JP3136061B2 - Document copy protection method - Google Patents

Document copy protection method

Info

Publication number
JP3136061B2
JP3136061B2 JP06308029A JP30802994A JP3136061B2 JP 3136061 B2 JP3136061 B2 JP 3136061B2 JP 06308029 A JP06308029 A JP 06308029A JP 30802994 A JP30802994 A JP 30802994A JP 3136061 B2 JP3136061 B2 JP 3136061B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
document
step
copy
identification code
line
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP06308029A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH07222000A (en
Inventor
テー.ブラジル ジョン
エッチ.ロウ スチーヴン
エフ.マクゼムチュック ニコラス
ピー.オーゴーマン ローレンス
Original Assignee
エイ・ティ・アンド・ティ・コーポレーション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US08/170,619 priority Critical patent/US6086706A/en
Priority to US170619 priority
Application filed by エイ・ティ・アンド・ティ・コーポレーション filed Critical エイ・ティ・アンド・ティ・コーポレーション
Publication of JPH07222000A publication Critical patent/JPH07222000A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3136061B2 publication Critical patent/JP3136061B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F7/00Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus
    • G07F7/08Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus by coded identity card or credit card or other personal identification means
    • GPHYSICS
    • G03PHOTOGRAPHY; CINEMATOGRAPHY; ANALOGOUS TECHNIQUES USING WAVES OTHER THAN OPTICAL WAVES; ELECTROGRAPHY; HOLOGRAPHY
    • G03GELECTROGRAPHY; ELECTROPHOTOGRAPHY; MAGNETOGRAPHY
    • G03G21/00Arrangements not provided for by groups G03G13/00 - G03G19/00, e.g. cleaning, elimination of residual charge
    • G03G21/04Preventing copies being made of an original
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07DHANDLING OF COINS OR VALUABLE PAPERS, e.g. TESTING, SORTING BY DENOMINATIONS, COUNTING, DISPENSING, CHANGING OR DEPOSITING
    • G07D7/00Testing specially adapted to determine the identity or genuineness of valuable papers or for segregating those which are unacceptable, e.g. banknotes that are alien to a currency
    • G07D7/004Testing specially adapted to determine the identity or genuineness of valuable papers or for segregating those which are unacceptable, e.g. banknotes that are alien to a currency using digital security elements, e.g. information coded on a magnetic thread or strip
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07DHANDLING OF COINS OR VALUABLE PAPERS, e.g. TESTING, SORTING BY DENOMINATIONS, COUNTING, DISPENSING, CHANGING OR DEPOSITING
    • G07D7/00Testing specially adapted to determine the identity or genuineness of valuable papers or for segregating those which are unacceptable, e.g. banknotes that are alien to a currency
    • G07D7/004Testing specially adapted to determine the identity or genuineness of valuable papers or for segregating those which are unacceptable, e.g. banknotes that are alien to a currency using digital security elements, e.g. information coded on a magnetic thread or strip
    • G07D7/0047Testing specially adapted to determine the identity or genuineness of valuable papers or for segregating those which are unacceptable, e.g. banknotes that are alien to a currency using digital security elements, e.g. information coded on a magnetic thread or strip using checkcodes, e.g. coded numbers derived from serial number and denomination
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07DHANDLING OF COINS OR VALUABLE PAPERS, e.g. TESTING, SORTING BY DENOMINATIONS, COUNTING, DISPENSING, CHANGING OR DEPOSITING
    • G07D7/00Testing specially adapted to determine the identity or genuineness of valuable papers or for segregating those which are unacceptable, e.g. banknotes that are alien to a currency
    • G07D7/20Testing patterns thereon
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N1/32101Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N1/32144Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title embedded in the image data, i.e. enclosed or integrated in the image, e.g. watermark, super-imposed logo or stamp
    • H04N1/32149Methods relating to embedding, encoding, decoding, detection or retrieval operations
    • H04N1/32203Spatial or amplitude domain methods
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N1/32101Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N1/32144Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title embedded in the image data, i.e. enclosed or integrated in the image, e.g. watermark, super-imposed logo or stamp
    • H04N1/32149Methods relating to embedding, encoding, decoding, detection or retrieval operations
    • H04N1/32203Spatial or amplitude domain methods
    • H04N1/32208Spatial or amplitude domain methods involving changing the magnitude of selected pixels, e.g. overlay of information or super-imposition
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N1/32101Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N1/32144Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title embedded in the image data, i.e. enclosed or integrated in the image, e.g. watermark, super-imposed logo or stamp
    • H04N1/32149Methods relating to embedding, encoding, decoding, detection or retrieval operations
    • H04N1/32203Spatial or amplitude domain methods
    • H04N1/32219Spatial or amplitude domain methods involving changing the position of selected pixels, e.g. word shifting, or involving modulating the size of image components, e.g. of characters
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N1/00Scanning, transmission or reproduction of documents or the like, e.g. facsimile transmission; Details thereof
    • H04N1/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N1/32101Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N1/32144Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title embedded in the image data, i.e. enclosed or integrated in the image, e.g. watermark, super-imposed logo or stamp
    • H04N1/32149Methods relating to embedding, encoding, decoding, detection or retrieval operations
    • H04N1/32203Spatial or amplitude domain methods
    • H04N1/32261Spatial or amplitude domain methods in binary data
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N2201/3201Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N2201/3225Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to an image, a page or a document
    • H04N2201/3233Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to an image, a page or a document of authentication information, e.g. digital signature, watermark
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N2201/3201Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N2201/3225Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to an image, a page or a document
    • H04N2201/3233Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of data relating to an image, a page or a document of authentication information, e.g. digital signature, watermark
    • H04N2201/324Selecting a particular authentication information from amongst a plurality of different authentication information
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
    • H04N2201/00Indexing scheme relating to scanning, transmission or reproduction of documents or the like, and to details thereof
    • H04N2201/32Circuits or arrangements for control or supervision between transmitter and receiver or between image input and image output device
    • H04N2201/3201Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title
    • H04N2201/3269Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of machine readable codes or marks, e.g. bar codes or glyphs
    • H04N2201/327Display, printing, storage or transmission of additional information, e.g. ID code, date and time or title of machine readable codes or marks, e.g. bar codes or glyphs which are undetectable to the naked eye, e.g. embedded codes
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10STECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10S283/00Printed matter
    • Y10S283/901Concealed data

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、各加入者特有の独特な識別コードを作成することにより、電子発行されたドキュメントの違法コピーを防止する方法に関するものである。 The present invention relates, by creating each subscriber-specific unique identification code, to a method for preventing illegal copying of electronic published document. 発行されたドキュメントの各コピーは、たとえばプリント材料またはディスプレイ材料などの電子的に生成された材料の独特の配置を有し、これは、訓練されていない人間の目には即座に見分けることのできないものである。 Each copy of the published document, for example, a unique arrangement of electronically created material, such as print material or display material, which can not be distinguished in real in the eyes of human untrained it is intended. それらの独特な識別コードによって、違法コピーを防ぎ、また発行者および著作権者が違法コピーを分析できるようにし、その元の加入者を判断することができる。 By their unique identification code, to prevent piracy, also publisher and as copyright holder can analyze piracy, it is possible to determine the subscriber of the original.

【0002】 [0002]

【従来の技術】コピー機による複写の質が、オリジナルと匹敵しうるようになり、コピーの費用は、1ページにつき2、3ペニーに削減され、また1ページをコピーするのに要する時間も1秒もしくはそれ以下に削減された時、コピー機は、発行者を脅かす存在となった。 The quality of the copy according to the Prior Art copier, now can be comparable with the original, the cost of copies, 1 is reduced per page in 2,3 penny, also the time required to copy a page when that has been reduced in seconds or in less, copy machine, it was the presence of a threat to the issuer. この種の問題は、電子領域においてより大きいものとなっている。 This type of problem has become greater in the electronic area. 複写の質がオリジナルと一致し、コピーを作成するのにほとんど費用がかからず、たったひとつのキーストロークで、何百ページというコピーが、数秒でできてしまう。 The quality of the copy does not match the original, does not take little cost to create a copy, with just one key stroke, copy hundreds of pages, she can in a few seconds. 加えて、送信者は、ほとんど何の努力もせずに、 In addition, the sender, without almost any effort,
電子ドキュメントを電子メールやネットワークの新たなサービスによって、多人数のグループに配布することができる。 By the new services of electronic documents e-mail and network, it can be distributed to a group of multiplayer.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】ところで、簡単に且つ費用がかからずコピーでき、電子ドキュメントを配布できることは、電子発行が従来の発行に実際にとってかわるようになる前に解決されなければならない主要な技術的課題と考えられている。 The object of the invention is to be Solved by the way, simple and can be copied inexpensive, to be able to distribute electronic documents, the main of electronic issue must be resolved before they replace the actual issuance of conventional It is believed that technical problems. しかしながら、個人が、個人の占有にあるデータファイルを複写されないようにすることは、不可能ではないとしても、非常に困難なことである。 However, individuals, preventing them from being copied data file in the occupancy of the individual, if not impossible, is very difficult. そこで、本発明は、一般のデータファイルの複写を防止する試みに代わって、ドキュメントのテキスト部分のビットマップにおいてオリジナルの所有者を確認できるようにすることで電子発行をより充実したものとすることを目的としている。 The present invention has a copy of the general data files on behalf of the attempt to prevent, it is provided with more fulfilling electronic issuance by be able to see the original owner in the bitmap of the text portion of a document It is an object. 現在の著作権法に関して、本発明は、他で起きるであろう数多くのコピーおよび配布を防止するに十分なものでなければならない。 For the current copyright laws, the present invention must be sufficient to prevent the number of copies and distribution that would occur in the other. 本発明の方法による興味深い結果は、また、発行者もしくは著作権者が、複写されたコピーが見つかったときにそのオリジナルが誰に属するのかを判断することができることである。 Interesting results according to the method of the present invention, also, publisher or copyright holder, is that it can be the original to determine who belongs to when it encounters replicated copies. 本発明の技術的課題および一般的な目的は、ドキュメントの違法コピーおよび配布を防止する方法を提供することにある。 Technical problems and a general object of the present invention is to provide a method of preventing illegal copying and distribution of documents.

【0004】 [0004]

【課題を解決するための手段】本発明は、電子的に発行されたドキュメントの違法コピーを防止する方法に関するものである。 Means for Solving the Problems The present invention relates to a method for preventing illegal copying of electronically published documents. 本発明の方法は、複数の加入者に配布するための電子的に生成された材料を有するドキュメントの複数のコピーを電子的に発行するためにコンピュータシステムを利用する工程と、コンピュータ内でプログラムを実行して識別コード機能を行う工程とを含む。 The method of the present invention includes the steps of using a computer system to issue a plurality of copies of a document having electronically created material for distribution to a plurality of subscribers electronically, the program in the computer run and a step of performing identification code function. これらの工程は、それぞれ独特な識別コードで複数のコピーをコード化するためのものであり、その識別コードは、 These steps are intended for encoding multiple copies a unique identification code, respectively, the identification code,
そのようなコピーの電子的に生成された材料の独特の配置に基づくものであり、特別な加入者に対してそのような識別コードを相互に関連づけるコードブックを作成する。 Such is based on copy electronically generated unique arrangement of the material in, creating a codebook to associate such identification code to each other with respect to a particular subscriber. いくつかの実施例においては、解読方法はコード化の能力に含まれている。 In some embodiments, the decryption process is included in the capability of the coding. 電子的に生成された材料の独特の配置は、ラインシフトコード化、ワードシフトコード化、もしくは特徴強調コード化(または、これらの組み合わせ)に基づくものであり、ビットマップ変更もしくはドキュメントフォーマットファイル変更によりもたらされている。 Unique arrangement of electronically created material, the line shift coding, word-shift coding, or feature enhancement coding (or combinations thereof) is based on, the bit map change or document format file changes It has been brought about.

【0005】 [0005]

【実施例】以下に本発明の実施例を説明する。 The embodiment of the present invention PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter will be described. 本発明の方法においては、ドキュメント特徴づけは、配布されるドキュメントの各コピー内に独特な識別コードを埋め込み、特別な加入者(受信者)へ識別コードを相互に関係づけるコードブックが保持される。 In the method of the present invention, document characterization, embedding a unique identification code within each copy of the document to be distributed, mutually codebook relating to is held the identification code to a special subscriber (recipient) . したがって、復元されたドキュメント(時として、記述ドキュメントのコピー)を検査することで、オリジナルのドキュメント受信者の身元が判る。 Thus, the restored document (sometimes copy of description document) by examining the reveals identity of the original document recipient. ドキュメント特徴づけは、テキストのフォーマットすなわち、行(以下、「ライン」とする)、語(以下、「ワード」とする)、または文字のまとまりの変更、あるいはテキスト構成要素のある文字の変更(たとえば、個々の文字の変更)のどちらかにより行われる。 Document characterization, the format of the text words, lines (hereinafter referred to as "line"), the word (hereinafter referred to as "word"), or change the character of unity, or change the character of the text components (e.g. , it is carried out by either of the change of the individual characters). 本発明の方法におけるドキュメントを特徴づけるのに用いるこれらの変更により、発行者は、(1) These changes used to characterize the document in the process of the present invention, the issuer (1)
保安(トレース能力)目的のため、識別されるコードワードをはめ込み、(2) できる限り見た目に変化のない特徴を変更することができる。 For security (tracing capability) purposes, fit the codeword identified, it is possible to change the characteristic with no change in appearance as much as possible (2).

【0006】あるタイプの特徴づけは、プリントやスキャン、普通紙コピーなどによりドキュメントに生じるノイズの存在において発見される。 [0006] certain types characterization of, print, scan, are found in the presence of noise generated, such as by the document plain paper copy. 本発明で用いられる「コード化された」ドキュメントは、次のものを含むいくつかの可能な方法において保安性を提供することができる。 "Coded" documents used in the present invention may provide the security of the several possible ways, including the following. (1) ドキュメントは、各位置、加入者、受信者、または使用者(以下、「加入者」とする)のために特別にコード化される。 (1) document, each position, subscriber, recipient, or user (hereinafter referred to as "subscriber") is specially encoded for. これにより、意図する加入者以外へのコード化されたドキュメントのいかなる配布も意図する加入者へトレースすることができる。 This makes it possible to trace the subscriber contemplates any distribution of the encoded document to non subscribers intended. (2) ドキュメントコードは、ユーザーインターフェイス(たとえば、特別な加入者のコンピュータワークステーション)の特別なインストールへ正当に適合するようにドキュメントを特徴づける。 (2) document code, user interface (for example, special computer work station of the subscriber) duly characterize the document to conform to a special installation. このインターフェイスへ適合しないドキュメントをディスプレイしようとすると、そのインターフェイスは、ドキュメントのディスプレイを拒絶するなどの方法で形成される。 If you try to display a document that does not conform to this interface, the interface is formed by a method such as to reject the document of the display.

【0007】1.0 アプリケーションの概略 本発明によるドキュメント作成、配布およびユーザー相互作用の概略は、図1に図示されている。 [0007] 1.0 documentation according schematic invention of the application, outline of the distribution and user interaction is illustrated in Figure 1. これは、ドキュメントが発行者3からユーザーに流れることのできる3つの経路が示されている。 This document has three paths can flow from the publisher 3 to a user is illustrated. 第1の経路は、通常のペーパーコピー配布チャネル11(すなわちユーザーが発行者から紙の刊行物を受けること)である。 The first path is the normal paper copy distribution channel 11 (i.e. the user receives a publication of the paper from the publisher). 第2の経路および第3の経路は、ユーザーのディスプレイ15のためドキュメントデーターベース21および電子ドキュメントインターフェイス23を介する、もしくは、プリントされたドキュメントを作成するためユーザーのプリンター17を介する電子配布経路13である。 Second path and the third path is through the document database 21 and electronic document interface 23 for the user on the display 15, or, in the electronic distribution route 13 through the user of the printer 17 for creating a printed document is there. ペーパーコピー配布チャネル11から、あるいはユーザーのプリンターからであろうと、普通紙コピー機27は、たとえば、 From paper copy distribution channel 11, or whether it be from the user of the printer, plain paper copier 27, for example,
違法のペーパーコピー29を作り出すために使用される。 It is used to produce the illegal paper copy 29. もちろん、本発明の範囲を逸脱しない限り、図1のフローチャートには、さまざまな変更をなし得ることができる。 Of course, without departing from the scope of the present invention, the flow chart of FIG. 1 can be made various changes. たとえば、違法のユーザーは、スキャナを用いて合法バージョンをスキャンし、その後、電子的に違法のコピーを再生できる。 For example, illegal user scans the legal version with a scanner, then can play a copy of electronically illegal. 本発明の方法は、これらのあるいは類似したタイプの配布経路、たとえば、電子的に発行されたものやファックスや無線通信のコンピュータなどにより配布されたもののどれかに適応できるドキュメントに及ぶ。 The method of the present invention, these or similar types of distribution paths, for example, extends to documents that can be adapted to any such by those distributed electronically issued ones and fax and radio communication of the computer. ドキュメントのコード化は、エンコーダ9 The encoding of the document, the encoder 9
により示されたようにドキュメント配布の前に行われる。 It is carried out before the indicated as document distributed by.

【0008】ドキュメントは、電子フォームの間にコード化される(図2)。 [0008] Documents are encoded while the electronic form (Figure 2). ドキュメントをコード化する技法は、イメージもしくはフォーマットされたドキュメントファイルの2つのフォームのどちらかで行われる。 Techniques for encoding the document is carried out in either of the two forms of image or formatted document file. イメージ表示は、ピクセルの配列としてドキュメントの各ページ(または、サブページ)を記す。 Image display, each page of the document as an array of pixels (or sub-pages) referred to. イメージは、白黒(ビットマップともいう)、グレースケール、もしくはカラーである。 Image, black-and-white (also referred to as a bit map), a gray scale or color,. このテキストの残りにおいて、イメージ表示は、イメージカラーの中味にかかわらず、「ビットマップ」として、単純に参照される。 In the remainder of this text, image display, regardless of the contents of the image color, as a "bit map", it is referred to simply. フォーマットされたドキュメントファイルの表示は、ポストスクリプト、 Display of formatted document files, Postscript,
トロフ、SGMLなどの標準フォーマット記載言語などを用いて、ドキュメントの中味を記載するコンピューターファイルである。 The trough, by using a standard format described languages ​​such as SGML, is a computer file that lists the contents of the document.

【0009】一般的な応用では、ビットマップは、フォーマットされたドキュメントファイルから発生する。 [0009] In a typical application, the bit map is generated from the formatted document file. ドキュメントを特徴づけるため本発明で用いられたコード化の技法は、エンコーダに提供されたオリジナルのフォーマット、および加入者が見るフォーマットに、ある程度依るものである。 Techniques are coded for use in the present invention to characterize the document, the original format is provided to the encoder, and the format that the subscriber sees is due to some extent. 加入者が、あるドキュメントを見る(たとえば、ワークステーションのモニタで1ページ表示する)と、その加入者は、そのドキュメントを捕捉でき違法に配布できると考える。 Subscribers, see a certain document (for example, one page displayed on the workstation monitor), and the subscriber is considered to be illegally distributed can capture the document. したがって、コードは、 Therefore, the code,
この加入者の段階の前にコード化されなければならない。 This must be encoded before the subscriber stage. 図2に示されるように、電子ドキュメント31は、 As shown in FIG. 2, the electronic document 31,
コードブック35で設定された変更の前もって選択された設定にしたがってエンコーダ33でコード化される。 Are encoded by the encoder 33 according to advance selected setting previous change set in the code book 35.
(コードブックが、コード化よりも前にあることは必然的ではない。特定の実施例では、コードブックは、特定の加入者にそれらを相互に関連づけるために、使用される識別コードのロギングから作り出される。)コード化されたドキュメントは、バージョン1(37)、バージョン2(39)、バージョン3(41)、バージョン4 (Codebook, the though not necessarily. Particular embodiments that before coding, codebook, in order to correlate them to a particular subscriber, the logging of the identification code used produced.) encoded document, version 1 (37), version 2 (39), version 3 (41), version 4
(43)‥‥‥‥バージョンN(45)までのように、 (43) ‥‥‥‥ as to version N (45),
それぞれ固有に作り出される。 Each being created in specific.

【0010】本発明の方法では、さまざまなコード化の技法が用いられる。 [0010] In the method of the present invention, techniques for various coding is used. そして、それらは、文字、グラフィック、アルファベット、数字や他の固有の識別名を用いる必要なく、また、これによってコードに違法のコピーを警報することなく、ライン、ワードまたは文字の特徴の変更(もしくは、これらの組み合わせ)に関連している。 Then, they are characters, graphics, letters, numbers or other unique identifier without using, This also without warning the piracy in the code, line, changing the characteristics of the word or character (or , it is related to a combination thereof). したがって、すべての方法に共通することは、すでに存在する特徴の特別な態様を変更することによって、 Therefore, it is common to all methods, by modifying the particular embodiment of the features that already exist,
ドキュメントにおいてコードワードをコード化することである。 And to encode a code word in the document. たとえば、コードワード1101(バイナリー)について考えてみる。 For example, consider a code word 1101 (binary). このコードを右から左へ最小の意味のあるビットから読んでいくと、第1のドキュメント特徴は、ビット1に変更され、第2の特徴は、ビット0に変更されず、そして次の2つの特徴は、2つの1 As you read this code from one of the right of the minimum mean the left bit, the first document feature is changed to bit 1, the second feature is not changed to the bit 0, and the following two features of the two 1
ビットに変更される。 It is changed to a bit. それぞれの特別なコード化方法を区別するのは、特徴のタイプである。 To distinguish each special encoding method is the type of feature.

【0011】(1) ラインシフトコード化方法 ― [0011] (1) line shift coding method -
ドキュメントを固有にコード化するためテキストのラインの位置をシフトすることによって、ドキュメントフォーマットファイルを変更する方法である。 By shifting the position of the line of text to encode documents to specific, a method of changing the document format file. このコードは、フォーマットファイルまたはビットマップから解読される。 This code is decoded from the format file or bitmap. ラインは、たとえば、水平にもしくは垂直にぶれる。 Line, for example, horizontally or vertically blurred. この方法は、ノイズによって品質の低下したイメージの中にある場合でも、コード検出のためのこれらの方法の中でも、高い信頼性を提供することができる。 This method, even if they are in the image of the deterioration of the quality due to noise, among these methods for code detection, it is possible to provide a high reliability. (2) 特徴強調コード化方法 ― ドキュメントを固有にコード化するため、あるテキスト要素の特徴を修正することによって、ドキュメントのビットマップイメージを変更する方法である。 (2) feature enhancement coding method - for encoding documents uniquely, by modifying the characteristics of a text element, a method of changing the bit map image of the document. そのような修正の一例は、文字のアセンダの長さを延ばすことである。 An example of such a modification is to extend the length of the character ascender. 他では、文字幅を狭めること、また、文字セクションを削除するかもしくは短くすることである。 In others, it narrows the character width, also, it is to either or shortened to delete a character section. このタイプのコードは、ビットマップイメージからコード化され、また解読される。 This type of code is encoded from the bitmap image, also be decrypted. (3) ワードシフトコード化方法 ― ドキュメントを固有にコード化するため、テキスト内のワードの位置をシフトすることによって、ドキュメントフォーマットファイルやイメージビットマップを変更する方法である。 (3) the word shift coding method - for encoding documents uniquely, by shifting the position of the word in the text, it is a method of changing the document format file or image bitmap. このコード化は、フォーマットファイルもしくはビットマップから解読されるであろう。 This encoding will be decoded from the format file or bitmap. ドキュメントフォーマットファイルの変更を用いる好ましい実施例におけるこの方法は、方法(1)に使用されるものと似ている。 The method in the preferred embodiment using the modified document format file is similar to that used in the method (1). この方法は、一般的に、方法(1)よりも、(視角的に)より分からないドキュメントの変更を提供する。 This method is, in general, than the method (1), to provide a change of documents that do not know from (the viewing angle basis).
しかしながら、ノイズの多いイメージからの解読は、より困難となる。 However, deciphering from the noisy image, it becomes more difficult. 上述の3つのコード化技法を以下に詳細に論じる。 Three coding techniques described above are discussed in detail below.

【0012】2.1 テキストラインコード化方法 これは、フォーマットされたドキュメントファイルに適応されるコード化方法である。 [0012] 2.1 text line coding method which is a coding method that is adapted to a formatted document file. 次の記述において、フォーマットされたドキュメントファイルは、ポストスクリプト(今日、最も一般的なページ・デスクリプション・ In the following description, formatted document files, Postscript (today, - the most common page-description
ランゲージフォーマットである)と一体となった、アドビ(Adobe)システムにおけるものであると仮定する。 Assume language format is) and is integral, is in the Adobe (Adobe) system.
しかしながら、本発明は、プログラムをフォーマットする他のドキュメントファイルにも適用できる。 However, the invention is also applicable to other document file formatting the program. ポストスクリプトは、ドキュメントの中味を一度に1ページ記述する。 PostScript, a page that describes at once the contents of the document. 単に、置く、これは、テキストライン(もしくは、フレーズ、ワードまたは文字などのテキストラインの一部)の中味を特定し、ディスプレイされるテキストの位置を確認する。 Simply put, this is a text line (or phrase, some text line, such as a word or a character) to identify the contents of, to confirm the position of the text to be displayed. テキストの位置は、仮想ページ上の位置を表わすX−Y軸で特徴づけられる。 Position of the text is characterized by the X-Y-axis representing the position on the virtual page. ポストスクリプトを作り出すソフトウエアによって用いられる解像度によって、テキストの位置は1/720インチ(プリンターの「ポイント」の1/10)ほどの小ささに修正される。 Depending on the resolution used by the software to create a post script, the position of the text is modified in small as 1/720 inch (one-tenth of the "points" of the printer). 今日最も一般的に使用されるレーザープリンタは、さらにやや小さな解像度(たとえば、1/3000 The most commonly laser printer used further slightly smaller resolution today (e.g., 1/3000
インチ)を有する。 With a inch).

【0013】本発明の方法のひとつの実施例では、配布の前に、オリジナルのポストスクリプトドキュメントおよびコードワードはエンコーダに供給する。 [0013] In one embodiment of the method of the present invention, prior to distribution, the original PostScript document and the codeword are supplied to the encoder. エンコーダは、コードワードを読み、動かすべきラインを探す。 The encoder reads the code word, look for the line to be moved. 動かすべきラインを見つけだすと、エンコーダは、ラインスペース調整に組み込むように、オリジナルの(間隔をあけていない)ポストスクリプトファイルを修正する。 And find the line to be moved, encoder, as incorporated in the line space adjustment, (not spaced) original to modify the post-script file.
これは、スペースをあけるべきラインのY軸を増加したり減少したりすることによりなされる。 This is done by increase or decrease the Y axis of the line to make room. エンコーダの出力は、加入者に電子的またはペーパーフォームで配布できるよう用意された「コード化された」ポストスクリプトドキュメントである。 The output of the encoder is a "coded" PostScript document that has been prepared so that you can distribute in electronic or paper form to the subscriber.

【0014】図3は、発行者が、どのようにして、ドキュメントの復元されたペーパーコピーの分析によって特徴づけられたドキュメントのオリジナルの受信者(加入者)を確認するかを図示している。 [0014] Figure 3, issuer, and how, illustrates how to check the original recipient of the document characterized the (subscriber) by analysis of recovered paper copy of the document. これは、疑わしきハードコピー51があり、コピー51は、スキャナ53によってスキャンされ、コンピュータ55によって分析され、解読プログラム57で解読され、コードブック59 This may suspect hardcopy 51, copy 51 is scanned by the scanner 53, analyzed by computer 55, it is decrypted by the decryption program 57, the codebook 59
と合わされて、元のあるいは加入者のバージョン61を決定する。 It is combined with, to determine the version 61 of the original or the subscriber. たとえば、「デコーダ」は、ライン間隔を分析し、オリジナルの加入者を固有に認識する対応するコードワードを抽出する。 For example, "decoder" analyzes the line spacing, and extracts the corresponding codeword that recognizes the specific original subscriber.

【0015】ドキュメントの違法コピーのページ(1ページもしくは複数ページ)は、ページのビットマップイメージを作成するため、電子的にスキャンされたものでもよい。 [0015] document of the illegal copy page (1 page or multiple pages), in order to create a bitmap image of a page may be one that has been electronically scanned. ビットマップイメージは、好ましくは、あるタイプの外部の特徴づけ(すなわち、ハードコピーのプリント、普通紙コピー、電子スキャン、しみなどにより生じるノイズ)を取り除くためノイズ削除を受ける。 Bitmap image, preferably, an external characterization of certain types (i.e., hardcopy print, plain paper copying, electronic scanning, the noise caused by stains) receiving the noise deletion to remove. ビットマップイメージは、テキストラインがサイドのページの端と垂直であることを確実にするために回転される。 Bitmap image is rotated in order to ensure that the text line is perpendicular to the edge of the page side.
ページの「プロフィール」は、イメージ内の水平なスキャンラインごとのビット数として見い出される。 "Profile" page is found as the number of bits per horizontal scan line in the image. 我々の経験においてであるが、そのようなスキャンラインの数は、テキストラインにつき40あたりで変動する。 Although in our experience, the number of such scan line varies per 40 per text line. 隣り合うテキストラインのプロフィール間の各間隔が測定される。 Each interval between adjacent text lines profile is measured. これは、隣り合うラインのプロフィールのベースライン間の間隔が測定される、あるいは隣り合うラインのプロフィールの中心(すなわち、かたまりの中心)間の間隔が測定されるかの2つの方法のうちのひとつによって行われる。 This is one of the spacing between the profile of the adjacent line baseline is measured, or the profile of the adjacent line center (i.e., center of mass) of two ways spacing between are measured It is carried out by. このインターライン間隔は、分析されて、間隔が加えられたか減じられたかどうかが判断される。 The interline spacing is analyzed, whether the reduced or interval is added is determined. このプロセスは、各ラインごと繰返され、ドキュメントのコードワードが判断されて、オリジナルの加入者が固有に決定される。 This process is repeated for each line, the document code word is determined, the original subscriber is uniquely determined.

【0016】本発明の他の方法と比較してこの方法の利点は、次の通りである。 An advantage of this method compared to other methods of the present invention is as follows. オリジナルなしでコードが解読される。 Without the original code is decoded. このため、解読が非常に簡単である。 For this reason, decoding is very simple. これは、 this is,
最もノイズに抵抗できる技法であると思われる。 It appears to be a technique which can be most resistant to noise. しかしながら、この方法は、ここで記述されるコード化の技法のうちで最も視覚的にわかってしまう方法であると考えられる。 However, this method is considered to be the most visually Aware would methods of encoding techniques described herein.

【0017】図4に、ポストスクリプトファイルの単純なライン間隔エンコーダ疑似コードを図示した。 [0017] FIG. 4, illustrating the simple line spacing encoder pseudo code of the post-script file. 図5 Figure 5
に、復元されたドキュメントのページのライン間隔プロフィールのグラフを示した。 A showed a graph of line spacing profile page of the restored document. 各テキストラインのベースラインのスキャンラインは、「+」で示される。 The baseline of the scan line of each text line is indicated by a "+". 各テキストラインの中心のスキャンラインは、ドットで示される。 The center of the scan line of each text line is indicated by a dot. ライン間隔でページを解読するには、隣り合うテキストラインの中心もしくはベースライン間の間隔を測定し、間隔が増加されているか、減少されているか、もしくは標準と同じままかどうかを判断する。 To decode the page line spacing, the distance between the centers or the baseline of the text line adjacent measured, whether it is increased spacing, it is either reduced or determines whether remain the same as the standard.

【0018】2.2 特徴強調コード化方法 この方法は、ドキュメントのビットマップイメージへ直接適応される本発明のコード化方法である。 [0018] 2.2 feature enhancement encoding method This method is the coding method of the present invention to be adapted directly to the document bitmap image. ビットマップイメージは、選ばれた特徴が検討される。 Bitmap image, selected features are considered. そしてそれらの特徴が変更されるか、変更されないかは、コードワードによるものである。 And either those features are changed, or not changed, is due codeword. これらの変更は、広げたり、狭めたり、斜めにしたり、個々の文字の特徴を減じたり、 These changes, or expand, or narrow, or diagonally, or reduce the features of the individual characters,
付加したりすることにより行われる。 Carried out by or added. たとえば、文字の上方の垂直なエンドライン、すなわち、b、d、hなどの文字の上部が延ばされる。 For example, the character of the upper vertical end line, i.e., b, d, the upper character, such as h is extended. これらのエンドラインは、 These end line,
その長さを1ピクセル(もしくはそれ以上)延ばすことにより変更し、他は何の変更もしない。 Change by extending its length one pixel (or more), the other does nothing changes.

【0019】このコード化は、ビットマップイメージに適用され、またプリンタイメージでも検出される。 [0019] The coding is applied to the bitmap image, also it is detected in the printer image. 以下に示唆するものよりもさらに強調したコード化、または、コード化における冗長度により、プリントされたおよび写真複写されたドキュメントのスキャンされたイメージにおいても検出される。 The following code is further emphasized than those suggested was to reduction, or by redundancy in the encoded, also detected in the printed and photocopied documents scanned image. 本発明のこの方法の利点は、次の通りである。 The advantage of this method of the present invention is as follows. 非常に数多くのコード化の可能性がある(おそらく、ワードシフトコード化の10倍、また、ラインシフトコード化の20倍)。 The possibly very large number of coded (perhaps 10 times the word shift coding, also 20-fold line shift coding). このコード化は、ドキュメントのビットマップに行われる。 This encoding is performed in the bit map of the document. そして、 And,
フォーマットされたドキュメントファイルを変更する必要がない。 There is no need to change the format document files. イメージをコード化する方法のうちで最も視覚的にわかりずらい方法のひとつである。 Image is one of the most visually understandable hesitation way out of the way to encode.

【0020】欠点は、次の通りである。 [0020] The disadvantage is as follows. この方法は、主として、イメージコード化の技法であり、通常フォーマットファイルには適用できない(他の技法は、両方にさらに容易に適用できる)。 This method is primarily a technique image coding can not be applied to normal format file (the other techniques, may be more readily applicable to both). この方法は、ノイズに耐えられないような大きさ(長さ)でコード化する時、そのの可視度により検知するものであるため、写真複写された、またはそれ以外でもノイズの多いドキュメントにはあまり適用できないものと考えられる。 This method, when coded in the unbearable sized such noise (length), therefore the one in which is detected by the visibility was photocopied, or otherwise in a noisy document even the it is believed that not much applicable. このコードは、 This code,
オリジナルなしでは検出を行うことができない。 Without the original can not be detected.

【0021】コード化や解読のための疑似コードは、図6に関して、次の通りである。 The coding and pseudo-code for the decryption, with respect to Figure 6, is as follows. 図6には、5×5のピクセル配列の通常のコード化63、65および67の3つの例と、強調コード化73、75および77が示されている。 Figure 6 is a three examples of normal coding 63, 65 and 67 of a 5 × 5 pixel array, enhancement coding 73, 75 and 77 are shown.

【数1】 [Number 1]

【数2】 [Number 2]

【0022】 (参考) コード化: 選ばれた命令(たとえば、ラスタスキャン命令)におけるイメージの各ピク セルごとに最小の意味のあるコードワードをマスクし、そのコードワードを右に シフトする { 図6に示される選ばれた特徴のひとつと適合する場合、 この中心ピクセルの周りのピクセルのk×k(たとえば、5×5)隣を検査 k×kマスク内のピクセルのパターンが、 { コードワードビットが1である場合、図6に示された特徴を変更する もしくは、コードワードビットが0である場合、コードワードの中心ピクセ ルと1もしくは0値との記憶(X,Y)位置である特徴を残す コードワードが=0である場合、ブレークする もしくは、次のコードワードビットをマスクし、 右にシフトする } } [0022] (Reference) encoding: selected instruction (e.g., raster scanning order) to mask certain codeword of minimal means for each pixels cell images in, shifting the code word to the right {6 if appropriate one of the selected feature shown in, k × k pixels around this center pixel (for example, 5 × 5) a pattern of test neighbor k × k in the mask pixels, {codeword bits wherein If is a 1, a storage (X, Y) position of or changes the characteristics shown in FIG. 6, if the codeword bit is 0, the center Pikuse Le and 1 or 0 value of the codeword If it is 0 codeword = leave, or breaks, to mask the next codeword bits, shifts to the right}}

【0023】 解読: コードワードビットのリストおよび対応する中心ピクセルの位置を読み取る ここでは、コード化は、オリジナルイメージ上で行われる コード化された特徴の各(X,Y)位置ごとに コードイメージ=1に設定 { k×k範囲が、パターンと一致し、コードワードビットが0である場合、 または、ピクセルは、パターンが変更されておらず、かつ コードワードビットが1の場合、 中心ピクセルの周りのピクセルのk×k隣を検査 コードイメージ=0となる、ブレークする } コードイメージ=1の場合、イメージは、コードと一致する コードイメージ=0の場合、イメージは、コードと一致しない The decryption: code reading position of the center pixel word lists of bits and corresponding here, coding, each coded features is performed on the original image (X, Y) code image for each position = set to 1 {k × k range, and matches the pattern, if codeword bit is 0, or pixel has not been changed pattern, and if the codeword bit is 1, around the center pixel consisting of k × k neighboring pixels and the inspection code image = 0, break} case code image = 1, image, if the code image = 0 which coincides with the code, the image does not match the code

【0024】2.3 ワードシフトコード化方法 この方法は、隣り合うワード間の変動しえる間隔を有するドキュメントに適応しえるコード化の方法である。 [0024] 2.3 word shift coding method This method is the coding that can adapt to documents having may vary between adjacent word interval method. このコード化は、フォーマットファイルに最も容易に適応される。 This encoding is most easily adapted to the format file. 各テキストラインごとに、ワード間のもっとも大きい間隔と最も小さい間隔とが見つけ出される。 For each text line, the smallest distance between the largest distance between words are found. ラインをコード化するために、最も大きな間隔がある値で減少され、最も小さな間隔が同じ値で増加される。 To encode the line, it is reduced by a certain value largest interval, the smallest interval is increased by the same value. これは、テキストラインの全長を保持し、テキストイメージにわずかな質的変更を提供するものである。 This is, to hold the entire length of the text line, which is intended to provide a slight qualitative changes to the text image. 本発明の他の方法と比較して、この方法の利点は、次の通りである。 Compared to other methods of the present invention, the advantages of this method are as follows. イメージをコード化するための方法で最も視覚的にわかりずらい方法のひとつである。 Image is one of the most visually understandable hesitation method in a method for encoding. このコードは、オリジナルなしでは解読を行うことができない。 This code can not be without the original do decipher. 欠点は、次の通りである。 The disadvantage is as follows. このコードは、オリジナルなしでは解読を行うことができない。 This code can not be without the original do decipher. 疑似コードは、以下の通りである。 Pseudo-code is as follows.

【数3】 [Number 3]

【数4】 [Number 4]

【0025】 (参考) コード化 フォーマットファイルにおける各テキストラインごとに 最小の意味のあるコードワードをマスクし、そのコードワードを右にシフト する { コードビットが1である場合、 { ワード間の最も長い間隔を見つけ出す ワード間の最も短い間隔を見つけ出す 選択された量(最も長い間隔−最も短い間隔 以下でなければならない)で 最も長い間隔を短くし、最も短い間隔を長くする テキストラインの番号、変更した間隔位置 およびコードビットを記憶 コードワード=1である場合、ブレーク もしくは、次のコードワードビットをマスクし、 右にシフトする。 [0025] (Reference) When masked codewords with minimum mean for each text line in the encoded format file, {code bits to shift the code word to the right is 1, the longest among {word selected amount finding the shortest distance between words to find the distance - shortening the longest interval (longest distance shortest must spacing less), text line number of lengthening the shortest distance was changed If the spacing position and code bits are stored codeword = 1, break or masks the next codeword bits, it shifts to the right. } } }}

【0026】 解読: コードワードビットのリストおよび対応するライン番号 およびテキストラインにおける間隔位置を読み取る ここでは、コード化は、オリジナルイメージ上で行われる コード化されたフォーマットファイルおよびオリジナルフォーマット ファイルにおいて各テキストラインごとに コードイメージ=1に設定 { テキストラインのコードワードビットが1である場合、 そして、 コード化されたイメージのコード化された間隔が オリジナルのイメージにおける対応する間隔と違いがない場合、 コードイメージ=0である、ブレーク } コードイメージ=1の場合、イメージは、コードと一致する、 もしくは、コードイメージ=0の場合、イメージは、コードと一致しない The decryption: codewords reading interval position in the list and the corresponding line number and the text line of the bit here, coding, each text line in the coded format file and the original format file is performed on the original images If set to code image = 1 {codeword bit text line is 1, and, if coded spacing coded image no difference to the corresponding distance in the original image each time, the code image = 0, break} case code image = 1, the image is consistent with the code, or if the code image = 0, the image does not match the code

【0027】2.4 変更技法の説明的概観 図7に、ラインシフトのコード化の一例を示した。 [0027] Illustrative overview 7 2.4 Change technique, an example of encoding of line shift. 第2 The second
のライン83は、第1のライン81からデルタと等しい約1/150インチ下にシフトされている。 Line 83 is shifted from the first line 81 under approximately 1/150 inch equals delta. 異なるコード化のため、これは、第1のライン81と第2のライン83との間の間隔を通常よりも大きく、第2のライン8 For different coding, which intervals greater than the normal between the first line 81 and second line 83, the second line 8
3と第3のライン85との間の間隔を通常よりも小さくする。 3 and the distance between the third line 85 to be smaller than usual. 第3のライン85と、第4のライン87および第5のライン89との間隔は、通常である。 A third line 85, the distance between the fourth line 87 and fifth line 89, usually.

【0028】図8および図9に、ワードシフトコード化を図示した。 [0028] FIGS. 8 and 9, illustrating the word shift coding. 図8に、縦のライン91、93、95、9 In Figure 8, the vertical line 91,93,95,9
7、99、101、103、105および107を示した。 It showed 7,99,101,103,105 and 107. これらのラインは、図8の上と下のラインの各ワードの位置決めを示すための縦のガイドラインである。 These lines are vertical guidelines to show the positioning of each word in the top and bottom line of Figure 8.
「for」というワードは、故意にシフトされており、 Word that "for" is shifted deliberately,
したがって、テキストの下のラインには縦のライン99 Therefore, the vertical line in the bottom of the text line 99
において、またテキストの上のラインには縦のライン1 In, also vertical line 1 to line above the text
01が対向して置かれている。 01 is placed to face. 図9は、図8に示されたものと同じテキストを示しているが、シフトされていないワードおよびシフトされたワードのどちらも訓練を受けていない目には自然に見えることを実証するために、 9, because it shows the same text as shown in Figure 8, both unshifted words and shifted word in the eyes untrained to demonstrate that look natural ,
縦のラインのないものである。 Those without a vertical line.

【0029】図10、11および12は、特徴強調コード化を図示したものである。 [0029] FIGS. 10, 11 and 12, it illustrates the feature enhancement encoding. 図10は、変更されておらず、代表的に標準および基準のドキュメントを表わすテキストの文字を示している。 Figure 10 is not changed, shows the text characters representing a typically standard and reference documents. 図11は、特徴強調を付加した同様のドキュメントを示す。 Figure 11 shows a similar document added with feature enhancement. たとえば、「1」が他の文字と同様に最初のラインの文字「t」、「l」および「d」が有するように縦に延ばされている。 For example, "1" is other characters as well as the first line the letter "t", are extended vertically so as to have the "l" and "d". 図12 Figure 12
は、図11と同様の特徴強調を示しているが、強調を単に強化するように誇張を付けている。 Shows a similar feature stressed 11, simply with the exaggerated to enhance enhancement. 図11および12 11 and 12
に基づくと、強調した特徴のドキュメントのための適切なコードワードは、5435デシマルであろう。 Based on the appropriate codeword for the document emphasized features will 5435 decimal.

【0030】3.0 エラー修正の応用 復元されたドキュメントに発生するノイズにより、認識プロセスは、誤りがちになる。 [0030] by the noise generated in the application restored document of 3.0 error correction, the recognition process, become error-prone. (エラー修正コードに基づいた)ラインの間隔を開けるために用いられたコードワードの設定の賢い選択は、検査エラーの機会を最小限にするために用いられるであろう。 (Error based on the modified code) intervals wise selection of code words of settings that are used to open the line would be used to minimize the chance of the inspection error. これは、ドキュメントの潜在的受信者の数(すなわち、コードワードの数) This is the number of potential recipients of a document (i.e., the number of codewords)
と正しい認識の見込みとの相対関係を確立するであろう。 As it will establish the relationship between the likelihood of correct recognition. 図示するために、ラインシフト解読がノイズ除去によりどのように好ましく強調されるかを詳しく次に説明する。 To illustrate, line shift decryption or describe the details in the following how are preferably highlighted by noise removal.

【0031】一般的に、本発明の方法では、ラインシフト解読は、コード化されたドキュメントの(たぶん質の低下した)ビットマップの表示からコードワードを引き出す(復元された、修正されていないフォーマットされたドキュメントファイルを解読することは、普通のことである)。 [0031] Generally, in the method of the present invention, the format line shift decryption, the coded document (perhaps with reduced quality) withdrawing the codeword from the display bitmap (restored, unmodified it is normal to decrypt the document file that is). コード化されたドキュメントの違法コピーは、電子フォームもしくはペーパーフォームのどちらかに復元される。 Illegal copies of the coded document is restored in either electronic form or paper form. ペーパーに復元された場合、ドキュメントのページ(1ページもしくは複数ページ)は、電子的にスキャンされてページのビットマップイメージを作成する。 If it is restored to the paper document page (1 page or multiple pages) it is electronically scanned to create a bitmap image of the page. イメージファイルからコードを引き出すことは、 To withdraw the code from the image file,
フォーマットファイルから引き出すようには簡単ではない。 It is not easy to pull out from the format file. アスキー・テキストやフォーマットコマンドよりも,イメージはONおよびOFFのビットを含むので、 Than ASCII text and formatting commands, since the image contains a bit of ON and OFF,
パターン認識技法が、その中味を判断するためにまず使用される。 Pattern recognition techniques are used first to determine its contents. さらに、ノイズが存在するので、ノイズを減少するためにイメージ加工技法が行われ、パターン認識の仕事をさらに確実なものとする。 Further, since noise is present, image processing techniques are performed to reduce noise, and more reliable as the work of pattern recognition. イメージからのドキュメント解読に用いられる技法のうちのいくつかは次の通りである。 It is as follows some of the techniques used to document decoding from the image.

【0032】ソルト&ペッパーノイズ除去 -- インクの不揃い、コピー機のノイズもしくは単なる紙面上のごみは、背景部分に黒いしみを、またテキストなどの前景部分に白いしみをイメージにつけてしまう。 [0032] Salt & Pepper noise removal - irregular ink, noise or dust on the mere paper of the copy machine, will wear a black stain on the background part, also a white stain in the foreground part, such as text to the image. このノイズは、連続する工程の邪魔をするので、できるだけ取り除くのが好ましい。 This noise because the way of successive steps, preferably as far as possible removed. ドキュメントの質を保ちつつ、ソルト&ペッパーノイズを取り除くよう設計されたケーフィル(KFill)フィルターが用いられる。 While maintaining the quality of the document, Salt & Pepper Kefiru that is designed to remove the noise (KFill) filter is used. 本当のテキストの特徴(たとえば、ピリオドや点)からノイズを分析し、ノイズを取り除く。 Features of the real text (for example, a period or point) to analyze the noise from, get rid of noise. これは、ノイズを取り除くことに対してテキストの特徴を残す側でそれら2つが対立したときエラーを起こす、保守的なフィルターであり、ドキュメントを明確にするために記述されたものでり、工芸家により周知である。 This is two them on the side to leave the characteristics of the text against possible to remove the noise cause an error when the confrontation, is a conservative filter, those described in order to clarify the document deli, craftsmen a well-known by it.

【0033】デスキューイング(Deskewing) The de-skewing (Deskewing)
-- ペーパードキュメントが写真複写され、スキャンされるごとに、ページの誤った向き、斜め置きのために、ページのテキストラインの向きは、水平から変化してしまう。 - paper document is photocopied, each time it is scanned, wrong orientation of the page, for every other diagonal, the orientation of the text line of the page, resulting in a change from the horizontal. 加えて、写真複写機は、その光学装置のわずかな非直線性のため、歪みをもたらしてしまう。 In addition, photocopiers, for slight nonlinearity of the optical device, thus resulting in distortion. 連続する工程を成功させるには、イメージファイル内でテキストラインが水平に戻されるようにこの斜めの角度が修正される必要がある。 Successful successive steps, it is necessary to text line is modified this oblique angle so back horizontally image file. ドキュメントスペクトルもしくはドクルトル(docstrum)の使用によるデスキューイングのある方法は、ワード内へ文字をグループ化することにより開始し、その後テキストライン内へワードをグループ化するボトムアップ分割手続きの技法である。 A way that is de-skewing due to the use of the document spectrum or Dokurutoru (docstrum) is to start by grouping the characters into the word, it is a technique of bottom-up division procedure and then group the word to the text line within.
テキストラインの平均角度が1ページごとに測定され、 The average angle of the text line is measured for each page,
ゼロでなかった(水平でなかった)場合は、イメージがゼロ斜角度まで回転される。 If not zero (not horizontal) is rotated images to zero oblique angle. 最終の傾きを修正された(deskewed)イメージにするため2重線の書き入れを伴う、回転は、発行された文献に見られる標準的なデジタル型のイメージ加工手段である。 Involving filled out the double line to the last of the modified inclination (deskewed) Image rotation is a standard digital type image processing means found in published literature.

【0034】テキストライン位置 -- デスキューイングのあと、テキストラインの位置を見つけることができる。 The text line position - after the death queuing, it is possible to locate the position of the text line. 「プロジェクションプロフィール」と呼ばれる標準のドキュメント加工技法が使用される。 Standard of document processing technique called "projection profile" is used. これは、各列に沿うONバリューのピクセルの合計である。 This is the sum of the ON value of pixels along each row. テキストラインが水平に伸びるドキュメントには、このプロフィールは、幅が文字の高さと同じ最高点と、幅が隣り合うテキストライン間の白いスペースと同じ低点とを有する。 The document text line extends horizontally, this profile has a same highest point and the height of the width of the character, and the same low point as the white space between the text line width are adjacent to each other.
プロフィールの最高点間の距離は、インターライン間隔を決定する。 The distance between the highest point of the profile, determines the interline spacing.

【0035】好ましい実施例では、本発明のラインシフトデコーダは、(ページプロフィール内の)隣り合う各々のテキストラインプロフィール間の距離を測定する。 [0035] In a preferred embodiment, line shift decoder of the present invention measures the distance between each of the text line profile adjacent (within the page profile).
これは上述したように、隣り合うラインプロフィールのベースライン間の距離を測定するか、隣り合うラインプロフィールの中心間の距離を測定するかの2つの方法のうちのひとつよびベースラインに対応して、2つの最高点を有する特有のプロフィールを作り出す。 This is because, as described above, corresponding to one and the baseline of one of the two ways or for measuring the distance between the baselines of adjacent line profiles, to measure the distance between the adjacent lines profile center , creating a profile of the specific with two of the highest point. 各テキストラインのボトムに最も近いプロフィールにおける最高点は、ベースラインとなるように取られる。 Highest point in the nearest profiles to the bottom of each text line is taken to be the baseline. 同様の最高点の値が隣り合うスキャンラインに現われる場合、最も大きな値のスキャンラインは、ベースラインのスキャンラインとして選択される。 When appearing at the same scan line the value of the highest point is adjacent scan lines of the greatest value is selected as the scan line of the base line. テキストラインの中心を正確に決定するためには、テキストラインのプロフィールがスキャンラインy、y+1‥‥‥‥からy+wへ走り、O In order to accurately determine the center of the text line, running profile scan line y of the text line, from y + 1 ‥‥‥‥ to y + w, O
Nビット/スキャンラインの各数は、h(y)、h(y Each number of N bits / scan line, h (y), h (y
+1)‥‥‥‥、h(y+w)であると仮定する。 +1) ‥‥‥‥, assumed to be h (y + w). よって、テキストラインの中心は、 yh(y)+ ‥‥‥‥ +(y+w)h(y+w) h(y)+ ‥‥‥‥ +h(y+w) によって得られる。 Therefore, the center of the text line is obtained by yh (y) + ‥‥‥‥ + (y + w) h (y + w) h (y) + ‥‥‥‥ + h (y + w).

【0036】測定されたインターラインの(すなわち、 [0036] The measured interline (ie,
隣り合う中心もしくはベースライン間の)間隔は、白いスペースがテキストラインのシフトによって増加または減少されているかを決定するために用いられる。 ) Spacing between adjacent centers or baseline, white space is used to determine whether it is increased or decreased by a shift of the text line. この工程は、各ラインごとの繰返され、ドキュメントのコードワードを決定し、オリジナルの受信者を固有に決定する。 This process is repeated with each line to determine the code word of a document to determine the specific original recipient. 異なるコード化によるページ内のラインシフトを検出するための決定規則を記述する。 It describes a decision rule for detecting the line shift in the page by different encoding. テキストラインi− Text line i-
1およびi+1はシフトされておらず、テキストラインiは、上か下にシフトされていると仮定する。 1 and i + 1 are not shifted, the text line i are assumed to be shifted up or down. 間隔のあけられていないドキュメントでは、隣り合うベースライン間の距離もしくはベースラインの間隔は同じである。 The documents that are not spaced-apart, spacing distance or baseline between adjacent baselines are the same.
Si-1およびSiを、それぞれ、i−1とiとの間、およびiとi+1との間であるとする。 The Si-1 and Si, respectively, and is between between i-1 and i, and i and the i + 1. よって、決定規則は、 Si-1>Siの場合:ラインiは、下にシフトされていると決定し、 Si-1<Siの場合:ラインiは、上にシフトされていると決定し、 それ以外 : 不確定 となる。 Therefore, the decision rule in the case of Si-1> Si: line i is determined to have been shifted down, when the Si-1 <Si: line i is determined to have been shifted up, otherwise: the uncertainty.

【0037】ベースライン検出決定規則 (3. [0037] Baseline detection decision rule (3.
2) ベースライン間隔とは違って、オリジナルの間隔のあけられていないドキュメントにおける隣り合うテキストライン間の中心間隔は、必ずしも均一に間隔があけられていない。 2) Unlike baseline spacing, center-to-center spacing between text lines adjacent in the document that have not been opened the original intervals are not necessarily evenly spaced spaced. 中心ベースの検出では、決定は、間隔のあけられたおよび間隔のあけられていないドキュメント内の中心間隔の誤差に基づいている。 In the center-based detection, the decision is based on the error of the center distance in the document that have not been opened the to drilled and spacing of interval. さらに詳細には、Si-1 More specifically, Si-1
およびSiを、それぞれ、間隔のあけられたドキュメントのi−1とiとの間、およびiとi+1との間であるとし、、ti-1およびtiを間隔のあけられていないドキュメントの対応する中心間隔であるとする。 The and Si, respectively, between the documents i-1 and i drilled with, and i and i + 1 between the a ,, ti-1 and the document that are not spaced-apart a ti the corresponding interval and a center-to-center spacing. よって、決定規則は、 Si-1−ti-1>Si−tiの場合:ラインiは、下にシフトされていると決定し、 それ以外 : ラインiは、上にシフトされていると決定する、 となる。 Therefore, the decision rule in the case of Si-1-ti-1> Si-ti: the line i is determined to have been shifted down otherwise: the line i is determined to have been shifted up , the.

【0038】中心検出決定規則 (3. The center detection decision rule (3.
3) テキストラインが下に(上に)動かされている時に上に(下に)動かされているとデコーダが判断した場合、エラーが起こったと言われる。 3) If (when being moved down) decoder above is determined when the text line is moved (upward) in the bottom, said an error has occurred. ベースライン検出において、第2のタイプのエラーが存在する。 At baseline detection, a second type of error exists. デコーダは、ラインが上か下かどちらに動かされているかどうか決定できない場合は、不確定である。 Decoder, if the line can not be determined whether the moved either up or down, is uncertain. コード化においてすべての他のラインが移動されているため、この情報は、デコーダに知らされて、間違いの警報はならない。 Since all the other lines are moved in coded, this information is made known to the decoder, not alert mistake.

【0039】4.0 実験結果 実験は2セット行われた。 [0039] 4.0 Experimental results experiments were performed two sets. 第1のセットは、典型的なイメージノイズであるが制限のあるなかで、違うフォントサイズおよび違うライン間隔でラインシフトコード化がどううまく機能するかを実験するために企てられた。 The first set, among is a typical image noise with limited, different font sizes and different line shift coded by line spacing was undertaken in order to experiment how to work well. 第2のセットは、ドキュメント劣化がますますひどくなったとき、固定されたライン間隔シフトがどううまく検出できるかを発見するために設計された。 The second set, when the document degradation became even worse, designed to discover whether fixed line spacing shift could do successfully detected. 両方の実験に用いられた装置は: 1. Was the device used in both experiments: 1. リコー FSIS 400dpiのフラットベッド型電子スキャナ(Flat Bed Electronic Scanner) 2. Ricoh FSIS 400 dpi flatbed electronic scanner (Flat Bed Electronic Scanner) 2. アップル(Apple) レーザーライターIInt Apple (Apple) laser writer IInt
x(LaserWriter IIntx) 300dpiのレーザープリンタ 3. x (LaserWriter IIntx) 300dpi laser printer 3. ゼロックス(Xerox) 5052 の普通紙コピー機 これらのプリンタやコピー機は、オフィス環境で広く使用されているとみられる代表的な装置であるため選ばれた。 Xerox (Xerox) 5052 plain paper copier these printers and copiers, was chosen because it is representative apparatus seen to have been widely used in the office environment. 使用される特別な機械は、多量に使用され、よく維持されるものとして特徴づけることができるであろう。 Special machine used is used in large amounts, it could be characterized as well maintained.
ゼロックスおよび5052は、ゼロックス社の商標である。 Xerox and 5052 are trademarks of Xerox Corporation. アップル社およびレーザーライターは、アップルコンピューターの商標である。 Apple and laser writer is a trademark of Apple Computer. リコーおよびFSIは、リコー社の商標である。 Ricoh and FSI is a trademark of Ricoh Corporation.

【0040】4.1 さまざまなフォントサイズの実験 第1の実験セットは、タイムスロマンのフォントにおけるテキストのシングルスペースのページを使用している。 [0040] 4.1 experiment first set of experiments of various font sizes, are using a page of single-spaced text in font of Times Roman. このページは、異なるコードスキームを用いてコード化されている。 This page has been encoded using different code schemes. 異なるコード化では、各パラグラフの最初のラインで開始されて、各パラグラフにおけるテキストのどの他のラインも動かされず保たれた。 The different encoding, is started in the first line of each paragraph, it was kept without also moved any other line of text in each paragraph. 2つの動かないライン間の各ラインは、常に上か下かに動かされた。 Each line between two immobile line was always moved either up or down. すなわち、各パラグラフにおいては、第1、第3、 That is, in each paragraph, first, third,
第5などのラインが動かされず、一方、第2、第4などのラインが動かされた。 Line is not moved, such as the fifth, while the second, line, such as the fourth is moved. 8、10または12ピクセルのフォントサイズを用いて、また、交互のライン(各パラグラフ内で)を上か下に1、2または3ピクセルでシフトして9回にわたる実験が行われた。 Using the font size of 8, 10 or 12 pixels, also over experiments were conducted shifted to nine alternate lines (within each paragraph) up or down by 1, 2 or 3 pixels. プリンタが300 Printer 300
dpiの解像度を有しているので、各ピクセルは、1/ Since they have dpi resolution, each pixel is 1 /
300インチもしくは約9分の1ポイントに対応する。 Corresponding to 300 inches or 1 point approximately 9 minutes.
各コード化されたページは、レーザープリンタでプリントされて、3回コピーされた。 Each coded page is printed with a laser printer, it has been copied 3 times. レーザープリントされたページは、ゼロ回目のコピーとして参照され;n回目のコピー(n≧1である)は、n−1回目のコピーをコピーすることにより制作される。 Laser printed page is referenced as zero-th copy; (a n ≧ 1) n-th copy is created by copying the n-1 th copy. 3回目のコピーがコードワードを検出するために解読された。 Copy the third is decrypted in order to detect a code word. すなわち、3回目のコピーは、電子的にスキャンされ、ビットマップイメージは、プロフィールを生成するために加工され、プロフィールは、テキストライン間隔(ベースラインおよび中心間隔の両方)を生成するために加工されて、コードワードがそれらの測定および規則(3.2−3)を用いて検出された。 That is, the third copy is electronically scanned, the bitmap image is processed to produce a profile, the profile is processed to produce a text line spacing (both baseline and center distance) Te, the code word has been detected using these measurements and rules (3.2-3).

【0041】図13は、シングルスペースのテキストの1ページにつき、さまざまなフォントサイズの実験の結果を表わしている。 [0041] FIG. 13, per page of text of a single space, which represents the results of an experiment of a variety of font size. フォントサイズが小さくなると、さらに多くのラインが1ページに配置され、さらに多くの情報がコード化される。 When the font size is reduced, many more lines arranged on one page, is the coded even more information. ベースラインと中心の両方の方法は、少なくとも2ピクセルにおけるスペースではエラーなしで検出をした。 Both methods the baseline and the center, the space in at least two pixels was detected without errors. 中心方法は、また、1ピクセルにおけるスペースでもエラーはなかった。 Center method also error was not a space in the one pixel.

【0042】図13に示されていないが、同じ復元したページの解読を繰返した場合でさえも、検出実行結果において有効であろうことは記すに値する。 [0042] Although not shown in Figure 13, even when repeated to decode the same restored pages worth note it will be effective in detecting the execution result. 電子スキャンを行うことによって生じるある不規則においても当然有効であろう。 It will also be appreciated effective in some irregular caused by performing electronic scanning. ページが数回にわたりコピースキャンされた場合、異なる傾き角度が通常生じるであろう。 If a page is copied scanned several times, it will be different inclination angles occurs normally. この傾きは、それぞれの場合においてわずかに異なって修正され、検出結果を変化させてしまうであろう。 This inclination is slightly differently modified in each case, it will thus alter the detection result. この現象を図示するため、このテストケース(8ポイントのテキスト、1ピクセルのスペース)は、さらに3回再スキャンされた。 To illustrate this phenomenon, the test case (8 point text, 1 pixel space) were rescanned further 3 times. 最初のテキストラインの傾き角度(すなわち、 The angle of inclination of the first text line (ie,
角度修正される前の)は、各スキャンごとに異なった。 Before being angle corrected) differed for each scan.
3度の再スキャンで、次の解読結果がベースライン検出に現われた。 3 ° rescan, the following decoding result appeared to baseline detection. 5不確定、3不確定、1エラーおよび6不確定。 5 uncertain, 3 uncertain, 1 error and 6 uncertain. 不思議なことに、検出されなかった、または、エラーとなったライン間隔は、再度の試みにわたって多少変化した。 Curiously, it was not detected, or line spacing in error was slightly vary over try again. これは、複数回1ページをスキャンすることにより得られて、結果を結合する(たとえば、平均をとる)いくつかの解読実行があることを示唆する。 This suggests that obtained by scanning a plurality of times one page, to combine the results (e.g., averaging) has several decryption execution.

【0043】4.2 普通紙コピーの実験 第2セットの実験においては、テキストのシングルスペースのページが異なるコード化方法を用いてコード化された。 [0043] 4.2 In the plain paper copy of the experimental second set of experiments, the pages of single-spaced text has been coded using different coding method. フォントは、タイムスロマンに、フォントサイズは、10ポイントに、また、コード化ラインシフトは、 Fonts, the Times Roman, font size, the 10 point, also, coding line shift,
1ピクセルに設定された。 Set to 1 pixel. そして、ページのコピーが繰返され(ゼロ回、1回、‥‥‥10回)、各コピーは、 Then, the copy of the page is repeated (zero times, once, ‥‥‥ 10 times), each copy,
別々の実験に用いられた。 They were used in separate experiments. したがって、各連続する実験は、同じテキストページのわずかに質の落ちたものを用いた。 Thus, each successive experiments, was used as the slight fall in the quality of the same text page. 実験の結果は、図14に一覧表にしてある。 The results of the experiment, are tabulated in Figure 14.

【0044】中心検出を用いて10回目の反復したコピーでエラーが見られなかった。 [0044] by using the center detected an error in the 10th repeated copies of was observed. さらに驚くべきことは、 Even more surprisingly,
ノイズ「マージン」に対する半分以下の有効な信号が1 Less than half of the valid signal to noise "margin" is 1
0回目のコピーによって使い尽くされたことである。 0 th is that has been exhausted by the copy. これは、数多くのコピーは、そのドキュメントが違法であるというようなたった一つのエラーでさえも生成されることが要求されるであろうことを示唆する。 This is a large number of copies, suggesting that the document would also be required to be produced even with just one error such that it is illegal. 図14は、 Figure 14,
ベースラインの解読において、検出エラーおよび不確実はコピーの数にともなって単純に増加しない。 In decryption of baseline, detected errors and uncertainties do not simply increase with the number of copies. さらに、 further,
正確に検出されなかったライン間隔は、コピーからコピーで多少変化した。 Precisely undetected line interval was somewhat changed in the copy from the copy. これは、ライン間隔「情報」がテキストベースラインにまだ存在し、ある付加的加工で可能となるであろうことを示唆する。 This suggests that line spacing "information" is still present in the text baselines, it will be possible in some additional processing.

【0045】図14の結果は、我々の特徴づけスキームのコード化されていないエラー実行を報告している。 The results of Figure 14, we have not been encoded in the characterization scheme reports an error execution. しかし、実験で用いられた21ラインシフトは、勝手に選択されたものではない。 However, 21 line shifts used in the experiment is not selected arbitrarily. コードワードは、ハミングブロックコード、1エラー修正コードから選択された3つの連結したコードワードからなる。 Codeword consists Hamming block code, 1 three linked coding word selected from the error correction code. したがって、だいたい各1/3ページは、1つのエラーから保護されている。 Thus, each 1/3 page generally, are protected from one error.
ベースライン解読法によるすべてではないが多くのエラーおよび不確実は、このコード化により修正されたであろう。 But not all by baseline cryptanalysis many errors and uncertainties, would have been corrected by this encoding. しかしながら、コード化されていない中心検出が首尾よく行われたので、エラー修正を補足する必要があるかいなかは、明らかでない。 However, since the center detection uncoded is performed successfully, the country there is a need to supplement the error correction is not clear.

【0046】5.0 イメージの欠陥の説明および意味 普通紙コピーにより生じるイメージの欠陥は、読者にとってすべて馴染みのことである。 The defect of the image caused by the description and meaning plain paper copy of the defects of 5.0 image is familiar of it all for the reader. 検出結果にもっとも影響する欠陥を簡単に説明する。 Brief description of the defect that most affect the detection result. この説明は、イメージの欠陥のかなり質的な説明であり、それらの物質的根拠は、この概略の範囲を超えるものである。 This description is fairly qualitative description of the defect image, their material basis is beyond the scope of this summary.

【0047】我々が直面した主要な厄介な欠陥は、テキストラインの傾き、もしくは1点を中心としたテキストラインの回転であった。 The major troublesome defects that we have faced, the slope of the text line, or was the rotation of the text line with a focus on one point. 多くの実験で、我々は、[−3 In many experiments, we, [- 3
°、+3°]の間の角度の傾きを観察した。 °, it was observed angle of inclination of between + 3 °]. テキストラインの傾きは、いくらかの歪みの発生を犠牲にするが、 The slope of the text line, but at the expense of occurrence of some distortion,
イメージの回転により主に取り除かれる。 It is mainly removed by the rotation of the image. 汚れもまた、 Dirt also,
コピーの回数にともなって増加し、実に10回目のコピーでは、かろうじて読みうる程度になってしまう。 It increases with the number of copies, a truly 10th copy of, become to such an extent that can be read barely. 汚れは、驚くほど検出実行において小さな意味を有するようである。 Dirt appear to have little meaning in surprisingly detection execution. コピー機の通常の「コピー明暗」にセットされて普通紙コピーが行われ、汚れは、コピーの暗さで増加する。 Is set to the copy machine normal "copy dark" plain paper copy is carried out, dirty, increases in the copy darkness. コピーの回数が増加すると、明暗は一般的にページ上で変化し、かなり薄れたところが見られた。 When the number of copies increases, the light and dark is generally changes on the page, was seen was quite faded. 汚れや薄れが解読作業にとってさらに不利益であるかどうかは、定かでない。 Whether dirt and faded it is more detrimental to the decoding work is not clear. コピーサイズの拡大または縮小は、別の可能性のある問題である。 Enlargement or reduction of copy size is another potential problem. 10回のコピー後に、ページの縦または横の4%の変化を発見することは稀なことではない。 After ten copies, is not uncommon to find a vertical or 4% change in side of the page. さらに、ページの縦および横の拡大は、著しく異なるものとなりうる。 Furthermore, enlarged vertical and horizontal page can be markedly different. コピーサイズの変化により、 By a change in the copy size,
別のコード化、すなわち、隣り合うテキストライン間の絶対シフトと比較するコード化情報を使用しなければならなかった。 Another coding, i.e., had to use coded information to be compared with the absolute shifts between adjacent text lines. コピーの簡単な検査は、水平方向および垂直方向の両方のずれおよび他のあまり重要でないイメージの欠陥(たとえば、ソルト&ペッパーノイズ)を示す。 Simple inspection of the copies shows a defect in the horizontal and vertical both shift and other less important image (e.g., salt and pepper noise). おそらく、最も驚くべき質の低化は、「ベースラインのうねり」(すなわち、テキストラインの非一定の傾き)である。 Perhaps, the Taker of the most amazing quality is a "swell of the base line" (ie, non-constant slope of the text line). 検出が、この特別なイメージの質の低化によって劇的に影響を受けないことは、驚くべきことである。 Detection is, it does not dramatically affected by this special quality of the image the Taker, is surprising.

【0048】5.1 分析ノイズモデル この小区分では、テキストライン中心へ影響するノイズの簡単なモデルを提供する。 [0048] 5.1 Analysis of noise model This subsection provides a simple model of noise that affects the text line center. 第一のタイプのノイズモデルは、ドキュメントをプリントする際の歪み、第2のタイプのノイズモデルは、コピーの際の歪みである。 The first type of noise models the distortion at the time of printing a document, a second type of noise model is distorted during copying. この第2のタイプのノイズは、コピーの回数に伴って増加する。 This second type of noise increases with the number of copies. 一方、第1のタイプのノイズは、増加しない。 On the other hand, the first type of noise does not increase. ノイズの蓄積が、図15に示される。 Accumulation of noise is illustrated in Figure 15. これは、ドキュメントは、エンコーダ201からオリジナルプリンタ203、 This document is the original printer 203 from the encoder 201,
第1のコピー機、第2のコピー機、一連のコピー機の最後、すなわち、コピー機209、その後デコーダ211 First copy machine, a second copier, the last of a series of copiers, i.e., copier 209, then the decoder 211
を移動するという理論モデルを図示している。 It illustrates a theoretical model that move.

【0049】n+1個のテキストラインを有するテキストの1ページは、いわばトップのページマージンから測定して、テキストラインの中心を示すn+1個の縦軸y [0049] 1 page of text with a (n + 1) of the text line, so to speak, as measured from the top page margin of the vertical axis (n + 1) indicating the center of the text line y
1、‥‥‥‥、yn+1を生じる。 1, ‥‥‥‥, resulting in yn + 1. 隣り合う中心間のスキャンラインにおける中心間隔もしくは距離は、 ti=yi+1−Yi i=1,‥‥‥,n である。 Center spacing or distance in scan lines between adjacent centers, ti = yi + 1-Yi i = 1, ‥‥‥, is n. したがって、ラインシフトの検出には、n+1 Therefore, the detection of the line shift, n + 1
個のテキストラインのページは、nの中心スペースにより効果的に記述される。 Page of the number of text lines, effectively described by the center space of n. 図15では、i番目のラインスペースのシフトC1は、余分なスペースが加えられていた場合は、正であり、スペースが減じられていた場合は、負である。 In Figure 15, the shift C1 of the i-th line space, if extra space has been added, is positive, if the space had been reduced, is negative. プリンタのノイズ、V1、モデルは、プリント、スキャンおよびイメージ加工による歪みの(i Printer noise, V1, model, printing, the distortion due to scanning and image processing (i
番目の中心スペースにおける)累積的な効果である。 Th at the center space) is the cumulative effect. j
番目のコピーの作成には、i番目の中心スペースに任意のノイズNijを加える。 Th to create a copy, add any noise Nij the i-th center space. K番目のコピー後のデコーダの入力において、オリジナルの中心スペースt1+ciは、 At the input of the K-th after copying the decoder, the original central space t1 + ci,
sikに変形された。 It has been transformed into sik. プリント、スキャンおよびイメージ加工の物質的プロセスはコピーとは関係ないので、任意の変数vi(i=1,‥‥‥,n)は、Nji(i=1, Printing, since it is not related to the physical process a copy of scanning and image processing, any variable vi (i = 1, ‥‥‥, n) is, Nji (i = 1,
‥‥‥,n、j=1,‥‥‥,K)と関係ない。 ‥‥‥, n, j = 1, ‥‥‥, K) that there is no relationship.

【0050】n+1個のテキストラインのページが中心スペースt1,‥‥‥,tnで描写されるとしよう。 [0050] (n + 1) of the text line page is the central space of t1, ‥‥‥, trying to be depicted in tn. プリンターのノイズは、それらのスペースを Si=ti+ci+Vi i=1,‥‥‥,n (4.1) に変形し、Vi(i=1,‥‥‥,n)は、独立しており、同様にガウス・ランダム変数が分配される。 Printer noise, their space Si = ti + ci + Vi i = 1, ‥‥‥, deformed into n (4.1), Vi (i = 1, ‥‥‥, n) are independent, similarly Gaussian random variable is distributed to. この前提は、μの平均は=0.0528ピクセルであり、δ12 This premise is the average of μ a = 0.0528 pixels, Delta] 12
の変動は0.140であるという測定により成り立つ。 Change of holds by the measurement that it is 0.140.

【0051】次に、ノイズの影響がコピーにより生じたと仮定する。 Next, it is assumed that the influence of the noise is caused by the copy. n+1個のテキストラインのページの0回目のコピーが、中心スペースsi,‥‥‥,snを有すると仮定する。 (n + 1) 0-th copy of the page of the text line of it is assumed, center space si, ‥‥‥, to have a sn. ページの1回目のコピーは、中心スペースsi1,‥‥‥,sn1により表わされ、 Si1=Si+Ni1 i=1,‥‥‥,n (4.2) であり、Ni1は、i番目の中心スペースSiにおける、 The first copy of the page, the central space si1, ‥‥‥, represented by sn1, Si1 = Si + Ni1 i = 1, ‥‥‥, an n (4.2), Ni1 is, i-th center space in Si,
コピーの際の傾き、スケーリングおよび他の写真複写の歪みの累積的な影響を要約する任意のノイズである。 Slope during copying is any noise that summarizes the cumulative effect of the distortion of the scaling and other photocopying. j
番目のコピー(j≧1)後、中心スペースは、sij,‥ Th after the copy (j ≧ 1), center space, sij, ‥
‥‥,snjにより表示される。 ‥‥, it is displayed by the snj. (4.2)のように、それらの中心スペースは、 Sij=Sijー1+Nij i=1,‥‥‥,n (4.3) であり、Nijは、j−1回目のコピーをコピーすることにより生じるノイズである。 As in (4.2), their centers space, Sij = Sij over 1 + Nij i = 1, ‥‥‥, an n (4.3), Nij is copying the j-1 th copy of is the noise caused by. したがって、中心スペースSijは、全ノイズにより汚される。 Thus, the central space Sij is polluted by all the noise. Sij=Si+(Ni1+‥‥‥+Nij) (4.4) Sij = Si + (Ni1 + ‥‥‥ + Nij) (4.4)

【0052】この取られた測定は、任意のコピー機における以外に単純な統計反応を示唆する。 [0052] Measurements This of fringed suggest simple statistics reaction other than at any copier. ノイズ要素Nij Noise element Nij
(j=1,‥‥‥,K)は、μの平均=0.0666ピクセルと、δ2の変動=0.017ピクセル2を有するガウス・ランダム変数により首尾よくモデル化される。 (J = 1, ‥‥‥, K) is the average = 0.0666 pixels mu, is successfully modeled by a Gaussian random variable with variation = 0.017 pixels 2 .delta.2. 測定は、ランダム変数Ni1,‥‥‥,Nij汚され、正常な状態では、それらは、独立している。 Measurements random variable Ni1, ‥‥‥, soiled Nij, in normal conditions, they are independent. したがって、j回目のコピーにおける中心スペースSijは、 Sij=Si+ηij i=1,‥‥‥,n (4.2) であり、ηijは、jμと、jδ2を有するガウス曲線である。 Thus, the central space Sij in j-th copy of, Sij = Si + ηij i = 1, ‥‥‥, an n (4.2), ηij includes a Jmyu, a Gaussian curve with a Jderuta2.

【0053】プリンタノイズおよびコピー機ノイズは、 [0053] printer noise and copy machine noise,
中心検出下で可能なエラーを概算するため合わせられる。 Suit to approximate the errors possible under center detection. 3つの隣り合う異なってコード化されたテキストラインは、ラインi−1およびi+1がシフトされず、ラインiがcピクセルで(上もしくは下に)シフトされるように表示されたと仮定する。 Three adjacent different each other and coded text line is assumed to line i-1 and i + 1 is not shifted, the line i appears as (below or above) shift c pixels. ti-1およびtiは、オリジナルのスペースの空けられていないドキュメントにおけるそれらのライン間の中心スペースとし、Si-1およびSiは、コード化されたドキュメントのゼロ回目のコピー上の対応するスペースであるとする。 ti-1 and ti is centered space between those lines in the document that have not been emptied of original space, Si-1 and Si is the corresponding space on the zero-th copy of the encoded document to. よって、 Si-1=ti-1+c+Vi-1 (4.6) Si=ti−c+Vi (4.7) であり、ラインiが下にシフトされている場合は、c= Therefore, a Si-1 = ti-1 + c + Vi-1 (4.6) Si = ti-c + Vi (4.7), when the line i is shifted down is, c =
+1であり、ラインiが上にシフトされている場合は、 Is +1, if the line i is shifted to the above,
c=−1である。 c = -1. Sji-1およびSijは、ドキュメントのj回目のコピー上の対応する中心スペースであるとする。 Sji-1 and Sij is assumed to be a corresponding center space on the j-th copy of the document. よって、 Sji-1=ti-1+c+Vi-1+ηji-1 (4.8) Sij=ti−c+Vi+ηij (4.9) であり、ηijは、(4.5)で画定されるものである。 Therefore, a Sji-1 = ti-1 + c + Vi-1 + ηji-1 (4.8) Sij = ti-c + Vi + ηij (4.9), ηij are those defined in (4.5).

【0054】j回目のコピーが復元され、解読されると仮定する。 [0054] it is assumed that the copy of the j-th is restored, be decrypted. 上記の(4.8および4.9)を検出規則(3.3)に加える。 Add above to (4.8 and 4.9) to the detection rule (3.3). Vi-1−Vi>ηij−ηji-1−2cの場合:ラインは下にシフトされていると決 定 (4.10) それ以外 :ラインは上にシフトされていると決定。 For Vi-1-Vi> ηij-ηji-1-2c: Line A decision (4.10) rest is shifted down: lines are shifted on the decision. ランダム変数Vi-1、Viおよびηji-1、ηijは、互いに独立しているので、判断変数DΔ(Vi-1−Vi)+(η Random variable Vi-1, Vi and ηji-1, ηij, since independent of each other, determines a variable DΔ (Vi-1-Vi) + (η
ji-1-ηij)は、ゼロ平均および変動2(δ12+jδ ji-1-ηij) are zero mean and variation 2 (δ12 + jδ
2)をともなうガウス曲線である。 2) it is a Gaussian curve with a. したがって、与えられたラインがエラーと解読される可能性は、 p(D>2c 上にシフト)=1/2p(D≦−2c 下にシフト)=1/2p (D−2) (4.11) エラーの可能性は、補足のエラー関数を用いて容易に評価される。 Therefore, the possibility that a given line is decoded with errors, p (D> 2c shift on) = 1 / 2p (D ≦ -2c shifted down) = 1 / 2p (D-2) (4. 11) possibility of error is easily evaluated using the error function complement. δ12=0.140およびδ2=0.017 δ12 = 0.140 and δ2 = 0.017
測定を用いると、エラーの可能性は、20回目のコピーでたったの約2%である。 With the measurement, potential for errors is only about 2% in the 20th copy.

【0055】5.2 ベースラインおよび中心検出の比較アルゴリズム テキストラインプロフィールのベースラインもしくは中心のどちらかを用いる検出は、異なった利点および欠点を提供する。 [0055] 5.2 Detection using either comparison algorithms text line baselines or the center of the profile of the base line and center finding provides different advantages and disadvantages. 想像するように、実験結果は、中心による検出は、小さなラインシフト(すなわち、1ピクセル) As imagine, experimental results, detected by the center, a small line shifts (i.e., one pixel)
で、且つ大きな歪みを受けやすいコード化したページにおいてはベースラインによる検出よりも優れていることを示している。 In, in and pages susceptible encode large strain shows that superior detection by the baseline. 中心位置は平均となり、真の評価値となるが、ベースライン位置が完全数とされるためこの機能の違いは、大きくなる。 Center position becomes the average, although the true evaluation value, difference in feature for baseline position is complete number is increased. ベースライン位置はテキストラインプロフィールの最高点の検出により決定されることを思い出してほしい。 Baseline position Recall that is determined by the detection of the highest point of the text line profile. この最高点は、時々はっきりせず、ベースラインに隣接するスキャンライン上のプロフィール値がしばしば最高点の値に近くなる。 The highest point is, sometimes not clear, profile value on the scan line which is adjacent to the base line is often close to the value of the highest point. よって、比較的小さなノイズは、隣接するスキャンラインへシフトするよう最高点を生じる。 Thus, a relatively small noise, resulting in the highest point to shift to the adjacent scan lines. テキストラインが1ピクセルシフトでコード化された場合、一本のスキャンラインシフトは、検出エラーを起こすに十分である。 If the text line is coded in 1-pixel shift, a single scan line shift is sufficient to cause a detection error.

【0056】ベースラインよりも、中心は、そのようなイメージの欠陥を被りにくい。 [0056] than the base line, center is less subject to defects of such images. ベースラインは、比較的、ラインの傾き(もしくは、さらに正確には、傾き修正により生じたノイズ)の被害を受けやすい。 Baseline, relatively, the slope of the line (or, more precisely, the noise caused by the inclination correcting) vulnerable to. 中心検出は、ベースライン検出より、優れているが、ベースラインは、他の利点を有している。 Center detection, the baseline detection is excellent, the baseline has other advantages. 特に、コード化されたドキュメントをオリジナルのスペースの空けられていないドキュメントなしで解読することができる。 In particular, it is possible to decode the coded document without document not emptied the original space. 安全なドキュメント配給者は、解読のため中心スペースのオリジナルドキュメントのライブラリを管理する必要から解放される。 Secure document distributor is released from the need to manage the library of original documents of the center space for decryption. 最後に、特に確実な、低いエラーの可能性の検出スキームを提供するためには、両方の検出技法を(また、実際は他の技法と)結合して用いることができる。 Finally, in order to provide a particularly reliable, low error probability of detection schemes, both detection techniques (also actually other techniques) can be used combined with.

【0057】6.0 結論 オリジナルのコピーがそれぞれ特有なものである場合、 [0057] 6.0 If a copy of the conclusion original is is specific, respectively,
ドキュメントの違法コピーの作成および配布を防ぐことができ、また、特定の受信者と関連づけることができる。 It is possible to prevent the creation and distribution illegal copy of the document, also, it can be associated with a particular recipient. ドキュメントを特有のものにする幾つかの技法が記述された。 Some of the techniques for the document to be unique is described. それらの技法のうちのひとつは、テキストラインシフトに基づいたものであり、普通の読者には識別できないように小さなラインスペースの変更は、何度かコピーされた後であっても、ドキュメントのコピーから復元できることをを実証するため実験として履行された。 One of those techniques, which was based on the text line shift, the usual change of a small line space so that it can not be identified to readers, even after it has been copied several times, a copy of the document to demonstrate the ability to recover from a fulfillment as experimental.

【0058】実験において、各パラグラフ内の奇数ラインの位置はそのままで、一方、偶数ラインは、わずかに上もしくは下に移動される。 [0058] In experiments, as it is the position of the odd lines in each paragraph, whereas the even lines are moved slightly upward or downward. 異なるラインシフトを選択することにより、情報は、ドキュメントの中にコード化される。 By selecting different line shifts, information is encoded into the document. ドキュメントが実験中電子フォームのままの場合、コード化された情報を取り戻すことは通常のことである。 If the document is left of the electronic form during the experiment, to regain the encoded information is usually of it. ペーパーコピーから情報を取り戻すには、ドキュメントをスキャンしてコンピューターに戻す。 To regain the information from the paper copy, back to the computer to scan the document. 2つの検出方法が考慮された。 Two detection methods have been considered. ひとつは、各ラインの文字の低点の位置に基づき、他方は、各ラインのかたまりの中心に基づく。 One is based on the position of the low points of the character of each line, the other is based on the center of mass of each line. ベースラインを用いる利点は、それらはコード化する前等しくスペースが空けられており、母型を参照することなしに情報を引き出すことができる。 The advantage of using a baseline, they are equally spaces drilled before encoding, it is possible to extract information without referring to the matrix. ラインのかたまりの中心は、等しくスペースが空けられていない、しかしながら、この技法は、プリントおよびコピーの工程で生じたさまざまな歪みに対してさらに復元力のあるものであることが発見された。 The center of mass of the line is not spaced equal space, however, this technique has been found to be one in which further a restoring force for the various distortions caused by the printing and copying process.

【0059】生じたさまざまな歪みが隣接するライン間の誤差を考慮するとき取り消されたので、この異なったコード化機構が選択された。 [0059] Since various distortion caused is revoked when considering an error between adjacent lines, the different encoding mechanism is selected. 実験では、ドキュメントのラインは、1/300インチほどの小ささで上もしくは下に動かされ、ドキュメントは、10回ほどの多さでコピーされ、その後、ドキュメントはスキャンされてコンピュータに入れられる。 In the experiment, a document line is moved down or up in small as 1/300 inch, the document is copied in the abundance of about 10 times, then the document is placed on the scanned by computer. 行われた実験では、中心解読機構が、限りなく小さなエラー率をもたらした。 In experiments conducted, the center decryption mechanism, resulted in a small error rate as possible. 上述の技法を鑑みて本発明のさまざまな修正および変更が可能であることは、明らかである。 It In view of the above techniques is susceptible to various modifications and alterations of this invention will be apparent. したがって、添付クレームの範囲内において、ここで特別に記述したもの以外で、 Therefore, within the scope of the appended claims, other than those specifically described herein,
本発明を実行できることは理解されることである。 Ability to perform the present invention is to be understood.

【0060】 [0060]

【発明の効果】上述したような本発明は、各加入者特有の独特な識別コードを作成することにより、電子発行されたドキュメントの違法コピーを防止でき、発行者および著作権者が違法コピーを分析できるようにし、その元の加入者を判断することができる。 [Effect of the Invention The present as described above invention, by creating a respective subscriber-specific unique identification code, it is possible to prevent illegal copy of the e-published document, publisher and copyright holder piracy to be able to analyze, it is possible to determine the subscriber of the original.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の方法の好ましい実施例のフローチャートである。 1 is a flow chart of a preferred embodiment of the method of the present invention.

【図2】本発明の方法におけるコード化実行のフローチャートである。 Is a flowchart of encoding performed in the method of the present invention; FIG.

【図3】本発明の方法における解読実行のフローチャートである。 3 is a flowchart of decryption executed in the process of the present invention.

【図4】ポストスクリプトファイルのための一行間のコード化実行のための疑似コードを示す説明図である。 4 is an explanatory diagram showing a pseudo code for coding run between line for PostScript files.

【図5】テキストラインシフトコード化を用いた回収されたドキュメントのプロフィールを示す説明図である。 5 is an explanatory diagram showing a profile of the recovered document using text line-shift encoding.

【図6】5×5ピクセル配列において強調する特徴の3 [Figure 6] emphasize features in 5 × 5 pixel array 3
つの例を示す説明図である。 One of which is an explanatory view showing an example.

【図7】定性的に示した行間測定を用いたラインシフトコード化を示す説明図である。 7 is an explanatory view showing a line shift encoding with qualitatively line spacing measured indicated.

【図8】通常のおよびシフトワードの行間を強調するため縦のラインでのワードシフトコード化を示す説明図である。 8 is an explanatory diagram showing a word shift encoding in vertical lines to emphasize the line spacing of the normal and shift word.

【図9】縦のライン以外は図8に示されたものと同一のテキストを示し、シフトされていないおよびシフトされた両方のワード間隔が訓練を受けていない目にとって自然に現われることの説明図である。 [9] except vertical line represents the same text as shown in Figure 8, illustration of the word spacing both being the unshifted and shifted appears natural to eyes untrained it is.

【図10】特徴を強調しないドキュメントのテキストの一例を示す説明図である。 10 is an explanatory view showing an example of the text of the document that does not emphasize features.

【図11】特徴を強調した図10のテキストを示す説明図である。 11 is an explanatory diagram showing a text of Figure 10 the features emphasized.

【図12】誇張により強調された同一の特徴を有する図11のテキストを示す説明図である。 12 is an explanatory diagram showing a text of Figure 11 having the same features that are emphasized by the exaggerated.

【図13】行間とフォントサイズとが変更されるときのベースラインと中心検出結果との比較を示す説明図である。 13 is an explanatory diagram showing a comparison of the baseline and the center detection result when the line spacing and font size is changed.

【図14】テキストのページが反復的にコピーされるときのベースラインとと中心検出との比較を示す説明図である。 14 is an explanatory diagram showing a comparison of the baseline and the center detection of when a page of text is copied repeatedly.

【図15】ノイズ蓄積モデルのための概略説明図である。 15 is a schematic illustration for noise accumulation model.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

3 発行者 9 エンコーダ 11 ペーパーコピー配布チャネル 13 電子配布チャネル 15 ユーザーディスプレイ 17 ユーザープリンタ 21 ドキュメントデータベース 27 普通紙コピー機 29 違法のペーパーコピー 31 電子ドキュメント 33 エンコーダ 35 コードブック 63、65、67 通常のコード化 73、75、77 強調コード化 81 第1のライン 83 第2のライン 85 第3のライン 87 第4のライン 89 第5のライン 91、93、95、97、99、101、103、10 3 Issuer 9 encoder 11 paper copy distribution channel 13 electronic distribution channel 15 user display 17 user printer 21 document database 27 plain paper copier 29 illicit paper copy 31 electronic document 33 encoder 35 codebook 63, 65, 67 normal coding 73, 75, and 77 emphasize coded 81 first line 83 second line 85 a third line 87 fourth line 89 fifth line 91,93,95,97,99,101,103,10
5、107 縦のライン 201 エンコーダ 203 オリジナルプリンタ 205 第1のコピー機 207 第2のコピー機 209 最後のコピー機K 5,107 vertical lines 201 encoder 203 original printer 205 first copier 207 second copier 209 last copy machine K

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 スチーヴン エッチ. ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Suchivun etch. ロウ アメリカ合衆国,08807 ニュージャー シィ,ブリッジウォーター,フィンダー ン アヴェニュー 84−エー (72)発明者 ニコラス エフ. Wax United States, 08807 New jar Consequences, Bridgewater, Finda down Avenue 84-er (72) inventor Nicholas F. マクゼムチュック アメリカ合衆国,07092 ニュージャー シィ,マウンテンサイド,ローリング ロック ロード 355 (72)発明者 ローレンス ピー. Makuzemuchukku United States, 07092 New jar Consequences, Mountainside, Rolling Rock Road 355 (72) inventor Lawrence copy. オーゴーマン アメリカ合衆国,07940 ニュージャー シィ,マディソン,アルブライト サー クル 18 (56)参考文献 特開 昭61−285578(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) H04N 1/44 H04N 1/38 - 1/393 G09C 5/00 Ogoman United States, 07940 New jar Consequences, Madison, Albright Circle 18 (56) Reference Patent Sho 61-285578 (JP, A) (58 ) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) H04N 1 / 44 H04N 1/38 - 1/393 G09C 5/00

Claims (28)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 電子発行されたドキュメントの違法コピーを防止するために特定の加入者を識別する方法において、 (a)複数の加入者に配布するため、 プリント又はディ 1. A method of identifying a particular subscriber in order to prevent illegal copying of electronic published documents, for distribution to a plurality of subscribers (a), print or di
    スプレイ材料である電子的に生成された材料を有するドキュメントの複数のコピーを電子的に発行するためにコンピュータシステムを使用し、 (b)前記コンピュータシステム内でプログラムを行い、 (i)それぞれ、別々の特有の識別コードで複数のコピーをコード化する工程と、前記識別コードは、ラインシフトコード化に基づき各コピーに電子的に生成された材料の独特の配置に基づくものであり、 (ii)特定の加入者にそのような識別コードをそれぞれ相互に関連づけるための複数の識別コードのコードブックを作成する工程とを実行することからなることを特徴とする防止方法。 Multiple copies of a document having electronically created material is spray material using a computer system to issue electronically, the program is in the (b) said computer system, (i), respectively, separately a step of encoding a plurality of copies at a characteristic identification code, the identification code is based on each copy based on the line shift coding the unique arrangement of the electronically created material, (ii) prevention method characterized by comprising the performing the step of creating a plurality of identification codes in the codebook for associating such identification code to a particular subscriber mutually respectively.
  2. 【請求項2】 前記ラインシフトコード化は、ドキュメントの各コピーを独特にコード化するためにドキュメントに含まれたその他のラインと比較して少なくとも1つのラインの位置をシフトするようにドキュメントのビットマップイメージを変更することによって成し得ることを特徴とする請求項1記載の方法。 Wherein said line shift coding, bits of documents so as to shift the position of at least one line relative to other lines contained in the document to uniquely encode each copy of the document the method of claim 1, wherein the may be made by changing the map image.
  3. 【請求項3】 前記ワードシフトコード化は、その他のワードと比較して少なくとも1つのワードの位置をシフトするようにビットマップイメージを変更することによって成し得ることを特徴とする請求項1記載の方法。 Wherein said word-shift coding, according to claim 1, characterized in that be made by modifying the bitmap image to shift the position of at least one word relative to other words the method of.
  4. 【請求項4】 前記特徴変更コード化は、ビットマップイメージを変更することによって成し得ることを特徴とする請求項1記載の方法。 Wherein said characteristic change coding method of claim 1, wherein the may be made by modifying the bitmap image.
  5. 【請求項5】 前記少なくとも一つのプログラムを実行するため、 (iii)標準のドキュメントとして、前記ドキュメントの第1のコピーを作成する工程と、 (iv)前記標準ドキュメントとは異なるものとする少なくとも一つの変更をそれぞれ有する複数のその後のコピーを作成し、前記複数のその後のコピーが少なくとも前記ひとつの変更に基づいてそれぞれ独特の識別コードを有するように互いに異なるものとする工程と、 (v)前記標準ドキュメントに比較してそのような各コピーの一連の同じおよび異なる点を認識するため前記標準ドキュメントと各その後のコピーとを比較する工程と、 (vi)前記一連の同じおよび異なる点を独特なバイナリの識別コードへコンバートする工程とを実行することを含む請求項1記載の方法 Wherein for executing said at least one program, (iii) as a standard document, the step of creating a first copy of said document, one at least to be different from (iv) the standard document a step of creating a plurality of subsequent copies, and so different from each other, each having a unique identification code based on at least the one of changing the plurality of subsequent copies with one change respectively, (v) the a step of comparing the copy of the standard document and each subsequent to recognize such a series of the same and different for each copy as compared to a standard document, unique and (vi) said sequence of same and different the method of claim 1 comprising performing the step of converting the binary identification code
  6. 【請求項6】 前記コンピュータシステムは、それに接続されたスキャナ装置を有し、前記少なくとも一つのプログラムは、 (1)前記コンピュータシステムへイメージを供給するためドキュメントのコピーをスキャンする工程と、 (2)ラインシフト変更のために前記ドキュメントの各ラインを分析し、その独特な識別コードを決定するためイメージを解読する工程と、 (3)前記独特な識別コードが相互に関連する特別な加入者を決定するためコードブックと前記独特な識別コードとを比較する工程と、 を実行することを含むことを特徴とする請求項1記載の方法。 Wherein said computer system includes a scanner device connected thereto, the at least one program includes the steps of scanning a copy of the document for supplying an image to the (1) the computer system, (2 ) analyzing each line of the document for the line shift change, a step of decrypting the image to determine its unique identification code, a special subscriber associated with each other (3) the unique identification code the method according to claim 1, characterized in that it comprises performing the step of comparing the unique identification code and the codebook, the order determined.
  7. 【請求項7】 前記少なくとも一つのプログラムは、 (1)電子入力デバイスにより予め電子的に発行されたドキュメントのコピーのビットマップイメージを受け取る工程と、 (2)その独特な識別コードを決定するためビットマップイメージを分析する工程と、 (3)前記独特な識別コードが相互に関連する特別な加入者を決定するためコードブックにおける複数の認識コードと、 ビットマップイメージから分析された前記決定された独特の識別コードを比較する工程を実行することを含むことを特徴とする請求項1記載の方法。 Wherein said at least one program (1) a step of receiving a bitmap image of the copy of the previously electronically published document by electronic input device, (2) to determine its unique identification code a step of analyzing the bitmap image, (3) the unique identification code and a plurality of recognition codes in the codebook to determine the particular subscriber associated to each other, is the determined and analyzed from the bitmap image the method according to claim 1, characterized in that it comprises performing the step of comparing the unique identification code.
  8. 【請求項8】 前記少なくとも一つのプログラムは、 (1)予め電子的に発行されたドキュメントのコピーのドキュメントフォーマットファイルを受け取る工程と、 (2)その独特な識別コードを決定するためドキュメントフォーマットファイルを分析する工程と、 (3)前記独特な識別コードが相互に関連する特別な加入者を決定するためコードブックと結果として生じた前記決定された独特な識別コードとを比較する工程とを実行することを含むことを特徴とする請求項1記載の方法。 Wherein said at least one program includes the steps of receiving a (1) pre electronically published document copy of the document format file, the document format file to determine the (2) the unique identification code executing the step of analyzing, and a step of comparing the (3) the unique identification code the determined generated as codebooks and results to determine the special subscriber associated unique identification code to each other the method according to claim 1, characterized in that it comprises.
  9. 【請求項9】 前記プログラムは、ソルト&ペッパー、 9. The program, Salt & Pepper,
    デスキューイング及びテキストライン位置よりなるノイズ除去の工程も有することを特徴とする請求項8記載の方法。 The method of claim 8, wherein also have de-skewing and noise removal step consisting of text line positions.
  10. 【請求項10】 前記分析及び解読する工程は、 隣接す Wherein said analysis and the step of decrypting the adjacent to
    るラインのプロフィールにおいて、隣接するテキストラ In the profile of that line, the adjacent text La
    インのベースラン間の距離が加えられたか減じられたか Or the distance between the base run-in is reduced or made
    を測定し、テキストラインがシフトされているか否かを The measure, whether or not the text line is shifted
    決定するベースライン誤差決定に基づいていることを特徴とする請求項8記載の方法。 The method according to claim 8, characterized in that on the basis of the baseline error determination determined.
  11. 【請求項11】 前記分析及び解読する工程は、 隣接す Wherein said analysis and the step of decrypting the adjacent to
    るラインのプロフィールにおいて、隣接するテキストラ In the profile of that line, the adjacent text La
    インの中心間の距離が加えられたか減じられたかを測定 Measuring whether the distance between the in-the center is reduced or made
    し、テキストラインがシフトされているか否かを決定す And, to determine whether or not the text line is shifted
    中心誤差決定に基づいていることを特徴とする請求項8記載の方法。 The method according to claim 8, characterized in that based on the center error determination that.
  12. 【請求項12】 前記ドキュメントのコピーは、テキストラインコード化によりコード化されたドキュメントからのものであることを特徴とする請求項8記載の方法。 12. copy of the document The method of claim 8, wherein a is from coded document by the text line coding.
  13. 【請求項13】 前記少なくとも一つのプログラムは、 Wherein said at least one program,
    ノイズ除去の工程も有することを特徴とする請求項12 Claim characterized in that it has also processes of noise reduction 12
    記載の方法。 The method described.
  14. 【請求項14】 前記分析及び解読する工程は、 隣接す 14. The analysis and the step of decrypting the adjacent to
    るラインのプロフィールにおいて、隣接するテキストラ In the profile of that line, the adjacent text La
    インのベースライン間の距離が加えられたか減じられた The distance between the baselines of the ins reduced or added
    かを測定し、テキストラインがシフトされているか否か Or to measure, whether or not the text line is shifted
    を決定するベースライン誤差決定に基づいていることを特徴とする請求項12記載の方法。 The method of claim 12, wherein a is based on the baseline error determination determined.
  15. 【請求項15】 前記分析及び解読する工程は、 隣接す 15. The analysis and the step of decrypting the adjacent to
    るラインのプロフィールにおいて、隣接するテキストラ In the profile of that line, the adjacent text La
    インの中心間の距離が加えられたか減じられたかを測定 Measuring whether the distance between the in-the center is reduced or made
    し、テキストラインがシフトされているか否かを決定す And, to determine whether or not the text line is shifted
    中心誤差決定に基づいていることを特徴とする請求項12記載の方法。 The method of claim 12, wherein in that based on the center error determination that.
  16. 【請求項16】 前記ドキュメントのコピーは、ワードシフトコード化によりコード化されたドキュメントからのものであることを特徴とする請求項8記載の方法。 16. copy of the document The method of claim 8, wherein a is from encoded document by word shift coding.
  17. 【請求項17】 前記ドキュメントのコピーは、特徴強調コード化によりコード化されたドキュメントからのものであることを特徴とする請求項8記載の方法。 17. copy of the document The method of claim 8, wherein a is from coded document by feature enhancement encoding.
  18. 【請求項18】 電子発行されたドキュメントの違法コピーを防止するために特定の加入者を識別する方法において、 (a)複数の加入者に配布するため、順に配列されたワードを含む電子的に生成された材料を有するドキュメントの複数のコピーを電子的に発行するためにコンピュータシステムを使用し、 (b)前記コンピュータシステム内でプログラムを行い、 (i)それぞれ、別々の特有の識別コードで複数のコピーをコード化する工程と、前記識別コードは、ワードシフトコード化に基づき各コピーに電子的に生成された材料の独特の配置に基づくものであり、前記ワードシフトコード化は、ドキュメントの各コピーを独特にコードするためにドキュメントに含まれる他のワードに対して少なくとも1つのシフトロケーションを含み 18. A method for identifying a particular subscriber in order to prevent illegal copying of electronic published document, (a) for distribution to a plurality of subscribers, electronically containing words arranged in order multiple copies of a document having the generated material using a computer system to issue electronically, (b) the the program is in the computer system, (i), respectively, a plurality in a separate unique identification code step and said identification code to code a copy of is based on a unique arrangement of the electronically created material on each copy based on word-shift coding, the word shift coding, each of the documents comprising at least one shift location with respect to other words contained in the document to uniquely encode copy 、 (ii)特定の加入者にそのような識別コードをそれぞれ相互に関連づけるための複数の識別コードのコードブックを作成する工程とを実行することからなることを特徴とする防止方法。 Prevention method characterized by comprising the performing the step of creating a plurality of identification codes in the codebook for correlating each such identification code (ii) a particular subscriber.
  19. 【請求項19】 電子発行されたドキュメントの違法コピーを防止するために特定の加入者を識別する方法において、 (a)複数の加入者に配布するため、標準化プリント特徴を含む電子的に生成された材料を有するドキュメントの複数のコピーを電子的に発行するためにコンピュータシステムを使用し、 (b)前記コンピュータシステム内でプログラムを行い、 (i)それぞれ、別々の特有の識別コードで複数のコピーをコード化する工程と、前記識別コードは、特徴変更シフトコード化に基づき各コピーに電子的に生成された材料の独特の配置に基づくものであり、前記標準化プリント特徴に対して少なくとも1つのプリント特徴を変更し、 (ii)特定の加入者にそのような識別コードをそれぞれ相互に関連づけるための複数の識別 19. The method for identifying a particular subscriber in order to prevent illegal copying of electronic published document, (a) for distribution to a plurality of subscribers, is electronically generated that contains a standardized print features and multiple copies of a document having a material using the computer system to issue electronically, (b) the the program is in the computer system, (i) each of a plurality of copies in separate unique identification code a step of encoding, the identification code is based on a unique arrangement of the electronically created material on each copy based on the feature change shift coding, at least one print to the standardized print features change the characteristics, (ii) a plurality of identification for associating a particular subscriber to such an identification code to each other, respectively ードのコードブックを作成する工程とを実行することからなることを特徴とする防止方法。 Prevention method characterized by comprising the performing the step of creating a code book over de.
  20. 【請求項20】 前記少なくとも一つのプログラムを実行するため、 (iii)標準のドキュメントとして、前記ドキュメントの第1のコピーを作成する工程と、 (iv)前記標準ドキュメントとは異なるものとする少なくとも一つの変更をそれぞれ有する複数のその後のコピーを作成し、前記コピーが少なくとも前記ひとつの変更に基づいてそれぞれ独特の識別コードを有するように互いに異なるものとする工程と、 (v)前記標準ドキュメントに比較してそのような各コピーの一連の同じおよび異なる点を認識するため前記標準ドキュメントと各その後のコピーとを比較する工程と、 (vi)前記一連の同じおよび異なる点を独特なバイナリの識別コードへコンバートする工程とを実行することを含む請求項18記載の方法。 20. To perform the at least one program, (iii) as a standard document, the step of creating a first copy of said document, one at least to be different from (iv) the standard document a step of creating a plurality of subsequent copies, and so different from each other, each having a unique identification code based on changes in the copy at least the one with one change respectively, compared to (v) said standard document to process and, (vi) the series of identification codes of the same and unique for different binary comparing the copy of the standard document and each subsequent to recognize such a series of the same and different from each copy the method of claim 18 comprising performing the step of converting into.
  21. 【請求項21】 前記少なくとも一つのプログラムを実行するため、 (iii)標準のドキュメントとして、前記ドキュメントの第1のコピーを作成する工程と、 (iv)前記標準ドキュメントとは異なるものとする少なくとも一つの変更をそれぞれ有する複数のその後のコピーを作成し、前記コピーが少なくとも前記ひとつの変更に基づいてそれぞれ独特の識別コードを有するように互いに異なるものとする工程と、 (v)前記標準ドキュメントに比較してそのような各コピーの一連の同じおよび異なる点を認識するため前記標準ドキュメントと各その後のコピーとを比較する工程と、 (vi)前記一連の同じおよび異なる点を独特なバイナリの識別コードへコンバートする工程とを実行することを含む請求項19記載の方法。 21. To perform the at least one program, (iii) as a standard document, the step of creating a first copy of said document, one at least to be different from (iv) the standard document a step of creating a plurality of subsequent copies, and so different from each other, each having a unique identification code based on changes in the copy at least the one with one change respectively, compared to (v) said standard document to process and, (vi) the series of identification codes of the same and unique for different binary comparing the copy of the standard document and each subsequent to recognize such a series of the same and different from each copy the method of claim 19 comprising performing the step of converting into.
  22. 【請求項22】 前記コンピュータシステムは、それに接続されたスキャナ装置を有し、前記少なくとも一つのプログラムは、 (1)前記コンピュータシステムへイメージを供給するためドキュメントのコピーをスキャンする工程と、 (2)ラインシフト変更のために前記ドキュメントの各ラインを分析し、その独特な識別コードを決定するためイメージを解読する工程と、 (3)前記独特な識別コードが相互に関連する特別な加入者を決定するためコードブックと前記独特な識別コードとを比較する工程と、 を実行することを含むことを特徴とする請求項18記載の方法。 22. The computer system includes a scanner device connected thereto, the at least one program includes the steps of scanning a copy of the document for supplying an image to the (1) the computer system, (2 ) analyzing each line of the document for the line shift change, a step of decrypting the image to determine its unique identification code, a special subscriber associated with each other (3) the unique identification code the method of claim 18, wherein the comprises performing the step of comparing the unique identification code and the codebook, the order determined.
  23. 【請求項23】 前記コンピュータシステムは、それに接続されたスキャナ装置を有し、前記少なくとも一つのプログラムは、 (1)前記コンピュータシステムへイメージを供給するためドキュメントのコピーをスキャンする工程と、 (2)ラインシフト変更のために前記ドキュメントの各ラインを分析し、その独特な識別コードを決定するためイメージを解読する工程と、 (3)前記独特な識別コードが相互に関連する特別な加入者を決定するためコードブックと前記独特な識別コードとを比較する工程と、 を実行することを含むことを特徴とする請求項19記載の方法。 23. The computer system includes a scanner device connected thereto, the at least one program includes the steps of scanning a copy of the document for supplying an image to the (1) the computer system, (2 ) analyzing each line of the document for the line shift change, a step of decrypting the image to determine its unique identification code, a special subscriber associated with each other (3) the unique identification code the method of claim 19, wherein the comprises performing the step of comparing the unique identification code and the codebook, the order determined.
  24. 【請求項24】 前記少なくとも一つのプログラムは、 (1)電子入力デバイスにより予め電子的に発行されたドキュメントのコピーのビットマップイメージを受け取る工程と、 (2)その独特な識別コードを決定するためビットマップイメージを分析する工程と、 (3)前記独特な識別コードが相互に関連する特別な加入者を決定するためコードブックにおける複数の認識コードと、 ビットマップイメージから分析された前記決定された独特の識別コードを比較する工程を実行することを含むことを特徴とする請求項18記載の方法。 24. wherein said at least one program (1) a step of receiving a bitmap image of the copy of the previously electronically published document by electronic input device, (2) to determine its unique identification code a step of analyzing the bitmap image, (3) the unique identification code and a plurality of recognition codes in the codebook to determine the particular subscriber associated to each other, is the determined and analyzed from the bitmap image the method of claim 18, wherein the comprises performing the step of comparing the unique identification code.
  25. 【請求項25】 前記少なくとも一つのプログラムは、 (1)電子入力デバイスにより予め電子的に発行されたドキュメントのコピーのビットマップイメージを受け取る工程と、 (2)その独特な識別コードを決定するためビットマップイメージを分析する工程と、 (3)前記独特な識別コードが相互に関連する特別な加入者を決定するためコードブックにおける複数の認識コードと、 ビットマップイメージから分析された前記決定された独特の識別コードを比較する工程を実行することを含むことを特徴とする請求項19記載の方法。 25. wherein said at least one program (1) a step of receiving a bitmap image of the copy of the previously electronically published document by electronic input device, (2) to determine its unique identification code a step of analyzing the bitmap image, (3) the unique identification code and a plurality of recognition codes in the codebook to determine the particular subscriber associated to each other, is the determined and analyzed from the bitmap image the method of claim 19, wherein the comprises performing the step of comparing the unique identification code.
  26. 【請求項26】 前記プログラムは、ソルト&ペッパー、デスキューイング及びテキストライン位置よりなるノイズ除去の工程も有することを特徴とする請求項25 26. The program according to claim characterized in that it has also salt and pepper, the noise removal consisting of de-skewing and text line position step 25
    記載の方法。 The method described.
  27. 【請求項27】 前記分析および解読する工程は、ベースライン誤差決定に基づいており、テキストラインがシフトされるか否かに関して隣接するベースライン距離を決定することを特徴とする請求項25記載の方法。 Step 27. of analyzing and decryption are based on baseline error determination, according to claim 25, wherein determining the baseline distance adjacent to whether the text line is shifted Method.
  28. 【請求項28】 前記分析および解読する工程は、中心誤差決定に基づいていることを特徴とする請求項25記載の方法。 28. The analysis and the step of decrypting method of claim 25, wherein in that based on the center error determination.
JP06308029A 1993-12-20 1994-12-13 Document copy protection method Expired - Fee Related JP3136061B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08/170,619 US6086706A (en) 1993-12-20 1993-12-20 Document copying deterrent method
US170619 1993-12-20

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07222000A JPH07222000A (en) 1995-08-18
JP3136061B2 true JP3136061B2 (en) 2001-02-19

Family

ID=22620629

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06308029A Expired - Fee Related JP3136061B2 (en) 1993-12-20 1994-12-13 Document copy protection method

Country Status (5)

Country Link
US (2) US6086706A (en)
EP (1) EP0660275B1 (en)
JP (1) JP3136061B2 (en)
CA (1) CA2136166C (en)
DE (2) DE69421255T2 (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7106884B2 (en) 2002-02-01 2006-09-12 Canon Kabushiki Kaisha Digital watermark embedding apparatus for document, digital watermark extraction apparatus for document, and their control method
US7209572B2 (en) 2002-06-18 2007-04-24 Canon Kabushiki Kaisha Digital watermark embedding apparatus, digital watermark extraction apparatus, and methods thereof
US7260238B2 (en) 2002-12-09 2007-08-21 Canon Kabushiki Kaisha Digital watermark embedding method, apparatus, digital watermark extraction method and apparatus
US7269274B2 (en) 2002-12-09 2007-09-11 Canon Kabushiki Kaisha Digital watermark embedding method, digital watermark extraction method, digital watermark embedding apparatus, and digital watermark extraction apparatus
US7536026B2 (en) 2002-03-29 2009-05-19 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus and method
US8411313B2 (en) 2007-09-14 2013-04-02 Ricoh Company, Limited Image forming apparatus and image reading method for reading an untargeted page of an original

Families Citing this family (142)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7286684B2 (en) * 1994-03-17 2007-10-23 Digimarc Corporation Secure document design carrying auxiliary machine readable information
US5841886A (en) 1993-11-18 1998-11-24 Digimarc Corporation Security system for photographic identification
US6757406B2 (en) 1993-11-18 2004-06-29 Digimarc Corporation Steganographic image processing
US6728390B2 (en) 1995-05-08 2004-04-27 Digimarc Corporation Methods and systems using multiple watermarks
US6546112B1 (en) * 1993-11-18 2003-04-08 Digimarc Corporation Security document with steganographically-encoded authentication data
US6580819B1 (en) 1993-11-18 2003-06-17 Digimarc Corporation Methods of producing security documents having digitally encoded data and documents employing same
US6535618B1 (en) 1994-10-21 2003-03-18 Digimarc Corporation Image capture device with steganographic data embedding
US6614914B1 (en) 1995-05-08 2003-09-02 Digimarc Corporation Watermark embedder and reader
US7778437B2 (en) 1994-03-17 2010-08-17 Digimarc Corporation Media and methods employing steganographic marking
US7620200B2 (en) 1995-05-08 2009-11-17 Digimarc Corporation Authentication of identification documents
US6721440B2 (en) 1995-05-08 2004-04-13 Digimarc Corporation Low visibility watermarks using an out-of-phase color
US5748763A (en) 1993-11-18 1998-05-05 Digimarc Corporation Image steganography system featuring perceptually adaptive and globally scalable signal embedding
US6968057B2 (en) * 1994-03-17 2005-11-22 Digimarc Corporation Emulsion products and imagery employing steganography
US7171016B1 (en) 1993-11-18 2007-01-30 Digimarc Corporation Method for monitoring internet dissemination of image, video and/or audio files
US7555139B2 (en) * 1995-05-08 2009-06-30 Digimarc Corporation Secure documents with hidden signals, and related methods and systems
US6760463B2 (en) 1995-05-08 2004-07-06 Digimarc Corporation Watermarking methods and media
US6345104B1 (en) * 1994-03-17 2002-02-05 Digimarc Corporation Digital watermarks and methods for security documents
US6944298B1 (en) 1993-11-18 2005-09-13 Digimare Corporation Steganographic encoding and decoding of auxiliary codes in media signals
US6449377B1 (en) * 1995-05-08 2002-09-10 Digimarc Corporation Methods and systems for watermark processing of line art images
US7006661B2 (en) 1995-07-27 2006-02-28 Digimarc Corp Digital watermarking systems and methods
US7054463B2 (en) 1998-01-20 2006-05-30 Digimarc Corporation Data encoding using frail watermarks
US6983051B1 (en) 1993-11-18 2006-01-03 Digimarc Corporation Methods for audio watermarking and decoding
US6408082B1 (en) 1996-04-25 2002-06-18 Digimarc Corporation Watermark detection using a fourier mellin transform
US5832119C1 (en) 1993-11-18 2002-03-05 Digimarc Corp Methods for controlling systems using control signals embedded in empirical data
US6611607B1 (en) 1993-11-18 2003-08-26 Digimarc Corporation Integrating digital watermarks in multimedia content
US5862260A (en) 1993-11-18 1999-01-19 Digimarc Corporation Methods for surveying dissemination of proprietary empirical data
US6424725B1 (en) 1996-05-16 2002-07-23 Digimarc Corporation Determining transformations of media signals with embedded code signals
US7676059B2 (en) * 1994-10-21 2010-03-09 Digimarc Corporation Video steganography or encoding
US7313251B2 (en) 1993-11-18 2007-12-25 Digimarc Corporation Method and system for managing and controlling electronic media
US5768426A (en) 1993-11-18 1998-06-16 Digimarc Corporation Graphics processing system employing embedded code signals
US6122403A (en) 1995-07-27 2000-09-19 Digimarc Corporation Computer system linked by using information in data objects
US7113615B2 (en) 1993-11-18 2006-09-26 Digimarc Corporation Watermark embedder and reader
US6381341B1 (en) 1996-05-16 2002-04-30 Digimarc Corporation Watermark encoding method exploiting biases inherent in original signal
US7724919B2 (en) 1994-10-21 2010-05-25 Digimarc Corporation Methods and systems for steganographic processing
US6560349B1 (en) * 1994-10-21 2003-05-06 Digimarc Corporation Audio monitoring using steganographic information
US6978036B2 (en) * 1998-07-31 2005-12-20 Digimarc Corporation Tamper-resistant authentication techniques for identification documents
US6948070B1 (en) 1995-02-13 2005-09-20 Intertrust Technologies Corporation Systems and methods for secure transaction management and electronic rights protection
US7143290B1 (en) * 1995-02-13 2006-11-28 Intertrust Technologies Corporation Trusted and secure techniques, systems and methods for item delivery and execution
US6658568B1 (en) 1995-02-13 2003-12-02 Intertrust Technologies Corporation Trusted infrastructure support system, methods and techniques for secure electronic commerce transaction and rights management
AT419586T (en) 1995-02-13 2009-01-15 Intertrust Tech Corp Systems and methods for secured transaction management and electronic legal protection
US7133846B1 (en) 1995-02-13 2006-11-07 Intertrust Technologies Corp. Digital certificate support system, methods and techniques for secure electronic commerce transaction and rights management
US6516079B1 (en) 2000-02-14 2003-02-04 Digimarc Corporation Digital watermark screening and detecting strategies
US6804377B2 (en) 2000-04-19 2004-10-12 Digimarc Corporation Detecting information hidden out-of-phase in color channels
US6829368B2 (en) 2000-01-26 2004-12-07 Digimarc Corporation Establishing and interacting with on-line media collections using identifiers in media signals
US6522770B1 (en) 1999-05-19 2003-02-18 Digimarc Corporation Management of documents and other objects using optical devices
JP3542678B2 (en) * 1995-12-28 2004-07-14 甲子雄 松井 Encoding and decoding method using a length of blank space between words in an electronic document, the method embedding signature information to electronic documents, encryption method confidential documents
US5822436A (en) 1996-04-25 1998-10-13 Digimarc Corporation Photographic products and methods employing embedded information
US6157721A (en) 1996-08-12 2000-12-05 Intertrust Technologies Corp. Systems and methods using cryptography to protect secure computing environments
US5943422A (en) 1996-08-12 1999-08-24 Intertrust Technologies Corp. Steganographic techniques for securely delivering electronic digital rights management control information over insecure communication channels
US5892900A (en) 1996-08-30 1999-04-06 Intertrust Technologies Corp. Systems and methods for secure transaction management and electronic rights protection
US5920878A (en) * 1996-11-14 1999-07-06 Demont; Jason Paul Method for hiding a binary encoded message in an electronic document by modulating the case of the characters in a case-insensitive markup language
US6674875B1 (en) 1997-09-30 2004-01-06 Durand Limited Anti-counterfeiting and diffusive screens
US7092914B1 (en) * 1997-11-06 2006-08-15 Intertrust Technologies Corporation Methods for matching, selecting, narrowcasting, and/or classifying based on rights management and/or other information
DE19847942A1 (en) * 1998-04-03 2000-04-13 Deutsche Telekom Ag Inserting security fingerprint into electronic documents by allocating point in hyperplane to each marking point in document
DE59914374D1 (en) 1998-10-09 2007-07-26 Deutsche Telekom Ag Method for introducing and analyzing tamper-proof digital fingerprints in electronic documents
DE19816356C2 (en) * 1998-04-03 2001-01-25 Deutsche Telekom Ag Method for introducing manipulation-proof digital fingerprints into electronic documents
US7974495B2 (en) * 2002-06-10 2011-07-05 Digimarc Corporation Identification and protection of video
JP2000099501A (en) * 1998-09-17 2000-04-07 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Method and system for padding information into document data
US6463162B1 (en) * 1998-09-30 2002-10-08 Hewlett-Packard Company Robust watermarking for digital objects
US6119108A (en) * 1998-10-01 2000-09-12 Aires Systems Corporation Secure electronic publishing system
US6363381B1 (en) * 1998-11-03 2002-03-26 Ricoh Co., Ltd. Compressed document matching
US6914691B1 (en) 1998-11-27 2005-07-05 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus, data processing method, and storage medium
US6335794B1 (en) * 1998-12-23 2002-01-01 Hewlett-Packard Company Detection and deterrence of counterfeiting of two-sided documents
JP3373811B2 (en) * 1999-08-06 2003-02-04 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション Watermark embedding and detecting method and apparatus to black-and-white binary document image
US6771820B1 (en) * 1999-08-12 2004-08-03 Hewlett-Packard Development Company, Lp. Encoding information within text printed on a page using differing gray or color levels
BG63520B1 (en) * 1999-10-15 2002-03-29 Живко ЖЕЛЕВ Multimedia single- and multistage encoded marking of a sticker on products
US6959098B1 (en) 1999-11-30 2005-10-25 Digimarc Corporation Method and system for determining image transformation
AU2067101A (en) * 1999-12-15 2001-06-25 Sun Microsystems, Inc. A method and apparatus for watermarking digital content
US6577746B1 (en) 1999-12-28 2003-06-10 Digimarc Corporation Watermark-based object linking and embedding
US6625297B1 (en) 2000-02-10 2003-09-23 Digimarc Corporation Self-orienting watermarks
US7502937B2 (en) * 2001-04-30 2009-03-10 Digimarc Corporation Digital watermarking security systems
US7958359B2 (en) * 2001-04-30 2011-06-07 Digimarc Corporation Access control systems
US7742993B2 (en) * 2005-10-31 2010-06-22 James Leonard Driessen SCART-card (secure consumer advantaged retail trading)
US10304052B2 (en) 2000-06-30 2019-05-28 James Leonard Driessen Retail point of sale (RPOS) apparatus for internet merchandising
US6788800B1 (en) 2000-07-25 2004-09-07 Digimarc Corporation Authenticating objects using embedded data
US7003500B1 (en) * 2000-08-01 2006-02-21 James Leonard Driessen Retail point of sale (RPOS) apparatus for internet merchandising
US7136486B2 (en) 2000-09-11 2006-11-14 Seiko Epson Corporation Print system and printer capable of prevention of unjust copy print
US6757699B2 (en) 2000-10-06 2004-06-29 Franciscan University Of Steubenville Method and system for fragmenting and reconstituting data
WO2002039397A1 (en) * 2000-11-07 2002-05-16 Zhivko Georgiev Zhelev A device for recording multi-dimensional coded markings upon products for protection and verification purposes
US7062065B2 (en) 2001-01-31 2006-06-13 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Anti-counterfeiting method and system
US20020118860A1 (en) * 2001-02-23 2002-08-29 Joe Pasqua Document watermarking method using line margin shifting
US20030002708A1 (en) * 2001-02-23 2003-01-02 Joe Pasqua System and method for watermark detection
FR2822281B1 (en) * 2001-03-16 2003-07-25 Gilles Marie Francois Tardy Method for allocation of image publication codes
HU0304080A3 (en) * 2001-06-12 2005-09-28 Ibm Method of invisibly embedding and hiding data into soft-copy text documents
WO2002101522A2 (en) * 2001-06-12 2002-12-19 International Business Machines Corporation Method of authenticating a plurality of files linked to a text document
AT521928T (en) * 2001-06-12 2011-09-15 Ibm Procedure for invisible inserting of license identification of the producing licensed software in a text document
AU2002311599A1 (en) * 2001-06-14 2003-01-02 Vidius Inc. A method and a system for embedding textual forensic information
US20040189682A1 (en) * 2001-12-26 2004-09-30 Lidror Troyansky Method and a system for embedding textual forensic information
US8181884B2 (en) 2003-11-17 2012-05-22 Digimarc Corporation Machine-readable features for objects
FR2829343A1 (en) * 2001-09-04 2003-03-07 St Microelectronics Sa Method for inserting binary messages in a digital image
US20030101065A1 (en) * 2001-11-27 2003-05-29 International Business Machines Corporation Method and apparatus for maintaining conversation threads in electronic mail
JP2003259112A (en) * 2001-12-25 2003-09-12 Canon Inc Watermark information extracting device and its control method
US20030145206A1 (en) * 2002-01-25 2003-07-31 Jack Wolosewicz Document authentication and verification
US6899475B2 (en) * 2002-01-30 2005-05-31 Digimarc Corporation Watermarking a page description language file
JP4072448B2 (en) * 2002-03-14 2008-04-09 キヤノン株式会社 Digital watermark extraction method and apparatus, program, and storage medium
US20040001606A1 (en) * 2002-06-28 2004-01-01 Levy Kenneth L. Watermark fonts
JP4194462B2 (en) * 2002-11-12 2008-12-10 キヤノン株式会社 Digital watermark embedding method, digital watermark embedding apparatus, program for realizing them, and computer-readable storage medium
GB0306578D0 (en) * 2003-03-21 2003-04-30 Rue De Int Ltd Method of providing a covert security feature
US8014557B2 (en) 2003-06-23 2011-09-06 Digimarc Corporation Watermarking electronic text documents
US7324648B1 (en) * 2003-07-08 2008-01-29 Copyright Clearance Center, Inc. Method and apparatus for secure key delivery for decrypting bulk digital content files at an unsecure site
US8006307B1 (en) * 2003-07-09 2011-08-23 Imophaze Research Co., L.L.C. Method and apparatus for distributing secure digital content that can be indexed by third party search engines
US7350185B2 (en) * 2003-09-03 2008-03-25 Electronic Data Systems Corporation System, method, and computer program product for effort estimation
US20050053236A1 (en) * 2003-09-08 2005-03-10 Samii Mohammad M. Printed material verification
JP2005094275A (en) * 2003-09-17 2005-04-07 Ricoh Co Ltd Copy propriety discriminating apparatus, image reading apparatus, scanner apparatus, facsimile machine, copying machine, and composite machine
US7305654B2 (en) * 2003-09-19 2007-12-04 Lsi Corporation Test schedule estimator for legacy builds
JP2005122704A (en) * 2003-09-22 2005-05-12 Fujitsu Ltd Program
GB2411330A (en) * 2004-02-17 2005-08-24 William John Bailey A means for document security tracking
US7644281B2 (en) * 2004-09-27 2010-01-05 Universite De Geneve Character and vector graphics watermark for structured electronic documents security
EP1825419A4 (en) 2004-11-09 2008-08-06 Digimarc Corp Authenticating identification and security documents
JP4532331B2 (en) * 2004-12-08 2010-08-25 株式会社リコー Information embedding device, information extracting device, information embedding method, information extracting method, information embedding program, and information extracting program
JP4310288B2 (en) * 2005-04-12 2009-08-05 キヤノン株式会社 Image processing apparatus and method, program, and storage medium
US8184326B2 (en) * 2005-06-22 2012-05-22 Xerox Corpoaration Information dissemination multifunction device
CN1933391A (en) 2005-09-16 2007-03-21 北京书生国际信息技术有限公司 Hidden code inserting and detecting method
CN103258314A (en) * 2005-09-16 2013-08-21 北京书生国际信息技术有限公司 Method for embedding and detecting cryptical code
AU2006294887A1 (en) * 2005-09-23 2007-04-05 Futurelogic, Inc. Method and apparatus for randomized, bidirectional printing
CA2624277A1 (en) * 2005-10-04 2007-04-12 Futurelogic, Inc. Method and apparatus for randomized printing and bidirectional shifting
US20070271250A1 (en) * 2005-10-19 2007-11-22 Monro Donald M Basis selection for coding and decoding of data
US8674855B2 (en) * 2006-01-13 2014-03-18 Essex Pa, L.L.C. Identification of text
US7783079B2 (en) * 2006-04-07 2010-08-24 Monro Donald M Motion assisted data enhancement
US7692832B2 (en) * 2006-04-25 2010-04-06 Xerox Corporation Method for correcting scanner non-uniformity
US7586424B2 (en) * 2006-06-05 2009-09-08 Donald Martin Monro Data coding using an exponent and a residual
US7845571B2 (en) * 2006-06-19 2010-12-07 Monro Donald M Data compression
US20070290899A1 (en) * 2006-06-19 2007-12-20 Donald Martin Monro Data coding
US7770091B2 (en) * 2006-06-19 2010-08-03 Monro Donald M Data compression for use in communication systems
GB2440375A (en) * 2006-07-21 2008-01-30 Clearswift Ltd Method for detecting matches between previous and current image files, for files that produce visually identical images yet are different
US7689049B2 (en) * 2006-08-31 2010-03-30 Donald Martin Monro Matching pursuits coding of data
US7508325B2 (en) * 2006-09-06 2009-03-24 Intellectual Ventures Holding 35 Llc Matching pursuits subband coding of data
US7974488B2 (en) 2006-10-05 2011-07-05 Intellectual Ventures Holding 35 Llc Matching pursuits basis selection
US7707214B2 (en) * 2007-02-21 2010-04-27 Donald Martin Monro Hierarchical update scheme for extremum location with indirect addressing
US7707213B2 (en) * 2007-02-21 2010-04-27 Donald Martin Monro Hierarchical update scheme for extremum location
US20080205505A1 (en) * 2007-02-22 2008-08-28 Donald Martin Monro Video coding with motion vectors determined by decoder
US10194175B2 (en) * 2007-02-23 2019-01-29 Xylon Llc Video coding with embedded motion
JP4861250B2 (en) * 2007-05-31 2012-01-25 キヤノン株式会社 Image processing apparatus and control method thereof
JP4861251B2 (en) * 2007-05-31 2012-01-25 キヤノン株式会社 Image processing apparatus and control method thereof
US20090292643A1 (en) * 2008-05-21 2009-11-26 Shanda Interactive Entertainment Limited System and method for online publication
US7864086B2 (en) * 2008-10-06 2011-01-04 Donald Martin Monro Mode switched adaptive combinatorial coding/decoding for electrical computers and digital data processing systems
US7791513B2 (en) * 2008-10-06 2010-09-07 Donald Martin Monro Adaptive combinatorial coding/decoding with specified occurrences for electrical computers and digital data processing systems
US7786903B2 (en) * 2008-10-06 2010-08-31 Donald Martin Monro Combinatorial coding/decoding with specified occurrences for electrical computers and digital data processing systems
US7786907B2 (en) * 2008-10-06 2010-08-31 Donald Martin Monro Combinatorial coding/decoding with specified occurrences for electrical computers and digital data processing systems
US8576049B2 (en) * 2009-09-23 2013-11-05 International Business Machines Corporation Document authentication and identification
US8976003B2 (en) * 2009-09-23 2015-03-10 International Business Machines Corporation Large-scale document authentication and identification system
GB2524724A (en) * 2014-03-19 2015-10-07 Omarco Network Solutions Ltd Steganographic document alteration

Family Cites Families (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3914877A (en) * 1974-04-08 1975-10-28 Marion E Hines Image scrambling technique
US4310180A (en) * 1977-05-18 1982-01-12 Burroughs Corporation Protected document and method of making same
DE2943436A1 (en) * 1979-10-26 1981-05-07 Wolfram Dr Ing Szepanski Security coding system for documents - has cover coding printed on document and optically scanned for comparison with normal text
US4488245A (en) * 1982-04-06 1984-12-11 Loge/Interpretation Systems Inc. Method and means for color detection and modification
US5367148A (en) * 1986-04-18 1994-11-22 Cias, Inc. Counterfeit detection using ID numbers with at least one random portion
GB2193591B (en) * 1986-08-07 1990-07-25 Gen Electric Plc Security arrangement
JPH0520775B2 (en) * 1987-11-13 1993-03-22 Tokyo Shibaura Electric Co
EP0401258B1 (en) * 1988-02-11 1994-11-30 VOGEL, Peter Samuel Document marking system
JPH01221070A (en) * 1988-02-29 1989-09-04 Casio Comput Co Ltd Image information processor
JP2794714B2 (en) * 1988-06-29 1998-09-10 ソニー株式会社 Printer
EP0383985A1 (en) * 1989-02-24 1990-08-29 Claus Peter Prof. Dr. Schnorr Method for subscriber identification and for generation and verification of electronic signatures in a data exchange system
US4983817A (en) * 1989-03-01 1991-01-08 Battelle Memorial Institute Background compensating bar code readers
EP0565738A1 (en) * 1990-01-05 1993-10-20 Symbol Technologies, Inc. System for encoding and decoding data in machine readable graphic form
JP3080382B2 (en) * 1990-02-21 2000-08-28 株式会社日立製作所 Encrypted communication system
US5077795A (en) * 1990-09-28 1991-12-31 Xerox Corporation Security system for electronic printing systems
US5363202A (en) * 1991-03-29 1994-11-08 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus with anti-forgery function
US5235642A (en) * 1992-07-21 1993-08-10 Digital Equipment Corporation Access control subsystem and method for distributed computer system using locally cached authentication credentials
US5291243A (en) * 1993-02-05 1994-03-01 Xerox Corporation System for electronically printing plural-color tamper-resistant documents
US5436974A (en) * 1993-10-12 1995-07-25 Innovator Corporation Method of encoding confidentiality markings
CA2129075C (en) * 1993-10-18 1999-04-20 Joseph J. Daniele Electronic copyright royalty accounting system using glyphs
GB9400942D0 (en) * 1994-01-19 1994-03-16 De La Rue Thomas & Co Ltd Copy indicating security device
US5509074A (en) * 1994-01-27 1996-04-16 At&T Corp. Method of protecting electronically published materials using cryptographic protocols
US5513264A (en) * 1994-04-05 1996-04-30 Metanetics Corporation Visually interactive encoding and decoding of dataforms

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7106884B2 (en) 2002-02-01 2006-09-12 Canon Kabushiki Kaisha Digital watermark embedding apparatus for document, digital watermark extraction apparatus for document, and their control method
US7536026B2 (en) 2002-03-29 2009-05-19 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus and method
US7209572B2 (en) 2002-06-18 2007-04-24 Canon Kabushiki Kaisha Digital watermark embedding apparatus, digital watermark extraction apparatus, and methods thereof
US7260238B2 (en) 2002-12-09 2007-08-21 Canon Kabushiki Kaisha Digital watermark embedding method, apparatus, digital watermark extraction method and apparatus
US7269274B2 (en) 2002-12-09 2007-09-11 Canon Kabushiki Kaisha Digital watermark embedding method, digital watermark extraction method, digital watermark embedding apparatus, and digital watermark extraction apparatus
US8411313B2 (en) 2007-09-14 2013-04-02 Ricoh Company, Limited Image forming apparatus and image reading method for reading an untargeted page of an original

Also Published As

Publication number Publication date
US6086706A (en) 2000-07-11
DE69421255T2 (en) 2000-05-31
US5629770A (en) 1997-05-13
EP0660275B1 (en) 1999-10-20
EP0660275A2 (en) 1995-06-28
CA2136166A1 (en) 1995-06-21
DE69421255D1 (en) 1999-11-25
JPH07222000A (en) 1995-08-18
CA2136166C (en) 1999-06-29
EP0660275A3 (en) 1996-12-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Low et al. Document identification for copyright protection using centroid detection
JP4883662B2 (en) Visually significant barcode system
US7020349B2 (en) Halftone watermarking and related applications
US7006663B2 (en) Method for block-based digital image watermarking
US7477426B2 (en) Image correcting apparatus and method, program, storage medium, image reading apparatus, and image forming apparatus
US6983056B1 (en) Method and device for embedding and detecting watermarking information into a black and white binary document image
Brassil et al. Copyright protection for the electronic distribution of text documents
JP4152581B2 (en) Decoding glyph
JP4745252B2 (en) An improved technique for detecting, analyzing and using visible authentication patterns
EP0962883A2 (en) A border-less clock free two-dimensional barcode and method for printing and reading the same
EP1514227B1 (en) Visible authentication patterns for printed document
JP2006014280A (en) Secure recorded document
DE60213657T2 (en) Generation of graphic codes by halftone grasping with integrated graphic coding
US5337362A (en) Method and apparatus for placing data onto plain paper
US5734752A (en) Digital watermarking using stochastic screen patterns
CN101366266B (en) Method and device for embedding and detecting digital watermark in text document
US20060157574A1 (en) Printed data storage and retrieval
EP1485863B1 (en) Authenticating printed objects using digital watermarks associated with multidimensional quality metrics
US20060075241A1 (en) Character and vector graphics watermark for structured electronic documents security
US5568550A (en) Method and system for identifying documents generated by an unauthorized software copy
JP2016540329A (en) Two-dimensional barcode and authentication method of such barcode
US7561308B2 (en) System and method for decoding digital encoded images
US7894103B2 (en) Variable data digital pantographs
EP0493053B1 (en) Method and means for embedding machine readable digital data in halftone images
EP1619874B1 (en) Watermark information detection method

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 19991215

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20001101

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071201

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081201

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091201

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091201

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101201

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111201

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121201

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131201

Year of fee payment: 13

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees