JP3141057U - 多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使って洋蘭類の管理に水やり不用システム。 - Google Patents

多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使って洋蘭類の管理に水やり不用システム。 Download PDF

Info

Publication number
JP3141057U
JP3141057U JP2007008850U JP2007008850U JP3141057U JP 3141057 U JP3141057 U JP 3141057U JP 2007008850 U JP2007008850 U JP 2007008850U JP 2007008850 U JP2007008850 U JP 2007008850U JP 3141057 U JP3141057 U JP 3141057U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
vase
pot
ore
container
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2007008850U
Other languages
English (en)
Inventor
清則 戸田
Original Assignee
清則 戸田
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 清則 戸田 filed Critical 清則 戸田
Priority to JP2007008850U priority Critical patent/JP3141057U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3141057U publication Critical patent/JP3141057U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】根腐れの心配もなく、洋蘭類の管理がし易い。水やり不要システムを提供する。
【解決手段】底部に穴のない大きい花瓶又は鉢形の容器1の上に小さい花鉢又は鉢形容器5を乗せる二重構造で、大きい花瓶又は容器1の内部底部3に多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」4を敷き、水を多機能鉱石を敷きしめた高さまで入れる、大きい花瓶又は鉢形の容器1の上に底部に穴のある一回り小さい花鉢又は鉢形容器5を載せ、大きい花瓶又は鉢形の内部に敷きしめた多機能鉱石又は小さい花鉢又は鉢形容器の底に水が接触しないように設定する、花瓶内の水が温度差により蒸発し、気体となり、小さい花鉢又は鉢形容器の底の穴から水ゴケ等に適度な湿りっ気を与えるため、水分を補給でき、花瓶の水分が無くなるまで補給は不要である
【選択図】図1

Description

本考案は、多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使用して、植木鉢、花瓶、又は、容器の底部に多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を式、水を入れ、花瓶、容器の口の大きさに合わせてランの鉢を選び、花瓶の口にランの鉢を重ねるランの花鉢又は植木鉢の水遣りふようシステムに関する。
従来、草花や植木類を育て、観賞するには、適当な養分と水を定期的に供給し、特に水の供給量が重要であり、植木鉢及び花鉢の給水が主な問題になっている。朝、夕に一定の時間ごとに水を補給したり、給水できないとか、又反対に一度に多量に給水すると土や養分が流失したり、又、根が腐ったりして枯れたりする問題等もあり、特に植木鉢の底には水抜き穴を設けた構造にしている、植木鉢内であっても栽培用土壌内に根がしっかり張っている状態でないと土壌内から水、養分の吸収が悪く育成が安定せず、病虫害の発生の原因にもなる。近年いろいろの給水方法や自動給水などの特許が出願されている。
特許3660417号公報 特許3249371号公報
考案が解決しようと課題
本考案の目的は、花瓶、又は鉢形容器等において、洋蘭類の管理をするために給水が十分で、その他水の腐食による臭気、根腐れ等の諸問題を解決するため多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」の特性を生かし、その鉱石を利用し、花瓶、又は鉢形容器の底部に多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を敷き、水をいれる。花瓶の口の大きさに合わせてランの鉢を選び、花瓶の口にランの鉢を重ねる。
多機能鉱石「クィックライト(登録商標)」は珪酸、マグネシウム、カルシウム、アルミニウム、マグネシウム磁鉄鉱等を主成分として微量成分を含み土地改良剤として品質味覚の向上に役立ち、弱アルカリ性なので酸性土壌を中和し、微量成分の活性を高め、土壌の通気性を良くします。又、鉢植えの土の表面に「クイックライト(登録商標)」を敷き観葉植物・草花等に利用することで観葉植物の光合成機能をたかめると、ともに諸種の植物ホルモンを活性化し健康な植物が育ちます。
花瓶内に多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」と水をセットした花瓶内の水が温度差により蒸発し、気体となり鉢底の穴から水ゴケ等に適度な湿りっ気を与えるので根腐れの心配もなく、非常に洋蘭類の管理がしやすく、花瓶底部の水が無くなるまで水の補給は不要です。湿地生蘭もあり、蘭の種類によって、鉢底の穴を調整する。但し、ガラス器の透明な花瓶は時間がたつと水にアオコが発生するため、定期的に水の交換は必要です。
課題を解決するための手段
本考案は、上記目的を達成するため、各種材料の大小2個の花瓶又は容器1・5を設ける。大きい花瓶又は容器1の底部3に多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」4を敷きしめる、そして、花瓶又は容器の多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」の上面付近まで水を入れる。小さい花鉢又は鉢形容器5には洋蘭類等を植え、小さい花鉢又は鉢形容器の底部3の中心部に小さな穴6を設ける、多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」と水の入った花瓶又は容器1に洋蘭類を植えた小さい花鉢又は鉢型容器5を乗せ二重にしたランの花を植えた花鉢又は鉢型容器6を構成したものである。
多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」等を花瓶又は容器に利用したものはなく、その特性である遠赤外線や微量のマイナスイオンを放射し、お部屋の脱臭・抗菌・防カビ・環境効果、水の酸化還元作用で、水の腐敗が起こりにくいため、草花、生花の日持ちが良く、根腐れ等もなく、また、高い遠赤外線放射率を示し、これらの効果により植物を活性化し病虫害の発生を抑制する効果等本発明に使用する多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」の特性を利用したものである。
発明の効果
本発明は、上述のように二重構造の花瓶で、多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」の特性を十分に発揮するため、大きい花瓶又は容器の内部底面に多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を敷きつめ、水を入れることで、多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」特性である強い遠赤外線が病気の原因となる細菌やカビを防ぎ、脱臭、抗菌、病虫害の発生を抑制し、微量のマイナスイオンの放射により、ガスを中和し、虫をよせつけない効果、及び水の腐敗がおこりにくく、草花等の根腐れも少なく花瓶又は容器の底部の水が無くなるまで水の補給は不要である。この大きい花瓶又は容器の上に非常に管理が難しい洋蘭類を植えた底部に穴のある小さな花鉢又は鉢型容器を載せ、その花鉢又は鉢型容器の底部に直接水が付かないようにすることで、大きい花瓶又は容器内の水が温度差により蒸発し、気体となり小さな花鉢又は鉢形容器の底の穴から適度の湿りっ気が入り洋蘭類の管理が容易になる効果が期待できる。
洋蘭は水やりが非常に難しく、季節や種類によっても水の量や水やりの間隔が違い、水やり不要は、蘭の育成管理が非常に楽になった。特に洋蘭は贈答品に利用が多く、贈られてきた方も「水やり」の手間がなく、蘭管理が楽になれば、需要がもっと増える。従来のよう蘭は贈られても、折角の豪華な蘭の花瓶・鉢でも鉢の周りには包装紙がまかれ、そのまんま飾られていることが多い。その理由は蘭のラン花瓶、鉢の底には水抜きの穴があり、必ず水の受け皿が必要だが「水ヤリ不要システム」では、蘭園芸農家で出荷の際、鉢ではなく底に穴の開いていない花瓶を利用すると、受け皿は不要になる。
蘭園芸農家では、蘭は素焼き又はプラスチック鉢で栽培が一般的で化粧鉢は出荷の際にセットされている、又、化粧鉢をそのまま花瓶として利用する場合は底の穴にゴム栓7をすれば、花瓶としてもりようできる。
鉱石・クイックライト(登録商標)による水の変化について。
(イ)PH(酸性・アルカリ度) 当地の水道水のPHは7.2〜7.5であるのに対して、鉱石を入れた水は7.9〜8.2であり弱アルカリ性となる。
(ロ)酸化還元電位(ORP) 水道水のORPは580mVであるのに対して、鉱石を入れた水は230mVと低く大幅にORPが下がる。
(3)電気伝導度(単位はμS/cm) 水の不純物と外気からの汚染により発生するイオン性の物質が多くなると電機が通りやすくなり電気伝導度が高くなるので電気伝導度は水の汚れの目安になる。フレッシュ水道水の電気伝導度は210であるが1週間後には390になるのに対し、鉱石を入れた水は210のものが1週間後には205と若干低下傾向であり水が還元性であるために腐蝕が起こりにくいことがわかる。(水の交換不要)
商品名多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」は埼玉県小川町の八和田高山で採取する鉱石を加熱・精製処理をしたセラミック形の植物活力剤です。「小川町特産品」
多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」は遠赤外線放射率/波長域3〜20μで90%以上の放射率を持ち合わせている。(平成12年8月1日・長野県工業試験場の結果による)別表1
防カビ性 JIS−Z−2911・代表的なカビ菌5種類について防カビ性を確認28H・4週。(平成12年12月7日・東京都立産業技術研究所の試験結果による。別表2
抗菌力試験 大腸菌についての抗菌性を確認。(30℃・72時間)
(平成12年12月20日・日本食品分析センター試験結果による)別表3
脱臭効果試験 メチルメルカプタンの脱臭試験・グローブバック法 脱臭率95%以上。(13年1月11日・日本食品分析センター試験結果による。別表4
以下、本発明の実施の形態を説明する。
(イ)各種材料の大小2つの花瓶又は容器を2重に重ねた鉢を設ける。
(ロ)大きい花瓶又は容器を下にし、内部底部に多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を敷き、多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」の高さまで水を入れる。
(ハ)底部に穴のあいた小さい花鉢又は鉢形容器に洋蘭類を植える。
(ニ)底部に穴のあいた小さい花鉢又は鉢形容器を大きい花瓶又は容器の開口部から入れる。
(ホ)大きい花瓶又は容器と小さい花鉢又は鉢形容器を重ね、二重にする。
(ヘ)小さい花鉢又は鉢形容器の底部が大きい花瓶又は容器の中の水に直接触れないように設ける。
(ト)大きな花瓶又は容器内の水が温度差により蒸発し、気体となって小さな花鉢又は鉢形容器の底部の穴から水分を吸収する。
(チ)大きな花瓶又は容器の底部の水がなくなるまで水の補給は不要である。
本発明は、以上の構成よりなっている。
本考案の大きい花瓶又は容器の一部断面図に口の大きさに合わせてランの鉢を重ねた正面図。 本考案の大きい花瓶、容器の断面図 本考案の大きい花瓶、容器の平面図 本考案の小さなランの鉢の正面図 本考案の小さなランの鉢の平面図 本考案の小さなランの鉢の断面図
符号の説明
1 大きい花瓶又は容器
2 水
3 底部
4 多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」
5 小さい花鉢又は鉢形容器
6 花鉢又は鉢形容器の穴
7 ランの花を植えた花鉢又は鉢形容器
8 ゴム栓

Claims (4)

  1. 大きい花瓶又は容器(1)の内部に水(2)を入れ、大きい花瓶又は容器(1)の底部(3)に、多機能鉱石「クイックライト」(4)を適度な高さに敷く、小さい花鉢又は鉢形容器(5)を大きい花瓶又は容器(1)に重ねたとき、その底が敷きしめた多機能鉱石「クイックライトに」(4)に接触以下で、小さい花鉢又は鉢形容器(5)の底部中心に花鉢又は鉢形容器の穴(6)が設けられたことを特徴とする多機能鉱石「クイックライト」を使って洋蘭類の管理に水やり不要システム。
  2. 花瓶又は容器の内部底部に多機能鉱石「クイックライト」を敷き、その中に水を入れ多機能鉱石「クイックライト」の特性を最大限に利用した事を特徴とする請求項1記載の多機能鉱石「クイックライト」を使って洋蘭類の管理に水やり不要システム。
  3. 底部に穴のない大きい花瓶又は容器の上に、底部に穴のある一回り小さい花鉢又は鉢形容器をのせ、二重にした事を特徴とする請求項1〜2記載の多機能鉱石「クイックライト」を使って洋蘭類の管理に水やり不要システム。
  4. 花瓶又は容器の内部に多機能鉱石「クイックライト」を敷き、水を入れて、多機能鉱石「クイックライト」の特性である、遠赤外線、微量のマイナスイオン、草花、観葉植物の光合成機能を高め、ガスを中和し、虫を寄せ付けず、水の腐食が起こりにくくなり、病気の原因となる細菌やカビを防ぎ、部屋の脱臭、抗菌効果があり、数ヶ月、水の補給のみで、草花が長持ちする請求項1〜3記載の多機能鉱石「クイックライト」を使って洋蘭類の管理に水やり不要システム。
JP2007008850U 2007-10-19 2007-10-19 多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使って洋蘭類の管理に水やり不用システム。 Expired - Fee Related JP3141057U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007008850U JP3141057U (ja) 2007-10-19 2007-10-19 多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使って洋蘭類の管理に水やり不用システム。

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007008850U JP3141057U (ja) 2007-10-19 2007-10-19 多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使って洋蘭類の管理に水やり不用システム。

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3141057U true JP3141057U (ja) 2008-04-24

Family

ID=43291137

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007008850U Expired - Fee Related JP3141057U (ja) 2007-10-19 2007-10-19 多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使って洋蘭類の管理に水やり不用システム。

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3141057U (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014121306A (ja) * 2012-12-19 2014-07-03 Kiyonori Toda 素焼き鉢の吸水機能を利用して栽培・管理に自然吸水。
CN104094786A (zh) * 2013-04-02 2014-10-15 林兆钧 自动保湿兰花盆
CN105145173A (zh) * 2015-10-23 2015-12-16 大顺国际花卉股份有限公司 一种自吸式花卉培育盆
JP2016002038A (ja) * 2014-06-17 2016-01-12 西村工業株式会社 二重植木鉢

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014121306A (ja) * 2012-12-19 2014-07-03 Kiyonori Toda 素焼き鉢の吸水機能を利用して栽培・管理に自然吸水。
CN104094786A (zh) * 2013-04-02 2014-10-15 林兆钧 自动保湿兰花盆
JP2016002038A (ja) * 2014-06-17 2016-01-12 西村工業株式会社 二重植木鉢
CN105145173A (zh) * 2015-10-23 2015-12-16 大顺国际花卉股份有限公司 一种自吸式花卉培育盆

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3210300U (ja) 植栽容器構造
JP3141057U (ja) 多機能鉱石「クイックライト(登録商標)」を使って洋蘭類の管理に水やり不用システム。
KR101037162B1 (ko) 화분장치
CN102150579A (zh) 一种双层花盆
JP2007325582A (ja) ランを栽培するための花瓶
JP2014093998A (ja) 観葉植物を屋内で栽培・管理に水栽培。
JP2014121306A (ja) 素焼き鉢の吸水機能を利用して栽培・管理に自然吸水。
JP2008000119A (ja) 植物活力と環境効果を持続する植木鉢と花瓶、鑑賞用水槽、容器
CN201774856U (zh) 适用于藤本植物的保湿式花盆
CN204907292U (zh) 自动浇水花盆
JP2018027038A (ja) 水耕栽培用容器及び水耕栽培キット
JP4249797B1 (ja) コチョウラン又はフウランの栽培方法およびコチョウランとフウラン
CN203801383U (zh) 带发酵箱的花果盆
CN203523410U (zh) 具备自吸水功能的植物种植盆
KR20040075677A (ko) 풍란재배 화병 및 그 제조방법
KR101380567B1 (ko) 화분용 급수기
CN102100158A (zh) 长期不浇水组合式观赏花盆
JP2010035546A (ja) ラン用培地及びこれを用いたラン鑑賞システム
WO2018103530A1 (zh) 生态系统鱼缸花盆
KR200313531Y1 (ko) 풍란재배 화병
KR200402372Y1 (ko) 캔 화분
CN203951919U (zh) 一种生态花盆
CN206993817U (zh) 新型花盆
JP2010213677A (ja) 肥料をコンパクトにパックしたコンパック
JP2007209318A (ja) 長期給水不要の植物栽培装置

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080104

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110402

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees