JP3104059U - ブラジャー - Google Patents

ブラジャー Download PDF

Info

Publication number
JP3104059U
JP3104059U JP2004001355U JP2004001355U JP3104059U JP 3104059 U JP3104059 U JP 3104059U JP 2004001355 U JP2004001355 U JP 2004001355U JP 2004001355 U JP2004001355 U JP 2004001355U JP 3104059 U JP3104059 U JP 3104059U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pad
pocket
bust
brassiere
bra
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004001355U
Other languages
English (en)
Inventor
敦朗 三浦
Original Assignee
株式会社エーエムコーポレーション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社エーエムコーポレーション filed Critical 株式会社エーエムコーポレーション
Priority to JP2004001355U priority Critical patent/JP3104059U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3104059U publication Critical patent/JP3104059U/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】
40代から50代の女性の胸肉が下垂したり、減少したりすることにより崩れたバストラインとなった場合でも、美しいバストラインを描くことのできるブラジャーを、時と場所に応じて簡易、迅速に提供できるようにしたものである。
【解決手段】
従来からあるブラジャー本体の上カップ部の内面にポケットを設け、該ポケットにパッドを収納できるようにしたことを特徴とするブラジャーを提供することにより、上記課題を解決する。
【選択図】
【図3】


Description

本考案は、パットを装着できるようにしたブラジャーに関するものである。
従来のパッド付きブラジャーでは、略椀形状や略三日月形のパッドが提案され、これらの形状のパッドをバストの下部にあてがってバストアップできるようになしたものや、外側にあてがうことで、バストを中央側に寄せるものが提案されており、さらに、同じブラジャーで、使用者が主にバストアップ用として使用するか、バストセンター寄せ用として使用するのか、さらにはその双方を目的として使用するのかを適宜選択して、各個人の千差万別の要求に応じられるよう、ブラジャー本体の両カップ部の内面下部から着装時に側方側となる部位とにかけて、二つ以上のポケットを設け、各ポケットにパッドを収納できるようになした技術的手段を講じたものが提案されている(例えば特許文献1)。
またあらかじめブラジャーの外側生地と内部生地の間に、液体充填物をはじめとする充填物を配置するブラジャーも提案されている。
しかしながら、女性の胸の肉は年齢の上昇と共に下垂し、上部の胸肉が減少する。図2(A)が年齢と共に変化するバストラインを示しており、(A)図中、実線で示すのが20代のバストライン、破線で示すのが40代から50代のバストラインである。
20代のバストラインではバスト上部の肉に張りがあるが、40代から50代のバストラインはバスト10全体が下垂するだけでなく、バスト上部の肉が減少してしまう。そのため、前記ブラジャーを着用し、下部にパッドを設けてバスト10を持ち上げたり、外側にパッドを設けてバスト10をセンターに寄せたりしても、図2(B)中の実線に示すように、バストトップから上部にかけてのバストラインが凹んでしまい、自然な丸みを描く美しいバストラインとならない。
又、時と場合に応じた服装によっては、胸を強調しないようにする必要がある場合に、パッド等の充填物がすでにブラジャーの中に配置されていると、胸の形状が定まってしまうため、着用できないという不便さがあった。
実用新案登録公報第3086371号
そこで、本考案では、女性が40代、50代になるにつれて崩れていくバストラインに対応したブラジャーを提供することを目的としており、胸肉が下垂したり、減少したりした場合でも、美しいバストラインを描くことのできるブラジャーを、時と場所に応じて簡易、迅速に提供できるようにしたものである。
ブラジャー本体の上カップ部の内面にポケットを設け、該ポケットにパッドを収納できるようにしたことを特徴とするブラジャーを提供することにより、上記課題を解決する。
又、パッドが収納できるように設けたポケットの開口部が、装着時に側方側或いは上方側となる方向に設けられることを特徴とするブラジャーを提供することによって上記課題を解決する。
さらに、ブラジャー本体の上カップ部の内面生地の略中央に、パッドが収納できるように設けたポケットの開口部を縦割り状に設けたことを特徴とするブラジャーを提供することによって上記課題を解決する。
そして、上部辺が胸の形状に沿うような曲率の曲線であって、該曲線よりも曲率半径が小さい曲線で下部辺が構成されているパッドが収納されることを特徴とするブラジャーを提供することによって上記課題を解決する。
本考案によれば、ブラジャー本体の上カップ部の内面にポケットを設け、該ポケットにパッドを収納することによって、上部の胸肉の減少部分をパットで補充することができるので、バストトップから上部にかけてのバストラインが凹むことなく、自然な胸の丸みを生じる美しいバストラインを描くことができるようになる。
又、パッドを収納するためのポケットの開口部を、装着時に側方側となる方向に設けたことによって、上下にバストが動いてもパッドがずれず、着脱しやすいパッドつきブラジャーを提供することができる。無論、開口部と相対する辺が閉塞しており、収納したパットが抜けないようになっていれば、開口部の場所は問わないので、上方側等に開口部を設けても良い。
加えて、ブラジャー本体の上カップ部の内面生地の略中央に、ポケットの開口部を縦割り状に設けた場合、開口部を装着時に上方側或いは側方側となる方向に設けた場合よりも、パッドをずれにくくすることができる。
そして、パッドをポケットに収納したことにより、パッドが取り外し可能に設けられているので、胸を強調したくない時には、パッドを収納せずに着用し、時と場合に応じたブラジャー及びパッドの使い分けができるという利点がある。また、種々のパッドの形状を使い分けることでバストラインの微妙な変化を楽しむこともできる。さらに、個々人の胸の形状に合わせた形状のパッドを提供すれば、汎用性も高い。
以下、本考案に係るブラジャーの実施の形態を、図を用いて説明する。図1は本考案に係るブラジャーの全体図を示した図である。図2(A)は年齢と共に変化する女性のバストラインを表しており、図2(B)は下カップにパッドを設けた従来のブラジャーを着用した場合のバストラインを、さらに図2(C)は本考案のブラジャーを着用した場合のバストラインを表している。図3は本考案に係るブラジャーの拡大図を表した図である。さらに図4はパッドの全体図を表しており、図5はパッドの断面図を表している。
本考案に係るブラジャー1のカップ部2以外の部材は、ワイヤー部6、ストラップ7、ベルト部8、ボーン9であって、通常のブラジャーと同様に形成されている。
そして本考案に係るブラジャー1のカップ2は、図3に示すように、肌に直接触れる側であるカップ部2の内側面が、バストトップの位置で上部2Aと下部2Bとに分けられている。そして上部2Aと下部2Bにはそれぞれパッド4、5を収納するためのポケット3A、3Bが設けられている。
上カップ2Aに設けられるパッド4を収納するためのポケット3Aの開口部について、開口部と相対する辺が閉塞しており、収納したパット4が抜けないようになっていれば、開口部の場所は問わないが、上カップ2Aの上部から着装時に側方側となる部位とにかけて設けられているのが好ましい。該位置に開口部を有していると、バストが上下に動いてもパッドが押されてポケットから飛び出すということはなく、略三日月形状をしているパッドの出し入れがし易い。上方側から着装時に両胸の中心側となる方向にかけて開口部を設けることもできるが、この場合には、ブラジャーを着用した後にパッドを挿入する時に出し入れがし易いという利点を持つ。又、上カップ2A部の内面生地の略中央に縦割り状に開口部を設けることもできるが、この場合は、パッドがずれにくいという利点を持つ。
加えて下カップ2Bにもパッド5を収納できるよう、ポケット3Bを設けることができる。そのパッドの収納方法は従来からあるパッド付きブラジャーと同様に、下カップ部2Bの内面生地の略中央に縦割り状に開口部を設けてパッド5を収納する等して行なわれる。
ポケット3Aに挿入されるパッド4は、図4に示すように、上部辺が胸の形状に沿うような曲率の曲線であって、該曲線よりも曲率半径が小さい曲線で下部辺が構成されている、略三日月形状である。上部辺及び下部辺の曲線の曲率を変化させて、個々人の胸の大きさに対応するよう、パッド4の形状を複数用意するのが望ましい。
又、減少した胸肉を補うよう、断面図5に示すように、上部辺の近傍面は下部辺の近傍面と比べて隆起しているが、その隆起高も個々人の胸の大きさや好みに合わせて複数用意するのが望ましい。
パッド4、5は、発泡合成樹脂製、樹脂袋内に液体またはジェル状物質を密閉したもの、クッション材を布地で覆ったもの等が使用され、各ポケット3A、3Bの形状に適合した形状に形成した、従来公知なものが使用できる。尚、パッド4、5はポケット3A、3Bに収納したときに、容易に変形可能となって、自然な胸の形状に沿うようになるものが望ましい。
パッドをポケットに収納した時のバストライン及びA−A断面図は図2(C)に示されている。ポケット3Aにパッド4が収納されることによって、胸肉の減少部分を補うことができ、ポケット3Bにパッド4Bが収納されることによって、バストを寄せ上げることができるので、結果として自然な丸みのバストラインとなる。
本考案の実施例について、図3を用いて説明する。本実施例1に係るブラジャーはカップ部2、ワイヤー部6、ストラップ7、ベルト部8、ボーン9で形成され、従来のブラジャーと同様の素材等が使用できる。
尚、ボーン9を脇に2本設けることによって肉の流れを防止するとともに、バストを寄せ上げるため、脇のラインを美しく見せる効果がある。
上カップ2Aにはポケット3Aの開口部が設けられ、該開口部が着装時に側方側となる部位とにかけて設けられている。これによって、バストが上下に動いても、パッド4が押されてポケット3Aから飛び出さないような構造となっている。また、脇に開口部を設けたことにより、略三日月形状のパッド4を出し入れするのが容易である。
さらに本実施例では上カップ2Aだけでなく、下カップ2Bにポケット3Bを設けており、該ポケット3Bに沿う形状のパッド5を収納することによって、さらに美しく豊かなバストラインを提供することができる。
これらのポケット3A、3Bに収納されるパッド4、5には、最も好ましくはクッション材を布地で覆ったものが使用されている。尚、パッド4、5の辺の曲率や、隆起高は適宜定められる。
ブラジャーの全体図 バストラインの比較を表した図 ブラジャーの拡大図 パッドの全体図 パッドの断面図(B−B断面)
符号の説明
1 ブラジャー
2A 上カップ部
2B 下カップ部
3A,3B ポケット
4、5 パッド
6 ワイヤー部
7 ストラップ
8 ベルト部
9 ボーン
10 バスト

Claims (4)

  1. ブラジャー本体の上カップ部の内面にポケットを設け、該ポケットにパッドを収納できるようにしたことを特徴とするブラジャー。
  2. パッドが収納できるように設けたポケットの開口部が、装着時に側方側或いは上方側となる方向に設けられることを特徴とする請求項1のブラジャー。
  3. ブラジャー本体の上カップ部の内面生地の略中央に、パッドが収納できるように設けたポケットの開口部を縦割り状に設けたことを特徴とする請求項1のブラジャー。
  4. 上部辺が胸の形状に沿うような曲率の曲線であって、該曲線よりも曲率半径が小さい曲線で下部辺が構成されているパッドが収納されることを特徴とする請求項1乃至請求項3にいずれか記載のブラジャー。
JP2004001355U 2004-03-17 2004-03-17 ブラジャー Expired - Fee Related JP3104059U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004001355U JP3104059U (ja) 2004-03-17 2004-03-17 ブラジャー

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004001355U JP3104059U (ja) 2004-03-17 2004-03-17 ブラジャー

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3104059U true JP3104059U (ja) 2004-09-02

Family

ID=43257487

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004001355U Expired - Fee Related JP3104059U (ja) 2004-03-17 2004-03-17 ブラジャー

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3104059U (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6472921B1 (ja) * 2018-08-08 2019-02-20 株式会社シャルレ バスト防振性に優れたブラジャー
WO2022009927A1 (ja) * 2020-07-08 2022-01-13 一般社団法人 Lgb.T カップ付き衣類

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6472921B1 (ja) * 2018-08-08 2019-02-20 株式会社シャルレ バスト防振性に優れたブラジャー
WO2022009927A1 (ja) * 2020-07-08 2022-01-13 一般社団法人 Lgb.T カップ付き衣類

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6769955B1 (en) Anti-wrinkle bra for sleeping
US7806748B2 (en) Bra and system having a bay and a truss and method for using the same
US9364031B2 (en) Brassiere
US6203400B1 (en) Push-in underwire bra
JP4806620B2 (ja) カップ付き女性用衣類
JP3104059U (ja) ブラジャー
CN106470564B (zh) 文胸
CA3098106A1 (en) Woman's undergarment with cup sections
US20060052035A1 (en) Half brassiare
KR200462424Y1 (ko) 기능성 브래지어
JP2008106381A (ja) ブラジャー
KR101195420B1 (ko) 노와이어 브라용 컵 및 이를 포함하는 노와이어 브라
KR100999129B1 (ko) 스포츠용 브래지어
KR200334373Y1 (ko) 기능성 브래지어
JP3129339U (ja) カップ部を有する衣類
CN217136867U (zh) 一种双层包裹运动内衣
KR200416249Y1 (ko) 기능성 브래지어
KR200380100Y1 (ko) 해먹시트를 구비하는 기능성 브래지어
JP2600182Y2 (ja) ブラジャー
JP3086371U (ja) ブラジャー
CN213486908U (zh) 一种罩杯一体式塑身内衣
KR200283981Y1 (ko) 기능성 브래지어
JP6254744B1 (ja) パッド挿入カップ部を有する衣類
TWI645792B (zh) A structure that allows one of the female bras to have no void on the upper cup of the cup
KR200284003Y1 (ko) 기능성 브래지어

Legal Events

Date Code Title Description
R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees