JP3102911B2 - 給紙装置 - Google Patents

給紙装置

Info

Publication number
JP3102911B2
JP3102911B2 JP03158830A JP15883091A JP3102911B2 JP 3102911 B2 JP3102911 B2 JP 3102911B2 JP 03158830 A JP03158830 A JP 03158830A JP 15883091 A JP15883091 A JP 15883091A JP 3102911 B2 JP3102911 B2 JP 3102911B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
sheet
roller
feed
bundle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP03158830A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH054731A (ja
Inventor
久郎 近野
静男 河村
Original Assignee
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社リコー filed Critical 株式会社リコー
Priority to JP03158830A priority Critical patent/JP3102911B2/ja
Publication of JPH054731A publication Critical patent/JPH054731A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3102911B2 publication Critical patent/JP3102911B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、画像形成装置の給紙装
置、特に封筒を給紙するのに適する給紙装置に関する。
【0002】
【従来の技術】プリンタや電子写真複写機等の給紙装置
としては、用紙束載置台上に積載された用紙束の上面を
給紙コロに圧接させ、給紙信号に応じて給紙コロを回転
させることにより用紙束の上から順次給紙するようにし
た給紙装置が一般に使用されている。
【0003】図5は、給紙カセット2の給紙部の構成を
詳細に示すものである。この給紙装置は、重送分離給紙
機能の点で比較的優れたものと云われるFRR(Feed a
nd Reverse Rollers)方式と呼ばれる給紙機構が採用さ
れている。
【0004】給紙カセット2の可動底板4は加圧レバー
5により押し上げられ、可動底板4上に載置された用紙
束6の上面は装置本体に設けられたピックアップローラ
(給紙コロ)7に圧接可能な位置にもたらされ、給紙信
号に応じて給紙コロ7が回転することにより、用紙束6
の上から順次給紙される。給紙方向に関して給紙コロ7
の下流側には、給紙方向に回転するフィードローラ8と
給紙路を挾んでこれに圧接し正逆いずれの方向にも回転
可能でトルクリミッタを介して反給紙方向に一定のトル
クが印加されたリバースローラ9とより成るローラ対が
設けられている。
【0005】この構成により、給紙コロ7により1枚の
用紙が送り込まれた場合、リバースローラ9はフィード
ローラに従動回転して用紙とローラとの間に滑りが生ず
ることなく給紙され、2枚以上の用紙が重送された場合
は用紙相互間の摩擦より用紙とローラとの間の摩擦の方
が大きいので、用紙間で滑ってフィードローラに接する
用紙のみがフィードローラにより給紙されそれより下の
用紙は反給紙方向のトルクにより給紙カセット側に押し
戻され、重送が防止される。
【0006】ところで、近年、特にレーザプリンタに対
して、プリントされる用紙の多様化が進み、封筒等の厚
さが一様でない物に対しても、シートにプリントしたも
のを切り貼りすることなく、直接プリントする要求が高
まってきている。
【0007】しかしながら、封筒は厚さが不均一である
のみならず、内部に空気をはらんで厚さ方向にふくらみ
があるため、給紙カセットの可動底板上に積載した場
合、封筒一枚毎の厚さの不均一性のため、特にフラップ
や折返しのある両サイズの厚さが厚く、図6に示す如く
多数枚を積載し、封筒束13の上面を給紙コロ7で押圧
した場合、給紙コロ7は長さが短かく、通常中心線上に
一箇所しか設けられていないので、上面が均一な平面状
態にはならず、搬送方向の両側が持上がった状態にな
る。そのため、給紙コロ7が当接する封筒の中央付近で
は、封筒は給紙コロに弾発的に当接することになり、特
に摩擦係数の高い封筒の場合は、給紙コロが回り始める
と封筒が給紙コロから逃げ不送りジャムが発生すること
がある。給紙コロの押圧力を高めることにより、ある程
度の改善を図ることはできるが、摩擦係数の低い封筒や
普通紙では、その加圧力では、逆に重送ジャムとなって
しまい、多様な紙種に対応することができないという難
点があった。
【0008】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、レーザプリ
ンタ等の画像形成装置の給紙装置により封筒を給紙する
場合の上述の問題点にかんがみ、通常の給紙カセットか
ら重送、不送り等のジャムが発生することなく封筒を給
紙することのできる給紙装置を提供することを課題とす
る。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記の課題を解決するた
めの給紙装置は、給紙コロが用紙束の両側縁にそれぞれ
当接する1対の円筒状コロであり、該1対の給紙コロは
共に用紙束の幅方向の中心へ向かうほど上方となるよう
に、給紙平面に対して傾斜する軸上に配設されているこ
とを特徴とする。
【0010】又、給紙コロとは別に、積載された用紙束
の両側上端縁に給紙面とある角度を持って周面が圧接可
能な従動コロを設けてもよい。
【0011】
【作用】上記構成によれば、給紙平面に対して傾斜する
軸に配設された1対の給紙コロの円筒面が封筒束の両側
端に圧接するので、封筒束両側端は持上ることなく極力
水平になるように押えられ、従来封筒中央部の弾発性の
ため生じていた給紙コロからの封筒紙面の逃げがなくな
り、不給紙がなくなり確実に給紙を行なうことができ
る。
【0012】又、給紙コロと別に設けた従動コロの周面
を封筒束の両側端縁に圧接させ、給紙コロで給紙する場
合にも同様の作用効果が得られる。
【0013】
【実施例】以下に、本発明の実施例を図面に基づいて詳
細に説明する。画像形成装置本体に直接装着される給紙
カセットにより封筒の給紙を可能にした実施例を図1に
より説明する。
【0014】この実施例では、給紙カセット上に載置さ
れた封筒束13の両側端縁13aに円筒面が当接するよ
うに、1対の給紙コロ21は封筒束13の中心線の方が
両側より上るように傾斜した軸22に一体的に回転する
ように設けられている。すなわち、給紙コロ21は図1
の矢印P方向から見て、ハの字状に配置された軸22そ
れぞれに設けられている。したがって給紙カセット内に
積載された封筒束は両側端縁を給紙コロ21により押圧
され、図7に示すように、中心部を給紙コロに押圧した
場合のように両側端が持上ることなく円滑に給紙するこ
とができる。
【0015】図2に、上記実施例における給紙コロ21
を支持する軸22が自由に傾斜角を変えて回転駆動され
る機構の一例を示す。軸22は荷重台を兼ねた軸受部材
23に回動自在に軸支され、給紙コロ21の装着端と反
対側の端部にはカサ歯車24が固設されている。このカ
サ歯車24と噛合い、カサ歯車24の軸線と直交する軸
線を有するカサ歯車25を一端に固設した駆動軸26が
前記軸受部材23に回動自在に軸支されている。駆動軸
26は図示しない軸受により装置本体に対して固定され
た位置に軸支され、軸受部材23は駆動軸26に揺動自
在に軸支されている。軸受部材23は圧縮バネ27によ
り給紙コロ21が封筒束13の側端縁に圧接する方向に
付勢されるとともに図示しないソレノイド等により矢印
Dの方向に揺動させて給紙コロ21を封筒束13の側端
縁に対して接離可能とされている。
【0016】したがって、ソレノイド等により軸受部材
23を封筒側が持上るように傾動させて、カセット内に
封筒束13を載置した後、ソレノイド等を脱勢すれば圧
縮バネ27の作用により軸受部材23は封筒束側が下降
する方向に付勢され、給紙コロ21の円筒面は給紙面に
対してある角度をもって封筒束13の両側端縁13aを
押圧する。この状態で両側の駆動軸26を給紙信号に応
じて同期して同速度で回転すれば、両側の給紙コロ21
は同じ周速で封筒に搬送力を及ぼし、封筒は斜送りされ
ることなく、上から順次送り出される。
【0017】図3に示す他の実施例では、給紙機構とし
ては従来の通常の給紙装置と同様、用紙束上面前部に圧
接する給紙コロ7とその下流側に設けられたフィードロ
ーラ8及びリバースローラ9を備えているが、それ以外
に、封筒を給紙する場合のために、封筒束13の両側上
端縁13aに対して給紙面とある角度をもって円筒面が
圧接するように、円筒状従動コロ40が両側に給紙方向
に直角の面内で揺動自在な軸41に回動自在に軸支され
ているるこの構成により封筒束両側端は従動ローラ40
により下方に押圧され持上ることが防止され、給紙コロ
7により通常の如く給紙される。この実施例では、従動
コロは傾斜して封筒束の側端縁に圧接するがその軸に動
力を伝達する必要はないので非常に構成が簡単になる。
【0018】図4に示すさらに他の実施例では、第3実
施例における斜に配置された円筒状従動ローラの代り
に、封筒束載置位置の中心線に関して対称に截頭円錐体
状従動ローラ42が小径側を互いに向い合せてその円錐
面で封筒束13の端縁13aを押圧するように1本の水
平軸43に回転自在に設けられている。この実施例で
は、封筒のサイズが変化すれば従動コロ42の封筒束端
縁に当接する位置が変化し、従動ローラ42の回転数が
変化するが、従動ローラであるからその軸43は回転す
る必要はなく、又給紙は一定の速度で回転する給紙コロ
7により行なわれるので、給紙速度は一定に保たれる。
【0019】上記の各実施例の給紙装置では、通常の用
紙の給紙も勿論可能である。
【発明の効果】以上の如く、請求項1乃至3項に記載の
構成の発明によれば、通常の給紙カセットから重送や不
送り等のジャムが発生することなく封筒を給紙すること
ができる。これらの各給紙装置は通常の用紙の給紙も何
等も支障なく行なうことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例の構成を示す斜視図である。
【図2】上記実施例の軸22を傾動自在に支持し回転駆
動する機構の1例を示す斜視図である。
【図3】本発明の第3実施例の構成を示す斜視図であ
る。
【図4】本発明の第4実施例の構成を示す斜視図であ
る。
【図5】公知のレーザプリンタの一例の全体構成を示す
断面図である。
【図6】その給紙部の構成を示す断面図である。
【図7】その給紙部に封筒束を積載した場合の問題点を
説明する断面図である。
【符号の説明】
1 レーザプリンタ 2 給紙カセット 4 可動底板 6 用紙束 7 給紙コロ 21 円筒状給紙コロ 40 円筒状従動コロ 42 截頭円錐体状従動コロ
フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI G03G 15/00 516 G03G 15/00 516 (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B65H 1/30 320 B65H 1/12 320 B65H 1/14 322 B65H 3/06 330 B65H 3/06 340 G03G 15/00 516

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】給紙台上に積載された用紙束上面に給紙コ
    ロを圧接させて回転させ、用紙束の上から順に給紙を行
    なう画像形成装置の給紙装置において、 上記の給紙コロが用紙束の両側縁にそれぞれ当接する1
    対の円筒状コロであり、該1対の給紙コロは共に用紙束
    の幅方向の中心へ向かうほど上方となるように、給紙平
    面に対して傾斜する軸上に配設されていることを特徴と
    する給紙装置。
  2. 【請求項2】給紙台上に積載された用紙束上面に給紙コ
    ロを圧接させて回転させ、用紙束の上から順に給紙を行
    なう画像形成装置の給紙装置において、 上記の積載された用紙束両側上端縁に給紙面とある角度
    を持って周面が圧接可能な従動コロを設け、該従動コロ
    が傾斜角可変な軸に回転自在に軸支された円筒状コロで
    あることを特徴とする給紙装置。
  3. 【請求項3】給紙台上に積載された用紙束上面に給紙コ
    ロを圧接させて回転させ、用紙束の上から順に給紙を行
    なう画像形成装置の給紙装置において、 上記の積載された用紙束両側上端縁に給紙面とある角度
    を持って周面が圧接可能な従動コロを設け、該従動コロ
    が上下方向に移動可能な水平軸に回転自在に軸支され、
    小径部側を互いに対向させた截頭円錐形コロであること
    を特徴とする給紙装置。
JP03158830A 1991-06-28 1991-06-28 給紙装置 Expired - Fee Related JP3102911B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP03158830A JP3102911B2 (ja) 1991-06-28 1991-06-28 給紙装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP03158830A JP3102911B2 (ja) 1991-06-28 1991-06-28 給紙装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH054731A JPH054731A (ja) 1993-01-14
JP3102911B2 true JP3102911B2 (ja) 2000-10-23

Family

ID=15680325

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP03158830A Expired - Fee Related JP3102911B2 (ja) 1991-06-28 1991-06-28 給紙装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3102911B2 (ja)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013116805A (ja) * 2011-12-05 2013-06-13 Konica Minolta Business Technologies Inc 給紙装置及び画像形成装置
JP5661070B2 (ja) * 2012-06-29 2015-01-28 キヤノンファインテック株式会社 画像形成装置
US8827262B2 (en) * 2012-07-19 2014-09-09 Canon Kabushiki Kaisha Sheet feeding apparatus and image forming apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JPH054731A (ja) 1993-01-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6331002B1 (en) Sheet feeding apparatus
US5039080A (en) Recording sheet feeding apparatus
US4715597A (en) Automatic document feeder
JP3406395B2 (ja) 給紙装置
JP3102911B2 (ja) 給紙装置
JP3659168B2 (ja) 給紙装置及び該給紙装置を備えた記録装置
JP3607467B2 (ja) 自動給紙装置
JP2547978B2 (ja) シート材給送装置
JPH0717285B2 (ja) シ−ト給送装置
JP3211844B2 (ja) 給紙装置
JPH0524664A (ja) 画像形成装置の給紙装置
KR20040003972A (ko) 인쇄기기의 자동 급지장치
JP2002128304A (ja) 給紙装置
JP2801438B2 (ja) 自動給紙装置及び記録装置
JP3554256B2 (ja) シート給送装置及び画像形成装置
JP2801439B2 (ja) 自動給紙装置及び記録装置
JP2009007167A (ja) 給紙装置
JP4495875B2 (ja) 給紙装置
JP2000085985A (ja) 給紙装置
JP3476617B2 (ja) 原稿読取装置
JPH11246064A (ja) 記録媒体給送装置
JP3591175B2 (ja) 給紙装置
JP2560589Y2 (ja) 紙葉搬送装置
JPH05278885A (ja) 摩擦分離給紙装置及び摩擦分離給紙方法
JP2001294336A (ja) 原稿自動給紙装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees