JP3145107U - ソケットコネクタ - Google Patents

ソケットコネクタ Download PDF

Info

Publication number
JP3145107U
JP3145107U JP2008004922U JP2008004922U JP3145107U JP 3145107 U JP3145107 U JP 3145107U JP 2008004922 U JP2008004922 U JP 2008004922U JP 2008004922 U JP2008004922 U JP 2008004922U JP 3145107 U JP3145107 U JP 3145107U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
contact
socket connector
terminal
tail
tongue plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2008004922U
Other languages
English (en)
Inventor
家勇 何
▲啓▼昇 鄭
Original Assignee
鴻海精密工業股▲ふん▼有限公司
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CNU2007200427498U priority Critical patent/CN201113076Y/zh
Application filed by 鴻海精密工業股▲ふん▼有限公司 filed Critical 鴻海精密工業股▲ふん▼有限公司
Application granted granted Critical
Publication of JP3145107U publication Critical patent/JP3145107U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
    • H01RELECTRICALLY-CONDUCTIVE CONNECTIONS; STRUCTURAL ASSOCIATIONS OF A PLURALITY OF MUTUALLY-INSULATED ELECTRICAL CONNECTING ELEMENTS; COUPLING DEVICES; CURRENT COLLECTORS
    • H01R13/00Details of coupling devices of the kinds covered by groups H01R12/70 or H01R24/00 - H01R33/00
    • H01R13/66Structural association with built-in electrical component
    • H01R13/665Structural association with built-in electrical component with built-in electronic circuit
    • H01R13/6658Structural association with built-in electrical component with built-in electronic circuit on printed circuit board

Abstract

【課題】伝送速度が速くなり、導電端子の構造が簡単になるソケットコネクタを提供する。
【解決手段】ソケットコネクタは、基部と、該基部から離隔される先端壁を備え、基部から前向きに突出するように形成される舌板とを含む絶縁本体と、第1コンタクト部と第1テール部とをそれぞれ有する複数の第1端子を含み、前記絶縁本体の舌板に装着された導電端子と、前記絶縁本体に組み合わされる中継装置とを含む回路基板に実装され、導電端子は、第2コンタクト部と第2テール部とを有する少なくとも二対の差分信号端子を含み、第1コンタクト部と第2コンタクト部とは、舌板の同一な壁に配置され、舌板の長さの方向において二列で配置され、第2コンタクト部は前記第1コンタクト部より前記舌板の先端壁に近接し、中継装置は一端が前記第1テール部と第2テール部とにそれぞれ接続し、他端が前記回路基板に接続している。
【選択図】図1

Description

本考案は、ソケットコネクタに関し、特に、USB(Universal Serial Bus )規格に準拠したソケットコネクタに関するものである。

USB規格に拠るコネクタは、今、電子業界に一般に普及している、図9及び図10は、USB2.0規格のAタイプに符合したソケットコネクタとプラグコネクタとを示す図である。図9に示すプラグコネクタ500は、絶縁材料からなる第1舌片52と、第1舌片52に装着された四本の第1導電端子53と、第1舌片52の外部を包囲する第1シェル54と、第1シェル54の末端を包囲するための絶縁体55と、第1導電端子53に電気的に接続するためのケーブル57とを有する。前記第1舌片52と第1シェル53とはほぼ矩形状を呈し、その第1舌片52の左右側壁及び底壁は第1シェル54にそれぞれ接触し、第1舌片52の頂壁と第1シェル54の天板との間に第1収容空間56が形成される。前記第1導電端子53は導電金属板からなり、平板状を呈するので、弾性的な変形はされず、第1導電端子53が第1舌片52に貼付けられ、第1舌片52の頂壁と同一平面に位置している。前記四本の第1導電端子53は、電源端子531と、接地端子534と、アノードとしての信号端子533と、カソードとしての信号端子532とを含み、そのアノードとしての信号端子533及びカソードとしての信号端子532は、差分信号端子の組を形成している。

図10は、USB2.0規格のAタイプのソケットコネクタ600を示す図であり、一般に回路基板に実装され、第2舌板62と、第2舌板62に保持された四本の第2導電端子63と、第2舌板62の外部を包囲するための第2シェル64とを有し、第2導電端子63は第2舌片62の下壁に装着されるようにその下壁から突出している。第2導電端子63は、導電金属板からなり、第2舌片62の厚さの方向で弾性的に変形できる。四本の第2導電端子63は、プラグコネクタ500の四本の第1導電端子53に対応するように配置され、電源端子631と、接地端子634と、アノードとしての信号端子633と、カソードとしての信号端子632とを含み、そのアノードとしての信号端子633及びカソードとしての信号端子632は、差分信号端子の組を形成している。第2シェル64が第2舌板62を包囲すると第2収容空間66が形成される。

プラグコネクタ500をソケットコネクタ600に挿入する際に、プラグコネクタ500の第1舌板52が第2収容空間66に収容され、ソケットコネクタ600の第2舌板62が第1収容空間56に収容され、且つ、第1導電端子53と第2導電端子63との間に電気的な接続を達成できる。

電子産業の発展に従って、USB2.0規格に拠るコネクタの伝送速度が発展の要求を満足せず、例えば、音楽や映画を伝送する場合には、伝送速度が1G/S以上に達し、この時、USB2.0規格のコネクタは、伝送速度の使用要求を満足できないので使用が制限される。今、音楽や映画を伝送する場合に、高速伝送できるSerial-ATA規格等のコネクタが常に使用されている。だが、応用の方面において、USB規格のコネクタはSerial-ATA規格等のコネクタより広くなっている。また、USB規格のコネクタの容積がより小さいので、電子業界の小型化の発展に有利となっている。そこで、USB規格に拠り、高速伝送できる新型ソケットコネクタを開発することが必要である。

本考案は、伝送速度が速くなり、導電端子の構造が簡単になるソケットコネクタを提供することを目的とする。

本考案のソケットコネクタは、基部と、前記基部から離隔された先端壁を備え、前記基部から前向きに突出するように形成される舌板とを含む絶縁本体と、第1コンタクト部と第1テール部とをそれぞれ有する複数の第1端子を含み、前記絶縁本体の舌板に装着された導電端子と、前記絶縁本体に組み合わされる中継装置とを含む回路基板に実装されたソケットコネクタにおいて、前記導電端子は、第2コンタクト部と第2テール部とを有する少なくとも二対の差分信号端子を含み、前記第1コンタクト部と第2コンタクト部とは前記舌板の同一な壁に配置され、前記舌板の長さの方向において二列に配置され、前記第2コンタクト部は前記第1コンタクト部より前記舌板の先端壁に隣接し、前記中継装置は、一端が前記第1テール部と第2テール部とにそれぞれ接続し、他端が前記回路基板に接続していることを特徴とする。

従来技術に比べ、本考案は以下の利点を有し、差分信号端子を増加することにより高速伝送でき、伝送速度が速くなり、中継装置によって導電端子の製造が簡単になっている。

本考案のソケットコネクタの好ましい第1の実施形態について、添付図面図1〜図5を参照して説明する。本考案の第1実施形態のソケットコネクタ100は回路基板8に実装され、絶縁本体1と、絶縁本体1に保持された複数の導電端子2と、絶縁本体1の外部を包囲するための金属板からなるシールドケース3と、導電端子2に半田付けされる中継基板4と、中継端子5とを含む。

絶縁本体1は、基部11と、基部11の先端壁110から前向きに延出するように形成された舌板12とを有する。基部11は上下壁111、112と両側壁113とを含み、上壁111の中央には凸部1111が形成され、両側壁113には凹部1131がそれぞれ形成される。舌片12は、頂壁13と、頂壁13に対向するように配置される底壁14と、基部11から離隔される先端壁18とを有する。その頂壁13には舌板12の長さのA-A(図3に示す)方向に沿って延出する第1収容溝131が設けられ、該第1収容溝131が基部10を貫通するように設けられ、前記底壁14の先端と奥端とには第1収容溝131と平行に配置される第2収容溝141と第3収容溝142とがそれぞれ設けられ、第2端子溝141と第3収容溝142とは互いに連通していない。

図3乃至図5を参照すると、複数の導電端子2は、第3収容溝142に装着された第1端子21と、第1収容溝131、第2収容溝141に装着された複数の付加端子22とを含む。複数の第1端子21は構造がほぼ同じで、第3収容溝142に収容された第1コンタクト部15と、第1コンタクト部15から後向きに延出するように形成される第1テール部16とを有し、舌板12の幅のB-B方向において、第1コンタクト部15がB−B方向に沿って並ぶように配置される。第1端子21の第1コンタクト部15は第3収容溝142に片持ちされるように装着されるので、舌板12の高さのC-C方向に弾性的な変形ができる。図3に示す、前記A-A方向、B-B方向、C-C方向は、互いに直交している。

本考案のソケットコネクタ100は図11に示す従来のプラグコネクタ500に嵌合でき、本考案のソケットコネクタ100の舌板12は従来のUSB規格に拠るソケットコネクタ600の第2舌板62の寸法とほぼ同じである。本考案の前記ソケットコネクタ100の第1端子21は、従来のUSB規格に拠るソケットコネクタ600の第2導電端子63の構造及び配置方式と同じである。第1端子21は、電源端子211と、カソードとしての信号端子212と、アノードとしての信号端子213と、接地端子214とを含む。

付加端子22は、二対の差分信号端子23と、接地端子24とを有し、二対の差分信号端子23の一方は高速信号を送信するのに用いられ、他方は高速信号を受信するのに用いられ、接地端子24が二対の差分信号端子の間に配置されることによって、二対の差分信号端子23の間のクロストークを低減している。付加端子22は舌板12の幅のB-B方向に沿って並ぶように配置される。

各差分信号端子23は、第2コンタクト部25と、第2コンタクト部25の先端から上向きに折曲がって延出するように形成される連接部26と、連接部26から後向きに延出する保持部27と、保持部27の末端の第2テール部28とをそれぞれ含み、第2コンタクト部25と保持部27とは、舌板12の長さのA-A方向で平行に配置される。接地端子24は差分信号端子23の構造とほぼ同じであり、第3コンタクト部241と、第3コンタクト部241の先端から上向きに折曲がって延出するように形成される連接部242と、連接部242から後向きに延出する保持部243と、保持部243の末端の第3テール部245とを含み、第3コンタクト部241と保持部243とは、舌板12の長さのA-A方向で平行に配置される。第2コンタクト部25と第3コンタクト部241とが平板状を呈するように第2収容溝142に貼付けされることで、舌板12の厚さのC-C方向に弾性的に変形できない。

前記導電端子2が後端から絶縁本体1にそれぞれ挿入され、第1端子21の第1コンタクト部15が第3収容溝142に収容され、付加端子22の第2コンタクト部25及び第3コンタクト部241が第2収容溝141にそれぞれ貼付けるように収容される。第1コンタクト部15と、第2コンタクト部25と、第3コンタクト部241とは、舌板12の底壁14に位置されるが、舌板12の長さのA-A方向で、第1コンタクト部15と第2コンタクト部25とは二列に配置され、第2コンタクト部25は第1コンタクト部15より舌板12の先端壁18に近接して、即ち、舌板12の長さのA-A方向において、第1コンタクト部15と第2コンタクト部25との間に所定の距離を離間することによって、第1端子21と付加端子22の間とのクロストークを低減している。

図3乃至図5を参照すると、金属シールドケース3は、矩形のケース状を呈し、対向するように配置される天板31と及び底板32と、天板31及び底板32に連接するための両側板33とを有し、天板31と底板32と両側板33とは、絶縁本体1を収容するための収容空間10を形成する。天板31には、絶縁本体1の基部11の凸部1111に係合するための凹溝311が形成され、両側板33には絶縁本体1の凹部1131に係合するための係合片311が形成され、天板31及び底板32には第1弾性片310がそれぞれ収容空間10に突出するように形成され、両側板33には、第2弾性片330がそれぞれ収容空間10に突出するように形成される。プラグコネクタが収容空間10に挿入される際に、第1弾性片310と第2弾性片330とがプラグコネクタに当接されることによって、プラグコネクタがソケットコネクタ100から外れることを防止できる。

図2乃至図5を参照すると、中継基板4は第1スルーホール41と、第1スルーホール41に電気的に接続するための第2スルーホール42とを有し、前記第1端子21の第1テール部16が第1スルーホール41に接続し、第2テール部28と第3テール部245とは、第2スルーホール42に接続している。

中継端子5はL字形状を呈し、第2スルーホール42に貫通するように中継基板4に半田付けされる第1端部51と、第1端部51に垂直するように回路基板8に半田付けされる第2端部52とを有する。ソケットコネクタ100は、中継端子5の第2端部52の間の平行度を維持するためのベース6を有し、ベース6には第1端部51を挿入するための通孔61が設けられ、ベース6が前記中継基板4に貼付けるように配置され、勿論、他の実施形態において、ベース6は中継端子5とインサート成型により一体に成型され得る。

図6乃至図8は、本考案のソケットコネクタ100の第2実施形態について説明しており、第2実施形態のソケットコネクタ200と第1実施形態のソケットコネクタ100との差異は、フラットケーブル(FFC: Flexible flat cable)またはフレキシブルプリント回路(FPC : Flexible printed circuit)7により、導電端子2を回路基板8に電気的に接続させることである。フラットケーブル(FFC: Flexible flat cable)またはフレキシブルプリント回路(FPC : Flexible printed circuit)7には、導電端子2の第1テール部16、第2テール部28、第3テール部245が挿入されるように接続する通孔71と、回路基板8に接続するためのテール部72とを有する。

本考案に係るソケットコネクタ100、200は、中継装置(例えば、第1実施形態の中継基板4、中継端子5と及び第2実施形態のフラットケーブルまたはフレキシブルプリント回路等)により導電端子2を回路基板8に接続させることで、導電端子2の製造が簡単になり、また、導電端子2のテール部16、25、245が回路基板8から遠く離れる場合には、中継装置によりソケットコネクタを回路基板に便利に接続させている。

本考案に係るソケットコネクタ100、200は、従来のUSB規格に拠るAタイプのソケットコネクタ600より二対の差分信号端子23と一本の接地端子24とを増加し、且つ、舌板12の寸法が従来のUSB規格に拠るAタイプのソケットコネクタの舌板62とほぼ同じである。一対の差分信号端子23によりソケットコネクタ100、200が高速伝送でき、且つ従来のUSB規格に拠るAタイプのプラグコネクタ500を嵌合できる。

以上本考案について最良の実施形態を参照して詳細に説明したが、本実施形態はあくまでも例示的なものであり、これらに限定されるものではない。また上述の説明は、本考案に基づきなしうる細部の修正或は変更など、いずれも本考案の請求範囲に属するものとする。

本考案の第1実施形態のソケットコネクタを回路基板に実装された組立斜視図である。 図1に示す第1実施形態のソケットコネクタを回路基板に装着された他の角度から見た斜視図である。 図1に示す第1実施形態のソケットコネクタの部分の分解斜視図であり、その導電端子が中継装置に組合している。 図3に示す第1実施形態のソケットコネクタの他の角度から見た部分の分解斜視図である。 図1に示す第1実施形態のソケットコネクタの分解斜視図である。 本考案の第2実施形態のソケットコネクタの組立斜視図である。 図6に示す第2実施形態のソケットコネクタの他の角度から見た斜視図である。 本考案の第2実施形態のソケットコネクタの分解斜視図である。 従来のUSB2.0規格のAタイプのプラグコネクタの斜視図である。 従来のUSB2.0規格のAタイプのソケットコネクタの斜視図である。

符号の説明

100 ソケットコネクタ
1 絶縁本体
11 基部
12 舌板
13 頂壁
14 底壁
18、110 先端壁
111 上壁
112 下壁
113 側壁
131 第1収容溝
141 第2収容溝
142 第3収容溝
1111 凸部
1131 凹部
2 導電端子
15 コンタクト部
16 第1テール部
21 第1端子
22 付加端子
23 差分信号端子
211 電源端子
212、213 信号端子
214、24 接地端子
25 第2コンタクト部
26、242 連接部
27、243 保持部
28 第2テール部
241 第3コンタクト部
245 第3テール部
3 シールドケース
4 中継基板
5 中継端子
6 ベース
7 FFC、FPC
8 回路基板

Claims (6)

  1. 基部と、前記基部から離隔された先端壁を備え、前記基部から前向きに突出するように形成される舌板と、を含む絶縁本体と、
    第1コンタクト部と第1テール部とをそれぞれ有する複数の第1端子を含み、前記絶縁本体の舌板に装着された導電端子と、
    前記絶縁本体に組み合わされる中継装置と、
    を含む回路基板に実装されたソケットコネクタにおいて、
    前記導電端子は、第2コンタクト部と第2テール部とを有する少なくとも二対の差分信号端子を含み、前記第1コンタクト部と前記第2コンタクト部とは、前記舌板と同一な壁面に配置され、前記舌板の長さの方向において二列で配置され、前記第2コンタクト部は前記第1コンタクト部より前記舌板の先端壁に隣接し、
    前記中継装置は、一端が前記第1テール部と前記第2テール部とにそれぞれ接続され、他端が前記回路基板に接続されることを特徴とするソケットコネクタ。
  2. 前記舌板の寸法は、USB2.0規格に拠るAタイプのソケットコネクタの舌板の寸法と同じであることを特徴とする請求項1に記載のソケットコネクタ。
  3. 前記差分信号端子は、前記第2コンタクト部に平行に配置される保持部と、前記第2コンタクト部と保持部とを連接し、前記舌板の先端壁に貼付けられる連接部とを含み、前記第2テール部は前記保持部の末端に形成されることを特徴とする請求項1に記載のソケットコネクタ。
  4. 前記二対の差分信号端子は、前記舌板の幅の方向に並ぶように配置され、前記二対の差分信号端子の間には接地端子が配置されることを特徴とする請求項1に記載のソケットコネクタ。
  5. 前記中継装置は、前記導電端子の第1テール部と第2テール部とを接続する中継基板と、該中継基板に接続するための一端と前記回路基板に接続するための他端とを有する中継端子と、を含むことを特徴とする請求項1に記載のソケットコネクタ。
  6. 前記中継装置は、一端が前記導電端子に接続され、他端が前記回路基板に接続されるためのフラットケーブルまたはフレキシブルプリント回路であることを特徴とする請求項1に記載のソケットコネクタ。
JP2008004922U 2007-08-10 2008-07-16 ソケットコネクタ Expired - Fee Related JP3145107U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CNU2007200427498U CN201113076Y (zh) 2007-08-10 2007-08-10 插座电连接器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3145107U true JP3145107U (ja) 2008-09-25

Family

ID=39964817

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008004922U Expired - Fee Related JP3145107U (ja) 2007-08-10 2008-07-16 ソケットコネクタ

Country Status (3)

Country Link
US (1) US7682200B2 (ja)
JP (1) JP3145107U (ja)
CN (1) CN201113076Y (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010257926A (ja) * 2009-04-22 2010-11-11 Advanced Connectek Inc 信号干渉の遮断が可能なコネクタ
JP2013054844A (ja) * 2011-09-01 2013-03-21 Hirose Electric Co Ltd 電気コネクタ

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101364694B (zh) * 2007-08-10 2011-08-10 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
US7878827B2 (en) * 2008-06-06 2011-02-01 Hon Hai Precision Ind. Co., Ltd. Electrical connector with electrical device incorporated therein
CN101882729B (zh) * 2009-05-06 2013-07-24 连展科技(深圳)有限公司 可阻隔讯号干扰的电连接器
CN201623305U (zh) 2009-05-20 2010-11-03 凡甲电子(苏州)有限公司 电连接器
JP5285533B2 (ja) * 2009-08-07 2013-09-11 ホシデン株式会社 コネクタ及び電子機器
DE102010027990A1 (de) * 2010-04-20 2011-10-20 Würth Elektronik eiSos Gmbh & Co. KG USB Steckbuchse
TWM389367U (en) * 2010-04-21 2010-09-21 Advanced Connectek Inc Vertical socket connector and its component
CN102270796B (zh) * 2010-06-02 2013-10-02 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
CN201773977U (zh) * 2010-07-08 2011-03-23 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
TWM398226U (en) * 2010-08-24 2011-02-11 Power Quotient Int Co Ltd USB connector
KR20120069017A (ko) * 2010-11-18 2012-06-28 삼성전자주식회사 전기 커넥터
CN102185205A (zh) * 2011-02-28 2011-09-14 东莞宇球电子有限公司 插座电连接器
CN102185213A (zh) * 2011-02-28 2011-09-14 东莞宇球电子有限公司 电连接器
CN202196958U (zh) * 2011-08-10 2012-04-18 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
US8337248B1 (en) * 2011-10-12 2012-12-25 Cheng Uei Precision Industry Co., Ltd. Connector assembly
TWI542093B (zh) * 2013-06-18 2016-07-11 連展科技股份有限公司 通用序列匯流排連接器
CN103414061A (zh) * 2013-08-17 2013-11-27 深圳市得润电子股份有限公司 一种平行线结构的vga连接线及其制作方法
US9356404B2 (en) * 2013-09-25 2016-05-31 Hon Hai Precision Industry Co., Ltd. Electrical connector
CN104051920B (zh) * 2013-12-16 2016-04-20 陈碇祈 Usb电连接器的转接模块
US9431772B2 (en) * 2013-12-19 2016-08-30 Apple Inc. Connector retention features
CN105792515A (zh) * 2014-12-25 2016-07-20 台达电子工业股份有限公司 电路板组合及其组装方法
CN105048202A (zh) * 2015-08-07 2015-11-11 连展科技(深圳)有限公司 直立型插座电连接器
US10733136B1 (en) 2019-03-01 2020-08-04 Western Digital Technologies, Inc. Vertical surface mount type C USB connector

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5194010A (en) * 1992-01-22 1993-03-16 Molex Incorporated Surface mount electrical connector assembly
TW306723U (en) 1995-07-27 1997-05-21 Forward Electronics Co Ltd Enlarging circuit and special regulation circuit used in radio-frequency/video signal radio module
US7021971B2 (en) * 2003-09-11 2006-04-04 Super Talent Electronics, Inc. Dual-personality extended-USB plug and receptacle with PCI-Express or Serial-At-Attachment extensions
US6854984B1 (en) * 2003-09-11 2005-02-15 Super Talent Electronics, Inc. Slim USB connector with spring-engaging depressions, stabilizing dividers and wider end rails for flash-memory drive
CN2687897Y (zh) * 2004-01-06 2005-03-23 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
CN2766363Y (zh) * 2004-07-28 2006-03-22 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
CN2773936Y (zh) * 2004-12-30 2006-04-19 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
US7108520B1 (en) * 2005-05-06 2006-09-19 Molex Incorporated Board mounted electrical connector
CN2809939Y (zh) * 2005-05-20 2006-08-23 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器
JP4360364B2 (ja) * 2005-08-26 2009-11-11 パナソニック電工株式会社 コネクタ
TWM293552U (en) * 2006-01-24 2006-07-01 Taiwin Electronics Co Ltd Connector socket suitable for various protocol joint
TWM306723U (en) 2006-06-15 2007-02-21 Molex Taiwan Ltd Multiple-to-one electric connector
CN101364694B (zh) * 2007-08-10 2011-08-10 富士康(昆山)电脑接插件有限公司 电连接器

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010257926A (ja) * 2009-04-22 2010-11-11 Advanced Connectek Inc 信号干渉の遮断が可能なコネクタ
JP2013054844A (ja) * 2011-09-01 2013-03-21 Hirose Electric Co Ltd 電気コネクタ

Also Published As

Publication number Publication date
US20090042420A1 (en) 2009-02-12
CN201113076Y (zh) 2008-09-10
US7682200B2 (en) 2010-03-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9583900B2 (en) Flippable electrical connector
US9728900B1 (en) Electrical receptacle connector
US9948041B2 (en) Electrical receptacle connector for providing grounding and reducing electromagnetic interference
US9912086B2 (en) Electrical connector assembly having a small-sized electrical connector
TWI603536B (zh) 插頭連接器
US9106024B2 (en) Electrical connector with a metal plate for preventing electromagnetic interference
CN103779711B (zh) 电连接器及其组合
US10218134B2 (en) Electrical receptacle connector
TWI573350B (zh) Socket electrical connector
US8764488B2 (en) Connector having bridge member for coupling ground terminals
US9136616B2 (en) Electrical connector assembly with improved metallic cover
US8342886B2 (en) Electrical connector with connecting bars therein to reduce cross talking
US8262411B2 (en) Electrical connector having a crosstalk prevention member
US7972151B2 (en) Electrical connector with improved arrangement of ground and signal contacts
US9742095B2 (en) Electrical receptacle connector
US8100720B2 (en) Electrical connector featured with USB/eSATA interfaces
TWI488386B (zh) 電連接器及其組合
TWI404278B (zh) Multi-pole connector
TWI397224B (zh) 移動存儲裝置
JP5174859B2 (ja) 電気コネクタ
CN101453088B (zh) 电连接器
US7922533B2 (en) Stacked electrical connector with improved shell for EMI protection
JP5563241B2 (ja) 電気コネクタ
US8025532B2 (en) Connector and electronic equipment
US8137128B2 (en) SATA electrical connector and assembly thereof

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110903

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120903

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120903

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130903

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees