JP3138970B2 - 移動式クラッシャ - Google Patents

移動式クラッシャ

Info

Publication number
JP3138970B2
JP3138970B2 JP03349278A JP34927891A JP3138970B2 JP 3138970 B2 JP3138970 B2 JP 3138970B2 JP 03349278 A JP03349278 A JP 03349278A JP 34927891 A JP34927891 A JP 34927891A JP 3138970 B2 JP3138970 B2 JP 3138970B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
crusher
rock
grizzly
hopper
mobile
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP03349278A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH05123602A (ja
Inventor
治昭 古谷
孝則 桜井
和樹 蔵成
Original Assignee
ノードバーグ日本株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ノードバーグ日本株式会社 filed Critical ノードバーグ日本株式会社
Priority to JP03349278A priority Critical patent/JP3138970B2/ja
Publication of JPH05123602A publication Critical patent/JPH05123602A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3138970B2 publication Critical patent/JP3138970B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は岩石等を採取し破砕する
ために使用する自走式の移動式クラッシャに関するもの
である。
【0002】
【従来の技術】従来,砕石やコンクリート用骨材ならび
にアスファルト用骨材の製造用として,岩石の採掘現場
や切羽の直近に移動し,採掘された岩石をその場で破砕
し,得られた砕石をそのまま移送する移動式クラッシャ
が使用されていた。図7は移動式クラッシャ1のひとつ
の実施例を示し,キャタピラ2aによる無限軌道によっ
て走行するクローラ2のフレーム3上にホッパ10より
受け入れた岩石を破砕するクラッシャ30を積載し,デ
ィーゼルエンジン4の出力を回転軸4aおよびチエンホ
イル5を介して油圧ポンプ6ならびに油圧モータ7を駆
動する。クラッシャ30は,図8に示すように,固定破
砕板35と前後にスイングする可動破砕板36との間に
岩石を投入挾圧して破砕するジョークラッシャを使用
し,油圧モータ7よりVベルト,Vプーリおよび偏心回
転軸33を介して可動破砕板36をスイングする。破砕
された破砕産物は排出路30Aよりベルトコンベヤ40
によって機外へ排出され,後続のベルトコンベヤほかの
輸送機によって移送される。8はオペレータ室である。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上に述べた従来の移動
式クラッシャにおいては,岩石をホッパ10へショベル
ローダで投入した場合,岩石は採掘現場や切羽で採取し
たままであり,約700mm程度の大塊であるから大き
な衝撃荷重がホッパ10の直下に配置されたクラッシャ
30の破砕部に加わり,機器を損傷したり寿命が短くな
る等の不具合を生じる。また,供給岩石の中には採掘現
場の発破の際に混入する土砂分や既に20〜30mm程
度に破砕された細粒が大塊岩石とともにクラッシャ30
に供給されるので,クラッシャ破砕産物に土砂分が混入
したり,細粒を大塊とともに供給することによって不必
要な破砕作業が行なわれる等の不具合があった。そのう
え,稼動中のクラッシャが発生する振動が大きくクロー
ラのフレームを介して他の各機器にこの振動が伝わり運
転に支障があった。
【0004】
【問題を解決するための手段】このような課題を解決す
るために、本発明の移動式クラッシャにおいては、第1
の発明においては、走行自在なクローラの上に、供給さ
れた岩石を受け入れるホッパと供給岩石を大塊と細粒に
選別しつつ移送する選別移送装置と該岩石を破砕するク
ラッシャと破砕産物の輸送機とを搭載し、かつ、前記細
粒の砂泥分を除去する振動篩ならびに該砂泥分の補助輸
送機とを備えた移動式クラッシャであって、該クラッシ
ャは該クローラ上面に緩衝部材を介して取り付けた構造
とした。また、第2の発明では上記の選別移送装置とし
てグリズリ付振動フィーダを採用した。さらにまた、第
3の発明では上記の緩衝部材は弾性ゴム、圧縮ばね、油
圧ダンパのうちいずれかとした。
【0005】
【作用】本発明の移動式クラッシャにおいては、ホッパ
に投入された岩石は堅牢なグリズリ付振動フィーダ(別
名グリズリフィーダともいう)に落下し、ここで細粒
や土砂分はあらかじめ除去されたうえ岩石のみグリズリ
付振動フィーダの移送作用により、その下流にあるクラ
ッシャに定量供給されるから、必要以上に大きな衝撃荷
重や積算荷重がクラッシャに加わることなく機器の保護
上有利である。また、予めグリズリを通過した細粒と土
砂分は振動篩へ供給されて細粒と土砂分に分けられ、土
砂分は補助輸送機へ別途排出されるとともに篩上の細粒
はクラッシャ下の輸送機に合流される。さらにクラッシ
ャの間に介在させたので同一のフレーム上の他の機器に
伝わる振動が緩和される。
【0006】
【実施例】以下本発明の実施例について図面に基づいて
詳細に説明する。図1〜図6は本発明に係る実施例を示
し,図1は移動式クラッシャの全体側面図,図2はホッ
パおよびグリズリ付振動フィーダの平面図,図3はホッ
パ部の要部側面図,図4はクラッシャの縦断面図,図5
は移動式クラッシャの正面図,図6はクラッシャの概略
斜視図である。図において,1は移動式クラッシャ,2
はクローラ,2aはキャタピラ,3はフレーム,10は
ホッパ,20はグリズリ付振動フィーダ(別名グリズリ
フィーダ),30はクラッシャ(本実施例ではジョーク
ラッシャ),40は輸送機(メインコンベヤ),50は
振動篩(別名サンドセパレータ),60は補助輸送機
(別名サイドコンベヤ),70はディーゼルエンジン,
80は燃料タンク,82は油タンクである。このほか油
圧モータを含む油圧ユニット(図示せず)がディーゼル
エンジン70と連動してフレーム3上に設置される。
【0007】移動式クラッシャ1はエンドレスのキャタ
ピラ2aによって走行するクローラ2のフレーム3の上
に,柱脚10a,10bを介してホッパ10およびその
下側に配設されるグリズリ付振動フィーダ20が積載さ
れ,グリズリ付振動フィーダ20は,図2および図3に
示すように,長手方向に適当間隔離間した並列のグリズ
リバー20aが多段に配列され,全体が下流に向けて水
平または下流側に向かってやや上側に傾斜しており,駆
動モータ20bにより下流側に積載物を移送する高速微
小振動を与えられるよう構成される。グリズリ付振動フ
ィーダ20の下側にはシュート21がありグリズリバー
20a間を通過した細粒および土砂分を受け入れて細粒
と土砂分を選別する,たとえば,10mmの網目をもつ
振動篩50が配設され,振動篩50の下方には篩下を集
めて移動式クラッシャ1の側面に突出する補助輸送機6
0へ落下するためのシュートが設けられる。一方,振動
篩50の篩上の細粒は,後述する輸送機40へ落下する
ようシュートが設けられる。グリズリ付振動フィーダ2
0の下流の直近にはクラッシャ30が配設され,クラッ
シャ30の破砕産物は下側から移動式クラッシャ1の長
手方向下流側に向かって傾斜して立上る輸送機(メイン
コンベヤ)40へ落下するようシュートが設けられる。
そのほか,ディーゼルエンジン70とディーゼルエンジ
ン70の燃料油である軽油を貯蔵する燃料タンク80お
よび油圧機器の作動油を貯蔵する油タンク82が下流側
フレーム3上に固設される。クラッシャ30の上部両側
には点検用の踊場92が設置され,階段90を介して作
業員が昇降できるようになっている。
【0008】図4はクラッシャ(ジョークラッシャ)3
0を示し,図6に示すように,弾性ゴム,圧縮コイルば
ね,油圧ダンパなどの緩衝部材100を介してケーシン
グ31がフレーム3上に積載され,ケーシング31に固
定した固定ジョー32と偏心回転軸33に上部が取り付
けられたスイングジョー34とを備えており,固定ジョ
ー32に取り付けられた固定破砕板35とスイングジョ
ー34に取り付けられた可動破砕板36とで岩石を破砕
する。33aはフライホイール(はずみ車)である。ス
イングジョー34の下部にはトグルプレート37がフレ
ーム31へ取り付けた支持杆38に連結される。39
は,トグルプレート37を支持杆38と離脱させないた
めスイングジョー34の下端を図4の右側方向へ引張る
圧縮コイルばねである。なお,ホッパ10とグリズリ付
振動フィーダ20とを一体化して,グリズリ付振動フィ
ーダ20の最頂部に傾斜した側壁を設けても良い。
【0009】以上のように構成された本発明の移動式ク
ラッシャの作動について説明する。移動式クラッシャ1
の前方先端(図1では右側)を採掘現場に向け,ディー
ゼルエンジン70を始動して各機器の始動を確認した
後,ホッパ10へ採取した岩石をショベルローダ等の運
搬機械により供給する。ホッパ10へ供給された岩石は
グリズリ付振動フィーダ20でクラッシャ30へ移動さ
れながら,グリズリバー20a間を細粒および土砂分が
通過し,振動篩50によって細粒と土砂分に選別され,
細粒はメインコンベヤ40へ,土砂分はサイドコンベヤ
60へ各々移送される。グリズリ付振動フィーダ20に
よりクラッシャ30へ入った岩石は,破砕されて規定の
サイズにセットされた細粒となってメインコンベヤ40
により,それ以降の輸送手段,たとえば長尺のベルトコ
ンベヤ等で輪送される。クラッシャ30の運転中におけ
るクラッシャ30の発生する振動は,ケーシング31と
フレーム3との間の緩衝部材100に吸収されてフレー
ム3には大きな振動は伝わらない。
【0010】以上のようにして,本発明の移動式クラッ
シャでは,採掘現場や切羽で採取された岩石をクラッシ
ャで破砕するに際して,前もってグリズリ付振動フィー
ダで細粒や土砂分を除去するので,不純物の大塊のみの
破砕が実施されるから高品質の骨材を生産できる。ま
た,破砕の必要のない細粒はクラッシャに送られる前に
グリズリバーの下を通過して予め除外されており,不純
物の土砂分を除去されたうえクラッシャの破砕産物と後
に合流するので,生産効率が良く,不必要な微粒子の生
成が防止できる。
【0011】
【発明の効果】以上説明したように,本発明の移動式ク
ラッシャは以上のように構成されているので,下記に記
した優れた効果を発揮する。 クラッシャ,コンベヤ,グリズリ付振動フィーダ,
振動篩およびこれらの動力源となるディーゼルエンジン
や油圧ユニツトをクローラ上に搭載し,各機器を軽量コ
ンパクトに配設し,自走できるようになっており,如何
なる採掘現場にも移動可能である。 不純物を取除いた骨材を生産できるとともに,生産
効率が高い。 各機器はディーゼルエンジンによる油圧モータ駆動
であるため,電源が一切不要で定期的に燃料油を補給す
るだけで毎日走行や破砕ができる。 原料岩石のローディング方法は,パワーショベル,
ユンボ,ダンプトラック等任意に自由に選択でき,特別
のローディング機器が不要である。また,破砕産物の搬
送もベルトコンベヤやダンプトラック等任意である。 クラッシャの振動対策としてフレームとクラッシャ
のケーシングとの間に緩衝部材を設けたので静粛な運転
が実施できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施例に係る移動式クラッシャの全体
側面図である。
【図2】本発明の実施例に係るホッパおよびグリズリ付
振動フィーダの平面図である。
【図3】本発明の実施例に係るホッパ部の要部側面図で
ある。
【図4】本発明の実施例に係るクラッシャの縦断面図で
ある。
【図5】本発明の実施例に係る移動式クラッシャの正面
図である。
【図6】本発明の実施例に係るクラッシャ(ジョークラ
ッシャ)の概略斜視図である。
【図7】従来の移動式クラッシャの全体側面図である。
【図8】従来の移動式クラッシャに搭載されるクラッシ
ャ(ジョークラッシャ)の側面図である。
【符号の説明】
1 移動式クラッシャ 2 クローラ 2a キャタピラ 3 フレーム 10 ホッパ 20 グリズリ付振動フィーダ(グリズリフィーダ) 20a グリズリバー 20b 駆動モータ 21 シュート 30 クラッシャ 31 ケーシング 32 固定ジョー 33 偏心回転軸 33a フライホイール 34 スイングジョー 35 固定破砕板 36 可動破砕板 37 トグルプレート 38 支持杆 39 圧縮コイルばね 40 輸送機(メインコンベヤ) 50 振動篩(サンドセパレータ) 60 補助輸送機(サイドコンベヤ) 70 ディーゼルエンジン 80 燃料タンク 82 油タンク 90 階段 92 踊場 100 緩衝部材
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭60−139347(JP,A) 特開 昭57−130576(JP,A) 実開 昭54−87483(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B02C 1/00 - 1/14 B02C 19/00 - 25/00 B07B 1/00 - 15/00

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 走行自動なクローラの上に、供給された
    岩石を受入れるホッパと、岩石を大塊と細粒に選別する
    選別移送装置と、該岩石を破砕するクラッシャと、破砕
    産物の輸送機とを搭載し、かつ、前記細粒から砂泥分を
    除去する振動篩ならびに該砂泥分の補助輸送機を備えた
    移動式クラッシャであって、該クラッシャは該クローラ
    上面に緩衝部材を介して取り付けたことを特徴とする
    動式クラッシャ。
  2. 【請求項2】 上記の選別移送装置がグリズリ付振動フ
    ィーダである請求項1の移動式クラッシャ。
  3. 【請求項3】 上記の緩衝部材を弾性ゴム、圧縮ばね、
    油圧ダンパのうちいずれかとする請求項1または2の移
    動式クラッシャ。
JP03349278A 1991-11-01 1991-11-01 移動式クラッシャ Expired - Fee Related JP3138970B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP03349278A JP3138970B2 (ja) 1991-11-01 1991-11-01 移動式クラッシャ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP03349278A JP3138970B2 (ja) 1991-11-01 1991-11-01 移動式クラッシャ

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05123602A JPH05123602A (ja) 1993-05-21
JP3138970B2 true JP3138970B2 (ja) 2001-02-26

Family

ID=18402685

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP03349278A Expired - Fee Related JP3138970B2 (ja) 1991-11-01 1991-11-01 移動式クラッシャ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3138970B2 (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104646090A (zh) * 2015-02-16 2015-05-27 浙江浙矿重工股份有限公司 颚式破碎机
CN111790469B (zh) * 2017-12-05 2022-02-15 蒋燕鑫 一种用于建筑建设工程的破碎设备
CN108906180B (zh) * 2018-06-26 2020-10-30 浙江农林大学 一种建筑垃圾破碎分离打捆机
CN109794315A (zh) * 2019-03-06 2019-05-24 广州市丹爵通讯科技有限公司 一种防堵塞的具有减振功能的颚式破碎机

Also Published As

Publication number Publication date
JPH05123602A (ja) 1993-05-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US10730055B2 (en) Method of use of aggregate processing equipment
JP2012206015A (ja) 破砕機
JP3138970B2 (ja) 移動式クラッシャ
JPH05115809A (ja) 移動式クラツシヤ
JP4236474B2 (ja) 自走式破砕機及びこれに用いる選別搬送装置
JP5317876B2 (ja) 自走式破砕機
JP2725226B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP3448070B2 (ja) 破砕設備
JP3448069B2 (ja) 破砕設備
JP3137134B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP3151440B2 (ja) 自走式破砕機
JP3213716B2 (ja) 自走式破砕機
JP3359650B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP2725225B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP3137132B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP3137135B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP2725223B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP3137133B2 (ja) 破砕設備
JP3151029B2 (ja) 移動式クラッシャ
JP2002370043A (ja) 移動式クラツシヤ
JP2707013B2 (ja) 破砕設備
JP2725224B2 (ja) 移動式クラッシャ
JPH05184967A (ja) 移動式クラッシャ
JPH05154401A (ja) 移動式クラッシャ
JPH05138058A (ja) 破砕設備

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20000912

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071215

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101215

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees