JP3122375U - リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設 - Google Patents

リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設 Download PDF

Info

Publication number
JP3122375U
JP3122375U JP2006002391U JP2006002391U JP3122375U JP 3122375 U JP3122375 U JP 3122375U JP 2006002391 U JP2006002391 U JP 2006002391U JP 2006002391 U JP2006002391 U JP 2006002391U JP 3122375 U JP3122375 U JP 3122375U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
rainwater
rainwater storage
layer
glass cullet
storage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006002391U
Other languages
English (en)
Inventor
勝人 大廣
豊一 大廣
Original Assignee
公園都市開発株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2004199194 priority Critical
Application filed by 公園都市開発株式会社 filed Critical 公園都市開発株式会社
Priority to JP2006002391U priority patent/JP3122375U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3122375U publication Critical patent/JP3122375U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】 降雨時の雨水の排水設備への一気の集中流入現象を緩和するための雨水貯留浸透施設を、ガラスくずという廃棄物の持つ最適の諸特性を利用して施工費用および維持管理費用を抑えて安価に構築可能とする。
【解決手段】 宅地造成地の駐車場などの地下に構築され、降雨時に雨水がU字溝11等の排水施設へ急激に集中流入するのを緩和する雨水貯留浸透施設1において、リサイクルガラスカレット3を用いて該ガラスカレット3の空隙率及び水の表面張力を保持できる大きさの空隙の数によって決まる所期保水量を保持するに足りる容積を持つ雨水貯留浸透層4を構築し、該雨水貯留浸透層4と周囲の地盤5との保水能力の比較において、周囲地盤5の保水能力が劣る場合には雨水貯留浸透層4は雨水を自らの層4内に保水し、周囲地盤5の保水能力が勝る場合には雨水貯留浸透層4内の雨水を周囲地盤5へ浸透させることを特徴とする。
【選択図】 図1

Description

本発明は、宅地造成地や道路などにおける地表の雨水浸透面積の減少に伴う排水本管等への雨水の急激な集中流入現象を緩和するためのリサイクルガラスカレット(再生利用するガラスくず)利用の雨水貯留浸透施設に関する。
従来、雨水の地下貯水システムとして、例えば特開2001−73415号公報や特開2001−115507号公報に開示されたものがある。いずれも地下水を集水浄化層に導き、浄化層を通り抜けた水を不透水構造の地下貯水槽に貯留する。
こうして、ある程度浄化した地下水を非常用水や植生のための潅水や公衆トイレなどの中水として利用可能にすると共に、雨水を降っただけそのまま一度に河川等に流してしまうことを防止でき、地域単位での雨水の有効利用あるいは雨水処理能力の平準化などもある程度可能になる。
また、特開平10−1981号公報に開示された地下貯水槽は、道路側溝の雨水桝と中空ブロックとを流入管で接続すると共に、多数の中空ブロックを連通管により順次相互に接続して地中に埋設して雨水を浄化しないままに貯水し、この中空ブロックにポンプを設置して、貯水した雨水を取り出す構成である。
特開2001−73415号公報 特開2001−115507号公報 特開平10−1981号公報
しかし、これらの地下貯水システムでは、地下貯水槽の構築を初めとして大掛かりな関連設備工事を要するうえに、維持管理にも費用が嵩むという問題点や、地盤の含水量を積極的かつ自動的に調整するなどの能力に欠けるという問題点があった。
そこで、本発明は、降雨時の雨水の排水施設への一気の集中流入現象を緩和するための雨水貯留浸透施設を、ガラスくずという廃棄物の持つ最適の諸特性を利用して施工費用および維持管理費用を抑えて安価に構築可能とすると共に、ガラス廃棄物のリサイクルに役立てることを目的とする。
前記課題を解決するために、請求項1に記載の発明は、開発地、公共施設などの地下や、雨水管、集水ますなどの周囲に構築され、降雨時に雨水が排水本管等の排水施設へ急激に集中流入するのを緩和する雨水貯留浸透施設において、リサイクルガラスカレットを用いて、該ガラスカレットの空隙率及び、水の表面張力を保持できる大きさの空隙の数によって決まる所期保水量を保持するに足りる容積を持つ雨水貯留浸透層を地中に構築し、前記雨水貯留浸透層の内部を貫通して配設され、該層内部において該層と連通する手段を有すると共に該層の外部へ延び出して前記排水施設に接続される排水流路を備え、前記排水流路は、流入端側から受け入れた雨水を前記雨水貯留浸透層へ保水、貯留させ、また前記雨水貯留浸透層の前記所期保水量を超えたとき、接続された前記排水施設へ前記雨水を流出させ、前記雨水貯留浸透層は、前記ガラスカレットの粒径を予め調整することにより自身の吸水スピードが決められ、さらに周囲の土壌との吸水スピード差に応じて前記雨水を層内に保水し、または前記周囲の土壌へ浸透させることを特徴とする。
また、前記課題を解決するために、請求項2に記載の発明は、開発地、公共施設などの地下や、雨水管、集水ますなどの周囲に構築され、降雨時に雨水が排水本管等の排水施設へ急激に集中流入するのを緩和する雨水貯留浸透施設において、リサイクルガラスカレットを用いて、該ガラスカレットの空隙率及び、水の表面張力を保持できる大きさの空隙の数によって決まる所期保水量を保持するに足りる容積を持つ雨水貯留浸透層を地中に構築し、路面から集めた雨水を前記雨水貯留浸透層へ保水、貯留させ、また前記雨水貯留浸透層の前記所期保水量を超えたとき、前記排水施設へ前記雨水を流出させ、前記雨水貯留浸透層は、前記ガラスカレットの粒径を予め調整することにより自身の吸水スピードが決められ、さらに周囲の土壌との吸水スピード差に応じて前記雨水を層内に保水し、または前記周囲の土壌へ浸透させることを特徴とする。
請求項3に記載の発明は、請求項1又は2に記載の発明において、宅地造成地の駐車場、緑地帯、住宅、道路などの地下に構築されてなることを特徴とする。
請求項4に記載の発明は、請求項1〜3の何れかに記載の発明において、 前記雨水貯留浸透層と周囲の土壌との吸水スピードの比較において、周囲土壌の吸水スピードが劣る場合には雨水貯留浸透層は雨水を自らの層内に保水し、または周囲土壌の雨水を雨水貯留浸透層が吸収して保水し、周囲の土壌の吸水スピードが勝る場合には雨水貯留浸透層は雨水を層内から周囲土壌へ浸透させることを特徴とする。
請求項5に記載の発明は、請求項1〜4の何れかに記載の発明において、前記雨水貯留浸透層が布製等の透水シートに包まれて地下に埋設構築されるか、または裸のままで地下に埋設構築されることを特徴とする。
請求項6に記載の発明は、請求項1に記載の発明において、前記排水流路は、管状に形成され、その管壁を貫通して設けられた多数の孔が前記雨水貯留浸透層と連通する手段を構成していることを特徴とする。
請求項7記載の発明は、請求項6に記載の発明において、前記連通手段としての多数の貫通孔を布製等の透水シートで覆うか、または覆わずに露出したままとされることを特徴とする。
請求項8に記載の発明は、請求項6又は7に記載の発明において、前記管状の排水流路の住宅側端部が住宅の雨樋などの排水経路に接続されていることを特徴とする。
請求項9に記載の発明は、請求項1〜8の何れかに記載の発明において、前記雨水貯留浸透層の構築に当たり、粒径がほぼ0.1mm〜2mmを含むリサイクルガラスカレットを用いて構築することを特徴とする。
請求項10に記載の発明は、請求項1〜9の何れかに記載の発明において、前記雨水貯留浸透層の構築に当たり、該雨水貯留浸透層と周囲の土壌との間に雨水貯留浸透層内部よりも適度に大粒径のリサイクルガラスカレット層を所定厚さおよび範囲に構築し、雨水貯留浸透層と周囲の土壌との吸水スピード差に応じて雨水の受け渡しをスムーズ化することを特徴とする。
本発明によれば、空隙率が大きいので保水能力が大きく、かつ含水はしないので空隙は減らず、目詰まりしにくく、このため保水能力が長期にわたって維持され、長寿命であるリサイクルガラスカレットの保水能力と浸透性の両方の特性をバランスよく利用している点を特徴としている。
すなわち本発明では、リサイクルガラスカレットの空隙率及び水の表面張力が関与する空隙の大きさによって決まる所期保水量を決め、該所期保水量を保持するために必要な容量のリサイクルガラスカレットを収容するに足りる所期容積を持つガラスカレット収容部を地中に掘削し、この収容部に前記の所期保水量を保持するために必要な容量のリサイクルガラスカレットを収容する。これにより、周囲地盤に大量の雨水が既に吸水されていて、そのために周囲地盤には保水の余力が残されていない場合、つまり周囲地盤の保水能力よりもリサイクルガラスカレットの保水能力が高いときは、該リサイクルガラスカレットによって周辺地盤に浸透させないだけでなく、周辺地盤に含まれる水をリサイクルガラスカレットの側で吸水して周辺地盤が余計に雨水で浸されるのを防止できる。反対に周辺地盤が乾燥してリサイクルガラスカレットの保水能力よりも勝れば(つまり、周囲地盤に保水能力の余裕が生じたとき)、地盤側へ雨水を浸透させることができる。このようにリサイクルガラスカレットの保水能力と地盤の保水能力との差に応じて雨水の貯留・保水作用と周囲地盤への浸透作用の切り替えを自動的に行うので、雨水の保水と排水の優れた自動調整能力を発揮でき、保守管理の手間がかからない。
また、リサイクルガラスカレットは、例えば、再生の困難な緑色系ガラス瓶の破砕くずなどの廃物を利用できるので、素材費用を大幅に節減できる。そのうえ、廃物であるガラスくずの再利用によって資源化が図れるという大きなメリットが期待できる。 雨水貯留浸透施設における雨水貯留浸透層を構築するのにリサイクルガラスカレットを利用する。
さらに、成分がガラスであるので、周囲の地盤に悪影響を及ぼす心配はなく、しかも、アルカリ性であるので、貯留している雨水がアルカリ化される。このph調整機能も長期にわたって持続されるので、酸性雨対策の付随効果も得られる。
本発明のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設は、実施例1、2のように実施される。
本発明の第1実施例を図1〜図3を参照して説明する。図1と図3は、宅地造成地内の駐車場、緑地帯、住宅、道路などの地下に構築したリサイクルガラスカレット3からなる雨水貯留浸透施設1の立断面図を示し、互いに直交する方向から見た立断面図である。そして、図2はその施設1の平面断面図を示している。
図1〜3に示すように、雨水貯留浸透施設1は、まず地盤 (土壌) 5を開削して、長四角の桝状凹部を所定寸法に形成する。この桝状凹部は、リサイクルガラスカレットの空隙率(40〜55%程度)から算出される所期保水量から逆算して、該所期保水量を保持するために必要な容量のリサイクルガラスカレットを収容するに足りる所期容積を持つ大きさに開削する。そして、その凹部の周囲壁面および底面に接して破線で示す透水性の布製浸透シート2を配設し、この浸透シート2の内部に、これに包み込まれるようにリサイクルガラスカレット3を詰めて斜線で図示する雨水貯留浸透層4を構築する。雨水貯留浸透層4の上面が地下水位(H.W.L.)とほぼ一致するように配設し、雨水貯留浸透層4の上面も浸透シート2でカバーする。
リサイクルガラスカレット3(以下、ガラスカレット3と略す)というのは、たとえば破砕した緑色系ガラス瓶等の再生困難なガラスくずをリサイクルしようとするものである。雨水貯留浸透層4の構築に当たって、ガラスカレット3を浸透シート2にて包み込む必要は必ずしも無く、浸透シート2無しで裸のガラスカレット3をそのまま地中に埋設して構築してもよい。雨水貯留浸透層4を構築した後、地表部5aを埋め戻しする。
この雨水貯留浸透層4は、周囲の地盤5との保水能力の差に応じて、地盤5側から集水した雨水を雨水貯留浸透層4内に貯留したり、層4内の雨水を地盤5側へ浸透させたりする。使用するガラスカレット3の粒径は最小0.1(粉状)から最大25mmのものを使用する。そして、ガラスカレット3を0.1(粉状)〜2mm,2〜3mm,3〜7mm、7mm〜25mmなどの幾つかの大きさ群に振動ふるいにかけて種類分けし、このうちから大きさを選定して使用する。
集合体になった状態のガラスカレット3の各粒子同士の間には空隙があり、その空隙に入る雨水の表面張力によって雨水が空隙内に保持される。すなわち、各粒子間に空隙を有することによりガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4に保水能力が生じる。各空隙の大きさは、雨水の表面張力によって該雨水が空隙に保持される大きさになるように設ける。
ガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4の空隙率は大きく、通常の砂の10%に対して上記各粒径群のいずれも空隙率は40〜50%である。そして、この中では粒径の小さいもの(0〜2mm)程保水能力は大きく、2〜3mm,3〜7mmと粒径が大きくなるにつれ徐々に保水能力は落ちる。こうして保水はするものの、ガラスカレット3単体の含水率は0〜0.3%であり、含水することはない。したがって、保水しても体積は増加しないので空隙は減らず、雨水貯留浸透層4の保水能力が経時的に低下することはなく、保水性は長寿命である。なお、砂等にも同様の現象を見ることができるが、これらは保水すると体積が増加してしまうので目詰まりを生じ、保水能力の経時的低下が避けられない。
図1に示すように、ガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4を水平方向に貫通して有孔管6(排水流路)が配設される。雨水貯留浸透層4の内部における有孔管6には図示のように管壁に多数の貫通孔7(連通手段)が設けられ、貫通孔7を通じて周囲の雨水貯留浸透層4と連通している。
また、図示を省略しているが、有孔管6の宅地側(雨水受け入れ側)端部は、住宅の雨樋からの排水経路に接続されている。そして有孔管6の流出端が塩化ビニール製の雨水桝8に接続されている。雨水桝8の底部には砕石層9が配設されている。
こうして、有孔管6内の雨水は雨水貯留浸透層4に保水、貯留され、その貯留能力を超えたとき雨水貯留浸透層4内の雨水は貫通孔7を通って有孔管6に入り(戻り)、さらに雨水桝8に流入する。枡8内の雨水が地下水位(H,W.L.)に達するとオーバーフロー管10を経てU字溝11(排水施設)に排水される。
宅地造成地においては、建設する建築物などにより雨水が地中へ直接浸透する面積が建築物の分だけ減少する。建築物上に降った雨水は雨樋等の排水経路を通って排水されるので、地盤の雨水浸透能力が落ちて、直接U字溝11等へ流れ込む雨水が増加することになる。そこで、時間当たり流れ込み量を緩和するために造成地(建築物)とU字溝11(排水施設)との中間に雨水貯留浸透施設1を設け、雨水貯留浸透層4に雨水を貯留して時間をかけて排水する。
宅地造成に際しては、地盤の浸透容量(浸透数値)から雨水貯留浸透層4に要求される時間当たりの貯留能力を導き、ガラスカレット3の粒径および雨水貯留浸透層4の容積を決めて構築する。
ガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4は、周囲の地盤5の保水能力が勝る場合(周囲地盤5の保水能力に余裕がある場合)は雨水を周囲の地盤5へ浸透させ、逆に周囲の地盤5の保水能力が減少した場合(周囲地盤5の保水能力に余裕がなくなった場合)には自らの雨水貯留浸透層4内に雨水を貯留する。そして、この貯留作用と浸透作用の切り替えは自動的に行われ、人手をわずらわすことはない。周囲地盤5の保水が過大になって液状化するのを自動的に防止する効果が期待できる。
さらに、ガラスカレット3はアルカリ性であるので、貯留している雨水をアルカリ化する。このpH調整機能はたとえば、日本の年間平均降雨量で計算すると、7年以上持続されるという試算もあり、ガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4のpH調整機能も長期にわたって利用することができる。
さらに、ガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4の素材として、たとえば再生困難な緑色系ガラス瓶等のくず(廃物)を利用しているので、ガラス廃棄物のリサイクルが遅れている現状を積極的に改善する効果が得られると共に、雨水貯留浸透層4の成分がガラスであるので、埋設構築によって周囲の地盤5に悪影響を及ぼす心配はない。
そして、このほか、ガラスは熱伝導率が低いので、雨水貯留浸透層4により地中の温度変化を緩和する作用を期待することができる。
本発明の第2実施例を図4〜図6を参照して説明する。図4は上記第1実施例と同様の宅地造成地内の駐車場の地下に構築したリサイクルガラスカレット3(以下、ガラスカレット3と略す)からなる雨水貯留浸透施設1aの平面断面図であり、図5と図6は共に立断面図であり、それぞれ図4におけるX−X断面図、Y−Y断面図である。第1実施例と同様の構成要素たとえばガラスカレット3、の特性などについての重複する説明は省略する。
図4〜6に破線で示すように、本実施例のガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4は、ガラスカレット3を透水シート2で包み込んだ状態で、道路境界線12や隣接地境界線13等と境界を接する駐車場14内に破線で示す平面視長四角形状で地下に埋設して構築されている(図4参照)。
そして、粒径0.1〜25mmのガラスカレット3を選定して構築した雨水貯留浸透層4内を貫通して同心、同形状(曲管状)に破線で示す有孔管6a(排水流路)が配設されている。有孔管6aの周壁には貫通孔7が設けられると共に透水シート2aが巻きつけられている。なお、貫通孔7をカバーする透水シート2aを必ずしも巻きつける必要はなく、上記第1実施例のように裸のままでもよい。
有孔管6aの宅地側(雨水受け入れ側)端部は雨水最終枡16を介して住宅の雨樋からの排水経路の流入管15に接続され、住宅の雨樋からの排水が有孔管6aに流入する。道路側他端部(雨水排水側)は雨水最終接続桝17および雨水接続管17aを経て雨水本管18(排水施設)に接続されている。
一方、ガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4の上方は埋め戻しした上に砕石層19が配設され、さらに表面にはコンクリート20が打設されて不透水面とされている。また、雨水貯留浸透層4の下方には雨水貯留浸透層4よりも大径の粗粒ガラスカレット3からなる裸の底部貯留浸透層4aを設けている。底部貯留浸透層4aの方が、その上の雨水貯留浸透層4よりも保水性は弱く、透水性は大きい。
このような構成により、本実施例によれば、住宅の雨樋から流入管15を経て有孔管6aへ流入した雨水は、貫通孔7(連通手段)と外周の透水シート2aを通って周囲の雨水貯留浸透層4に保水されることにより、一気に雨水本管18へ流れ込むようなことがなくなる。雨水貯留浸透層4の保水能力が減少した場合には、雨水は透水性のより大きい底部貯留浸透層4aを通って下方の地盤5へ吸い出されることにより雨水本管18への急激な流れ込みが緩和される。
本発明の第3実施例を図7〜図8を参照して説明する。図7、8は、側溝の地下に構築したリサイクルガラスカレット3(以下、ガラスカレット3と略す)からなる雨水貯留浸透施設1bの立断面図である。第1、3実施例と同様の構成要素たとえばガラスカレット3、の特性などについての重複する説明は省略する。
側溝31は、道路34の路面排水のため、表面がアスファルト33等で舗装された道路34の端部又は図示しない歩車道境に設けられている溝である。この側溝31に集まった水は、適当な間隔で設けられている集水ます32を通して下水管へと送られる。
ガラスカレット3からなる雨水貯留浸透層4は、ガラスカレット3を透水シート2で包み込んだ状態で、側溝31、集水ます32などの周囲や、道路34の地下に埋設して構築される。ちなみに、この透水シート2は、雨水のみ浸透させることができ、ガラスカレットの拡散を防止できるような布類等を想定しているが、これを砕石等に代替させてもよい。
このような構成により、道路34への降雨による雨水は、側溝31へ流れていくとともに、アスファルト33を介して雨水貯留浸透層4に保水されることになる。また、道路34から側溝31へ流れてきた雨水は、集水ます32へ流れていき、或いは、側溝31の溝壁35を介してその周囲に構築された雨水貯留浸透層4に保水されることになる。また、側溝31から集水ます32へ流れてきた雨水は、下水道へと送られ、或いは溝壁35を介してその周囲に構築された雨水貯留浸透層4に保水されることになる。これにより、雨水が一気に下水道へ流れ込むようなことがなくなる。雨水貯留浸透層4の保水能力が減少した場合には、雨水は透水シート2を通って下方の地盤5へ吸い出されることにより雨水本管18への急激な流れ込みが緩和されることになる。
このように、道路34の下部や側溝31、集水ます32の周囲に構築される本発明の第3実施例に関しても、上述した第1実施例、第2実施例と同様の効果を得ることが可能となる。特に、この道路31の下部等に構築される第3実施例においては、この雨水貯水浸透層4に保水された雨水が蒸散すると、その気化熱によりアスファルト33や溝壁35の温度を下げることが可能となることから、特に夏場において路面を冷やすことができるという点においても有用となる。
なお、上述した実施例では、雨水貯留浸透層4が、緑地帯、住宅、道路等の地下、側溝31、雨水管、集水ます32などの周囲においてそれぞれ構築される場合を例にとって説明をしている。これらのうち、何れか1につき構築されていれば足りることは勿論である。
また、本発明を適用した雨水貯留浸透施設1,1a,1bは、開発地、公共施設などの地下に構築されていてもよい。ここで開発地とは、下記に示す開発行為によるものである。即ち、開発行為とは、1)市街化区域内において行う開発行為でその規模が政令で定める規模未満であるもの、2)市街化調整区域内において行う開発行為であって、農業、林業若しくは漁業の用に供する政令で定める建築物又はこれらの業務を営む者の居住の用に供する建築物の建築用に供する目的で行うもの、3)駅舎その他の鉄道の施設、社会福祉施設、医療施設、学校教育法による学校、公民館、変電所その他これらに類する政令で定める公益上必要な建築物の建築の用に供する目的で行う開発行為である。
また、公共施設とは、飛行場や鉄道、道路等が含まれる。
本発明の第1実施例におけるガラスカレットからなる雨水貯留浸透施設の立断面図である。 第1実施例におけるガラスカレットからなる雨水貯留浸透施設の平面断面図である。 第1実施例におけるガラスカレットからなる雨水貯留浸透施設の、図1と直交する方向の立断面図である。 本発明の第2実施例におけるガラスカレットからなる雨水貯留浸透施設の平面断面図である。 図4のX−X断面図である。 図4のY−Y断面図である。 本発明の第3実施例におけるガラスカレットからなる雨水貯留浸透施設の立断面図である。 第3実施例におけるガラスカレットからなる雨水貯留浸透施設の他の断面図である。
符号の説明
1,1a,1b 雨水貯留浸透施設
2,2a 浸透シート
3 リサイクルガラスカレット、ガラスカレット
4 雨水貯留浸透層
4a 底部貯留浸透層
5 地盤(土壌)
5a 地表部
6,6a 有孔管(排水流路)
7 貫通孔(連通手段)
8 雨水桝
9 砕石層
10 オーバーフロー管
11 U字溝(排水施設)
12 道路境界線
13 隣接地境界線
14 駐車場
15 流入管
16 雨水最終枡
17 雨水最終接続桝
17a 雨水接続管
18 排水本管(排水施設)
19 砕石層
20 コンクリート

Claims (10)

  1. 開発地、公共施設などの地下や、雨水管、集水ますなどの周囲に構築され、降雨時に雨水が排水本管等の排水施設へ急激に集中流入するのを緩和する雨水貯留浸透施設において、
    リサイクルガラスカレットを用いて、該ガラスカレットの空隙率及び、水の表面張力を保持できる大きさの空隙の数によって決まる所期保水量を保持するに足りる容積を持つ雨水貯留浸透層を地中に構築し、
    前記雨水貯留浸透層の内部を貫通して配設され、該層内部において該層と連通する手段を有すると共に該層の外部へ延び出して前記排水施設に接続される排水流路を備え、
    前記排水流路は、流入端側から受け入れた雨水を前記雨水貯留浸透層へ保水、貯留させ、また前記雨水貯留浸透層の前記所期保水量を超えたとき、接続された前記排水施設へ前記雨水を流出させ、
    前記雨水貯留浸透層は、前記ガラスカレットの粒径を予め調整することにより自身の吸水スピードが決められ、さらに周囲の土壌との吸水スピード差に応じて前記雨水を層内に保水し、または前記周囲の土壌へ浸透させること
    を特徴とする雨水貯留浸透施設。
  2. 開発地、公共施設などの地下や、雨水管、集水ますなどの周囲に構築され、降雨時に雨水が排水本管等の排水施設へ急激に集中流入するのを緩和する雨水貯留浸透施設において、
    リサイクルガラスカレットを用いて、該ガラスカレットの空隙率及び、水の表面張力を保持できる大きさの空隙の数によって決まる所期保水量を保持するに足りる容積を持つ雨水貯留浸透層を地中に構築し、
    路面から集めた雨水を前記雨水貯留浸透層へ保水、貯留させ、また前記雨水貯留浸透層の前記所期保水量を超えたとき、前記排水施設へ前記雨水を流出させ、
    前記雨水貯留浸透層は、前記ガラスカレットの粒径を予め調整することにより自身の吸水スピードが決められ、さらに周囲の土壌との吸水スピード差に応じて前記雨水を層内に保水し、または前記周囲の土壌へ浸透させること
    を特徴とする雨水貯留浸透施設。
  3. 宅地造成地の駐車場、緑地帯、住宅、道路などの地下に構築されてなることを特徴とする請求項1又は2記載のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設。
  4. 前記雨水貯留浸透層と周囲の土壌との吸水スピードの比較において、周囲土壌の吸水スピードが劣る場合には雨水貯留浸透層は雨水を自らの層内に保水し、または周囲土壌の雨水を雨水貯留浸透層が吸収して保水し、周囲の土壌の吸水スピードが勝る場合には雨水貯留浸透層は雨水を層内から周囲土壌へ浸透させることを特徴とする請求項1〜3の何れかに記載の記載のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設。
  5. 前記雨水貯留浸透層が布製等の透水シートに包まれて地下に埋設構築されるか、または裸のままで地下に埋設構築されることを特徴とする請求項1〜4の何れかに記載のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設。
  6. 前記排水流路は、管状に形成され、その管壁を貫通して設けられた多数の孔が前記雨水貯留浸透層と連通する手段を構成していることを特徴とする請求項1に記載のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設。
  7. 前記連通手段としての多数の貫通孔を布製等の透水シートで覆うか、または覆わずに露出したままとされることを特徴とする請求項6に記載のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設。
  8. 前記管状の排水流路の住宅側端部が住宅の雨樋などの排水経路に接続されていることを特徴とする請求項6又は7に記載のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設。
  9. 前記雨水貯留浸透層の構築に当たり、粒径がほぼ0.1mm〜2mmを含むリサイクルガラスカレットを用いて構築することを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設。
  10. 前記雨水貯留浸透層の構築に当たり、該雨水貯留浸透層と周囲の土壌との間に雨水貯留浸透層内部よりも適度に大粒径のリサイクルガラスカレット層を所定厚さおよび範囲に構築し、雨水貯留浸透層と周囲の土壌との吸水スピード差に応じて雨水の受け渡しをスムーズ化することを特徴とする請求項1〜9のいずれかに記載のリサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設。
JP2006002391U 2004-07-06 2006-03-31 リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設 Expired - Fee Related JP3122375U (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004199194 2004-07-06
JP2006002391U JP3122375U (ja) 2004-07-06 2006-03-31 リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006002391U JP3122375U (ja) 2004-07-06 2006-03-31 リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005193722A Continuation JP2006046063A (ja) 2004-07-06 2005-07-01 リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3122375U true JP3122375U (ja) 2006-06-08

Family

ID=43472436

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006002391U Expired - Fee Related JP3122375U (ja) 2004-07-06 2006-03-31 リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3122375U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN114635353A (zh) * 2022-04-11 2022-06-17 王兴磊 一种桥梁用排水防堵装置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN114635353A (zh) * 2022-04-11 2022-06-17 王兴磊 一种桥梁用排水防堵装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101662758B1 (ko) 도로 침수 방지, 지하수위 유지를 통한 지반안정 및 우수 재이용을 위한 우수 저류 및 관리시스템
KR101105368B1 (ko) 녹지 집수시스템 및 이를 이용한 우수 처리방법
CN103758201A (zh) 带淹没涵管的地表径流雨水蓄净一体化装置及方法
CN105794523B (zh) 一种具有雨水渗蓄净化功能的树池装置
JP2006118265A (ja) 雨水排水システムにおける浸透管、浸透管付き取水桝及び排水システム
JP2006046063A (ja) リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設
JP4772662B2 (ja) 浸透システムおよびその施工方法
CN205839928U (zh) 一种用于海绵城市的植草沟
JP2005097858A (ja) 排水ブロックとこれを用いた舗装構造
CN110629619A (zh) 一种海绵型绿地建设结构技术
JP4491570B2 (ja) 保水性舗装体灌水設備
JP5396368B2 (ja) 舗装構造
CN105484125A (zh) 一种收集利用雨水的台阶
JP3122375U (ja) リサイクルガラスカレット利用の雨水貯留浸透施設
CN107409814A (zh) 一种用于海绵城市雨水储蓄、净化的高位雨水花坛
CN211340266U (zh) 拱形路基蓄水道路结构
KR20140098583A (ko) 홍수 저감 및 침투 증진을 위한 침투형 도로 시스템
CN204530376U (zh) 防涝消雨污水人行道平整城镇道路结构
JP5083602B2 (ja) 流出抑制街渠工
KR101332600B1 (ko) 인공지반 빗물유출수의 수질을 고려한 다중 관로형 빗물 저류 침투 시스템 및 빗물 관리 방법
JPH08311938A (ja) かん養型貯留施設
Nazif et al. Comparing Rainwater Storage Options
KR100336107B1 (ko) 도시 내 물순환 복원을 위한 우수저류·침투못 시스템 및그의 조성공법
TWI522515B (zh) Rainwater storage system
CN208917621U (zh) 一种改善积水的道路透水结构

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100517

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110517

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees