JP3129546B2 - Ink ribbon cartridge and printing equipment - Google Patents

Ink ribbon cartridge and printing equipment

Info

Publication number
JP3129546B2
JP3129546B2 JP30030192A JP30030192A JP3129546B2 JP 3129546 B2 JP3129546 B2 JP 3129546B2 JP 30030192 A JP30030192 A JP 30030192A JP 30030192 A JP30030192 A JP 30030192A JP 3129546 B2 JP3129546 B2 JP 3129546B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
tape
ink ribbon
cartridge
core
printing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP30030192A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH06122264A (en )
Inventor
健二 渡邊
昌之 高山
Original Assignee
セイコーエプソン株式会社
株式会社キングジム
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、印字に際して使用されるインクリボンを巻取収納しているインクリボンカートリッジおよびそのインクリボンカートリッジを着脱自在に装着して印字を実行する印字機器に関する。 The present invention relates to a printing apparatus an ink ribbon to be used by mounting the ink ribbon cartridge and the ink ribbon cartridge are winding housed removably to perform printing during printing.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、用紙やテープに所望の文字列を印字する際に消耗されるインクリボンは、カートリッジ形式にて印字機器に補充され、交換作業を容易としている。 Conventionally, the ink ribbon is consumed in printing a desired character string on the sheet or tape is supplemented to the print device at the cartridge format, and facilitate the replacement. この種のインクリボンカートリッジは、長尺状のインクリボンをコンパクトに収納し、また印字機器への供給を円滑とするために、円筒状のインクリボンコアにインクリボンを巻取収納し、印字に使用されたインクリボンをリボン巻取コアに巻取回収する構成が一般的である。 This kind of the ink ribbon cartridge accommodating an elongated ink ribbon compactly, and in order to facilitate the supply to the printing apparatus, an ink ribbon and a winding housed in a cylindrical ink ribbon core, the printing configuration in which an ink ribbon used for winding recovered the ribbon take-up core is generally used. また、消耗品であるインクリボンカートリッジを出来るだけ安価とするため、インクリボンコアおよびリボン巻取コアは回動自在に構成され、印字機器側にリボン巻取コアを回転駆動する駆動部が設けられている。 Further, since a low cost as possible ink ribbon cartridge is expendable, the ink ribbon core and the ribbon winding core is constituted rotatably, a drive unit for driving rotation is provided a ribbon take-up core to the printing apparatus side ing.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、インクリボンコアは、印字機器に設けられた駆動部の駆動軸に係合されて回転する構成となっているから、印字機器に装着される以前の単体状態において振動等の原因によって簡単に回転してしまい、インクリボンにたるみを生じることがあるという問題があった。 However [0007] The ink ribbon core, because it is configured to rotate engaged with the drive shaft of the drive unit provided in the printing equipment, the previous simple to be mounted on the printing apparatus will briefly rotated by causes such as vibrations in the state, there is a problem that may cause slack in the ink ribbon. インクリボンのたるみは、インクリボン駆動機構に絡んで故障の一因となったり、印字品質の低下を招く原因となっていた。 Slack of the ink ribbon, or contributed to the failure at stake in the ink ribbon driving mechanism, causing deteriorating the printing quality.

【0004】こうした問題に対し、インクリボンコアの回転を規制する紙片など別部材を工場出荷時にインクリボンコアに挟み込んだり、専用のケースを用意し、移送や保管時にはこのケースに収納するものとしてインクリボンのたるみを防止する手法が提案されているが、次の点で抜本的な解決にはなっていない。 [0004] The ink with respect to these issues, as or pinch the ink ribbon core another member, such as a piece of paper that regulates the rotation of the ink ribbon core at the factory, a dedicated of the case, at the time of transport and storage to be stored in this case has been proposed a technique to prevent the slack of the ribbon, but not in a radical solution in the following ways.

【0005】別部材を用いてインクリボンの回転を規制する方法では、インクリボンカートリッジの製造工程、 [0005] In the method for regulating the rotation of the ink ribbon using a separate member, manufacturing process of the ink ribbon cartridge,
管理工程が煩雑となる。 Management process becomes complicated. また、使用者にカートリッジの使用に際し別部材の除去を強いることとなる。 Also, the forcing removal of another member in use of the cartridge to the user. 更に、使用者がこの別部材の除去を忘れ、印字機器にカートリッジ装着を行った場合には、印字機器のインクリボン駆動機構の故障原因ともなる。 Furthermore, the user forgets to remove the separate member, when performing cartridge mounted on the printing apparatus, it is a failure causes the ink ribbon driving mechanism of the printing device.

【0006】専用ケースは、例えばインクリボンカートリッジを収納した状態でインクリボンコアに係合してその回転を阻止する係止爪を、ケース内面に形成したものであるが、ケースの製造、管理が必要となってインクリボンカートリッジの単価を押し上げ、消耗品であるインクリボンカートリッジを安価に提供する目的に反することになる。 [0006] special case, the locking claw to prevent rotation thereof engages the ink ribbon core in a state of accommodating the example ink ribbon cartridge, but is obtained by forming the casing inside surface, production of the case, the management push up the unit price of the ink ribbon cartridge is required, would be contrary to the low cost objective to provide an ink ribbon cartridge is a consumable item.

【0007】更に、こうしたインクリボンカートリッジは、インクリボンと印字が行なわれるテープなどを、プラテンと印字ヘッドとの間に挟持するので、印字がなされていないとき、使用者がテープを無理に引き出そうとすると、テープの引き出しに連れてインクリボンがカートリッジの外部に引き出されてしまうという問題も指摘されていた。 Furthermore, such an ink ribbon cartridge, tape, etc. to the ink ribbon and the printing is performed, since the nipped between the platen and the print head, when printing is not performed, the user attempts to pull out forcibly tape Then, the ink ribbon has been also pointed out a problem that is drawn to the outside of the cartridge him to pull out of the tape.

【0008】本発明のインクリボンカートリッジおよび印字機器は、こうした問題点を解決し、インクリボンコアの不測の回転によるインクリボンのたるみを簡便かつ確実に防止し、かつインクリボンのはみ出しなどの問題を解消することを目的としてなされた。 [0008] The ink ribbon cartridge and printing apparatus of the present invention is to solve these problems, the slack in the ribbon by accidental rotation of the ink ribbon core to easily and reliably prevent, and problems such as sticking of the ink ribbon at overcoming it has been made for the purpose.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】本発明のインクリボンカートリッジは、印字機器の印字に際して使用される長尺状のインクリボンを巻取収納している筒状のインクリボンコアと、該印字機器の印字に使用された前記インクリボンを巻取回収する筒状のリボン巻取コアとをケース内に備え、前記印字機器に着脱自在に装着されるインクリボンカートリッジにおいて、前記インクリボンを巻取収納している状態にあるインクリボンコアの露出部分に係合部を形成し、該係合部に係合して前記インクリボンコアの回転を阻止する係合片を、前記インクリボンコアを回動自在に軸支している前記ケースの底壁の一部をくり Means for Solving the Problems] The ink ribbon cartridge of the present invention, an elongated ink ribbon and winding housing tubular has to be used when printing the printing equipment and the ink ribbon core, the indicia shaped devices and a cylindrical ribbon winding core for winding collecting the ink ribbon used for printing in the case, the ink ribbon cartridge that is detachably attached to the printing apparatus, said ink ribbon to the take-up housing and an engaging portion formed on the exposed portion of the ink ribbon core in a state that the engaging piece to prevent rotation of said ink ribbon core engaged with the engagement portion, rotatably said ink ribbon core chestnut a part of the bottom wall of the casing which rotatably supports the
抜いたごとく、該底壁と一体に形成し、該係合片の一端 As unplugged, formed in the bottom wall integral with one end of the engaging piece
が、前記ケースの底壁に沿った方向に動いたとき、前記 But when moved in the direction along the bottom wall of the case, the
係合部との係合が解除される構成としたことを特徴とする。 Characterized in that a configuration in which the engagement between the engaging portion is released.

【0010】ここで係合片は、インクリボンカートリッジのケース底壁に所定形状の細隙を形成して底壁の弾性により少なくとも先端が移動自在とされた舌状物であってもよい。 [0010] Here the engagement piece may be tongues which at least the tip is movable by the elasticity of the bottom wall to form a slit having a predetermined shape on the case bottom wall of Lee ink ribbon cartridge. また、巻取コアについても、上記係合部およ As for the winding core, Oyo the engagement portion
び係合片と同様に、 第二の係合部および第二の係合片を設けてもよい。 Like the beauty engaging pieces may be provided a second engagement portion and the second engagement piece. 更に、係合片の先端が係合部に対して斜 Further, the oblique tip end of the engaging piece is relative to the engagement portion
めに対向し、第二の係合片の先端が第二の係合部に対し Faces in order, the tip of the second engagement piece is to the second engagement portion
て斜めに対向するよう構成することも好適である。 It is also preferable to be configured to face diagonally Te.

【0011】一方、こうしたインクリボンカートリッジを使用する本発明の印字機器は、請求項1 記載のカートリッジをカートリッジ装着部に着脱自在に装着し、印字に際して該インクリボンカートリッジに巻取収納されているインクリボンを使用する印字機器であって、前記インクリボンカートリッジが前記カートリッジ装着部に装着されたとき、該インクリボンカートリッジに形成された係合片に当接し、該係合片の一端を係合解除方向 Meanwhile, the printing apparatus of the present invention using such an ink ribbon cartridge is freely mounted removably a cartridge according to claim 1 in the cartridge mounting portion, and is winding housed in the ink ribbon cartridge during printing a printing apparatus using an ink ribbon, when the ink ribbon cartridge is mounted to the cartridge mounting portion, in contact with the engaging pieces formed on the ink ribbon cartridge, engage the end of the engaging piece in releasing direction
ある前記ケースの底壁に沿った方向動かす当接突起が立設されたことを要旨とする。 Abutment projection is summarized in that erected to move in a direction along the bottom wall of a said casing.

【0012】インクリボンカートリッジのリボン巻取コアに係合片が形成されたインクリボンカートリッジが装着される印字機器の場合には、該インクリボンカートリッジに形成された第二の係合片に当接し、該第二の係合片を係合解除方向に移動させる第二の当接突起を立設することも可能である。 [0012] In the case of a printing apparatus the ink ribbon cartridge engagement piece ribbon winding core is formed of the ink ribbon cartridge is mounted, abuts the second engagement pieces formed on the ink ribbon cartridge it is also possible to stand the second contact protrusion for moving said second engagement piece disengaging direction.

【0013】また、印字機器の他の発明は、印字機器の印字に際して使用される長尺状のインクリボンを巻取収納している筒状のインクリボンコアと、該印字機器の印字に使用された前記インクリボンを巻取回収する筒状のリボン巻取コアと、該インクリボンのインクによって印字がなされるテープとを備えたインクリボンカートリッジを、カートリッジ装着部に着脱自在に装着し、前記テープとインクリボンとをプラテンとの間に密着・挟持する印字ヘッドと、印字に際しては、前記テープを搬送すると共に、該テープの搬送に同期して、前記リボン巻取コアを回動する駆動手段と、印字の非実行時に、前記テープを外部に引き出したとき、該テープの引き出しに伴って、前記リボン巻取コアを回動するリボン巻取コア駆動手段とを備えた [0013] Another aspect of the printing device is used an elongated ink ribbon is used during printing of the printing device and the cylindrical ink ribbon core has winding receiving, for printing indicia shaped devices a cylindrical ribbon winding core for winding recovering the ink ribbon, the ink ribbon cartridge and a tape printing by the ink of the ink ribbon is made detachably mounted to the cartridge mounting portion, said tape and a print head in close contact, sandwiching between the platen and an ink ribbon, when printing, conveys the tape, in synchronization with the conveyance of the tape, driving means for rotating the ribbon winding core , during non-execution of printing, when pulled out the tape to the outside, with the drawer of the tape, and a ribbon winding core driving means for rotating the ribbon winding core 字機器であって、 前記駆動手段は、 A character device, said drive means,
駆動源としてのステッピングモータと、 該ステッピング A stepping motor as a driving source, the stepping
モータの回転をプラテンに伝達する第1の伝達機構と、 A first transmission mechanism for transmitting the rotation of the motor to the platen,
該第1の伝達機構の途中から分岐し、該ステッピングモ Branched from the middle of the first transmission mechanism, the stepping
ータの回転をリボン巻取コアに伝達する第2の伝達機構 Second transmission mechanism for transmitting the rotation of the over motor to the ribbon winding core
とを備え、 前記リボン巻取コア駆動手段を、 前記プラテ With the door, the ribbon winding core driving means, said platen
ン側からの回転の前記ステッピングモータへの伝達を遮 Shielding the transmission to the stepping motor of the rotation from the down side
断するワンウェイクラッチを、前記第1の伝達機構の前 The one-way clutch for disconnection, before the first transmission mechanism
記分岐よりもステッピングモータ側に設けるとともに、 Is provided on the stepping motor side than the serial branch,
前記テープの外部への引き出しに伴って前記プラテンの Of the platen with the drawer to the exterior of the tape
回転が前記第1の伝達機構に伝達されたとき、該回転の When the rotation is transmitted to the first transmission mechanism, of the rotating
伝達に伴う前記ワンウェイクラッチの移動により前記ス The scan by the movement of the one-way clutch with the transmission
テッピングモータへの回転の伝達を遮断することによっ Depending on blocking the transmission of rotation of the stepping motor
て構成したことを要旨とする。 And summarized in that configured Te.

【0014】 [0014]

【0015】 [0015]

【作用】以上のように構成されたインクリボンカートリッジは、印字機器に装着される以前の単体状態にあるとき、インクリボンコアの係合部にインクリボンカートリッジのケースの底壁の一部をくり抜いたごとく、該底 [Action] above configured ink ribbon cartridge as when in the previous single condition which is mounted on the printing apparatus, the engaging portion of the ink ribbon core, a portion of the bottom wall of the case of the ink ribbon cartridge as was hollowed out, the bottom
壁と一体に形成された係合片が係合してインクリボンコアの回転を阻止する。 Engagement pieces formed in the wall integrally to prevent rotation of the engaging ink ribbon core. この係合片の一端が、ケースの底 One end of the engagement piece is, the bottom of the case
壁に沿った方向に動いたとき、係合部との係合が解除さ When moved in the direction along the wall, engaging the release of the engagement portion
れる。 It is. また、リボン巻取コアについても同様の係合部および係合片を設ければ、インクリボンカートリッジが単体状態にあるときのリボン巻取コアの回転は阻止される。 Further, by providing the same engagement part and the engagement piece also ribbon winding core, the rotation of the ribbon winding core when the ink ribbon cartridge is in itself a state is prevented.

【0016】また、本発明の印字機器によれば、底壁を利用して構成された係合片を有するインクリボンカートリッジをカートリッジ装着部に装着すると、当接突起がインクリボンカートリッジの係合片の一端を係合解除方向であるケースの底壁に沿った方向動かす Further, according to the printing apparatus of the present invention, when an ink ribbon cartridge having an engaging piece which is constructed using a bottom wall mounted to the cartridge mounting portion, the engaging pieces of the contact projection ink ribbon cartridge moving the one end in the direction along the bottom wall of the case is a disengaging direction. この結果、インクリボンカートリッジをカートリッジ装着部に装着するだけで、インクリボンコア係合部と係合片との係合は解除される。 As a result, only by mounting the ink ribbon cartridge to the cartridge mounting portion, the engagement between the ink ribbon core engaging portion and the engaging piece is released. 同様に、リボン巻取コア側に第二の係合部および第二の係合片を設け、当接突起をインクカートリッジが装着される側に設ければ、第二の係合部と第二の係合片は、同様の作用を実現する。 Similarly, the second engagement portion and the second engaging pieces provided on the ribbon take-up core side, by providing the abutment projection on the side where the ink cartridge is mounted, the second engagement portion and the second engaging piece realizes the same operation of.

【0017】更に、いま一つの発明である請求項8に記<br>載の印字機器では、インクリボンカートリッジには、印字されるテープも収納されており、このテープを引き出すと、リボン巻取コア駆動手段により、プラテン側から Furthermore, in the printing apparatus to claim 8 which is the invention of good enough serial <br> mounting, the ink ribbon cartridge, the tape to be printed is also housed, when pulling out the tape, ribbon take-up Ri by the core drive means, from the platen side
の回転のステッピングモータへの回転の伝達が、プラテ Transmission of the rotation to rotation of the stepping motor, the platen
ンの回転の第1の伝達機構への伝達に伴うワンウェイク One wake due to transmission to the first transmission mechanism of the rotation of the down
ラッチの移動によって遮断され、リボン巻取コアが回動される。 Is blocked by the movement of the latch, the ribbon winding core is rotated. 従って、テープを外部に強制的に引き出すと、 Therefore, if forced to pull out the tape to the outside,
これに伴ってインクリボンはリボン巻取コアに巻き取られ、外部に引き出されることはない。 Ink ribbon along with this is taken up by the ribbon take-up core and will not be drawn out.

【0018】 [0018]

【実施例】以上説明した本発明の構成・作用を一層明らかにするために、以下本発明の好適な実施例であるテープカートリッジとこのテープカートリッジを着脱可能に内蔵しテープに印字を行なうテープライタについて説明する。 To further clarify the configuration and operation of the present invention described EXAMPLES above, the tape printing device to perform detachably built printed on the tape the tape cartridge and the tape cartridge is a preferred embodiment of the present invention the following It will be described. 図1はテープライタ1の外観を示す平面図、図2 Figure 1 is a plan view showing an appearance of a tape writer 1, 2
は同じくその右側面図である。 Is also a right side view thereof. また、図3は、このテープライタ1に装着されるテープカートリッジ10の組立状態を示す平面図であり、図4は、同じくその底面図である。 Further, FIG. 3 is a plan view showing an assembled state of the tape cartridge 10 to be mounted on the tape printing device 1, FIG. 4 is a similarly a bottom view thereof. 本実施例では、インクリボンとこのインクリボンを用いて印字されるテープとを同一のカートリッジに収納しているので、インクリボンカートリッジでもあるこのカートリッジを、以下、テープカートリッジと呼ぶ。 In this embodiment, since the tape is printed using the ink ribbon and the ink ribbon are accommodated in the same cartridge, the cartridge is also a ink ribbon cartridge, hereinafter referred to as tape cartridges.

【0019】テープライタ1は、図示するように、各種部品を収納する本体ケース50H、63個の入力用キーを備えた入力部50C、開閉自在な本体カバー50K、 The tape printing device 1, as shown, the main body casing 50H, 63 inputs portion 50C having an input keys for housing various components, openable body cover 50K,
本体カバー50Kの下に視認可能に設けられ文字列やその他の情報を表示する表示部50D、本体カバー50K Display unit 50D for displaying text and other information provided visibly under the cover 50K, the cover 50K
を開いた本体左上部に設けられたテープカートリッジ1 The tape cartridge 1 provided in the main body upper left open
0が着脱自在に装着されるカートリッジ装着部50A Cartridge mounting portion 50A which 0 is detachably attached
(図1には図示せず)、を備える。 (Not shown in FIG. 1), comprising a. 本体カバー50Kには、テープカートリッジ10の装着を確認する窓50L The body cover 50K, window 50L to check the mounting of the tape cartridge 10
と表示部50Dを直視可能な窓50Mとが設けられており、両窓50L,50Mには、透明なプラスチックの板材がはめ込まれている。 A display unit 50D and the window 50M are provided that can face up to both windows 50L, the 50M, sheet of transparent plastic is fitted.

【0020】このテープライタ1を使用する場合には、 [0020] If you want to use this tape writer 1,
まず、本体カバー50Kを開いてカートリッジ装着部5 First, the cartridge mounting portion 5 by opening the cover 50K
0Aにテープカートリッジ10を装着し、本体カバー5 The tape cartridge 10 is attached to the 0A, body cover 5
0Kを閉じる。 Close 0K. その上で、本体右側部に設けられた電源スイッチ50Jを操作して電源を投入し、入力部50C On top of that, the power on the power by operating the power switch 50J provided in the main body right side, the input unit 50C
から印字しようとする文字を入力する。 To enter the character to be printed from. 必要に応じて入力した文字列を仮名漢字変換などし、所定のキーを操作して印刷を指示すると、テープカートリッジ10にて供給されるテープTに、熱転写方式のプリンタ部50Bにより印字が行なわれる。 The character string input as necessary, such as kana-kanji conversion, and instructs printing by operating a predetermined key, the tape T supplied by the tape cartridge 10, the printing by the printer unit 50B of the thermal transfer method is performed . 印字されたテープTは、テープライタ1の左側面に設けられたテープ排出口10Aから排出される。 Printed tape T is discharged from the tape discharging port 10A provided on the left side of the tape writer 1. 本実施例で用いたテープTは、印字面が熱転写によるインクの載りを良好にするために加工されたものであり、粘着性を備えた裏面には剥離可能な剥離テープが張り合わされている。 Tape T used in this embodiment are those printed surface is processed in order to improve the ride of the ink by the thermal transfer, the back surface having an adhesive are bonded together peelable release tape. 従って、印字されたテープを、内蔵のカッターにより切断し、裏面の剥離テープを剥がせは、文字や記号の印刷されたテープTを好きな場所に貼付することができる。 Thus, the printed tape is cut by a built-in cutter Hegase the back surface of release tape can be affixed a printed tape T characters and symbols anywhere.

【0021】次に、図3,図4を中心に、テープカートリッジ10の構造と機能について説明する。 Next, FIG. 3, mainly to FIG. 4, a description will be given of the structure and function of the tape cartridge 10. なお、図5 It should be noted that, as shown in FIG. 5
はそのA−A断面図である。 Is its A-A sectional view. このテープカートリッジ1 The tape cartridge 1
0は、同様の組立構成により、異なる幅のテープを収納可能となっている。 0, the same assembly configuration, and it can house the tape of a different width. 実施例では、収納しているテープの幅が6mm、9mm、12mm、18mm、24mmの5種類のテープカートリッジを提供している。 In an embodiment, the width of the tape which houses are providing 6 mm, 9 mm, 12 mm, 18 mm, five types of tape cartridges 24 mm. 図6は、 Figure 6,
この5種類のテープカートリッジのうちテープ幅が6m Tape width is 6m out of the five types of tape cartridge
mのものを描いた断面図、図7は、テープ幅が24mm Sectional view depicting one of m, 7, the tape width of 24mm
のものを描いた断面図である。 It is a cross-sectional view depicting one of the. なお、図面を簡略化するため、図7における各部材の符号の表示は省略した。 In order to simplify the drawing, the display of the code of each member in Fig. 7 is omitted. また、図6,図7において、テープライタ1への取り付け状態を説明するため、テープカートリッジ断面図に印字ヘッドの一部を描いている。 Also, FIG. 6, 7, for explaining a mounting state of the tape writer 1 depicts a portion of the print head in the tape cartridge sectional view.

【0022】印字に際して用いられるプラテン12は中空円筒状の部材であり、5種類の幅の異なるそれぞれのテープTおよびインクリボンRと印字ヘッドとの密着性を良好なものとして良質な印字を可能とするため、その外周面にはテープ幅に応じたプラテンゴム14が巻装されている。 The platen 12 used during printing is a hollow cylindrical member, enables high quality printing adhesion between five each of the tape T and the ink ribbon R and the printing head having different widths as good as to, platen rubber 14 corresponding to the tape width is wound on the outer circumferential surface. 本実施例では、6mm、9mm、12mmのテープ用として12mm幅のプラテンゴム(図6参照)、18mm、24mmのテープ用として18mm幅のプラテンゴム(図7参照)、計2種のプラテンゴムを用いる。 In this embodiment, 6mm, 9mm, (see FIG. 6) platen rubber of 12mm width for the tape 12mm, 18mm, (see FIG. 7) platen rubber of 18mm width for the tape 24 mm, using a total of two platen rubber.

【0023】また、プラテン12の上下両端部外周は、 Further, upper and lower end portions the outer circumference of the platen 12,
プラテン12の軸径に対して僅かに小径に形成され、この小径部分をテープカートリッジ10の天壁16および底壁18に形成された嵌合孔16A、18Aに回動可能に遊嵌することで、プラテン12は回動自在とされている。 It is formed slightly smaller diameter than shaft diameter of the platen 12, a top wall 16 and bottom wall 18 formed fitting holes 16A of the tape cartridge 10 of this small diameter portion, by loosely fitted rotatably 18A , platen 12 is rotatable. なお、この嵌合孔16A,18Aは、図4に示すように、略長円形状をなしている。 Incidentally, this fitting hole 16A, 18A, as shown in FIG. 4, has a substantially oval shape. この様にしてテープカートリッジ10に立設されるプラテン12は、テープライタ1に設けられた後述するプラテン駆動軸に対して着脱自在であり、かつプラテン駆動軸に係合した状態では同駆動軸から回転駆動力が伝達可能でなければならない。 Platen 12 which is erected on the tape cartridge 10 in this manner are detachably attached to the platen drive shaft to be described later provided in the tape printing device 1, and from the drive shaft in engagement with the platen drive shaft rotational driving force must be transmitted. このため、プラテン12の中空部内周面には、図3 Therefore, the hollow inner peripheral surface of the platen 12, FIG. 3
および図6に示すように、回転軸方向に6つの係合条1 And as shown in FIG. 6, six Kakarigojo in the direction of the rotational axis 1
2Aが等間隔に形成されている。 2A are formed at equal intervals.

【0024】テープカートリッジ10にはその他に、長尺状のテープTおよびインクリボンRをコンパクトに巻取り収納するためにテープコア20、インクリボンコア22およびリボン巻取コア24が立設されている。 [0024] Other in tape cartridge 10, tape core 20, the ink ribbon core 22 and the ribbon winding core 24 in order to compact the winding accommodating an elongated tape T and the ink ribbon R is erected. また、テープカートリッジ10には、後述する印字ヘッドが侵入する進入孔32が設けられている。 Further, in the tape cartridge 10, the entrance hole 32 is provided to be described later printhead from entering. この進入孔3 The entrance hole 3
2の外周28、ガイド壁34が形成されている。 2 of the outer circumference 28, the guide walls 34 are formed.

【0025】テープコア20は大径の中空円筒状のリールで、長いテープTを肉薄に巻取収納できるように配慮される。 The tape core 20 is a diameter of the hollow cylindrical reel, care is taken to allow winding accommodating a long tape T to thin. 従って、最外周に位置するテープT(図3中の符号イ)を引き出す際のテープコア20の回転角速度と最内周に位置するテープT(図3中の符号ロ)を同速度で引き出す際のテープコア20の回転角速度とはあまり相違しない構成となっている。 Accordingly, when pulling out a tape T by the same speed (reference numeral B in FIG. 3) the tape T positioned at the innermost circumference and the rotational angular velocity of the tape core 20 upon pulling out the (symbol b in FIG. 3) positioned in the outermost periphery It has become a not very different structure from the rotation angular velocity of the tape core 20. また、巻取収納の際の曲率が小さく曲げ応力に弱い材質のテープTを用いたとしても、無理なく収納することができる。 Further, it is possible curvature during the winding housing is even with the tape T weak material to reduce bending stress, housed without difficulty.

【0026】図5に示すように、テープコア20には、 [0026] As shown in FIG. 5, the tape core 20,
その中心に軸孔20Bが形成され、テープカートリッジ10の底壁18から立設された軸体18Bに回転自由に嵌め込まれている。 The shaft hole 20B is formed in the center, is fitted to the free rotation from the bottom wall 18 of the tape cartridge 10 in erected the shaft 18B. テープコア20の軸方向上下端には、円形の薄いフィルム20Aが貼付されており、そのテープT側の面は接着剤層となっている。 The axial upper and lower ends of the tape core 20, are affixed circular thin films 20A, a surface of the tape T side is the adhesive layer. このフィルム20Aは、テープTに対してフランジ部として働くが、 This film 20A is acting as a flange with respect to the tape T,
テープT側の面に接着剤層が設けられていることから、 Since the adhesive layer is provided on a surface of the tape T side,
テープTの小口はこのフィルム20Aに軽く付着する。 Small tape T is lightly adhered to the film 20A.
従って、プラテン12の回転によりテープTが引き出され、テープコア20が従動回転しても、テープTがばらけることはない。 Therefore, the tape T is pulled out by rotation of the platen 12, the tape core 20 is also rotated, never takes tape T Gabala. なお、テープカートリッジ10の天壁16を構成する蓋体とテープコア20の上面のフィルム20Aとの間には、湾曲された薄板状の座金23が介装されており、座金23の変形によりテープコア20を底壁18方向に押圧することにより、テープコア20の自由な回転を規制している。 Incidentally, the tape core 20 is provided between the upper surface of the film 20A of the lid and the tape core 20 of the top wall 16 of the tape cartridge 10, thin plate-shaped washer 23 which is bent is interposed, by the deformation of the washer 23 by pressing the bottom wall 18 direction to restrict free rotation of the tape core 20.

【0027】テープコア20に巻取収納されるテープT [0027] The tape T, which is winding housed in the tape core 20
は、テープカートリッジ10の底壁18から立設されたテープガイドピン26を経由してプラテン12へ至り、 Is led through the tape guide pin 26 provided upright from the bottom wall 18 of the tape cartridge 10 to the platen 12,
テープカートリッジ10のテープ排出口10Aにまで導かれる。 It is guided to the tape discharge port 10A of the tape cartridge 10.

【0028】インクリボンコア22は、図6,図7に示すように、小径の中空円筒状部材により構成されるが、 The ink ribbon core 22, as shown in FIGS. 6 and 7, is constituted by a small diameter of the hollow cylindrical member,
その上下両端部の外周は僅かに小径に形成されている。 The outer periphery of the upper and lower end portions are formed on the slightly smaller.
この小径とされた下端部分の端面には、図3,図4に示すように、等間隔に6箇所の溝がその軸方向に形成され、係合部22Aをなしている。 The end surface of the small diameter and has been lower end portion, as shown in FIGS. 3 and 4, grooves equally spaced at six positions are formed in the axial direction, and forms the engagement portion 22A. この下端側の小径部分は、テープカートリッジ10の底壁18に形成された円形の嵌合孔部18Cに遊嵌されている。 Diameter portion of the lower side is loosely fitted in the circular fitting hole portion 18C formed in the bottom wall 18 of the tape cartridge 10. また、インクリボンコア22の上端中空部分は、テープカートリッジ1 The upper end hollow portion of the ink ribbon core 22, the tape cartridge 1
0の天壁16に突設された円筒状のガイド突部16Cに遊嵌されている。 It is loosely fitted in a cylindrical guide projection 16C projecting from the top wall 16 of the 0. 従って、この状態では、インクリボンコア22は、インクリボンRの引き出しに連れて従動回転自在に保持される。 Accordingly, in this state, the ink ribbon core 22 is driven rotatably held As the drawer of the ink ribbon R.

【0029】また、図3,図4に示すように、テープカートリッジ10の底壁18であって、インクリボンコア22と後述するリボン巻取コア24との底部近傍には、 Further, as shown in FIGS. 3 and 4, a bottom wall 18 of the tape cartridge 10, near the bottom of the ribbon winding core 24 to be described later ink ribbon core 22,
細い略L字状の係合片18Dが形成されている。 Thin substantially L-shaped engagement piece 18D is formed. 係合片18Dは、テープカートリッジ10の底壁18の一部分(図3中のハッチ部分X)をくり抜くことで、形成されている。 The engagement piece 18D, by hollowing out a portion of the bottom wall 18 of the tape cartridge 10 (hatched portion X in FIG. 3) are formed. 従ってこの係合片18Dの先端部は、底壁18 Thus the tip portion of the engagement piece 18D is a bottom wall 18
を構成している部材の弾性により底壁18に連続している基端部18Eを支点として、底壁18の平面方向に沿って移動自在となる。 As a fulcrum a proximal end 18E which is continuous with the bottom wall 18 by the elastic member constituting the movement becomes freely along the plane direction of the bottom wall 18. この係合片18Dに何等の力が作用していない状態にあっては、その移動自在の端部は嵌合孔部18Cの外周内側に位置するため、前述のごとく嵌合孔部18Cに遊嵌されたインクリボンコア22の端部に形成された6個の係合部22Aの何れかと係合し、 In the state where nothing like force does not act on the engaging pieces 18D, because they are located on the outer periphery inside the movable end fitting hole 18C, Yu into the fitting hole portion 18C as described above any and engage the fitting ink ribbon six engaging portion 22A formed in the end portion of the core 22,
インクリボンコア22の回転を阻止する。 To prevent rotation of the ink ribbon core 22.

【0030】インクリボンコア22に巻取収納して供給されるインクリボンRは、リボンガイドローラ30にガイドされて前述したテープTと重合状態となってプラテン12にまで至り、更に印字ヘッドが進入する進入孔3 The ink ribbon ink ribbon is fed in the winding accommodated in the core 22 R is led to the platen 12 is guided by the ribbon guide roller 30 and the tape T as described above and the polymerization conditions, further printhead enters entrance hole 3
2の周面に形成されたガイド壁34を介してリボン巻取コア24に至る。 Leading to ribbon winding core 24 through the guide wall 34 formed on the peripheral surface of 2. テープカートリッジ10が未使用状態にあるとき、すなわちインクリボンRの始端のみがリボン巻取コア24に着設されている時のインクリボンRの引き回し状態を図3中の符号ハに、またインクリボンR When the tape cartridge 10 is in the unused state, i.e. the sign c in FIG. 3 a routing state of the ink ribbon R when only the beginning of the ink ribbon R is clamped by the ribbon take-up core 24, also the ink ribbon R
の総てがリボン巻取コア24に巻取られたときの同状態を符号ニに示している。 All indicates the same state when taken ribbon winding core 24 wound on the sign two of.

【0031】リボン巻取コア24は、図示するごとくインクリボンコア22と略同型の中空円筒状部材により構成される。 The ribbon winding core 24 is composed of a hollow cylindrical member of the ink ribbon core 22 and substantially isomorphic as shown. そして、その上下両端部の外周もインクリボンコア22と同様に、僅かに小径に形成されている。 Then, as in the outer periphery also the ink ribbon core 22 of the upper and lower end portions is formed in a slightly smaller. その小径とされた下端部端面には、等間隔毎に6個の係合部24Aが凹設される。 The lower end portion end face and its small diameter, six engaging portion 24A is recessed into equal intervals. 一方、このリボン巻取コア24 On the other hand, the ribbon winding core 24
は、プラテン12同様にテープライタ1に設けられる後述するリボン巻取コア駆動軸に係合して回転駆動可能とするため、その中空部内周面には軸方向に6つの係合条24Bが等間隔に形成されている。 Since the platen 12 similarly engaged with the ribbon winding core driving shaft to be described later is provided in the tape writer 1 and driven rotating, six Kakarigojo 24B in the axial direction on the inner circumferential surface thereof a hollow portion and the like It is formed in the interval. この様に構成されるリボン巻取コア24は、上下端に形成された小径部分をテープカートリッジ10の底壁18および天壁16に形成された円形の嵌合孔部16G、18Gに遊嵌され回動自在に立設される。 Thus constructed ribbon winding core 24 is loosely fitted the formed small diameter portion at the upper and lower ends bottom wall 18 and a circular formed top wall 16 of the fitting hole portion 16G of the tape cartridge 10, the 18G rotatably erected.

【0032】また、リボン巻取コア24の不測の回転を防止するため、テープカートリッジ10の底壁18には、前述と同じく嵌合孔部18Gの外周内側にその端部を位置する細い略L字状の係合片18Hが形成されている。 [0032] In order to prevent accidental rotation of the ribbon winding core 24, the bottom wall 18 of the tape cartridge 10 is a thin substantially L located the end on the outer periphery inside the same fitting hole portion 18G with the aforementioned shaped engaging piece 18H are formed. 即ち、テープカートリッジ10の底壁18の一部分(図3中のハッチ部分Y)がくり抜かれて、係合片18 That, is a portion of the bottom wall 18 of the tape cartridge 10 (hatched portion Y in FIG. 3) is hollowed out, the engaging piece 18
Hとされている。 It has been with H. カートリッジ10が単体の状態では、 In the cartridge 10 is a single state,
この係合片18Hの端部が、リボン巻取コア24の端部に形成された6個の係合部24Aの何れかと係合しており、リボン巻取コア24の回転は阻止されている。 End of the engagement piece 18H are engaged with any of the six engaging portion 24A formed at the end of the ribbon winding core 24, the rotation of the ribbon winding core 24 is prevented . なお、係合片18D,18Hの先端が係合部22A,24 Incidentally, the engagement piece 18D, the tip of 18H engaging portion 22A, 24
Aに対して直角ではなく、斜めに対峙していることから、インクリボンコア22およびリボン巻取コア24 Not orthogonal to A, since it is facing diagonally, the ink ribbon core 22 and the ribbon winding core 24
は、反時計回り回転することは可能である。 Is possible to counter-clockwise rotation.

【0033】この様なインクリボンコア22の係合部2 The engagement portion 2 of such an ink ribbon core 22
2Aと係合片18Dとの係合およびリボン巻取コア24 Engagement between 2A and engagement piece 18D and the ribbon winding core 24
の係合部24Aと係合片18Hとの係合は、共に、カートリッジ10をカートリッジ装着部50Aに装着することにより解除されるが、その構成は、カートリッジ装着部50Aの構造と合わせて、後述する。 The engagement of the engaging portion 24A and the engagement piece 18H of both, but is released by mounting the cartridge 10 to the cartridge mounting portion 50A, the arrangement is combined with the structure of the cartridge mounting portion 50A, described later to.

【0034】この様なリボン巻取コア24に巻取られるインクリボンRは、熱転写型のリボンであり、その幅は印字される側のテープTの幅に応じて複数種用意される。 The ink ribbon R to be taken such ribbon winding core 24 wound is a thermal transfer ribbon, the width is more prepared in accordance with the width of the tape T on the side to be printed. 本実施例では、図6に示したように、テープ幅6, In this embodiment, as shown in FIG. 6, the tape width 6,
9,12mm用として12mm幅のインクリボンと、図示しないがテープ幅18mm用として18mm幅のインクリボンと、図7に示したように、テープ幅24mm用として同幅の24mm幅のインクリボンと、計3種のインクリボンRを用意している。 An ink ribbon 12mm width for the 9,12Mm, and the ink ribbon of 18mm width for the unshown but tape width 18mm, as shown in FIG. 7, and the ink ribbon of 24mm width of the width for the tape width 24mm, It has prepared a total of three types of ink ribbon R.

【0035】インクリボンRは、リボン幅がテープカートリッジ10の高さと等しいものの場合には(図7参照)、インクリボンRは天壁16およぴ底壁18にガイドされるので、リボン巻取コア24の外周にはフランジ部は形成されていないが、リボン幅が狭いテープカートリッジ10の場合には、インクリボンRを安定してプラテン12に供給できるように、リボン巻取コア24の外周には、巻取収納しているインクリボンRの幅に適合したフランジ部24Cが形成され、このフランジ部24C [0035] The ink ribbon R, (see FIG. 7) in the case of those ribbons of equal width and height of the tape cartridge 10, the ink ribbon R is guided to the top wall 16 Oyopi bottom wall 18, the ribbon take-up While the outer periphery of the core 24 is not the flange portion is formed, if the ribbon width is narrower tape cartridge 10, as can be supplied to the platen 12 and the ink ribbon R stably, on the outer circumference of the ribbon winding core 24 a flange portion 24C which is adapted to the width of the ink ribbon R are winding housed is formed, the flange portion 24C
にてインクリボンRを案内している(図6参照)。 And guides the ink ribbon R in (see Figure 6).

【0036】本実施例のテープカートリッジ10は、上述のごとく、収納したテープTの幅により5種類が存在する。 The tape cartridge 10 of this embodiment, as described above, five types exists by the width of the storage tapes T. テープTの幅により、印字できる領域等も異なるから、テープカートリッジ10の種類を検出する必要が生じる。 The width of the tape T, because also different region or the like that can be printed, it becomes necessary to detect the type of the tape cartridge 10. 実施例のテープカートリッジ10では、図7に示したように、カートリッジの底壁18に3つの検出孔18Ka,18Kb,18Kcを設け、テープカートリッジ10の種類を判別可能としている。 In the tape cartridge 10 of the embodiment, as shown in FIG. 7, the cartridge of the bottom wall 18 into the three detection holes 18 kA, 18Kb, provided 18Kc, thereby enabling determine the type of the tape cartridge 10. 即ち、この検出孔18Ka,18Kb,18Kcを、巻取収納しているテープTの幅に応じて、異なる深さに形成しているのである。 That is, the detection hole 18 kA, 18Kb, and 18Kc, in accordance with the width of the tape T which is the winding housing, with each other to form different depths.

【0037】テープカートリッジ10の種類と検出孔1 [0037] The type and the detection hole of the tape cartridge 10 1
8Ka,Kb,Kcとの関係を図8に示す。 8 kA, Kb, the relationship between Kc shown in FIG. 図示するように、テープ幅6mmを収納しているテープカートリッジ10の3つの検出孔18Ka,18Kb,18Kc As illustrated, the three detection holes 18Ka of the tape cartridge 10 housing the tape width 6mm, 18Kb, 18Kc
は、総て浅く穿設されている。 It is shallow bored all. また、テープ幅9mmのテープカートリッジ10では検出孔18Ka、テープ幅12mmでは検出孔18Kb、テープ幅18mmでは検出孔18Kcの1つのみが深く穿設されている。 The tape cartridge 10 in the detection hole 18Ka in the tape width 9 mm, the tape width 12mm In the detection holes 18Kb, only one of the detection hole 18Kc the tape width 18mm is deeply bored. そして、テープ幅24mmでは2つの検出孔18Ka,18 Then, the tape width 24 mm 2 two detection holes 18 kA, 18
Kbが深く穿設されている。 Kb are deeply bored.

【0038】以上詳細に説明したテープカートリッジ1 The tape cartridge 1 described above in detail
0は、テープライタ1のテープカートリッジ装着部50 0, the tape cartridge mounting portion 50 of the tape writer 1
Aに装着される。 It is attached to the A. このテープライタ1の内部には、図1 Inside the tape printing device 1, FIG. 1
におけるAA−AA端面図である図9に示すように、外部記憶素子としてオプション供給される各種パックを接続するための拡張部50E、入力部50C,表示部50 AA-AA is a end view as shown in FIG. 9, extension 50E for connecting various packs that are options provided as an external storage device, the input unit 50C in the display unit 50
Dやプリンタ部50B等の制御を司る制御回路部50F The control circuit unit 50F for controlling the like D and the printer unit 50B
を備える。 Equipped with a.

【0039】テープライタ1の裏面には電池収納部50 The battery storage unit 50 on the back side of the tape writer 1
Iが設けられており、装置全体の電源となる6個の単三電池が装着可能となっている。 I are provided, six AA batteries as a power source of the whole device is made can be mounted. 本体右側面部には、電源スイッチ50Jが設けられている。 The body right side surface, the power switch 50J is provided. なお、電源は、図示しないACアダプターから、本体右側部に設けられたプラグ50Nからも供給され可能である。 The power from the AC adapter which is not shown, it is possible also supplied from the plug 50N provided in the main body right side.

【0040】以下、テープライタ1の機械的な構成部の各々について、順次説明する。 [0040] Hereinafter, for each of the mechanical components of the tape printing device 1 will be sequentially described. 図10は、テープカートリッジ装着部50Aの構成を平面的に示す説明図、図1 Figure 10 is an explanatory view showing in plan the structure of the tape cartridge mounting portion 50A, FIG. 1
1はステッピングモータ80の動力によりプラテン12 1 platen 12 by the power of the stepping motor 80
等を駆動する駆動機構50Pの要部構成を示す斜視図、 Perspective view of an essential part structure of a driving mechanism 50P for driving the like,
である。 It is.

【0041】カートリッジ装着部50Aは、テープライタ1本体の左後側に配置され、図10に示すように、前述したテープカートリッジ10の形状に合致した装着空間として形成されている。 The cartridge holder unit 50A is disposed on the left rear side of the tape printing device 1 main body, as shown in FIG. 10, it is formed as a mounting space that matches the shape of the tape cartridge 10 described above. この装着空間には、図11に示すように、リボン巻取コア24およびプラテン12の各中空部分に係合する軸および印字ヘッド60が立設されている。 The mounting space, as shown in FIG. 11, the shaft and the print head 60 engage the respective hollow portions of the ribbon winding core 24 and the platen 12 is erected. また、テープカートリッジ装着部50Aの下部には、ステッピングモータ80の回転をプラテン12 Further, the lower portion of the tape cartridge mounting section 50A, the platen 12 and the rotation of the stepping motor 80
等に伝達する駆動機構50Pが設けられているが、テープカートリッジ装着部50Aのケースに仕切られているので、本体カバー50Kを開いただけでは、駆動機構5 The driving mechanism 50P is provided for transmitting an equal, because they are divided into the case of the tape cartridge mounting section 50A, only opening the body cover 50K, the driving mechanism 5
0Pを直接視認することはできない。 It can not be viewed directly 0P. 図11は、このケースを外した状態を示すものである。 Figure 11 shows a state in which remove this case. なお、この装着空間は、テープカートリッジ10を装着した状態では、通常は本体カバー50Kにて覆われている。 Incidentally, the mounting space, in the state where the tape cartridge 10, typically covered with a body cover 50K.

【0042】このカートリッジ装着部50Aへのテープカートリッジ10の装着あるいは交換は、本体カバー5 [0042] mounting or replacement of the tape cartridge 10 into the cartridge mounting unit 50A, the main body cover 5
0Kを開けて行なわれる。 It is performed by opening the 0K. カートリッジ装着部50Aの手前に設けられるスライドボタン52を右にスライドさせると本体カバー50Kと本体との係合が解除され、本体カバー50Kが本体後部のカバーヒンジ54を支点として回転し、これを開けることができる。 Sliding slide buttons 52 provided in front of the cartridge mounting portion 50A to the right is disengaged from the cover 50K and the body, the cover 50K rotates as a fulcrum of the cover hinge 54 of the rear body, opened this be able to. なお、スライドボタン52は、一体に設けられたバネアーム52Aが本体側の係止部に係止されることにより、常時図示左向きの付勢力を受けている。 Incidentally, the slide button 52, by spring arm 52A integrally provided is engaged with the engaging portion of the main body, which receives the biasing force always shown leftward.

【0043】スライドボタン52の操作により本体カバー50Kを開けると、テープカートリッジ10のテープTに印字を行なう印字ヘッド60がテープカートリッジ10を着脱することが可能となる。 [0043] Opening the cover 50K by operating the slide button 52, the print head 60 for printing on the tape T of the tape cartridge 10 it is possible to attach and detach the tape cartridge 10. この動作について、 This operation,
説明する。 explain. 印字ヘッド60は、図11に示すように、ベースボード61から立設されたヘッド回転軸64に回転自在にマウントされており、複数の発熱体を配列したヘッド本体65を絶縁体65aを介して装着する放熱板6 Print head 60, as shown in FIG. 11, are rotatably mounted on a head rotating shaft 64 provided upright from the base board 61, the head body 65 in which a plurality of heating elements via an insulator 65a radiating plate 6 to be mounted
5bと、この放熱板65bを連結板67aにより支持する枠体67と、印字ヘッド60を初期位置に向けて付勢するコイルばね66と、ヘッド本体65への電気的な配線であるフレキシブルケーブル68とを備える。 And 5b, a frame 67 for supporting the the radiator plate 65b connecting plate 67a, a coil spring 66 for urging the print head 60 to the initial position, the flexible cable 68 is an electrical wiring to the head body 65 provided with a door. なお、 It should be noted that,
枠体67と連結板67aとの連結は連結板67aの開口にピン67bを打ち込むことでなされており、ヘッド本体65を装着した放熱板65bは、このピン67bを中心に回転自在とされている。 Connection between the connecting plate 67a and the frame 67 are made by driving a pin 67b to the opening of the connecting plate 67a, the heat radiating plate 65b mounted to the head main body 65 is rotatable around this pin 67b . この結果、印字ヘッド60 As a result, the print head 60
をプラテン12側に押しだしたとき、ヘッド本体65 When the out push to the platen 12 side, the head main body 65
は、プラテン12との間に挟持されるテープTに均一に当たることになる。 Would strike the uniform tape T is held between the platen 12.

【0044】枠体67の下端部は、大きく延出されてリンク板62として形成されている。 The lower end of the frame 67 is formed issued large extend by the link plate 62. このリンク板62 The link plate 62
は、後述するギヤトレインの間を縫って配置され、その端部は、表示部50Dとの境界近傍に位置する(図10 Is disposed sewn between the gear train to be described later, the end portion is positioned in the vicinity of the boundary between the display unit 50D (FIG. 10
参照)。 reference). リンク板62の端部には、コイルばね69が引っかけられており、駆動部材63とリンク板62とを連結している。 The end of the link plate 62, a coil spring 69 is hooked, and connects the drive member 63 and the link plate 62. この駆動部材63は、略三角形状をしており、コイルばね69が結合された端部63aと反対側の端部63bは、図10に示すように、本体カバー50K The drive member 63 has a substantially triangular shape, the ends 63b of the end portion 63a of the coil spring 69 is coupled opposite side, as shown in FIG. 10, the cover 50K
に対向した位置に配置される。 It is disposed on opposite positions on. 本体カバー50Kの端部63bに対向する位置には、下方に向けて、操作アーム50Sが延出・形成されており、本体カバー50Kを閉める操作により、端部63bを押し下げる。 At a position opposite to the end portion 63b of the cover 50K is downward, the operation and the arm 50S is extended-formed, by the operation of closing the cover 50K, pushes down the end portion 63b.

【0045】この動きを模式的に示したのが、図10のB−B矢視端面図である図12である。 [0045] The this movement is schematically shown a diagram 12 a B-B arrow end view of FIG. 10. 図示するように、本体カバー50Kが押し下げられるに従って、操作アーム50Sが駆動部材63の端部63bを押し下げ、 As shown, according to the cover 50K is pressed down, the operation arm 50S presses down the end portion 63b of the driving member 63,
これにつれて、コイルばね69を介してリンク板62 As this, the link plate 62 through the coil spring 69
が、図12右方向に回転移動する。 But rotational movement 12 rightward. リンク板62のこの動きは、印字ヘッド60を、コイルばね66の付勢力に抗して回転させる。 This movement of the link plate 62, the print head 60 is rotated against the urging force of the coil spring 66. これにより、印字ヘッド60は、退避位置から、装着されていたテープカートリッジ10のプラテン12に対向した印字位置まで移動する。 Thus, the print head 60 is moved from the retracted position, to a printing position facing the platen 12 of the tape cartridge 10 which has been mounted. すなわち、本体カバー50Kを閉じるという操作を行なった場合、印字ヘッド60は印字可能な位置にセットされることになる。 That is, when performing an operation of closing the body cover 50K, the print head 60 will be set to the printable position. 逆に、本体カバー50Kを開けるという操作を行なった場合には、その次に通常実行される行為であるテープカートリッジ10の取り外しあるいは装着に際して必要となる印字ヘッド60の退避位置への移動操作が同時に実現されることになる。 Conversely, the case of performing an operation of opening the cover 50K, the next moving operation to the normal retracted position of the print head 60 that is necessary when disconnecting or mounting of the tape cartridge 10 is an act to be performed at the same time It will be realized. 一旦退避位置まで移動した印字ヘッド60は、コイルばね66により、本体カバー50Kを開いている間、その位置にとどまり、本体カバー50Kを閉じると、印字ヘッド60がプラテン1 Print head 60 has moved once to the retracted position by the coil spring 66, while opening the body cover 50K, remains in its position, closing the body cover 50K, the print head 60 is the platen 1
2を押圧する位置に復帰する。 2 to return to the position for pressing the.

【0046】この様にしてカートリッジ装着部50Aに装着されるテープカートリッジ10の底壁18には、インクリボンコア22およびリボン巻取コア24の回り止めのためにその係合部22A,24Aに係合する係合片18D,18Hが設けられていることは既述した。 [0046] engagement with the bottom wall 18 of the tape cartridge 10 to be mounted to the cartridge mounting portion 50A in this manner, the engaging portion 22A for detent of the ink ribbon core 22 and the ribbon winding core 24, the 24A it was already described that if for engagement piece 18D, 18H are provided. 係合片18D,18Hは、底壁18の一部(図3,図4、ハッチ部XおよびY)をくり抜くことで形成されており、 The engagement piece 18D, 18H, a part of the bottom wall 18 (FIG. 3, FIG. 4, hatched portions X and Y) are formed by hollow out,
このハッチ部X,ハッチ部分Yの中ほどの位置に対応するカートリッジ装着部50Aの部位には、図10に示すように、くさび形の2つの当接突起70A、70Bが立設されている。 The hatch portion X, the portion of the cartridge mounting portion 50A which corresponds to the position of the middle of the hatched portion Y, as shown in FIG. 10, two abutment projections 70A of wedge-shaped, 70B are erected. 従って、テープカートリッジ10をテープカートリッジ装着部50Aに装着すると、この当接突起70A,70Bがハッチ部分X,ハッチ部分Yに嵌まり、係合片18D,18Hをインクリボンコア22およびリボン巻取コア24の係合部22A,24Aから遠ざける方向に押し分ける。 Therefore, when the tape cartridge 10 in the tape cartridge mounting section 50A, the contact projections 70A, 70B are fits hatched portion X, the hatch portion Y, the engagement piece 18D, 18H ink ribbon core 22 and the ribbon winding core the engaging portion 22A of 24, push aside in a direction away from 24A. これにより、係合片18D,1 As a result, the engagement piece 18D, 1
8Hによる係合は解除され、インクリボンコア22およびリボン巻取コア24は回転可能な状態となる。 Engagement by 8H is released, the ink ribbon core 22 and the ribbon take-up core 24 is a rotatable state.

【0047】次に、ステッピングモータ80の回転をプラテン12のプラテン駆動軸72等に伝達する伝達機構について説明する。 Next, a description will be given of transmission mechanism for transmitting rotation of the stepping motor 80 to the platen driving shaft 72 and the like of the platen 12. 図11に示したように、ステッピングモータ80の回転軸80Aには、第1のギヤ81が取り付けられており、更に、クラッチアーム80Bが回転軸80Aに所定の摩擦を持って嵌合されている。 As shown in FIG. 11, the rotation shaft 80A of the stepping motor 80, a first gear 81 is attached, are further engaged clutch arm 80B is with a predetermined friction in the rotational shaft 80A . このクラッチアーム80Bは、第2のギヤ82,第3のギヤ8 The clutch arm 80B, the second gear 82, third gear 8
3と共に、ワンウェイクラッチを構成している。 Along with the 3, constitute a one-way clutch. 即ち、 In other words,
ステッピングモータ80が図示矢印C方向に回転すると、回転軸80Aとクラッチアーム80Bとの摩擦により、クラッチアーム80Bは、第2のギヤ82と共に矢印C方向に回転し、第3のギヤ83に係合する。 When the stepping motor 80 is rotated in the arrow C direction, by the friction between the rotating shaft 80A and the clutch arm 80B, the clutch arm 80B rotates in the arrow C direction together with the second gear 82, engaged with the third gear 83 to. この結果、ステッピングモータ80の回転は第3のギヤ83まで伝達される。 As a result, rotation of the stepping motor 80 is transmitted to the third gear 83. ワンウェイクラッチの働きについては、 For the work of the one-way clutch,
後述する。 Which will be described later.

【0048】第3のギヤ83の回転は、更にギヤダウンを繰り返しつつ、第4のギヤ84を介して、第5のギヤ85および第6のギヤ86に伝達される。 [0048] Rotation of the third gear 83 is further while repeatedly Giyadaun, via a fourth gear 84 is transmitted to the gear 86 of the fifth gear 85 and sixth. 第5のギヤ8 Fifth gear 8
5は、その回転軸が巻取コア駆動軸74に結合されており、ステッピングモータ80の回転によりインクリボンRを巻き取ってゆく。 5, the rotary shaft is coupled to the winding core driving shaft 74, Yuku winding the ink ribbon R by the rotation of the stepping motor 80. なお、実際にリボン巻取コア24 It should be noted that, actually the ribbon winding core 24
を駆動するリム74Aは、巻取コア駆動軸74に対して所定の摩擦を持って取り付けられており、通常の状態では、ステッピングモータ80による巻取コア駆動軸74 Rim 74A that drives are mounted with a predetermined friction with respect to the winding core driving shaft 74, in a normal state, the winding core driving shaft by the stepping motor 80 74
の回転に従って回転するが、リボン巻取コア24がインクリボンRの終端に至った等の理由で回転不能となった場合には、巻取コア駆動軸74の回転に対してスリップするものとされている。 Although the rotation according to the rotation, when it becomes unable to rotate because of such ribbon winding core 24 reaches the end of the ink ribbon R is intended to slip relative to the rotation of the winding core driving shaft 74 ing.

【0049】第6のギヤ86の回転は、更に第7のギヤ87に伝達され、プラテン駆動軸72を回転する。 [0049] Rotation of the gear 86 of the sixth is further transmitted to a seventh gear 87 to rotate the platen drive shaft 72. プラテン駆動軸72の下部には、プラテン12の内周面の凹凸と嵌合してこれを駆動するリム72Aが設けられている。 At the bottom of the platen driving shaft 72, the rim 72A for driving the fitted with irregularities of the inner peripheral surface of the platen 12 is provided. 従って、ステッピングモータ80が回転し、ワンウェイクラッチによりその回転が第3のギヤ83に伝達されると、最終的には、プラテン駆動軸72と巻取コア駆動軸74とが回転し、プラテン12の外周に設けられたプラテンゴム14と印字ヘッド60のヘッド本体65との間に挟持されてたテープTを、印字に合わせて搬送すると共に、このテープTの搬送に同期してインクリボンRを巻き取ってゆく。 Therefore, the stepping motor 80 rotates and the rotation by the one-way clutch is transmitted to the third gear 83, and ultimately, to rotate the platen drive shaft 72 and the winding core driving shaft 74, the platen 12 the tape T that has been held between the platen rubber 14 provided on the outer periphery and the head main body 65 of the print head 60, conveys to suit printing, taking up the ink ribbon R in synchronization with the conveyance of the tape T and Yuku.

【0050】プラテン駆動軸72および巻取コア駆動軸74の軸外周には、プラテン12やリボン巻取コア24 [0050] The shaft outer circumference of the platen drive shaft 72 and the take-up core driving shaft 74, the platen 12 and the ribbon winding core 24
の中空内周面に形成されている係合条12A,24Bと係合する突条72B,74Bが等間隔に3つ形成されている。 Kakarigojo 12A formed in the hollow inner circumferential surface of, 24B that engage projections 72B, 74B are equally spaced three to formation. このプラテン駆動軸72および巻取コア駆動軸7 The platen drive shaft 72 and the take-up core drive shaft 7
4をステッピングモータ80により所定回転速度で回転駆動すれば、テープTおよびインクリボンRをテープコア20およびインクリボンコア22から所定量ずつ引き出して互いに重合状態とし、プラテンゴム14と印字ヘッド60との間を通過させる。 4 if rotated at a predetermined rotational speed by the stepping motor 80 and pull the tape T and the ink ribbon R from the tape core 20 and the ink ribbon core 22 by a predetermined amount and the polymerization condition to each other, between the platen rubber 14 and the print head 60 to pass. この時、印字ヘッド60 At this time, the print head 60
に通電してドット単位での発熱量を制御すれば、インクリボンRのインクをテープTに熱転写し、テープTへ印字することができる。 By controlling the amount of heat generated at each dot by energizing the, the ink of the ink ribbon R is thermally transferred to the tape T, it can be printed on the tape T. 印字の後、テープカートリッジ1 After printing, the tape cartridge 1
0からは印字の完了したテープTのみが排出され、印字に使用されたインクリボンRはリボン巻取コア24に巻取回収される。 Only the tape T has completed printing from 0 is discharged, the ink ribbon R used for printing is winding recovered ribbon winding core 24.

【0051】このように印字と共にテープTが搬送されると、テープTは、本体左側面のテープ排出口10Aから送り出されてくる。 [0051] When the tape T is conveyed together with the printing in this manner, the tape T will come fed from the tape outlet 10A of the main body left side. このテープTは、後述する切断機構により切断するのが本来であるが、使用者によっては、テープTを切断前に引き出そうとすることがある。 The tape T is a originally to cut by a cutting mechanism to be described later, by the user, may be an attempt to get before cutting the tape T.
本体カバー50Kを閉めた状態では、印字ヘッド60はプラテン12のプラテンゴム14にテープTを押圧しているから、テープTを無理に引き出そうとすると、プラテン駆動軸72も回転しようとする。 In the closed state of the body cover 50K, the print head 60 from presses the tape T to the platen rubber 14 of the platen 12, when an attempt to get to force the tape T, the platen driving shaft 72 also tends to rotate. しかし、ギヤダウンしていることとステッピングモータ80の保持トルクがある程度あることから、通常の駆動機構では、プラテン駆動軸72を回転することはできない。 However, since the holding torque that the stepping motor 80 that Giyadaun is somewhat, in the normal drive mechanism, it is not possible to rotate the platen drive shaft 72. 当然巻取コア駆動軸74も回転しない。 Naturally winding core driving shaft 74 also does not rotate. 従って、テープTを引き出すと、テープTと共にインクリボンRが引き出されてしまう。 Therefore, when drawing out the tape T, the ink ribbon R will be withdrawn together with the tape T. この状態で切断機構を使用してテープTを切断するとインクリボンRも切断してしまうから、こうした事態は起きてはならない。 Because would also cut the ink ribbon R when cutting the tape T by using the cutting mechanism in this state, such a situation should not occur.

【0052】本実施例では、記述したクラッチアーム8 [0052] In the present embodiment, the clutch arm 8 that describes
0Bと第2,第3のギヤ82,83とにより構成されたワンウェイクラッチにより、この問題を回避している。 The 0B and second one-way clutch constituted by a third gear 82 and 83, thereby avoiding this problem.
即ち、テープTを引き出そうとすると、プラテン12と共にプラテン駆動軸72が回転する。 That is, when an attempt to get the tape T, the platen driving shaft 72 rotates with the platen 12. このプラテン駆動軸72の回転は、ギヤトレインを介して第3のギヤ83 Rotation of the platen driving shaft 72, the third gear 83 through a gear train
まで伝達され、これを時計回りに回転する。 It is transmitted to and rotates it clockwise. この時、第2のギヤ82を回転しようとするが、ステッピングモータ80の回転軸80Aが回転しないため、第3のギヤ8 At this time, to rotate the second gear 82, the rotation shaft 80A of the stepping motor 80 does not rotate, the third gear 8
3の回転力は第2のギヤ82を軸支するクラッチアーム80Bを押し退け、第2のギヤ82と第3のギヤ83との係合を解消する。 3 the rotational force pushes away the clutch arm 80B for supporting the second gear 82, which eliminates the second gear 82 engaging with the third gear 83. この結果、第3のギヤ83から第7 As a result, the third gear 83 7
のギヤ87までは、ステッピングモータ80から切り放された形となり、テープTの引き出しに伴うプラテン駆動軸72の回転により、巻取コア駆動軸74も回転することになる。 Until the gear 87 becomes a shape which is split off from the stepping motor 80, the rotation of the platen driving shaft 72 due to pull-out of the tape T, it is also rotated winding core driving shaft 74. 従って、テープTの引き出しに伴ってインクリボンRも巻き取られることになり、テープTと共に外部に引き出されてしまうということがない。 Accordingly, to be taken ink ribbon R is also wound with the drawer of the tape T, it is not that will be withdrawn to the outside together with the tape T. なお、ステッピングモータ80が回転すれば、その回転によりクラッチアーム80Bは、再び第3のギヤ83側に移動し、第2のギヤ82と第3のギヤ83とは係合する。 Incidentally, if the stepping motor 80 is rotated, the clutch arm 80B by the rotation thereof, again moved to the third gear 83 side, and the second gear 82 and third gear 83 engages. こうしたクラッチアーム80Bの動きは、ベース61に設けられ、クラッチアーム80Bの先端が嵌められた開口80Cにより、一応規制されている。 These movements in the clutch arm 80B is provided on the base 61, the tip of the clutch arm 80B is the fitted opening 80C, it is tentatively regulated.

【0053】上記印字動作によりテープカートリッジ1 [0053] tape cartridge 1 by the above-described printing operation
0から左方へと排出される印字済みのテープTは、図1 Tape T printed of from 0 is discharged to the left, as shown in FIG. 1
0および図13に詳しい構成が示されている切断機構を用い、次のよう簡単に切り取ることができる。 Using a cutting mechanism detailed configuration 0 and 13 are shown, it can be cut to simplify the following. なお、図13は図10におけるC−C端面図である。 Incidentally, FIG. 13 is a C-C in end view in FIG. 10. カートリッジ装着部50Aの底部より突出されるカッター支持軸9 Cutter is projected from the bottom of the cartridge holder unit 50A supporting shaft 9
2には回動自在の略「L」字状をしたテープカッター9 Tape cutter 9 to 2 having a substantially pivotable "L" shaped
0およびばね94が嵌合されており、そのばね94の弾発力によりテープカッター90は図13に実線で示す状態、すなわち図示時計方向への回転力が加えられた状態で維持される。 0 and a spring 94 is fitted, the tape cutter 90 by the elastic force of the spring 94 the state shown by the solid line in FIG. 13, that is, maintained in a state where the rotation force in the clockwise direction in the figure is applied. この回転力により、テープカッター90 This rotational force, the tape cutter 90
の左端部90Aは、カッターボタン96をその裏面より押し上げている。 The left end portion 90A, and pushes up the cutter button 96 than its rear surface. テープカッター90の左端部90A The left end portion 90A of the tape cutter 90
は、二股状に形成され、ここにカッターボタン96の裏面に設けられたピン96Aが挿入されている。 Is formed in a forked pin 96A is inserted, which is provided here on the rear surface of the cutter button 96. 従って、 Therefore,
カッターボタン96を下方に押し込むと、テープカッター90の左端部90Aはこれに連れて、下方向に移動される。 Engaging cutter button 96 downward, the left end portion 90A of the tape cutter 90 is brought to be moved downward.

【0054】また、テープカッター90の右端部90B [0054] In addition, 90B right end portion of the tape cutter 90
には、テープTを切断するための移動刃98が形成されており、カートリッジ装着部50Aの側面に取り付けられた固定刃91に対して一定の角度で離隔している。 In is formed with movable blade 98 for cutting the tape T, they are spaced apart at an angle to the fixed blade 91 attached to the side surface of the cartridge mounting portion 50A. この右端部90Bの背面には、テープ抑え93の肩部93 On the back of the right end portion 90B, the shoulder portion 93 of the tape suppressed 93
Aが当接している(図10参照)。 A is in contact with (see Fig. 10). このテープ抑え93 The tape kept 93
は、図10に示すように、ばね95により、テープTの走行路方向に付勢されており、テープカッター90が回転して移動刃98が固定刃91方向に移動すると、これにともなってテープTの走行路方向に移動する。 As shown in FIG. 10, by a spring 95 and is urged in the running path direction of the tape T, the tape cutter 90 movable blade 98 is rotated to move the fixed blade 91 direction, along with this tape moves in the traveling path direction of T. テープTの走行路を挟んだ反対側には、固定壁97が設けられているので、テープ抑え93は、移動刃98と固定刃9 On the opposite side across the traveling path of the tape T, because the fixed wall 97 is provided, the tape suppressed 93, fixed and mobile blade 98 blade 9
1によるテープTの切断に先だって、テープTを固定壁97との間で固定する。 1 prior to cutting the tape T by, fixed between the fixed wall 97 of the tape T. なお、このテープ抑え93の移動は、検出スイッチ99により検出される。 The movement of the tape suppressed 93 is detected by the detection switch 99. この検出スイッチ99は、後述するように、テープTの切断中には、印字を行なわないようにするためのものである。 The detection switch 99, as described later, during the cutting of the tape T, it is for to avoid a print.

【0055】テープTの切断は、カッターボタン96をばね94の弾発力に抗して押し下げることで達成される。 [0055] cutting of the tape T is achieved by pressing down against the cutter button 96 the resilient force of the spring 94. カッターボタン96を押し下げてテープカッター9 Tape cutter 9 Press down on the cutter button 96
0を、図13、反時計方向に回転させると、右端部90 0, 13, is rotated in the counterclockwise direction, the right end portion 90
Bに形成されている移動刃98も同方向に回転する。 Movable blade 98 formed on the B also rotates in the same direction. この結果、まずテープ抑え93が固定壁97との間でテープTを抑え、続いて移動刃98が、その下部から次第に固定刃91と重なり合い、印字ヘッド60を通過して印字ヘッド60の外側に位置したテープTを切断するのである。 As a result, first suppresses the tape T between the tape suppressed 93 and the fixed wall 97, followed by moving the blade 98 overlaps increasingly fixed blade 91 from the bottom, on the outside of the print head 60 past the print head 60 position was at to cut the tape T.

【0056】次に、テープライタ1に組み込まれた入力部50C,表示部50D,プリンタ部50B等の詳細について説明するが、全体の理解の便を図って、先に制御回路部50Fを中心とする各部の電気的な構成について、その概略を説明する。 Next, the input unit 50C built into the tape printing device 1, the display unit 50D, will be described in detail, such as the printer unit 50B, the aim of flights overall understanding, the center ahead to the control circuit unit 50F electrical configuration of each unit will be described the outline. 本体カバー50Kの直下には、プリント基板に組み立てられた制御回路部50F Immediately below the body cover 50K, the control circuit unit 50F assembled on a printed circuit board
が、プリンタ部50B等と共に組み込まれている。 But it is incorporated with the printer unit 50B or the like. 全体の電気的な概略構成を、図14に示す。 Overall electrical schematic configuration shown in FIG. 14. 即ち、このテープライタ1の制御回路部50Fには、ROM,RAM, That is, the control circuit unit 50F of the tape printing device 1, ROM, RAM,
入出力ポートを一体に組み込んだ1チップマイクロコンピュータ(以下、CPUと呼ぶ)110およびマスクR 1-chip microcomputer incorporating the input and output ports integrally (hereinafter, referred to as CPU) 110 and a mask R
OM118の他、CPU110と入力部50C,表示部50D,プリンタ部50B等とのインタフェースを行なう各種回路が組み込まれている。 Other OM118, CPU110 an input unit 50C, the display unit 50D, various circuits for interfacing with the printer unit 50B and the like are incorporated. CPU110は、インタフェース回路を介してあるいは直接に入力部50Cや表示部50D等に接続され、これらを制御する。 CPU110 is connected to the input unit 50C and a display unit 50D or the like through the interface circuit or directly, to control these.

【0057】入力部50Cは、図15に示すように、4 [0057] The input unit 50C, as shown in FIG. 15, 4
8個の文字入力キーおよび15個の機能キーの計63キーが備えられている。 Eight characters in total 63 keys of the input keys and fifteen functions keys are provided. 文字入力キーはJIS配列に基づいた、いわゆるフルキー構成であり、操作するキーの数の増加を抑えるために公知のシフトキーを備えるなど一般のワードプロセッサと同様である。 Character input keys based on the JIS arrangement, a so-called full key arrangement is similar to the general word processor, such as provided with known shift key to suppress an increase in the number of keys to be operated. 機能キーとは、文字入力や編集、印刷など頻繁に使用される機能をワンタッチで実行可能にするためのもので、テープライタ1の機能性を高めている。 The function keys, character input and editing, printing, etc. frequently used functions intended to be executable one-touch, to enhance the functionality of the tape writer 1.

【0058】これらの各キーは、8×8のマトリックスに割り当てられている。 [0058] Each of these keys is assigned to a matrix of 8 × 8. 即ち、CPU110から見ると、図14に示すように、入力ポートPA1ないし8およびPC1ないし8の16ポートは、図示するごとくグループ化され、その各交点に入力部50Cの63種のキーが配置されている。 That is, when viewed from the CPU 110, as shown in FIG. 14, 16 port input ports PA1 through 8 and PC1 through 8 are grouped as shown, 63 kinds of keys of the input unit 50C are arranged at the respective intersections ing. 電源スイッチ50Jは、このマトリックスキーとは独立に設けられ、CPU110のノンマスカブルインターラプトNMIに接続されている。 Power switch 50J is provided independently from the matrix key, it is connected to the non-maskable interrupt NMI of the CPU 110. C
PU110は、電源スイッチ50Jが操作されると、マスクできない割込を起動し、電源の投入もしくは電源断の各処理を行なう。 PU110, when the power switch 50J is operated, to start the interrupt can not be masked, performs charged or the processes of power-off of the power supply.

【0059】本体カバー50Kの開閉を検出する開閉検出スイッチ55からの検出出力はポートPB5に入力され、CPU110により本体カバー50Kの開閉状態が割り込みにより監視される。 [0059] Detection outputs from closing detection switch 55 for detecting the opening and closing of the cover 50K is input to a port PB5, open or closed state of the cover 50K by CPU110 is monitored by an interrupt. 開閉検出スイッチ55は、 Close detection switch 55,
本体カバー50Kの端部に設けられた開閉検出スイッチ係合突起55L(図12参照)の動きにより、本体カバー50Kの動作を検出する。 The motion of the opening and closing detection switch engagement projection 55L provided at the end of the cover 50K (see FIG. 12), for detecting the operation of the cover 50K. 印字ヘッド60の駆動中に本体カバー50Kの開状態が検出された場合には、主表示部50Daに所定のエラー表示を行なうと共に、プリンタ部50Bへの電源供給をオフする。 When the open state of the cover 50K is detected during driving of the print head 60, the main display section 50Da with performing a predetermined error display, turns off the power supply to the printer unit 50B.

【0060】CPU110のポートPH,PM,PL [0060] port PH of CPU110, PM, PL
は、ヘッドランク判別部112に接続さている。 Is connected to the head rank determination unit 112. ヘッドランク判別部112とは、製造工程によるばらつきの大きい印字ヘッド60の抵抗値の測定結果からこれを幾つかのランクに分け、その測定結果に応じてヘッドランク判別部112の3つのジャンパー部112A,112 The head rank determination unit 112, divides it into several ranks from the measurement results of the resistance value of the large print head 60 of the variations due to manufacturing processes, three jumper portion 112A of the head rank determination unit 112 according to the measurement result , 112
B,112Cを設定するものである。 B, and used to set a 112C. 従ってCPU11 Therefore CPU11
0は、このヘッドランク判別部112の状態を読み取り、その入力結果に応じて印字ヘッド60の駆動時間、 0 reads the state of the head rank determination unit 112, the driving time of the printing head 60 according to the input result,
即ち発熱量を補正し、印字の濃さのバラツキを防止している。 That is, the heating value is corrected, to prevent variations in the density of printing.

【0061】プリンタ部50Bによる印字は熱転写により行なわれるから、印字の濃さは、サーマルヘッドである印字ヘッド60の通電時間のみならず、外気温,駆動電圧によっても変動する。 [0061] Since the printing by the printer unit 50B is performed by thermal transfer, the density of printing, not only the energizing time of the printing head 60 is a thermal head, the outside air temperature also varies by the driving voltage. これらを検出するのが、温度検出回路60A,電圧検出回路60Bである。 To detect these temperature detection circuit 60A, a voltage detection circuit 60B. これらの回路60A,60Bは、印字ヘッド60に一体に組み込まれており、その出力は、CPU110の2チャンネルのアナログ−ディジタル変換入力ポートAD1,AD2 These circuits 60A, 60B are integrally incorporated in the printing head 60, the output of two channels of analog CPU 110 - digital conversion input ports AD1, AD2
に接続されている。 It is connected to the. CPU110は、このポートAD CPU110 is, this port AD
1,2の電圧をディジタル信号に変換して読み取ることにより、印字ヘッド60の通電時間を補正している。 By reading the first and second voltage is converted into a digital signal, and correcting the conduction time of the print head 60.

【0062】CPU110のポートPB1ないし3には、判別スイッチ102が接続されている。 [0062] The port PB1 to 3 CPU110 is determined switch 102 is connected. 判別スイッチ102は、図10に図示するように、カートリッジ装着部50A右下隅に設けられている。 Discriminating switch 102, as shown in FIG. 10, is provided on the cartridge mounting section 50A bottom right corner. この判別スイッチ102は、テープカートリッジ10に穿設された3つの検出孔18Kにそれぞれ入り込む3つのカートリッジ判別スイッチ102A,102B,102Cを一体形成したものである。 The determination switch 102 is three cartridges discrimination switches 102A to enter each of the three detection holes 18K drilled in the tape cartridge 10, 102B, the 102C are integrally formed. このカートリッジ判別スイッチ102 The cartridge determination switch 102
A,102B,102Cの突出長は、前述したテープカートリッジ10に穿設される検出孔18Kの深さに合わせて設計されており、浅い検出孔18Kに入り込んだカートリッジ判別スイッチ102はその検出孔18Kに当接して押圧され、スイッチがオン状態となる。 A, 102B, the projection length of 102C is designed to match the depth of the detection hole 18K to be drilled in the tape cartridge 10 described above, the cartridge discriminating switch 102 having entered the shallow detection hole 18K is the detection hole 18K contact with the pressed, the switch is turned on. また、深く穿設された検出孔18Kに入り込んだカートリッジ判別スイッチ102は、検出孔18Kにそのまま緩やかに嵌合し、スイッチはオフ状態となる。 Further, the cartridge discriminating switch 102 having entered the detection hole 18K, which is deeply bored, it engages loosely fitted in the detection hole 18K, the switch is turned off. 従って、この判別スイッチ102の3つのカートリッジ判別スイッチ10 Therefore, the three of the determination switch 102 cartridge discriminating switch 10
2A,102B,102Cの状態を検出することで、現在カートリッジ装着部50Aに装着されているテープカートリッジ10の種類、すなわちテープカートリッジ1 2A, 102B, by detecting the state of 102C, the type of the tape cartridge 10 loaded in the currently cartridge mounting portion 50A, i.e. the tape cartridge 1
0に収納されているテープTの幅を判別することができる。 Width of the tape T accommodated in the 0 can be discriminated. テープTの幅の情報は、印字する文字の大きさの制御等の他、後述するプリンタ部50Bの制御にも用いられている。 Information of the width of the tape T, another control of the character size to be printed, are used to control the printer unit 50B to be described later.

【0063】CPU110のポートPB7には、プラグ50Nの接点からの信号が入力されている。 [0063] in the CPU110 of the port PB7, the signal from the contact of the plug 50N has been entered. プラグ50 Plug 50
Nは、ACアダプタ113からの直流電源をジャック1 N is, Jack 1 DC power from the AC adapter 113
15が差し込まれることにより受け入れるが、この時、 Accept By 15 is inserted, but at this time,
ブレイク接点の働きによりバッテリBTから電源部11 Power unit 11 from the battery BT by the action of break contacts
4への電源供給は遮断され、バッテリBTの電力消費は回避される構成となっている。 Power supply to 4 is cut off, and has a configuration in which the power consumption of the battery BT is avoided. 同時に、プラグ50Nに設けられたいま一つの接点の信号は、CPU110のポートPB7に入力される。 At the same time, now one of the contact signal is provided on the plug 50N is input to the port PB7 of the CPU 110. 従って、CPU110は、この信号を判別することにより、テープライタ1の主電源がACアダプタ113によるものかバッテリBTによるものかを判断して、異なる制御を行なうことが可能である。 Accordingly, CPU 110, by discriminating the signal, to determine whether those main power of the tape writer 1 according to one or the battery BT by the AC adapter 113, it is possible to perform different control. 本実施例では、ACアダプタ113から電源供給を受けている場合には、プリンタ部50Bによる印字速度を最大としており、一方バッテリBTから電源供給を受けている場合には、プリンタ部50Bによる印字速度を低下させ、印字ヘッド60に通電する電流のピークを抑え、バッテリBTの電力消費を低減している。 In this embodiment, when in the case where receiving power supply from the AC adapter 113 that the printing speed of the printer unit 50B is the maximum, whereas from the battery BT by receiving power supply, the printing speed of the printer unit 50B lowering the, suppress the peak of the current to be supplied to the print head 60, thereby reducing the power consumption of the battery BT.

【0064】CPU110のアドレスバス,データバスに接続されるマスクROM118は、明朝体で16×1 [0064] CPU110 address bus, mask ROM118 connected to the data bus, 16 × in Mincho 1
5、24×24、32×32、48×48の4種類の書体の仮名、漢字、特殊文字のセットを記憶する16メガビットのマスクROMである。 4 typefaces pseudonym of 5,24 × 24,32 × 32,48 × 48, kanji, a mask ROM of 16 Mbit storing a set of special characters. その24ビットのアドレスバスAD、8ビットのデータバスDA、チップセレクト信号CS、出力イネーブル信号OEは、CPU110 Its 24-bit address bus AD, 8-bit data bus DA, a chip select signal CS, an output enable signal OE is, CPU 110
のポートPD0ないしPD33に接続されている。 To the port PD0 not connected to the PD33. これらの信号は、そのまま外部入出力コネクタ50Eaにも接続されているから、外部入出力コネクタ50Eaに装着された拡張部50Eも、マスクROM118と同様アクセスすることができる。 These signals, from being directly connected to an external output connector 50Ea, even extension 50E attached to the external input and output connector 50Ea, can likewise access the mask ROM 118.

【0065】制御回路部50Fに直接接続可能に設けられた拡張部50Eは、外部記憶素子としてオプション供給されるROMパックあるいはRAMパックの挿入部位となる。 [0065] The control circuit unit extension 50E provided to be directly connected to the 50F is a site of insertion ROM pack or RAM pack which is optional provided as an external storage device. この挿入口にROMパックあるいはRAMパックを挿入することで、制御回路部50Fの外部入出力コネクタ50Eaとの電気的接続が完了し、CPU110 By inserting the ROM pack or RAM pack into the insertion opening, the electrical connection is completed between the external input and output connector 50Ea of the control circuit unit 50F, CPU 110
との情報の授受が可能となる。 It is possible to exchange information with. この構成により、各種製図、地図、化学、数学のための特殊文字や記号あるいは日本語以外の言語フォント、ゴシック、明朝、活字体等の文字フォントを記憶するROMパックを拡張部に装着し、所望の文字列を編集することが可能となる。 With this configuration, various drafting, attached map, chemical, special characters and symbols or language fonts other than the Japanese for mathematics, Gothic, Mincho, a ROM pack that stores a character font of the character bodies such as the extension, it is possible to edit the desired character string. 同様に、情報の書き込みが自由なRAMパックを拡張部に装着し、テープライタ本体内部のRAMエリアに記憶可能な情報量以上の情報を記憶させ、印字文字列のライブラリーを作成したり、他のテープライタ1との情報交換に利用できる。 Similarly, attached to the extension of the free RAM pack writing information, it stores the storable information amount or more of information in the RAM area of ​​the internal tape writer body, to create a library of print string, other available of the information exchange with the tape writer 1.

【0066】マスクROM118もしくは拡張部50E [0066] mask ROM118 or extension unit 50E
から読み出された文字のドットデータは、CPU110 Character of the dot data read out from, CPU110
と共に表示部制御回路116のLCDコントローラ11 LCD controller 11 of the display section control circuit 116 along with
6Aにも入力されている。 It is also input to 6A.

【0067】表示部制御回路116を介してCPU11 [0067] through the display unit control circuit 116 CPU 11
0により制御される表示部50Dは、対応する部分が透明である本体カバー50Kの下に配置されており、使用者は、本体カバー50K越しにこれを視認することになる。 Display unit 50D controlled by 0 is positioned below the cover 50K corresponding part is transparent, the user will be viewing it on the cover 50K over. 表示部50Dは、液晶パネル上に2種類の電極パターンが形成されており、図16に示すように、そのひとつは、高さ32×幅96のドットマトリックスパターンであり、もうひとつは、このドットマトリクスの領域の周りを囲むように配置された28個の五角形の電極パターンである。 Display unit 50D is on the liquid crystal panel 2 types of electrode patterns are formed, as shown in FIG. 16, the one, a dot matrix pattern height 32 × width 96, another, the dots it is 28 pentagons electrode pattern arranged so as to surround the periphery of the matrix regions. ドットマトリクスパターンの電極が形成された領域は、印字イメージを表示する主表示部50Da Region where the electrode of the dot matrix pattern is formed, the main display section 50Da for displaying a printing image
と呼び、五角形の電極パターンが形成された領域は、インジケータ部50Dbと呼ぶ。 A call, a region pentagonal electrode pattern is formed is referred to as the indicator portion 50 dB.

【0068】主表示部50Daは、高さ32ドット×幅96ドットの表示が可能な液晶表示パネルとして用いられる。 [0068] The main display section 50Da is used as an indication of the height 32 dots × width 96 dots capable liquid crystal display panel. 本実施例においては、文字入力および編集に際しての各文字を幅16×高さ15ドットのキャラクターフォントを使用して主表示部に表示するため、6文字×2 In the present embodiment, in order to display each character in the time of character input and edited using the width 16 × height 15 dot character font on the main display unit, 6 characters × 2
行の表示が可能である。 Display of the line is possible. また、各キャラクターの表示に際しては、編集状態に応じてポジ表示、ネガ表示あるいは点滅表示などを使い分けることでテープライタ1の処理状態を視覚的に表示することができる。 Further, when displaying each character, positive display, it is possible to visually display the processing status of the tape printing device 1 by selectively using such negative display or flashing display in accordance with the edit state.

【0069】更に、主表示部50Daをドットマトリックス形式としその表示内容を自由に制御できることから、所定のキー入力がなされた際には現在の印字イメージのレイアウトを表示することも可能である。 [0069] Further, the main display portion 50Da because it can freely control the display contents to a dot matrix format, when a predetermined key input is made, it is also possible to display the layout of the current print image. レイアウト表示が指示されると、図17に示すように、印字の際の4×4ドットが主表示部の1ドットに対応され、テープ幅がネガ表示され、その中に白抜きで印字文字列が表示される。 When the layout display is instructed, as shown in FIG. 17, which corresponds to one dot of 4 × 4 dots main display section at the time of printing, the tape width is negative display, print string by a hollow therein There is displayed. その際には、印字イメージを補助する情報として、テープの全長が数値表示される。 At that time, as information to assist the print image, the total length of the tape is numerically displayed. また、印字イメージのレイアウトが主表示部50Daに一度に表示できない大きさであるときは、カーソルキーにより上下左右にスクロールすることで、印字レイアウト全体を確認することができる。 Further, when the layout of the print image has a size that can not be displayed at a time on the main display section 50Da, by scrolling vertically and horizontally by the cursor keys, it is possible to see the entire print layout.

【0070】インジケータ部50Dbは、現段階においてテープライタ1にて実行されている機能を表示するためのものであり、主表示部50Daの周囲に配置される。 [0070] Indicator unit 50Db is for displaying the functions executed by the tape printing device 1 at this stage, are disposed around the main display unit 50 Da. このインジケータ部50Dbにおける五角形の電極パターンに対応して得られる各表示体tは、表示部50 Each display body t obtained corresponding to a pentagonal electrode pattern in the indicator portion 50Db has a display unit 50
Dの周囲に印刷された機能を表わす文字に対応して設けられている。 It is provided corresponding to the characters that represent functions printed around the D. 「ローマ字入力」や「小文字入力」などの文字入力モード状態、印字編集する「行数」や「囲み罫」などのスタイル指定状態、「均等割付」や「前寄せ」などの書式指定状態など、状態設定が実行されたときあるいは選択されたとき、その状態を示す文字の箇所の表示体tが視認可能な状態とされる。 "Roman input" and "lower-case input 'character input mode state such as, style designation, such as" number of lines "and" surrounded ruling "to be printed editing state, such as formatting state, such as" justification "and" before-together ", when the state setting is or selected time is executed, the display body t places of characters indicating the state is a visible state.

【0071】本テープライタ1のプリンタ部50Bは、 [0071] The printer unit 50B of the tape writer 1,
機械的な構成要素としては、印字ヘッド60およびステッピングモータ80を備え、電気的な構成要素としては、これを制御するプリンタコントローラ120,モータドライバ122を備える。 The mechanical components, comprising a print head 60 and stepping motor 80, the electrical components, a printer controller 120 for controlling this, a motor driver 122. 印字ヘッド60は、96個の加熱点を1/180インチのピッチで縦1列に配列したサーマルヘッドであり、先に説明した外気温を検出する温度検出回路60Aおよび供給電圧を検出する電圧検出回路60Bを内蔵している。 Printhead 60 is a thermal head having an array of 96 heating points in a vertical row at a pitch of 1/180 inch, the voltage detection for detecting the temperature detection circuit 60A and the supply voltage for detecting the outside air temperature described above It has a built-in circuit 60B. ステッピングモータ80 Stepping motor 80
は、4相の駆動信号の位相を適宜制御することで回転角度を制御する公知の構成である。 Is a known configuration for controlling the rotation angle by appropriately controlling the phase of the four-phase drive signals. ステッピングモータ8 Stepping motor 8
0の1ステップのテープ送り量は、減速機構であるギヤトレインの構成により1/360インチに設計されている。 Tape feeding amount of one step 0 is designed to 1/360 inch by the configuration of the gear train is a reduction mechanism. また、印字ヘッド60の実行する1ドット毎の印字に同期してステッピングモータ80へは2ステップの回転信号が出力される。 The rotation signal of the two steps is output to the stepping motor 80 in synchronization with the printing of each dot to be executed by the printing head 60. この結果、プリンタ部50Bは、 As a result, the printer unit 50B is,
テープの幅方向のみならず、その長さ方向にも180ドット/インチの印字を実行する。 Not only the width direction of the tape, and executes printing of 180 dots / inch in the longitudinal direction.

【0072】なお、既述した検出スイッチ99は、プリンタコントローラ120とモータドライバ122にCP [0072] The detection switch 99 already described are, CP printer controller 120 and the motor driver 122
U110から接続されたコモンラインに介装されている。 It is interposed in the connected common line from U110. この検出スイッチ99は、切断機構の使用状態を検出するものであることから、印字の実行中に切断機構が使用されそうになった場合には、この検出スイッチ99 The detection switch 99, since it is designed to detect a use state of the cutting mechanism, when the cutting mechanism during the execution of printing is about to be used, the detection switch 99
が作動し、直ちにプリンタ部50Bの動作は停止される。 There actuated immediately operation of the printer unit 50B is stopped. この場合、CPU110からプリンタコントローラ120,モータドライバ122への信号は送られ続けるので、切断機構の使用を中止すれば、印字は継続される。 In this case, the printer controller 120 from the CPU 110, the signal to the motor driver 122 continues to send, if discontinue use of the cutting mechanism, the printing is continued.

【0073】本実施例では、印字中の切断機構の使用は、テープTの搬送を妨害することから、印字動作(特にテープ送りの動作)を直ちに停止するため、検出スイッチ99を直接モータドライバ122のコモンラインに入れて、強制的に電源をカットているが、検出スイッチ99の出力を一旦CPU110に取り込み、本体カバー50Kを開いた場合と同様の処理を行なっても差し支えない。 [0073] In this embodiment, use of the cutting mechanism during printing, since it interferes with the feeding of the tape T, for immediate stop the printing operation (especially the operation of the tape feed), the detection switch 99 directly motor driver 122 put in a common line, but forcibly and cut the power uptake once CPU110 the output of the detection switch 99, no problem be carried out the same processing as when opening the main body cover 50K. また、検出スイッチ99に代えて、機械的な構成として、移動刃98の動きにより、クラッチアーム80 Further, instead of the detection switch 99, as a mechanical structure, the motion of the moving blade 98, the clutch arm 80
Bを押しやり、ステッピングモータ80の回転をプラテン駆動軸72に伝達しない構成とすることも可能である。 Forces the B, it is also possible to adopt a configuration that does not transmit the rotation of the stepping motor 80 to the platen driving shaft 72.

【0074】以上説明した各構成部材の他、テープライタ1には、電源部114が組み込まれており、ICおよびトランスを使用したRCC方式により、バッテリBT [0074] than the other of the components described, the tape printing device 1, the power supply unit 114 is integrated by RCC method using an IC and a transformer, a battery BT
から、安定したバックアップ用およびロジック回路用の5V電源を得ている。 From to obtain a stable 5V power for backup and a logic circuit. CPU110には、その電圧制御のためにポートPVが当てられる。 The CPU110, port PV is devoted for the voltage control.

【0075】なお、本実施例のテープライタ1は、図1 [0075] Incidentally, the tape printing device 1 of this embodiment, FIG. 1
8に示すように、印字する文字列の前後に指定された距離だけテープ余白を確保する余白機能を有している。 As shown in 8, only a specified distance before and after the character string to be printed has a margin function of securing the tape margin. この余白機能は、上記のような96ビットのシリアル印字データを送信する以前に出力される前余白分のテープ送り位相制御信号と、総てのシリアル印字データを送信した後に出力される後余白分のテープ送り位相制御信号とによって実現される。 This margin feature, the margin amount after output after sending the tape feed phase control signal margin minute before being output prior to transmitting the 96-bit serial print data as described above, all of the serial print data of it is implemented by the tape feed phase control signal. 一方、そのような余白の指定距離が印刷位置とテープカット位置との離間距離より小さい場合(本実施例では8mm未満)、指定された前余白が実現できないことになる。 On the other hand, if the specified distance such margin is smaller than the distance between the printing position and the tape cutting position (less than 8mm in this embodiment), so that it can not be realized margins before specified. この場合には、印字完了後に後余白分だけテープTを送り出すと共に、印字ヘッド6 In this case, along with feeding the tape T by the rear margin amount after printing completion, the print head 6
0が次回の印字位置よりも指定された前余白分だけ前のテープ位置にあるときに一筋のカットマークPCMを印字することで対応する。 0 corresponding by printing a devoted the cut mark PCM when in the tape position earlier by a margin amount before specified than the next printing position. 排出されるテープTを、このカットマークPCMの位置で切断すれば、必要とする分だけの前余白が得られた印字テープを簡単に得ることができる。 The tape T is discharged, if cut at a position of the cut mark PCM, it is possible to obtain a print tape obtained is divided by the front margin in need easily.

【0076】以上のような周辺回路を制御するCPU1 [0076] to control the peripheral circuit such as the above CPU1
10の内部ROMには、上記した動作を実行するための各種プログラムが記憶されている。 The 10 internal ROM of the various programs for performing the operations described above are stored. また、その内部RA In addition, the internal RA
Mは、その一部が、内部ROMに記憶された各種プログラムを実行する際に使用するシステム予約領域としてされ、その他は文字編集を行うためのテキストエリアやそのテキストの内容を保存するファイルエリアなどのユーザー使用領域として解放されている。 M is partially, be a system reserved area used when executing various programs stored in the internal ROM, others such as a file area for storing the text area and the contents of the text for performing text editing of it is released as a user use area.

【0077】テキストエリアは、最大125文字の確定入力を受け付ける領域が割り当てられており、文字コードの他にその文字を編集するためのスタイルデータやモードデータ等を格納する。 [0077] text area is assigned an area for accepting a confirmation input of up to 125 characters, storing style data and mode data, and the like for editing in addition to the character code. 従って、入力部からの文字入力や編集操作により、その記憶内容は適宜追加あるいは更新される。 Accordingly, the character input and editing operation from the input unit, the stored contents are appropriately added or updated.

【0078】ファイルエリアは、内部RAM内に150 [0078] file area, 150 in the internal RAM
0文字、オプション供給されるRAMパックに2000 0 character, the RAM pack that are options supplied 2000
文字が登録できる領域が割り当てられる。 Region in which characters can be registered is allocated. また、内部R In addition, internal R
OMに記憶されるファイル管理プログラムにより、このファイルエリアには1ないし99の可変長ファイルを記憶、管理することができ、ファイルの登録や呼び出し消去などの基本操作環境が提供される。 The file management program stored in the OM, this to the file area from 1 stores variable-length file of 99, can be managed, the basic operating environment, such as registration and call erase files is provided.

【0079】次に、以上のように構成される制御回路部にて達成される機能の中で、特に特徴的な複数行印字の制御につき説明する。 [0079] Next, among the functions performed by the configured control circuit as above will be explained specifically controlled characteristic multiline print. 本実施例のテープライタ1は、図19に示すように16×16から48×48ドットまでの4つのフォントデータを基本フォントとしてマスクR Tape writer 1 of this embodiment, the mask R 4 font data from 16 × 16 as shown in FIG. 19 to 48 × 48 dots as basic fonts
OM118に用意しており、各フォントのうち重複するドット数とならないものについては、縦を2倍まで、横を4倍まで拡大可能である。 OM118 are available in, for those that do not number of dots overlap among the fonts, vertically up to twice, it is possible to expand laterally up to four times. 従って、最大フォントは9 Therefore, the maximum font 9
6×192ドットであり、印字可能なドット数の組み合わせは、図19に示すように、10種類となっている。 A 6 × 192 dots, a combination of the number of printable dots, as shown in FIG. 19, has a ten.
従って、複数行にわたって印字文字列を編集する場合、 Therefore, when editing the print string multiple lines,
各行に印字する文字列を入力する通常の文字入力操作に加えて、各行に印字する文字列の印字フォントを指定する必要がある。 In addition to the normal character input operation for inputting a character string to be printed on each line, it is necessary to specify the printing font of the character string to be printed on each line.

【0080】そこで、本実施例では、この文字フォントの指定に代えて各行に印字したい文字列の相対的な大小関係(例えば、3行印字の場合は、1行目は大、2行目は大、3行目は小)を入力部のキー操作により入力するものとしている。 [0080] Therefore, in this embodiment, the character font of the relative magnitude relationship between the character string to be printed on each line in place of the specified (e.g., in the case of 3-line printing, the first line large, second line large, third row is assumed to be input by the input unit of the key operation of the small). 更に、このキー操作を一層簡便なものとするため、図20に3行印字の場合を例示するように予め選択肢を用意し(本実施例では、同×3、小・小・ Furthermore, to this key operation and made more convenient, in advance choice was prepared (this example to illustrate the case of FIG. 20 in 3-line printing, the × 3, Small Small ...
大、小・大・大、大・小・小、大・大・小の5つ)、これを選択することでその入力に代えている。 Large, small and large, large, large and small, and small, five large, large and small), and instead of the input by selecting them. なお、これは簡易な設定モードとして実現されており、各行毎にドット数を設定するモードも用意されている。 Note that this is implemented as a simple setting mode, the mode for setting the number of dots for each row are provided. この場合には、複数行での縦方向のドット数の総和が96を越えないように設定しなければならない。 In this case, the longitudinal dot number of the sum of multiple lines must set so as not to exceed 96.

【0081】総ての入力を完了した後に、入力部50C [0081] After completing all of the input, the input section 50C
の機能キーのうち、「印刷」を指示するキーを操作すると、図21にそのフローチャートを示す複数行印字処理プログラムが起動され、CPU110は、以下の処理を行なう。 Among the function keys, and it operates the key for instructing to "print", multiline print processing program showing the flowchart in FIG. 21 is started, CPU 110 performs the following processing. 複数行印字処理プログラムの処理が開始されるとまず、CPU110は、この印字指令に先立って選択されている各行文字列の大小関係およびカートリッジ判別スイッチ102の検出信号を読み込み(ステップ10 First, when processing multiple lines print processing program is started, CPU 110 reads the size relationship and the detection signal of the cartridge discriminating switch 102 of each row selected character string prior to the print command (Step 10
0、110)、印字に関する情報を確認する。 0,110), to confirm the information about the print. そして、 And,
カートリッジ判別スイッチ102の検出結果から現在装着されているテープTの幅を判断し、その判断結果と各行文字列の大小関係とから、内部ROMに予め記憶されるフォントマップを参照して各行の文字フォントを決定する(ステップ120)。 Determines the width of the tape T currently being attached from the detection result of the cartridge discriminating switch 102, the determination result and from the magnitude of each line strings, each row with reference to the font map previously stored in the internal ROM character determining a font (step 120).

【0082】このフォントマップの一例として、3行印字に際して用いられるフォントマップを図20に示している。 [0082] As an example of this font map shows the font map used when 3-line printing in Figure 20. 図示するようにフォントマップは、各行文字列の大小関係およびテープ幅が決定されると、各行の印字に使用する印字フォントが一義的に決定されるように作成されたものであり、例えばテープ幅が12mmで各行文字列の大小関係が「大小小」であるとき、各行の印字に使用する印字フォントは1行目がフォントS字、2行目がフォントP字、3行目がフォントP字に決定される。 Fontmap As shown, when the magnitude relationship and the tape width of each line character string is determined, which print font used for each line of printing has been created as determined uniquely, for example, a tape width when There is a row string of magnitude relationship "size small" in 12mm, print font to be used for each line of printing the first row font S-shaped, the second line is a font character P, the third line font character P It is determined to be.
なお、印字行が2行の場合も、同様に決定されるが、ここでは説明を省略する。 Even when print line two lines, are determined in the same manner, a description thereof will be omitted.

【0083】こうして、各行の印字に使用する印字フォントが決定されると、印字すべき文字列の文字コードに対応す印字フォントをマスクROM118から順次読みだし(ステップ130)、印字すべきドットパターンに展開し(ステップ140)、そのドットパターンを縦1 [0083] Thus, when a print font used for each line of print is determined, sequentially reads the print font to correspond to the character code of the character string to be printed from the mask ROM 118 (step 130), the dot pattern to be printed expanded (step 140), one vertical and the dot pattern
列毎に切り出して96ビットのシリアルデータを作成し、前述したようにプリンタ部へ転送する印字制御(ステップ150)を実行する。 Cut for each column to create a 96-bit serial data to perform printing control (step 150) to be transferred to the printer unit as described above.

【0084】以上のように構成されるテープカートリッジ10は、テープライタに装着される以前の単体状態にあるとき、インクリボンコア22の係合部22Aにテープカートリッジ10の底壁18に設けられた係合片18 [0084] The above tape cartridge 10 configured as when in the previous single condition which is loaded in the tape writer, provided in the bottom wall 18 of the tape cartridge 10 with the engaging portion 22A of the ink ribbon core 22 the engagement piece 18
Dが係合してインクリボンコア22の回転が阻止される。 D is the rotation of the ink ribbon core 22 is prevented by engagement. また、リボン巻取コア24についても一対の係合部24Aおよび係合片18Hが設けられており、同様にテープカートリッジ単体状態にあるときリボン巻取コア2 Further, a pair of engaging portions 24A and the engagement piece 18H are also provided for the ribbon winding core 24, likewise the ribbon winding core 2 when in a tape cartridge alone state
4の回転は阻止される。 Rotation of 4 is prevented. 従って、紙片等の別部材や特殊なケースを用いることなく、テープカートリッジ10搬送時のインクリボンRのたるみを確実に防止することができ、かつ、別部材の除去を忘れることによる故障発生を完全に回避できる。 Therefore, without using a separate member or special cases, such as paper, it is possible to reliably prevent slack of the ink ribbon R when the tape cartridge 10 the transport and complete failure due to forget the removal of another member It can be avoided. しかも、この係合部22A,24 Moreover, the engaging portion 22A, 24
Aと係合片18D,18Hとの係合状態は、テープカートリッジ10をテープライタ1に装着する作業を実行するだけで、当接突起70A,70Bの作用により自動的に解除されなど、使い勝手に極めて優れる。 A engaging piece 18D, engagement between the 18H is the tape cartridge 10 only executes the operation of attaching the tape writer 1, the contact projection 70A, such as automatically released by the action of 70B, usability extremely excellent.

【0085】しかも、本実施例では、係合片18D,係合片18Hの先端は、斜めに係合部22A,係合部24 [0085] Moreover, in this embodiment, the engaging pieces 18D, the distal end of the engagement piece 18H are obliquely engaging portion 22A, the engaging portion 24
Aに対向しており、テープカートリッジ10単体の状態でも、インクリボンRが緩まない方向には回転可能となっている。 It faces the A, even in a state of a single tape cartridge 10, and can rotate in the direction the ink ribbon R so that they will not become loose. 従って、仮に当接突起70A,70Bがすり減ったり折れたりして、あるいは万一テープカートリッジ10の装着位置が僅からずれて当接突起70A,70 Therefore, if the contact projection 70A, 70B is or broken worn, or event deviates slightly et mounting position of the tape cartridge 10 abutment projections 70A, 70
Bによる係合片18D,係合片18Hの係合部22A, Engaging piece 18D by B, of the engagement piece 18H engaging portion 22A,
係合部24Aからの離脱が完全になされない状態となっても、印字のためのインクリボンRの巻取は正常に行なわれ得るという利点がある。 Even in a state where detachment is not made entirely from the engaging portion 24A, the winding of the ink ribbon R for printing it is advantageous in that can be performed normally.

【0086】テープカートリッジ10は、一旦使用が開始された後でも、カートリッジ装着部50Aから外せば、インクリボンコア22の係合部22Aおよびリボン巻取コア24の係合部24Aに、係合片18Dおよび1 [0086] tape cartridge 10, once even after use has been started, by removing from the cartridge mounting portion 50A, the engaging portion 24A of the engaging portions 22A and the ribbon winding core 24 of the ink ribbon core 22, the engagement piece 18D and 1
8Hが再び係合して、両コア22,24の回転、延いてはインクリボンRのたるみは防止される。 8H is engaged again, the rotation of the both cores 22 and 24, slack in the ribbon R by extension is prevented. テープカートリッジ10が、その内蔵するテープTの幅に応じて、使用途中であっても適宜テープライタ1から取り外される使い方がなされるものであることを鑑みれば、かかる構成は極めて有用である。 Tape cartridge 10, according to the width of the tape T to the internal, in view of the fact in which use that even during use is removed appropriately from the tape writer 1 is made, such a configuration is very useful. インクリボンコア22のみならずリボン巻取コア24についても回転阻止機構を備えることの意義は専らここにある。 Significance of including a rotation preventing mechanism also ribbon winding core 24 not only the ink ribbon core 22 is exclusively here.

【0087】また、本実施例では、係合片18D,係合片18Hの先端は、係合部22A,係合部24Aに対して斜めに対向しているから、テープカートリッジ10をテープカートリッジ装着部50Aから取り出した状態でも、インクリボンコア22,リボン巻取コア24はインクリボンRのたるみをなくす方向には回転可能である。 [0087] In this embodiment, the engaging pieces 18D, the distal end of the engagement piece 18H are engaging portions 22A, because faces obliquely with respect to the engaging portion 24A, the tape cartridge 10 tape cartridge mounting even when taken out from the parts 50A, the ink ribbon core 22, the ribbon winding core 24 in a direction to eliminate the slack of the ink ribbon R is rotatable.
従って、インクリボンRのたるみに気づいた使用者が、 Therefore, a user who noticed the slack in the ink ribbon R,
ドライバ等を用いてリボン巻取コア24を回転してたるみを取ることは容易である。 It is easy to take the slack by rotating the ribbon winding core 24 with a driver or the like.

【0088】更に、本実施例のテープライタ1では、テープTを使用者が無理に引き出そうとすると、クラッチアーム80Bが図11時計回りに回転して、第3のギヤ83と第のギヤ82との係合を解除する。 [0088] Further, in the tape writer 1 of the present embodiment, the user uses the tape T is going forcibly withdraw, the clutch arm 80B is rotated 11 clockwise, the third gear 83 second gear 82 to release the engagement of the. この結果、 As a result,
ステッピングモータ80の保持力に抗してプラテン12 Platen 12 against the retaining force of the stepping motor 80
を回転させる必要がなくなり、テープTを引き出すと、 It is not necessary to rotate the, and pull out the tape T,
プラテン12のプラテン駆動軸72およびリボン巻取コア24の巻取コア駆動軸74は回転する。 Platen drive shaft 72 and the take-up core driving shaft 74 of the ribbon winding core 24 of the platen 12 rotates. 従って、テープTの引き出しに伴って、インクリボンRが緩んだり、 Thus, with the drawer of the tape T, loosening the ink ribbon R,
テープカートリッジ10の外部に引き出されてしまうということがない。 There is no that will be withdrawn to the outside of the tape cartridge 10.

【0089】なお、上記実施例では、インクリボンRと共にそのインクリボンRの印字対象となるテープTまで一体に内蔵したテープカートリッジ10およびそのテープTに印字を実行するテープライタ1に本発明を適用した例を示しているが、本発明はこの様な実施例に何等限定されるものではなく、種々の態様により具現化されることは勿論である。 [0089] In the above embodiment, the present invention is applied to the tape printing device 1 to perform printing on the tape cartridge 10 and the tape T with built integrally to the tape T requested to be printed in the ink ribbon R together with the ink ribbon R an example is shown in which the present invention is not all limited to such an embodiment, it is a matter of course be embodied by various embodiments.

【0090】例えば、熱転写用のインクリボンのみを内蔵するインクリボンカートリッジおよびそのインクリボンカートリッジを使用するワードプロッセサ等にも簡単に適用できる。 [0090] For example, it is easily applied to the word plot Princesa like to use the ink ribbon cartridge and the ink ribbon cartridge only incorporating an ink ribbon for thermal transfer. また、ドットインパクトタイプのプリンタとそのインクリボンとに本発明を適用するなど、その記録方式および記録対象を問わず広く適用できる。 Also, like the present invention is applied to a dot impact type printer and the ink ribbon, it can be widely applied regardless of the recording method and recorded.

【0091】 [0091]

【発明の効果】以上実施例を挙げて説明したように、本発明のインクリボンカートリッジは、印字機器に装着される以前の単体状態にあるとき、インクリボンコアに形成された係合部にインクリボンカートリッジのケースの As described by way of more embodiments according to the present invention, the ink ribbon cartridge of the present invention, when in the previous single condition which is mounted on the printing apparatus, the ink in the engaging portion formed on the ink ribbon core of the ribbon cartridge case
底壁の一部をくり抜いたごとく、該底壁と一体に形成さ As hollowed part of the bottom wall, it is formed on the bottom wall integrally
れた係合片が係合する。 Engaging piece is engaged that. この係合片の一端が、ケースの One end of the engagement piece is, of case
底壁に沿った方向に動いたとき、係合部との係合が解除 When it moved in the direction along the bottom wall, releasing the engagement between the engaging portion
される。 It is. これにより、インクリボンコアの不測の回転によるインクリボンのたるみを簡便かつ確実に防止することができる。 Thus, it is possible to prevent easily and reliably slack in the ribbon by accidental rotation of the ink ribbon core. 従って、特別なケースや回転阻止用の紙片などを必要とすることがない。 Therefore, it never requires such special cases and paper for rotary blocking.

【0092】また、本発明の印字機器によれば、底壁を利用して構成された係合片を有するインクリボンカートリッジをカートリッジ装着部に装着すると、当接突起がインクリボンカートリッジの係合片の一端を係合解除方向であるケースの底壁に沿った方向動かしてインクリボンコア係合部と係合片との係合を解除し、簡単にインクリボンコアを回転自在とすることができる。 [0092] Further, according to the printing apparatus of the present invention, when an ink ribbon cartridge having an engaging piece which is constructed using a bottom wall mounted to the cartridge mounting portion, the engaging pieces of the contact projection ink ribbon cartridge that one end of the moving in the direction along the bottom wall of the case is a disengaging direction to release the engagement between the ink ribbon core engaging portion and the engaging piece to freely rotate easily the ink ribbon core it can. 従って、 Therefore,
回転阻止用の別部材の除去作業が簡略化され、しかもそのような別部材の除去作業忘れによる印字機器の故障を未然に防止することもできる。 Removing work of another member for rotation blocking is simplified, yet it is also possible to prevent failure of the printing apparatus by removing work forgetting of such separate members in advance.

【0093】更に、リボン巻取コアについても一対の係合部および係合片を設け、印字機器側にそれに対応する当接突起を設けるならば、同様の効果がリボン巻取コアについても奏され、インクリボンカートリッジを使用途中で印字機器から取り外した場合のインクリボンのたるみ防止を一層確実に実現することができる。 [0093] Further, a pair of engaging portions and the engaging pieces also ribbon winding core, if provided abutment projection corresponding thereto to the printing apparatus side, the same effect is also exhibited for the ribbon winding core , slack prevention of the ink ribbon when removed from the printing apparatus in the middle of using the ink ribbon cartridge can be more reliably achieved.

【0094】一方、請求項に記載の印字機器によれば、 テープの外部への引き出しに伴ってプラテンの回転 [0094] On the other hand, according to the printing apparatus according to claim 8, the rotation of the platen with the drawer to tape outside
が第1の伝達機構に伝達されたとき、リボン巻取コア駆動手段が、 該回転の伝達に伴うワンウェイクラッチの移 When but transmitted to the first transmission mechanism, the ribbon winding core driving means, a one-way clutch associated with the transmission of the rotary transfer
動によりステッピングモータへの回転の伝達を遮断し、 Moving by blocking the transmission of rotation to the stepping motor,
リボン巻取コアをリボン巻取方向に回動するから、テープの強制的な引き出しによって、リボンが緩んだり、テープと共に外部に引き出されてしまうことがないという効果を奏する。 Since rotating the ribbon winding core ribbon take-up direction, achieved by forced withdrawal of the tape, loose ribbon, an effect that never will be withdrawn to the outside together with the tape.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施例であるテープライタ1の平面図である。 1 is a plan view of a tape writer 1 according to the embodiment of the present invention.

【図2】同じくテープライタ1の右の側面図である。 [Figure 2] which is also a side view of the right of the tape writer 1.

【図3】実施例におけるテープカートリッジ10の組立構成を示す平面図である。 3 is a plan view showing the assembled structure of the tape cartridge 10 in the embodiment.

【図4】同じくその底面図である。 [Figure 4] which is also a bottom view thereof.

【図5】テープカートリッジ10における図3、A−A [5] 3 in the tape cartridge 10, A-A
矢視端面図である。 It is an arrow end view.

【図6】5種類のテープカートリッジのうち、テープ幅6ミリのものの内部構成を示す端面図である。 [6] Among the five types of tape cartridges, it is an end view showing the internal structure of the tape width 6 mm ones.

【図7】同じく、テープ幅24ミリのものの内部構成を示す端面図である。 [7] Also, an end view showing an internal structure of one of the tape width 24 mm.

【図8】テープカートリッジ10に収納されたテープT [8] tape T accommodated in the tape cartridge 10
の幅と3つの検出孔18Kの深さとの関係を示す説明図である。 Of is an explanatory diagram showing a relationship between the depth of the width and three detection holes 18K.

【図9】テープライタ1における図1、AA−AA矢視端面図である。 9 is a diagram 1, AA-AA arrow end view of the tape writer 1.

【図10】テープカートリッジ装着部50Aの構成を示す平面図である。 10 is a plan view showing the structure of a tape cartridge mounting portion 50A.

【図11】ギヤトレインの構成と、印字ヘッド60を退避位置および印字位置の間で移動する機構とを説明する斜視図である。 [11] The gear train arrangement and a perspective view illustrating a mechanism for moving between the retracted position and the printing position of the print head 60.

【図12】印字ヘッド60を移動する機構を説明する図10、B−B端面図である。 12 is a diagram 10, B-B end view illustrating a mechanism for moving the print head 60.

【図13】切断機構を説明する図10、C−C端面図である。 13 is a diagram 10, C-C end view illustrating the cutting mechanism.

【図14】CPU110を中心とした構成を示すブロック図である。 14 is a block diagram showing a configuration around the CPU 110.

【図15】入力部50Cのキー配列の説明図である。 15 is an explanatory diagram of a key arrangement of the input unit 50C.

【図16】表示部50Dの構成を説明する説明図である。 16 is an explanatory view for explaining a structure of a display unit 50D.

【図17】表示部50Dにて行われるレイアウト表示の説明図である。 17 is an explanatory view of a layout display executed on the display unit 50D.

【図18】余白への印刷状況を説明する説明図である。 FIG. 18 is an explanatory diagram for explaining the printing status to the margin.

【図19】マスクROM118にて用意している印字フォントの説明図である。 FIG. 19 is an explanatory diagram of the print fonts that are prepared by the mask ROM118.

【図20】3行印字に際して用いられるフォントマップの説明図である。 20 is an explanatory diagram of a font map used when 3-line printing.

【図21】複数行印字処理プログラムのフローチャートである。 21 is a flowchart of a multiline print processing program.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…テープライタ 10…テープカートリッジ 10A…テープ排出口 12…プラテン 12A…係合条 14…プラテンゴム 16…天壁 16A,18A…嵌合孔 16B,18B…ガイド突部 16C…ガイド突部 16G…嵌合孔部 18…底壁 18C…嵌合孔部 18D…係合片 18E…基端部 18G…嵌合孔部 18H…係合片 18K…検出孔 18Ka,18Kb,18Kc…検出孔 20…テープコア 20A…フランジ部 22…インクリボンコア 22A…係合部 24…リボン巻取コア 24A…係合部 24B…係合条 24C…フランジ部 26…テープガイドピン 28…外周 30…リボンガイドローラ 32…進入孔 34…ガイド壁 50A…テープカートリッジ装着部 50B…プリンタ部 50C…入力部 50D…表示部 50Da…主表 1 ... tape writer 10 ... tape cartridge 10A ... tape discharging port 12 ... platen 12A ... Kakarigojo 14 ... platen rubber 16 ... ceiling wall 16A, 18A ... fitting hole 16B, 18B ... guide projection 16C ... guide protrusions 16G ... fitting Goana portion 18 ... bottom wall 18C ... fitting hole 18D ... engaging piece 18E ... base end 18G ... fitting hole 18H ... engaging piece 18K ... detection holes 18Ka, 18Kb, 18Kc ... detection holes 20 ... tape core 20A ... flange portion 22 ... ink ribbon core 22A ... engaging portion 24 ... ribbon winding core 24A ... engaging portion 24B ... Kakarigojo 24C ... flange portion 26 ... tape guide pin 28 ... outer peripheral 30 ... ribbon guide roller 32 ... entrance hole 34 ... guide wall 50A ... tape cartridge mounting portion 50B ... printer unit 50C ... input unit 50D ... display unit 50 Da ... primary table 部 50Db…インジケータ部 50E…拡張部 50Ea…外部入出力コネクタ 50F…制御回路部 50H…本体ケース 50I…電池収納部 50J…電源スイッチ 50K…本体カバー 50L…窓 50M…窓 50N…プラグ 50P…駆動機構 50S…操作アーム 52…スライドボタン 52A…バネアーム 54…カバーヒンジ 55…開閉検出スイッチ 60…印字ヘッド 60A…温度検出回路 60B…電圧検出回路 61…ベースボード 62…リンク板 63…駆動部材 63a…端部 63b…端部 64…ヘッド回転軸 65…ヘッド本体 65a…絶縁体 65b…放熱板 66…コイルばね 67…枠体 67a…連結板 67b…ピン 68…フレキシブルケーブル 69…コイルばね 70A,70B…当接突起 72…プラテン駆動軸 72A… Part 50 dB ... indicator portion 50E ... extension 50Ea ... external input and output connectors 50F ... control circuit unit 50H ... body case 50I ... battery housing 50 J ... power switch 50K ... body cover 50L ... window 50M ... window 50 N ... plug 50P ... drive mechanism 50S ... operating arm 52 ... slide button 52A ... spring arms 54 ... cover hinge 55 ... opening and closing detection switch 60 ... print head 60A ... temperature detection circuit 60B ... voltage detection circuit 61 ... baseboard 62 ... link plates 63 ... driving member 63a ... end 63 b ... end 64 ... head rotating shaft 65 ... head body 65a ... insulator 65b ... heat radiating plate 66 ... coil spring 67 ... frame body 67a ... coupling plate 67b ... pin 68 ... flexible cable 69 ... coil spring 70A, 70B ... contact projections 72 ... platen driving shaft 72A ... リム 72B,74B…突条 74…巻取コア駆動軸 74…当然巻取コア駆動軸 74A…リム 80…ステッピングモータ 80A…回転軸 80B…クラッチアーム 80C…開口 81…第1のギヤ 82…第2のギヤ 82…第3のギヤ 83…第3のギヤ 84…第4のギヤ 85…第5のギヤ 86…第6のギヤ 87…第7のギヤ 90…テープカッター 90A…左端部 90B…右端部 91…固定刃 92…カッター支持軸 93A…肩部 94…ばね 95…ばね 96…カッターボタン 96A…ピン 97…固定壁 98…移動刃 99…検出スイッチ 102…カートリッジ判別スイッチ 102…判別スイッチ 102A,102B,102C…カートリッジ判別スイッチ 110…CPU 112…ヘッドランク判別部 112A,112B,112C… Rim 72B, 74B ... protrusion 74 ... winding core driving shaft 74 ... Naturally winding core driving shaft 74A ... rim 80 ... stepping motor 80A ... rotary shaft 80B ... clutch arm 80C ... opening 81 ... first gear 82: second gear 82 ... third gear 83 ... third gear 84 ... fourth gear 85 ... gear 90 ... tape cutter 90A ... left portion 90B ... right end of the fifth gear 86 ... gear 87 ... seventh sixth 91 ... fixed blade 92 ... cutter support shaft 93A ... shoulder 94 ... spring 95 ... spring 96 ... cutter button 96A ... pin 97 ... fixed wall 98 ... movable blade 99 ... detection switch 102 ... cartridge discriminating switch 102 ... determination switch 102A, 102B , 102C ... cartridge discriminating switch 110 ... CPU 112 ... head rank determination unit 112A, 112B, 112C ... ャンパー部 113…ACアダプタ 114…電源部 115…ジャック 116…表示部制御回路 116A…LCDコントローラ 118…マスクROM 120…プリンタコントローラ 122…モータドライバ R…インクリボン T…テープ Jumper section 113 ... AC adapter 114 ... power supply unit 115 ... jack 116 ... display unit control circuit 116A ... LCD controller 118 ... mask ROM 120 ... printer controller 122 ... motor driver R ... ink ribbon T ... Tape

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平3−23970(JP,A) 特開 平3−199077(JP,A) 特開 平4−226375(JP,A) 特開 平5−92652(JP,A) 実開 平2−78356(JP,U) 実開 平4−64160(JP,U) 実開 平5−39961(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) B41J 35/28 B41J 29/54 B41J 33/14 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (56) reference Patent flat 3-23970 (JP, a) JP flat 3-199077 (JP, a) JP flat 4-226375 (JP, a) JP flat 5 92652 (JP, a) JitsuHiraku flat 2-78356 (JP, U) JitsuHiraku flat 4-64160 (JP, U) JitsuHiraku flat 5-39961 (JP, U) (58) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) B41J 35/28 B41J 29/54 B41J 33/14

Claims (8)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 印字機器の印字に際して使用される長尺状のインクリボンを巻取収納している筒状のインクリボンコアと、該印字機器の印字に使用された前記インクリボンを巻取回収する筒状のリボン巻取コアとをケース内に備え、前記印字機器に着脱自在に装着されるインクリボンカートリッジにおいて、 前記インクリボンを巻取収納している状態にあるインクリボンコアの露出部分に係合部を形成し、 該係合部に係合して前記インクリボンコアの回転を阻止する係合片を、前記インクリボンコアを回動自在に軸支している前記ケースの底壁の一部をくり抜いたごとく、 1. A winding a cylindrical ink ribbon core an elongated ink ribbon is used during printing of the printing apparatus are winding housing, said ink ribbon used for printing indicia shaped device recovered and a cylindrical ribbon winding core into the case, the ink ribbon cartridge that is detachably attached to the printing apparatus, the exposed portion of the ink ribbon core with the ink ribbon in a state that the winding housing the engaging portion is formed, the engaging piece to prevent rotation of said ink ribbon core engages the engaging portion, the bottom wall of the casing which rotatably supports the ink ribbon core rotatably as was hollowed out part,
    該底壁と一体に形成し、 該係合片の一端が、前記ケースの底壁に沿った方向に動 It formed in the bottom wall integral with one end of the engaging piece, moving in a direction along the bottom wall of the case
    いたとき、前記係合部との係合が解除される構成とした When I was, was configured to engage with the engaging portion is released
    ことを特徴とするインクリボンカートリッジ。 Ink ribbon cartridge, characterized in that.
  2. 【請求項2】 係合片が、インクリボンカートリッジのケース底壁に所定形状の細隙を形成し、該底壁の弾性により少なくとも先端が移動自在とされた舌状物である請求項1 記載のインクリボンカートリッジ。 Wherein the engagement piece is, the case bottom wall of the ink ribbon cartridge to form a slit of a predetermined shape, to claim 1, which is a tongue-like product at least the tip is movable by the elasticity of the bottom wall ink ribbon cartridge as claimed.
  3. 【請求項3】 第二の係合部がリボン巻取コアに形成され、該第二の係合部と係合する第二の係合片がケースに形成された請求項1 記載のインクリボンカートリッジ。 Wherein the second engagement portion is formed on the ribbon winding core, ink according to claim 1 in which the second engagement piece formed in the case to be engaged with said second engaging portion ribbon cartridge.
  4. 【請求項4】 リボン巻取コアに形成される第二の係合部に係合する第二の係合片が、インクリボンカートリッジのケース底壁に所定形状の細隙を形成し、該底壁の弾性により少なくとも先端が移動自在とされた舌状物である請求項3 記載のインクリボンカートリッジ。 4. A second engagement piece engages the second engagement portion formed on the ribbon winding core forms a slit having a predetermined shape on the case bottom wall of the ink ribbon cartridge, said bottom ink ribbon cartridge according to claim 3, wherein the tongues of at least a tip is movable by the elasticity of the wall.
  5. 【請求項5】 前記係合片の先端が前記係合部に対して Wherein the distal end of said engagement piece is relative to the engagement portion
    斜めに対向し、前記第二の係合片の先端が前記第二の係 Facing diagonally, the tip of the second engagement piece is the second engagement
    合部に対して斜めに対向する請求項3または4のいずれ Any of claim 3 or 4 facing obliquely with respect to engagement portion
    かに記載のインクリボンカートリッジ。 Ink ribbon cartridge of crab described.
  6. 【請求項6】 請求項1に記載のインクリボンカートリ 6. ink ribbon bird according to claim 1
    ッジをカートリッジ装着部に着脱自在に装着し、印字に The Tsu di detachably mounted to the cartridge mounting portion, the printing
    際して該インクリボンカートリッジに巻取収納されてい Saishi have been winding housed in the ink ribbon cartridge
    るインクリボンを使用する印字機器であって、 前記インクリボンカートリッジが前記カートリッジ装着 A printing apparatus that uses an ink ribbon that, the cartridge mounting said ink ribbon cartridge
    部に装着されたとき、該インクリボンカートリッジに形 When mounted on the section, the form in the ink ribbon cartridge
    成された係合片に当接し、該係合片の一端を係合解除方 Contact with the made the engaging pieces, disengagement side one end of the engaging piece
    向である前記ケースの底壁に沿った方向に動かす当接突 Those Se' to move in a direction along the bottom wall of the case which is the direction
    起が立設された印字機器。 Outs erected has been printing equipment.
  7. 【請求項7】 請求項3に記載のインクリボンカートリ 7. ink ribbon bird of claim 3
    ッジをカートリッジ装着部に着脱自在に装着し、印字に The Tsu di detachably mounted to the cartridge mounting portion, the printing
    際して該インクリボンカートリッジに巻取収納されてい Saishi have been winding housed in the ink ribbon cartridge
    るインクリボンを使用する印字機器であって、 前記インクリボンカートリッジが前記カートリッジ装着 A printing apparatus that uses an ink ribbon that, the cartridge mounting said ink ribbon cartridge
    部に装着されたとき、該インクリボンカートリッジに形 When mounted on the section, the form in the ink ribbon cartridge
    成された第二の係合片に当接し、該第二の係合片を係合 Abuts the second engagement pieces made, engaging said second engagement piece
    解除方向に移動させる第二の当接突起が立設された印字 Printing the second contact protrusion to move in the release direction is erected
    機器。 machine.
  8. 【請求項8】 印字機器の印字に際して使用される長尺 8. A long used during printing of the printing device
    状のインクリボンを巻取収納している筒状のインクリボ Tubular Inkuribo the Jo of the ink ribbon has been the take-up storage
    ンコアと、該印字機器の印字に使用された前記インクリ And Nkoa, the was used to print the indicia shaped devices incremental
    ボンを巻取回収する筒状のリボン巻取コアと、該インク A cylindrical ribbon winding core for winding recovering Bonn, the ink
    リボンのインクによって印字がなされるテープとを備え And a tape printing is performed by ink ribbon
    たインクリボンカートリッジを、カートリッジ装着部に The ink ribbon cartridge, the cartridge mounting portion
    着脱自在に装着し、 前記テープとインクリボンとをプラテンとの間に密着・ Detachably mounted, close contact between the platen and the tape and the ink ribbon
    挟持する印字ヘッドと、印字に際しては、前記テープを A print head for clamping, during printing, the tape
    搬送すると共に、該テープの搬送に同期して、前記リボ Conveys, in synchronization with the conveyance of the tape, said ribonucleic
    ン巻取コアを回動する駆動手段と、印字の非実行時に、 Driving means for rotating the down winding core, during non-execution of printing,
    前記テープを外部に引き出したとき、該テープの引き出 When pulled out the tape to the outside, pull out of the tape
    しに伴って前記リボン巻取コアを回動するリボン巻取コ Ribbon Toco for rotating the ribbon winding core with the teeth
    ア駆動手段とを備えた印字機器であって、 前記駆動手段は、 駆動源としてのステッピングモータと、 該ステッピングモータの回転をプラテンに伝達する第1 A printing apparatus having a A drive means, said drive means, first transmitting a stepping motor as a driving source, the rotation of the stepping motor to the platen
    の伝達機構と、 該第1の伝達機構の途中から分岐し、該ステッピングモータの回転をリボン巻取コアに伝達する第2の伝達機構とを備え、 前記リボン巻取コア駆動手段 、 前記プラテン側からの回転の前記ステッピングモータへ A transmission mechanism of branches from the middle of the first transmission mechanism, and a second transmission mechanism for transmitting rotation of the stepping motor to the ribbon winding core, the ribbon winding core driving means, said platen the rotation from the side to the stepping motor
    伝達を遮断するワンウェイクラッチを、前記第1の伝達機構の前記分岐よりステッピングモータ側に設ける The one-way clutch for blocking the transmission, Keru the set to the stepping motor side of the branch of the first transmission mechanism
    とともに、 前記テープの外部への引き出しに伴って前記プラテンの Together, of the platen with the drawer to the exterior of the tape
    回転が前記第1の伝達機構に伝達されたとき、該回転の When the rotation is transmitted to the first transmission mechanism, of the rotating
    伝達に伴う前記ワンウェイクラッチの移動により前記ス The scan by the movement of the one-way clutch with the transmission
    テッピングモータへの回転の伝達を遮断することによっ Depending on blocking the transmission of rotation of the stepping motor
    て構成した印字機器。 Printing equipment configured Te.
JP30030192A 1992-10-13 1992-10-13 Ink ribbon cartridge and printing equipment Expired - Lifetime JP3129546B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30030192A JP3129546B2 (en) 1992-10-13 1992-10-13 Ink ribbon cartridge and printing equipment

Applications Claiming Priority (19)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30030192A JP3129546B2 (en) 1992-10-13 1992-10-13 Ink ribbon cartridge and printing equipment
US08134213 US5595447A (en) 1992-10-13 1993-10-08 Tape cartridge and printing device having print medium cartridge
DE1993632723 DE69332723D1 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing apparatus
EP19980108975 EP0863021B1 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing device
DE1993631725 DE69331725D1 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing apparatus
EP19930308145 EP0593269B1 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing device
EP19990114651 EP0958931B1 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing device
CN 11004770 CN1229233C (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing device
DE1993632845 DE69332845T2 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing apparatus
DE1993632723 DE69332723T2 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing apparatus
DE1993631725 DE69331725T2 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing apparatus
DE1993632845 DE69332845D1 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing apparatus
CN 93114859 CN1080204C (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge
CA 2108332 CA2108332A1 (en) 1992-10-13 1993-10-13 Tape cartridge and printing device
US08611104 US5788387A (en) 1992-10-13 1996-03-05 Tape cartidge and printing device
US08969301 US6126344A (en) 1992-10-13 1997-11-13 Tape cartridge and printing device
US09644943 US6386774B1 (en) 1992-10-13 2000-08-23 Tape cartridge and printing device
CN 01104770 CN1313197A (en) 1992-10-13 2001-02-22 Tape cartridge and printing device
CN 01104771 CN1225365C (en) 1992-10-13 2001-02-22 Tape cartridge and printing device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06122264A true JPH06122264A (en) 1994-05-06
JP3129546B2 true JP3129546B2 (en) 2001-01-31

Family

ID=17883138

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30030192A Expired - Lifetime JP3129546B2 (en) 1992-10-13 1992-10-13 Ink ribbon cartridge and printing equipment

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP3129546B2 (en)
CN (1) CN1229233C (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4513708B2 (en) * 2005-09-30 2010-07-28 ソニー株式会社 Ink ribbon cartridge

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH06122264A (en) 1994-05-06 application
CN1229233C (en) 2005-11-30 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5492282A (en) Refillable tape cassettes of varying thicknesses with unique spool mounting structures
US5857788A (en) Thermal printing device with direct thermal cassette
US5431504A (en) Printing apparatus with cassette
US20070009306A1 (en) Tape printing device and tape cassette
JP3378622B2 (en) The tape printing apparatus
US20090016795A1 (en) Hand-held thermal transfer printer for labeling
US6709179B2 (en) Tape-shaped label printing device
US5232297A (en) Printing device with margin setting for cut tape
US5964539A (en) Tape-shaped label printing device
US6132120A (en) Tape-shaped label printing device
US6196740B1 (en) Tape-shaped label printing device
JP2596263B2 (en) Tape cassette manufacturing method and a tape cassette
US5496119A (en) Tape printer having a display
US5651619A (en) Tape printing device with display
US5409317A (en) Tape printing device capable of setting appropriate margin
JP2006240310A (en) Tape-like label generating apparatus and tape cassette
JPH06183117A (en) Printing cassette and printing device
JPH09240158A (en) Tape and tape cassette storing the tape
JP2000229750A (en) Paper cassette and recording paper
JPH09141997A (en) Print face forming system for stamp and tape containing cassette for print face of stamp
JP2007230155A (en) Ink ribbon cartridge and printer device
JP2009214431A (en) Tape cassette
JPH08267839A (en) Tapelike label manufacturing apparatus
US5358351A (en) Printing apparatus and printing tape cassette used therefor
EP0361693A2 (en) Desk top label printer

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091117

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101117

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111117

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111117

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121117

Year of fee payment: 12

EXPY Cancellation because of completion of term