JP3110035B2 - 携帯可能電子装置 - Google Patents

携帯可能電子装置

Info

Publication number
JP3110035B2
JP3110035B2 JP14748190A JP14748190A JP3110035B2 JP 3110035 B2 JP3110035 B2 JP 3110035B2 JP 14748190 A JP14748190 A JP 14748190A JP 14748190 A JP14748190 A JP 14748190A JP 3110035 B2 JP3110035 B2 JP 3110035B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
means
area
data
dividing
data file
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP14748190A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0440588A (en )
Inventor
康雄 飯島
Original Assignee
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F7/00Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus
    • G07F7/08Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus by coded identity card or credit card or other personal identification means
    • G07F7/10Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus by coded identity card or credit card or other personal identification means together with a coded signal, e.g. in the form of personal identification information, like personal identification number [PIN] or biometric data
    • G07F7/1008Active credit-cards provided with means to personalise their use, e.g. with PIN-introduction/comparison system
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q20/00Payment architectures, schemes or protocols
    • G06Q20/30Payment architectures, schemes or protocols characterised by the use of specific devices
    • G06Q20/34Payment architectures, schemes or protocols characterised by the use of specific devices using cards, e.g. integrated circuit [IC] cards or magnetic cards
    • G06Q20/341Active cards, i.e. cards including their own processing means, e.g. including an IC or chip
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q20/00Payment architectures, schemes or protocols
    • G06Q20/30Payment architectures, schemes or protocols characterised by the use of specific devices
    • G06Q20/34Payment architectures, schemes or protocols characterised by the use of specific devices using cards, e.g. integrated circuit [IC] cards or magnetic cards
    • G06Q20/357Cards having a plurality of specified features
    • G06Q20/3576Multiple memory zones on card
    • G06Q20/35765Access rights to memory zones
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F7/00Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus
    • G07F7/08Mechanisms actuated by objects other than coins to free or to actuate vending, hiring, coin or paper currency dispensing or refunding apparatus by coded identity card or credit card or other personal identification means
    • G07F7/0806Details of the card
    • G07F7/0833Card having specific functional components
    • G07F7/084Additional components relating to data transfer and storing, e.g. error detection, self-diagnosis

Description

【発明の詳細な説明】 [発明の目的] (産業上の利用分野) 本発明は、たとえば不揮発性メモリおよびCPUなどの
制御素子を有するIC(集積回路)チップを内蔵した、い
わゆるICカードと称される携帯可能電子装置に係り、特
にそのメモリの管理方法に関する。

(従来の技術) 近年、新たな携帯可能なデータ記憶媒体として、消去
可能な不揮発性メモリおよびCPUなどの制御素子を有す
るICチップを内蔵した、いわゆるICカードが注目されて
いる。この種のICカードは、内蔵する制御素子によって
内蔵するメモリをアクセスすることにより、選択的に外
部とのデータの入出力などを行なうようになっている。

最近、このようなICカードにおいて、そのライフサイ
クルが構築されつつある中、カード発行者がデータファ
イルという概念で個々のサービス提供者に与える領域を
メモリ内に割当て、個々のサービス提供者は、与えられ
た領域内に自分の所望するエリアを複数分割して、シス
テム運用に使用することが考えられている。このとき、
カード製造者はカード発行者に対し供給するICカード内
の使用可能メモリサイズを通知するようになっている。

(発明が解決しようとする課題) しかし、この場合、通知された使用可能メモリサイズ
が実際に納入されたICカード内に確保されているか否か
を確認することができなかった。

また、カード発行者は、データファイルを割当てた
際、本当にICカード内に所定サイズのデータファイルが
割当てられたか否かという確認を行なうことができなか
った。

そこで、本発明は、本装置内の使用可能メモリサイズ
が外部から容易に確認できる携帯可能電子装置を提供す
ることを目的とする。

また、本発明は、発行者が割当てた領域(データファ
イル)の割当てサイズ、特に未使用であるなどの確認が
外部から容易にできる携帯可能電子装置を提供すること
を目的とする。

[発明の構成] (課題を解決するための手段) 本発明の携帯可能電子装置は、メモリ部と、このメモ
リ部を制御する制御部を有し、選択的に外部とのデータ
の入出力を行なう携帯可能電子装置であって、前記メモ
リ部を複数の第1の記憶領域に分割する第1の分割手段
と、この第1の分割手段によって分割された第1の記憶
領域を複数の第2の記憶領域に分割する第2の分割手段
と、この第2の分割手段によって分割する際、その領域
サイズを求める手段と、外部からの要求に応じて前記求
めた領域サイズに基づき前記第1の記憶領域の空き容量
値を求め、この求めた空き容量値を外部に出力する手段
とを具備している。

また、本発明の携帯可能電子装置は、メモリ部と、こ
のメモリ部を制御する制御部を有し、選択的に外部との
データの入出力を行なう携帯可能電子装置であって、前
記メモリ部を第1の記憶領域および複数の第2の記憶領
域に分割する第1の分割手段と、この第1の分割手段に
よって分割された第1の記憶領域および第2の記憶領域
を複数の第3の記憶領域に分割する第2の分割手段と、
この第2の分割手段によって分割する際、その領域サイ
ズを求める手段と、外部からの要求に応じて前記複数の
第2の記憶領域のうちの1つを選択する選択手段と、こ
の選択手段によって選択された第2の記憶領域の空き容
量値を前記求めた領域サイズに基づき求め、この求めた
空き容量値を外部に出力する手段と、前記選択手段によ
る選択がなされない倍合、前記第1の記憶領域の空き容
量値を前記求めた領域サイズに基づき求め、この求めた
空き容量値を外部に出力する手段とを具備している。

さらに、本発明の携帯可能電子装置は、メモリ部と、
このメモリ部を制御する制御部を有し、選択的に外部と
のデータの入出力を行なう携帯可能電子装置であって、
前記メモリ部を複数の第1の記憶領域に分割する第1の
分割手段と、この第1の分割手段によって分割された第
1の記憶領域を複数の第2の記憶領域に分割する第2の
分割手段と、この第2の分割手段によって分割する際、
その領域サイズを求める手段と、外部からの要求に応じ
て前記複数の第1の記憶領域を指定する指定手段と、こ
の指定手段によって指定された第1の記憶領域の空き容
量値を前記求めた領域サイズに基づき求め、この求めた
空き容量値を外部に出力する手段とを具備している。

(作用) 本発明によれば、たとえば、外部からの特殊コマンド
に応答して、メモリ部のデータファイル未割当サイズ情
報(メモリ部の空き容量値)を外部に出力する手段を設
けることにより、本装置内の使用可能メモリサイズが外
部から容易に確認できる。また、データファイル(第1
の記憶領域)の追加時も、あらかじめ未割当てサイズが
確認できる。

また、本発明によれば、メモリ部に割当てられたデー
タファイルのエリア未割当サイズ情報(空き容量値)を
外部からの要求に応じて外部に出力する手段を設けるこ
とにより、発行者が割当てたデータファイルの割当サイ
ズ、特に未使用であるなどの確認が外部から容易とな
り、以降のデータファイル内のエリア割当てが円滑に行
なえるようになる。

(実施例) 以下、本発明の一実施例について図面を参照して説明
する。

第16図は、本発明に係る携帯可能電子装置としてのIC
カードを取扱う端末装置の構成例を示すものである。す
なわち、この端末装置は、ICカード1をカードリーダ・
ライタ2を介してCPUなどからなる制御部3と接続可能
にするとともに、制御部3にキーボード4、CRTディス
プレイ装置5、プリンタ6およびフロッピィディスク装
置7を接続して構成される。

ICカード1は、ユーザが保持し、たとえば商品購入な
どの際にユーザのみが知得している暗証番号の参照や必
要データの蓄積などを行なうもので、たとえば第15図に
その機能ブロツクを示すように、リード・ライト部11、
暗証設定・暗証照合部12、および暗号化・復号化部13な
どの基本機能を実行する部分と、これらの基本機能を管
理するスーパバイザ14とで構成されている。

リード・ライト部11は、データメモリ16などに対して
データの読出し、書込み、あるいは消去を行なう機能で
ある。

暗証設定・暗証照合部12は、ユーザが設定した暗証番
号の記憶および読出禁止処理を行なうとともに、暗証番
号の設定後にその暗証番号の照合を行ない、以後の処理
の許可を与える機能である。

暗号化・復号化部13は、たとえば通信回線を介して制
御部3から他の端末装置へデータを送信する場合の通信
データの漏洩、偽造を防止するための暗号化や暗号化さ
れたデータの復号化を行なうものであり、たとえばDES
(Data Encryption Standard)など、充分な暗号強度を
有する暗号化アルゴリズムにしたがってデータ処理を行
なう機能である。

スーパバイザ14は、カードリーダ・ライタ2から入力
された機能コードもしくはデータの付加された機能コー
ドを解読し、前記基本機能のうち必要な機能を選択して
実行させる機能である。

これらの諸機能を発揮させるために、ICカード1は、
たとえば第14図に示すように、CPUなどの制御素子(制
御部)15、データメモリ(メモリ部)16、プログラムメ
モリ17、およびカードリーダ・ライタ2との電気的接触
を得るためのコンタクト部18によって構成されており、
これらのうち制御素子15、データメモリ16、およびプロ
グラムメモリ17は1つのICチップ(あるいは複数のICチ
ップ)で構成されてICカード本体内に埋設されている。

プログラムメモリ17は、たとえばマスクROMで構成さ
れており、前記各基本機能を実現するサブルーチンを備
えた制御素子15の制御プログラムなどを記憶するもので
ある。

データメモリ16は、各種データの記憶に使用され、た
とえばEEPROMなどの消去可能な不揮発性メモリで構成さ
れている。

そして、データメモリ16は、たとえば第2図に示すよ
うに、全てのアプリケーションで共通に使用する1つの
コモンデータファイル(CDF)21、および各アプリケー
ションごとに使用する複数のアプリケーションデータフ
ァイル(ADF)22,…に大きく分割定義される。これら各
データファイル(DF)21,22は、データファイル定義テ
ーブル23のデータファイル定義情報24によって定義され
る。この場合、データファイル定義情報24は、データメ
モリ16の一端(たとえば先頭番地)から記憶され、この
データファイル定義情報24によって定義される各データ
ファイル21,22は、データメモリ16の他端(たとえば最
終番地)から定義されるようになっている。

ここに、データファイル定義情報24は、たとえば第3
図に示すように、データファイルを指定する識別情報と
してのデータファイル名(DFN)、データファイルが割
当てられているメモリ上の先頭アドレス情報、サイズ情
報およびアクセス条件情報、総エリア割当先頭アドレス
情報、エリア未割当サイズ情報を対応付けたデータ列で
ある。

なお、定義されたデータファイル内にエリアが1つも
定義されていない状態においては、エリア未割当サイズ
情報の値としては、当該データファイルの最大サイズに
なっており、また総エリア割当先頭アドレス情報として
は、当該データファイルの最終アドレスに「1」を加え
た値となっている。

そして、このデータファイル定義情報24は、後述する
データファイル定義命令データにより順次記憶される。
第2図の例では、本命令データにより、データファイル
名「00000」、「NNNNN」、…「ZZZZZ」の順で記憶され
たものであり、特にデータファイル名「00000」はコモ
ンデータファイル21のデータファイル名として内部にリ
ザーブされている。

また、コモンデータファイル21内は第4図に示すよう
に、アプリケーションデータファイル22内は第5図に示
すように、それぞれ複数のエリア25,…、28,…に分割定
義される。これら各エリア25,28は、エリア定義テーブ
ル26,29のエリア定義情報27,30によってそれぞれ定義さ
れる。この場合、エリア定義情報27,30は、データファ
イル21,22の一端(たとえば先頭番地)から記憶され、
そのエリア定義情報27,30によって定義される各エリア2
5,28は、データファイル21,22の他端(たとえば最終番
地)から定義されるようになっている。

ここに、エリア定義情報27,30は、たとえば第6図に
示すように、エリアを指定する識別情報としてのエリア
番号(AID)、エリアが割当てられているメモリ上の先
頭アドレス情報、サイズ情報およびアクセス条件情報を
対応付けたデータ列である。

そして、このエリア定義情報27,30は、後述するエリ
ア定義命令データにより順次記憶される。第4図の例で
は、本命令データにより、エリア番号「01」、「02」、
…「03」の順で記憶され、また第5図の例では、本命令
データにより、エリア番号「04」、…「05」の順で記憶
されたものである。

第7図は、データファイル未割当サイズ情報を記憶す
るデータファイル未割当サイズ記憶部31、および総デー
タファイル割当先頭アドレス情報を記憶する総データフ
ァイル割当先頭アドレス記憶部32を示すもので、これら
は例えばデータメモリ16内に設けられている。

なお、データファイルが1つも定義されていない状態
においては、データファイル未割当サイズ情報の値とし
ては、データメモリ16としてデータファイル割当てのた
めに与える最大サイズになっており、また総データファ
イル割当先頭アドレス情報としては、データファイル割
当てのために与えたデータメモリ16内の領域の最終アド
レスに「1」を加えた値となっている。

次に、このような構成において第1図に示すフローチ
ャートを参照しつつ動作を説明する。

まず、データファイルの定義処理を説明する。定常状
態においては、外部からの命令データ待ち状態になって
おり、この状態で命令データが入力されると、制御素子
15は第8図に示すようなデータファイル定義命令データ
か否かを判断する。この判断の結果、データファイル定
義命令データでなければ、制御素子15は別の命令データ
であることを判断する処理に移行する。

上記命令データの判断の結果、データファイル定義命
令データであれば、制御素子15は、データメモリ16から
本命令データ中のデータファイル名と同一のデータファ
イル名を持つデータファイル定義情報を見付ける。もし
見付かれば、制御素子15は、データファイル名既存を意
味する応答データを出力して命令データ待ち状態に戻
る。

もし見付からなければ、制御素子15は、本命令データ
中のファイルサイズ情報にデータファイル定義情報のバ
イト数(サイズ情報)を加えて、その結果を結果1と
し、データファイル未割当サイズ記憶部13内の値と比較
する。この比較の結果、もし前者よりも後者の方が小さ
ければ、制御素子15は、本命令データにより定義するデ
ータファイルがデータメモリ16内に割当てられないと判
断し、サイズ異常を意味する応答データを出力して命令
データ待ち状態に戻る。

上記比較の結果、もし前者が後者に等しいか大きけれ
ば、制御素子15は、本命令データにより定義するデータ
ファイルがデータメモリ16内に割当てられるものと判断
し、データファイル定義情報内の先頭アドレス情報を生
成する。この先頭アドレス情報の生成にあたっては、総
データファイル割当先頭アドレス記憶部32内の値と本命
令データ中のファイルサイズ情報を用いて内部的に計算
を行なうことで得ることができる。

こうして、先頭アドレス情報を生成すると、制御素子
15は、本命令データ中のデータファイル名、アクセス条
件情報、ファイルサイズ情報、および上記生成した先頭
アドレス情報によりデータファイル定義情報を生成し、
既に記憶されているデータファイル定義情報が存在すれ
ば、その次に記憶する。この場合、データファイルが1
つも定義されていない状態においては、データメモリ16
の先頭番地からデータファイル定義情報を記憶する。

データファイル定義情報を記憶し終わると、制御素子
15は、総データファイル割当先頭アドレス記憶部32内の
値を今回記憶した先頭アドレス情報に書換えるととも
に、データファイル未割当サイズ記憶部31内の値から今
回記憶したサイズ情報とデータファイル定義情報のバイ
ト数を減算し、その結果を親たなデータファイル未割当
サイズ情報としてデータファイル未割当サイズ記憶部31
に記憶する。そして、制御素子15は、データファイル定
義完了を意味する応答データを出力し、命令データ待ち
状態に戻る。

このような処理によれば、データメモリ16としてデー
タファイル割当てのために与えられた領域内は、第2図
に示すように、アドレスの小さい方からデータファイル
定義情報24が順次記憶され、そのデータファイル定義情
報24によって定義されるデータファイル21,22はアドレ
スの大きい方から順次定義されることになる。

次に、データファイルの選択処理を説明する。前記デ
ータファイル定義命令データか否かの判断の結果、デー
タファイル定義命令データでなければ、制御素子15は、
次に第9図に示すようなデータファイル選択命令データ
か否かを判断する。この判断の結果、データファイル選
択命令データでなければ、制御素子15は別の命令データ
であることを判断する処理に移行する。

上記命令データの判断の結果、データファイル選択命
令データであれば、制御素子15は、データメモリ16から
本命令データ中のデータファイル名と同一のデータファ
イル名を持つデータファイル定義情報を見付ける。もし
見付からなければ、制御素子15は、データファイル未定
義を意味する応答データを出力し、命令データ待ち状態
に戻る。

もし見付かれば、制御素子15は、そのデータファイル
定義情報を内蔵するRAMに記憶し、データファイル選択
完了を意味する応答データを出力して命令データ待ち状
態に戻る。

次に、エリアの定義処理を説明する。前記データファ
イル選択命令データか否かの判断の結果、データファイ
ル選択命令データでなければ、制御素子15は、次に第10
図に示すようなエリア定義命令データか否かを判断す
る。この判断の結果、エリア定義命令データでなけれ
ば、制御素子15は別の命令データであることを判断する
処理に移行する。

上記命令データの判断の結果、エリア定義命令データ
であれば、制御素子15は、まず前記データファイルの選
択時にRAM内に記憶しておいたデータファイル定義情報
を参照することにより、アプリケーションデータファイ
ル22が選択されているか否かを判断する。この判断の結
果、もしアプリケーションデータファイル22が選択され
ていなければコモンデータファイル21内を、アプリケー
ションデータファイル22が選択されていればコモンデー
タファイル21内およびその選択されているアプリケーシ
ョンデータファイル22内をそれぞれ参照することによ
り、本命令データ中のエリア番号(AID)と同一のエリ
ア番号(AID)を持つエリア定義情報を見付ける。もし
見付かれば、制御素子15は、エリア番号既存を意味する
応答データを出力して命令データ待ち状態に戻る。

もし見付からなければ、制御素子15は、次に本命令デ
ータ中のエリアサイズ情報にエリア定義情報のバイト数
(サイズ情報)を加えて、その結果を結果2とし、デー
タファイル定義情報内のエリア未割当サイズ情報と比較
する。なお、このとき、アプリケーションデータファイ
ル22が選択されていなければ、コモンデータファイル21
を定義しているデータファイル定義情報中のエリア未割
当サイズ情報を対象とし、またアプリケーションデータ
ファイル22が選択されていれば、そのアプリケーション
データファイル22を定義しているデータファイル定義情
報中のエリア未割当サイズ情報を対象とする。

上記比較の結果、もし前者よりも後者の方が小さけれ
ば、制御素子15は、本命令データにより定義するエリア
が本データファイル内に割当てられないと判断し、サイ
ズ異常を意味する応答データを出力して命令データ待ち
状態に戻る。

上記比較の結果、もし前者が後者に等しいか大きけれ
ば、制御素子15は、本命令データにより定義するエリア
が本データファイル内に割当てられるものと判断し、エ
リア定義情報内の先頭アドレス情報を生成する。この先
頭アドレス情報の生成にあたっては、データファイル定
義情報内の総エリア割当先頭アドレス情報と本命令デー
タ中のエリアサイズ情報を用いて内部的に計算を行なう
ことで得ることができる。なお、このとき、アプリケー
ションデータファイル22が選択されていなければ、コモ
ンデータファイル21を定義しているデータファイル定義
情報中の総エリア割当先頭アドレス情報を対象とし、ま
たアプリケーションデータファイル22が選択されていれ
ば、そのアプリケーションデータファイル22を定義して
いるデータファイル定義情報中の総エリア割当先頭アド
レス情報を対象とする。

こうして、先頭アドレス情報を生成すると、制御素子
15は、本命令データ中のエリア番号、アクセス条件情
報、エリアサイズ情報、および上記生成した先頭アドレ
ス情報によりエリア定義情報を生成し、既に記憶されて
いるエリア定義情報が存在すれば、その次に記憶する。
この場合、エリアが1つも定義されていない状態におい
ては、データファイルの先頭番地からエリア定義情報を
記憶する。

エリア定義情報を記憶して終わると、制御素子15は、
データファイル定義情報内の総エリア割当先頭アドレス
情報を今回記憶した先頭アドレス情報に書換えるととも
に、データファイル定義情報内のエリア未割当サイズ情
報から今回記憶したサイズ情報とエリア定義情報のバイ
ト数を減算し、その結果を新たなエリア未割当サイズ情
報として記憶する。そして、制御素子15は、エリア定義
完了を意味する応答データを出力し、命令データ待ち状
態に戻る。

このような処理によれば、定義されたデータファイル
21,22内は、第4図および第5図に示すように、アドレ
スの小さい方からエリア定義情報27,30が順次記憶さ
れ、そのエリア定義情報27,30によって定義されるエリ
ア25,28はアドレスの大きい方から順次定義されること
になる。

次に、エリア処理(エリア内データの読出、書込)を
説明する。前記エリア定義命令データか否かの判断の結
果、エリア定義命令データでなければ、制御素子15は、
次に第11図(a)に示すような読出命令データ、あるい
は第11図(b)に示すような書込命令データか否かを判
断する。この判断の結果、第11図のようなエリア処理命
令データでなければ、制御素子15は別の命令データであ
ることを判断する処理に移行する。

上記命令データの判断の結果、エリア処理命令データ
であれば、制御素子15は、まず前記データファイルの選
択時にRAM内に記憶しておいたデータファイル定義情報
を参照することにより、アプリケーションデータファイ
ル22が選択されているか否かを判断する。この判断の結
果、もしアプリケーションデータファイル22が選択され
ていなければコモンデータファイル21内を、アプリケー
ションデータファイル22が選択されていればコモンデー
タファイル21内およびその選択されているアプリケーシ
ョンデータファイル22内をそれぞれ参照することによ
り、本命令データ中のエリア番号(AID)と同一のエリ
ア番号(AID)を持つエリア定義情報を見付ける。もし
見付からなければ、制御素子15は、エリア未定義を意味
する応答データを出力し、命令データ待ち状態に戻る。

もし見付かれば、制御素子15は、そのエリア定義情報
から目的とするエリアがメモリ上のどこに位置している
かなどの情報を得て、そのエリアに対して読出しあるい
は書込み処理を行なう。そして、そのエリア処理終了
後、制御素子15は、処理結果を応答データとして出力
し、命令データ待ち状態に戻る。

次に、各データファイルの残量およびデータメモリの
残量を要求する処理を説明する。前記エリア処理命令デ
ータか否かの判断の結果、エリア処理命令データでなけ
れば、制御素子15は、次に第12図に示すようなデータフ
ァイル残量要求命令データか否かを判断する。この判断
の結果、データファイル残量要求命令データでなけれ
ば、制御素子15は別の命令データであることを判断する
処理に移行する。

上記命令データの判断の結果、データファイル残量要
求命令データであれば、制御素子15は、アプリケーショ
ンデータファイル22が先のデータファイル選択命令デー
タにより選択済であるか否かを判断する。この判断の結
果、もしアプリケーションデータファイル22が選択され
ていなければ、制御素子15は、コモンデータファイル21
に対応するサイズ情報およびエリア未割当サイズ情報を
出力し、またアプリケーションデータファイル22が選択
されていれば、制御素子15は、そのアプリケーションデ
ータファイル22に対応するサイズ情報およびエリア未割
当サイズ情報を出力し、命令データ待ち状態に戻る。

次に、上記命令データの判断の結果、データファイル
残量要求命令データでなければ、制御素子15は、第13図
に示すようなカードメモリ残量要求命令データか否かを
判断する。この判断の結果、カードメモリ残量要求命令
データでなければ、制御素子15は、命令データ異常を意
味する応答データを出力し、命令データ待ち状態に戻
る。もし、カードメモリ残量要求命令データであれば、
制御素子15は、データファイル未割当サイズ記憶部31内
のデータファイル未割当サイズ情報を出力し、命令デー
タ待ち状態に戻る。

このように、外部から入力される特殊コマンドに応答
して、データメモリのデータファイル未割当サイズ情報
を外部に出力する手段を設けることにより、カード発行
者に納入されたICカード内に使用可能メモリサイズが外
部から容易に確認できる。また、データファイルの追加
時も、あらかじめ未割当サイズが確認できる。

さらに、データファイルに割当てられたデータファイ
ルのエリア未割当サイズ情報を外部からの要求に応じて
外部に出力する手段を設けることにより、カード発行者
が割当てたデータファイルの割当サイズ、特に未使用で
あるなどの確認が外部から容易となり、以降のデータフ
ァイル内のエリア割当てが円滑に行なえるようになる。

なお、前記実施例では、データファイル定義情報をデ
ータメモリのアドレスの小さい方から順次記憶し、その
データファイル定義情報によって定義される各データフ
ァイルはアドレスの大きい方から順次定義したが、その
逆、すなわちデータファイル定義情報をアドレスの大き
い方から順次記憶し、各データファイルはアドレスの小
さい方から順次定義するようにしてもよい。また、各デ
ータファイル内に対するエリア定義情報の記憶およびエ
リアの定義についても同様である。

[発明の効果] 以上詳述したように本発明によれば、本装置内の使用
可能メモリサイズが外部から容易に確認できる携帯可能
電子装置を提供できる。

また、本発明によれば、発行者が割当てた領域(デー
タファイル)の割当サイズ、特に未使用であるなどの確
認が外部から容易にできる携帯可能電子装置を提供でき
る。

【図面の簡単な説明】

図は本発明の一実施例を説明するためのもので、第1図
は各処理動作を説明するフローチャート、第2図はデー
タメモリ内のデータファイル構造を示す図、第3図はデ
ータファイル定義情報を説明する図、第4図はコモンデ
ータファイル内のエリア構造を示す図、第5図はアプリ
ケーションデータファイル内のエリア構造を示す図、第
6図はエリア定義情報を説明する図、第7図はデータフ
ァイル未割当サイズ記憶部および総データファイル割当
先頭アドレス記憶部を説明する図、第8図はデータファ
イル定義命令データのフォーマット例を示す図、第9図
はデータファイル選択命令データのフォーマット例を示
す図、第10図はエリア定義命令データのフォーマット例
を示す図、第11図(a)はエリアへの読出命令データの
フォーマット例を示す図、第11図(b)はエリアへの書
込命令データのフォーマット例を示す図、第12図はデー
タファイル残量要求命令データのフォーマット例を示す
図、第13図はデータメモリ残量要求命令データのフォー
マット例を示す図、第14図はICカードの構成を示すブロ
ツク図、第15図はICカードの機能ブロックを示す図、第
16図は端末装置の構成を示すブロック図である。 1……ICカード(携帯可能電子装置)、15……制御素子
(制御部)、16……データメモリ(メモリ部)、17……
プログラムメモリ、21……コモンデータファイル、22…
…アプリケーションデータファイル、24……データファ
イル定義情報、25,28……エリア、27,30……エリア定義
情報。

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】メモリ部と、このメモリ部を制御する制御
    部を有し、選択的に外部とのデータの入出力を行なう携
    帯可能電子装置であって、 前記メモリ部を複数の第1の記憶領域に分割する第1の
    分割手段と、 この第1の分割手段によって分割された第1の記憶領域
    を複数の第2の記憶領域に分割する第2の分割手段と、 この第2の分割手段によって分割する際、その領域サイ
    ズを求める手段と、 外部からの要求に応じて前記求めた領域サイズに基づき
    前記第1の記憶領域の空き容量値を求め、この求めた空
    き容量値を外部に出力する手段と、 を具備したことを特徴とする携帯可能電子装置。
  2. 【請求項2】メモリ部と、このメモリ部を制御する制御
    部を有し、選択的に外部とのデータの入出力を行なう携
    帯可能電子装置であって、 前記メモリ部を第1の記憶領域および複数の第2の記憶
    領域に分割する第1の分割手段と、 この第1の分割手段によって分割された第1の記憶領域
    および第2の記憶領域を複数の第3の記憶領域に分割す
    る第2の分割手段と、 この第2の分割手段によって分割する際、その領域サイ
    ズを求める手段と、 外部からの要求に応じて前記複数の第2の記憶領域のう
    ちの1つを選択する選択手段と、 この選択手段によって選択された第2の記憶領域の空き
    容量値を前記求めた領域サイズに基づき求め、この求め
    た空き容量値を外部に出力する手段と、 前記選択手段による選択がなされない場合、前記第1の
    記憶領域の空き容量値を前記求めた領域サイズに基づき
    求め、この求めた空き容量値を外部に出力する手段と、 を具備したことを特徴とする携帯可能電子装置。
  3. 【請求項3】メモリ部と、このメモリ部を制御する制御
    部を有し、選択的に外部とのデータの入出力を行なう携
    帯可能電子装置であって、 前記メモリ部を複数の第1の記憶領域に分割する第1の
    分割手段と、 この第1の分割手段によって分割された第1の記憶領域
    を複数の第2の記憶領域に分割する第2の分割手段と、 この第2の分割手段によって分割する際、その領域サイ
    ズを求める手段と、 外部からの要求に応じて前記複数の第1の記憶領域を指
    定する指定手段と、 この指定手段によって指定された第1の記憶領域の空き
    容量値を前記求めた領域サイズに基づき求め、この求め
    た空き容量値を外部に出力する手段と、 を具備したことを特徴とする携帯可能電子装置。
JP14748190A 1990-06-07 1990-06-07 携帯可能電子装置 Expired - Lifetime JP3110035B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14748190A JP3110035B2 (ja) 1990-06-07 1990-06-07 携帯可能電子装置

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14748190A JP3110035B2 (ja) 1990-06-07 1990-06-07 携帯可能電子装置
US07711626 US5339400A (en) 1990-06-07 1991-06-06 Portable electronic device capable of selectively providing unused area size of whole memory or memory segments to external device
KR910009514A KR940007350B1 (ko) 1990-06-07 1991-06-07 휴대가능 전자장치
FR9106973A FR2663143B1 (fr) 1990-06-07 1991-06-07 Dispositif electronique portable.

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0440588A true JPH0440588A (en) 1992-02-10
JP3110035B2 true JP3110035B2 (ja) 2000-11-20

Family

ID=15431374

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14748190A Expired - Lifetime JP3110035B2 (ja) 1990-06-07 1990-06-07 携帯可能電子装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US5339400A (ja)
JP (1) JP3110035B2 (ja)
KR (1) KR940007350B1 (ja)
FR (1) FR2663143B1 (ja)

Families Citing this family (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE69329360D1 (de) * 1992-06-11 2000-10-12 Canon Kk Datenverarbeitungsgerät und Ausgabegerät
JP3017892B2 (ja) * 1992-09-30 2000-03-13 東芝シーエーイーシステムズ株式会社 ファイル管理装置
US5915265A (en) * 1995-12-22 1999-06-22 Intel Corporation Method and apparatus for dynamically allocating and resizing the dedicated memory in a shared memory buffer architecture system
KR100183796B1 (en) * 1995-12-28 1999-05-15 Samsung Electronics Co Ltd Chip operating system
JP3183181B2 (ja) 1996-08-28 2001-07-03 トヨタ自動車株式会社 情報送信方法
JP3688822B2 (ja) * 1996-09-03 2005-08-31 株式会社東芝 電子カルテシステム
KR100287137B1 (ko) * 1997-04-11 2001-01-20 윤종용 휴대형 정보 단말기의 버전 관리방법
US6505297B1 (en) * 1998-09-09 2003-01-07 Hitachi, Ltd. IC card terminal device and installation of application program into IC card terminal device
US6233718B1 (en) * 1998-10-19 2001-05-15 Dolby Laboratories Licensing Corporation Avoiding forbidden data patterns in coded audio data
US6567915B1 (en) * 1998-10-23 2003-05-20 Microsoft Corporation Integrated circuit card with identity authentication table and authorization tables defining access rights based on Boolean expressions of authenticated identities
US6657955B1 (en) * 1999-05-27 2003-12-02 Alcatel Canada Inc. Buffering system employing per traffic flow accounting congestion control
WO2001031437A1 (en) * 1999-10-27 2001-05-03 Fujitsu Limited Program management method for storage medium-mounted computer, computer, and storage medium
EP1498841B1 (fr) * 2003-07-14 2010-03-24 EM Microelectronic-Marin SA Circuit transpondeur multi-applications et procédé de gestion de la mémoire d'un tel circuit transpondeur
US7913043B2 (en) * 2004-05-14 2011-03-22 Bakbone Software, Inc. Method for backup storage device selection
US20060258342A1 (en) * 2005-04-21 2006-11-16 Kenny Fok Methods and apparatus for providing wireless device-centric control of an external computing device
JP4856400B2 (ja) * 2005-07-06 2012-01-18 ルネサスエレクトロニクス株式会社 記憶装置及び情報処理端末
JP2008070929A (ja) * 2006-09-12 2008-03-27 Matsushita Electric Ind Co Ltd メモリコントローラ、不揮発性記憶装置、及び不揮発性記憶システム
US7818701B1 (en) * 2006-12-22 2010-10-19 Cypress Semiconductor Corporation Memory controller with variable zone size

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6232518B2 (ja) * 1982-10-15 1987-07-15 Hitachi Ltd
JPH0635227B2 (ja) * 1985-07-31 1994-05-11 トツパン・ム−ア株式会社 更新情報と履歴情報の読出し手段を有するicカ−ド
JPS6295689A (en) * 1985-10-22 1987-05-02 Casio Comput Co Ltd Ic card system
JP2664137B2 (ja) * 1985-10-29 1997-10-15 凸版印刷株式会社 Icカード
JP2537199B2 (ja) * 1986-06-20 1996-09-25 株式会社東芝 Icカ―ド
JPS6373388A (en) * 1986-09-16 1988-04-02 Fujitsu Ltd Area acquiring system for ic card for plural services
JPH0758500B2 (ja) * 1987-02-20 1995-06-21 株式会社東芝 携帯可能電子装置
US4908789A (en) * 1987-04-01 1990-03-13 International Business Machines Corporation Method and system for automatically assigning memory modules of different predetermined capacities to contiguous segments of a linear address range
JP3015377B2 (ja) * 1988-08-26 2000-03-06 株式会社東芝 Icカード
US5161256A (en) * 1988-08-26 1992-11-03 Kabushiki Kaisha Toshiba Method and system for allocating file area in memory area of ic card

Also Published As

Publication number Publication date Type
US5339400A (en) 1994-08-16 grant
JPH0440588A (en) 1992-02-10 application
FR2663143B1 (fr) 1997-03-28 grant
FR2663143A1 (fr) 1991-12-13 application
KR940007350B1 (ko) 1994-08-13 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6003134A (en) Secure open smart card architecture
US4928001A (en) Secret information preserving system for a multiple issuer IC card
US6880037B2 (en) Method of data caching on a smartcard
US5923884A (en) System and method for loading applications onto a smart card
US5252812A (en) Program control system for portable data storage device
US5093785A (en) Portable electronic device with memory having data pointers and circuitry for determining whether a next unwritten memory location exist
EP0363122B1 (en) Transaction authentication system
US6371377B2 (en) Card type recording medium and access control method for card type recording medium and computer-readable recording medium having access control program for card type recording medium recorded
US6761319B2 (en) Configuration of IC card
US6729549B2 (en) System and method for personalization of smart cards
US4985920A (en) Integrated circuit card
US20050216651A1 (en) Information storage device having a divided area in memory area
US5225664A (en) Mutual authentication system
US20040232247A1 (en) Storage device
US20060026338A1 (en) Semiconductor memory card, and program for controlling the same
US5625791A (en) Chip card with data and programs protected against ageing
US6484937B1 (en) Method for storing data in a chip card rewritable memory
US4891506A (en) Multi-use portable electronic device
US4797543A (en) Selectable data readout IC card
US5293029A (en) System for mutually certifying an IC card and an IC card terminal
US5161256A (en) Method and system for allocating file area in memory area of ic card
US4901276A (en) Portable electronic apparatus having a function of checking for empty areas in which to write data
US5828053A (en) Portable storage medium and portable storage medium issuing system
US4819204A (en) Method for controlling memory access on a chip card and apparatus for carrying out the method
US20060161749A1 (en) Delivery of a message to a user of a portable data storage device as a condition of its use

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070914

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080914

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080914

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090914

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090914

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100914

Year of fee payment: 10

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100914

Year of fee payment: 10