynamic efficiency
US20130334382A1 (en) Clamp for mounting solar modules
US8882073B2 (en) Support arrangement for solar modules
JP5571362B2 (ja) 屋根
JP2008214875A (ja) 太陽電池モジュールの取付け構造
CN202056484U (zh) 组合显示屏安装支架
US9850676B2 (en) Level adjustment tool, system and method for free standing poles and structural columns
KR101056531B1 (ko) 태양전지 슬림 프레임 시스템
US8413391B2 (en) Solar array mounting system with universal clamp
US20130048815A1 (en) System and method for installation of photovoltaic modules
JP6449152B2 (ja) 太陽電池モジュールの固定装置及び固定方法
CN202616247U (zh) 一种太阳能组件安装支架
JP2010141266A (ja) 太陽電池モジュールの設置架台、その施工方法、及び太陽光発電システム
JP2003184235A (ja) 太陽電池モジュールの支持構造
JP2012069929A (ja) 太陽電池パネル用架台
JP2010242367A (ja) 太陽電池パネルの取付構造
KR20140085420A (ko) 태양전지모듈의 고정구조
JP2003234492A (ja) 太陽電池モジュールの取付具及び工法
US9394146B2 (en) Assembling an auxiliary lifting unit on a mobile crane

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150328

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees