JP3133509B2 - 光ディスク及び光ディスク駆動装置 - Google Patents

光ディスク及び光ディスク駆動装置

Info

Publication number
JP3133509B2
JP3133509B2 JP04259961A JP25996192A JP3133509B2 JP 3133509 B2 JP3133509 B2 JP 3133509B2 JP 04259961 A JP04259961 A JP 04259961A JP 25996192 A JP25996192 A JP 25996192A JP 3133509 B2 JP3133509 B2 JP 3133509B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
optical disk
address
groove
land
pits
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP04259961A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06111480A (ja
Inventor
伸晃 小名木
Original Assignee
パイオニア株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by パイオニア株式会社 filed Critical パイオニア株式会社
Priority to JP04259961A priority Critical patent/JP3133509B2/ja
Priority claimed from DE4345525A external-priority patent/DE4345525C2/de
Priority claimed from DE4345507A external-priority patent/DE4345507C2/de
Publication of JPH06111480A publication Critical patent/JPH06111480A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3133509B2 publication Critical patent/JP3133509B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B7/24Record carriers characterised by shape, structure or physical properties, or by the selection of the material
    • G11B7/2407Tracks or pits; Shape, structure or physical properties thereof
    • G11B7/24085Pits
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B11/00Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor
    • G11B11/10Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field
    • G11B11/105Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing
    • G11B11/10502Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing characterised by the transducing operation to be executed
    • G11B11/10515Reproducing
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B11/00Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor
    • G11B11/10Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field
    • G11B11/105Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing
    • G11B11/1055Disposition or mounting of transducers relative to record carriers
    • G11B11/10556Disposition or mounting of transducers relative to record carriers with provision for moving or switching or masking the transducers in or out of their operative position
    • G11B11/10563Access of indexed parts
    • G11B11/10565Marks for track change, e.g. prepits, gray codes
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B11/00Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor
    • G11B11/10Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field
    • G11B11/105Recording on or reproducing from the same record carrier wherein for these two operations the methods are covered by different main groups of groups G11B3/00 - G11B7/00 or by different subgroups of group G11B9/00; Record carriers therefor using recording by magnetic means or other means for magnetisation or demagnetisation of a record carrier, e.g. light induced spin magnetisation; Demagnetisation by thermal or stress means in the presence or not of an orienting magnetic field using a beam of light or a magnetic field for recording by change of magnetisation and a beam of light for reproducing, i.e. magneto-optical, e.g. light-induced thermo-magnetic recording, spin magnetisation recording, Kerr or Faraday effect reproducing
    • G11B11/10595Control of operating function
    • G11B11/10597Adaptations for transducing various formats on the same or different carriers
    • GPHYSICS
    • G11INFORMATION STORAGE
    • G11BINFORMATION STORAGE BASED ON RELATIVE MOVEMENT BETWEEN RECORD CARRIER AND TRANSDUCER
    • G11B7/00Recording or reproducing by optical means, e.g. recording using a thermal beam of optical radiation by modifying optical properties or the physical structure, reproducing using an optical beam at lower power by sensing optical properties; Record carriers therefor
    • G11B7/007Arrangement of the information on the record carrier, e.g. form of tracks, actual track shape, e.g. wobbled, or cross-section, e.g. v-shaped; Sequential information structures, e.g. sectoring or header formats within a track
    • G11B7/00718Groove and land recording, i.e. user data recorded both in the grooves and on the lands

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、高密度記録可能な光デ
ィスクおよび光ディスク駆動装置に関する。

【0002】

【従来の技術】図8に従来の光磁気ディスクの情報記録
面の構成を示す。従来の光磁気ディスクには、略同心円
状の案内溝であるグルーブGが形成されており、このグ
ルーブGに沿ってランドLが形成されている。通常の場
合には、ランドLに情報ピット(記録マーク)が形成さ
れ、グルーブGは情報ピットを誤りなく読み出すために
何も記録されていない状態となっている。

【0003】ここで、従来の光磁気ディスクにおいて、
ランドLおよびグルーブGの双方に情報ピットを形成し
た場合を考慮してみると、クロストークが生じ、情報ピ
ットが読めなくなってしまうという課題が生じる。

【0004】上記課題を解決するため、従来では、MS
R(Magnetically induced Super Resolution )等の超
解像再生が提案されている。ここで、MSRについて説
明する。

【0005】従来より顕微鏡の世界では、物体の位置に
ピンホールのような光学的マスクを設けることにより解
像力が上がることが知られていた。そこで、MSRは光
磁気ディスクの媒体面に物理的なマスクを設けるのでは
なく、媒体上の温度分布を利用して、媒体内に実効的な
マスクをつくり出し、実効的に再生限界の空間周波数を
大きくするものであり、記録密度を1.5〜3倍程度向
上させることができる(より詳細については「超解像光
磁気ディスク」、日本応用磁気学会誌、Vol.15,No.5.19
91等を参照。)。

【0006】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来のMSRにおいては、超解像再生を行うためには、情
報ピットあるいはアドレス生成用のアドレスピット等が
磁気的に記録されている必要がある。

【0007】したがって、ROMディスク等の情報ピッ
トと同様にアドレスピットが予め位相ピット等で記録さ
れているディスクについては、当該アドレスピットの再
生に上記超解像再生を適用することはできず、アドレス
ピットを通常再生(通常解像再生)可能な大きさに形成
する必要がある。このため、記録密度を向上させるため
にランドLおよびグルーブGの双方に情報ピットを形成
したとしても、アドレスピットをランドLおよびグルー
ブGの双方に1対1に対応させることができず、完全な
情報再生を行うことができないという問題点があった。

【0008】そこで、本発明の目的は、クロストーク等
の影響を受けることなく完全に記録データを再生するこ
とができる光ディスクおよび光ディスク駆動装置を提供
することにある。

【0009】

【0010】

【課題を解決するための手段】 上記課題を解決するた
め、第1の発明は、 複数のランドおよび複数のグルーブ
により記録トラックが形成され、予めアドレス再生用の
アドレスピットが形成されている光ディスクにおいて、
当該アドレスピットが形成されている前記光ディスク上
の領域が鏡面領域とされていると共に、前記光ディスク
の半径方向に相隣接する一組の前記ランドおよび前記グ
ルーブ夫々の中心軸を前記鏡面領域内に延長して得られ
る軸線の間に一の前記アドレスピットが形成されてい
る。

【0011】また、第の発明は、請求項1に記載の光
ディスクを再生する光ディスク駆動装置であって、光ビ
ームをして前記鏡面領域をトレースせしめて所望の前記
アドレスピットを検索する第1駆動手段と、前記検索さ
れたアドレスピットの内容に基づいて前記記録トラック
を前記光ビームをしてトレースせしめ、当該記録トラッ
ク上の情報の再生を行う第2駆動手段と、を備えて構成
する。

【0012】

【0013】

【作用】 第1の発明 によれば、光ディスクの半径方向に
相隣接する一組のランドおよびグルーブ夫々の中心軸を
鏡面領域内に延長して得られる軸線の間に一のアドレス
ピットが形成されているので、情報記録密度を向上させ
ることができるとともに、アドレスピットのサイズを小
さくすることができず大きい場合にも記録密度を向上さ
せた記録が可能となり、更に迅速に所望のグルーブ又は
ランドを検索できることとなる。また、アドレスピット
が形成されている光ディスク上の領域が鏡面領域とされ
ているので、光ビームに対するアドレスピットのコント
ラストが高くなり、結果としてアドレスピット検出時に
おける当該検出信号レベルに対するノイズレベルが小さ
くなるため、正確にアドレスピットの内容を検出するこ
とができる。

【0014】また、第の発明によれば、第1駆動手段
は、光ビームにより鏡面領域をトレースすることで所望
のアドレスピットを検索する。その後、第2駆動手段
は、検索されたアドレスピットの内容に基づいて記録ト
ラックを光ビームによりトレースし、当該記録トラック
上の情報の再生を行う。

【0015】したがって、相隣接する一組の記録トラッ
ク夫々の中心軸を鏡面領域内に延長して得られる軸線間
一のアドレスピットが記録されているので、所望の
録トラックを迅速に検索して、この検索した記録トラッ
上の情報ピットを再生することができる。また、アド
レスピットが形成されている光ディスク上の領域が鏡面
領域とされているので、光ビームに対するアドレスピッ
トのコントラストが高くなり、結果としてアドレスピッ
ト検出時における当該検出信号レベルに対するノイズレ
ベルが小さくなるため、正確にアドレスピットの内容を
検出することができる

【0016】

【実施例】次に図面を参照して本発明の好適な実施例を
説明する。

【0017】第1参考例 図1に第1参考例の光ディスクの構成を示す。

【0018】光磁気ディスクには、図1(a)に示すよ
うに、複数のランドLおよび複数のグルーブGが設けら
れており、その断面は図1(b)に示すように凹凸状態
となっている。

【0019】さらに光磁気ディスクのグルーブGの軸線
上にアドレス生成用のプレピット(位相ピット:図中、
斜線丸印で示す)PPが設けられている。このプレピッ
トPPが設けられている領域(プレピット領域)PA
は、本実施例の場合、鏡面とされている(図1(c)参
照)。

【0020】プレピットPPの長さ(法線方向)は、情
報ピット(図中、丸印で示す。)より、一般的に長く形
成されており、プレピットPPの幅(半径方向)は、グ
ルーブGの幅とほぼ等しいかそれ以上となっている(図
1(d)参照)。

【0021】図2に光磁気ディスク記録再生装置の概要
構成ブロック図を示す。光磁気ディスク記録再生装置
は、光磁気ディスクDKを回転駆動するスピンドルモー
タ1と、磁気ヘッド2aと、光ピックアップ2bとを有
しており、磁気ヘッド2aと連動して光磁気ディスクD
Kの半径方向へ移動させる図示しないアクチュエータ
や、図示しないレーザー光源、レンズ、光検出器等を有
し、データの記録・再生時に光磁気ディスクDKへレー
ザー光スポットを照射し、データの再生時には、光スポ
ットの照射された光磁気ディスクDKにおいて磁気Ke
rr効果により偏光面がわずかに回転して発生する反射
光の強弱を検出し、その強弱を光電変換して得られるR
F(Radio Frequency )信号を出力する。

【0022】また、光磁気ディスク記録再生装置は、ス
ピンドルモータ1を制御するスピンドルサーボ回路3
と、光磁気ディスクDKへ照射される光ピックアップ2
bからの光スポットのフォーカスを制御するフォーカス
サーボ回路4と、磁気ヘッド2aおよび光ピックアップ
2bのトラック位置への移動を制御するトラッキングサ
ーボ回路5と、磁気ヘッド2aを制御するヘッドサーボ
回路6と、光ピックアップ2bの出力信号を増幅するヘ
ッドアンプ7と、ヘッドアンプ7の出力から再生信号お
よび制御のための各種信号を生成出力するRFアンプ8
と、データ再生時にRFアンプ8から出力される読み取
られたEFM信号を復調してディジタル出力データを出
力するEFMデコーダ9と、データの再生時に装置全体
を制御するシステムコントローラ10と、データの再生
の操作が入力され、再生スイッチ(PLAY)等の操作スイ
ッチが設けられた操作部11と、データの再生時の各種
表示を行う表示部12と、を備えて構成されている。

【0023】次に図3の処理フローチャートを参照して
動作を説明する。以下の説明においては、情報ピットを
再生あるいは記録すべき位置が、ランドL上にあるの
か、グルーブG上にあるのかをアドレスデータの最下位
ビットで示すものとする。具体的には、情報ピットを再
生あるいは記録すべきランドLが属する一組のランドお
よびグルーブを特定するための基本アドレスデータ="
0100"であるとし、ランドLを示すビット情報をX
(X:0または1)とすると、アドレスデータ="01
00X"となる。この場合、目的とする基本アドレスデ
ータが記録されているのはグルーブG上であり、当該グ
ルーブGの内周側および外周側には双方ともにランドL
が存在するので、予め基本アドレスデータに対応するラ
ンドは内周側のランドか外周側のランドかを定めておく
必要がある。これにより、基本アドレスデータで示され
るグルーブを検出した場合に、図4に示すように、トラ
ッキングエラー信号が+側に振れるか、マイナス側に振
れるかを監視することにより正しいランドにすぐにジャ
ンプすることができる。

【0024】まず、システムコントローラ10は、トラ
ッキングサーボ回路5を制御してグルーブをトレースす
るように設定する(ステップS1)。次にシステムコン
トローラ10は、プレピットに光スポットを照射するこ
とによりピックアップ2b、ヘッドアンプ7、RFアン
プ8、EFMデコーダ13を介して得られる現在のアド
レスデータ(基本アドレスデータ)を読み(ステップS
2)、目標とするアドレスデータの最下位ビットを除く
部分と比較して、目標トラック(=一組のランドおよび
グルーブ)へシークする(ステップS3)。

【0025】目標トラックへ到達すると、システムコン
トローラ10は、アドレスデータの最下位ビット(=
X)を判別して、最終の目的アドレスデータがグルーブ
に対応するものか否かを判別する(ステップS4)。

【0026】最終の目的アドレスがグルーブGである場
合には、本参考例においては当該基本アドレスデータが
記録されているのは、グルーブG上であるので、すでに
到達していることとなりシーク処理を終了する。

【0027】また、最終の目的アドレスがランドである
場合には、システムコントローラ10はトラッキングサ
ーボ回路5を制御して、トラッキングサーボをランドL
をトレースするように切換えて、ランドLに引き込みシ
ーク処理を終了する(ステップS5)。

【0028】その後、システムコントローラ10は、グ
ルーブGあるいはランドL上に記録された情報ピットの
超解像再生動作を行わせる。以上の説明のように、本第
参考例によれば、超解像再生が可能な情報ピットと、
通常再生のみ可能なアドレスピットを混在させる場合で
も、クロストーク等の影響を受けることなく完全に記録
データを再生することができ、光磁気ディスクの記録密
度も向上できる。

【0029】第2参考例 図5に第2参考例の光ディスクの構成を示す。本第2
例は、プレピットをランドに設けた場合のものであ
る。

【0030】光磁気ディスクには、図5(a)に示すよ
うに、複数のランドLおよび複数のグルーブGが設けら
れており、その断面は図5(b)に示すように凹凸状態
となっている。

【0031】さらに光磁気ディスクのランドLの軸線上
にアドレス生成用のプレピット(位相ピット)PPが設
けられている。本実施例の場合、このプレピットPPが
設けられている領域(プレピット領域)PAにも、並行
してグルーブGが設けられている(図5(a)参照)。

【0032】プレピットPPの長さ(法線方向)は、情
報ピット(図中、丸印で示す。)より、一般的に長く形
成されており(図5(a)参照)、プレピットPPの幅
(半径方向)は、ランドLの幅とほぼ等しいかそれ以下
となっている(図5(c)参照)。

【0033】この場合の目的アドレスの検索動作は、第
参考例の場合とほぼ同様であり、上記第1参考例の説
明において、ランドLとグルーブGを読み代えればよ
い。本第2参考例によれば、第1参考例と同様に超解像
再生が可能な情報ピットと、通常再生のみ可能なアドレ
スピットを混在させる場合でも、クロストーク等の影響
を受けることなく完全に記録データを再生することがで
き、光磁気ディスクの記録密度も向上できる。

【0034】第1実施例図6に本発明に係る実施例の光
ディスクの構成を示す。本実施例は、プレピットPPを
設けるに際し、プレピットPPの中心軸がグルーブの中
心軸とランドの中心軸間に位置するように設けた場合の
ものである。

【0035】光磁気ディスクには、図6(a)に示すよ
うに、複数のランドLおよび複数のグルーブGが設けら
れており、その断面は図6(b)に示すように凹凸状態
となっている。

【0036】さらに光磁気ディスクのグルーブGの軸線
およびランドLの軸線間にアドレス生成用のプレピット
(位相ピット)PPの軸線が位置するようにプレピット
(図中斜線丸印)が設けられている。このプレピットが
設けられている領域(プレピット領域)PAは、本実施
例の場合、鏡面とされている(図6(c)参照)。

【0037】プレピットの長さ(法線方向)は、情報ピ
ット(図中、丸印で示す。)より、一般的に長く形成さ
れており、プレピットの幅(半径方向)は、グルーブG
とランドLの幅を加算した幅とほぼ等しいかそれ以下と
なっている(図6(d)参照)。

【0038】次に図7の処理フローチャートを参照して
動作を説明する。以下の説明においては、第1参考例と
同様に情報ピットを再生あるいは記録すべき位置が、ラ
ンドL上にあるのか、グルーブG上にあるのかをアドレ
スデータの最下位ビットで示すものとする。

【0039】この場合、目的とする基本アドレスデータ
がプレピットとして記録されているのはグルーブGの軸
線とランドLの軸線との間であり、当該プレピットの内
周側および外周側にはグルーブGあるいはランドLが存
在し、対象とするグルーブGあるいはランドLは一義的
に定まるので、第1参考例のように予め基本アドレスデ
ータに対応して内周側にジャンプするか外周側にジャン
プするかを定めておく必要がなく、単純にトラッキング
エラー信号がプラス(+)側に振れるか、マイナス
(−)側に振れるかを監視することにより正しいランド
あるいはグルーブにすぐにジャンプすることができる。

【0040】まず、システムコントローラ10は、トラ
ッキングサーボ回路5を制御しグルーブGあるいはラン
ドLをトレースするように設定する(ステップS1
0)。本実施例においては、この設定は、グルーブGあ
るいはランドLのいずれであっても差し支えない。

【0041】次にシステムコントローラ10は、トラッ
キングサーボ回路5を制御して、グルーブGおよびラン
ドLの軸線間に読出ビームが移動するようにピックアッ
プ2bにオフセット電圧を与えるようにする(ステップ
S11)。この結果、読出ビームはグルーブGおよびラ
ンドLの軸線間に移動し、プレピットに対応する信号を
読み出すことが可能となる。

【0042】次にシステムコントローラ10は、プ
ットに光スポットを照射することによりピックアップ2
b、ヘッドアンプ7、RFアンプ8、EFMデコーダ1
3を介して得られる現在のアドレスデータ(基本アドレ
スデータ)を読み(ステップS12)、目標とするアド
レスデータの最下位ビットを除く部分と比較するととも
に、再びトラッキングサーボ回路5を制御しグルーブG
あるいはランドLをトレースするように設定する(ステ
ップS13)。そして、目標トラック(=一組のランド
およびグルーブ)近傍へシークする(ステップS1
4)。

【0043】次にシステムコントローラ10は、再びト
ラッキングサーボ回路5を制御して、グルーブGおよび
ランドLの軸線間に読出ビームが移動するようにピック
アップ2bにオフセット電圧を与えるようにする(ステ
ップS15)。これにより、読出ビームはグルーブGお
よびランドLの軸線間に移動し、プレピットに対応する
信号を読み出せるので、システムコントローラ10は、
ピックアップ2b、ヘッドアンプ7、RFアンプ8、E
FMデコーダ13を介して得られる現在のアドレスデー
タ(基本アドレスデータ)を読み(ステップS16)、
目標とするアドレスデータの最下位ビットを除く部分と
比較して、目標トラックへ到達したか否かを判別する
(ステップS17)。

【0044】目標トラックへ到達すると、システムコン
トローラ10は、アドレスデータの最下位ビット(=
X)を判別して、最終の目的アドレスデータがグルーブ
に対応するものか否かを判別し、グルーブGあるいはラ
ンドLにジャンプさせる(ステップS18)。

【0045】その後、システムコントローラ10は、グ
ルーブGあるいはランドL上に記録された情報ピットの
超解像再生動作を行わせる。目標トラックへ到達してい
ない場合には、目標トラックへ到達するまで、ステップ
S13〜ステップS17の処理を繰返す。

【0046】以上の説明のように、本実施例によれば、
第1および第2参考例と同様に超解像再生が可能な情報
ピットと、通常再生のみ可能なアドレスピットを混在さ
せる場合でも、クロストーク等の影響を受けることなく
完全に記録データを再生することができ、光磁気ディス
クの記録密度も向上できる。また、光ディスクの半径方
向に相隣接する一組のランドLおよびグルーブG夫々の
中心軸を領域PA内に延長して得られる軸線の間に一の
プレピットPPが形成されているので、迅速に所望のグ
ルーブG又はランドLを検索できることとなる。 また、
プレピットPPが形成されている光ディスク上の領域P
Aが鏡面領域とされているので、光ビームに対するプレ
ピットPPのコントラストが高くなり、結果としてプレ
ピットPP検出時における当該検出信号レベルに対する
ノイズレベルが小さくなるため、正確にプレピットPP
の内容を検出することができる

【0047】更に、以上の実施例及び参考例は、光ディ
スクにランドL及びグループGを設けた場合であった
が、ランドL及びグループGが設けられていない光ディ
スクに対しても本発明の適用が可能である。

【0048】

【0049】

【発明の効果】 第1の発明 によれば、光ディスクの半径
方向に相隣接する一組のランドおよびグルーブ夫々の中
心軸を鏡面領域内に延長して得られる軸線の間に一のア
ドレスピットが形成されているので、情報記録密度を向
上させることができるとともに、アドレスピットのサイ
ズを小さくすることができず大きい場合にも記録密度を
向上させた記録が可能となり、更に迅速に所望のグルー
ブ又はランドを検索できることとなる。また、アドレス
ピットが形成されている光ディスク上の領域が鏡面領域
とされているので、光ビームに対するアドレスピットの
コントラストが高くなり、結果としてアドレスピット検
出時における当該検出信号レベルに対するノイズレベル
が小さくなるため、正確にアドレスピットの内容を検出
することができる。

【0050】また、第の発明によれば、相隣接する一
組の記録トラック夫々の中心軸を鏡面領域内に延長して
得られる軸線の間に一のアドレスピットが記録されてい
るので、所望の記録トラックを迅速に検索して、この検
索した記録トラック上の情報ピットを再生することがで
きる。更に、アドレスピットが形成されている光ディス
ク上の領域が鏡面領域とされているので、光ビームに対
するアドレスピットのコントラストが高くなり、結果と
してアドレスピット検出時における当該検出信号レベル
に対するノイズレベルが小さくなるため、正確にアドレ
スピットの内容を検出することができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】第1実施例の光ディスクの構成を説明する図で
ある。

【図2】光磁気ディスク駆動装置の概要構成を示すブロ
ック図である。

【図3】第1実施例の動作処理フローチャートである。

【図4】トラッキングエラー信号の説明図である。

【図5】第2実施例の光ディスクの構成を説明する図で
ある。

【図6】第3実施例の光ディスクの構成を説明する図で
ある。

【図7】第3実施例の動作処理フローチャートである。

【図8】従来の光ディスクの構成を説明する図である。

【符号の説明】

1…スピンドルモータ 2a…磁気ヘッド 2b…ピックアップ 3…スピンドルサーボ制御回路 4…フォーカスサーボ制御回路 5…トラッキングサーボ制御回路 6…ヘッドサーボ制御回路 7…ヘッドアンプ 8…RFアンプ 9…EFMデコーダ 10…システムコントローラ 11…操作部 12…表示部 G…グルーブ L…ランド

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数のランドおよび複数のグルーブによ
    記録トラックが形成され、予めアドレス再生用のアド
    レスピットが形成されている光ディスクにおいて、 当該アドレスピットが形成されている前記光ディスク上
    の領域が鏡面領域とされていると共に、 前記光ディスクの半径方向に相隣接する一組の前記ラン
    ドおよび前記グルーブ夫々の中心軸を前記鏡面領域内に
    延長して得られる軸線の間に一の前記アドレスピットが
    形成されていることを特徴とする光ディスク。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載の光ディスクを再生する
    光ディスク駆動装置であって、 光ビームをして前記鏡面領域をトレースせしめて所望の
    前記アドレスピットを検索する第1駆動手段と、 前記検索されたアドレスピットの内容に基づいて前記記
    録トラックを前記光ビームをしてトレースせしめ、当該
    記録トラック上の情報の再生を行う第2駆動手段と、 を備えたことを特徴とする光ディスク駆動装置。
JP04259961A 1992-09-29 1992-09-29 光ディスク及び光ディスク駆動装置 Expired - Fee Related JP3133509B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04259961A JP3133509B2 (ja) 1992-09-29 1992-09-29 光ディスク及び光ディスク駆動装置

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04259961A JP3133509B2 (ja) 1992-09-29 1992-09-29 光ディスク及び光ディスク駆動装置
US08/126,515 US5448552A (en) 1992-09-29 1993-09-24 Super resolution information reproduction by tracking address information in normal resolution
DE4345525A DE4345525C2 (de) 1992-09-29 1993-09-28 Optische Disk und Vorrichtung zu deren Wiedergabe
DE4345507A DE4345507C2 (de) 1992-09-29 1993-09-28 Optische Disk und Vorrichtung zu deren Wiedergabe
DE19934333018 DE4333018C2 (de) 1992-09-29 1993-09-28 Optische Disk und Vorrichtung zu deren Wiedergabe
US08/891,308 USRE43056E1 (en) 1992-09-29 1997-07-10 Super resolution information reproduction by tracking address information in normal resolution

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06111480A JPH06111480A (ja) 1994-04-22
JP3133509B2 true JP3133509B2 (ja) 2001-02-13

Family

ID=17341333

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP04259961A Expired - Fee Related JP3133509B2 (ja) 1992-09-29 1992-09-29 光ディスク及び光ディスク駆動装置

Country Status (2)

Country Link
US (2) US5448552A (ja)
JP (1) JP3133509B2 (ja)

Families Citing this family (24)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5796712A (en) * 1992-03-05 1998-08-18 Fujitsu Limited Optical disk having identification signal recorded between and used in common for two mutually adjacent tracks and optical disk unit therefor
SG46550A1 (en) * 1993-06-08 1998-02-20 Matsushita Electric Ind Co Ltd Optical disk and information recording/ reproduction apparatus
US5774439A (en) * 1993-09-16 1998-06-30 Matsushira Electric Industrial Co., Ltd. Optical-disk recording and reproducing apparatus and optical disk for recording information on lands and grooves
JP2878574B2 (ja) * 1993-12-01 1999-04-05 シャープ株式会社 光ディスク及びその再生方法
JPH07182705A (ja) * 1993-12-21 1995-07-21 Fujitsu Ltd 光磁気媒体及びその再生装置
US5568461A (en) * 1994-04-20 1996-10-22 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical information recording and reproducing apparatus
JP3268126B2 (ja) * 1994-07-06 2002-03-25 シャープ株式会社 光記録媒体
US6487151B1 (en) 1994-12-20 2002-11-26 Matsushita Electric Industrial Co. Ltd. Optical information recording and reproducing system with overwrite capability and recording medium for use therewith
JP2788022B2 (ja) 1995-02-14 1998-08-20 株式会社日立製作所 光記録媒体
US7072287B2 (en) * 1995-02-14 2006-07-04 Hitachi, Ltd. Optical reproducing method for optical medium with aligned prepit portion
US5982738A (en) * 1995-02-14 1999-11-09 Hitachi, Ltd. Optical recording medium having at least wobbled synchronous information shared between tracks
US5872767A (en) * 1995-02-17 1999-02-16 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical disk and an optical disk recording/reproduction device having address blocks located on boundary lines between adjoining tracks
US5835479A (en) * 1995-10-09 1998-11-10 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical information recording medium
JP3850060B2 (ja) * 1996-02-13 2006-11-29 三菱電機株式会社 光ディスク及び光ディスク装置
CN1144184C (zh) * 1996-04-11 2004-03-31 松下电器产业株式会社 光盘及其再生装置
JP3104222B2 (ja) * 1997-05-19 2000-10-30 ソニー株式会社 光ディスク装置
US7239602B2 (en) * 1998-08-27 2007-07-03 Ricoh Company, Ltd. Optical information recording medium with a partition wall between an information tracks groove and a preformat pit encoding information therefor
JP4372867B2 (ja) 1998-10-23 2009-11-25 パイオニア株式会社 光ディスク及び記録再生装置
JP4226204B2 (ja) * 2000-09-14 2009-02-18 パイオニア株式会社 光学式記録媒体、その製造装置および製造方法
US7342871B2 (en) * 2002-05-30 2008-03-11 Lg Electronics Inc. High density optical disc and method for reproducing and recording data thereof
JP2004355783A (ja) * 2003-05-30 2004-12-16 Sharp Corp 光情報記録媒体とその再生方法
US20100220567A1 (en) * 2006-03-03 2010-09-02 Sharp Kabushiki Kaisha Optical Information Recording Medium, Reproducing Device for Optical Information Recording Medium, Control Method and Control Program for the Reproducing Device, and Medium with the Control Program Recorded Therein
JP5190061B2 (ja) 2007-08-30 2013-04-24 シャープ株式会社 超解像光記録媒体、光記録媒体再生装置、光記録媒体再生装置の制御方法、光記録媒体再生装置制御プログラム、並びにそれを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体
EP2378520A1 (en) * 2010-04-13 2011-10-19 Thomson Licensing Laser power management for Super-RENS optical recording media

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4164788A (en) * 1976-10-13 1979-08-14 Atul Jain Super-resolution imaging system
DE68924303T2 (de) * 1988-06-14 1996-02-29 Nec Corp Optische Kopfanordnung.
US4917462A (en) * 1988-06-15 1990-04-17 Cornell Research Foundation, Inc. Near field scanning optical microscopy
JP2887296B2 (ja) 1990-11-28 1999-04-26 株式会社リコー 光学的情報記録媒体及び情報記録方法
JP2959588B2 (ja) * 1991-02-14 1999-10-06 ソニー株式会社 光磁気ディスク及びそのセクタ管理情報の記録方法ならびに再生方法
JPH056590A (ja) * 1991-06-28 1993-01-14 Toshiba Corp 光磁気記録装置
JP2868682B2 (ja) * 1992-05-15 1999-03-10 シャープ株式会社 光ディスク
JP2705481B2 (ja) 1992-09-14 1998-01-28 松下電器産業株式会社 光ディスクおよび光ディスク装置およびシーク方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06111480A (ja) 1994-04-22
USRE43056E1 (en) 2012-01-03
US5448552A (en) 1995-09-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2788022B2 (ja) 光記録媒体
US7099263B2 (en) Optical reproducing method for optical medium with aligned prepit portion
US5920540A (en) Optical disk having address information in lands and grooves, and an information recording/reproduction method
JP2868682B2 (ja) 光ディスク
US6118752A (en) Optical information recording medium offset pre-pit array indicating identification information
EP0874356B1 (en) Optical disc discriminating system
US5050150A (en) Information disc apparatus
KR100275000B1 (ko) 광디스크 기록장치 및 방법
KR940002000B1 (ko) 광디스크기록/재생장치 및 그 제어방법
US6532206B2 (en) Information record medium with a record/reproduction area and a reproduction-dedicated area
JP4215405B2 (ja) 光ディスク
US7292509B2 (en) Recording disc and apparatus and method for reproducing recorded information
US6594216B2 (en) Optical disc device
JP2981030B2 (ja) 追記型光ディスクの再生方法及び光ディスク再生装置
JP3585737B2 (ja) 記録媒体及びその記録媒体に対して情報の記録/再生を行う装置
JP3063596B2 (ja) 光ディスク装置および光ディスク
JP2860229B2 (ja) 光ディスク記録再生装置
JP3775914B2 (ja) 光学的情報再生装置
US20020064105A1 (en) Optical information recording medium and an optical information recording/reproduction device
JP3021029B2 (ja) 光磁気記録媒体の情報アクセス方法
JP2565241B2 (ja) ディスク記録装置
EP0595349B1 (en) Optical disk
US20010026505A1 (en) High density optical disk, apparartus for reproducing optical disk and method for producing optical disk master
KR19980032973A (ko) 랜드부와 그루브부로 이루어지는 트랙을 갖는 기록 매체 및그 재생 장치
US7835258B2 (en) Recording medium, information recording and reproducing method, and recording and reproducing apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071124

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081124

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081124

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091124

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091124

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091124

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091124

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101124

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101124

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111124

Year of fee payment: 11

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees